5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

このお題でFFDQのSSか絵を描くスレ

1 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/09(月) 22:52:25 ID:go0qGtZS0
復活しました。
今度は絵でもいいです。


2 :枯れた名無しの水平思考:2006/01/09(月) 22:55:50 ID:FhxO9Bmw0


3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/09(月) 22:58:08 ID:go0qGtZS0
一応説明すると
スレ住人でお題を決めて、それに沿った小説なり絵なりを描くというスレ。
前にもスレ立ててtやっていたけど倉庫落ちしたので、何故か今復活。
ただ、お題の決め方とかは変えても良さそう、というか変えたほうがいい

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/09(月) 23:06:46 ID:go0qGtZS0
前スレのログが見当たらないので、憶えてる限りのことを書くと、

・誰でも参加していい(初心者歓迎)
・書き手はトリップをつける(強制ではないが推奨)
・限度を超える下品なもの、性的なものはNG
・リクエストはNG
・特定のシリーズやキャラクターのお題はNG(書き手が限定されるため)

他にもあった気がするけど、憶えてるのはこれくらいです

5 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/09(月) 23:07:57 ID:Wm7MRmLQ0
リクエストはNGってのはなに?

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 12:35:41 ID:t36Ej6UK0
               ,;''';,
              ,;'  ';, ,.,.,,.,.,    ,,
              ,;'   -‐   `"' ;' ';,
             ;'    ●       、',
             ;      ( _ ,   ● .;  
             ,'、       `ー'   ;'  …ですよね
             ;' ,             .,; '
        ,; '' ;, ,;', '        " "';  
       ;'   "              :; . . . . .
       ;:  ,            '" " ;'  :;:. :. :. :. :.


7 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 18:29:36 ID:Bcf+xQMSO
つまり何をすれば?

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 18:55:15 ID:UtxxdJsD0
特定の数をGETしたやつが題を出すってのはどうか。
その題にそって、SSやら絵やらを書いて、皆で批評する。
SSは面白く、絵は上手く描ける香具師は神。早く仕上げればなおよし。

以降100の倍数GETした者が新たな題が提出する。

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 20:48:55 ID:sLqed6LZO
携帯厨の絵師も参加可ですか?
他スレにいたとき、携帯から絵をうpしたら、PCの人から絵が小さすぎるともにょられますた
ものすごく小さく表示されるらしい

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 22:23:58 ID:Dg8qf6QX0
>>8
それは難しいのでは。
無駄な雑談が入ってしまえば何も投稿されずに次のキリ番迎えてしまうし

11 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/10(火) 22:39:33 ID:/FstxrfB0
>>8
20の倍数でいいんじゃないか?

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 03:42:19 ID:PX6sedSCO
お題のレス番に違うこと書かれたらその直後に出たお題レスを採用、で良いんじゃね?

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 12:55:44 ID:a51Y4l370
まぁとりあえず、次のお題は>>20が出すと言う事で。その次のお題が何番が出すかは、>>20の題で、
どれだけ盛り上がるかで決めると言う事で。

俺は+100ずつ…つまり>>120>>220〜って感じのが良いと思うけど、あまり盛り下がるようなら、20とか50の倍数でも良いし。

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 13:30:14 ID:4KzskR590
>>5
○○を描いてください〜とか、描き手を催促するのは禁止ってことでしょう。
お題を見て自発的に描きたい人が描くというスタンスのスレ
まあとりあえず適当にお題出してやってみればいいんじゃね

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 13:45:19 ID:g68GCK71O
じゃあ、流れも特に気にせず、だいぶ前の…確か第1回目のキャラ

ハッサンから始めるか?


16 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/11(水) 13:56:29 ID:ObBxuqgR0
前々スレの保管サイト。
ttp://yotsuba.saiin.net/~1001ya/odai/index.html
現在、管理人ラトームさんが消息不明につき、保管サイト運営の有志募集中。

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/12(木) 22:45:42 ID:S7pkVbSM0
>>20までなかなかレスがつかないようなので、お題決めてしまおう

<<勇気>>

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/13(金) 21:08:48 ID:yVwC1BorO
期待age

19 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/13(金) 21:55:47 ID:r1oIPvXBO
というからには

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/13(金) 23:16:24 ID:rOBldTMJ0
早くお題だしなよ。あげ。

21 :名無し:2006/01/13(金) 23:17:13 ID:vPSYfy1k0
よよよ

22 :名無し:2006/01/13(金) 23:29:15 ID:vPSYfy1k0
早くぅぅぅぅぅうぅぅぅうぅぅぅ!!

23 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/13(金) 23:32:33 ID:QLB/b6jp0
もう少し書く気をそそるようなシチュエーションの題考えてくれや。

24 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 00:41:24 ID:oJiDaHfvO
ミレーユと近親相姦しているテリー

25 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 00:46:57 ID:u3YJVRou0
>>4をきっちり読んでからにしてね。

26 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 01:04:09 ID:isEk0QqdO
じゃ、もう>>27で良いんじゃね?

27 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 01:29:18 ID:mxzVYsod0
マドハンドと大魔人の信頼

28 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 14:14:56 ID:8hMSG+nA0
うんこ

29 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 20:41:52 ID:b3vX+tmzO
ちょwwwwwwwお前ら真面目にやれwwwwwwwwwwwwwwwwww

30 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 22:39:35 ID:1cN+EIPsO
大魔人が「ハグハグシテー」ってうるさいから
全力で死ぬほどハグハグしたら
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-」ってなった。
最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「モルスァ」みたいなこと言いながらすごい勢いでサントハイム方面に飛んで行った。

31 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 22:48:48 ID:SfuSTSOW0
>>30
マドハンドの身長で大魔人の首元をチョップするのは無理がある。
足首をつかんで投げるならわかるが。
よって駄作

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 22:52:40 ID:1cN+EIPsO
ちょwwwwwマジレスされたwwwwwww

33 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/14(土) 23:22:02 ID:VPDLcGZp0
次のお題は>>40以降で初めて<<>>で囲われたものを採用ですね〜

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/15(日) 00:58:09 ID:kGgE/1yEO
よし、ksk

35 :チラシの側面 ◆DQ3eoieD.Q :2006/01/15(日) 02:32:15 ID:LzZUy5Ab0
土に埋もれし小さき者よ
我を誰だと心得る
岩をも砕くその豪腕
天までそびえるその巨体
大地揺さぶるその両脚

土に埋もれし小さき者よ
命惜しくば去るが良い
我は厄災もたらす者
我は惨劇もたらす者
我は万物滅ぼす者

土に埋もれし小さき者よ
そなたはなにゆえ逃げぬのか
逃げる術を持たぬのか
解る術を持たぬのか
語る術をも持たぬのか

土に埋もれし小さき者よ
我は天涯孤独の身
巨大な魔神と恐れられ
触れば祟りに遭おうとて
敬遠されし悪魔なり

36 :チラシの側面 ◆DQ3eoieD.Q :2006/01/15(日) 02:33:21 ID:LzZUy5Ab0
土に埋もれし小さき者よ
我は欲する物が在る
力あれども手に入らぬ
地位があれども手に入らぬ
我と無縁なその存在

土に埋もれし小さき者よ
我を受け容れられるなら
我はそなたに求めたい
我はそなたと戦いたい
我はそなたを守りたい

土に埋もれし小さき友よ
いつでも我を呼ぶが良い
例え業火に包まれようと
例え氷河に包まれようと


例え勝利が見えずとも
我はいつでも駆けつけよう



マドハンドは仲間を呼んだ!
なんと大魔神が現れた!

37 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/15(日) 02:52:43 ID:l7hyV6EjO
うはwGJwww

38 :カエル:2006/01/15(日) 11:55:01 ID:0BuPTWCU0
お前らめちゃくちゃ気を揉む言い方だなあ
オレが出してやる






<カエル>

39 : ◆53Y/v00RHI :2006/01/15(日) 22:07:06 ID:0mZKId540
「トード!」
一声でみじめな小さい生き物となった。
そう、カエルの姿に変えられたのだ。
いったい何故こうなった?
よく思い出せない。
カエルの脳みそなんて小人が食べるパンの耳よりずっとずっと小さい。
そんな頭で物事を考えたりするのはどうにも不愉快だ。

とりあえず水が張られた桶があったので、思いっきり飛び込んだ。
どうも生ぬるい、それが妙に快感だ。
一分、二分と経つうちに、ほどよい湯かげんになってきた。
だんだん身体の芯まであったかくなる、やけに水がどろどろとしてきた……
色んな野菜が投げ込まれてきた。
なんだこれは、さっきよりも熱い。


「はい、エッジ。今日のおかずは蛙入り野菜シチューよ」
「ほー、こいつが晩飯か。それじゃいただきまーす……って食えるかこんなもの!」
「ひどーい」
リディアはそう言いながら無理やりエッジに食べさせようとする。

口論となった場所はファルコン号の厨房。
そこでリディアが料理をしていたところに、セシルが飛び込んでしまったのだ。
『危うく食われるところだった』
セシルは鍋から這い上がって外に出た。

40 : ◆53Y/v00RHI :2006/01/15(日) 22:08:18 ID:0mZKId540
「私の作ったもの食べてよ!」
「うるせー!よくもこんなもん作りやがって、こんにゃろ、こんにゃろ」
「あああ、ごめんなさい」
家庭内暴力に発展しそうな勢いだったため、セシルはもう見ていられず
たまらなくなって二人の傍から離れた。

ふとローザが恋しくなって、セシルはそのままの足でバロン城を訪ねた。
「セシルさん?カエルになってどうしたんですか。ローザ様なら
 塔におられますよ」
番兵に聞いたとおり左の塔の最上階へ行くと、そこではんてんを着たローザが
黒魔導師や白魔導師といっしょに鍋をつついているところだった。
『また鍋か…』
ローザの隣にいくとみんなが箸を止めてじっと見つめてきた。
「あら、セシルじゃない。皆さんで飲んでまーす」
『だいぶ酒が入ってるな』
全員顔が真っ赤で湯上り状態だった。
「セシルさんじゃないですか、僕たちと飲みましょうよ」
酒を勧められ丁寧にお断りするセシルに一人の黒魔導師がからんできた。
「なんですか、ノリが悪いっすねー。そういえばセシルさん、あなたを
 カエルにしちゃったの俺なんすよ、すみませんでした」
『なんだって?早く元にもどしてくれないか』
セシルは怒ってぴょんぴょん飛び跳ねるた。
「いいっすよー、じゃ……トード!!!!」
その瞬間、セシルは豚に変わってしまった。
「あっ、すみません、ポーキーでした」

41 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/15(日) 22:09:31 ID:0mZKId540
黒魔導師たちがどっと笑う中、セシルはローザに拉致られた。
「かわいいからペットにしよ」
セシルは抗った。
『よせー、はやく何とかしてくれ!』
別の魔導師に助けを求めると、
「わかりました。じゃ目を閉じて……ポーキー!」
いきなり炎が上がった。
「あっ、すみません、ファイアでした」
焼き豚にされそうな危険を感じて、今度は白魔導師にすがった。
『もういいからエスナで治してくれ』
「わかりました……エスナ!」
そのとたん、セシルが二重写しに見える。
「あっ、すみません、ブリンクでした」
『いい加減にしてくれ!』
また別の白魔導師。
「それでは解除します……ディスペル!」
『ぎょえーーー!』
「あっ、すみません、ホーリーでした」
瀕死になったセシルにローザが手をあてた。
「ひどいじゃない。私がなんとかしないと……ケアルガ!」
『くぁあああああああwsでrftgyふじこl;p@ !!!』
「あっ、ごめんなさい、ホーリーだった」
それを見ていた老いぼれ大賢者がやれやれと呟く。
「まったく、そんなことではいかんのお。皆修行が足りんわい。
 どれ、わしがお手本を見せてやるか」

42 : ◆53Y/v00RHI :2006/01/15(日) 22:11:15 ID:0mZKId540
賢者はゴホンと軽く咳をして、
「アレイズ!」
しかし何も起こらない。
「うーむ、こんなはずでは」
そのとき、外を見ていた黒魔導師が叫んだ。
「賢者さま、空から流星が!」
賢者は頭を掻いた。
「あっ、すまん。メテオだったか」

バロン城は壊滅的打撃を受けた。
こうしてFF4の世界では今日もコントが繰り広げられるのであった。


43 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/15(日) 23:57:45 ID:U+rXNzu40
>>35-36
声に出して読みたい日本語認定
クオリティタカス

44 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/16(月) 21:57:23 ID:uythZQhH0
復活おめでとう。

>>35-36
早速の投稿なのにスゲーな…マジでGJ。
言葉も意味もリズムも内容まで揃ってて読んでると気持ちいい。


それと
一応ここの過去スレと思われるURL。

このお題でFFDQ創作小説を書いてみよう
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1097481049/
このお題でFFDQ創作小説を書いてみよう【第二章】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1103254929/

45 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/16(月) 22:19:41 ID:sLJM+InW0
ん? お題出していいのかな?

<<透明度>>

46 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/16(月) 23:18:19 ID:PzrPzp6N0
おまいら>>39-42はスルーでつか

話のテンポが良くて良いと思うよ
そもそもカエルというお題が難しかったと思うしな
次も頑張ってくれ

47 :やるきはない ◆NOVA1xcwj. :2006/01/17(火) 01:52:43 ID:WmWm0EQO0
突かれ
斬られ
焼かれ
虐げられる

今日もまた
その身は
暗い死へと落ちてゆく

しかし
その心は
空よりも透き通っている



「ぷるぷる!僕悪いスライムじゃないよ!」


48 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/19(木) 03:53:25 ID:Wq3rL2Os0
保守

49 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/20(金) 01:01:06 ID:k22SKT8l0
千一夜スレ落下……せっかくラトームさん戻ってきたのに。

50 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/20(金) 02:35:44 ID:v2/1GcWn0
落ちそうなのであげとく

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/21(土) 04:22:29 ID:kKUOxGJSO
HOSYU

52 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/21(土) 14:48:45 ID:4iQbF2rw0
この板久しぶりに来たら、すっかりSS関連寂れてるね…
ここのSSが好きで自分も小説書き始めたのに、テラサミシス
応援age

>>49
スレタイとテンプレを貼ってくれたら、良かったら立てますよ

53 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/21(土) 15:56:30 ID:xiwdLWYO0
FF・DQ千一夜物語 第五百五十二夜の2・5
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1137717472/

54 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/21(土) 23:26:26 ID:kOeRcCwP0
DQ6
アクバーと悪魔の魂植付けられたシスターアンナ

55 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/24(火) 22:34:43 ID:Z6g9gT3Y0
ふむ

56 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/26(木) 23:11:43 ID:ORgetqYK0
保守

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/27(金) 22:23:52 ID:T2yiN1Z3O
で、今のお題って結局どれなんですか−−っ!!

58 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 09:59:24 ID:AezfiOoy0
あげ

59 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/28(土) 11:11:18 ID:fhG1s6XM0
じゃあ新しいお題。
<<停滞>>

60 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/01/31(火) 22:45:35 ID:t3AoXGOa0


61 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 11:49:01 ID:z39pFlPV0


62 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 20:37:15 ID:GLzrCVvpO


63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/03(金) 20:40:57 ID:4cUROrUq0


64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/04(土) 00:26:19 ID:EpKdQj1f0


65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/04(土) 16:40:24 ID:FTii7wEf0


66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/05(日) 11:46:15 ID:VdOh1DxWO


67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/05(日) 19:23:30 ID:yjypbxt50


68 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/05(日) 19:28:46 ID:qBknUsdxO


69 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/06(月) 00:22:58 ID:IGB4iFNf0


70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/06(月) 09:59:46 ID:Trzr6kNl0


71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/06(月) 14:06:48 ID:uQk3Quzz0


72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/06(月) 19:04:21 ID:ZX1aktcdO


73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 12:23:20 ID:Kcp8HOgu0


74 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 12:26:38 ID:Fw8Hs3Tz0
何故だろう。
何度も繰り返し、すっかりルーチンと化してしまった問いへの回答を、飽きもせずに模索する。

この面子で旅をするようになって、早数月。
あの明るい彼女がパーティに加わったことにより、魔王討伐という悲壮感漂う目的の旅中でも、
何とかリラックス出来る雰囲気が形成されつつある。
……自分には出来ないことだ。
まるで性格の相違がそのまま女としての格の差として表れているような気がして、塞いだ気持ちになる。
冷静な部分が馬鹿馬鹿しいと訴えているけれども、如何ともしがたかった。

……イザ。
考えると胸が苦しくなる。
いい歳して少女めいた思考に囚われている自分が少しおかしい。
けれど、少女期にガンディーノであんな事があったから、まともな恋愛感情を育むことができなかった。
そのしわ寄せが来ているのかな、と客観的に分析する。
だからなのかな、こんなに臆病になってしまうのも。
あの娘――バーバラの明け透けな好意の寄せ方を見て、敵わないなと思ってしまった。
無口で陰気な女なんかよりずっと、あの実直な少年に相応しい存在だと思ってしまった。

いっその事、さっさと恋人関係にでもなってくれれば気持ちの整理も出来たのかもしれない。
だけど、バーバラが押しまくるのを、イザは笑顔でかわすだけ。
あからさまなアプローチに気付かないほど鈍感なのだろうか?
結果、同じように睦まじい様子が眼前で繰り返される。
その空気は、甘いように見えて、とても鋭利に私の胸を抉る。

二人の関係の停滞が、私を苛つかせる。いつまでも見せ付けないで欲しいと。
二人の関係の停滞が、私を安堵させる。私にもまだ望みがあると。
停滞に困惑し、停滞に翻弄され、停滞に落胆して……

私は停滞に蝕まれていく。

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 12:34:08 ID:9qRSyftSO
>>74
貴様!この連帯感漂う流れを!無理矢理!断ち切りおって!!!!!!!!










だがGJ!
ミレーユたん切ないです

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 15:54:48 ID:Fw8Hs3Tz0
さて、次のお題をくれないか?

77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 16:05:38 ID:zPsP31Ao0
では

<<破滅>>

でお願いします!
って、勝手に決めちゃっていいのかな?

78 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 16:46:59 ID:Fw8Hs3Tz0
どんなに辛くても、自分は自分だと思ってた。
あのある種神聖な別れが、キミと逢えなくなるっていうコトへの現実感を薄れさせていたのかもね。
だからあの演説の後も、どこかぼんやりとした中、ビサイドの海岸に佇み続けたのかもしれない。

……でも、二年。変わらずに陽は昇って、落ちていった。その流れは、キミの存在を心から薄れさせていくには充分で。
ようやく、自分を見つめなおすべきだと、現実に向き合う覚悟を私の弱い心から振り絞ったんだ。
その、矢先だった。

キマリが拾い、リュックが運んできた一つのスフィア。それは私の決意を粉みじんに砕いてしまった。
勢い勇んで飛空挺に乗り込んだ。何の不安も感じず、ただ、キミに逢える喜びだけを胸に抱いて。
……ちょっと考えれば、そっちのほうが遥かに難しいコトだってわかるのにね。

あれから1年弱。全く手がかりはない。
最近、めっきりとキミと逢う情景が思い描けなくなってきたからかな?リュックが好意で掛けてくれる慰めの言葉も、煩わしさを感じるようになってしまった。
貴女は当事者じゃないからそんなこと言えるんでしょ?
貴女は自分の旅に私を付き合わせたいだけなんじゃないの?
貴女は彼に逢えた私から、奪っていく算段を立てているんでしょ?
貴女は、貴女は、貴女は……

思考がどんどんネガティブになっていく。そんな中、今日も声を掛けられた。
「もっと元気だしなよ」「そんな顔してちゃ、アイツも変な顔すると思うな」「そんなのユウナらしくないよ!」
最後の言葉を聞いて、私の中で最後まで保っていた何かが、切れた。

……ふふふふ。自然と唇の端が釣り上がる。
リュック、貴女はいつでもそう。私の中に遠慮なく踏み込んで、滅茶苦茶にしていく。
だから、お返し。今度は、私が壊してあげるの。貴女の少女を奪ったとき、貴女はどんな声で鳴くんでしょうね?
「あれ? ユウナまだ寝てなかったんだ? ……うん相談事なら乗るけど。じゃあ入って。……あれ、鍵掛けなくてもいいのに」
私が後ろ手に持っていた性具を見て、青褪めていく。
「……嘘だよね、ユウナぁ」
懇願に私は、笑顔で返した。

破滅のスイッチは押されてしまった。もう、戻ることは出来ない。

79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 16:49:29 ID:WzXRwWwi0
UNKO

80 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 16:53:49 ID:Fw8Hs3Tz0
ネガなお題ばっかだよぅ。
本当は萌え文書きたいのに……

てなわけで今日はおすまい。

81 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 17:01:11 ID:zPsP31Ao0
>>78
そっか。じゃあ、>>77はなしで。

<<幸せ>>

とか?

82 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 17:37:27 ID:EHz/cz+u0
広い。
たとえば、

・矛盾表現(撞着語) 例:<<笑い声の消えた楽園>>
・著作表題あるいは詩的表現 例:<<そして誰もいなくなった>>
・格言 例:<< 一の殺人は悪漢を、百万の殺人は英雄を生む>>
・台詞 例:<<「べ、別にあなたを助けようとしたんじゃないんだからね!」>>
・名物行事 例:<<現在バレンタイン恐怖症>>

聞いた瞬間にカチッと創作意欲が湧くようなお題が欲しい。

83 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/07(火) 19:47:55 ID:bKsjrAOH0
0000000000000000
<<きっとこの扉の向こう側には>>

84 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/08(水) 02:00:27 ID:Ua6d/M/cO
<<ハイペロ族の村>>
<<ハイペロ族の生態>>

85 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/09(木) 14:00:07 ID:mkrFCgXi0
<<つかの間の休日>>

86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/09(木) 17:13:44 ID:Dh5m8d+I0
<<お題ばかりが貯まってゆく>>

87 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/09(木) 18:15:19 ID:rZXVQ/yXO
<<そしてdat落ち>>

88 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/10(金) 19:08:08 ID:hyh871x50
<<第2章:dat落ちを越えて>>

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/10(金) 19:46:07 ID:6Y5OKB+m0
<<第3章:導かれしdat落ち>>


90 :即興 ◆Tz0/kCufy. :2006/02/11(土) 01:04:36 ID:SKB/gWA10
空がこうも青いのは、何故だろうか。
この場所に、こんなにも緑が溢れているのは何故だろうか。

だが、答えを知りたいのではない。
この疑問を、疑問のままにとどめておきたい。
今はただ、それをそう思っていたいのだ。

空がこうも青いのは、何故だろうか。
この場所に、こんなにも緑が溢れているのは何故だろうか。

我らがここにいる理由は…何だろうか。

ああ、そろそろ仕事か、行かなくては。

我らがこの空に還ろうと、緑へ還ろうと、行かなくては。

心地良かった時は終わりを迎える。


まもののむれがあらわれた!


91 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/12(日) 16:20:15 ID:C3wcu/O50
>>80
<<妖精と5主人公>>

92 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/12(日) 20:03:08 ID:7Q7P/1dG0
>>91
>>4

93 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/12(日) 21:07:06 ID:gX3jUYGu0
水没した天空城を何とか浮上させたいトンヌラのもとベラが駆けてきた。
「たいへん。良いニュースと悪いニュースがあるんだわ」
「じゃ良い方から聞こうか」
「あなたの仲間のゴーレムたちが天空城を力づくでひっこ抜いたのよ」
「そりゃすごい!で、悪い方というのは?」
「二・三秒でここに落ちてくるわ」


94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/13(月) 13:40:04 ID:Vwvr3XLS0
nysじゃ

95 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/13(月) 21:44:41 ID:xrii/GYE0
>>87-79

賢♀「きゃあああああ!!」
勇♀「け、賢者さんが、ギアガの大穴に!!」
僧♀「あぁぁ……どうしましょう……」
戦♀「アタイみたいに、復活するんだろ!?信じてるからな!!」

96 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/13(月) 21:45:28 ID:xrii/GYE0
>>87-89だった

97 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/14(火) 21:14:58 ID:KaMqkX250
>>95
どこにオチがあるのか説明してもらおうか

98 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/15(水) 05:36:47 ID:aH+owhlF0
《主要キャラクタの初登場時の描写》
FF・DQを自分がノベライズするとして、登場人物たちをはじめて作中に登場させる時にどんな描写を行うか。

例 DQ8から、主人公とミーティア
黒髪の青年は馬の白い毛並みに触れた。暖かい。ビロードのようなその手触りは、彼女が
かつて身に纏っていた渡り物の生地で仕立てた最上級のマントを思い起こさせた。獣皮で
裏打ちされたビロードのマントが毛足の長い絨毯に重厚なドレープを描く、その様は今も
王城の広間に掛けられた絵画として見ることができる。もっとも大抵の人間はそのマント
を身に着けた少女の容貌のほうに目がいくだろう。見る人間の審美眼がよほど逸脱したも
のでなければ、彼女の肖像の前に立つ者は美の本質とは何かについて思いを馳せる事にな
る。鴉の濡羽のような髪の質感、黒曜石のように輝く瞳、雪のように白い肌、これらの比
喩表現が全力を挙げて指し示そうとする概念、それこそがミーティア姫だった。肖像画家
は間違いなくこの絵によって後世に名を残すに違いない。姫の外見的な美だけではなく、
内面の気品まで写し取る事ができた画家は稀だ――もちろん、絵は本物の姫の美しさには
遠く及ばないものの。非難には値しない。バルコニーに立って手を伸ばすと、指先に七色
の小鳥が止まる――姫のそのような美を完全に写せる作家がいるとすれば、それもまた奇
跡だろう。だが奇跡とは滅多に起こらないから奇跡というのだ。ミーティア姫の存在が既
に奇跡だというのに、その上にさらに奇跡が重ねられる事を望むのはあまりにも高望みが
過ぎよう。おや、たかが馬の形容に何を大げさな?そういう方は一旦本を閉じて炉辺の老
婆におとぎ話をねだるがいい――特に「どうぶつにへんしんしたおひめさまのおはなし」
を謹聴すること。
青年の脳裏に往時の王城と美姫の微笑みがよぎったのは一瞬の事だった。彼は白い毛並み
に手早くブラシをかけてしまうと、青絹の馬飾りを姫の胴に掛けた。一兵士ごときが王族
の身体に無闇に長く触れるべきではない。
「きつくないですか」
エイトは馬飾りの留め具を締めながら言った。満足そうな馬の鳴声。ええ、大丈夫よ、エ
イト。ありがとう。田園を渡る風にそんな声が混ざった気がして、エイトも彼女に笑いか
けた。

99 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/15(水) 20:35:22 ID:iH3Xbv88O
>>95
ファンスレの話かね?

100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/15(水) 21:30:08 ID:h/uXeLrM0
>>98
勝手に自分の出したお題で描き始めるんじゃない

101 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/16(木) 14:59:36 ID:ZjbWvWSC0
>98
一つ突っ込ませていただければ、ミーティア姫の目は緑色だ
「黒曜石」よりは「緑柱石」の方だろ

102 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/17(金) 20:54:57 ID:O8nbuLrt0
あさげ

103 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/20(月) 01:39:14 ID:3x6Puj2U0
ゆうげ

104 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/21(火) 21:30:03 ID:i/3qYZpi0
ひるげ

105 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/22(水) 07:15:30 ID:s8Gzi8PIO
ちんげ

106 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/22(水) 08:36:35 ID:oCKOyGK00
<<SOのプライベートアクションちっくな休息>>

107 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/02/24(金) 00:46:22 ID:wMnzQ3pH0


29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)