5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」3

1 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/10/26(水) 22:30:09 ID:AZEbpzU7
バッツ「はーいこんにちわー、いや、こんばんはー。よいこのお悩み相談ラジオ局が始まるよー!」
クルル「前スレがDAT落ちしちゃったからね。でも、まさか私たちの番組が>>1を飾るとはおもわなかったわ。」
ボ コ「くぇ!っくぇ!(始めてきた香具師らにここの説明だー。このスレはFFやDQのキャラがDJ
     としてラジオの番組をやっていくスレである。 ラジオ番組やその合図のCMは常に募集しているぞー!」
バッツ「ここに前スレをおいとくな。

     FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」2
     http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1117465281/l50

     ついでにココは、某雑談スレの派生じゃないから、あっちの空気を持ってきても持ってこなくてもいいんだ。」
クルル「バッツのニート設定は変わらないみたいだけどね…」
バッツ「俺は旅人だからNEETじゃないぞ!ラジオだってやってるじゃないか!」
クルル「あ。そういえばそうだね。給料は安いけど。」
バッツ「時給がAV○X工作員レベルとかいうなーーーーー!!」
クルル「いってないよ!!!」


2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/26(水) 22:39:01 ID:GpZuCyje
そうか

3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/26(水) 22:39:16 ID:pYuYGloJ
こしがや

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/26(水) 22:42:00 ID:4gM2655b
>>1
乙!

前々スレ:FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1104697259/l50

前スレ:FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」2
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1117465281/l50

保管庫:
ttp://oyaba3.hp.infoseek.co.jp

5 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/10/26(水) 22:56:51 ID:AZEbpzU7
バッツ「さて、今やっている番組の紹介だ。」
クルル「現在やっているのは

    FFDQラジオ番組
    『美女とヤンガス』 by ヤンガス&ゼシカ                (現在プロデューサー不在)
    『フィガロでIT講座』 by エドガー&ティナ&ロック            (同上)
    『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』 byバッツ&クルル&ボコ      (観察してない)
    『トラビアの泉〜トラビアの種〜』 byゴルベーザ&クラウド&カイン (カイン死にかけ)
    『女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」』 byDQ3CDシアターより女魔法使いマリス (意外と毒舌)
    『ホストクラブ「モ・ルボル」へようこそ!』 byククール

    FFDQ連続ラジオドラマ
    『空と海と大地と呪われし従者と姫君』 by エイト&ミーティア (某雑談スレのローラ姫を超える性格の持ち主)

    です!ついでに、ゴルベーザの笑っていいですとも!は、前スレを持って終了した模様です。」
ボ コ「くぇ!グェ!(新番組がどんどんできることを祈る!ピピルマピピルマ…グハ!)」



6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/26(水) 22:57:08 ID:81lnU8K/
このスレ初めて見た人は一瞬騙されたって思うんだろうなw
何はともあれ>>1乙!

7 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/10/26(水) 23:33:07 ID:AZEbpzU7
バッツ「さて、後やることはなんだ?」
クルル「もう…ないね!じゃ、初回記念ということで今日はヤンガスさんをよんでいまーす!」
ヤンガス「どうも、アッシ元盗賊のヤンガスでげす。」
バッツ「最近調子はどうだ?」
ヤンガス「う〜ん…。腹肉が増えてきたことでげすかねぇ、動きにくいったらありゃしないでがすよ。」
クルル「それ以上増えたら動けなくなっちゃうよ〜運動はしてるの?」
ヤンガス「最近仕事が来ないもんだからほとんど動いてないんでげすよ。プロデューサーさんには
     早く復帰してもらいたいもんでげす。
バッツ「では、いったんCMはいりまーす!」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたします!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ;゚∀゚)       (゚Д゚#("ノ    <3スレ目なんだからスタジオ変えろー!!
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
      l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
      l   カルナック せんべい  l


8 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/10/27(木) 00:08:52 ID:P8LW60ts
バッツ「ばかだなぁ。スタジオなら何度も変わってるじゃないか!」
クルル「ふ〜ん、でもあたしたちこの中身もらってないよね。」
ヤンガス「ゲスト用によういされているようでげすねぇ。(モグモグバリバリ)」
ボ コ「くぇぇ!?(あ、ずるい!)」
バッツ「さて、今回は始まったばかりでネタがない。しょうがないからオタより募集して今日は終わりにしよう。」

クルル「郵便番号は65335番です!いろいろなおたよりまってます!」
ヤンガス「あっし、結局何もしてないような気がするでげすよ…」
バッツ「ボコよりは出現率高いんだから気にするなよ。」
ボ コ「くぇ。(俺が主役なのに)」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたしました!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ;゚∀゚)       (゚Д゚#("ノ    <スタジオ燃やすぞ!
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
      l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
      l   カルナック せんべい    l

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/27(木) 21:32:15 ID:6JG2hwbs
ほかのプロデューサーも気づくのを期待してage

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/27(木) 21:54:31 ID:ogibF6Po
暇…いや、プロデューサーやってみたい人がいたらなら是非いいですともをもう一度やって頂きたい。

11 :1/4:2005/10/27(木) 22:45:40 ID:UJAwp4IF
いいですともの復帰はこちらもぜひとも待ち望んでいるのですが
間に合わせの番組でごめんなさい。


女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第14回


今日のゲストは
バラム・ガーデン所属の特殊部隊 SeeD の一員であられる
ガンブレードの使い手 スコールさんです
前々スレの 289-290 ではクラウドさんやティーダさんとの放送ありがとうございます
とても楽しかったです

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ ミノ`-´ リ> ……どうも(挨拶は苦手だな……)
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


いつもならば普通にスコールさんの経歴を紹介して
いろいろお話をうかがうところですが今日は趣向をがらりと変えて
私の呪文によるイリュージョンにスコールさんとリスナーの皆様をいざない
その上でいろいろと質問をぶつけてみましょう

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ ミノ`-´ リ> なんだと……
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)  (そのイリュージョンとやら つまらなさそうだな……)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

12 :2/4:2005/10/27(木) 22:46:41 ID:UJAwp4IF
鉄面皮で有名なスコールさん しかしスコールさんの固い表情の中には
無数の人格が潜んでいると思います
そんなスコールさんを私の呪文で変身させて いろいろとその人格をあらわにしてみましょう
ここでは日本シリーズ全然いいところのなかった 私の大好きな
阪神タイガースの監督や選手達に変身させてみましょう
それではっ!

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!*’ヮ’ノゝ ∬ ∬ ミノ`-´ リ> ……鉄面皮で悪かったな
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)  (まったく馴れ馴れしい女の子だ……)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


     ----------------------------------------------


ねぇ スコールさん SeeD のお仕事 大変ですか
戦場に身を置いたり敵地に侵入したり宇宙へ旅立ったり
本当に八面六臂の大活躍ですが お体は持ちますか
辛いと思ったことはありませんか

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ ミノ゜ε゜@リ> あ〜 何度も言うとるやろ そんなもの大したことあらへんがな
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)   というか4連敗に比べると屁でも何ともないよ そらそうよ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

13 :3/4:2005/10/27(木) 22:48:13 ID:UJAwp4IF
スコールさんはリノアさんという恋人がおりますが
リノアさんは私からみても非常にポジティブで爛漫で
とっても素敵な彼女だと心から思います〜
彼女に対してもし何かメッセージとかあればぜひお聞かせください

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!*´ヮ`ノゝ ∬ ∬ ミノ=乙=リ> ワイは特に何も望んでおらん 檜風呂の家庭があれば十分なんや
     ノ/∪丕∪  旦 旦 ⊂Y⊂))  そこでリノアたんのお乳モ〜ミモミ〜♪
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


スコールさんは これまた異色のお父様をお持ちですね
失礼なのですが 貴方とは好対照といいますか なんとも素敵な方ですね
でもあなたは長い間 お父様の顔を見ずに育ってこられましたが
お父様を恨みはされませんでしたか?

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ> ウンコウマー
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ ミノ@ω@リ> ウンコウマー
     ノ/∪丕∪  旦 旦 (⊃●⊂)  ウンコウマー
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

14 :4/4:2005/10/27(木) 22:49:05 ID:UJAwp4IF
スコールさんはガンブレードの使い手とうかがいます
私も手に取らせて頂きましたが全く使い方がわかりませんでした
だけどあなたはそれをひょうひょうとして扱いますね
何かコツとかはあるのですか?

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!;´ー`ノゝ ∬ ∬ ミノ・Å・´リ> 来季はぜひともメジャーでプレイしたいっぺ
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)  プレイといえばスライムもりもり2早くプレイしたいっぺよ〜
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


う〜ん だんだん私のほうがついていけなくなったカンジ
というかどうやってこの呪文解除するんだっけ……たはー

      <ヽ
      /□\       /~~ミ~ヽ、
    <.//ハ))!>      ノ彡ノメヘソ>
     <ノ!;´ヮ`ノゝ ∬ ∬ ミノ‘ε’リ> モナモナモナモナ
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UミYミU)  イマオカモナー
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


お詫び……ロッテファンの皆様、気を悪くしないでください。

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/29(土) 00:20:24 ID:GBW/2IeR

                   ∬  |___  ∬  
               ..  _旦_|□;;;;;;;|_旦 ,,'^y'⌒⌒ヾヽ
        |`,∧,/|     |____ニニニ__| ))!,/(~゙リ)((
       く ∧_∧>   (;;;;;;;;;;;;;;;)(!ヾ(゚ヮ゚ iノ! リ
       (´C_`メ;;)⌒~(;;;;;;;;;;;;;;;;;)(ー(−)\\ 
      C⌒ヽ⌒⊂---⊂二二二二二二二二つニ曰ニ〈   (u⊃
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ☆★☆ 聞けば見えてくる。THK トロデーン放送協会 ☆★☆

16 :ガーゲンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/30(日) 20:52:19 ID:3k/cNA5N
アーヴァイン「は〜い!みなさん始めまして!現バラムガーデン所属、アーヴァインだよ〜」
セルフィ「まみむめも!バラムガーデン学園祭実行委員、セルフィ=ティルミットですぅ〜」
アーヴァイン「僕達の放送が全国にオンエアーされるなんて、夢のようだよね〜」
セルフィ「うんうん!この放送では、みんなの質問投稿を主に受け付けるよ〜」
アーヴァイン「あと、ゲストも来る予定なんだよ〜」
セルフィ「てか、アーヴァインっていつから放送部だったのぉ?」
アーヴァイン「いつから…って…まあ、最近だね〜」
セルフィ「あ〜なんか隠してるでしょ!ていうかアービンいつからバラムガーデンにいたのさぁ〜」
アーヴァイン「そっそんなことまで忘れてしまったのかい?これもGFのせい…?」
セルフィ「あ〜アービン本気にしてるぅ〜ww」
アーヴァイン「う〜、っもうw僕がバラムガーデンに所属したのはスコール達と一緒に戦った日からしばらくしてからだよ〜」
セルフィ「ちゃ〜んと覚えてるよぉ〜」
アーヴァイン「うん…(本当に覚えてたのかどうか不安…)そうだ!今日はゲストを招待したんだ!」
セルフィ「というか、無理矢理連れてきたんでしょww」
アーヴァイン「う〜ん、まあ、そうだよねwでは、今日のゲスト!スコール=レオンハート君お願いしま〜す!」
スコール「…ああ(何で俺がこんな所に…)、こんばんは。」
セルフィ「も〜う!もっとテンションあげなきゃ!」
アーヴァイン「ちょ、そうだよ!もっとテンションあげなきゃ!初放送なんだし…ちょ…スコール?」
スコール「…帰っていいか?」
アーヴァイン「ま、待ったぁ〜ちょっと!」
セルフィ「えっと…とりあえずCMです!」

この番組は、ドールカードゲーム総合会社と
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

【みなさんどうも、2スレ目のチョコボあたりから見てました、
ときたま誤爆するかもしれませんがよろしくお願いします。あと、DQについては知識が少ないので…ご了承お願いします。】

17 :ガーゲンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/30(日) 20:53:42 ID:3k/cNA5N
スコール「…で、俺は何をすればいい?」
アーヴァイン「スコールは僕達リーダーだろ?だから記念に君が一番最初に来てもらったんだよぉ〜」
セルフィ「そうだよ!はんちょ!」
スコール「…そうか。(ゼルあたりが聞いたらうるさくなりそうだ…黙っておこう)」
アーヴァイン「それはそうと、最近リノアとの仲はどうなんだ〜い?」
セルフィ「ちょwwいきなりその話題?」
スコール「…別に」
アーヴァイン「もしかして喧嘩とかしゃったり?」
スコール「…別に」
アーヴァイン「…」
セルフィ「ちょっとぉ〜全然会話になってないよぉ〜ほら、はんちょ!もっと元気だして!」
スコール「別に普通だが…(これから訓練施設へ行こうと思っていたのに…)」
アーヴァイン「そうだ!また今度みんな呼んでコンサートしようよ!」
セルフィ「さんせ〜い!」
アーヴァイン「もしそのときは、この放送からオンエアーするからねぇ〜」
セルフィ「うんうんw楽しみにしててね〜」
アーヴァイン「あっ、そうだ!この番組の放送時間だけど、実は不定期なんだよねぇ〜」
セルフィ「バラムガーデンは任務があるといなくなっちゃう人が多いからね」
アーヴァイン「少なくとも僕とセフィがいないとこの番組は成り立たないからねぇ〜」
セルフィ「うんうんwでも、できるだけ放送はするつもりだよぉ〜」
スコール「…(俺はいつまでこうしていれば…)」
アーヴァイン「みんなからの質問どんどん受け付けるからねぇ〜」
セルフィ「どしどし応募してねぇ〜」
アーヴァイン「スコール〜もっと会話に参加しようよ〜」
スコール「だったら壁にでm…」
セルフィ「わ〜わ〜わ〜!!とりあえず最初はリクエストないからアイズオンミーを流すよぉ〜」


18 :ガーゲンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/30(日) 20:54:46 ID:3k/cNA5N
〜〜〜〜(曲が終わる…)
アーヴァイン「ん〜良い曲だねぇ〜」
スコール「ああ…(しまった…つい最後まで聞きこんでしまった…)」
セルフィ「今度のコンサートはアイズオンミーにしようかw」
アーヴァイン「そうだねw前のコンサートでは…何だっけあの曲?」
セルフィ「えっとねぇ〜あ!そうそう思い出したwたしかアイリッシュジグっていう曲だよ!」
アーヴァイン「そうそう!それ!あの曲もよかったよねぇ〜」
スコール「…(あのときアイズオンミーが流れていたら、雰囲気が悪くなってたと思うのは俺だけか…?)」
セルフィ「なんか楽しみだねぇ〜wでも、みんなが揃うときってなかなか無いもんねぇ〜」
アーヴァイン「そうだよね〜」
スコール「…(当たり前だ…俺達はSeeDだ…。任務以上に大切なことなんて…)」
セルフィ「はんちょ!なんか言いたそうな顔してるよぉ〜wもっと話そうよ〜!」
スコール「別に…」
アーヴァイン「ま〜そろそろ放送終了時間も近づいてきたので、そろそろ終わりましょうかw」
セルフィ「は〜い!みんな〜また会おうねぇ〜」
スコール「…(はぁ…やっと終わりか…)」
アーヴァイン「ちょ…スコール今一番嬉しそうな顔してるww!!まあ、いいか…それでは皆さん!」
アー、セル「さようなら〜〜〜」

この番組は、ドールカードゲーム総合会社と
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りしました!

19 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 21:28:15 ID:6TqwQdXT
良スレ期待age

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 21:40:58 ID:xzm5P6Wb
スコールしらけるからいらん 本家プロデューサーさんかむばっく

21 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/30(日) 21:53:13 ID:3k/cNA5N
アーヴァイン「えーまことに申し訳ありません…」
セルフィ「ガーゲンスクウェア→ガーデンスクウェアも間違いです…」
アーヴァイン「大変ご迷惑をおかけしました…」
セルフィ「>>20はんちょはゲストだから大丈夫だよ〜」
アーヴァイン「そうそうwって…そりゃスコールに失礼だよ〜」
セルフィ「でわ…」
アーヴァイン「また後日…」

22 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/31(月) 20:34:49 ID:E10ZpfBm
新規プロデューサーさん期待age

23 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/31(月) 22:57:08 ID:h+2xdDsQ
ピン ポン パン ポン〜
アーヴァイン「皆さんこんにちは!バラムガーデン放送委員、アーヴァインです!」
セルフィ「まみむめも!学園祭実行委員のセルフィ=ティルミットで〜す!」
アーヴァイン「はぁ〜」
セルフィ「ちょww暗いょぉ〜?どうしたの〜?」
アーヴァイン「初放送からいきなりミスしてしまって…落ちこんでるんだよぉ〜」
セルフィ「あ〜…まあさ!あれはプロデューサーさんのせいなんだし気にすること無いんだよぉ〜ww」
アーヴァイン「う〜ん、そうだよねwwじゃあ、プロデューサーさんの責任ということでwww」 
セルフィ「そうそうwwもっとプラス思考に考えないとねww」
セルフィ「ていうかさ…放送開始のチャイムって…思いっきり使いまわしだよねぇ〜」
アーヴァイン「気にしない気にしないwwいちおうガーデン放送なんだしねww」
セルフィ「うんうんwwそういえば今日誰が来るの?」
アーヴァイン「今日はねぇ〜ゼルに来てもらう予定なんだw」
セルフィ「予定?」
アーヴァイン「今ごろ必死に筆記試験の補習させられているんだろうけどねww」
セルフィ「あらら…じゃあ、放送時間までに来なかったらゼルの出番は無しってことでww」
アーヴァイン「それはいいねwwゼルく〜ん?聞いてるか〜い?」
セルフィ「あのね〜授業中はさすがにラジオは聞こえないでしょww」
アーヴァイン「まあ、ノリってやつよw」
セルフィ「じゃあ、ここでいったんCMを流しますw」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!


24 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/31(月) 22:57:59 ID:h+2xdDsQ
アーヴァイン「じゃあ、御便りが来ているから見てみようかw>>19>>22
セルフィ「ほとんど同じ無いようだねぇ〜みんなありがとうw」
アーヴァイン「これでもこのchから番組枠を取る為にいろいろとがんばったんだもんね〜」
セルフィ「うんうん、意外と学園長があっさりOKしてくれたときには驚いたけどねw」
アーヴァイン「でも、それがこのガーデンの良いところだよw」
セルフィ「あ〜…ガルバディアガーデンでは大変だったもんね〜」
アーヴァイン「そうだよ…でも、今のみんなに出会えたのはいろいろなことが重なってやっとたどりついた先だったんだw」
セルフィ「そうだよね〜w最初はなに〜このナンパ男って感じだったもんw」
アーヴァイン「そんな風に軽く見せて緊張を紛らわしていたけど…結局本番にはよわいんだ…」
セルフィ「でもさ、もう本番で失敗することは無いんでしょ?」
アーヴァイン「任務ではもう大丈夫だよwwでも、こんな所で失敗をするなんて…」
セルフィ「あ〜もう!済んだ事はもういいの!そういえばゼル来ないね〜w」
アーヴァイン「もうそろそr…」
ゼル「うぉぉぉぉ!!」
バタバタガチャ、ガッシャーン!ガラガr…
セルフィ「わ〜ちょっと〜!!」
アーヴァイン「あ〜それはマイk…ピー」
セルフィ「ちょ…こ…M…す…」

この番…、い…暮ら…端を、エス…発と
ドール…総……
トラビ…興支…ープの提…ます!

25 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/31(月) 22:58:54 ID:h+2xdDsQ
アーヴァイン「まったくもー…機材壊したら謝りに行くのは僕なんだから…」
ゼル「いや〜さっきそこでキスティスが早く行かないと放送が終わるわよって行ってたもんで…つい…」
セルフィ「も〜ビックリしたぁww」
ゼル「まあ、いいじゃないかwwとりあえずみんな無事だったんだしよw!」
アーヴァイン「皆様先ほどの放送事故、深くお詫び申し上げます…」
セルフィ「ちょっとゼルぅ〜昨日から謝りっぱなしのアービンをまた…」
ゼル「うぉ〜アーヴァイン!悪かったぁ〜!」
アーヴァイン「別に大丈夫だよwもうなれているしw」
ゼル「そうか!それは良かった!」
セルフィ「(全然反省の色が無いよぉ〜)…そう言えば、本当は今日のゲストはリノアの予定だったんだけどねw」
アーヴァイン「スコールとデートだから代わりにゼルに来てもらったんだw」
ゼル「ぬぁぬぅい〜〜〜!!?」
セルフィ「怒らない怒らないwwゼルは最近図書館に行ってるの?」
ゼル「図書館〜!!?俺は本はあまり性に合わないもんでなw!たまにバラムの売店で格闘王シリーズ買ってるんだぜ!」
アーヴァイン「あ〜…今度ガーデンにも格闘王シリーズを置こうよw」
セルフィ「う…うん!そうしようねww」
ゼル「…?」
アーヴァイン「たまには…なんだっけ?」
セルフィ「ヒソヒソ…(純愛小説だよ!あの子の好きなのは!)」
アーヴァイン「そうそう、純愛小説とかも読んで見たらどう?」
ゼル「恋愛物だぁぁ〜〜!??そんなもの、あの2人を見ているだけで十分楽しめるぜ!w」
セルフィ「…もういいやwそう言えば格闘王っていまいくつまで出ているの?」

26 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/10/31(月) 22:59:48 ID:h+2xdDsQ
ゼル「えっと…今は格闘王026まででてるぜ!でも、最近はつかえそうなのがないからな〜w」
アーヴァイン「僕達の間でも、戦闘関連の雑誌はたくさん買ったよねw」
セルフィ「そうそう、特に創刊号よかったよねw」
アーヴァイン「良い武器たくさん載ってたよねw」
ゼル「う〜…俺の武器は載ってなかったぜ…」
アー、セル「!!!!!?」
アーヴァイン「…そうだったよ〜ごめんよぉ〜」
セルフィ「うんうんwゼルには格闘の本があるからさぁ〜w」
ゼル「そうだよな!大切なのは武器より己の身体!さすがみんなわかってるぜ!」
アーヴァイン「あはは…そうだよw(なんて単純なんだ…w)」
セルフィ「あ〜そろそろ放送終了の時間?てか消灯の時間!」
ゼル「なんだと〜〜!!」
アーヴァイン「…というわけで今日の放送はここまでだよ〜w」
セルフィ「みんなまたねぇ〜ww」
ゼル「今日は楽しかったぜw!じゃあな!」
みんな「さようなら〜〜ww」


この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りしました!

27 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/31(月) 23:26:59 ID:NMSFkYxc
>>23-26GJ!
新プロデューサー乙



28 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/01(火) 21:01:48 ID:r6CfnnqZ
アーヴァイン「どうも〜皆さんこんばんは〜wアーヴァインです〜」
セルフィ「まみむめもw!皆さんこんばんは〜セルフィだよ〜ww」
アーヴァイン「ちなみに今日の放送は、屋上(?)のガーデン操縦室からお送りするよ〜w」
セルフィ「正確には、ゼルのせいで放送室の調子が悪くなっちゃってさww」
アーヴァイン「そういえば、あの放送室ってすごく最近に出来たんだよね?」
セルフィ「そうみたいだねwwガーデン操縦の妨げになるから専用の放送室ができたんだよねぇ〜w」
アーヴァイン「今は2階の教室と反対方向の場所に放送室があるんだよ〜」
セルフィ「もし興味があったら是非来てねwついでに学祭実行委員の勧誘もおまけしちゃうよ〜w」
アーヴァイン「おいおい…普通は放送委員の勧誘だろww?でも、学園祭ももっと盛り上がって欲しいよねww」
セルフィ「うんうんwwこの放送を通していろいろ意見を取っていこうよw」
アーヴァイン「おwwそれいいねw今度からコーナーとして入れてみようよw」
セルフィ「うんうんwwそう言えば今日のゲストなんだけど…」
アーヴァイン「操縦室のみなさ〜ん!!!」
シュウ「は〜い!!みんな〜元気ぃ〜?シュウだよw私は超元気だよw」
キスティス「皆さん、こんばんはwキスティスよ」
シュウ「ちょっと!ニーダ!あいさつ!」
ニーダ「ちょ…待って…今手がはなせない…」
シュウ「もう!ちょっと!まあいいわ…この放送に出るの超楽しみにしてたんだwwこんなに早く出演できて超うれしいわw」
セルフィ「今日はにぎやかになりそうだねぇ〜」
キスティス「そうだねw」
アーヴァイン「とりあえずここでいったんCMですw」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

29 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/01(火) 21:03:24 ID:r6CfnnqZ
セルフィ「は〜い!今日は盛り上がっていきましょ〜ww」
シュウ「そうそうwwニーダ?終わった?」
ニーダ「終わった終わったw!みんなこんばんはwニーダだよww覚えてる?」
アーヴァイン「今日は5人かぁ〜良い感じだねw」
キスティス「そうねwで…今日は何をするの?」
アーヴァイン「まずは…みんなに投稿コーナーだよw」
セルフィ「まずはみんなの御便りからw>>27
アーヴァイン「また御祝いの手紙だねwwみんなありがとう!」
セルフィ「これからももっとがんばっていくからみんなよろしくねww」
キスティス「もっとみんなからの御便り来るといいわねw」
アーヴァイン「そうだね〜wもっとこの番組を盛り上げていくから大丈夫だよw」
シュウ「そうねwあと、私達にできることがあったら何でも言ってw超がんばるからw」
セルフィ「う〜ん…そうだねぇ〜……あ!今度の学祭のコンサート!シュウ先輩出てみたら?」
シュウ「あ!それいいかも!私、ピアノ担当がいいなw」
アーヴァイン「うんwいいよ〜wあと、ニーダはどうする?」
シュウ「歌はさすがに目立ちすぎだからねぇ〜目立たないところで照明とかww」
ニーダ「ちょww俺も参加することになってんのかよ!?しかも照明って…orz」
キスティス「照明も大切な仕事よwちゃんと裏で支える人もいるからこそ、任務だって成立するわけだからw」
アーヴァイン「いいこと言う〜w」
セルフィ「うんうんww」
ニーダ「だー!もう俺が照明するよw」

30 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/01(火) 21:04:08 ID:r6CfnnqZ
シュウ「決まりだねw他にも誰か呼ぼうか?」
セルフィ「ガーデン中の音楽に興味ある人集めてオーケストラみたいにするぅ?」
アーヴァイン「そりゃすごいことになりそうだw場所は…F.H.が良いかな?」
シュウ「F.H.はまずいわ…少なくともドーブ駅長さんには迷惑かけちゃったし…」
セルフィ「ラグナ様に頼んでエスタでやるって言うのはどう!?」
キスティス「それいいわねwスコールにも説得してもらえば?」
ニーダ「…あれ?なんか無線が届いてるよ?」
セルフィ「誰だろ?」
アーヴァイン「はい、こちらバラムガーデン」
ラグナ「おっす!みんな元気かい?俺だ、ラグナだw今こっちでラジオ聞いてるぜw」
セルフィ「ラグナ様だ〜ww」
ラグナ「みんな元気かぁ〜?俺は大統領として大活躍中だぜw」
キスティス「たしかにエスタが世界中の電波障害に干渉しない周波数を作り出したのは画期的だったわ」
ラグナ「お礼を言うならオダイン博士に言ってくれよw今はいないけどきっと喜ぶぜw」
セルフィ「オダイン博士、GFやモンスター以外にもみんなの役に立つ研究をしてくれるようになったんだよねw」
ラグナ「おう!今は世界中の為に研究をしているぜ!」
アーヴァイン「まったくエスタ様様だね〜ww」
ラグナ「そういえば、コンサートだかオーケストラの話、OKだぜw今度みんなで是非来てくれよw歓迎するy…」
キロス「ラグナ君?君はまたこんな所で遊んで…、ガーデンの皆さん、待ってますよwそれではここで失礼」
ラグナ「あ…ちょtt」
セルフィ「ラグナ様〜」
シュウ「何はともあれ、今度の学園祭の場所が決まって良かったわねw」
アーヴァイン「うんうんw今度の学園祭はこの放送から生中継で送るよw」
セルフィ「あくまで予定だけどねぇ〜w」
キスティス「そうねwなるべく何も無い日がいいわねw」
アーヴァイン「いったんここでCMですw」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

31 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/01(火) 21:04:58 ID:r6CfnnqZ
セルフィ「リノアからメッセージが届いてるよw」
「おハローwみんな元気ぃ〜次の放送、私が出てもいいかな?本当はスコールと一緒に出たかったんだけど
スコールなんか任務でいないみたいだから…返事は番組でお願い!今、放送聞いてま〜すwww」
アーヴァイン「リノアからだ〜w明日のゲストはリノアに決まりだねw」
セルフィ「うんうんwwリノア〜w明日待ってるよ〜w」
シュウ「ちょっと!ニーダ?少しは話の中に入ってきなさいよwそんなだから地味で目立たないって言われるのよw」
ニーダ「人が気にしていることを…俺はこういうトークは苦手なんだw」
キスティス「まぁ、以外ねwもっと自分から出てくると思っていたのにw」
セルフィ「まぁ、さwでもこういう雰囲気楽しいでしょw?」
ニーダ「うん…でも…緊張するw」
アーヴァイン「はははwゼルとは大違いだねw」
シュウ「昨日の放送聞いたよwゼルが多暴れした奴w」
キスティス「まったくだわw」
セルフィ「でもこうしてみんなで話せるのはゼルのおかげ(せい?)だよw」
アーヴァイン「そうだね〜ていうか、そろそろ終了の時間?」
キスティス「今日は楽しかったわwまた出たいわねw」
シュウ「次も是非よんでね〜w」
ニーダ「俺は…」
シュウ「ニーダもつれてくるからw」
セルフィ「では皆さんまたね〜w」
ニーダ「ちょw…」
アーヴァイン「皆さんさようなら〜w」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りしました!

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/01(火) 21:39:43 ID:XaFj8lBY
age

33 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/01(火) 23:01:59 ID:U2q3548b
バッツ「はーいこんにちわー。今回もハイにはじまるぜぃ!」
クルル「今週は一気に冷えて本当に寒いね!今日の朝なんか息が白くなっちゃったよ!」
ボ コ「くぇっくぇ!(チョコボは冬眠しないぜぃ!冬でも夏でもフィーバーだ!)」

バッツ「そろそろコタツが恋しくなってくる時代だな、本当に、昨日コタツ用のみかん
を買いに言ったらタイクーン王国が買い占めていたという悲しい状態、レナた
ちは今頃手がまっきっきだろうな。はっはっは!」
クルル「レナたちってどんだけみかん好きなのよ…、道理でスタジオに来る途中
タイクーン城を見たら耳のしたあたりのリンパ(?)が痛くなるはずだね!」
バッツ「ふぅ…みかんが恋しいぜ。」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたします!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ;゚∀゚)       (゚ワ゚("ノ  <スタジオも前のに変わったよー
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
      l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
      l   うまい   ルゴルみかん  l

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/01(火) 23:05:45 ID:5HGjrGvg
カルナックせんべいからルゴルみかんに戻ったwww

タイクーンの名産品はなんなんだろう。

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/01(火) 23:15:39 ID:U2q3548b
バッツ「さて、今回新しいプロデューサーさんが降臨したみたいだな!」
クルル「私たちも熱心にやらなきゃこの熱心なプロデューサーさんにスレ埋められちゃいそうだよ…」
ボ コ「クェ!(そうだ、いいこと思いついた、俺がほかのメスチョコボとの交尾を観察すれば視聴率拡大間違いn…)」

   <ヽ                         ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\                      .,llll゙゙゙゙゙         ゙゙゙゙゙lllll,
      \\ (⌒〃´ ̄ ヽ            .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,, ,!!!!|
     |  ヽ \))( ((⌒)) やめい!!    |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .|
         \ ○rリ゚ ヮ゚ノ              .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
          \ "-、,[l゚)             |                |  ガッ!!!
           !、_,j,ハ_j_ ○' 二          .|               |
          し  J "'m__`ヾ         |               |
                  ヽ_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                     ゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                             |               |
                             |               |
                             .|               |
                        `    |               |
                             ゙゙!!!,,,,,,,,      ,,,  ,,,,,,!!!゙゙
                                ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ くぇー!

36 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/01(火) 23:38:43 ID:U2q3548b
ペインポーンパーンポーン♪

バッツ「えー。よくわかりませんが番組の途中に見苦しい表現がありました。ごめんなさい。」
クルル「さて!今日のゲストをお呼びしております!不思議なダンジョンでおなじみのトルネコさんです!」
トルネコ「どうも〜よろしくおねがいしますね、」

バッツ「さて、トルネコといえば不思議なダンジョンで有名だな、」
トルネコ「いやはや、本家のDQ4ではずっと馬車のお留守番だった私も、知名度がかなり上がりましたよ、」
クルル「そういえばチョコボの不思議なダンジョンもあるよね!
     私、2のお別れシーンで泣いちゃった経験もあるんだよ(つД`)」
バッツ「そう!トルネコは俺らの番組テーマ!チョコボにも深いかかわりがあるんだ!」
トルネコ「そういえばそうですねぇ…、」
ボ コ「くぇ!(ぉ、今日はなんか活躍の予感。)」
バッツ「そ・こ・で・だ。今日は二人にある競技をしてもらう…。(・∀・)ニヤニヤ」



37 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/01(火) 23:46:09 ID:U2q3548b
トルネコ「こ…これは!!!!」
ボ コ「グエーーー!!(まさしく!)」

バッツ「そう!腐ったパン&腐った木の実早食い対決だぁぁーーーー!!」

  l イ/l/|/ヽlヘト、       | ←トルネコ
.  |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
.   ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、     _人人人人人人人人人_
. ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ;;;; |//ニ !    >              <
  ゙!  7     ̄     | トy'/   ∠__ な、なんですって!?/ 
.   ! |||||||||||| \  u  i-‐i      /              \
  ヽ. ` ̄二)   )   /ヽト      //YYYYYYYYYYYYYY ̄
.   ヽ、 ー         / ゝ
    \   __,. ‐' ./ / \

クルル「わー。こりゃ100個は軽く超えてるよ…」
バッツ「不思議なダンジョンマニアとしてはこれぐらいはクリアしなくてはな…。」
ボ コ「クックルクー…(死ねと…?)」

38 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/01(火) 23:55:31 ID:U2q3548b
クルル「両者ともを押さえ込んで、準備は万端です!!」
バッツ「では行くぞ!!レディー…GO!!!」

トルネコ「腹がぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ!!(ピーゴロゴロピーゴロゴロギューゴロリンヌルポ)」
ボ コ「クェェェェェェェ!!(木の実の殻が口の中にまとわりつくんですけど!!死ぬってこれ!!)」

30分後…
          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く` ←トルネコ
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,..、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´     
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~.
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;    
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/:::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. " 
              `’ `´   ~
バッツ「どうみてもボロクズです。」
クルル「本当にありがとうございました…ってもしやこのネタがやりたかっただけか!?」

39 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/02(水) 00:02:51 ID:U2q3548b
バッツ「さて、エスナもかけたことだしトルネコさん、戦いの後の心境をどうぞ。」
トルネコ「う〜ん…、死んだ婆さんがお花畑で手を振っていたのが印象的でしたねぇ…」
クルル「とりあえず対決結果を発表します。」

ボ コ・・・50個めでダメージが致死量に達し気絶。
トルネコ・・・100個完食。食い終わった後でお花畑旅行。

ボ コ「く…クェェェェェ…(鬼じゃ…この番組は鬼じゃぁぁぁぁぁあ!)」

バッツ「まぁ…プロデューサー独身だし…。二人とも妻子持ちだしなぁ。」

トルネコ&ボコ「八つ当たりかよ!!!!!!!!」

クルル「今日は本当にありがとうございましたー。」

40 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/02(水) 00:14:28 ID:ELSveAnf
クルル「さて、今日も時間になりましたー♪」
バッツ「今回もお便り募集だ!郵便番号は65335番、THK トロデーン放送協会 バッツと愉快な仲間たち係まで!」
ボ コ「Σ(゚Д゚;)(題名変わってるーーーーーーーーーーーーー!?)」

クルル「さーて、来週のチョコボ観察記は〜?

     プロデューサー、愛の逃避行
     セルフィ、スロット回しでジ・エンド
     バッツ、冷え性が辛い。
     クルル、レスの5の倍数にレベル5デブ。
バッツ「来週もまた見てくれよ!!ジャン!ケン!ポン!(メル欄)はっはっは!!」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたします!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ・∀・)       (゜ワ゜("ノ  <じゃーねー!
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
      l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
      l   うまい  ルゴルみかん  l


41 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/02(水) 19:20:52 ID:/5olM5Dn
アーヴァイン「皆さんこんばんはwアーヴァインですw」
セルフィ「まみむめも!みんな元気ぃ〜?セルフィだよ〜」
アーヴァイン「いや〜この放送もなんだかんだいって4回目だねぇ〜w」
セルフィ「うんうんwwもっとたくさん続いちゃうかもよぉ〜?」
アーヴァイン「ひとつ思ったんだけどさ…このスレってスレタイと内容が一致してないよね?」
セルフィ「うん、あたしもそう思ったww微妙だよねぇ〜ww」
アーヴァイン「多分僕達がラジオ放送しているの…気づいている人少ないかも…」
セルフィ「まだまだ、世界中の人に聞いてもらえるには時間がかかりそうだねぇ〜」
アーヴァイン「そうだね〜でも、ガーデン内やバラムらへんでは人気なんだよ〜w」
セルフィ「うんうんwwゼルから聞いたよ〜ww」
アーヴァイン「そう言えば、今日リノアが来るって言ってたけど…」
セルフィ「あと少しで来ると思うよw」
アーヴァイン「それにしても昨日はにぎやかで楽しかったよね〜w」
セルフィ「うんうんwwまた今度も操縦室からの放送しようねぇ〜」
アーヴァイン「そうだね〜wったく…ゼルったら…なんか機械の調子が最近おかしくなってるじゃないかぁ〜w」
セルフィ「まあ、放送できるから大丈夫だよw」
アーヴァイン「まあね…wじゃあ、いったんこの辺でCM入れようかw」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

42 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/02(水) 19:21:27 ID:/5olM5Dn
アーヴァイン「まずはリノアが来るまでみんなの御便りだけど…>>32
セルフィ「これって御便りじゃないよぉ〜ww」
アーヴァイン「間違えた…w今日の御便りは、あの『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』からだよww >>35
セルフィ「私毎日聞いてるww録音もしてあるんだよぉ〜ww」
アーヴァイン「今度聞かせてねぇ〜ww」
セルフィ「うんwいいよぉ〜wあっ、プロデュ−サーさんはがんばってるよぉ〜wwそちらのプロデューサーさんもがんばってねぇ〜w」
アーヴァイン「僕は『ゴルベーザの笑っていいですとも』好きだったなぁ〜ww」
セルフィ「あれ私も好きだったぁ〜wwじゃあ、景気づけに…ラジオの前の皆さんも〜ww」
アー、セル「いいですとも!!」
アーヴァイン「…wwはまるかもww」
リノア「おハローwwちょっと遅れちゃったかな?リノアですww」
アーヴァイン「こんばんはwリノアw待ってたよ〜ww」
セルフィ「ようこそwガーデンスクウェア放送へww」
リノア「どうもww」
セルフィ「よろしくねぇ〜ww」
リノア「このまえの放送ゲストのスコール…みんなごめんねぇ〜ww」
アーヴァイン「リノアが謝ることじゃないよwwでも、スコールはいつもあんな感じだしww」
セルフィ「それよりスコールと電波通信できるって噂聞いたけど…本当?」
リノア「えぇ〜!!?電波なんて送れないよぉ〜w」
アーヴァイン「この前の、某歴主雑談スレで言ってたもんで…」
リノア「多分それは、ジタン君とかバッツ君の勝手な作り話だよ〜ww多分w」
セルフィ「実はスコールがリノアの心を読み取ったりしてたりしてwww」
アーヴァイン「エルオーネなら出来ないこともないけど…いまは何処にいるんだろう?エスタかな?」
リノア「わかんな〜いw私はスコールの考えていること少ししかわからないんだぁw〜」
アーヴァイン「そんなもんなんだぁ〜ww意外と適当に考えてること適当に解釈してるのかなw」
リノア「あたりwwいつも大体そんな感じw」
セルフィ「(う〜ん…)スコールも大変だね〜w」
リノア「あっ、なんか言ったぁw?」
アーヴァイン「まあまあ…wそうだ、今度別のFFからのゲスト呼んでみようかと思っているんだw」

43 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/02(水) 19:22:54 ID:/5olM5Dn
セルフィ「おぉ〜面白そうw誰呼ぶの?」
アーヴァイン「まだ決まってないんだw〜」
リノア「まずは主人公からだよね〜w」
アーヴァイン「リクエストも取ろうかw?」
セルフィ「さんせ〜いww」
アーヴァイン「御便りもあった事だし、バッツ君とクルルちゃん呼ぼうか?」
セルフィ「予定あいているかなぁ〜?」
アーヴァイン「他の世界の話は…よくわからないもんで…w」
リノア「大変だね〜〜w」
アーヴァイン「こんなもんだよwみんな忙しいしw」
セルフィ「私達も任務があるときは出れないもんねw」
リノア「私は…暇かな?」
アーヴァイン「スコールの相手も楽じゃない…かな?」
セルフィ「こらこらw」
アーヴァイン「まあね…あと、今度の学園祭、リノアはどうs…」
ガチャ、
キスティス「みんな!任務よ!至急SeeD一同はホールに集合して!!」
アーヴァイン「了解!リノア!後はお願い!」
セルフィ「ごめんねぇ〜w」
リノア「え…wちょっとw」
バタバタ、ガチャ…
リノア「えっと…どうしよう…wみんなぁ〜今日はここまでだよぉ〜wまた来週ww」      パチ
リノア「えっと…これじゃなくって…」     プー
リノア「んっと…これかな?」
この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

リノア「ちょっと違うみたいだけど…まあいいかw」

44 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/02(水) 23:14:45 ID:anLIb269
age

45 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/03(木) 11:41:05 ID:kPoSm70d
アービンっていつSeeDになったの?

46 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/04(金) 19:01:43 ID:Emr/v09Q
アーヴァイン「こんばんは〜どうも、毎度おなじみのアーヴァインでーすww」
セルフィ「どーも〜wセルフィで〜すwwって漫才みたいなのりちゃうねんw」
アーヴァイン「でも、ちゃっかりトラビア弁だよぉ〜w」
セルフィ「あっwいけないw思いっきりトラビア弁やぁ〜w」
アーヴァイン「はははwそういえば昨日は任務で来れなくてごめんねぇ〜」
セルフィ「泊り込みだったんだよぉ〜、もう疲れたぁ〜w」
アーヴァイン「トラビア渓谷で大量発生しているドラゴンの退治…考えただけでもぞっとするよぉ〜」
セルフィ「うんうんwまあ、誰も大きな怪我とかしなかったし、一件落着だよねw」
アーヴァイン「まあねwでも、またいつ大量発生することやら…」
セルフィ「エスタのバリアもそろそろ限界なのかなぁ〜?あんなに攻撃受けたんだもんねぇ〜」
アーヴァイン「そこらへんはラグナさんたちや、エスタの人たちが何とかしてくれるんだもんw」
セルフィ「もしエスタに何かあったら、ラグナ様がぁ〜!」
アーヴァイン「…このラジオ放送も続けられなくなっちゃうかもね…」
セルフィ「エスタのみなさ〜ん!応援してま〜すww」
アーヴァイン「バラムガーデンの要請はいつでもOKですw何かあったら早急にどうぞ!」
セルフィ「学祭、エスタでやるかもしれないからみんな楽しみにしてね〜ww」
アーヴァイン「じゃあ、いったんここでCMいれようかww」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

47 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/04(金) 19:02:20 ID:Emr/v09Q
アーヴァイン「まずは御便りからだよぉ〜w>>45
セルフィ「アービンはねぇ〜このガーデンに編入して、最初のSeeD試験で合格したんだよぉ〜www」
アーヴァイン「ま、実力だねwでも、僕もまだまだもっと腕を磨かなきゃwみんなと一緒に任務を受けられないよw」
セルフィ「もう十分私達と任務できてるよぉ〜w次の試験もよろしくねぇ〜」
アーヴァイン「うん、がんばるよw」
セルフィ「んっと…そういえばガルバディアガーデンってどうなったの?ガルバディア政権が崩れているみたいだけど…」
アーヴァイン「ガルバディアに疑念を抱いている人の多さと、不満が原因で今後ガルバディアは無くなるかもしれないって噂なんだ」
セルフィ「えぇ!初耳かもw予想はついていたけど…、ガルバディアガーデンはどうなるんだろう…?」
アーヴァイン「ガーデン自体は無くならないと思うよwでも、今の入学者の少なさと、今の現状をみると…厳しいと思うな」
セルフィ「まあ、ガルバディアガーデンって良い思いでないから…一応、戦争なんだよね…」
アーヴァイン「そうだよ…でも戦争は終わったんだ、これからは平和がやってくると思う、いや、そう願いたいよ…」
セルフィ「うんうんw私達がいるから大丈夫だよw」
アーヴァイン「そうそうwてかなんか堅いトーク番組になってるよぉ〜wもっと盛り上がっていこうよ〜」
セルフィ「いいですとも!!!」
アーヴァイン「はははwwそのノリだよwじゃあ、今日のゲストを紹介しようかww」
セルフィ「今日のゲストってだれ?」
アーヴァイン「今日のゲストは他の世界から来てもらったんだw」
セルフィ「おぉ〜!わくわくww」
アーヴァイン「今日のゲストはFFシリーズクリスタル伝説の最全期、ジョブシステムで有名で
仲間がみんな王族なのに主人公一人だけ放浪者で、世界を救った後はまたあての無い旅をしながら
ラジオ番組『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』を放送しているバッツとクルルちゃんで〜すw」
セルフィ「前説ながいしぃ〜w日本語ちょっとおかしい…www」
アーヴァイン「まあまあ、気にしないwwではどうぞ!」

48 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/04(金) 19:03:03 ID:Emr/v09Q
バッツ「はーい!こんばんは〜!みんな聞いてる?『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』でおなじみのバッツ=クラウザーでーす!」
クルル「こんばんは。みなさん、よろしくおねがいします」
セルフィ「こちらこそ〜wwいつも『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』聞いてるよぉ〜」
バッツ「おう!ありがとな」
アーヴァイン「あれ?チョコボは?」
クルル「今日はココとデートだから行かないって言ってたわ」
バッツ「(あれ…?なんか体調悪そうだったから連れてこなかったのに…仮病か?)」
セルフィ「そうなんだぁ〜ww」
アーヴァイン「そういえばバッツはいろいろなところでニート設定だけど…その辺どうなのさ?」
バッツ「だー!俺はニートでもNeeTでもSeeDでもねぇー!」
クルル「一応ここのDJだから無職ってわけじゃないのよ」
セルフィ「そうなんだぁ〜wてか、ニートってなに?」
アーヴァイン「深い所までは聞かないように…w」
バッツ「ところで、今いるこの大きな建物はなんだ?」
セルフィ「えっと…これはねぇ…」
クルル「牡丹餅のような形をしているわねw」
アーヴァイン「…orz」
セルフィ「これはガーデンっていって、いわゆる学校だよぉ〜w」
バッツ「学校!!?俺はそんなもの知らないな」
クルル「学校はいろいろな所を学ぶところよwだからニートって呼ばれるのよ」
アーヴァイン「まあまあその辺で…ここは勉強というより兵士養成学校だからねw戦闘技術を主に学ぶところだよw」
セルフィ「でも、普通の学校みたいに勉強もするし、いろいろな行事もあるんだよぉ〜w」
クルル「ここって寄宿制なの?」
アーヴァイン「主にね…外から通っている人も少しいるけど…」
クルル「じゃあ、放浪的なバッツには無理ねw」
バッツ「だー!俺はニートじゃねーーー!」
クルル「だれもニートなんて言ってないのに…」

49 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/04(金) 19:03:44 ID:Emr/v09Q
セルフィ「そっちの世界には学校とかってないの?」
クルル「一応学校に近い学習施設や図書館はあるんだけど…まだ、一部の学者さんしか詳しい学問やってないの…」
バッツ「当然俺は分数なんてわからないw」
アーヴァイン「…いろいろあるんだねwじゃあ、6×7は?」
バッツ「えっと…6、12、18…」
セルフィ「遅!!」
クルル「私達の世界ではシドさんって人がとてもすごい発明家なのよw」
アーヴァイン「学園長!?僕のところの学園長もシドさんだよw」
セルフィ「へぇ〜偶然だねぇ〜ww」
クルル「そうだねー」
バッツ「わかった!42だ!!」
クルル「はいはい」
セルフィ「そういえばそっちのスタジオって、『うまい ルゴルみかん』のダンボールなんでしょ〜たいへんだねぇ〜w」
バッツ「そうそう…お金が無くて…」
クルル「バッツがちゃんと働いていれば…」
バッツ「働いたら負k」
クルル「はいはいサイレス、みんなにおみやげ持ってきたのよw」
セルフィ「わ〜wなになに〜?」
クルル「つ【ルゴルみかん】」
アーヴァイン「おぉ〜これがあの有名なルゴルみかんかぁ〜ww」
セルフィ「ていうか、あのダンボールって宣伝になってるよね〜wまあ、ラジオだから見えないけど…w」
バッツ「(復活)カルナックせんべいもあるぞぉ〜!」
セルフィ「そうだ!レナさんから御便りが来てるんだ!」
「みなさんこんばんは、レナです。この番組、毎回楽しみに聞いてますw私は城のことで忙しいのでこのような手紙しかありませんが
もし時間が空いたらそちらへ行きたいと思っていますwよろしいでしょうか?
PS:バッツ、そっちに行っても迷惑をかけないように…」

50 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/04(金) 19:04:15 ID:Emr/v09Q
バッツ「俺は迷惑なんてかけてねぇー!!」
アーヴァイン「レナさん、歓迎してますよwファリスさんもさんも一緒にどうぞw」
セルフィ「ああ…そろそろ放送の時間が…今日はみんな来てくれてありがとうw」
クルル「どうも、こちらこそw楽しかったわw」
バッツ「俺達の放送もよろしくなw」
アーヴァイン「つ【カメ】」
バッツ「おぉ〜、くぁwせdrftgyふじこlp;@:たわらば!」
クルル「ふぅ〜、じゃあみんなじゃあねぇ〜ww」
アーヴァイン「みんなバイバ〜イww」
セルフィ「また明日ぁ〜ww」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りしました!

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/04(金) 20:10:33 ID:/qUb1Kkl
混線してるようだ。ww多くて聞きづらいな…

52 :1/5:2005/11/04(金) 21:26:33 ID:clNjIv9K
がんばれ アービンさん セルフィさん!
女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第15回


今日は「ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵」の
イルの冒険シリーズに登場するイルさんにお越し頂きました
ドラクエシリーズの中でも異色の女主人公さんです

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i‘∀‘*)i)  よろしくお願いします
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  今日はお兄ちゃんの代理でやってきました
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§


早速ですがモンスターズというゲームの醍醐味について教えてください
なんかいろいろな魔物を仲間にして育てていくというのは
ポ○モンシリーズそのものと思うのですが

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿  ぶっちゃけそんな考えでかまいません
     <ノ!;’ー’ノゝ ∬ ∬ i´∀`*)i)  テリーのワンダーランドやキャラバンハートと同じく
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  モンスターを育ててモンスター同士を配合させて
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§ 新しいモンスターを生み出していく楽しみは大きいですよ
                         もちろん ゲームのストーリーも楽しむ必要があるけどね

53 :2/5:2005/11/04(金) 21:27:58 ID:clNjIv9K
なるほどー よくわかる説明ですね
イルさんは今日はモンスターを誰か連れてきていますか
私も見てみたいです

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i‘∀‘*)i)  そんなこともあるかと思って
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  ちゃーんと連れてきましたよ それじゃどうぞ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§


                   _..= T ̄| ̄T` = 、.
                ∧/ヽ ヽ | -┴-、| //\∧
                | \_../:::::::::::::::::::ヽ..._/ |
               | l\_. ((:::::::; "~丶::::::::)) _/| |
               | |ヽヽ~ Υ:::゙、_゚_ノ::::Υ/~/ | |
         _,........._  ゝ\ヽヽ|::;;‐、::||::;:-、:| / //--‐‐‐‐--、
        (--__::::::: ̄~\,A、 |::| `、※ノ |:|/ /::::::::::::__//
         ヽ / 二二_-- | .,|丶::)V~~V|(ノ∠`‐‐‐‐~~´ ヽ /
          // lゝ、  ̄| _|彡.,ヘ|l二'レ||‐:‐ |||      |、ヽ
          >|/ -‐\.` -'  ゝ.⊥⊥二、:::||‐:‐ ||/  _| |_>
           >|    )   ∠ _,...-''´:::::::||:‐‐|||,イ´ ̄ |´|
           |_,ゝ-‐'´  _/  ,/|::::::::::::::::||‐//`/⌒ ノ ||
           |`´ ̄|´l|:::::lll二_||::::::::::ヾ、‐、:::/  |、 / | ||
           ||:|::::::::| |::::::|||__||::l`,--;'lヽ `\  `~二)>||
          //:|::::::::| |:::::::|||__||((_太_))ゝ、   |ヽ /|  |  | |

アスラゾーマだが何か用か
九日 十日

54 :3/5:2005/11/04(金) 21:29:36 ID:clNjIv9K
凄い迫力でした……
それにしても 思いっきり凍てつく波動を食らった気がします……

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿
     <ノ!;´Д`ノゝ ∬ ∬ i´∀`*)i)  きゃははっ 他にも見てみます?
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  わたしのとっておきの自慢のコレクションの一匹ですよ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§


           .,Å、
         .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
        o| o! .o  i o !o        
       .|\__|`‐´`‐/|__/|        
        |_, ─''''''''''''─ ,、 / _       
      , '´            `‐、     
    /●                .ヽ    
    |:● (●)     (●)    ●  |  ぶちキングだよ!今日は負けないよ!
   .|:    \___/         .|  (言ってやった言ってやった)
    |:     \/        ●  .|  
    'i  ●             _ ノ'   
     `''─ _    ●_ ─''

55 :4/5:2005/11/04(金) 21:30:31 ID:clNjIv9K
こちらもとても強いモンスターと聞きますが
なんか全然そんな風に感じなかったのは
ゆるゆる系というより蓮っぽく見えるからですかね……

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿
     <ノ!;´Д`ノゝ ∬ ∬ i´∀`*)i)  強いだけのモンスターじゃ面白くないですからね
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  ちょっと変わったモンスターもお見せしますよ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§


  ___..のVの  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜´〃〃〃〈=゚Д゚〉< 俺の名前はギコゴラゴだ!宜しくなゴルァ!
 も も´ ̄も も    \______


これはこれで新鮮さを感じますね
私もいろいろなモンスターと戦ってきましたが
戦うこと以外のいろいろな思い出が蘇ってきたような気がします

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿 実はお願いがあるんです
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i‘∀‘*)i)  お兄ちゃんから1匹どうしても思いのままにならない
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  モンスターがいて そのしつけを頼まれて預かってます
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§

56 :5/5:2005/11/04(金) 21:32:17 ID:clNjIv9K
へぇ 私もイルさんの話を聞いてモンスターを育てることに
すごく興味をもっていたところです
ぜひ見せてください

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿 とてもいい素質を持ったスライムと思うのですが
     <ノ!*^ヮ^ノゝ ∬ ∬ i‘∀‘*)i)  ちょっと性格に難があるんです
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§  このままじゃとても手に負えなくて
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§


               すぐエッチな話ばかりするスライム
               名前は エロイム!マリスさんとは性格が合うと思って
               ぜひお願いします

      <ヽ           .,.-,、
      /□\       /´ ̄非`ヽ
    <.//ハ))!>      ヽr―-、_丿
却下!<ノ!メ`Д´ノゝ ∬ ∬ i´∀`*)i)  
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とiYソと§     人 ピキー!
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ§  (゚∀゚ ) ニ3

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/04(金) 23:13:42 ID:iYEvJVkC
得ろ医務キター

58 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/05(土) 11:33:10 ID:gfgum3su
バッツ「おーっす。こんちわ。リスナーの奴らは俺のことを今か今かと必死に待っていただろう!!
    え?待ってない?(・ω・`)」
クルル「今日は珍しく昼からの放送だよ!」
ボ コ「クェ。(最近俺の影が激しく薄いのだが…。)」
バッツ「最近もっぱら有名なラジオにもでたしな!」
クルル「そうだね!え〜っと。ガーデンスクウェ…って、どうしたのボコ?
     え…?そこの話はあまりしちゃいけない?どうして、」
バッツ「どうしたんだクルル?」
クルル(ボコの通訳)「えっと。かれらはガーデンスクウェア放送…俺らはTHKトロデーン放送局…あ!!」

クルル&バッツ「……………他局?」

バッツ「ああああああああ!!!道理で俺らと違って放送回数が多いのかぁ!!」
クルル「ポカーン(゚Д゚ )」

この番組は タイクーン銘菓10兆石饅頭の提供でお送りします!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ・Д・)       (゜Д゜("ノ  <ポカーン…CM行きます
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
    l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
    l ウマイ、ウマスギル タイクーン10兆石饅頭  l

59 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記(CM中):2005/11/05(土) 11:59:52 ID:gfgum3su
         , ´    ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ! .ノノリ=))〉  < 風が語りかけます…。うまい、うますぎる。10兆石饅頭、タイクーン銘菓、10兆石饅頭…
         |从l.゚ Д゚ノリ    \_____________  
      / ̄ ̄ ̄目 ̄/\
    /_∧∧ 目_ / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / (   )   、 < 姉さん…またみかん買い占めたの?
   /  /  |     ヽ  \____________
 /  (___ノ、     \ ノ
  ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄

60 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/05(土) 15:17:28 ID:gfgum3su
クルル「さて、気を取り直してお便り!!>>34さんから!」
バッツ「タイクーンの名産品はどうやら10兆石饅頭らしいな。」
クルル「10万石饅頭はさい○ま〜で有名だけど、これって…パクリ?」
バッツ「市場でかうならいいが、通販はやめておいたほうがいい。ファリスがコレでもかって言うぐらい送ってくる。」
クルル「ファリスお手製の饅頭をね。」
ボ コ「(やっぱファリスの手料理って……磯臭っ!うわなにするやめrくぁwせdrftgyファリファlp;@:「」)」
バッツ「ぎゃーボコー!窓からチキンナイフが飛んできたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
クルル「いやぁぁぁぁっぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁ!!!」

映像のみでお楽しみください(逆だろ。
                                            /|ノ
≡ , ´    ヽ       ≡卍         ≡(⌒〃´ ̄ ヽ    ≡ /⌒  \ 
≡ ! .ノノリ=))〉        ≡卍       ≡ ))( ((⌒))   ≡/ ∠リ/>>レ
≡ |从#゚ Д゚ノリつ  ≡─→         ≡  .ヽ;゚ ヮ゚ノ  ≡∠レ∩;゚∀゚) ∩


61 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/05(土) 23:59:14 ID:gfgum3su
バッツ「危なかった…。」
クルル「まさか本人が乗り込んでくるとは…。」
バッツ「ファリスも去ったことだしゲストを呼んでいます。ff8のトラビアガーデンから来たセルフィだ!」
セルフィ「どもども!まみむめも〜。トラビアガーデンのセルフィでーす!どぞよろしくー!」
バッツ「とりあえず俺らのスタジオダン○ールだからボコにでも乗っといてくれ!」
セルフィ「は〜い!わぁ〜!この子すんごくやわらか〜い!!」
ボ コ「('A` 。○(あ〜…久しぶりに女の子乗せたよ…、やっぱり漢の硬いケツよりもこういう女のこの方がいいよなぁ…あぁ。
    こんな場所でこき使われるぐらいならいっそ出て行ってあっちの放送局にいってしまおうかなとか思っていたりす
    るわけで、てゆーか俺のご主人、ぁ、聞こえてねぇしニートでいいか…さっきから俺のほうを(・∀・)ニヤニヤしながら
    見ているんだがコレはどういうわけかと…。あぁ。そういえばこの子ミニスカだったな。つまり下心ビンビンというわけか、
    あ〜あ〜。俺もたまには若いメスチョコボとフィーバーしたいって言うのに(以下略)
クルル「ボコ、どうしたの?そんな神妙な顔して、ギザールの野菜の中に変な虫でもいたの?」
バッツ「本当にどうしたんだボコ?(・∀・)。○(コレでボコのほうを向いていられる口実ができたぞ…ウヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ。)」
ボ コ「(おーい。相棒〜よだれでてるぞ〜。)」
セルフィ「あれ?バッツよだれでてるよ?……まさか!」
バッツ「Σ(・∀・)。○(まずい!ばれるか!?)」
セルフィ「長年付き合ってきた相棒を食欲のまなざしで見るなんて酷いやろ!見損なったわ!」
クルル「セルフィさん!トラビア弁でてる!トラビア弁でてる!!」
セルフィ「おっとっと。こりゃしっぱいw!気にしないで〜」
バッツ「しかしセルフィ。ずいぶんとHPが減ってるみたいだが大丈夫か?」
セルフィ「これはねぇ〜。リミット技を出すためなんだ〜。」
クルル「リミット技?」
セルフィ「アタシのリミット技はうまく使えばオメガとかも瞬殺できるからよく減らされるんだ〜!」
バッツ「オメガを!?そりゃ見てみたい。ここに神竜いれた宝箱あるからコイツで検証してみよう!」
セルフィ「いいよ〜w(ガシャ!ガシャ!)…出た!ジ・エンド〜!」
神竜「ぬわーーっ!」
クルル「すごい!本当にやっつけちゃった!」

62 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/06(日) 01:12:29 ID:DR26EprI
クルル「すっごい呪文だねぇ…。本当に一瞬だったよ…。ねぇバッツ?」
バッツ「………。」
セルフィ「あれ?どしたの?」
バッツ「………。」
クルル「あれだけ明るいバッツが喋らないなんて、おかしいねぇ?」
セルフィ「バッツくーん?…これは!!!」
クルル「ど!どうしたの!?」
セルフィ「死んでいる…。」

全員「な…なんだってー!?(AA作りきれなくて略)

ボ コ「(敵とみなしたか…。)」
クルル「アレイズ!…大丈夫バッツ?」
バッツ「大丈夫だ…。すげぇなその呪文…お花畑も見ずに光に包まれかけたよ。」
セルフィ「あ!もうこんな時間だ!!」
バッツ「終わりの時間だな!どうも!ありがと!」

この番組は タイクーン銘菓10兆石饅頭の提供でお送りしました!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ・Д・)       (゚∀゚("ノ  <また来週!
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
    l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
    l ウマイ、ウマスギル タイクーン10兆石饅頭  l


63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/06(日) 12:22:57 ID:DR26EprI
age

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/06(日) 22:28:23 ID:3D/TVZxX
アービンたちこないね…

65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/07(月) 17:26:06 ID:J5mU7TMZ
作るとなると結構…飽きて来てるんだよ…。
それでも信じて定期age。

66 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部 :2005/11/07(月) 18:12:51 ID:o8VYvX6U
アーヴァイン「みなさんこんばんはw久しぶりですwアーヴァインで〜すww!」
セルフィ「まみむめもwみんなぁ〜w久しぶりぃ〜〜wセルフィだよぉ〜ww」
アーヴァイン「ていうか…本当に久しぶり…ですねw」
セルフィ「みんなごめんねぇ〜。一応私達も本職はSeeDだから来れなくなることがあるんだぁ〜」
アーヴァイン「せっかく放送枠もらっているのに…申し訳無いよ…」
セルフィ「あ、そうだ!私達が来れないあいだ、だれかここで放送してもらうっていう手はどうかなぁ?」
アーヴァイン「う〜ん…誰がいいかなぁ?皆いそがしいし…リノアに頼んでみたら?」
セルフィ「リノア一人は厳しいでしょwwあ!操縦室メンバー!SeeD全員出張しない限りは大丈夫かも!」
アーヴァイン「おwそれいいねww今度頼んでみようかww」
セルフィ「うんうんwwで、今回の任務の結果なんだけど…」
アーヴァイン「ゼルが怪我をしたな…」
セルフィ「でも、すぐに救護班が来たからさw全治1週間くらいでよかったよねぇ〜ww」
アーヴァイン「うんwでも、もうアダマンタイマイはやだよ…」
セルフィ「だよね〜wよりにもよって鉄道沿いに出現しなくても良いのにぃ〜大変だったんだからねぇ〜」
アーヴァイン「…で、これ…つ【アダマンタイン】どうする…?」
セルフィ「私はいらないょぉ〜ww」
アーヴァイン「放送室置いておいても…orz」
セルフィ「じゃあ、抽選1名様にプレゼントぉ〜〜〜!!」
アーヴァイン「おいおい…wそれは…だれも買わないだろ…www」
セルフィ「あて先は「郵便番号255-99番、ガーデンスクウェア放送、放送係」までぇ〜ww」
アーヴァイン「あはは…wまあ、いいか…wとりあえずCMw」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りします!

67 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/07(月) 18:13:27 ID:o8VYvX6U
アーヴァイン「まずは御便りのコーナーから!>>51
セルフィ「多くて聞きづらいか…お〜いプロデューサー!!もっと見やすくだって〜〜〜!!」
アーヴァイン「まぁまぁ…ここのプロデューサーさんも駆け出しだし…大目に見てあげようよ…w」
セルフィ「私達も映像とか欲しいぃ〜〜」
アーヴァイン「まあさ…もう少し待とうよwこれからもっとこの放送があるんだしww」
セルフィ「そ…そうだよねwwがんばっていきまっしょいww!」
アーヴァイン「次の御便りだよww>>52
セルフィ「わ〜いwwマリスさんありがとう〜〜ww!放送毎回聞いてるよぉ〜〜〜ww」
アーヴァイン「どうも、応援ありがとうございますwwてかセフィw毎回って…wいろんなの聞いてるねww」
セルフィ「ちゃんと録音してるもんww」
アーヴァイン「あはは…ww次のおたよりだよ〜ww>>58
アー、セル「ぽかーん…」
セルフィ「ちょwwこれって…ww」
アーヴァイン「わ〜わ〜wwそうだったぁ〜〜w肝心なことわすれてたぁ〜〜〜」
セルフィ「これからは気をつけないと…orz」
アーヴァイン「まあ、放送回数多めなのは番組枠の都合上の関係だからねww」
セルフィ「あ〜ごまかしてるぅ〜〜〜ww」
アーヴァイン「まあ…気を取りなおして>>63…じゃなくって>>64
セルフィ「ごめんねぇ〜毎日来れなくて…でも、なるべくたくさん来れるようにするからww楽しみにしててねww」
アーヴァイン「えっと…>>65
セルフィ「えぇ〜〜もしかしてプロデューサーさん飽きちゃったのぉ〜〜〜!!??」
アーヴァイン「それはちょっとwwまあ、僕達だけでもなんとかなるよね…w」
セルフィ「プロデューサーさ〜ん!がんばってよぉ〜〜ww」

68 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/07(月) 18:14:07 ID:o8VYvX6U
アーヴァイン「えっと…今日のゲストも前回に引き続き他の世界から来てもらったんだww」
セルフィ「わくわく…w」
アーヴァイン「今日のゲストは…伝説の名言【いいですとも】で有名な…ゴルベーザさんとセシルさんだぁ〜〜!!」
ゴルベーザ「どうも、こんばんは…いいですとものゴルベーザですww」
セシル「皆さんこんばんはwセシル=ハーヴィですww」
セルフィ「ゴルさ〜ん?いいですとももうやらないのぉ〜〜?」
ゴルベーザ「まあ…やろうと思ったらできるんだけど…新規プロデューサーさんがみつからなくて…」
アーヴァイン「なんで、どのどのプロデューサーさんも全体的にやる気がないんだぁ〜〜〜!??」
セシル「いいですとも…大人気だね…w」
セルフィ「セシルさんは今バロン国の王様って聞いたけど…w大変なのぉ〜〜?」
セシル「うん…王様って簡単に言うけど、とても大変な仕事なんだよ…」
アーヴァイン「でも、なんか王様って椅子にすわっていろだけのイメーz…うわなにをすrくぁwせdrftgyふじこlp;@:」
ゴルベーザ「はっはっは…よい子皆はそんなこと言っちゃだめだぞw」
セシル「いいですとも!!」
セルフィ「わ〜アービン〜〜!!」
セシル「僕、レイズ使えない…てか、ケアルでw」
アーヴァイン「どうもwwてか、そっちの世界って魔法はLvUPで覚えるんだよね?こっちの世界じゃ考えられないよww」
セシル「正直魔法を覚えないやつもいるんだよ…しかもすぐ裏切る青バッタもいるし…」
セルフィ「わ〜わ〜ww」
ゴルベーザ「カイン君はねぇ…私が操っていたんだ…だから彼は悪くない。そしてゼムスに操られていた私も悪くないw」
アーヴァイン「強引だな…って!」
セシル「でも、すぐ操られるようなカイン君はやっぱり悪い…クカカカカカインヌッコロス!!」
アーヴァイン「ちょwwまww」


しばらくお待ち下さい…

69 :ガーデンスクウェア放送inバラムガーデン放送部:2005/11/07(月) 18:14:43 ID:o8VYvX6U
セシル「きゅーーーーーーー」
アーヴァイン「まあ、ね…こんな日もあるさ…w」
ゴルベーザ「ラジオの前のみんなも友達を裏切ったりしてはいけないぞ!」

ゴルベーザ「…orz」
セルフィ「あ!そろそろ終了の時間かも!」
アーヴァイン「ゴルさん!セシルさんを頼みます!」
ゴルベーザ「いいですとも!」
セルフィ「じゃあみんなぁ〜まったねぇ〜〜ww」

この番組は、いつも暮らしに最先端を、エスタ開発と
ドールカードゲーム総合会社
トラビアガーデン復興支援グループの提供でお送りしました!

70 :書き込み少ないしage進行で逝こうか:2005/11/07(月) 23:42:16 ID:JwxuLjqB
      , ´    ヽ
       .ノノリ=))〉       <アダマンタイン買いっと…
    /从l.゚ Д゚ノリつ□<ピッ
   //\ ̄ ̄ ̄\
  // ※.\___\
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ
   \`ー──────ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

71 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/08(火) 00:23:16 ID:31NCXV11
バッツ「おう!皆元気にしてるか?たまには外に出て気分を発散させろよ!」
クルル「このごろ風邪が流行り始めたからね。皆も運動しなきゃすぐ風邪ひいちゃうよ!」
ボ コ「クェッポー!(オッス!チョコボ、いや、全世界の鳥たちよ!聞いてるか!インフルエンザにはかかるなよ!!絶対だぞ!特に鶏!)」

バッツ「11月って、特にすることがないんだよなぁ…。」
クルル「本当にねぇ…、特に祭とかがあるわけでもなく、じわじわ指に来る寒さって言うのが辛いよねぇ」
バッツ「そうなんだよなぁ。そろそろ紅葉の季節も終わるし、なんか殺風景になるんだよな。」
ボ コ「(春じゃねぇと発情もできないぜ。…嬢ちゃん。両手に持ってる天の群雲をしまおうか。
    いやwww羽毛剃られるとか言ってリアルに寒いからねwマジやめてって。うん、マジしまってくれ。)」
バッツ「さって、トラビア放送の方にはルゴルみかんのおすそ分けをしなきゃな、」
クルル「あ、してたんだ。」
バッツ「腐るほどあるしなぁ…ファリスが体中まっきっきーー!!とかいって500箱ぐらいおくってきた…('A`」
クルル「…そりゃおすそ分けしないと腐るね。」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたします!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ´∀`)∩<プロデューサーがやる気になってスタジオ変えたぞ。
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ ヮ゚ノ\ __\<やったぁ♪      l   カルナック せんべい  l
                 〇旦〇   

72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/08(火) 00:24:23 ID:XQeaIWpY
セシル…あんまり歴主スレと変わってないぞ…

73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/08(火) 00:29:41 ID:XQeaIWpY
ていうか、トラビアじゃなくてバラムだと思ったが…

74 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/08(火) 00:34:23 ID:31NCXV11
バッツ「はい、お便りを紹介していくぞ!おっ。どうやら前のセルフィちゃん達からだな。」
クルル「まぁ、おんなじスレ=同局ってことでw お互い頑張っていこうよ!」

バッツ「つづいて〜>>70ってこれ、あっちのほうのお便りだしorz」
クルル「ファリス…、衝動買いする癖はまだなおらないんだね…(´Д`;)」
バッツ「まぁ…こっちのアダマンタイマイは糞弱いけどな。」
クルル「イマなら多分1ターンもかからず倒せちゃうしねぇ。」

バッツ「にしてもさぁ。ア○パンマンってあるだろ?」
クルル「良い子に大人気のアニメだねぇ…。」
バッツ「そう、そのアンパ●マンだよ。」
クルル「で、このアン○ンマンがどうかしたの?」
バッツ「ア○パンマンがアパマンマンに見えるって事実よりもっと衝撃の事実を発見しちまったんだ!」
クルル「ほぅほぅ。興味があるねぇ。聞かせてよ。」

75 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/08(火) 00:49:15 ID:31NCXV11
バッツ「俺さ、良く考えたんだけどさ、
    ア○パンマンってめちゃくちゃ汚くね?
クルル「え?バ○キンマンはあからさまに汚いけどアンパンマンが汚いって?」

バッツ「バ○キンマンですら風呂はいるだろ?でもあいつらは
    「顔がぬれて力が出ない」とか抜かすじゃん。つまり風呂はいれ無いじゃん。垢たまりまくりJAN。
クルル「…。確かに。」

バッツ「しかもア○パンマンの世界ってさ、バ○キンマンしかトイレは入る描写が無いんだよな。
    つまり飯を食ってもウンコしない、大腸菌たまりまくり。ウンコが腸の中で腐敗してる。
クルル「バッツ。ちょっと下品だよ。」

バッツ「腐敗したらルゴルみかんのように腐る部分って増えていくじゃん、
    でも、あいつらはバイキンマンに顔破壊されない限り顔取替えねぇじゃん、
    中のあんこやべぇほど痛むじゃん、
クルル「うわぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁっぁあ…」

バッツ「わかりやすくするとこうだ。

    パトロール⇒僕の顔をお食べよ('A`カバウマー⇒ウンコしない⇒大腸菌その他コレラ菌etc…腸の中にひろがりんぐ

バッツ「ってなるわけだろ?
     梅雨なんかさらにやべぇじゃん。
     つーことはつまり、ア○パンマンってバ○キンマンを遥かに超えた細菌兵器だよな。 」
ボ コ「くぇwwwwっくぇwwwww(ア○パンマンテラヤバスwwww)」
クルル「バ○キンマンを殴る権利無いよね…それ。」
バッツ「酷い話だ。」


76 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/08(火) 01:01:32 ID:31NCXV11
バッツ「さて、無駄話も終わりにして、今日のゲストを呼んでるぞ!」
クルル「今日はFF6の世界からリルムさんを呼んでいます!どうぞ!」
リルム「こんにちわ♪一緒に出るリメイク版としてリルム様がお呼ばれだい!」
クルル「リルムちゃんは今年で10歳だっけ………。まって。」
リルム「どしたの?」
クルル「153cmって…?」
リルム「アタシの身長だよ?」
クルル「Σ(゚Д゚;)ガーン!!14歳のあたしより10cm以上も高い!!」
バッツ「たしかに、10歳にしてみると凄い大きいよなぁ…。」
リルム「皆からはちっちゃいちっちゃい言われるけどね」
クルル「どうせあたしなんか…('A`」
リルム「そだ!いいこと思いついた!コレならクルルも大きくなれるよ!」
クルル「え!本当!?」
リルム「うん!ベヒーモススーツを着ればベヒーモスと同じ大きさになれるよ!」
バッツ「ちょ。それってつまり…。」
クルル「すごい!いますぐやって……来るわけ無いでしょ。」
バッツ「容姿がベヒーモスになっちゃなぁ…。」
ボ コ「(俺はこのソーセ(以下あぼーん)」
リルム「ちぇ。もうちょっとで成功しそうだったのに。

77 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/08(火) 01:11:00 ID:31NCXV11
バッツ「確信犯かよ!!」
クルル「多少殺意が沸いたよ。」
リルム「いやw冗談冗談wそだ、変わりにクルルの肖像画かいてあげる!」
クルル「え!?本当!?」
バッツ「(´ー`)。○(あれ…。なんかやな予感が…)」
リルム「ちょろいちょろい!さ!頑張るぞ!(サッサッサ…)できた!」
クルル「早!…でもそっくりだぁ!…あれ?」

スケッチクルル「調合+フレア+メガフレア。」

全員「ぎゃぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

バッツ「…わすれてた…ぐふ!!」
クルル「(・ω・`)ヒドス」
ボ コ「(俺の焼き鳥串っていくらなんだろ…ぬわーっ!)」
リルム「いやーw失敗しちったw」
クルル「…。本当にありがとうございました。」
リルム「また遊びに来るね!バイバーイ!」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたしました!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ´∀`)∩<プロデューサーがやる気になってスタジオ変えたぞ。
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ ヮ゚ノ\ __\<やったぁ♪      l   カルナック せんべい  l

78 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/09(水) 23:00:52 ID:9ckAGRsV
必死に保守アゲ。

79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/11(金) 15:28:40 ID:en+LOjEG
ほしゅー

80 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/12(土) 00:00:33 ID:HHp+ei9n
ホシュアゲ

81 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/12(土) 01:35:19 ID:k14ZzzJm
疲れがとれる方法を教えてくれ



リルム萌え

82 :1/4:2005/11/12(土) 19:16:24 ID:kscOfuvg
>>81さんの質問に全然答えられず申し訳ございません

女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第16回


今日はファイナルファンタジー3に出てくる
水の巫女エリアさんにお越し・・・
いや まだ到着していないようですね

      <ヽ                      ちょっと渋滞にはまってるって連絡がさっきあったよ
      /□\            )ヽ_l l_ヽ/(   でももうすぐ来るみたいだよ
    <.//ハ))!>           ミ〕テ◎テ〔三
     <ノ!;’ー’ノゝ ∬ ∬      ミll `ヽ´ 」]   +
     ノ/∪丕∪  旦 旦     ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳      ゙"(iX~!)"゙
                       (_,/、_)


おや 待ったかいがありました
それではご紹介しましょう 水の巫女エリアさんです

      <ヽ 
      /□\                      ;',.、 ̄.ヽ  お待たせしますた〜っ
    <.//ハ))!>                     (ノ从ヾヽ!
     <ノ!*’∀’ノゝ∬ ∬               八ヮ`.リフヽ
     ノ/∪丕∪  旦 旦           .   ((と(〜ノi}づリ   三
     と__)__) ┳━┳           .   !!ヾ/水ヾソリ     三
                           .   从i/八ヾ.ゝゝ、、  三
                              ~^´`~^~^´~^~^~

83 :2/4:2005/11/12(土) 19:17:29 ID:kscOfuvg
さあごゆっくりお席にお付きください
あなたのお話をすごく聞きたく こうして待っていましたよ

      <ヽ 
      /□\               ;',.、 ̄.ヽ  おっとっと〜っ
    <.//ハ))!>              (ノ从ヾヽ! 髪の毛踏んづけた〜っ
     <ノ!*’∀’ノゝ∬ ∬      Σ 八ヮ゜;リフヽ
     ノ/∪丕∪  旦 旦    .   ((と(〜ノi}づリ ヾ三
     と__)__) ┳━┳   グイッ  !!ヾ/水ヾソリ  ヾ三
                    . \从i/八ヾ.ゝゝ、、ヾ三
                      ~^´`~^~^´~^~^~


                ⌒⌒ ⌒
      ザァー       ⌒   ⌒ヽ
           γ   ⌒       ⌒ ⌒ヽ
          /           ヽ メ     ウワァーッ
   キャー   γ     (  ⌒    ヽ     ヽ  
        (  γ                   メ
               ( ⌒ )    ヽ  )  )
      (  (  (    (     )   )  )   ) バキー
       人      ヽ  (   )    ノ    )
        ヘ             ノ  ノ  ノ
  ガシャーン  ゝ   ヽ             ノ
           ゝ     ヘ       ノ  ドコーン

84 :3/4:2005/11/12(土) 19:18:14 ID:kscOfuvg
はぁー いや すごい騒ぎでした
だいじょうぶですかー?エリアさーん 貞子さんみたいですねぇ

      <ヽ
      /□\
    <.//ハ))!>           いやん〜っ せっかく4時間もセットした髪が〜っ
     <ノ!;´Д`ノゝ           まるでコンブの中で泳いでいるみたい〜っ でも おもしろ〜っ
     ノ/∪丕∪        __
   __ と__)__) ┻━┻ (__()、;.o:。  ;',.、 ̄.ヽ
o::。()__)                    (ノ从ヾヽヾ バタバタ
゚*・゚;                     从)))ヮ`!リフヽヾミ
                    ,,, -彡彡((と(〜ノi}づリミミミ'-,
                    ~^´`~^~^´~^~^~~^´`~^~^´~^~


4時間?エリアさんまさか遅刻の理由って・・・

      <ヽ
      /□\
    <.//ハ))!>           バレちゃった〜っ? アハハ〜っ
     <ノ!; ゚Д゚ノゝ           これだから ミコって 困るのよね〜っ
     ノ/∪丕∪        __
   __ と__)__) ┻━┻ (__()、;.o:。  ;',.、 ̄.ヽ
o::。()__)                    (ノ从ヾヽヾ
゚*・゚;                     从)))ヮ゜;リフヽヾミ
                    ,,, -彡彡((と(〜ノi}づリミミミ'-,
                    ~^´`~^~^´~^~^~~^´`~^~^´~^~

85 :4/4:2005/11/12(土) 19:19:27 ID:kscOfuvg
いや この番組で遅れるゲストはそりゃいるにはいますけど
そんなことが理由で遅刻した方はあなたがはじめてですよ

      <ヽ
      /□\             すんませんした〜っ それより聞いて〜っ
    <.//ハ))!>           今度FF3はカエルという人がリメイクするみたいだけど〜っ
     <ノ!;´Д`ノゝ           今の私にふさわしい 文句を思いついたの〜っ 聞いて〜っ
     ノ/∪丕∪        __
   __ と__)__) ┻━┻ (__()、;.o:。  ;',.、 ̄.ヽ
o::。()__)                    (ノ从ヾヽヾ
゚*・゚;                     从)))ヮ`!リフヽヾミ
                    ,,, -彡彡((と(〜ノi}づリミミミ'-,
                    ~^´`~^~^´~^~^~~^´`~^~^´~^~


「かみは バラバラになった」でしょう
第一河津さんではないそうですよ 今度のFF3のリメイクのプロデューサー
クラーケンに頃されて 頭のネジが緩みました?

      <ヽ
      /□\             先に言っちゃ や〜ね〜っ
    <.//ハ))!>           それにしてもリメイクでは私 こんな風にお茶目な性格になってるといいな〜っ
     <ノ!;´д`ノゝ           そしたら あんなムダな氏に方しなくても済むと思うの〜っ
     ノ/∪丕∪        __
   __ と__)__) ┻━┻ (__()、;.o:。  ;',.、 ̄.ヽ
o::。()__)                    (ノ从ヾヽヾ バサバサザワザワ
゚*・゚;                     从)))ヮ`;リフヽヾミ
                    ,,, -彡彡((と(〜ノi}づリミミミ'-,
                    ~^´`~^~^´~^~^~~^´`~^~^´~^~

86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/13(日) 21:43:11 ID:a2Dv4USM
                  _
             __  ゝ ヽ-,
           / ̄   ~~~^ヽ,k`」__
         (          `i|  ヽ.
          ゝ_        ヽ_,i、
        ///ムー、        \
        | ,iレWソ~~=,,         j
ホシュ ホシュ  .|/` | )__,  ゞ、      丿
           < "``  7\__,,,-~
           \_,,ノ-二i'リルム
              ○ー┤
              / ( ~ヽ
      |ヽ、      <\_,ヽ、ヽ
      ヽ_ソ、   / ヽ    ヽ ヽ
       \\/ / [二二] ヽ ヽ-, 
        `と  」 /    ト、L ,/
          `ー’/   ノ  \`' 
          /    /::.   ヽ、
         /     /ヾ:;,    \ 
       /      /  ヾ、     ヽ
       | /  ,    /    ヽ、  ヽ/
    |\ >i__ソ_ノ__/     \二ソ-k
    ヾ,`~  ~ト'ー"         丿  /
      `-,__/           と'_/

87 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/15(火) 00:03:01 ID:+bO1INiY0
クルル「大・丈・夫!うちの兵士たちはラジオもってないから!」
バッツ「まぁそれを言うなら俺らの世界にラジオなぞ無いんだけどな。」
クルル「飛空挺はあるけどねぇ〜。この謎の文明のすれ違いは一体なんなのかと。」
バッツ「気にするなよ。」
ボ コ「くぇっくぇ〜(シドさんよぉ。頼むからチョコボ用バイリンガル作ってくれ!頼む!)」
クルル「だめよボコ。そういう時は殺してでも作らせる。でしょ?」
ボ コ「クェ!?(いつの間にロマサガに!?)」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたしました!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ´∀`)∩<何の話をしてるのかはわからんが、物騒なことはやめておけ〜
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ ヮ゚ノ\ __\<やぁねぇ。冗談よ。 l   カルウェンの くさや   l
                 〇旦〇 


88 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/15(火) 00:17:53 ID:G3UO/l1x0
バッツ「さて、さて、さてさてさてさて。さては南京玉簾♪」
クルル「なんきんたますだれじゃなくてゲストさんでしょ!(ベコ!)」
バッツ「いや、ついつい調子に乗って、」
クルル「さって、今日のゲストさんはDQ7の主人公、アルスさんで〜す!」
アルス「どうも。こんにちわ」
バッツ「うぉ!!ちっさぃ!!」
アルス「(ノД`)気にしてること言わないで…」
クルル「大丈夫!14歳のあたしと同じぐらいの身長だよ!」
バッツ「クルル。それはフォローになってない。」
アルス「どうせ…僕はDQのなかでは一番しょぼいし筋肉無いしドウセオレナンカ
     アアコレハキーファノセイダボクノセイジャナイ シンユウホッテオイテオンナニハシリヤガッタアイツノセイダ…アハハハッハハハハハハ…。」
バッツ「!これはもしやトランス!?危ない逃げろ!!」
クルル「コンフュ!!」

アルス「ハッΣ(゚Д゚;)ボクハイッタイオンドゥルルギッタンディスカー!」
バッツ「よし!次は俺が攻撃して混乱を直す!」
クルル「FFとドラクエじゃダメージ計算式が違うから加減してやってね。」
バッツ「ふんどし!!」
クルル「バッツが一番混乱してるし!!」

89 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/15(火) 00:38:49 ID:G3UO/l1x0
バッツ「さて、気を取り直してお便りに移るか (殴られた。)
クルル「>>78-80さん、保守ありがとう!」
バッツ「視聴率が本当にわるいなぁ…。もっとにぎわってほしいもんだ。」
アルス「たしかに、人が多いと楽しいですもんね。」
クルル「初代みたいな活気があったらもっと番組とかふえそうだしね!」
バッツ「やはり美女とヤンガスとか、笑っていいですとも!は人気だったんだよなぁ、」
アルス「あれは確かに神に近かったですからね。ボクもよく聴きましたよ。」
バッツ「俺らの放送は!?」
アルス「み…みてましたようんみてましたすごくおもしろいですねはははははは。」
ボ コ「(超棒読みじゃねぇか。)」
クルル「さて、気を取り直して>>81さんから!」
アルス「疲れが取れる…、やっぱり元気に遊ぶことですかね!」
バッツ「そういえば、DQ7にはカジノがあるんだよな。うらやましい限りだ、」
クルル「まぁ、カジノとかの賭け事はいつか地獄を見るからね、オススメはできないけど、
     気晴らしに行くぐらいだったらいいんじゃないかな?」
バッツ「コタツに入ってみかんを食うのも疲れ取れると思うぞ。お勧めだ。」

90 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/15(火) 00:59:54 ID:G3UO/l1x0
クルル「バッツ。そういって自分の家にあるルゴルみかんを送ろうとしてない?」
バッツ「いいじゃないか!!いくら送ってもまだ900箱ぐらいあるんだよぉ!!」
クルル「増えてるし!!」
アルス「大変ですねw」
バッツ「アルス君、君もこの番組にゲストで出たから軽く30箱はお土産として用意してるよ。」
アルス「本当ですか!?うちのお母さんはよく食べるからそういう贈り物は本当にうれしいです!」
クルル「よかったねw」
アルス「はい!」
バッツ「皮肉で言っただけなのに意外と喜ばれてしまった。まぁいいやぁ〜」
クルル「さて!次のお便り!!じゃない!これは通りすがり!」
アルス「可愛い女の子ですね、」
バッツ「凄いいたずら好きで生意気だけどなorz」
クルル「そういえば、そっちはマリベルさんがいたよね、」
アルス「な、何でそこで出てくるかなwうん、居るよ。今月のとある漫画によってこっぴどいほどの
     失恋をしたけどねぇ………。」
バッツ「あぁ、キーファのことか…しまった!」
アルス「そう、アイツノセイダ、マリベルトツキアッテオキナガラ ライラニヒトメボレシヤガッテソレヲヘイキデヌカシヤガッタ!!」
クルル「バッツの馬鹿ぁぁぁぁぁあ!!トランス始まっちゃったよぉ!!」
ボ コ「クェエェェェェ!?(あっちから大量の羊が!)」
バッツ「ぎゃぁぁぁぁ!!こっち来る!!」

91 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/15(火) 01:09:56 ID:G3UO/l1x0
バッツ「空が…暗いなぁ…」
クルル「夜…だからね。」
アルス「スイマセンでした。(・ω・`)」
バッツ「いやいや、アルス君が天井を消し去ってくれたおかげで星空を見ながら放送を続けられるよ。アハハハ」
アルス「今日曇りですよorz」
クルル「まぁ、美味しいジンギスカンも食べれたしまぁいいよ。」
アルス「食べてたの!?」
バッツ「ん。気づかなかったのか?うまいぞ。」
アルス「あぁ、ありがとうございます。あ。うまい。」
クルル「さて、今回も終わりの時間だね。(モグモグ)」
バッツ「そうだな(モグモグ)」
クルル「今日はなんか凄い疲れた気がしたよ。」
アルス「スイマセンデシタ。」

この番組は いつもの暮らしにチョコボと餌を、ギザール直産地のていきょうでおおくりいたしました!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ´∀`)∩<ご馳走様でした。
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ ヮ゚ノ\ __\<やっぱり寒いわね。 l   カルウェンの くさや   l
                 〇旦〇 




92 :訂正。:2005/11/15(火) 01:11:40 ID:G3UO/l1x0
えっと、はじめのほうがコピペミスで抜けてます。スイマセンデシタ。

はじめのほう

バッツ「おっす!そろそろリメイク版が出るということでちょっとうれしい俺が着たぞ!」
クルル「4も6も、ついに出るとなって私もワクワクしてきたよ!」
バッツ「しかしクルル、お前女王なんだしゲームしてる暇あるのか?」
クルル「王族は分厚い服を着るからね。袖の下に隠してゲームしても全然ばれないよ!」
バッツ「おいwwwでもコレ全国区放送なのに流していいのか?」

後に続く、です、スイマセンデシタ

93 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/15(火) 17:50:18 ID:Tvmp7tOZ0
くさやワロスwwwww
いいよいいよー

94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/16(水) 21:43:00 ID:1Pfn/tXP0
ほしゃげ

95 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/17(木) 19:02:26 ID:CAcLFxKm0
1

96 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/17(木) 20:24:07 ID:l6xeAwtD0
おやおや荒野に一人の旅人、どうやらだいぶ弱ってる。

勇者「あぁどうしよう…。もうHPもないしルーラするMPもないよ…。」

ダースリカントが現れた!!

勇者「うわぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ!!!」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こんなことにならないように、私はいつもキメラの翼を持っています、
遠くに出るときキメラの翼、帰りたいときキメラの翼、あの人の心にキメラの翼、
最高級のキメラの羽を、繊細な注意を払って装飾された金具がとってもチャーミング☆
装飾品にも使えます!バックや兜に飾りつけして、周りのやつ等を引き離せ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

〜〜〜〜〜〜〜始まりはいつもここから、アレフガルド道具屋連盟〜〜〜〜〜〜〜〜

97 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/18(金) 17:16:01 ID:RGz3smbB0
あげ

98 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/18(金) 17:58:52 ID:VQOn9PXeO
題名は別として、面白いから保守します

99 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/19(土) 16:18:55 ID:SF4RzL9n0
やめとけよ、スレ名が【バッツの馬並み相談ラジオ「美女と俺。」】になるぞ。

ようするに保守。

100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/19(土) 17:10:57 ID:GraZxIJBO
100

101 :1/4:2005/11/19(土) 19:18:28 ID:CRt6o/kV0
美女とヤンガスのプロデューサーの中の人になるべきなのでしょうか……

女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第17回


今日のゲストはサラボナの金持ちルドマンさんのご令嬢
フローラさんです

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | まあ わざわざ呼んでくださって 光栄なこと
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! わたくしが金持ちルドマンの娘 フローラですわ
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ
                  ̄  ̄

フローラさんといえば非常に高貴で上品というイメージがありますが
実際のところはどうなのでしょう ぜひお聞きしたいと思っております

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!*^ー^ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | いただきストリートスペシャルのせいで
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! わたくしが超セレブなイメージがついていますが
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ   本当のわたくしはもっと庶民的なのですよ ほほほ
                  ̄  ̄

102 :2/4:2005/11/19(土) 19:19:34 ID:CRt6o/kV0
ここでフローラさんの日常の生活を紹介したいと思います
庶民的というフローラさんの朝は何時ごろからはじまるのですか

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | 朝の六時半 リリアンの吠える声に目を覚まし
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! 顔を洗って池つきの大きな庭でラジオ体操をするのですわ
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ
                  ̄  ̄

へぇ 健康的ですね
朝ごはんはいつも何を召し上がっているのですか

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | パンと目玉焼きですわ おお なんという庶民的なメニュー!
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! 最高級の鳥骨鶏の産む卵を質素にフライパンに落としますの
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ
                  ̄  ̄

103 :3/4:2005/11/19(土) 19:20:29 ID:CRt6o/kV0
お昼ごはんはどうなさっているんですか
アンディさんと一緒にさぞ優雅な食卓を楽しむのでしょうね

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!;’ー’ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | んもぅ お上手ですねっ トリュフを散りばめたサラダを盛り付けて
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! 軽く仔羊の生ハムをフランスパンの上に載せて おほほほ
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ
                  ̄  ̄

三時なんかどうなさるのです
ここまで来るとなんだかうらやましくてうらやましくて

      <ヽ          r:v;‐、
      /□\        , ' ⌒.,ヾ.ヽ
    <.//ハ))!>      〈((゙(ヽヾ.〉!
     <ノ!;´Д`ノゝ ∬ ∬ i∂ヮ∂).i | 他人の芝は青く見えることですよ
     ノ/∪丕∪  旦 旦 とRヾと)_i_! わたくしの三時は紅茶とチーズケーキと・・・・・・アンディのキスを味わって
     と__)__) ┳━┳ i|.|.||.|.|.iiつ  ああっ わたくしったら世界一の幸せ者ですわ
                  ̄  ̄

104 :4/4:2005/11/19(土) 19:21:31 ID:CRt6o/kV0
夜は……ああ 聞かなくてもいいですよっ
どうせ満漢全席なんでしょう!
なんだか マリス ムカムカしてきました!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::|  |:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::< @>+:::::::ο::::::::| ヽ//::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::< | |>::::::::::::::::::::::::::/\\:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::< | |>::::::::::::::::::::::://::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::
イオナズン!<ヽ<| |>:::::::::::::::::::::| .|o:::::| |:::::::::/::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/□\| |>:::::::::::::::::::::\\/ /:::/::/::::::::::::::::::::::
::::::m::<.//ハ))(E):::::::::::::::::::::。::::::::\/::::/:::::::::○:::::::::::::::
::::::ヽヽ<ノ!`Д´ノ/ /::::::::::::ο:::::::::::::| ||::。::。::/:::::::゚::::○::::::
:::::::::::ヽ、フ|((丕))/::::::::::::::::::\::○::| ||::::::/::/:::::::::/::::::::
:::::::::::::ノヽソ曰÷!::::::::::::::::::。::::: \ヽ _,/  :/:vi/::::::::::::::
::::::::::::::んく/_|_jゝ::::::::::::::::::::::::::\  ∠ヽ(゙(ヽヾ.〉> キャーッ
::::::::::::::::::::とノ:::ヽノ::::::::::::::::::::::::::  と⌒⌒つ∂ヮ∂)つ :::


グスンッ
いいもん・・・マリスは・・・マリスは・・・アレルがいるもん!

      <ヽ
      /□\
    <.//ハ))!>             お お父様……なんでわたくしがそこまで……
     <ノつД`ノゝ              あ あんまりですわ……
     ノヽソ丕∪        __
   __ と__)__) ┻━┻ (__()、;.o:。    ,ハ'⌒,ヾ.ヽ
o::。()__)                      ,''(゙(ヽヾ.〉>>...
゚*・゚;                      とヽ| ii(oili.ヮ人つ

105 :チョコ観プロデューサー:2005/11/20(日) 01:27:51 ID:2IyVu3020
毎度お疲れさまです!
美女とヤンガスは、初代ラジオだからねぇ。
できれば本物の職人がいいけど、多分もうこのスレの存在に気付いて無いだろうし
やっぱり誰かが気が向いたらやる、っていうのと、
今ある番組プロデューサーで交代式ってのはどうすか?

ついでに、明日正午ごろにバッツのチョコ観放送すっからだれかお便りネタとかCMねたクダシァ('A`)

106 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/20(日) 05:21:07 ID:CQ1JU8fn0
毎回次はどの名産品が出てくるのかが楽しみで仕方がない。
こたつにはやっぱりルゴルみかんですかね。
それとチョコボ観察してください…

107 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/20(日) 08:35:16 ID:bunxYEXx0
>>105

♪          ♪         ♪
 ♪ ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧♪  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) .( ゚Д゚)  ( ゚Д゚)  < カステラ一番 電波は2ちゃん
  .⊂  つ⊂  つ⊂  つ⊂  つ   | 3時の駄スレは晒しage〜♪
 〜( つノ〜( つノ〜( つノ〜( つノ   . \_______________
    (/   (/    (/   (/


↑というCMネタはダメでしょうかねw


色々考えたけど、やはりあのセンスは元祖プロデューサーさんだからなせる技ですよね。
誰かの降臨を待つのも良いですが、それはリスナーさんのご意見に任せたいと思います。

108 :107:2005/11/20(日) 08:37:19 ID:bunxYEXx0
失礼。いちおうこの番組のプロデューサーより。

      <ヽ
      /□\         ,,, ,,,
    <.//ハ))!>      ミ',OllO','ミ
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ (´∀` L.l} 
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U楽U )
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

109 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/20(日) 12:06:07 ID:CISjCHCc0
バッツ「おっす!!今日もまたまた始まるぜ!」
クルル「今日も一日、元気に行きましょう!」
ボ コ「ックックェ〜!!(俺はポケモンなぞには負けないからなぁあぁぁぁぁぁぁ!!)」
クルル「そっか、そういえばそろそろポケモンの不思議なダンジョンとか言うのが出るらしいからね。」
バッツ「あぁ。あれか、ボコも頑張らないと負けちまうな、」
ボ コ「(チョコボの不思議なダンジョン3を出してくれぇぇぇ…)」
クルル「でもさぁ、やっぱりポケモンって子供向けって感じが強いし、難易度とかやりこみ度とかはボコたちのほうが高いんじゃない?」
ボ コ「(・∀・)!」
バッツ「まぁ、トルネコのほうが謎解き度は高いけどな、」
ボ コ「エアロの本lv99⇒L1⇒GO!」
バッツ「くぁwせdrftgyエアロバキバキlp;@:「」!!!」
クルル「ボコも反撃してくるとは…、私の座もあぶないかも…。」

この番組は、アレフガルド道具屋連盟と、晒しageトリオの提供でおおくりしまっす!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ;´Д`)∩<そろそろ俺がヤラレ役になってきた…
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ Д゚ノ\ __\<私負けないもん!   l   ムーア  わら納豆   l
                 〇旦〇

110 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/20(日) 12:23:37 ID:CISjCHCc0
バッツ「今日のゲストを紹介したいと思う、フィガロ城からやってきた、エドガーだ!」
エドガー「やぁ、全国に住むレディーその他大勢たち、私はフィガロ国王、エドガーだ、」
クルル「うわぁ…、女の子のことをレディーって呼ぶ人始めてみた…。」
エドガー「そんなことは言わないでほしいな、私は国王として美しいものには敬意を示す主義なのさ、」
バッツ「あまり下ネタは出さないでくれよ、放送禁止になっちまうから、」
エドガー「そうか…残念だ、今日はお茶の間のレディーたちを薔薇色の世界に送ってあげようと思ったのに、」
クルル「どんな話をする気なのよ、」
エドガー「ピーヒャラピーヒャラパッパパラパピーヒャラピーヒャラパッパパラパワタシハサザエデゴザイマース」
バッツ「いきなり下ネタ炸裂かよ、モザイクかけといてよかったぜ。」
エドガー「ひどいじゃないか!はじめから決め付けるなんて、」
クルル「案の定だったくせに。」
エドガー「(ノД`)ノわーん!マッシューこの人たちがいじめるよー」
バッツ「なぁなぁ、国を治める人って皆こんな感じなのか?」
クルル「おじいちゃんも下ネタ大好きだったしねぇ…。」
バッツ「だなー…。」

111 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/20(日) 12:55:29 ID:CISjCHCc0
バッツ「さて、盛り上がってきたところでお便りコーナーとでもいくか!」
エドガー「さて…悩める子羊はなんにんほどいるのかな?」
クルル「アンタはそのまえに自分の番組をどうにかしなさい!!」
エドガー「しかしプロデューサーから連絡が来ないんだよなぁ(´ー`)プヒー」
バッツ「まぁいいや、じゃぁいくぞー>>93から!!」
クルル「くさやって本当に臭いのね…、ボコの顔が真っ青になってたもん、」
バッツ「え?マジで?そういえばチョコボって嗅覚鋭いしなぁ、」
ボ コ「(納豆だけでもちょっと今鼻が曲がりそうなんだけど、)」
クルル「これはあとで使うからダメー。」
ボ コ「(そりゃないぜ。)」
エドガー「一体何に使うきなんだ?」

クルル&バッツ「(・∀・)ニヤニヤ」

エドガー「…次いこうか!」

112 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/20(日) 14:53:54 ID:urj6PPzq0
バッツ「さって、つぎ〜、>>96
クルル「CMどうもありがとう!今後とも期待して待ってるよ!」
エドガー「DQの世界はこういうものがあってうらやましい、私の世界じゃ船や
      チョコボに乗って他国へ行くのにかなりの時間がたってしまう。」
バッツ「? そっちにも飛空挺があるだろ?飛空挺使ったほうが早いんじゃないか?」
エドガー「うちの世界にはすでに1台しかないしセッツァーが飛びっぱなしだから
      同じものをみて作ることもできないんだよ。」
クルル「そっか、うちにはまだ飛竜がいるからいいけどやっぱり移動は不便だよね…。」
バッツ「大変なんだな。
    まぁ俺は旅をするのが趣味だから実際要らないけどな。」
ボ コ「(よくはしれるぜぃ!)」
エドガー「私は長旅は苦手でね。やっぱり楽したいものだよ。」


113 :危うし!バッツのチョコ観!:2005/11/20(日) 22:40:08 ID:urj6PPzq0
ファリス「どうしたんだ?コレでおしまいなのか?
      ボコの観察は一体どうなっちゃうんだろう。」
レ ナ「いつもバッツのチョコ観は、はらはらさせるわねぇ。」
ファリス「次のレスではいったいどうやって観察するんだろう、」
レ ナ「いやぁ、どう考えても、これはネタ切れだわ、」
ファリス「だって、チョコボが観察できないんじゃこの番組は打ち切りだ、
      何かうまい手を考えてあるんだよ。」

ファリス「そうだ!プロデューサーに聞けばいいんだ。同じスレだから、THKトロデーン放送局は近いからね」

 ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,    や  T 近 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ H. く .ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て K .に な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 放 あ わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た  送 る け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. 局    で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ  に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_    
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


114 :危うし!バッツのチョコ観!:2005/11/20(日) 22:52:59 ID:urj6PPzq0
ファリス「ごめんくださーい。(一応会社だし入る。)」


エイト「先生〜まだですか!?早くしないと今日中に終わりませんよ!」

チョコ観プロデューサー(以後プロデ)「うぅむ…どうしたらいいんだ…。」

エイト「早くしないとミーティア姫にしかられるよりも辛いことをされるんですから早くしてください!」
プロデ「実は、この先のチョコボ観察のネタを、どうしてよいかわからんのだよ。うぅ〜む…。」

ファリス「(本人にもどうしていいのかわからないのか…。しょうがない、帰るか…
       しかし続きが気になる………。そうだ!!)」
レ ナ「姉さんお帰り!どう?わかった?」
ファリス「今からミドたちが発明したタイムマシンでどうなるのか聞いてくる!」




115 :危うし!バッツのチョコ観!:2005/11/20(日) 23:05:14 ID:urj6PPzq0
ファリス「よし!ついた!ラジオの予約は…OK!してある!ふむふむ、なるほどな。」

30分後…

ファリス「はぁ〜なるほどな!そういうネタできたか!ほうほう…ん?やばい!!
      未来に30分以上いると過去に強制転送されるんだった!!まだ半分も終わってないのにぃぃぃぃぃ!!」

レ ナ「お帰り姉さん!!どうだった!?」
ファリス「あれから、どうなるかというとなぁ…おしえなーい!」
レ ナ「そんなぁ!酷いわ!ねぇ!教えてよお姉さま〜」

海賊A「な…なんだってー!?チョコ観の続きを知ってる!?」
海賊B「頼みますおかしら!教えてください!俺らも気になってるんです!」
レ ナ「姉さん!お願いよ!」

ファリス「あれからなぁ、場面がうってかわってもしもボコがこんな状況に陥ったら、というコーナーが始まる!
      それから、ボコが悪の軍団に乗り込んでいったら、ということになる!」
レ ナ「それからそれから!?」

116 :危うし!バッツのチョコ観!:2005/11/20(日) 23:19:19 ID:urj6PPzq0
ファリス「あとはなぁ……おしえなーい!!」

プロデ「そんなのずるい!!教えてくれ!!」
ファリス「うわぁぁぁぁぁ!お前はチョコ観のプロデューサー!?
     お前が考えた番組なんだからお前がやれよ!!」
プロデ「俺だってまだ書いて無いんだぁ!」
エイト「いたぁ!プロデューサー!早くしないと間に合いませんよ!(´Д`;)アアゴメンナサイミーティア、タノムカラテレパシーヤメテ」
プロデ「ファリスさぁ〜ん、教えてくれないとまにあわねぇよ〜」
ファリス「だー!しょうがねぇ!!いまからテープとってくっから待ってろ!!」

12時間際…

バッツ「やっと始まったな。いったいなんなんだ?」
クルル「じゃあボコ!お役目頑張ってきなさい!」
ボ コ「クェ。(で。俺どうすりゃいいの?)」
エドガー「全く、私だって…暇だが一応国王なんだし、早く収録終わりにしたいんだが。」
プロデ「ちょっと待ってくれ。たのむから天の群雲乱れうちはもうちょっと待ってくれ。ちとトイレ。」
バッツ「さっさと戻ってこいよ!」

117 :危うし!バッツのチョコ観!:2005/11/20(日) 23:30:18 ID:urj6PPzq0
ファリス「こりゃおもしれぇ!チョコ観よりおもしれぇ番組がいっぱいある!」
プロデ「いたぁ!!早くしないと間に合わないからおしえてくれぇ!!」

そして…。

エドガー「ヒソヒソ(なぁ、なんかプロデューサーがそっちのファリスちゃんになってないか?)」
バッツ「ヒソヒソ(なにやらプロデューサーが切れたエイトのギガブレイクくらって倒れたんだってさ)」
クルル「ヒソヒソ(でもどうしてファリスなのかしら…?」
バッツ「まあいいや、はじめようぜ。」


118 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/20(日) 23:32:01 ID:qni2Xey/O
ファリスのキャラにワロタWWWWWW

119 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/20(日) 23:50:09 ID:urj6PPzq0
エドガー「遅れてすまなかったな。さて、次のお便りは>>98-99さんだ。」
バッツ「それいいな。じゃぁいまかrくぁwせdrftgyふじこlp;@:「>(゚д(○=(゚Д゚#)」
クルル「さて…、気を取り直して次のお便り〜>>106さんからw!」
バッツ「ルゴルみかんあと200箱ぐらいあるし、ほしかったらあげるぞ。」
クルル「今回はプロデューサーも流石に反省したのかチョコボ観察をすることになったぞ〜w!」
ボ コ「クエー!(おぉ!?今回俺活躍できる!?)」

〜もしも、ボコが悪の軍団に突っ込んだら、どうなるのか〜

ボ コ「クエ!!(なるほど、俺ヒーロー役ってところか!!子供たちよ!父さんの活躍を見ててくれ!!)」
クルル「わははボコ!もはや逃れることはできんぞ!!」
ボ コ「くえ!?(ちょ!!嬢ちゃんが悪役かよ!勝ち目ないし!!)
バッツ(司会)「ボコ、捕まりました、あれを食らわせてやりなさい。」
ボ コ「クエーーーーーーーーーーー!!(納豆臭い!臭いって!!)」

結果。まぁ、やっぱりただのチョコボだし、捕まった。

120 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記 :2005/11/21(月) 00:01:52 ID:urj6PPzq0
クルル「これって最近巷で有名なオシシ仮面の完璧パクリじゃん!!」
バッツ「ちなみにネタがわからない人はココを見てくれ。

ゴロゴロコミック 4月号
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1132146536/l50

エドガー「さて、今回もコレでお開きのようだな。」
バッツ「今日は長かったなぁ…。」
クルル「なんだったんだろうね。いったい。」
エドガー「ふぅ…久しぶりのラジオだったから疲れたなぁ。どうせだしゼシカちゃんでもお茶に誘うかな…。」

この番組は、アレフガルド道具屋連盟と、晒しageトリオの提供でおおくりしまっす!
       V  /|ノ
         /⌒  \ 
        / ∠リ/>>レ
       .∠レ6 ;´Д`)∩<さっさと2chしてぇよぉ…
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄●┬● ̄ ̄ 旦~.\
 ./..\\        ┴          .\
/   \|============(⌒〃´ ̄ ヽ-===|
\    /         ))(*((⌒))   \               l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
  \ ノ _______/ヽリ゚ Д゚ノ\ __\<やっと終わった!! l   ムーア  わら納豆   l
                 〇旦〇

ファリス「(あれ…?これって…もしかして俺までプロデューサーにはめられたのか!?)」

121 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/21(月) 05:24:07 ID:bsH52GXh0
なんという、むせきにんなプロデューサーだ!
              _,.r-ー-、,,._
            /        \
           /     _ _ _    ',
           /    /(@)\.   ',  生きてるってこと 証明できなければ
.          i   く ニニ二ニニ >, j
           ヽ /:::::__::::::::::_::::ヽ /  もはや のがれることは できんぞ
    _, -、,r'^こつゝ、/::::ヽ__|:::::::|__/:::,y:く  
 ,r-'"   ヽノ  ノ::::::厂ヽ、:::rー、:-ー''"::::::゙、
./    ,r-''" ,r'ヽ、::/  _,レ'  ヽ:::::::::::;r="
.{   ....`゙'''''''"    _,r '"  ...  ゙ー'"   `ヽ.
 ` 、      :  i" o  ...    o    :  i
   `ー - 、 _    |             :/:  }
        `フ   ! o      o  ヽ.  |
        ./   |            i:   |

122 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/22(火) 01:01:02 ID:280JZOC80
もはや逃れることはできないage

123 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/23(水) 09:47:13 ID:UmwfRWp30
| スイマセン、保守しますんで……
\______ __________
          ∨       , - ー 、
           _ _      〃;:三三ミ
       , ‐、 〃,,.、,.ミ、   !,イW(~,ノリ
  -=≡ (( ヾ|ll iーv‐i.!   ゙w( ゚∀゚ノ" オレサマハ サイキョウダ!!!
       ヾ; ,ソ,,リ*゚-゚ノ'   (m9っヨ}ゝ
  -=≡  ノノ(ソ(フつ=つ   曰÷!J
       i !   ,;'ィ゙||ヨ゙i ||   ∠_,__j_,ゝ
 -=≡  ヾ、_〃'、,||_|_l ||_/-/_|-|___
        `"(_/ ヽ_) ̄◎ ̄(::) ̄ ̄◎ ̄(::)

124 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/25(金) 21:56:34 ID:c6q/TEfE0
 

125 :1/4:2005/11/25(金) 22:51:08 ID:LH1WwPnf0
女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第18回


今日のゲストはスピラより元召喚士のイサールさんにお越しいただきました
イサールさんといえばその甘いルックスでFFXでは人気を呼んだのに
FFX-2では三枚目の役をやらされている 不運なイメージがありますね

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ わざわざお呼びいただきありがたいです
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ 川゚-゚ 川  今日は私の相談に答えてくれますか
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


ええ よろこんで相談に乗ります
どういった件でしょうか

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ 実は私の再就職のことで ザナルカンド遺跡のガイドを辞め
     <ノ!*’ヮ’ノゝ ∬ ∬ 川゚D゚ 川  かといって寺院の人間になる気もないし
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)   ここはかねてから実現させたいと思っていた私の夢について
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ  語りたいと思います

126 :2/4:2005/11/25(金) 22:52:23 ID:LH1WwPnf0
              私はゲームプロデューサーになりたいのです!
              今まで他人にコケにされてきた人生を見返したく
              自ら作る世界観が許されるべき仕事をしたいのです!
うわぁ……
すっごいでっかく出ましたね

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ 
     <ノ!;’O’ノゝ ∬ ∬ 川゚D゚;川  
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)  
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


でも 私はあなたの夢をかなえたいと思いますよ
ぜひアドバイスさせてください

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ お願いします
     <ノ!*´ヮ`ノゝ ∬ ∬ 川´-`川  実は先日 知り合いのリンに同じことを言ったら
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)   こう返されましてね
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ  

127 :3/4:2005/11/25(金) 22:53:19 ID:LH1WwPnf0
ゲームプロデューサーといっても昔みたいな一山いくらの世界じゃない
それこそ時代のニーズに答え 常にユーザーの願いをかなえなくてはいけない仕事だ
成功が約束されていると思うな 一つ間違えれば身の破滅が待っているのだ
ただでさえゲーム不況といわれ市場が低迷している時代なのだから
過去の人物の成功と挫折の事例を鑑にしてここは考え直したまえ・・・・・・と

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ
    <ノ!*´−`ノゝ ∬ ∬ 川゚-゚ 川  
   o ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)
  o  と__)__) ┳━┳ (__(_ つ
   0
     ○
/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
|  確かに悲惨な末路をたどった人物はたくさんいるなぁ           |
|  毎年のように同じパターンの双六シリーズしか出せなくなった人    |
|  300万本RPGという大風呂敷を広げたまま業界から消えた人     .|
|  メディアミックスというキャンペーンの果てにヨガに行き着いた人    |
|  過去の栄光だけに頼って今では2chに降臨することだけが話題の人 .|
|  無謀にもハリウッドに進出して大損を出してしまった人など・・・     |
ヽ_____________________________/

128 :4/4:2005/11/25(金) 22:55:11 ID:LH1WwPnf0
ああっ 辛気臭くなっちゃう!
ねぇイサールさん 一緒に酒でも飲みません
存分に今のゲーム業界に対するグチを語りつくしましょう

      <ヽ
      /□\       ,、‐~~~ヽニh
    <.//ハ))!>      (彡ノヘミ) 'リ 
     <ノ!*`Д´ノゝ ∬ ∬ 川゚;ワ゚ 川  いいですね 日頃のうっぷん話など
     ノ/∪丕∪  旦 旦 UリYリU)   朝まで語りつくしましょう このままじゃやってられませんからね
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ  



< まったくCDシアターの再販ができないなんて
  私たちのことコケにしていると思いませんか?あの堀井禿

< FFX-2なんてなければ私は永遠の二枚目だったのに
  覚えていろ北瀬 野島 野村の三馬鹿め ブツブツ

                      )ヽ_l l_ヽ/(      ちょ ちょっと マリス!イサールさん!
                       ミ〕テ◎テ〔三      マイク スイッチまだ入っているよ
                      ミll `O´;」]   +  放送禁止用語が!
             旦 旦     ((とK^X^オつ|=====-
            ┳━┳      ゙"(iX~!)"゙
                       (_,/、_)


【おしらせ】
「女魔法使いマリスの『茶会へようこそ』」は次々回の放送にて最終回となります。
長らくお聴きいただき、誠にありがとうございました。
なお、新番組を別に予定しておりますので、これからもご愛顧の程よろしくお願いします。

129 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/27(日) 04:23:30 ID:DAcUuJUU0
ほっす!!

130 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/11/28(月) 18:23:51 ID:5ns9K76E0
おいおいおいおいいおおいおいいおいおいおいおおいお〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!

131 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/01(木) 00:27:54 ID:b6XMDQ1P0
プロデューサー期待age

132 :1/5:2005/12/02(金) 21:09:34 ID:YEAqLb/X0
女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 第19回

今日のゲストはファイナルファンタジー2の主人公のフリオニールさんです
FF2といえば皆様いろいろイメージを想像されると思いますが
やはり帝国への反抗を誓ったフリオニールさんの強靭な意思を物語らないと
何もはじまらないと思います

      <ヽ       どうもよろしくお願いしまっしょ
      /□\        ,,,  ,,,
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ (`▽´)"
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


    ご趣味は?    ムチでぶたれ
                ローソクを垂らされることでっしょかね
      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ (`▽´)"
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

133 :2/5:2005/12/02(金) 21:10:51 ID:YEAqLb/X0
えっ!!! な なんていう趣味なんですかっ
フリオニールさん あなたあぶないですよっ

              仕方ないっしょ 我々の世界というのは
              己の肉体を傷つけることで己を鍛え上げていくんしょ
              ドラクエには決してない概念でっしょ
              いつの間にか慣れちまったということでっしょかね
      <ヽ 
      /□\        ,,,  ,,,
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!;'゚'Д'゚'ノゝ∬ ∬ (`▽´;"
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


まあ確かにそうですが……
強靭な肉体と無限の智能を備えたフリオニールさんの強さの秘密は
……うーん マリス マネしたくないよぉ

              それより本題に入りまっしょ
              俺っちが強くなるには並大抵でない努力を費やしてきたことを
              わかってくれたと思うけど 俺っちの歩んできた道は
              それはそれは もう大変なものでっしょ
      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*’; ’ノノゝ∬ ∬ (`▽´)"
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

134 :3/5:2005/12/02(金) 21:11:48 ID:YEAqLb/X0
住んでいた村を帝国軍に襲われ 両親や友人達を皆殺しにされ
俺っちを道具としか見ていない王女にいいようにこき使われ
数知れずの戦友を目の前で殺られ
全てが終わったと思ったら帰る場所もなく……
ああ 俺っちの人生っていったい何だったっしょ

      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,
…… <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*’o’ノゝ .∬ ∬ (つД`)" ウッウッ
     ノ/∪丕∪  旦 旦  [ノ普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


あ〜ん 聞いているこちらも とっても悲しくなってきました
ほ 本当に艱阻極まりない道を歩んできたのですね

              まあまあ落ち着いてマリっしょさん
              あんたのようにわかってくれる人はわかってくれっしょ けど
              不幸な人と言うとドラクエ5の主人公だFF7のエアリスだなど
              いろいろ論議を呼ぶのでこの話はこれくらいにしまっしょ
      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,
    <.//ハ))!>      ミミYミ彡
。:+゚*:゚。:+::。.´Д`。:*゚。::・。*:。  (`▽´;"
     ノノつ丕C)) 旦 旦  U普U )ミ
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

135 :4/5:2005/12/02(金) 21:13:19 ID:YEAqLb/X0
(私の名前 マリッショじゃなくて マリスだよぉ)
本当 故郷に帰れないアレルや私なんかより
ずっとずっと 苦労を積み重ねてきたフリオニールさんのお話を聞いて
胸にじーんと響くものがありました

              マリっしょさん あんたいい人だっしょ 本当に
              人は涙の数だけ強くなれると どっかの一発屋のヒットソングにもあるっしょ
              その涙を堪えても 流し続けても 人は強くなるんしょ
      <ヽ      わかった?
      /□\        ,,,  ,,,                  )ヽ_l l_ヽ/(
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡                ミ〕テ◎テ〔三 サテト リクエストキョクノジュンビット
     <ノつД`ノゝ     旦`▽´)" サッキノナミダデ        ミll `ヽ´ 」]   +
     ノヽソ丕∪  旦   ⊂普U )ミ ヌルクナッテルナ コノオチャ   ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ                ゙"(iX~!)"゙       ニ一
                           .            (_,/、_)         ニ一

よくわかりました フリオニールさんのお話
とってもタメになります〜 本当にありがとうございます

              いやいや 説教っぽくなってすんまっしょ
              話題をがらりと変えて 別のテーマを話しまっしょ

      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,     )ヽ_l l_ヽ/(
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡   ミ〕テ◎テ〔三 アッ
     <ノ!*´ー`ノゝ      (`▽´)"   ミll`Д´」]ミミヾ  +
     ノ/∪丕∪  旦 旦  U普U )ミ   O;^X^;リつ|=====-  
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ    ヽ"iX~!つ"゙
                        ☆─ .し´

136 :5/5:2005/12/02(金) 21:14:23 ID:YEAqLb/X0
FF2といえばいろいろなキャラクターが登場しますが
最近マリアさんやガイさんは……あーっ!!!

      <ヽ
      /□\        ,,,  ,,,     )ヽ_l l_ヽ/(  彡
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡 川 ミ〕テ◎テ〔三   彡
     <ノ!;'゚'Д'゚'ノゝ ウボァー(゚Д゚ )  川 ミll`Д´;」]ミミヾ
     ノ/∪丕∪  旦 旦 ⊂普+=====|(⊂;^X^;リミミミ'-, スッテーン
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ バシュッ ヾヽヽ)
                        


ステラ 救急車 救急車!!!
あぁ……フリオニールさん……
あなたの人生は本当に苦難続きですね……

      <ヽ              旦                           どひゃ〜っ >
      /□\             .|.|             (まさか会心の一撃になるなんて〜)
    <.//ハ))!>           .|.|   は…ははは…
     <ノ;`Д´ノノゝ         ,,, |.| ,,,  こんなの 痛いうちには入らないっしょ      一二三
     ノ/∪丕∪  旦 旦     ミミYミ彡 ……は…はぁはぁ……              ─一二三
     と__)__) ┳━┳ とヽノ((oili.▽人つ                            一二三


【おしらせ】
「女魔法使いマリスの『茶会へようこそ』」は次回の放送にて最終回となります。
長らくお聴きいただき、誠にありがとうございました。
なお、新番組を別に予定しておりますので、これからもご愛顧の程よろしくお願いします。

137 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/05(月) 20:37:06 ID:bq0IaAl30
ほしゅ

138 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/05(月) 23:25:20 ID:UeQkiaDA0
( ゚Д゚)…。

( ゚Д゚ )明日あたり放送するでごわす

139 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/08(木) 03:19:37 ID:Z8bO8bJq0
ドラクエヤンガスだってさ
ttp://ranobe.sakuratan.com/up/src/up75328.jpg

140 :1/4:2005/12/08(木) 22:21:40 ID:M9bxhDdg0
女魔法使いマリスの「茶会へようこそ」 最終回

今まで長い間お聞きいただきありがとうございます
この放送も今日が最終回 そこで今日は私にとって特別な存在である
ロトの称号をもつ勇者……アレルに来てもらいました

               こんばんは
               おっと 他人行儀じゃまずいかな まあよろしく
      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*´ー`ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"
     ノ/∪丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


今までこうしてずーっと いろいろなゲストさんを呼んできましたが
さすがに私も疲れました そこで今回を最終回として
しばらくマイラの温泉でくつろごうかなーっと思っております

               いや 普通に聴取率不足じゃないか この番組の打ち切りの理由は
               でも 今まで本当にご苦労さんだったね

      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*´ー`ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"
     ノ/∪丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

141 :2/4:2005/12/08(木) 22:23:04 ID:M9bxhDdg0
そんな……本当のことを言わないでよ……
マリス 悲しくなっちゃうじゃない……

               まあどんな番組でもいずれマンネリ化が進むもんな
               最近のオールナイトニッポンよりは健闘したほうと 俺は思うけどな

      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノつД`ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"
     ノヽソ丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ


でもまあ こうして マターリとアレルとラジオでお話できて
マリス とっても嬉しいですぅ〜
「頭がフットーしそうだよ」というどっかのコピペみたいな状態ですぅ〜

               この調子で第1回からずーっとやってたらもっと早く終わってたかもな
               ともあれ最後だから スタッフのみんなに挨拶してもらえばいいんじゃないか

      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡
     <ノ!*´ー`ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"
     ノ/∪丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ

142 :3/4:2005/12/08(木) 22:24:59 ID:M9bxhDdg0
そんなわけで裏方のステラとライド……
ライドはまだ放送中なのでステラにだけ来てもらいました

               AA用意してないだけだったりするが
               とりあえず最後の放送の記念になったかな
      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、     )ヽ_l l_ヽ/(
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡     ミ〕テ◎テ〔三    本当に今までよくやったね
     <ノ!*´ー`ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"     ミll `ヽ´ 」]   +  ご苦労様
     ノ/∪丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)    ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ     ゙"(iX~!)"゙
                            (_,/、_)


それでは長い間どうもありがとうございました
またお遭いする日まで皆様ごきげんよう〜

               今までマリスのことを見守ってくれいてありがとう
               それではみなさんさようなら〜
      <ヽ         ,、 ,、 ,、 ,、
      /□\       l丶ソ、ヘソ、     )ヽ_l l_ヽ/(
    <.//ハ))!>     ミミYミ彡     ミ〕テ◎テ〔三    なんか最後はオチがなくて
     <ノ!*’ー’ノゝ ∬ ∬ (゚ー゚.ノW"     ミll `ヽ´ 」]   +  このままフェードアウトという感じだね
     ノ/∪丕∪  旦 旦 U壬Uヌ)    ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳ (__(_ つ     ゙"(iX~!)"゙
                            (_,/、_)

143 :4/4:2005/12/08(木) 22:26:17 ID:M9bxhDdg0
(放送終了後)

20回……よく私ながら長続きしたなぁ

      <ヽ                      まあそんなわけで次の新番組に出るので
      /□\            )ヽ_l l_ヽ/(   悪いけど後片付けよろしく
    <.//ハ))!>           ミ〕テ◎テ〔三
     <ノ!*´ー`ノゝニ3         ミll `ヽ´ 」]   +
     ノ/∪丕∪           ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳      ゙"(iX~!)"゙
                       (_,/、_)

えー そんなのずるーい
いかづちの杖より重いもの持ったことない私が
テーブルとかマイクとか片付けろというの〜

      <ヽ                      いや レギュラーとかだけではなく
      /□\            )ヽ_l l_ヽ/(   とりあえず最初だけ来てくれと言われていてね……
    <.//ハ))!>           ミ〕テ◎テ〔三  後はライドと部屋の外にいるアレルとやってよね(ついに出なかったねライド)
     <ノ!*'゚'Д'゚'ノゝ         ミll `ヽ´;」]   +
     ノ/∪丕∪           ((とK^X^オつ|=====-
     と__)__) ┳━┳      ゙"(iX~!)"゙
                       (_,/、_)

【おしらせ】
「女魔法使いマリスの『茶会へようこそ』」は今回の放送をもちまして終了とさせていただきます。
長らくお聴きいただき、誠にありがとうございました。
なお、新番組を別に予定しておりますので、これからもご愛顧の程よろしくお願いします。

144 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/09(金) 18:49:42 ID:a0UCSIyK0
最近ものすごく過疎ってるみたいだからな…ともかくお疲れでしたマリっしょさん!
新番組にも期待しています。ついでにage

145 :1/2:2005/12/10(土) 15:47:44 ID:SSYwyARG0

             )ヽ_l l_ヽ/(
             ミ〕テ◎テ〔三      マリスの番組が終わったら
       ●┬● ミll `ヽ´ 」]    *  別の新番組を考えていたのだけど
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- 
       ┳━┳ (__(_ つ


             )ヽ_l l_ヽ/(
             ミ〕テ◎テ〔三      確かに過疎っちゃしょうがないねえ……
       ●┬● ミll `ヽ´ 」]    *  プロデューサーさんが来てくれるまで
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- 
       ┳━┳ (__(_ つ


             )ヽ_l l_ヽ/(
             ミ〕テ◎テ〔三      とりあえず「ジョルジュ長岡のオールナイトニッポン」
       ●┬● ミll `ヽ´ 」]    *  をやろうか
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- 
       ┳━┳ (__(_ つ

146 :2/2:2005/12/10(土) 15:51:11 ID:SSYwyARG0

             )ヽ_l l_ヽ/(        _  ∩
             ミ〕テ◎テ〔三      ( ゚∀゚)彡 メガンテ! メガンテ!
       ●┬● ミll `ヽ´;」]    *   ⊂彡
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- え?そんなのはどうでもいい?
       ┳━┳ (__(_ つ       わかったよ


             )ヽ_l l_ヽ/(
             ミ〕テ◎テ〔三      それじゃ ゼシカとヤンガス捕まえて
       ●┬● ミll `ヽ´;」]    *  スレタイどおり二代目「FF・DQお悩み相談ラジオ『美女とヤンガス』」
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- をやろうかね……
       ┳━┳ (__(_ つ


             )ヽ_l l_ヽ/(
             ミ〕テ◎テ〔三      とりあえずネタを考えるから
       ●┬● ミll `ヽ´;」]    *  それまでにスレが落ちないように保守するから
        ┴  ((とK^X^オつ|=====- リスナーの皆さんお待ちしてるよ
       ┳━┳ (__(_ つ

147 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/12(月) 20:35:37 ID:7g6SOloo0
いちリスナーの保守。
というかアーヴァインやバッツ、トラビアはどうしたんだ。
シリーズ通して一番強力なラグナロクは何なのか、とても気になるのに

148 :チョコ観プロデュ:2005/12/12(月) 22:23:44 ID:6sDVGnSU0
壁lω・`)「すいません…年末かけてものすごく忙しいんであまり書く暇なくなってるです…
      暇ができれば書くんで、すいませんです。('A`)」

149 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/14(水) 00:47:30 ID:+31/vImH0
  .__△__ 
  ヽ___/
.  / ,ノノハ)) 
. (9ノノ(,゚Д゚ノi < ボク、保守するよ
@〃とヾ二)つ .
. ん'vく/___iゝ  
    .じ'i_ノ

150 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/15(木) 19:21:31 ID:y4Em8aop0
DQ8に登場した人気者ヤンガスが、不思議のダンジョンに再登場!
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1134592427/l50

151 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/16(金) 15:05:15 ID:2fz11pK+0
――いきなり始まる新番組、「左の塔から」の唐突な予告編――

「オーライオーライ、はいその位置からマイク下ろしてくださーい」
「機材準備は6割完了、と言ったところです。なんとか声だけはお届けできますが…」
「構わん!エコーや効果音なんてなくともこの番組は十分じゃ!」
「そうは言っても、準備万端、万を持した状態から番組開始をするのが
 リスナー諸氏に対する礼儀と言うものでは…」
「善は急げと言うじゃろう!一生懸命に保守しとるリスナーがいるんじゃ!
 どうせ暇なんじゃから、ワシ等は保守と言う形でなく、番組をお届けすることで
 この局に貢献するんじゃ!」
「うーん、まあ正論ではありますが…」

「正論よりも正しいことよりも、大切なことがあるよ」
「…お!?やっと来おったの、よりによって床下から!」
「そういう構造のスタジオにしたのは誰なんだ…それよりもみんな、
 番組を始めるよりもっと大事なことを、僕たちは忘れているんじゃないかな」
「と言うと?」

「さっきからマイク入りっぱなし。この会話が電波にのっちゃってるよ」
「「「あっ!?」」」

――見切り発車でお送りします新番組、今夜7時ごろ放送します。

152 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/16(金) 17:17:27 ID:qsM7agol0
おおっ!
ワシかあ…誰だろ? 楽しみにしてます!

153 :1/3:2005/12/16(金) 19:01:44 ID:2fz11pK+0
保守人ラジオ―左の塔から―

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん……。

  『 ラ ラジオのまえのみなさん はじめまして こんばんは。
   きょうからはじまります ガーディアンラジオ ひだりのとうから。
   そのなのとおり バロンじょう ひだりのとう おくじょうの とくせつスタジオから
   FFドラクエネットを とおして おおくりしま……』
4シド「あーもー見てられんわこのバカ息子がーー!!!」
  『う うわあっ!?』
4シド「お前、しゃべり方もカギかっこも16ビット時代に逆戻りしとるぞ!緊張しすぎじゃ!」
  『…え? ほんとうだ なまえが でていない…』
4シド「とりあえず元に戻ってから番組を始めい!ほれ、深呼吸して!」
  『わ わかった。 …すうーっ はぁーっ……』

セシル「……これで大丈夫かな?」
4シド「やっと戻ったの。まったく初っ端からなんて事やらかすんじゃ!」
セシル「すまない…ラジオの前の皆さんも、大変失礼しました。
    本当はゲストの方をお招きしてお送りする番組なんですが、まだ決まらないまま初回放送に
    踏み切ってしまったので……」
4シド「一人で番組運営なんぞ、荷が重いんじゃ!仕方ない、今日はワシがゲストの椅子に座るぞい!」
セシル「え、でもシドはディレクターなんじゃあ…」
4シド「そこの兵士A!カンペは頼んだぞ!」
セシル「うわあぁ、何もスケッチブックごと投げなくても!あっ、角が当たったー!」

154 :2/3:2005/12/16(金) 19:02:51 ID:2fz11pK+0
セシル「…お騒がせしました。
    兵士Aさんの怪我はすぐに治療しました。元気にカンペ係に復帰しましたよ」
4シド「お前の白魔法もたまには役に立つの」
セシル「……僕はこんな時のためにクラスチェンジしたんじゃないからね。
    気を取り直して、リスナーの皆さんこんばんは、そして初めまして。
    先日GBA版も発売されましたFF4の主人公・セシルといいます。
    すこし前に兄が『笑っていいですとも!』でお世話になりました縁で、この番組の
    パーソナリティーを務めることになりました」
4シド「ま、兄さんの縁ばっかりでもないんじゃろーがな」
セシル「そして今日のゲスト代理は、同じくFF4より、飛空艇技師のシドです。
    ……バカ息子と言われましたが血のつながりはありません」
4シド「怨念込めて紹介せんでくれぃ」
セシル「次回からは、FFドラクエ界のどこかから正式にゲストを招待してお届けします」
4シド「ワシもディレクターに戻るぞい!」
セシル「何かと至らない所もありますが、よろしくお願いします!」

セシル「では早速。シド、このサイコロを」
4シド「ん、この番組は某所でお馴染みのサイコロトークなのか?FFとかドラクエとか書いてあるの」
セシル「続けてこれとこれと、合計3つのサイコロを振ってください」
4シド「2つ目のサイコロなんて10面もあるぞい…ほれ、FFの、2が出たぞ」
セシル「FF2ね…ふむふむ」
4シド「ふむふむってお前、ワシがFF2の事なんか話せる訳なかろー!」
セシル「そんな事より最後のサイコロは…もう僕が振るよ。えいっ…1だ。
    FF2のゲストリスト1番は…主人公のフリオニールさん。つまり…」
4シド「つまり?」
セシル「来週のゲストはフリオニールさんに決定!」
4シド「……で、ワシのトークはどうなるんじゃ!?」
セシル「………すみません」
4シド「何じゃそらーーー!」
セシル「次回からきちんと体裁を整えてトークもやりますから」
4シド「それじゃワシの立場がないわー!!」

155 :3/3:2005/12/16(金) 19:04:35 ID:2fz11pK+0
セシル「ゲストも決まった所で、そろそろお別れの時間です」
4シド「ワシは何のためにこの椅子に座ったんじゃー!」
セシル「来週もお楽しみに…って、次回は来週?」
4シド「知らんかったのか!」
兵士A つ【だいたい週1ペースでやってく予定ですよ】
セシル「…あ、そういう事か、ありがとう。
    つまり週末のある程度決まった時間、具体的には金曜日19時〜遅くとも土曜日17時の
    どこかで放送するという事だね」
兵士A つ【原則金曜19時ですが、事によると土曜日昼ごろにずれ込んでしまうかも】
セシル「えっと…機材の調子等により放送時間は多少前後する事もありますが、生暖かく見守ってください」
4シド「生暖かく見守ってもらうのもどうかと思うがの」
セシル「番組を支えるのは僕らだけの力じゃない…番組の感想も忌憚のない意見も是非送ってください。
    ただし局に害を及ぼすおそれのあるお便りは送らないように。ここは僕たち以外にも
    番組を作っている仲間がいるからね」
4シド「早速お便りをくれた人がいるのぅ。>>152さんじゃ」
セシル「どうもありがとう。『ワシ』と言っていた人が気になっているみたいだけど…これはシドだね」
4シド「ワシの活躍も期待しとくれよ!セシルが粗相したらすぐにでも飛び出すからの!」
セシル「…うぅっ……プレッシャーが………」
4シド「来週のゲストへの質問も大募集するぞい!
    話のネタが見つからないと、セシルが困って16ビットになってしまうかもしれんしの!」
セシル「余計なことは言わなくていいから!あ、質問は歓迎します。
    すべてお便りのあて先は、郵便番号838861番、『左の塔から』までです」
4シド「さて、そろそろお開きじゃぞ」
セシル「見切り発車の保守人ラジオ・左の塔から。来週も是非聞いてください。今日のゲスト代理は…」
4シド「本当はディレクターのFF4・シドじゃ!」
セシル「パーソナリティーはセシルでお送りしました。それではまた、来週…」

156 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/16(金) 19:10:22 ID:2fz11pK+0
兵士A
つ【カンペでしかしゃべれなくなった兵士です。】
つ【予告編に訂正がありましたのでお知らせします。】
つ【上から6行目「万を持して」→「満を持して」です。】
つ【悪い見本を見せてしまってすみませんでした。】
つ【それでは、今後ともよろしくお願いいたします。】

157 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/16(金) 20:09:09 ID:oU9Sy+wt0
新プロデューサー様、乙です 面白い!今後も楽しみにしてます。セシルがんばれ
素朴な質問ですが番組タイトルはやっぱりFF5が元なんでしょうか?
とりあえず次回ゲスト、フリオニールさんにお花を差し入れしておきますね
つ【@@@ のばら】

158 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/17(土) 15:14:02 ID:wWe0y50c0
いろんな意味で期待age

159 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/19(月) 14:09:05 ID:3I8FnNZ90
http://search4.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A5%C9%A5%E9%A5%B4%A5%F3%A5%AF%A5%A8%A5%B9%A5%C88%A1%A1%A1%FA&auccat=21600&alocale=0jp&acc=jp

160 :ゴルベーザの笑っていいですとも!番宣:2005/12/19(月) 21:34:54 ID:OMfLX6bt0

ゴルベーザ「FF4リメイク記念!いいですともクリスマス特大号を放送します」
セシル   「やったね兄さん!」
ゴルベーザ「セシルも新番組おめでとう!」
セシル   「兄さんには負けてられないしリメイクもしたからね!」
ゴルベーザ「リメイクってもねぇ…私もゼロムスと戦えるの?」
セシル   「どうだろう…試してみないとわからないよ」
ゴルベーザ「じゃぁモームスとは戦える?」
セシル   「仮に戦えたとしても戦わないでよ」
ギルバート 「よかった…僕の存在がひそひ草になってなくてよかった…」
ゴルベーザ「ところで…特大号って何やればいいの?」
セシル   「特大だからねぇ…なんかでっかい事やればいいんじゃないかな」
ギルバート 「そんなむちゃくちゃな…」
ゴルベーザ「なんかやればいいのかな」
セシル   「うん」
ゴルベーザ「ゲストとか呼んじゃう?」
セシル   「それがいいね、僕はあの爬虫類騎士以外なら誰が来てもいいよ」
ゴルベーザ「よし、じゃぁそれにしよう。誰か呼ぼう」
セシル   「誰がいいかな、みんなの呼んで欲しいゲスト教えてね」
ギルバート 「そんなわけで皆様からのお便りお待ちしております
     あて先は、郵便番号838861、ゴルベーザの笑っていいですともまでよろしくお願いします」


ゴルベーザ「ところでさ、クリスマスって何?」
セシル   「よくわかんない」
ギルバート 「え…なんだかよくわからないまま番宣してたんですか…」
ゴルベーザ「だって月にはそんな習慣ないもん」

161 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/19(月) 22:15:38 ID:+CpjJTyu0
キタキタキターーー!!!
ゲストはFF4移植記念でパロムとポロムをぜひお願いします!4天王も捨てがたい…

162 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/20(火) 19:32:44 ID:ZCP7fzyx0
  ∩ _ _   ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=−い〜ですともとも!
    ミ⊃ ⊃    ≡=−
     (⌒ __)っ   ≡=−
     し'´≡=−
  −=≡    _ _ ∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  い〜ですともとも!
−=≡   ⊂  ⊂彡
 −=≡   ( ⌒)
  −=≡  c し'

GBAでゴルさん仲間にできなくて凄く辛かったよ・・・
ゴルさんの本当の実力が見たかったなぁ

163 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/21(水) 14:01:56 ID:DmRfUvAq0
ageますとも

164 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/21(水) 18:52:01 ID:akkyIHKx0
 『左の塔から』第1.5回(番外編)

ローザ「恋人はパ〜ラディ〜ン♪本当はパ〜ラディ〜ン♪
    あ〜ん〜こく〜に〜、耐〜え抜〜い〜て〜♪」
   かぱっ
ローザ「あ、リディたんインしたお!」
リディア「おいすー…じゃなくって、こんにちは!」
ローザ「ふふ、こんにちは、リディア。床下から入らせちゃってごめんなさい。
    なにせ急造スタジオなものだから、階段も作ってなくて…」
リディア「ううん、ハシゴをのぼるくらい平気だよ!それよりお祝い持ってきたの、はい!」
ローザ「まぁ、可愛いクリスマスツリー!そっか…もうすぐクリスマスなのね」
リディア「女王様がね、この色がいいんじゃないかってアドバイスしてくれたの。どう?」
ローザ「とっても素敵よ。ホワイトツリーに青い飾りが綺麗…ありがとう、リディア」
リディア「あと、バロンの町でこんなのも買ったの!せっかくだから全部飾り付けちゃおうよ!」
ローザ「あらら、こんなに電飾を…壁が一気にカラフルになっちゃうわ」
リディア「セシルやシドがスタジオに入ったら、きっとびっくりするね!」
ローザ「そうね。私も机の上の掃除が終わったら手伝うわ」
リディア「えーっと、コンセントコンセント…あった、ここだ!」

   ブ ツ ッ ッ … … …。

セシル「……あーあー、テストテスト…良かった、復帰したみたいだ」
リディア「ご、ごめんなさい、あたし……」
セシル「びっくりしたよ、突然この塔からでかい音がしたから何かと思ったら…
    …放送機材のコードまで抜いたら駄目じゃないか」
ローザ「けれどセシル、私たちセシルを驚かせようって話をしてたのよ。
    形はどうあれあなたがびっくりしてくれたなら、ひとまず私は満足よ」
セシル「…無茶苦茶だよ、君は……」

    ―――見切り発車の保守人ラジオ、『左の塔から』。
   12月23日19時(ごろ)、バロン城左の塔からお送りします。

165 :左の塔プロデュ:2005/12/23(金) 18:55:38 ID:ps6c0hS90
放送前に、いいですともゲストに四天王をリクエストしますね。


166 :保守人ラジオ・左の塔から 第2回:2005/12/23(金) 19:02:33 ID:ps6c0hS90
ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん……。

セシル「ラジオの前の皆さん、こんばんは。『左の塔から』、2回目の放送です。
    世間では今日から3連休、なんて人も多いのかな。僕はクリスマスでも特別な予定はないけれど、
    …やっぱり少し楽しい気分になるね。
    さて、お便りにお答えします。最初に>>157さん。“面白い!今後も楽しみにしてます。
    セシルがんばれ ”…応援ありがとう。なんだか照れるな…。“素朴な質問ですが番組タイトルは
    やっぱりFF5が元なんでしょうか? ”との事だけど…これは、このスタジオがバロン城の一角、
    左の塔という所に設置されているからなんだ。前回説明不足だったようだね、すみません。
    あとは…これは僕が言うべき所かどうか迷うけれど、このスレをageてくれた
    >>158さん、>>159さん、そして>>163さん、ありがとう。
    このageや兄さんの特番(>>160)がきっかけになって、もっと人が増えると良いけれど…」
4シド「そう、いいですとも特大号!ワシゃ嬉しいぞーー!!」
セシル「うわっ、いきなり出て来ないでよ!」
4シド「ゲストが来る頃にゃ退くから心配するでない」
セシル「いや、退くとか退かないとかそういう問題じゃなくて…」
4シド「そんな事より、いいですともにはお前も出るんか?」
セシル「それはわからないよ」
4シド「うーむ、心なしか態度に余裕が表れとるの…リメイク記念特番ならワシも出たいぞい」
セシル「あとで匿名のお便りを送ってみたらどうかな」
4シド「お便りぃー?えぇい、お前はつくづく親心のわからん奴じゃな!
    気を利かせて『僕が後で兄さんに相談してみるよ』位の事は言えんのか!」
セシル「でも、兄さん一人にゲストの決定権があるわけじゃっ…ちょっ、机を叩きすぎると崩壊する!」
4シド「せっかくのリメイクなんじゃ、飛空艇のシド、このまま忘れられてなるものかあぁ…!!」
セシル「だっ大丈夫、皆きっとシドのことは覚えているから!だから机に八つ当たりしないで!!
    ……このままじゃきりがない、そろそろ番組を始めよう。
    まもなくゲストの登場です。今日もごゆっくりお楽しみください…」


167 :2/4:2005/12/23(金) 19:15:23 ID:ps6c0hS90
セシル「お待たせしました、記念すべき初ゲストの登場です。
    今夜のゲストはFF2の主人公、フリオニールさんです。こんばんは」
フリオ「こんばんは、招待ありがとう」
セシル「早速ですが、>157さんからお花が届いています」
フリオ「やはり俺と言えばこの花か…とても綺麗だ、ありがとう」
セシル「それじゃあ番組が終わるまで、こののばらは机の上に」
フリオ「しっ!」
セシル「え?」
フリオ「…その言葉をむやみに口にするな!どこで帝国軍が聞いているかわからないぞ!」
セシル「そんなばかな」
フリオ「帝国の奴らを甘く見るな!彼らのチェックはとても厳しい。
    どんな長文の中からでもキーワードを探し出すんだ…俺も何度神への道を断たれたか」
セシル「神?…ああ聞いた事がある、のばらで一時間以内に見つからなければ云々」
フリオ「深夜のばらも、斜め読みのばらもメル欄でのばらもすべて帝国軍に見つかった。
    帝国軍に偽装しつつ、のばらをやっても看破されたんだ……あんなの解読するなんて
    みんな暇すぎるよ」
セシル「全部試しているなら君もどっこいどっこいだと思うけど…」
フリオ「けどまじめな話、あれもやっているうちに複雑な気持ちになるな」
セシル「そりゃあ、本当に反乱軍だったなら…」
フリオ「いや、一回本当にああいう状況になった事があるんだ。大戦艦爆破作戦の時だったかな…
    周りにキャプテンがたくさん居てさ、通行証を見せながら歩いていたから
    いきなり襲われるって事はなかったんだが…ちょっと肩が触れて『すみません』とか
    声をかけるといきなり『貴様ら反乱軍だな!』って」
セシル「のばらじゃないのに」
フリオ「あいつらどういう訳か『さっきまでの貴様らの会話を斜め読みするとのばらになるぞ!』
    とか言いがかりつけて来たんだ。仕方ないからなるべく仲間内でもしゃべらないように
    していると、今度は『メル欄にのばらと書いてある!』なんて」
セシル「…理由なんてどうでもいいのか…」
フリオ「結局俺たちが反乱軍だってバレてたのかも知れないな。ずっと同じ所に立たされてストレスも
    溜まってただろうし。まあたくさん戦って強くなったから良いけど」
セシル「前向きでいいなぁ」

168 :3/4:2005/12/23(金) 19:20:59 ID:ps6c0hS90
セシル「さて、そろそろ次回のゲストを決める時間です。こちらの特製10面体サイコロで
    出演作を決定、その作品の登場キャラ6人の中から最後に1人を選びます。
    FFかドラクエかの決定権は僕にあるらしいんですが…じゃあ、フリオニールさんはFF出身なので
    次回はドラクエのキャラをどなたか呼びましょう」
フリオ「マリっしょさんがいなくなって、ドラクエ勢も寂しくなったな」
セシル「ゼシカさんとヤンガスさんにも帰ってきて欲しいね。狙いは3か8かな?」
フリオ「よし、振るぞ…それっ!」
セシル「ちなみにドラクエは8までだから、9と10が出た場合はやり直しになるけど…どうかな?」
フリオ「……っと、7だ!」
セシル「えっと…ドラクエ7のゲストリストは、アルス(7主)さん、マリベルさん、キーファさん、
    アイラさん、ガボさん、メルビンさんです。…キーファさん、過去にいるのにどうやって呼ぶのかな」
フリオ「俺としては羊さんをゲストに加えて欲しかったな。羊飼いをマスターしている人に当たりますように」
セシル「いや、こんな所に羊を呼ばれても困るよ……どうやって話をするんだい」
     カラカラカラカラ………コロンッ!
セシル「…はい、6番。という事は、次回のゲストはメルビンさんに決定!」
フリオ「ステテコダンスで有名な英雄か…羊になんて頼らないかな」
セシル「そこまで羊に執着しなくても」
フリオ「なんとなく憧れがあるんだよ。召喚魔法とかもそうだけど、未知の存在を呼び出して共に戦うなんて
    俺たちにとっては次元の違いすぎる話だからな」
セシル「あぁ、でも羊でなくても…。…ともかく、リスナーの皆さんからは次回のゲスト、メルビンさんへの
    質問などを募集します。番組へのご意見、ご感想も遠慮なくどうぞ。あて先は郵便番号838861番、
    『左の塔から』までです。フリオニールさん、今日はありがとうございました」
フリオ「こちらこそ。楽しかったよ」
セシル「今日のゲストはFF2より、フリオニールさんでした。
    最後に、番組からお知らせがあります」

169 :4/4:2005/12/23(金) 19:27:18 ID:ps6c0hS90
セシル「次回の放送ですが、来週30日はお休みさせていただきます」
4シド「なんじゃと、聞いてないぞー!?」
セシル「だから突然出てこないでって!お休みの件は今日の会議で言ったじゃないか!」
4シド「知らんぞい。寝てたんかの」
セシル「仕方ないひとだなぁ…年末ぐらい月に来てお酒の相手しろって兄さんから連絡があったんだ。
    だからちょうど来週の今頃にはこの星に居られなくなってしまって…」
4シド「そうかぁ…まぁ兄弟仲がよいのはいい事じゃが」
セシル「開始早々年末になってしまったので…リスナーの皆さん、すみません。第3回の放送は
    1月6日になります。よいお年を」
4シド「メリークリスマスも言っとらんのになぁ…」
セシル「今年分、正規の放送は今日で終了となりますが、この間のように誰かがこのスタジオで
    コトを起こした場合は、番外編でお会いすることもあるかも知れません」
兵士A つ【やる気にムラがあるせいで断言できないのですが、その辺の事情は伏せておいて下さい】
セシル「…お知らせは以上です。保守人ラジオ・『左の塔から』そろそろお別れの時間です。
    ディレクターはFF4よりシド、パーソナリティーはセシルでお送りしました。
    それではまた、来週…の、そのまた来週まで。さよなら…」

4シド「この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
    カイポビールファクトリーの提供でお送りしたぞい!」

170 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/24(土) 23:13:01 ID:FTs0B5hE0
いいですともSP、ゲストにクラウドとザックスをキボン!

171 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/26(月) 16:16:07 ID:lC0MmwmT0
「左の塔から」セシル御一行さん、乙です。新年の放送も楽しみにしてます。良いお年をw
ゴルさんの御降臨も楽しみにしてます。ゲストはFF4の人なら誰でもいいなぁ。良スレage

172 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/27(火) 06:55:50 ID:r29ojIZS0
ゴルさん大丈夫でしょうか…クリスマス特大号が年末特大号になっても
正月特大号になっても待ちますよ、と。

173 :ゴルベーザの笑っていいですとも!番宣:2005/12/27(火) 19:33:50 ID:HnkUTgOC0
ゴルベーザ「シドにセシル、そしてプロデューサーさん!お疲れ様ですぞ!」
ギルバート 「何ですかそのキャラ…それよりクリスマス…終わりましたが…」
ゴルベーザ「さてさていいですとも特大号、明日の夜に放送します!」
ギルバート 「さらりとかわさないで下さいよ…
     えーっと、まだまだ皆様からのお便りお待ちしております」
セシル   「クリスマスはゲストの都合で当日放送できなかったんだよね」
ゴルベーザ「パロムもポロムもまだ子供だしなぁ。それにセシルお前もロー…」
セシル   「兄さんそれ以上はよくないよ!…照れちゃうよ?」
ギルバート 「僕は…僕は…アンナ・゚・(ノД`)・゚・。 >かくれる」
セシル   「あーギルバートが泣いちゃったよ…。しかも兄さんさらりとゲスト言っちゃった」
ゴルベーザ「しまった!でも他にも豪華ゲストがたくさん来ます!」
セシル   「呼んで欲しいゲストもまだまだ募集してるよ!」
ゴルベーザ「それでは明日の夜、来てくれるかな?」
セシル   「いいですともー!」

174 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 03:23:23 ID:Tk9JJcEiO
ゴルさーん!
ぜひゲストに神羅カンパニー社長+タークス一同を呼んでほしいです(・∀・)

175 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 03:46:46 ID:2YvfI+0JO
ゴルさん愛してるぜ!明日の放送頑張って下さい!
ゲストはDQもOKならDQ8のモリーかマイエラ兄弟が見てみたい
無理ならFF2のミンウお願いします

176 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 09:01:55 ID:IuVuRCO40
いよいよ今晩特大号放送でつね。ワクテカで待ってます。
今更ですがゲストにはFF4エッジ・FF6エドガー・FF9ジタン・DQ8ククールをぜひ。
実現したらえらいことになりそうだ。期待age

177 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 20:52:20 ID:pc8s1Nn30
FF7のイリーナさんを出してくれたらもう何もいりません。

178 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:00:00 ID:tMSmPVAb0
セシル  「お昼休みはウキウキウォッチ〜♪」
ゴルベーザ「ちょwwwwwww今お昼じゃないwwwwwww」
セシル  「ごめんよ兄さん!僕ちょっと浮かれました!」
ギルバート「始まったのはいいんですけど…本当に大丈夫ですかね?」
ゴルベーザ「え、何が?」
ギルバート「だって…なんか今日控え室人が溢れてましたよ…収集付くんですか?」
セシル  「大丈夫!きっと大丈夫!」
ゴルベーザ「セシルなんでそんなテンション高いのw」
セシル  「だって年末だもの!」
ゴルベーザ「そうそう、クリスマスのつもりが結局年末になっちゃったね」
ギルバート「そうですね…」
セシル  「そうですねキタコレ!!!!」
ゴルベーザ「落ち着けって!テンション高すぎるw」
セシル  「チャーミーグリーンを使うを手をつなぎたくなるって本当かな?」
ギルバート「試して見ればいいんじゃないかな…」
ゴルベーザ「うん。それじゃ早速今日のゲストを呼んでみましょう」
セシル  「おう!!!」
ゴルベーザ「まずはFF4からパロムとポロム、ローザとリディアです」
パロム  「ヒャッホウ!!!」
ポロム  「こらっ、そんなおおはしゃぎしないの!」
リディア 「こんばんは〜」
ローザ  「セシル、チャーミーグリーン…今度使おうね」
ギルバート「これまたかわいいゲスト達ですね…」
ゴルベーザ「パロムとポロム呼んじゃったけど大丈夫かな、21時過ぎてるんだけど」
パロム  「気にすんなよ!」
セシル  「バロンではそんな法律ないから大丈夫だよ!」
リディア 「あ〜…緊張しちゃうな…」
エッジ  「リディアたんテラモエス!!!」
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwwwおまwwwwwwwまだ呼んでねーよwwww」
エッジ  「俺はどこでも現れる!それが忍者クオリティ!」

179 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:11:18 ID:tMSmPVAb0
ゴルベーザ「突然エッジの乱入があったりしたけど…そうそう、クリスマスね」
ギルバート「ええ、皆さんクリスマスはどう過ごしました?」
ローザ  「私はセシルと(ry」
ゴルベーザ「生放送!生放送!子供もいるからね?」
セシル  「ローザ、後でね!後で!」
リディア 「私は幻獣界でみんなと過ごしました」
エッジ  「ついでに俺も乱入させていただきました。本当にありがとうございました」
パロム  「俺はミシディアのみんなとやったぜ!」
ポロム  「大きいツリー飾ってね、綺麗だったね」
ゴルベーザ「プレゼントはやっぱりFF4GBA貰ったのかな」
パロム  「え、キングダムハーツ2」
ポロム  「どうぶつの森…」
ゴルベーザ「…そっか」
ギルバート「ポロムさんもゲームやるんですね」
ポロム  「ちょっとだけだよ。どうぶつさんかわいいから」
ローザ  「かわいいわね、ねぇセシル…私子供欲しくなってきちゃった」
セシル   「ローザ!生放送!生放送!どうしたのローザ!!!」
ゴルベーザ「ローザ…本当にどうしたんだ」
ローザ  「なんでもないわ」
ゴルベーザ「えーっと、本日はまだまだゲスト登場します。誰出るの?」
ギルバート「そうですね…いっぱいいます…ログ見てください…大体出ます」
ゴルベーザ「ちょwwwww投げやりすぎwwwwwwww」
セシル  「生だからね!巻いて巻いて!!!」
ゴルベーザ「それじゃ一旦CM入ります」

この放送はいつも暮らしにアンナとテラをミシディア魔法律探偵事務所と
バロン竜騎士撲滅委員会と月からWメテオ協会の提供でお送りいたします。

180 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:13:25 ID:tMSmPVAb0
CM

                                   /`ー'´ ̄`ヽ_,ハ
                                     {   _r‐''ゝ、_  }
                                       >  ミ○ii○ミノ
                ョr‐ァー 、                /⌒\ヾ´¨`ミソ/^ヽ__ノ)
        /|. /^} ヨレ'  __ >ー- 、_      _ ノ     !|川lレ' '^ヽ ) 〈
      _ ノ  {_」 | ヲ'´ ̄  __ ― '´ ̄ア ̄ ̄ _ノ // ヽ.   /ル、_ノ'^j ト-′
      / _r‐、./ ,レ'   _ノ´         ,ィ佳ム、  { 〃 /⌒ヽi,/`ヽ/:{ ミNハー.、
    {. 〃   i//              ,イ圭|lョ{ {丁\! {{ //⌒ / ,イ |:.//VNノ  ハ
      V   _,〃      '´ ̄ .__,イ圭圭圭{ {{{!   `y t_  /_//  i//、. ̄    ハ
      _/     / ̄   _,,イ圭圭圭圭彡'ヾ、_\_.\  ̄    /―//、 `ー'    i *
   _彡',/    〃     ,イ圭圭圭圭形'´ //,ソ、__ル'ノ_ゝ、__∠志//\_ー .__ノ__ノ☆
  _,,彡'/         _,イ圭圭圭圭形 /// ,イ=ヾ=''´||        //_   ̄ ☆ .__つ
 彡彡'/   _ノ´ ̄         _彡'´///_/ノ b  |. O      //  ~フ  _ ノ、__
. _彡'/  /          _彡彡{./// __」     ○       //   (_` ̄_ノヘ__.)
. 〃/ /           彡彡彡{//__,オ            //    .   ̄
. 〃ル'            彡彡彡ソ{/,ニ_/              //
                 彡彡ソ{〃              //
                彡彡彡'´              //
                   (´                //



181 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:18:07 ID:pc8s1Nn30
CM

               (゚д゚ )
─────────ノヽノ |
                < <

                 (゚д゚ )
─‐─‐───‐‐─‐──ノヽノ |
                  < <

       プチン         (゚д゚ )
────‐ ー──────ノヽノ |
                     < <

                   (゚д゚ )
                  ノヽノ |
_____ _______j < <


                   ( ゚д゚ ) <そうだ、月へ行こう。〜ハイウィンド航空で宇宙の旅へ〜
                  ノヽノ |
_____ _______j < <


182 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:20:20 ID:Qh15MhWj0
CM

    ∩
    ∪ コイーン!!
    i!|i!
  ┌┬─┐
  ├┴┬┤
  └─┴┘
      〉
    ○ノ イヤッホォォォォォォォォォォオオオオ!
   <ヽ |
   i!i/, |i!i
   !! ヽ.|!| i
     i i| !

183 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:23:33 ID:Qh15MhWj0
CM

           /       l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(     | |  / //ヽヽl ハヽ ヽ||ー‐''"l
 / ヤ  |     |   / ,/ ヽ| | /l/ l l l|  l  ヤ ヽ
 l   ・   i    ノ || |  //  | |//`  _lノ  /  ・  /
 |  ズ   l  トー-トヽ| | |   ノノノ rー //|| |  ズ |
 |  ・   |/     | l |||、|     ゝ   | |ヽl  ・ |
 |  子  |        | l | |ヽ,  ―   / | | l  子 |
 |   !!   |    / | | | |  `ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l |ヽ       |レ',| | ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ| |ヽ    ノハ, ノノ     |
,/      ,イーf'´ /´  ||  ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- ノ_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄

新しい下着にさぁ着替えよう!


184 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:34:49 ID:pc8s1Nn30
CM

         ∧ ∧
        (・∀ ・) <金振り込んでくれよ
        ノ(  )ヽ
         <  >

 

 

 

 


         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <50円でいいからさ〜
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >


[ この様な振り込め詐欺にお気をつけください! ]

                〜ミシディア魔法律探偵事務所〜

185 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:41:57 ID:tMSmPVAb0
ゴルベーザ「はい、物凄いCMはいりました」
セシル   「あのCMは何を伝えたいんだろう…」
ギルバート 「アンナは…?アンナ…」
ゴルベーザ「あと新しいCMも入ったね」
セシル  「ハイ…ウィンド…?
     クカカカハハハハハ!竜騎士ヌッコロス!!!!!!!!!!111」
ギルバート 「落ち着いて!今いないから!!!」
ゴルベーザ「CM…いっぱい入ってるね」
ギルバート 「ありがとうございます。連投回避になりますからね」
ゴルベーザ「…さてFF4の皆様には後で来てもらうとして…次のゲスト行きましょう」
セシル  「はいはい、さて次のゲストは?」
ゴルベーザ「急に落ち着くなよ。って事で皆様お待ちかねのゴルベーザ四天王です!」
セシル   「またFF4からじゃん!」
スカルミリョーネ「死の世界からやってきた。土のスカルミニョーネだ」
ゴルベーザ「ニョーネ?」
スカルミリョーネ「ごめんなさい。噛みました」
バルバリシア「ほっほっほっ!またこうしてゴルベーザ様に会えるなんて嬉しいわ」
ルビカンテ 「生放送記念だ!よし、回復してやろう」
ゴルベーザ「何お前、手下の癖に偉そう」
スカルミリョーネ「ぐぎゃぁあああ」
セシル   「おいおい、こいつにまで回復魔法かけちゃダメでしょ」
ギルバート 「すいません…四天王なのに…一人足りませんけど…」
ゴルベーザ「カイナッツォは冬眠はいりました」
セシル   「ナント…」
ギルバート 「亀…」
セシル   「って冬眠するの…?」
ゴルベーザ「なんだろうね。よくわからないや」
バルバリシア「一回起きたのよ、でもやっぱり出て来れなかったみたい」
ルビカンテ 「なんかこれを届けてくれと頼まれたんだが」
ゴルベーザ「ほぅ?」

186 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:42:45 ID:tMSmPVAb0
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴//   \|
 |∵/   (・)  (・) |
  (6_____つ__|
      ‖∧ ∧¶
       ( ゜Д゜)/
       /  /
      〈  (         ガアアアア〜
      ∫ヽ__)
   ____U_U___  
  |    ___ |
   \   \_/ /
     \____/      
俺はスカルミリョーネのようにはいかんぞ。
あいつは四天王になれたのが不思議なくらい弱っちい奴だったからなぁ!


187 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:43:28 ID:tMSmPVAb0
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwwwww何これwwwwwwwwww」
セシル   「猫出てキタコレwwwwwwwwwwwww」
スカルミリョーネ「てかヒドスwwwwwwwwwwwww」
ゴルベーザ「スカルミリョーネもね!がんばってるんですよ!」
セシル   「そうだよ!僕だって……結構簡単に倒したよ!」
スカルミリョーネ「ちょwwwwwwおまwwwwwwwwww」
ゴルベーザ「正直、セシルは四天王で誰が一番強かったと思う?」
ギルバート 「本人の前でこれまた…」
ルビカンテ 「もちろん私だろう!」
セシル   「ん?バルバリシアかな」
ルビカンテ 「なんと!」
バルバリシア「あらまぁ。ほっほっほっ!」
ゴルベーザ「でもどうしてまた?」
ギルバート 「ゴルさん…思い出したくない記憶かも知れませんがあの時…テラさん…」
ゴルベーザ「あぅ…それを引きずってたのか…彼には本当に申し訳ない事を…」
セシル   「いや…それのショックもあったけど…なんていうか、戦い辛かったねぇ」
バルバリシア「そういえば、凄く苦戦してたわね」
カイン   「初めっから俺を使っていれば苦労していな」
セシル   「クカカカカハハハハ!出たな竜騎士!!!!!!!1」

〜 ただいま放送事故が起こりました。しばらくお待ちください〜

ゴルベーザ「あー…そういう事ね…」
カイン   「おれはしょうきにもどった!」
セシル   「僕は常に正気!ヌッコロス!!!!!!!!!!」

〜 ただいま(ry〜

バルバリシア「カインも懲りないわね…」
ゴルベーザ「セシルももう許してやればいいのに…それでは一旦CMです」

188 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:50:15 ID:tMSmPVAb0
CM
          ,. -‐─‐- 、        _
  ,.'"´`ヽ、,.'"´   ,. '"  :. `‐-、,. -‐'" `;
 ,'  ヽ、 ,.、 ,':.__,'、__ ‐- ,... -'"    ,::'、
 ヽ 、 ヽ,.'"´     ゝ_,.'::..____,.:'"´   ,:-'
  ',.. ゝノ'"‐、,... -─- ヽ,':.__     ',. '´
 ,. '"-'ヽ,.-、.:::. ,. --、-.:::...ヽr‐-   -'´'"7
 ヽ--、.,'  .:ゝi´ .: ヽ‐‐--j.:‐-、 .:‐- '´
  `ヽ,'r'''、.::i´`ヽ.::._,.'´ ,._.:i´ヽ、 :. ゙ヽ、
   ,.ゝ、_,:|  ,:.._  、.;)':..   ,.r'´ ̄
  ,.' ,.::'´  !_,:´ ゙ヽ、;:..   _,.-;'-、
  ヽi .:. _ _ ,.....__::ゝ ヽ i" ,.'´,.'´゙‐、_
,.-'"´ ゝ:.      .:   ,.' ,.' / /´`゙ヽ
   ,.'    ''::.'"  .:  ,.j‐'/ ,:'´ ´_,.-'"´`゙
::..   !   i  :.  ,.:' ,.' / ,.'  ,. '::::..
::::.  l  ,.' ..::  / .:,.´,.' ,.-'  j :::::::::::...



189 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:55:44 ID:IuVuRCO40
生放送キターーー!!あげます!あげます!

190 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 21:55:58 ID:tMSmPVAb0
生放送中!
ゲストへのお便り待ってるよ!
予定ゲストはこちら!
>>170-171
>>174-177

   〕)    ,;::-‐'|ー::;,_   (〔                         \     、 m'''',ヾミ、、 /
  ./ |  ,;:'"  :::|;:::::::;;;ヽ  | ヽ                          \、_,r Y  Y ' 、 /';,''
  { 丶,l    .:::|;::::::::::;;;;l .ノ  }                          、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',
  丶  丶   .:::|;:::::::::;;/´  ノ                            \、\::::::::::/, /,, ;;
    ``Y''    :::l::::::::::;;`Y''′                           ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,, ヘエーエ エーエエエー
     } lii;;;,,,   :::;;;;;;iill                              丿 [ \|:::|/ ]  >"'  エーエエー ウーウォーオオオォー
     1 ゙ヾllllllli illlllllソ'                              >、.>  U   <,.<    ララララ ラァーアーアーアー
     ヽ  ゙ヾlllソ'":::;;;/                                ! ! -=- ノ!  
      ヽ   lll ::::;;/                                \\.".// 
       .\ lll ;/                                 ((と    つ
      γU〜''ヽヽ                                 (( ⊂,,  ノ゙
       !  C≡≡O=亜 デンデデッデデレデンデデッデデレデンデデッデデレ      (_,/,,
       `(_)~丿
           ∪


191 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 21:57:04 ID:/KRGrnk20
CM
                          / /
                          / /
                       /三ミ} フ
                      r'"rニニ`〈
                     .| rニ~~` }
      _... -‐<二\        j (_)  /
    r‐'´,-、,..-ヘ \―`、      /  ,A_  ヽ.
  /レ'´ ´/ ̄`ー--、_ i-、  /  /  |  ヽ.  地球月対抗プロゴルフ バロンCUP
 / r'イ /´ 宮○藍   l | `/   /   |   ヽ.
.//j /       /i    /    /  __|   ヽ     2006年1/4より生中継で放送!!
i K´i   L_  、,。' ノ ,/    ./‐-'"i iZ    }
.〉 〉;;;|  `、_゚ ̄ノ`< /|__   / { ヽ ヽヾZ   /
`、;;;;;;;i ト, r-=三 rェr'ン|   L  /___ヽ ヽヽ _>‐'"
 \;;;、;;;`、\ _riン| ヽ、_.ク   _ ヽ、/
   `;;゙-;;;;`ー-/| ヽ、__ /_/  _ |
    `ー-、;;=| ヽ、_. /   _/   _|
        \__/ /  _/   |
          \ /  /


192 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:06:17 ID:tMSmPVAb0
セシル   「何今のCM、僕があいつと歌うなんてそんなふざけた話ないよ」
ギルバート 「まぁまぁ」
ゴルベーザ「はいはい、サクサク行きます、次のゲストはFF7からザックスさんとクラウドさんです!」
クラウド  「こんばんは」
ザックス  「おいおい!俺出てるのか!?俺の声聞こえてるのか!?」
ゴルベーザ「クラウド君は現時点でいいですとものゲストで最多出場だねぇ」
クラウド  「ありがたい事です。本当に」
ゴルベーザ「ザックス君は初めましてだね、なんか足透けてるけど大丈夫?」
ザックス  「どうって事ないっすよ!いや〜、俺ライフストリームから帰ってきちゃったよ!アハー!」
クラウド  「俺は…うん、俺は一人じゃない」
ゴルベーザ「うん…」
ギルバート 「僕も…きっとアンナがいつも見守ってくれてるよね…アンナ…」
ゴルベーザ「今はお盆の時期じゃないはずなんだけどねぇ…まぁいっか」
セシル   「えーっとクラウドさんとザックスさんは元同僚なんだっけ?」
ザックス  「同僚っつーか…俺のが上?まぁ、友達…だろ?」
クラウド  「親友か…」
セシル   「あー、親友ね。それは一番信じてはいけない言葉だよ、すぐ裏切るよ、親友なんてね」
ザックス 「ちょwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwww」
ゴルベーザ「こらセシル!w」
クラウド  「裏切る…?」
ザックス 「何言ってんだよ!俺そんな事しないだろ!なっ!なぁ!?」
クラウド  「クックックッ…黒マテリア」
セシル   「あ〜!大変!クラウドさんがおかしくなっちゃった!」
ゴルベーザ「お前が余計な事言うからだろうが!」
ザックス  「クラウド!!!逃げろ!!!!」
ゴルベーザ「逃げてどうする!」
クラウド  「ぐげ…」
ゴルベーザ「あ〜ぐげっちゃったよコレ…」
セシル   「僕のせい…?違うよ、僕じゃないよ、裏切った竜騎士のせいだよ」
ザックス  「クラウドー!!!!!!!!!!」
ゴルベーザ「ちょっとクラウドさんが大変な事になってしまったので一旦CMです!」

193 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:07:39 ID:tMSmPVAb0
CM

 , -, _/"""\_,/"i
 \ "  ____    /、
 "\ ./"   "i  /
   "| ○-○.| /
  《""i/"\ /"ゞ
   ヽ i/""ヽ/ /
    ヽ ヽ| |,ノ /
       "



194 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:15:55 ID:/KRGrnk20
CM

  ___∠二,.´,. ヽ `7ス、
  > >、/ / ヽ ノ / ,ヘl>、
  フ /ゝi r'  /`ニミくヽj
∠ < <`レ∠.、 ´r'I:メ}レイ  あの人は青空を流れる白い雲の様だった。
/イ〉、ヽ|ィ'i;'>  ` ´ j.>」  
7/i/ l Yハ.`  _ ',.  //j   CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-
/ィ7 ハ ヽ|> ..__,. くi//
´ムレ' ヘ∠/_j  .:∠三ヽ

195 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:21:08 ID:Qh15MhWj0
   それ以降セフィロスは神羅屋敷にこもりきりになった……
   まるで何かに取りつかれたかのように書物を読みあさり
   地下室の明かりは決して消える事はなかった……








        〃∩ ∧_∧
        ⊂⌒(  ・ω・)   今週も富樫休み休み
          `ヽ_っ⌒/⌒c     
             ⌒ ⌒
FINAL FANTASY VII

196 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:22:41 ID:Qh15MhWj0
CM


              。  −<兄さんが隠したんだろ?
             o孕o三 
              。  −
             o孕o三 
              。  −< 母さんはどこだ?
             o孕o三 

FINAL FANTASY VII AC

197 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:23:43 ID:tMSmPVAb0
ゴルベーザ「えーっと、クラウドさんがアレでコレなので次のゲストです」
ギルバート 「セシルにはちょっと頭を冷やしてもらっています」
ゴルベーザ「次のゲストは再びFF4からですね。ちょっと…なんか呼びたくないなぁ…」
ギルバート 「そんな事言わずに呼びましょうよ」
ゴルベーザ「仕方ないな…じゃぁ勝手に出てくればいいと思うよ」
シド   「おい!なんでそんな投げやりなんじゃ!!!」
ヤン   「まぁ…仕方ない…」
フースーヤー 「まったく!せっかく月から来たというのに」
カイン   「やっと俺の出番だ!てか俺は何であんなにセシルに嫌われてるんだ?」
シド   「それは…」
ヤン   「うむ…」
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwww俺を見るなwwwwwwwwwww」
カイン   「ゴルさん…」
ゴルベーザ「だって…全部ゼロムスが悪いんだもん…」
フースーヤー 「あまりゴルベーザを責めるでない…」
ギルバート 「あの…ザックスさんが来れたならテラさんも…来れるんじゃ…」
ゴルベーザ「テラは…CMでがんばってるよ。しっかし親父ばっかりじゃん…」
カイン   「え、俺はまだ21歳よ?親父って歳じゃないよ?」
ギルバート 「一応僕もまだ若いんですが…カウントされてしまうんですか…」
ゴルベーザ「基本的になんか濃い。特にあのハg(ry」
フースーヤー 「うぉい!!!!!!!1貴様ー!誰に向かって口聞いとるんじゃ!」
エッジ  「まったく!本当に親父ばっかりじゃねーか!」
ゴルベーザ「何で天井裏から出てくるのw」
エッジ  「それがニンジャクオリティ!!!」
カイン   「よし!それじゃ俺はあの天井をめがけてジャンプだ!」
ゴルベーザ「頭ぶつけるからやめとけよ、ハゲんぞ」
フースーヤー 「ハゲハゲ言うなぁ!」
ヤン   「複雑だ…いやこれはハゲてるわけではなくモンク僧としてだな…」
エッジ  「おっさん落ち着けってw」
ゴルベーザ「CM!」
シド   「左の塔からもよろしくじゃ!!!」

198 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:24:52 ID:tMSmPVAb0
CM

 =   ミ,ミ\_/ミミ
 ―― ミ  メ.人..ノ. ミ    ...☆
――  ミ 6◎‐◎ミ ..★ ...★
   ☆  ミ /∀ノミ   ...☆
 ★ = /==つつ
  ―― /|寺子屋|
     ☆ ◎ ̄◎





199 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:27:22 ID:Qh15MhWj0
CM

          ∧_∧
                 (´・ω・`)
                と  と ノ
               と  と ノ

         ∩_∧∩ 彡
         /丿・∀・) <<タカイタカーイ
        /     /
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

救われない子供を育てるイデア孤児院

200 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:29:48 ID:/KRGrnk20
CM

   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: あの娘は、当たり前の様に見える空が、怖いと言っていた。
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::約束、果たさなくちゃな。
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::      CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

201 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:37:46 ID:tMSmPVAb0
ゴルベーザ「はいはい!FF4の皆さんにはまた後で出てもらいますよー!」
ギルバート 「ゲストの皆様お待たせさせては悪いですからね」
セシル   「そしておっかる!」
ゴルベーザ「はいただ…いや、逆じゃね?」
セシル   「早くゲスト呼ぼうよ、さっき楽屋で凄い機嫌悪そうだったよ」
ゴルベーザ「そうでした、それでは早速及びします、今度はDQ8からマルチェロさんとモリーさんです」
モリー   「ヘイボーイ!君もなかなか素質がありそうじゃな」
ゴルベーザ「え、ボーイっ私?ボーイかぁ…まだ若いって事かな」
セシル   「普通に考えて僕でしょw」
マルチェロ  「長い!待ち時間が長い!」
ギルバート 「あわわわ…すいません… >かくれる」
モリー   「まぁまぁそんな焦るでない若者よ、そんなにイライラするとハゲるぞい」
セシル   「前から来るね、てかちょっと来てるね」
マルチェロ  「こらぁあああ!!!!!!!!!1」
セシル   「ヒィィィッィイイイごめんなさいベジータさん!!!」
ゴルベーザ「違うってwベジータさんじゃないからw」
モリー   「あまり怒るともっとハゲるぞ」
マルチェロ  「ハゲハゲ言うなぁ!!!!M字言うな!」
セシル   「言ってないよ」
ゴルベーザ「うん。ところで…モリーさんは来たけど…あの〜…マリーちゃんとかムリーちゃんとか…いないの?」
モリー   「うむ、彼女たちは闘技場にいるぞ」
ゴルベーザ「残念だな〜」
モリー   「彼女たちに会いたいのならぜひ来てほしいな」
ゴルベーザ「行きますとも!…四天王でもいいのかな、あいつらってモンスター?」
セシル   「どうなんだろうね」
モリー   「う〜ん…いいんじゃないかな。ただ4匹では出れんぞ。一人削らないとな」
ゴルベーザ「じゃぁスカルミリョーネ外せばいいや」
セシル   「やっぱりかwwwwwwwww」
マルチェロ  「私をモンスターでカウントするのはやめてくれ」
セシル   「誰もしてないよw」
ゴルベーザ「それでは一旦CMです」

202 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:39:01 ID:tMSmPVAb0
CM

                     ,,,、               
                   _,,illllllll゙゙゙ll               
                _,,,,llllllllllli   .,il゜               
           ,,,lllll゙゙,,,llll!lll゙゙゜  .,ill,lllllil!              
        ,,,llll゙゙°  ,,,,,,,,,,llllllli, .゙゙゜,,il゙゜              
      .,,llll゙,,,,,,,lllilllll゙゙゙゙,,lll┛  ゙i、 'l!llllllト             
      .'゙゙゙゙゙゙ ̄  !i,、ll゙゚,l!    'll,,,,llll゙°      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ゙!l,,.゙゙゙゙`   ._,l!″       < おいセシル、ジャンプ中に逃げんなよ
             ゙lll,,, ,,,,,lllll!!lllllllllllllllllll,,     \_______
              ゙゙゙ll゙゜ '゙ll,゚゙゙゙゙゙ll゙゙゙゙ll゙゜            
                 ,,,,,l|   ゙lll, .゙i, ll             
             ,il゙`゙゙llllllll,,,,,,,,li, '!i, ll             
             '!i,  .,,,,,,,,,,_,,l゚゙゜ ll,.ll、            
                 ゙ll,,,ll゙ .,,`゙゙゙l゙゙゙゙゙゙゙゙゙ .l|            
                  l| .ll  ll    l|            
                 ,,,,l!′,l″.ll,,,,lllll,,,, l|            
                llll,,,,,,,,,,,l! ._,,,ll゙`  ゙゙lll             
                 illl!lllll゙゙゙゙″



203 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:42:24 ID:tMSmPVAb0
CM

 =   彡○  `ヽ     ミ●   `ヽ
 ――   iミfノノ)))〉☆      iミfノノ)))〉★
――    iii|l.゚ ー゚ノii/       iii|l. ゚∀゚ノii/
  =    ⊂)ニつ         ⊂)ニつ
  ――  |ポロム|□――─□|パロム|  〜〜
       ◎ ̄ ̄◎       ◎ ̄ ̄◎

 FF4アドバンスよろしくね!  俺たちも大活躍!





204 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 22:45:57 ID:/KRGrnk20
CM
          _,,..-‐--ー-- 、 _
        , -'"   彡   ミ  `゙ヽ、
      /   /        ヽ   \
     /    :/           }  ヽ  ヽ
    / :::/:://   / /    ノ /  ト、   ヽ ゙ 、
    / .:/:::::/:  /../  ..::/,イ:ノ .ノ   i::: i iヽヽヽ
    i .::i:::::/  i:::ノ ...::::::::/:::/____i:::.i: i ト 、i゙、
    | ::i:::::i::.  イ, -'" :::::/  ノ    }i: }: } l::. } } 
    ! ::i:::::i::   /::::/"  /  シテミ;メリ::,イ l:: ノ ノ  私ベアトリクスも夢中!
    | ::i ::ri:::..::..|::::::ノ   /     l:;;゙;:} ソ:/i:レ::/
   |::l:::{ハ::::::::i::::i   ノ     ゞ;シ /イイ:リ/     トロイアジュースはトロイアにて発売中!
    | ::ノ:}::ヽゞ;::::ノ-─':::::. __'  :::: ノ,イ:}::/'      
    //::ノ:/イ::l::トゞ、    ヽ__ノ   ,.イ;}::リ       
   ノ/::/:/::ハ::kハ. . . ゙ヽ、 ___ , ィ/::ノノ:ハ
 //イ:/:/⌒ハ::::V ̄ニヽ\/  rー'^ヽ、リハ
 /イ:::::ノ, へ  Y<    、〉r ヽ {Y/i  `}\


205 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:58:22 ID:tMSmPVAb0
セシル   「逃げるよ」
ゴルベーザ「冷静だなぁwさて次のゲスト!FF7から神羅カンパニー社長とタークスの皆さんです」
ルーファウス 「安心していい。私は待ち時間が長くても怒ったりはしない」
レノ   「正直出れただけでうれしいぞ、と」
ルード  「うむ…」
ツォン   「しかし…何を話せばいいのか」
セシル   「まぁ、適当にしゃべってればいいよ」
ゴルベーザ「適当にてwところで…あのさ…一人…足りなくない…?」
セシル   「そういえば…イリーナさんは?」
レノ   「イリーナならー…さっきはいたぞ、と」
イリーナ  「すいません!緊張しすぎてさっき入り口で転んじゃって…遅れました!」
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwwwどじっ子キャワスwwwwwwwwww」
ルーファウス 「まったく、仕方のない娘だ」
セシル   「なんか若いのに凄い年寄りくさいよ社長w」
ゴルベーザ「しかし…社長ってなんか新鮮だね」
ギルバート 「確かに…ファンタジーの世界ではあまり慣れない言葉ですね」
ツォン   「私たちからしてみると王とかの方が不思議な感じだ」
セシル   「社長か…なんか凄い響き…拝んでおこう」
ゴルベーザ「私も拝もう…」
ツォン   「…社長は私ではなくあちらだが…」
セシル   「あ!なんかツォンさん見てるとつい…!」
ゴルベーザ「これは失敬、なんかご利益がありそうだったから」
レノ   「クククッ…大仏様だもんなwwwwwwwww」
イリーナ  「先輩!ツォンさんを見て笑うなんて失礼ですよ!」
ルーファウス 「まぁ気持ちはわからなくもないな」
セシル   「う〜ん…王様と社長ってどっちが偉いんだろうねぇ」
ゴルベーザ「どうなんだろうね、王は国を治めてるわけだけど…社長何してるの?」
ルーファウス 「なぁ、私は何をしてるんだ?」
ツォン   「何といわれましても…」
レノ   「困るぞ、と」
ルーファウス 「何も…何もしていないのか」
ゴルベーザ「とりあえず神仏化してるツォンさんが一番偉いかな。というわけでCMです」

206 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 22:59:05 ID:tMSmPVAb0
CM

      ある日ひとりぼっちのカインに
       セシルから手紙が届きました・・・
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                                |
       |                                |
       /                           /_____
       /    ヘェーラロロォールノォーノナーァオ       /ヽ__//
     /    アノノアイノノォオオオォーヤ            /  /   /
     /     ラロラロラロリィラロロー            /  /   /
    /     ラロラロラロリィラロ              /  /   /
   /       ヒィーィジヤロラルリーロロロ       /  /   /
 /                          /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



207 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 23:09:36 ID:/KRGrnk20
CM

   〕)    ,;::-‐'|ー::;,_   (〔
  ./ |  ,;:'"  :::|;:::::::;;;ヽ  | ヽ
  { 丶,l    .:::|;::::::::::;;;;l .ノ  }   もう路頭になんて迷わない!
  丶  丶   .:::|;:::::::::;;/´  ノ    赤い翼新人大募集!!
    ``Y''    :::l::::::::::;;`Y''′    
    ==} lii;;;,,,   :::;;;;;;iill {==    募集要項 18歳以上なら誰でも!
   f l;;;1 ゙ヾllllllli illlllllソ'";|ヽ   ソルジャー1stやタークス、光の戦士経験者は優遇!
__ .i |;;;ヽ  ゙ヾlllソ'":::;;;/;;l ヽ、   
ヽ l | ヽ;;;;;ヽ   lll ::::;;/;;;;l l;;ヽ   
;;;;ヽヽ  ヽ;;;;;;;\ lll ;/;;;;;;;l  'l;;;;   〜赤い翼〜
k/;;;;ヽ ヽ/⌒ヽ;;;`;;´;;;;;;/⌒ヽ. |;;;


208 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 23:33:19 ID:tMSmPVAb0
セシル   「て…手紙くらい書いてあげてもいいからねっ!」
ゴルベーザ「何そのツンデレ…お前じゃ全然萌えないよ」
エッジ  「ツンデレのリディア…それもアリだ!」
セシル   「ローザはデレデレだなぁ」
ギルバート 「アンナ…アンナ…」
ゴルベーザ「はい、次のゲストはエドガーさん、ジタンさん、ククールさん、あとエッジね」
ジタン  「なぁなぁ!俺もしかしてクラウドと並んでの最多出演じゃね?」
ククール  「おいおい!!!兄貴いたのか!なぁ兄貴!」
エドガー 「俺は、社長よりも王様が凄いと思うな」
エッジ  「おいおい!俺何wwwwwwwオマケ?wwwwwwwww」
セシル   「えーっとですねぇ、先ほど僕が頭冷やしている間にですね、僕見ました」
ゴルベーザ「ほぅ」
セシル   「この人達ねぇ、今日出演する女性を片っ端から口説いてました」
エドガー 「ちょwwwwwww暴露すんなwwwwwwww」
エッジ  「おいおい!!!俺は違うぞ!俺は何もしてない!」
ジタン  「俺も片っ端からじゃねーぞ!一応ローザさんは遠慮したし…ポロムちゃんとはちょっとお話しただけ!」
ククール  「ローザさんねぇ…人妻というのもなかなか…」
セシル   「さすがの僕も怒りますよ、僕だけのローザです」
ゴルベーザ「いや〜、今日女性ゲストが少なかったのはある意味よかったかもねぇw」
ジタン  「勘違いするなよ!みんな知ってるよな!俺は今はダガー一筋なんだ!!!」
エドガー 「一応俺もポロムちゃんは口説いてないぞ?ただあと10年…」
セシル   「その頃にはエドガーさんも独身じゃつらい年齢だけどね」
エドガー 「あんまりリアルな事は勘弁してください」
ククール  「リディアちゃんももう大人なんだよな…でもイリーナちゃんのドジっ子具合もいいなぁ…どうしよう」
ジタン  「どうしようじゃねーよw」
ゴルベーザ「まぁ、私も女の子は好きだけど…彼らにはかなわないねぇw」
ギルバート 「僕は…アンナ一筋です。愛する人はアンナだけ…」 
セシル   「歌いはじめちゃったよこの子」
エドガー 「そんな日もあるよね」
ジタン  「染みるねぇ…」
ククール  「愛するってすばらしいじゃない」
ゴルベーザ「まぁ、私も女の子は好きだけど…彼らにはかなわないねぇwそれじゃCMです」

209 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 23:33:55 ID:tMSmPVAb0
CM

                       
                       ∠⌒彡 κ
                        Υζ/                  ファイナルファンタジー W
  ___ ___ _ _  _  ___   (  ( .) . ___  _  _ ._ __ ._  __  ._ _  ___ _
 . `i┌-、| `l l~ `l `; | |   ||. .`l l'   ミヽ::|::|  .`i┌-、|. ||  `l `; | | |  .| . || ./__`: | | .| |  `l l~| | | |
    | |/| ` . | |  |  \ |  .| |   | |   / /:::|::|彡  | |./|  | | . |  \ | l/| N . | | | | |_| | | | |  . | | .| | | |
    | ;ヘ|  . | |  | _.  |  |.|.|  .| | /( ̄ . ('/) .  | ;ヘ|   |.|.|  | _.  |  | |  |.|.| ヽヽ,  |┃|..  ..| | | ||.|
    | |     | |  | | | | .|;=;|  | | ;|  ̄`l 彡.   | |   |;=;| .| | | |  | | .|;=;| .|`l_| |  | |   . | | .| |
    | |     | |  | | | | |.| |.| .|└' |   .| |    | |  . |.| |.|....| | | |  | | |.| |.| ヽ__丿 | |   . | |  |. |
   . ̄  .    ̄  . ̄ . ̄  ̄  ̄  ̄ ̄    .| ソ .   ̄  . ̄ ̄ . ̄ . ̄   ̄  ̄ ̄    .. ̄     ̄ . ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



210 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 23:38:54 ID:tMSmPVAb0
CM
        ______
  _ r''" ̄_     _    ̄ヽ、
 ,' ,. ヾ ,.. __ ヽ、   '' 、.....  ヽ、
r" ,.、 r'ヽノ ヽ  '、..,' ::.. - "'' ‐-ヽ
| ! l ヽr‐、_,.゙ゝ、_ ヽ   ヽ、__ ,.'ヽ、
! |、,j、_,.ゝ'"    l_ゝ-、r‐‐、'"   ヽ !
! / / __,.r‐‐'''"  〉、__ヽ、 ヽ、 _.:: __ヽ
!ヽ,'ヽ ゞ、rj"゙ゞ  ヽ_ ''ヽ_ "' --、 ,.、 <
゙-'|  l ::`       ヽ/  ゝ、   ヽツ
  ヽ、!          j'" ' i ヽ、_ ヽ、 >
    l__ ;.       ,.'  |  ヽ l ヽ、 l
   ! ヽ‐‐     ,j  ,' l__ j  r‐' r‐
   ヽ  l     _./l ` / ‐' __r'"   ヽ
     ヽヽ-‐'"ヽ、_;._/ ,.-''   r'"j  ,.'
    /`゙ ---`- ヽ'"-"    ┘- -'
主役…僕だから。

211 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/28(水) 23:41:20 ID:/KRGrnk20
CM

\     、 m'''',ヾミ、、 /
  \、_,r Y  Y ' 、 /';,''
  、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',
   \、\::::::::::/, /,, ;;,
   ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,,
   丿 [ \|:::|/ ]  >"'''''    <ガリ屋はお正月も無休で働きます!              セシルが。
   >、.>  U   <,.<
  ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、
..''"L  \\.".//_ |   ゙` ]


212 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 23:51:25 ID:tMSmPVAb0
セシル   「クカカカカハハハ!!!!111竜騎士ヌッコロス!!!!!!!!!」
ゴルベーザ「さて、そろそろお別れの時間が近づいてきました」
ギルバート 「皆さん3時間近くお付き合いありがとうございました」
セシル   「うはwwwwwww華麗にスルーwwwwwwwww」
ギルバート 「CMで参加して下さった方も本当にありがとうございます」
セシル   「連投規制は辛いからね」
ゴルベーザ「えーっとね、ゲストなんですが…時間の都合で本日はお呼びできませんでした」
セシル   「えぇ〜!!!!」
ゴルベーザ「って事でね、年明けにまた新年特大号を特別に放送します!」
セシル   「おぉ〜!」
ギルバート 「新年号、今回お呼びできなかったミンウさんお呼びしますよ」
ゴルベーザ「ザックスさんが来たおかげでね、ミンウさんを呼ぶのも可能だぞ、と」
セシル   「兄さん!なんか口癖移っちゃってるよ!」
ギルバート 「アンナは…アンナは呼べませんか…ダメですよね…」
ゴルベーザ「ごめんね…」
ギルバート 「いいんです…ほらゴルさん、最後にみんなを呼ばないと」
ゴルベーザ「はいはい、それじゃFF4のみんな出てきちゃうといいよ」
シド   「なんでそんなやる気なさ気なんじゃwwwwwww」
ヤン   「パロムとポロムはどうやら眠ってしまったようだ」
リディア  「私もこんなに遅くまで起きてたの久しぶり」
エッジ  「俺は忍者だからな!夜は強いゼ!!!」
ローザ  「夜はこれからよ、セシ(ry」
セシル   「生放送!生放送!」
ゴルベーザ「今日のローザは激しいねぇw」
セシル   「いやぁ、いつも(ry」
フースーヤー 「こりゃぁああ!生放送じゃぞ!!!!」
ゴルベーザ「なんか混沌としてまいりましたよw」

213 :ゴルベーザの笑っていいですとも!特大号:2005/12/28(水) 23:52:15 ID:tMSmPVAb0
カイン   「そして俺の存在を忘れてもらっちゃ困るぜ!ヘイジャーンプ!!!」
ローザ  「ケアルガ」
シド   「おぉ、回復したぞい!」
カイン   「ちょwwwwwwwwwwwヒドスwwwwwww」
スカルミリョーネ「ぐぎゃああああ!!!!」
ルビカンテ 「なんてこったい」
ゴルベーザ「お前らまで出てこなくていいよw」
バルバリシア「いいじゃないのよ〜」
カイン   「ローザは俺の前ではツンツンです」
セシル   「いい気になんなよ、ヌッ殺すぞ」
ゴルベーザ「落ち着いて!セシル、なんか暗黒に戻りかけてるよ!」
ローザ  「ツンなんて感情も持ち合わせてないわよ」
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwキツスwwwwwwwww」
カイン   「それは、俺の中で何か不思議な感情が芽生える瞬間でした」
セシル   「クカカカハハハハ!!!」
リディア  「なんか二人共おかしいよ…どうしたの?」
エッジ  「リディアは何も知らなくていいんだよ…知らない方がいい事もあるさ…」
ローザ  「ちょっと壊れたセシルも素敵よ…」
シド   「ローザも壊れてるのぅ…」
ヤン   「まぁ私の妻にもそういう時代がありました」
エッジ  「包丁は投げました。ごめんなさい。大切に使えませんでした」
ゴルベーザ「なんかもうカオスを超えて終末が近づいちゃったよ」
ギルバート 「宇宙の法則も乱れます」
フースーヤー 「宇宙の法則が乱れたら月はどうなるのかのぅ…」
ゴルベーザ「それじゃ、お別れの時間です!来年もまた見てくれるかな!」
セシル   「いいですとも〜!!!」

この放送はいつも暮らしにアンナとテラをミシディア魔法律探偵事務所と
バロン竜騎士撲滅委員会と月からWメテオ協会の提供でお送りしました。

214 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/29(木) 00:10:10 ID:ZCUWaXfy0
>>213

GJ!GJ!リアルタイムでむっちゃ笑った!
新年号も楽しみにしてるから、頑張って!!

215 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/29(木) 15:26:40 ID:QYM8q5Rc0
176です。リクエストした女好き四天王全員が出演してくれたなんて…嬉し泣き。
FF4四天王も爆笑しました。やっぱり貫禄あるなぁ…面白すぎ。
そしてゴルさんの放送開始時間に驚愕しました。すんごい……一生付いていきますとも!

216 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/29(木) 23:01:38 ID:9FLHkOCC0
CMクオリティたけえwwwww
GJGJ!!

217 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/12/31(土) 01:54:51 ID:Urf69h3I0
      ,.......,,_,.、
    /~~~V~\
   / ,/ヽンヽyヾ,ヽ
    ,|/〔゚) 〔゚))/ l、 おハローあげ
    ノ,/l'' ー '''人 ゝ
  ノ,,,人,,>''''<ノ/ノlゝ\,
  ''''''' /|) くヾ'″''''''
     |(,`r',,,,)|
    /l Å l'\
   (\|,/‐‐ヽ,|_/)
    ~/」 _|_|_ LY'~
    ノ/| || |〔ヽ
    / | | || | | ゝ
   /__ノ|||||||||| '_\
   ´ (;;;;;;;l;;;;;;;)

218 :明けましてゴルベーザの笑っていいですとも!:2006/01/01(日) 00:00:19 ID:iQ54TXih0
ゴルベーザ「明けましておめでとうございます!」
セシル・ギル「おめでとうございます!」
ゴルベーザ「年末特大号、好評だったみたいで本当にありがとうございました」
セシル  「なんかバタバタしててグダグダだった気もするけど放送できてよかったね」
ギルバート「ゲストの皆様の出演時間もいつもより短めになってしまいましたし」
セシル  「でも生放送で本当にバタバタしてたからね、ごめんね」

ゴルベーザ「というわけで今年もよろしくお願いします!」
セシル・ギル「おねがいします!」

セシル  「って兄さん…それだけ?」
ゴルベーザ「うん」
ギルバート「違うでしょゴルさん、ほら…新年特大号…」
ゴルベーザ「え?今からやるの!?ダメだよ〜今からはさすがにできないよ」
ギルバート「じゃなくて、特大号の宣伝!」
ゴルベーザ「あーそうだそうだ、新年特大号、日時はまだ未定ですが放送します!」
セシル  「未定なの!?…まぁいいや、というわけで皆様のお便りを募集するよ!」
ギルバート「今のところFF2のミンウさんが出演予定です」
セシル  「ミンウさんへの疑問質問ドラえもん、他にも出演して欲しいゲストがいたらリクエスト待ってるよ!」
ゴルベーザ「それじゃ、来年も見てくれるかな?」
セシル・ギル「いいですとも〜!」

219 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 02:00:02 ID:2glXue2J0
うはwwwww新年特大号とは新年早々縁起がいいwwwwwwwwww
今年もいいですとも、楽しみにしてるよ!

220 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記:2006/01/01(日) 02:31:09 ID:eHyEl0tA0
バッツ「あけましておめでと!今年もハイになっていこうぜ!」
クルル「今年は戌年です、鳥の年は終わりましたね〜w」
ボ コ「(嬢ちゃん…今年も毒舌だ…orz)」

この番組は タイクーン銘菓10兆石饅頭の提供でお送りします!
       V  /|ノ
        /⌒  \      " ̄ヽ”⌒)
       / ∠リ/>>レ    ((⌒)) )((
      ∠レ6 ・∀・)       (・ヮ・("ノ  <ことしもよろしくーw
      m9    ~つ●┬●⊂(  ○         
    l~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~l
    l ウマイ、ウマスギル タイクーン10兆石饅頭  l

バッツ「さてさて、一つ気になることがあるんだが、」
クルル「ん?何?」
バッツ「こたつスタジオがまたルゴルみかんになってる件について。」
クルル「…。バッツ君今年早々ボッシュートで〜す☆」


      ⌒ ⌒ ⌒ シュルルルッ
     _⌒ /⌒  \__
   /:::::::/ ∠リ/>>レ:::::::::::/
/:::::∠レ ∩;´Д`)∩:::::::/ いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!! 
   /::::::::::::(     /:::::::::::::::/
チャラッチャラッチャーン  ミヨヨーン

ボ コ「(え?俺らが待ってるのはゴルさんであって俺たちじゃない?そんなこといわないでよ、な?)」

  はい
rアいいえ

221 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記:2006/01/01(日) 02:44:21 ID:eHyEl0tA0
バッツ「さてさて、正月、初詣にはみんないったか?
     まぁ、俺らは世界が違うから初詣どころか神社すらないんだけどな。」
クルル「私たちはクリスタル信仰だからねぇ、」
バッツ「そうそう、クリスタルの力でそれぞれの国で盛大な祭りが行われるんだよな!あれはすごいぜ!」
クルル「今年のタイクーンはレナが飛竜でブルーインパルスだっけ?」
バッツ「練習してたからな〜、うまくいくといいなwたのしみだw」
クルル「ウォルスでは水祭りだよね、
     スポットライトを照らした上から水の花火みたいなのあげるのw
     寒そうだけど一回見てみたいなw」
バッツ「きれいなんだけどものすごく寒いんだよなぁ…、火のクリスタルの力はカルナックの方にいっちまうし、」
クルル「カルナックは火山花火だっけ?」
バッツ「ヨッパラ●ダーktkrwwwwwwwwwwwwwwwwww」

クルル「それで、地のクリスタルの祭りは…

222 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記:2006/01/01(日) 02:51:10 ID:eHyEl0tA0
番組の途中ですが臨時ニュースです。

昨日から今年にかけての、地のクリスタル祭りの『地震祭り』によって、
ア●ハ建築のマンションがドミノ倒しのように倒壊しました、
住人は祭りで城のほうに行っていたため、けが人は今のところ見つかってはいませんが、
今、バル国レスキュー隊が、捜索を行っているところです、
現在、アスベストなどが舞っていてとても危険なので、住人の皆様などには
厳重な注意で新年を過ごしてください、

以上、臨時ニュースでした。


223 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 02:54:26 ID:eHyEl0tA0
クルル「

   ( ゚д゚)<…。
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /
     ̄ ̄ ̄ ̄

   ( ゚д゚ )
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /
     ̄ ̄ ̄ ̄


   ( ゚д゚)
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /
     ̄ ̄ ̄ ̄

   ( ゚д゚ )
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
   \/     /

バッツ「こっちを見るな。

224 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 03:08:18 ID:iQ54TXih0
リアルタイム遭遇か!!!!
こっち見るなキタコレwwwwwwwwww

225 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記:2006/01/01(日) 03:16:06 ID:eHyEl0tA0
バッツ「過激だからなぁ…。バルの地震祭り。」
クルル「今年も忙しくなりそうだなぁ…('A`)正月なのに…。」
バッツ「それでもいちおう女王様だからな、ご愁傷様、」
クルル「フレア。('A`)」
バッツ「うごごごごごご…。」
ボ コ「(嬢ちゃんに身なりの話は禁物だよご主人…。)」



226 :バッツの☆愛☆チョコボ観察記:2006/01/01(日) 03:32:25 ID:eHyEl0tA0
バッツ「そんなことはさておき。新しい番組が始まったな。」
クルル「『保守人ラジオ左の塔』からだね、新番組、期待してるから、がんばってねw」
バッツ「本当に、過疎がすごいラジオだからな、期待してるぜ〜!」
クルル「にしても、FF4の人たちのラジオは本当に人気だねぇ〜。
     トラビアの泉、いいですとも、左の塔、ect…。
バッツ「やっぱりゴルさんのラジオがすごいからなんだろうなぁ。俺ももう一度だしてくれー」
クルル「ねぇ〜、プロデューサーが違うとここまで違うのかなぁ…、ゴルさーん!!私も劣化する前に出してくださーーい!」

ボ コ「(嬢ちゃん…… 必 死 だ な。)



どこからともなく焼き鳥の差し入れが来たため、少しの間、というよりは、ボコがカムバックするまでお待ちください。

227 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 17:40:09 ID:ynYgqRHC0
ボコも焼き鳥喰うのかw 視聴率UP祈願あけおめage バッツ達早く帰って来い!

228 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 19:17:18 ID:qtBcLcqkO
>>218
キタコレ!!今度も期待してます!
次はFF9のクジャと、DQがOKなら5の双子を出して欲スィ。

229 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/01(日) 19:24:47 ID:5OqRNwGG0
>>227
むしろボコが焼きtくぁwせdrftgyふじこlp

230 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/02(月) 14:13:53 ID:1S41GiknO
>>218
リディアたん!リディアたん!

231 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/03(火) 17:19:39 ID:46ti9h960
>>218
FF9のビビと、DQ2のサマルをお願いします!

232 :1/2:2006/01/03(火) 17:32:40 ID:/Dh5UPYx0
  ,「",ヘヘケ、
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●
  /フつ     ┴ ───
 .ん/ 旦       旦  \
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ヤンガス「新年あけましておめでとうでがす。新スレになってから一度も登場していないので
      近いうちに新番組を再会させようと思っているでがす」
ヤンガス「中の人は初代プロデューサーではないので勘弁してくれでげす。
      ちゃんと次の放送でゼシカも呼ぶでげすから。まずは番組再開を占うでげす」


( ゚Д゚)< あっしの今年を予言
◇IDの1桁目.         ◇時刻の秒の十の桁  ◇時刻の秒の一桁
[AB] エイトに           [1] 「キタ━(゚∀゚)━ !! 」と [1] 泣かれる。
[CD] ヤンガスに        [2] 「必死だなw」と.    [2] 迫られる。
[EF]  ゼシカに        [3] 「くっ許せないぜ」と  [3] 通報される。
[GH] ククールに       [4] 「反省しる」と       [4] 刺される。
[IJ]  マルチェロに       [5] 「逝ってよし」と     [5] ハチの巣にされる。
[KL] ニノ大司教に      [0] 「ウホッ」と        [6] チンコ引き千切られる。
[MN] トロデ王に                      [7] 八つ裂きにされ目玉抉り出して耳切って鼻切ってあそこもちょんぎられる。
[OP]  ミーティア姫に                    [8] イオナズンとメラゾーマとベギラゴンとマヒャドを一度に喰らって即死。
[QR] チャゴスに                      [9] カマ攻撃を受けて首チョンパされる。。
[ST] ハワードに                      [0] ひ・・・悲惨すぎて言えない!!!
[UV] キラに
[WX] フォーグとユッケに
[YZ] ポルクとマルクに
[数字]ゲルダに

233 :2/2:2006/01/03(火) 17:41:58 ID:/Dh5UPYx0
ヤンガス「・・・・・・」
ヤンガス「あれは思い出したくないでがす・・・竜骨の迷宮の悪夢が (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
フォーグ「おう、あの時はよくも逃げやがったな」
ユッケ「もう、とんだ恥さらしだったわね!」
ヤンガス「げっ フォーグにユッケ!いつの間に!」
フォーグ「いくらなんでもあれは無しなんじゃないか?」
ユッケ「ただでさえ影が薄い私たち兄妹なのに、余計中途半端な印象を与えちゃったじゃないの」
ヤンガス「そ、そうでげすかね…」
フォーグ「とりあえずオレらは忙しいからこのへんで」
ユッケ「次回の放送でゼシカとやら巨乳女、来るといいわねぇ」
ヤンガス「ま、そういうわけであっしが主人公のゲームも応援してくれでげす!」


というわけで、スポンサーもついでに募集しているでげす
   V
  ,「",ヘヘケ、       /〃ノミヽ < ベルガラックに来たらぜひカジノへ!
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ヾ〃ー゚ ソ   貯蓄のことならゴールド銀行ベルガラック本店へ!
  /フつ     ┴⊂{. 》忘《 }つ
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \      巛/、ヘヽ〉 < もう帰るわよ お兄ちゃん!
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄     ノヾゝ゚o ミソ
                         と{ 》菜《 }つ 

234 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/03(火) 19:39:51 ID:uBrtQEEa0
二代目美女ヤンキタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!!
某大長編小説読者の俺としては>[3] 「くっ許せないぜ」に超反応起こしたw

235 :ゴルベーザの笑っていいですとも!番宣:2006/01/03(火) 21:43:03 ID:DeyJ+pQT0
ゴルベーザ「えーっと番宣の前にお詫びがあります。
     新年一発目の番宣でうっかり来年もと言ってしまいました」
ギルバート「はい、どう見ても今年もの間違いです。本当にありがとうございました」
ゴルベーザ「というわけで改めて今年も宜しくお願いします」
セシル  「時間もまたピッタリ狙ってたのに取れなかったしね…残念」
ギルバート「むしろ時間を狙いすぎて焦ってたという話もあります…」
セシル  「あせんなって!」
ゴルベーザ「さて気を取り直してバッツさん、クルルさんにボコさん、そしてプロデューサーさん新年一発目の放送乙です!」
ギルバート「そして美女ヤンが復活の予感ですよ、ゴルさん!」
ゴルベーザ「非常にうれしいですとも!」
ギルバート「プロデューサーさんが変わるみたいですが放送楽しみにしてます」
セシル  「にしてもヤンガスさん…新年早々散々な占いの結果だね…僕たちもやってみようか!」
ゴルベーザ「そんなすぐに占い師の準備ができないから無理ですとも!」
セシル  「アイヤァー」
ギルバート「さてさて、いいですとも新年号ですがいつ放送するんですか?」
ゴルベーザ「1/6の12:00に放送します!」
セシル  「久々にお昼に登場だね!」
ゴルバート「ゲストはFF2からミンウさん、我らがFF4からリディアちゃん、FF9からクジャさんとビビさん」
ギルバート「そしてDQから2のサマルトリアの王子様、5からグランバニアの王子様とお姫様を迎えての放送になります」
セシル  「それから愛☆チョコボ観察記でおなじみの皆さんも登場するよ!」
ゴルベーザ「ゲスト宛へのお便り等お待ちしております!」
セシル  「僕たちへのお便りも待ってるよ!」
ゴルベーザ「それじゃ1/6も見てくれるかな?」
セシル・ギル「いいですともー!」

236 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/04(水) 09:06:42 ID:cnx72Q7a0
>来年もよろしく
そんなゴルさんが愛しい
無理せずがんバレ!

237 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/05(木) 14:34:58 ID:q3f8wkld0
>>235
DQXの双子キター!

「いいなあ わたしも 結婚したい…
お兄ちゃんと!」

正直これどう思うよ?

238 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/05(木) 23:03:17 ID:XVACNsdE0
>>235
DQ5の王女タンで萌え死にそうです。

よしクジャ!王女タンに君の服をプレゼントするんだ!
そして着せてやれ!着せてあんな事やこんな事をして(ry

239 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 11:47:07 ID:9RIq8fpI0
皆の今年の抱負をお願い。


後、今年はもう皆でCD出しちゃいなYO
渋要員も癒し要員もアイドル要員もいるしね!(`・ω・´)

240 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 12:00:02 ID:abXIbO4F0
ギルバート「お昼休みはウキウキウォッチ〜あっちこっちそっちこっちいいですとも〜♪」
ゴルベーザ「ハウドゥーユードゥー〜ご機嫌いか〜が〜ご機嫌ナナ〜メ〜はいいですとも〜♪」

ゴルベーザ「久しぶりのお昼の放送だね」
ギルバート「またこの時間に放送できて嬉しいですね」
ゴルベーザ「いやー、新年早々やらかしてしまいましたが>>236さんにいとおしいといわれたので嬉しいです」
セシル  「そして兄さん、また大変な事が起きたよ」
ゴルベーザ「大変な事詳しく」
セシル  「この前の番宣なんだけどね、なんか怪奇現象が起こってるんだよ」
ゴルベーザ「な…なんだってー!!!!」
セシル  「あのね、なんか知らない人が勝手に宣伝に混ざってるんだ…」
ギルバート「えーっと…もう一度前回の番宣流してみましょう」

>>235

ゴルベーザ「…ん…?」
ギルバート「何かありました?」
セシル  「もう一回!えーっとね…ゲスト紹介してる辺りを特に注意して見てね」

>>235

ゴルベーザ「…ナント!!!!!!!!1」
ギルバート「あわわわわ…」
セシル  「みんな気づいたかな?」

ゴル・ギル「…誰!?」
セシル  「なんか新年早々不安になってきたよ…」

この放送はいつも暮らしにアンナとテラをミシディア魔法律探偵事務所と
バロン竜騎士撲滅委員会と月からWメテオ協会の提供でお送りいたします。

241 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 12:06:33 ID:9RIq8fpI0
CM

どんなにけがしても
やどやにいってみんなでねむれば
なおるよ!
                /ソヘヘ
                'v=0=w`
               ('(゚∀゚∩'  なおるよ!
                ヽ::::ノ〈ゝ
                 ヽヽ_)


旅の拠り所に、各国の宿屋を。
                    〜全国宿屋協会〜

242 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 12:14:15 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「新年明けましておめでとうございます!」
客   「そうですね!」
ゴルベーザ「それにしても寒いね…」
客   「そうですね!」
ゴルベーザ「今じゃ!パワーをメテオに!」
客   「いいですとも!」
ゴルベーザ「久しぶりだねぇw さて、今日は特大号でお呼びできなかったミンウさんに来ていただきました!」
ミンウ  「こんにちは〜」
ゴルベーザ「凄いよねぇ…本当に来れるんだねぇw」
ミンウ  「私はどこにでも現れますよ」
ゴルベーザ「この前のザックスさんもそうだけどこれはお客さんに見えてるのかねぇ
     あー…見えてる人と見えてない人がいる…と…」
セシル  「のばら!」
ミンウ  「貴様反乱軍だな!!!!」
ゴルベーザ「あれ…それ違くない?」
ミンウ  「ついノリでw」
セシル  「僕これがやりたくて思わず乱入しちゃったよ」
ミンウ  「私も一度帝国ごっこしたかったんでできてよかったです」
ゴルベーザ「やりたかったのかよ!」
セシル  「ミンウさんと言えば究極魔法アルテマだね」
ミンウ  「…えーっと…その件についてはノーコメントでお願いします…」
ゴルベーザ「あーっ!ミンウさんが消えかかってる!!!セシル謝って!!!!!」
セシル  「ごめんなさい!ごめんなさい!」
ミンウ  「いや…いいんです…気にしないで下さい。あ、でもセシルさん今夜金縛りには気をつけて…」
セシル  「ちょwwwwwwwwwwwwwマジwwwwwwwwww無理wwwwwwwww」
ゴルベーザ「ミンウさん、洒落にならないよ!」
ミンウ  「軽いジョークですよ、ミシディアンジョークです」
セシル  「それじゃ今度ミシディアに言っていろんなジョーク聞いてみよう」
ゴルベーザ「2の世界と4の世界で同じの通じるのかなぁ」
ミンウ  「まぁなんとかなるんじゃないでしょうか」
ゴルベーザ「凄い適当w それでは一旦CMです」

243 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 12:23:44 ID:9RIq8fpI0
CM

死んでしまった人たちのこと、時々でいいから思い出してください。
死ぬときは綺麗に!切り傷なんてもってのほか!!

ザラキ教はあなたのそばに!!



8僧「ウチのがどうもすみません……すぐつれてかえりますので」

244 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 12:25:15 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「さて、引き続きミンウさんには登場してもらって次のゲスト、サマルさんです!」
サマル  「こんにちは」
ミンウ  「これはこれはサマルさん、久しぶりですね」
サマル  「いや〜よくお会いしますよね」
ゴルベーザ「え…どこで会ってるの?」
ミンウ  「それはあれですよ、私が現在住んでるというか、まぁそんな場所ですかね」
サマル  「ええ、最近はロンダルキア越えは休憩中なのであまり行くこともありませんけどね」
ゴルベーザ「…サマルさんと言えば…そういえばすぐHP0になる事で有名ですが…」
サマル  「そうなんですよね〜、気づいたらあれ、僕死んでた?みたいなね」
セシル  「それそんなにのほほんと言う事じゃないよ」
ゴルベーザ「これがFFとDQの違いなんだね〜」
サマル  「そういえば僕も究極魔法が使えるんですよ」
ゴルベーザ「アレですね、メガンテですね。あれって究極なの?」
サマル  「どうなんですかね〜、僕あれ使う時の記憶あまりないので」
セシル  「あまり使わない方がいいと思うよw」
ミンウ  「ええ、ローレシアの王子さんが棺おけ引きずりすぎてレベル上がったって噂もありますよ」
サマル  「そっか〜、だから筋肉ムキムキなんだ」
ゴルベーザ「それもどうなのかなぁw」
セシル  「そういえばサマルさんのメガンテと言えばバッドエンディングの話もあったよね」
ゴルベーザ「あれねぇ、ドラゴンクエストからどこのポートピア連続殺人?みたいなやつね」
サマル  「へ〜そんなのあったんですか。どんなやつなんだろう」
ゴルベーザ「いや、本人は知らない方がいいと思うよ」
ミンウ  「魔法使うのも本当に命懸けなんですよ…ええ本当に…」
セシル  「テラもね…命懸けでメテオを…」
ゴルベーザ「わ…私をそんな目で見るなぁ!!!あれはゼロムスが!!!」
ミンウ  「テラさんにもよくお会いしますけどね。娘のアンナさんといつも一緒に…」
ギルバート「アンナー!!!!」
セシル  「やばい!アンナさんの名前に思いっきり反応して出てきちゃった!!!」
ゴルベーザ「帰って!そんな鬱な空気撒き散らさないで!!!って私をそんな目で見るなぁ!!!」
サマル  「なんかお昼から凄く暗い空気だ〜」
セシル  「ちょ!!!なんで君そんな和んでるのw」
ゴルベーザ「というわけでCM入るよ!」

245 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 12:40:07 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「さて、ミンウさんはそろそろお時間が来たらしいので帰ってしまいました」
セシル  「降臨できる時間とか決まってたのかぁ」
ゴルベーザ「引き続きサマルさんとFF9のビビさんに来て頂きました」
ビビ  「わわわ…ぼ…僕いいですともに出てる…凄いね」
サマル  「そっか、僕もいいですともに出てるんだ!凄いね〜」
ゴルベーザ「なんか凄いまったりとした空気感だw」
セシル  「おやつでも食べながらまったりといった感じだね」
サマル  「いいねおやつおいしそうだね」
ビビ  「おじいちゃんも昔よく作ってくれたよ」
サマル  「あ〜、僕ビビさんのおじいちゃんにも会ったことあるよー」
ビビ  「えぇ!?凄いね!いいな〜」
ゴルベーザ「まったりしすぎ!しかもおじいちゃんに会えるの本当はいけない事だよ!w」
ビビ  「そうなの?」
セシル  「できれば会わない方がいいよね…」
サマル  「そうなのかぁ。いろんな人に会えるのでも楽しいよ」
ゴルベーザ「楽しんじゃダメでしょ!」
セシル  「そういえば今年は犬年だから、ムーンさんの年ですね」
ゴルベーザ「いきなり何w」
サマル  「そっか!じゃぁ今年はムーンにお祈りしておこう!」
ビビ  「じゃぁ僕は…えーっと犬…犬…」
セシル  「キマリ?」
ゴルベーザ「あれは犬なのか?そもそも10だし」
ビビ  「犬…犬…」
セシル  「そんな気にしなくていいよ、ただの思いつきだからw」
ゴルベーザ「まったりしすぎだお前w」
サマル  「僕そろそろ眠くなってきたよ」
セシル  「こらー!生放送!w」
ゴルベーザ「私もこの空気に流されてちょっと眠くなってまいりましたw」
ビビ  「え〜〜〜!みんな寝ちゃダメ!」
ゴルベーザ「それではまったりした空気の中CMはいります」

246 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 12:47:02 ID:9RIq8fpI0
CM

ある日いつものようにお店を経営していたティファ!
でもそこでは色々な人たちが楽しいパニックで大忙しなの!
私達もがんばって、ティファのお手伝いしないと!ね、デンゼル♪

ティファとデンゼルそして私マリンの周りで巻き起こる、ドキドキ日常大ぱにーっく!
「Panicせぶんす☆へぶん」は毎週木曜25:30から好評放送中!

こんな凄いの、信じられないっ♪

247 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 12:55:38 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「えーっと…サマルさんは寝てしまいました」
セシル  「本当にマイペースなんだね」
ゴルベーザ「というわけで引き続きビビさんには出演していただいて、次はクジャさんの登場です」
クジャ  「こんにちは、僕のかわいい小鳥ちゃんたち」
セシル  「やだっ!気持ち悪い!!!!」
ゴルベーザ「ちょwwwwwwwwwおまwwwwwwwいきなりゲストに失礼だwwwwwwww」
ビビ  「クジャ…!」
クジャ  「そんな怯えなくても大丈夫だよ。今日の僕は穏やかだからね」
ゴルベーザ「でも相変わらず格好は激しいね〜…お昼の番組にふさわしくないねぇ…」
クジャ  「失礼だなぁゴルさん、これもファッションさ…」
セシル  「でもやっぱり気持ち悪いね〜、服着ようよ、パンツ一丁ってどこの変態よ」
クジャ  「何故だ…何故この美しさを理解してくれないのか…」
ゴルベーザ「女性だったら大歓迎なんだけどねぇ…」
ビビ  「でも…やっぱりクジャの格好はおかしいよね…」
クジャ  「まぁいいさ」
ゴルベーザ「クジャさんもね、こんな格好してるけど苦労してるんだよ」
ビビ  「クジャは悪い奴だけど…ちょっと気持ち分かるよ…気持ちも悪いけどね…」
セシル  「ビビさん、クジャさんに対しては毒舌だねぇw」
ビビ  「そ…そんな事ないよ!!」
セシル  「ぶっちゃけさ、そんな格好してて恥ずかしくないの?」
ゴルベーザ「ストレートだなぁw」
クジャ  「ホント君はダメだな、美学というものを分かっていないよ…
     それを言うなら君のとこのローザさんだって露出度が高いじゃないか
     そもそも女性はあまり露出が高くない方がいいんだ、たとえば僕の小鳥ちゃんのように(ry」
セシル  「分かりたくないなぁ…それでもって長いよ…」
クジャ  「ローザもリディアも露出度が高すぎる!!!」
ゴルベーザ「だがそれがいい!」
セシル  「兄さん!ローザの何を見てるんだ!!!」
クジャ  「いいのかい、お昼の番組なんだろ?」
ゴル・セシル「お前が言うな!!!」
ビビ  「えーっと…えーっと…僕凄く場違いな予感がするよ…」
ゴルベーザ「ビビさんごめんね。というわけでCMです」

248 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 12:57:19 ID:9RIq8fpI0
CM

〜〜〜〜ホワイトノイズ〜〜〜〜

ザ------ザザッ・・・ザ-----------
ザザ---ザ----だれ・・・かザ-----
レヌ・・・ザザッ・・・・・・ール城ザ---を
掃除・・・してザ-----ザザザッく・・・
ザザ---ッザザザッザ------------

〜〜ホワイトノイズここまで〜〜

249 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 13:18:05 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「ビビさんはクジャさんが気持ち悪いからと言ってお帰りになってしまいました…」
クジャ  「まったく…どうして皆僕の美しさを理解してくれないのかと…」
ゴルベーザ「できないって。それでは次のゲスト、皆様お待ちかねのグランバニアの王子様と王女様です!」
レックス  「こんにちはー!レックスです!いいですとも!」
タバサ  「こんにちは…私タバサって言います…」
クジャ  「おやおやかわいい小鳥ちゃん、緊張してるのかい?」
セシル  「ゲスト登場させる順番間違えたよね」
ゴルベーザ「ええ、明らかにこちらのミスですね。ビビさんとクジャさん登場させる順番間違えました」
セシル  「レックス君にタバサちゃん、ごめんね。一緒に出てるゲストがなんか気持ち悪くて」
ゴルベーザ「ちょっとだけ我慢しててね」
クジャ  「僕は…僕は本当にゲストなのかい?散々な扱われ方だな…」
タバサ  「えーっと…私モンスター好きだから…大丈夫です」
クジャ  「え?僕モンスター扱い?」
ゴルベーザ「ある意味ね。てか君たちはこの格好を見て何も思わないの?」
レックス  「だってエミリーもそんな格好してるしな!」
タバサ  「もしかして…クジャさんって覆面とったエミリー?」
クジャ  「残念だけど、僕はエミリーではないよ、オルテガでもないよ…アハハハハ…」
ゴルベーザ「とりあえず服着てください」
セシル  「レックス君とタバサちゃんにはね、たくさんお便り来てるよ。まずは>>237だね」
レックス  「あちゃ〜…なんか照れるゼ…」
タバサ  「え…ダメなの?」
ゴルベーザ「かわいいなぁ…」
クジャ  「それじゃ僕がお答えしようか」
セシル  「しなくていいよ」
ゴルベーザ「まぁ微笑ましいじゃないですか。そして次のお便り>>238……これはなかった事に」
クジャ  「何故なかった事にする必要があるのかと、僕は問いたいね、問い詰めたいね、小一時間問い詰めたい」
タバサ  「私は…そのお洋服は着たくないです。はい」
レックス  「僕も着て欲しくないなぁ」
ゴルベーザ「私もよくないと思います」
クジャ  「まったく、本当に君たちは(ry」
セシル  「美学どうこう以前にタバサちゃんの年齢を考えようね」
ゴルベーザ「クジャさんは服着てください。それでは一旦CMです」

250 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/06(金) 13:35:15 ID:9RIq8fpI0
CM

遂にあのフィン王国におしゃれな洋服専門店が登場!
カダージュやヤズーが着ていたコートやSeeDの制服、
果てはルーファウスの服からクジャのコスチュームまで!
導師タンの猫耳フードも現在大量入荷中!

フィン王国の衣服専門店をどうぞお楽しみに!!

251 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 13:43:10 ID:abXIbO4F0
ゴルベーザ「クジャさんは美学がなんちゃらと言ってガクブルしながら楽屋に戻りました」
セシル  「こんなに寒いのにあんな格好してたらそりゃ震えるよ」
ゴルベーザ「引き続きレックス君とタバサちゃんに出演して頂いてます」
レックス  「あっはっはっは!あいつ気持ち悪かったな〜!」
タバサ  「お兄ちゃん、失礼だよぅ…思っても口にしちゃダメだよ…」
ゴルベーザ「子供は純粋故にとても残酷ですね」
セシル  「ドラクエと言えばあそこまで酷くないけどあらくれとか結構きわどい格好してるよね」
ゴルベーザ「クジャさんの何が凄いってね、あらくれや殺人鬼はマスクしてるけどクジャさんは顔だしてるからね」
セシル  「そういえばセフィロスってマント取ったらあらくれみたいな格好だよね」
ゴルベーザ「セフィロスといえば母さん母さんだけど君達もお母さんとお父さん探して旅してたんだよね」
タバサ  「はい、見つけた時は本当に嬉しかった」
レックス  「お母さんたまに怖いけどすっげーやさしいんだぜ!お父さんも!!」
セシル  「どうしよう、僕ちょっと泣きそうになってきた」
レックス  「でも僕はそろそろお母さんが下着のまま出歩くのやめて欲しいかな」
ゴルベーザ「それは完全にお父さんの趣味も入ってると思うよ」
タバサ  「お母さん、最近若いうちにいろいろやっておかないと…とかよく言ってるの聞いちゃった…」
セシル  「石になってたのは辛かったと思うけどなかなかプラス思考じゃないですか」
ゴルベーザ「まぁ、ローザなんて年中下着みたいな格好してるわけだし」
セシル  「おぃぃいい!!!!ローザをそんな風に言うなぁ!!!!!!!!!1」
タバサ  「あ、ミンウさん帰ってきた」
ゴルベーザ「え!?」
ミンウ  「いや〜、先ほどは突然失礼しました」
レックス  「うわわっ!なんか声が聞こえるよっ!!!!」
セシル  「ミンウさん、いきなり帰ってくるからレックス君が慌ててるよ!」
ミンウ  「いや〜、タバサちゃんには私が見えるんですね、嬉しいです」
ゴルベーザ「ミンウさん、私もびっくりですよ。いきなり現れないで下さい」
ミンウ  「これは失敬!」
レックス  「よし…気合を入れて…!!!あ!ミンウさんいた!」
セシル  「気合で見れるもんなの?w」
タバサ  「お兄ちゃんは勇者だから凄いのよ」
ゴルベーザ「いきなりのミンウさんの登場でスタジオ騒然!というわけでCMです」

252 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 14:17:30 ID:abXIbO4F0

ゴルベーザ「さて…そろそろお時間です」
セシル  「ちょっと待って!!!バッツさんとクルルさんは!?」
ギルバート「時間の都合もあるのですが今日はカルナックで祭りがあるので来れない、と…」
ゴルベーザ「というわけでバッツさんとクルルさんには次の機会に…」
セシル  「次っていつよ!いつなのよ!!!そうやっていつも私をもてあそんでるのね!」
ゴルベーザ「何そのキャラ…」
ギルバート「本日もCMで参加して下さった方ありがとうございました」
ゴルベーザ「というわけで本日のゲストの皆様にもう一度登場していただきましょう」
ミンウ  「ちょっと下半身が消えかかってますがまだ大丈夫です」
サマル  「おはようございます!」
ビビ  「クジャは…どうしてあんなに気持ち悪いのかな…」
クジャ  「残念だなぁ。君になら僕の美しさを理解してもらえると思ったんだけどね」
レックス  「そうだ!帰ったらエミリーと遊ぼう!!」
タバサ  「エミリーなら…クジャさんのお洋服着てくれるかも…」
クジャ  「そうかい、それじゃぁ君達の為にこの衣装を用意しておくよ…フフッ」
ビビ  「…違う服持ってないの…それおかしいって…」
サマル  「世の中にはいろんな人がいるんですね」
セシル  「うん、世界は広いよ!」
ゴルベーザ「そして最後のお便り>>239
セシル  「それじゃぁ僕セシルと彰ってユニットでCD出す!」
ギルバート「誰ですか彰…歌なら自信ありますが…こういうのは恥ずかしいですね」
レックス  「アキーラならいるよ!」
タバサ  「魔物さん達でお歌歌ったら…凄い事になりそう…」
クジャ  「ここはやっぱり僕の出番かな」
ミンウ  「私も参加できるんですかね」
ゴルベーザ「よくあるよね、CDに聞こえてはいけない声が入ってるとか…」
セシル  「怪奇現象…」
ミンウ  「では私はそっちで参加させていただきます」
ゴルベーザ「勘弁してください」

253 :ゴルベーザの笑っていいですとも!新年特大号:2006/01/06(金) 14:18:12 ID:abXIbO4F0
セシル  「あとは今年の抱負…なんだろうなぁ。今年はー…子供が欲しいかなっ!なんちゃって」
ミンウ  「それはまた際どいですね…私はのばらして一時間以内に反乱軍に見つからない記録を更新したいです」
セシル  「参加してるのかよ!」
ミンウ  「でも反乱軍を見つける方が楽しいんですよね〜」
ゴルベーザ「暗躍系な方がいますね」
ビビ  「一昨年はいたストSP、去年はKH2に出れたから今年も…新しいゲームに出たいなぁ」
セシル  「お願いします!僕も何か出してください!天野さ〜ん!!!許可して!!!!」
ゴルベーザ「私からもお願いしますとも!」
サマル  「今年こそはロンダルキア抜けてハーゴン倒します」
ギルバート「まだ倒してなかったんですか…」
サマル  「正直もうハーゴンとかどうでもいいかなって」
セシル  「こらw」
クジャ  「僕は…そうだな、ミコトにお兄ちゃんと言わせてついでにジタンに兄さんと呼んでもらう」
セシル  「アンタの求めるものはなんなんだ」
レックス  「ほうふ…ほうふってなんだろう。まぁいいや、今年はいっぱいお父さんとお母さん、あとタバサと遊ぶ!!!」
タバサ  「私も!みんなが幸せなのがいいな」
ゴルベーザ「本当にいい子だねぇ…おじちゃん涙出てきた」
ギルバート「僕は…僕がメインの新番組がこっそり欲しかったりします」
ゴルベーザ「何気に出たがりなんだなw私はそうですね、今年もいいですともがんばりたいです!」
セシル  「キタコレ!」
ギルバート「僕もこの番組が終わってしまうと永遠に出番なくなりそうですからね…」
セシル  「みんなー!ギルバートもよろしくね!絶賛売出し中だよ!」
ゴルベーザ「さてさて、だいぶ押してます。上から早く終われと来てしまいました」
セシル  「おっと!」
ゴルベーザ「というわけでまた次の機会も見てくれるかな?」
一同  「いいですともー!!」


この放送はいつも暮らしにアンナとテラをミシディア魔法律探偵事務所と
バロン竜騎士撲滅委員会と月からWメテオ協会の提供でお送りしました。

254 :『保守人ラジオ・左の塔から』 第3回(仮):2006/01/06(金) 19:32:38 ID:elQFKQFeO

   ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル  「遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
   『保守人ラジオ・左の塔から』、2006年初放送です。
   が…大変申し訳ないお知らせから始めなければなりません。今回の放送は、
   機材トラブルの為短縮版でお送りします。
   突然の変更、本当にすみません」
兵士A つ【PCがイカれてネットに繋がらないのですが、ラジオ的にはそういう事です】
セシル  「現在、シドをはじめスタッフ一同が修復作業中です。
   システム復活次第、即通常放送に戻りますので何卒ご容赦下さい。
   …さて、これだけでは何なので、スタジオにはギルバートに
   来てもらっています。こんばんは。そして『いいですとも(>240-253)』はお疲れ様」
ギルバート「お疲れ様。今年もよろしく」
セシル  「あぁ、こちらこそ。それじゃあ、今年の抱負…は『いいですとも』で
   触れたから、そうだな…初夢。どんな夢を見た?」
ギルバート「初夢か…おぼろ気な記憶だけど、庭園で歌っていた
   気がするよ。平和なダムシアン城で、子ども達と
   …あと、アンナに囲まれて…」


255 :2/3:2006/01/06(金) 19:55:34 ID:elQFKQFeO
セシル  「そうか…アンナさんは…」
ギルバート「あ、いや、気にしないで。あれはゼロムスが…」
セシル  「……けど、ギルバート。あれはバロン国の業でもある。
   他ならぬ僕も、偽の王に踊らされていた訳だし…
   …だから、各国に被害を与えた以上、バロンには    平和の為に尽くす義務が格別に、あると思っている」
ギルバート「その気持ちだけで十分だよ…ありがとう。
   そうだ、王妃懐妊の知らせは今年じゅうに来るのかな」
セシル  「なっ!いや、それは…僕だけの問題じゃないし……子どもは
   …確かに、可愛いと思うけど…」
シド  「おー、ついにその気になったかセシルー!」
セシル  「うわっ!?シ、シド!機材の修理は…」
シド  「いかんのぅ。アレも正月だから休みたくなったんじゃろ」
セシル  「そんなムチャクチャな!」
兵士A つ【修理屋さん早くー!!】
シド  「んな事より子どもじゃ!さっさと作って早いとこ見せに来い!
   長年の夢だったんじゃ…今年は初夢にも見たわい、ありゃ正夢かの、うっうっ」
セシル  「気が早いなぁ…まぁいいや、最後にお知らせです」

256 :3/3:2006/01/06(金) 20:00:15 ID:elQFKQFeO
セシル  「番組冒頭でも触れましたが、機材トラブルについては本当にすみません。
   復帰次第すぐに第3回(真)を放送します。
   その第3回ですが、『美女とヤンガス』復活を記念して、特別2部構成の
   ドラクエ祭を行います!」
ギルバート「おぉー!」
セシル  「……ありがとう。今の所の予定は、4繋がりで
   勇者ソロさん、サントハイムのアリーナ姫とお供のクリフトさんにブライさん、
   あとは占い師のミネアさんをお招きして今年1年の展望を
   各々がたに語って頂くのが第1部。
   そして第2部は通常放送、ゲストはドラクエ7のメルビンさんです。
   以上の皆さんへの質問、または別のゲストのリクエストなどありましたら
   番組までお便り下さい」
ギルバート「宛先は郵便番号838861『左の塔から』までです」
セシル  「『ドラクエ祭』と副題がついているので、リクエストは
   ドラクエに限ります。お便りを書く際にはご注意下さい。
   ……さて、そろそろお別れの時間です。ギルバート、今日はありがとう」
ギルバート「またネタに困ったら呼んでね」
セシル  「今年もリスナーの皆さんにとって、良い年でありますように。
   『保守人ラジオ・左の塔から』。パーソナリティーはセシルでした。
   では、また次回。さよなら…」

257 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/07(土) 08:16:53 ID:j3XmxFzJ0
235の意味がやっとわかった!!大爆笑。ゴルさんてばおちゃめですな〜
プロデューサーさん達がいっぱい戻ってきたのであげます みんな頑張れ

258 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/07(土) 10:59:46 ID:jZJmVZv7O
美女ヤン復活大期待!
セシルもドラクエ祭りガムバレ!
質問。
私ステテコ英雄のファンです!メルビンさんの髪型ってどうなっているのですか?

259 :1/5:2006/01/07(土) 23:01:00 ID:+OMmVNLA0
<新番組>
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II

ヤンガス「おばんでがす!ヤンガスでげす」
ヤンガス「諸事情により、勝手に二代目プロデューサーとなった中の人が送る
      >>232-233に続く『FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」』でがす
      初代にはかなわないと思うでがすが、よろしく頼むでげす」
ゼシカ 「んもう、私を差し置いて挨拶しないでよ!」
ヤンガス「げっ、ゼシカ嬢!いつの間に……さっきはいなかったのにでげす」
ゼシカ 「ちょうど放送開始に間に合ったのよ そんなわけで私、ゼシカ・アルバートで〜す♥
      プロデューサーが変わってもFF4のハードがSFCからPS、WSC、GBAになるにつれ
      どんどん劣化するみたいに放送の質は落ちるかもしれないけどよろしくね〜」
ヤンガス「たとえがなんかリアルすぎて笑えないでげす……」
ゼシカ 「何よ、文句ある?鉄のオノを金塊で鍛え上げ、できた金のオノをスライムのかんむりと練成して、
      なんかそこに牛のふんを混ぜ合わせたような番組になるかもしれないけどね」
ヤンガス「(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル お 思い出させないでくれでげす……」
ゼシカ 「いくじなしね まあ、肩慣らしにプロデューサー交代忌念、第一回放送とまいりましょう」
ヤンガス「最後まで自虐ネタでいく気でげすか……」

この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄


ゼシカ 「あんたも人のこと言えないわね〜 自虐ネタノリノリじゃない」
ヤンガス「初代の頃からSO×Yやア○テピ○ッツァの提供と言っていたげすから
      慣れてしまっているげすし」

260 :2/5:2006/01/07(土) 23:02:17 ID:+OMmVNLA0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第1回

ヤンガス「さて、番組は始まってしまったわけでげすが、これから何を話せばいいでげす」
ゼシカ 「バカね〜 そんなんじゃ初代プロデューサーと月とスッポンと言われるだけよ
      たとえ何も考えなくても、でまかせでもしゃべってみるのよ」
ヤンガス「まあ あっしじゃなくて中の人が糞カキコするな蛆虫氏ねと言われるだけだから
      別に何もしなくてもいいでげすかね」
ゼシカ 「それじゃあんまりでしょ もう少し何か考えてよ〜」
ヤンガス「実は秘策があるでげす 中の人が新番組用に考えていたコンテンツがあるでげす
      この台本どおりにしゃべればバッチリでげす げ〜すげす!」
ゼシカ 「ふ〜ん ならあんたに任せるわ あと その笑い方やめろと言ったのに」
ヤンガス「悪かったでげすな そんなこんなで本題に入るでげす
      ゼシカ嬢は何か一生の夢はあるでげすか?」
ゼシカ 「夢ねえ……兄さんのカタキはもう討ったし世界に平和は取り戻したし
      セクシーダイナマイトの称号は獲得したし」
ヤンガス「そうでげすか まあ 平和な世の中でげすしね
      ゼシカ嬢と違ってあっしには夢があるでげす!」
ゼシカ 「ふ〜ん なに?どうせエイト絡みでしょ
      ハッテン場で一緒に××とかね〜」
ヤンガス「そう それでげす!ああ エイトの兄貴と一緒に夢のデート……ウホッ……
      な なにを言わせるでがすか!だいたいうら若き乙女が何ということを仰るでげすか」
ゼシカ 「すっかりその気だったじゃないのよ」
ヤンガス「まあそれを延々と語ってもしょうがないでげすしね あっしの夢、それはずばり!
      空を自由に飛びたいでげす ああ レティスにもう一度乗りたいでげす」

261 :3/5:2006/01/07(土) 23:03:18 ID:+OMmVNLA0
ゼシカ 「♪こ〜の〜おお〜ぞら〜に〜 つ〜ばさ〜を〜ひろ〜げ〜
      とんで〜い〜きた〜い〜よ〜」
ヤンガス「JASRACの者でげすが」
ゼシカ 「ん、もう!いいじゃん別に このラジオの中では!」
ヤンガス「せめてレティスに飛んでいる時のBGMを口ずさんで欲しいでがす
      あっしの夢をかなえるために、何か必要なものってあるでげすか」
ゼシカ 「たとえばヘリトンボとかど〜う?」
ヤンガス「へ?」
ゼシカ 「ん、じゃあ、1200分の1飛空艇をFF6から借りてくるのよ われながらグッドアイディア〜」
ヤンガス「なんかドラクエ世界の住民とは思えない発言が次々と飛び出してくるでげすね……
      それならばあっしは世界中をいろいろ旅したいでげす キラーパンサーに乗って
      エイトの兄貴にしがみ付いていた頃が懐かしいでがす」
ゼシカ 「どこでもドアじゃダメ?もしくはデビルロードとかど〜う?」
ヤンガス「……せめて旅の扉があちこちにあったら とか言えないでげすか」
ゼシカ 「思い出した!私の夢を聞いてくれない?」
ヤンガス「きゅ 急に何でがす ほう ゼシカ嬢にも夢があったでげすか
      それはなんだかどきどきしてきたでげすな さあ教えて欲しいでがす」
ゼシカ 「私の夢 そ・れ・は♥ 独裁スイッチ♥」
ヤンガス「さっきから青ダヌキが出てくるマンガに関する発言ばかりでげすな……」
ゼシカ 「でもね〜普段の生活に不自由なんか感じないから こんなのしか思いつかないんだよね」
ヤンガス「まったくうらやましい身分でげすな あっしなんか毎日が煩悩との戦いでがすのに」

262 :4/5:2006/01/07(土) 23:05:21 ID:+OMmVNLA0
ヤンガス「他の番組のプロデューサーさんや一般のリスナーさんからのお便りを紹介するでげす」
ゼシカ 「>>234さん、どうもありがとね♥」
ヤンガス「 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1134546395/l50
      おそらく某大長編小説というのはここのことを言っているでがすな」
ゼシカ 「この機会に私も読んでみるわね〜♪」
ヤンガス「>>235さん……おっと、これはゴルベーザの兄貴の番組でげしたか」
ゼシカ 「断っておくけどこの番組は初スレの美女ヤンのプロデューサーと違うからね
      中の人はダークバハムートとリルマーダー並みに落差が激しいから覚悟してね」
ヤンガス「そりゃまた随分微妙な比較でげすな ともあれ期待していてくれでげす」
ゼシカ 「>>257さん、>>258さん、どうもありがとうね〜
      でも初代プロデューサーの番組に対する期待を抱くと思いっきり裏切られるかもよ
      『王様!一人でバラモスを倒しますた』
      『よくぞバラモスをしとめた!貴様にはバスタードソードを取らせよう。
      ではみなのもの宴会の準備じゃあ!』
      な〜んてね」
ヤンガス「う……ひのきの棒よりはマシでげすが……これはこれで
      ガッカリ感と怒りしか残らないシチュエーションでげすな」


<CM>

「オラたち、もう我慢なんねえだ!」

封建勢力の搾取と虐待をこれ以上許すな。
こうしている間に、美麗な乙女がまた一人、悪魔の儀式の犠牲になる。もはや猶予は許されない。
我々の底力を見せ付けてやる時が来た。今こそレジスタンスを結成せよ!
人間らしい生活へ──自由を求めて戦う一人の男。彼を見守る家族や友人達。
この物語は、牢獄の町を舞台にした愛と感動の長編大作ドラマである──

「いっき 〜Chronicle of Tonnura〜」

20XX年、サ○ソフトもといスクウェア・エニックスより発売予定。ハード未定。

263 :5/5:2006/01/07(土) 23:06:56 ID:+OMmVNLA0
ヤンガス「それにしてもはじめての放送 なかなか疲れるでげすな」
ゼシカ 「ん、まあ これで十分じゃない?あなたにしてはなかなか上等だったわよ」
ヤンガス「初代プロデューサーがつくづく偉いということをあらためて実感させられたでげすな」
ゼシカ 「言うは易し、行うは難し、ね」
ヤンガス「読むは井上靖、学ぶは小此木政夫、でげすか」
ゼシカ 「な なんちゅうギャグセンス……無理に難しい親父ギャグを考えないで 病院で療養してなさい」

ヤンガス「そんなわけで 次回の放送もよろしくでげす
      ゼシカ嬢とあっしを呼ぶ声がある限り 常にラジオの前でトークを炸裂するでげす」
ゼシカ 「今後ともどうぞよろしくね〜」


この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄




ゼシカ 「ねえ 私 独裁スイッチ欲しいの マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン」
ヤンガス「それじゃマルチェロの奴と全く変わっていないでげす……」

264 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/07(土) 23:58:14 ID:j3XmxFzJ0
2代目キター!!イイヨイイヨ この調子で頑張って下さい!
独裁スイッチw 実はゼシカさんとマルチェロさんは相性が良さそうな感じがします

265 :保守age:2006/01/09(月) 10:07:20 ID:EXgyCl840

┌─────────┐
│   |\〆── /|   │
│   |    ,  ┌─┬─┤
│  /  ルイノノ| 9│10│
│ │  (┌─┼─┼─┤
│  \ (リ| 13│14│15│
├─┬─┼─┴─┼─┤
│16│17 |ノ_/___|l'T| 20│
├─┼─┤ |_I__|.├─┤
│21│22│___| | |ノ| 25.│
└─┴─┴───┴─┘
今日はFF3に出てくるあるジョブを当てていただきます


266 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/09(月) 10:08:55 ID:+PHPfMcI0
ゼシカ=ヤンガスだと思ってた

267 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 18:31:16 ID:8YMPbv9v0
いちリスナーの保守。年末年始の一連の流れはかなり良かった

268 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 22:09:14 ID:ymSpvKUtO
>>259-263
おもしろかった、GJ!!
なによりもCMの「いっき」にワロタwwずいぶんと懐かしいwwww

269 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/13(金) 16:48:48 ID:EvP+TuZz0
視聴率アップ祈願あげ

270 :保守人ラジオ・左の塔から ―第3回(真)―:2006/01/13(金) 18:59:57 ID:5nu7YplM0

     ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん……。

セシル「こんばんは。『保守人ラジオ・左の塔から』、真の第3回です。
    前回はトラブルのため、とてもあわただしい放送になってしまったね…
    お便りの返事もせずにすみません。まずは紹介を済ませたいと思います。
    
    最初に、去年の末に送ってくれた>>171さん。『セシル御一行さん、乙です。
    来年の放送』…ああ、これももう今年の事になってしまったね…『…楽しみに
    しています。良いお年をw』
    応援ありがとう。良い年末年始を過ごせただろうか…今日の新年特番も、そして
    これからの放送も、スタッフ一同で良い物にしていくよ。今年もよろしく!
    それから『セシルもドラクエ祭りガムバレ!』と書いてくれた>>258さん、ありがとう。
    メルビンさんへの質問も併せて書いてくれたけど、それはまた第2部に回すよ。

    …そう、この“ドラクエ祭”…“『美女とヤンガス』復活記念”!なんて銘打った
    けれど、正式な復活はその後(>>259-263)だったんだ…。
    先走った事を言ってしまって、本当に恥ずかしいよ……。でも、番組自体は、
    プロデューサーさんが変わっているみたいだけど、今後も是非盛り上がって欲しいね。
    
    それから…そうだ。元旦に放送された『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』から、この
    番組宛にメッセージが届けられました(>>226)。
    バッツさん、クルルさん、それにボコ君…は、今無事なのかな…3人共、応援ありがとう。
    お互い良い番組作りを心がけ、この局を活気づけて行こう!

    …さて、こんなところで紹介は終わりかな。
    まもなくゲストの方々の登場です、お楽しみに…」

    ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   カイポビールファクトリー、ザラキ教の提供でお送りします。

271 :2/7:2006/01/13(金) 19:06:41 ID:5nu7YplM0
セシル 「…って、提供“ザラキ教”!? いつの間に…というか、一体何の団体なんだ!?」
兵士A つ【今日はスペシャルなので、提供増えました】
セシル 「い、いや、増やすにしてももうちょっと」
     
      ピ ン ポ ー ン

セシル 「…あ、ゲストの皆さんがいらっしゃったようです。
    今日はリビング風の凝ったセットになっていて、玄関まで作ってあるんですね
    ……お客様を迎えなくては。こんばんはー」

      ガ  チ  ャ

????「こんばんは。突然ですが貴方は『ザラキ』という呪文をご存知で」

      バ  タ  ン

セシル 「…セールスか何かかな。バロンの人々にも注意を呼びかけるべきかも知れない…」
????「そんな訳ないじゃないですか、ちょっとした戯れで…ああ姫様何を」
????「どいて、私が開けて見せるわ!行くわよー」
??? 「ひっ姫!それはなりませ」

    「でええええぇぇぇぇーーーいっっ!!」


272 :3/7:2006/01/13(金) 19:13:13 ID:5nu7YplM0
アリーナ「…ふぅ、開いた。ドアって言ったって板切れだもんね」
クリフト「そんな事より、姫様!」
セシル 「…………」
ブライ 「うーむ、返事がない…これはただのしかばね確定かの。クリフト」
クリフト「言われるまでもありません!ぶつくさぶつくさ…ホイミ!」
   アリーナの キズが 回復した!
アリーナ「あれ?」
クリフト「先ほど、板の切れ端が当たって姫様の膝が擦りむけておりました。
     ご自身で気づかぬほどのケガとはいえ、もしもの事があれば、このクリフト…」
ブライ 「……」
ソロ  「仕方ない、ここは俺がザオラルで」
ミネア 「いえ、道具袋に世界樹の葉がありました。これを使いましょう。
     新年早々、それも呼ばれた身で本当にすみません…」
兵士A つ【あ、いえ、そんなご丁寧に】
     ミネアは 世界樹の葉を 使った!
     なんと セシルが 生き返った!

セシル 「………はっ!い、今そこに父さんが居たような…」
ミネア 「本当にあの世に行きかけていたんですね、危ない所でした」
クリフト「これもドラクエ効果でしょうか、あと少し遅かったなら…おお怖い怖い」
ブライ 「お主が言えた身か」
セシル 「よくわからないけれど、助かりました。左の塔へようこそ」
ソロ  「こんばんは。今年もよろしく」
ミネア 「私たちはここであまり活躍できなかったので、今日は嬉しいです」
アリーナ「でもマーニャはいろんなとこに出てるみたいだね。私も『いいですとも』に
     出た事があるし!」
クリフト「いいえ、姫様はもっともっと出るべきです!今年は是非姫様メインの番組を、
     そして出来ればこの私をアシスタントに…」
ブライ 「うちの姫と神官が迷惑をかけました」
ククール「ホントすみません、うちのザラキバカが…」
セシル 「いやいや、そんな……ん?」

273 :4/7:2006/01/13(金) 19:20:50 ID:5nu7YplM0
ククール「…おいおい、そんなに睨むなって。いいじゃん、今日は『美女ヤン』復活
     記念なんだろ?ドラクエ8から一人くらい来たほうがいいと思ったんだよ」
セシル 「……まぁ、正論だけど」
ククール「いや、怒ってる理由はわかってる。つもりだ。『いいですとも』年末特大号
     (>>208)では悪い事したよ。ジタンやエッジはおろか、あのエドガー王までが
     遠慮した人妻ローザさんに、あんたが頭冷やしているのをこれ幸いと、あんな事や
     こんな事を……って待って冗談!そんな事してないから!俺が悪かったです、
     だからラグナロク抜かないで!!」
セシル 「…わかりました、信じます。ではククールさん、そこに正座して下さい」
ククール「正座かよ!ソファとテーブルの並んだこの部屋に俺だけ正座かよ!」
クリフト「人(妻)を口説かば穴ふたつ、ですかね」
ククール「したり顔で言ってんじゃねー!!」
セシル 「今日はおやつを用意しました。いちごのデザートグラタン、レシピはなぜか
     勇者ロトさんから頂きました。ありがとうございます」
兵士A つ【 ttp://gourmet.yahoo.co.jp/seturl?mid=western&small=0202099&id=Y000797 】
アリーナ「いただきまーす。…むぐむぐ……ん、おいしい!」
ミネア 「…名前に反して、プリンのなかにいちごが入っているんですね」
ブライ 「春の食べ物であるはずじゃが…冬のいちごも、これはこれで美味」
クリフト「冬にいちご味のチョコが流行る時代ですからねー。お菓子屋さんは今一面ピンクですよ」
ククール「つーかさ、俺の湯呑みだけ茶じゃなくてお湯になってるんだけど。嫌がらせ?」
セシル 「バロンも今大変なんです。お茶の葉も節約する方針で」
ククール「嘘つけよ!こっちの脳味噌ザラキ略して脳ザキの茶なんて限りなくグリーンだぞ!」
セシル 「ではそろそろ、話を始めましょう。皆さんの今年の展望などを、お聞かせ下さい」
ククール「……」
クリフト「はいはい、是非この場で申し上げておきたい!全国の皆さまに聞いて頂きたい事があります!」

274 :5/7:2006/01/13(金) 19:29:07 ID:5nu7YplM0
ククール「いやに気合入ってんな」
クリフト「今年こそはですね、ザラキ教の素晴らしさを世界に伝えたいのです!
     痛み苦しみを伴わない、静かで甘い死に誘われるこの呪文により、人々は“死”を
     自然に受け入れられる心を手に入れることが出来ると考えます!
     死あってこその生、ザラキの力でこそその尊さがわかるというもの…」
ククール「……えっと、すみません、俺たちまとめて帰ります」
セシル 「…番組的に、もう少しいて下さい。他の皆さんは?」
アリーナ「さっきから考えてたけど、私メインのラジオ番組ができればなぁって思うわ。
     ラジオの収録ってことならお父様だってきっとお城の外に出るのを許して下さる。
     それを期にまた冒険したいな!」
ブライ 「……このじいの悩みは今年も尽きませぬな。うう、頭痛が」
セシル 「…うーん、サントハイムは相変わらず、と…ミネアさんは?」
ミネア 「未来を知り、迷える人々に光をもたらすのが私の役目です。今年もそれは変わりません。
     ……が、ひとつだけ…姉が時々私になりすまして、ムチャクチャな占いをするので…」
ソロ  「あぁ、そういえば俺も…シンシアと別れるべきだ、なんて言われたっけ。驚いたよ」
ミネア 「早い所別の事に打ち込むか、いっそ身辺を整理してほしいと思います」
セシル 「切実ですね…ソロさん、そういえばシンシアさんは」
ソロ  「ここにはいませんよ」
セシル 「じゃなくて…その、仲良くやってますか?」
ソロ  「あぁ、おかげ様で。山奥の村でのんびり暮らしてますよ。今年も平和だといいな」
アリーナ「たまには遊びに来てね!」
クリフト「うーむ、やはり姫様はお城の外の世界に飢えてらっしゃる!ここはやはり私が、
     ラジオ局上層部にザラキってでも姫様の番組を」
ブライ 「お主はもうしばらく黙っておれ」
ククール「まぁ仲間が無事番組を再開したし、俺にとっても幸先いい年だな。
     たまには『美女ヤン』に遊びに行ったり、他の番組にも遊びに行ったりして、今年も
     多くの出会いを求めたいね……睨むなって、人妻は旦那の吟味をしてから考えるから」
セシル 「…全国の既婚者の皆さん、今年も奥様を大切に。一旦CMです」

275 :6/7:2006/01/13(金) 19:41:38 ID:5nu7YplM0
セシル 「さて、そろそろ…」
兵士A つ【せっかくミネアさんがいるんだし、占ってもらったらどうですか】
ミネア 「あ、私ですか。誰でも占えますよ。私自身と、言っても聞かない姉さんは別ですが」
ブライ 「あの人も奔放だからのぉ…」
セシル 「…そうだね。ではミネアさんの占いコーナーです!」

ミネア 「ではセシルさん。そこに座ってください」
セシル 「…え、僕が?」
ミネア 「番組的には貴方でしょう。さあ、水晶玉に手を当てて、精神を集中してください」
セシル 「…はい」

ミネア「……見えてきました…これがあなたの運命です」

◇IDの1桁目      ◇時刻の秒の十の桁       ◇時刻の秒の一桁
[AB] ゴブリンに      [1] 「いいですとも!」と       [1] 裏切られる
[CD] リルマーダーに  [2] 「こっちをむいて」と        [2] 狙われる
[EF]  ローザに     [3] 「おれはしょうきにもどった!」と [3] ものまねされる
[GH] カインに      [4] 「フン フフーン」と         [4] Wメテオ
[IJ]  ゴルベーザに   [5] 「ひっかかりおったな」と      [5] 愛される
[KL] ギルバートに   [0] 「 し ぬ ぞ 」と        [6] 濡れ衣着せられる
[MN] エッジに                         [7] 奪われる
[OP] ネミングウェイに                     [8] おじぎをする
[QR] 白チョコボに                       [9] ケアルしてもらえる
[ST] リリスに                         [0] 褒められる
[UV] トロイアの神官に
[WX] クルーヤに
[YZ] たかはしてつやに
[数字]何故かバッツに

276 :7/7:2006/01/13(金) 19:58:32 ID:5nu7YplM0
セシル 「……え………?」
ミネア 「占いが指し示すのは未来のひとつ。貴方の行動しだいで運命はどのようにも
     変わってくるでしょう」
セシル 「いや、これ、変わる以前の問題だと思うんですけど…」
ミネア 「それでも迷いが生まれた時は、モンバーバラ劇場横の占い屋までいらして下さいね」
セシル 「はぁ…どうもありがとうございました。さて、そろそろ第1部終了の時間です」
アリーナ「えっ、これで終わり!?」
クリフト「なんてこった、私よりミネアさんの方が宣伝効果抜群ではないですか!」
ブライ 「お主は宣伝せんでいい」
ソロ  「終わりかぁ…おやつごちそう様でした」
ククール「白湯もなかなかうまいな、大人の味っていうか」
クリフト「はまっちゃってますねー」
セシル 「またサイコロの目しだいで他のドラクエ4キャラにお会いすることもあるかと思います。
     お楽しみに」
ソロ  「ライアンにトルネコ、マーニャ達…みんな元気かな」
ミネア 「姉さんは元気すぎて困ります」
セシル 「ははっ…リスナーの皆さんとは、いったんここでお別れです。第2部は明日19時頃から
     お送りします。ゲストはドラクエ7のメルビンさんです。
     お便りはまだまだ募集中、あて先は郵便番号838861番『左の塔から』までです。
     今日のゲストはドラクエ4より…ソロさん、アリーナさん、クリフトさん、ブライさん、
     ミネアさん。そしてドラクエ8よりククールさんでした」
ソロ  「今日はありがとう」
ククール「ゼシカにヤンガス、それに2代目プロデューサーさん、がんばれよ!
     あと可愛いゲストを呼ぶ時は俺にも声をかけて!」
セシル 「………それでは、また明日。さよなら…」

     ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
      カイポビールファクトリー、ザラキ教の提供でお送りしました。


277 :1/5:2006/01/14(土) 23:09:33 ID:zPZdrSYD0
ゼシカ 「みなさんこんばんは〜!ゼシカ・アルバートで〜す!」
ヤンガス「おばんでがす!ヤンガスでげす」
ゼシカ 「プロデューサーが交代していろいろ懸念されていたけど、
      見事に反響が少なかったわね だ〜から初代とは違うのよ初代とは」
ヤンガス「む……悔しいがそれは認めざるをえないでげすな
      なんというか、初代グランディアをプレイしてからIIIをやった感じでげすな」
ゼシカ 「あんたも自虐ネタうまくなったわね〜 前の放送では嫌がっていたのに」
ヤンガス「まあこれに懲りずに開き直って放送するでがす」
ゼシカ 「えっと 確かにお便りは来ていることは来ているので紹介するね〜」
ヤンガス「>>264さん。あんたいい人でげすな こういうハガキを見ると嬉しくなるでげす」
ゼシカ 「でも、私と二階からデカパン男とは一生合わないわね」
ヤンガス「二階からイヤミでげすよ あっしもゼシカ嬢とマルチェロの奴とは
      いいカップルになるのではと思うでげす」
ゼシカ 「あ〜っ もういい加減にしてよ どこでもだよ〜ん男とは違うのよ 私はっ」
ヤンガス「だからどこでもイヤミ男でがすって……ご自分の発言には責任をもってくれでげす」

この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄


ゼシカ 「しかしスポンサー前回と同じなのね」
ヤンガス「まあ仕方ないでげす プロデューサーのボキャブラリー不足でげす」
ゼシカ 「自虐ネタに関してだけは一流と思うんだけど 気のせいかしら?」

278 :2/5:2006/01/14(土) 23:13:12 ID:zPZdrSYD0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第2回

ヤンガス「さて、番組は始まってしまったわけでげすが、これから何を話せばいいでげす」
ゼシカ 「バカね〜 前回と全く同じじゃないのよ これだから初代と比較されるのよ
      たとえ何も考えなくても、でまかせでもしゃべってみるのよ」
ヤンガス「ゼシカ嬢も全く前回と変わってないでげすな 何かしゃべれしゃべれと言われても
      全く思いついていないので何も言えないでげす」
ゼシカ 「それじゃあんまりでしょ もう少し何か考えてよ〜
      そうだ 前回はちゃんと台本があったでしょう ねっ もしかして今回も考えているでしょ」
ヤンガス「あれは前回限りでげす 残念ながら今回の放送のための台本は全く無いでげす」
ゼシカ 「そんなこと言われても私も全く考えていないもん どうしよ〜」
ヤンガス「ひょっとして ネタを全く考えていないというネタだけで第2回を放送するでげすか?
      いや あっしもふとそれを思いついたでげす」
ゼシカ 「どこぞの三流ギャグマンガじゃないんだし やめてよね」
ヤンガス「マンガといえば 4コママンガ劇場 ドラクエ8は結局3巻しか発売されなかったでげすな」
ゼシカ 「普通に売れないからでしょ ど〜せ私は巨乳ネタ あんたは『やらないか』か鼻クソネタ
      ミーティア姫は円楽ネタ ドルマゲスは『悲しいとき〜』というヘボ芸人ネタのオンパレードでしょ」
ヤンガス「何気に恐ろしいことを平然と仰っているでげすな」
ゼシカ 「昔と違ってみんな同人的なネタに慣れたため新鮮味がなくなったということもあれば
      ドラクエ自体がコアなユーザーが減ってきているということもあるわね」
ヤンガス「万人が望むマンガ本はあるのでげすか」
ゼシカ 「そうだ!私らが番組を提供している2chのみんなで4コママンガ劇場作ればいいじゃない
      そしたら絶対売れるわよ 間違いないって!」
ヤンガス「う……2chといえば『馬車男』のネタを考えていたでげすがそれは陳腐でげすか
      確かここの板の過去のスレにもあったような」
ゼシカ 「確かに いろいろな案は思いつくのよ でもそれって何かのインスパイヤや二番煎じばっかりね」

279 :3/5:2006/01/14(土) 23:14:24 ID:zPZdrSYD0
ヤンガス「はーっ そういえばロクに絵なんて描かないあっしの絵で4コマを描けと言われても無理でげすな」
ゼシカ 「私もよ ヤンガス あんたなんでもいいから絵を描いてみてよ」
ヤンガス「げっ 突然何を言うでげす!さっきも言ったとおり あっしは子供の頃から絵なんて
      高尚なものは全く縁がないでがす 勘弁してほしいでげす」
ゼシカ 「この際4コママンガ劇場の出版計画なんてどうでもいいのよ
      あんたの画才を急に知りたくなったのよ」
ヤンガス「そ それとはたしかに関係ないでげすが……」
ゼシカ 「さっ、紙とペンを用意したから、描いてみて!」

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

ヤンガス「太陽を背に走り回る子供の絵。いかがでげすか」
ゼシカ 「和むわね〜」
ヤンガス「ほっ 本当でげすか?あっしもこれで一流の画家でげすな!げ〜す げすげす」
ゼシカ 「なんだかポルクとマルクが私だけに自分の描いた絵を見せてくれたことを思い出すな〜」
ヤンガス「あ……あんなガキとあっしは一緒の知能でがすか……げすげす」
ゼシカ 「そのと〜り!(というか これって……古)」

280 :4/5:2006/01/14(土) 23:15:18 ID:zPZdrSYD0
ヤンガス「他の番組のプロデューサーさんや一般のリスナーさんからのお便りを紹介するでげす」
ゼシカ 「>>265さん。私知ってる それってズバリ!ゲント族でしょ〜」
ヤンガス「いちおう導師げす 詳しくは『導師たん&白魔たん萌えスレ』を見て欲しいでげす」
ゼシカ 「>>266さん。なんて失礼なのあなた……パルミドの貧乏人の血なんか
      この私に一滴も流れてなんかいやしないのに……ああ……」
ヤンガス「ゼシカ嬢のほうが余程失礼でげすな 悪かったでげすなパルミド生まれで」
ゼシカ 「>>267さん。確かにこのスレ年末は神がかっていたわね
      もう会社や学校に通っている人が多いと思うけど、このスレは私達がいる限り
      まだまだ続くから安心してね」
ヤンガス「実は初代プロデューサーさんが失踪してからいつ二代目をはじめるか考えていたでげす
      しかし二代目なんかいらないというほど非常に楽しい時間が流れていたでげすな」
ゼシカ 「まあ スレタイに反しちゃうから仕方なくやっているというのもあるけどねっ」
ヤンガス「仕方なく……それはさておき>>268さん、どうもでげす。こういうすばらしいリスナーの声に
      あっしらは支えられていると思うと非常に嬉しいでげすな」
ゼシカ 「私は『いっき』なんてプレイしたことないからわからないな〜
      でもまあ そんなノリのゲームだったのは確かみたいね」
ヤンガス「ちなみに『オラたち、もう我慢なんねえだ!』というのはこのゲームのCMコピーでげす」


<CM>

冷蔵庫のドアを開けると、そこは、ウッドパルナの畑でした。

新しい生搾りができました。
アイラの踊りを見ながらジョッキをゴクリと一杯。
なんて素敵な瞬間なのでしょう。誰だ、尻を思いっきりつねるのは……なんだ。マリ……
ほがらか農園の出来事は、日常の修羅場を忘れさせてくれます
……そして全然普段と変わらぬ、ホップのように搾られる男の姿がそこにいます。

「ウッドパルナ 生搾り」 発泡酒
☆ 飲酒は20歳になってから。

281 :5/5:2006/01/14(土) 23:17:02 ID:zPZdrSYD0
ゼシカ 「>>270-276さん……おや、セシルさんじゃない あのゴルベーザさんの……
      それはおくとして私達の正式な復活は確かに>>259-263>>232-233はヤンガスが勝手に
      先走って天パッただけだから 安心してね
      それとセシルさんの番組 とっても面白かったよ〜」
ヤンガス「いちおう 3日の放送はここのプロデューサーと同一人物のものでげすが」
ゼシカ 「厳密にはSNKがSNKプレイモアになったようなもんだから あまり期待しないでね!」
ヤンガス「う〜ん 確かに最近の芋屋は萌えを狙う路線が顕著すぎるでげすな 昔みたいに硬派で
      あっしの惚れ惚れするような漢らしさ満開格闘ゲームをまた出して欲しいでげすな」
ゼシカ 「いずれにせよ自虐ネタはこれからは控えましょっ 聞いていて欝になるわ〜」
ヤンガス「その自虐ネタを誰よりも連発しているのは誰でげすか……」
ゼシカ 「とにかく 他の番組も面白いので ぜひ聴いてください もちろんこの番組もだけどね」
ヤンガス「今日もドタバタしているうちに時間が差し迫ってきたでげすな さあ締めるでげす」

ヤンガス「そんなわけで 次回の放送もよろしくでげす
      前回と比べてかなりパワーダウンしているかもしれないでげすが なにとぞよしなに」
ゼシカ 「どうぞよろしくね〜」


この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄




ゼシカ 「とりあえず今回の放送の聴取率はガタガタッと落ちるのは目に見えているわね うふふ」
ヤンガス「いくら第1回のパワーを維持できそうにないからって……げすげす……」

282 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/16(月) 21:25:24 ID:reKZTa9M0
   ,.'´,^!´ヽ
   i卅<0>》
   川^ヮ^ノ!   ミネage
  巛(づ○つ
   ./_,バ)
   ん,__!_リ

283 :『保守人ラジオ・左の塔から』・第4回:2006/01/18(水) 15:00:09 ID:3eFNKijs0
セシル「……こんにちは。中途半端な時間にお邪魔します、セシルです。
    この間の土曜日に現れると言ったきり、姿を消してしまった事は本当にすみません。
    ミネアさんが>>282で登場してくれなかったら、この場ごと消えてしまう所だった…」
兵士A つ【圧縮があったのが昨日でしたか?】
セシル「実は前回の放送の後、プロデューサー側にちょっとした問題が発生したために
    皆さんに連絡できないまま放送を中止していました。この度無事回復したので、
    早いところ続きをお送りしてしまおう…という事で、こんな時間に出てきました。
    
    えっと…プロデューサーさんから伝言を預かっています。
    『今後は共同体で連続体で群生体のプロデューサーとなり、体力と知識の増進を図り、
     このような事態が起こらぬよう努めます。今回の件に関しては申し訳ありません』

    ……群生体?」
兵士A つ【一応生物です。気にせず行きましょう】
セシル「…あぁ、それからこの間2回目の放送があった『美女ヤン』(>>277-281)にて、この番組が
    思わぬ好評をいただいたと聞きました。ありがとう。
    お2人の番組もここの看板にふさわしいもの、仕事などで忙しい人が、少しでも楽しい時間を
    過ごせるような放送にしていきたいですね。
    …さて、こんな所かな。まもなくゲストの登場です、今日もお楽しみ下さい…」

  ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   カイポビールファクトリーの提供でお送りします。

284 :2/3:2006/01/18(水) 15:05:39 ID:3eFNKijs0
セシル 「今日のゲストはドラクエ7のメルビンさんです。こんにちは」
メルビン「お初にお目にかかる。メルビンでござる」
セシル 「よろしくお願いします。で、隣にいるのは…」
メルビン「羊さんでござるよ。セシル殿は羊好きと聞いたのでな」
セシル 「違います!以前の放送(>>166-169)で羊に執着していたのはフリオニールさんです!」
メルビン「そんなセシル殿のため、今日はとっておきを見せるでござるよ。羊ダンサーズ、カムヒアッ!」
セシル 「僕の話を聞いてっ…わあぁ、羊さんが大挙してスタジオに押し寄せてくる!!」
メルビン「♪タラッタ ラッタラッタ ひつじのステテコダンス〜♪」
セシル 「……リスナーの皆さんに伝わりますでしょうか、羊の大群とおじいさんが一列に並び、
     文字数に無理のある歌と共に奇妙なダンスを踊るこの光景が……」
4シド 「…こ、これがあのステテコダンス…!ぶ、ぶひゃひゃひゃひゃ!は、初めて見たがっ…
     ……な、何か知らんが笑いが…ふぁはは、あははははは!!」
セシル 「ええぇ!?」
    へいしAは はらをかかえて わらっている!!
セシル 「ちょっ、君まで!」
メルビン「む、この笑撃に耐えるとは。さすがは青き星を守ったパラディン」
セシル 「…決して衝撃を受けていない訳ではないのですが…えっと、メルビンさんに質問が
     来ているので紹介します。>>258さんから。『 私ステテコ英雄のファンです!メルビンさんの
     髪型ってどうなっているのですか?』」
メルビン「む、つまりこの鎖で編まれたフードの中身を知りたいと…難問でござるな。
     これは戦士としての正装であり、おいそれと他人の前で脱ぐわけにはいかぬもの故」
セシル 「そうですか…」
メルビン「しかし、例外がないわけでもない。時にこう、例えば258殿が妙齢のセクシーな女性であって、
     このラジオを通して浪〜漫チックな出会いが演出されるのであれば…」
セシル 「……すみません、うちではそういう事は出来ません」
メルビン「なんと!拙者、それだけを楽しみに、今日の日を迎えたというのに!」
セシル 「なんで貴方といいククールさんといい、ラジオ局を出会いの場にしたがるんですか!」

285 :3/3:2006/01/18(水) 15:10:29 ID:3eFNKijs0
セシル 「さて、来週のゲストを決める時間になりました。羊の声と笑い声が止まりませんが、
     ともかくこちらの特製10面体サイコロでシリーズb決定、その作品の登場キャラから
     6人がゲストリストに選出されて、うち1人が来週のゲストになります。
     来週はFFのキャラを招待しましょう。ではメルビンさん、サイコロを…君じゃない!」
ひつじ 「めええぇぇぇ」
メルビン「我慢するでござるよ、ひーちゃん。では……む、7でござる!」
セシル 「はい、ではFF7のゲストリストを…ちょっ、食べちゃ駄目だよ、ヤギじゃないんだから!」
ひつじ 「んんめえええぇぇ」
      カラカラカラ…コロンッ!
メルビン「リストはまだ無事でござるかー、4の目が出たでござる」
セシル 「はぁっ…はぁっ…助かります、4ですね。えっと、4は……シドさんです。
     来週のゲストはFF7のシド=ハイウインドさんに決定しました!」
メルビン「FFの世界にはシド殿がよく出るでござる。これは我らがドラクエのバニーちゃんや
     ぱふぱふに通ずるものが…」
セシル 「7シドさんへの質問、また番組へのご意見ご感想をお待ちしています。お便りのあて先は
     郵便番号838861番、『左の塔から』まで。年齢や性別の記載は義務付けません」
メルビン「…7シド殿には女性ファンが多そうでござるなぁ」
セシル 「そろそろお別れの時間です。メルビンさん、羊さん、今日はありがとうございました」
メルビン「また呼んでくだされ」
セシル 「『保守人ラジオ・左の塔から』。パーソナリティーはセシルでした。
     次回の放送は今週の末を予定しています。
     それではまた、次回。さよなら…」

  ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   カイポビールファクトリーの提供でお送りしました。

286 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/20(金) 00:31:21 ID:kGwbdOh00
      _
    ;'´;.(Ω)ヽ
    i. jii^iii^ji!
  (_ノ (!’ヮ’ノ、  ああ! たとえ はなれていても
  《 ⊂{i゙ー)i}つ ローラは いつも あなたの番組を 聴いています
   ~^</~i゚~ヾ>
.    //.ハヾゝ
    `~^~~^´

287 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/20(金) 17:00:17 ID:0QCZmbhf0
ageますよ

288 :『保守人ラジオ・左の塔から』第5回:2006/01/20(金) 19:00:42 ID:jlp3vSEu0

     ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん……。

セシル「こんばんは、セシルです。『保守人ラジオ・左の塔から』、今日もよろしく。

    …それにしても、最近とても寒いね。地域によっては雪も大変だ。
    さいわいバロンはそれほど降る方ではないけれど、山を隔てた向こう、
    ミストの村は豪雪地帯でね……まぁ、冬でなくても霧が深くて空気の冷える
    難儀な土地なんだけど。…あ、こんな事を言ったらリディアに気の毒かな。すまない。
    ともかくそういう土地柄だから、バロン北の山脈は毎年、どの山も真っ白な雪を
    被るんだ。ミスト地方は空気が澄んでいるから、天気のいい日は特にその白い山脈が
    綺麗に見える。この塔の屋上にのぼって眺めれば、とてもいい気晴らしになるんだ。

    小さい頃は塔になんか出入り出来なかったから、城下町のはずれ、少し高い丘から
    見ていたな。昼になって寒さも緩んできた頃、友達数人で連れ立って…

    …あ、時間が押しているみたいだ。思わず語りすぎてしまったよ…はは。でも、
    今日のゲストの7シドさんが、実はちょっとした事情でまだこちらに来ていなくて
    ……少し心配ですが、ともかく始めましょう。
    今日もごゆっくり、お楽しみください…」

  ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   カイポビールファクトリーの提供でお送りします。


289 :2/4:2006/01/20(金) 19:14:16 ID:jlp3vSEu0
セシル「…来ないなぁ…。
    実は7シドさん、ご自分の飛空艇でここまで来るとおっしゃったんです。
    普段はこちらで迎えの飛空艇を用意しているので心配ないけれど、『いいから
    目印になるものだけ教えろ!』と言って聞かなくて…」
4シド「ったく、若いシドはこれだから困るんじゃ」
セシル「……と、さっきからうちのシドは対抗心を燃やしてばかりだし……

    ……はぁ。もう少しお待ちください」


兵士A つ【って、何かしゃべらないと放送事故だと思われますよ!!】
セシル「え?あ。え、えーっと…ローラ姫が先程いらしてましたね(>>286)。この局全体の
    宣伝でしょうか…とても心打たれるお言葉、感謝します。それと>>287さん…
    …やはり色々な人に聞いてもらうには、チャンネルを合わせてもらうきっかけが
    必要だからね。今日はその行為を無駄にしない放送にしていきたいよ。

    ……で…シドさんは……」

     ブーーーーッ
セシル「あ、このブザーは…シドさんの飛空艇、シエラ号が到着したようです!
    まもなくこのスタジオに、シドさんがいらっしゃるはず…」
7シド「いよう、シド様の登場だ!よろしく頼むぜ!」
セシル「はい、お待ちしていました。どうぞこちらへ」
7シド「悪ぃ悪ぃ。俺様としたことが、なんか場所がわかんなくなっちまってよ。
    世界が違ェとこうもカンが狂っちまうもんかね、ちきしょう」
セシル「7の世界は、高層ビルやたくさんの機械がある所ですからね。ここは何もなくて」
7シド「まぁ、左の塔は城ん中にあるってのは聞いてたから、それらしいトコ探しつくして
    どーにかしたぜ。3回くらい間違ったけどよ」
セシル「3回…いや、まぁ。お疲れ様でした」

※FF4世界(地上)の城は全部で5つです

290 :3/4:2006/01/20(金) 19:31:30 ID:jlp3vSEu0
4シド「フン、まだまだじゃな」
7シド「あん?なんだこの機材に埋もれたヒゲ親父は」
4シド「なんだとはなんじゃ!偉大なる大先輩・飛空艇のシドじゃぞ!」
7シド「先輩だろーがぜんざいだろーが関係あるかってんだ!この野郎、天才パイロットの
    俺様に向かって『まだまだ』たぁ何事だ!」
4シド「天才ぃ〜?そんな方向オンチで天才とは片腹痛いわ!いっぱしの飛空艇乗りなら、
    ビシッと一発でバロンに乗り込んで見せんかい!」
7シド「言いやがったな……だったらアレか、あんたはこっちの世界に乗り込んだとき、
    ピューと一発でゴールドソーサーに着陸できるってんだな!」
4シド「お〜ぅ、やってやるわい!ワシの土地勘とテクニックに腰抜かしても知らんぞい!」
7シド「腰抜かすのはテメェのほうだヒゲジジイ!」
セシル「まっ待って下さい2人とも!本番中なのにそんな、けんかなんて…」
4シド「だぁっとれい!!」
7シド「コレに火ぃつけて欲しいのか!!」
セシル「だっ、ダイナマイトは駄目です!でも、あの、そういう事は番組が終わった後でも」
7シド「よし、飛空艇を用意してついて来い、ジジイ!」
4シド「望むところじゃ!」
セシル「あのっ、だからっ……!!」

   ダッダッダッダッダ……

   ゴオオオオオォォォ!!!

セシル「い、行っちゃった……やっぱりシド同士、張り合っちゃうのかな…
    困ったもんだ、うちのシドもまだまだ血気盛んだからなぁ…」

291 :4/4:2006/01/20(金) 19:52:00 ID:jlp3vSEu0
シエラ「すみません」
セシル「あ、こんばんは…あなたは?」
シエラ「7シドの妻、シエラと申します。あの人について来たんですが、置いて行かれてしまって」
セシル「そうですか…ともかくおかけ下さい」
シエラ「ありがとうございます」
セシル「…にしても、7シドさんも相当……威勢のいい方ですね」
シエラ「ええ、いつでも激しく熱い情熱を持っている方です。さっきすれ違った時も、
    すごくいい表情をしていました…そんな顔が出来る様になって本当に良かった」
セシル「すれ違ったなら止めて欲しかった…」
シエラ「私なんかが手出し出来ない事も、あの人はたくさんやってしまうんです。
    代わりに私がお相手するので、どうかご勘弁下さい」
セシル「…あ、それなら来週のゲストを決めるので、それにお付き合いいただけますか」
シエラ「はい」

セシル「この度、唐突にゲストサイコロを新調しました。当たり目を新たに設置、残り5つの目には
    ゲスト候補の名前が直接書いてあります。
    今週は、名づけて『FF王女ダイス』です。ヒルダさん(FF2)、レナさん、クルルさん、
    ファリスさん(以上FF5)、そしてガーネットさん(FF9)に、当たり目(???)。
    見事当たりが出た時はこちら、1/250スケールの『赤い翼』を差し上げます。
    ネジを回すとプロペラが回転しますよ」
シエラ「まぁ素敵」
セシル「シエラさん、7シドさんの代わりにサイコロ投げをお願いします」
シエラ「はい…そーれっ」
    ごろごろごろごろごろ……
セシル「…あ、っと……クルルさんですね。次回のゲストは、チョコボ観察記でおなじみFF5クルルさんに
    決定しました!」
シエラ「あぁ、じゃあこの模型はもらえないのね」
セシル「残念ながら…。リスナーの皆さん、クルルさんへの質問や番組への意見・感想をお待ちしています。
    あて先は郵便番号838861番、『左の塔から』までです。
    そろそろお別れの時間です。シエラさん、今日は7シドさん共々ありがとうございました」
シエラ「よろしく伝えておきますね」
セシル「ラジオの前の皆さん、来週もお楽しみに。パーソナリティーはセシルでした。さよなら…」

292 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/20(金) 20:52:52 ID:DaAPhI700
サラ姫(´・ω・)カワイソス

293 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/21(土) 00:02:31 ID:o7EYSlS90
バッツたちはいったい何があったんだ?

294 :ビッグス:2006/01/22(日) 01:13:53 ID:mFkFATT8O
ageますです!

295 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/23(月) 12:10:20 ID:ngOlQLxn0
最近ひんぱんに圧縮されてるみたいなので保守しときますね

296 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/24(火) 21:25:32 ID:VzZhfdAZ0
みんなーー美女ヤン復活してるよーーあげ

297 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/24(火) 21:41:58 ID:wcKoWoyIO
新美女ヤンのノリも面白いよん。

ヤンガスの不思議のダンジョンが楽しみで仕方ない。

298 :1/5:2006/01/25(水) 23:54:47 ID:yXLXyZFP0
ゼシカ 「みなさんこんばんは〜!ゼシカ・アルバートで〜す!」
ヤンガス「おばんでがす!ヤンガスでげす」
ゼシカ 「想定外の人 逮捕されちゃったね〜 やっぱり悪いことはできないね」
ヤンガス「まあなんというか 常に話題を集めていた時代の寵児ゆえに残念でげすな」
ゼシカ 「このまま踏ん張ってくれていたらきっとスクエニを買収したはずよ」
ヤンガス「さすがにそれは無いと思うでげす」
ゼシカ 「まあ少なくとも ドラクエとFFばかり作ってマンネリ化が加速するよりは
      何らかの変革はあって欲しいな あの想定外がスクエニ買ったならきっと大ナタを振るっていたはずなのに」
ヤンガス「微妙なところでげすな どうせなら『ゼシカたん しぃし〜』を18禁でいいから出して欲しかったでげすな」
ゼシカ 「うわっ 懐かしいわね〜そのネタ。怒りを通り越してかえって感動するわ〜
      それよりあんたは自分の新作のほうを心配していなさいよ」
ヤンガス「一体開発は初代プロデューサーの番組でもスポンサーだったアルテピアッツア
      それともPS2のDQ5の開発も一部やってたマトリックス……あ〜心配でげす」
ゼシカ 「そんなつまらないことで悩んでもしょうがないじゃん きっと発売されて大ヒット間違いなしよ〜」
ヤンガス「だからこそ心配なのでげす バグがないか クソみたいな設定が追加されていないか
      寒いダジャレがないか あ〜とにかくゼシカ嬢のことで頭が……何でもないがす」

この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「私はマトリックスじゃないかなと思うわ この会社モバイルアプリの開発もやっているんのね」
ヤンガス「邪聖剣ネクロマンサーとは懐かしいでげす よく部屋の片隅でガクブルしながら
      震えていたもんでげす」
ゼシカ 「ああ ギーガーの無断引用で有名なゲームね〜 アハハ……」

299 :2/5:2006/01/25(水) 23:56:25 ID:yXLXyZFP0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第3回

ヤンガス「とうとう当初の勢いがニュートラルになったまま 第3回を迎えたでげす」
ゼシカ 「正直ここまで長く続くとは思っていなかったわ
      これもひとえに私のお・か・げ・ねっ♥」
ヤンガス「まあゼシカ嬢の功績は否定できないでげすな 二代目プロデューサーも
      飽きっぽい性格のわりによく付き合うことができたでげすな」
ゼシカ 「でも前回の放送からだいぶ間隔が空いているよ
      やっぱりネタ切れは否定できないわね〜」
ヤンガス「まあ そんなわけでこのコーナーでは次回からゲストをお迎えするでげす……と
      おお!われながら決まったでげす!げ〜すげす」
ゼシカ 「うわぁ……頼むから寒くなるようなことを言わないでよ」
ヤンガス「ゼシカ嬢はさっきの話を聞いていないでげすな
      いいでげすか マンネリ化防止のために 次回からゲストをお迎えするでげ」
ゼシカ 「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
ヤンガス「なんでそんなに驚くでげすか いくらなんでもオーバーでがす」
ゼシカ 「一つはあんたの『ゲストをお迎えするでげす』が聞きたくなかったこと
      もう一つはゲストなんか呼ばれると私の存在感が半減してしまうことよ」
ヤンガス「しかしこのままでは この番組もジリ貧になってしまうでげす
      なんとかして手を打たねばいけないところまで来ているでげす」
ゼシカ 「わかっている わかっているわよ それならば早速ここに連れてきたわよ」
ヤンガス「本当でげすか?さすがゼシカ嬢はあっしのことをよく理解しているでげすな」
ゼシカ 「それっくらいわかっているって 私だってちゃんと考えているわよ
      この番組の危機をどのように乗り越えていくか、ね さあ早速ご招待!」

300 :3/5:2006/01/25(水) 23:57:32 ID:yXLXyZFP0
ゼシカ 「ところで誰を呼んできたと思う?」
ヤンガス「そうでがすな……ちんちくりんで片輪でうさんくさくて水虫で威張りん坊で
      変態でむっつりスケベでミーティア姫の父親とは氏んでも思えないトロデのおっさんでないことは確かでげすな」
ゼシカ 「…………」
ヤンガス「何を黙っているんでげすか あっしが本当のことを言うのがあまりにも的を得すぎているというわけでげすか」
トロデ 「こらっ!さっきから聴いていたらなんじゃ!よくもぬけぬけとわしの悪口を言いおったな」

  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l  げっ おっさん いつのまに!
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /

ゼシカ 「はい!スペース使い切ったからゲストのコーナーおしまい〜
      続いて皆様からのお便りをお読みするわね〜」
トロデ 「こ こら!わしの出番はこれだけか!何のために呼ばれてきたのじゃ というよりなんじゃお前の顔は」

301 :4/5:2006/01/25(水) 23:58:42 ID:yXLXyZFP0
ヤンガス「他の番組のプロデューサーさんや一般のリスナーさんからのお便りを紹介するコーナーが
      まだ残っているので そこでとりあえずうっぷんを晴らしてほしいでげす」
トロデ 「うむ〜 納得いかんのう。まあしょうがなくハガキでも読んでやるか。
      >>282のミネアたん、>>286のローラたん、(;´Д`)ハァハァ」
ゼシカ 「そっ それだけ〜?もう少しなんかコメントないの〜?」
ヤンガス「まあここはおっさんのくだらない願望をかなえてあげるでげす。しばらくの辛抱でげす」
トロデ 「誰がおっさんじゃ!れっきとした国王陛下に向かってなんたる暴言を……まあよい
      >>283-285よ、いつもご苦労じゃな。わしが皆を代表して礼を申し上げようぞ」
ヤンガス「おっさんに代わりに礼を言いに来てもらったんじゃないでげすが……
      まあセシルのおっさんにはいつも楽しい番組を聞かせてもらってとても感謝しているでげす」
ゼシカ 「あの セシルさんはおっさんと呼ばれるにはあと20年早いんだけど〜
      まあ思ったほどこの番組は全然好評を博していないので そこのところよろしくね!」
トロデ 「>>296ついでに>>297よ、宣伝してくれて非常にありがたく思うぞ
      じゃがこの番組の実質スポンサーはわしじゃぞ。わしに感謝するのじゃ」
ヤンガス「別におっさんの番組ってわけじゃないでげすが まあ不思議のダンジョンは期待していてほしいでげす」
ゼシカ 「え〜?アルテピアッツアが作ってそうじゃん〜 地雷認定よ」
トロデ 「それよりもわしは出るのじゃな?出さんと承知せんからなっ 堀井の禿坊主 聞いてるかっ んっ?」
ゼシカ 「逆に私は出たくないな〜 世間のロリコンの注目を一気に浴びそうだし〜 あ〜 ゼシカ困っちゃう」
ヤンガス「げすげす…… 収拾がつかなくなってしまったでげす」

<CM>
──TBS ザ・バトルステージ──
毎試合ごとに、手に汗握る熾烈なバトルを魅力的な豪華解説者が詳しく説明!三ターン聞けば見えてくる!

──豪華解説者の一覧──
クッキー(ミスターメガンテ)
ロレンス(詩人界のラララ鉄の爪)
ピピン(奇跡の一本槍)
テリー(バラを持った闘剣王)
チャゴス(天性のロイヤルプリンス)

302 :5/5:2006/01/26(木) 00:00:33 ID:zdMHyr5s0
ヤンガス「は〜 やっと帰ってくれたでげすか トロデのおっさん」
ゼシカ 「まあなんというか せっかくの私達の放送の場なのに一人で勝手に興奮していたのは確かよね」
ヤンガス「しかしやりたいことをやって帰ったのだから 知らぬが仏といえばそうでげすな」
ゼシカ 「どう?ここまでの放送?さすがに第三回にもなるとネタ切れが深刻でしょう」
ヤンガス「確かにそれは否定できないでげす 大体5レスも使うのは正直しんどいでげす」
ゼシカ 「でもそれで音をあげてちゃ プロデューサーは務まんないわよ
      初代プロデューサーはやっぱり天才だったということを証明するだけよ」
ヤンガス「確かにでげすな あっしも甘く見ていたでげす 鹿児島のかるかん饅頭より甘いでげす」
ゼシカ 「なにそれ」
ヤンガス「と とにかく確かなことはあっしらの放送をちゃんと聞いているリスナーのためにも次回も
      また頑張らねばならないでげす よ〜し いくでげす!」
ゼシカ 「あらあ あんたにしてはマトモなことを言うわね」
ヤンガス「いつもと言って欲しいでげす そんなわけで締めるでげす」

ヤンガス「そんなわけで 次回の放送もよろしくでげす
      ゲストは帰さず はぐメタは逃がす!美女とヤンガス また次回 ごきげんようでげす〜」
ゼシカ 「どうぞよろしくね〜 ってそりゃプロ野球板の『古木と村田のオールナイトニッポン』じゃない!」


この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄



ゼシカ 「さあ次回はどんなゲストを呼ぼうかな〜 ワクワク」
ヤンガス「なんか正直なところ トロデのおっさんのほうが マシな悪寒がするでげす……」

303 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/26(木) 16:08:02 ID:CYhXcxLw0
>302
放送おつかれさまです!!
いつもCMに吹き出してしまうww
ところで悩み相談はもう復活しないのでしょうか?




304 :『保守人ラジオ・左の塔から』 第6回:2006/01/28(土) 12:00:00 ID:uADpJZoD0
ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん……。

セシル「ゼシカさん、ヤンガスさん、そしてトロデ国王陛下、放送お疲れ様です。
    『保守人ラジオ・左の塔から』、今日もバロン城左の塔から、寒さに負けずに
    お送りするよ。よろしく。

    先週の放送で、シドが7シドさんに連れられてあちらの世界にお邪魔した
    けれど(>>288-291)、帰ってきたらなんだかひどく疲れていたんだ。何か
    大変な事が起こっていたらしくて…詳しい事は聞けずじまいだったけどね。
    でも、あそこは数多の危機に曝される世界だと、僕は聞いている。
    そんな中で生きる人々が…せめて、自分を失わずにいてくれたらと、思うよ。

    さて、お便りを紹介します。まずは保守してくれたビッグス(>>294)さん、>>295さん、
    どうもありがとう。…この局もFF7の世界並の危機にあるのかも知れないな…
    このペースでしか来られない僕が『保守人ラジオ』を放送するのも、おかしな話と
    言って言えない事はないな…すまない。
    それとは別に>>292さん。『サラ姫(´・ω・)カワイソス 』って…ああ、先週の“FF
    王女ダイス”にFF3・サラ姫の名前がない事を指摘しているんだね。でも大丈夫、
    サラ姫は当たり目に隠れていたんだ。ほら、シールをはがして、はがした下に
    “FF1 セーラ姫”って……え、セーラ姫……?」

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

兵士Aつ【あぁほら、ラジオなんだから黙っちゃ駄目ですよ!!】
セシル「はい…間もなくゲストの登場です、お楽しみに…」

    この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   カイポビールファクトリーの提供でお送りします。

305 :2/3:2006/01/28(土) 12:05:05 ID:uADpJZoD0
セシル「今日のゲストは、『バッツの☆愛☆チョコボ観察記』パーソナリティーとしてもお馴染、
    FF5のクルルさんです。こんにちは」
クルル「こんにちはー!」
セシル「いきなりだけど、『チョコ観』しばらくご無沙汰してますね。>>292さんからお便りが
    来ています。『バッツたちはいったい何があったんだ? 』と…」
クルル「うーん、お待たせしちゃってごめんなさい。こればっかりはプロデューサーさんの
    事情もあると思うし、私からは何とも言えないの」
セシル「ひとつ、気になっていたんだけど…前回の放送は(>>226)、焼き鳥の差し入れが来て
    終了、でしたよね?あれは一体…」
クルル「あぁ、あれは本当に差し入れですよ。美味しくって放送休止しちゃうくらいの☆」
セシル「そ、そうですか……」
クルル「292さん、それに待っててくれているリスナーの皆さん、ありがとう。きっとまた
    ひょっこり現れると思うから、その時はどうかよろしくね!」
セシル「僕も楽しみにしています。
    さて、クルルさんといえば、動物と話ができる能力を持っているそうですね」
クルル「そうですよ。飛竜ともチョコボとも、モーグリともお話できます!」
セシル「すごいなぁ…普通の人間には、彼らの気持ちはわからないものな」
クルル「そんな事ないです。そりゃ、話が出来れば、動物が何を考えているかは簡単に
    わかるけど…だからって、人間に動物の気持ちがわからない訳じゃないです」
セシル「…と、いうと?」
クルル「バッツとボコ、レナとタイクーンの飛竜、それにファリスとシルドラ…みんな、
    言葉はなくてもお互いを思いやっていたと思うんです。動物と話が出来るのは
    私だけ、でも……人間と動物は、言葉だけでつながるものじゃないんだなって、
    旅の途中でしょっちゅう考えさせられました」
セシル「そうか…人と人の間でも、動物との間でも、大切なのは、こころ…だね」
クルル「まぁ、番組やってて、ボコは結構しょーもない事考えてんなーって思い直したん
    ですけど。あのコンビは完全にはわかりあえてないかも知れませんねー」
セシル「ボコ君はバッツさんの知らない間に結婚してたんだって?」
クルル「そうなんですよー、あはは」

306 :3/3:2006/01/28(土) 12:10:16 ID:uADpJZoD0
セシル「さて、来週のゲストを決めるサイコロ投げの時間です。今週のテーマは
   『兵士ダイス』。クラウドさん(FF7)、スコールさん(FF8)、ピピンさん(ドラクエ5)、
    ハッサンさん(ドラクエ6)、エイトさん(ドラクエ8主)、当たり目(???)の6人がゲスト
    候補です。当たり目が出た時はこちら、1/250スケールの『赤い翼』を
    クルルさんにプレゼントします。ティッシュ箱を2つ重ねた位の大きさですよ」
クルル「けっこう重たいなー」
セシル「はい、サイコロです」
クルル「じゃあ投げまーす。えーいっ」
              
       どんっ

セシル「あぁ、そんなに高く放って!角を丸くしておいて良かったよ……
    ……えっと、止まった。来週のゲストは……ドラクエ8の主人公、エイトさんです!」
クルル「あの人兵士だったの!?」
セシル「…今回、何だか兵士扱いしていいのかって人も混じっているね。ともかく、リスナーの
    皆さんからのお便りは随時募集中です。エイトさんへの質問、番組へのご意見ご感想など
    気軽にお寄せください。あて先は郵便番号838861番、『左の塔から』までです。
    ……さて、そろそろお別れの時間です。クルルさん、今日はありがとうございました」
クルル「『チョコ観』もよろしくね☆」
セシル「『保守人ラジオ・左の塔から』。今日はここまでです。パーソナリティーはセシルでした。
    それではまた、来週。さよなら…」


     この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
     カイポビールファクトリーの提供でお送りしました。

307 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/29(日) 12:45:40 ID:JcIrBt7Y0
     ,.---、
    「,|__ †_ |
   /. ノノ'ヾリ ,
.  川i ゚.ー゚ノl 《|》 < このスレにザラキ!じゃなくてザオラル!
  ノ⊂!| 十)⊃||
   /.!__i.  ||
   ~ じ'ソ  ||

308 :ウェッジ:2006/01/30(月) 12:52:09 ID:lwE0JHNOO
( ´∀`)ヒールフォースであります!

309 :モーグり:2006/01/31(火) 02:20:04 ID:DSh3Zw6XO
ケアルだクポ^^

310 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/01(水) 07:46:48 ID:F8R0OlZ4O
あげ

311 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/02(木) 11:00:24 ID:cXotN8PKO
えいじ

312 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 02:43:57 ID:IquaCP8XO
一日一保守








とか言ってる香具師はウザイですかそうですか

313 :『保守人ラジオ・左の塔から』第7回:2006/02/03(金) 19:00:18 ID:c7TiZD+60

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「 節分の夜にこんばんは。『保守人ラジオ・左の塔から』パーソナリティーの
    セシルです。今日もよろしく。
    
     暦の上では明日から“春”…そうは言っても寒い日が続きそうだけど、“春だ”と
    言われてみると…だんだん外が暖かくなっているような気もするね。
     確かに、天気が崩れて曇りがちな空の日や、雨の降る日などは空気の冷えこみが
    まだまだ厳しい。けれど……晴れた日に外に出ると、今までよりも格段に暖かく
    感じるようになったんだ。
     勿論、地方によって季節の移り変わりは異なる。まだまだ寒い所もあるだろうけど
    …ともかく、季節の変わり目が近づいているように思えるんだ。こんな時期は体調を
    崩しやすいそうだから、リスナーの皆も用心して欲しい。

     さて、お便りを紹介します。まず>>307の僧侶さん。『このスレに   」

               バタッ

4シド「 のわぁーーっ!?セシル、いきなりどうしたんじゃ!?」
    へんじがない ただのしかばねのようだ
4シド「 しかばねってどういう事じゃ!お前が死んだら番組続かんぞ!
    …と、とにかく一旦CMじゃ!セシルが生き返るまで少し待っててくれぃ!」

    ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
      カイポビールファクトリーの提供でお送りします。

エイト「 …え、言われた時間より5分早いですけど、スタジオ入りしていいんですか?
    じゃあ入りますよ…って何ですかこの入り口にぶら下げた斧は!
    『トロデーン人は帰れ!』ってバロン流の挨拶ですか!?」
4シド「 節分じゃから鬼殺し(※オーガキラーの事)を飾っとるだけじゃ!
    それよか早く来てくれ!ここはドラクエキャラの力が必要なんじゃ!」

314 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 19:02:47 ID:c7TiZD+60
 ――うつくしき 楽の音よ
      悪しき竜を 戒め給え
      死に行く大地を 潤し給え!
      永久(トコシエ)に おお 永久に!

  実話に基づき、オペラの巨匠、ダンチョー・アレサンドラ氏が描く究極のファンタジー!
 天使の羽を背に抱いた英雄たちの神話・『アースドラゴン』近日公開予定!
  お問い合わせは電話番号、XX-0011-5963まで!


315 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 19:06:43 ID:c7TiZD+60
    お昼休みに・・・
    「ラウンジでテレビ見ようぜ」
    「いいですとも!」

    アフター5は・・・
    「すまんが残業を頼めるかね」
    「いいですとも!」

    家に着いたらば・・・
    「いい湯ですとも!
     ……ひ、ひとりでも淋しくないですとも!」

   荒んだ心に送る魔法の言葉、
   「いいですとも!」はみんなのそばに!

316 :番組再開:2006/02/03(金) 19:10:24 ID:c7TiZD+60
セシル「 お正月にもこんな事があったけど、その時の事を覚えていたらしくて…
    『また来たのか、わが息子よ』なんて言われてしまったよ」
エイト「 そうですか…あ、CM終わったみたいですよ」
セシル「 あ、本当だ。リスナーの皆さん、改めてこんばんは。どうやら>307さんのザラキに
    やられてしまったみたいです。突然死んでしまってすみません」
エイト「 字面だけ見るとたまらなくシュールですねー」
セシル「 今日のゲストはドラクエ8の主人公・エイトさんです。こんばんは。そして
    生き返らせてくれてありがとう」
エイト「 お安い御用です。いや、安くても困るんですけど」
セシル「 その辺は…システムの違いという事で」
エイト「 でも、FFだって4から“死亡”が“戦闘不能”に変わったじゃないですか。
    それから10年以上経ったのに、僕らはHP0で死んでしまうなんて理不尽です。
     ちょっと解釈スレに行ってきていいですか。代理にトーポ置いていきますから」
セシル「 いや、気持ちはありがたいけれど…ネズミと話す自信がないし、彼じゃゲスト決定の
    ダイスを振るのが難しいんじゃないかな」
エイト「 大丈夫、トーポはブレスを吐けますから、それでサイコロを押し出せばいいんですよ」
セシル「 …じゃあ…試してみようか。今日は『ドラクエ王女ダイス』です。ミーティア姫も
    ちゃんとリストに入ってますよ」
エイト「 それじゃあミーちゃんを狙いましょう。はいトーポ、チーズを食べて」

    ゴオオオオォォォォ!!!

セシル「 …………燃えちゃったじゃないか!!」
エイト「 あ、間違えました。凍える吹雪の予定だったんですけど」
セシル「 どっちみち駄目だ!…やっぱりエイトさんが普通に振ってください!!」

317 :3/4:2006/02/03(金) 19:15:54 ID:c7TiZD+60
セシル「 来週のゲストを決める、ダイス投げの続きです。『ドラクエ王女ダイス』が
    燃えてしまったので、代わりに『銀髪ダイス』を持ってきました。
     ピサロさん(DQ4)、テリーさん(DQ6)、ククールさん(DQ8)、セッツァーさん(FF6)、
    セフィロスさん(FF7)、そして当たり目(???)の6人がゲスト候補です。
     当たり目が出たらエイトさんにこちら、1/250スケールの『赤い翼』を
    差し上げます。お部屋のインテリアにどうぞ」
エイト「 プロペラ回転するんですけど、これって手を触れたら危なくてしょうがないですね」
セシル「 …大人なんだから、その辺はわかっててください。はいサイコロ」
エイト「 じゃあ行きまーす、えーい」
     ――ギュイイイイイィィン!!
セシル「 …な、なんて投げ方だ!天井が破れてしまった……!」
エイト「 あ、肩の力を抜いたせいか、ギガスローが」
セシル「 やっぱり最近のキャラは凄いな…ともかくダイスを回収しないと。ちょっと待ってて。
    ……テレポ!」
     ピロピロピロ
セシル「 ……お待たせ。もう少しで月の軌道に乗って回収できなくなる所だった。
    危なかったよ。すごい肩をしているんだね」
エイト「 宇宙空間まで『ちょっと待って』で行ける人に感心されても…
    今度はちゃんとやりますね。それっ」
     ごろごろごろごろ
セシル「 …よし、止まった。えーっと……テリーさんか!
    来週のゲストはさすらいの剣士・ドラクエ6のテリーさんに決定しました!」
エイト「 うーん、当たりが誰かも気になったんですけど」
セシル「 誰だろう…他の、銀髪の人。僕ではないけれど」
エイト「 自分との対話になりますね」
セシル「 ラジオでやることじゃないね。さ、そうこうしているうちに時間が来ました。
    エイトさん、今日はありがとうございました」
エイト「 迷惑かけました」
セシル「 最後に、番組からのお知らせです…」

318 :4/4:2006/02/03(金) 19:26:37 ID:c7TiZD+60
セシル「 オープニングで紹介できなかったお便りに答えます。
    ウェッジさん(>>308)、モーグりさん(>>309)、回復魔法をありがとう。おかげで今日も
    元気に放送を続けることが出来たよ。
     それから…一日ごとに>>310さん、>>311さんが来てくれたおかげでこの場が無事だった
    ことについても、お礼を言いたいと思います。
     そして>>312さん。君の行動や『一日一保守』の心構えは、決して誰かを不快にさせる
    ものではない。少なくとも僕はそう思わない。
     むしろ申し訳ないくらいだ。番組をお届けする側の僕らがまめに来られない為に、
    リスナーに負担をかけてしまっているのだから…」
4シド「 プロデューサーの尻を叩いとるんじゃがの」
セシル「 そうだったのか」
4シド「 保守の書き込みが4つも5つも並ぶと心苦しいと言ったんじゃが…
    『ヤバイ。週2はヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。 週2ヤバイ。
   最近二度寝が増えてるらしい。ヤバイよ、二度寝だよ。
    だって毎日は降臨不可って実生活重視って事じゃん。なのに自宅の鍵が2日に1回しか
   開かないって困るじゃん。ひきこもりとサボりのダブルパンチって困るっしょ。
    とにかくコイツ、プロデューサー業のヤバさをもっと知るべきだと思います。』
     ……とか返されておしまいじゃった」
セシル「 そうか…」
4シド「 ま、週1のペースは守るようじゃから、懲りずに応援してもらえると嬉しいぞぃ」
セシル「 …そうだね。お便りはいつでも募集中です。皆さんの率直な声を聞かせてください」
4シド「 来週のゲスト・テリーさんへの疑問質問、さらにワシやセシルへのメッセージ、
    番組の感想、魔法に呪文に保守カキコまで、何でも待っとるぞ!」
セシル「 あて先は郵便番号838861、『左の塔から』までです。
    ……そろそろお別れの時間となりました。
    ラジオの前の皆さん、来週もお楽しみに。さよなら…」

   ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
     カイポビールファクトリーの提供でお送りしました。

319 :インターセプたー:2006/02/04(土) 21:19:22 ID:GzjrDwGVO
ワン(上げ)!

320 :1/6:2006/02/04(土) 23:34:20 ID:0qovptFN0
ゼシカ 「みなさんこんばんは〜!ゼシカ・アルバートで〜す!」
ヤンガス「おばんでがす!ヤンガスでげす」
ゼシカ 「>>303さん お返事ありがとうね〜」
ヤンガス「悩み相談でげすか 初代プロデューサーの頃はしょっちゅうやってたでげすな」
ゼシカ 「普通に二代目プロデューサーが忘れているんじゃない?
      あんな名コーナーをやらないで 何がお悩み相談ラジオよ バカじゃないの〜」
ヤンガス「まあ今回から少し番組の構成が変わると聞いているでげす
      バカというより単にもったいぶっているだけでげすよ」
ゼシカ 「そういえば今日登場するゲストも私達に悩みがあるんですって
      さっそく本当の悩み相談ができるね」
ヤンガス「楽しみでげすな〜 おっと!他人の悩みを飯の種にするのはお○いっきりテレビだけで
      十分でげすな さあ早く呼んできてほしいでげす」
ゼシカ 「ほらっ スタジオにもういるわよ」

                        /⌒\     ,.ィ
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ    / / 〜'ヽ   //
<,,r'メ;゚ C゚)  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*;) )  ( ( ・∀・) // うふふふふふ……
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))   ) 丶  <.//
 .ん/ 旦       旦  \)    /⌒ ∀ ミミ
 ./                \  /  // |::|
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  |√7ミ | |::|

ヤンガス「きょ 今日のゲストって ちょ ちょっと ぶ ブキミでげす」
ゼシカ 「ま まあね…… あれでも 女性なのよ 紹介するね 彼女の名前は」
????「うふふふふふ……私の名前は……」
ヤンガス「も もったいぶってないで さ さあ早く言ってくれでがす」
????「私の名前は……」
ゼシカ 「このままじゃらちがあかないから 私から言うね 彼女はかの神殿騎士」
????「メリアドール・ティンジェルよ……さあ 始まりよ」

321 :2/6:2006/02/04(土) 23:35:44 ID:0qovptFN0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第4回

ゼシカ 「あらためまして 今日のゲストはFFTの神殿騎士 メリアドール・ティンジェルさんです」
ヤンガス「こんばんは ヤンガスでげす」
メリアドール「こんばんは……うふふふふふ」
ヤンガス「おや メリ姐はそんなキャラでは無いと思ったでげすが もっとしゃんとしているはずでげす
      『ひもじい思いをしたことがある? 数ヶ月間も豆だけのスープで暮らしたことがあるの?』
      の名言はあっしは大好きでげすな あっしの若い頃を思い出すでげす」
ゼシカ 「それはミルウーダの台詞でしょ それより何よその『メリ姐』って なれなれしいわね〜」
ヤンガス「なんというか エイトの兄貴に似ているような気がするでげす イメージだけでげすが」
メリアドール「うふふふふふ……メリ姐と呼んでくれていいのよ メリたんのほうがもっといいかもね……」
ヤンガス「全くあっしの想像していたイメージとは百八十度違うでげすな
      まあFFTのキャラなんてどいつもこいつも小池一夫の劇画みたいに『○○だッ!』という口調で
      しゃべってばっかりだから これくらい個性的なのはむしろ歓迎でがす」
メリアドール「嬉しいね……さっそくだけど」
ゼシカ 「今日はメリ姐は悩みがあってここに来たんだよね」
メリアドール「そうだけど……うふふふふふ」
ヤンガス「さあ話して欲しいでげす。親父さんのことでげすか それとも兄弟のことでげすか」
ゼシカ 「ちょ ちょっとヤンガス!あんた本当にFFTプレイしたことあるの?」
メリアドール「あんたは今……私の心の琴線を断つような事を言ったね……うふふふふふ上等上等……」
ヤンガス「すまんでげすな」
メリアドール「それより私の悩み……聞いてよ」
ゼシカ 「そうそう そうだった!あなたの悩み聞いてあげる 一緒に考えてあげるね」
ヤンガス「ふむ 楽しみいや興味しんしんでげす」
メリアドール「この私を見て……うふふふふふ」

322 :3/6:2006/02/04(土) 23:37:01 ID:0qovptFN0
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /────丶 :::::::::::::::::::::::::
   |;;;;丶     丶:::::::::::::::::::::::
   |;;;;;;;;;|       丶:::::::::::::::::
  |::::::::::::|  ⌒    ⌒丶::::::::::
  |:::::::::::::| (●)   (●) |::::::::::
  |::::::::::::::::|*\___/*|:::::::::
 |::::::::::::::::::\  \/    |::::::::
 |::::::::::::::::::::::::丶__      |::::::::
 丶::::::::::::::::::::::;;;__|-     |::::::::
  丶:::::::::::::::::::/─── - /::::;;;;;
 /  ヽ:::::::::::| ----- /;;;;;;;;;;;;;

ヤンガス「なんというか……節分と雛祭りがいっぺんに来たようなおめでたい顔をしているでげすな」
メリアドール「悪かったわね……私……フード取れっていつも言われるのよ」
ゼシカ 「んな取っちゃえばいいじゃない」
メリアドール「取れれば気安く取るわよ……」
ヤンガス「ははーん さては あっしと同じ髪型なんでげすな まあ気にすることなどないでげす
      漢らしく堂々としていればいいでげす げ〜すげす」
メリアドール「取れないからこうしているんじゃないの……」
ゼシカ 「んまあ 最近は女性用の医療ウィッグとかあるらしいし そういうとこに相談してみるのも
      いいかもね あなたはもとがキレイだから きっと似合うわよ〜」
ヤンガス「トロデのおっさんのように 何をやってもスカポンタンなのとは違って
      メリ姐はまだ若いし 堂々と人生を過ごせばなんも心配ないでげす」
メリアドール「でも取っちゃうと……」

323 :4/6:2006/02/04(土) 23:38:10 ID:0qovptFN0
               ∧
              /∧\
     ___   _// /| i | \
     |     ヽ\ | || | l |/|   \
    __|  トミ\\\||| iリ//|    |
    | |   |二ミ  `` "´   |   |
     | |  |二          |   |
    /||  |=            |  |\
  / /|  |"  ⌒     ⌒  |  |  \
/    \ \(●)    (●) | |   \
 ̄ ̄ ̄ ̄|ノ\|*\___/* ノノ| ̄ ̄ ̄
       |/ \   \/    イヽ |
       { / 丶_       |  `}
       {/ / / _|-     |\ |

ヤンガス「!!!!!」
ゼシカ 「・・・・・・エアリス?」
メリアドール「そう……花売りのエアリスに間違われるのよ……うふふふふふ」
ゼシカ 「髪型変えればいいだけの話じゃない?」
メリアドール「世の中に美容院ほど信用できないものはない……うふふふふふ」
ヤンガス「まあ 自分の意図と関係なくひどいヘアーカットにされることがあるから
      メリ姐の気持ちもわからないではないでげす」
メリアドール「そして……私に一番似合う髪形が今の……うっうっうっ……」
ゼシカ 「あ〜あ ヤンガス 泣かしちゃった〜」
ヤンガス「あ あっしは知らないでげす!かよわい乙女に 涙をこぼさせるなんて
      たとえ義に劣ってもそのような行為 断じてしないでげす!」
メリアドール「エアリスに言ってきてよ……あんたが髪型変えなさいよと……うっうっうっ……」
ゼシカ 「こればかりはねぇ」
ヤンガス「わがまま……でげす」

324 :5/6:2006/02/04(土) 23:41:30 ID:0qovptFN0
ヤンガス「とりあえず他の番組のプロデューサーさんや一般のリスナーさんからのお便りを
      紹介するコーナーで日頃のうっぷんを晴らしてほしいでげす」
メリアドール「うふふふふふ……本当は気が晴れないのだけど……さあかかってらっしゃい」
ゼシカ 「といっても他のプロデューサーさん、あと保守用の書き込みしかないわね」
メリアドール「まあ 別にいちいち視聴者に挨拶するのは 私の性に合わないからやめておくわ……」
ヤンガス「とはいえ スポンサーとリスナーあってのこの番組でげす
      おおっぴらにずけずけと言うのはやめてほしいでげす」
メリアドール「というわけでCMよ……うふふふふふ」
ゼシカ 「もう 勝手ねぇ」

<CM>
.      /⌒⌒l⌒⌒⌒⌒l⌒⌒\
.    / * .r''" ̄""V'" ̄`゛'、 * .\
   ..| ⌒⌒|   ..[二★二].  |⌒⌒ |  
   ..|   * .|\ _,.r''"∧`゛''、/|  * .|  
    \ ⌒ .\|\,.r'' ヽ/|/⌒ /
   .  \ * \|\._/|/ * /
      \.⌒ ..\_|_/⌒ ./
        \ /  |  \/
          ⌒⌒⌒⌒
バレンタインデー。本命の彼氏へ、義理で課長へ。
あなただけのチョコレートをプレゼントしましょう。

「メダル型チョコ Medalist」

 ☆ 味はスイートからビターまで選べます。
 ☆ チョコにお好みの文字を刻めます。
 ☆ ステキなラッピングの種類は豊富です。
 ☆ キングスライムサイズも承ります。

メダル王の城にて好評受付中!値段はお手ごろ480ゴールドから。
──“冒険者の恋人”メダル王の城 製菓業務部まで

325 :6/6:2006/02/04(土) 23:42:13 ID:0qovptFN0
ヤンガス「しかし今日のゲストはぶったまげたでげす」
ゼシカ 「でもね〜 私より胸は大したことなかったから 私の勝ちだね〜」
ヤンガス「胸はこのさいどうでもいいでげす FFTというのはそういうキャラしか登場していないゲームげすか」
ゼシカ 「やはりあんた FFTやったことないでしょ 本当は一部のシーンを除いてとてもシリアスな作品なのよ」
ヤンガス「今度発売されるFF12もFFTと世界観が共通していると聞いたでげす
      まあ今から気にするのもなんですが やっぱり心配でげす」
ゼシカ 「メリアドールみたいなキャラはかえって人気が出るんじゃない?今はやりのツンデレとか」
ヤンガス「彼女はツンデレとは全然違う次元のキャラとしか思えんでげすが」
ゼシカ 「まあとにかく第4回放送も無事に終わってよかったわね」
ヤンガス「なんというか 4回も放送できたことのほうが不思議でげすな」
ゼシカ 「まあ次の放送までネタが持つといいわね そろそろ息切れする頃よ」
ヤンガス「げっ あっしのもっとも恐れているマンネリ化を指摘するとは」
ゼシカ 「そこまで言ってないじゃない」

ヤンガス「そんなわけで 次回の放送もよろしくでげす」
ゼシカ 「番組終了よりもスレ落ちのほうが恐いから みんなもぜひ保守くらいはしてね」


この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄



ヤンガス「言い忘れていたげすがエイトの兄貴!お久しぶりでげす」
ゼシカ 「ずいぶんストレスたまっていそうね〜 まあ 頑張ってね〜」

326 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/05(日) 23:16:21 ID:sxES9c2cO
保守
期待してるからガンガレ

327 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/06(月) 13:46:48 ID:nd2bUglvO
ほすあげ

328 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/08(水) 22:46:37 ID:0Q+Xm9OcO
ほっしゅ

329 :長いCM・前編:2006/02/09(木) 14:02:44 ID:bLfpAUz10
パロム「やっほう!ミシディアの天才児・黒魔道士のパロムだい!」
ポロム「お茶の間の皆様、こんにちは。白魔道士のポロムと申しますわ」
パロム「いやー、オイラもついにCM出演かー。オイラの才能が認められたんだよな!
    なーんかうるさいえばりんぼまでついてきたけど、仕方がn」
     ぽかっ
ポロム「…早速不適切な表現があった事をお詫びしますわ、うふふ。それより今日は私達、
    『保守人ラジオ・左の塔から』提供でもおなじみ、ミシディア畜産業協同組合の
    広報活動で参ったんですの。題して…ほら行くわよパロム、せーの…」

   「「“Boy Meets Meats”!」」

ポロム「今日はワイルドボーイ・ドラクエ7のガボさんとご一緒に、ミシディア産豚肉の
    魅力をリスナーの皆様にお届けしたいと思います。ガボさんこんにちは、ポロムですわ」
パロム「オイラはパロムだ!」
ガ ボ「ガボだ、よろしくな!にしてもいい匂いだなー、さっきからハラが減ってしょうがねぇや!」
ポロム「さすがはガボさん、お鼻が利くんですね。そう、今バロン兵Aさんが、ミシディアンポークを
    焼いて下さっているんです!」
兵士Aつ【スタジオも左の塔使ってるからって、なんでこっちの裏方までやらなくちゃならんのよ
     ……あーハシ動かすのしんどー】
パロム「カンニングペーパー下ろせよ」
ポロム「そろそろ出来上がる頃ですか?」
ガ ボ「う〜っ、待ちきれねぇ!」

330 :長いCM・後編:2006/02/09(木) 14:06:47 ID:bLfpAUz10
ポロム「 さぁ、出来上がりました。定番・豚肉の生姜焼きです。
    おろししょうがの効いた特製のタレを染みこませ、絶妙な火加減で仕上げられた逸品です!」
ガ ボ「 あぁ〜うまそうだ、いっただっきまーす!」
ポロム「 いかがですか?」
ガ ボ「 ……はむはむ、はふっ……」
パロム「 何かしゃべれって」
ガ ボ「 …んあーっ、うまい!おかわりっ!」
パロム「 おぉー!」
兵士A つ【ちょwwwwwねーよwwwwwwwwwww】
ポロム「 飽きずに食べられるこの美味しさの秘密は、ミシディアに伝わる秘伝の養豚技術です。
    有機物を豚に変換する手法を用いるから、とってもエコノミーでエコロジー。
    良質のお肉を低価格でお届けすることができますわ」
パロム「 太陽と月の並んだマークに、ミシディアの文字が目印だぜ!」
ポロム「 スペルはM,Y,C,Y,D,I,A。ジューシーなお肉にガボさんも夢中、ミシディア畜産業協同組合を
    よろしくお願いしますわね♪」

セシル「 そろそろいいかい?明日の放送の準備をしないと」
ポロム「 あらセシルさん。スタジオをお貸し下さってありがとうございました。今終わるところですわ」
セシル「 お疲れさま。ところで前から気になっていたんだけど、ミシディアで養豚って事は…」
ポロム「 あら、それは企業秘密ですの………パロム」
パロム「 わかってるって!ていっ!   つ【変化のロッド】」

ガ ボ「 あー、うまかった!これで終わりか?」
ポロム「 ガボさん、まだ終わっていませんわ!あんなところに、食べた者をとっても
    幸せな気分にしてくれる、純白のしあわせぶたさんがいます!」
ぶ た『 ぷきっ!?』
ガ ボ「 幸せになれるほどうまいのか!よーしつかまえてやるぞ!待てー!!」
ぶ た『 ぷっ、ぷぎーっ、ぷぎーっ!!』

――明日放送、『保守人ラジオ・左の塔から』もお楽しみに。
  ゲストはDQ6・テリーさんです。お便りもまだまだ募集中。

331 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/09(木) 23:19:21 ID:9G1EZ8Xm0
パロムさん、ポロムさん、昔から大ファンでした。CM出演おめでとうございます。
でもちょっと気になっていることが…それはパロムさん達のサイズです。
パロムさんの公式サイズは94cm・22`ですがこれは少々太りすぎではないでしょうか。
参考までにうちの子供は6歳で126cm25`、見た目中肉です。
お2人共ぶたさんの食べすぎにはくれぐれもご注意下さいね。
あとテリーさんに質問です。ご自分の適職は何とお考えでしょうか。ぜひ教えて下さい。

332 :『保守人ラジオ・左の塔から』第8回:2006/02/10(金) 18:59:58 ID:lNjaFdg40

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「 こんばんは、セシルです。今週も金曜19時にお邪魔します、よろしく。
    それにしても昨日(>>329-330)は、パロムとポロムにしてやられたな…」
兵士A つ【お疲れ様でした】
セシル「 あぁAくん、君も裏方ご苦労様。なんだかお互い、あの子達にいいように
    やられてしまったね…」
4シド「 そう落ち込むでない」
セシル「 シド、ありがとう…と言いたい所だけど、その映像はなんだい?」
4シド「 ん?これはアルベドの(10)シドからもらった“映像スフィア”じゃ。ほーれ、
    見てみろ、幸せを呼ぶ純白のぶたさんが出て来たぞ…おー可愛いのぅ」
セシル「 そっ……そんなものは記録しておかなくて良いよ!」
4シド「 むふふ、豚とは思えぬ可愛さじゃの。ローザに見せたら喜びそうじゃ」
セシル「 そんなもので喜んでもらっても困るよ…もういい、お便りを紹介します。
     まずはインターセプたーさん(>>319)…ん、犬が来てくれたのか。ひとりで
    こんな所までやって来て、“上げ”まで出来るなんて…賢い犬だね。
     そして>>326さん、>>327さん、>>328さん。保守カキコをどうも。期待の声、
    何より“この場を無くしたくない”という意思…それに応えられるよう、頑張るよ。
     最後にゼシカさん、ヤンガスさん、いつも放送お疲れ様です(>>320-325)。
    エイトさんは…僕は振り回されてばかりで気づかなかったけど、仲間のお2人から見れば
    疲れているように見えたのかな?僕もまだまだ未熟だな……」
兵士A つ【あ、そろそろ時間ですね】
セシル「 …さぁ、まもなくゲストのテリーさんの登場です。今日もお楽しみください!」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
  カイポビールファクトリーの提供でお送りします。

333 :2/4:2006/02/10(金) 19:05:26 ID:lNjaFdg40
セシル「 今日のゲストはドラクエ6より、テリーさんです。こんばんは」
テリー「 ああ、ところでメニューはどこだ。無いならミルクを頼む」
セシル「 …いや、ここは酒場ではないんだけど……」
テリー「 …?じゃあ何だ、お前と手合わせすれば良いのか。雷鳴の剣はここにあるぞ」
セシル「 そうじゃなくて、今日は…」
裏方M つ【ラジオ番組ですよ。お便りも来ている事だし、楽しくおしゃべりして下さい】
テリー「 …ラジオか。そういう事か。とんでもない誤解をしていたな」
セシル「 あ、裏方さんの説明でわかってもらえましたか。それじゃあ、テリーさんへの
    お便りを紹介します。>>331さん。『テリーさんに質問です。ご自分の適職は何と
    お考えでしょうか。ぜひ教えてください』…との事ですが」
テリー「 適職か…ダーマの神殿でなれるものを“職業”とするなら、やはりバトルマスターが
    自分に適していると思う。呪文は苦手だから魔法戦士や賢者は向いてない。パラディン、
    或いは勇者も戦闘能力は申し分ないが…人の為に戦う、という辺りが性に合わない」
セシル「 なるほど…平和になった今もひとり旅を続けるのも、自分のためですか?」
テリー「 誰かのため、というのはどうも苦手なんだ。強くなりたいと思ったのは、姉さんの
    為だけど…今は、信頼できる…かもしれない仲間達と、姉さんに出会えてからも…
    やっぱり人を信じきれずにいる。
     せっかくまた会えたんだ、平和になった世界で姉さんと一緒に暮らしたい気持ちはある。
    …でも、やっぱり、こんな心のままでは姉さんに向き合うのが怖くもあって……。
    だから、もう少し一人でいたくて、旅に出たんだ…」
裏方M つ【テリー、あの、話し相手はセシルさんだから、そっちを見て話して下さいよ】
テリー「 なんだかまとまらない言葉になったけど…いつかは旅を終えて、姉さんのもとへ
    帰ろうと思っている。だから、待ってて欲しい」
裏方M つ【気持ちはわかったけれど、だから、裏方に向かって話しても番組になりませんよ】
セシル「 ……お話にひと区切りついたようなので、そろそろ番組を進めましょうか」
テリー「 ん?あぁ。わかった。闘技場に向かおうか」
セシル「 戦わないってば」

334 :3/4:2006/02/10(金) 19:13:35 ID:lNjaFdg40
セシル「 来週のゲストを決定する、サイコロ投げの時間です。今回は過去の記憶を失っていた
    人たちを集めた『ミッシングダイス』。イザさん(DQ6主)、ガラフさん(FF5)、ティナさん(FF6)、
    FF8はたくさんいたので代表でゼルさんとセルフィさん、そして当たり目(???)。
     誰が来るかわからない当たり目が出た時は、テリーさんにこの1/250スケールの
    『赤い翼』を差し上げます」
テリー「 イズュラーヒンか。あいつは姉さんと違って長い間夢と現実の自分に分かれていた
    らしいな。 ……それだけ、夢を見続けたかったのかも知れないが」
セシル「 …ドラクエ6の物語は複雑ですからね。テリーさんにも、イデュ…イジュラーヒェンさん
    にも…それぞれの事情が……」
テリー「 違う、イズュラーヒンだ。イ、ズュ、ラー、ヒ、ン」
セシル「 …僕には難しいよ……」
テリー「 俺は鍛えたからな。様々な人間に加えてモンスターも集うルイーダの酒場に長居すれば、
    リュケイロムも、もょもともお゚っても完璧に発音できる」
セシル「 意外な特技だ…あ、時間がなくなる。早くダイス投げに移ろう。はい」
テリー「 手早く行くぞ。――はっ!!」
     ババババババッ!
セシル「 ……なんで切り刻むんだ!」
テリー「 名付けて“真空ダイス6枚おろし”!」
セシル「 名前はどうでもいい!なにもダイスを破壊しなくても……ん?これは…
    ……当たりの面だけが無事に残ってる!」
テリー「 フッ。これは平行に刻みを入れて当たり目を狙う技なのだ」
セシル「 技なのか…まぁいいや、とにかく当たりは当たりなので、テリーさんには
    『1/250スケール 赤い翼』を差し上げます!」
テリー「 やったよ姉さん!昔みたいに2人で半分こしよう!」
セシル「 それは駄目だ!…それより、当たりは誰だろう。シールをはがして確認しよう」
テリー「 姉さん」
セシル「 えっと…違います。来週のゲストは…浮遊大陸の番人、FF3のデッシュさんです!」
テリー「 ……誰それ?」
セシル「 さて、そろそろ時間です。テリーさん、今日はありがとうございました」
テリー「 あ、あぁ、終わりか…」
セシル「 最後に、番組からお知らせです…」

335 :Ending:2006/02/10(金) 19:21:51 ID:lNjaFdg40
セシル「 さて、スタジオには…」
パロム「 全国のみんなー!天才パロム様だぜ!」
ポロム「 こら、段取りすっ飛ばしちゃ駄目よ!」
セシル「 …あー、そういう訳で、昨日のCMでも活躍したパロムとポロムが来ています。
    >>331さんからのお便りに答えてもらいましょう。『パロムさん、ポロムさん、
    昔から大ファンでした。CM出演おめでとうございます。』」
パロム「 ファンかぁ!やっぱオイラの将来性が」
ポロム「 ちょっと、私も入ってるわよ!331様、応援ありがとうございます」
パロム「 くわぁ〜、“様”だって!いい子ぶってんな、この生意気おn」
    ぽかっ
パロム「〜〜〜〜っ!!」
セシル「 …質問、いいかな。『 でもちょっと気になっていることが…それはパロムさん達の
    サイズです。(…)少々太りすぎではないでしょうか。(…)お2人共ぶたさんの食べすぎ
    にはくれぐれもご注意下さいね。』」
パロム「 そりゃぁ重くもなるさ!」
セシル「 …と言うと?」
ポロム「 身体の大きさ、重さを知ることは、己の認識を改める修行のひとつ。
    ローブを着て、大きな杖に山ほどの呪具を身につけて行うものなんです」
セシル「 それじゃあ、正確な値が出ないじゃないか」
ポロム「 そこがミシディアクオリティです。…ともかく、公式とはいえ案外適当に
    数値が出ている事を、御承知おきくださいませ」
セシル「 そうだったのか。2人とも、ありがとう。 …さて、リスナーの皆さん、お便りは
    いつでもお待ちしています。来週のゲスト、FF3デッシュさんへの質問、番組の感想、
    魔法や呪文に保守カキコまで。宛て先は郵便番号838861、『左の塔から』までです」
パロム「 あんちゃん、デッシュって誰?」
セシル「 光の戦士たちをメデューサの罠から助けた人らしいよ。今は浮遊大陸の番人をしている
    そうだけど…どんな人だろう」
ポロム「 3の方って、お会いする機会が少ないですものね。楽しみですわ」
セシル「 そうだね。さて、今週もお別れの時間となりました。さよなら…」

 ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
    カイポビールファクトリーの提供でお送りしました。

336 :「FF4モンスター放送室inバブイルの塔予告?」:2006/02/10(金) 20:23:21 ID:B5b3bV+V0
フェイズ「ようこそ、FF4モンスター放送室inTower of Bab-ilへ。
このリフレクはサービスだから、まず反射して落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
ガリの裏切りもって言うしね、ガラスのマスク渡して赦してもらおうとも思っていない。

でも、この予告を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「殺意」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、
そう思ってこの予告を作ったんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。」
機械竜「キメェし予告にすらなってねぇwwwwwwwwwwwwwwwww」

337 :「FF4モンスター放送室inバブイルの塔予告?」:2006/02/10(金) 20:23:59 ID:B5b3bV+V0
・・・・

ゴブリン「と、言うことでまた新たな放送が出来ることになった。
お察しの通りレベルは低い。低すぎるんだ。
左の塔さんと比べると、正に俺とゼロムスを比べるようなもんだ。
然も内容の範囲が狭いよ。尚且つ4フィーバーに便乗。
内容の範囲はリクエストはFF4の事しか受け付けない。


どうだい、正にホーリーの中のバイオだろう。
正にぐらいの威力しかないちっぽけな放送さ。
ただ存在だけでクオリティを下げる・・・。
それでもいいと言うのなら・・・やります。いいですか?↓の三つから選んでください。」


ニア
 はい
 いいえ
 殺してでも阻止する
 眼中にすらねぇよ
 ま た お ま え か

ゴブリン「じゃあまた明日来てどうだったかで決めます・・。」

338 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/10(金) 21:32:04 ID:tNOWx6leO
セシルお疲れさん
次の放送楽しみにしてるよ

339 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/12(日) 06:48:34 ID:NWuBotL2O
保守ついでに差し入れ
口に合うかどうかわからないけどね

つ旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦
つ○○○○○○○○○○

340 :1/6:2006/02/12(日) 21:32:13 ID:3Fei9Uch0
ゼシカ 「こんばんは。ニュースないんです(´・ω・`)」
ヤンガス「そういえばこの番組もうすぐ無くなるようでげすな」
ゼシカ 「いや〜 とうとう打ち切りか〜 たった5回の放送だったけど これでせいせいするわ」
ヤンガス「この番組のことではないでげす NHKの9時のニュースでげすよ」
ゼシカ 「こんばんは くじのニュースです
      グランバニアの国王であるリュケイロム・エル・ケル・グランバニアさん(28)が
      ポートセルミの福引所にて 4等のすごろく券を当てますた(´・ω・`)」
ヤンガス「そりゃ 籤のニュースでげす」
ゼシカ 「籤?よ 読めない……」
ヤンガス「まあとにかく こんなくだらない小ネタで番組を続けている有様でげすが よろしくでげす」
ゼシカ 「とりあえずあらためてまして みなさんこんばんは ゼシカ・アルバートで〜す」
ヤンガス「おばんでがす!ヤンガスでげす」

この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「ところでFF5アドバンス いつ詳細が発表されるのかしら」
ヤンガス「それ以前にあっしが主役の不思議なダンジョンのゲームを話題にしてほしいでげす」
ゼシカ 「あと 何をいまさら感のヴァルキリープロファイルの続編とかも気になるな〜」
ヤンガス「聞いちゃいないでげすな」

341 :2/6:2006/02/12(日) 21:33:01 ID:3Fei9Uch0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第5回

ゼシカ 「先に皆様のおハガキや他のプロデューサーさんからのお便りを紹介しましょうか」
ヤンガス「>>326さん、どうもありがとうでげす こうして保守がてらに応援してもらえるのは嬉しいでげす」
      >>327さんも>>328さんも>>329さんもどうもでげす」
ゼシカ 「>>329-330さんは新番組のようね 久々にスレに新風が吹いたような
      さわやかな気分にさせてくれるわね 聴いていてとっても楽しかったわよ」
ヤンガス「やっぱポルクとマルクのマセガキを思い出してしまうでげすな
      ともあれ今後も放送楽しみにしているでげす」
ゼシカ 「>>332-335さんも いつもいつもお疲れ様 いや エイトふだんあんな姿
      私達に見せたことなかったから はっちゃけすぎに見えたのよ」
ヤンガス「それでもあっしはエイトの兄貴を久々に見れて非常に嬉しかったでげす
      感謝感激雨霰でげす」
ゼシカ 「>>336-337さんも新番組 非常に面白かったわ〜」
ヤンガス「殺してでもうばいとる → な なにをする きさまらー! のコンボは非常に有名なのでげすな」
ゼシカ 「なにをする云々は実際に言っていないでしょ まあドラクエにも定番中の定番セリフが多いわけだし
      こういうのを見ると即座に反応してしまうのよ」
ヤンガス「さて>>339さんでげすが……」
ゼシカ 「どうしたの?せっかくの差し入れありがたく受け取りなさいよ」
ヤンガス「いや ありがたいのでげすが どうにも気になるでげす」
ゼシカ 「なんで?リスナーのご好意に決まっているじゃない ありがとうぐらい言えないの」
ヤンガス「そろそろ今日のゲストを紹介する時間なので……う〜ん やな予感がするでげす」

342 :3/6:2006/02/12(日) 21:34:40 ID:3Fei9Uch0
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ;゚ C゚)  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*;) )
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./ ○         ○   \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

                ('⌒`⌒`⌒')
                 |____|
            ゴクリ>(      ;)   
                /      ヽ、
.               |          |

ヤンガス「な なんでげすか うまそうな目でジロジロこっちを見られても困るでげす」
クエール「う うまそうアルな ワタシに全てよこすアルよ」
ゼシカ 「お茶とお菓子のこと?別にいいわよ それよりあんたは 確かFF9に出てきたク族の」
クエール「クイナの偉大な師匠!クエールをよろしくアル!」
ヤンガス「それは失礼したでげす ささ どうぞどうぞ(やな予感が的中してしまったでげす)」
ゼシカ 「どうもよろしくね〜(別にいいじゃない お茶と萩の月の1個くらい)」
クエール「さて今日はせっかくはるばるとスタジオに来たアルから ありがたいお話をたっぷり聞かせてやるアルよ」
ヤンガス「ところで食即是空の道は究めたでげすか?」
クエール「・・・あんなヘンクツジジイの教えなんかやはりワタシには合わないアルな」
ゼシカ 「なんだ あれから修行しなおしたんじゃなかったの〜」
クエール「もちろんちゃんと修行しなおしたアルよ しかしやっぱりワタシにはヘンクツジジイの言うことは
      間違っているとしか思えなかったアルよ」
ゼシカ 「ふ〜ん ならば聞かせてもらおうじゃないの あんたの食に関する考え方を」
ヤンガス「あっしのように パルミドで極貧生活を送っていた者の身にしてみれば
      食事ができるだけでも非常にありがたいんでげすが 食事にも哲学があるんでげすか」

343 :4/6:2006/02/12(日) 21:41:17 ID:3Fei9Uch0
クエール「あのジジイのいう『食即是空』はカスミに釣り糸を垂らせばいいというような半落ちな考えじゃないアル
      そもそも元ネタは『色即是空、空即是色』という仏教の教えアルが あのジジイはそれを中途半端にしか
      理解せず 何も食べないで自分の想像をはたらかせていれば食べた気分になるという妄想しか究めていないと思うアルよ」
ゼシカ 「まあ 最後は何も食べずに天に召されたようだし」
クエール「『空』について説明すると 『空』とは空っぽとか無常とかと考えている識者もいるみたいアルが
      ワタシらの生物にとどまらずあらゆる宇宙を構成するエネルギー、目に見えない存在こそが『空』であり
      要するに元ネタと同様に食することとその『空』が同一ということを説いているだけアル」
ヤンガス「まあひらたく言うと 腹が減るから人は食べているというよりは
      生きていくのに必要な栄養を取り入れなければならないから食べるとも解せるげすな」
クエール「確かにあらゆる解釈ができるアル ワタシにはどうしても何も食べなくとも食することができるという
      考え方は賛同できないアルな お前らの言っていることのほうが余程正しいと思うアルよ」
ゼシカ 「哲学の本とか読んでいると それを食事というごくありふれた日常に当てはめたくなるけど
      私は食事するのに哲学なんかいらない 食べたいから食べるのであって
      それじゃ食卓が味気ないから たとえば鰯のマリネにチーズケーキとか好きなものを食べられればそれで幸せかな、と」
クエール「お前らなかなかいいセンスの持ち主アルな 本能に基づいて食事をするのであれば
      食べたいものを好きに食べるべし ということアルな」
ヤンガス「あっしは日々生きていくことができれば どんなものでも食べていたげすが こうして平和な生活を送っていると
      毎日ずっと豆のスープでは退屈で飽きるでげすな やはり食べたいものを好きなだけ食べられれば幸せでげす」

344 :5/6:2006/02/12(日) 21:44:00 ID:3Fei9Uch0
クエール「そこでワタシはクソジジイの『食即是空』を正しく解釈しなおすとともに『食は本能 地にあり』ということを
      提言していくアル 人間の本能こそが食の原点であり 理性の介在する余地は全くないアル
      グルメを堪能するのもまた本能アルよ」
ゼシカ 「(なんちゅうネーミングセンス) 話は変わって最近クイナはお元気〜?」
クエール「相変わらず アレクサンドリアでコックとして頑張っているようアルな」
ヤンガス「クエールさんは弟子のクイナさんのことはどう思っているでげすか」
クエール「最初は非常に不安だったアルが 今ではワタシに並ぶくらい素晴らしく成長したようアルな」
ゼシカ 「エンディングで 他人に食事を作る悦びを悟ったようだったけどどうかしら」
クエール「先の哲学とはまたベクトルが異なるアルが ワタシも客に対して最高のもてなしをすることに
      満足感をいたく覚えるアル この悦びこそまた本能アルよ」
<CM>
          _,,.....,,__ ,,.._
     ,,,,....∠'´    `ヽヽ,
     ,.ノ´,       `' `ヽ
   / , ‐'´ , '´ ,,ュ,    , ヽ
   i  ,'   ,'  /""'Y^L__ヽヽ ',「言葉は感情的で、
   ', ,'   ノ ノ   |_/ , V 残酷で、
   )i  ∠‐''i´ T‐y、ヽ,_,,_ :i / ときに無力だ。
  /〃  ,'  i.  ヽソ  ,' !,ノ /v'  それでも私たちは信じている、
ノ//  ,.: '  i     フ'´レ'    言葉のチカラを。
レ' ! /i  ( ヽ,_,. イ/_,...,__    ジャーナリスト宣言。トロイア新聞」
  Y´ハ  / /´   "'´   'i
   V  ヽ,>/:/ヽ, ,r''⌒ヽ, x‐‐j,
      (⌒j',_i:ロ:   if^'ヽ;:;iヽ、
      √´ 7ト‐`'''フ´ヽ.ノ‐┘,:\
     〃,' / ^ヽ;::/'   ト、  ':,  ヽ,
    /,./,.イ ____/^',  /^'i`ヽ,  ',ヽ,_ ヽ
    :レ' " / ̄ /  ヽ/  i,   \ V ヽ,i
      i  ノ´    \  `!   レ′
      `‐'´        ヽ,ノ

345 :6/6:2006/02/12(日) 21:48:22 ID:3Fei9Uch0
ヤンガス「でもゲームでは客に何もふるまっていなかったようでげすが」
クエール「あれとそれとは別アル さあ出演料として先程おいしく食べた萩の月を100個ほど持ってくるアル」
ゼシカ 「工エエェェ(´д`)ェェエエ工  それも本能なのね……はい どうぞ」
クエール「アイヤー ワタシは非常に満足アル!それでは再見!アル」

ヤンガス「元師匠に比べると また自分のことをぜんぜん隠していなかった人(?)でげしたな」
ゼシカ 「まあね〜 萩の月100個も食べるなんて その胃袋のほうに驚嘆しちゃうわ〜」
ヤンガス「そういえばあの人(?)はFF9で一番HPがあるキャラでしたげすな
      バトルの秘訣とかもぜひ聞いておきたかったでげすな」
ゼシカ 「ローリンローリン♪」
ヤンガス「あっしも習いたかったでがす その技は
      まあ投稿規制などで少しグダグダな内容になってしまったが無事に第5回放送が終わって
      ほっとしているでげす こんな内容でも満足いただけたでげすか」
ゼシカ 「まあねぇ そういえばFFの番組のプロデューサーさんは多いけど 私達と同じようにドラクエの番組の
      プロデューサーが他にいないようだから おもいっきし募集しちゃうわよ」
ヤンガス「ゲストとしてはよく見かけるのでげすが」
ゼシカ 「ここのプロデューサーを超えるような番組作りなんか余裕よ!ぜひお願いね」
ヤンガス「そういわれるとこの番組の存在意義が無くなってしまうでげす」

この番組は、FF4アドバンスの開発ですっかり株を下げた○ーセと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 単なる資産管理会社になりそうなス○イルプ○ーズの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ヤンガス「なんかオリンピックもスクエニも風行きが怪しくなってきたでげすな」
ゼシカ 「そうね……FF12 本当に大丈夫かしら」

346 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/12(日) 22:47:38 ID:6gp3mPYT0
クエール師匠キターー!!ク族は他人と思えないから嬉しいw ローリンローリン♪
関係ないけどクエールとククールの名前が似てる件について。
ヤンさん、ゼシさん、今回も面白かったからageますね。次回も楽しみにしてます。

347 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/13(月) 15:59:59 ID:b029cuwkO
ゼシカもヤンガスもお疲れ様〜二人の掛け合いが楽しいからこの番組大好きだよ
バレンタインには一日早いけど板チョコをどうぞ

つ■■■■■■■■■■
あ、もちろんセシルやパロムやポロムの分もあるからね〜
でも食べ過ぎて鼻血出さないようにw

348 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/14(火) 05:25:46 ID:4WeJW2uAO
St.バレンタインデー保守

349 :双子の長いCM・前編:2006/02/14(火) 16:49:07 ID:NeXqTuxc0
パロム「 ラジオの前のみんなー!チョコをくれなきゃ悪戯するぞ!」
ポロム「 ハロウィンとごっちゃにしないの!…お茶の間の皆さんこんにちは。
    この時間はパロムとポロムがお邪魔します、ミシディア畜産業協同組合プレゼンツ…せーの」

   「「 Boy Meets Meats !!」」

ポロム 「 今日はバレンタインデー。>>339様、>>347様から頂いたおいしいお茶とチョコを片手に、
    深遠なるお肉の魅力をお伝えいたします。お二人のご厚意に感謝しますわ」
パロム 「 ゼシカねーちゃんとヤンガスのおっさん(>>340-345)も、応援ありがとな!」
ポロム 「 新風、なんて身に余るお言葉…恥ずかしいですわ。ふふ」
パロム 「 『左の塔』のあんちゃんのサポートって感じだけど、皆、オイラ達もよろしくな!」
ポロム 「 新しい…と言えば、バブイルの塔にも放送室ができるそうですね(>>336-337)。
     恐ろしい巨人が眠っていた塔から、可愛いモンスターのおしゃべりが聞けるのかしら
    …とっても楽しそうですわね♪」
パロム 「 可愛いモンスター?旋風魔人とかテツキョジンとか、カッコいい奴だろ!」
ポロム 「 ま、サボテンダーやいただきキャットを忘れちゃダメよ!」
パロム 「 むー…」
????「 あのー…」
ポロム 「 あ、いけない。けんかしてる場合じゃなかったです。
     今日はレジェンドボーイ・ドラクエ5の世界の伝説の勇者、レックスさんと一緒に
    お届けします。レックスさん初めまして。置いてけぼりにしてごめんなさい」
レックス「 いいけど…何回も伝説って言われると照れるよ…」
ポロム 「 有名税というものですわ。それよりレックスさん、聞こえますか?
    香ばしいソースの匂いと共に、かすかな音ではありますが…」
レックス「 ん?……これは、そうだ、お城の厨房でよく聞くよ。ごちそうの音と匂いだ!」
ポロム 「 わかりますか!裏方のバロン兵Aさんが、腕によりをかけて特製ハンバーグを
    焼いている音なんです!」
兵士A つ【…つーか“有名税”知ってる5歳児ってこわいよー】
パロム 「 おーい、手が震えてるぞー」
ポロム 「 つけ合わせと一緒に、もうすぐ完成です!」

350 :双子の長いCM・後編:2006/02/14(火) 16:56:47 ID:NeXqTuxc0
ポロム 「 さぁ出来ました。ミシディアンポークとビーフの合いびき肉を、サッとこねてジュッとおいしく
     焼き上げた特製ハンバーグ!ナイフを入れるとすぐさま溢れでる肉汁がたまりません!」
レックス「 いただきまーす!」
パロム 「 …うわっすげえ、ホントに肉汁が出てきた!」
ポロム 「 ミシディアのうまさは豚肉だけではありません。水のクリスタルのお膝元で、牛さんも
    元気に育っています。
     噛み締めた途端に溢れる肉汁のうまみは、激しくも清冽な海流を思わせます!
     ……それはまさしく…怒涛のデリシャススプラッシュ!!」
レックス「 おいしかったー。このお肉と一緒に食べれば、ニンジンだって平気だ!」
パロム 「 …あっごめん、ポロムの分残すの忘れてた」
ポロム 「 ………ポークもビーフもごひいきに。太陽と月のマークが目印ですわ」
兵士A つ【ちょwwwそんな目で見るなwwwwwww】
パロム 「 ミシディアは、M,Y,C,I,D,I,A…って書くんだ!ミシディア畜産業協同組合をよろしく!」

セシル 「 お疲れさま、クッキーのおすそ分けだよ」
パロム 「 やったー、あんちゃんありがとう!」
セシル 「 どういたしまして。…ところで牛は元気に育ってるって言うけど、豚には触れないんだね。
     それはやっぱり……」
ポロム 「 …大変心苦しいのですが……パロム」
パロム 「 ごめんあんちゃん、クッキーおいしいけど…ていっ! つ【変化のロッド】」

レックス「 わ、クッキーだ!誰が持ってきてくれたの?」
ポロム 「 それよりレックスさん、伝説の白きしあわせぶたさんがいますわ!
    昔とある国が飢えに苦しんだ時、自ら雷に打たれて食料となり人々を救ったとか違うとか…
     …きっと人々の飢えを察知して、勇者の前に現れたんです!レックスさん!」
ぶ  た「 ぷきっ……」
レックス「 お腹が空いた人たちのためなら…豚さんごめん!ギガデイン!」
ぶ  た「 ぷぎょわーーーっ!!」
    
   ――『保守人ラジオ・左の塔から』もよろしく。今週のゲストはFF3のデッシュさんです。
    放送は土曜日になりそうです…。お便りは随時募集中。

351 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/15(水) 06:18:41 ID:3/M0869jO
ちょwwwセシル死亡かよwwww
ポロム、放送の時までにはアレイズで生き返らせろよw
あとパロム、人を豚に変えんのはもうやめろw
豚はどっかから連れてこいw

352 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/16(木) 09:53:25 ID:KcZDT2LQ0
あげあげ〜 デッシュへの質問を考えていたのだがFF3が既に記憶の彼方で
デッシュ本人がどういう人かわからなくなってしまった…
確かエッジ、エドガー、ジタン、ククールと共通点のある方でしたよね?あれ?違ったっけ?

353 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/16(木) 12:09:33 ID:CaD9FVxaO
保守しとくな
今度はdat落ちしないことを願ってるよ

354 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/16(木) 16:12:35 ID:smFEJ1y70
青い竜騎・・・豚ならセシルが喜んで調理してくれるかもよー?

355 :でぶチョコぼ:2006/02/17(金) 01:49:07 ID:YyfUXhIOO
はーい、保守しとくよーい

356 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/17(金) 17:10:48 ID:zcIIeHG8O
番組にリクエストってできるの?
できるなら下記のことを希望↓


ゼシカとヤンガス…エイトとククールを入れた四人で特番やってほしい

セシル…カイン、ローザ、リディア、エッジを入れた五人で特番やってほしい
(※五人が無理ならカインとローザを入れた三人でも可)

パロムとポロム…レックスとタバサ(DQ5の双子ね)、エドガーとマッシュを入れた六人で特番(特別CM?)やってほしい(※どちらか片方の双子と一緒でも可)

ってことで、検討よろしく

357 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/18(土) 08:41:00 ID:aSY/yhUqO
ん?昨日セシル来なかったのか。
まあ、豚にされて食われたらさすがに来られないな。
番組打ち切り?それとも新しいDJを登用して続けんの?

358 :『保守人ラジオ・左の塔から』第9回:2006/02/18(土) 14:41:04 ID:4UhUGwq50
ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

4シド「 …>>357さんから指摘があった以上、発表せねばならんの。実は、番組を続けることが
    出来なくなっての。理由は…セシルが……」
ローザ「 …。半年後にはパパなんだからしっかりねって、笑いあってた頃が懐かしいわ…」
4シド「 …バカ息子め…うっうっ…」
ローザ「 シド…気を落とさないで…」

セシル「 ちょっと待ったー!」
4シド「 ぬおっ、出たー!ああ悪霊退散悪霊礼讃、ローザ、ホーリーじゃ!成仏せぇセシルー!!」
セシル「 しないよ!勝手に殺さないでくれ!」
4シド「 …ちゃんとツッコミ入れてくれて安心したぞい」
セシル「 まったく…皆さんこんにちは、セシルです。今週はわけあって土曜日にお邪魔します。
    連絡不徹底ですみません」
ローザ「 怒らないで、ほんの冗談よ。半分は」
セシル「 …半分?」
ローザ「 ほら、お便りがたくさん来ているわ。早くお返事しましょう」
セシル「 あ、ああ…えっと、まずは>>338さん。…こういう応援は本当に励みになるよ。どうもありがとう。
     そして>>339さん、>>347さん。差し入れのお茶とチョコレートはおいしく頂きました。
    何かお返しをしなくちゃいけないね。来月までに考えておきます。
     あと…>>348さん、>>356さん。保守カキコありがとう。ここも今、試練の時…353さんの願い通り、
    何とか存続させていきたいね。皆も是非、力を貸してくれ!
     そして>>355…まさかあのデブチョコボからのお便りかい?応援に感謝する一方、とても戸惑っている
    …これからも元気に森を守ってくれ。
     最後に>>356さん…」
ローザ「 こういう提案も参考になるわね。どう?」
セシル「 あぁ。ただ、特番となると、もう少し先になってしまう…と言わざるを得ない。すみません。
    ……こんなところかな。さぁ、今日もお楽しみに!」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
  カイポビールファクトリーの提供でお送りします。

359 ::2006/02/18(土) 14:56:18 ID:4UhUGwq50
セシル 「 今日のゲストはFF3より、デッシュさんです」
デッシュ「 やぁ同士よ!」
セシル 「 …同士?エッジじゃなく?」
デッシュ「 いや、4なら誰でも良かったんだが…なぜそこでエッジ?」
セシル 「 いや、>>352さんから…『(…)FF3が既に記憶の彼方で デッシュ本人がどういう人か
    わからなくなってしまった… 確かエッジ、エドガー、ジタン、ククールと共通点のある方でしたよね?』」
デッシュ「 ………同士宣言撤回するわ」
セシル 「 そ、そんなに落ち込まないで!」
デッシュ「 俺は悲しいよ。人々から忘れられてしまうなんて」
セシル 「 でも、DSでリメイクされるそうじゃないか」
デッシュ「 あーな。実現の暁には、カナーンの恋する乙女やバイキングのアジトのあの子、それにトックルで
     俺が手を差し伸べたご婦人や古代のミステリアスレディが俺の魅力を余すことなく伝えてくれるに
     違いないんだが…」
セシル 「 共通点ってそういう事か…」
兵士A つ【つーか妄想混じってません?】
デッシュ「 それでも4の面々を同士と呼びたいのは、俺たちの嘆きとあんた達の怒りは通じるものがあると思うからだ」
セシル 「 それは…リメイクに関して?」
デッシュ「 あぁ。出ないなら出ないで『また4が先かー!』。出たら出たで『何だこの作りはー!』っていう
     この気持ちって表裏一体だと思うんだ。俺たちもこの度めでたくリメイクされるんだろうけど、
     その時単に裏から表にひっくり返って、あんた達と同じ思いをする運命を暗示してるんじゃあないか、って…」
セシル 「 いや…大丈夫だよ。僕たちの轍は踏ませたくないという思いがあれば…」
デッシュ「 俺もそう思う。正直、楽しみでしょうがないんだぜ。完成の暁にはDS本体ごと、オーエンの塔屋上から
     バラ撒いてやろうかとワクワクテカテカしてる」
セシル 「 受け取れる人が居そうにないね」
デッシュ「 悲しいこと言うな!」
セシル 「 す、すまない」
デッシュ「 という訳で全国の皆!リメイクFF3発売日にはオーエンの塔で俺と握手!可愛くて癒し系で
     おっぱいの大きい女の子を大歓迎します!!」
セシル 「 結局それか!」

360 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/18(土) 15:03:29 ID:Nw4b6smk0
ヴィーナス で検索してみて・・・

361 :3:2006/02/18(土) 15:06:35 ID:4UhUGwq50
セシル 「 来週のゲストを決める時間です。先々週焼けてしまった『ドラクエ王女ダイス』を復活させました。ローラさん(DQ1)、
    ナナさん(DQ2ムーン)、アリーナさん(DQ4)、タバサさん(DQ5娘)、ミーティアさん(DQ8)、そして当たり目(???)。
     見事当たり目が出たらデッシュさんにこちら、1/250スケールの『ファルコン号』を差し上げます。もちろん
    ドリルも付いてます」
デッシュ「 おぉー、男の子の夢のアイテムだねー」
セシル 「 出た目の方が来週のゲストになります。はい」
デッシュ「 おっしゃ行くぜー……そぉい!」
      どっ ごろごろごろごろ
セシル 「 今、天井に当たったよね…まあいいか、えっと……ナナさんだ!」
デッシュ「 元祖戦うお姫様キタコレ!」
セシル 「 はい、来週のゲストはドラクエ2より、ムーンブルクの王女ナナさんです。質問その他のお便り待ってます」
デッシュ「 王女っちゃあさ、うちのサラ姫がご立腹だったぜ」
セシル 「 う…それはやっぱり、『FF王女ダイス』(>>291-292)が?」
デッシュ「 おう。ある日急にうちの塔に来て『浮遊大陸を動かせ』ってよ。『冒険の旅にFF史上初めてお供した王女で、
     呪いを解いたり蘇生にも協力したりで結構活躍したのにセーラ姫にとって代わられるなんてー』とか何とか
     言った挙句、『スクエニに浮遊大陸ごと突撃して抗議してやる』とまで言い出した。
      そりゃあ俺でも出来ない芸当だし、そもそも突撃先が微妙に間違ってるって言って説得したけどさ」
セシル 「 そこまで…後で僕からサラ姫に謝罪しなくては」
デッシュ「 その方がいいかもな。あれで結構気が強いし、おっぱい大きいし」
セシル 「 ふたつ目は関係ないよね」
デッシュ「 固いこと言うなよ。おっぱいはやわらかいぞー……あっ、奥さんいるんだっけ。なら知ってるか」
セシル 「 ……まぁね。…こんな締め方は納得いかないけど、時間が来ました。デッシュさん、今日はありがとうございました」
デッシュ「 はいよー」

362 :Ending:2006/02/18(土) 15:13:04 ID:4UhUGwq50
パロム「 さーて、パロムの登場だい!」
ポロム「 “Boy Meets Meats”へたくさんのお便り、ありがとうございます。光栄ですわ♪」
セシル「 順番に紹介しようか。>>351さん…あぁ、僕を心配して…」
ポロム「 しあわせぶたさんはとっても強いんです。レックスさんの雷に耐えて、放送終了後にローザさんの手当てを
    うけて復活しました。ご安心ください…と同時に、すみませんでしたわ」
パロム「 おいら達も調子にのりすぎた。351のあんちゃんの言うとおり、ちょっと気をつけるよ。
    でも豚を連れて来いって言われてもなぁ」
セシル「 それなんだけど…>>354さんからアドバイスが来たんだ。でも僕にはわからなくて…
    …青いリュウキブタって何だろう?」
パロム「 あんちゃんリュウキ知らないの?」
セシル「 え?…竜騎士とは違うのか?」
ポロム「 少し前の仮面ライダーですわ。黒い分身が鏡の中から現れる所などはセシルさんに似てますが…リュウキは赤いし、
    ぶたとも関係ないですわね」
セシル「 そうか…僕と同じように、自分の闇と戦ったのか。勉強になったよ。
    最後に>>356さんからの提案…」
パロム「 うへぇ、人数多い…」
ポロム「 でも面白そうですわ。私たちは時期にこだわらず、やってみましょうか」
パロム「 マジで!?6人分の肉とか大変そうじゃん!」
兵士A つ【料理すんのお前じゃないだろwwww】
セシル「 そういう事なら僕も楽しみに待ってるよ。
     さてリスナーの皆さん、番組へのお便りはいつでも募集中です。来週のゲスト、ムーンブルクの王女ナナさんへの
    質問、番組への意見や要望など遠慮なくどうぞ」
パロム「 あて先は郵便番号838861番、『左の塔から』までだぜ!」
ポロム「 “Boy Meets Meats”へのお便りも同様にお願いします。この場を借りてお答えしますわ」
セシル「 来週は金曜19時にお邪魔できるかと思います。これからもたまに土曜日にずれこんでしまう回がありそうですが
    あたたかく見守ってください。
     …さぁ、お別れの時間になりました。また来週。さよなら…」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
  カイポビールファクトリーの提供でお送りしました。

363 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/19(日) 02:33:49 ID:LdepHfWh0
     ,⌒ヽ
      ,,´∞, ⌒ヽ
     l ( ノリ ^))
     l;;;ノ(┃┃)|ノ ゛ ティナage
     'illリ、°. ツil
       〆〜lヽ   ゛
      ヽ .i''''' /
  .___ . .   | |-| | ___
 (___,,、)/、_| |」| |入,、_)
   ヽ、_,/(_、)(,,_)、__)

364 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/19(日) 11:08:25 ID:IaV//4L6O
セシル来てくれたんだ。よかったあ(*´∀`)
ゼシカとヤンガスはいつも通りに放送かな?楽しみにしてます!

365 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/20(月) 13:49:23 ID:irT9MFKx0
久しぶりにこの板来たら、お気に入りのスレの一つ
「ビアンカお嬢さんのその後」がdat落ちしてた…(´・ω・`)ショボーン
ここはそうならないでくれよな!


366 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/20(月) 23:53:32 ID:VU/tWN1e0

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,、|   カツカレー1つ。
   l丶ソ,レヽ____________________
  ∠,ソ=O=V        ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   从'リ ・∀) / ̄ヽ  (´Д`; ) < ここはルイーダの酒場ですよ。
   /ニ// `つ 日 凸 ( つ つヽ  \________________
  んv/_i⌒./   凵ヽ | | | |ヽ.凸|   |
   「  (_/Y     ヽ _(__) | |\|   |
  ┗┳━| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ..   \|. │  |
    ┻\|        .|        \.|   │

 ☆★☆ 聞けば見えてくる。THK トロデーン放送協会 ☆★☆

367 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/22(水) 09:47:07 ID:8jFYZjRR0
いつも楽しく拝聴させていただいてます。
ムーンブルク王女に質問なんですが、本名は何とおっしゃるのでしょう。
私の記憶ではサマンサさんだったと思うのですが、使い分けている理由を教えて下さい。
後、犬と猫ではどちらがお好きですか?

368 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/22(水) 14:58:48 ID:Cmexd3aS0
保守ついでにお便りっと。

ナナ王女様へ

ハーゴン討伐の冒険では、いろいろなことがあったと思います。
その中で、一番印象に残っていることを教えてください。


369 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/23(木) 20:04:53 ID:l7Jk4wo60
ムーンブルク王女さんへ

すけさん王子はお元気ですか?

370 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/24(金) 15:35:30 ID:hBKKJsW70
もしかして「美女とヤンガス」打ち切り…?
スレタイの意味がなくなっちゃうじゃん!

371 :『保守人ラジオ・左の塔から』第10回:2006/02/24(金) 20:02:26 ID:z2oqVbNX0

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「僕らの素顔が見えてくる、『保守人ラジオ・左の塔から』の時間です。
    …なんて、THKキャッチコピー(>>366)を真似てみたけど、ちょっと恥ずかしいね…。
    お便り紹介の前に、先週の放送(>>358-362)で訂正があります。
    『今度はdat落ちしないように願っているよ』と送ってくれたのは、>>356さんではなくて
    >>353さんでした。すみません。そして、お便りありがとう」
兵士A つ【>358の上から21行目です。アンカーミス失礼】
セシル「今週もたくさんお便りが寄せられているね。みんなありがとう。
    まずは>>363さん。とても可愛らしいティナさんだ。彼女も今は、愛する子ども達と穏やかに
    時を過ごしているのだろうか…いつかお呼びできるといいな。
    >>364さん。『セシル来てくれたんだ。よかったぁ(*´∀`) 』……うぅ、だ、大分待たせてしまって、
    本当にすまなかった。とてもいい笑顔だね… … でも、その いつでも この
    じかんに おじゃまできる とは かぎらない じょうたいに なって しまって…』
4シド「うぉい!16ビット16ビット!」
   『 はっ! 』

セシル「…えっと、金曜に放送できない時は土日に現れるから、気長に待っていて欲しいんだ。
    わがままだけど、黙ってここを去らないよう心がけるから、どうか許してほしい。
    次に>>365さん。『お気に入りのスレがdat落ちしてた…(´・ω・`) ここはそうならないでくれよな!』
    そうか…沈んだ気持ちが感じられると思ったら、そんな事が…
    …どうか気を落とさないで。ここのシステムでは、ある場所の消滅を悲しむ人がどうしても生まれてしまう。
    それは事実だ。…でも、皆が楽しいときを過ごすことが、ここの存続に繋がると思うんだ。
    僕たちもそのために力を尽くしたいと考えている。及ばずながら、ね。

    …さて、そろそろ時間だ。今日もお楽しみください!」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、砂漠のカイポビールの提供でお送りします。

372 ::2006/02/24(金) 20:17:36 ID:z2oqVbNX0
セシル 「今日のゲストはドラクエ2より、ムーンブルクの王女ナナさんです。こんばんは」
ナナ  「よろしくお願いします」
セシル 「こちらこそ。今日はナナさん宛のお便りがたくさん来ていますよ。さすがは皆に愛されるムーンブルクの王女」
ナナ  「みんなありがとう」
セシル 「まず>>368さん。『冒険の中で、一番印象に残っていることを教えてください』」
ナナ  「そうね…旅した道のり全て、印象深いのだけど…やっぱり初めてロンダルキアの土を踏んだ時かしら」
セシル 「ドラクエの歴史の中でも一,二を争う難所ですね」
ナナ  「ええ。じんわりと湿って暑い洞窟を抜けて、突然雪の大地が現れた瞬間…邪教の本拠地であっても、自然が
    私たちを歓迎してくれるように感じたの。澄んだ空気、見た事のない風景が楽しませてくれたわ。
    いま苦しい時にあっても、あれを思い出せば勇気が湧いてまたがんばれるの」
セシル 「なるほど…次は>>367さん。『本名は何とおっしゃるのでしょう。 私の記憶ではサマンサさんだったと思うのですが…』」
ナナ  「ふふ。私たち3人とも素性が素性なので、町で違う名を名乗った事は確かにありました。
    初めて仲間…ローレシアのロランにサマルトリアのコナン…に出会ったときに名乗ったものが“私”の本名よ」
兵士A つ【今回はCDシアターに準拠しました。ナナの部分に好みの名前を入れて番組をお楽しみ下さい】
ナナ  「>>369さんのおっしゃっている“すけさん”はコナンが名乗っていた名前ね。彼のセンスはちょっとヘンなのよね…
     トンヌラとかクッキーとか。相変わらずのん気にやってるみたいだけど…
     そうだ、名前と言えば…“もょもと”」
セシル 「も…もよもと?」
ナナ  「いいえ、もょもと」
セシル 「も…むよ…みょも……」
ナナ  「言えないでしょう?アレンが名乗っていたのだけど、ロトの血筋の者にしか発音できないんです。
     おかげで町の人々も彼の噂が出来なくって、ずいぶん気苦労も減ったんですよ。
     面白かったなぁ、竜王の子孫も“みょもちゃん!”なんて呼んでて。親しくなりたいのに名前が言えない!」
セシル 「うーん…ロトの血筋は3人を結びつけたにとどまらず、そんな恩恵ももたらしたんですね…」

373 ::2006/02/24(金) 20:35:16 ID:z2oqVbNX0
セシル 「最後に>367さんの質問、イヌ派かネコ派かをお尋ねして、来週のゲストを決定しましょう」
ナナ  「うーん、どちらかと言えば猫かしら」
セシル 「それは…言いにくいのですが、呪いのせいで?」
ナナ  「せい、というか…動物って、人間の予想もつかないような考え方をするところが魅力だと思うんです。でも、
    あの呪いにかかって以来、なんだか犬の気持ちがすこしわかるようになってしまって…。
    犬を憎んだり嫌ったりは決してしないけれど、今は猫の気まぐれさの方により“動物の魅力”を感じます」
セシル 「なるほど。たまにこの城にも猫が迷い込んでくるんです。可愛いですよ」
ナナ  「えぇ、いいなぁ。ムーンブルクもそんな風になればいいな…」
セシル 「あ、いけない…すみません、つい」
ナナ  「いいえ。それじゃあサイコロ振りましょう。これですか?」
セシル 「はい。来週は3月3日、桃の節句にちなんで『女の子ダイス』です。クルルさん(FF5)、リルムさん(FF6)、マリンさん
     (FF7)、エーコさん(FF9)、やよいさん(DQ3)、そして当たり目(???)。見事当たり目が出た時はこちら、1/250スケール
     『ファルコン号』を差し上げます」
ナナ  「ロリダイスだと思っていたら…やよいさんがいたのね」
セシル 「明らかに浮いているね。当たり目に隠したほうが良かったんじゃないかな…まぁいいや、はい」
ナナ  「じゃあ行きまーす。えいっ」
    ころころころころころ
セシル 「……ん、やよいさんかな?」
ナナ  「………っあーっ、もう一回転!」
セシル 「…あぁ、止まった。来週のゲストは…リルムさんです!」
ナナ  「彼女なら自分であれこれ飾りつけ、とても華やかなひな祭りをプロデュースできるでしょうね。
     ムーンブルクでも早くそんな光景を見たいわ…」
セシル 「…ムーンブルク、そして兄弟3国の平和をお祈りします」
ナナ  「ありがとうございます」
セシル 「今日のゲストはムーンブルクのナナ王女でした。お越しいただきありがとうございました」
ナナ  「ロト3国、力をあわせて平和を目指しますね」

374 :Ending:2006/02/24(金) 20:54:00 ID:z2oqVbNX0
セシル「この番組も今日で10回を迎えました。なんだか感慨深いなぁ…」
4シド「プロデューサーのヒマ人加減と、リスナーの支えとワシのサポートがあってこそじゃな」
セシル「そうだね、大勢の力の賜物だ。みんな、これからもよろしく。
    ……ん、どうしたんだいAくん。君も裏方として頑張ってくれているじゃないか、なのにそんな顔をして…」
兵士A つ【…(´・ω・`)ヒモジイ…】
セシル「え?…あぁ、特別手当だね。トロデーンまで飛ばせる飛空艇が開発されるまで待っててくれないかな。
    見切り発車でやっている番組だから、THKとの交渉が遅れ気味なんだ」
4シド「ほう、大変なんじゃの」
セシル「そうなんだ。まずは国交を樹立しないと。『お前誰?』って言われちゃうからね」
兵士A つ【そんな所からですか!?】
セシル「さて、番組からのお知らせです。パロムとポロムの愉快なCM、“Boy Meets Meats 特別編”が現在収録中、
    まもなく放送できるという情報が来ています。>>356さんのリクエストにお応えして、フィガロ兄弟のエドガーさんと
    マッシュさん、グランバニアのレックスさんにタバサさんを迎えての総勢6名でお送りします。
    トークを交えつつの料理番組になりそうな予感がするので、この機会に双子軍団に言いたい事がある方はお便りを下さい。
    
    もちろん、『左の塔から』もリスナーの皆さんからの言葉をお待ちしています。
    来週のゲスト・リルムさんへの質問から、番組の感想、僕らへのメッセージまでご遠慮なく。   
    あて先はすべて郵便番号838861、『左の塔から』『“Boy Meets Meats 特別編”』までです。

    ……そろそろお別れの時間です。春の陽気に冬の北風、なんだか変化の激しい天気がつづいている。みんな、
    体を大事にね。
    来週もお楽しみに。さよなら…。」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、砂漠のカイポビールの提供でお送りしました。

375 :356:2006/02/25(土) 08:17:14 ID:+V+GH8liO
おっ、リクエストした特番やってくれるんだ。
ありがとう、楽しみにしてるよ!

ついでにお便り出しとく↓


『左の塔から』宛

リルムさんに質問

絵を描く楽しさに目覚めたのはいつですか?
あと、どうやったら絵がうまくなるか教えてもらえませんか?自分は絵が下手なもんで… orz


『Boy meets meats』宛
特別CMに出演する皆さんに質問

肉を使った料理っていろいろありますよね。一番好きな肉料理は何ですか?


最後に…セシルと裏方の兵士、今週もお疲れ様!

376 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/25(土) 08:41:15 ID:+V+GH8liO
訂正
>>375の『Boy meets meats』宛のお便りは、特別編に出すやつです。
誤解をまねくといけないんで、念のため。

377 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/25(土) 11:22:38 ID:faYVAtI10
久しぶりに来ました。
プロデューサーさんGJ!
FFTも入るとは思わなかった!

378 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/25(土) 22:04:51 ID:JsOOTYTY0
うひょひょ。リルム来るんだーーーーーーーーわいも呼ばんかいっ!!
ついでにあげちゃうもんねー


379 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/26(日) 17:19:44 ID:BRSHqaQEO
ゼシカとヤンガスの登場マダー?( ・∀・)っ/凵 ⌒☆チンチン

380 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/27(月) 10:29:48 ID:WltufwCgO
今日も元気に保守

381 :1/5:2006/02/27(月) 21:49:44 ID:a3k2QBBm0
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < どのようにして私の先入観を上回る演説をしていったらいいのか
       `ヽ_つ ⊂ノ    ほんとうに悩ましいんです

      _, ,_
     (`Д´ ∩   < 観客の皆様までもが当事者の意見を一言聞いただけでガセだと決め付ける、
     ⊂   (       このような環境で冷静な即位式ができるでしょうか? 
       ヽ∩ つ
         〃〃

       ∩   グスン
     ⊂⌒(  _, ,_) <  これは一種の言論封殺なんです、冷静な即位式をして、正しい即位宣言をしようとする、そういう努力を無にする、  
       `ヽ_つ ⊂ノ     どのような条件をクリアすれば、私が世界の王と認める事ができるのか、知恵を貸してください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ,'^y'⌒⌒ヾヽ
     ))! .八~゙リ))(________  ゼシカ  「そんなふうに地団駄を踏んでいた二階からイヤミ男にすぐさま悲劇が襲いかかろうとは
    (.(ヾ(!゚.ヮ゚ノ! / ̄/ ̄/        この時点では誰も想定していませんでした ……マルチェロ物語 つづく」
     ゙ /ヽ二二ニつ / と) ヤンガス 「ゼシカ嬢はそのネタ大好きでげすなあ 荒川静香ちゃんの金メダルなみに
       l_~)_~)  /  /          さんざんあちこちで語られているからまあわからないでもないでがすが」
       曰ニ〈  ̄  ̄    ゼシカ  「政権を転覆させるようなものすごいネタが、まさか自分が引っくり返るだけの」
      // ,!@               起爆剤に過ぎなかったとは 全く笑わせてくれるわ」
      ん、_!__!,ゝ       ヤンガス 「ちなみに元ネタはガイドライン板の『本当に悩ましい永田議員のガイドライン』でげすな」

382 :2/5:2006/02/27(月) 21:52:02 ID:a3k2QBBm0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第6回

ヤンガス「それにしてもゼシカ嬢、あっしらの番組は本当に笑えないところまで来ているでげすな」
ゼシカ 「なんで?久しぶりの放送、みんな期待してくれているんじゃないの?」
ヤンガス「それはどうしてか まずは順番にリスナーの皆様のお便りのハガキを読むでげす
      >>346さん ありがとうでげす クエール師匠と違ってククールは軽薄さが目立つ奴でげすから
      名前が違っていても感じるふいんき(なぜか変換できない)は全く違うでげす」
ゼシカ 「でもセクハラしか頭に無いあの男に比べるとク族はマシよ 少なくとも
      >>347さん どうもありがとね〜♥ チョコはおいしくいただいたわよ〜」
ヤンガス「・・・・・・」
ゼシカ 「やだ〜 ヤンガス 鼻血出してるじゃん そんなに興奮するようなことでもあったの」
ヤンガス「く 食いすぎたでげす・・・天下の山賊がこのようなザマとは・・・げすげす」
ゼシカ 「リスナーさんの忠告を聞かないからよ まあ しばらく休んでなさい
      >>349-350のパロムとポロムの双子さん いつもいつも楽しく聞いているわよ〜」
ヤンガス「どうしてもあっしにはポルクとマルクのマセガキにしか見えないでげす それはともかく
      二人の番組作りはあっしらも見習わねばならないでげすな」
ゼシカ 「休んでろといったのに まあいいかぁ で>>356さんどうもありがとね〜
      なになに……『ゼシカとヤンガス…エイトとククールを入れた四人で特番やってほしい』?」
ヤンガス「エイトの兄貴はもちろんあっしも大歓迎でげすが 正直ククールはどうかと思うでげす」
ゼシカ 「でも そういう希望があれば取り入れなくてはいけないのが私たちの番組ね
      次の放送で実現させることができるように頑張るからね〜」
ヤンガス「中の人が台本を用意するのが面倒だから渋っているわけではないでげす
      これぐらいの大企画を実現するにはいろいろと準備が必要で失敗は許されないでげすから」
ゼシカ 「ん まぁ ねっ >>363のティナさん またあなたが登場する番組楽しみにしているからね」
ヤンガス「エドガーやロックさんたちとまた一緒に登場して欲しいでげす」

383 :3/5:2006/02/27(月) 21:56:00 ID:a3k2QBBm0
ゼシカ 「>>364さんへ セシル復活してよかったね〜」
      >>365さんへ 他にビアンカスレあるからいいじゃない それくらいで文句言わないの」
ヤンガス「しかしライバルのフローラ嬢のスレはそれに比べると少ないでげすな」
ゼシカ 「しっ!滅多なことは言わないの ただでさえ荒れやすい話題なんだから」
ヤンガス「それはすまんでげす >>370さん 物騒なことを言うでげすな……打ち切りとは」
ゼシカ 「この番組も最初の頃は初代プロデューサーと比べて月とスッポンだ 初回が最終回など
      いろいろな言いようだったわね 懐かしいわね〜」
ヤンガス「そう言っていたのはむしろゼシカ嬢……なんでもないでげす
      それよりも番組を打ち切るときはちゃんと告知するでげす」
ゼシカ 「で 最後に記念としてエイトとククールを呼んで4人で盛り上がる、と」
ヤンガス「ちょ ちょっとそれは無いでげす エイトの兄貴やククールは次回呼ぶでげすが最終回というつもりはないでげす」
ゼシカ 「やけに必死ねぇ で最後に>>379さん マダーと言われても」
ヤンガス「まあとにかく あっしら正確には中のプロデューサーがそれだけ待たせているということでげす
      スパンが短すぎても暇人とののしられ 長すぎると催促のコールを投げつけられ本当に悩ましいでげす
      まさにどうしたらリスナーの皆様を満足させることができるのか知恵を貸して欲しいでげす」
ゼシカ 「あんたも永田議員の発言の影響受けすぎよ だいたいね私はあまり時事ネタって好きじゃないな」
ヤンガス「ゼシカ嬢 それじゃ最初のあれはなんだったんでげすか」

この番組は、今更ヴァルキリープロファイルで売り込みをはかろうとする
時代錯誤感が否めないト○イエースと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < いっこうに新作の進捗状況が見えないミ○トウォーカーの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしておりま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「番組スポンサーを変えてみました。どうかしら〜」
ヤンガス「相変わらず自虐ネタ炸裂でげすな……」

384 :4/5:2006/02/27(月) 21:56:35 ID:a3k2QBBm0
ゼシカ 「今日は久々に番組を復活させたということもあって ゲストは呼んでいないのね」
ヤンガス「そりゃ残念でげすな クエール師匠のような味のあるゲストはまた来ないでげすか」
ゼシカ 「いろいろあたりはつけてみたもののねぇ……FF4のテラさんとかFF5のガラフさんとかFF6のバナンさんとか」
ヤンガス「そ そりゃまた妙な共通点が揃っている面子でげすな」
ゼシカ 「まあ番組が辛気臭くなるのも嫌だからね 他にもいろいろ呼んでみたのよ
      FF7のエストさんとかFF8のシュウさんとかFF9のリリアンさんとかの私の次に美人な方たちを」
ヤンガス「……誰でげすか?」
ゼシカ 「全く失礼ね〜 いくら私より可愛くないからといって チョイ役の皆さんに申し訳ないでしょ」
ヤンガス「なんかゼシカ嬢の今の発言が全てを言い当てている気がするでげす 確かに語ることはないでげすな」
ゼシカ 「かといって主役級の人を呼んでもねぇ 今更ティーダやユウナに何を聞けというの」
ヤンガス「なんかFFのキャラばっかりさっきからあげているでげすな ドラクエのキャラは出てこないのでげすか」
ゼシカ 「そうね〜 なんだかいただきストリートポータブルなんて代物が出るらしいけど
      私やヤンガスはどうで出ないと思うから なんだか紹介する気も失せるわ〜」
ヤンガス「まああっしはあっしの不思議なダンジョンがあるから別にどうでも」
ゼシカ 「どうでもよくないわよ!『ゼシカのきせっこぐるみぃ』くらい出しなさいよ堀井禿!」

<CM>

♪アネイルよいとこ 一度はおいで〜
 今日のお宿は あらくれ屋〜

☆ お越しいただいたお客様に観光案内をサービス!
☆ 当旅館からアネイル温泉までは徒歩1分、心行くまで温泉をご堪能ください!
☆ 豪華な食事、フカフカのベッド、きっとご満足いただけます!

ぜひともアネイル温泉にお泊りの際は、老舗旅館「あらくれ屋」へご用命を!

※ お一人様1〜10ゴールドのリーズナブルかつグッドな価格を提示します。
※ 当旅館の主人はちょっとコワモテですが、フレンドリーで誰とでも仲良くなれます。
※ アネイル南にあるホテル「東姉イン」は値段も質もサービスも当旅館より劣っております。後悔しても知りませんよ。

385 :5/5:2006/02/27(月) 21:59:03 ID:a3k2QBBm0
ヤンガス「き きせっこぐるみぃでげすか まあ確かにゲーム内ではゼシカ嬢は装備によってはいろいろな服装に
      チェンジすることができるでげすが」
ゼシカ 「だからさあ 私もそういう着替えるという楽しみを覚えてしまったから
      きっとコラボ作とかでそのアイディアを使って欲しいわけよ」
ヤンガス「しかし さっきのきせっこなんたらは他社のゲームでげすし 二番煎じ的な内容になるのがオチでげす」
ゼシカ 「〃〃∩  _, ,_
.       ⊂⌒( `Д´) < どのようにして私の溢れる知性と弾けるボディを特徴付けるゲームを出していったらいいのか
.        `ヽ_つ ⊂ノ    本当に悩ましいんです」
ヤンガス「またこのネタでげすか いい加減飽きるでげす そういえばこの間ムスメ調合RPGとかいうのが出たらしいでげすが
      ドラクエ8も錬金システムはまるでそんな感じでげしたし そこでゼシカの錬金アトリエなんかどうでげす」
ゼシカ 「アトリエシリーズはずっと昔から続いているでしょ そもそもシステム的に洗練され尽くしているし」
ヤンガス「確かにそうでげしたね」
ゼシカ 「それにつけても人と人が合体するような まったく倫理に反したシステムはどうかと思うし……
      そういえばあんたも今度出る不思議のダンジョンではいろんなモンスターと合体しているようだし
      ひょっとして ウィッチレディや吹雪の魔女とかと!」
ヤンガス「ちょ ちょっと放送コードに触れるでげす!うわなにをするあqwせdrftgyふじこlp;」

この番組は、今更ヴァルキリープロファイルで売り込みをはかろうとする
時代錯誤感が否めないト○イエースと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < いっこうに新作の動向が見えないミ○トウォーカーの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「そんなわけで次回は私とヤンガスと、エイトとククールと!DQ8のパーティ総勢でお送りしま〜す」
ヤンガス「げすげす……エイトの兄貴に期待しているでげす……ごほっ」

386 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/27(月) 23:00:13 ID:nKAbztz50
おお!8メンバー総出演!
てか提供ワロスwwwwwwwww

387 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/28(火) 18:15:15 ID:Fgx68LzXO
>>381-385
二人ともお疲れさまです。次回の特番を楽しみにして待ってます。
次はいつの登場になるんだろう…w

(´-`).。oO(暇人だなんて言わないから毎週来てよ〜…無理?)

388 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/01(水) 13:55:56 ID:sBWZBFaW0
みんなにお便り出しちゃいます。


ゼシカさんとヤンガスさんへ

いつも番組を楽しみにしていたので、戻ってきてくれて本当に嬉しいです!
お二人の掛け合いを聞いてると、面白くていつも笑ってしまいますw
これからも、お二人の生き生きとした喋りを聞かせてください。


セシルさんへ

セシルさんの番組は、私にとって「癒しのもと」です。
丁寧な言葉遣いと誠実な態度から、セシルさんの真面目で優しい人柄に触れられるから。
お一人でDJをするのは大変でしょうが、がんばってください。


Boy Meets Meats 特別編に出演する皆さんへ

皆さんに質問します。
双子でよかったこと、逆に双子で嫌だったことはありますか?
できれば理由も教えてください。








389 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/01(水) 18:40:32 ID:QpV2GZCwO
Boy Meets Meats特別編に出演する双子三組に質問


双子っていう理由で、お互いの気持ちが言葉に出さなくてもわかるなんてことはある?

390 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/02(木) 14:33:15 ID:795a2dAwO
リルム〜どうやったら「スケッチ」のアビリティ習得できるか教えて〜

391 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/03(金) 02:26:12 ID:w5Vi8jmNO
今日はひな祭り!というわけで…
保守を兼ねたひし餅とひなあられの差し入れに来ました
どうぞ〜

つ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
つ.。.。.。.。.。

392 :リノア:2006/03/03(金) 09:47:04 ID:kDofuCVR0
おハロ〜。このスレはぐはぐしちゃうよ♪はぐはぐ☆

393 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/03(金) 10:27:00 ID:/G5WxW280
↑怪電波が混じるところも本物のラジオっぽくてイイ!

394 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/03(金) 17:30:07 ID:QzmYLwvy0
保守

395 :『保守人ラジオ・左の塔から』第11回:2006/03/03(金) 19:00:00 ID:yhSrTZIJ0

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「 こんばんは、セシルです。今日は桃の節句、それにちなんだ差し入れまで頂きました。
    >>391さん、ありがとう。
     さて、お便り紹介です。 >>375(>376)さん、丁寧なお便りありがとう。『左の塔』でもなるべく
    早いうちにリクエストにお応えしたいと思っている。準備の終わり次第お知らせするから、待っていてくれ」
兵士Aつ【一言も出番のない自分にまで労いの言葉が来るなんて感動です! …え、カンペ見えてますかそうですか】
セシル「 続いて>>377さん。色んな番組が入れ替わっててここも様変わりしたけど、引き続き見守ってくれると嬉しいよ。
    これからもよろしく。それと、FFTは…うちでは扱えないらしいので、それだけはお詫びしなくてはならない。
    すみません。
     それと>>378さん。リルムさんのファンなのかな。喜んでいるのがよく伝わってくるよ。…残念ながら名も無き者である
    君をここにお呼びすることはできないけれど、懲りずに“お便り”で番組に参加してくれ。待っているよ。
     >>380さん。元気でなにより…体には気をつけて。また気が向いたら保守に来て欲しい。
     次に…>>388さん。…………。」
4シド「 おー、顔が赤くなっとるぞ。照れとるんじゃな」
セシル「 いや…だって、僕は応援してくれる皆の気持ちに応えるだけで精一杯なんだ。まさか…癒しなんて」
4シド「 ……とまぁ、気の利いたコメントひとつ出来んクソ真面目なヤツじゃが、ほめられてまんざらでもないようじゃ。
    これからもよろしく頼むぞー」
セシル「 シ、シド!」
4シド「 んー、>>394さんも保守ご苦労様じゃ。“おハロー”でお馴染のリノア嬢(>>392)も、来てくれてありがたいわい。
    今日もガンガン行くから、楽しみにしとっての」
セシル「 ガンガンって…いや、あの、お楽しみに………」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、砂漠のカイポビールの提供でお送りします。

396 ::2006/03/03(金) 19:05:34 ID:yhSrTZIJ0
セシル「 今日のゲストはFF6より、リルムさんです。こんばんは」
リルム「 はーい」
セシル「 今週もたくさんお便りが来ているよ、特に>378さんなんて大喜びだ。ほら」
リルム「 へぇー、見せて。……。……………」
セシル「 …………表情が険しくなってるけど…何かあったのかい?」
リルム「 や、その……左手どうしたの?」
セシル「 あぁ、これか。今日、もう使われていない昔の地下水路に大きなタコの魔物が出てね、それを退治した時の傷さ」
リルム「 タコ?……もしかして、紫色で『うひょひょー』とか言ってた?」
セシル「 よく知っているね。『城に入れんかーい!』と、ものすごい気迫で叫んでいてね。一瞬圧倒された隙に、たこあしで
    打たれてしまったんだ。油断は禁物だね」
リルム「 ……」
セシル「 どうしたんだ、どこか具合でも…」
リルム「 …まぁいいや、他になんかない?」
セシル「 ああ、>>375さんから質問。『絵を描く楽しさに目覚めたのはいつ? あとどうやったら絵がうまくなるか教えて…
    自分は絵が下手で… orz 』」
リルム「 楽しさかぁ。他にあんましする事もなかったしなぁ…でも、宿屋の外に干してあるシーツを三つ編みやリボン結びにしたり、
    よその庭の木を包丁で傷つけたすると怒られるけど、絵は『きれいだね』って、おじいちゃんも大人たちも友達みんなも
    ほめてくれた、ってとこが違ったから、いっぱい描くようになったの。そのうちに絵が動き出すようになって…」
セシル「 “スケッチ”技についても質問が来ているよ。>>390さん。『どうやったら「スケッチ」習得できるか教えて〜 』」
リルム「 えぇ?習得してどうすんだろ……えっと、いつも使う絵筆と絵の具を用意して、描き続ければできるんじゃないかな。
    魔力のこもった筆だと成功しやすいよ。あと、練習は身近なものでやってね」
セシル「 最初は何で練習したんだい?」
リルム「 一番最初に動いたのは、家にあったりんご。それから宿屋のタオルをいっぱい描いて倍にしたり、おじいちゃんの友達の
    ガンホーを双子にしたり、道具屋のポーションを描いて、おじさんの真似っこしたりしたよ。
     練習だなんて思わないで、楽しくやればいいと思う」
セシル「 ……でも、イタズラはやめよう」

397 ::2006/03/03(金) 19:10:02 ID:yhSrTZIJ0
セシル「 最後に…絵が上手くなるコツをお尋ねしましょう」
リルム「 えー…しらなーい」
セシル「 っ…そこをなんとか。375さんのためにも」
リルム「 この人の描いた絵が…あ、これ(『orz』)だね。人間の全身って難しいけど、よく描けていると思うよ」
セシル「 おちこんでいる様子がよく表現されているね」
リルム「 あとは……そーだなぁ、うまく言えないから実演しながらでいい?」
セシル「 実演…って…なんだか嫌な予感が」
リルム「 …わかってるじゃん、早くそこに立って優男。…モンスター相手だとゆっくりしてらんないからいきなり絵の具を
    使っちゃうけど、今日は下描きからちゃんとやるね。まずは対象をよく見る。体格はこんなもんで、髪の毛は白くて
    ふわふわ。今日は黒い服で、時々ローザ愛してる〜とかつぶやいててちょっとヤバイ…と」
セシル「 最後のひとつは違うよ!」
リルム「 まずは全体の大まかな形を描く。消しゴムなんかちまちま使ってたらいつまで経っても終わらないからね。
    そしたら細かい所は一気に終わらせて、色を塗る時もこうと決めたらザーッと描いちゃう!失敗なんか気にしない
    ……………ぬりぬりぬり……はい、でーきた!」
     ブワアアァァァァ!
セシル「 やっぱり…僕のコピーが出てきた!」
コピー『 僕は君を愛している…きっと幸せにするからね、ローザ!』
セシル「 いきなりなんて台詞を……ぐわっ!ちょっ…僕はローザじゃないよ、離してくれ!」
リルム「 んー…ちょっと混乱してるみたいだけど、まぁいっか。上出来ー♪」
セシル「 よくなーい!」
コピー『 さ、バロンに帰ろう…これからはずっと一緒だよ』
セシル「 君も君だよ、だいたいここはもうバロン……どこへ連れて行く気だぁぁ!」
リルム「 うわー、アツアツだねー。あ、サイコロ振っちゃうよ。ごろごろ、はい当たりー。
    このファルコン号持って帰るねー」
セシル「 投げてないじゃないか、そんなアンフェアな……わかったわかった、僕も愛してる、だからこの手を…!」

リルム「 今日はここまで。みんなも楽しく絵を描いてね。ではまた来週会いましょう、リルムでしたー☆」
セシル「 早くこのコピーを消してくれー!」


4シド「 あー…番組はもう少し続くからの」

398 :Ending:2006/03/03(金) 19:16:56 ID:yhSrTZIJ0
セシル「 はぁっ…はぁっ……。なんだか…最後はめちゃくちゃになってしまった…」
4シド「 あのままベッドに直行しなかったのがせめてもの幸いかの」
セシル「 笑えない冗談はやめてよ…」
4シド「 わかったわかった、それより来週のゲストがうやむやなままじゃぞ」
セシル「 そうだった。絵筆を使うリルムさんにちなんで“面白武器ダイス”を用意したのだけど、あまりうけなかったみたいだ。
    子どもは難しい…。
     セッツァーさん(FF6/ギャンブル武器)、レッド13ことナナキさん(FF7/かんざし)、クイナさん(FF9/フォーク)、ルールーさん
    (FF10/ぬいぐるみ)、ワッカさん(FF10/ボール)。そして当たり目がケット・シーさん(FF7/メガホン)だったのだけど…」
4シド「 この際当たりでいいじゃろ。ファルコンも持ってかれたしの」
セシル「 そうだね…やっつけ仕事になったけど、来週のゲストは黒猫の占いロボット、FF7のケット・シーさんです。
    お便りお待ちしています」
4シド「 それから…THK(トロデーン放送協会)本部からお知らせじゃ。今日の午前中、一部地域で電波の著しい乱れが発生したそうじゃ
    (>>393)。原因が解明され次第、早急に対策をとるので心配せんように…と」
セシル「 ああ、今日も無事放送できてよかったよ。お知らせくださった方の、愛のあるご指摘に感謝します。
     さて…番組からもお知らせです。双子3組、総勢6名でお送りする“Boy Meets Meats”特別編の放送予定日が、週明け、
    来週月曜に決定しました。何事もなければお昼時に放送開始するそうです。
     出演は先週の告知通り、パロムとポロム、レックスさんとタバサさん、そしてエドガーさんとマッシュさん。
    彼らへのメッセージも引き続き募集中です。疑問、応援、なんでもどうぞ。

     『左の塔から』でも、皆さんの声をお待ちしています。来週のゲストへの質問、番組へのご意見ご感想、愛の鞭に保守カキコ。
     すべてあて先は郵便番号838861、『左の塔から』までです」
4シド「 合間のCMなんかも歓迎するぞ!」
セシル「 …そろそろお別れの時間です。また来週まで、さよなら…」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、砂漠のカイポビールの提供でお送りしました。

399 :391:2006/03/03(金) 20:45:54 ID:w5Vi8jmNO
プロデューサーさん、セシルさん、兵士Aさん、シドさん、乙です!
近いうちにまた差し入れしに来ますね。今度は何にしようかな…

400 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/04(土) 13:10:39 ID:NYy+gpMPO
パロムとポロム、番組始まったばかりで特番は大変だろうけど期待してるからね!
エドガーとマッシュ、レックスとタバサも頑張って!

401 :CM代わり(ついでにage):2006/03/05(日) 06:00:29 ID:o/jM/dcmO
下のスレより抜粋↓

【竜騎士】カインを語ろう【裏切り者】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1130823647/


635:名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/02/25(土) 21:32:42 ID:ky6uO5ZcO [sage]
セシル「ガリさんいつものやったげて」
カイン「おぅ聞きたいか俺の武勇伝」
セシル「そのすごい武勇伝を言ったげて」
カイン「俺の伝説ベストテン レッツゴー!」

カイン「『ただ、君に側に居て欲しかった』」
セシル「すごい、無駄な告白で気まずい雰囲気」
カ・セ「カイン伝カイン伝 カイン伝伝ででんでん!
    意味は無いけれど〜ムシャクシャしたから〜、右手で槍を縦に振る〜」

402 :CM代わり(ついでにage):2006/03/05(日) 06:01:13 ID:o/jM/dcmO
もういっちょ


641:名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/02/26(日) 20:51:12 ID:4MpwZZk10 [sage]
セシル「ガリさんいつものやったげて」
カイン「おぅ聞きたいか俺の武勇伝」
セシル「そのすごい武勇伝を言ったげて」
カイン「俺の伝説ベストテン レッツゴー!」

カイン「『俺は正気に戻った』」
セシル「来ました定番二度目の裏切り」
カ・セ「カイン伝カイン伝 カイン伝伝ででんでん!レッツゴー

カイン「たまにはケアルガやっとくれ」
セシル「それでも瀕死のままいき続けてるだろ」
カ・セ「カイン伝カイン伝 カイン伝伝ででんでん!レッツゴー」

カイン「トルネド発動俺カッコヨス」
セシル「でも次の人が止めを刺しちゃう」
カ・セ「カイン伝カイン伝 カイン伝伝ででんでん! デッツゴー

カイン「『お前らを祝福することはできん』」
セシル「そう気まずいだけで帰れない」
カ・セ「カイン伝カイン伝 カイン伝伝ででんでん!
    意味は無いけれど〜ムシャクシャしたから〜、右手で槍を縦に振る〜」

403 :最後にまたage:2006/03/05(日) 06:02:18 ID:o/jM/dcmO
最後に、話は変わるけれど板の圧縮ペースがとてもきつくなっているようです。
このスレを見た方は、その時に半日以上の書き込みがなかった場合、できるだけ何か書き込んでください。
12〜20時間書き込みなしなら非常に危険、24時間以上ならもっと危険です。
そんな状況の時は、一文字でも何でもいいのでとにかく書き込む!
この板では、48時間書き込みのないスレはほぼ確実にdat落ちします。
しかも今は、18時間に一度保守しないと落ちる可能性が高い、あるいはそれでも危険な状態です。
FF12が発売されれば糞スレを含めたFF12関連スレが乱立し、12時間に一度保守しないとdat落ちするようになると予想されます。
もしかしたらそれでも危ない状態になるかもしれません。どうかこのスレの保守にご協力を!

404 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/05(日) 10:44:20 ID:Fi6di9nw0
把握

405 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/05(日) 12:35:35 ID:ew9MtZKqO
双子三組楽しみに保守!


406 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/05(日) 21:45:58 ID:pKfSGVXfO
あげとく

407 :356:2006/03/06(月) 01:24:57 ID:M4U9p2S1O
今日は自分がリクエストした特番の一つ、『Boy Meets Meats特別編』の放送予定日。
というわけで、今日の特番の出演者の画像をうp

http://m.pic.to/3hiju
自作じゃなくて、下のスレにうpされてた画像なんだけどね…orz

いたストに登場してほしかったキャラを挙げるスレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1128923998/

408 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/06(月) 10:45:54 ID:M4U9p2S1O
誰も来ないな…とりあえず保守しとくか

409 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/06(月) 13:14:05 ID:5rmv5Lmc0
  ε ⌒ヘ⌒ヽフ
 (   (  ・ω・) 
  しー し─J  
      ☆★☆ 豚さんからのお知らせ  ☆★☆
こんにちは、豚さんです。 ミシディア畜産業協同組合プレゼンツ・ロングCM
“Boy Meets Meats”を聞いてくださる皆さん、感想やリクエストをくださる皆さん、
いつもありがとうございます。
本日(の今頃)、特別編の放送を予定していましたが、自虐ネタにもならない個人的事情により
明日に放送を延期させていただきます。期待の声が高まる中の変更、誠に申し訳ありません。

これからも、スレッド保持が厳しい状況にある中、懸命に保守してくださる皆さんのための
良い番組づくりを心がけて参ります。今回に関しては何卒ご容赦ください。
    番組プロデューサー&豚さん(広報係・ミスリルの村出身)

410 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/07(火) 00:15:10 ID:UDoPrRtdO
>>409
豚さん、お疲れ様です。
プロデューサーさんに、
「番組楽しみにしてます」
って言っておいてください。

411 :セルフィ:2006/03/07(火) 09:43:13 ID:GRb5CVpD0
まみむめも!セルフィで〜す♪
このスレ保守しに来たで〜こういういいスレはなくしたらあかん!
FF12発売後のスレの乱立なんかに負けんといてよ〜
今日のパロムくんとポロムちゃんの番組には期待しとるからな!
それと『左の塔から』に出るケット・シー、たくさんの人に「おもろかった」って
言うてもらえるように、いい喋りするんやで!
…あ、トラビア弁丸出しで喋っちゃった。しっぱ〜い!



412 :セルフィ:2006/03/07(火) 13:52:21 ID:GRb5CVpD0
またまたまみむめも!お昼は食堂のパン食べたよ〜(*´∀`)
番組まだ始まってへんかったんや…残念やわぁ。

413 :1/7:2006/03/07(火) 15:00:28 ID:IzwfKZ6k0
ピンポロパンポーン……。

パロム 「……ィンデン、カインデン!カインデンデンデデ」
      ぽ  か  っ
ポロム 「いい加減にしなさいっ!開始のチャイムが鳴ったでしょ!」
パロム 「ってぇー…」
ポロム 「企画からお便りから私たちの写真まで大変お世話になりました>356様、この時を楽しみになさっていたリスナーの皆様、
     予定以上に大っ変お待たせしました、さっそく参りましょう!ミシディア畜産業協同組合プレゼンツ……せーのっ」

      『『『 TWINS Meets Meats !! 』』』

ポロム 「…はい、6人キレイに揃って、幸先のいいタイトルコールになりました!ご協力感謝しますわ!」
エドガー「なんのこれしき」
マッシュ「今日はよろしくな」
ポロム 「はいこちらこそ。今日は特別編という事で、FF6からはフィガロのエドガー様とマッシュ様、そしてドラクエ5からは
     グランバニアのレックスさんとタバサさんにお越しいただきました。通常の3倍の双子で、通常の3倍のおいしさを、
     通常の3倍のボリュームでお送りいたします!過日の延期に関してはお詫びの言葉もありませんが、その分今日は最後まで
     じーっくり、ご賞味くださいませ♪」
レックス「またあのおいしいお肉が食べられるんだ…楽しみだね、タバサ!」
タバサ 「うん。お兄ちゃんのお話聞くだけじゃ、うらやましいだけで終わっちゃうもの…」
エドガー「しかし、通常の3倍の双子とはまさにその通りなんだが…ミシディアの白い魔道士はバケモノか!」
ポロム 「あらやだ、にわかには認めたくないものですわ」
パロム 「けっ、ちっとは当たってるじゃないか。いい子ぶったって、本当はオニバb」
      ぽかっ ぽかっ ぽかっ
パロム 「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」
ポロム 「たんこぶが重なったら、あんたの頭にも赤いツノができるかもしれないわねぇ……」
エドガー「…それはそれで面白そうだが、あまりやってるとラジオの前のレディも置き去りの展開になってしまうな。本筋に戻ろう」
ポロム 「……そうですわね。さて、では皆さま、あちらをご覧ください!」
パロム 「ちぇ〜………」

414 :2/7:2006/03/07(火) 15:06:03 ID:IzwfKZ6k0
ポロム 「あちらに見える物が一体何か、わかりますか!?」

兵士Aつ【あ、通常の3倍とか赤いツノとかがわからない人は、近所のガンダムに詳しいお兄さんに訊いてくださいね】

レックス「あっ、この間ハンバーグを作ってくれた人だ!タバサ、この人が料理名人だよ!」
タバサ 「そうなの?えっと…名人さん、こんにちは。本当に紙の上でお話するんですね……」
兵士Aつ【あぁタバサちゃん、はじめまして……って違うだろwwwwwwwww】
タバサ 「………え?」
エドガー「…あー、えーっと…ポロムさん、あの大きな鍋と野菜は一体?」
ポロム 「え…ええ、ええ、よくぞ見つけてくださいました!この野菜とミシディアンポークが見事なハーモニーを
     生み出して、本日皆さんに素敵な団らんをプレゼントしてくれるのですわ!」
エドガー「ほう、それは素晴らしい!してその調べには如何なる芳名が?」
マッシュ「……えっと、つまり料理の名前を聞きたいんだと思う」
ポロム 「わかりました、お教えしましょう。今日のメニューはズバリ…」

     「 「 「 豚 モ ツ 煮 込 み !! 」 」 」

タバサ 「…ぶたもつ」
レックス「にこみ?」
エドガー「要するにハラワタだな。食物の養分を吸収する箇所だが、豚のそれは特に大地の恵みそのものを蓄えていると言われ古くから
     重宝されてきた。戦乱の時代には『モツを喰らわば百万力が得られる』という民間伝承が存在し、戦士達がこぞってモツを
     奪いあったと記録には残されている。転じて、今でも男性の力の象徴とされている食材さ」
タバサ 「そうだったんですか……」
エドガー「…まぁそんな訳で、モツという単語は男のシンボr」
マッシュ「あああ!聞いた事ないと思ったらやっぱりそういうオチか!」
エドガー「…ばれたか。もっともらしい前フリだったのに」
タバサ 「ばれたって?え?ホントの事じゃ…」
マッシュ「兄貴はたまにわかりにくい嘘をつくから、皆注意したほうがいいぞ。騙されたらおしまいだ!」
エドガー「…そんな、人を怪しいおじさんみたいに」

415 :3/7:2006/03/07(火) 15:14:20 ID:IzwfKZ6k0
ポロム 「そろそろ調理をはじめます。モツの旨みと野菜の旨みをドッキング、みそ風味の味付けで煮込みましょう」
パロム 「用意するものの確認だ!野菜はもやしに大根、にんじんとニラ。そしてこの…モツだー!」
レックス「わぁ、いっぱい!」
タバサ 「けどちょっと…においが………」
ポロム 「モツの臭みは少々独特のものがあります。豚ならなおさらのことですわ」
パロム 「でも、ちゃんとやればむちゃくちゃおいしいからな!」
マッシュ「何をやるんだ?」
ポロム 「下処理です。お塩を一握り入れて、よーく揉んで水洗いします」
マッシュ「なるほど。よし、俺がやるよ」
ポロム 「あ、いいえ、お手を煩わせるまでもありませんわ」
マッシュ「そんなに遠慮することないだろ」
ポロム 「いえ、今回名人をご招待しておりますので…名人カモーン!!」
マッシュ「おお、誰だあ!?」
兵士A つ【ちょっと待て、ちょっと待てよ……】
ポロム 「名人、自信に満ち溢れた表情で登場いたしました。鍋の前に黙って身構えます」
兵士A つ【鍋の前……って、自分かー!!?】
ポロム 「ええそうです、わかっていらっしゃいますわね名人……あぁ、なんて頼もしいんでしょうか。
     まさに余裕のよっちゃん。調理の前の習慣でしょうか、ダンスまで踊っておられます」
兵士A つ【何だよそれ!つーか聞いてないよ!慌てもするわ!】
ポロム 「時間短縮のためですわ、ダンスはそこそこになるべく早く調理に入って下さい、名人。
     …名人は無口な方でいらっしゃいますのね。黙ってうなずいております。『まかせろ』と言わんばかりに」
兵士A つ【騙されたーーー!!!】

ポロム 「さあ、私たちは出来上がりを待つとしましょう。質問や応援のお便りがたくさん来ていますのよ」
マッシュ「名人……」
エドガー「あれだけ強引に押しつけられても、イザ調理に入ったら一心不乱に野菜や肉と格闘しているぞ…」
ポロム 「それが名人クオリティです。さ、みなさんよろしいですか?」

416 :4/7:2006/03/07(火) 15:24:15 ID:IzwfKZ6k0
ポロム 「まずは>>375さん。『一番好きな肉料理は何ですか?』」
エドガー「はは、こういう場所での回答はこうだろう。これから出てくる豚のもt」
レックス「はい!僕はグランバニアのコックさんが作ってくれる、おっきな鶏肉をオーブンで焼いたやつが好き!
     大きいからいっぱい食べられるし、なにより特製ソースがおいしいんだ!」
マッシュ「……兄貴…。俺たち汚れたな……」
エドガー「言うな…タバサちゃんは何が好きかな?」
タバサ 「ベーコンの入ったあったかいスープが好きです。…あっ、でもこれは肉料理じゃないかな…」
パロム 「肉入ってるしいいじゃん。次のやつ(>>388さん)読むぞー。『双子でよかった事、逆に嫌だった事は?』」
マッシュ「弱ったな…こういう兄貴がいるのは誇りに思ってるけど…」
エドガー「双子だからとは意識しないものな。父上は我々に平等に接してくださったから尚更。
     こんな純朴ないい弟を持てた事には感謝しているさ。双子で嫌だったのは、後継ぎの事で悩んでいた
     王室関係者くらいだろ」
ポロム 「まぁ…でもおふたりは確かに、双子でないように見えますわね。兄と弟、と区別されているせいかしら」
パロム 「でもポロムなんか、どっちでもねぇのにやたら姉さんぶって……」
ポロム 「なんですって!」
エドガー「ああ、まぁまぁ。グランバニア組はどうだい?」
タバサ 「とってもよかったです!赤ちゃんの頃にお父さんとお母さんがいなくなって…もしひとりで生まれていたら、
     きっと寂しくて死んじゃってたと思います……」
レックス「ふたり分の力があったから、お父さんとお母さんに会うことも出来たんだ。僕は勇者だなんて言われてるけど、
     タバサが助けてくれたから戦えたんだ!」
ポロム 「まぁ素敵。…うらやましい限りですわ」
パロム 「何だよその目は!オイラがいなきゃロクに攻撃も出来ないくせに!」
ポロム 「調子にのるんじゃありません!そうやって己を過信しているから、無謀な事をするんじゃない!」
パロム 「うっせー!…あぁだから双子って面倒なんだ、早くこんなのと離れてぇー!」
ポロム 「パーロームーー…!!」
マッシュ「ちょっと、ふたりともそろそろやめっ……どわっ!!」

417 :5/7:2006/03/07(火) 15:31:02 ID:IzwfKZ6k0
     ドドドドドドドド……
マッシュ「な、なんか状況にそぐわない音が…」
エドガー「マニュアルによると、ケンカが加熱すると周囲の介入を拒むため勝手に結界が張られるそうだ。
     そのおかげで被害も出ないことだし、収まるまで放っておくしかないらしい」
マッシュ「マニュアルなんてどこにあったんだ!?」
レックス「なんかよくわからないけど、この間僕が行った時もケンカしてたなぁ…」
タバサ 「仲が悪いのに、一緒にCMやらされてるの…?」
エドガー「…それはないだろう。彼らは力をあわせて“ふたりがけ”という独自の魔法を使えるらしいが……互いの波長を
     合わせる方法をあんなに幼いうちから身につけたって事は、深いところでは誰よりわかりあっているはずだ」
タバサ 「力をあわせた魔法?」
レックス「誰も知らない魔法を編み出したんだ!凄い!」
エドガー「その意味では、彼らなら>>389さんの質問にYesと答えられるだろうな。双子だという事が理由なのかはともかく、
     言葉ではない何かで意思を通じ合わせているのだから」
マッシュ「いつの間にハガキを…」
エドガー「せっかくだからこのまま久しぶりに司会をしようか。レックス君とタバサちゃんはどうかな。『双子っていう理由で、
     お互いの気持ちが言葉に出さなくてもわかる』って経験は?」
タバサ 「お兄ちゃんの気持ち?」
レックス「うーん……タバサ、ちょっと黙っててね。…んー……むむむ………」
エドガー「そういう超能力めいたものを期待しているのか、389さんは? まぁ私の場合は…マッシュは根が純粋だからなぁ」
マッシュ「兄貴は一番大切なことをうまく隠すよな。王位継承の時だってそうだ、世界が引き裂かれた後だって、探してたのに
     『ジェフだ』なんてしらばっくれて……」
エドガー「あれも考えあってのことさ。そんなに悲しそうな顔をするな」
レックス「……あーーッ!ごめんタバサ、わかんないやぁ!」
タバサ 「お、お兄ちゃん、落ち込まないで…」
マッシュ「普通はわからんって。双子だっていってもさ」
エドガー「それでも妙に通じ合う気がするのは、たぶん長い時間を共に過ごすからだろうな。
     ……あぁ、そうしているうちにおさまったか。良かった」

418 :6/7:2006/03/07(火) 15:34:37 ID:IzwfKZ6k0
ポロム 「すみません。つい熱をあげてしまって…」
パロム 「やりすぎたよ。番組中にごめんな」
エドガー「戻ってきたか。まぁケンカはままある事さ」
マッシュ「質問はあらかた捌いたから、次にすすめてくんな」
ポロム 「まぁ、ありがとうございました!それでは…あっ、名人がサインを出しました、モツ煮込みが完成したようです!」
レックス「できたの!?」
タバサ 「やったぁ!」
パロム 「はーやく来い!はーやく来い!」
兵士Aつ【あぁタバサちゃん、そんなに喜んで…おじさん頑張って作った甲斐があったよ。おいしく食べてね】
ポロム 「……名人、ラジオの前の皆様にバレないように慎重にフゥフゥハァハァしております」
兵士Aつ【ちょっwwwwバラすなよwwwwwwww】
ポロム 「さて器に盛りつけまして、…こちらがお箸。そしてお飲み物はこちら…」
パロム 「砂漠のカイポビール社、“アントリオンティー”だ!砂漠の光の成分が含まれた、体にいいお茶だぞ!」
エドガー「アントリオンなんて名前だからどんなグロいお茶かと思ったら…澄んだ緑色がいかにも病に効きそうじゃないか」
ポロム 「えぇ、“砂漠の光”は万病をたちどころに癒す薬です。今のバロン王セシルさんがまだ暗黒騎士であったころ、
     高熱病に苦しむ想い人、今は王妃でいらっしゃるローザさんのためにアントリオンの巣に飛び込んだという
     素敵なエピソードもくっついていますわね」
タバサ 「へぇ……」
レックス「あぁ、もうガマンできないよ、早く食べようよぉ!」
ポロム 「そうですわね、セールストークはここまでにしましょうか。ではみなさま、お食事前のあいさつを……」

    『 い た だ き ま す ! 』


419 :6.5/7:2006/03/07(火) 15:42:47 ID:IzwfKZ6k0
レックス「もぐもぐ……んっ、おいしい!!」
マッシュ「やわらかいし、モツの臭みが完全に取れてるな!」
エドガー「少し濃いめの味付けが、ご飯やお酒のお供にぴったりだな」
タバサ 「…お茶のおかわり下さい」
パロム 「オイラもオイラも!  ……あっこら、タバサのほう多めについだだろ!ずるいぞ兵士!」


ポロム 「お食事もそこそこに、シメにまいりましょう。番組にエールをくださった>>400様、>>405様、
     そしてゼシカ様ヤンガス様(>>381-385)。延期発表の後に応援メッセージ下さった>>410様、セルフィ様(>>411-412)
     みなさま本当にありがとうございました。これからも度々お邪魔しますので、どうか御ひいきに」
パロム 「ゼシカねーちゃん!ヤンガスのおっさん!今度その“ポルクとマルク”って奴らを連れてきてくれよ!
     流行りの“いんすぱいあ”かどうか、オイラ直々にこの目で」
      ぽ か っ
ポロム 「めったな事を言うんじゃありません!…おふたり様、これからも楽しいお話、聞かせてくださいね。ふふ。
     そして、セシルさんの番組『保守人ラジオ・左の塔から』も今週金曜日に控えております。
     ゲストはFF7よりケット・シー様。質問その他のお便りを募集中ですわ♪」
パロム 「今日の放送についての意見感想もよろしくな!あて先は郵便番号838861、『TWINS Meets Meats』か
     『左の塔から』まで!待ってるぜ!」

エドガー「ふぅ、ごちそう様でした」
マッシュ「いや、うまかった!」
レックス「うぅん、僕はまだまだ…げほっほっ!」
タバサ 「慌てて食べちゃだめ、お兄ちゃん…名人さん、ごちそう様でした」
ポロム 「…名人、鼻の下を縮めつつ、お辞儀を繰り返しております」
兵士Aつ【勝手に実況するなwwww】
ポロム 「さて…そろそろ終わりなんですが…なんかこう、シマりませんわねぇ…」
レックス「しあわせぶたさんが来ないから?」
ポロム 「…というか、セシルさんが来て、しあわせぶたさんがどこからともなく現れるまでの、あの緊張感あっての
     “Boy Meets Meats”ですので……」
タバサ 「待って、あそこ……!」

420 :7/7:2006/03/07(火) 15:47:57 ID:IzwfKZ6k0
 +
   ε ⌒ヘ⌒ヽフ    +
   (   ( ・ω・) 
    しー し─J     +
 +
        +

レックス「……白い豚だ!しあわせぶたさんだよ!」
ポロム 「………セシルさん、そんな格好でサービスなさらなくてもいいんですよ。エスナ!」


マッシュ「……何も起こらない…」
パロム 「じゃあ本物のしあわせぶたなんだ!うわぁ、こんなの出てきたら番組終わっちゃうんじゃねぇ!?」
エドガー「子どもらしからぬことを言うなぁ……」
タバサ 「きれいだね……」
ポロム 「ど、どうしましょう…時間が押しているんですが、ここはぶたさんにも一言」
レックス「……あっ!」

 +
         +   +
   +
       +    +
 +
      +
レックス「……消えちゃった」
マッシュ「なんだったんだ??」
エドガー「…最後に、私たちに祝福を与えてくれたのだろう。きっといい事があるぞ」
ポロム 「でもどうして…あれは私のでっち上げたデマ…」
エドガー「嘘から出た真、まぁそういう事もあるさ。最後にこんな事があってよかったじゃないか」
ポロム 「……そうですわね。いい話になった所で終わりにいたしましょう。今日は皆様、ありがとうございました
     またお会いしましょう!さよなら…」

421 :おまけ:2006/03/07(火) 15:53:04 ID:IzwfKZ6k0
豚モツ煮込みのレシピについて
ttp://gourmet.goo.ne.jp/recipes/437.asp

別パターン、プラス下処理について
ttp://sakitama.bne.jp/m/yuhan/motunonikomi.html
番組自体はあてにならない創作ですので、こちらを参照してください。

422 :セルフィ:2006/03/07(火) 16:01:28 ID:GRb5CVpD0
リアル遭遇ktkrー!待っててよかったぁ〜。
「続きはまだ?続きはまだ?」ってうずうずしっぱなしだったよ〜
すごく面白い番組だった!今度豚モツ煮込みをガーデンの皆で作ろうっと。
…でも、最後のしあわせぶたが一体何だったのか気になる〜
何かオチがあるって思うのはウチだけやろか…

423 :410:2006/03/07(火) 18:22:17 ID:UDoPrRtdO
“TWINS Meets Meats”の皆さん、本当にお疲れさまでした〜聞いててすごく楽しい気持ちになれました!おまけもよかったですw
出演者の六人の方々はもちろん、プロデューサーさんや兵士Aさんの力があったからこそ、とてもいい番組になったのだと思います。
少なくとも私にとっては期待以上の番組でしたよ!これからの“Boy Meets Meats”に期待してます!

424 :410:2006/03/07(火) 22:04:29 ID:UDoPrRtdO

寝る前に保守しとこう

  ∧ ∧
  (´・ω・)
 _|⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ポックリ

 <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

425 :410(連投すみません):2006/03/07(火) 22:08:20 ID:UDoPrRtdO
うう…ズレちゃった…(つд`)

426 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/08(水) 09:56:02 ID:aVnmrmNv0
ポーションスレがいっぱい立ってますね〜飲んでお腹を壊した人がたくさんいるようなので
仕方ないのかもしれませんが…dat落ちしないように保守!
DJの皆さん、番組のプロデューサーさん、頑張って下さいね!

427 :356:2006/03/08(水) 21:47:38 ID:vSLFXUlWO
356です。“TWINS Meets Meats”本当に面白かった!放送してた時に体調不良で寝てたから、リアル遭遇はできなかったが orz

長いけど皆にメッセージ

出演者の皆へ

皆それぞれキャラが立っててとてもよかった!六人がわいわいやってる姿が目に浮かぶくらい、生き生きしてたよ。
あと、その場にいるわけじゃないのに楽しい気分にもなれた。自分も参加したかったなあw無理だけどw


兵士Aへ

仕込みをさせられるわ、六人分の料理を作らされるわ、タバサにハァハァしてるのを実況されるわですごく大変だったなw材料も君が用意したのかな?
本当にお疲れ様!君はいろんな意味で名人だw


プロデューサーさんへ

「こんなのやったら面白そう」という程度の気持ちで出したリクエストを採用してくれた上、ここまですごい番組を作ってくれてありがとうございました!とても嬉しいです。
双子のコンビネーションが生み出す笑いあり和みあり驚きありの展開、豚モツ煮込みの美味しさの伝え方、おまけに豚モツ煮込みのレシピのURLを貼ってくれるという粋な計らい、すべてがよかったです!
リクエストして本当によかったと思ってます。超乙&超GJでした!!

428 :356:2006/03/08(水) 21:49:06 ID:vSLFXUlWO
他の番組にもお便りを出しておこう


『美女とヤンガス』宛

エイトとククール、特番出演決定おめでとう!どんな喋りをしてくれるのか、すごく楽しみにしてるよ。
それとプロデューサーさん、自分のリクエストを採用してくれて本当にありがとうございます!お礼を言うのが遅くなって申し訳ありませんorz 特番を誰よりも楽しみにしてますんで、どうかお許しを…


『左の塔から』宛

ケット・シーに質問。メガホンを武器にしているのはどうして?殴って攻撃するならハンマーの方がいいと思うんだけど。
ハンマーの方が威力高そうだし、メガホンは使っているうちにへこんで使いにくくなりそうだし…理由があるなら教えて。

それでは、また。

429 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/09(木) 11:01:06 ID:+88EJ+O8O
ケット・シーにお願い

セシルとローザの相性占ってみて。

430 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/09(木) 16:55:15 ID:NbjSIE0f0
TWINS Meets Meats最高ーーーーー!!神番組だ!!
…そして何もなかったかのように質問を書く俺。

ゼシカ、ヤンガス、エイト、ククールに質問。
今まで行った所で気に入ってるところはどこ?町や城だけじゃなくて洞窟や塔なども含めて。
自分の出身地以外で答えてね。ちなみに俺はリーザス村とふしぎな泉がお気に入り。

次、ケット・シーに質問。
クラウドたちについてくきっかけになった占いの結果が、
「求めれば必ず会えます。しかし最も大切なものを失います」
っていうのだったけど、よくわからないからこれについて説明してくれない?
「求めれば会える」のはセフィロス?それとも星の平和?
あと「失う最も大切なもの」はエアリス?それともクラウドの自我?
あるいはあの占いは、ただ単にクラウドたちについていく為の口実だったの?
回答よろ

431 :1/6:2006/03/09(木) 22:23:18 ID:7rlYxrcQ0
ゼシカ 「こんばんは。ニュースないんです(´・ω・`)」
ヤンガス「それ前々回もやったでげすな」
ゼシカ 「ドラクエに関するニュースといえば 4月20日にあんたの不思議のダンジョンが
     発害されるのに続いて 5月25日にいたストポータブルが出るのようね
     はぁ〜 全然取り上げる価値もないわ」
ヤンガス「そりゃ悪かったでげすな いくらFF12の影に隠れているとはいえ
      ぜひ視聴者のみんな プレイしてほしいでげす」
ゼシカ 「まあねえ でもなんか発売前情報を見ていると非常に不安になってくるのよ」
ヤンガス「また縁起でもないことを言うでげすな いくらポケモン以外のローグライク系の作品が
      ここんとこ 不調続きとはいえ 製作にアルテピアッツァが携わっていそうな気がするとはいえ」
ゼシカ 「なんだ よ〜くわかってるんじゃない まあこんなところでウダウダ話しているのもなんだからさ
      元気よく挨拶といこうじゃないっ」
ヤンガス「ゼシカ嬢は大張り切りでげすな なんかいいことでもあったんでげすか」
ゼシカ 「忘れたの?今日エイトとククールがゲストで来るのよ」
ヤンガス「はっ!あっしとしたことがすっかり忘れていたでげす!エイトの兄貴とは久しぶりでげす
      さぞかしえらい立派になっているでげすな うっうっ……」
ゼシカ 「いや 楽屋見たけど以前と変わらぬ服装だったわ 世界を救った功労者に対してこれなんだから
      まったくトロデ王は相変わらずケチ臭いわね」

この番組は、今更ヴァルキリープロファイルで売り込みをはかろうとする
時代錯誤感が否めないト○イエースと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < いっこうに新作の進捗状況が見えないミ○トウォーカーの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしま〜す
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「とりあえずあらためてまして みなさんこんばんは ゼシカ・アルバートで〜す」
ヤンガス「それにしても中途半端なタイミングでスポンサー紹介をするのはどうかと思うでげす」

432 :2/6:2006/03/09(木) 22:25:36 ID:7rlYxrcQ0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第7回

ゼシカ 「ではさっそく!今日のゲストであるエイトとククールのお二人を連れてきました」
ヤンガス「うっうっ エイトの兄貴 そのたくましい姿は全然変わっていないでげすな
      全く兄貴といるだけで あっしは非常に嬉しくなってくるでげす」
エイト 「・・・・・・。」
ククール「やれやれ 久々とはいえ全くかったるいぜ で、俺の机だけにお茶が置いていないんだけど」
ゼシカ 「あんたも相変わらずだし でもまあ あの頃を思い出すようでなんだか嬉しいかも ねっ」
ヤンガス「さてエイトの兄貴 馬姫じゃなかったミーティア姫は相変わらず元気でげすか」
エイト 「・・・・・・。」
ヤンガス「ど どうしたでげす さっきから一言もしゃべらないなんて 兄貴らしくないでげす」
ククール「あがってるんだよ マイクの前だから緊張しちゃうんだろ もっとやわらかくなれよ
      で、俺の机だけにお茶が置いていないんだけど」
ゼシカ 「ふ〜ん 主人公だからまったくしゃべんないのかと思っていたけど 心配することはないようね
      ねっエイト 久しぶりだね 今日はちょっとだけサービスしちゃうよっ&heart;」
エイト 「・・・・・・ !!!!!!」
ヤンガス「エ エイトの兄貴!どうしたんでげすか!いきなり大量の血を吐くなんて
      ひょっとして肺病じゃないでげすか ああ〜ベホマ!はあっしは覚えていないんでげした
      救急車 救急車!」
ククール「まったくウブな奴だぜ ちょっと胸を揺らしただけで鼻血とはなあ
      俺のように女性経験が豊富な男はそんなのにはもう慣れっこということだぜ
      それよりも」
ゼシカ 「誰もあんたには聞いてないわ この種馬男 それはともかくエイトごめんね 気を悪くしないでね」
ヤンガス「なんだそんなことでげしたか まあ確かにゼシカ嬢は刺激が強すぎるから仕方ないことでげすが」
ククール「それよりも 俺のお茶がNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!」

433 :3/6:2006/03/09(木) 22:26:42 ID:7rlYxrcQ0
ヤンガス「うっかりしてたでげす ちゃんと用意はしていたから勘弁して欲しいでげす」
ククール「お前ら絶対わざとだろ いくら俺に剣も呪文もかなわないからといってよ」
ゼシカ 「だいたい4人でパーティを組むときって 絶対4人目が中途半端な存在で終始するのよね」
ククール「だっ 誰が中途半端な存在だと?」
ゼシカ 「ドラクエ8が発売されたばかりのとき2chにはククール使えないがな(´・ω・`)というスレが
      乱立していたのを思い出すわ〜 あんた二階からイヤミ男より中途半端な出自だし」
ククール「そういえばあのマルチェロ元気でやってんのかな 不安でならないが まあ俺には関係ないが」
ヤンガス「キングアックスの件でもずいぶんネタスレが乱立していたでがす あれで貴重なキングスライムの冠を」
ゼシカ 「ん まあ 仕方ないことだしね ファーストプレイというのはどうしても試行錯誤の繰り返しになるのよ
      ところでエイト どう最近は相変わらずアホのトロデ王の相手で苦労してるの?」
エイト 「・・・・・・zzzzzz」
ヤンガス「ずいぶんお疲れのようでげすな さすがエイトの兄貴 城ではさぞ激務に追われる日々でげすな」
ゼシカ 「(バコッ!)んなわけないじゃない!ヤンガスはエイトのことならなんでもポジティブに受け取るんだから
      せっかく番組につれてきたのにそういう態度はあんまりじゃないのよ」
ククール「まあなあ エイトにはエイトなりの理由があるんだろうな なっ言ってみろよ 絶対怒らないからさ」
エイト 「・・・・・・眠らせてくれないんだ・・・・・・」
ヤンガス「あ 兄貴の声はいつ聞いても雄々しくて伸びやかで張りのある素晴らしい声でげす あっしは感激でげす」
ゼシカ 「眠らせてくれない?ひょっとしてミーティア姫が?うふふふっ おもしろ〜い 根掘り葉掘り聞いちゃおうっ」
ククール「ふーん なんとなくわかる気もするが……黙ってても何の解決策にならんぞ さあ聞かせてくれよ」
エイト 「朝から晩まで・・・・・・」

434 :4/6:2006/03/09(木) 22:29:52 ID:7rlYxrcQ0
ゼシカ 「なんかうらやましい いや酷そうだわね〜」
ククール「いや?俺にはエイトが疲弊しているように見えないがな?ただの寝不足だろ」
エイト 「朝は4時から『おはようございます。ミーティアはまだ寝ぼけ眼ですがエイトさんはいかがですか』
     夜は深夜の1時に『おやすみなさい。ミーティアはエイトさんの夢をみますわ。ぽっ』まで 延々と話を は〜眠い」
ゼシカ 「やっぱし聞いていてムカつくわね いいじゃないの一日中べったりくっついてなさいよ」
ヤンガス「エイトの兄貴も大変でげすな あっしが半分でもいいから代わってやりたいでげす」
ククール「お前なあ 相変わらず場の空気が読めねえのな 人のカミさんを寝取ってどうすんだよ」
ヤンガス「な なんでげすと 引き籠もりニートの元聖堂騎士団には言われたくないでげす」
ククール「くっ……さーてっと いい女を探しに旅に出るかな久しぶりにっと……」
エイト 「ヤンガスもククールもゼシカもやめてよ 僕のために争うなん・・・zzzzzz」
ゼシカ 「私は別にあんたのために争っていないんだけどね……あらら また寝ちゃった」

<CM> / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | なんでこの店は屋根が雨漏りしているの?
      | ┌────────
  /|.  ∨| やーねー
/|| .|    \_
| || .|       ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ∬∬∬
| ||/    ∧∧   /  〔〕/ /  /|  .   ⊂二二⊃
|/      (,,゚Д゚)_∬__ ̄ ̄./ /! ̄ ̄! .|/...   |      |
    ∧_∧つ\_/  / / 彡 ⌒ ミ D    |___|
   (___´∀`)_∬__ |||/ /   (`Д´ )/ 〔 ̄〕〕 从从从./
   (  ]つ\_/[__| ̄ |     (--:-- ) .| ̄ ̄|`i゙i  ̄ ̄
   ⊆) /       |  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |/ ̄ ̄
/  (__ |二二二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ┻..|            |  / ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |            |  | 人が言おうとしていたダジャレを先に言うな!
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_________
※ それが、キム皇ラーメンクオリティ。メルキドのキム皇ラーメンショップへどうぞ。 ※

435 :5/6:2006/03/09(木) 22:39:00 ID:7rlYxrcQ0
ヤンガス「リスナーからのハガキを読むコーナーでげす」
ククール「いや〜レディのお便りを読むという事はとっても喜ばしいぜ
      >>386さん>>387さん サンクス せっかくだから毎日来ようかと思ったがあいにく俺は多忙でな」
ゼシカ 「だからニートのどこが忙しいの〜?」
ククール「くっ……まあいいか次 >>388さん大変素晴らしい意見をどうも だがこのククール様のほうが他の面子よりも
      口説きのテクニックは上なんでな そこんとこしっかり理解してもらいたいな」
ヤンガス「ラジオは合コンの練習場ではないでげす さっエイトの兄貴 次でげす」
エイト 「>>391さんひし餅とひなあられ美味しゆうございました」
ゼシカ 「どっかで聞いたことあるしゃべり方ね なんかあまりシャレになっていないような 今日は早く帰って寝たら」
エイト 「そうかな……で>>392さん うわなにをqあwせdrftgyふじこlp」
ククール「また寝たか…もしや毎日ハグハグをあの馬姫様に チキショー」
ヤンガス「エイトの兄貴も大変でげすな あっしが半分でもいいから代わってやりたいでげす」
ゼシカ 「まったくあんたは それより>>393さんの指摘がまた的確ね」
ククール「あの悲しいなあの馬鹿よりはマシな電波と思うが で>>407さんPCだと絵が見れなくてな
      君の輝くエクボがこのまぶたに写らないと思うと ああ泣けてくるぜ」
ヤンガス「一生やってろでげす >>411-412の女教師さんどうもありがとうでげす」
ゼシカ 「あのねえ セルフィちゃんはまだ生徒さんよ 臭い息の教師はまた別人物よ」
エイト 「あ〜やっと目が覚めた すまないみんな そいで>>419であがっているプロデューサーさんいつもありがとう
      少なくともこの番組よりは全然面白いよ」
ヤンガス「うっうっ 兄貴のその忠告は胸に染み入るでげす 本当にありがたい言葉でげす」
ククール「エイトも自虐ネタがうまくなったな まあポーションよかは番組のほうがマシと思うぞ俺は」
ゼシカ 「あんたも相変わらずの毒舌ねぇ」

436 :6/6:2006/03/09(木) 22:39:44 ID:7rlYxrcQ0
ヤンガス「>>428さん とにかくあっしはエイトの兄貴がこの番組に出演してくれただけで嬉しいでげす」
ククール「俺を忘れるんじゃねえ あっそうそう ステキなレディの君、君の意見を採用したんじゃない
      君のその桜の咲くような笑顔に惚れたのさ」
ゼシカ 「それにしても今日は面白かったわ とにかくこういう企画もまた機会があったらやってみたいね」
エイト 「自分もヤンガスやゼシカに会えたことが嬉しいな こうして話しさせてもらって 元気が出たよ」
ククール「でも城に帰ると馬姫様のお相手だろ あ〜体がいくつあっても足んねえぜ
      どうだ 俺がエイトの代わりに五年分でいいから代わってやろうか?」
ヤンガス「お前には言われたくないでげしょうな エイトの兄貴も」
ミーティア「エイトさん!」
エイト 「ギクッ!!!」
ククール「おお これはミーティア姫 お出迎えにわざわざご苦労様です
      ここは足場が悪いですよ さあ この私めが差し出すお手につかまってください」
ミーティア「ミーティアはあなたなんかの手にしがみつきたくありません!できればエイトさんと!(バキッ)」
ククール「ほ…本気で殴らないでくださいよ姫様……いてぇ」
エイト 「ミーティア……わざわざありがとう……さあ帰ろう」
ミーティア「ああ!ミーティアはこの瞬間がとてもうれしゅう思いますわ!ぽっ」
ヤンガス「( ゚д゚)ポカーン」
ゼシカ 「愛の力って……すごいわね……さっ番組終了の合図よ」

この番組は、今更ヴァルキリープロファイルで売り込みをはかろうとする
時代錯誤感が否めないト○イエースと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < いっこうに新作の動向が見えないミ○トウォーカーの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ククール「ああ……最後までこの俺は落ち担当……神様……アーメン」
ゼシカ 「つーか あんたまだ帰ってなかったの?片付けの邪魔だからさっさと出てって」

437 :356:2006/03/10(金) 00:33:52 ID:viqoAwO+O
四人とも、超お疲れ&超グッジョブ!皆が楽しんでた雰囲気に和めたし、自虐ネタと毒舌がすごく笑えたwww
ただそれだけに、特番にリアル遭遇できなかったのが残念…もっと早くスレに来ればよかったorz
なんだかんだ言って、みんな息が合ってるね。やっぱり一緒に冒険してた仲間だからかな?うらやましいよ。これからもずっとそんな四人でいてくれ。
それと気になったことが一つ…>>430さんの質問スルーしたのは何故?他の番組褒めてたから?w
まあ忘れてただけだろうけど、>>430さんカワイソスだから次回の放送の時に答えたほうがいいような気がw
あとプロデューサーさんも本当にお疲れ様でした!番組、想像以上に面白かったです!リクエストしてよかったって思います。
二代目プロデューサーということでプレッシャーがあるだろうけど、これからも頑張ってください。期待してます。
画像の件ですが、PM7:00〜AM4:00の間は、livedoorがPCからのアクセスを制限しているため見られなかったと思われます。ちゃんとPC閲覧許可には設定してあるんで。ですのでそれ以外の時間帯に見てくださるよう、お願いします。
ただ、消えた時のために一応来週月曜に再うpしときますね。
それでは、また。

438 :356:2006/03/10(金) 00:56:28 ID:viqoAwO+O
言い忘れてたことが一つあります。今回の特番に出演した四人の画像をうpできなくて本当にすみませんでした。
公式サイトに行けば画像自体はたくさんあるんですけど、そこでDLした画像は著作権の関係からか、メール送信できないようになっているんです。
「携帯厨の言い訳か」と苦々しくお思いになるでしょうが、メールに添付できる四人の画像を見つけたらすぐにうpしますんで、どうかご勘弁を…
スレ汚し失礼しました

439 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/10(金) 10:52:56 ID:viqoAwO+O
保守!

440 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/10(金) 19:21:22 ID:o7Og4x1j0
ttp://image.www.rakuten.co.jp/superpotato/img10251933090.jpeg
出場おめでとう

441 :356:2006/03/10(金) 22:02:50 ID:viqoAwO+O
セシルまだ来てないのか…てか、今日ここに来たリスナーって自分一人かよ('A`)
あまりにも自分がしゃしゃり出てきてるから、他のリスナーをドン引きさせちゃったのかな…すいません、しばらくおとなしくしてます
(´・ω・`)みんなゴメンネ

442 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/11(土) 08:43:46 ID:cR8Ka8I/0
  (ハヾヽヽ
∩(゚ー゚*||ミ < 人に呆れつつ守ると書いて保守。
∈∨x∨∋  落ちそうだからとりあえずageておくわ…
. //\∪
  / ∧ ヽ
...と.ソ (__,)

443 :ユウナ:2006/03/11(土) 15:36:43 ID:zN4YHMlBO

私 このスレを守ります 必ず守ります

一つだけ お願いがあります
いなくなってしまった番組たちのこと 時々でいいから…思い出してください

444 :『保守人ラジオ・左の塔から』 第12回:2006/03/11(土) 20:04:32 ID:vkahoFNv0

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「こんばんは、セシルです。今週もお疲れさま。
    >>426さんのお便りどおり、今この辺りはポーションの話題で持ちきりのようだね。
    …といっても、僕らの使っている物とは少し違うのか…」
4シド「ポーションも色々じゃぞ。3シドは塗り薬だと言っとったし、7シドの持ってきたのは
    こんな結晶じゃ」
セシル「どれどれ…うん、確かに球体じゃない、トゲトゲがたくさんある。
    ポーションか…使い方はみんな同じかな。ダメージを受けた部分に当てると…」
    ピロピロピロピロピロ
セシル「…ケアルと同じ力が働いて、傷の治療と体力の回復ができるんだ」
4シド「まー、知らない人には飲み薬が一番とっつきやすいかもしれんの」
セシル「だけど、お腹を壊した人が多い、というのが気になる…体に良くない物が入っているのかな。
    これから買う人は良く考えた方がいいかも知れないね」
4シド「体力回復の王道は寝ることじゃぞ!」
セシル「お便りを紹介します。>>399さん、応援ありがとう。差し入れはもちろんうれしいけれど、
   “お疲れさま”の一言だって、とても力になるんだ。物の調達にあたり、無理はしないでくれ。
    >>406さん、心配かけてすまない。>>424さん…あぁ、気持ちよさそうに眠っている…。
    起こすのはよそう。
    それから…セルフィさん(>>411)、ユウナさん(>>443)。これからも気軽に遊びに来て下さい。
    ところでセルフィさん、『バラムガーデン放送部』(>>16-26とか)は一体どうなったんでしょう?
    放送室からの声も…楽しみにしています。
    最後に、>>442さん…察するに聖騎士アグリアスさんでしょうか。僕も聖なる騎士、
    パラディンでありながら、同胞の姿を知らないなんて……無念だ…。
    …さて、まもなくゲストの登場です。お楽しみに!」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   砂漠のカイポビールの提供でお送りします。

445 ::2006/03/11(土) 20:24:20 ID:vkahoFNv0
セシル「今日のゲストはFF7より、ケット・シーさんです。こんばんは」
ケット・シー「よろしく頼んますー」
セシル「…不思議だ、猫が話している…。さて、質問が来ています、>>428さん。
    『メガホンを武器にしているのはどうして?』」
ケット・シー「んー、壮大に勘違いなさってますな。直接攻撃するのはデブモーグリ君で、ボクはメガホンで指令して
    いるんです。高性能なメガホンを使えば、より複雑なパターンで攻撃ができ、威力も増す…
    と、いう訳で。詳しくはあるてまにゃあなんかを読んどいてください」
セシル「……アルティマニア?」
ケット・シー「あ、それそれ。いや惜しかったにゃあ」
セシル「…次いきます、>>430さん。『クラウド達について行くきっかけになった占いの結果について…』」
ケット・シー「難しいですなー。来週までの宿題でどうです」
セシル「…それは…時間もあるので、ゆっくり考えてください」
ケット・シー「そもそもボク、未来を予言したわけ違うんです」
セシル「え、でも貴方は占いロボ…」
ケット・シー「んん。この業界はファンタジー、文字通り未来を予知なさる方も多い。けどボクは出来ません…夢を
    ぶち壊すようですが、お客さんの仕草や声の調子、話し方うんぬんを観察、総括して、その人に合った
    アドバイスしているに過ぎんのです。それが魔法の力がないボクなりの、占いってやつです」
セシル「じゃあ、クラウドさんたちの時は?」
ケット・シー「まず、その…ゴニョゴニョの事情でついて行くと決めてたんで、占いは真面目にやりました。
    で、見ると…瞳に強い意志がある。こりゃ滅多な事じゃ諦めない目だと直感しました。
    でも…なんつうか、焦点が違うんでないかとも思ったんです。このがむしゃらな…盲目的と
    言えん事もない…その部分が仇となるやもしれん、と見まして…あの結果です」
セシル「『求めれば必ず出会える、しかし最も大切なものを失う』…」
ケット・シー「今考えれば、半分は当たりました。430はんの仰る通り、多くのものを失いながら星の危機は脱しました。
    でももう半分は…決戦前の清々しいクラウドはんの姿、後にやって来た星痕症候群、それを治療した
    エアリスはんの奇跡を考えると…いやはや、未来はわかりません」

446 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/11(土) 20:26:18 ID:4Wj9g0vy0
リアルタイム遭遇キタコレ!
猫かわいいよ猫。

447 ::2006/03/11(土) 20:30:24 ID:vkahoFNv0
ケット・シー「>>429はんに頼まれた相性占いしますけど、そんな訳でお2人共、あんまし深刻にならんといて下さいよ」
ローザ「はい。…ねぇセシル、緊張しすぎよ」
セシル「いや、その…君が近すぎるんだ。ケット・シーさんの手前…」
ローザ「そんな。ありのままの2人を見てもらわなきゃ、占いの意味がないわよ」
ケット・シー「にゃはは、奥方が入ったらスタジオの気温が上昇したでー!…お熱いとこ恐縮ですが、相性占いますよ」
セシル「………はい」

ケット・シー「んー。理想のためなら我が身を顧みず頑張る旦那さんと、想い人一筋、彼を一途に支え守る奥さん。
    まさに2人でひとつ。お互いの背をかばい合い、足りない視点を補える良きパートナーです」
ローザ「まあ!」
ケット・シー「た・だ・し…『背をかばいあう』っちゅうのが落とし穴でもあるのでご注意ー。
    相手はこう思っている、こうしてくれるはず……なんて、実体を確認せずに済ませてしまいがち。たまには
    後ろを振り返り、背中を守ってくれている相手をよーく見るのも大切です」
セシル「なるほど…人は変わっていくものですからね」
ケット・シー「そうそう、変化が積み重なってからオタオタしたんじゃあ、手遅れってこともありますさかい。
    奥さんの心のうちを、旦那さんが背負って立っているこの国の姿を…たまには考えてください。以上っ!」
セシル「はい、ありがとうございました。それじゃあ次回のゲストを決めましょう」
ローザ「あら?このダイス、名前がついていないわ。ソロさん(DQ4主)、タバサさん(DQ5娘)、エイトさん(DQ8主)、
    ティナさん(FF6)、ユウナさん(FF10)、当たり目(???)…」
セシル「ああ、ちょっと事情があって伏せているんだ。でも当たりが出たらこちら、“ダッシュ DE チョコボ”を
    ケット・シーさんに差し上げます。ぜんまいを回すと机の上を走ります」
ケット・シー「おぉ可愛らしい、ダイスは得意技・気合入れますでー…えいや!」
   ころころころころ
ローザ「ああ、惜しい!」
セシル「次回のゲストは…ティナさんです!」
ケット・シー「あちゃあ。…けど今日は楽しかったです、おおきに」
セシル「はい、こちらこそ。ありがとうございました」

448 :Ending1:2006/03/11(土) 20:47:43 ID:vkahoFNv0
セシル「お知らせがたくさんあります。まずは…」
パロム「やっほう、パロムだい!特番は遅れちゃってごめんな!」
ポロム「にもかかわらず、ご好評いただきまして本当にありがとうございます。セルフィ様(>>422)、>>423様、
    >>430様、そして企画から何からお世話かけました356(>>427)様、多くのリスナーの皆様。これからも
    どうか、よろしくお願いいたします」
ローザ「ゼシカさんたちも、4人揃って楽しい特番をお届けくださった(>>431-436)事だし…あとは、セシル?」
セシル「あぁ。だけどちゃんと決まらないうちに言い出すのも良くないよ。…えっと、僕とローザ、それから
    カインにリディア、エッジの5人でお送りします『左の塔、改め愛の始発列車から(仮)』はまったくもって
    白紙の状態です。3月中にできればラッキー、くらいに思っているそうです」
パロム「ひでータイトルだ」
ポロム「それ以前に、なんだかそこはかとなく投げやりですわ」
セシル「ま、まぁカッコ仮だし……続いて次回の『左の塔』ですが、再来週になるかと思います」
パロム「ええぇ!?」
セシル「…代わりと言っては何ですが、14日のホワイトデーに、バレンタインデーのお返しをしたいと思います。
    と言っても、普通と少し違う放送をするだけですが…」
ローザ「ホワイトデー企画に参加くださる方は、これから出すクイズ…という程もない、簡単なお題の答えを
    お便りに書いてお送りください」
セシル「併せて、次回のゲスト、FF6のティナさんへのお便りも募集します。番組へのご意見ご感想も同様に、
    あて先は全て郵便番号838861、『左の塔から』までです。
    さて、それじゃあホワイトデーのお題を…ローザ、頼むよ」
ローザ「ええ、任せて。ホワイトデー企画のお題は……」



449 :Ending2:2006/03/11(土) 20:51:10 ID:vkahoFNv0
『ダイスに名前をつけて!!』

セシル「えっと、今週ケット・シーさんが振ったダイスに、名前をつけるという物です。メンバーはソロさん(DQ4主)、
    タバサさん(DQ5娘)、エイトさん(DQ8主)、ティナさん(FF6)、ユウナさん(FF10)、当たり目…は、シーモアさん
    (FF10)でした。この6人の共通点を探し出して、ご自分のセンスで名前をつけて下さい。
    たくさんの応募、お待ちしています」
パロム「そうだあんちゃん、>>403読んだ!?」
セシル「なんのことだ?」
ポロム「新作やら変な人やらの出現で、ここも危ないやも知れぬ…という話ですわ」
ローザ「そうね、ゆっくりとしたペースでやっている所はどこも大変だわ。リスナーの皆さんにも真面目な方が
    多いのか、一日に何度も来てくださる方もいて…」
セシル「ああ、窮屈な思いをさせてしまっているのが申し訳ないくらいだ。でも、僕らにできるのは
    楽しい番組を届けることだけだ…。とりあえず今は、ホワイトデーに向けて頑張るよ」
ローザ「『愛の始発列車』も楽しみだわ。サスペンス風味のタイトルだけど、どんな愛になるのかしら…」
セシル「いや、白紙の企画の仮タイトルだから、そんな…」
ローザ「濡れ場はNGでも、大人のキスくらいはいいかしら。ああでも、ふたりで一緒のベッドに入る所まで
    進んでしまっても……」
セシル「だから、倫理コードの問題じゃない!パロムとポロムのいる所で…」
ポロム「それ何て火サスですかー?」
パロム「えー、土ワイじゃねぇの?」
セシル「君たちは本当に5歳なのか!そんなドラマ見ていないで早く寝なさい!」
パロム「えー……」
ポロム「……えーんえーん、おかあさまー。番組中なのにおとうさまに怒鳴られましたわー」
ローザ「よしよし。駄目じゃないお父さん、もっと優しく寝かしつけないと」
セシル「な、なんでこんな流れに…と、とにかく次回もお楽しみに。あと>>446さん、ケット・シーさんが
    メールをご覧になって『ふにゃあ』と喜んでました。可愛かったですよ。
    ……では、お別れの時間です。さよなら……」

――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、ミシディア畜産業協同組合、
   砂漠のカイポビールの提供でお送りしました。

450 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 00:30:22 ID:VuZAF8TYO

 ,彡ソミヾ
《(C>=ゞミ
 リ、ー`.リ从<コンバンハ
 Zフ"こズゞ
 UソYヾ!J|l
/|ヽ|ヽ|\
ん、|ニ||ニ|くノ

451 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 04:01:14 ID:VuZAF8TYO
___ _
\ \|\
<ニニニ」 \_L\
/ //\_∧|/
/ // |>
/ //B> <B>||>
//| | <  ||>
| |\=/||

452 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 04:13:27 ID:VuZAF8TYO
ズレまくった…orz今度はどうかな?

   ___ _
   \ \|\
  <ニニニ」 \_L\
   / //\_∧|/
   / //   |>
  / //B> <B>||>
  //| | <  ||>
   | |\=/||

453 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 04:20:27 ID:VuZAF8TYO
また失敗…これで終わりにするわ。荒らしみたいなことしてすいませんでした

   ___ _
   \ \|\
  <ニニニ」 \_L\
   / //\_∧|/
  / //   |>
  / //B> <B>||>
 //| | <  ||>
   | |\=/||

454 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 07:34:51 ID:VuZAF8TYO
荒らしたお詫びに、今夜保守番組をさせていただきます。
…たいしたもんじゃないけどorz

455 :荒らしたお詫びに保守番組:2006/03/12(日) 19:35:23 ID:VuZAF8TYO

ユフィ「マテリアハンターユフィと…
ユウナ「スフィアハンターユウナの!


ユフィ&ユウナ「『ハンター&ハンター』!!


ユフィ「こんばんは〜ユフィで〜す。
    荒らし紛いのことをしちゃったバカプロデューサーのせいで、アタシたちが保守番組をやるハメになっちゃいました
ユウナ「まあまあ、どうせやるなら楽しくやろうよユフィ。皆さんこんばんは、ユウナです
ユフィ「そうだねユウナ…って何すればいいの?
ユウナ「ゲストをお呼びしてるから、とりあえずその人とトーク!
ユフィ「おっけ〜、了解!
ユウナ「では本日のゲストを紹介します。
    その甘いルックスと甘い言葉で女性を落とすレディハンター、DQ8のククールさんです!どうぞ!
ククール「こんばんは、素敵なレディ達。お会いできて光栄です
ユフィ「ゲッ、アタシの苦手なタイプ
ユウナ「ユ、ユフィ、失礼だよ…ククールさん、初めまして。今日はよろしくお願いします
ククール「初めまして。こちらこそよろしく
     例えユフィさんに嫌われたとしても、俺は知り合えただけで幸せさ
     だからユウナさん、君が気にすることはないよ
ユフィ「コイツ嫌〜帰りた〜い

456 :荒らしたお詫びに保守番組2:2006/03/12(日) 19:38:20 ID:VuZAF8TYO
ユウナ「え、えーと、ククールさんは元聖堂騎士団員で、今は孤児院を経営してるんですよね?
(※北米版エンディングより)
ククール「ああ。昔の自分と同じ状況にいる子供を救いたくてね
ユフィ「なんだ、アンタ結構イイ奴じゃん
ユウナ「結構って…私も孤児だったんでわかりますよ。
    親がいない子供は、家族代わりの友達が必要なんですよね
ククール「その通り。友達といると心が満たされるだけじゃなく、いろいろなことを学べる
ユウナ「なるほど。例えば?
ククール「口説き方、イカサマの方法、ツケの仕方…
ユフィ「そんなモン学んでどうすんだよ!
ククール「おやおや、ユフィさんだってマテリア盗みの方法を学んだのに
ユフィ「友達から学んだんじゃない!忍者の修行で身につけたの!
ユウナ「ユフィ、どっちにしても堂々と言えることじゃないから
ククール「ま、一番大きいのは人との付き合い方を学べることかな
ユフィ「アンタは全然学べてなさそうだけどね
ユウナ「だからユフィ、失礼だってば
ククール「学べてない…か。そうかもしれないな。
     マルチェロとは仲が悪いままで終わったし、マルチェロ以外の修道院の奴らにも白い目で見られてたしな…

457 :荒らしたお詫びに保守番組3:2006/03/12(日) 19:40:57 ID:VuZAF8TYO
ユフィ「おろ〜…しんみりしてるねえ。マズイこと言っちゃった?
ユウナ「そ、そんなことないですよ、ククールさん
    エイトさん・ヤンガスさん・ゼシカさんと、ドニの町の人たちは慕ってくれてるんでしょう?
    これは人との付き合い方ををちゃんと学べてるってことですよ
ククール「ありがとうユウナさん。あなたは素晴らしい女性だ
ユウナ「そんな…
ククール「そんなあなたと素敵な夜を過ごしたい。どう、今晩一緒に…うわっ!
ユウナ「ちょっとユフィ!いきなり手裏剣投げないで!
ユフィ「こいつが本番中にユウナを口説くからだろ!落ち込んでると思ったら口説く準備してたのかよ!
    ククール、ユウナにはティーダっていう彼氏がいるんだよ!人のものを、しかも本番中に口説くんじゃねえ!
ククール「素敵なレディだ…どう、俺と一夜を共に過ごしてみないか?
ユフィ「ざけんなヤサ男〜!マテリアも持ってないクセによ!
ユウナ「あの…マテリアを持ってればいいよ、ってことなの?
ククール「わかった、そのマテリアとやらを持ってくるよ。どうすればいいんだ?
ユフィ「え〜っと、コスモキャニオンていう所の天文台に…
ユウナ「ユフィ!!

458 :荒らしたお詫びに保守番組4:2006/03/12(日) 19:44:42 ID:VuZAF8TYO
ユウナ「…なんだか番組がめちゃくちゃになってしまいましたが、最後に次回のゲストを決めます
ユフィ「へ?次回あんの?
ユウナ「やるかどうかはわからないけど、とりあえず決めるんだって
ユフィ「うっわ、プロデューサーいいかげ〜ん
ユウナ「そ、そう言わずに。ゲストはダーツで決めます。投げた矢が当たった所の方が、次回のゲストです
    今回の的は、「トレジャーハンターの的」
    DQ3カンダタさん、DQ4トルネコさん、FF3ポールさん、FF6ロックさん、FF9ジタンさんの中からゲストが決定します
    外れた場合は、DQ8のゲルダさんがゲストになります
ユフィ「『左の塔から』のダイスのパクリじゃん。しかも人選微妙だし
ユウナ「番組独自のゲストの決め方が思いつかなかったみたい
    ククールさん、準備はいいですか?
ククール「完璧さ。いつでもできる状態だよ
ユウナ「では的を回します…どうぞ!
ユフィ「パジェロ!パジェロ!
ユウナ「ユフィ、それ番組違う…あっ、当たった!次回のゲストは…ロックさんです!お楽しみに!
    ククールさん、今日は本当にありがとうございました!
ククール「こちらこそありがとう
ユフィ「みんな、またね〜!

459 :放送終了後:2006/03/12(日) 19:46:33 ID:VuZAF8TYO
ユフィ「ユウナお疲れ〜
ユウナ「お疲れ様、ユフィ
ユフィ「結構楽しかった〜!ユウナはどうだった?
ユウナ「私も楽しかったよ!ラジオ番組ってことで少し緊張しちゃったけど…
ユフィ「ね〜またやりたいよね
ユウナ「プロデューサー次第っすね
ユフィ「そうだね〜いいかげんなプロデューサーがやる気になってくれないと
ユウナ「やる気になってくれることを祈るしかないっすよ
ユフィ「そうっすね
ユフィ&ユウナ「あはははw
ユウナ「じゃ、帰ろっかユフィ
ユフィ「うん、帰ろ帰ろ!

460 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/12(日) 22:36:28 ID:VuZAF8TYO
寝る前に保守しときますね。もしよければ番組の感想を聞かせてください

461 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/13(月) 07:49:45 ID:EzyelXbCO
〆---−、∧
| †.|||
|.!._i||
川.゚.-゚ノ<カソッテマスネ
ハ´╋゙iつ
U!.┃.|||
ノl!._」||
 |ー}|-}||
  ̄  ̄

462 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/13(月) 11:08:05 ID:fTn2eo/C0
>>449
ダイスの名前ねえ…
「ハーフダイス」
「混血ダイス」
これぐらいしか思いつかねえええええええええorz


463 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/13(月) 14:16:40 ID:fTn2eo/C0
飯食って帰ってきた。…いや、ダイスの名前は思いつかないままだけどw
ま、いいや。ティナへの質問書いとこう

ティナは俺より年下なのに(俺は今年22)、大人びてしっかりしてるのはどうして?
俺はまだ大人になれていない気がする…というよりいつまでたっても大人になれそうもないorz
ティナが大人な理由を教えてください…

    ,⌒ヽ
   | ´∞⌒`ヽ
 ! ( ノリ ^))
  ノ(( 。 ゚ ヮ゚人
     ⊂,==)つ
     く___j
     し'ノ」


464 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/13(月) 14:31:23 ID:fTn2eo/C0
       _
      /    ヽ            __
    / /  ̄ヽ \          f /ヽr─、
   /         fFr-○、_____ ! l   //ヽー 、
    l |   | r  ̄ ゝ::::/        \   l   ィ -、 \
   |    ヽ   /`゙/           ヽ /   \\l
    |    ノ   |_/  |     /    /~ ̄`'、 ̄`ト ヽ !
    |   /   ∫        /.     .|     l   | ト、 | 
     |      |       l   f|.ノ    |  | | | |
    ノ       /'|      |   .|  ィーr、 l  |/ |/
    / イ  |   /  l    , -、,|   |   |:::!  /  |   |
   / ノ    /   \ (  ノ ノ ノ  └'  |
      l    /       丶○_ノ ノノ      /
     ヽ |ヽ|   _ -─‐-、_ノ  -,---- ' ~
      ヽ| `' 

465 :貼り直し:2006/03/13(月) 14:34:12 ID:fTn2eo/C0
   ,⌒ヽ
   | ´∞⌒`ヽ
   ! ( ノリ ^))
  ノ(( 。 ゚ ヮ゚人
    ⊂,==)つ
     く___j
     し'ノ」


466 :貼ってばかりで御免:2006/03/13(月) 16:06:06 ID:fTn2eo/C0
   /~~~\_    //^\_
  |::: r~~ ○----|\/ \
  |::: `::://:   ///~|/~\:::|
  `:: /| |::  /:::/|~~:| |:|::|:
   |:: :/ |:::::__| :::| ___../ |/|:|
 /|: ::/ \(v/:/ !! |  |
   | |:: ...___○..____...ノ
   \`<::___.... v\)
      /:ハノ/~’)
     ( (...):'___:::|__
      \(~^\ノ':' )
      ノ|.\...).::~~
    -|~~:::|--//
  ~~~~::`/|:: ):
    ~~ ~_|: /'_
      ../:: :):)__
      |__r`'-... ~:>
       ~~ ```~



467 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/13(月) 20:43:33 ID:EzyelXbCO
あちゃ〜投下したAAずれちゃってる…
き、気にしない!そんなこと気にしないで保守!

468 :1/5:2006/03/13(月) 22:41:01 ID:lMDX7ZK+0
ゼシカ 「J( 'ー,`)し ごめんね ゼシたん タケシにあやまらなきゃ」
ヤンガス「(`Д) うるさい死ね あやまるな殺すでげす」
ゼシカ 「……誰を殺すでげすって?もっぺん言ってもらおうじゃないの!」
ヤンガス「す すまんでげす しかしいきなりそんな事を言われてもコピペどおりに返すのが礼儀と思って」
ゼシカ 「まあいいわ >>436-439及び>>441さんにあやまらなくちゃね
      別に>>430さんの質問をスルーしたわけじゃないんだけどね」
ヤンガス「もともとあっしらの番組はその場その場でカキコんでいるわけじゃないでげす
      前々から台本を作って実際の放送に際して多少推敲しながら投稿しているのでげす」
ゼシカ 「だから前々から誰にどのようなレスをするかはちゃんと決めているし 追加でレスをしなきゃいけなくなったら
      本筋に影響が無いようにこまごまと台本をいじっているわけよ」
ヤンガス「たまたま>>403さんの質問は都合上スルーをしなくてはいけなかったわけでげす わざとではないんでげす
      正直スマンカッタげす」
ゼシカ 「私に土下座されてもねぇ〜 まぁ そういうわけでホント!すんませんしたーっ」

       (⌒i⌒)∩
      ⊂/ニ×ニ,ノy /
      /   /ノ川   イナバウアー
≡≡≡≡し'⌒∪    \
     '┴┴ ┴┴'

ヤンガス「なぜあっしが誠意をもってあやまろうとしているのに……しかし凄い山盛りでげすな……うっ 鼻血が」
ゼシカ 「こうしてAA貼り付けてもなんだかわからないのにあんたはいやらしい想像力だけはたくましいわね〜」

469 :2/5:2006/03/13(月) 22:46:12 ID:lMDX7ZK+0
ゼシカ 「そいで>>430さんへ 私は別に気に入っているところなんてないな」
ヤンガス「そういわずに あっしはエイトの兄貴の気に入っているところであればどこでも行くでがす」
ゼシカ 「あんたこそ答えになってないじゃない というよりなんか嫌な思い出のところばかりでねぇ」
ヤンガス「まあゼシカ嬢の気持ちもわかるでげすな 次は>>440さん
                       ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;
                      ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;
                      l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;
.                      ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソ
                     ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    ┏┓    ┏━━┓        l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l          ┏━┓
┏━┛┗━┓┃┏┓┃        | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |            ┃  ┃
┗━┓┏━┛┃┗┛┃┏━━━ ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/━━━━━━┓┃  ┃
┏━┛┗━┓┃┏┓┃┃      l  ,:'   _ ヽ       .l;;;;;;;//-'ノ.           ┃┃  ┃
┗━┓┏━┛┗┛┃┃┗━━━ ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' / ━━━━━━━┛┗━┛
    ┃┃        ┃┃         ', i、-----.、       `''"i`'''l              ┏━┓
    ┗┛        ┗┛        ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,            ┗━┛
                        ヽ ヽ〈    i|          Vi゙
                         ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   //
.                         ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./
.                          ヽ.  ̄´   / ,、 ' /

470 :3/5:2006/03/13(月) 22:47:19 ID:lMDX7ZK+0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II リニューアル第8回

ゼシカ 「ククールと二階からイヤミ男と海原はるかとトロデ王と 嫌な面子ばっかりねぇ あ〜やだやだ」
ヤンガス「まあ確かにモリーのおっさんは落ち武者ヘアーでげすが しかしエイトの兄貴は出てるんでげすかねえ」
ゼシカ 「>>442のアグリアスさん >>443のユウナさん ちゃんと保守してくれてありがとうね」
ヤンガス「さあ今週こそまさに正念場でげすな >>444-450さんの番組はいつも面白いでげすな
      まったくあっしらも見習いたいでげす」
ゼシカ 「そうね つくづくこの番組の中のプロデューサーを恨みたくなるもんね ネタがつまんないときとか」
ヤンガス「>>451-454さんの番組が>>455-460で出ているのでげすか でこの男はどこのセフィロスでげすか」
ゼシカ 「『セフィロスのAAができた!!』スレのクラウドならこうでしょ
      _    
      \ \!\
    <ニニ 」 \.L.,  
      |/.//\ ∧
     // /|| __ヽ|>
    / / /9> <9>||>
    |/| /|.  ¨   ||>
      | |\_三_/|
      V | |   」
ヤンガス「そりゃすまんでげした しかし一度見たら忘れられない顔でげすな」
ゼシカ 「番組のほうだけどね 私はハンターといえば柳生博をまず思い出すな」
ヤンガス「そのネタ分からない人も最近は増えたと思うでげすがね でククールは相変わらずでげすな」
ゼシカ 「あいつは確かに cunny hunter (スラングで「女たらし」の意味)ねぇ」
ヤンガス「ゼ ゼシカ嬢 さすがに放送禁止用語でげすそれは せめてキラーハンターと言ってくれでげす」
ゼシカ 「なに 悪い?○○○ハンターと言って?おまけにどこでもイヤミ男の話題もでてるし ったく」
ヤンガス「(冷や汗) と とにかく素晴らしい番組でげした 聴いてて楽しい気分にさせてくれて ありがとうでげす」

471 :4/5:2006/03/13(月) 22:48:04 ID:lMDX7ZK+0
ゼシカ 「遅くなったけど今日のゲストをお呼びしました〜」
ローラ 「こんばんは ローラです」
ヤンガス「ローラといえばラダトームの……と思ったがどうみても王女様には見えないでげすな」
ゼシカ 「FF6に出てくるマランダにお住まいの方よ」
ヤンガス「おお そりゃ失礼したでげす まだカイエンのおっさんとは文通を続けているのでげすか」
ゼシカ 「(相変わらずあんた遠慮ということを知らないわね)」
ヤンガス「(ま またしても失礼したでげす……)」
ローラ 「ええ ずっと文通してます 確かにカイエンさんから全てを聞かされた後も まだやりとりをしてます」
ゼシカ 「ふ〜ん どんなことをお話しているのか非常に興味あるわ〜」
ローラ 「ちょっと恥ずかしいかも さすがに手紙の内容は言えないです」
ヤンガス「まあそれが当たり前でげす 秘密の手紙をわざわざ公開する人はいないでげすから」
ゼシカ 「それがねぇ 今回カイエンさんからお手紙をお預かりしていてね ぜひこのラジオで読んで欲しいんだって」
ローラ 「えっ」
ヤンガス「本当にいいんでげすか ゼシカ嬢? しかしそれがカイエンのおっさんの頼みとあれば構わないでげすが」
ゼシカ 「『ローラ殿へ 今までうそをつきつづけてきたことを許してほしい
     本当はわしは 二十代のハンサムイケメンで 筋骨隆々で 東大卒で 株で百億の資産があって
     渋谷を歩けばギャルが近寄ってきて ブラッド・ピッドと交友関係があるなんて 全部うそでござる』」

<CM>
それは、ひろゆきと削除人の物語
『ゴルァモナープロファイル2ch -ギコメリア-』 2006年6月22日発売
発売 スクヴヱア・工二ツクス 開発 トライFOX★
    +
     へ    へ      +
    //',',\ /,⊂⊃ヽ
 _//〃',〃ヽ∧_∧|  +  ゴルァ!!!
  ゝ'〃',〃.,/';"(,, ゚Д゚)  .・.・:☆
  ´〃///〃⊂    つ
         / / /      +
+        し' し'

472 :5/5:2006/03/13(月) 22:49:21 ID:lMDX7ZK+0
ローラ 「それはわかっていました うそであることくらい」
ヤンガス「全然驚いていないでげすな しかしカイエンのおっさんには本当ショックでげす」
ゼシカ 「ローラさんはどうして何もリアクションが無いの?えらい達観していそうだけど」
ローラ 「実は私も同じような いやもっとひどいうそを手紙に送っていたのです
     ミス帝国コンテストで10回優勝 九ヶ国語ペラペラ スタイルはゼシカさん以上にムチムチボディー
     田園調布に豪邸を持っている まあその他いろいろと」
ヤンガス「しかし変でげすな お互い面識はあるはずでげすが 少しくらいは知っていそうな気がするでげす」
ローラ 「うそというものはつき続けると 雪だるまみたいに膨れ上がります そしてだんだん自分のうそに酔ってしまい
     最終的には虚構の世界に自らが取り込まれてしまうものです」
ゼシカ 「お互いがその悪循環にはまってしまった ということね」
ヤンガス「なんというか 深く考えさせられるでげすな」
ローラ 「でもこれでスッキリしました 明日からは正直に生きていきたいです」
ゼシカ 「そう思ってる?まあ改心したならしたでいいことだけど この番組がダシに使われたような気がするな〜」
ヤンガス「まあ 別にそれはそれでいいでげす ハッピーエンドで終わるのであれば」
ローラ 「さて 今週末の合コン 楽しみだな 相手の方になんて紹介しようかな ワクワク」
ゼシカ 「なんだかんだいってちっとも反省してなさそうね それじゃ番組閉めましょ」

この番組は、ユーザーと中古店からの怒りとクレームが頂点に達し
今もなおガタガタふるえているレ○ルファイブと
   V
  ,「",ヘヘケ、      (⌒シキヾつ
<,,r'メ゚ C゚).  ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < いっこうに新作の動向が見えないミ○トウォーカーの提供で
  /フつ     ┴  ⊂(ー(ー))  お送りしました〜
 .ん/ 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「あれ?スポンサー変わったの?」
ヤンガス「なんだかんだいって あっしはVP2はとても楽しみでげす さすがに自虐ネタは使えないでげす」
ゼシカ 「代わりが今更ながら さ あ ふ え る が い い ワカメの会社ねぇ」

473 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 07:10:56 ID:hmMCpT26O
ダイスの名前かあ…「異種族間の愛の結晶ダイス」なんてどうかな?

474 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 15:56:19 ID:gH+A9ftGO
ダイスの名前…「いたストPSPにオレも出せ」ダイス?

475 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 20:20:10 ID:hmMCpT26O
ダイスの名前考えるついでに差し入れしようと思ってたのに忘れてた○| ̄|_

ホワイトデーということでチョコクッキーの差し入れです!どうぞ〜

つ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

476 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 21:39:36 ID:hmMCpT26O
ダイスの名前もう一つ。
「奇跡の愛の結晶ダイス」。
相いれない種族同士の二人の間に生まれたからってことで

477 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 23:13:08 ID:hmMCpT26O
おやすみなさい保守
(´-`)zzz

478 :左の塔から・White day:2006/03/14(火) 23:15:54 ID:xiSX/ETBO
セシル 「こんばんは、セシルです。今日はホワイトデー。先月の今頃たくさん頂いた差し入れに、
    感謝の気持ちを込めてお返しします。よろしくお付き合い下さい。

    さて…早速始めましょう。今夜はお題のダイスで当たり目だった、FF10よりシーモアさんに
    お越し頂きました。こんばんは。異界からわざわざありがとうございます」
シーモア「どうという事はありません。
    …出来れば正式に、ゲストとしてお招きいただきたかったものですが」
セシル 「すみません。……でも…。言いにくいのですが、そんな体では…」
シーモア「あぁ、私が透けて見えているとおっしゃる」
セシル 「…はい。今回、普通より短時間でお送りするつもりですが、それでも…
    お体が保つか、>>475さんから頂きましたクッキーが食べられるのか…
    …何かと心配なのですが」
シーモア「ははは。こうでもしないと私が異界の者だとわかって頂けないでしょう。
    いわば演出のようなもの。私がもはや死人ではなくあちらの住人である事を
    みなの目により確認して頂きたく、このような姿をしているに過ぎないのです」
セシル 「…なるほど。でも…ラジオは姿まで伝わらないのですが…」
シーモア「ぐぅっ…」


479 :White day 2:2006/03/14(火) 23:19:11 ID:xiSX/ETBO
セシル 「ホワイトデーのお題ですが、何と言うか…あまり考える余地のないものだったね。
    お題としては良いものではなかったか…すみません」
シーモア「>>462殿の『ハーフダイス』『混血ダイス』…まぁこれは妥当なセンですか」
セシル 「はい、皆さん人間と異種族とのハーフの方なんです。
    天空人、竜神族、幻獣…種族は様々だけど、人の住む世界と交流をほとんど持たない場合が
    多いみたいですね」
シーモア「……それ故の悲劇も、少なくありませんが」
セシル 「そうですね…例外はタバサさん位ですか」
シーモア「>>473殿は『異種族間の愛の結晶ダイス』、>>476殿は
    『奇跡の愛の結晶ダイス』…フン、美しくまとめましたね」
セシル 「…シーモアさん……」
シーモア「愛の結晶など、幻想化も甚だしい……我々は結晶などでは…モノではない!!」
セシル 「そういう意味じゃないでしょう!」
シーモア「…何ですか。スピラにおける異種族の愛の結晶がすなわちクリスタルだ、とでもおっしゃる。
    つまりユウナ殿と私がつむぐ物語こそがクリスタル伝説であり、ファイナルファンタジーは
    ここで再びクリスタルの物語に原点回帰したと!そうおっしゃりたいのですか!!」
セシル 「違うと思います!少し落ち着いて下さい!」

480 :White day 3:2006/03/14(火) 23:30:43 ID:xiSX/ETBO
セシル 「ユウナさんと言えば、先日新番組のパーソナリティーとして登場しましたね(>>455-459)」
シーモア「ユフィとかいうやかましい相方を制する技量はさすがユウナ殿です。
    私もあちらの世界から楽しませて頂きました」
セシル 「……シーモアさんは敵役の印象が強いのですが、何だか…
    …すっかり、丸くなられましたね……」
シーモア「それが異界クオリティです。貴方の兄君も『いいですとも』の一声で人格者の相を呈するではないですか。
    あれと同じ理屈ですよ」
セシル 「はぁ…でも、兄さんは死んではいないのですが…」
シーモア「ぐっ……」
セシル 「あっ、えっと、もうひと方、>>474さんのつけてくれた名前です。
    『いたストPSPにオレも出せダイス』」
シーモア「…まぁ、出番を頂けるのは確かにありがたいのですが」
セシル 「出演確定した方(>>440)を見れば、意味は通りますが…」
シーモア「しかし、報告をうけた後の『美女とヤンガス』(>>468-472)が何とも凄まじい」
セシル 「反り返るわ、巨大な雄叫びをあげるわ、確かにいつも以上にパワフルでしたね…
    ドラクエ8勢からの多数の出演、おめでとうございます」
シーモア「まあ、このような愉快な面々と、盤上での駆け引きを繰り広げるのは愉快でしょうな」


481 :White day last:2006/03/14(火) 23:36:52 ID:xiSX/ETBO
セシル 「お題に答えて下さった皆さん、どうもありがとう。次回の『保守人ラジオ・左の塔から』は
    24,25日辺りに放送予定です。ゲストはFF6よりティナさん、お便りはまだまだ募集中です」
シーモア「新作発売の週に来られないのも悲しい話ですな」
セシル 「…その代わりにでもなれば良かったけれど…。
    ともかくシーモアさん、脈絡のないところをお越し頂きありがとうございました」
シーモア「公然とユウナ殿の番組にエールを送れて満足致しました。今のままでは
    電波越しにつき纏う他ありませんので…」
セシル 「……わずかながら力になれて何よりです。
    ラジオの前の皆さん、今日は真夜中にお邪魔しました。できる限り皆さんのお便りを集めようと
    考えての事でしたが…>>477さん、早寝を心掛ける皆さん、待たせてしまってすみません。
    また次回、左の塔でお会いしましょう!今日はここまでです。さよなら…」



482 :コピペミス訂正:2006/03/14(火) 23:40:21 ID:xiSX/ETBO
3レス目最後のシーモアの台詞が、推敲し損ねて変になってるので訂正。

「このような愉快な面々と盤上での駆け引きを繰り広げるのは至上の娯楽となるでしょうな」

483 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/14(火) 23:55:05 ID:hmMCpT26O
眠ろうとしても気になるからスレに来てみたら…
な〜んだ、セシル来てるじゃん!今日来るはずだったのに来られなくなったのかと思ってたよ(゚ε゚)
ま、これでぐっすり眠れるようになるからいいや。
あ、プロデューサーさん、訂正乙です!私は別に訂正しなくても良かったと思うけど…
今度こそ本当におやすみなさ〜い

484 :356:2006/03/15(水) 07:38:26 ID:IT53x7dlO
おはようございます、356です。
双子三組の画像を再うpすると言っていましたが、今日見てみたらまだ消えていないようなので再うpはやめました。
代わりと言っては何ですが、DQ8に一応関係のある画像を見つけたのでURLを貼っときます

http://c.pic.to/50vqq
http://b.pic.to/4ak8l

※PM7:00〜AM4:00の間はPCからのピクトへのアクセスを制限しているので、
PCから見る場合はその時間帯を避けてください。
(携帯からはいつでも見られます)

485 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/15(水) 10:13:00 ID:rsWWQkLy0
いよいよ明日、FF12が発売ですよ!
日にちが変わった途端に、これでもか!ってぐらいにスレが立つのかな…
ただでさえ板違いのスレやポーションスレや駄スレがいっぱいあるのに、
これ以上乱立したらどうなるんだろ。
ここも危なそう…どうかこのスレが生き残りますように!
生き残ってFF12のキャラが番組のゲストとして来てくれますように!

486 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/15(水) 19:58:36 ID:IT53x7dlO
また来て保守age
スレ乱立の波に負けずに生き延びてくれますように

487 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/15(水) 21:01:20 ID:YkRTeI+o0
いまだに12を当日買うか買わないか迷っています…
やっぱり自分、年を取ったということですね。
セシルさん達やヤンガスさん御一行、双子の皆さんはどんな時に年を感じますか?

488 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 00:11:14 ID:rnWrJb9jO
FF12発売おめでとうage

489 :488:2006/03/16(木) 00:12:44 ID:rnWrJb9jO
とか言いながらsageてた…orz

490 :緊急age:2006/03/16(木) 06:55:33 ID:rnWrJb9jO
報告です!
さっき自治スレに行ってきたのですが、8時間レスのなかったスレがdat落ちしたとのことです。
このスレを愛するリスナーの皆さんは、「6時間以上レスがなかったら何か書き込む」をできるだけ実行してください!
このスレのため、番組のプロデューサーさんのため、パーソナリティの皆さんのためにも保守をお願いします!

491 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 10:57:08 ID:rnWrJb9jO
人多杉になって書き込めなくなっているかと思いきや、そうでもないようですね。
iMONA(携帯用の2ちゃんねるビューアのようなもの)からじゃなくてもアクセスできるし…
でも油断は禁物。FF12系スレ乱立の波に負けまいと他スレ住民が必死で保守しているので、ここが危ないことに変わりはありません。
とりあえず今日一日は自分がまめに保守しておきますが、自分の保守の書き込みだけ、というのもスレ的にあまりいいものではないので、
他の住民の方々もできるだけこのスレの保守に協力してください!お願いします!

492 :ここらで一曲:2006/03/16(木) 14:09:48 ID:3hyD77WZO
『鳥人勇者 4主マン』

4主 4主 4主マン
Let's go 飛び出せ
Oh 4主 4主 4主マン
鳥人勇者 4主マン

人と鳥との ハーフさ
緑の髪の 4主マン
熱い恨みの 魂
燃えろ ぼくらの4主マン

空のどこかで
いつも剣(ツルギ)を振るうよ
たぶん 竜族 呼んだから

4主 4主 4主マン
きみの胸に
4主 4主 4主マン
Let's beat マスドラ
4主 4主 4主マン
きみの胸に
Oh 4主 4主 4主マン
鳥人勇者 4主マン


※「天空人=鳥」ネタについては
『DQ歴代主人公が雑談するスレ』参照のこと
※元ネタ:『鳥人戦隊ジェットマン』


493 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 16:02:13 ID:deHEntTs0
♪              ,'´.__ _ヽ        ┌────────────────-┐
                    ( /メ))ヘ ) ♪     < >>492はトロデーン在住・半竜バンダナ │
          ♪   (ソゞ( ゚∀゚)          | さんのリクエストでした!         │
          ___ __○___つヾ____ └────────────────-┘
        /δ⊆・⊇ 。/†::† /δ ⊆・⊇。/ |
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.  |
      |           | :::  |          |   |

494 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 16:11:32 ID:rnWrJb9jO
>>492さん、>>493さん、保守乙です!

495 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 16:54:10 ID:0O7XuvY40
保守!!!!!!

496 :緊急age!:2006/03/16(木) 20:34:47 ID:rnWrJb9jO
>>495さん保守乙です!
自治スレにまた行ってきました。驚いたことに、今朝7時に書き込みのあったスレがdat落ちしたそうです!
まめに保守してもdat落ちのしてしまう可能性が非常に高くなってきました。
縁起でもない話ですが、dat落ちした時のことを考えておくべきだと思うので、自分の意見を勝手に延べさせていただきます。

1.dat落ちした時の新スレについて
dat落ちしてすぐに立ててもまたdat落ちする可能性が高いので、FF12スレ乱立の波がおさまってから立てるのがいいと思います。

2.新スレを立てる人について
前スレも前々スレも番組の出だしから始まっているので、できればプロデューサーさんに立てていただきたいです。

3.避難所について
このまま保守を続けてdat落ちしたら避難するか、今のうちに避難するかのどちらかが考えられます。これもやはりプロデューサーさんに判断していただきたいです。
避難する場合は、もちろんFF12スレ乱立の波がおさまるまで避難所にいるのが無難だと思います。

スレ主でもないのに仕切るようなことをして本当に申し訳ありません。
プロデューサーさん、他のリスナーの皆さん、今ここを見ていらっしゃったら何か意見をお願いします!

497 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 21:30:49 ID:3hyD77WZO
>>496
前から言いたかったが、お前は少し落ち着いた方がいい。
出来ればスレは存続して欲しいが、祭りで圧縮スパイラルが起きている以上、落ちる時は落ちるだろ。
落ちたとしてもお前さんが責任を問われるわけじゃないんだから、あんまし騒いで他人を戸惑わせるんじゃない。

本題。番組プロデューサーがスレを立てるべきって判断は妥当だと思う。だから、リスナーとしては
時間のある人間が保守し続けるしか策はない。
出来ればネタで盛り上がりたいのだが…この状況じゃ厳しいか。つくづく番組制作者さん方の凄さを思い知ります。


498 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 22:29:29 ID:rnWrJb9jO
>>497
ご意見ありがとうございます。おっしゃる通り騒ぎすぎでした。申し訳ありませんでした。
このスレはあまり人が来ません。普通なら48時間以内に保守すればいいのでそれでもよかったのですが、
今はこの通り祭りの状態です。ですので、どうしてもこのスレを存続させたくて保守の呼び掛けをしていました。
落ちるときは確かに落ちるので仕方ないとは思います。ただくどいようですがこのスレはあまり人が来ないため、dat落ちしても
「人が来ない上に前スレも前々スレもdat落ちしてるから、次スレは立てなくていい」
とプロデューサーさんやリスナーの方々が思う可能性が高いのではないかと考えていたのです。
特に「美女とヤンガス」のプロデューサーさんは番組の中で「他の番組の方が面白い」というような自虐をパーソナリティに言わせていたので、このスレがdat落ちしても無関心なのでは…と案じていました。
…今思うと「冗談を真に受けるなよw」と笑われるようなことですけどねw
先走ってはいましたが、住民の方々を戸惑わせる意図はなかったことをご理解いただきたいです。
あと、保守はこれからも続けていきますので、皆さんもできれば時間のある時に保守をお願いします。

499 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 23:54:44 ID:rnWrJb9jO
騒がせてすみませんでした。これを今日最後の保守にします

500 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/16(木) 23:57:36 ID:VQBskocj0
えーと……もう一度自治スレ行ってきたほうがいいと思うぞ。

501 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 00:10:26 ID:1Ni9vP/nO
あ、ごめんなさい。確か規定数に余裕ができたんでしばらくは安泰なんですよね。
書き込んだ後に自治スレに行ったので、またしつこく保守をしてしまいました、すみません。
もう、騒ぎ立てることはありませんのでご心配なく

502 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 00:19:00 ID:XU/wQ1LO0
規定数増加は勘違いだったみたいだよ?
日付変わってから圧縮起きた。

ついでに言うと、このスレ今容量が468KB。
保守レスの分も考えると
さほどネタを書ける余裕は残っていないと思うので、
素直に落としてしまうのも一手。
多少なり状況が沈静化した頃合を見計らって、プロデューサーさんに
スレ立てしてもらうとか。

503 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 00:27:32 ID:1Ni9vP/nO
>>502
それがいいかもしれませんね。はあ…一人で騒いで無駄なことをしてしまった。
今考えるとレスがあまりつかなかったのは自分が騒いでるのを苦々しく思った人が多かったからだろうな〜…
「何携帯厨が一人で騒いでんだよ」みたいな感じで。
とりあえず今はプロデューサーさんからのレスを待ちますか。

504 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 06:05:26 ID:VhGfVF+4O
500レスで容量限界近くって凄いな

505 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 11:47:58 ID:p+I4SNAG0
ほしゅ

506 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 17:45:31 ID:VhGfVF+4O
プロデューサーさんが来るまで保守でいいの?

507 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 20:42:51 ID:1Ni9vP/nO
>>506
それでいいと思います

508 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/17(金) 23:41:50 ID:VhGfVF+4O
了解

509 :1/4:2006/03/18(土) 01:01:03 ID:mk3Q0XpD0
FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」 II 番外編

ゼシカ 「みなさんこんばんは〜!ゼシカ・アルバートで〜す!」
ゼシカ 「……」
ゼシカ 「FF12祭りで外は大騒ぎで スレ保守のために急遽番組をやることになったんだけど」
ゼシカ 「……」
ゼシカ 「そういえば今日はヤンガスは不思議のダンジョンの打ち合わせで外出していて
      私ひとりでこの番組やるんだったなぁ」
ゼシカ 「……」
ゼシカ 「本当に一人でDJというのはなんか慣れないな……」
ゼシカ 「……」
ゼシカ 「誰でもいいから話し相手が欲しいんだけど……ゼシたん寂しい……」
ゼシカ 「んっ こんなところにヤンガスの書置きが?あいつ 私のこと心配してくれているんだ」
ゼシカ 「なになに……『夜空が月のペンダントで着飾る頃 私は船着場であなたが来られるのを待っています』」
ゼシカ 「な なんですか この手紙は!?」「これは もしかして……」
ゼシカ 「『ほんの冗談でげす 驚かしてすまんでがす』 はぁ〜 びっくりしたじゃない」
ゼシカ 「続きがあるわ『とりあえず先の放送で挨拶していなかったリスナーへ返事をするでげす』」
ゼシカ 「それでは はりきって いきまっしょい!」

             (⌒シキヾつ
         ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 今日は変則的な放送形態だけど
    ──── ┴  ⊂(ー(ー))   気にしないでね!
 .  / 旦       旦  \)
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

510 :2/4:2006/03/18(土) 01:02:03 ID:mk3Q0XpD0
ゼシカ 「しかし挨拶といってもねぇ……前回の放送がよっぽど不評だったのか
      この番組に向けてお便りよこしてくれているリスナーさんがなかなかいないわねぇ」
ゼシカ 「おっと >>475さん クッキーの差し入れありがとう と言いたいんだけど
      セシルとシーモアたちに全部食べられてて私の分ないのよ」
ゼシカ 「気持ちはありがたいんだけど 味について感想を述べられなくてごめんね でもね
      >>478-482の放送聞いていると本当におもしろくてそっちでお腹いっぱいになったわ
      私にとってはどっちも感謝してるわ」
ゼシカ 「>>484さん 携帯から見てみたわ このFF風DQキャラというのはどこかで見たことがあるよ
      まあ仕事人GJ!だけどね あともう一つの絵 私のコスプレね 眼の部分がハートで覆っているのは
      ちょっとマイナスな印象を与えるけど とっても似合うじゃない」
ゼシカ 「>>492さん 私にとって4の主人公といえばブロッコリーなのよ 次はそれで替え歌作って欲しいな♥
      でもねっ よく出来ていて ヤンガスだったら思わず口ずさんでたかもよっ」
ゼシカ 「>>493さん えーと 誰だっけ? けれどああいうDJ 私もやってみたいな〜 でも彼がリクエスト……ねぇ?」
ゼシカ 「それと」
ゼシカ 「それと、今週になっていろいろと盛り上げてくれている方 どうもありがとうね
      たしかにFF12の影響で数々のスレが落ちやすい危険な状態になっているけど スレは落ちる時は落ちるのよ
      落ちたらまた立て直せばいいだけの話じゃない 落ち着いて ねっ♥」
ゼシカ 「……さてヤンガスの手紙の続き 『スレの容量が470KBを超えているでげす もし新スレを立てるとするならば
      ここはひとまずボランティアの人をつのるか 500KBくらいになって誰も立てようとしなければ
      あっしが 中の人にかけあうでげす とにかく焦らないのが肝心でげす』」
ゼシカ 「でも 誰か新スレ立ててくれると嬉しいなっ 圧縮が落ちた直後は特にね」

511 :3/4:2006/03/18(土) 01:03:19 ID:mk3Q0XpD0
<CM>

ヾ._、_ヾつ  コーヒーはMAX
( ,_ノ` ))
     ζ
    [ ̄]'E
.      ̄
ヾ._、_ヾつ   千葉と茨城と栃木でのみ味わえる・・・
( ,_ノ` ) )
  [ ̄]'E ズズ
.    ̄

ヾ._、_ヾつ  限られた者だけが飲むことを許される・・・
(  ◎E) )


ヾ._、_ヾつ   まさに私のための魅惑の一杯・・・
( ,_ノ` ))
         ガチャ
    [ ̄]'E
..     ̄

    〃〃∩ヾ._, ,_ヾつ
     ⊂⌒(( `Д´)) < 甘ーーーーー!!!
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ジタバタ

MAXコーヒー。それは ゼシカの味。
ttp://www.tone.ccbc.co.jp/products/index.html

512 :4/4:2006/03/18(土) 01:04:25 ID:mk3Q0XpD0
ゼシカ 「ヤンガスからの手紙、続きがあるわ 『次回は必ずゲストを呼んでくるでげす 番組の形態も
      またゼシカ嬢とあっしの2人に戻るでげす』」
ゼシカ 「まあそんなわけで 今日だけ 私一人の番組でした みんな付き合ってくれてありがとう」
ゼシカ 「それじゃあ またね 保守はさりげなくよろしくね スレが落ちそうなら次スレ立ててね」
ゼシカ 「ばいばーい」

             (⌒シキヾつ    この番組は、ユーザーと中古店からの怒りとクレームが頂点に達し
         ●┬●ノノ ゚ヮ゚*) ) < 今もなおガタガタふるえているレ○ルファイブと
    ──── ┴  ⊂(ー(ー))   いっこうに新作の動向が見えないミ○トウォーカーの提供で
 .  / 旦       旦  \)    お送りしました〜
 ./                \
  ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄

ゼシカ 「……」
ゼシカ 「ヤンガス……」
ゼシカ 「あいつ……手紙書いてくれたわりには最後まで私に対するお詫びの言葉が一言もなかったわ」
ゼシカ 「き〜っ まったく失礼ね 次の番組では覚えてなさい〜っ!!!」

513 :「ハンター&ハンター」プロデューサー(仮):2006/03/18(土) 03:18:13 ID:lMMLdecVO
夜中に失礼します。次スレをとりあえず立ててみようとしたのですが、ダメでした…
テンプレみたいなのを一応作ったんで、置いていきます。
これを参考にして他のプロデューサーさんやリスナーのどなたかが、時間に余裕のある時に次スレを立ててくださればと思います。



ユフィ「ユフィで〜す!みんな元気?
ユウナ「皆さんこんばんは、ユウナです!
    始めてきた方にここの説明をいたします。このスレはFFやDQのキャラがDJとして、
    ラジオの番組をやっていくスレです。新しいラジオ番組やその合間のCMは、常に募集しています!
ユフィ「過去スレを下に置いとくよ〜



前々々スレ:FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1104697259/l50

前々スレ:FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」2
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1117465281/l50

前スレ:FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」3
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1130333409/

保管庫:
ttp://oyaba3.hp.infoseek.co.jp

514 :テンプレもう一つ:2006/03/18(土) 03:20:54 ID:lMMLdecVO
ユウナ「では次に、今放送している番組を紹介します
ユフィ「今このスレでやってる番組は、



「美女とヤンガス」II リニューアル byゼシカ&ヤンガス(プロデューサーが二代目)

「左の塔から」 byセシル(放送日は未定だが、特番を放送予定)

「“Boy Meets Meats”」(長編CM) byパロム&ポロム
(『左の塔から』とプロデューサーさんが同じ)

「ハンター&ハンター」 byユフィ&ユウナ(PC不所持の携帯厨がプロデューサー)


    で全部だね!
ユウナ「リスナーの皆さん、よろしくお願いします!

515 :最後に:2006/03/18(土) 03:30:22 ID:lMMLdecVO
次スレを立てる際は、「ハンター&ハンター」を番組リストから外しても構いません。
番組をこのスレで続ける、と正式に(と言うと大袈裟ですが)決めたわけじゃないんで。
できればPCの方に代わりにプロデューサーとなってもらいたいんですが、いないならいないで仕方ないと思ってます。
勿論、番組を続けると決めた場合はちゃんとスレ内で告知しますんで、そこのところをよろしくお願いします。
では、夜中に失礼しました。

516 :『保守人ラジオ・左の塔から』 第12.345回:2006/03/18(土) 10:30:30 ID:OB/ApHvSO

ぴーんぽーん……。

セシル「おはようございます、セシルです。
   僕らが来られない間、ここを盛り上げ、支えてくれた皆…本当にありがとう。
   状況が許すのなら、今すぐにでも番組をお届けしたいのだけど…
   前回のホワイトデー以来、まだ臨時の機材しか用意できない有様なんだ…。
   ……シド、どのくらいかかりそうだ?」
4シド「んあ!?…あー…。4,5日かのぅ」
セシル「…と、いう訳だけど…でも、どうせなら、最後までこの場を使い切って
   しまいたいんだ。前回の無念を晴らす意味でもね。
   そこで…引っ越し前最後の『左の塔』として、僕とローザ、カインとリディア、エッジの5人で
   特番を見切り発車させてしまいたいと思います!

   …急ごしらえなので、サスペンスも愛もかなぐり捨てた、ただの雑談になってしまうけど…」
ローザ「私は構わないわ。5人集まれるだけでも大快挙ですもの」
セシル「ローザ…ありがとう。

   ………どこにいたんだい?」


517 :2/2:2006/03/18(土) 10:31:51 ID:OB/ApHvSO
セシル「僕たち出演者、そしてスタッフ一同で、システム復旧次第すぐに
    特番を放送できるよう準備を整えています」
ローザ「ですが、残り容量、他番組との兼ね合いなどの問題もあります。
   何より、現在の場で特番をお送りするとなると、この厳しい状況で
   リスナーの皆さんに保守を4日ほど強いてしまう事になります」

セシル「…問題が様々ありますので、
   3月22日までに『スレが落ちず』、『残り容量が15KB以上』だった場合に限り、
   この場で5人揃っての特番をお送りする事にします。
   そうでなければ、引っ越し先に行って最初の放送を特番にします。
   余裕のある方は、特番に対するご意見をお寄せ下さい。僕たち5人への
   メッセージなども受け付けます」
ローザ「あて先は郵便番号838861、『左の塔から』までです。
   何かとあわただしい時期ですが、皆さんの声をお待ちしております」
セシル「よろしくお願いします。
   …お知らせは以上です。またいつか、会いましょう。
   今日も良い一日を。さよなら…」


518 :おまけ:2006/03/18(土) 10:56:24 ID:OB/ApHvSO
セシル「…忘れるところだった!>>475さんからのクッキーを僕たちが頂いてしまったので、
   代わりにココアクッキーを持ってきました。THK本部に届けておくので
   ゼシカさん、ヤンガスさん、スタッフやリスナーの皆さん、ご自由に召し上がって下さい」
ローザ「プロデューサー様方、そしてゼシカさん(>>509-512>>513-515)、昨晩は
   お疲れさまでした。クッキーでひと息いれて、これからも頑張りましょう。
   媚びる所のない、すっとしたココアの苦味が、コーヒーにも相性抜群です」


セシル「あと、万が一の時だけど…僕たちはどうも誰かが場所を作ってくれるのを
   待つしかないようなんだ。すまない。
   建てられた暁に、精一杯その場を支援する方針で行く事にします。よろしく頼むよ」

519 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/18(土) 11:12:48 ID:+LtgwvKg0
新スレ立てました。
とりあえず本スレの埋め立て、次スレの盛り上げ、よろしくお願いします。

FF・DQお悩み相談ラジオ「美女とヤンガス」4
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1142647555/l50

520 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/18(土) 13:24:42 ID:OB/ApHvSO
>>519
乙です。

521 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/19(日) 00:26:03 ID:Q6MbN/uJO
>>519
乙です!

522 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/19(日) 07:09:59 ID:Q6MbN/uJO
埋めてみる

523 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/19(日) 22:05:39 ID:LjOcXVf2O
一応こっちもあげるか

524 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/20(月) 07:52:27 ID:h5j5ZrBK0
そして保守

525 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/20(月) 10:09:44 ID:vQF79cHp0


526 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/20(月) 15:51:33 ID:SgE64xYU0
現在482KB

527 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/21(火) 02:57:44 ID:oBhpnHiTO
とりあえずカキコ

528 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/21(火) 11:23:40 ID:p70PS/xAO
埋立

529 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 01:42:18 ID:JOwExbJuO
埋没

530 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 10:16:43 ID:BTSWANJH0
使いきれるかな…?

531 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 15:56:18 ID:BTSWANJH0
まだ書き込める?

532 :『保守人ラジオ・左の塔から』 番宣:2006/03/22(水) 16:21:35 ID:e8xmpGwi0

――魔法国家ミシディア、とある花屋にて――

カイン「…あと、その黄色い花も頼む……。
    ……ありがとう。明日はめでたい日なんだ。 親友と共にラジオに出演する…」
女性客「花屋さん、こんにちは。すみませんが、こちらの……あっ!痛っ……

    ……きゃああ!どっ、泥棒〜〜!!」
カイン「………! ――待てっ!!」

   ・・・・・・・・・・・・。

カイン「…捕まえたぞ、観念しろ。そのバッグを返してもらおうか。
    抵抗しても無駄だ。………返せと言っている!!」
男  「―――ぐわっ!…うぼあっ!」
カイン「…荒っぽい事をしてしまったな。だが、せっかくのよき日に悪事を働く
    貴様が悪いのだ。…二度とくだらん真似をするな」
男  「………」
カイン「…わかったな。それじゃあ……」
男  「ううううぅぅッ…………!!」

    「ウワアアアアァァァァーーーーッ!!」

カイン「む……?」
     ド ス ッ !
カイン「ぐっ……ううっ………!」
     ばたっ……。

――残り容量推定16KB。皆様の保守に感謝しつつ、『左の塔から・埋め立てスペシャル』を
  明日のお昼に放送します。お楽しみに。

533 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 17:52:22 ID:XW+5LGY6O
(・∀・)ウメチャウヨ

534 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 18:16:36 ID:VGMalCak0
うわーーーカイン、何があったんだーーー!?なんまんだぶなんまんだぶ…

535 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/22(水) 19:25:27 ID:edZf4vdT0
カイン、さすが鳥人w

536 :『保守人ラジオ・左の塔から』埋め立てスペシャル:2006/03/23(木) 12:59:58 ID:FXOGSfX10

ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぽーん…。

セシル「 こんにちは、セシルです。
     春分の日も過ぎて、これから昼の時間がどんどん長くなる。…もうすぐ、春だね。
     でも、バロン周辺はこのごろ風の強い日が多くて、世の中がとても埃っぽい気が
    するよ。それに、まだまだ寒さが残る地域もある…。
     春を満喫するためにも、自分自身と身の回りを清潔に保って、元気に過ごしていこう。
     日差しが徐々に強さを増しているから、晴れた日には洗濯が気持ちよく出来るよ。

     …さて、こうして『埋め立てスペシャル』を放送できたのは、>522-530の皆さんの
    的確な保守のおかげです。まずは僕から、感謝の辞を述べたいと思います。
    新しい場所にうつっても、楽しい番組を送りたいという気持ちを忘れずに
    頑張りたい。よろしくお願いします。

     ……この後はいよいよ、5人そろってのトークをお届けします。
    今日もお楽しみに!」

   ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、赤い翼航空便、
      DAMCYAN Media Factory 、ザラキ教の提供でお送りします。

537 :埋め立て2/7:2006/03/23(木) 13:05:36 ID:FXOGSfX10
セシル 「 お待たせしました。月での決戦を共に乗り越えた、僕の仲間たちの登場です!」
ローザ 「 ローザです。いつも夫がお世話になってます」
リディア「 リディアです、こんにちは!今日はよろしくね!」
エッジ 「 ……で、明らかにひとり足りない訳だが」
リディア「 なによ、いきなり文句ばっかり!あいさつくらいちゃんとしてよっ!」
エッジ 「 へーへー。ラジオの前のみんなー、エッジ様ですよー」
セシル 「 ……そうなんだよな。ちゃんと呼んだはずなのに、まだカインが到着していない…
     …道中でなにかあったのかな」
エッジ 「 こんな日くらい来たっていいのにな」
リディア「 迷ってるのかな?」
セシル 「 …心配だな、実はお便りも来ているんだ。>>534さんと>>535さん。この言い方だと、
     何か大変なことが彼の身に起こっているような気がしてならない…」
エッジ 「 しかし、大変だって事以外なんもわからんな。535に至ってはこれ、褒め言葉じゃねぇ?」
セシル 「 ……とりあえず、4人で番組を始めようか。質問のお便りが届いて…」

      ガ チ ャ

カイン 「 ………待たせたな……」
エッジ 「 おめぇ!」
セシル 「 カイン…来てくれたんだな。ありがとう…」
カイン 「 あぁ…」
セシル 「 どうした?顔色がわるいぞ…ちょっと待ってろ!」
カイン 「 なに……どうという事は無い。ただ…」
セシル 「 ただ…?」
カイン 「 子守りは…疲れる……」

538 :埋め立て3/7:2006/03/23(木) 13:08:19 ID:FXOGSfX10
パロム 「 なーんだよ、だらしねぇ兄ちゃんだなぁ!」
セシル 「 わっ、君たちも来たのか!」
ポロム 「 私たち宛ての質問が来ているので、お答えにあがりましたわ。
     その道中、花束を抱えつつひったくりを撃退中のカイン様を見かけまして…」
カイン 「 出会い頭にボディーブロー、続いてヘッドロックに羽交い絞めの連続技に、
     約一名の毒舌を浴びせられながら、ここまで来た…。
      ああ、そうだ。…特番、おめでとう……。……これはお祝いだ」
セシル 「 あ、あぁ。綺麗な花束だ…。お前も出演者なのに、わざわざ済まない…。
      とりあえず3人とも、そこに掛けてくれ」
ローザ 「 質問というのは、これね。>>487さん。『FF12を買おうか迷ってます。自分も年ですね。
     皆さんはどんな時に年を感じますか?』」
エッジ 「 おいおい、双子のガキにする質問かぁ?」
ポロム 「 あら失礼な。私達だって、自分の年齢を感じる時くらいありますわ。
     未熟な子どもとして、ですが」
パロム 「 ま〜、オイラはまだまだ発展途上。先が長くないオッサンやじーさんに
     未熟だなんだって言われたって、へでもねぇけどなっ!」
エッジ 「 えれぇ強気だな…」
リディア「 でも、そんな言い方ってないわ。大人になるのって、怖くて、大変なことでも
     あるんだから…長老さまやほかの大人たちの言う事も、ちゃんと聞かなきゃダメよ」
パロム 「 う…」
ポロム 「 ほぉら。あんたってばやっぱり、何も考えてない!」
パロム 「 う、うっせーやい!」
ポロム 「 …さて、私たちはこれにて失礼しますわ。午後は呪文の書き取りテストですの」
セシル 「 そうか。忙しいところをすまなかったね」
エッジ 「 …おめぇ、なんか言いたそうだな」
カイン 「 いや…俺はこの短い時のために、苦しい思いをしたのか、と…」

539 :埋め立て4/7:2006/03/23(木) 13:10:54 ID:FXOGSfX10
セシル 「 僕ら5人にも質問が来ているね。27-35で絵も描いてくれた、次スレ26さんから。
      まずはローザ、いいかな。『白魔道士になっていなかったら、何になっていたと思う?』」
ローザ 「 それは…およめさん、でしょうね。わが家は当主…私にとっての父を早くに亡くし、
     跡継ぎの男の子も生まれなかったから、もしも白魔道士として軍に入らなかったら、
     恐らくは本家に……つまり、“ファレル”一族全体を統率している家に、花嫁として
     迎えられたと思うの」
リディア「 白魔道士なら、お嫁に行かなくていいの?」
ローザ 「 それとこれとは別よ。白魔道士になったのは、戦士の道を歩むセシルの助けになるため。
      ……もっとも、軍に入ってから縁談の類があんまり来なくなったのは確かだけど…ふふ」
エッジ 「 こええ嫁さんだな、おい」
ローザ 「 あら、なにか別の目的があったとでも?」
エッジ 「 …いや、すんませんでした」
セシル 「 えっと…次行こうか、リディア。『幻界で暮らし始めたとき、戸惑ったことってある?』」
リディア「 えー…いきなり連れてこられて、こわいモンスターばかりで最初は驚いたけど……
     でも、みんな心は優しかったし、楽しかったし、特に困ったこともなかったよ」
エッジ 「 でもよ、幻獣となかよしの召喚士つっても、おめぇは人間だろ?幻獣ばっかしの世界で
     3食ひるねはちゃんと確保できたのかよ」
リディア「 うん。アスラ様やシヴァ、それにラムウのおじいちゃんとか、人間みたいな姿の幻獣は
     やっぱり暮らしも人間に似ているの。
      旅の途中でよく作った、小麦粉ダンゴのスープとチシャの葉のサラダだって、アスラ様に
     最初に教わった料理なんだ。人間の口にもとっても合ってたでしょ?」
ローザ 「 まぁ、そうだったの!」
リディア「 へへ。…でも、そんな風にすごした皆が、戦いの時にはものすごい力を発揮するんだよね。
      普段の暮らしより、そっちの方が戸惑ったよ」
エッジ 「 へぇ。平和な世の中なら、案外違わないもんか」

540 :埋め立て5/7:2006/03/23(木) 13:13:23 ID:FXOGSfX10
セシル 「 カインにはこんな質問が…『ガリって呼ばれていることについて、どう思う?』」
カイン 「 ……」
エッジ 「 “うらぎりくん”よかマシじゃねぇ?」
カイン 「 ………訊きたくなる気持ちは、よくわかるがな。俺はカイン・ハイウインドだ。ガリでも
     ゲイでもガイでもない」
エッジ 「 後ろふたつはまた違うだろ」
カイン 「 いずれにせよ、ここの住人たちが俺を評価しての呼び名ならば、甘んじて受けるより
     他ない。 …あまり喜ばしいことでないのもまた事実だが、それが…それが今のこの俺の
     実体なのだろう……」
セシル 「 カイン…」
エッジ 「 たぁーもー、時間ねぇからまいていくぞ!俺宛ての質問は何だ!」
リディア「 勝手に進めちゃだめでしょ!」
エッジ 「 このまま辛気臭くなるよかマシだ!」
セシル 「 わかったわかった、読むよ…だから机の上に立たないでくれ。
     カインも、そんなに自分を責めるな…」
カイン 「 ………ありがとう」
セシル 「 えっと…エッジへの質問。『“ぬすむ”は忍者の秘術?それとも自力で習得したの?』」
エッジ 「 惜しいな。足して2で割ったカンジだ」
リディア「 えっと…忍者の自力?」
エッジ 「 なんでそーなる。あのな、相手を確実に仕留めるための術、刀術の一種なんだが…これを
     俺がアレンジしたのが“ぬすむ”だ。相手の懐に飛び込むまでは本家と同じなんだが、
     そこで刀を突き立てるのではなく、道具袋の中身を拝借する、と。
      人が物を持つ場所なんて、だいたい限られてるからな。魔物相手にゃちょっと難しいが…
     …まぁ、単独行動をしてても補給には困らない、便利な技なのさ。行儀は悪いが」
ローザ 「 おかげで月でも、矢が尽きることなく戦えたわ」
エッジ 「 だーろぉ?」

541 :埋め立て6/7:2006/03/23(木) 13:27:15 ID:FXOGSfX10
セシル 「 最後は僕か。『暗黒騎士からパラディンになった時の気持ち』…」
ローザ 「 私はよく覚えてるわ。ゾットの塔で、あの時ほど貴方の強さと優しさを感じたことは
     なかったもの…。あ、でも今も寝室で、優しいタッチと強い……」
セシル 「 そういう事じゃない!…ともかく、そうだな…あの時は自分でも不思議な気持ちだった。
     一刻も早く仲間を助けねばと焦ってもいて…でも、とても穏やかな心だったんだ」
エッジ 「 矛盾してね?」
セシル 「 だから、説明が難しい…そうだな。暗黒騎士だった頃は、僕自身とはかけ離れた負の力に
     心を奪われないのが第一、それで精一杯だった。
      でも、聖なる力は…僕と共にある、僕の心と共鳴する力なんだ。だから、自分を信じ、
     真に守るべきものの為に戦える。だからこそ、強くなろうと…」
     ……実際は、仲間を守れない事も多かったが…」
リディア「 セシルのせいじゃないよ!あれはみんなの戦いだったのよ!」
エッジ 「 だな。おめぇひとりでいいカッコしたいのかよ、そりゃないぜ」
セシル 「 …ありがとう。
     ……残った時間で、他のお便りにもお返事しようか」
ローザ 「 そうね、まずは>450さん、>451-454さん、>461さん、可愛い絵をどうもありがとう」
セシル 「 >483さん、待たせてすまなかった。深夜放送はあれが最初で最後だから、これからは
     早寝早起きで応援してくれ」
カイン 「 その後、新作発売(>485-486)か…」
セシル 「 この数日間は他の場所の勢いもすごかったから、冷静さを失ってしまうのも
     無理はない。…そんな中、一番に声をあげてくれたゼシカさん(>509-512)、
     一曲送ってくれた>492-493さんには感服しました」
エッジ 「 懐かしいな。最後に黒が死んだのと主題歌しか覚えてねぇけど、
     『ジェットージェットージェットマーン♪ 結構鳥だぜー♪』ってな」
リディア「 ……えぇ?」
ローザ 「 …JASR●C回避とウケを同時に狙ったのよ。そんな目で見ないであげて…」
エッジ 「 だーっ!哀れむな!」

542 :埋め立て7/7:2006/03/23(木) 13:30:32 ID:FXOGSfX10
セシル 「 さて、そろそろ終わりの時間かな」
ローザ 「 この場所があるうちに、356さんの要望にお応えできてよかったわ」
セシル 「 容量のことをすっかり忘れてしまっていたからね。急ぎ足だったけど、皆の保守のおかげで
     なんとかお届けできたよ。あらためてお礼を申し上げます」
エッジ 「 んじゃ、これから引越しか?」
セシル 「 ああ、そうだ、次回のことについて少し…ティナさん宛てのお便りも来ている事だし、なるべく
     早めにやりたいとは思っているのだけど…」
カイン 「 なんだ?」
セシル 「 その…引越しの準備が……あっちもこっちも大変らしいんだ。
     今週はこれにて失礼して、来週、年度末か4月に入っての放送になりそうだ」
リディア「 ティナちゃんもその時に来るんだね」
セシル 「 ああ。なので皆さん、次回の通常放送、FF6よりティナさんをお迎えしての『左の塔』は
     来週以降になります。お便りはひきつづき募集中なので、あちらのスレに質問、メッセージ
     などをどんどんお寄せください」
ローザ 「 あて先はいつも通り、郵便番号838861、『左の塔から』までね」

セシル 「 みんな、今日は来てくれてありがとう。久しぶりに会えてよかったよ」
リディア「 あたしも!またいつでも呼んでね!」
エッジ 「 ん、まぁ、国王会談ってことにしとけばじいも文句言わんだろ」
カイン 「 ……電波にのった時点でばれるだろうな」
エッジ 「 うっせぇよ!」
ローザ 「 ふふ、やっぱりにぎやかでいいわね」
セシル 「 ああ。元気そうでよかった…。
      ラジオの前のみなさん、そろそろお別れの時間です。次回もお楽しみに。さよなら…」

     ――この番組は、いいですとも伝道サポーターズ、赤い翼航空便、
       DAMCYAN Media Factory 、ザラキ教の提供でお送りしました。

543 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 13:44:42 ID:xfcyU+/F0
ローザがエロいことやってくれなかったのが残念だなあ(・∀・)ニヤニヤ
でも面白かったよ(・∀・)ニヤニヤ
また何かやってほしいよ(・∀・)ニヤニヤ

544 :おまけ:2006/03/23(木) 13:55:25 ID:FXOGSfX10
 つ ttp://www.super-sentai.net/sentai/jet.html
(昨日の番宣も、某関連サイトの改変でお送りしました)

セシル 「 …少し調べてみたんだけど、なんだか他人事とは思えなくなってきたよ……」
ローザ 「 '91年の作品、5人の戦士と三角関係、主人公と敵幹部との因縁…
     …確かに共通点が多いわね」
リディア「 メンバーもなんとなく似てる気がするよ。おしとやかで、でも好きな人に一途にアタックを
     続けて、最終回でとうとう結婚できたホワイトは、ローザみたいだし」
ローザ 「 あら、思い人のレッドも素敵なひとよ。真面目で勇敢で、悩みを乗り越えて戦う強さも
     持っていて…」
セシル 「 ……」
カイン 「 何故お前が照れる」
セシル 「 いや……その、彼のライバルだったブラックも魅力的な男性だね。クールだけど情に篤い。
     少しストイックなところもどことなくカインにそっくりだ」
カイン 「 残るふたりもまた好感を持てるキャラクターだな。元気いっぱいなアイドル的存在、どこか
     リディアと似たポジションの女の子、ブルー。そしてイエローも……」
エッジ 「 …………なんだよ、そんな目で見て」
カイン 「 いや………」
リディア「 …………」
ローザ 「 …………」
セシル 「 ……やっぱり、よそはよそ、うちはうち…か」
カイン 「 良いこと言った、さすがレッドだ」
エッジ 「 な、なんだよお前ら!急にどうしたんだよ!」
セシル 「 いや、いいんだ。みんな、今日はお疲れ様。ゆっくり休んでくれ」
3人  「 了解」
エッジ 「 うぉい!!」

545 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 14:03:03 ID:Wn5wLU/90
http://85.255.113.83/users/fill/web/xxx.wmf
http://www.youareanidiot.org/

546 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 14:14:00 ID:FXOGSfX10
さて、今回の埋め立てスペシャルで、残り2KBまで埋まりました。
>545は番組とは無関係なので皆さん気をつけてください。それでは。

547 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 15:18:35 ID:xfcyU+/F0
ちょwwwエッジだけ仲間外れwwwwテラカワイソス

548 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 16:39:59 ID:jv3K2JH00
>>545
日本語だと「お〜ま〜え〜はあ〜ほ〜か」だな。
ブラクラには違いないが声が変わった気が。

549 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/23(木) 18:34:16 ID:pb8AlW6NO
出演者の皆さん、お疲れ様!
そしてプロデューサーさん、いい番組にしてくれてありがとうございます!
特番をリクエストした身として、本当に嬉しいです。これからも期待してますんでがんばってください

550 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/24(金) 06:52:06 ID:rI6BBjLpO
埋め立て

551 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/24(金) 10:10:38 ID:jjSpA9jF0
>>545
有名なブラクラキタ━━━━━━━(゚∀゚;)━━━━━━━!!!!!!!!!!
埋まるからいいが、あんまりそういうのは晒すなよ
知らない人が踏むと大変だから

552 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/24(金) 11:58:09 ID:rI6BBjLpO

,.、-―-ツヽ
,.ィ===、ノ|
i.j」、i_j,」
|l(_゚.ー゚l|<ウメトクゼ
ノイ宝'!ヽ
/U=コ='!U
∠んレ个!ゝ
 |ー}|-}
  ̄  ̄

553 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/24(金) 20:34:29 ID:rI6BBjLpO

 ,〆―v―,
 /:⌒!⌒ヽ
.|/ノ)))ヽ|
.||(゚.ヮ゚ノ<ウメマスワ
.l_|(つ†つ|
  |**|
  ハ:◇:ハ
 /*  *\
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

554 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/25(土) 06:50:23 ID:IbKfQKzbO
まだ埋まり切らないの〜?

555 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/03/25(土) 13:38:10 ID:hZT74rV70
. ♪               /^YV            ,〃彡ミヽ
   , -=- 、 "     ,、 ,ヘ  |(キ)// ♪      "  〈(((/(~ヾ》
   ,i", -v-w}    ,「"^ ヘ ケ、~^//   (⌒シキヾつ.   ヾ巛゚ ∀゚ノ っ"♪
  ,'メ" ´∀`)っ〃 <,,r' ゚.:_っ゚メ)っ〃 ノ {ミ*゚ー゚) っ   /~'i':=:゙ ノ
  ( lっ|v|_lノミ    (っ;;;;;;\;;;;)ノミ  (  (っ-=')ノ.   ん.」つヾlノ
 "  ( ヽノ  ♪"  !、_,j,ハ_j_j  "   /、,j_,!_ゝ ))   i†=>=>ノ "
    し(_)      し  J    "   し`J        |ー |-|
                    、 、 ,             ̄  ̄
                  ヾ -_-)7
  キング キング キングアックス ⊂{_,,_ ̄_)⊃ キング キング キングアックス
                   /__|



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)