5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

バッツとギルガメッシュin次元の狭間 2モヤモヤ

1 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:41:00 ID:Jz6xCZDm0
何者かのデジョンによって次元の狭間に飛ばされたバッツとギルガメッシュ。
元の世界に戻るべく出口らしきモヤモヤに入ってみると、そこは異世界でした…。

どうやらモヤモヤは色んな世界に繋がっている模様。
ただし、どこに繋がっているかは分かりません。

次元の狭間でダラダラ生活しつつ、様々な世界にちょっかいを出す2人。
人妻に萌えたり、幼女に慕われたり、ゴルベーザと仲良くなったりしながら、
2人は今日もモヤモヤに飛び込みます。

ここは、そんな2人の珍道中を皆で楽しむスレです。


【前スレ】
バッツとギルガメッシュを次元の狭間に閉じ込めてみた
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1138216830/

【閉じ込めスレまとめサイト】
http://tojikome.web.fc2.com/

【閉じ込めスレ@避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/game/29637/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/29637/1144214966/

【閉じ込めスレ総合お絵かき掲示板】
http://w1.oekakies.com/p/tojikome/p.cgi


2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:42:31 ID:Jz6xCZDm0
主な登場人物
【バッツ】
FFXの主人公。なぜかギルガメッシュと共に次元の狭間に閉じ込められる事になった。
人妻とカメが好き。

【ギルガメッシュ】
FFXの主人公であるバッツとはライバル的存在(自称)。腕が8本ある武器マニア。
幼女にやたら好かれる。人呼んで幼女キラー。

【ゴルベーザ】
FFWの主人公、セシルの兄。
ホームシックから月の民の館にひきこもっていた所をバッツとギルガメッシュに救われる。
旬の食べ物が好きな童貞。

【フースーヤ】
ゴルベーザの叔父。甥っ子の今後の身の振り方を心配している。

【エーコ】
うっかり次元の狭間に迷い込んでしまったFF9の召還士の少女。
ギルガメッシュにバレンタインのチョコレートをあげたり、看病してあげたりと大活躍。

【エンキドゥ】
ギルガメッシュの唯一の相棒であるが出番はあまり無い。

【モヤモヤ】
次元と次元を結ぶ結構重要な存在。
飛び込むようにして進めば別世界へと繋がるが、中々行きたい世界には行けない。
感情があることが最近分かってきている。


3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:42:34 ID:a+MVJfgQ0
2げt!!!>>1


4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:43:14 ID:Jz6xCZDm0
ゲストのかたがた
FF8(ギルガメッシュのみ)
FF10(異界):アーロン
いたスト(タイクーン城マップ):ビアンカ・ゼシカ
FF10(スピラ):ティーダ・ユウナ・ルールー・ワッカ・リュック
DQ8:8主・ゼシカ・ククール・ヤンガス・トロデ・馬・トーポ
FF8(孤児院):シド・イデア・幼スコール・幼セルフィ・幼ゼル・幼サイファー・幼アーヴァイン・幼キスティス
DQ6:ハッサン・6主・バーバラ・ドランゴ・テリー
リルムとセフィロス部屋:リルム・セフィロス
FF4(月):ゴルベーザ・フースーヤ
FF6(コルツ山):マッシュ・ダンカン
RS2(アバロン):ジェラール・ヴィクトール・アンドロマケー・ヘクター・レオン
FF4(青き星):セシル・ローザ・パロム・ポロム
DQ1(ラダトーム・竜王の城):1主・ローラ・ラダトーム王・竜王・ゾーマ
FF4(夢):ローザ
FF4(月):フースーヤ
FF12:オイヨイヨ
FF5(タイクーン):ボコ・ココ・レナ・ファリス・クルル
DQ1:ローラ・1主
FF12(夢):ヴァン・バルフレア
FF5(リックス):幼バッツ・ステラ・ドルガン
FF9(イーファの樹):ジタン・クジャ
FF10(異界):アーロン・ジェクト・ブラスカ
FF9(アレクサンドリア):ガーネット・エーコ・4本腕の男・他多数

5 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:43:45 ID:T564bV7BO
1乙
新スレきたぁぁぁぁ
職人さんまた新たな物語を期待してます

ついでに2ゲト

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:47:17 ID:Jz6xCZDm0
世界設定
【次元の狭間】
バッツとギルガメッシュが閉じ込められている世界。
「部屋」とは違い一つの世界なので森や川もある。
モヤモヤを通じて様々な世界に行く事が出来る。

【モヤモヤ】
次元と次元を結ぶ結構重要な存在。
飛び込むようにして進めば別世界へと繋がるが、中々行きたい世界には行けない。
感情があることが最近分かってきている。

【異界】
アーロンの暮らしている世界。
【スピラ】
ユウナや"君"とかが住んでいる世で異界とは繋がっている。
【アレクサンドリア】
ジタンやガーネットが住んでいる世界。


7 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:49:39 ID:hpatMlZgO
>>1乙ガメッシュ!!
あんたのスレ立て、見事だったぜ!!

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:54:45 ID:3aaM/Zcf0
>1激しくきのと!
今後にwktk!

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:55:24 ID:Jz6xCZDm0
リクまとめ

クロノトリガー
FF7
DQ3or4or5
KH
FF12
ギルの両親ネタ
ゼノギアス
聖剣伝説
半熟英雄

10 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:56:46 ID:tt0pl//P0
>>1おっつ〜
俺の間違っているテンプ(ry

11 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 10:59:46 ID:Jz6xCZDm0
ギルガメッシュの武器コレクション

ホ一リ一ランソ
まさむれ
大地のベノレ
アポ口ソのハ一プ
賢者の木丈
ウィザ一ド口ッド
きすけの力たな
ノレ一ソアクヌ
アサツソダガ一
ファイヤ一ビュ一ト
よいさのゆみ
エクスカリパー
トロの剣
カンブレード
ブラタニティ
ラクナログ
マルテマウェポン

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:01:11 ID:Jz6xCZDm0
こんなんでいいんでしょうか(´・ω・`)
職人さんがんばってください
足りないものがあったら教えてくださいorz

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:08:34 ID:tSlAquWmO
1よ、心からお疲れ様

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:30:31 ID:yVHKGaYNO
>>1乙!!
これからまたバッツとギルガメッシュ…と補欠のゴルベーザーのコント…もとい冒険が見られるなんて僕は幸せですw

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:33:01 ID:cWZJSpKP0
>>1
乙です!!!
スレタイ採用してくれてありがとう…

>>12
十分だと思います。頑張ります(`・ω・´)

16 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:33:19 ID:dluf7Nto0
お絵かき板始めてみるけど、なかなかうまいの多いな

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:45:13 ID:cWZJSpKP0
あぷろだ貼り忘れてた…


【閉じ込めスレ用画像とかあぷろだ】
http://rara.jp/rental/FFDQtojikome.html

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:54:33 ID:s8n/TRZx0
前スレで1000取った者ですがなにか?

19 :999:2006/05/07(日) 11:59:42 ID:wrz+ZMaK0 ?
>>18
前スレで999取った者ですがなにか?

バッツうわなにをするやめrくぁqwせdrftgyふじこlp;

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 11:59:59 ID:w5ns/e5IO
>>1
乙ベーザですとも

21 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 12:34:58 ID:zwK56G4g0
そういえばゴルさんの見合いはどうなったんだ?

22 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 14:27:25 ID:ro8TJuVb0
前スレ>>997
>>72をミスったの自分ですorz
いや、やっぱギルガメッシュだったらハマりすぎた設定だったかもww

23 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 17:14:45 ID:tt0pl//P0
>>21
結果を聞いたら普通の精神じゃいられなくなるよ





ンナワケナイ

24 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 18:18:29 ID:zwK56G4g0
>>23
いいですとも

25 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 21:53:20 ID:kO53gCxwO
携帯から初投下させてもらう
つまんなかったらスマソ


バ「なあ、ギルガメッシュ?」
ギ「何だよ突然?」
バ「お前が前行った世界にさ、大きなカメが居るんだろ?」
ギ「釣り竿拾って、源氏シリーズを盗まれた世界の事か?…………」
バ「そうそう、その世界」
ギ「………まさか行きたいの?」
バ「うん!!カメをツンツンしたい」
ギ「俺はやだぞ!俺はモブ登録されてんだからな。」
バ「別にお前の責任じゃん。俺関係無いし〜」
ギ「( ´・ω・`)」
モヤモヤ
バ「良いところにモヤモヤ発見〜〜!♪行くぞ、お前」
ヒュー
ギ「お前はやめtって早!!おーい待てよー」
ヒュー

26 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:02:58 ID:kO53gCxwO
スタッ……ドテッ
ギ「ッテテ……ん、ここ何処だ?」
バ「知らねえよ。お前へ来た事無いのか?」
ギ「うん」
バ「全く使えねぇ奴」
ギ「ショボーン( ´・ω・`)」
バ「何々、…………空中都市ビィエルタ?お前、ここにカメ居るのか?」
ギ「お前は止めろって!……多分居ないと思う」
バ「なんだよ!せっかくカメに会いに来たのに……
うん?ちょっと、ギルガメッシュ、あの家から泣き声が聞こえるぞ」
ギ「カメの?」
バ「カメは泣かねえよ。人間の泣き声だ。ちょっと覗いて見ようぜ」
コソコソ

27 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:17:41 ID:kO53gCxwO
バ「よいしょ」
ギ「バッツ、俺にも見せろって」
バ「うるせぇな、ジャンプしろ、ジャンプ!!」
ピョン〜〜〜ピョン〜〜〜〜
バ(うわ、本当にしてるよ………
なんか無性に殴りたくなる光景だな)
ギ「見ろバッツ!!あれオイヨイヨたちだ!!」
バ「オイヨイヨ?誰だよそれ?」
ギ「俺を討伐しようとした奴らだよ。」
バ「ヘーソノママウチトラレレバヨカッタノニー」
ギ「( ´・ω・`)」
バ「どうやらあの女の人の子供を助けに行くらしい」
ギ「聞こえてたのかよ!!」
バッツ脳内
女の人の子供=夫居る=人妻
バ「よし、俺達も行くぞ!!」
ギ「何でだよ!!」
バ「人妻の悲しみは俺の悲しみだ」
ギ「意味分かんねえよ!!」

アントリオン 討 伐 開 始


28 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:31:08 ID:kO53gCxwO
バ「そんなこんなで来てしまった訳だが……」
ギ「誰のせいだよ!」
バ「馬鹿、静かにしろよ。オイヨイヨたちに見つかったらどうすんだよ」
ギ「うぅ……」
バ「お前はモブ登録されてんだからな。見つかったらまた襲われるぞ」
ギ「バッツ………やっぱり俺の事を……」
バ「べ、別にあんたの巻き添えを食らいたくないだけなんだから!」
ギ「涙が〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!止まらね〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
バ「ば、馬鹿バレるだろ!!」

涙が〜〜〜〜〜!!


ナミダガ〜〜〜〜!

ナミダガ〜〜〜


ウミダ〜〜


アーシェ「ヴァン?何か言った?」
ヴァン「ううん、なにぃも」
アーシェ「そう、ならいいわ」

29 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:45:39 ID:kO53gCxwO
バ「ここがアントリオンの巣がある場所か…」
ワラワラ
ギ「バ、バッツ!」
バ「なんd………………゜(゜Д  )」
キラーマンティスの大群「シャー!!」
バ「気持ちわりぃ〜〜〜!!!こっちくんな!!」
ダッ
ギ「待てよーバッツ〜〜〜!」
ダッ
バ「あいつら追ってくるぞ!!えっと、えっとなんか使えるもの使えるもの………」
ギ「なんか早く〜〜!!」
バ「…………これだ!!」
つエクスカリパー
ギ「ちょ、wwwwwwおまwwwwwwそれ俺のコレk」
バ「それ〜〜!!」
つミエクスカリパー
ヒュ
パリィ
ギ「俺のコレクション〜〜〜〜〜」
バ「使えねぇ〜〜〜〜〜〜!!!」
モヤモヤ
バ「モヤモヤ発見!!緊急脱出!!!」
ヒュン
ギ「さらば俺のコレクション…………トゥ!」
ヒュン

30 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:52:25 ID:kO53gCxwO
スタッ……スタッ
バ「酷い目にあった……」
ギ「……俺のコレクション………ウゥ」
バ「泣くなよギルガメッシュw」
ギ「泣いてねえよ!」
バ「向こうで拾った銃くれてやるからさ」
つシリウチュ
ギ「マジで!!ありがとう!!
………もう返せって言っても返さないからな〜」
バ「ハイハイ言わない言わない」

FIN

31 :携帯からスマソ:2006/05/07(日) 22:54:01 ID:kO53gCxwO
はい、終わりです
すいません。オチなしです
すいません。もっと精進してきます

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 22:54:59 ID:tt0pl//P0
読 み ま し た 
討伐ネタの続きが・・・w
涙⇒海がツボでした
今度はシリウチュか・・・
GJです


俺も今討伐後のネタ書いてるんだけど投下してもいい?(´・ω・`)

33 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 22:56:07 ID:cBUwonN70
もちろんいいですとも!

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 23:00:20 ID:Jz6xCZDm0
自分的には名前を半角に統一してほしい・・・・
誰が誰だかわからなくなるので・・・・・
理不尽ですがよろしくおねがします

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 23:09:26 ID:ST4lO3wK0
シリウチュが出てきたって言う事はそろそろフォーマノレハウトやトゥノレヌンノレ、ヅランダルもでてきますか?

36 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 23:12:31 ID:QL9UIdVcO
名前欄に1/4とかの通し番号振って
あらかじめメールの新規作成で全部書いたのをコピペして
一気に投下してくれると嬉しいかも。


37 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 23:15:04 ID:SivjvjAUO
そんなことないよ面白いよーと言ってほしいのか、ツマンネと言ってほしいのか
卑屈な態度はイクナイ。ネタが面白くても萎えるから
態度デカくてスマソ。俺は良いと思ったよ

38 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/07(日) 23:25:56 ID:hZlXJuQTO
>>35不覚にもヅランダルで吹いて眠気ぶっとんだwwww
>>37
だな。大抵この手のスレだと『つまらないですけど…』って言うと空気が重くなっちゃうよな(´・ω・`)
生意気なことだけど職人さんはもっと自信をもっていいですとも!


つーことで上げ

39 :31:2006/05/07(日) 23:34:46 ID:kO53gCxwO
>>36
おk次から気をつけます


>>37->>38
初投稿だったから卑屈になりすぎたorz
次からは自信を持って投稿するよ

40 :1/8:2006/05/07(日) 23:50:49 ID:tt0pl//P0
バッツ「さて…春の陽気に連れられておもむろに森を探索しているわけだが」
ギル「例の如くモヤモヤ発見!」
バッツ「入っちゃいますか?」
ギル「入っちゃいましょう!!」
ヒュゥ〜・・…スタッ×2
バッツ「さて…ココは何処かな?」
ギル「何かキラキラした場所だな…ん?あそこに刺さっているのは…
   エ ク ス カ リ バ ー !(Bダッシュ」
???「危ない!」
ギル「――え?」
ズバンッ
ギルガメッシュはステンニードルのトラップに引っかかった
ギル「ギニャァァァ…」
バッツ「ぅおぅ!?ギルガメッシュぅ あんな所に罠なんて見えなかったぞ!!」
???「あぁ〜だから言ったのに…」
バッツ「で アンタ達は?」
アーシェ「私達?私はアーシェ」
パンネロ「パンネロです」
バッシュ「バッシュだ」
バッツ「へぇ〜ちょっとコチラの自己紹介の前にフェニックスの尾を貰えないか?
  ちょっと今切らしててさ」
パンネロ「ハイどうぞ」
ヒュッ ブォォン
ギル「…ハッ!さっきのは一体…死ぬかと思った…シンダケド」
バッツ「性懲りも無く復活したみたいだな では自己紹介を…俺はバッツだ!」
アーシェ「へぇ…なんかバッシュに似た名前ね そっちの赤いのは?」
ギル「俺様はギルガメッシュ!お前達が助けてくれたのか?アリガトゥ〜」


41 :2/8:2006/05/07(日) 23:52:41 ID:tt0pl//P0
アーシェ「”お前”はやめて欲しいわね 私がアーシェでこっちがパンネロ バッシュよ」
パンネロ「ん?ギルガメッシュ?…」
ギル「ん?どうかしたか?」
パンネロ「以前そんな人と会った気が…」
バッシュ「私もそんな気がするな」
ギル「???・・・・・…     ぁ」
バッツ「なんだギルガメッシュ? お前にも心当たりがあるのか?」
ギル「イヤ無い 決してそんな事は無い エンキドゥに誓っても無い」
アーシェ「エンキドゥってのも聞いた気がするのだけれど…」
ギル「ぅ…ま マァそんな事より…さっきのステン何だらってのは何なんだ?」
アーシェ「ステンニードル 一般的なトラップよ?見えないの?」
バッツ「見る…ってどうやって?」
バッシュ「ライブラ を使えば肉眼でも見えるようになるぞ」
ギル「ライブラにそんな使い道があるなんて知らなかった…でも俺その魔法覚えてないんだよなぁ」
アーシェ「でも今は見えてるはずよ?ホラ そこの地面を見てごらんなさい」
バッツ「おぉ本当だ モロに見えてる…なんで?」
アーシェ「多分私たちのそばにいるからでしょうね」
バッツ「へぇ・・・便利なもんだな〜」


42 :3/8:2006/05/07(日) 23:53:57 ID:tt0pl//P0
ギル「で アンタ達は何でココにいるんだ?」
アーシェ「アナタ達も何でここにいるのかしら?」
ギル「俺たちは――」
カクカクジカジカスッペンチョロリ
アーシェ「――へぇ…次元の狭間なんて聞いた事が無いわね」
パンネロ「私たちはそこに刺さっているエクスカリバーを取りに来たんですけど…
  ギルガメさん…でしたっけ?欲しいんですか?」
ギル「ギルガメ…なんか違う気がするのだが…
  俺はその武器はもういい…罠にかかるぐらいならイラナイ…(ズキズキ」
パンネロ「そうですか?じゃぁ私達で貰っちゃいますね …レビテガ!」
 エ ク ス カ リ バ ー を 手 に 入 れ た ぞ 
バッツ「…本当に便利な魔法が多いなコッチは…
  で アンタ達は三人だけで行動しているのか?」
アーシェ「いいえ あと三人いるわ この剣を取るために別行動を取ってるんだけど…
  これから合流するんだけど一緒に行く?」
バ&ギ「是非とも」
シャンシャンシャンシャン・・…


43 :4/8:2006/05/07(日) 23:55:20 ID:tt0pl//P0
バッツ「にしてもその剣凄い威力だな さっきいた馬の幽霊とか真っ二つだったけど」
アーシェ「まぁ伝説の剣とも言われてるからね」
ギル「でも女の子のアンタがブンブン振り回すのには驚いたな…」
バッシュ「殿下は男勝りだからな…家臣としていると色々大変なのだよ」
ギル「え?殿下?…って事は王女様?」
アーシェ「…一応ね 何で”一応”なんて言うのかって理由は聞かないでね」
バッツ「了解 ところでココは何て言うんだ?」
バッシュ「クリスタルグランデ
  まぁ見ての通りの場所でな 詳しい事は全然分かっていない未開の地だ」
バッツ「ふ〜ん… ぉ あそこに見えるのが残りの仲間か?」
アーシェ「えぇそうよ」
バルフレア「何か変な奴が混じっているな…」
フラン「目的の物は見つかったのかしら」
ヴァン「この赤いのはなんだろ…腕も八本あるし…」
ギル「赤くて変とは何だ変とは!アシュラブレイドのギルガメッシュと言え!」
バッツ「(また変なキャッチフレーズ付けやがって…)」
アーシェ「…まぁとりあえず外に出ましょう?話はそれからよ」
ヒュイイイン…  バシュゥ


44 :5/8:2006/05/07(日) 23:56:57 ID:tt0pl//P0
バッツ「へぇ〜ここが表か…ぉぉ あっちにでっかい扉がある」
バッシュ「あれは魔人の扉 ものすごい難関と言えば難関なんだが…まぁ伏せておこう」
ギル「よっしゃぁ!あの門まで一気に行くぞ!」
ヴァン「ぉ 俺も行くいく」
バッツ「あ コラ一人で行くな!」
スタタタタタタタ…×3
フラン「…若いっていいわね」
バルフレア「あの赤い奴…どっかで見たこと有る気がするが…気のせいか?」
パンネロ「ぁ 門が開いた」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ…
ギニャァァァ×2
オイヨォォォォォ×1
アーシェ「? 何かあったのかしら?」
スタタタタタタ・…


45 :6/8:2006/05/07(日) 23:58:26 ID:tt0pl//P0
バッツ「なんでキングベヒーモスがいるんだよぉぉぉぉ!
  おいアシュラブレイド! 何とかしろぉぉぉぉ!」
ギル「ええぃ無理を言うなぁ!」
ヴァン「ムセテンナヨ!オイヨォォォ!」
キング「ガアァァァァァァ」
フラン「あら大変」
パンネロ「ちょっと 助けなくちゃ!」
バルフレア「ったくしょうがねえ奴らだな…フラン 目を狙うぞ」装備:フォーマルハウト
フラン「了解」装備:宿命のサジタリア
バァンッ シュッ
キング「グアァァァァ!!」
バッシュ「行くか…イェアッ!」装備:蠍のしっぽ
パンネロ「任せて!」装備:マサムネ
アーシェ「まったく…」装備:エクスカリバー
ドカバシゲスズガズッチョンズッチョン…
バッツ「おぉ…アイツら強いじゃねぇか」
ギル「よぉし俺だって!」装備:エクスカリパー&カンブレード&ブラタニティetc
     ギニャァァァァァァ
バッツ「あぁ…赤い馬鹿が!」
ヴァン「クッ…俺だって!」装備:デュランダル
     オイヨォォォナジェェェ


46 :7/8:2006/05/08(月) 00:00:35 ID:tt0pl//P0
アーシェ「ヴァン!何やってるのよ!コッチきなさい!」
―――ミストナック発動――連携技ブラックホール
ズォォォォォォォォォォォ・・・・・
キング「ガァァァァァ・…」
ドサ
バッツ&ギルガメッシュ(故)「・・・・・・・…」

    討  伐  完  了

バッツ「…ハッ!あそこに見えるのは…モヤモヤ! ゲッ小さくなってきてる」
アーシェ「あら・・なんかあるわね…ミストとは違うみたいだけど…」
バッツ「ゴメン!もう行かなくちゃ!
  パンネロ!フェニックスの尾もう一つ頂戴!」
パンネロ「ハイどうぞ」
ギル「…フ…エクスデス様が見えたぜ…」
バッツ「寝ぼけてんじゃねぇ!早く行くぞ!」
ヒュゥ〜・・…
アーシェ「…消えた?」
バッシュ「次元の狭間とやらに帰ったのだろう」
バルフレア「何だったんだ?アイツら」
ヴァン「オイヨォ…」
フラン「あら…何を持ってるの?ヴァン」
ヴァン「え?あ コレ? いやぁ何となくやっちゃって…」
パンネロ「何か盗んだの?ダメって言ったでしょヴァン!」
ヴァン「・・…オイヨォ」


47 :8/8:2006/05/08(月) 00:04:30 ID:F8QtUoU70
スタッ×2
バッツ「…着いたみたいだな」
ギル「ふぅ…まさかキングベヒーモスがいるなんてな…
  アシュラブレイドの俺様でも流石に…ってアレ?…無い…」
バッツ「どうかしたか?」
ギル「…俺の源氏の小手が無くなってる…」
バッツ「マジか?お前から源氏装備取ったら何が残るんだよ!ただの役立たずじゃねぇかボケ!」
ギル「な…そこまで言う必要ないだろ!源氏が無くても俺には伝説の武器が…」
バッツ「黙れパチモンコレクター」
ギル「(´;ω;`)ブワッ」




パンネロ「そういえばさっき"エクスデス"とか言ってなかった?」
バルフレア「言ってたな」
アーシェ「このことかしら?」
     【審判の霊樹エクスデス】
バッシュ「・・・何があったんだろうな」
ヴァン「・・・オイヨォ?」

48 :菌の人 ◆mYwFNNRSZQ :2006/05/08(月) 00:07:12 ID:F8QtUoU70
さて・・・投稿が終わりましたがいかがでしょうか?
今度から名前を付けるようにしたのだけれど
以前も少しだけネタを書いてたりします
自分では前に書いた「妖竿マタムネ」のお話に関連する物なのですがね
もうちょっとレスを有効に使えたかもしれないと反省です(´・ω・`)

49 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 00:13:47 ID:SaU0ApKF0
オイヨネタはおなかいっぱいです。
が、赤い馬鹿ワロスww

50 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 01:00:45 ID:IYNnC6Iu0
個人的にはバッツはキングベヒーモスぐらいは余裕で居て欲しいのだが・・・
でも職人GJっす

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 01:10:51 ID:8/LUyEih0
レベル99なはずだからな


52 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 05:47:22 ID:mQ+VE87hO
12のキングベヒーモスだとまた違うんじゃない?デカいし…
あと誰か主題歌(?)貼ってくれ

53 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 07:16:12 ID:MsMrSyRW0
デロレロレロレロ…
チャーチャッ チャーチャッ チャーチャッ チャーチャッ

だだっだ だだっだ だだだだだだだだ だだっだ だだだ!

テンテケテンテケテンテケテンテケ♪

ステキな 剣士さ ニヒルな アイーツ
クールな アイーツ 近所で 評判

ジャンプも できるぞ ヘイストだーって プロテスだーって
その上シェルまでもぉー すごすーぎーるぅー 

せーかーい中ーの 視ー線 集ー中ー 
ギールガーメシュー おーれー ギールガーメシュー
おーともーだちは エーンキードーウー でも逃げられた

上ー司ーはー 木ーでーしーた かーなーしーいー じーじーつーさー

しかっも いつっも アイテム 盗られる
げーんーじ シリーズ 籠手籠手籠手籠手 盾盾盾盾
かぶかぶかぶかぶ よろよろよろよろ
だだっだ だだっだ だだだだだだだだ…

54 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 07:18:48 ID:MsMrSyRW0
だだっだ だだっだ だだだだだだだだ

世界を 旅する 自由なおとーこ
のん気な ニート バッツ クラウザー

チョコボと 旅する 孤独なおとーこ
彼女も いなーい 人妻萌えだからぁー マジキーモーいー

いーいーかげーんーに げーんじーつ 見ーろーよ
職にー就けー 嫁さーんさーがせー

図ー書館でエロー本さがーすなー 小学生かよ

なーんーだーよー マージーかーよー
こーんーなのがー ラーイーバルでー
オレってちょおっと 可哀想じゃねえ? だーれーか 助けーて
カメカメカメカメ カメカメカメカメ
とれとれとれとれ ピチピチピチピチ
だだっだ だだっだ だだだだだだだだ…

55 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 07:19:30 ID:MsMrSyRW0
だだっだ だだっだ だだだだだだだだ

おかしな 野郎さ 正直 ウザーい
いつでも ウザーい 親衛隊長

上司に デジョンで 飛ばされちゃーって 次元のはざまで
半泣きへたれすぎー アホでーすーかー?

チェーンージーすーるーと 人間じゃ なーいーね
腕増ーえるー うーでー 多すーぎるー
盗ーった宝はー エクスカーリーパー ダメージしょぼい

自ー爆ーがー でーきーなーいー
MPがー 足ーりーなーい

まぬっけ まぬっけ 盗めば用済み
げーんーじ シリーズ 籠手籠手籠手籠手 盾盾盾盾
ベタベタベタベタ キモキモキモキモ
だだっだ だだっだ だだだだだだだだ…

56 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 10:07:04 ID:ws7IrYdVO
>55
乙ですとも!


57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 10:11:12 ID:CMc3MAXeO
ギル「今日も今日とてモヤたんハケーン♪」(σ≧з≦)σ

モヤモヤっ♪モヤモヤっ♪

バッツ「お前はどうしてこういうのと仲良くなれるんだ?」(-д-;)
ギル「それはやっぱ人望ってやつだよ!なっ、モヤたん♪」ヾ(≧ω≦)

モヤモヤっ♪

バッツ「(ウザッ)人望と言うよりはモヤ望だけどな」
ギル「まーまー。いいじゃねぇか♪それよりモヤたん、今日はどんな世界と繋がってるんだ?」

モヤ!モヤモヤモ、モヤモヤヤヤモ!!

バッツ「…何言ってるかはさっぱりわからん」
ギル「モヤたんやっぱりカワイイぜっ!んじゃ早速参りますか〜♪トゥッ」ピョン
バッツ「なんでコイツはいつでも元気なんだ?あーあメンド、五月病かなぁ…ダル。」ピョン

ヒュルヒュルヒュル〜 スタスタタッ


バッツ「…あ?なんか真っ暗だぞ?お〜い、ギルガメッシュ〜。どこにいる〜ッ!」
ギル「隣に居ますとも。」
ゴル「居ますとも。」
バッツ「Σ(´Д`;ノ)ノおわッびっくりした!ってゴリさんもいるじゃん!」
ギル「ほんとだ!ゴルさんいつのまに!?」

58 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 10:12:03 ID:CMc3MAXeO
ゴル「月の通路の向こう側にふきのとうが生えてたから採って持ってきたらちょうどお前たちがモヤモヤに飛込んでるのを見付けて、ついてきたのだ。」
バッツ「おぉ、それはサンキュウ。早速アク抜きしとこう。」
ゴル「ほれ」つ【ふきのとう】
ギル「こないだ筍だったのに今度はふきのとうって季節が逆戻りしてねぇ?」
ゴル「月は青き星などとは違って南北の温度差が激しい。自然が少ないからな。」
ギル「ふぅん…。それよりホント真っ暗だな。目が馴れてもバッツとゴルさんしか見えないぜ…。ん?」

キラーン+

バッツ「アク抜きはこうしておけばよし。。て、ギルガメッシュどうした?」
ギル「今光る何かを見た…。なんだろ…」ジー(゚Д゚)
バッツ「ギルか?」
ゴル「ギルガメッシュは隣にいるだろう。」
バッツ「そのギルじゃなくて金のギルだよ!」
ゴル「あ、そ、そうだな…」(・ω・`;)
ギル「むー。アレは…」(゚Д゚)

キラーン++

ギル「あの純粋かつ豊潤な輝き…。 エ ク ス カ リ バ ー ! ? ウヒョーッ!!」ダッ
バッツ「あっおい!ギルガメッシュ!」

ガチーン!!!

ギル「Σ(゚皿゚;)いでー!!??」

59 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 10:47:06 ID:CMc3MAXeO
ゴル「ギルガメッシュ!?どうした!」
ギル「エクスカリバーを拾おうとしたら何かが刺さったー(;□;) て、お?急に辺りが明るく…」
バッツ「ホントだ。どうしたんだ?」

???「やぁ君達。こんなところで何をしてるんだい?ここらじゃ見慣れない格好してるけど…」
バッツ「Σ(-□-;ノ)ノ うわッびっくりした第二弾!」
ゴル「同じく驚いたが人がいて良かった。私達は…カクカクシカジカスッテンコロリン…
で、これがそのふきのとうです。良かったらどうぞ。」つ【ふきのとう】
???「わざわざ丁寧にどうもありがとう。次元の狭間かぁ。聞いたことないな。あ、僕はラムザって言うんだ。申し遅れてすまない。」
バッツ「ラムザ、ここはどこなんだ?見たところ洞窟の中みたいだけど」
ラムザ「ココはイヴァリースのディープダンジョンさ。危ない洞窟だけどお宝と何かがあるって聞いて来てみたんだ」
ギル「俺は早速危ない目にあったぜ…」(´;ω;`)
ゴル「何も考えずに飛び出すからいけないんですとも」
ラムザ「あはは。ステンニードルトラップだね。きっとアイテムに惹かれて掛ったんだろう?
それはね、【アイテム発見移動】を付けないとダメなんだ。」

60 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 10:50:05 ID:CMc3MAXeO
バッツ「アイテム発見移動?何だそれ?」
ギル「おいしいの?」(´・ω・`)
ラムザ「ムーブアビリティのことさ。ちょっと待ってて。おーい!ムスタディオ!」

ムスタ「何だー?呼んだか?ラムザ。」
ラムザ「うん。アイテムを見つけたから取って欲しいんだ。ところでどう?向こうの調子は。」
ムスタ「あぁ順調だぜ。もう少しで全員jpがMAXになりそうだ。っとあそこか。」
タラランタラランタララ-ン♪
【エクスカリバーを発見!】

ギル「おぉッすげぇじゃん!早速渡してくれよ!」
ムスタ「は?何言ってんだ?これは俺が拾ったから俺たちのもの。」
ギル「それはねーぜ!だって俺が先に見つけたんだぞーっ」
ラムザ「しょうがないなぁ。じゃあ君には代わりにこれを譲ってあげるよ」つ【ナグラロク】
ギル「ハッそ、それはエクスカリバーなんかよりも断然攻撃力が高いと噂のラグナロクじゃあーりませんか!」(((゚Д゚*)))
ラムザ「今回はこれでお願いできないかな。」
ギル「も、もちろんですともぉぉ!!!」ワーイヽ(´∀`)ノ【ナグラロク】ワーイ

ムスタ「ラムザ…。前から思ってたけど、時々お前って悪人だよな…」
ラムザ「そんなことないよ♪」

61 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 11:26:10 ID:CMc3MAXeO
ギル「バッツー!見てくれよコレ!ラグナロクだぜ!お前とお揃い…」
バッツ「お前、そんな事よりアレ見てみろよ…」(;゚Д゚)
ゴル「アレはヒドイですとも…」(;゚Д゚)

【魔法剣:ドンアク】ザシュッ【スピードブレイク】ブシュッ【ギル盗り】チャララン
【魔法剣:スリプル】ザシュッ【パワーブレイク】ブシュ【ハートを盗む】ポワワン
…∞

ギル「うわぁ…」(;´・ω・`)
バッツ「モンスター相手だけど流石に可哀想だな。」(;゚д゚)
ゴル「生かさず殺さずですとも…」(´;ω;`)

ラムザ「よし、みんな必要jpは溜ったね。クラウドヤッちゃって下さい♪」
クラウド「任せろ。」ブシュッ

オォーン… タラランタラランタララ-ン♪
【密猟成功!】

completion!

‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐

ムスタ「つまり、お前たちは異世界から来たって訳だ。」
バッツ「ま、そんなところだな。」
ゴル「そんなことにももう慣れてきてしまっているがな」
アグリアス「異世界の住人か…。そういえば、クラウド殿も異世界から来たのではなかったか?」

62 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 11:27:07 ID:CMc3MAXeO
クラウド「……あぁ。」
ギル「色んな世界を旅するのって楽しいぜ!♪」
メリアドール「ねぇ、そのモヤモヤが色んな世界に通じているならこの人達に着いていけば、クラウドさんの元の世界に帰れるんじゃないかしら?」
ゴル「まるで私のようだな。帰る手段がなければ一緒に来るか?」
バッツ「ゴルみたいにホームシックにならなきゃいいけどなwww」
ゴル「う、うるさいっ」(`д´#)
クラウド「………だが…」
オルランドゥ「これを逃すと次の機会がいつ来るかわからないぞ?クラウド殿。」
ベイオウーフ「そうだぞクラウド。ラムザは俺達が守るから安心しろ。」
レーゼ「大切な人が待っているんでしょう?」
クラウド「……」
バッツ「(大切な人…?ヒソヒソ)」( ・∀・)(∀´)
ギル「(きっとコレ[小指]ですよ兄さん…!ヒソヒソ)」
ラファ「私達と違って帰る場所があるんですもの…」
マラーク「そうだぞ。クラウド」
ゴル「…っ」(´つω;`)エエ話ヤ…

クラウド「ラムザ…。俺は…」

63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 11:42:46 ID:CMc3MAXeO
ラムザ「クラウド、僕達のことは大丈夫だよ。望みを叶えるという聖石でも君は元の場所に帰れなかったんだ。ちょっと変な人達だけど…
君は行くべきだ。」
クラウド「………。」

ボコ「クェー!クェックェーッ!!(敵襲!敵が来たよーッ!!)」
バッツ「お前、ボコ!?…だけどちょっと違うな…」
ラムザ「ボコどうした?ん!あれは敵の集団!!」

ズズズズズ…(敵が沸き出してくる時の音)

ギル「なぁ、なんであいつらは敵ってわかって俺達は大丈夫だったんだ?」
メリアドール「ステータス表示よ。ホラ、貴方がたの石は青いけどあの集団の石は赤いでしょう?」
ギル「(・`ω・`;)???」
ラムザ「ともかく今は敵を孅滅しないと…」
ムスタ「あっ、あれはお前達が言うモヤモヤじゃねーか!?」

モヤモヤ……

ギル「本当だ!敵さんの真っ只中にある!」
ゴル「まずいな、消えかけてきているぞ。」
バッツ「やべェ!早くしないと帰れなくなっちまう!!」
クラウド「…!!」
ラムザ「それはまずい!みんな!戦闘だ!勝利条件!異邦人4人を次元の狭間の入り口に送りこめ!」

ready!

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 12:07:49 ID:CMc3MAXeO
オルランドゥ「神に背きし剣の極意…その目で見るがいい 闇の剣!」
アグリアス「命脈は薄落にして惜しむべからず… 不動無名剣!」
メリアドール「カ〜エ〜ル〜の き〜も〜ち! トード!」
ベイオウーフ「さあ今のうちに!」
ボコ「クェー!」
ギル「みんなサンクス!恩に着るぜ!」
ゴル「とても短い間だったが世話になった!ふきのとうはちゃんとアク抜きするのだぞ!」
バッツ「ボコ…(;д;)」
ラムザ「クラウドも早く!!」
クラウド「ラムザ…。ありがとう…!」
レーゼ「早く!もう消えかけてるわ!」
ギル「やっべェ、みんな急げ!」タンッ ヒュルヒュルヒュル〜
ゴル「では達者でな!」タンッ ヒュルヒュルヒュル〜
バッツ「うぅ、ボコじゃないけどボコじゃあな…」タンッ ヒュルヒュルヒュル〜

ラムザ「さぁ、クラウドも!」
クラウド「みんな…!元気で…!」

タンッ ヒュルヒュルヒュル〜

65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 12:17:24 ID:CMc3MAXeO
スタッスタッスタッスタッ


バッツ「ふぅ、なんとか間に合ったな。」(=д=;)
ゴル「ぎりぎりですとも」(´-ω-`)ホッ
ギル「ラグナロク♪ラグナロク♪」ヽ(´∀`)ノ【ナグラロク】
クラウド「………」
バッツ「どうでもいいけどギガワロッシュ、そいつはどう見てもパチモンだ。本当にありがとうございました。」
ギル「なにィー!?あっホントだ!チクショーラムザのヤローッッ!!」(;Д;)っ【ナグラロク】
ゴル「やれやれ…」(´・ω・`)
クラウド「……(やかましい連中だな…)」


‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐

ラムザ「除名完了っと♪」
ムスタ「行っちまったなぁ。ラムザお前寂しくないのか?」
ラムザ「えー別に?だってあの人マテリアブレイドしか装備させらんなかったからあんまり役に立たなかったしー」
ムスタ「お前…」(=д=;)oO(やっぱ名家のぼっちゃんだな…)
ラムザ「次はラファ、マラークとボコかぁ。あの人たちはどうやって離脱してもらおうかな。あっ、ムスタディオは中々役に立つから除名しないからね♪」
ムスタ「…(´・ω・`)」

66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 12:19:21 ID:CMc3MAXeO
長々と携帯から投稿させてもらいました。
メールで書くと半角文字が使えないので直書きスマソ。
お騒がせ失礼いたしました〜。

67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 12:28:32 ID:Ca2wNZez0
>>57-65
>>36

68 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 13:30:52 ID:7jwj2ArdO
>>65
メールは送信しないで下書き保存すれば、半角カナが反映されるはず。
voda以外は知らないけど。試してみて下さい。

「携帯だから」って理由で、スレ内のルール(暗黙の了解も含めて)を
守らないってのはイクナイ。んな事ばっかしてると
「だから携帯厨は…」って言われてしまうよ。

どーしても巧く投下できなかったら、ネットカフェに行く手もある。
長編の直書きは、ネタを投下しようとしてた他の職人さんや
続きを何十分もwktkさせられるROMに負担を掛けるから、やめたほうがいい。


69 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 13:39:02 ID:D9iERLYkO
>57-64

またクラウドか!って一瞬思ったけど
行き先まとめ見るとFF7は初なんだな

>半角が使えない
全角で書いてペーストしてから直せばいくね?

70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 13:54:39 ID:A9ldjXhzO
>>65
昨日言われてためして見たらメールでは無理でした(auは)
ただ、メモ帳の方なら出来ると思うのでやってみて下さい

71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 17:38:03 ID:OzZ3seLl0
クラスド追加しました〜

72 :1/3:2006/05/08(月) 20:26:09 ID:A9ldjXhzO
昨日に引き続き投下します


ギ「暇だな〜〜〜」
バ「確かにな…………ん?クラウド何やってるんだ」
ク「……毎日やってるスクワット」
バ「お前も暇なんだな…」
モヤモヤ〜
ギ「あっモヤちゃん♪」
バ「ギルガメッシュはモヤモヤと話始めたしな〜」
ギ「おい、バッツ!!!モヤちゃんが懐かしい場所に連れてってくれるってよ!!」
バ「本当か!?よーし、いっちょ行きますか!
クラウドはどうする?」
ク「興味無いね」
バ「あっそ、じゃあ留守番頼むな」
ク「えっ!ちょっt!!」
バ「行ってくるな〜」
ヒュー
ギ「いいのか、クラウド?」
ク「きょ、興味無いね」
ギ「そうか、そうだよな。じゃあ行ってくるな」
ヒュー
ク「あっもう少し粘ってくれたって…………………」


ク「グスン………俺も行こう」
ヒュー

73 :2/3:2006/05/08(月) 20:27:46 ID:A9ldjXhzO
スタッスタッ
ギ「ここは何処だ〜?」
バ「なんか飛空挺ぽいな。」
???「そこに居るのは誰だ?」
ギ「うん?…………………………………………………
…………………………………………………スコール!?
スコールじゃないか!?大きくなったな〜」
ス「あんた、誰だ?なんで俺の名前を知ってる?」
バ「なんだよ、忘れちまったのか?
孤児院に居た頃会ったじゃないか」
ス「………………………
会ったことがあるかもしれない
確か…………バッツと」
ギ「そうそう♪」


74 :3/3:2006/05/08(月) 20:29:03 ID:A9ldjXhzO
ス「ギルガワロッシュ………」
ギ「なんで俺の名前だけ間違えて覚えてるんだよ!!」
バ「よかったじゃん、名前覚えて貰えててギルガワロッシュw」
ギ「ギルガワロッシュじゃねえ〜〜〜!!
ちゃんきいとけよ!!!俺はギルガメッシュだ!!」
ス「分かったからそんなに詰め寄らないでくれ……………
所で後ろのチョコボ頭は?」
バ「エッ………(恐る恐る)
クラウド!!ついてきてたのか!!びっくりさせんなよ」
ク「シクシク……………」
ギ「この泣いてるチョコボはボコって言うバッツの飼いチョコボだ」
ク「違う!!クラウドだ」
ス「よろしくな……(コイツとは気が合いそうだ)」
ク「……よろしく(キャラが被るな。早めに潰しておくか)」

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 20:30:10 ID:A9ldjXhzO
諸事情があり今日はここまでッス
誠に申し訳ない

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 23:25:27 ID:SxcE6nB0O
はやくきて じらさないで

いやマジで

77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/08(月) 23:52:44 ID:Z7SBCAj50
>>72-74
>ス「よろしくな……(コイツとは気が合いそうだ)」
>ク「……よろしく(キャラが被るな。早めに潰しておくか)」
ウケた。たのしみにしてるよ。続き気になるけど、これだけは言わせてくれ。
しゃべってるやつの名前1文字だけだとわかりにくい。

78 :1/6 74の続き:2006/05/09(火) 21:04:30 ID:dbmJ0RcdO
スコ「ここは飛空挺ラグナロクだ。
ブリッジに行こう。セルフィやゼルや他みんなも居る」
ギル「本当か!?」
ス「それと今、ラグナロクはルナティックパンドラに向かってる。」
バッ「何処だそこ?」
スコ「簡単に言うと危険な兵器だ。
着いたら戦闘になるかも知れない。あんた達はここで待っててくれ。」
バッ「何か大変な時に来ちまったな…」
ギル「そうだな…戦闘になるんだったら俺達も手伝うよ
なっバッツ」
スコ「いや、あんた達は手を出さないでくれ。これは俺達の問題だ。
俺達でかたを付ける」
バッ「そうか、なら俺らの出る幕じゃないな」
クラ「どうでもいいがブリッジに行くんじゃないのか?」
スコ「ああ、そうだったな。……こっちだ。」
テクテク
ギル「(なあ、バッツ。スコール全然変わってないな)」
バッ「(ああ、クールって言うのか?昔からあんな感じだったもんな)」
クラ(さて、どうやって潰すか………………
ん?あれは……)
クラ「なあ、スコールその武器はなんて言うんだ?」
スコ「これか、…………これはガンブレードと言って普通の人間には扱えない代物だ」
クラ「少し見せてもらっていいか?」
スコ「ああ、構わない。」
つガンブレード

79 :2/6:2006/05/09(火) 21:06:54 ID:dbmJ0RcdO
クラ(よし、そうしたら………)
クラ「ギルガメッシュ、お前は武器を集めるのが趣味だったよな?」
ギル「なんだ〜クラウド〜俺のコレクション見たいのか〜♪
しょうがないな〜仲間のお前に頼まれちゃ断れねぇな〜♪」
つ【コレクション】
クラ「あ……ああ、ありがとう(なんだコイツ?)」
クラ(そうしたら、これとこれを交換っと……)
ガンブレード←→カンブレード
クラ「ありがとう、スコール、ギルガメッシュ」
つ【カンブレード】【コレクション】
クラ「さあ、行こうか」
スコ(心持ちか……少しに違和感が……………気のせいか)
スタスタ


ウィーンウィーン
スコ「ここがブリッジd…」
???「スコール〜お帰り〜♪(スコールの腕に抱きつく)
ギル「イヤ〜イキナリミセツケラレチャタ〜オジサンタチハズカシイ〜」
スコ「や、止めろリノア!人が見てるだろ!!」
リノ「いいじゃない、別に。それとも見られると困るの〜?)
スコ「い、いや、そうゆうわけじゃ…」
???「あらあら、見せつけてくれるわね」
???「ホント二人とも仲が良いね〜」
???「僕とセッフィだって仲良しだろ〜?」
???「せめて、俺たちの見えないところでやれよ」
スコ「ふぅ……………みんな、バッツとギルガメッシュだ。
覚えてるよな?」

80 :3/6:2006/05/09(火) 21:08:50 ID:dbmJ0RcdO
バッ「久しぶりだな、みんな」
ギル「キスティス!!アーヴァイン!!セルフィ!!チキン野郎!!久しぶりだな」
セル「あっ!!おっちゃん達〜まみむめも〜♪」
アー「本当に久しぶりだね〜」
キス「お二人はお変わり無いようですね」
ゼル「なんでチキン野郎なんだよ!!」
ギル「はは、冗談だよ、ゼル。」
バッ「でこっちの女の子は?」
スコ「そういえば、三人は知らなかったな。
俺達のn」
リノ、ゼル、キス、アー、セル「「「「「スコールの彼女のリノアです〜♪」」」」」
バッ「そうかそうか、スコールもそんな年頃か〜」
ゼル「それでそっちのチョコボは?」
クラ「チョコボじゃない!!…………………クラウドだ、よろしく」
ゼル「おう、よろしくな!!(髪が金髪で立ってる奴に悪い奴はいないぜ!!)」
クラ「よろしく(同じ金髪でツンツンか…………
潰す必要は無いか。俺の方がかっこいい)」
アー「みんな〜感動の再開の所悪いけどルナパンが見えてきたよ〜」
スコ「よし、みんな………気を引き締めていくぞ」
アー「みんな、捕まっててよ〜〜!!」
スゴゴゴゴ

81 :4/6:2006/05/09(火) 21:11:29 ID:dbmJ0RcdO
ギル「イタタタタタ」
スコ「俺達は行ってくる……あんた達は待っててくれ」
タッタッタッ
ゼル「オッサン達、全部終わったらまた旅の話をしてくれよな!!」
タッタッタッ
キス「久しぶり会えて嬉しかったです。旅の話、楽しみにしてますね」
トットットッ
アー「また会えたらもっと話をしようね〜」
セル「またね〜おっちゃん達〜」
タッダッタッダッ
リノ「今度、スコールの小さい頃のお話聞かせてね」
タッタッタッ

ギル「行っちまったな…」
クラ「ああ…」
バッ「なあ、ギルガメッシュ…俺思ったんだけどさ?」
ギル「なんだよ?」
バッ「飲み物にもスコールって合ったよな」
ギル「どーでもい〜〜〜!!」
一時間後
ギル「なんか心配になってきた」
バッ「髪のか!」
ギル「髪は心配してない!!スコール達のだよ」
クラ「行ってくれば良いじゃないか」
モヤモヤ
バッ「あっモヤモヤだ」
モヤ、モヤモヤ
ギル「えっ、スコールたちの所まで連れて行ってくれるって!!
よし、バッツ行こう!」
バッ「いやですとも〜」
ギル「なんだよ、薄情な奴!!いいよ俺一人で行ってくるから!!」

82 :5/5ごめん番号間違えた:2006/05/09(火) 21:14:32 ID:dbmJ0RcdO
スコ「くっ!!オーディンが!!」
サイ「GFなんかに頼らないで俺が来いよ!」
ヒュルヒュルヒュル
クサッ
ギル「痛!!なんだよこれ!!うん?こっこれは!!??」
サイ「この程度なのかスコール?」
ウニョン
ギル「(知らない奴らの振りをしないとな)
この剣をくれたのはあんたか
うん?お前はサ………じゃなくてバッ………
もしお前ならこれをかわせるはず」
ブオン
サイ「ぎにゃゃゃ〜〜〜〜〜〜!!!」
スコ「ちょっt」
ギル「どこにあるやら次元の狭間………」
ウニュン

ギル「只今〜」
バッ「お帰り」
クラ「いい加減コテージに帰らないか?俺は疲れた」
バッ「そうだな」
モヤモヤ
ヒューヒューヒュー
ギル「よし、ご飯にしよう。今日は俺が作る〜」
トントン…………………ドンッ!!
バッ「何やってんだよ!!」
ギル「いや、さっき拾った剣で斬ったらまな板まで斬れちまって…」
バッ「そんな危ないもんこうしてやる!!!」
バキッ!!
ギル「あ〜〜〜〜〜俺の新しいコレクションが〜〜〜〜!!!!」
fin

83 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 21:18:46 ID:Pntugm9a0
ごめん。wktkして待ってたけど俺は正直つまらなかった。

84 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 21:21:14 ID:dbmJ0RcdO
>>83
正直すまんかった

85 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 21:38:35 ID:6/oL+w6O0
>>83
それは酷いお、もうちょっとオブラートに包むべきだお
ちなみに僕は読んでないお

86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 21:42:53 ID:pwyeog4M0
ギルガメッシュとサイファーの対決は前スレでやっちゃってるぞー


>クラ「よろしく(同じ金髪でツンツンか…………
>潰す必要は無いか。俺の方がかっこいい)」

ここはワロタw

87 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 22:01:15 ID:pe+m6IN00
いやですともが良かったです。

88 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/09(火) 23:12:48 ID:BSBf8Ebn0
頼むから名前を統一してください

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/10(水) 17:42:59 ID:AVzwWGl+O
おまいら厳しすぎwww
つまんなかったらスルーしようぜ
スレの空気が悪くなる

90 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/10(水) 18:12:45 ID:oo3cpWYoO
2スレ目のジンクスだな

91 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/10(水) 21:44:32 ID:k+3lJFL5O
つーかこのスレは神過ぎる職人が大杉だったのよ…
投下すんのがこんなに怖ぇスレもなかなか珍しいと思うw
ちなみに俺は無理w


92 :1/8 イフとシヴァスレ654の続き:2006/05/10(水) 22:58:26 ID:dMF5EGlW0
じたばた

バッツ「……」
ギル「………」
クラウド「……?」

じたばた

バッツ「……さてどうしようかな」
ギル「えっ?助けてやんねーの?」

じたばたじたばた

バッツ「正直関わりたくない…第一この筋肉を見てくれこいつをどう思う?」
クラウド「すごく…ガチムチです」
ギル「まあ確かに。でも可哀想だぜ…」

じたばたじたばたじたばた

バッツ「…しょうがないな、このままじゃ目障りだし助けてやるか…」
ギル「よし、せーので引っ張ろう。せー」
クラウド「の」

ズボスッ

???「ぶはあああ!!」
バッツ「うっ!お前は…」
ギル「…やっぱりタイタンか…」
タイタン「うげほ!むほぅ!!ぶふぉぇっ!!」
バッツ「思う様ムセとる」
ギル「おいおい大丈夫か〜背中叩いてやるよ」
タイタン「ぶふぅ、あ、ありがと」

93 :2/8:2006/05/10(水) 22:59:23 ID:dMF5EGlW0
バッツ「タイタンともあろう者が、何でこんなとこに刺さってたんだよ」
タイタン「うむ…いきなりアトモスに吸い込まれて、気がついたらここに…」
バッツ「アトモスってアレか、あのでっかいの。へー、アレに吸い込まれるとここに来るんだ」
タイタン「おのれ〜あのデカ口め!!大地の怒りくらわせちゃる!!」
ダダダダダ…
バッツ「…行っちゃった」
ギル「せっかちだなぁ…」
クラウド「…何だったんだ?」
…ダダダダダ
ギル「Σ(・ω・`)戻ってきた」
タイタン「すみません…出口ってどこにあるんですかね?」
バ&ギ&ク「…」


タイタン「そういえば…そもそもここはどこなのだ?それにお前ら…」
バッツ「ここは次元の狭間だよ」
ギル「俺だよ俺俺。いい加減気づいてよ」
タイタン「おお、ギルガメッシュか。こんな所で何してるんだ」
ギル「何って言われてもなあ…普通に生活してます」
バッツ「ところで俺の事は覚えてないの?」
タイタン「えーとちょっと待て、どっかで見たな…。ああ!5の人だ」
バッツ「数字で言うな」
タイタン「もうね、色々出てるから混乱しちゃって…いちいち名前とか覚えてられんのよ。
   特にお前さん存在薄いからなあ。名前何てったっけ?たいとうくだっけ?」
バッツ「よーし表へ出ろ」
ギル「ここ表だよ」
タイタン「スマソ、たいとうくでは無かったか…分かった、スクウェアだ!」
バッツ「それも違う!!」
ギル「取説(PS版)の読みすぎだ」
クラウド「…俺の事は?」
タイタン「あー覚えてる覚えてる、そのツンツン頭はよく覚えてるよ!7の人でしょ」
クラウド「…数字で言うな」

94 :3/8:2006/05/10(水) 23:01:45 ID:dMF5EGlW0
タイタン「まあ良いじゃん。んで…出口はどこなん?」
バッツ「お前の心の中だよ。じゃあサヨナラ」
タイタン「なっ?置いてかないで!一人にしないで!たいとうく!!」
バッツ「たいとうくじゃねえっつの!!」
タイタン「じゃあ名前教えてくれよ」
バッツ「教えて欲しかったらギル出しな」
タイタン「…ぼ、僕お金持ってません」
クラウド「ジャンプしろジャンプ」
タイタン「…うう」ジャラジャラ
バッツ「持ってるじゃねーか。全部出しな」
クラウド「ついでに角のコンビニでジャンプ買って来い」
タイタン「ううっ…分かりました…」
トボトボ…
タイタン「って何でやねーん!…ハイ!ダーンダーンダーン!ノリツッコミ!ダダーンダダーン大成功ー!!」
バ&ク「………」
ギル「…微妙に古い件」

in コテージ
タイタン「(゚∀゚≡゚∀゚) ほー…こんな所で暮らしている物好きがいるとはな」
バッツ「別に好きでここにいるわけじゃないぞ。元の世界に戻れないから、しょうがなくだな…」
ギル「俺は楽しいけどな!もうね、ずっとここにいても良いくらい」
バッツ「('A`)ウヘァ」
タイタン「こ、この温度差…似ている!私の良く知るあの2人に…!!」
バッツ「ん?誰の事だよ」
タイタン「かくかくしかじか」
バッツ「ええええ。イフリートとシヴァが閉じ込められてんの?楽しそー」
クラウド「…(楽しいのか?)」
ギル「そいつは面白そうだな〜。暑いのかな、寒いのかな」
タイタン「何言ってるんだ、ギルガメッシュは知ってるだろう?」
ギル「え?知らねーよう」
タイタン「ん…?炎のマント貸してあげたりしてただろ?」
ギル「何それ?俺そんなことしてないぜ」

95 :4/8:2006/05/10(水) 23:02:56 ID:dMF5EGlW0
タイタン「ええ…じゃあアレ誰?誰なのアレ?」
ギル「知らん…俺が聞きたいくらいだ」
バッツ「ギルガメッシュって意外といっぱいいるんじゃないの」
タイタン「こんなのがいっぱいいるのか。うへぇ気持ち悪ぅい」
ギル「何だとぉ!!気持ち悪いとは何だ気持ち悪いとは!!泣くぞ!!」
クラウド「…(セフィロスコピーみたいなものか?…確かに気持ち悪いな)」
ギル「…きっとアレだよ、別にいっぱいいるわけじゃなくて…多分未来の俺とか…そういう事だよ」
バッツ「まあそういう風に認識しておくのが一番しっくりくるかな…」
ギル「そうそう。そういう事にしておいて。ねっ!!」
クラウド「…(誰に言ってるんだろう…)」

バッツ「それにしても、呼んでもいないのに召喚獣がいるって変な感じだなー」
タイタン「俺も…呼ばれてないのに、ここにいても良いのかな?って気になるよ」
ギル「……orz」
クラウド「どうしたんだ…?」
ギル「…ごめん…俺呼ばれてもいないのに勝手に来る召喚獣でごめん…」
バッツ「?何言ってんだ?」
クラウド「?」
ギル「ん…??ごめん、俺また良く分からないこと言った」
バッツ「最近多いな。ボケの始まりか?」
クラウド「ボケには納豆を食べると良いらしいが…」
ギル「マジで?よーしこれから毎日納豆食おう!!」
タイタン「とか言って三日も続かないんだよね」
ギル「…そうなんだよなー。納豆毎日はちょっとな…」
バッツ「何をぉ!!?謝れ!納豆と、そして茨城県民に謝れ!」
ギル「え、何いきなり。…すみません、いばらぎの人」
バッツ「いばらぎじゃねえよ、いばらきだよ!!き!!」
ギル「い…いばらき…」
クラウド「…何故そんなに必死なんだ…」
バッツ「茨城をいばらぎだと勘違いしてる人があまりに多すぎるからだ!!!
   失礼だ、すごく失礼だ!日本をにっぼんって言うようなもんだろ、ええ!?」バーン!!
クラウド「あ…はいそうですね…」

96 :5/8:2006/05/10(水) 23:04:39 ID:dMF5EGlW0
バッツ「…おっと、つい熱くなっちゃったぜ…。ところでちょっと思いついちゃったんだけどさ、
   今俺がここにイフリートやシヴァを召喚したらどうなるのかなあ。ちゃんと来るんかな?」
ギル「おっ面白そう。やってやって」
タイタン「そ、そんな事して大丈夫なのか?」
バッツ「え?別に良いんじゃないの?」【ジョブチェンジ:召喚士】
クラウド「!?な、何だその格好は…いきなり」
ギル「ひゅーひゅー。意味不明なツノがイカスー」
クラウド「…?コスプレ…か?」
タイタン「大丈夫なのか?本当に大丈夫なのか!?あいつら閉じ込められてるのに…」
バッツ「何でそんなに心配してるんだよ…大丈夫だろ?別に」
クラウド「…ツノ…(何だろう、この親近感…)」
バッツ「んじゃいくぞ。まずはイフリートな!」【召喚:イフリート】


in 閉じ込め部屋
シヴァ「う〜ん、冷やし中華が美味しい季節になったわね〜。ま、一年中美味しいんだけどさ」チュルチュル
イフ「うむ…そうだな(寒い…鍋焼きうどん食べたい)」
シヴァ「あー美味しかった、ごちそう様!」
イフ「…(どうしよう…これ以上食べたらお腹ピーになる)」
シヴァ「…どうしたの、箸が進んでないけど」
イフ「ぬっ…いや、その…ゆっくり味わっているのだ…」
シヴァ「ふーん…でもなんか冷や汗かいてない?」
イフ「こ、これは…普通の汗だ」
シヴァ「……無理しなくて良いわよ。食べたくないんでしょ(#−д−)」
イフ「そ、そんな事はないぞ!我がシヴァの作った物を食べたくないわけがないだろう!」
シヴァ「もう良いってば!捨ててくる!!口に合わないもの作って悪かったわね!!」
イフ「シヴァ……ぬっ?」ピクッ
シヴァ「…ん?どうしたの?…あれ?イフィ?どこ?」
シーン…
シヴァ「何よ、怒ったの?隠れてんのね?まったく子どもっぽいんだから…出てきなさいよ」
シーン…
シヴァ「ちょっと…本当に怒るわよ!!……ねぇ…。ねぇってば。……どこ行ったのよぅ…」

97 :6/8:2006/05/10(水) 23:05:25 ID:dMF5EGlW0
in 次元の狭間
ヴォン…
ギル「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!イフリート!」
イフ「ぬ?」キョロキョロ
バッツ「よーイフリート久しぶりー」
クラウド「うっ熱い…睫毛が焼ける」
イフ「……ここは?」
タイタン「よ、よおイフリート!!」
イフ「タイタン?イマイチ状況が飲み込めないが…まあとりあえず」

【地獄の業火】

タイタン「ぎにゃあああああ」
ギル「モエタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!」
ヴォン…
ギル「キエタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!」

バッツ「…なんか普通に来たな」
ギル「そして普通に攻撃して普通に消えたぞ!でもってタイタンが普通に燃えてる!」
タイタン「熱い!熱いいい!!」メラメラ
バッツ「おーあったかい。じゃあ次はシヴァな」【召喚:シヴァ】


in 閉じ込め部屋
シヴァ「うう…イフィ…」グスグス
パッ
シヴァ「んぎゃあああ!」
イフ「ぬ?…ただいま」
シヴァ「たっ…ただいまじゃないわよ、どこ行ってたのよ!」
イフ「す、すまぬ…誰かに召喚されたようだ」
シヴァ「召喚?何だそうだったの…もう、いい迷惑ね!…あたしは…てっきり…」
イフ「ぬっ…シヴァ泣いておったのか?涙が…」

98 :7/8:2006/05/10(水) 23:06:21 ID:dMF5EGlW0
シヴァ「ち、違うわよ、今あくびしたの!泣いてなんかないわよ!」
イフ「…そうか…てっきり我を心配して泣いてくれたのかと…」
シヴァ「そそそそんなわけないでしょ!…勘違い…しないでよね…」
イフ「……」
シヴァ「…良かった、帰ってきてくれて…」ボソ
イフ「シヴァ……(・ω・`*)」
シヴァ「……ぐすっ…」
イフ「……シヴァ!(・ω・´*)」
ガシッ
シヴァ「え!な、何…」ドキドキ
イフ「……(・ω・´*)」キリッ
シヴァ「……(も、もしやコレは…このふいんき(何故か変換できない)は…!!!)」ドキドキ
イフ「……(−ε−*)」スゥ
シヴァ「(キャー!キャー!!え、えらいこっちゃウキャー!!)…(*−з−)」ドキドキ
イフ「(−ε−*)」ドキドキ
シヴァ「(*−з−)」バクバク
イフ「(−ε−*)」ドキドキテカテカ
パッ
イフ「Σ(・ε−`)」
シーン…
イフ「( ゚ ε ゚ )…」


in 次元の狭間
ヴォン…
ギル「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!シヴァ!!」
シヴァ「……( ・з・)」
クラウド「うっ寒い…鼻毛が凍る」
タイタン「シヴァー!熱いんだ冷やしてくれぇ!!」
シヴァ「( ゚ з ゚ )」
ギル「…おーい?シヴァ?どうしたんだボーっとして…」
シヴァ「( ゚ з ゚ )」

99 :8/8:2006/05/10(水) 23:09:34 ID:dMF5EGlW0
バッツ「ネェさん相変わらず色っぽいやね〜。イフリートと同棲してるんだって?」
クラウド「…同棲って許されるのか?」
タイタン「シヴァー!!俺の熱を冷ましてプリーズ!!」
シヴァ「(  з  )………おのれら…」
バ&ギ&ク「?」

シヴァ「…っいいとこだったのに邪魔すんじゃねえええええ!!!」

【 ダ イ ヤ モ ン ド ダ ス ト 】

タイタン「ぎ」カッキーン
ギル「に」カッキーン
バッツ「ゃ」カッキーン
クラウド「ぁ」カッキーン

ヴォン…



〜数分後〜


ピンポーン
ゴル「ん?な、何だこの冷気は…おい、どうした!入るぞ!!」
ガチャッ
バッツ「(・∀・)」カチンコチン
ギル「(´・ω・`)」カチンコチン
クラウド「(´σ`)」カチンコチン
ゴル「!!バッツにギルガメッシュ…それに見知らぬチョコボ頭が氷漬けに!?
   一体何故…!ハッ……しかもこっちにはー!!!」
タイタン「(^*^)」カチンコチン
ゴル「……冷凍マッチョ……うへぇ気持ち悪ぅい」

100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/10(水) 23:13:32 ID:ZAjflFxN0
職人さんGJ!
>ゴル「……冷凍マッチョ……うへぇ気持ち悪ぅい」
ゴルさんそんなこと言わないでバッツたち助けてあげてwwwww

101 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/10(水) 23:44:45 ID:Mc957y9b0
職人さんGJ!
茨城の人なのかとオモタwwww
>イフ「Σ(・ε−`)」
>イフ「( ゚ ε ゚ )…」
チョーワロスwww

102 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 00:17:06 ID:tYY5LtPJO
すげぇ…激ワロタwwww
GJ!!!

103 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 00:32:10 ID:8n3hojWJO
職人さん、茨城を代表して御礼を言うよ!
あんがとな〜

104 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 01:58:09 ID:B1uDnfN8O
今の今まで茨城をいばらぎだと思ってた俺が通りますよ・・・

105 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 02:10:17 ID:eJnU+n0g0
>イフ「タイタン?イマイチ状況が飲み込めないが…まあとりあえず」

とりあえずでタイタン燃やされたのかw

106 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 04:12:12 ID:cSDoSj210
召喚魔法だからだろ

107 :携帯召還士 1-4  ◆rZ.1pDvPQ2 :2006/05/11(木) 04:33:05 ID:tYY5LtPJO
〜次元の狭間〜
タイタン「…もう帰りたい…」
バッツ「泣くなよ気持ち悪い」
ギル「そうだよ気持ち悪い」
クラウド「体育座りすんな気持ち悪い」
ゴル「見合い先のアレより気持ち悪い」
 
タイタン「おろろーん…おろろーん…」
バッツ「なんて泣き方だ」
クラウド「違う…アレは仲間を呼んでいるんだ!!!」
バッツ「じゃあアレか!あのムシ笛振り回して上にヒューンてやって」
ゴル「空飛ぶ機械で奴を導けば…」
ギル「セラミックソード欲しい(´・ω・`)」
 
ゴル「…取り敢えずコレで」つギサールの笛
バッツ「よし…紐をくくりつけて…」
(ぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶんぶん…)
タイタン「!!(゚∀゚ )」
クラウド「反応した…」
ギル「…アイツなんなんだ…」
ゴル「お前は大丈夫なのか?チョコボなのに」
クラウド「興味…ないね(ウズウズ)」
 
バッツ「どぉりゃぁぁぁぁぁぁっ!!!」
(#゚Д゚)ノ ≡【ギサールの笛】
(ヒュゥゥゥゥゥ…)
ギル「あ、外に投げた」
(ガバッ)
ゴル「Σ筋肉が立ち上がったぞ」
タイタン「ぬぉぉぉぉぉぉっ!!!」
(どぎゃーん!!!)

108 :携帯召還士 2-4  ◆rZ.1pDvPQ2 :2006/05/11(木) 04:35:16 ID:tYY5LtPJO
バッツ「ぬぁぁぁっ!!!俺のコテージがぁぁぁっ!!!」
ギル「この前また掃除したのに(´・ω・`)」
クラウド「人型の穴…漫画か」
バッツ「クラウド…弁償な」
クラウド「Σ(゚Д゚)」
バッツ「仲間呼んでるとか言い出したのお前」
クラウド「.・゚・(∩Д`)・゚・.」
 
〜次元の狭間、コテージの外〜
タイタン「ぬぉぉ!!!」
(ずどどどど…)
足元にモヤモヤ出現!!
タイタン「ぬぉぉぉぉぉ…」
(すぽん)
タイタン「ぉぉぉぉおお…」
 
〜イフリートとシヴァ部屋〜
イフ「ぬぅ…やはり暑い日にはおでんだな(*´∀`)」
シヴァ「…」←あまりの暑さに雪だるまに入ってる
(ぐつぐつ)
イフ「がんも(゚д゚)ウマー」
シヴァ「…信じられない馬鹿ね…」
(モヤモヤーン)
イフ「ぬ?」
シヴァ「奇妙な魔力が…何か来る!!!」
イフ「ぬぅ…!?」
シヴァ「イフィ、上!!!」
イフ「何だアレは!?…奇妙な魔力と意志が感じられるが…」
シヴァ「…何か来r」
タイタン登場。つーか落下。
タイタン「ぉぉぉぉおお!?」
(ずがっしゃーん!!!)

109 :携帯召還士 3-4  ◆rZ.1pDvPQ2 :2006/05/11(木) 04:35:58 ID:tYY5LtPJO
タイタン「っ痛ぅ…む!?笛はどこだ!?ここはどこだ!?誰かいないのk」
(がしっ)←タイタンの頭鷲掴み
シヴァ「笛なんか無い、ここはイフィと私の暮らす部屋で食事中、アンタはイフィの土鍋を足で蹴り割って登場…」
タイタン「え…あ…帰ってきた!!気持ち悪いと言われた苦渋に耐え…ソロモンよ、私は帰ってきた!!!」
(メキメキメキメキ…)
シヴァ「…続きよ。土鍋の中身のおでんは私にかかったわ。割れた土鍋は真っ二つ、イフィと私に上手い具合に直撃したのよ…」
イフ「そして我は貴様の足の下だ…」
タイタン「…お前等」
イフ、シヴァ「…」
タイタン「そんな所にいたら危ないぞ。怪我したらどうする」
 
( ブ チ ッ )
シヴァ「コォォルディオンハンマァァァァァッ!!!」
(ぱっかーん)
タイタン「ぬぁぁぁっ!?」
(ひゅーん…がしっ!!!)
タイタン「!?」
イフ「…ぬぅぉぉぉぉりぃやぁぁぁぁっ!!!!」
(ぶおん!!!)
タイタン「な!?え!?」
シヴァ「…カァァブレラァァァッ!!!(ハンマーでアッパースイング)」
(ドグワシャッ!!!)
タイタン「ギニャァァァァァァァ…」
イフ「…」(ガラッ)←無言で窓開け
タイタン「ァァァァァ…」
 
(ピシャッ)

110 :携帯召還士 4-4  ◆rZ.1pDvPQ2 :2006/05/11(木) 04:38:01 ID:tYY5LtPJO
シヴァ「…うぅ…熱痛いよぅ…(ぐすっ)」
イフ「シヴァ…大丈夫か…」
シヴァ「熱痛い…」
(しゅぅぅぅ…)←シヴァ、氷で火傷冷やし中
イフ「ケアル位しか我は使えぬが…今晩ちゃんと我がついていてやるからな…」
シヴァ「イフィ…(ぐすっ)」
 
 
 
〜次元の狭間〜
バッツ「ん?何か玄関にあるぞ?」
ギル「どれどれ…『うちの馬鹿幻獣が御迷惑おかけしました。お詫びの品を置いておきます アスラ』…だと」
クラウド「アスラ…?」
ギル「リヴァイアサンの嫁」
バッツ「人妻からプレゼントキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!開けるぞ!!!」
(ビリッ!!!バリバリッ!!!)
 
【幻獣萩の月】
 
( ゚Д゚)゚Д゚)゚Д゚)つ【幻獣萩の月】
 
 
 
( ゚Д゚ )゚Д゚ )゚Д゚ )つ【幻獣萩の月】

111 :携帯召還士 4-4  ◆rZ.1pDvPQ2 :2006/05/11(木) 04:41:58 ID:tYY5LtPJO
(以下お礼とお詫び)
本来職人は黙って投下して去るのが美しいのですが…
 
あちらのスレで投下したネタの、アトモスに吸い込まれた行く先に困り…ここをお借りしました。
それを回収した上に、超GJなネタまで作られた職人様ありがとうございました。


112 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 04:59:17 ID:AUtUPyyjO
乙&GJ!
眠れんから何とはなしに覗いてみれば・・・閉じ込めスレの続きですかw


タイタンの間と運の悪さは相変わらずのようで

カブレラワロスwww
シヴァ姉の追い出し技も随分と増えたなー

113 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 06:49:30 ID:zyRjw05S0
前に言ってた職人さんとは違うしクロノが喋るんだがクロノネタ投稿していい?
いいなら夜にする。

114 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 07:33:04 ID:+jCxXaBk0
>>113いい〜んじゃね〜の?
かんばって良い感じのをよろしくb
>>111ほかの閉じ込めた系と、合作も面白いなぁ〜
乙でした

115 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 13:32:43 ID:2jzTZ6fjO
一応お約束なんで

>>110
こっち見んなww×3

116 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 13:48:05 ID:NqoInJFw0
>クラウド「アスラ…?」
>ギル「リヴァイアサンの嫁」
>バッツ「人妻からプレゼントキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!開けるぞ!!!」

本当に人妻ならなんでもいいんだなバッツww
職人さん乙

117 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 15:10:18 ID:aV0YrCaMO
人妻ならなんでもいい以前に…人(?)…妻でいいのか?




でもGJ!!!
【幻獣萩の月】
まだいろんなもん作ってたのか…

118 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 16:55:29 ID:wOOnl0at0
職人乙&GJ!  また楽しみにしてるよ。
この手の妄s…創作スレで初めてハマッたよ。
2ちゃんで職人に応援書いたのも初めてだよ。このスレスゲー

初めてついでにリクエスト三連発
つサガフロ1
つロマサガ1
つFF8のラグナ達三人てゆかFF8-2(http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1146379900/の70参照)

119 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/11(木) 17:57:37 ID:igspEBOG0
・・・ぬぁぁw
タイタンがこちらでも大暴れしているよ
ナイスです GJです

120 :1/7:2006/05/12(金) 00:02:48 ID:BOSMVBJA0
ギル「フンフフン〜♪ 上司は樹でしたぁ〜♪」
バッツ「・・・また釣りか 何か釣れたのか?」
ギル「フ まぁな 俺様の魅力によって大物がおもむろに餌に食いつく!!」
バッツ「・・・・・この瓶の山は何だ? たしかに"大瓶"とかならあるけどな」
ギル「・・まぁいいじゃないか! 川の掃除だと思えばそれで良しだ! それにまだ中味がある瓶もあるかもしれないしな」
バッツ「"かも"って・・・確認してないのかよ」
ギル「確認する暇が無いほど釣れてな 竿を垂らせば3秒ほどで引っかかる!」
バッツ「・・・なんか憑いてるんじゃないか」
ギル「・・・エクスデス様あたりかな」
バッツ「その可能性も否めないのが事実だな」
ギル「まぁいいだろ それよりも休憩ついでに瓶をあさろうと思うんだが手伝ってくれ!」
バッツ「めんどくせぇな」
ギル「いいじゃないか 案外エリクサーとか入ってるかもしれないしさ」
バッツ「・・・ったくしょうがねぇな」
ガチャガチャガチャガチャ・・・
ギル「バッツ〜何か見つかったか〜?」
バッツ「ん〜・・・なんか"帝国製"って書いてあるハイポーションなら数個だけ見つかったな そっちは?」
ギル「・・・なんか普通に"タバスコ"とかがあるんだけど・・・飲む?」
バッツ「お前が飲め! にしてもこんなのが流れてるなんて上流は何処なんだろうな」
ギル「・・・! おいバッツバッツ! コレ何だ?」
バッツ「ん? これは・・・瓶になにか入ってる・・・いや 詰まってる・・・?」
ギル「・・・・モヤモヤかな」
バッツ「・・・ギュウギュウ詰めだな なんか知らんが苦しそうだな・・・出してやるかぁ・・・お前そっち持ってろよ」
ギュウゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・スッポォン
バッツ「フゥ・・・取れたぁ」
ギル「元気な男の子ですよ〜」
モヤモヤ「モヤァ〜♪」


121 :2/7:2006/05/12(金) 00:04:08 ID:I9sFnwhs0
バッツ「さて・・・コイツを見つけたからにはまた突入するのが義理と人情か」
ギル「義理人情で生きる男・・・カッコイイ! なぁバッツ!早く行こうぜ!
バッツ「随分と前座が長かった気もするが・・・しゃぁない 行くか〜」
ヒュゥ〜・・・・・スタッ×2
バッツ「・・・着いたな・・・ココは・・・平原か? 雷がたくさん鳴っているけど・・・」
ギル「確かに もの凄い勢いで雷が乱発して――」

ピッシャァァァァン
ギニャァァァァ
バッツ「ぉ〜ぃ 大丈夫かぁ〜」
ギル「フ・・・なんら問題ない」
バッツ「・・・頭の布からアフロ状の髪の毛がはみ出しているけどな」
???「あの・・・大丈夫ですか?」
ギル「ム 何だ少年よ こんな所にいたら危ないぞ」
バッツ「被害者が得意げに語ってるんじゃねえ」
???「・・・雷に打たれたんですか? 凄いですね 立っていられるなんて・・・
   どうです? 近くに僕の住んでいる場所があるんで一緒に来ませんか?」
バッツ「ん・・・じゃぁお言葉に甘えさせてもらうかな」
ギル「モヤモヤもどっか行っちゃったのかな・・・見当たらないな」
スタタタタタタ・・・・×3

バッツ「ココか・・・随分と植物テイストな場所だな」
???「ここは"グアドサラム"って呼ばれてます」
ギル「ココに住んでいるのかぁ・・・ところで少年 お前の名前は?」
シーモア「僕の名前はシーモアです えっと・・・オジ・・さん達のお名前は?」
バッツ「俺の名前はバッツ あとオジサンはコッチの赤い奴だけだから俺には言わないでくれ」
ギル「ム・・・誰がオジサンだ! 俺の名はギルガメッシュ! "イカすアフロのギルガメッシュ"と呼んでくれ!」
シーモア「フフ・・・おもしろいですね アナタ達・・・ すぐそこに僕の家があるんですけど上がりますか?」
バッツ「(7歳くらいのお子様の家・・・母親・・・人妻に出会えるチャンスか!!)」
ギル「色々と知っておきたい事があるからな・・・上がらせてもらうぜ!」


122 :3/7:2006/05/12(金) 00:06:14 ID:I9sFnwhs0
シーモア「ただいま 今帰りました」
ギル「・・・ココって周りと比べて随分と大きな家だけど・・・もしかしてお坊ちゃまかな」
バッツ「・・・かもな 言葉遣いも丁寧だしな (お坊ちゃまのお母様か・・・ウホッ)」
ジスカル「お帰りシーモアよ・・・客人か?」
バッツ「お邪魔しております 先ほどアッチの平原で迷っているところをお坊ちゃんに助けられまして・・・」
ジスカル「・・・まぁよい 立ち話もなんだ お茶でも飲んで行きなさい」
ズズズズ・・・×3
ズビズバーッ!×1
ジスカル「―――なるほどな アタナ方は次元の狭間からやってきたと言う訳か・・・
   次元・・・今まで一度も見たことが有りませんな "異界"とは少し違うようですしの」
バッツ「異界? って事はココはスピラなのか?」
ジスカル「えぇ ココはグアド族が住むグアドサラム・・・アナタ方が来たと言う平原は"雷平原"の事でしょうな」
ギル「へぇ〜グアド族か・・・確かにちょこっとだけ違う気もするな・・・シーモア お前もグアド族ってことなのか?」
シーモア「え・・・僕は・・・」
ジスカル「・・・スミマセンな この子はグアドと人間の間に生まれたハーフでしてな・・・
   母親が人間でこの子はその母親にそっくりなのですが・・・母親はついこの間死んでしまいました」
シーモア「母様は僕のせいで・・・」
ギル「・・・ごめんな なんか変な事聞いちまって」
バッツ「まぁ気にするなよシーモア 俺も3歳の頃に母親に死なれちまってさ・・・大丈夫!生きてりゃいいことあるって!」
シーモア「・・・ハイ」
ジスカル「・・・そうだシーモア ちょっと森の方まで薬草を取りに行ってはくれぬか?」
バッツ「俺たちも手伝うか?」
シーモア「え・・・いいんですか?お二人とも・・・」
バッツ「構わないさ おいしいお茶もご馳走してもらった事だしな」
ギル「このアフロ将軍 その薬草取りとやらを存分に手伝わせてもらおう!」
バッツ「・・・となりゃぁ善は急げだ! シーモア行くぞ! 道案内はお前に任せた!」
シーモア「あ・・・ハイ! こっちです!」
ギル「ではお父さん お茶の方ご馳走様でした!」
スタタタタタ・・・・×3
ジスカル「シーモアの元気な顔が久々に見れたの・・・良い人たちに巡り会えたものだ・・・・・あの赤いのは人か?」


123 :4/7:2006/05/12(金) 00:07:19 ID:I9sFnwhs0
ピシャァァン!ピシャァァン! ゴロゴロ・・・ピシャァァン!
ギル「ココを通るのかよ!」
シーモア「ハイ マカラーニャの森はこの平原を越えたあたりです」
バッツ「ココを通るのに何かコツはないのか?」
シーモア「そうですね・・・所々に見える避雷塔を辿っていくのが安全ですかね・・・
   あとは雷が落ちる時に一瞬だけ光るのでそれを頼りに避けるくらいです・・・このようにして」
ピカァッ
バッ!
ギル「すごい・・・本当に雷を避けている・・・よおし!俺だって!」
ピカァッ
  バッピシャァァァァァン!
ギニャァァァァァ
バッツ「ふぅ・・・またか ったくこの馬鹿は・・・回復回復・・・っと」
シーモア「僕に任せてください」
キラァァァァン
ギル「助かった・・・今のはケアルガか? シーモアよ・・・中々強い魔力を秘めているのだな」
シーモア「ありがとうございます では行きましょうか」
スタタタタタ・・・・×3
バッツ「なぁシーモア あそこにある石碑は何だ? なんかサボテンダーっぽい絵が彫られてるけど・・・」
シーモア「あれは・・・僕にもよく分かりません」
ギル「・・・・(ん? 何か浮いてる・・・サボテンダーの幽霊か?・・・・・気のせいか)」
バッツ「・・・こんな事聞くのもなんだけどさ お前の母さんが死んじまった理由・・・できれば教えてくれないか?」
シーモア「・・・・・」
ギル「おいバッツ! 一体何を聞いてるんだ!」
シーモア「・・・構いませんよ・・・あまり人に話す機会もありませんし・・・僕の母親が人間だっていうのは聞きましたよね
   グアドと人間の混血種・・・そのせいか僕は他人と馴染む事が上手くできませんでした
   大人からも僕と同じ歳くらいの子供達にも冷ややかな目でみられました
   そんなときに僕を一番に守ってくれたのが母様です
   でも母様自身僕を守ってくれているうちに周りから切り離されるようになりました
   そんな中母様自身にも限界が来ていました ずっと虐められている僕のために と言って・・・死んでしまいました
   "祈り子"という形で僕を守るといって死んでしまいました・・・」


124 :5/7:2006/05/12(金) 00:08:06 ID:I9sFnwhs0
バッツ「・・・ありがとうなシーモア 俺らなんかにそのことを話してくれて・・・
   俺は正直言ってお前が羨ましいのかもしれないな
   お前は母親からの愛情をいっぱい貰ったんだ 俺も貰っていたんだろうけど
   物心付く前に死んじゃったからな だから愛を実感していたシーモアが羨ましいんだと思うよ」
ギル「シーモア・・・母親の為にと思うなら強く生きろよ」
シーモア「グスッ・・・・ありがとうございます・・・・ぁ・・・森が見えてきました」

ギル「・・・着いたぁ・・・3回くらい死にかけたな」
シーモア「現に4回ほど雷に打たれてませんでしたか?」
バッツ「コイツの耐久力は通常の3倍だからな アカクテツノダカラ」
ギル「腕の数は4倍だぜ! で目的の薬草はどこだ?」
シーモア「アッチの方に泉があるんです そこに生えています」
スタタタタ・・・・×3
バッツ「・・・にしても変わった森だな なんかキラキラしてるし・・・落ち着くな」
ギル「バッツお前も薬草取るの手伝えよ! ・・・この薬草は何に使うんだ?」
シーモア「加工してポーションにします あそこのポーションは良く効くって評判なんですよ」
ギル「ふぅ〜ん・・・まぁ確かにこのキレイな水でできた薬草なら一味違うポーションが出来上がるかもな」
バッツ「・・・なんかこの泉なら中で踊れそうだなぁ・・・・ん? 水が変な動きを・・・っ!」
ザバァァァァ・・・・・ウニョンウニョン・・・
ギル「うわ!なんか変なのが現れた!」
シーモア「コイツは・・・スフィアマナージュ?・・・気をつけてください かなりの強敵です!」
ギル「フフン このギルガメッシュ様にかかればこんな潤った奴なんか"5分で平らにしてやる"さ!よっしゃぁぁ!」
ズタタタタ・・・・

ビッタァァァァァァンッ!

ギニャァァァァァァ!!


125 :6/7:2006/05/12(金) 00:08:47 ID:I9sFnwhs0
バッツ「形がハンマーみたいになって赤い阿呆が地面にめり込んだ!」
モヤモヤ・・・モヤモヤァァン ズブズブ・・・
バッツ「ん?あれはモヤモヤ・・・スフィアマナージュに取り込まれてる!!っていうか自ら突っ込んだ!!」
シーモア「アイツは変に強いんです・・・ただ戦いにくいんですよ 魔法も上手く使わないと吸収されてしまいますから」
バッツ「なるほどな・・・シーモアは下がってろ 俺たちで何とかして見せるから」
シーモア「え 僕も手伝います!」
ギル(in地面)「いいやダメだ 俺たちはコッチの世界に来てからシーモアにはお世話になりっぱなしだからな
   受けた恩はキッチリと返すのが主義だ!!行くぞバッツ!」装備:エクスカリパー&エクスカリバー
バッツ「地面に埋まったままでなにいきがってんだ!」装備:ラグナロク
ズガガガガガ・・・ズバァ ズシャァ ドドン ビッタァァン ザシュゥ・・・
バッツ「クッ・・・コイツ思っていた以上に強いかもしれないな なにか力が入りきらない感じだ」
ギル「いつもの半分も力が入ってない気が・・・ぅぉぉおお!!俺のエクスカリパーを喰らえぇ!」
ビッッッタァァァァァァンッ!
バッツ「オイ何やってるんだギルガメ――しまっ――」
ズ・・・・・ズズゥゥゥンン
シーモア「な・・・バッツ!ギルガメッシュ!」
バッツ「クソ・・・ドシった」
ギル「シーモア! お前は逃げろ!」
シーモア「そうしたら2人が!」
バッツ「大丈夫・・・コッチには自爆しても死なない怪物と主人公である俺がいるんだ・・・」
ギル「回復もなんとか俺たちでするから早く逃げろ!!狙われてるぞ!!」
ウニョン・・・ウニョン・・・モヤヤン・・・ウニョン
シーモア「(また僕のせいで・・・周りの人が・・・僕が弱いから・・・僕が・・僕が)
バッツ「シーモア!早く逃げろ!」
シーモア「・・・イヤだ・・・他の人が傷ついていくのはもうイヤだ・・」
ギル「そこまで敵が近づいているぞ!」
シーモア「・・・・来て・・・"アニマ"!!」
ジャラララララ・・・ズゥゥゥゥゥ・・・


126 :7/7:2006/05/12(金) 00:09:41 ID:I9sFnwhs0
バッツ「あれは・・・召喚獣か? シーモアは召喚もできるのか・・・」
ギル「なんか怖い・・・けど ただ怖いだけじゃないな」
シーモア「あの2人を助ける力を貸してください・・・母様」
アニマ「オ゙ア゙ァァァァァアッ!!!」
ヒュィィィィ・・・・ッカァ!!
ギル「・・・母・・・様?」
バッツ「ワカランが・・なんつう技を・・・眼から血が出てきている・・・泣いてるのかよ」
シーモア「そのまま・・・叩き潰して!」
――カオティック・D――

バッツ「・・・・・・・跡形も無いな・・・ハッ! モヤモヤは大丈夫なのか?」
ギル「モヤモヤなんて居たのか・・・あそこで浮いてるのがそうじゃないか?」
シーモア「・・・大丈夫・・ですか」
バッツ「シーモア・・・最後の最後まで世話になっちまったんだな」
ギル「ったく逃げろって言ってるのに逃げないし・・・でも強かったぜ? お前とお前の召喚獣」
シーモア「・・・もう・・・行っちゃうんです・・・か?」
バッツ「ゴメンな もう時間が無いみたいなんだ・・・シーモア これからもがんばれよ」
ギル「急ぐぞ! もうモヤモヤたんが限界みたいだ!」
バッツ「・・・・じゃぁな」
ヒュゥ〜・・・・・
シーモア「・・・ありがとう・・・バッツ・・・ギルガメッシュ・・」

スタッ×2
ギル「フゥ・・・久しぶりにピンチだったな」
バッツ「なぁギルガメッシュ・・・アイツどうなると思う?」
ギル「わからないな・・・スピラにはティーダとかユウナが居るんだよな
   今行った世界が過去なのか未来なのはわからないけど・・・」
バッツ「・・・仲間として知り合えばいいな・・・」
ギル「万が一に敵として出会っても その後俺たちみたいにどっかに閉じ込められるかもな」
バッツ「・・・ったく馬鹿言ってんじゃねえよ」

127 :菌の人 ◆mYwFNNRSZQ :2006/05/12(金) 00:12:35 ID:I9sFnwhs0
今回はシーモアを書いてみましたがどうでしょう(´・ω・`)
・・・なんか全体的に話が暗くなっちゃいましたね
ギャグ要素が少ないので不快に思う人もいるかもしれません

にしてもモーグリVSラーサー のスレ消えちゃったんですね
あそこでも小説を書いていたんですけどなんか不完全燃焼ですorz
次回はもっと精進しようと思います(´・ω・`)

128 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 00:45:31 ID:Xs2qiUkP0
>>127乙でした
あいかわらず職人さんは神ですな
思ったけどバッツたちって弱い設定なのかな?(´・ω・`)

129 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 00:55:22 ID:JovTbwB50
職人さんGJ!
シーモアセツナス・゚・(ノД`)・゚ ・゚・

>>128
別にバッツたち弱くはないんじゃね?
実際スフィアマナージュ戦いづらいし。

130 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 01:40:31 ID:z8Kqvot10
シーモアええ子や・゚・(∩Д`)・゚・

131 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 02:27:40 ID:fJWonF8XO
あげ

132 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 13:14:14 ID:CtY+69hjO
>>128
モヤモヤをストップで止める凄い男ですが何か?→バッツ。

133 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 16:29:04 ID:aipmUa1PO
一応あの2人LV99だもんな
ゴルさんは弱かったけどw

134 :128:2006/05/12(金) 17:38:48 ID:Xs2qiUkP0
でもシーモアより弱いというのは・・・・・・
テラサビシス

135 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 17:48:13 ID:fJWonF8XO
その辺は職人の書き方如何なんだろ 出来れば統一して欲しいが
ところでネタは黙って投下 更にコテ禁止ってルールにしないか

136 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 18:53:34 ID:TS8tYR7tO
>>135
それは外野が決めることじゃないと思うぞ。
外野がごちゃごちゃ騒ぎすぎるとスレが廃れるから、
そこらへんは職人諸氏の判断に任せようジャマイカ。

137 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 20:16:38 ID:/r9iDPux0
>>134
スフィアマナージュは
マカラーニャの森という特殊な場所にのみ現れる
かなり特殊なタイプのモンスターなので、実際FF10でも倒すにはコツがいる
いくらレベルが99でもライブラも使わずに一目で
そのコツがわかるってもんじゃないだろう
ましてFF5の世界にはプリン類やスライム類が存在しないので
過去に似たようなモンスターに会ったからそこから推測ってわけにもいかない

シーモアは非力な子供だけど地元民だし
親が召喚獣になってくれたという特例つき

簡単にバッツ達とシーモアを比べられる状況じゃないと思う

それでも納得できないんならどうしようもないけど…


138 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 20:22:56 ID:gHTO5TWc0
それはどうだろう?
コテ付けたり後でゴチャゴチャ解説述べられるとネタの質が下がる
ネタスレの暗黙のルールのはずなんだけどね

139 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 20:50:19 ID:sWte9arl0
>>138
>>1

> 【閉じ込めスレ@避難所】
> http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/29637/1144214966/

140 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 20:54:22 ID:gHTO5TWc0
あ、すでにそっちで話題が挙がってたのか
すまんかった

141 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 21:25:48 ID:vnYMfeak0
>>127
できたらモグスレで続きやって欲しい

142 :1/5 99の続き:2006/05/12(金) 21:40:04 ID:R0GuH2nD0
ゴル「そーれ」つ【お湯】
ザバー シュウウウ…
バッツ「うひー。さささ寒いいい」ガクガクブルブル
ギル「かかか風邪引くうううう」ガタガタ
クラウド「ぶしっ」<くしゃみ
ゴル「一体何があったんだ?」
バッツ「シシシシシヴァが」
ゴル「…シシシシシヴァとは何だ?」
バッツ「ちちちち違うよシシシシシシシシシシシヴァじゃなくてシシシシシヴァだよ」
ゴル「だからそのシシシシシヴァとは何だと聞いているのだ」
バッツ「シシシシシシシシシシシヴァじゃないってシシシシシシヴァだよあれ?一つ多かった」
ゴル「だからそのシシシシシシヴァとは」
ギル「ししししししつこい」
クラウド「ぶしっ」<くしゃみ
タイタン「(ここで凍ってる俺の事…時々でいいから…思い出してください)」カチンコチン


つ旦~ 旦~ 旦~ 旦~
バッツ「(ズズー)ふ〜。温まるぅ」
ギル「シヴァ、虫の居所が悪かったみたいだな」
バッツ「まさか召喚士の俺まで攻撃するなんて…恐い子!
   でもやっぱり召喚するだけじゃ、ゆっくり話も出来ないなー。色々聞きたかったのにさ」
ギル「攻撃するだけなんだもんな。お茶でも飲んでけば良いのに…」
タイタン「(眠くなってきたよ…俺死ぬのかな?)」
バッツ「ブルッ…まだ寒い。部屋の温度下がってるな。誰かストーブ持ってきてー」
クラウド「…ノースリーブはつらい…」ブルブル
ゴル「…この冷凍マッチョのせいで寒いのではないか?」
バッツ「あ…いたんだ」
クラウド「…寒いわけだ」
タイタン「(気づいてくれたー!僕は死にましぇーん!)」
ギル「このままじゃいくら召喚獣でもやばいぜ!ファイアしてやれよファイア」
バッツ「よーしパパ奮発しちゃうぞ!れんぞくまファイガ!!」

143 :2/5:2006/05/12(金) 21:41:11 ID:R0GuH2nD0
ボワワワワ ×2 ジュウウウー
タイタン「あああああづぁああああああ」メラメラ
バッツ「おー温か〜い。これはいいストーブですね」
ギル「ちょ…大丈夫かータイタン!こるぁあバッツ!
   召喚獣はもっと大切に扱いましょうって学校で習わなかったか!」
バッツ「習ってません><」
ゴル「召喚獣だったのか、これ…」
タイタン「あ〜い〜や〜はははははは」メラメラ
ギル「わ、笑ってるぞ」
クラウド「笑う焼きマッチョコワス…」


………


ちゃぽ〜ん…<水風呂に入ってヤケドを冷やすタイタン
タイタン「うー…死ぬかと思った…というかよく生きてるな俺…さすが俺…カッコイイ俺…フフ」


ゴル「で、話は変わるが…誰なんだ、このチョコボは?」
クラウド「うん…俺は…チョコボじゃない」
バッツ「そうだよチョコボなんて言うなよ。チョコボに失礼だ」
クラウド「…」
ギル「こないだイヴァリースってとこで知り合ってさ、ゴルさんみたいに元の世界に戻りたいらしくて
   今のところ一緒に住んでるんだ。な、クラウド」
クラウド「ああ」
ゴル「ほうクラウドか…私は黒い甲冑ゴルベーザ」
クラウド「俺には青い甲冑に見える」
ゴル「うるさいなあ!天野絵では黒いんだよおおお!!!」
クラウド「言ってる意味が分からないな」
ギル「からかわないであげて!この人繊細だから!ストレス溜まると血吐いて死んじゃうから!」
ゴル「私は小動物か!?」

144 :3/5:2006/05/12(金) 21:44:39 ID:R0GuH2nD0
バッツ「そんな可愛いもんでもないべ。ところでゴリが持ってるそれ何?お土産?」
ゴル「む…これか。いや、お土産と言うか…」つ【大地のドラム】
ギル「太鼓だー。どうしたのこれ?」
ゴル「今日はリョー子と2人で幻獣神の洞窟にピクニックに行ってきたのだが」
バッツ「(ピクニック…普通にお付き合いしてるんだなアレと…)」
ギル「(ゴルさん…男だぜ)」
ゴル「そこに住んでるモンスターのアラウネさんが、お近づきの印にとくれたのだ」
バッツ「ふーん。叩いてみて良い?」
ゴル「やめておけ。それは敵全体にクエイクの効果だ」
バッツ「何クエイクって。昔飼ってた犬の名前?」
ゴル「違うわ!クエイクを知らんとは…地震を起こして敵を殺傷する黒魔法だ」
バッツ「なΣ(・∀・;)お前はまたそんな危険なものを持ってきやがって…しまっとけ!」つ【大地のドラム】
クラウド「…俺の知ってる大地のドラムはクエイラの効果だが…」
ギル「何クエイラって。元カノの名前?」ワクテカ
クラウド「違う!!だいちのマテリアで唱える事が出来る、クエイクの強化版魔法だ」
バッツ「ふーんマテリアとか良くワカンネけど、とりあえずふーん」
クラウド「…俺も聞きたい事がある。さっき突然変身したよな…アレは何だ?」
バッツ「あれはジョブチェンジだよ。クリスタルのかけらでムーンクリスタルパワーメーイクアップ!するんだよ」
クラウド「とりあえず…ふーん(メイクアップ…ドキドキ)」
ギル「世界によって魔法とかアイテムとか色々違うもんだなぁ。面白れー」


タイタン「ふ〜いい水風呂だった…おっ!何ソレ!!なんか惹きつけられるその魅力的な太鼓、何それ!!」
ゴル「うっ…近づくな筋肉。これは大地のドラムと言って…」
タイタン「だ、大地のドラム!?これは…叩かずにはいられまへんでー!!!イェア!」
バッツ「あっ!やめろ!」
ドンドコドコドコ♪ドンドコドン♪
ギル「たたた叩きよったー!!」ガクガクブルブル
ゴル「く…来る!!」
クラウド「!?」
タイタン「震えるぜハート!燃え尽きるほどヒート!」ドンドコドン
…ゴゴゴゴゴ…

145 :4/5:2006/05/12(金) 21:46:16 ID:R0GuH2nD0
グラグラグラグラ!!!
ギル「どわああああ地震だ!!皆ヘソ隠せ、取られるぞ!」
ゴル「落ち着けそれは雷だ!机の下に…ああっバッツ一人でちゃぶ台の下占拠してズルイぞ!!」
クラウド「れ、レビテトを…Σ(;´σ`)あ!しまった、マテリア持ってない!!
   くそっ、マテリアの無い俺なんてお湯の無いカップラーメンのようなものじゃないか…!!」
タイタン「うほほーい、楽しいなぁおい!」ドコドコドン
グラッ ガシャン バシャーン! ピチピチ(゚ε゚;)
ゴル「ああっ金魚鉢が!!ルビカンテ、スカルミリョーネ、バルバリシアー!!!」
バッツ「うわわわヤバイこれ、コテージ壊れる!おいアホ召喚獣!やめんかい!!」
タイタン「今!俺は地球とひとつになったー!エビバディパッ(゚∀゚)ション!」ドンドコドン
ギル「ダメだイっちゃってる!」
バッツ「おいゴリ何とかしろよ!お前の太鼓だろーが!」
ゴル「あうう…金魚ヌルヌルしてて触りたくない…でも助けないと…でもヌルヌル…」
バッツ「金魚にはちょっと我慢しててもらいなさい!それよりあの筋肉を何とかしなさい!!」
ゴル「嫌だ、金魚も触りたくないが筋肉にも触りたくない!」
バッツ「役立たず!!えーいクラウド、お前行け!!」
クラウド「ごめんなさい、俺カップラーメンになりきれませんでした…」
バッツ「意味分かんねーよ!揃いも揃ってドキッ!丸ごと水着!役立たずだらけの水泳大会!!」
ギル「落ち着けよバッツ!とりあえずレビテトかけてくれ!地味にHP削られるコレ」
バッツ「よ、よし…全員にレビテト!ついでに金魚とカメにもレビテト!!」【ジョブチェンジ:時魔道士】
ふわわ〜ん
ゴル「ぐわああ!!いきなり浮かすから顔にルビカンテくっついたじゃないかあああ気持ち悪い!」
クラウド「うぐ、この浮遊感………酔う」
ギル「うわぁ俺浮くの初めてナリィ…すげー楽しいー!!泳いじゃうぜス〜イスイ」
バッツ「遊んでないで誰かあのマッチョ止めろよ!」
ゴル「触れないと言っとろうが」
クラウド「ぐげ……気持ち悪い」
ギル「バッツが止めれば良いじゃ〜ん」スイ〜
バッツ「俺だって触りたくないよあんなの…………あ、そうだ」【ジョブチェンジ:黒魔道士】
タイタン「フフンフ〜♪言いたいことも言えないこんな世の中じゃ♪」ドンドコドンドコドン
バッツ「ポイズン!!」
タイタン「ホギャアアア!!」

146 :5/5:2006/05/12(金) 21:46:51 ID:R0GuH2nD0
ギル「あ、マッチョが毒に侵された…」
ゴル「毒マッチョの出来上がりだな」
クラウド「う…ぐげ」
タイタン「……」バタッ
バッツ「ふー、コテージ壊れなくて良かったあ」

………

ゴル「あああ…アラウネさんからもらった大地のドラムがボロボロに…力任せに叩くから!」
タイタン「ぐす…太鼓叩いて遊んでただけなのにヒドイ…」
バッツ「でかい図体していつまでもメソメソすんなよ。ポイゾナしてやっただろー」
ギル「元気出せよ!ほら、今度は俺も一緒に歌ってやるぜ!ボエ〜♪」
バ&ゴ&ク&タ「ごへぇっ」<失神


in 閉じ込め部屋
パッ
シヴァ「ただいまっ」
イフ「Σ(・ω・`*)ぬ…おかえり」
シヴァ「…ったくアイツラ…余計な事しやがって。折角もうちょっとでイフィと……」ハッ
イフ「……(*・ω・*)ゞ」
シヴァ「…(*゚д゚*)」カァ〜
イフ「………」
シヴァ「………」
イフ「…あの」
シヴァ「な、なに!?」
イフ「その…」
シヴァ「………」
イフ「あ、暑いな!おでんでも食べぬか?」
シヴァ「…………………………食べない」

そして>>107-110へ…

147 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 21:49:29 ID:8taNcpsu0
カップラになりきれませんでしたにハゲワロwwww

148 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 21:49:34 ID:7+H7eECA0
>クラウド「ごめんなさい、俺カップラーメンになりきれませんでした…」

声あげてワロタ

149 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 21:59:12 ID:TBImGU+MO
職人さんGJ!

>震えるぜハート!
>燃え尽きるほどヒート!
これなんだっけwワロスwww

150 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 22:00:41 ID:Xs2qiUkP0
冷静に
 お も し ろ か っ た 
散々文句言ってすみませんorz

151 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/12(金) 23:18:09 ID:mPdgbiCQ0
最初のシシシシシシヴァワロスwww
ジョジョとか、すげえネタが豊富だなぁgj

152 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 01:25:15 ID:WoNeiQEEO
懐かしいネタがあちこちに散りばめてあってワロタ
クラウドの乗り物酔い体質なんて今の今まで忘れてたぞwww



>>149
マクロス7じゃなかったか?
・・・全く自信は無いが

153 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 01:48:39 ID:mkBsXaPG0
>>152
いや、確かジョジョの第二部だった希ガス

154 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 02:55:33 ID:Bv+XqrvwO
職人さん乙です!!GJ!!

>>153
確認したらJOJO1部のジョナサン・ジョースターのセリフだった

155 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 04:33:53 ID:Ri6DWdy80
カップラーメンとポイズンワロスww
職人さんGJ!

156 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 05:10:42 ID:mDwyHawK0
今回のスレで初めておもろいと思ったGJ!

157 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 09:11:49 ID:F7fzZasT0
金魚と亀が浮いてるの想像してみた

ゴリさん大変だなw
JoJoネタが来るとは思わなかった
GJです

158 :152:2006/05/13(土) 12:41:10 ID:WoNeiQEEO
>>153>>154
やっぱり違った・・・ゴメソ



最近記憶があやふやで・・・・歳かねぇ

159 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 16:11:04 ID:8WEVOJZHO
はひふへホッシュ!

160 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 18:10:30 ID:2js9S7phO
>>149
ゼルダの伝説じゃなかったけ?
それにしてもこの閉じ込めスレは神ってる
GJ!

161 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 19:19:28 ID:2PKbdzyc0 ?
ギルガメッシュの歌作ってみた

だだっだだだっだだだだだだだだだ だだっだだだだ

ちまたでうわさの ギルガメッシュ様
シェルやプロテス ついでにヘイスト
魔法も使える 素敵なあい〜つ
攻撃力にゃ 右に出るものな〜し 強す〜ぎ〜る〜

せ〜か〜いじゅ〜う〜の注目〜を浴〜び
ギ〜ルガ〜メシュ〜 嗚呼ギ〜ルガ〜メシュ〜
と〜もだちは エ〜ンキ〜ド〜ウ〜  実は犬です

じょ〜う〜し〜は 無〜で〜し〜た
か〜な し〜い し〜ん じ〜つ
おれ ちょっと カワイソスじゃねぇか?
い〜つ〜も や〜ら〜れ
役 役 役 役 こてこてこてこて
よろよろよろよろ たてたてたてたて

だだっだだだっだだだだだだだだだ・・・

162 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 19:32:10 ID:F86F8XAk0
改悪だな

163 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 19:54:06 ID:aYQ2Usr60
自分はもうビッグビリッヂ聴くと
前スレので脳内再生されまくって耳から離れんwww

164 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 20:46:16 ID:0TweHyZC0
もうね、VIPブリッヂとここのが合成されてくぁwせふじこip

165 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 22:27:49 ID:hToSbJb+0
>>60
亀レスですまんが

ナグラロクはFFTAでラグナロクの2倍以上の威力を誇る武器として存在してますよ?

166 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 22:30:50 ID:s7iumrVtO
↓からビッグブリッヂの死闘の空耳について語るスレになりますbyスカルミリョー子

167 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/13(土) 23:39:25 ID:Wn/NzyUJ0
だが断る

168 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 00:05:37 ID:Xt7XXEZM0
(゚∈(`・ω・´)-・)
ク・ギ・バ!! ミッションスタート!!
クラウド「・・・言いたい事が1つ有る!」
ゴルベーザ「正しくは5つだな」
ギルガメッシュ「ん? 俺が考えたネタなのに文句でもあるってのか!!」
バッツ「まず1つ! コレはパクリネタだろうが!」
ゴル「そうだ! もっと言ってやれぃ!」
クラ「そしてもう1つ・・・なんで俺の口が"∈"なんだ!」
バッツ「ミッションって何だ!
  そしてなんでギルガメッシュがど真ん中で目立っているんだ!」
クラ「・・・以上!」
ゴル「・・・ん? ちょっと待ってくれお前ら 私がメンバーに入ってない事は突っ込まないのか?」
ギル「いいじゃないか! 俺がど真ん中で!」
バッツ「いいやダメだね もう許さないね!」
クラ「お前があの位置に来ると腕が邪魔で俺たちの顔が映らないんだよ」
(・\(`・ω・´)/・)
ゴル「私の話も聞けぇ!」
ギル「なんだゴルさん アナタも文句があるのか!アナタダケハシンジテイタノニー!!」
ゴル「信じられてたまるか! 私も出演させろ!」
バッツ「今度は俺がメンバー配置を決めてやる!」
クラ「やっちゃって下さいバッツさん!」
(゚∈(=・∀・=)-・)
ク・エ・バ!! ミッションスタート!!
バッツ「コレで良し!」
エンキドゥ「・・・♪!!」
ギル「待てバッツ! どうして俺の場所にエンキドゥが居るんだ!」
ゴル「結局私が出ていないじゃないか! ナキタイデストモ!」
クラ「バッツ! 俺の口は変えてくれと言ったじゃないか!
  この頭でその口だったらどっかの暴力教師じゃないか!」
バッツ「暴力教師って・・・ドゥドゥド」
クラ「それ以上言うな!」

169 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 10:38:28 ID:8OJB+inbO
>>168
乙です。単発ネタでしたがかなり笑えましたw
やっぱりゴリさんカワユスwww(´ω`*)

>>165
そうでしたか。それはすみませんι
今回は一応世界がTイヴァリースということで勘弁願えませんでしょうか?
むしろTでパチモンだったナグラロクがTAで何故強くなったかを>>165氏が描いてみてはいかがでしょうか。(笑)

このスレは最初から見ていたのですが段々レベルが高くなるにつれ、当初のなごやか〜な雰囲気が失われつつあるように感じるので、腕を持った職人さんの他にもギルとバツが好きな方々誰にでもこいつらのストーリーを書いてもらいたいものです。

170 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 12:39:26 ID:jV74KClJ0
>>169ごめんなさいorz FFTだったんですね
FFTすっ飛ばしてFFTAやってたからFFTAのみの登場だと思ってましたorz
変な意見出してしまってすいませんでしたorz

171 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 15:23:09 ID:0QouXEJHO
いつから犬エンキドゥも加わったんだ?

172 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 15:46:10 ID:kIgtrneh0
>>171
俺もおもった

173 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 15:54:21 ID:QOGrU6lhO
前スレからもちょくちょく居たり居なかったりしてたよ>エンキ堂

174 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 15:55:23 ID:CGc9edoyO
5のは犬じゃなかったよな?

175 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 16:15:51 ID:WkT0F5BXO
5のは羽がはえた人型。しゃべることも出来たのに…
ちなみな5→エンキドウ
12→エンキドゥ
らしい

176 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 17:25:04 ID:vBiqSFwH0
いいじゃん、
ギルといえばエクスカリパー。
ギルといえばビッグブリッヂ。
ギルといえば源氏シリーズ。
ギルといえばエンキドウ(ゥ)。

177 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 18:35:41 ID:lUQYEmDB0
ギルといえば俺が悪かった……」ヘイスト
   「4人でかかられたら……」プロテス
   「手も足もでないぜ……」シェル
   「……てのは、ウソだけどなァ!」ジャンプ


178 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/14(日) 23:22:51 ID:CB33XKtS0
ところでクロノトリガーネタ投下するって言ってた人はどうなったんだ

179 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 09:25:09 ID:M7UI17P6O
まぁ気長に待とうではないか(´∀`)

180 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 14:55:58 ID:kFTRBimhO
>>177
デスペル

181 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 19:35:45 ID:tnBVEgvA0
>>177
バニシュ

182 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 19:42:00 ID:yRT1MkpK0
>>177
トード

183 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 19:43:17 ID:yf4RmcxvO
>>177
デス

184 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 20:14:51 ID:hMvZcXkb0
>>177
アレイズ

185 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 20:19:30 ID:brXeSOOi0
>>177
デジョン

186 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 20:21:36 ID:8AMU5t0x0
あ〜れ〜

187 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 22:07:58 ID:IhoG97dmO
ってのはウソだけどな!

188 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 22:27:42 ID:tnBVEgvA0
なら自爆しる

189 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 22:34:21 ID:hMvZcXkb0
MPが不足

190 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 23:08:38 ID:IhoG97dmO
>>187->>189無限ループ

191 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/15(月) 23:59:50 ID:qIRtJxav0
クロノ編まだ来てないのか
wktk

192 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 14:32:39 ID:ZUWuKeO4O
シエラ(人妻)にハァハァするバッツと、マリン(幼女)に懐かれるギルが、早く見たいです

193 :前スレ652:2006/05/16(火) 17:06:56 ID:YLasmKPH0
(´・ω・`)ノ <バッツデケタヨー
http://r.pic.to/4d5gt

194 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 17:17:17 ID:1yUK/M670
>>193
GJ!!
ちょwwwwバッツwwwwテラカワイスwwww
この調子でゴルさんもヨロ!!

195 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 17:41:57 ID:QHXjCSOwO
>>193
かわええのぉ〜。
まさにグッジョブ!

196 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 17:49:22 ID:uq04eqqH0
>>93テラウマスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

197 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 18:12:04 ID:GEynFIXaO
>>193
イイ!!
でもなんか今にも ニダー って叫びそうだよね(´・ω・`)

198 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 18:37:30 ID:ZOVJKh8IO
>>193
Good Bob

199 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 19:29:18 ID:qwNf2+j50
>>193
可愛い…!!!欲しい…!!!
器用ですなあGJ!

200 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/16(火) 21:59:01 ID:eGw0GCjcO
すげー!欲しい
バッツのキャラそのまんま出てる

201 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/17(水) 01:08:16 ID:LKJyshcaO
ぜひとも全登場キャラコンプしてほしいな

202 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/17(水) 07:56:53 ID:xm9+783KO
>>193
テラスゴスwwwwwwwGJ!!
今度はゴルさんお願いしますm(_ _)m

203 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/17(水) 09:59:09 ID:vqmnPpPRO
>>193
バッツめっちゃカワイイ…(*´艸`)
是非ともゴルさんも作って欲しいですとも!

204 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/17(水) 16:58:49 ID:kC3XSMs+0
ゴル『実はギルガメッシュ殿はガラフのむs

205 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/17(水) 18:19:48 ID:/IJvdqwqO
>>193
本間にカワエエわぁ(*´Д`)=з

206 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/18(木) 07:09:18 ID:ksWRtso7O
》193
を見てたらこんなのが浮かんだ

http://q.pic.to/4hlbp

207 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/18(木) 07:41:59 ID:MbKridrL0
>>206バッツひでぇw

208 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/18(木) 23:28:13 ID:H0H8MUw6O
文句言う訳じゃないけど、職人さん来ないな。

209 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 00:00:22 ID:s3buqc1dO
もし学生さんだったらテスト期間かもね…
まぁ気長に待とう(´・ω・`)ノ

にしてもバッツ…イイ!!

210 :【1/4】:2006/05/19(金) 00:22:23 ID:Vdz82w4V0
ギルガメッシュ「フンフフン〜♪ステキな剣士さニヒルなアイ〜ツ♪・・・」
バッツ「ん〜・・・いい天気だなぁ」
クラウド「最初はグーッ!」
ゴルベーザ「じゃんけんポォンッ!」
ギル「♪上司は木でした〜♪・・・」
バッツ「・・・・・」
クラ「アイコで・・・」
ゴル「ポォンッ!」
ギル「♪カメカメカメカメ♪・・・」
バッツ「・・・だぁあ〜! うるさいぞギルガメッシュ! さっきから何歌ってんだ!」
クラ「クッ・・・負けた・・・」
ゴル「では・・・アッチ向いてホォイ!」
ギル「・・・ん? 何ってCDを聴きながら・・・」
バッツ「CDなんてあったか?・・・俺にも聞かせろ!そのヘッドホンよこせ!」
 パシィ!・・・スチャッ
 "ダダッダ ダダッダ ダダダダダダダダ ダダッダ ダダダ"
 ブン!
ギル「あ! コラ!なにヘッドホン投げてんだ!」
クラ「ふぅ・・・セーフか」
ゴル「クッ・・・もう一回か 最初はグーッ!」
バッツ「何だこの曲は?」
ギル「何ってもちろん"ビッグブリッヂの死闘"だとも! 俺様のメインテーマだ!」
クラ「・・・アッチ向いて・・・ホォイ!」
ゴル「・・・ぬぅぅ」
バッツ「曲名は知っている 何回聞いたか分かんないしな ・・・なんでCDに収録されてるんだ?」
ギル「そりゃぁ製品化を狙っての収録だ それは試作品でな 地味にボーナストラックも入っているぞ!」
クラ「フ これで64戦58勝だな」
ゴル「クッ・・・もう1回ですとも!」

211 :【2/4】:2006/05/19(金) 00:23:23 ID:Vdz82w4V0
バッツ「・・・詳細を教えろ これは命令だ」
ギル「知りたいのか? しょうがないなぁ〜 まず収録されているのは"ビッグブリッヂの死闘"これは3番まで歌詞があるな
  で ボーナストラックは8番目に入ってる ちなみに8の前はダミーで無音状態で1トラック10秒くらいだな まぁ聞いてみろよ」
 スチャッ カチッ クルクルクルクル・・・・
 "・・・♪無のぉぉ力ぁぁぁ ウゴゴゴゴゴゴゴ・・・"
バッツ「・・・・・・・コレは?」
ギル「どうだ? ビックリしたか? なんとボーナストラックはエクスデス様が歌う"無の上司"という幻の演歌が入ってるのだ!」
バッツ「エンキドゥーイマチカクニイルカー?」
ギル「いやぁずっと前にエクスデス様が風呂に入っている時に歌っていたものでな 手に入れるのに中々苦労をしたものだ」
エンキドゥ「?」
バッツ「ヨォーシヨシイイコダー コノディスクヲヨークミロヨー」
ギル「まぁ厳密に言うと風呂じゃなくて栄養液(ポーション)だったんだがな! どうだ?笑える話だろ・・・ん?聞いてるのか?バッ・・・」
バツ「ヨォーシソレジャァ・・・トッテコォーイ!」
 ヒュゥゥゥゥゥ・・・・キラァン
エン「ガゥガゥッ!」
スタタッスタタッスタタッ・・・
クラ「フ これで83戦75勝だな」
ゴル「くぬぬぅ・・・まだだ! まだ負けはしない!」
ギル「・・・あぁぁあ!? 何するんだバッツ!」
バッツ「え? 何するって・・・"円盤投げ"?」
ギル「そうじゃなくて! 1枚しかなかったんだぞ! 何で投げたんだぁ!?」
バッツ「ん〜・・・ムカ付いたから 特にボーナストラックに まぁまた作ればいいじゃん」
ギル「なっ・・・うぉぉぉ!! バッツ! お前がそんな男だとは・・・前々から知っていた! もう我慢ならん! 剣を取れぃ!」
バッツ「お やるのか? ココは狭いから表でやるか!」
クラ「フ これで110戦100勝だな」
ゴル「・・・もう私の負けでいいですとも・・・」


212 :【3/4】:2006/05/19(金) 00:24:19 ID:Vdz82w4V0
ギル「フン・・・バッツ 貴様とこうやって戦うのはいつの日が最後だったかな・・・」
バッツ「確か先週おかずを取り合ったときにだな」
ギル「あの世で後悔するがいい! 行くぞ!」装備:エクスカリパー&カンブレード%ブラタニティ%トウルヌルヌルetc
バッツ「怪我してもバンソウコウはやらねぇからな!」装備:ラグナロク
 キィンッキィンッキィンッ・・・ズガガガガガガガウゴゴゴズガガガガガ・・・
ギル「クッ・・・流石はバッツか 俺の斬り込みを全て捌くとはな・・・」
バッツ「ヘ ありがとよ・・・(正直言うとコイツの武器が偽物で弱いからギリギリ何とかなるんだよな・・・本物なら苦戦だな)」
クラ「ん? アイツら外で何やってるんだ?」
ゴル「ホントだ 様子でも見に行きますか」
ギル「しかし貴様の武器は1つ! それを掴んでしまえばコッチのものだ!」装備:解除
バッツ「ゲッ あいつ俺の剣を掴んで殴りかかってくるつもりか!
  ったく・・・普通に武器解除すればいいのに思いっきり周りにブン投げるなよ」
 ヒュルルルル〜・・・
クラ「ん? あれはエクスカリパー・・・」
 サクッ
ゴル「グフッ」
バッツ「クッ 剣を掴まれた! お前に武器コレクターのプライドは無いのか! 素手野朗!」
ギル「そのような物 さっきのCDと一緒に何処かに飛んでいったわ! 」
クラ「ぅわぁぁぁぁ! ゴルベーザぁぁ! 頭にエクスカリパーが刺さってるぅぅ!」
ゴル「こんな・・・死に方も・・・悪くは・・・無い・・・な・・・バタッ」
クラ「そんなアホみたいな死に方が本望かよ! お前ら遊んでないで手伝え!」
バッツ「なんだよクラウド今コッチは取り込み・・・うおお!? ゴリさん! 何があった!」
ギル「なにぃ! なんでゴルさんの頭に剣が刺さってるんだ! 何処の誰がこんな事を!」
バッツ「クソ・・・一体誰が犯人・・・む! ダイイングメッセージがあるぞ!」

ギ ガ ワ ロ ッ シ ュ で す と も by恋するゴルベーザ


213 :【4/4】:2006/05/19(金) 00:26:23 ID:Vdz82w4V0
バッツ「犯人はお前だギガワロッシュ!」
ギル「俺はギルガメッシュだ! ・・・・って俺かぁぁぁ!」
クラ「よくもゴルベーザを! 貴様には罰として夕食抜きだ!」
ギル「なっ 勘弁してくれよぅ!」
バッツ「いいや 駄目だね もう許さないね」
ギル「っていうか早くアレイズしてやれよ! なんかゴルさんの魂が"今なら行ける"みたいな顔してるんだよ!」
クラ「む それはいかん とりあえずフェニックスの尾でも使っておこう」
バッツ「あ ちょっとまてクラウド!」
 ブォォン
バッツ「・・・遅かったか」
ゴル「ぬぅぅ・・・河の向こうに変な木が見えた・・・」
ギル「? 遅かったって・・・ぁ」
クラ「・・・・・あちゃぁ」
ゴル「ん? なんだお前ら俺の顔をじっと見つめて・・・む 頭が・・・!!」
バッツ「剣を抜いてから回復するべきだったな」
ギル「あぁ・・・ゴルさんの頭に俺のコレクションが!!」
ゴル「ぬぉぉ! 頭にエクスカリパーが刺さったままじゃないかよ! 何でコレで生きてられるんだ! 流石は私!」
クラ「・・・・このままだとキモイからいったん殺って改めて剣を抜いてから回復させようと思うんだが・・・」
バッ&ギ「把握した」
ゴル「なっ・・・やめろ! よすんだお前ら! ジリジリ近寄るな! だから来るなって!」
クラ「安心するんだ 痛みを与える前に殺してやるから」
ゴル「フォローになってねぇよ! だからくるなって! ちょっ・・・」
 バシィッバシィッ ザシュッザシュッ ズガガガガ・・・
 デストモォォォォォォォォ!!!

214 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 00:46:52 ID:jCx/FpE+O
GJ
最後のデストモォォォォにワロタwwwww

215 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 07:32:41 ID:3K5LPgCP0
>>210-214
乙です!
それにしてもバッツひでぇw

216 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 09:21:09 ID:9+o514vJO
ギル強いなw
装備さえあればバッツをしのぐかもしれないギルがカッコヨス

217 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 17:44:37 ID:KZQLHL++O
ゴルさんじゃんけんも弱いな
基本的にゴルさんは弱キャラか?

218 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 20:14:38 ID:s788zpEEO
ゴルさんてば確か腕一本からでも復活可能な
ヒトデもどきのタフガイだったはず。
ともかくGJ!

219 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 20:23:47 ID:KMtd7Dzg0
GJ! デストモ!

220 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 21:08:01 ID:wjpeDw150
>クラ「よくもゴルベーザを! 貴様には罰として夕食抜きだ!」

FF主雑スレとは違うんだとわかってても
このセリフがすごく重く感じてしまう

221 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 22:18:34 ID:LfQ4oRd90
笑い所漫才でGJしきれねぇwwww

222 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/19(金) 22:42:40 ID:fObz0WRi0
>クラ「安心するんだ 痛みを与える前に殺してやるから」
ヒドスギwwww

223 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/20(土) 01:35:10 ID:188xfUj40
ゴリさんはバッツとギルに比べたら戦闘力もかなり低いからなぁ
次元の狭間で生きていくにはひ弱だ…

224 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/20(土) 08:40:06 ID:/0v8pPehO
そんなひ弱なゴルさんもいいですとも!

225 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/20(土) 15:05:56 ID:neiRPFha0
ゴリさんの顔はどんなんだろう

( ゚д゚ )かな

226 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/20(土) 16:14:00 ID:5Sf3fLSM0
('A`)

227 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/20(土) 16:41:39 ID:AjhfNAXoO
>>225
自分の中のゴルさんはまさにその顔www

228 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/21(日) 03:20:24 ID:MhhWzZ8kO
今の3人の絡みはやめてほしくねぇ('Д`)
職人さん機体してます
まぢクロノ作りたいけど俺文才neeeeeeよ
カエルとのからみプリーズ



本題は保守

229 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/21(日) 03:52:45 ID:bmvmuwqiO
恋するって…まさか相手はやはりリョー子なのか…?
ヤバい…ゴルさんGJテラワロスWW

230 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/21(日) 22:53:18 ID:jJOJy73S0
保守

231 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/22(月) 08:59:36 ID:3R1e0tdpO
あげます

232 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/22(月) 15:43:40 ID:LxQktKNU0
>>180-190
テラワロス

233 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/22(月) 23:51:33 ID:hVQvXIPA0
保守

234 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/23(火) 19:59:13 ID:pK+V2d+rO
保守

235 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/23(火) 20:02:35 ID:cyhlETQc0
保守

236 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/23(火) 22:22:10 ID:/2nbaiTc0
保守・・・ってのはうそだけどな!
「ホッシュ」

237 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/23(火) 22:36:14 ID:cyhlETQc0
保守ですとも!

238 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/23(火) 23:32:53 ID:20P+H6JN0
ゴルベーザ「はぁ・・・なんか最近の私って弱いよなぁ
  以前はこんなキャラじゃ・・・いや ココに来てからこんなテンションだったかなぁ・・・
  クラウドって奴も地味に強いし
  あの2人も十分強い・・・
  ・・・気晴らしに石でも投げるかなぁ・・・それっ!」
 ヒュゥゥゥ

 ゴチン

ゴル「おや? なにかに当ってしまったかな? ・・・ん?アレは・・・!」
トンベリ「・・・・・クァァ!」
 ユラリ・・・ユラリ・・・
ゴル「アレはトンベリ!! しかもランタンを振っていると言う事は・・・」
 ユラリ・・・ブァァァァァァァ
ゴル「 や っ ぱ り か ー 
  クッ・・・逃げ切ってやる!」
 ブァァァァァァ
 ウォォォォォォォ





 デストモォォォォォォ


239 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/24(水) 06:27:58 ID:8UJAckUEO
>>238
ゴルさんが心配だな…

240 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/24(水) 14:12:36 ID:ji1zJDLV0
>>239
ゴルさんは弱いしあんまりモンスターも殺してないから平(ry

241 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/24(水) 14:33:06 ID:J2Gk04im0
ゴルさん…初めの頃はテラのメテオにもなんとか耐えられてたのに…

242 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/24(水) 18:12:25 ID:UJryJ+QCO
そんなゴルさんが好き!(*´Д`*)ハァハァ

243 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/24(水) 22:08:58 ID:xqFhvPnKO
ゴルさん本気だしたら強いけどな、黒龍呼び出したりw


それよりクロノ編まだかなぁ(´・ω・)

244 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 00:24:30 ID:ZJ6guDYlO
さっきはじめてFF4始めた

もちろんSFC

245 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 03:00:26 ID:zbA8Bgh3O
>>244
GJ!

246 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 13:34:03 ID:cc/wqcyN0
>>245
このスレのゴルさんのイメージしかついてなくてカッコよくて悪いはずのゴルさんがお笑い芸人にしか見えないwwwww

ゴルさんから一言お願いします!!

247 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 15:57:32 ID:sfCyzhS4O
ゴルベーザ
「パワーを私に!」

248 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 16:54:01 ID:cc/wqcyN0
>>247
いやですとも!!

249 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 17:44:46 ID:yQii8ZMQO
ゴルベーザ
「パワーを髪に!」

250 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 18:20:24 ID:ZJ6guDYlO
スカルミリョーネに4回ほどやられました

ボスケテ

251 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 18:29:45 ID:0gNOfC2s0
>>250
パロム「つよがる」をさせてファイラ(無ければファイア)を撃つんだ
セシルの剣は確か効いたはず。ポロムは常に回復。
テラはファイガなりケアルラなり。

ゴルさんに会えるまで少しの辛抱だ、ガンバレ!

252 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 18:32:57 ID:ZJ6guDYlO
ありがとです

パロムってこの死た(ry

253 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 19:46:08 ID:SKQsQVQ00
第1形態はスカルナント一体残しておけば何とかなるはず。
一体になると通常でサンダーを使ってくるが他にいるとカウンターでしかつかってこない。
第2形態はあらかじめ前後列入れ替えておいて強がる→ファイラorファイア
どうしても無理なら「エクスポーション」「ハイポーション」

254 :【1/5】:2006/05/25(木) 19:48:36 ID:j5emfhVJ0
ギルガメッシュ「いやぁ〜・・・冬も明けていい天気だな」
クラウド「今更何を言ってるんだ」
バッツ「だからこそ散歩してるんだけどな」
ゴルベーザ「何か山菜でも取れればいいのだが・・・ぉ」
ギル「ゴルさんが何かを発見しました」
ゴル「あれは・・・ちょっと取ってくる さきにコテージに戻っていてくれ」
バッツ「遭難するなよ! ゴリさん」
クラ「熊に襲われるなよ! ゴルさん」
ギル「フースさんに言い残す事は? ゴルさん」
ゴル「何だその"生きては帰って来れない"みたいな空気は! ちゃんと戻りますとも!!」
 ザッザッザッザッザ・・・
ゴル「フゥー・・・凄いな こんなにアスパラゲスが取れるとは思わなかった
  ・・・ん?ゲスか?ガスか?
  あとはゼンマイにふきのとう・・・大量だな 今日は山菜祭りか・・・アスパラって山菜か?
  ・・・まぁいいや〜 では戻るとするかぁ〜」
 ザッザッザッザッザ・・・
 グルルルルルル・・・
ゴル「・・・!? 殺気!」
キングベヒーモス「グルアァァァァァァ!!」


255 :【2/5】:2006/05/25(木) 19:49:13 ID:j5emfhVJ0
ゴル「ゲッ コイツか! どうする?私!? 魔法なんて使ったら以前の二の舞・・・・ハッ
  冷静に考えたら私には"黒龍"があるじゃないか! コレを使えば・・・」
キンベヒ「グッシャァァァァア!!!」
 ブォォン
ゴル「危なっ! まぁいい では早速・・・パワーを私に!!
  ゆくぞ!今必殺の! "炎殺黒龍・・・"」
 ババッ
バッツ「ちょっと待てゴリさん」
クラ「突っ込み所が満載すぎるぞ!」
ゴル「なっ・・・いつ来たのだ? 止めるなお前達! 早く魔界から邪龍を呼んで・・・」
バッツ「魔界ってどこだよゴリさん」
ギル「たまには俺にもカッコイイ事やらせてくれよゴルさん!
  よっしゃぁ! どっかで真っ二つにされた騎士の形見を食らえぃ!」
 ―斬 鉄 剣―
 スッパァァァァン
キンベヒ(故)「ルォォォォォ・・・・」
 ズズゥン・・・
ゴル「う・・うわぁぁぁぁん! 私の出番がぁぁぁぁぁ!」
 ドドドドド・・・
 ウワァァァァァァァァァン・・・・
バッツ「ゴリさんが逃げた! 飯時までには帰ってくるのよ〜」
クラ「そんな事言ってる場合じゃないだろ! 追うぞ!」
ギル「フハハハハハ! カッコイイぞ俺様! 今夜はパーティだ!」
バッツ「うるさいぞリストラ野朗! ・・・にしてもよく本物の斬鉄剣持ってたな」
クラ「次回はこうもいかないだろうけどな」


256 :【3/5】:2006/05/25(木) 19:50:09 ID:j5emfhVJ0
ゴル「ハァ・・・思わずBダッシュしたけどココは何処だ?
  なにか湖の近くみたいだが・・・ん? あれは確かギルガメッシュの・・・」
エンキドゥ「バゥッ! バゥッ! グルルルルル・・・」
ゴル「やっぱりだ 一体何に向かって吼えて・・・ん?」
トンベリ「・・・・クァァァァ!」
ゴル「ぅ・・・アレはこの間のトンベリか! どうする私!? 助けるべきか・・・ぁ?」
エンキ「グルル・・・ガゥッ?」
トン「・・・クァ?」
 ジ-----
ゴル「み・・・見てる! もの凄い勢いで私を見てる! コッチ見んな!」
 ジ-----
ゴル「だから見るなと・・・一体私に何かあるのか?・・・ん?熱い? 後ろか?」
 クルリ
ボム「ウケケケケケ」
ゴル「ボ・・・ボムですともぉぉぉぉ!!何でこんな場所に・・・ハッ!?」
ボム「スゥゥゥゥ・・・」
 ―自 爆―
ゴル「やっぱりかぁぁぁ!!」
 ズドォォォォォォン!
 デストモォォォォォ!
バッツ「何だ今の爆発音は・・・ぁ」
ギル「あれエンキドゥじゃないか? 何やってんだ?」
クラ「いや 犬の事よりも・・・アレは・・・! ゴルさぁぁぁぁん!」
ゴル「俺は・・・死ぬのか・・・フッ」
バッツ「笑うなゴリさん! 生きろ!」
ギル「この無駄に真っ黒いのがゴルさん!? 焼けたなゴルさん!」
クラ「まずい! ゴルさんがピクピク状態だ! 今夜が峠だ! 明日にはピンピンしている!」
バッツ「何わけのわからない事を口走っているんだ! 落ち着けクラウド! 大地を愛せ!」
ギル「落ち着けお前ら!」


257 :【4/5】:2006/05/25(木) 19:51:04 ID:j5emfhVJ0
クラ「よ・・よし! このフェニックスの尾を・・・そぉい!」
 ザクッ
ゴル「グフォァ」
バッツ「突き刺すな! っていうか息を引き取ってないんだから回復でいいだろ!」
クラ「じ・・じゃぁこのエクスポーションを・・・食らえぃ!」
 ザッパァァァァ
バッツ「かけすぎだ! しかも顔面か!」
ゴル「・・・ブフォア! なっ・・何だ?」
ギル「蘇った! 流石はゴルさん! でも体から光る虫が湧き出ている!」
バッツ「幻光虫ってか! 見間違いだろ!」
クラ「幻光虫ってなんだ?」
ゴル「私は生きているぞ!」
ギル「で 何があったんだ? ゴルさんよ」
ゴル「うむ・・・ココら辺で自分探しをしていたら犬とかトンベリとかボムとか・・・」
バッツ「トンベリ? エンキドゥはともかくそんなの何処に・・・ぁ」
トン「・・・・クァァァァ!!」
 ユラリ・・・ユラリ・・・
バッツ「まずい! 逃げるぞお前ら!」
 ユラリ・・・ブワァァァァァァァ
クラ「みんなの恨みがきた! ところで"みんな"って誰だ!」
ゴル「こんな時こそBダッシュですともぉ!」
 ズダダダダダダ・・・
クラ「まだ追ってきている!」
ギル「ぬぉぉぉぉぉ! エンキドゥは何処行ったぁぁぁぁ!」


258 :【5/5】:2006/05/25(木) 19:51:42 ID:j5emfhVJ0
バッツ「クッ・・・このままじゃ疲れるから誰かを犠牲に・・・こんな時こそゴリさんだ!」
ゴル「また私か! もういやだぞそんな役回りは!」
ギル「やったなゴルさん! 目立てるぞゴルさん! バッツより目立てるなんて羨ましいぜ!」
ゴル「ならばお前に代わってやろう! それぃ!」
ギル「ちょっ押すなって! バカ! やめ・・・ぁ」
 ズッテェェェン
クラ「転んだ! しかも二人で!」
バッツ「お前ら・・・なんていい奴なんだ! お前達の意思は受け継いだぞ!」
ギル「ええいバッツ!お前も道連れだ! 食らえぃ!」
 ブォォォォォン!
 ヒュルルルル・・・・
クラ「剣を投げた! しかも斬鉄剣! このまま死ねってか!」
バッツ「なっ・・危な! しかし避けるくらいの造作など俺様にとっては・・・・ぅぉぉ!?」
 ズッテェェェン
バッツ「クソ・・・バランスを崩した・・・」
クラ「ちゃっかり俺も巻きこんだな・・・」
ギル「フン! 逃げようとした罰だ!」
ゴル「そんなこと言ってる場合かお前達! ・・・ゲッ」
 ブワァァァァァァァァ
バッツ「来た-----!」
 ブワァァァァァ・・・・ズシャァァァァァ

 エクスデスサマァァァァァ! 9999
 ヒトヅマァァァァァァァァァ! 9999
 リユニオォォォォォォォォン! 9999
 デストモォォォォォォォォォ! 1200


259 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 20:08:41 ID:ZJ6guDYlO
>>258
ゴルさん生き残ってるしwwwww

>>253
やった!!倒した!!→暗黒騎士にやられる

もういやですともおおおおおおお

260 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 20:12:53 ID:ZJ6guDYlO
あげちまった

斬鉄剣くらってくる・・・

261 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 20:26:28 ID:cIfAIW9/0
よかったな、ゴルさん
1人だけで生きてて

262 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 20:26:29 ID:ym3HCb9A0
状況的にGAMEOVERAだね

263 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 20:37:15 ID:SKQsQVQ00
>>262
GAMEOVERAワロスwww

264 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 21:50:06 ID:sfCyzhS4O
>>260
ずっと防御してると「守ることより大切なものがある」だっけかな?みたいなセリフが出て勝手に消えてくれるよ
まぁ戦って倒す方法もあるけどね
ミシディアでバッカスの酒拾って戦闘開始直後に自分に使う。あとはほっとくと倒せる
そうすっとセリフが変わったような変わらんような・・・

265 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 21:53:01 ID:SKQsQVQ00
>>264
「正義よりも〜」じゃなかったか?
とりあえず、強引に倒すとクルーヤの説教がなくなる。

つttp://www.hinocatv.ne.jp/~vfr/report06.htm

266 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 22:05:59 ID:OQk25k+lO
>>258
ヒトヅマァーーー
に糞ワロタ。
もっと他に叫び声があるだろw

267 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/25(木) 23:36:57 ID:xlvYpwRY0
ボム&トンベリはどこの世界から狭間にまぎれこんだんだろうなw

268 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 00:10:29 ID:+Ugyi9LsO
え?
何?
何ッッ?

ゴルさんフェニ尾の使い方知ってんの?wwwww


グッバイデストモォォォォォ

269 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 01:04:18 ID:XA3Z9H0LO
唐突にFFCC思い出した

また皆でやりたいなあ

270 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 15:02:50 ID:JU6UYIJPO
あれはゴルさんのHPが1200しか無いってことだろwww

ゴルさんガンガレwww

271 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 15:10:38 ID:wtLa+n8Y0
ゴルさんのHPは2943(にくしみ)のはず

272 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 19:05:12 ID:GELIbomb0
てか、前スレでギルは「表示の限界で9999」といってたから9999以上あるんでないか?

273 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 19:41:05 ID:bLgedu9x0
ttp://images.google.com/images?hl=ja&q=%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi

ゴルさんがイケメンキャラとは知らなかった俺がいる



パワーをメテオに集めてきます

274 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 19:42:40 ID:VfCsgQik0
「自爆するためのMPがなかったら」によるとネクロフォビア戦での助っ人時は約65,535

275 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/26(金) 23:35:28 ID:bovBO3SD0
つまり「設定メンドイからMAXにしておこう」か

276 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 00:54:11 ID:XkRbnclF0
>>273
ゴルさんカコヨス!!


277 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 08:36:35 ID:vkSDm+BEO
>>273
亀が気になるwwwwww

278 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 16:01:14 ID:TBkLOx5c0
http://www.hinocatv.ne.jp/~vfr/
ここによるとゴルさん敵対時のHPは一回目9999と二回目約23001
ギルは>>274

279 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 17:54:03 ID:PYMPKBFp0
>>278
一回目の能力に2ページ目で訂正が入ってる。
正しくは65500

280 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 18:10:34 ID:uCDipbeF0
ゴルさん最初は強かったんだね…

281 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 18:17:29 ID:PYMPKBFp0
2回目は23001のはずなのに4000くらいで戦闘終了

282 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 21:40:18 ID:pdPQ3l4i0
お前ら落ち着け

気がついたら「ゴルさんを語るスレ」
になってる風味がしないでもないと思う今日この頃的な感じがする

283 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/27(土) 21:57:40 ID:bcCFUtWJ0
ようやくパロポロ石化イベントを見て涙

ゴルさんマダー?

284 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 01:24:50 ID:uMaLYsYZ0
ゴルベーザ「・・・・ハッ!」
バッツ「どうしたゴリさん?」
ゴル「私を呼ぶ声が聞こえる・・・」
ギルガメッシュ「そりゃ幻聴じゃないか?」
ゴル「・・・行かなくてはッ!」
クラウド「ゴルさん行くってどこに・・・っておい!!」
 ダダダダダダダダ・・・
クラ「・・・行っちゃったよ」
ギル「どうする? 追うか?」
バッツ「放っておく訳にもいかないだろうしなぁ・・・メンドクセ」
 ダダダダダダダダダダダ・・・ダダッダダダッダダダダダダダダ ダダッダダダダ
ギル「・・・ん? いた! ゴルさんだ!」
バッツ「結構速めに走っているな コッチには気づいてないのか?」
ゴル「ここでショートカットだァ!」
クラ「ショートカットって何だ!? 今直角にカーブしたぞ!」
 ザッザッザッザッザ・・・
バッツ「ゼェ・・ゼェ・・一体どれくらい走るんだ? あの人・・・」
クラ「ここまで走るのも結構つら・・・ん!? ゴルさんが消えた!?」
ギル「ほんとだ・・・モヤモヤにでも入ったのか?」
バッツ「あぁ〜もうめんどくせぇ とっとと帰ろうぜ ホラ 行くぞ」
 ザッザッザッザ・・・
バッツ「にしてもゴリさん遅いな・・・もう夕飯の時間だぞ・・・」
 バァン!
ゴル「ただいまですとも!」
ギル「おぉ! 帰ってきた! ゴルさんどこ行ってたんだ?」
ゴル「覚えていない」
クラ「そうか・・・え?」
ゴル「正直"ゴルさんマダー?"と言う声が聞こえたところまでしか記憶に無いのだ」
バッツ「・・・・・飯にするか」
ギル「だな 今日のメニューはアスパラとゼンマイとふきのとうだったな」
クラ「もうめんどくさいからゴルベーザの飯は抜きだな」
ゴル「なにィ!?」

285 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 02:43:25 ID:56Ukb3LV0
結局ゴルさんはどこまで行ったんだろうw

てかいつも何気にギルとバッツは料理がうまそうだよな
メニューが家庭的だ。ウマソス

286 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 08:44:30 ID:5Nb8KlIxO
その足音wwww

287 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 19:00:22 ID:qMqYEHWH0
ありがとうゴルさん おかげでテラさん死んじゃったじゃないか!!

288 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 19:39:41 ID:Dc1I0eyD0

バッツがゴリさんといってるが
あれってミスじゃないのか?
あえてゴリにしてたらスマソ

289 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 21:18:21 ID:+6Pa6SZOO
>>288
バッツがゴルさんをバカにしているだけだと思う
バカにした呼び方は確かこんな感じ
バッツ→パンツ
ギル→ギガワロッシュ
ゴル→ゴリ

290 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/28(日) 22:54:47 ID:uMaLYsYZ0
ゴル⇒ゴリ

確か前スレでゴルベーザとはじめてあった時に
バッツだけが意地悪にこう呼んでた




気がする

291 :暇だから見て来た:2006/05/29(月) 01:18:05 ID:25dCelGd0
190 名前:2/4 投稿日:2006/03/02(木) 00:18:24 ID:JAslfNdA0
(中略)
ギル「そのうち現れるって。なあバッツコテージ出してくれよ。もうオレ疲れた…」
バッツ「はい300ギル」つ
ギル「…また金取るのかよ…チェッ」つ【300ギル】
バッツ「毎度ー。はいゴリさんも300ギル」つ
ゴル「私はゴ“ル”ベーザだ。…むぅ…すまんが今持ち合わせがない」


ここがゴリ初呼びシーンですね。ちなみにゴルベーザ初登場は、この直前のSSの>173-177あたり。

292 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 01:52:58 ID:Aqw046H00
>>ギル「この無駄に真っ黒いのがゴルさん!? 焼けたなゴルさん!」
>>クラ「まずい! ゴルさんがピクピク状態だ! 今夜が峠だ! 明日にはピンピンしている!」
>>バッツ「何わけのわからない事を口走っているんだ! 落ち着けクラウド! 大地を愛せ!」

>>クラ「よ・・よし! このフェニックスの尾を・・・そぉい!」
>> ザクッ
>>ゴル「グフォァ」
>>バッツ「突き刺すな! っていうか息を引き取ってないんだから回復でいいだろ!」
>>クラ「じ・・じゃぁこのエクスポーションを・・・食らえぃ!」
>> ザッパァァァァ

これは酷いwww

293 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 02:58:00 ID:bthOVJC30
最近居座ってるクラウド(FFT仕様)にも誰かバカにした呼び方を。


294 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 03:12:55 ID:4sxcTNgbO
チョコボとかチョコボ頭とかってバカにしてなかった?

295 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 06:45:08 ID:uzgt3Yp2O
クラウドは道楽で良いと思う
回文やがな(´・ω・`)

296 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 14:52:15 ID:25dCelGd0
そこはいっちょ職人さんに面白おかしいのを期待しよう。

ていうかクラウド空気だよなほとんど。

297 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 16:13:20 ID:AGiCAJSh0
正直クラウド絡んでも面白くも何とも無い
さっさと元の世界に帰す話きぼん

298 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 16:41:26 ID:iuqwuhvV0
俺そろそろまとめサイト作ろうと思う
どっか無料鯖無い?

299 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 16:59:32 ID:LRR5frC1O
無料鯖ない?とか聞いてるような奴にまとめサイト作られたくない
ない訳ないだろ

300 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 17:42:06 ID:r+MQGjrxO
300

301 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 19:03:45 ID:iJRad1YkO
>>297
でも現実にクラウドやスコールみたいな無口キャラ??がいたら、実際こんな感じだと思ったりもする…

302 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/29(月) 19:04:07 ID:lDXBg+HC0
ffff

303 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/30(火) 12:24:55 ID:iTYJK0igO
保守

304 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/30(火) 22:59:57 ID:IZUcdPtQ0
ギルガメッシュ「バッツ〜じゃんけんしないか〜?」
バッツ「断る」
ギル「なっ・・即答かよ! どうしてさ?」
バッツ「自分の腕に聞いてみるんだな」
ギル「自分の腕に 聞いてみよう♪ どうして無理か 聞いてみよう♪」
バッツ「うるさいぞギルガメッシュ!」
クラウド「・・・なんか騒がしいな」
ゴルベーザ「あの腕の数なら一人じゃんけんができそうなのもまた事実」
ギル「フムフム・・・なるほどな〜」
クラ「ホントに聞いちゃってるよ!」
ギル「そうか・・・よし・・・バッツよ 俺の腕達の会議は無事に終わったよ」
バッツ「それはよかったな 結果は?」
ギル「"じゃんけんをする"まで貴様を殴るそうだ・・・」
ゴル「なんだこのバイオレンスな結果診断は?」
バッツ「おもしろい・・・やってみるか?」
クラ「ノリ気かよ! お前ら表でやれ!」
ギル「行くぞバッツ・・ハァッ! ハァッ! 無駄ァ!」
 ガシッガシッガシッ
バッツ「甘いなギルガメッシュ・・・オラァ! ラァ! オラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
ギル「それがどうしたァ!!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!」
 ズガガガガガガガガ・・・
クラ「・・・ラッシュ?」
ゴル「二人とも目が本気だな・・・止めるか?」
クラ「放って置けば終わるだろうな・・・
 っていうかゴルさんの力で止めれるのか?」
ゴル「ぅッ・・・」

305 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/31(水) 00:08:48 ID:HELp4oWoO
便乗してジョジョネタ
ギル「ザ・ワールド!時よ止まれ」
ストップ
バッツ「…糞!体が動かない!」
ギル「この静止時間内で完全にかたをつける」
バッツ「なんでこいつDIOになりきってんだよ…しかもどっか消えやがったし…まさか!」
ギル「ゴルベーザだ!!」
バッツ「なんでゴリさんなんだよ!!…おっ?ストップが上手い具合に解けた」
バッツのラグナロク、エクスカリバー二刀流乱れうち
バッツ「オラオラオラオラ!!」
ギル「もう遅い!脱出不可能よ!無駄無駄無駄!!」
ゴリ「ですともぉ-----!」
ギル「ぶっ潰れろよ!!EXDEATHRYAAAAA!!」
バッツ「ちょっ、ギルガメッシュマジで潰れるって…ウギャ-!」
ギル「…やった!ついに勝ったぞ!…むっ!!体が動かぬ」
バッツ「…俺がストップをかけた…やれやれだぜ!今からテメーとゴリをやるのに一秒もかからないぜ!!」
ギル「調子にのってスイマセンでした、若気のいたりといいますか、そのほんと…」
ゴリ「なんで私まで…私は悪くないのに…」

ギル「GYAAAAAA!!」
ゴリ「なんかもう、か・い・か・ん(はぁと)」
クラウド「俺の居場所、ここにはないってよ!」

306 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/31(水) 00:10:19 ID:A+GI0AiK0
>>304-305
ジョジョネタいいわぁw

307 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/31(水) 13:58:51 ID:hXZKf5m+0
>ギル「ゴルベーザだ!!」

絵に描きてぇw

308 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/05/31(水) 18:03:16 ID:yfBlQlh90
良スレage

309 :515:2006/05/31(水) 20:45:52 ID:L8Z1iWsL0
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1146136966
↑のスレで語られてるネタの流用になるが
 ここでの
ギル(意外と常識人で純情?)・バッツ(結構外道な人妻ニア)・
ゴル(悩めるお人よし)・クラウド(空気・観客・稀にスパイス)
それぞれは誰の声が合うんだろ?

>>297 でも居ても目障りにもなってないからイインジャネ?

保守ついでの無駄口スマン。

310 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/01(木) 07:26:14 ID:LCNk/30RO
ゴル「ゴルゴルゴルゴルゴルゴルゴルリイアアァ〜!!」

311 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/01(木) 17:29:51 ID:9JRIbbFqO
保守ついでにアゲ

312 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/01(木) 21:46:46 ID:1E2r+GCx0
今更だが・・・

>ギル「ぶっ潰れろよ!!EXDEATHRYAAAAA!!」

エ・・エクスデスャァァアアアアアアアア!!


でいいのか?

313 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/02(金) 00:32:09 ID:8uJPf8wXO
>>312
多分「エクスデスリャアアアア!」って感じだと思う

314 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/02(金) 01:16:36 ID:lwc5cPvyO

どうでもいいが

「EXDEATH」
「RYAAAA」

ぢゃないんか?


ぢゃぱにづムズカシス(´・ω・`)

315 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/02(金) 21:00:52 ID:1+L3zxqdO
クロノシリーズ期待アゲ

316 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/03(土) 00:49:51 ID:XMKVzp200
>>314
WRYYYYYYYYYYYYYYYYY みたいなもの。

317 :【1/5】:2006/06/03(土) 01:43:02 ID:dffZBV7G0
 ザァァァァァァ・・・
バッツ「あ〜・・・雨かぁ〜」
ギルガメッシュ「最近降りっぱなしだな」
クラウド「まったくだな」
バッツ「・・・クラウド・・・お前髪の毛がシットリしてないか?」
クラ「正直参っていてしょうがない」
ギル「湿気も凄いからなぁ〜 俺の剣とかもサビないか心配だ」
バッツ「ん?・・・ゴリさんは何処だ?」
クラ「朝から見てないが」
ギル「ゴルさんならどっかでカビてるんじゃないか?」
クラ「ゴルさんの鎧なら部屋の隅にあるけどな・・・ホラ」
バッツ「そういえば鎧着てたなあの人・・・なんかサビてないか?」
 バタンッ
ゴルベーザ「酷い雨だな〜」
ギル「ぉ ゴルさんだ」
バッツ「何処行ってたんだ?」
ゴル「適当に散歩していたとしか言いようが無いな」
クラ「・・・その手に持っているのは何だ?」
ゴル「コレか? いっぱい生えてたから採取してきた」
 ウゴウゴ・・・
クラ「・・・なんか動いてないか?」
バッツ「コレは・・キノコ?」
ギル「新鮮だな!! ゴルさんよ!!」
ゴル「うむ どうせだから天ぷらにでもしようと思ってな!」
クラ「・・・フンゴオンゴ」
バッツ「え? なに?」
クラ「このキノコ・・・フンゴオンゴじゃないか?」
ギル「糞五音五?」
バッツ「お前は後で漢字の補習を受けてもらおう」


318 :【2/5】:2006/06/03(土) 01:43:55 ID:dffZBV7G0
ゴル「フンゴオンゴ・・・って何だ?」
クラ「俺も良く知らんが確か・・・」
 ウゴウゴ・・・ヒュィィィン・・・ボッ!!
ゴル「あっ・・熱!! 急に火を吹きやがった!!」
クラ「モンスターだな うん」
フンゴオンゴ「ひょひょひょ・・・」
ゴル「クッ・・・コイツめ!!」
 ブンッ!
バッツ「コッチに投げんな!!」
 ゴッ
バッツ「アイタ!!」
ゴル「バッツの右頬に丁度肉!!」
クラ「・・・ジャストミート?」
バッツ「お前は更に英語の補習を受けてもらおう」
ゴル「手のひら火傷した・・・ん?」
 ウゴウゴ・・・ウゴウゴ・・・ブァァァァァァ
クラ「コレは・・・胞子か!!」
ギル「狭いのに大変だな!!」
バッツ「お前らマスクを着けろ! 肺に少しでも入ればそっから腐るぞ!!」
ゴル「怖っ! どこの谷の話だ!」
 ブァァ・・・ニョキッ ニョキッ ニョキッ
フンゴ「おひょひょひょひょ・・・」
クラ「増えた!!」
バッツ「キモッ!!」
フンゴ「ひょひょ・・・」
 ヒュィィィン・・・フワァァァァン
ゴル「ウッ・・・何だこの・・類稀なる・・眠気がデッドヒート・・・」
 ドサッ


319 :【3/5】:2006/06/03(土) 01:45:20 ID:dffZBV7G0
クラ「寝た!? 今のは・・・スリプルか!!」
ギル「今ゴルさん変な事言ってなかった?」
フンゴ「ひょひょひょぉ・・・」
 ヒュィィィン・・・ボッ!ボッ!ボッ!
クラ「ファイラの連続撃ちか!」
バッツ「寝ているゴリさんに集中攻撃!!」
ゴル「ぅ〜ん・・・私が新しい世界の神となる・・・Zzz」
 メラメラメラメラ・・・
ギル「うわぁ〜ん お肉のこげた匂いがするよ〜」
クラ「如実に燃えてる!」
バッツ「えぇい! 起きろゴリさん!!」
 ガスッ
クラ「蹴った! しかも頭か!!」
ゴル「い・・痛いですとも!! ・・・・さらに熱い! 熱い!」
ギル「おはようゴルさん 修羅場ですね」
バッツ「さて・・・この増えつづけてる1UPキノコをどうしようか・・・」
クラ「・・・今数えてみたけど数は49体程に増えてるな・・・1UP?」
ギル「・・・食べる?」
 ウゴウゴウゴ・・・
ゴル「下手したらコッチが食われそうな勢いだ」
バッツ「・・・よし! ギルガメッシュの意見を採用しよう!」
クラ「お前チャレンジャーだな!」
ギル「俺らで食うのか!?」
バッツ「ゴリさんに食ってもらおう!!」


320 :【4/5】:2006/06/03(土) 01:46:08 ID:dffZBV7G0
ゴル「そうか・・・え?」
バッツ「無論"生"で!!」
クラ「"生"か!!」
ゴル「ちょっ待ってくれ! せめて火を通してくれ!!」
ギル「流石ゴルさん "食う"事に関しては否定をしてない!」
 ガシッ
バッツ「ではゴリさん・・・逝ってこ〜い!!」
 ブンッ!
ゴル「私を投げるな!! ・・・ってわぁぁぁぁぁぁ!!!」
 ドサッ・・・ウゴウゴウゴウゴウゴ
クラ「見事に群れの中心にダイブしたな」
バッツ「ゴリさ〜ん 味はどうだ〜?」
ゴル「・・・Zzz」
クラ「寝てるじゃねぇか!!」
ギル「もうめんどくさい!! 斬る!! 食らえ菌類ども!!」装備:エクスカリパー
 ズダダダダダ・・・ヒュォン!
 1
クラ「効いてないじゃねぇか!!」
 ウゴウゴウゴ・・・ズルズル
バッツ「赤い馬鹿が群れの中に巻き込まれた!!」
クラ「・・・初めから斬っとけば良かったと思うんだがどうだ?」
バッツ「コイツらを斬ってみろ・・・次の日には剣にキノコが生えてるぞ?」
クラ「それは困る」
バッツ「だろ? だからこういう奴らは燃やすに限るんだよ」
クラ「そうか・・・ん? お前いきなり撃つのか!?」
バッツ「うん」
クラ「まだ中には二人ともいるのにか!!」
バッツ「うん」
クラ「承知のうえか!!」


321 :【5/5】:2006/06/03(土) 01:46:52 ID:dffZBV7G0
バッツ「うん ・・ってわけで"ブチ燃やす!!" ファイガ!!」
 ボォォォウ・・・
 9999 9999 9999 9999 9999 ・・・
 ノォォォォォォウ!!! 5600
 デストモォォォ!!! 7300
バッツ「・・・グレイト!!」
クラ「・・・二人とも生焼け状態じゃないか!!」
バッツ「もうちょっと焼いた方が良かった?」
ギル「フ・・・焼けたぜ・・・」
ゴリ「・・・Zzz」
バッツ「ギルガメッシュは大丈夫そうだな モウチョットカリョクヲツヨメレバヨカッタ
  ・・・ゴリさん寝てない?」
クラ「さっき叫んでなかった?」
バッツ「ったく・・・起きろゴリさん!!」
 ゲシッ!
 ゴキッ!
 9999
クラ「かいしんの一撃!?」
バッツ「違う クリティカルだ」
ギル「フゥゥ・・やってくれたなバッツ!!」
クラ「起きた!」
ギル「ちゃっかり俺も巻き込みやがって! 貴様も斬る!!」装備:トロの剣
バッツ「お前も寝てろ」
 ドスゥッ
 8540
ギル「・・・ゴフッ」
クラ「何だ今のは!!」
バッツ「こう・・・抜き手を肋骨の隙間に入れ込んで肺を強打した」
クラ「うわぁ・・・」

322 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/03(土) 01:54:56 ID:4CVnsqkfO
職人さん乙!
少しずつネタが散りばめられててワロスww
ゴリさんの寝言www

323 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/03(土) 08:58:34 ID:BQ57h3D60
フンゴオンゴってもしかしてFF10?

324 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/03(土) 14:18:54 ID:x/JRqmvS0
うんにゃ。
もっと色々シリーズでてるはず。

325 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/03(土) 17:59:42 ID:DY0zQwnU0
うはwwwww
面白wwwwwww

326 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 16:31:03 ID:w4UIupid0
ところで、このスレではゴルベーザ様は 旬の食材が好き→よって山に自分で山菜摘みや筍狩りに行ったりする→
食材採取する側からアイテムを拾う→正体不明な物まで無自覚に拾って来やがるキャラ……になってるけど、
そもそも最初の前提の「旬の食材が好き」ってのはどっから来てんの?ゴル様なりきりスレから?
しかしここのゴル様は二等身でしかイメージ出来ないよwwwww 

327 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 17:09:00 ID:w4UIupid0
ごめん
◯ 二頭身
× 二等身

328 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 19:27:10 ID:ZAvQYAz90
ゴル「ファファファ・・・」
ギル「エクスデス様!?…ってゴルさんかよ」
バッツ「で、今日は何の用だよ」
ゴル「うむ、私はいままで散々弱いと言われてきた」
バッツ「2943だしねwwプwww」
ゴル「…そこで、ここへくるたびにレベル上げをしていたのだ」
ギル(意外と努力家?)
ゴル「もう弱いなどとは言わせん。バッツ、私と勝負だ!」
バッツ「いいですともw」

ギル「バッツ…少しは手加減してやれよ…せっかくゴルさん頑張ってきたんだから…」<ヒソヒソ
バッツ「わかってるよ・・・」<ヒソヒソ

バッツ「いくぜ!ゴリさん!
    ニアブリザガ」
   3000
ゴル「ぐふっ」バタリ
バッツ「ちょwwwwヨワスwwwww」
ギル「ウワー!フェニ尾、フェニ尾!」


ギル「ゴルさん、大丈夫かよ?」
ゴル「す、すまん。何故だ…もうかれこれ1週間もレベル上げにいそしんだというのに」
バッツ「無駄な努力乙」
ギル「バッツは黙ってろ!ゴ、ゴルさん、落ち込むなよ」
ゴル「…どうやら精進が足りなかったようだ。出直してくる」
ギル「ゴルさん…その根性、気に入った!俺も手伝うぜ!」
ゴル「さっそく出発ですとも!」

バッツ「ガンガレー(ここラストフロアなんだけどな…)」


329 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 19:47:55 ID:0EbCHLz30
職人キタ―wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

330 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 20:11:37 ID:lxJrIjkLO
12でギルガメッシュと戦闘してたら不覚にも涙が……

このスレ思い出して笑い死にそうになった

331 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/04(日) 20:43:05 ID:N4REaKdu0
がんばれゴルさん!!w

>>326
前スレの過去へ行く話
ゴルさんがタケノコ片手訪問してきた事が始まりか
「今が旬なのに・・・」とか言ってたしな

332 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 01:24:19 ID:PvrGaUc6O
フェニ尾と言う呼び名が俺の仲間内だけじゃなかったことに感動した

333 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 02:15:21 ID:l2JUHtkzO
>>328
いくら頑張ってもAPしか貰えないのかWWW

334 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 03:07:04 ID:TzgeZDl00
>>333
その上敵がテラツヨス
ゴルさんは一人旅絶対無理だ。

335 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 03:20:18 ID:ZHFn1PJJ0
でもアビリティは豊富になったはず
と思ったがジョブチェンジできないから無理か

336 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 03:54:09 ID:MqV9y5Tk0
ひょっとしてジョブチェンジできないのゴルさんだけか?
クラウドはFFTの世界で覚えただろうし、
ギルは元々5キャラだからやろうと思えばできるだろうし

337 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 08:42:32 ID:l9+KuQRhO
>>336
つ【ギルガメッシュチェンジ】

ゴルさんも黒い甲冑時代なら無敵の強さを誇ってたのにな…

338 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 14:38:42 ID:l2JUHtkzO
バッツ「ゴルさんが弱いのは装備のせいもあるんじゃないか?ちょっと見して美保?」

ゴルつ【暗黒の剣】【暗黒の盾】【暗黒の鎧】【暗黒の兜】【暗黒の小手】

ギル「初期装備かよWWWこんなんじゃダメにきまってるよWWW」

バッツ「お前に言われたくはないと思うぞ・・・
とりあえず俺の武器貸してやるよ」
つ【エクスカリバー】

ゴル「ぉお!ありがとうバッツ!本当はいいやつデストモォ!」

装備【エクスカリバー】

ブーッ ゴルベーザはエクスカリバを装備できない

ゴル「・・・・」

ギル「き、気にすんなって!ゴルさんは暗黒騎士だから聖なる剣は使えないんだって!」

339 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 14:49:30 ID:l2JUHtkzO
ゴル「そ、そうですとも!私は暗黒騎士ですとも!聖なる剣なんか使ってられるかよぉ!ハハハ汗」

バッツ「んじゃ次」
つラグナロク

ゴル「つ、次こそは!」
ブーッ ゴル(ry

ゴル「・・・」

ギル「ら、ラグナロクは最強の剣だからな!主人公しか使えないんだよ!セシルだってそうだろ!」

バッツ「しょうがないなぁ」
つ【ブラッドソード】
ブーッ(ry

バッツ「これもダメか・・・暗黒っぽいのに。
んじゃこれは?」
つ【デスブリンガー】

ゴル「おぉ!手にしっくりくる!暗黒の力がみなぎってくる!これならバッツ達の足を引っ張らないですみそうですとも!」

340 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 14:58:42 ID:l2JUHtkzO
ゴル「再び私の時代が来るですとも!!」

ギル「やったなゴルさん!これであんたも一人前だぜ(泣)」

バッツ「やったなゴルさん!
(ゴニョゴニョギルちょっと来い)」

ギル「え、何?」

バッツ「コソコソ実はデスブリンガーを装備したところで到底ここの敵には敵わないんだ。下手したらガルラにも勝てないかも。それにデスの追加効果がついたところで此処の敵には効かないし・・・」
ギル「じゃあゴルさんは!?」
バッツ「弱いのには変わらないな」

ギル「じゃあデスブリンガーが最強装備のゴルさんは?」

バッツ「・・・ご愁傷様です」

ゴル「ハハハ!私の時代だぁ↑↑」

バッツ、ギル「Orz」

341 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 18:06:36 ID:TdMt8ITUO
ゴルさんは魔道士系だと思い込んでた

342 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 19:56:02 ID:mDgCjq6y0
うはwwwww
ゴルさんカワイソスwwwwwwwwwwwwww

343 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 21:23:32 ID:ZHFn1PJJ0
ゴルさんは魔道剣士じゃないかな

344 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 21:46:11 ID:ZhZm85DM0
大丈夫!
武器がダメなら防具で・・・



源氏は無理か

345 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 22:20:05 ID:uQkeMwXS0
黒竜召喚できるyo!

346 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/05(月) 22:21:38 ID:qX1W/5k70
>>344
つ「ハデスセット」

347 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 00:09:25 ID:SoRuxLnLO
バッツ「おっ!久しぶりにモヤモヤハケーン」

ギル「早速行きますか!ほら!パワーアップしたゴリさんも」

ゴリ「いいですとも!」

ひゅ〜

〜到着〜

バッツ「なんか険しい山に来たな」

ゴル「こ、此処は試練の山!」

バッツ、ギル「試練の山?」

ゴル「そう、ここでセシルも己を鍛え?パラディンになったのだ。修行にはもってこいの場所ですとも」

バッツ「ふ〜ん。ちょうどいいからゴリも修行してきたら?俺らは適当にぶらぶらしてっからさぁ」

ゴル「むぅ・・・確かに私の新しい力を見せるチャンスでもあるしな。どれ、行ってくるか
お前達は手出しするなよ」

348 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 00:18:34 ID:SoRuxLnLO
ギル「ちょっWWWバッツ!ゴルさん弱いままじゃ!?WWW

バッツ「大丈夫だろ?ぱっと見弱そうなモンスターしかいないし」

ゴル「では行ってくるですとも!
装備デスブリンガー&ハデスセット

ゴル「む!早速出たか!」

【グール】

ゴル「フハハハハ雑魚め!黒い甲冑ゴルベーザ様の力を見よ!」

バスバス!

1

ゴル「ん?」

バスバス

1

ゴル「あれ?」

ギル「ちょっアンデットだから効かないんじゃんWWW」

バッツ「やっぱ何しても駄目だな。所詮中途半端なボスキャラだからな」

ゴル「パワーをメテオに!いいですとも!一人Wメテオ!」

349 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 00:23:40 ID:SoRuxLnLO
グール 9999

バッツ 9999

ギル 9999

バッツギル「ヵメェェェ!」

ゴル「ふぅ・・・やはり私といったらメテオだな
4のメテオとか最強だし
これからはメテオのゴルさんでいこっと。後列に待機してればHP低くても耐えられるし。」











なんかグダグダになってスマソ
今度からちゃんと構想をねってから書き込みます

350 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 00:51:41 ID:KBTXCnDvO
その後ゴルさんが雑巾の様になるまで、ボコボコにされるのは、また別のお話

351 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 01:29:22 ID:P/9VtX3wO
ゴルさん…カワイすぎるwww


352 :2/1:2006/06/06(火) 09:32:16 ID:CrqZUFtp0
ゴルさん、メテオで次元の挟間に挑戦

シング出現!バシュバシュー(エンカウント音)

ゴル「ふっふっふ・・・見よ!このメテオのパワーを!まずは其処の水晶体!お前だ!メテオ!」

シング 9999(緑文字)
シング「嬉しいことしてくれるじゃないの。じゃあとことん喜ばせt(ry」
ゴル「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!!!!」




バッツ「(・∀・)ニヤニヤ」
ゴル゛「な、何を見ている!今回だけだ!運が悪かったんだ!」

キングベヒーモス出現!バシュバシューッ

ゴル「見ていろ!今度こそメテオだ!」

キングベヒーモス 9999

キングベヒーモス「ギャォォォォォォォォ!!!!
      ニア メテオ」

ゴルベーザ 2942

ゴル「デストモォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!」

353 :2/2 2/1てウボァ:2006/06/06(火) 09:58:19 ID:CrqZUFtp0
ゴル「ハァ・・・ハァ・・・、なんとか・・・次のメテオで倒した…。」
バッツ「(・∀・)ニヤニヤ」

ゴル「人の不幸を笑うな!碌な大人にならんぞっっ!!!」
バッツ「大丈夫、ゴリさんみたいなひ弱な大人にはならねぇよwwwwwww てかもう俺大人wwww」
ゴル「ったく・・・、最近の子供はすぐに揚げ足を取るんだからっ…。ハァハァ…あ、宝箱!
   ついている!これで回復ができる!」タッタッタッタ

バッツ「(あの宝箱て…。)」

宝箱から

      モ ン ス タ − が 現 れ た バシュオレガバッシューダー

354 :2/2+1:2006/06/06(火) 10:00:31 ID:CrqZUFtp0
ゴル「な、なんだこのドラゴンはっ!?メテオッ!!!!!!」

神竜 9999(緑





ゴル「 /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\      」


神竜「タ イ ダ ル ウ ェ イ ブ」

ゴルベーザ 7896

ゴル「ギュウニュァァァァァァァァァァァ!!!!!!」




結果:メテオを吸収されれば終わりでした

355 :1/2:2006/06/06(火) 19:02:16 ID:wrdEeK8H0
>>335
バッツ「そうか、ジョブチェンすればゴルさんも強くなれるな」
ギル「ゴルさん、どのジョブがいい?」
ゴル「いっぱいあるのだな…」
バッツ「これなんかどうよ?」
    つりゅうきし
ゴル「いま、確かにセシルの声が聞こえた・・・
   『や め ろ』と・・・」
ギル「そういえば弟さんは竜騎士が嫌いなんだっけ」
バッツ「いいじゃん、やっちゃえ、やっちゃえ!」
ゴル「いやだあぁぁ!」
ギル「コラ、よせよバッツ」
バッツ「ツマンネ」
ギル「これは?」
   つしろまどうし
ゴル「・・・私は全てのしろ・くろまほうを使える」
バッツ「ンモー、じゃあどれがいいんだよ?」
ゴル「・・・これがいい」
   つまじゅうつかい
バッツ・ギル(また微妙な・・・)

ギル「さあゴルさん、パワーをジョブチェンジに」
ゴル「いいですとも!」

356 :2/2:2006/06/06(火) 19:02:51 ID:wrdEeK8H0
ブーッ
クリスタルのかけら「あんこくのみちを あゆんだおまえが
              かけらを使おうと ジョブチェンジはかなわぬ
               ただ あんこくに かいきするのみ!」


バッツ・ギル「「Σ(゚Д゚;)喋った!?」」
ゴル「もうイヤ・・・('A`)」


357 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 19:53:56 ID:wUMfnZGk0
ゴルさんの受難はまだまだ続く・・・・



生きろゴルさん!

ってか
ゴル「 /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\      」

ってなんだwこんなゴルさんいやだwww

358 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 21:51:44 ID:SoRuxLnLO
ゴル「なぁバッツ・・・・ちょっと話しがあるんだが・・・」

バッツ「ん?拒否!」

ゴル「そうか聞いてくれるか・・・って拒否って!ちょっ!真面目な話しなんだけど!!?」

バッツ「なんだよ!うっせぇ雑魚だなぁ。ホラ聞いてやるよ。なんだ雑魚?」

ゴル「雑魚・・・まぁその雑魚についての話なんだが・・・」
バッツ「パワーアップ作戦か?あぁ諦めろ。お前才能ないよ」

ゴル「ヒ、ヒドス・・・まぁともかくだ。私のHP2943は、やはり少ないか?」

バッツ「あたり前じゃん?俺9999だよ?何2943ってWWWW瞬殺ですともWWWW」

359 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 21:59:23 ID:I/Enw61U0
あぁバッツがどんどん暗黒面に・・・

>>355>ギル「そういえば弟さんは竜騎士が嫌いなんだっけ」 ヒドス

そいやクラウドの強さや装備ってどんなモン?


360 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 22:01:41 ID:SoRuxLnLO
ゴル「うぐ・・・やはり・・・じゃあさ、もしHP2943でもMP無限で、その他のステータスもMAXだったらどうする?」

バッツ「そりゃ強いんじゃないか?HP低くても喰らうダメージ少なくなるんだから。で?」

ゴル「私のステータスはHP以外わからんだろう?」

バッツ「うん。で?」

ゴル「実は↑のステータスだったって事にしてはくれないか?」

バッツ「はぁ?はぁ?何寝言いってんだよ甲冑マドハンドWWWさっさと月に帰って寝てろよWWW」

ゴル「ヒ、ヒドイ・・・こんな屈辱初めてだ・・・ウワァーン!バッツのバカ-!私だって強くなりたいよぉ!バッツなんか死んじゃえ!メテオオォ!」

361 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 22:09:08 ID:SoRuxLnLO
バッツに9998のダメージ

バッツ「カメェェェェェ!!」

ゴル「グスン・・・」

バッツ「や、やってくれたな・・・糞マドハンドめ・・・言っとくが自慢のメテオも咏唱ながすぎて正直使えねえぇんだよ!」

ゴル「ウワァーン!バイオ-!(咏唱0)」

バッツ「グフォ・・・」

ゴル「グスン・・・黒竜お前だけだよ友達は・・・」

黒竜「ZZZZ」

ゴル「黒竜・・・お前もか・・・orz」

362 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/06(火) 23:32:43 ID:KBTXCnDvO
天の声「ゴルベーザよ、ラストフロアではなく次元城でレベルを上げるのだ。」

363 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 01:45:36 ID:FZaA9PCX0
ゴルさんいじめはもういい

364 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 02:47:04 ID:9JQCaApw0
というかバッツは空気は読めないがここまで酷い事は言わない気がする、違和感が…

365 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 03:17:07 ID:CmnhLUxsO
バッツは最近人妻に会ってないからストレスが溜まってんだよw

366 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 03:58:49 ID:Gwd6W/YF0
正直、HPから何からギルのステータスがダントツなわけだが。
主人公特性とクリスタルの力でバッツが強くなっちまうよな

367 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 07:58:03 ID:Emw7R+3B0
そろそろ誰にでも発狂する時期ですかね

368 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 09:19:05 ID:Ov6nrW3cO
バッツは発情期か

369 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 09:36:22 ID:hWVhSSkj0
ギル「バッツに人妻を!」
ゴル「いいですとも!」

370 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 11:54:41 ID:moZLz1Iq0
セシル「ちょっと兄さん、ローザは絶対あげないからね!」

371 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 11:56:56 ID:PBn2yJN60
つ引越しばばぁ

372 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 12:58:43 ID:USSTw9IR0
バッツ「・・・・・・・・・」
ギルガメッシュ「ん? どうしたバッツ ボーッと空なんか眺めて?」
クラウド「何だ? どうかしたのか?」
ゴルベーザ「バッツの目 死んでないか?」
ギル「さぁな〜 今見たらこんな感じだった」
バッツ「・・・ぁぁぁ」
クラ「ぉ 何か反応してる」
バッツ「ァァァァァアアアアア!!!!!!」
ゴル「何だなんだ!? 急に叫んでどうしたんだ!?」
ギル「これは・・・まずい!! 禁断症状だ!!」
クラ「禁断症状? 一体何の禁断症状なんだ?」
ギル「それは・・・」
バッツ「奥さァァァァァァァンッッッ!!!!!!!」
ギル「人妻不足だ!!」
クラ「・・・あぁ〜」
ゴル「ギルガメッシュ・・・今考えただろ? その症状」
ギル「ご名答!!」
バッツ「ウォァァァァ!! カメェェェェェェ!!!」
 ドタドタ
ゴル「ゲッ! コッチ来た!!」
バッツ「どうして現場に血が流れるんだァァァァァァ!!!!」
 バキィ バキィ
ゴル「ばっ やめろバッツ! 何で俺を殴る・・・だから痛いって!!」
クラ「・・・どうする?」
ギル「さぁ? 殴ってみるか?」
 バシッ
バッツ「ぅお!?・・・・・・ん? どうしたお前ら?」
クラ「元に戻った!!」
ギル「さてはコイツ・・・寝ぼけてたな・・・最近人妻とかに会ってないし・・・」
クラ「迷惑な話だな・・・ん? ゴルさん? 生きてる?」
ゴル「・・・もう無理ですとも・・・ゴフッ」

373 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 16:00:26 ID:Emw7R+3B0
まだ序章に過ぎないかもしれない・・・・・・・・・

















バロスwwwwwwwwwww

374 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 16:11:54 ID:0Rmily+R0
そういや2モヤモヤになっってからモヤモヤに飛び込む回数が減ってないか? 保守

375 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 17:19:47 ID:ApjkqqWU0
バ「うがぁぁぁぁぁ!ヒトズマァァァァ!!」
ギル「いかん!バッツの人妻依存症がピークに達しようとしてる!ジョブもバーサーカーで正に野獣の雄たけび!!」
ゴル「これ以上は体が持たないですとも!人妻分を補充しにいくですとも!!」

ギル「…で、モヤモヤに飛びこんで見たものの…」
ゴル「見たことの無い風景ですとも…あっ!あっちに城がありますとも!!」
バ「うがぁぁぁぁ!がうがう!!」
ギル「あっ!バッツがどうやらあの城に嗅ぎつけたみたいだ!!」
ゴル「何をですとも?」
ギル「人妻の匂い」
ゴル「…すでに人間辞めてますとも…」
ギル「…まあな…あっ、バッツ待て!!」

グランバニア城
バ「ハッハッハッ!」
?「・・・?!」
?「きゃっ!」
ゴル「紫色のターバンを巻いた男性の隣の女性がバッツに迫られてますとも!!」
ギル「…ん?あの二人はたしか…」
ゴル「お知り合いですとも?」
ギル「たしかどっかで召喚された時にあった…」

X主人公「…?」
ビアンカ「もう…何なのよこの狼男(?)!!」

376 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 17:33:03 ID:ApjkqqWU0
ギル「そうか…あの2人結婚したのか」
息子・娘「お母さん?」「どうかしたの?」
ゴル「おや…利発そうなお子さんが出たですと…どう見ても育ちすぎですとも!!」
ギル「あの二人、俺が会った時とは3年ぐらいしか年を取ってなさそうなのにあんな大きな子供がいるとは…まさか10歳ぐらいで作ったのか!?」
バッツ「−−−−−−−−−!!」
ゴル「あっバッツがショックを受けてますとも!!」
ギル「どうやら軽いカルチャーショックだったらしいな…」
マリア「ビアンカさん?何かあったんですか?」
ヘンリー「どうしたマリア?何かあったのか?」
コリンズ「お母さん、どうかしたの?」

バ「−−−−−−!!」バタッ
ゴル「あっ、バッツが失神しましたですとも!」
ギル「幼妻(?)に清楚な人妻…どうやら今のバッツには刺激が強すぎたみたいだ…」
ビ「ほんとに何なのよ…もう…」

377 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 17:51:32 ID:ApjkqqWU0
ビ「…あら?あなた確か…」
ギル「人読んでさすらいの美剣士ギルガメッシュですが何か?」
ビ「あなた会ったことが有るわよね…確かサイコロゲームをしていた時に…」
ギル「あっ?覚えていてくれた?」
ビ「お久しぶりね」
ギル「いや〜まさかあの時すでに子供がいたとは思いも…」
ビ「あの時はいなかったは、まだ結婚してなかったし」
ギル「えっ?じゃあ…」
ビ「ちゃんと私の生んだ子供よ」
ギル「??…ああ、若作…【ゴスッ!!】ウボワァァァァ!!」ビ「いろいろ有ったのよ(ハート)」

ゴル「あっバッツが目を覚まし…!?」
ギル「こっ、これは!!」
ゴル「何か神々しいオォォラ放ち、野性味に溢れでそれでいながら爽やかさも合わせもった優しく包み込むような笑顔でですとも?!」
ギル「馬鹿な!?人妻は人をここまで変えるというのか!?」
バ「幼妻(?)に清楚な人妻…フフフ…やはり良い物だな!人妻は!!」

ビ「…変な人達ね…」
X「…」

378 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 20:25:31 ID:pqY0usMz0
禁断症状がんばれバッツww





話は変わるが>>305の「ゴルベーザだッ!!」
の部分を描いてみた

勝手にネタとかを利用されるのは嫌な物だろうか?
だとしたらすまない

379 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/07(水) 21:22:18 ID:Q8USqGXI0
此処で人妻マギサを思い出す

380 :1/6:2006/06/07(水) 22:42:06 ID:Q4BoEVMg0
モヤモヤ…
バッツ「モヤモヤキタコレ!」
ギル「では早速」
ピュー

ギル「・・・洞窟の中?」
バッツ「陰気クセー…」
???「グワッグワッ」トコトコ…
バッツ「なにあのカモノハシ」
ギル「カワイス(*´∀`)」 チョンチョン
???「グワッ」

ドゴッ

ギル「ブフゥッ!」
バッツ「うはw凶暴www」
ギル「何とかしてくれバッツ。例によって可愛い奴には攻撃できない」
ドカドカ
バッツ「ニヤニヤ(・∀・)」<バッツはようすをみている
ギル「ちょwマジ…助け…」
バキゴス
ギル「ギャー!」
ギルガメッシュは死んでしまった
バッツ「カモノハシつえぇwww」

381 :2/6:2006/06/07(水) 22:42:55 ID:Q4BoEVMg0
バッツ「しかたない、このバッツ様が倒してやるか
   ニアファイガ!」
シーン…
バッツ「ア、アレ?
   ニアみだれうち
シーン…
バッツ「アルェー(・3・)」
???「グワッグワッ」ドゴバキ
バッツ「ヒィィィ!」
バッツ達は全滅した…


382 :3/6:2006/06/07(水) 22:43:46 ID:Q4BoEVMg0
バッツ「う…ここは?」
???「気が付きましたか」
バッツ「あんたは?」
トルネコ「私はトルネコ。この店の主です」
ギル「この人が洞窟で倒れてる俺たちを助けてくれたんだぜ」
バッツ「そうか、すまないな、トルネコさん」
トルネコ「いえいえ、助けたのは私の妻のネネですから」
バッツ「妻…ムッハー(*´Д`)」
ギル「もちつけ」

トルネコ「あなた方がいたのは、不思議のダンジョンと呼ばれる洞窟の4階です」
バッツ「不思議のダンジョン?」
トルネコ「はい、入るたびに構造の変わるダンジョンです。
   私は、その27階にあるというお宝を探すために潜っているんですよ」
ギル「俺たち、かくかくしかじかで、その洞窟の中のモヤモヤ見つけないと帰れないんだ」
トルネコ「そうでしたか。では、私がそのモヤモヤとやらを見つけるお手伝いをしましょう」
バッツ「マジ!?サンキュ、トルネコさん」
トルネコ「いえいえ」

トルネコ「ネネ、行ってくるよ」
ネネ「あなた、お弁当持って行って」
バッツ「イイナー…」
ネネ「バッツさんとギルさんにも」
バッツ「人妻の手作り弁当!!!!」
【大きなパン】
バッツ「パンだけ…(´・ω・`)」
トルネコ「では出発」


383 :4/6:2006/06/07(水) 22:46:21 ID:Q4BoEVMg0
地下1階
トルネコ「この洞窟に入ると、経験0から始まるんです
   それでお二人は魔法も特技も使えなかったんですよ」
ギル「あっ!プニプニ!」
バッツ「ああ…奥さん…」
トルネコ「聞いてます?人の話…」

地下2階
バッツ「あっ!あのカモノハシ・・・」
トルネコ「ももんじゃですね」
ギル「やっぱカワエエ」

地下4階
バッツ「モヤモヤなくなってる…」
トルネコ「構造が変わったせいで位置が移動したのかもしれませんね」
ギル「そんな…」
トルネコ「まあ、このダンジョンの何階かにはあるでしょう」

地下6階
ギル「トルネコさーん、なんか灰色の敵がイパーイ増えちゃった」
バッツ「こっちも…」
トルネコ「!!!!!!」

地下11階
バッツ「草発見!
トルネコ「草は食べるといろんな効果があるんですよ」
バッツ「へぇ…パクリ・・・・・・奥さーん!」
ギル「ヒィィィ!ダキツクナ!」
トルネコ「・・・惑わし草だったようですな。幻覚が」
バッツ「奥さん…ハァハァ。ムチューン…」
ギル「タスケテー!!!!!」

384 :5/6:2006/06/07(水) 22:48:01 ID:Q4BoEVMg0
地下13階
ギル「アッー!つまずいたァー!」バラバラ
バッツ「拾ってやるよ…ってアッー!落とし穴ー!」ヒュー
トルネコ「やれやれ、しょうがないですな初心者は。私が拾いますよ」
カチリ
トルネコ「    アッー!   」
チュドーン!

地下18階
トルネコ「おお、これは正義のそろばん!このダンジョンで最強の剣ですよ!」
ギル「最強の剣…」ゴクリ
バッツ「コラコラ、よだれが出てるぞ」
トルネコ「コレは高く売れるのでとっておきましょうか」
ギル(欲しい…)

地下25階
トルネコ「ドラゴン!最強のモンスターですが、うまくアイテムを使えば…」
バッツ「ふ、ここまで潜ってきた俺たちに!」
ギル「もはや敵はないぜ!」
  つ聖域の巻物
ドラゴン<炎ボオォ
バッツ・ギル「アチィーーー!」

地下27階
バッツ「ついに27階…これまでにモヤモヤはなし…」
ギル「トルネコさん、変な箱見つけた」
トルネコ「これは…まさしく幸せの箱!」

385 :6/6:2006/06/07(水) 22:49:28 ID:Q4BoEVMg0
パッ…モヤモヤー
バッツ・ギル「モヤモヤキターーーー!」
トルネコ「よかったですな。これで帰れますよ」
バッツ「ありがとな、トルネコさんおかげで助かったぜ」
トルネコ「いえいえ、こちらこそ、あなた方のおかげで幸せの箱が手に入りました」
ギル「俺らは足引っ張っただけだよ。ココまでこれたのはトルネコさんの実力さ」
バッツ「そうそう」
トルネコ「いやはや、照れます。…そうだ、お別れの記念に、コレをあげますよ」
ギル「これは、正義のそろばん!」
バッツ「いいのか?高く売れるんだろ?」
トルネコ「いいですよ。そのかわり知り合いの皆さんにトルネコの武器屋をヨロシク(^^」
バッツ・ギル(商売人キタコレ)
バッツ「じゃあな!トルネコさん!」
ギル「縁があったらまたあおうぜ!」

ピュー

バッツ「帰ってはきたけど…あーあ、ネネさん…」
ギル「元気出せよバッツ!」ルンルン
バッツ「お前はすげぇゴキゲンじゃん…」
ギル「まぁな!ウフフフ…名剣ゲーット…早速すぶりでもするか。とう!」

ブリュブリュ<素振り音

ギル「…」

ブリュブリュ

ギル「なんだコノ音…orz」
バッツ「プギャーm9(^д^)」

386 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 00:07:49 ID:W73rqTgeO
そろばんのブリュブリュな効果音に糞ワロタwww
SFCの一作目しか遊んでないが、確かにそんな効果音だったw

387 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 08:03:50 ID:qP13QteU0
ギ ル ガ ワ ロ ッ シ ュ 
       が ま と も な 武 器 を 手 に 入 れ た !!

388 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 08:35:50 ID:9D+YY1aUO
>>385
GJ!!
やっぱり2人旅が1番イイな(´∀`*)
ゴルさんやクラウドいるのもいいけど、2人が1番好きだな!

389 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 15:00:38 ID:Mx8HbBk20
>トルネコ「    アッー!   」

トルネコwwww
GJ

390 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 20:44:22 ID:KXtyPffR0
掘られたのか

391 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 22:35:46 ID:AAtUAJ/R0
ところで、バッツが人妻好きの原典は何?ゲーム中にそんな描写あったっけ?

392 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/08(木) 22:39:12 ID:yaQ3Y9RVO
ゴリさんが好きなのでささやかな贈り物。

つデモンズセット&エッチなほん

393 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 07:31:53 ID:9ccLoDhUO
>>391
確かバッツの母親が早くに亡くなって
恋しいからじゃなかったかな・・・?
パンツの話大好きだからよく覚えてるww

394 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 08:47:38 ID:yhpB/wmWO
>>391
特に描写はない。
たしか前スレの初めの方(FF10ネタだっけ?)で
ネタ師が適当につけた設定だった気がする。
で、面白いんで今に続くと。
ギルさんの幼女キラーも同様に。

395 :1/5:2006/06/09(金) 18:18:49 ID:v3F3yy2n0
これは、私バッツとゴルベーザの綴る真実の記録である。

最近、ギルガメッシュの様子がおかしい。

バッツ「なあギルガメッシュ、昨夜どこ行ってたんだ?」
ギル「Σ(゚Д゚;)!!な!?」
バッツ「トイレに起きたらお前いなくて心配したぞ」
ギル「(゚Д゚;)ナナ、ナンデモナイヨ!?」

私は今のところギルガメッシュの次に親しいゴルベーザに事態を相談することにした。

バッツ「…というわけなんだ」
ゴル「ふむ・・・ではこうしよう」

ゴルベーザの提案は、こっそり奴を尾行し、ことの真実を確かめようというものだった。
私としては気が進まないが、ゴルベーザの提案を無下にするわけにもいかない。
私たちは今夜、ギルガメッシュを尾行することにした。…実に楽しみである。

396 :2/5:2006/06/09(金) 18:19:32 ID:v3F3yy2n0
夜中。寝床を抜け出したギルガメッシュを、私たちは予定通り尾行した。
ギルガメッシュは新しく見つけたらしいモヤモヤへ飛び込み、私たちはそれを追った。
やってきたのは夜の街。アッサラームというらしい。
慎重にギルガメッシュを尾行した結果、一軒の店へ奴が入るのを我々は捉えた。

ゴル「どうするのだ?さすがに店の中までは…」
バッツ「大丈夫さ。忍者にジョブチェンジすれば楽に忍び込める」

店の天井裏に忍び込んだ我々は、ギルガメッシュの姿を探した。
狭い店の中、奴を発見するのに5分と時間はかからなかった。

397 :3/5:2006/06/09(金) 18:20:04 ID:v3F3yy2n0
???「さあ、ベッドの上に…」
ギル「ワクワクテカテカ(0゜・∀・)」

なんということだ!あろうことか奴はベッドのある密室に女性と二人きりで…
ここで乱入するのはたやすいが、私たちは2人の様子をしばし観察することにした。

???「さあ、灯りを消すわよ…」

女が言い、周囲は暗闇に包まれた。そして少しの間があった後…

???「ぱふ ぱふ ぱふ」
ギル「ムッハー(*゚∀゚)=3」
???「ぱふ ぱふ ぱふ」
ギル「アッアッ…(*´Д`)」

ゴル「なんだ、何が行われているのだ!?(;゜Д ゜)」
バッツ「わからん、わからんが、とてつもないことが行われていることだけは確かだ!(;゜Д ゜)」

ギル「オオオオオ!」

バッツ「クッ、ギルガメッシュめ、なんて裏山…いや、けしからん(*´Д`)」
ゴル「まったくだ…ハァハァ(*´Д`)」

398 :4/5:2006/06/09(金) 18:20:35 ID:v3F3yy2n0
残念ながらこれ以上の偵察は私たちの下半身が限界であったため、断念せざるを得なかった。
衝撃の事実を知った我々が次元の狭間に戻り、しばらくした頃。

ギル「タダイマ…('A`)」

顔面蒼白で精根尽き果てた様子のギルガメッシュが戻ってきた。
我々が撤退した後もさぞお楽しみだったのであろう。まったく、男の風上にも置けぬ!
奴の様子を見た私とゴルベーザは、明日の夜、重大な作戦を決行する決心を固めた。

バッツ「アイツだけいい目見てずるくネ?俺たちも行こうぜ」
ゴル「なっ!バッツ、貴様まであんなことをしようというのか!?私はゼッタイ…」
バッツ「いくよネ?」
ゴル「いいですとも!(*゚∀゚*)」

399 :5/5:2006/06/09(金) 18:21:15 ID:v3F3yy2n0
次の日の夜、ギルガメッシュをオメガ様としんりゅう様にお供えした後、私たちは再度アッサラームへやってきた。
足早に例の店へ向かう私たち。
そこでは、昨夜と同じ女が私たちを出迎えた。

???「いらっしゃい…」

案内され、私たちはベッドのある部屋へとやってきた。
すでに私たちの心はバーサーカー。正常な判断などできようはずもない。
初めての体験に気ばかりが焦り、1つも宝を取らずにカルナック城から脱出するような有様だ。

???「さあ、灯りを消すわよ…」

バッツ「ハァハァ(*´Д`)」
ゴル「ハァハァ(*´Д`)」


…再び明かりが点されたとき、私たちが地獄を見たのは言うまでもない。

400 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 19:06:44 ID:FttSauNQO
へ?で?
どうなったん?

ギルってそっち系なんか?

しかし、カルナック城ワロスwww

401 :395:2006/06/09(金) 19:17:28 ID:v3F3yy2n0
実は女の人じゃなくてムキムキマッチョな男にパフパフされてて、
ギルが顔面蒼白だったのは男にパフパフされたからというオチにしたつもりだったのですが…。
わかりにくかったですかね。スンマセン。

402 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 19:25:50 ID:dix8vfhm0
>>401
大丈夫だ、DQ3をやった者(真相を知るもの)として
これで十分笑わせてもらったぞwwwwwwwww

403 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 19:28:40 ID:FttSauNQO

いや、オチわかったんやけどギルが2夜連続で行ってるからそっち系なんかな?て思て

しかし、GJ

404 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 19:42:09 ID:Zaw7DOPuO
>>403
最初の晩は、店ハケーン→でも勇気(or金)が無くて後ろ髪引かれながらも撤退

…で、次の晩wktkしながら突入→orz
って流れだと。

なにはともあれ、職人様、GJです。

405 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 22:38:59 ID:nAYt8Ml/0
ギルガメッシュの趣味がムキムキマッチョとは・・・・・・・・・・・w

406 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 23:09:51 ID:OHifEpcZ0
ウーホーッホーッホウーホッホッホッウーホッホ

407 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/09(金) 23:40:10 ID:XZNwozvuO
マーリオペインッ

408 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/10(土) 22:04:44 ID:NHaXazIbO
>>326 >>391
職人さんが避難所で答えてたぞ
知ってたらスマソ

409 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/11(日) 09:05:28 ID:pOtlGmQFO
保守

410 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/11(日) 14:47:13 ID:eHE4rPZPO
保守ならあ・げ・て

411 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/11(日) 17:47:02 ID:DyxqoDY20
別に下がりきってても大丈夫なんですけど

412 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/11(日) 17:59:57 ID:qSDREGps0
ギルガメッシュ「ココでバッツから一言!」






バッツ「ん? 何がだ?」
ギル「・・流れ読めよ」

413 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/11(日) 18:07:47 ID:gumX7vKU0
ブッシュ

414 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/12(月) 22:10:04 ID:bDkTCOi/O
ホシュ

415 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/12(月) 23:45:21 ID:vTiW76kB0
バッツ「ゴリさ〜ん!」
ゴルベーザ「ん? 何か用か?」
バッツ「何でも無い」
ゴル「む・・・そうか」

ギルガメッシュ「ぉ! ゴルさ〜ん!」
ゴル「どうかしたか?」
ギル「いや 別に」
ゴル「・・そうか」

ゴル「・・(何なんだあの2人は? 新手のいじめか何かか?・・・ぅぅ)」

クラウド「ん? あれは・・・ゴルさん? ちょっといいか?」
ゴル「! 何だ? どうせまた何でも無いのだろう! フンだ!!」
 ドタドタドタドタ
クラ「この山菜は食べれるのか・・って お〜い!」

416 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/13(火) 00:26:40 ID:XU8EijuMO
あんまりゴルさんをいじめないであげて…

417 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/13(火) 18:32:21 ID:BsY19Twu0
ゴルさんどうなったんだ・・・・w

418 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/14(水) 07:36:15 ID:8YMm6UdPO
過疎ってきたので上げ

419 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/14(水) 16:09:11 ID:JhG4nnw/0
バッツ「・・・・・・・・・」
ギルガメッシュ「ん? どうしたバッツ ボーッと壁を見つめて?」
クラウド「今度は何だ?」
ゴルベーザ「バッツの生気が感じられないが」
ギル「まぁ今見たらこんな感じだった」
バッツ「・・・ぇぇぇ」
クラ「ん? 今度は何に反応してるんだ?」
バッツ「ェェェェェェエエエエエエ!!!!!!」
ゴル「一体今度は何だ!?」
ギル「これは・・・まずい!! 禁断症状だ!!」
クラ「禁断症状? 今度は何不足だ?」
ギル「それは・・・」
バッツ「カメェェェェェェェェェェ!!!!!!!」
ギル「亀不足だ!!」
クラ「・・・へぇ〜」
ゴル「ギルガメッシュ・・・正直どうでもいいんだろ?」
ギル「正解! ゴルさんご立派!!」
バッツ「ウボァァァァァァ!! カメェェェェェェ!!!」
 ドタドタ
クラ「何!? 今度はオレがターゲットだと!?」
バッツ「見ろぉ!!人がゴミのようだ!!!!」
 ドスゥ ドスゥ
クラ「落ち着けバッツ! オレはゴミじゃない!!」
ゴル「・・・どうするんだ?」
ギル「また殴ってみるか? それぃ!」
 パシッ
ギル「ゲッ!! こいつ俺のパンチを受止めやがった!!」
ゴル「こっち向いた!」
バッツ「カメカメカメカメカメカメ」
ゴル「怖っ! うつろな目でカメカメ言ってる!!」
クラ「誰か・・・エクスポーションを・・・」

420 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 15:20:41 ID:AiOz6L/nO
バッツかなり重症だなwww

421 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 15:32:06 ID:JjbwBRk40
つか、続きないのか?w

422 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 17:43:16 ID:V5ykDupn0
バッツが大変なことに・・・w
人妻の次はカメですかwwwwwww

423 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 18:29:18 ID:F3ZKmtv80
バッツ→(´з`)σ)Д`)←ギルガメッシュ

424 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 19:01:46 ID:gMGqzMtp0
なんせ ギルガメ シュだからなwwww

425 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/15(木) 20:39:32 ID:UEWyrFLA0
ゴル様に つウィザードロッド 黒のローブ スリースターズ ソウルオブサマサ

426 :【1/4】:2006/06/15(木) 20:39:49 ID:3ax/CPhS0
バッツ「・・・」
ギルガメッシュ「ヒソヒソ(さて・・・どうしたものか)」
ゴルベーザ「ヒソヒソ(恐ろしいものだな・・・"亀不足")」
クラウド「ヒソヒソ(危険すぎて近寄れないな・・・)」
ギル「ヒソヒソ(というかクラウド お前は大丈夫なのか?)」
クラ「ヒソヒソ(先ほど面白いくらいにボコボコにされたが何とか大丈夫だ)」
ゴル「ヒソヒソ(でも髪型乱れてるぞ?)」
クラ「何だと!?」
ギル「だぁぁぁ!! 声がでかいぞクラウド!!!」
ゴル「お前らまとめてうるさいぞ!!!!」
バッツ「・・・」
 ジ-----
クラ「まずい・・・コッチ見てる!」
ゴル「あの眼は"狩人"の眼だ! まるで獲物を追う"虎"のような"眼"だ!」
クラ「人なのか虎なのかハッキリしてくれ」
ギル「何とかバッツの"亀不足"を解消しなくちゃな・・・どんどんダークサイドに入り込んでる」
バッツ「・・クックック」
ゴル「笑い出したぞ!!」
クラ「・・・・・・」
バッツ「・・クックックックック・・・カメマテリア・・・」
ゴル「・・・・・・亀マテリア? 亀マテリアって何だ? クラウド?」
クラ「・・俺に聞かないでくれ・・・」
ギル「思考回路はショート寸前か・・・」
バッツ「ウゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・」
ゴル「・・・よし! こうなったら私が・・・」
クラ「どうするつもりだ?」
ゴル「バシッっと殴って正気にしてやる!! 行くぞバッツ!!」
ギル「よすんだゴルさん! 今のバッツには俺でも・・・」

427 :【2/4】:2006/06/15(木) 20:40:56 ID:3ax/CPhS0
ゴル「今だ! パワーを私に!!」
 ドタドタドタ・・・

 カァメカメカメカメカメカメカメカメカメカメ・・・カメェ!!

 デストモォォォォォォォ!!
クラ「ゴルさんが!! ゴルさんがわけのわからないラッシュにやられた!!」
ギル「早くフェニックスの尾を!!」
 ヒュィィィィン
ゴル「ぅぅ・・・冗談抜きで強いぞあいつ・・・
  一回の攻撃で戦闘不能とは黒龍もビックリだ・・・」
クラ「・・試しに3人で行ってみるか?」
ゴル「異議無し!!」
ギル「ゴルさん元気だな しかし俺も異議は無い!!」
バッツ「マダアガクノカ・・・オロカナニンゲンドモメ・・・」
クラ「何だこれ!?」
ゴル「バッツがラスボス調の喋り方をしてる!!」
クラ「しかも古くないか?」
バッツ「ニンゲンヨ・・・ワレヲアガメヨ・・・ソシテカメヲオサメヨ・・・カメカメカメカメカメ・・・」
ギル「結局亀かよ! やっぱりバッツだな・・・では・・・1・2・3で行くぞ!!」
ゴル「私が先頭を切ろう!!」
クラ「光の力を見せてやる!!」
ギル「・・(何でクラウドが光の戦士? てかゴルさん平気なのか?)
  タイミングを合わせろ! 1・・・2・・・3!!!」
 ダッ! ダッ! ダッ!
バッツ「カメノマエデハスベテガムリョク・・・」

428 :【3/4】:2006/06/15(木) 20:41:51 ID:3ax/CPhS0
ゴル「行くぞ! 黒竜召か・・・」
バッツ「アマイワァ!!」:ジャンプ
 ゲシッ!
ゴル「なっ・・私を踏み台にしただと!?」
クラ「光の戦士の力を見せてやる!!」
バッツ「ダレガヒカリノセンシダ!!」:ビンタ
 バシィン!
クラ「グハァッ!!」
ギル「お前ならこの剣を防げるはずだ!!」:正宗:斬鉄剣:エクスカリバー:エクスカリパー
バッツ「オマエナノカ? ギル・・・ッテナニヲイワセルンダコノヤロウ!!」:ラグナロク
 キィィン! キィンキィンキィンキィンキィンキィン・・・
ゴル「うぅむ・・・凄まじい力でぶつかり合ってるな・・・大丈夫か? クラウド」
クラ「ビンタだけでも大ダメージだった・・・ゴルさんは?」
ゴル「実は瀕死状態だ!!・・・・・・ゴフッ!」
 キィンキィンキィンキィン・・・
ギル「ぬぉぉぉぉぉぉ・・・」
バッツ「スキアリダッ!!」
ギル「しまっ・・蹴りが・・・間に合わ・・・!!!」
 バキィィィッ!
 ズザザザザザザァ・・・
ギル「クッ・・・わき腹に入ったか・・・」
ゴル「大丈夫か? ギルガメッシュ」
ギル「ゴルさんこそフラフラだけど・・・大丈夫か?」
クラ「で・・・どうするんだ?」
バッツ「アキラメヨ オロカナニンゲンドモヨ」
クラ「亀不足でパワーアップだなんてもはやギャグだよな・・・しかも尋常じゃない」
ゴル「今のバッツならメテオも受止めれる・・・ってのは流石に無理があるか」
ギル「さぁて・・・どうするか・・・このまま暴走させてたらバッツ自身にも負担があるだろうし・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閃いた!!」

429 :【4/4】:2006/06/15(木) 20:42:46 ID:3ax/CPhS0
クラ「できればもっと早く閃いて欲しかったな」
ゴル「もうボロボロですとも」
ギル「まぁ見てろって・・・・スゥゥゥ・・・・・・バァァァァッツ!!」
バッツ「オレニナニカヨウカ? アカイバカヨ」
ギル「今表にでっかい亀が居たぞ!!」
バッツ「何だと!?」
クラ「反応早っ!!」
ギル「きっとアダマンタイマイだ!!!」
 ダダダダ・・・
バッツ「何処だ!? 何処にいるんだ!?」
ギル「っていうのはウソだけどな!!」
バッツ「・・・」
ギル「・・・」
バッツ「・・・・・・・・・てめぇ!! ギルガメッシュ!! 俺を騙したな!!」
ギル「へっ! 簡単に騙されるのが悪いんだよ!!」
バッツ「言いやがったな! このリストラ野朗が!!」
ギル「なっ・・・誰のせいでクビになったと思ってんだこの野朗が!!」
バッツ「ギルガメッシュゥゥゥゥゥゥゥ!!」:素手
ギル「バァァァァァァァァァァァァッツ!!」:素手
 ズガシャンズガシャン ドンガラガッシャン ズガズガバキバキ・・・


クラ「・・・」
ゴル「・・・」
クラ「コレは・・・元に戻ったのか?」
ゴル「多分な・・・」
クラ「・・・」
ゴル「・・・」
クラ「俺達の活躍って必要だったのか?」
ゴル「それは言うな」

430 :ステラ:2006/06/15(木) 23:33:59 ID:UCI6+JHTO
バッツ… 恐ろしい子っ!

431 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 00:40:21 ID:bKFRS+RN0
部屋の隅で怯えているカイナッツォ&金魚×3

432 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 02:35:56 ID:hRDZ0OdJO
今,結構長くなりそうなの書いてるからオチルト困るので保守

433 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 04:34:39 ID:VE6NbzwJ0
ハリカルナッソス「さ あ わ た し の カ メ(ry」

434 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 04:41:39 ID:StQV5spH0
>426-429
ワロスwwGJ!

435 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 08:05:17 ID:nN1RpumI0
>>432
おまいさん勇者だな、そんな事書くとハードル高くなりかねんゾイ。

カメマテリア・踏み台 GJ
バッツが男でよかった、女だったら下ネタ一直線だもんよ。
ところで『思考回路はショート寸前』ってフレーズどっかで聞いたような??



436 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 08:14:29 ID:Pl6k5W9hO
月にかわっておしおきよ!

437 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 11:51:53 ID:7dXQnSn9O
前スレで顔文字いっぱい使ってた職人さんはもうネタ作ってないんかな。

438 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 14:56:53 ID:tvZDVloG0
流れを途切れさせて申し訳ないんだが、
バッツの「カメェェェ」ってネタどこからきたの?
本編で見た覚えがないので…

439 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 16:22:25 ID:LXiJqK+H0
エク酢ですの

440 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 16:31:53 ID:StQV5spH0
>437
パンツワラウザーの人か
あの人は神かった

>438
お前ここや避難所で何回かネタ元聞いてる奴か?
ほとんど職人さんが面白いと思ってノリや突発で出来たネタだと思うぞ。だからいちいち聞くな。
せっかく面白いのに、ギャグの解説させるくらい寒いことになるんだよ。萎える

441 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 16:38:30 ID:AibgigVhO
カメェェェはFF5やってりゃ出てくるぞ

442 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 16:41:14 ID:LXiJqK+H0
ギード様って実は強いんだよな…亀なのに

443 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 20:07:05 ID:mpuiQTJgO
PCだとupできなかった…なんでだろ
http://s.pic.to/3ot7
度々すみませんがこれで最後、ゴルさんです。クラウドについては作る予定はないです。
今までスレ汚ししてスマンかった。

444 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 20:19:32 ID:Tj1RrtTvO
>>443
すげー!相変わらずいい腕してんな。
ひとつ欲しい・・・

445 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 20:39:00 ID:oNtIEiNv0
>>443
ぜんぜん汚してないyoむしろ良いyo
暇だったらこんどうもつくってくださいyo
クオリティ最高ですyo

446 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 20:48:13 ID:2LR+b1cA0
>>443
ゴルさん可愛いよゴルさん(;´Д`)ハァハァ
スレ汚しだなんてそんなこと全然ないよ!
しかし本当に上手い事作るね!(・∀・)

447 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 21:46:31 ID:KtfKWfQLO
>>443
かわいいですとも!

448 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 22:00:36 ID:mgluxY/c0
>>443
パワーをメテオに!!


ってかパワーをアナタに!!

449 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/16(金) 22:43:06 ID:hFO+/dngO
>443
相変わらずSugeeeeeeeeee!!!!!
こんなかわいいゴルさんに竹の子いただきたいわー

450 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/17(土) 12:26:05 ID:L8SIV0Kw0
>443 
最高ですとも!ゼヒ三人一緒に撮ってみたかったですとも!

451 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/17(土) 14:25:43 ID:lyOIhFquO
>>443
あなたはネ申か!?
素晴らしいですよ!最後に3人一緒のもみたいですよ(´・ω・`)

452 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/17(土) 17:07:52 ID:j1E3DRahO
ゴルさんのテーマ曲にも歌詞をつけてやろうと思って一応考えてみたんだが

ごーっる ごーっる ゴルベーザ〜
せーっしるーの にいさーんさ〜
とうちゃーんは〜月の民だーぜ
こーうみっえて〜まどうしなんだーぜ
ごーっり ごーっり ゴリベーザ〜
カ〜インを あやつーるよ〜
腕だーけでー活動できるーぜ
くっりすたるー 集めまくるーぜ♪

イマイチなんだよな、誰かもうちょっといい歌詞考えてくれないか?

453 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/17(土) 23:28:40 ID:yiSAXpX10
>>452
「いいですとも」は絶対入れるべき。

454 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 00:55:39 ID:plBLWdvOO
ごーるっ ごーるっ いいでぇすともぉ

455 :1/11:2006/06/18(日) 03:13:59 ID:iWlsAAJp0
?「こ、これがタイムフリーズ!聞いた事はあるが実在するとは・・」
?「コレでクロノがたすかるのね!」
?「じゃあドッペル君人形をおいてこんな気持ち悪いとことっとと出ようぜ!」

その頃次元の狭間
ギル「なんかいころんだってーいいさー♪手元に剣がありゃそれでいいさー♪
源氏なんか無くていいーさ♪まだまだ予備はココにあるぅー♪ん?
お!モヤモヤハケーン!!久々に一人旅だーとうぅ!!」

もやもやぁー

ギル「おや?へんなとこやなぁー?みんな止まってる感じ、そういや次元の狭間にも
そんなんあったな」
ヒュイーーン・・ボシューーーン
ギル「うお!!変な飛空挺・・消えた・・なんだありゃすげーー!!
うお!!ばかでけぇ怪物もいるなんだこいつ?おっかねーなー!
うまいことストップかかって動いてないうちに帰るのがいいな」

カチリ
ジール「うて!ラヴォス!!」
ギル「そして時は動き出すぅうぅ!!!」
ラボス「ギャー(天から降り注ぐものが世界を滅ぼす)」
ギル「らめぇぇぇぇぇーーー!!」


456 :2/11:2006/06/18(日) 03:15:19 ID:iWlsAAJp0
次元の狭間
バッツ「カメとか人妻かわんさか欲しいんだがなんかいい方法無いか?」
クラウド「ない・・」
ゴル「次元の狭間にいませんですとも」
バッツ「だよな・・!!ってじゃあモヤモヤ探しに行こうぜ!!人妻の世界があるんじゃねーか?」
クラウド「ねーよ」
ゴル「カメなら・・マリオの世界ならわんさかいそうだな」
バッツ「よしいこう!すぐ行こう!!」
クラウド「ギルガメッシュがいなんだが」
バッツ「いいんじゃない?後でお土産やれば」
ゴル・クラ「(剣しかないよなぁ・・お土産)」

バッツ「おいみろよ!!モヤモヤハケーン!!」
クラウド「・・あのでかいのの真下だな」
ゴル「・・決死の覚悟で飛び込まねば死あるのみ・・」
バッツ「・・オメガの下かぁ・・よりによって・・」
「・・・・・・」
バ・ゴ・ク「逝くぜぇぇぇぇぇ!!!!」

ウボアァァァァァ……

モヤモヤァーン
バッツ「だいぶ死んだがなんとかなったな・・」
クラ「ああ・・ゴルさんは死んだままだがな・・」
ゴル「(アア…カイダンガミエルヨ、フースーヤー)」
クラ「なんか抜け始めてるが・・・」
バッツ「気にすんな、いつもの事だ、ついでに今のうちに謎なこいつの素顔でも見とくか」
ゴル「デストモォォォ!!!!」
クラ「あ・・」
バッツ「ちっ・・」
ゴル「遠くから声が聞こえたんだ、フースーヤーの声で・・きっと笑われるよw、って・・
気が付いたらここにいた」

457 :3/11:2006/06/18(日) 03:16:01 ID:iWlsAAJp0
アーロン「あ・・」
バッツ「あ・・」
クラ「・・・知り合いか?」
ゴル「ふんどしいっちょでポージング中とは」
バッツ「変態の友達はいない」
パァァァァ・・・
バッツ「アーロンが光に還っていくぅぅ!!」
クラ「恥ずかしさにたえきれんだか」
ゴル「冗談だ!!もどれ!!パワーをアーロンに!!」


アーロン「・・・麦茶でいいか?」
クラ「興味ないね・・・ウソですください」
ゴル「サンキューデストモ」
アーロン「で、またモヤモヤが家に繋がっていたと」
バッツ「異界の中でもおまえんちは繋がりやすいみたいだな」
ズズズ・・
アーロン「で、何用でココへ、いや、モヤモヤへはいったのだ?」
ゴル「最近バッツが人妻、カメ不足でな。マリオワールドか人妻の国がよかったのだが・・」
アーロン「・・・繋がっていると思うか?」
ゴル「いや・・ほぼ無いとは思うが・・」
アーロン「・・・しかしまぁ、今日は来客が多い日だなズズズ・・」
バッツ「来客?」
アーロン「うむ、来客というよりは入居者だがな」
ガラガラガラ・・・
ギル「まさか温泉があるとは思わなかったよ!以外に住み心地いいな」
バ・ゴ・ク「あ・・・」
ギル「あ・・」

458 :4/11:2006/06/18(日) 03:16:35 ID:iWlsAAJp0
バッツ「・・で、どうしてココにいるんだギルガメッシュ」
アーロン「ギガワロッシュだ!」
ギル「いや!そっちが間違えてるから!!」
ゴル「話では死人が来る世界らしいじゃないか」
クラ「死んだのか?ギルガメッシュ?」
アーロン「テラワロッシュだ!!」
ギル「それはさらに違うから!!どうやらそうみたいなんよ、変なモヤモヤに入ったら
巨大なバケモンいてやられたよーなんだ」
バッツ「お前を一撃でか?相当なやり手だな」
ギル「ああ、オメガ並みか、火力ならメテオ並だ」
ゴル「(メテオ☆ドキドキ)」
バッツ「・・どーすんだこれから・・」
ギル「正直まだわからん、ココの暮らしは非常に快適だクーラーもあるし
夏には花火やらお盆にはお祭りもあるらしい」
ゴル「(月より楽しそうだ・・・)」
ギル「ダケドヨォ・・みんなの顔見たらなんかもう一緒に居れなくなるのが寂しくてさぁ
カナシインダヨ・・・」
アーロン「ワロッシュ・・・」
ゴル「・・・バッツ!!」
クラ「バッツ!!」
バッツ「・・・アーロンなんか方法は無いのか?」
アーロン「死人が生者とともに生きてはいけない」
ギル「・・アーロン・・」
バッツ「なんかねーのかよ方法!!ねぇーのかよ本当に」
アーロン「・・・・・・お前らは無限大の可能性を信じるか?」
クラ「興味ナ!!(バキッグシャ・・)」
ゴル「信じますとも!!」
バッツ「当然だ!!やってやれないことは無い!!」
クラ「(ヨロヨロ・・・)ボクモソウオモイマス」
アーロン「・・・方法は無いわけではない・・・ただ・・・難しい」

459 :5/11:2006/06/18(日) 03:17:33 ID:iWlsAAJp0
アーロン「この六畳間に似つかわしくない洋風の扉があるのがわかるか?」
バッツ「あれがどうかしたのか?」
アーロン「次元の狭間のモヤモヤのようなものだ、あの先には時間の狭間がある」
クラ「時間の狭間、まどろっこい名前だな」
アーロン「その先には老人が一人居る、そいつから特別な方法を学べ、それは生者にしか
出来ぬ方法お前たちの絆が強ければワロッシュが死なない為の手段が手に入る」
ギル「(原型を留めていない俺の名前・・・)」
クラ「そこで何が出来るんだ?」
アーロン「過去未来現在、すべての歴史を見ることが出来る。
俺もかつてジェクトと未来のスピラを見に行ったことがある」
ギル「初耳だな、どんなんだったんだ?平和か?」
アーロン「ユウナ達がでかい機械お化けと戦っていた。
苦戦していたようだから声をかけ励ましてやった。
・・・まぁ正直あんまり自信なかったんだがやる気が出ればと思い
『悪あがきだ!』とか色々言って元気つけてやったものだ
まぁ、その時は残念ながら負けてしまったようだが・・・っておい!!」
バッツ「(ガチャリ)とぅ!!」
ギル「せい!!」
ゴル「パワーを俺たちに!!」
クラ「イェア!!」

ヒュルルルルルゥゥ・・

アーロン「・・・・・家の中では靴くらい脱いで欲しいものだ・・・掃除する身にも
(ブツブツ・・・・)」
隣の部屋のブラスカ「ハァハァ・・・ユウナタンモエーーーー!!ハァハァ」
アーロン「・・・・・」

460 :6/11:2006/06/18(日) 03:24:19 ID:iWlsAAJp0
ひゅるるるるぅ・・・・
スチャッスチャッデストモォーイェア
バッツ「薄気味悪いとこだな」
ギル「何も無いな、この柵と通路が無かったらほんとに何もないなぁ」
?「おやっ?これはこれは変わったお客さんですな」
そこには痩せた老人が一人
老人「はて?どこかであいましたかな?」
ギル「じっと見られると照れるぞ・・・」
ゴル「なにげにフースーヤーに似てててびっくりだ」
バッツ「ホームシックはそこまでにして、ここで死人を生き返らせる方法があると聞いたんだけど
なんとかなりそうか?この薄赤い奴なんだが」
ギル「どーもー」
老人「ぱっと見モンスターの様だが仲間かい?」
バッツ「違います」
ギル「OTL・・・」
バッツ「友達だ、こんなきもいアシュラマンでも1000レス行くまでがんばりたいし
こいつ死んだままだとスレタイが変わってしまうからな」
ギル「おぉぉ!!バァーッツ(感動の涙)」
クラ「クラウドとバッツ&ゴルさんの摩訶不思議大冒険などいかがだろうか?(ボソッ)」
ザクザクザクザクザクザクザク
ゴル「(おお!クラウドの体に10本くらい剣がささっとる、私もメテオくらいしといたほうがよいのだろうか?)」
老人「君らの愛とボケは理解した。本当なら貴重品な上に消耗品だからタダではあげられないんだが」
バ・ギ・ゴ・ク「うんうん!」
老人「特別にあげよう。君らには何らかの縁を感じる。それにそこのアシュラマン」
ギル「ギルガメッシュだ」
老人「そのメガワロッシュはラヴォスによる一撃が原因のようだからな」
ギル「OTL・・・(またか・・)」
バッツ「何でそんな事わかるんだ?」
老人「それはだな・・・ワシが時の番人だから・・・かな」

461 :7/11:2006/06/18(日) 03:30:19 ID:iWlsAAJp0
老人「その先はガルディア王国の未来に繋がっておる、そこに死の山ってとこがあるそこの先で君らのプチワロッシュへの友情が試される。心から生き返らせたいと願えば奇跡は起こる」
ギル「(せめてメガにして・・・)」
バッツ「まぁーやれるだけやってみよーぜ!」
ポイッポイッポイッ
老人「ちょっ!!あーあー、最後まで説明を聞かないとはせっかちな奴らじゃ。4人だが、一人は死人だからなんとかなるかな?・・・消える前になんとかなればいいんだがのぅ」

バッツ「ガタガタガタガタガタガタ・・・」
クラ「ガタガタガタガタガタ・・・ゴルサン・・・・ファイアシテクレナイカ?」
ゴル「・・・ファイア(ボフン)」
クラ「あつ!!あつあつあつ!!」
バッツ「おお!あったかい!ナイスゴリさん」
ゴル「ナイス私!今こそパワーをファイアに!!」
クラ「あつあつあつあつあつあ!!やばい!死ぬからやめれ!!」
ジューーッ・・・・プスプス・・・
バッツ「ガタガタガタ・・ゴリサンニハツメヨロシク・・・」
ゴル「ガタガタ・・ウム、パワーをファイア・・・」
クラ「やめれ!つーかこの寒さは異常だな」
ゴル「(ギルがさらに影が薄くなったんだが気のせいか?)」
バッツ「その洞窟にはいろーぜ!!俺らまで死んでしまいそうだ。寒さ対策はそこで考えよーぜガタガタ」
コツンコツンコツン
バッツ「ふぅ、多少はましになったな」
ゴル「枯葉やらなんやらを集めてきたぞ、偉いぞ私」
ギル「ゴルさんファイア宜しく」
ゴル「うむ!ファイア!」
クラ「おお!あったかい!」
バッツ「こうやって焚き火で服乾かしてると思い出すなぁー濡れ濡れファリス」
ギ・ゴ・ク「ぬれぬれ!!」
バッツ「もうね・・アレはずるいね、軽く見えてた」
ギ・ゴ・ク「詳しく聞きたい!!」

462 :8/11:2006/06/18(日) 03:32:23 ID:iWlsAAJp0
アーロン「賢者殿、あの四人組はうまく行きそうですか?」
老人「説明も聞かずに行ったからな、正直厳しいな」
アーロン「・・やはいな、奴らは説明書は読まないタイプだろう」
老人「間に合いそうかな?」
アーロン「時間との勝負でしょうな」

ギ・ゴ・ク「ハァハァ・・・ファリスタンモエーー!!」
バッツ「ハァハァ思い出したら俺も大興奮だ!よし今の熱を帯びた俺らなら寒さなんか怖くない!」
ギル「俺らの燃えるパワーを見せてやる!!」
ゴル「ですとも!!やりましょう!!」
クラ「(ハァハア・・ファリスタン・・スマナイ、エアリス)」
燃える闘魂で4人は洞窟を抜けるとそこは・・・
ビューーービューーー
台風のような吹雪だった
萎える4人
バッツ「どうしようか?」
クラ「メテオで山ごと吹き飛ばそう」
ゴル「しかし、行かねばならぬ!ギルガメッシュの為にも」
バッツ「ああ!ココまできたんだ!やってやろうぜ!」
ギル「みんな・・・ありがとう!!」
クラ「(ツッコミも無しですか、スルーですか・・・どうもありがとうございました)」
ビュービュー
ギル「ん?おい!今風が弱いぞ!!」
バッツ「よしいまだー!!つっこめー!!」
ビューーーービューーーーー!!
バ・ギ・ゴ・ク「ウボァーーーー!!」

463 :9/11:2006/06/18(日) 03:35:39 ID:iWlsAAJp0
ギル「いててて・・・ありゃ?また風が弱まったぞ」
クラ「定期的に強くなったり弱くなったりしてるな」
バッツ「おい!この先にも洞窟があるぞ!!」
ゴル「では、一気に駆け抜けて洞窟で休むとしよう!!」
バッツ「ああ!!一気に決めよう」
バッツの手にみんなが手を置く
バッツ「いくぜーーー!!」
ギ・ゴ・ク「おおおぅ!!」
バッツ「ファリスターーーーン!!」
ギ・ゴ・ク「もえぇぇぇぇぇーーーーー!!!」


464 :10/11:2006/06/18(日) 03:36:36 ID:iWlsAAJp0
クラ「ガタガタガタガタガタガタ・・・」
バッツ「ガタガタガタガタガタ・・・ゴリサン・・・・ファイアシテクレナイカ?」
ゴル「・・・ファイア(ボフン)」
クラ「あつ!!あつあつあつ!!」
バッツ「おお!あったかい!ナイスゴリさん」
ゴル「ナイス私!今こそパワーをファイアに!!」
クラ「コピペはやめれ!!しかもまた俺が焼かれてるし」
ギル「何回も戻されたり木にぶつかったりしたからなぁ」
ゴル「気持ちは満身創痍デストモ・・・」
バッツ「とはいえあと一歩みたいだな、頂上が怪しすぎるぜ!!」
ギル「モエ話は他にないのか?」
バッツ「・・・意外とな、ないんだ・・・」
クラ「俺が女装した話なんかどうだ?かなり萌えるらしいが」
-3度
ギル「周囲の温度が下がった!!」
クラ「OTL・・・」

ズシン・・・ズシン・・・ズシン・・・
ゴル「・・私の予感では、何か恐ろしいものが近くにいる気がしますぞ」
バッツ「それは予感ではない、ゴリさん・・・あんたの真後ろにいる」
ゴル「・・・・わかってはいたが、嘘だと思いたいところです」
ギル「こいつぁ・・・」
クラ「どうしたギルガメッシュ」
ギル「・・・・俺を吹っ飛ばした奴だ!!」
ギャオーーーン!!!
バッツ「ギルの敵討ちだ!!」
クラ「久しぶりにかっこいいとこ見せてやる」
ゴル「今こそパワーをメテオに!!」
ギル「あんときよりかなり小さいが気に食わないから切る!!!」
4人連携「ミックステトラ」→プチラヴォスの殻→反撃→針乱れ飛ばし
「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー!!」

465 :11+1/11:2006/06/18(日) 03:38:46 ID:iWlsAAJp0
バッツ「まぁ・・なんだかんだで」
ギル「なんとか倒したんだが」
クラ「け・・けつが痛い・・ピンポイント攻撃とは・・・」
ゴル「(また幽体離脱してる状態な訳だが・・)」
ギル「負傷者が二名、内一名は重症だな」
バッツ「一応死者がいるんだが、そこは突っ込まないとして、レイズ、ケアルガ」
ゴル「私は意外とタフなような気がしてきたよ」
クラ「ケアルでは心の傷まで治せないとは・・・フッ・・(スマナイエアリス)」

バッツ「頂上は静かだな・・・」
ゴル「意外と寒くない・・・」
ギル「この木・・不思議な感じがするな」
クラ「ライフストリームに近い感じだ」
バッツ「ギル、意外とお前の元上司かもよ」
ギル「冗談はよせ、鬱になりそうだ」
クラ「・・・ちょっギルガメッシュおまえかなり薄くなってるぞ」
バッツ「!!やばいかもしれん!!死者が歩き回れるのは制限時間付きか?」

アーロン「死者がうろつきまわれる世界はスピラのみだ、早くしないとワロッシュは異界でも時空の狭間でもない
別の場所・・無の世界に消えてしまうぞ!!」
バッツ「アーロン!!どこだ!!」
アーロン「時の賢者の力を借りて声だけを送っている。俺も行きたいが、俺が消えてしまう
今お前たちがすべきことを思い出せ!やるべきことはひとつだ!もう時間が無いぞ」

466 :11+2/11:2006/06/18(日) 03:45:11 ID:iWlsAAJp0
バッツ「クロノトリガーー!!なんとかしやがれバカヤロー!!」

モヤモヤモヤ・・・
ゴル「なんか空気がおかしいぞ!!やばい気がする」
クラ「何だこのモヤモヤは!次元の狭間のものじゃない!なんか違う!!来るのか!!奇跡が」
バッツ「クロノトリガーーー!!ギルガメッシュを生き返らせろー!!」

ピシッピシピシ・・・・・・・
パリン・・・

ギル「!!!」
バッツ「なっ!!」
クラ「あ!!」
ゴル「!!」


467 :11+3/11:2006/06/18(日) 03:46:22 ID:iWlsAAJp0
クラ「ばかな・・」
ゴル「私が暗黒道を進んだためか・・・クリスタルと同じで光は戻らんのか・・」
バッツ「ちょっw冗談よせよ!!なんだよこの不良品!!ガセネタ?ニセモノ?ふざけんなよじじい!!」

ギル「・・・ばかやろー!泣くなよ、俺は今、激嬉しいぞ!最高の友達を持った!死んだ今になって確信したんだが俺はおまえらに会えてよかった!最高だぞおまえら!ナイスなダチだ!」
バッツ「ギル・・・」
ギル「クラウド!寝言で色んな女の子の名前出てたぞ、今後気をつけろ」
ギル「ゴルさん!たまにはバロン城にかえれ!弟さん大変そうだぞ」
ギル「バッツ!名前書くときパンツって書くのよしたほうがいいぞ、いい大人なんだから
後、人妻はやめとけ!後々面倒だぞ!あとカメいじめんなよ!」
バ・ゴ・ク「(うぜぇ・・)」
ギル「でもな!大好きだぞおまえら!!ぜってーーー俺のこと忘れるなよ!!」
バ・ゴ・ク「いくな!!!俺も大好きだ!!死ぬな!消えるなバカワロッシュ!!」
モヤモヤモヤ・・・

468 :11+4/11:2006/06/18(日) 03:47:48 ID:iWlsAAJp0
賢者「間に合ったな」
アーロン「奴らは奇跡を起こす事が出来る、無限大の可能性の塊だ」

太陽が月に隠れ皆既日食が起こった次の瞬間

バッツ「なっ・・・ここは?」
クラ「ギルガメッシュ!!それにあのでかいのは!!」
ゴル「さっき戦った奴にそっくりだ!!それになんでここ全員止まってんだ?」
バッツ「わかったぞ!!ここがギルがやられた場所でクロノトリガーの力で止めてるんだ!」
クラ「歴史を変えるぞ!!ゴルさん!ギルを安全な場所へ!」
ゴル「もちろんですとも!!」
バッツ「モヤモヤだ!!グッタイミング飛び込め!!」
セイ!デヤァー!イェア!!

モヤーン
バッツ「いたた、ここは・・さっきの山か」
クラ「ギルガメッシュは!!」
ゴル「アレを見ろ!!ギルの魂が体に取り込まれている」
スゥゥゥゥ・・・
ギル「お!!おや!!俺の影が元に戻った!!つーか生きてる!!」
バ・ゴ・ク「やったーーーー!!!!」

469 :11+5(ラスト)/11:2006/06/18(日) 03:49:51 ID:iWlsAAJp0
アーロン「あなたがクロノトリガーを簡単にくれるとは思わなかった」
賢者「まったく知らない訳じゃないしな、あの一瞬ワロッシュの姿が見えたんでね、運命かなって思ってな」
アーロン「まったくうるさいのがまた部屋に来る事になる、残念だ」
賢者「嬉しいくせに」
アーロン「うるさいのは隣のブラスカ様だけで十分だ」
その頃ブラスカは・・
「(ハァハァ・・ユウナタンゴメン)リュックタンモエーーー!!」


ギル「つーかさ!!どうやって次元の狭間に戻るんだ?」
クラ「あっ・・」
ゴル「モヤモヤがもう見当たらないですとも」
バッツ「俺やだぞこの山下るの」
バ・ゴ・ク「なんとかしろよ!ギルガメッシュ」
ギル「ウワァーン!みんな嫌いだー!」

クロノトリガー編 完

470 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 03:51:14 ID:O1mNVVj20
前スレからずっとクロノ編を待ちわびていましたが、
まさか職人さんの投下にかちあうとは思ってませんでした。
しかも、クロノトリガー屈指の名シーンを持ってくるとは!職人さんGJです。

471 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 03:55:59 ID:pEWLMD7X0
クロトリ編キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
職人さんすげええええええ!GJ!
すごい(・∀・)イイ!!
またクロトリやりたくなってきたー!

472 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 04:02:59 ID:7Tio5ny8O
こんな時間に大長編乙!スゲー楽しかった!
場面が目に浮かぶなあ…クロトリやりたくなった。
つか、真面目な話の最中に「ワロッシュ」で
読んでるこっちもワロッシュだよw

473 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 11:31:25 ID:mQc9brse0
GJ!
ブラスカ・・・・

474 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 12:31:13 ID:nfiVA9yoO
なにげに色んなトコに伏線隠れてて色んな再発見がある!大作GJ!!
クロノ達との絡みもみたいもんだ!

475 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 14:28:08 ID:UrrTtL1v0
ギルガメッシュの名前がまともに呼ばれていない件について
アーロン・・・でかい機械か・・・・・・・・・ヴェグナガンw

ギルがなんか上手い具合に締めたなw GJですた

476 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/18(日) 18:18:05 ID:TCF6eurA0
バッツとギルガメッシュの友情を久しぶりに見たよ

477 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/19(月) 20:10:29 ID:ZyBT5y1e0
乱れ飛ぶGJ! 
職人さん、あんた>>432かい? スゲーよ、コネタてんこ盛り。

こんな名作が出る可能性があるから、閉じ込めスレが全滅するほど廃れなけりゃ
3モヤモヤまで続いて欲しい。 2モヤモヤはクラとゴルさんと別れる迄の流れでも良いよ。


478 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/20(火) 00:19:33 ID:u6Mc/NOj0
ゴルさんと別れるとは。
あの人はもういったんは帰ったんだぞ?

479 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/20(火) 00:40:28 ID:xhqYTxGvO
ベリーベストオブチャンピオンスレinバッツ&ギガワロッシュとゆかいな仲間達モフモフ♪









さ〜て来週のぎがわロッシュは〜♪

1.ギルガメッシュが犬公とチェ〜ンジしちゃう♪

2.バッツが亀とであったら 人妻諦める〜?

3.クラウドのセルフ寒く てシバァ凍りあの片キレる

の三本です☆

BYデストモ

480 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/20(火) 04:05:35 ID:EaJN8iCHO

お前が書いたらええやん


しかも、来週のサザエさんか?

おもんねwww

ぜってぇ観ねぇwww

481 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/20(火) 12:30:44 ID:xhqYTxGvO
♂は見なくていいよ〜

ここの職人さんいいよん♪面白ければなんでもOKだよー☆

482 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/20(火) 18:15:07 ID:TvqO4DcL0
誰かと接触しないかな・・・・・・?

483 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/21(水) 07:27:14 ID:hdGvNrh40
>>482
俺も接触に期待ksk

484 :1/13:2006/06/21(水) 21:51:59 ID:hRM/8rXX0
今だバッツ達4人は死の山にいた
バッツ「ガタガタガタガタガタガタ・・・」
ギル「ガタガタガタガタガタ・・・シンデイタカラワカラナカッタケド・・・コンナニサムカッタンダナ」
クラ「ガタガタガタガタガタ・・・ゴルサン・・・・ファイアシテクレナイカ?」
ゴル「・・・ファイア(ボフン)」
クラ「あつ!!あつあつあつ!!」
バッツ「おお!あったかい!ナイスゴリさん」
ゴル「ナイス私!今こそパワーをファイアに!!」
クラ「ちょ!!これ3度目!!いいかげんにしろー!!」
バッツ「騒ぐなよ、雪崩が起きるだろ」
ギル「ぬぉ?オイ?これなんだ?」
バッツ「小さな穴が開いてるな、ブラックホールか?」
ゴル「ぬ!ギルガメッシュの剣がひかっとるぞ」
クラ「思いっきり偽って書いてある俺の剣じゃねーか、光ってんのはマテリアか?」
バッツ「よーわからんが、なんとなくその剣で穴開いてみたらどーだ?」
ゴル「あ!私もおんなじ事考えた、何かありそうな感じがするデストモ」
ギル「ヘイヘイ・・・壊れないだろーな・・」
ムニョーーーン
クラ「おっ!いい感じに開けている」
ゴル「今こそギルガメッシュにパワーを」
バッツ「やっておしまい!!」
ムニョニョニョーーーン
ギル「おお!いい感じで大きな穴が出来た」
バッツ「不思議なのは球状で、裏側から見ても同じなんだよな」
ギル「時空の裂け目みたいなもんか?」
クラ「オカルトな話だな実は比較的興味があるんだが、UFOとか」
トウゥ!セィ!デヤァー!
クラ「ちょ!!またスルーですか!!つーか危険は無いのか?」
イェア!!

ムニョーーーーーン

485 :2/13:2006/06/21(水) 21:52:37 ID:hRM/8rXX0
賢者「今頃ヤツラは何してるんじゃろのー?」
アーロン「おおかた、モヤモヤに入って元に戻ったか。もしくは噂のゲートにでも飛び込んだんですかね」
賢者「いやぁーゲート無理じゃろ!ありゃあジール王国の秘宝が無きゃ無理だわ」

バ・ギ・ゴ・ク「ウボァァァァァァァーーー!!」
ギル「なんかやばそよ!!なんか!!モヤモヤと違うし」
クラ「すげーひっぱられてるぅぅぅーーー」
バ・ゴ「軽く気持ちよくなってるんだが・・」
ウボアァァァァァァーーーーーー

賢者「・・・まぁー仮にゲートに入ったとしたら、もう一組の時の旅人クロノ達が正した歴史をこわしてしまうかもなぁー」
アーロン「まぁーありえないなら大丈夫だろ、さて俺は洗濯を済まさなきゃならんから帰るが、賢者殿も暇になったら、たまには酒の相手をしてくれ。今回の件礼を言う」

バッツ「人妻の匂いがする!!!こっちだ!!」
ギル「マジかよ!!じゃあ俺も」
クラ「おれもー」
ゴル「うう、鎧が重いなぁ」

ウワァァァァァァーーーン 

486 :3/13:2006/06/21(水) 21:54:41 ID:hRM/8rXX0
バッツ「・・・イテテ・・・」
ギル「おおう!!剣が剣が!!」
クラ「うるせえなぁ・・」
ゴル「どこだ?ここは?」
見渡す限りの森林
バッツ「おおおお!!!」
クラ「どうしたバッツ、おおおおおお!!」
ギル「あれ!?マジでねぇー!!トロの剣が!!貴重なのに!!」
ゴル「ハァハァハァ!!」
バッツ「水浴びの美女ハァハァしかも俺の人妻レーダービンビンですよ!」
クラ「うそぉ!!かなり若いみたいだがすでに誰かのモノなの」
ギル「ちょ!!よく見たら源氏もねーし!!」
バッツ「オーーーーーーーくさーーーーーーーーん!!!」
ダダダダダダダダダ!!!!
クラ「ちょwwバッツ!!」
ゴル「見境無いくらい飢えてたがあれほどとは!!ほぼ水の上を走ってる!!」
人妻「きゃぁぁぁぁぁーーー!!」
ギル「ちょ!!マジないんすけどっ・・ってこらぁー!!ちょっとは手伝え!」
バッツ「のあぁ!!!!」
人妻「キャァァァァァァーーー!!!」
ジャリーA「ケーツケーツケーツ」
ジャリーB「チーチチーチチーチ」
バッツ「うぉぉぉ!なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!」
ゴル「モンスターが人妻を!!」
クラ「ハゥゥ・・・(前かがみ)スマンエアリス・・・・」
ギル「モンスターが俺の装備をぉぉぉーー!!!」


487 :3+1/13:2006/06/21(水) 21:55:19 ID:hRM/8rXX0
バッツ「・・・・」
ギル「・・・・」
ゴル「お・・おいバッツ?」
クラ「ギルも・・・おい大丈夫か?」
ギル「・・・・ユルサン」
バ・ギ「ハジメテデスヨ・・・ワタシヲココマデコケニシタオバカサンタチハ・・・」
「ユルサン!!!ユルサンゾォォォォォーーーー!!!」
クラ「何だこの気は!!」
ゴル「(ボゥン!!)スカウターが壊れた!!」
バ・ギ「・・・・ミナゴロシダァーーー」
ク・ゴ「ガタガタガタガt・・・(洒落になんないくらい怒ってる)」


488 :4/13:2006/06/21(水) 21:56:05 ID:hRM/8rXX0
ゴル「(おい!!クラウド!なんとか気持ちは抑えれたが)」
クラ「(うむ、俺のアルテマウエポンとゴリさんの秘蔵のカメでなんとか抑えているが)」
バッツ「(カメナデナデ)かならず助け出すあの素敵なレイディーは」
ギル「(ケンキュッキュッ)ああ、俺の血肉のような剣と源氏、必ず助ける」
クラ「しかしどこに行ったかもわからんのにか?」
バッツ「俺が後先も考えないと思うか?」
ク・ゴ「(十分後先考えていないが)何か手があるのか?」
バッツ「あの気品あふるるレディーは女王様だったらしいホレ」
ギル「探し人かぁー、王様の嫁さんともなれば捜索隊が出るな」
バッツ「そこでだ、俺の経験上捜索隊など当てにならん、狙うは冒険者だ」
クラ「考えたな、よく考えりゃ俺ら冒険者が意外と世界救ったり、探し物探したりしてるから鼻利きそうだな」
バッツ「ああ!」
ゴル「(俺も入るのかなぁ?)」

トマ「若いのに酒おごってくれるたぁー気前がいいな、また頼むぜ!」
ルッカ「女王は西の修道院が怪しいらしいわ、行くわよクロノ」
クロノ「興味ないね」
クラ「(ビクン)!!」
ゴル「・・・クラウドがもう一人いる・・・」
バッツ「世界にはそっくりさん3人いるらしいが・・・」
ギル「似てるな・・・」
バッツ「・・・西の修道院か・・・」
ギル「尾行開始だな」
クラ「きょ・・きょ・・興味ないね・・」
ゴル「・・・・・」
バッツ「・・・無理に言わなくてもいいんだぞ」
クラ「・・・・・・(涙)」
ギル「・・・・・」

489 :5/13:2006/06/21(水) 21:59:07 ID:hRM/8rXX0
ルッカ「(スチャッ)誰!!?」
ギル「いやいや!ばれた?」
ルッカ「ばれるも何もあんた目立ちすぎよ、モンスター?」
バッツ「おしいな、アシュラマンだ」
ギル「ちょwバッツ!!おま」
ルッカ「モンスター・・・・じゃないのね、何の用なの?」
ゴル「私達は旅の正義の味方、女王様を助けに行くところだ」
バッツ「人妻・・じゃなく女王様を助け出す目的は一緒だろ一緒に行こうぜ」
ギル「こう見えても、皆歴戦の勇者だ、強いんだぜ」
ルッカ「・・・怪しいわね、どう思うクロノ」
クロノ「いいんじゃないか」
バッツ「お!うちのクラちゃんより物分りいいじゃないか」
クラ「(非常に納得いかない様子)」
ギル「決まったな、俺はギルガ・・・」
クロノ「あんたらの名前なんか知らなくてもいい、この仕事が終わればどうせサヨナラなんだからな」
クラ「ちょ!!それ俺の台詞」
クロノ「いくぞ」
バ・ギ・ク・ゴ「(ムカツクムカツクムカツクムカツク)」
ルッカ「(ごめん!あいつあんな性格なの許して)」
バッツ「(かなり最悪な性格だぜ)」
ギル「(俺も腹が立った)」
ゴル「(今こそパワーをメテオにしちゃっていいですか?)」
バ・ギ「(いいとも!)」
ルッカ「(ごめんね!なんか最近性格変わっちゃってさ、あんた達いい人みたいだし少しの間我慢して)」
クラ「(外から見ると俺あんな感じだったのか?)」

490 :6/13:2006/06/21(水) 21:59:47 ID:hRM/8rXX0
バッツ「んで、おまいさんたちは何で女王様助けんの?賞金かなんか?」
ルッカ「んー、信じられるかな?あたし達未来のガルバディアから来たの」
バッツ「うお!すげ!SFじゃねーか!!タイムボカンだな」
ゴル「アレの事じゃないか?モヤモヤのボールタイプのアレ」
ギル「俺の剣でこじ開けたアレか?」
ルッカ「知ってるの?それだと思うわ、あたしは個人的に今の時間軸と別の時間軸をつなぐ門って意味でゲートってよんでるわ」
ギル「ゲート・・・カコイイ・・・」
ルッカ「クロノの友達がゲートに吸い込まれたんだけど、クロノはそれを追ってこっちに来たの
それからなんだけどね、あんな感じになっちゃったの」
クラ「友達を助けるためねぇ、信じられんが」
バッツ「そうだモヤモヤもそれらしい名前付けたらどうだ?」
ゴル「ギャラクティカベツジゲーンワープスモークなんてどうでしょう?」
バッツ「なげぇ!却下」
ギル「トキメキドキドキ愛のモヤはどうだ?」
バッツ「さすがロリコン、未だにエーコを諦めきれないかアシュラマン」
ギル「エーコは関係ないだろ!!!!デモタマニハアイタイナァ・・・」
クラ「いらんこと言ってる間に修道院に付いたぞ」

バッツ「なんだ、普通の修道院じゃないか」
クラ「修道院って響きがいいよな、なんか清楚な感じで」
クロノ「やれやれだぜ、違和感に気付かないのか?ルッカあのピアノ弾いてみろよ」
ルッカ「え?なんで?」
クロノ「化けの皮はがしてやるのさ」
バッツ「ムズムズ・・・俺が!!俺がひくぅー!!!」
クロノ「やれやれ」
ネコフンジャッターネコフンジャッターネコフンズケターラヒッツイター
ゴル「おお!!隠し扉が!!」
修道士「イカセテタマルカァァー!!!ガーー!!」
ギル「来るのわかってたらー!!」
ルッカ「怖くないわよー!!」
クラウド「殲滅する!イェア!!」

491 :7/13:2006/06/21(水) 22:00:31 ID:hRM/8rXX0
バッツ「楽勝だな」
クロノ「当然だ」
カエル「まったくだ」
ギル「誰だ!!オマエ!!」
カエル「助けが必要ならと思って潜んでいたが、余りに一瞬で終わったから出番が無かった助っ人だ」
バッツ「ケロロだ」
ギル「ケロン人だ」
ルッカ「比較的気持ち悪い科に属する両生類のようね」
カエル「何だよ気持ち悪い科って・・・まぁーアレだ、女王を助けるんだろ手伝うぜ」
クロノ「余計なお世話だ両生類」
カエル「orz・・・・」
ギル「そういうなよクロノ!いいじゃないか多いほうが楽しいし」
クロノ「はいはい、アシュラマンがそう言うんなら別にいいけどね」
ギル「(やっぱこいつむかつくーーーー!!)」

テクテクテク・・・・
クラ「どうしたゴリさん?」
ゴル「いや、この世界のモンスターって意外と美人多いな」
バッツ「もはや人間じゃなくてもよくなったのか・・・哀れな・・・」
ゴル「ちょっwそういう意味じゃねーし!!モンスターが良いなんて言ってないだろ!」
クロノ「変な趣味をお持ちのようで・・これだから童て」
ゴル「ド・・ド・・童貞ちゃうわ!!」
ギル「反応はや!!」

492 :8/13:2006/06/21(水) 22:01:26 ID:hRM/8rXX0
クロノ「さて、ここまででいい、ここからは俺とルッカと両生類でやる」
バッツ「なにぃー!!さてはおの人妻を独り占めする気かぁー!!」
ギル「俺も納得行かん!俺の名刀が俺の助けを呼んでいる」
カエル「(なんとかレギュラー抜けは回避できた・・・)」
クロノ「王妃は俺が助ける、人の手は借りたくない」
クラ「・・・違うな、人を信じてないだけだ」
クロノ「!!」
クラ「お前は俺だ、昔の俺そのものだ。このまま見過ごすわけにはいかない」
クロノ「どうしたい?ってんだ」
クラ「話してわかるのか?剣で語ろうぜ」

ギル「なにやら雲行きがおかしいな」
バッツ「あのクラウドが感情的になりすぎてる感じする」
ルッカ「何をするつもりなの?」
カエル「俺の影が薄すぎる気がするんだが、俺も個性を出したほうが良いだろうか?」
バ・ギ・ゴ・ル「両生類はだまってろ!」
カエル「orz・・・」

クロノ「後で、泣いてもしらねーぞ」
クラ「俺の台詞だ」

ヒューーーーーーッツツ
「・・・・・」
クロ・クラ「殲滅する!!イェア!!」

493 :9/13:2006/06/21(水) 22:02:13 ID:hRM/8rXX0
ガキンガキンガキン
クロノ「大振りすぎるんだよ!!回転切り」
クラ「手加減してんだよ!クライムハザード」
キィーーーン
ギル「やっぱあれか?キャラがかぶってるとやっぱ消したくなるもんか?」
ゴル「ゼルに対しても多少意識してるとこあったからな、今回はかぶりすぎですから」

クロノ「お前なんで俺に突っかかる?関係ないだろ!」
クラ「関係ないよ!!でもな!見過ごせねぇんだよ!俺にそっくりだから」
クロノ「ハァ?何言ってんだ?いみわかんねーよ!」
クラ「俺と同じで、いつか大事なもん失いそうだから・・・・見過ごせねぇんだよ!」
クロノ「大事なもんなんかねーよ!!!」
ガキン
クラ「じゃあなんでココに来た?何でこの時代に来た?大事なモンあるからだろ!!」
ガチィーン
クラ「性格がどうこうじゃねーが、素直になれないから、仲間を信じられないから
大切な時に大切なモンが失われる時がある、大事なモン奪われる時がある」
クロノ「勝手な事ぬかすな!じゃあお前は何か無くしたのか!!?」
キィィィィーーーン・・・・・・・・トスン
クラ「失くした後で気付いたさ・・・・大事なモン・・・・」
ルッカ「剣が・・・あのクロノが・・・負けた」
クラ「信じろ、色んなモン、俺はもう無くしたくない。お前の大切な友達と女王は関係あるんだろ?」
クロノ「ああ・・・・」
クラ「自分一人で何でも出来ると思うな、信じろよ色んなヤツを。そしたらお前は守り続けることが出来る
仲間も、自分のプライドも」
クロノ「・・・・・」
クラ「・・・・・とりあえず殲滅するイェア」

ウボァァァァァァァーーーー

494 :10/13:2006/06/21(水) 22:07:51 ID:hRM/8rXX0
ヤクラ「ヒヒヒ、ナイス人妻、殺すにはおしいなぁーもったいないなぁー、欲しいなぁ」
リーネ「やだ!このカメ!!キモイ!」
ヤクラ「・・・いや、モンスターでも結構キモイとか言われると落ち込むんですけど・・・」

バタン!!
ルッカ「リーネ王妃!ご無事で!!」
バッツ「カメェェェーーーー!!!」
ヤクラ「あ・・ヤクラですが何か?」
カエル「リーネ王妃!我輩助けに来たであります!」
ギル「(キャラ変えやがった・・・・)」
ヤクラ「マジ?とりあえずやっておしまい!!」
ジャリーズ「イーーー!!」
クラ「雑魚は任せろ!クロノお前はカメをやれ!」
バッツ「え!?俺もアレと遊びたいんだが・・・」
ヤクラ「ヤクラですが何か?」
クロノ「わかった!頼むぞ!」
バッツ「orz・・・」
ギル「バッツが落ち込んで役に立たないからゴルさん俺たちだけで何とかしよう!」
ゴル「いいですとも!今こそパワーを俺たちに!」
ギル「クロノ達の連携を見てマネした俺たちの技、雑魚どもくらうがいい!!」
3人連携 Xメテオ
ギル「究極幻想!!!」
クラ「超究武神覇斬!!!」
ザクザク!!
ギル「ヌ・・フォォォォ・・・(ブシャア)」
クラ「イ・・エア・・・・(ブシャア)」
ゴル「ぬお!!息が合ってない二人!!XがVの所で止まりおった!!ワタシノデバンガ・・・」

クロノ「・・ナニヤッテンダヨ・・こっちはもう終わるぞ」

495 :11/13:2006/06/21(水) 22:08:34 ID:hRM/8rXX0
ヤクラ「ヤクラピーンチ、マジムカつくってゆーかー・・ある意味チャンス?」
クロノ「とどめだ!」
クラ「やばい・・・シヌ・・・ギル手加減しろよ・・・」
ギル「クラウド・・お前実は強かったのか?・・・」

ヤクラ「チャーンス!一人でも道連れにしてやりますが何か!」
ルッカ「クラウド危ない!!」
クラ「ゼエゼエ・・・え?」
ヤクラ「氏ねぇー!!」
グサッ!!
クラ「が!!」
クロノ「クゥゥ・・・(ポタポタ)」
クラ「クロノ!!おまえ!!」
ルッカ「クロノ!!」

クロノ「勘違いすんなよ、べ・・別にあんたを助ける為じゃないんだからな!転んだら偶然こうなったんだからな」
クラ「クロノーーー!!」
バッツ「カメェェェェーーー!!!」カメカメカメカメカメェーーー
ヤクラ「イヤァァァァー弄ばれてる!!一思いにやってぇぇぇぇーー!!」

496 :12/13:2006/06/21(水) 22:09:45 ID:hRM/8rXX0
母さん、元気か?父さんは一生懸命仕事をしている。
ジュニアよ、すまんお父さんは帰れそうに無いが無事大きくなって
お父さんの後をついで立派に魔王様に勤めてくれ・・・
バッツ「カメカメカメカメカメカメ!!!」
ヤクラ「らめぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーー!!!」

ルッカ「ありがとう皆さん。コレでマール王女を無事つれて帰れるわ」
ギル「つー事は、クロノの友達は王女様なのか?」
ルッカ「ええ、王妃様が死んでしまう歴史ではマール王女は存在しないの、だから私達は彼女を助ける必要があったのよ」
ゴル「そうだったのか、今こそクロノ達に祝福を!」
クロノ「べ、別に関係ないだろ」
クラ「・・・(ジィィィィーーーー)」
クロノ「なんだよ!わかったよ!!・・・ありがとう」
バッツ「照れんなよ!」
クロノ「うるさい!」
ギル「ハハ!よかったよかった!!」
ハハハハハ ハハハハハ
カエル「・・・うん、よかったね・・・ハハハ(ワガハイカゲガウスイノデアリマス)」
バッツ「おお!モヤモヤだ!モヤモヤ!!帰れるぞーーー!!」
ギル「よし!楽しかったガルディア王国での旅も終わりだな」
クラ「元気でやれよ!」
クロノ「ああ!あんたもな!」
クラ「あいつらと一緒なら問題ないさ!」
クロノ「ふふ、間違いないぜ!」
バ・ギ・ゴ・ク「また会おうな!!」
クロ・ルッカ「再開を信じてるぞ!またな!」

・・・・
カエル「マジで我輩がいなくなった事に本気で気付いていないのであります!不本意であります(涙)・・・orz・・・」

497 :13/13:2006/06/21(水) 22:10:26 ID:hRM/8rXX0
モヤモヤモヤモヤァーン
バッツ「楽しかったな、寒かったりムカついたりしたけどカメと遊べて楽しかった☆」
ギル「ホント!生き返れたしみんなの友情が嬉しかったぞ☆」
ゴル「クラウドもいい友達で来たな!最初冷や冷やしたけど、ああ言う友情も悪くないな」
クロノ「ア・・アア・・・」
バッツ「な!!」
ギル「が!!」
ゴル「おい!いつ間違えたんだよ!」
バッツ「しまった・・髪型が似てたから間違えて連れて来ちゃったのかな!」
ギ・ゴ「ちょW!!バァァァァーーツ!!」

その頃・・・
ルッカ「クロノなんかまた雰囲気変わったね」
クラ「そ・・そうか?(何で気付かないんだこの女はー!!)」

モヤモヤノサキニハ・・・
アーロン「あ・・」
バ・ギ・ゴ「あ・・」
アーロ・バ・ギ・ゴ「またか・・・・・・・」
IN 異界

ギル「・・・・剣・・・忘れちゃった・・・orz・・・」

消えた王女編   完

498 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/21(水) 22:22:17 ID:hdGvNrh40
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwまwwwwwwwwww
wwwクロノwwwwwwwwwwwwwwww
このオチはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwアリエナスwwwwwwwwwwwwwwwwwww

499 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/21(水) 22:30:10 ID:x5FM0ilhO
すげぇキラーパス!!
携帯からだがナイスGJ!!
ヤクラ…かわいいなおまえ

500 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/21(水) 23:05:15 ID:Um5cjdRZ0
クロノシリーズ第二弾への伏線もできたな

501 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/21(水) 23:35:39 ID:6gCzbao20
>ゴル「ぬお!!息が合ってない二人!!XがVの所で止まりおった!!ワタシノデバンガ・・・」

グダグダじゃないかw
素敵すぎww

502 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 01:02:23 ID:uwDh2Rys0
ヤクラに声出してワラタwwwwwwwwww

503 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 01:13:58 ID:qVq2VmaS0
一瞬[(ガルバディア)の気配が・・・。 ゴメンGJ!

俺は初めてクラウドがカッコイイと思ったよ。
Tはやってないんだが、Z関連のクラウド全然好きになれなかったしカコイイと思えなかった。
ここでのクラウドの方が絶対良い。こんなクラウドが見たかった。誰かこれを■に読ませてあげて。


504 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 02:06:26 ID:orPjBXSe0
GJ!!!
カエル放置プレイテラワロス
クロノとクラウドはひとまわり大人になった感があるのに
バッツは相変わらず人妻とカメ一直線かw

505 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 02:56:16 ID:q+GOC4Xh0
GJ!消えた王女編 完ってことはまだクロノ編自体は続くってことかえ?
時間を行き来するクロノ達とモヤモヤを移動するバッツ達って色々な
とこでからめそうですな。今から続きを楽しみしてます。
緑の夢で400年働き続けたロボのように、時間差を組み込んだストーリー期待。
ギルとか平気で何百年も生きていけそうだしw

506 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 09:53:35 ID:PLLqNSY40
やっぱここの職人さんはすげえな!
次もwktkして待ってます。GJでした!

507 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 15:36:31 ID:4YiL3tw5O
ギル「クラウドもいい友達で来たな!」

うほw黒魔法チェーンジありがとw
クロノかなり爆弾発言しそう

508 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 18:03:29 ID:y+81x87f0
クロノクロスはまだですか?

509 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/22(木) 20:11:57 ID:lXvlZf6b0
自爆したギルガメッシュの復讐が始まる…

510 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 01:25:07 ID:FugYJIfhO
大作またまたGJ!無理して自分をアピールするクラウドGJ!
大作職人様だけでは物足りないのは俺だけではないはず!小ネタ,中編色んな話作ってぜひ沢山の冒険をみたいぜ!
俺も時間作ってちゃちい話でも作ってみるよ!

511 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 01:52:06 ID:2Pq/miqD0
>>510
wktk

512 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 05:09:11 ID:ond6QbGyO
W杯よりおもろいよwww

513 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 12:17:39 ID:rkIg7pvEO
遂にクロノネタ出たかww
ドラクエ4絡みってもう出た?

514 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 18:38:34 ID:uFNKt5BF0
つーかクラとクロどうなったんだwww

515 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 21:06:47 ID:MlHbwSZd0
こんなのがあった。
http://www.hangame.co.jp/event/ptj/index.asp
いいですとも!しなかったから負けたのかな。

516 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/23(金) 21:24:06 ID:uFNKt5BF0
続編作るんなら魔法王国ジール編希望ー
…つーかカエル…もといグレン…


517 :1/4:2006/06/24(土) 01:36:38 ID:DS+FnGu10
トントントントントン・・・
バッツ「ゴリさんごはんまだー?」
ゴル「(フハハハハ・・ドウダ!イタイカイタイカ〜ヒヒヒ)」
ギル「ゴ・・ゴルさん?」
ゴル「イヒャア!!おお!!変な裏声が出てしまったぞ脅かすなよギル」
ギル「いや・・なんか包丁もってキュウリ切る姿がなんつーか・・・変なオーラが」
ゴル「いや!あの、料理が楽しくてな☆(兜かぶっててよかったー!!)」
ギル「ならいいんだが・・いつもそんな感じなのか?カルクコワイヨ・・・」
バッツ「世界一エプロンが似合わねーな」
ギル「(暗黒の大王がエプロンだもんな)」

バッツ「なぁー、クラウドどうしようか?」
ギル「クロノと間違えたままじゃ流石にヤバイよなぁ」
ゴル「あれ?クロノは?」
・・・
ギル「いないな・・・どこいったんだ?」
バッツ「ガキじゃあるまいし、このコテージの位置くらいわかるだろーさ!」
ゴル「・・・・そういえばクロノってどのくらい強いんだ?私より強いのか?」
バッツ「なんだよ急に?クラウドとタメ張るくらいだから強いんじゃない?」
ザクッ
ギル「・・・ゴルさん・・・腕が切れてるぞ・・・」
ゴル「(ブシャアア)ヌァ!!見事なほど腕が切れたー!!(ブシャシャシャシャ!!)」
バッツ「動揺しすぎだろ・・・」
ギル「(暗黒の大王が今じゃニートにアゴで使われてるからな・・・)」

518 :2/4:2006/06/24(土) 01:37:22 ID:DS+FnGu10
ドンドンドン!!アケテーーアケテーーー!!
バッツ「うるせぇなぁ、ゴルさん開けてあげて」
ゴル「いいですとも」(ガチャリ)
ギル「(ダメオヤジと苦労の多い奥さんのようだ・・・)」
バン!!勢い良く扉が開く
クロノ「ちょ!!(バン!!ガチャリ)ハァハァ」
ギル「どうしたクロノ!ボロボロじゃないか」
バッツ「なんだよありゃあ!ベヒーモスのあの群れは!!」
クロノ「ハァハァ・・新技開発してたらちょびっと当たったくらいで何か群れ成して襲ってきやがった」
ギル「バッツ!!こっちにはトンベリが見たこと無いくらい大勢で押し寄せてきてる!!」
クロノ「暇だったから石投げたら当たったみたいで、逃げてる間に群れ成してきやがった!!」
バ・ギ「・・・・(疫病神だ・・・)」
クロノ「いっくら斬っても全然効かないし、まったく何だココは?」
バッツ「いったいどこまで行ってきたんだお前は?」
クロノ「ハァハァ、え?そういや、でかい鉄で出来た丸い奴で足がたくさんあるモンスターの付近までかな?」
バ・ギ・ゴ「!!まさか!!」
クロノ「なんかヤバイ光線出してたから、即効逃げた」
キュピーーーーーン・・ゴゴゴゴ・・・・
バ・ギ・ゴ「オ・・オメガ・・・(ガタガタ・・・)」
バ・ギ・ゴ「(外に出たら瞬殺される・・・)」

519 :2/4:2006/06/24(土) 01:37:53 ID:DS+FnGu10
クロノ「それにしても、無敵ゾーンがあるとはな。とりあえず安心した。」
バ・ギ・ゴ「(あいかわらず色んな意味でムカツク奴だ)」
ギル「どーすんだよ!!ベヒーモスはともかく後の2組は絶対諦めないぞ!!」
バッツ「・・特にトンベリはな・・・」
ゴル「・・クロノ、お前あいつらに歯が立たなかったんだよな」
クロノ「残念だがあんな強いモンスター、命があっただけマシだ」
ゴル「(私にはメテオがある、クロノにはメテオが無い。私はなんとか勝てる、クロノは勝てない・・・)」
バッツ「ゴリさん、考えたってどうしようもないぜ。まぁしばらくはココでゴロゴロするしかないだろ」
ギル「(・・・根っからのニートだな)」
ゴル「・・・(ジィッ・・・・)」
クロノ「なんだよ、じっと見んなよ!」
バッツ「ゴリさーん、肩揉んでくんない?」
ギル「(・・ぐうたらを超えた傍若大王だな・・)」
ゴル「クロノ!揉んで来い!終わったら私もな」
ギル「(な!驚くべき展開!突然の先輩風!!)」
クロノ「なんで俺がそんなことしなきゃなんねーんだよ。呼ばれたのあんただろ?」
ゴル「うるさい!私は腐っても暗黒大王だぞ!お前みたいな弱者とは違うのだ!」
バッツ「どっちでもいいから早くしてくんない?」
ゴル「フハハハハ!!忘れていた暗黒道の血が騒ぐ!!痛い目を見たくなければ肩を揉め!」
ギル「(何だこのレベルの低い争いは・・・)」

520 :4/4:2006/06/24(土) 01:38:36 ID:DS+FnGu10
ゴゴゴゴゴ・・・
ギル「おいおい・・やめろよ大人気ないぞ・・」
ゴル「悪いな、男には時にやらねばならない時があるのだ!止めるなギル」
ギル「(別に良いけど・・・あんまし外を刺激しないでね・・)」
クロノ「なんか悪いもの食ったのか?コイツ?」
ゴル「指を刺すな!先輩に向かって!根性叩き直してやる!」
バッツ「肩揉みまだー?」
ゴル「氏ねぇ!!今こそパワーをメテオに!!」
ギル「ちょ!!ゴルさんダメーーーー!」
ゴル「もう遅いわ!メテェェェーーーー・・・おっ・・・右手が無いぞ・・・パワーガデナイジャナイカ・・」
クロノ「シャイニング」
ピキャーーーン!!
バッツ「ぐぅ・・・・(スヤスヤ)」
ギル「まぶし!!」
ゴル「グェアアアァァァァ!!!目がぁ・・目がぁ・・・!!」
ギル「(ゴルサン・・・サッキノコエ・・モンスターノダンマツマノヒメイニニテタヨ・・・)」
ゴル「目がぁ・・目がぁ・・・!!」
ガチャリ・・(トビラガヒライタヨ)
ゴル「目がぁ・・目がぁ・・・!!」
テクテクテク(オソトニデチャッタヨ)
ゴル「目がぁ・・目がぁ・・・!!」
ガチャリ・・カチン(ドウヤラカギヲシメラレタヨウダ)
ゴル「ううぅ、卑怯だぞ目潰しとは、恥を知れ恥を!!ダイブメガナレテキタヨ・・」
クロノ「新技完成までまだ遠いな・・・」

ジュルジュル・・クーックックック・・・ガシャーンガシャーン・・・
ゴル「・・・・ウム、現状は理解した・・・」
ジュルジュル・・クーックックック・・・ガシャーンガシャーン・・・
ゴル「・・・神よ・・・・(ゼロムスサマデモイイカラ・・)」

・・・・・
ゴル「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーー!!!!」

521 :スマン:2006/06/24(土) 01:41:05 ID:DS+FnGu10
ゴル「どうやら間違えてしまったようだ」
ギル「3/4が3番目に入るみたいだよ」
エーコ「ゴルさんったらドジね」
クロノ「哀れな・・・」
ゴル「orz・・・」

522 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 02:03:03 ID:cAa69T1x0
たった一つのコテージ
決して大きいとはいえないコテージ
その周りには複数の魔物がいる
紫の巨体 荒々しい角を持つ獣 ベヒーモス
爬虫類を思わせる体つき そのランタンは獲物を照らしつづける トンベリ
古代に造られた破壊兵器 その威力は現代においても劣る事無い オメガ
一方コテージ内には4人の男
特にやる事もない亀と人妻を愛する バッツ
上司にリストラされた武器収集家 ギルガメッシュ
脅威の生命力を持ちながらも威厳の無い闇の使者 ゴルベーザ
時の狭間より紛れ込んだ疫病神 クロノ




絶体絶命だなw

ってかゴルさん絶命中w

523 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 02:43:48 ID:rOqZwHCa0
妖怪大戦争だwwwwwwwwwwwwww

524 :1/3:2006/06/24(土) 03:03:03 ID:DS+FnGu10
バッツ「くーくー・・」
ジャクジャク!!グサッ!!グチャグチャ・・
デストモーーーーー!!!

ギル「うわっ!!・・・エグイナ・・・」
クロノ「・・・哀れな・・・(ゴメンネ・・・)」
ジャクジャク!!グサッ!!グチャグチャ・・
ギル「こっこれはみてらんない・・やばいグロ画像だ」
クロノ「・・正直スマンカッタ・・・」

バッツ「くかーくかー・・」
モコモコモコ・・・・
クロノ「キモ・・・っなんだ?バッツの枕が動いてる?」
ギル「・・・あれは!!ゴルさんの腕!!そういえばゴルさんの生命力は伊達じゃない!
腕だけからでも生き返るってローザがキモがってたっけ?」
ギ・ク「ってことは!!!」
モコモコモコ・・・
バッツ「むにゃぁ・・レナぁー俺が助けてやるぅ・・むにゃむにゃ・・・
あびりてぃ手裏剣投げるぅーーぐぅーー」
ひょい・・(ゴルさんの腕)
ギル「だぁぁぁ!!!」
クロノ「がぁぁぁぁ!!」

モコモコモコ・・ボシュン!モクモクモク・・・
ゴル「ハァハァ・・・さっきのはやばかった・・・マジやばかった・・」
ジュルジュル・・クーックックック・・・ガシャーンガシャーン・・・
ゴル「・・・・二度目?」
ジュルジュル・・クーックックック・・・ガシャーンガシャーン・・・

デストモーーーーーーーーーー!!!!!!!

525 :2/3:2006/06/24(土) 03:03:35 ID:DS+FnGu10
ギル「ハァハァ!!ハァハァ!!あれはやばい!!まじやばい!!」
クロノ「新技がゼェゼェ役に立ったハァハァ」
ゴル「・・・・(ぐったり)」
ギル「久しぶりのマジ修羅場だった・・・おそろしい」
クロノ「なんとか・・・ハァハァ助けれたな・・」
バッツ「くかぁーくかぁー・・ふぁりすたん、しぇくすぃー・・くー」
ギ・ク「・・・(コロス・・・)」

ギル「とりあえずフェニ尾フェニ尾っと・・・無い・・」
クロノ「・・・やばいんじゃないのか?」
ギル「・・・(買い込んどきゃよかった・・・ココシボウリツタカイシ・・・)」
クロノ「・・復活するとうるさいが、無きゃないでここで腐らせるわけに行かんし」
ゴル「・・・(オッ!コンカイハカワガミエルヨ、カイナッツオガココヲワタシテクレルノカイ?アリガトウタスカルヨ)」
ギル「・・・・まぁ、とりあえず素顔でも見てみる?」
ゴル「・・・(な!!強烈な悪寒が・・)」
クロノ「え?なんかあんの?」
ギル「結構長い付き合いだが、素顔を見たこと無い、ドウヤラオモシロイカオラシイヨ☆」
クロノ「きょ・・きょ・・興味・・あるよ!!見たい」
ギル「ゴルさんには悪いが、ちょいと素顔を(ワクワク)」
クロノ「・・・・(ドキドキ!髭か?髭なのか?)」
ゴル(ウヲォォォォォーーー!!バシャバシャバシャバシャ!!)
カイナッツオ(ゴルベーザサマァーーー!!サンズノカワヲオヨイデカエッテウゥゥー!)
ゴル(デストモォォォォォォーーーーーーー!!!バシャバシャバシャバシャ!!)

526 :3/3:2006/06/24(土) 03:04:10 ID:DS+FnGu10
ギル「では(ドキドキ)拝見させていただきます☆」
クロノ「なむあみだぶつ・・・(ワクワク)」
ゴル(ゴル)「デストモォォォォォォォーーーー!!(デストモォォォォーーー!!)」
ギル「ビクン!!!!」
クロノ「ひあぁぁぁぁぁ!!!!」

・・・・・
ギル「ゴ・・・ゴルさん?」
クロノ「(腰が抜けた・・・)」
ゴル「・・・・なんぴとたりとも!私の兜を取るのはユルサン!!」

・・・・
ギル「・・ご・・ごるさん・・」
クロノ「・・ひ・・髭が見えてるよ・・」
・・・・
ゴル「Я£ёд!!!!!!(言葉にならない声)」
ギ・ク「ブッボホゥ・・・ぷぷぷぷぷぅーーーーー☆」

ゴル < デストモォォォォォォォオオオオオォォォーーーーーー!!!!!!


527 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 03:27:28 ID:cAa69T1x0
ゴルサァァァァンw


わかった! 犯人はバッツだ!!

528 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 03:36:52 ID:+zc1xuClO
ギル  ←見た
クロノ ←見た
バッツ←見てない
ゴル ←見られた

バッツ哀れ…
ゴルさんもっと哀れ…

最強の短篇ギャグ二連発ですた!!GGGGJ!!
閉じ込め系お絵かき掲示板が楽しみだ!

529 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 03:50:23 ID:Y2Syq5CR0
その頃 クラウドは…

裁判長「これより開廷!」
クラウド「…」
長「今回は被告人、クロノ?が犯した、ガルディア王国王女、マールディア様の誘拐事件についてですが…」
クラ「あの…」
長「なにかね?」
クラ「俺クロノじゃn」
長「静粛に!!」
クラ「(ええエぇぇぇ!!?)…はい」
長「それでは………」
クラ「なんなんだこの国は…」

530 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 03:55:12 ID:Y2Syq5CR0
王宮裁判…台詞うろ覚え…とりあえず続けます

531 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 04:32:03 ID:Y2Syq5CR0
長「では、これより町の人にクロノ?について色々話してもらいます」
クラ「(凄い勢いでいい加減になってゆく…)」
大臣「ではまずこの人から」
ク「(誰だよあのオッサン…)」
町人「俺見たんだ!この男が王女にわざとぶつかって、ペンダントを盗もうとしてたんだ」
ク「!!!!!」
大「皆さん聞きましたか?この男は平気で盗みを働く下劣極まりない男なのです!」
ク「クロノ……」
大「張り切って次の方!ドウゾ!」
ク「(あいつうぜえWWWてかどんな裁判だよ…)」
女「私見たの…この人が連れの女の人のペンダントを勝手に売ろうとしてたの…」
大「聞きましたか!?皆さん!?窃盗が失敗すればこのような強硬手段に!!しかも狙ったのはまたしても王女のペンダント!ねちっこい!下衆ね!」
ク「(長ぇよ!てゆーかあいつオカマ?)」
長「被告人、何か言いたい事は?」
ク「あ…いや、だからおr」
長「静粛に!!」
ク「もういやだあぁぁぁぁアァ!!!」

532 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 08:31:08 ID:Rv7gPTRP0
クロノ編シリーズキボンヌという声に対して

533 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 08:35:47 ID:Rv7gPTRP0
ごめん、誤爆したので532はわすれてください

534 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 13:15:49 ID:Ww8ue9wQ0
1時間弱の仮眠から起床! 続きですー

爺「こいつがワシの弁当を食ったんですじゃ!婆さんの弁当を毎日楽しみにしておったのに!」
クラ「…(そんだけの事で裁判所来るなよ)…」
爺「1度や2度じゃないですじゃ、何度も何度も…新しく作ってもらってもすぐにコイツが食ったんですじゃ!」
ク「(…さすがに…酷いな…)」
大臣「皆さん聞きましたか!?この男人の幸せを平気で打ち砕く最低極まりない男なのです!!人としての基本すら待ち合わせて無いようです!!」
裁判長「では最後の人を…こちらにどうぞ」
ク「(…なんで俺がアイツの代わりに悪態付けられなきゃなんないんだ?…ん…?)」
 真ん中にいたのは1人の少女だ うれしそうな顔で立っている
女の子「あのね!このひとがね!あたしのネコちゃんつれてきてくれたの!」
 大「ちぃっ…な〜にやってんのよあいつら!」
ク「(…!なにやってんだ?あいつら?まさか…って何やってんのあいつ!?)」
 クラウドの視線の先にはスーツの男が少女になにかを耳打ちしている 背後には大量のお菓子 そして少女がまた喋りだす
子「あのね!そのあとにね!ちっちゃいおうちにつれてかれたの!あたしね!みのきけんをかんじてにげたの!」
ク「(買 収 さ れ たーーーーー!!!!!?)」
大「…よし…なんと被告人はこの子を自ら毒牙にかけようとしたのです!未遂で終わって本当よかったです!」
ク「悪夢だ………」

535 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 14:27:03 ID:Ww8ue9wQ0
完結・誰か繋げて〜

長「では、被告人の身の上が明かされた所で、多数決で判決を気めたいと思います」
ク「(裁判する気ねぇだろこいつら…)」
大「…有罪…有罪…有罪…有罪…有罪、5−0!満場一致で有罪に決定〜!」ワアァァァァ ピューピュー
ク「(!?何で歓声あがんの!?…はぁ……懲役何年かは覚悟しとこう…)」
長「静粛に!…被告人に判決!…王女誘拐その他もろもろ…これら合わせ死罪に値します、よって被告人には明後日に死刑を宣告します!」
ク「…!!!!!!!!!!!!!!!!!?????え…ちょ…」ワァァァァァァ ピューピュー
ク「歓声あがんなあぁー!!!!俺はクロノじゃねeむごっ」
大「連れて行け!口も塞いどけ!」バンッ
マール「ちょっと待って!」
ク「王女さま?丁度よかった!俺クロノじゃ無いんだ!証明してくれ!」   と、声にならない声でいっている
マ「…え?…あ…うん?とにかくクロノを開放してあげて!」
ク「(ちっくしょぉ〜通じねぇ〜)」
大「もう、終わったことですじゃ、ほら、さっさとつれてけ!」
マ「クロノーーーーーーッ!!!!!」
ク「むむむんむむむーーー!!!!!(俺は無実だーーー!!!!!)」

536 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 14:42:20 ID:xrxQdrh1O
ピチョン…ピチョン…ピチョン…ピチョン

ク「何で俺がこんなめに…」
兵「うるさいぞ!」ガチャガチャ
ク「……寝よ」

そして三日後

兵「最後に何か言い残す事は?」
ク「(スマナイスマナイティファ、ミンナ)」

バーン!

兵「な、なんだ!うわぁ〜」
ク「!!あんたは!」
ルッカ「助けにきたわよ!くろ…じゃなくてクラウド!」
ク「(た、助かった〜)」
ル「さ、逃げるわよ!」

537 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 14:54:00 ID:xrxQdrh1O
ル「って言うか、あんたも少しは抵抗しなさいよ!」
ク「いや、だけど…罪って許されるのか?」
ル「(うわ、何この人…)」
ル「ってかあんた何もしてないじゃん!」
ク「!!!そうだ!俺は何もしてない、何もしてないんだ!」
ク「いこうよ!みんな!」
ル「(うわ〜、こいつ天然?ま、いいや)」



ク「ん?何だこれ?」
ル「何やってんのよ!ん?どれどれ?」

ドラゴン戦車の頭部は全体を回復する。まずは頭を倒せ

ル「何かしら…これ。ドラゴン戦車?」

ゴゴゴゴゴ

ク「何だ…今の」
ル「さ…あ」

ゴゴゴゴゴ

538 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 15:16:06 ID:xrxQdrh1O
大「見つけたぞ!テロリスト」
ク、ル「!」
大「ゆけ〜!ドラゴン戦車!テロリストを始末せよ!」
ドラゴン戦車「ギャース!!」
ル「こ、これは手強そうね」

ク「確か、頭を叩くんだったな!超究武神破斬!!」
ザクザクザクザクザクザクッ
ド「あんぎゃぁぁぁ!!」
ル「ほお、中々やるじゃない!」
ク「まだか!?」
ル「後は任せて!火炎放射!!」

ド「グギャー!!!」
アボーン

大「な…ドラゴン戦車が!」
ボカーンボカーンボカーンボカーン

大「う、うわぁぁぁぁぁぁ!!」

539 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 15:22:30 ID:Ww8ue9wQ0
繋げてくれてありがとう 

…いっそこのままにしておけば?

540 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 15:26:21 ID:xrxQdrh1O
ル「今のうちよ!大臣の上を通って逃げましょう!」
ク「……」
ル「クラウド?」
ク「ククク…」

ル「ど、どうしたの!クラウド!」

ク「ククク…アーヒャッヒャッ!!」
大「うおっ!お、落ちる〜!」
ク「アーヒャヒャヒャヒャ!!」
ル「………」

ク「ヒャーッヒャッヒャッ…あー気がすんだ。さぁ行こうか」
ル「(ちょっと…ヤバイ人みたいね)え、ええ…行きましょうか…」


兵「テロリスト!みんな!こっちだ!!」
ル「くっここまで来たのに…」
マール「おやめなさい!」
兵「ま、マール様!」

541 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 15:51:56 ID:xrxQdrh1O
その頃…

バ「クラウドはどうしてんのかね〜」
ギル「以外と楽しくやってるかもな」
クロ「俺は元の世界に帰れるのか?」

ゴル「おお〜い!なんかモヤモヤ発見したぞ〜!」
バ「お、ゴリさん」
ギル「今度はどこに繋がってんのかな〜?」
クロ「俺の世界に帰れりゃいいが…」

バ「まぁ、とりあえず行ってみようぜ!」
ギル「そうだな!」
ゴル「飛び込んでみますとも!!」


バ「なんだ、ここ、森か?」

「テロリストが逃げたぞ〜!」

ギル「ん?何だ?」
クロ「マール!ルッカ!」
マ「クロノ!」

542 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 16:22:09 ID:xrxQdrh1O
ル「話は後!早く逃げましょう!」

大「追い詰めたぞ!テロリスト!」
クラ「行き止まりだ!」
マ「ルッカ!ゲートが二つあるわ!」
ギル「もう一つは…モヤモヤだな」
クロ「じゃあここでお別れだな。中々楽しかったぜ」
バ「じゃあな!」
ギル「元気でな!」
ゴル「さよならですとも!」
クラ「おい!早くしないと消えそうだ!」

バ「おっと!じゃあな!クロノ、マール、ルッカ!」
マ、ル「さよなら〜!」

543 :【1/3】:2006/06/24(土) 18:13:27 ID:IuPqEzyp0
クロノ「・・・と言う夢を見たんだが」
バッツ「クロノの悪行によりクラウドが死刑とは・・・クラウド哀れ・・・」
クロノ「しかし、最終的にはみんなの力で無事抜け出し俺もあの世界に戻れるハッピーな夢なんだよ!!」
ギル「まぁーもしそうなったとしても、クラウドなら大丈夫だろ!なんとかやるさ」
ゴリ「しかしだ!キサマはそんなに悪行を重ねていたのだな!ココデサバイテヤル」
クロノ「・・・まぁー思い当たる節はあるが・・・」
ギル「まぁーおっちゃんに話してみろ」
クロノ「あの日は、千年祭って祭りの日だったんだ。俺、刀振り回すの好きで振り回していたら
突然警備兵が追っかけてきてさ!何も悪い事して無いのにダゼ!逃げてたらいつも間にか大勢の警備兵
が追っかけてきてて、なんとか振り切ったと思ったらのど渇いたからフリードリンクコーナーでジュース飲んでたんだ。
そしたら猫ががいてさ、俺・・実はネコマニアでそのネコハラ減ってたみたいだから落し物の弁当あったから
食わせてたな。めちゃかわいくて、どっかのガキがネコ返してとか言ってきたが無視してやったくらいか?」


544 :【2/3】:2006/06/24(土) 18:14:06 ID:IuPqEzyp0
バ・ギ・ゴ「・・・・」
クロノ「そういや、ガキ泣かしてしまってて、ガキが兵隊にチクッたからまた追われて」
バ・ギ・ゴ「・・・」
クロノ「なんとかふりきったんだが、そこでマールと出合ったんだ。なんか落としたから探して欲しいって言われたから
とりあえず探したらペンダント拾ったんだ。一応裏表名前を確認したんだけど落とし主の名前書いてなかったから
店に売ろうとしたら実はマールのだったんだ!傑作だろ☆」
バ・ギ・ゴ「・・・先にマールに確認取れよ・・・」
クロノ「後は、マールがネコマニアって分かって大盛り上がり!ってこんな感じかな?」
ギル「マールって大切な奴じゃなかったのか?」
クロノ「マールに俺んちのネコ写真貸したはいいが、そのまんまゲートに飲み込まれてな写真取り返すためにマールを助け出したんだ」

バ・ギ・ゴ「よし!クロノを俺たちの力で帰してやろう!」
ギル「おう!早く帰してやらないとみんな心配してるだろうからな!」
ゴル「賛成だ!みんなの力でルッカの元に!!」
バ・ギ・ゴ「おおお!!!」
クロノ「みんな・・ありがとう!!よし!!行こう!」


545 :【3/3】:2006/06/24(土) 18:14:47 ID:IuPqEzyp0
・・・・
バッツ「(ヤバイ!こいつは周りを不幸に巻き込んでいくタイプだ!!)」
ギル「(現状でも十分に厄を呼び込んでいる!危険だ)」
ゴル「(私もやられたが、おそらくクラウドの身にも何かが!!)」
バ・ギ・ゴ「(クラウド!!はやくかえってきてぇーーーー!!)」

その頃
大「…有罪…有罪…有罪…有罪…有罪、5−0!満場一致で有罪に決定〜!」ワアァァァァ ピューピュー
ク「(!?何で歓声あがんの!?…はぁ……懲役何年かは覚悟しとこう…)」
長「静粛に!…被告人に判決!…王女誘拐その他もろもろ…これら合わせ死罪に値します、よって被告人には明後日に死刑を宣告します!」
ク「…!!!!!!!!!!!!!!!!!?????え…ちょ…」ワァァァァァァ ピューピュー
ク「歓声あがんなあぁー!!!!俺はクロノじゃねeむごっ」

以下、夢は現実になるクラウド


546 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 18:21:15 ID:zttjvMAy0
長編すごすwwwwwwwwwww
それにしてもクラウドかわいソスwwwwwwwwwwwwwwww

547 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 19:58:05 ID:MEo8Uhhk0
バッツ「あー腹減ったー…おいクロノ!お前飯作れ!」
クロノ「…はぁ!?何で俺が…」
バッツ「[はぁ!?]ってお前、ここに来てから一度も飯作ってねえじゃねえか!」
クロノ「知ったことか!」
ギル「あーあーまあまあ、ケンカは良くないぜ?クロノはここに来てからまだ1週間も経ってねぇしよ」
バッツ「十分すぎるわ!」
クロノ「チッ……おい青紫、手伝え」
ゴル「あお!?…私は黒い甲冑だと…」
ギル「あーハイハイ、いいじゃんかゴルさん、手伝ってやりなよ…あと色に関しては否定はできんぞ?」
ゴル「うぅ……イイデストモ…」

ギル「…そう言えばよぉ〜クラウド何してんだろ〜?」
バッツ「…んぁ?大丈夫だろ…あいつ強ぇーし…」
ギル「いや、そう言う意味じゃなくてだな…お…もう出来たのか?」
バッツ「うお!?マジで!?ひょーうまそ!」  もしゃもしゃ…
クロノ「あ!おい、勝手に食うなよ!」
ギ・ゴ「ならば我らも!」  もしゃもしゃ…

 HPが全回復した!

バ・ギ・ゴ「!!!!?うおスゲェ!?」
クロノ「たくよー勝手に食うなってのに…せっかく(中世の)城の料理作ってやったのに…」
ギル「…便利だな…」
バ・ゴ「…あぁ…」
クロノ「…?」

548 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 20:41:04 ID:B7DcxZym0
>>547
sageないのはわざとなのかい?
出来ればあまりageて欲しくないんだけど…。

549 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 20:49:00 ID:NTpZI1ZJO
お前どうでもヨサス

550 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 20:51:20 ID:+zc1xuClO
長編,小ネタ,リレーとなにやら徐々に盛り上がってきますたな☆
絶体絶命の四人
内一名何やら面白い髭
クロノ帰っちゃったとおもいきや,夢オチにしたてあげしかも正夢とは!!
職人様方連作GJ☆
徐々にクロノいい味出し始めたな!しかも料理が得意とは☆
厄を振り撒く男との旅!続編お待ちしております

551 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 20:55:36 ID:m56RE4RmO
職人さんいいよー!
クラウドの危機たすけろw











エーコが次元のはざまに来たらどうなるかな〜?

552 :547:2006/06/24(土) 21:20:31 ID:MEo8Uhhk0
>>548 すいません…以後控えます…

553 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 22:31:24 ID:ulKhZL1TO
誰でも失敗するから仕方ないさ、俺も半端なく叩かれた事があるからさ…分かるよ

554 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 23:22:04 ID:cAa69T1x0
>>551
前スレではアシュラマンにチョコあげてたけど・・・
気まぐれで現れるんじゃないか?

555 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 23:22:15 ID:QIxsrFX50
クラウド、バッツ、ギルガメッシュは半熟にも出てたッス
神よ、半熟もやってぇ!

556 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 01:01:57 ID:Tro/WlqC0
半熟ムズイな 王子とカト姉妹がいるからな
とりあえずクロノ編おわってからだな これ以上混ぜても…

557 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 01:28:00 ID:8FX1ASAi0
元ネタが解らない俺が着ましたよ





それでも面白いなwwwww

558 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 02:35:16 ID:0nrZx2QK0
オグニーッチ!半熟か
半熟キャラは半熟キャラと言うだけで強烈だからな。ネタとしては難しそうだね。
若喋んないし。職人さん頑張ってください

ていうかギルガメッシュ出てたっけ

559 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 10:31:51 ID:cX6CZYAE0
うっかりモヤモヤ突っ込むってのが容易に想像できんのよ…

…出すならセバスチャンかカトリイヌあたりか…

560 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 11:47:46 ID:SMvvRya7O
>>557
( ・∀・)人(・∀・ )

561 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 11:52:35 ID:LdVU/9Hc0
>>560
( ・∀・)人(・∀・)人(・∀・ )



562 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 12:54:57 ID:cX6CZYAE0
とりあえずクロノネタ

バッツ「クロノ、お前今日から1ヶ月食事当番な」
クロノ「…あぁ!?俺が!?」
バッツ「俺→ギル→ゴルさんで回っててゴルさんは丁度昨日で終わりなんだよ、だからお前が」
クロノ「…ちぇっ…わかったよ…でも俺すぐに元の世界に帰るんだからな!」
バッツ「あぁ解ってるって、朝飯よろしくなー………よしこれでOKだぜお二人さん!」
ゴル「よくやったデストモ!」
ギル「あいつの料理うめぇんだよなー」
バッツ「このまま返すのも惜しい…クラウドはあいつでうまくやってるだろ」
ゴル「結構似てるし…ほっといても大丈夫だろ」
ギル「でもいつかは助けなきゃな…」
バッツ「いいっていいって、しばらくほっとけ」
クロノ「………出来たぞ」 がちゃん
バ・ギ・ゴ「い た だ く デ ス ト モ !」

そのころ…
クラウド「ククク…アーヒャッヒャッ!!」
大臣「うおっ!お、落ちる〜!」
クラウド「ア〜ヒャヒャヒャヒャ!!」
ルッカ「………」


収拾つかなくなったらゴメン…出来れば続きヨロ

563 :勝手ながら1/5:2006/06/25(日) 18:53:50 ID:s08zOxYe0
トントントン
バッツ「おーい来客だぞー開けてやれー」
ギル「・・・外はモンスターだらけだぞ、いったい誰が来るってゆーんだ?」
ゴル「>>551がエーコが来たらとか言ってたから流れ的にエーコじゃないのか?」
ギル「エーーーーコーーーーー!!」ダダダダダダ!!!!
クロノ「(ガチャリ)うるせぇなぁ」
バン!!・・・・・ヒュルヒュル・・ヒュル・・・
クロノ「・・・・焦り過ぎだぞギル・・・勢い良くドアにぶつかってペラペラになりおって」
トントントン
クロノ「しゃーねーなぁー俺がでてやるよ・・ハイハイドナタ?」

ガチャリッ
「ヤクラですが何か?」
ガチャリカチン!

ゴル「エーコだったのか?」
クロノ「いや、間違いだったらしい」

564 :勝手ながら2/5:2006/06/25(日) 18:54:35 ID:s08zOxYe0
ギル「エーコは?エーコは?」
クロノ「ギルの探し人じゃなかったみたいだぞ」
ギル「えぇぇぇぇーー!orz・・・」
クロノ「そんなに落ち込むなよ、また来るチャンスはあるさ」
ギル「・・・・(やっぱりなんかムカつく・・・)」
トボトボトボ
ギル「ハァー・・・・」
ゴル「気を落とすなよ、ナスのテンプラが出来たから一緒に食おう」
ギル「ちょっと顔洗ってくる、すぐ戻るよ」
ゴル「・・・重症だな・・・」
クロノ「バッツ、メシだぞ」

ヤクラ「ヤクラですが何か」
ギル「・・・・・・」
ゴル「・・・・」
バッツ「カメぇーー☆かわいいなぁ!小亀か?」
クロノ「・・・・おい、どこから入った?」
バッツ「普通に窓から入ってきたぞ」
ゴル「ココはセーブポイントだからモンスターは入れないはずじゃないのか?」
バッツ「いいじゃん小さくてかわいいじゃないか☆だから入れたんだよ」
クロノ「俺的には反対だ、おいヤクラ!さっさと帰れ!今なら帰してやる」
ヤクラ「ヤクラですがそれは名前ではない!一族の名だ!」
バッツ「ほぅ、お前には名前があるのか?」
ヤクラ「ヤクラの名はWEED(ウイード)!友達のGBが付けてくれましたが何か?」

565 :勝手ながら3/5:2006/06/25(日) 18:55:16 ID:s08zOxYe0
バッツ「ウイードってのか?洒落た名前だな」
クロノ「で、ウイードは何しに来たんだ?ヨウナイナラサッサトカエレ」
ウイード「ヤクラは三代目になるんですが、初代を再起不能(リタイア)にした憎き男を倒すため旅をしてますが何か?」
ゴル「・・・・初代って?」
ウイード「伝説の魔王様にお仕えし、サーの称号を頂いた偉大なる初代様!残念ながら趣味の人妻さらいに失敗しそこで人間達と激しい戦いの後、再起不能(リタイア)となられましたが何か?」
クロ・ゴル「・・・間違いなくあのカメの事だ・・・」
ウイード「奴を!憎き『赤ワロス』を倒すために来ましたが何か?」
バ・ゴ・ク「赤ワロス・・・・」
ウイード「赤ワロスとニートの軍団、コレが初代が最後に言った言葉ですが何か」
バッツ「で、お前は旅をしてるんだな。ヨクイキテココマデコレタナ・・・」
ウイード「モヤモヤを行き来する情報を頼りに大変ですた・・・オマイラ何か知ってることあったら教えて貰いたいのですが何か?」
バッツ「マァマァ小亀、そんなこと忘れてココで暮らせ☆カワイイナオマエ」
ゴル「(オイバッツ!赤ワロスって間違いなくギルじゃねーか?)」
クロノ「(どこでどー情報が間違ったかわからんがトドメ刺したのお前だろ?イイノカヨ?)」
バッツ「(わかりゃしねーって!)」
ク・ゴ「(カメに夢中で何もかも忘れている・・・・)」

566 :勝手ながら4/5:2006/06/25(日) 18:56:10 ID:s08zOxYe0
ギル「よし!気分一新!!気持ちを入れ替えて、メシだ!!」
ウイード「抜刀牙!!」キュイン!クルクルクル
ギル「(ブシャアア)ウボアァァァァ!!」
バタリ・・・
クロノ「ギル!!オイギルーーーー!!」
ギル(返事が無い、ただの屍のようだ)
・・・
クロノ「(不意を付いたとは言え、ギルを一撃で・・・)」
ゴル「(ついにギルまでがクロノによって齎される災いに・・・)」
ウイード「やった!!父上、初代様ついにやりましたが何か!!」
バッツ「よくやったぞ!ウイード!!強いなお前!!」
クロノ「・・・と・・・とりあえず用が済んだらさっさと帰れ(小声)」
バッツ「クロノお前こそ帰れ!!こんなかわいい小亀にかわいそうだろ!!」
ゴル「(明らかにギルの方がかわいそうだろ・・・)」
クロノ「(・・・orz・・・)」
バッツ「お前さえよければ家に住まないか?大歓迎だ!!」
ウイード「ヤクラですがいいんですか?」
バッツ「いいですとも!」
ゴル「ちょwそれ私の台詞」

567 :勝手ながら5/5:2006/06/25(日) 18:56:44 ID:s08zOxYe0
ゴル「最近閉じ込め系スレでペットが人気のようだが・・・」
クロノ「無理があるだろ・・・」
ギル(返事が無い、ただの屍のようだ)
ゴル「・・・普段ならここでギルが上手い事締めるんだが・・・」
クロノ「・・・・・・屍だからな・・・」

バッツ「かわいいなぁウイード☆」
ウイード「ヤクラですが何か」

【ウイードデータ】
全長   20cm  重さ 缶ジュース並み
必殺技  抜刀牙(ガメラのように横回転で噛みつく)
使命   赤ワロス討伐(討伐完了) 

568 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 20:21:42 ID:Qx7/EGu+0
ギルやんはロリコンじゃない!無意識の内に幼女のハートを鷲掴みにしているだけなんだ!

569 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 22:21:58 ID:0NcENsFR0
そういや、エンキドゥってどうなったんだ?

570 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 23:55:47 ID:ZWOgRHsh0
>>568
幼女キラーだったか
幼い子どもになつかれやすいんだよなw

>>569
今日も次元の狭間を散歩中


かもね

571 :勝手ながら5/5:2006/06/26(月) 00:22:35 ID:gOdoks9F0
2モヤモヤー中間発表

設定状況
・とりあえず次元の狭間には閉じ込められているがモヤモヤを通じて他の世界に行くことが出来る
・現在は、セーブポイントのコテージ内に閉じ込められている(周りが妖怪大戦争の為)

メインキャラ
・特にやる事もない亀と人妻を愛する バッツ
・上司にリストラされた武器収集家 ギルガメッシュ (幼女キラー)
・脅威の生命力を持ちながらも威厳の無い闇の使者 ゴルベーザ (髭がナウイ)
・時の狭間より紛れ込んだ疫病神 クロノ (周りを不幸にする)
・クールでカッコイイが嫉妬しやすい クラウド (現在クロノトリガーの世界に閉じ込められ中)

いい味サブキャラ
・いい子 エーコ
・なにかとモヤモヤと繋がりやすい六畳間の主 アーロン
・隣で萌えてる ブラスカ

ペット
・次元の狭間をお散歩中 エンキドゥ
・コガメラ  ウイード(ヤクラ三世)

今だ未確認なモヤモヤの先
・半熟ヒーロー
・ドラクエ4
・クロノクロス

こんな感じ?職人さんお役に立ててくださいまし

572 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 00:35:11 ID:10LRFY7EO
とりあえずつっこんどくか!
コガメラ乙☆
何にせよ役立つかもね中間レポート!
クロノクロス…見てみたいがよく覚えてないから元ネタわからんかも…でも見てみたい人間の矛盾

573 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 01:18:39 ID:mstAa+tm0
前スレの出店で手に入った二代目四天王(亀一匹&金魚三尾)はどこにいったんだ?

574 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 01:38:27 ID:uUNQnrCxO
<四天王
書かれてないだけで、コテージにいるんじゃないか?

しかし神職人さん来ないな(´・ω・`)

575 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 02:54:43 ID:g/40jbcl0
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133

576 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 10:16:36 ID:Xy6ye5rOO
半熟のギガワロッシュの趣味はアイドルおっかけ。
パンツに至ってはピッキングという傍若無人ぶりを思い出した。

577 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 11:24:00 ID:x+UfDRBH0
クロノクロス…ラズリー・マルチェラ・リーア…幼女が三人…全員ギルに惚れるのか?

578 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 12:34:23 ID:PZUaPvJxO
そういえばクロスって幼女多いな


ツマルとか改良種フィオとか

579 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 13:37:54 ID:Muckuse20
>>563-567
赤ワロスワロタ
誰も突っ込んでないようだが、犬漫画ってそんなにメジャーだったか?

580 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 15:54:09 ID:OBYmHMEZO
>>577
というかキャラ自体が多い…
職人様!もし作ってくれるなら是非ともツクヨミだけは…!

581 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 18:32:16 ID:pXs4sNck0
クラウドどーなったの?まさかそのままクロノトリガーの主人公に!?

582 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:18:56 ID:Muckuse20
sagaにも絡んで欲しい。ロマでもフロでもいいから。

583 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:24:09 ID:0rWT1gas0
このスレ何でもネタにできるなwwwwww

584 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:35:40 ID:+w6IrHPB0
>>582
前スレでロマサガ2ネタあったぞ

585 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:43:42 ID:0NGJ20RRO
>>581
クラウドトリガーとか?
禿藁w

586 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:57:33 ID:sJOfnO1XO
エーコいいよエーコ
やっぱえ〜こやな〜♪

ていうか次元のはざまに人集まりすぎw

俺的には前すれでワロッシユがバッツが猫装備ニャンとかいってバッツが激しくイジル方がいいかもw

ギル「バッツ〜家にカエリタイ?」バッツ「当たりまえだ!ハーレム三人衆とボコの奥さんにあいてェ〜」
ギル「イャ〜一緒にここでエーコ待とうよ〜」
バッツ「・・・バキボコポイ」(ガチャリ)
ギル「バッツコテージからダサナイデ〜!敵いっぱいだよ〜!ぎゃあああぁぁ!」

587 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 22:07:24 ID:aBohXjCN0
埒が開きそうに無いので投下

〜森の中を逃げる3人〜
クラウド「…本当にいいのか?」
マール「いいのよ!…もうあの城には居たくない…」
クラウド「(…愛の逃避行!?……あぁぁあぁ…スマナイティファ…)」
ルッカ「…ッ…行き止まり!?」
クラウド「…あの丸いのは?」
ルッカ「ゲートね!…仕方ないわ…通りましょ!」
マール「どこに繋がっているの?」
ルッカ「解らないけど、ここより安全なはずよ!」つ[ゲートホルダー]
クラウド「!!追っ手が…止むを得んな、飛び込むぞ!!」
兵「待〜て〜〜〜!?…消えた!?」
大臣「え〜い探せ〜!!」

クラウド「…!!…もしかして…今の俺って…ハーレムパーティー!?…どうしよう…帰りたくない!」

誰か続きお願いします…この流れがヤバかったらスルーで

588 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 22:17:40 ID:3XPMAVP40
バッツとギルガメッシュ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/29637/1144214966/l100

避難所でこういう意見が出てるのですが…

589 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 22:19:30 ID:d2ubA+WT0
―小ネタ―

ギルガメッシュ「お前がバッツだな?」
バッツ「今更何を言ってるんだ? ギルガメッシュ」
ギル「みんなにはギガワロッシュとか言われてるよ・・・これからよろしく」
 ワンワンワン
バッツ「!」
エンキドゥ「ハッハッハッハッハ」
ギル「エンキドゥーッ」
 ワンワンワン
ギル「紹介するよ エンキドゥってんだ!」
バッツ「だから何を今更」
ギル「俺の相棒でな」
バッツ「唯一のか?」
ギル「利口な闘犬なんだ」
バッツ「まぁお前よりは利口だろうな」
ギル「心配ないよ! 決して人は噛まないから」
バッツ「お前は人じゃないけどな」
ギル「すぐに仲よしになれるさッ」
バッツ「ふん!」

 ボギャァァァァァ

(ギル)なッ
 ドザーッ
(ギル)エンキドゥーッ
ギル「なっ! 何をするだァーーッ ゆるさんッ!」

 ♪ダダッダダダッダダダダダダダダダダダッダダダダッ♪

590 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 22:23:46 ID:htIcx7pD0
>>577
コルチャママ?みたいなおばさんもいたよな

591 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 23:57:22 ID:xZyuj87WO
クロノトリガーって確か最大HPは999だった気がする
ってことはゴルさん昇格?

592 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 00:26:40 ID:edprhHkb0
ゴルvsクロノ攻撃力の面ではどっちが上かな?

>>571
メインキャラ
・特にやる事もない亀と人妻を愛する バッツ ()←バッツだけこれが無いので書いて欲しい。
(永遠の悪ガキ)(大人になれないニート)(いじめっ子気質)(めんどくさがり)(理不尽)等が候補に浮かびます。
もしくは()を(亀と人妻が燃料)にして本文変えるとか。




593 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 00:39:16 ID:J1c2G6VV0
(心無いニート)

594 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 01:39:24 ID:p7H6hQGE0
(永遠の無職)

595 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 13:54:23 ID:F4nCBoe8O
勝手に続けますね。
ルッカ「さぁこのゲートに飛び込むわよ」
モヤモヤー
クラ「ん?ちょっとまて…それゲートじゃn…」
マール「うっせークズだまって飛び込め!捕まるだろ」
クラ「ちょっwwwwキャラ変わりすぎwwwwww」
マール・ルッカ「はやく行けよ」
クラ「…はい」

ひゅーーー

???・??「ぐはっ!」
クラ「あぁー戻って来ちゃった(´・ω・`)さよなら俺のハーレム」
マール「何ここ…なんかの建物みたい」
バッツ「あっ!お帰りクラウド…ん?あんたらあん時の」
ギル「おっ!帰ってきたな!でもなんであの人達まで…」
クラ「かくかく…しかじか…」

バッツ「なるほどそこで死刑になりかけたところで助けてもらって、そして逃げてきたと…シネバヨカッタノニ」
ルッカ「えーまったくなんですのよ。こんなやつクロノに比べたら糞の役にもたちませんのよ」
マール「ところでクロノはどこに?」
バッツ「君の下敷きになっているのがクロノだよ」

596 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 14:24:10 ID:F4nCBoe8O
マール「えっ!」
バッツ「ちなみにルッカが潰してるのはゴリさんだ」
ルッカ「まぁ本当!」
マール「大丈夫?クロノ?クロノ?」
クロノ「君のその柔らかいお尻にしかれたなら俺は満足だ」
マール「まぁクロノったら」ポッ(///)
バッツ・ギル「こんのバカップルめ」
ルッカ「大丈夫ですか?ゴルベーザさん」
ゴル「君のそのスパナや金槌やドライバーが入った服で潰されたなら私の鎧も満足だ…」
ルッカ「まぁお上手ね」(///)
バッツ・ギル「こっちはただの馬鹿か…」
そして一時間後
バッツ「…そこで俺は言ってやったんだ!このチョコボ野郎ってな」
クラ「テラヒドスwwwww」
ギル「ん?俺ちょっとトイレ」
バッツ「紙は10pまでだぞー」
ギル「ケチンボ!」
マール「ねぇバッツもっと楽しい話聞かせてよ!」
バッツ「んー?じゃあ次は俺と愉快なハーレムの話を…」
ギル「大変だバッツ!トイレにモヤモヤが!俺の努力の結晶が異世界に!」
バッツ「なんだってー」
酔っ払ったクロノと酔っ払ったクラウド登場
クラ「おぇー気持ち悪いー」
クロノ「おなじくー」
トイレへ向かう二人そして…
一同「あっ…」
マール「…私たちはとりあえずクロノを追ってみます」
ゴル「旅にでるならこれをやろう」つ【山菜】

597 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 14:45:20 ID:F4nCBoe8O
ルッカ「ありがとうゴルベーザさん、変わりにこれを」つ【似たような名前のロボット】
ゴル「ゴンザレスか…」
マール「それじゃあバッツ、ワロス、ハゲ(仮)じゃあねー」ノシ
一同「そっちもがんばれよー」
バッツ「暇ができたらクラウドを送り返してくれよ」
ゴル「まだハゲてないんだからね!ヒゲを移植しようなんて考えてないんだから!」
ギル「あぁーまたさみしくなるなぁ(´・ω・`)」
ルッカ「ロボットなんだから我慢しなさい!」
ギル「メカじゃねーよ!」
ルッカ「あらそうなの?まぁいいわじゃあねー」
一同「元気でなー!」
ひゅーーー
ギル「いっちゃったな…」
バッツ「また三人になったな」
ゴル「懐かしいな!」
バッツ「久し振りに枕投げするか!」
ギル・ゴル「お前には負けないぞ!バッツ!」
バッツ「望むところだ!」

その頃クラウド、クロノは…
クロノ「未来のバイク楽しいーー!」
クラ「バイク最高フォーーー!」
不謹慎なことにラヴォスにより崩壊した未来の世界を満喫していた…





598 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 16:16:02 ID:3k4orr3I0
最初から見てるからかもしれないけど
やっぱりおなじみの3人が一番落ち着くは〜

599 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 16:24:35 ID:TkQFT9HN0
ゴンザレス追加か?とりあえずクロスのネタ考案中…

セルジュのキャラどうすりゃいいんだろ…別スレのジダンみたいのでいいすか?

600 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 16:44:07 ID:dydjS29l0
クロノ編が長かったからFFか、せめてDQにして欲しい…

601 :sage:2006/06/27(火) 17:13:08 ID:zcVoryZ10
とりあえず職人GJ
枕投げはほのぼのしてていいなw

602 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 17:48:16 ID:fXqoWeUnO
うほw職人さんおつかれさま!毎度毎度いいね。



物語り的に阿保二人捕まって助けにいくのも有りかも


半熟でるなら現在消滅した鉄拳もでるんだろ〜な〜
ワクワク

603 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 17:55:45 ID:TkQFT9HN0
何故かギルに惚れるカトリイヌを想像した、幼女じゃ無いのに

604 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 19:03:05 ID:awyuWD+Z0
クラウドならあのバイクレースでベストレコード出せそうだな。
ゴンザレス懐かしす。戦闘中にカラオケしてた記憶がw
GJでした。

605 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 19:10:27 ID:ZsDlPS/q0
ギルとゴンザのカラオケ大会が始まるのか…

606 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 20:16:34 ID:QGqfn1VPO
ところで、トイレのモヤモヤから異世界に落っこちた
ギルガメッシュのウ○コはどうなったんだw

607 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 20:36:08 ID:G70qV9nr0
>>606
クロノとクラウドが踏んづけました。

608 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 20:37:55 ID:AhnU+io40
>>606
荒れ果てた未来で小さな緑を育む為の肥料となる

609 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 21:36:06 ID:HSL6zr+A0
>>606
心無い天使の元へ

610 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 23:02:56 ID:uJztXd5zO
>>609
ケフカのトイレかw

611 :599:2006/06/27(火) 23:30:31 ID:AhnU+io40
クロスネタ思いついたのは良いけど、投下して良いんすか?リレー長編の悪寒…

612 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 23:36:13 ID:BxU/neRl0
>>611
避難所の意見は見たか?
それを読んで、自分で判断したらどうだろう

613 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 23:42:57 ID:wpezlbDNO
>>611
リレーって、話の収拾つけるというネタ作りの一番キモな部分を
他人に丸投げしてるみたいで好きくない。
一話完結型にはできないの?

614 :599:2006/06/27(火) 23:47:14 ID:AhnU+io40
…怖くて投下できねぇ…諦めます…

615 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 00:09:59 ID:KLhLfjs10
バッツ「よぉ〜しよしよしいい子だ」
エンキドゥ「ガゥッ!」
バッツ「いいか? コレを投げるからちゃんと拾って来るんだぞ?」
ギルガメッシュ「・・ん? バッツか? 何やってるんだ?」
バッツ「あぁ お前か 暇潰しにエンキドゥと戯れようかと思ってな」
ギル「フ なるほどな どうだ? 俺の愛犬は賢いだろう!!」
バッツ「お前よりは確実に賢いな」
エンキ「ガゥガゥッ!」
バッツ「ん? っとそうだったな 今投げるから待ってろよ〜」
ギル「まぁ遊んでやるのは構わないんだが・・・
  エンキドゥ? 主人の俺よりバッツになつくなんて事はないよな?」
エンキ「・・・」
ギル「無視か!?」
バッツ「じゃあ投げるからまずはよ〜く見ろよ〜」
エンキ「( ゚д゚ )」
ギル「・・ところで何を投げるんだ?」
バッツ「最初はゴリさんの兜でも投げようとしたけど・・・奪取するのに時間がかかりそうだったからやめた」
ギル「じゃあ何をチョイスしたんだ?」
バッツ「まぁ見てろって いいか? いくぞぉ〜・・・・・・それいっ!!」投げる:斬鉄剣
 ブッッッォォオオン!!!
ギル「!! なっ・・!」
エンキ「ガゥガゥガゥガゥッ!!」
 タタンッタタンッタタンッタタンッ・・・
バッツ「ハッハッハッハ よく飛んだな〜」
ギル「何してくれるんだこの野朗!! あれは俺のコレクションの斬鉄剣じゃねぇかよおい!!!」
バッツ「んなもん承知の上だ」
ギル「じゃあ何で・・・」
バッツ「お前も追ったほうがいいかもな 泉に落ちたりしたらエンキドゥでも無理だからな」
ギル「クッ・・・俺も行ってやる!! おいてけぼりは無しだぜエンキドゥ〜!!」
 ダッダッダッダッダダダッダダダッダダダダダダダダダダダッダダダダ・・・

616 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 00:44:33 ID:x2QtY/SVO
つなぎで枕投げの様子を書くよ。はやく神職人こないかなー(´・ω・`)
>>597の日の夜
バッツ「良し!予定通り枕投げやるぞ(`・ω・´)」
ギル「クロノが帰ってからコテージの外が静かになったから大騒ぎしても大丈夫だ!」
ゴル「神龍がオメガを足で玉転がしして運んでったのはビックリだったな」
バッツ「神龍はオメガを倒すために来たらしいからなぁ。まぁいいやゴルさん準備いい?」
ゴル「いいですとも!(`・ω・´)」
バッツ「じゃあいくぜ」
 枕 投 げ 開 始
ギル「我がライバルよ無に還るがいい!」ポイポイポイ
バッツ「なんの!魔法枕フレア乱れうち!」ズゴォー!
ゴル「出でよ!黒龍!」黒龍つ【黒い枕】
バッツ・ギル「ちょっwwwwwゴルさんの枕臭すぎwwwwww」
ゴル「おれはしょうきにもどった!!」
バッツ・ギル「ウボァーー!」
−そんなこんなで楽しい時間が過ぎていった…
バッツ「明日に備えてそろそろ寝るか」
ゴル「私の四天王を人質にするなんて(´・ω・`)エゲツナイナー」
ギル「ゴルさんが某竜騎士みたいに暴れるからだって」
バッツ「そんな事でクヨクヨしてたらハゲるぞ!電気けすよ」
一同「………zzzムニャムニャ…」
そうして次元の狭間での生活が続いて行くのでした…

617 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 01:48:45 ID:x2QtY/SVO
ネタの間に入っちゃってごめんなさい職人さん
続きドゾー

618 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 02:11:17 ID:AU8SfUY70
いや、危険な枕投げオモシロスwwww
ゴルさんちょっと鍛えられてんじゃねww?打たれ強くなってるw

619 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 02:41:04 ID:m5x8slqm0
>>614
中途半端じゃなかったらいいんじゃないの?

620 :599:2006/06/28(水) 14:16:08 ID:GYN4T3Om0
>>619
割と中途半端です、クロス・半熟ネタ考案中だけど、きっちり一話完結って難しい…

621 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 15:11:03 ID:j3nel/aL0
>>620
だったら時間がかかってもいいから
一話完結になるようネタを練ってみたらいいと思うよ。
そのほうがネタの完成度が上がって620の為にもなるはず。
普通の職人さんは大抵そうしてると思うし。

622 :599:2006/06/28(水) 15:36:25 ID:GYN4T3Om0
>>621
長編は尚更難しいです
自分普通にリレーになるオチしか思いつけないし…今回はやめときます
神が上手くまとめてくれる事を願っています

623 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 16:32:07 ID:smOaAPIfO
ゴルさんのお見合い相手はゴリ・・・イヤア、はどうなったのかな?

624 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 20:29:35 ID:R11SSiPU0
リレーも良いけど
一人で完結したほうが
まとまってて良いな

625 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 20:45:57 ID:kWG7UZ+M0
リレーはレノ・ルードスレと被るからね

626 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 00:17:01 ID:HbsPY7jRO
リレーはしない方向で。クロノ編みたいにグダグダになると
なかなか終わらなくなるし、最後締めるのが大変になる。
あと、枕投げの人GJ!ほのぼの感がでてた。

627 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 01:09:15 ID:8kJn45AQ0
グダグダとかそーゆー事をここで言うのは や め な い か?
折角避難所があるんだし。
投げっぱなしリレーはしない方向は俺も賛成なんだが。
ただ、同じ作品が続く事自体は気にしないでいいんじゃないか?
同じ作品が被ろうと、もっと気軽に職人さんに書いて欲しいし。 
599の作品も読みたいし、自信なくても神職人にパス放らず、一人で完結させて読ませて欲しい。

>>616GJ! つなぎの軽いのって和む(´Д`)

628 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 01:31:13 ID:HbsPY7jRO
>>627
確かにここで言うことじゃなかったね。スマンかった。

629 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 01:38:38 ID:8kJn45AQ0
>>629
いやいやこちらこそ偉そうにゴメン。

ゴンザレスも思い出せないのに。orz

630 :【1/15】:2006/06/29(木) 01:39:00 ID:h/ytHuFh0
 ザッザッザッザ・・・
ギルガメッシュ「いやぁ〜・・・やっぱ"歩く"っていいよな!!」
ゴルベーザ「まったくだな! 歩くのは健康にも良いと言うし・・・もう・・あれだ・・・・最高だよな!!」
バッツ「・・ったく 何で俺までウォーキングに付き合わなくちゃいけないってんだ・・・ブツブツ・・・」
ギル「別にいいだろうが! ずっとコテージに居たって腐るだけだぞ!!」
バッツ「腐るのがそんなに悪いのかよ!!」
ギル「不健康だろうが!!」
バッツ「バナナは腐る寸前が一番美味いんだぞ!!」
ゴル「バッツ・・・お前はバナナなのか? 人間としての誇りを失うなよ?」
ギル「お前は腐ったミカンか!!」
バッツ「バナナだって言ってるだろうが!!」
ゴル「・・私の発言は無視ですか? そうですか」
 ギャーギャーワーワーバナナバナナダダッダダダ・・・
バッツ「――だからバナナは南国産まれの果物なんだよ!!」
ギル「ミカンは冬場にコタツで食べるのが美味いんだよ!!」
バッツ「お前アレだぞ!? バナナと牛乳をミキサーに入れたらすごく美味いんだぞ!?」
ギル「入れただけで美味くなるわけないだろうが!!」
バッツ「"スイッチを入れる"の部分を省略したんだよ!! そんくらいもわからないのか!!」
ゴル「・・(いつまでやってんだ?)」
 モヤァン モヤァン・・・
ゴル「ん?・・・モヤモヤ?」
バッツ「よく言うだろうが!! "バナナとハチミツが恋をした"ってよ!!」
ギル「それは"リンゴ"だろ!!」
バッツ「バナナとヨーグルトとハチミツを混ぜ合わせたら無茶苦茶美味いんだぞ!?」
ギル「マジか!? 帰ったらやってみよう!!」
バッツ「ヨーグルトは全部食っちまったけどな!!」
ギル「そんなヒドイ!!」
ゴル「おいお前ら アレを見てみろ」

631 :【2/15】:2006/06/29(木) 01:39:39 ID:h/ytHuFh0
バッツ「何だゴリさん!?」
ギル「コッチは真剣に討論しあってるんだから手短にな!!」
ゴル「手短も何も"アレを見ろ"って言ってるだろうが! とゆうか一体何を討論しているのだ!?」
バッツ「んなもん"この世の真理"についてだ!!」
ギル「そうなのか!? 俺はてっきり"生命論"なのかと・・・」
ゴル「どっちでもいいわそんな事!! いいからアレを見ろ!!」
バッツ「わかったから怒んなっての!!」
ギル「アレってドレ?」
ゴル「私の指差す方向だ これをたどればラピュタに・・・」
 ジ---
 モヤヤァン モヤヤァン・・・
バッツ「モヤモヤか?」
ギル「随分と遠いな・・・にしてもゴルさんよく見つけたな」
ゴル「どうせやる事も無いんだ モヤモヤに入るのはどうだ?」
ギル「賛成だな」
バッツ「また歩くのかよ〜・・・」
 ザッザッザッザ・・・
ギル「・・ん?」
???「グルルルルル・・・バゥバゥッ!!」
???「・・・クァァァァァァ!!」
バッツ「あそこで対峙してるのは・・・」
ゴル「エンキドゥと・・・トンベリ・・・何でまたトンベリが・・・」
バッツ「どうする?」
ゴル「私としては無視して進みたい」
バッツ「異議無し」
ギル「なっ・・ちょっと待てよお前ら! 俺のエンキドゥがあんな包丁持った奴と対峙してるんだぞ!?」
バッツ「大丈夫だ エンキドゥは強いから」
ゴル「まったくだな」
バッツ「ゴリさんよりも」
ゴル「・・え!? いい勝負くらいじゃないのか!?」

632 :【3/15】:2006/06/29(木) 01:40:24 ID:h/ytHuFh0
ギル「ちょっと待てゴルさん 同等の力で満足なのか?」
ゴル「タイマンで勝負すれば私が勝つ!! ・・・・・・はず」
バッツ「まぁいいじゃん この場は見て見ぬフリって事でさ」
ギル「でも・・・」
バッツ「それにあの二匹はもうどっか行っちゃったぞ?」
ギル「なぬ!?」
ゴル「本当だ 随分と足が速いな」
バッツ「ってわけで先を急ごうではないか」
ギル「エンキドゥ・・・平気かなぁ?」
 ザッザッザッザッ・・・
 モヤモヤ・・・モヤモヤ・・・
ゴル「到着ですとも!」
バッツ「あぁ・・・確かに着いたな・・・」
ギル「でもさ・・・」
ゴル「まぁ待てギルガメッシュ 私が見つけておいてなんだがお前の疑問はもっともだ」
バッツ「あれだろ? モヤモヤの位置だろ?」
 モヤモヤ・・・モヤモヤ・・・
 ヒュゥゥゥゥゥ・・・
ギル「高いよな」
バッツ「確かに高いな」
ゴル「尋常じゃないよな」
ギル「どうする?」
バッツ「ジャンプでもしとけ」
ギル「よしゃぁ!!」:ジャンプ
 ピョンピョン・・・ッピョィィィン!!・・・スタッ ズテンッ
ギル「無理だった!!」
ゴル「着地した時転ばなかったか?」
バッツ「失敗しておきながら誇らしげに言うな」
ギル「ぅ・・・でもさ どうするんだ? 諦める?」
ゴル「ココまで来たんだからそれは避けたいな」

633 :【4/15】:2006/06/29(木) 01:40:55 ID:h/ytHuFh0
バッツ「何か道具でもあればいいんだけどなぁ〜・・・」
 キョロキョロ・・・
バッツ「・・お! 何か発見!! ・・・・・・何だコレ?」
ギル「バッツ? それ何だ?」
ゴル「おい! コッチにも何かでっかいのがあるぞ!!」
ギル「でっかいの?」
 ズ〜ルス〜゙ル
ゴル「コレだ!!」
バッツ「引きずってきたのか・・・でかいな」
ゴル「そこの茂みにあったのだが・・・バッツ? お前のは何だ?」
バッツ「コレか? 俺が知るわけ無いだろう」
ギル「パッと見"箱"だよな "?"マークが書いてあるけど・・・」
バッツ「・・まさか・・・爆弾か!?」
ゴル「何だと!?」
バッツ「まぁそれは無いだろうけどな こんな次元の狭間に何が悲しくて爆弾なんて放置するんだ」
ギル「ん〜・・・・・・叩いてみるか?」
バッツ「この"?ボックス"をか?」
ギル「まぁな 少し貸してみろ」
 コンコンコン・・・
ギル「・・何にも反応が無いな」
ゴル「もっと強く叩いたらどうだ?」
 ゴンッ ゴンッ
ギル「・・ん? 何か少しだけ反応が・・・」
バッツ「もっと強く叩け!!」

634 :【5/15】:2006/06/29(木) 01:41:41 ID:h/ytHuFh0
ギル「任せとけ!!」
 ボコッ!
 ニュニュニュニュ・・・
ギル「うお!?」
バッツ「何か出たぞ!?」
ゴル「何コレ!? キノコか!?」
 ポテッ
 ススススス〜・・・
バッツ「まずい!! 勝手に自走してる!!」
ギル「どっかに行っちまうぞ!! ゴルさん早く止めてくれ!!」
ゴル「私か!? 任された!!」
 ガシィッ
ゴル「よし! 流石は私・・・・・・ん?」
 ヒュィン
 ニョンニョンニョン・・・
ゴル「なっ・・何だ!? 何が起きた!? キノコが消えた!?」
ギル「ゴルさんが・・・でっかくなった・・・」
ゴル「マジか!?」
バッツ「・・兜だけ!!」
 デデェ〜ン!
ゴル「おっ・・重い・・・」
バッツ「・・(今このタイミングでゴリさんに衝撃を加えれば兜が・・・)」
ギル「なんてバランスが悪い・・・・・・ん? バッツ? 何でニヤニヤしてんだ?」
バッツ「・・悪く思うなよ! ゴリさん!!」
ゴル「・・・・・・え?」
バッツ「くらえぃ!!」:殴る
 バシィッ!
 ヒュンヒュンヒュン・・・
ゴル「何でいきなり殴る・・・・・・おや?」
ギル「衝撃を加えたら・・・兜の大きさが・・・戻った?」

635 :629:2006/06/29(木) 01:42:33 ID:8kJn45AQ0
>>628
しかもアンカーミス。。。重ね重ね申し訳ございません or2

ゴンザレスググっても画像見つけられなかった。

636 :【6/15】:2006/06/29(木) 01:44:37 ID:h/ytHuFh0
バッツ「・・ッチ」
ゴル「おいバッツ 何だ今の舌打ちは?」
ギル「にしても奇怪なキノコだ・・・何だったんだ?」
バッツ「でも奇怪な物はもう一つあるだろ?」
ゴル「コレか・・・」
ギル「・・何だ? コレ?」
バッツ「・・でっかい・・・バネ?」
ゴル「どちらかというとトランポリンにも見えるが・・・」
ギル「・・なぁ」
バッツ「何だ?」
ギル「このトランポリンを使えばさ・・・届かないか? モヤモヤに」
ゴル「なるほど・・・届きそうだな この大きさなら十分かもしれん」
バッツ「この"トランポリン"もさっきの"?ボックス"も"キノコ"もさ」
ギル「ん?」
バッツ「この世界では見かけない物だよな?」
ゴル「確かに 今まで見た事が無いな」
バッツ「って事は多分・・・」
ギル「あのモヤモヤから出てきたってか?」
バッツ「まぁそれしか考えられないからな」
ゴル「モヤモヤに入ればわかるんじゃないか?」
バッツ「だな ・・では行きますか!!」
ギル「行くぜモヤモヤ!!」
 グググッ・・・ッボヨォォォォン モヤヤァ〜ン・・・


 ・・・スタッ
ギル「到着!!・・・ココは何処だ?」
バッツ「俺に聞くな」
ゴル「古い・・・町か?」
バッツ「あそこに看板があるな えっと・・・・・・読めない・・・コレ何語だ?」

637 :【7/15】:2006/06/29(木) 01:45:32 ID:h/ytHuFh0
ギル「・・・・・・"モンスタウン"」
ゴル「読めるのか!?」
ギル「いや 何となく 今脳裏によぎった」
バッツ「ほほぉ」
ゴル「にしても誰も出歩いていないな・・・人が住んでいないのか?」
バッツ「まぁいいんじゃね? 特別用事があるわけじゃないし」
ギル「それもそうだな」
 ザッザッザッザ・・・
ゴル「・・む?」
バッツ「・・何だ?」
ギル「・・この感覚は?」
ゴル「この扉の向こうか?」
バッツ「行ってみる?」
ギル「おもしろそうだな!!」
 グググッ グググッ・・・
バッツ「・・開かないじゃないか!!」
ゴル「いや 私に言われても・・・」
ギル「でも変だよな 別に鍵があるわけじゃないのに」
 スタスタスタ・・・
???「アラ? お客さんなの?」
バッツ「お? この町に住んでる人・・・・・・・・・」
ゴル「どうしたバッツ? 住人が居ても不思議じゃ・・・・・・・・・」
???「どうかしました? 見慣れない格好してるけど・・・」
ギル「俺たちはただの旅人ですよ」
???「へぇ〜旅人さん? こんな辺境の町にくるなんて物好きねぇ〜」
ギル「それが旅って奴だからな ところで一つ聞いてもいいかい?」
???「何でしょ?」
ギル「この扉って鍵でもかかってるのか? 開けようとしても開かないもんで・・・」
???「扉? 確かにココには以前扉があったけど・・・でも今は無いハズよ?」
ギル「そうなのか?」

638 :【8/15】:2006/06/29(木) 01:46:17 ID:h/ytHuFh0
???「まぁ私達が開けようとしても開かない変わった扉だったからねぇ・・・」
ギル「ふぅ〜ん」
???「でも以前開けた人がいてね 確か"ぴかぴか光ってる石"か何かを持ってたような・・・」
ギル「なるほど・・・ありがとな! 参考になったぜ!!」
???「そぉ? お役に立てて嬉しいわ まっ何も無い町だけどゆっくりしてってね じゃぁね!」
 スタスタスタ・・・
ギル「いやぁ〜 随分と親切な人だったなぁ〜」
バッツ「・・・」
ゴル「・・・」
ギル「ん? どうして二人とも固まってるんだ?」
ゴル「今のってさ・・・人か?」
バッツ「どうみてもモンスターだろ」
ゴル「何でギルガメッシュは普通に会話してるんだ?」
バッツ「そんなのコイツ自身が人間じゃないからだ」
ギル「なぬ!?」
ゴル「にしてもさ・・・何だったんだ? さっきの」
バッツ「植物っぽかったよな・・・そりゃ確かにあんな感じの魔物とは今まで戦ってきたさ
  でもさ・・・あそこまでフレンドリーなのは初めてと言ってもいいかもしれん」
ゴル「私もビックリだ 何か赤いツボミっぽいのに口があって・・・」
バッツ「喋るたびに口が"パクパク"してたよな」
ゴル「何アレ? 何フラワー?」
バッツ「わかんね」
ギル「まぁいいじゃないか! この扉を開けるヒントもわかったしさ!!」
バッツ「ヒント? "ぴかぴか光る石"って何だよ?」
ギル「そうだなぁ〜・・・ゴルさんそれっぽいの持ってない?」
ゴル「私か!? ちょっと待ってろ・・・何かあるかもしれん・・・」
 ゴソゴソゴソゴソ・・・
ゴル「コレはどうだ?」
バッツ「それ生姜じゃん」
ゴル「"新生姜"だ! 甘酢漬けにすると美味いんだぞ!!」

639 :【9/15】:2006/06/29(木) 01:46:58 ID:h/ytHuFh0
バッツ「他には無いの?」
ゴル「そうだな・・・」
 ゴソゴソゴソゴソ・・・
ゴル「じゃあコレだ」
ギル「クリスタルの欠片か? 確かに透き通って輝いてるけど・・・」
 キラキラ・・・
ゴル「お?」
バッツ「反応ありじゃん! もっと扉に近づけてみろ!!」
 キラキラ・・・ピカァァァァ・・・・・・ガチャン
バッツ「開いた!!」
ゴル「流石は私!!」
ギル「じゃあ踏み込むぜ!!」
 ザッザッザッザ・・・

 バタンッ ガチャッ


 ゴゴゴゴゴゴ・・・
バッツ「何だココ!?」
ゴル「さっきまでと全然違う世界じゃないか!!」
ギル「落ち着くんだお前ら!! 呼吸を整えろ!! ヒッヒッフーだ!!」
ゴル「ラマーズ法?」
???「"誰・・だ・・?"」
ゴル「声が聞こえる!!」
バッツ「何だお前?」
???「"コチラが聞いているのだ・・・"」
バッツ「うるせぇ!! お前から答えろ!!」
ギル「何で強気?」
ゴル「さぁ?」

640 :【10/15】:2006/06/29(木) 01:47:49 ID:h/ytHuFh0
クリスタラー「"面倒な奴が来たな・・・まぁいい・・我が名はクリスタラー・・・汝らは何者だ・・?"」
バッツ「我が名はバッツ・・・」
ギル「言い方合わせなくていいから 俺はギルガメッシュだ!」
ゴル「ゴルベーザだ(・・・・・・クリスタラー?)」
クリス「"バッツ・・・ギルガメッシュ・・・ゴ・・ゴル・・・ゴルゴ・・?"」
ゴル「ゴルベーザだ! 何で間違えるのだ!!」
バッツ「ってか姿くらい見せろ!!」
クリス「"姿・・・か・・?"」
 ズズズズズ・・・
クリス「これでいいか・・?」
バッツ「貴様! ラスボスだな!!」
ギル「落ち着けバッツ! 確かにパッと見ラスボスだけどさ!!」
ゴル「この姿はどう見てもラスボスだろう 巨大だし下半身がクリスタルだし」
クリス「汝ら・・・我が姿を見て怖れないのか・・?」
バッツ「まぁな そんなんで怖れてたのは昔の話だ」
クリス「面白い人間だ・・・しかし・・人間か・・・汝ら・・どうやってこの空間に踏み込んだ・・?」
ギル「普通に扉から」
クリス「扉だと・・? おかしい・・・あの入口はもう消したハズだが・・」
ゴル「コレを使ったら開いたぞ?」
 キラキラ・・・
クリス「クリスタルか・・? なるほどな・・・汝ら・・表のワールドの住人では無いな・・?」
バッツ「お 何でわかった?」
クリス「表のワールドにクリスタルは存在しない・・まぁ・・似たような石ならあるがな・・」
バッツ「ふぅ〜ん」
クリス「で・・汝らは何用で来た・・? 力試しか・・?」
バッツ「いや 用は無いんだけどさ ってゆうか帰りたい」
ゴル「えっと・・・クリスさん?」
クリス「クリスタラーだ・・・汝・・・先ほどの事を根に持ってるな・・」
ギル「俺たちはそろそろ帰りたいのだが・・・帰る方法知らない?」

641 :【11/15】:2006/06/29(木) 01:49:37 ID:h/ytHuFh0
クリス「知るわけが無いだろう・・・大体汝らは別次元の者であろう・・? どうやって次元を超えた・・?」
ギル「"モヤモヤ"と言う・・こう・・・モヤモヤしたものを通って来た」
クリス「モヤ・・モヤ・・? コレか・・?」
 スッ
モヤモヤ「モヤヤァ〜ン・・・」
バッツ「それだ!!・・何でお前が持ってるんだ?」
クリス「汝らが来る少し前・・・この空間に現れたのでな・・迷うと思い保護しておいた・・・」
ゴル「・・(このクリスタラー優しい)」
バッツ「マジか!! それで帰れるんだ! コッチに渡してくれないか?」
クリス「ふむ・・・別に構わないが・・そうだな・・条件がある」
ギル「条件? 金か? ギルか?」
クリス「簡単な話だ・・・汝らの力を見せて欲しい・・・大分前に戦って以来暇なのでな・・」
バッツ「めんどくせぇ・・・」
ギル「大分前って・・・ココでか? 誰とだ?」
クリス「あまり覚えていないが・・・赤い帽子をかぶった男や・・何処かの王国の姫・・あとは巨大な亀に・・」
バッツ「カメ!?」
ゴル「反応するな」
クリス「青き衣の人形・・・あとは・・・綿菓子だったか・・」
ギル「・・変な奴と戦ったんだな」
クリス「まぁ中々楽しめたがな・・・で・・どうするのだ・・? ちなみに今更だが我はラスボスでは無い・・」
バッツ「どうするって言われてもなぁ〜・・・あれか? お前を倒せばいいのか?」
クリス「いやいや・・・我が腰部分にある無数のクリスタル・・この内一つを奪えばモヤモヤは渡そう・・」
ギル「結構簡単そうだな」
クリス「さぁどうする・・? 汝らの力・・我が眼前に見せてくれるか・・?」

642 :【12/15】:2006/06/29(木) 01:50:30 ID:h/ytHuFh0
バッツ「断わってもどうしようもないしな・・・まぁいっか よっしゃ! 見せてやる!!」
クリス「フフ・・・そうこなくてはな・・・行くぞ・・!!」
 ♪チャ〜ラ〜ラ〜 チャララ〜ララララ〜 チャ〜ラ〜ラ〜ラ〜ラ〜・・・♪
ゴル「・・(どっかで聞いたことあるBGMだな・・・)」
バッツ「とっとと決めて帰ってやる!!」装備:ラグナロク
 ブォンッ!
 キィンッ
クリス「いい・・剣を持ってるな・・」
バッツ「止めた!?」
ギル「コッチからも行くぜ!!」装備:エクスカリバー
 ヒュォンッ!
 スカッ
クリス「間合いの詰め方も十分に良し・・」
ゴル「私も行くぞ!! 来い! 黒龍!!」召喚:黒龍
 ヒュォォン・・・ギャォォォォォォン!
 バシィッ!
ゴル「ゲッ 弾かれた!」
クリス「汝ら・・かなりの腕を持っていると見た・・・次はコチラからだ・・」
 ―フレイムストーン―
 ズゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・ッドォォン
バッツ「危なっ・・火炎球か?」
ギル「でっかいな」
ゴル「かなりの高温のようだな」
バッツ「ゴリさん・・・少し避け損ねたな? 甲冑が焦げてるぞ?」
クリス「どうした・・? もうお終いか・・?」
バッツ「ちぇっ そう簡単には行かないか」
ギル「とことん攻めるぞ!!」
ゴル「気を抜いたらヤバイですとも!!」
 キィンキィン ヒュガガガガ ズガァァァ ドンッドンッ―――

643 :【13/15】:2006/06/29(木) 01:51:18 ID:h/ytHuFh0
 ―――シャキィンッ ダダンッ ズッドォォォンッ!!
バッツ「くっそぉ・・なかなかクリスタル部分に近づけねぇ」
クリス「疲労が見えてきたな・・・限界か・・?」
ゴル「私が隙を作る! その隙に行けぇ!!」
ギル「ゴルさんが!?」
ゴル「これが私のとっておきだ! パワーをメテオに!!」魔法:メテオ
 ヒュォォォン・・・ズゥゥォォォォォォ・・・ズッガァァァァァァン!!
クリス「!? この技は・・・おもしろい 若干似たような技で返してやろう・・!!」
 ―ダークスター―
 ヒュルルルル・・・
ギル「ん? 何かが降って・・・!!」
ゴル「でっかい星が!! ってか"典型的な星型"の物が!!」
 ルルルル・・・ダダァン! ダダァン! ダダァン! ダダァン!・・・ピョイン ピョイン
ギル「グォ・・・思いっきり跳ねていきやがって・・・」
ゴル「・・ゴフッ」
クリス「フフ・・・どうだ・・? 珍しい技だろう・・?」
ギル「確かに珍しい技だ・・・でもな」
ゴル「コチラは勝機を掴んだぞ!! ・・・・・・グハァッ!」
クリス「勝機だと・・? む・・? あのバッツとかいう小僧は・・」
 スッ
クリス「・・後ろか・・!?」
バッツ「隙だらけだな」:盗む
 パキィンッ
クリス「!!!」
バッツ「へっへ〜ん コレで俺らの勝ちだな」所持品:クリスタル
ギル「ナイスだバッツ!!」
ゴル「流石ですとも!! ・・・ガフゥッ!」
クリス「ククク・・・我の負け・・か・・」

644 :【14/15】:2006/06/29(木) 01:52:22 ID:h/ytHuFh0
バッツ「そゆこと じゃあ約束どおりモヤモヤ渡してくれるか?」
クリス「あぁ・・約束だ・・・汝らはコレで戻るがいい・・・」
 モヤヤァ〜ン
バッツ「うっし! コレで帰れる!!」
ゴル「スマンが・・・回復してくれないか?」
ギル「ハイポーション飲むか?」
 ゴゴゴゴゴゴ・・・
バッツ「うお!? 何だ 地震か!?」
クリス「汝ら・・・戻るのなら早めに戻るがいい・・・この空間はもうお終いだ」
ギル「どうゆうことだ?」
クリス「汝らに負けてけじめがついた・・・我はこの空間を閉じる・・もうココに用は無いのでな・・」
ゴル「じゃあお前はどうするんだ? この空間と一緒に消えるのか?」
クリス「さぁ・・な しかし死ぬつもりは無い・・・我も別次元へ旅立つとしよう・・」
 ゴゴゴゴゴゴゴ・・・!!!
クリス「早く行け・・空間に押しつぶされても知らんぞ・・」
バッツ「じゃあ・・・俺らは行くぞ?」
ギル「また会えるのか?」
クリス「知らぬ・・・しかしもう会う気は無いがな・・」
ゴル「・・そうか」
バッツ「お前らとっとと行くぞ!! 置いてくからな!!」
ギル「なっ・・待てよバッツ!!」
ゴル「置いてくなんてひどいぞ!!」
 ダダダダ・・・モヤヤァ〜ン・・・
クリス「・・汝らにクリスタルの導きがあらんことを・・・」
 ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・!!!!

645 :【15/15】:2006/06/29(木) 01:53:16 ID:h/ytHuFh0
 ・・・スタッ
バッツ「ふぅ・・・戻ってきたな」
ギル「ココは・・・目の前にコテージが」
バッツ「何だかんだで疲れた・・・もう寝るわ」
 キラキラ・・・
ゴル「・・ん? バッツ? お前さっき奪ったクリスタル持ってきたのか?」
バッツ「お? 本当だ」
ギル「返したほうが良かったんじゃないか?」
バッツ「いいんじゃないか? コレは戦利品として貰っておこう! どうせアイツもすぐに生えるだろ!」
ゴル「生えるって・・・そりゃ私も腕とか生えてくるけど・・」
 キラキラ・・・グニュニュニュ・・・
ギル「おいバッツ! クリスタルが・・・」
バッツ「え?」
 ニュニュニュ・・・ググググッ・・・カキィン!
ゴル「変形した!?」
バッツ「おぉ・・・こりゃ変形というよりも縮まった感じだな 何かのアクセサリみたいになったな」
ギル「ふぅ〜ん 俺には"おまもり"みたいに見えるけど・・・」
バッツ「まぁいいじゃん! 俺は疲れたからとっとと寝たいんだよ!! 先に入ってるからな!!」
ゴル「クリスタラー・・・初めてなのか 初めてでないのか・・・まぁいいか 私も生姜の甘酢付けを作らなくては!!」
ギル「・・そういえばエンキドゥどうなったんだ?」
キラキラ・・・

646 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 04:19:04 ID:jsYjexYh0
マリオRPGキターーー!
職人さん超GJ!!!

647 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 07:59:27 ID:EsII0a210
神キタ―wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!
職人様GJです!

648 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 08:28:02 ID:8kJn45AQ0
エンキドゥーーーーーーーッ!
GJです。 これがマリオRPGか、知らない俺も楽しめました。

追伸:気付かずカキコミすいませんせした orz

649 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 09:59:34 ID:GrUiV0J50
マリオRPGナツカシスwwwww
設定が上手い!
職人さんGJ!

650 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 13:58:00 ID:HbsPY7jRO
職人さん超GJ!ほとばしるほどGJ!
面白かったよ

651 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 16:58:38 ID:9i6hu2P30
うを、ナツカシスwwwww
もういっかいSFCを引っ張り出す決心がついたよ(`・ω・´)

652 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 18:33:58 ID:JJSpxuFGO
ギャーギャーワーワーバナナーバナナーダッダッダダダ・・・
バスの中でテラワロッシュでしたー。
職人GJイイヨー!

まーゴリさんそろそろ月で結婚だな!

653 :クロス 1:2006/06/29(木) 19:11:51 ID:0NA76Qcp0
神GJ!決心がつきました!投下します!クロスネタですが主要キャラほとんど出ません!あしからず!

〜inコテージ〜
ギル「もう朝か…よし!行こうぜ!」
バッツ「うぅ…るせーな…ここ朝も夜も無ぇし…つーかドコ行くんだよ…」
ゴル「うぅ…なんだイキナリ騒々しい…」
ギル「ドコってエンキドゥ探しに行くに決まってんだろ!さぁ行くぜ!」
バッツ「一人で行けよ…」
ギル「トンベリと対峙してたんだぜ!心配じゃねぇのかよ!」
ゴル「私と同等の戦闘力を持っているのだ心配はあるまい」
ギル「余計心配だよ!あぁもう…一人で行くよ!」

ギル「エーンーキードゥードコだー?いるんだろー?」  シーン…
ギル「…やけに静かだな…モンスターもいねぇし…ん?アレは…」  モヤモヤ…グググ…
ギル「…モヤモヤだ…なんか様子が変だな…こっちに来てないか?」   ズズズズ…
ギル「モヤモヤが人の形に…怖えーなー…うわぁ!?こっち来た!?くっ来るなぁーーー!!!」

ドン! バン!  ギル「モヤたんに襲われたーーー!!!!」
バッツ「何だよ!うっせーな!モンスターにでも襲われたのか?」
ゴル「壁から何か来るぞ」 ズズズ…  ギル「イヤァァァァァァ!!もう来たーー!!」
バッツ「…部屋を覆ってるぞ!飲み込まれる!」   ギル「イヤァァァァ!!らめぇぇぇぇ!!」  

654 : 2:2006/06/29(木) 20:19:16 ID:0NA76Qcp0
バッツ「普通のモヤモヤと違うぞ!?…う…うわあぁぁぁぁぁ!!!」
ギル「今までの思い出が走馬灯のように…あぁ出来れば死ぬ前にもう一度エーコに会いたかったな…」
ゴル「うわぁぁぁぁぁ!!!!ローザぁぁぁぁぁ!!!許してくれぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
バッツ「誰か…助けて…手が…落ちる………………なんだこりゃ!?ギルにゴリ!?パ、パンツ!?パンツ・笑うざー!?」
ゴル「いい思い出なんか一つも無いデストモォォォォォォォ!!!!!!」

  シュバーーーーン!!

バッツ「…………うぅ…く……ここは………?」
ギル「…お……二人とも無事だな?どこだここ…崖?」
ゴル「…過去の自分を見ていた…不思議な気分だ…」
バッツ「そういや、小さい俺がお前らに字を習うのを見たんだが…まさか俺のパンツって書く癖…おま」
ギル・ゴル「ナンノコトカナソンナワケナイデショウパンツクン」
「そこまでだ!(なんだな!)(であります!)」
3人「!?」
カーシュ「過去の亡霊がいると聞いてきたが…なんだお前等?…この辺の奴じゃねーな…とりあえず一緒に来て貰おうか」
シュガール「逆らうと痛い目見るんだな」
ギル「(よく解らんが…どうする?)」
ゴル「(どうやら連行する気らしいな…あえて連れて行かれるのも手だが…)」
バッツ「痛い目見る?はぁ!?痛い目見んのはそっちだろうが!」
ゴル「…!?…馬鹿…」
カーシュ「むがががが〜この俺様に喧嘩売るたぁいい度胸だ!!かかってきな!!」
ギル「あ〜もうこの馬鹿…」
バッツ「先手必勝ォ!みだれうち!まずそこのデブ!食らえやぁ!」 強 ズバァ! 強 ズバァ! シュガ「ぐはぁー!」
バッツ「あれ?二回だけ?まあいいや!まず一人!」
ゴル「そんな事をしなくても、私にはこれがある!食らえ! メ テ オ !」PPが足りません ソルトン「こいつ馬鹿なんだな」
ゴル「…あれ?…むがががが〜よくも私を馬鹿に…行け!ギル!」  ギル「結局俺かよ…」 弱 バス! ×7 ソル「ぐはぁー!」
バッツ「あと一人だ!」

655 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 20:29:48 ID:5uO5N1g30
こ、これで終わりなのか…?それともスレに直書き?
どっちにしてもネタ書くときのマナーは守ろうよ…

656 :654:2006/06/29(木) 20:42:13 ID:0NA76Qcp0
>>655
すいません…最近ネタあまり投下してなかったので忘れてました…全部スルーしてください…すいませんorz

657 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 01:56:58 ID:TlfA5nxJO
ここは職人さんに任せて素人禁止かな〜

LV2デスを撃ちたかったの?かなりのストッパーさん
と、いうわけで




職人さんFight〜♪

658 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 12:51:00 ID:QX9Eq1h6O
バッツ「…という夢をみたんだ」
ギル「お前もかバッツ!実は俺もなんだ」
ゴル「なんとお前たちもか!」
一同「!!!」
バッツ「みんなして同じ夢をみるなんて…」
ゴル「恐ろしい夢だった…私のメテオが封印されてしまうなんて…」
ギル「俺は普通の攻撃が七回もできたけどな、弱かったけど」
バッツ「俺の乱れうちが…一体なんだったんだ…」
コテージに冷たい空気が流れる…
バッツ「まっ、まぁみんな無事だったんだからいいか?」
ギル「そ、そうだな、無事だったもんな。ははは…」
ゴル「(お漏らししてたよママン)」
ギル「朝飯にしようぜ!ハラペコだ!バッツが飯係だったはず」
バッツ「ちぇ!」
バッツは台所に向かって歩き出しそしてそこで恐ろしいものをみつけた
バッツ「壁が…!人型にくりぬかれている!夢じゃ…なかったのか!」
ギル「どうしたんd…。うわぁああ!!」
ゴル「(実まででちゃったよフースーヤ…)」
次元の狭間に来て初めての出来事に皆、怯えること以外に何もできなかった…
あの人型のモヤモヤは何だったのかそれを知るものは誰もいなかった…

悪夢編完

夏ってことで怪談っぽくしちゃいました。問題あったらスルーしてください。

659 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 13:57:58 ID:BO/v422+0
職人Sugeeeeeee!!!!!!!!!!!!!!
きれいにまとまってる
ゴルさん出しちゃだめだよーーーーーーーーー!!!!!!!

660 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 15:38:11 ID:NlXry8MrO
ゴルさんwやっぱりかわいいなww


661 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 16:04:00 ID:cNBar56V0
素人は帰れ 邪魔だ 氏ね

662 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 16:29:23 ID:q65KHbcp0
夢オチGJ!

663 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 17:58:18 ID:BO/v422+0
素人の人は
一回非難板で出した後
許可?が下りたら本スレに書くってどう?

664 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 18:25:44 ID:QX9Eq1h6O
>>663
それは俺みたいな素人にはいいかもしれないけど
神職人さんには失礼なんじゃないかな?

665 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 19:14:40 ID:uTcIEsdI0
選別するのはどうかと思うよ

666 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 19:27:42 ID:KDPqskd70
>>663
それはやりすぎじゃないか。
てか非難板ってオイ。ワラエネーヨ。

667 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 19:36:27 ID:uTcIEsdI0
避難板ならぬ非難板ね
ある意味合ってはいるな
板じゃなくてスレだけど

668 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 20:12:16 ID:isyJEEZ10
>>664
一つ言っていい?
あなたは>>658じゃないですか。
立派な職人だろw
とりあえずGJ!クロス編を悪夢編にするとはw

669 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 20:52:08 ID:kEnrlXrR0
>>663
ふつうにこのスレに直接書いちゃっていいと思うけど、
>>653-654さんみたいにちょっと自信が…っていう人は避難スレに一回投稿してみる、っていうのは全然ありだと思う。
直接書くか避難スレを利用するかは職人さんの判断にお任せで。


ちょっと遅いけど>>630GJ!
ゴルさん巨大化&パックンフラワーと普通に会話できるギルガメッシュワロス

670 :663:2006/06/30(金) 22:14:52 ID:BO/v422+0
>>669に賛成です
問題発言してすみませんでした

671 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 22:46:21 ID:qg5Nt5qJ0
クリスタルのお守りはいつかバッツを守ることだろう・・・

672 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 23:20:40 ID:Ag0EiDhu0
半熟4にギルとバッツが友情出演してた
ギルは100階ダンジョンの奥深くにいて
「ある男を待っているんだ。悪いがあんた達についていくことは出来ない」っていって
仲間にすることが出来なくて
バッツは違う惑星のダンジョンにいて
「ある敵に会いたいんだ。あいつは死んじゃいない。手伝ってくれ…頼む!」で仲間に
そしてバッツでギルの元に行くと
「ずっと待っていたぞ!来なかったらどうしようかと不安になっていたところだ!」
といって仲間になってくれる

バッツいい奴だな

673 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 23:28:46 ID:Rjt8p9xf0
>>672
これマジ!?ホントに?ガセじゃなく?

半熟やったことないけど…俄然興味が湧きました。

674 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 00:03:20 ID:Ag0EiDhu0
>>673
ってもあくまでただの将軍だよ
メインストーリーどころかサブですらない
KHのようなのを期待しているのなら警告しとく

675 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 00:11:47 ID:UHRxsxUy0
>>674
さすがにKHみたいにゲストが出張ってたら引くから、これくらいでおk!
しかしこのセリフのやりとりは…これだけでもファンにはたまらんもんがあるね。
情報トンクスです

676 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 02:06:40 ID:9xEO2rSt0
>>674
寧ろそれがカコイイ!

でも>>576

677 :1/4:2006/07/01(土) 05:37:04 ID:0gxyBriz0
ゴル「フ〜ンフン♪フ〜ンフ〜ン♪」
ギル「おっ、ゴルさん何だか上機嫌じゃないか?」
バッツ「育毛剤の効果が出始めたのか?」
ゴル「私はハゲじゃないと何度言ったら(ry」
ギル「そんなことよりゴルさん、どうしたんだ?」
ゴル「うむ…実は…」

それは3時間前…
フースーヤ「おーいゴルベーザーーー!」
ゴル「なんですとも?」
フースーヤ「お見合いの相手が決まったからまたお見合いをするぞー!」
ゴル「だが断る。このゴルベーザの最も好きな事の一つは、お見合いさせたがっている叔父に「NO」と言ってやることだ!」
フースーヤ「お前にそんな権利など無い」
ゴル「そんな酷い…大体ユカリョー子さんはどうするんですとも?」
フースーヤ「不倫をするのも一つの経験じゃろう ホッホッホッ」
ゴル(ああ…だからこの爺さん未だに子供いないんだ…)
  「そんなことより今度の相手は誰ですとも?アメーバはいくら何でも愛情が沸きませんが…」
フースーヤ「安心しろ、ご近所のバハムートさんからの紹介で相手はどうやらシルフらしいぞ」
  「シルフ側の方からお見合いしたいというお嬢さんがいるらしくてな、モルルさんと言っての、お前の写真を見たら一目惚れしたそうじゃ」
ゴル「な、何と、あの美人でかつ癒し系で有名なシルフが!?」
フースーヤ「という訳でどうするんじゃ?一応断わってもいいがのう…」
ゴル「ぜ、ぜ、ぜ、是非お見合いさせていただきますとも!!」
フースーヤ「ホッホッホッ、それは良かった。早速バハムートさんに連絡して準備してもらうとするかの」

678 :2/4:2006/07/01(土) 05:38:16 ID:0gxyBriz0
ゴル「という訳なんですとも!」
バッツ「何だってー!?あの人見知りのシルフがか!」
ギル「待て、ゴルさん!必ずしもシルフとは限らないぞ!」
バッツ「そ、そうだ!大体あのシルフが明らかに怪しい格好をしたゴルさんに惚れる訳がない!!」
ゴル「バッツ達まで酷いorz、ちゃんとモルルさんの特徴だって聴いてきたのに…」
バッツ「どんな容姿だ、言ってみろ!!」
ゴル「まず、全体的に緑色で…触覚ぽいのがあって…あまり見かけないけど飛ぶらしいですとも」
ギル(ど、どうなんだ…バッツ…)
バッツ(し、信じられん…ほとんど当てはまっている…!!)
  「ゴルさん…喜べ、そいつは本物だ!」
ゴル「や……やった!やった、やったよー!初めてーのチ(ry」
ギル「落ち着けゴルさん、初めてのチュウにはまだ早い」
ゴル「そ、そうか…とりあえずこれからお見合いの準備をするですとも! では!!」
バッツ「幸運を祈る」
ギル「ゴルさんにクリスタルの加護があります様に…」

679 :3/5:2006/07/01(土) 05:39:53 ID:0gxyBriz0
そしてお見合い…
ゴル「うう…緊張してきたですとも…」
フースーヤ「落ち着けゴルベーザ…ちゃんと言われてたアレは持ってきたか?」
ゴル「は、はい…「ルビーの指輪」と「リボン」を持ってきてあります…」
フースーヤ「うむ…バハムートさんによるとその二つは対面するには必要不可欠らしいからの…」
  「こんな女性らしいアクセサリーが必要とは、よっぽどのお嬢さんなんじゃろう…」

ズリュッズリュッ

ゴル「ど、ど、どうやら来た様ですとも……!!」
フースーヤ「障子が開くぞ…」
スーー   パタン
ゴル&フースーヤ「!!!!!!!」
モルル「………ポッ………」

(゚д゚ )(゚д゚ )
( ゚д゚)(゚д゚ )
( ゚д゚ )( ゚д゚ )
ゴル(ぬ、ぬぉぉぉこ、これは…)
フースーヤ「た…たまらん…」
ゴル&フースーヤ(臭すぎる!!!!!)
ゴル(な、な、何なんですかあの化物は!!話が違うですとも!1!!1それに息が出来ないほど臭いですとも!1)
フースーヤ(馬鹿者!相手に化物とは失礼じゃぞ。ここは冷静にかいじゅうずかんで調べるが吉じゃ!!)
ゴル(あなたも怪獣って認めているじゃないですか!!とにかく窓を開けてーーー!!)
モルル「……?」

680 :4/5:2006/07/01(土) 05:41:14 ID:0gxyBriz0
フースーヤ(シルフ、シルフと…これじゃ!)
ゴル(全然姿が違うじゃないですか!!この化物は何者ですとも!!)
フースーヤ(うるさい!黙っとれ!!! お、こいつにそっくりじゃ!!)

種族名「モルボル」 生息地「シルフの洞窟」
特徴「全体に緑色でグロテスクな配色である。頭にはメデューサの様に触覚だろうかと思われる物が多数生えている」
  「また、この種には飛ぶ種類のモンスターが少数ながらも確認されている。FF史上、最も嫌われているモンスターと言われても過言ではない」
  「その理由はモルボル族最強の技、「臭い息」に全てが込められていると言えよう。」

モルル「………(はぁと)」
ゴル&フースーヤ「…シルフの洞窟…緑色…触覚…飛ぶ…」
     「あの糞幻獣神め!!!!!」

その頃…
バハムート「ヘックシ!! ウウ、ナツカゼデモヒイテシマッタカナ…タマニハツキカラデテミタイナ…オ、ナンダコノモヤモヤハ? トリアエズハイッテミヨウカ ウワー!ナンダスイコマレル!ダレカタスケテ!!」

ゴル「ど、ど、どうするんですとも!?いまさら帰れとは言えないし!」
フースーヤ「ああ、ワシはもう駄目じゃ…」
ゴル「フースーヤ殿!クラゲになるにはまだ早いですとも…て、カエルやら混乱やら恐ろしいことになってる!!」
フースーヤ「ああ、お兄さん、あなたの長男は立派に育っていますよ」
ゴル「ああ、この人はもう駄目だ…はっ、そうだこのルビーの指輪とリボンを捧げれば!!」
  「シシガミ様よどうか怒りを静めて下され…」
モルル「………ポッ」
ゴル「おお、受け取ってくれた…これで帰って…」
ズリュッズリュッズリュッ
ゴル「帰って…」
ズリュッズリュッズリュッ
ゴル「来ないでーー!イヤーー!!黒龍助けてーーー!!!」

その頃
バハムート「ウウ、ヘンナトコロニイクトコロダッタ! イキナリヨビダシテスマンナコクリュウ」
黒龍「マッタク、キヲツケテクダサイヨ。ウチノゴシュジンモ、ナンドモコノモヤモヤニハイッテトラブルニマキコマレテンデスカラ!」

681 :5/5:2006/07/01(土) 05:42:25 ID:0gxyBriz0
ゴル「な、何で黒龍が出ない!!」
モルル「………(ビクビクッ)」
ゴル「…!ギャー!!デストモォォゥゥゥゥゥ…」


ギル「ゴルさん大丈夫かな…成功してるだろうか…」
バッツ「結婚したら紹介してくんねーかな、そうすれば一応人妻になるんだし」
ギル(友達の奥さんも喰うつもりだなんて…バッツ、何て恐ろしい子!!)
バッツ「そういやお前ゴルさんに「クリスタルの加護がある様に」って言ったよな」
ギル「そうだけど、何か悪いことでも?」
バッツ「ゴルさん、クリスタルには見放されてんじゃ無かったっけ」
  「ほら、「お前がクリスタルを使おうとも、ただ、暗黒に回帰するのみ!」やらなんとか」
ギル「あ…」
バッツ&ギル「ゴルさん…合掌」

682 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 07:26:05 ID:I07yMRfnO
朝っぱらからGJ!
最初モーグリかと思ったがこう来るとはww

683 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 12:13:50 ID:1zOWsX2a0
GJ!
しかし、ゴルさん・・・今度はモルボルですか。
カワイソ

自分も投稿してみたいけどちょっと怖いなぁ

684 :1/13:2006/07/01(土) 12:46:19 ID:1zOWsX2a0
ようし、勇気だして投下してみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴル「うう・・・なんで私ばっかりこんな目に・・・(TT)」
ギル「ゴルさん自分にデジョンかけて慌てて戻ってきたと思ったらまさか相手がモルボルとは・・・」
バッツ「さすがの俺も人妻モルボルはちょっとなぁ・・・」
ゴル「シクシク・・・」
ギル「ま、まあゴルさんもいつか良いことあるよ! 元気だせって!」
バッツ「そ、そうだぞ! きっといつかいい人がみつかるって!」
ゴル「シクシク・・・」
ギル(どうすれば元気だしてくれるかな・・・)


685 :2/13:2006/07/01(土) 12:46:55 ID:1zOWsX2a0
モヤモヤァ〜・・・
ギル「そうだよなぁ、お前も元気だしてほしいと・・・モヤモヤ、いつの間に!?」
バッツ「ついに、ゴルさんモヤモヤにまで同情されるようになったか。」
ギル「そうだ! ゴルさん、気晴らしにモヤモヤで異世界にいこうぜ!」
ゴル「シクシク・・・」
バッツ「ええい!いつまで泣いてるさっさといくぞ!!」
ゴル「シクシク・・・」

モヤャ〜ン…

…スタ!

686 :3/13:2006/07/01(土) 12:47:29 ID:1zOWsX2a0
ギル「ここは…? 随分と機械だらけの部屋だな。」
バッツ「ん?誰かいる…なんだあの全身タイツ男は!!」
???「誰だ! 侵入者か!!」
バッツ「お、俺達はべつに怪しい者じゃ」
???「この船、ブラックレイ内で全身タイツ着てない奴は大抵あやし・・・!?」
ギル「ん?ゴルさんみて反応したぞ?」

???「その紫っぽい鎧。そして全身から滲み出る負感情…もしや名のある幹部様では!?」
ゴル「シクシク…」
ギル「ゴルさん、なんか注目されてるよ?」

687 :4/13:2006/07/01(土) 12:48:08 ID:1zOWsX2a0
バッツ「負の感情って…確かにある意味当たってるけど。」
ゴル「シクシク…紫じゃないやい…黒い鎧ですとも。」
戦闘員「し、失礼しました。 しがない戦闘員でない私が幹部様に出過ぎたことを…」
ゴル「…」
戦闘員「しかし、立派な黒い鎧ですね。幹部様の姿をより格好よく
ゴル「幹部様じゃない…ゴルべーザだ。」
戦闘員「も、申し訳ありません!! 私、あこがれのブラッククロスに入って日が浅いもので。」
ゴル「そうか、最初は慣れぬものだ。気にするな。」
戦闘員「おお…なんというもったいないお言葉。
私、ブラッククロス…いやゴルべーザ様のために命を捨てて戦うであります!」
ゴル「そうかそうか、頑張るがいい・・・フハハハハ!!」

バッツ・ギル(もう立ち直ってるー!)

688 :5/13:2006/07/01(土) 12:48:56 ID:1zOWsX2a0
戦闘員「ということはそちらの二人は新型の怪人と新人戦闘員ということですか?」
ギル「怪人って俺?」
バッツ「俺、戦闘員!?」
ゴル「うむ、今日付で入った新しい戦力だ。」
バッツ「なんだとこの野郎。」
戦闘員「新人!! ゴルべーザ様になんて口を聞くんだ!!」

キック

バッツ「あいたぁぁ!?」
ゴル「まあよい、こいつも戦力と加わってから日が浅い。気にするな。」
戦闘員「そ、そうですか? まあ、ゴルべーザ様がそこまで言うなら。」
ギル(ゴルさんすっかり調子にのってる…)

689 :6/13:2006/07/01(土) 12:49:33 ID:1zOWsX2a0
ブイーン! ブイーン!
侵入者を捕らえよ!

ブラッククロス基地まで後8000MM



戦闘員「侵入者! まさか奴が!! ゴルべーザ様出動させていただきます!」
ゴル「うむ! 期待しているぞ!」
戦闘員「了解!!」

ブシューン…←自動ドアの音

690 :7/13:2006/07/01(土) 12:50:19 ID:1zOWsX2a0
ゴル「よし! 我がしもべどもよ。我々もいくぞ!!」
バッツ「誰がアンタのしも
ゴル「口答えするな!」
バッツ(…後で1回殺す!)
ギル(ゴルさんなんか楽しそう…)

ブシューン…

???「くっ、見つかったか!!」
ゴル「何奴!」
アルカイザー「俺の名はアルカイザー! どうやら四天王以外の幹部クラスのようだな。」
ギル「あ、あの光る剣ほしい。」
バッツ「なんかキラキラ光ってて目がチカチカするぜ。」

691 :8/13:2006/07/01(土) 12:50:55 ID:1zOWsX2a0
アル「だが、俺は負けない! ブラッククロスを叩き潰すまでは!!」
ゴル「フッ…いい度胸だ。 かかってくるがいい!! 
いけ!戦闘員ヒトヅマスキーと怪人アシュラブレイドよ!」」

ギル「ゴルさんノリノリだなぁ…」(アシュラブレイドって呼ばれたぁぁ! 俺カッコヨス)
バッツ「なんだよヒトヅマスキーって!!」

アル「隙あり!!」
バッツ「なっ!?」

D S C

バッツ 15293のダメージ

692 :9/13:2006/07/01(土) 12:51:34 ID:1zOWsX2a0
バッツ「ぐぼはぁー!!」

ギル「うお!? バッツが一撃!?なんだあの技は!!」
ゴル「…な、なかなかやるな! いでよ黒龍!!」



ーーーーーーーーーーーーー


バハムート「シカシヒサシブリダナ マアタマニハユックリシテイクガイイサ」

黒龍「エエデハオコトバニアマエテモウスコシオセワニナリマス」


ーーーーーーーーーーーーー



693 :10/13:2006/07/01(土) 12:52:25 ID:1zOWsX2a0
ゴル「またですともぉぉぉ!!」
ギル「ゴ、ゴルさんどうするんだよ! いくら俺でもあんな技喰らったら」


ブシューン…

メタルブラック改「そこにいたか! アルカイ…お主達はいったい?」
ゴル「うわぁぁぁ増援ですともぉぉ!!」
ギル「落ち着けゴルさん!」
ゴル「パ、パワーをメテオに! メテオにぃぃぃ!!」
ギル「ゴルさん、ここ船ぇぇぇ!!」
メタル「ぐはぁぁぁ!!」

ズドォォォォン!!


694 :11/13:2006/07/01(土) 12:53:11 ID:1zOWsX2a0
ブイーン! ブイーン!
動力部に異常発生!!
しかし、まもなくブラッククロス基地

ゴル「やっちゃった…」
アル「くっ、このままでは…脱出する! トウッ!」
メタル「グ…ま、まてアルカイザー…」

ギル「や、やばいぞ早く俺達も…」←慌てて二人を引っ張ってモヤモヤのあった場所へ


モヤモヤァ〜ン…

695 :12/13:2006/07/01(土) 12:53:49 ID:1zOWsX2a0
ギル「ふ〜、なんとか帰ってこれたか。お〜いバッツ、おきろって。」

つフェニックスの尾

バッツ「ぐ…あの野郎、それとゴルさんさっきはよくも…?」
メタル「こ、ここはいったい?」

バッツ・ギル「・・・・。」

ギル「間違えたぁぁ!!」
バッツ「どうすんだよ・・・」(チョットイイキミダ ププッ)

メタル「ぬぅ、基地に戻ったらメタルアルカイザーに改造してもらう予定だったのだが…。」
ギル「改造?」
バッツ「じゃあ、ゴルさんは…」

696 :13/13:2006/07/01(土) 12:55:44 ID:1zOWsX2a0
その頃のブラッククロス基地

Drクライン「ええい、なぜ救出したらこんな奴が、
仕方ない、貴様はメタルゴルべーザとして生まれ変わるのだぁぁ!!」

ゴル「や、やめるですともぉぉぉぉ!! ショッ○ー!!」


ブラッククロス編 完


ーーーーーーーーーーーーー

やるだけ、やってみました。
つまらなかたったらすまんOTZ

すぐ上で可愛そう言っておきながら結局ゴルさん
不幸にしちゃった^^;

697 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 13:19:30 ID:16em5ye0O
おもしろかったよ。元ネタ知らないけど。
泣いたカラスがもう笑うゴルさんに幸あれ。

698 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 13:51:22 ID:qB43FPVq0
サガフロンティア キター!

メタルゴルベーザ見てみてぇw

699 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 14:24:12 ID:sAk/mGgV0
ちょうどレッド編をクリアしたばかりだよw

700 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 14:51:10 ID:9xEO2rSt0
サガフロリクした者です、職人さんdクス&GJ
俺かなりツボにハマッタよ。
ゴルさんひと時の幸せ感じれて良かったじゃないかw

でも武人の心を持つロボット幹部メタルブラック改連れてきちゃったね。

701 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 15:35:04 ID:iCwJfi5A0
ゴルさんが黒龍を呼ぼうとした後の間が好きだw

702 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 16:30:11 ID:aa4ro0pb0
楽しんでくれる人がいて本望です。
正直ネタのためとはいえ、メタルブラック連れてきたのにはちょっと後悔OTZ
戻すネタが思いつかん・・・

703 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 16:52:28 ID:9xEO2rSt0
個人的な意見とは思うが
時間という縦軸で多重世界が構成されるクロノ以上に
リュージョンって無茶な異空間接続で横軸の多重世界構成されるサガフロは
次元の狭間と相性がいい気がするし、主役も複数だし、使いやすくはあると思う。


704 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 17:26:29 ID:oqsaSYpn0
15293ってwwwwwww
勝ち目ないじゃんwwwwwwwwwwww
敵つよすwwwwwwww

705 :1/2:2006/07/01(土) 18:59:12 ID:9xEO2rSt0
勝手ながら>>696の続き書かせてもらうね


メタルブラック改「ここは…? どのリュージョンとも違うようだが。」
バッツ「リュージョン? モヤモヤの行き先の事か?」 
メタ改「モヤモヤとは?」
ギルガメッシュ「えーと・・・カクカクシカジカ・・・です。」

 ーーーーーーーーーーーーー

メタ「戻れないのか…困った事になった…」
バッツ「てかあんた誰? 鎧くらい脱げよ。ゴルさんといい顔出さない奴多すぎる ブツブツ」
メタ「この場は身を偽っても仕方あるまい。我が名はメタルブラック、Dr.クラインによって作り出されたメカであり
ブラッククロス四天王という己を見失った愚か者の一人、これでよいか?」
ギル「四天王!(ゴルさん食いつきそうだな)」
バッツ「メカ? ロボ?? 凄いな てっきり人が入っているんかと。」
ギル「うん、あれじゃない?サイボーグ、心つーか脳は人間って漫画とか特撮とかで見るアレ。」
メタ「残念ながらサイボーグや改造人間ではない。他の四天王は改造を受けた者達だが
我が身は生まれながらに全てがメカの身だ。頭部に脳が入ってるわけでも
左右の色が違うわけでも 頭の上にひっくり返した皿みたいなのが乗ってるわけでもない。」
バッツ「う…うん、そりゃ見りゃわかる…」
メタ「古人は言った。石には石の心があると。ならば、メカにもメカの心があって然るべきだ。
だが、メカであるこの私には、自分の心が見えてこない。
心を求めれば求めるほど、己の中には心が無いことを確信することになる。これは虚しい。」

・・・・(゚Д゚)(゚Д゚)ポカーン・・・・・

706 :2/2:2006/07/01(土) 19:00:46 ID:9xEO2rSt0
タ「ぬ、礼が遅れて申し訳なかった。先程は危ういところをかたじけない、礼を申す。」
ギル「い…いやぁ当然の事をしたまでですよ ワハハ(オオッ!メズラシクレイギタダシイノガキタ)」
バッツ「お礼は飯当b(ンガックク」
ギル「(だー! いらん事ゆーな)」
バッツ「モガガー っんだよ!」
ギル「(そもそもの原因はゴルさんのメテオだからバレた時の用心に貸しは残しとくんだよ!)
バッツ「(え、そうなん? アノヴォケー)」

ギル「どうする? 適当に一緒にモヤモヤ巡ってみる?(ゴルさんの代わりの戦力になるかな?)」
メタ「むぅ…しかし話からすると思うようには辿り着けない様子。出来れば機会を待ちたいが…」
バッツ「ここに居座ってもいいんじゃね? 居候には慣れたので一人増えても別に構わないよ。ニコ(よーし上手にこき使ってやろう)」
メタ「宜しいのか!? 重ね重ねかたじけない。この恩義は必ず帰させていただきたい。」
バッツ「なーに気にすん…
ネタ「早速で申し訳ないのだが、このままいつ帰れるかわからないのであればエネルギー節約の為に機能をほぼ停止させようと思う。
センサー電源は残しておくので私が役に立てる時にはこれで呼んで頂きたい。(笛を渡す)
あとこの家屋の緊急時にも起動するように設定しておこうと思うで後は宜しく。」
バッツ「え!?」
メタ「それでは(ガシャガシャ) 失礼(部屋の隅で座禅)」

ガシャ カシュー…
ギル「あ…停止した…」
 ゲシゲシドカドカ 
バッツ「グッ…動かない」
ギル「おおっカッケー♪」
バッツ「チクショー!!!! アテがはずれたー! いらねーよこんなオブジェorz」
ギル「(この笛バッツが持ってたチョコボの笛に似てる気がする…)」


これでメタルブラック改放置しやすくなったから
使うなり使わないなりは職人さんの自由に出来ると思います
ゴルさんは・・・・思いつかないゴメン。

707 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 19:05:21 ID:9xEO2rSt0
  訂正
×恩義は必ず帰させていただきたい
○恩義は必ず返させていただきたい

メタがタになったりネタになったりしてるし orz


708 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 20:05:59 ID:iCwJfi5A0
メ タ ル ブ ラ ッ ク を 放 置 プ レ イ



(゚∀゚)

709 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 21:09:22 ID:xShfbM+LO
706
GJ!
職人さんにも嬉しいネタだな!

710 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 21:40:30 ID:vbKHliBP0
いつの間にかバツギルスレの敷居が高くなった、と感じてきた俺が居る

前スレでは結構投下して来たが、今ではなかなか投下できんな

711 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 21:54:36 ID:UHRxsxUy0
>>710
そういう話題は↓の避難所でやりませんか。


【閉じ込めスレ@避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/game/29637/
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/29637/1144214966/

712 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/01(土) 23:20:53 ID:/0gIghQc0
>>710>>711
確かに場違いだが多数の神の存在でネタ投下し難い、と言うのは事実だな、まあ、見て楽しむ事も必要だぜ?


はい、この話題は終わり終わり

713 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 03:39:33 ID:gZueACZY0
お絵かき掲示板でユカリョー子さんのイラストが投稿されてた

714 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 10:44:09 ID:QCnS8hZjO
正直戦闘関連すくなくていいかな〜

所詮バッツのコテージにメッシユと金魚と青い生き物が住み着いてるだけなので痴話喧嘩だけで笑えるし。
このあたり職人ネタがイイヨー





ということで素人禁止
半熟タマゴの鉄拳か小梅太夫より面白くなるまで修行よろしく!

715 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 11:06:07 ID:lpjncA4a0
714みたいなのがいるんじゃネタスレとしてはもう終りだな
次スレは必要ないだろ
もう誰もネタを投下なんてできない

716 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 11:17:08 ID:MHZnHt/H0
皆,気楽に行こうよ…元々そんなスレなんだから…

717 :1/2:2006/07/02(日) 12:01:07 ID:WaLhf+LPO
バッツ「…で、どうするよ?このメカ?動かないんじゃゴルさんのが役に立つよヽ(`Д´)ノ」
ギル「そんなこと言ったしょうがないじゃないか(´・ω・`)モヤモヤだって消えちゃったんだし」
バッツ「待つしかないか…」
 
その頃ゴルベーザは…
ゴル「やめるですとも!私をメカにしてもいいことないですとも!」
Dr「静かにしてなさい!」
ゴル「誰か助けて…」
???・??「(助けに来たよ!)ゾリュゾリュ…グチャグチャ…)」
Dr「なんだこの生理的に嫌な音は?…!?臭くてキモイ!」バタっ
ゴル「お前たちは…!モルルにユカリョー子!どうしてここに?」
モルル「(愛しあなたのためならば)ゾリュ」
ユカ「(地の果て異次元までついていく覚悟です)グチャリンコ」
ゴル「お前ら…(´;ω;`)ウッ!だけどもう帰れないんだよモヤモヤないから。メテオでもうMPないからデジョン使えないし」
モルル・ユカ「(…ならば私達が)ゾリュぞぐチャリチャ」
二人(二匹)の体が光始めた!
ゴル「お前ら一体なにを!」
Dr「解説しよう!あの二匹のモンスターは自らの生命力を燃やしそのエネルギーで空間を歪めようとしているのだ!」
ゴル「やめろーーー!!」

718 :2/2:2006/07/02(日) 12:27:38 ID:WaLhf+LPO
パァーーーーン!
もや…もや…
モルル「(さぁはやく)ゾリュ…」
ユカ「(無理矢理あけたモヤモヤは長くはもちません)ぐちゃ…」
ゴル「自分の無力さが情けない…!すまんないユカリョー子、モルル」
モルル・ユカ「(さぁはやく…)ぐちゃぞりゅ」
ひゅーーーー…
ゴル「今までお前たちを避けてきてすまなかった…」
ストッ…
ゴル「帰ってきたか(´;ω;`)ウウッ」
こうしてゴルベーザはもとのコテージに戻ってきた。人として一つ大きくなって。
彼は生き物が生き物を思う気持ちを学んだ。
今の彼ならクリスタルも輝くであろう。
ゴル「ただいま!」
バッツ・ギル「おぉ心配してたぞゴルさん!」
ゴル「いろいろあったんだ。忘れられない思い出だ!」
バッツ「そっか、まぁ飯にするか!」
ゴル「いいですとも!」
このあとゴルベーザの鎧に付着していたモルルとユカ子の細胞が細胞分裂を繰り返して再生し、ゴルベーザに熱い口づけをしたのはまた別のお話…

ゴルさん成長・帰宅編完

719 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 12:33:05 ID:WaLhf+LPO
「すまない」が「すまんない」になってたりするけどスルーして読んで。ごめんよ

720 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 12:42:29 ID:mLwe/8cm0
モルルさぁぁぁぁぁん!!
ユカリョォ子さぁぁぁぁぁん!!


効果音が漏れなく不快なんですがwww
ゴルさん成長しちゃったよオイw

Drが正論を言いながら倒れた件について

721 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 15:51:57 ID:Kvd/95xAO
ゴルさんはパラディンにならないの?

722 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 17:30:15 ID:wix5gLrt0
パラディンになれたとしても
その後,メテオ使用可能の暗黒騎士の自分と戦うはめになるだろうし
ゴルさんのことだから何も知らずに殴るだろうし…

723 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 20:25:09 ID:QCnS8hZjO
ゴルさんを争う二匹の雌達
実家の月では修羅場がお待ちかねかw

お〜い〜チョコボ頭ぁ〜
い〜きて〜るか〜?

724 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 23:55:31 ID:Hh8Y+J8R0
>>723
きっと両生類と仲良く二軍落ち

装備全部持ってかれてる

725 :1/23:2006/07/03(月) 01:12:57 ID:rKooeiDz0
バッツ「あ〜近頃めっきり暑くなったよなぁ…麦茶でも飲むか」
ギル「あ、俺も俺もー」
バッツ「(ゴクゴク)ふー。やっぱ夏はこれだね。…ん?お前…麦茶に何入れてんだ」
ギル「え、これ?砂糖だけど」
バッツ「プwwwww麦茶に砂糖入れて良いのは小2までですからwww」
ギル「勝手に決めんなよ!美味しいんだから良いじゃん」
バッツ「やれやれ…お子ちゃまはミロでも飲んで逞しく育てよ」
ギル「おお!ミロも美味いよな!強い子のミロ♪」
バッツ「ふぅ…┐(´ー`)┌」


バッツ「ところでさ…なんか最近変な匂いしない?」クンクン
ギル「?そうか?気がつかなかった」クンクン
バッツ「するって、特に台所。何だろこの匂い…お前の加齢臭か?」クンクン
ギル「Σ(´・ω・`;)ガーン!しっ失敬な!!ちゃんと毎日風呂入ってるぞ!!」

ピンポーン ガチャ
ゴル「新ジャガ持って来た…うっ」
ギル「『うっ』?」
ゴル「こ…この部屋…ニオウヨ…」バタッ
バッツ「あ、やっぱり?」
ギル「倒れるほど臭いのか?…ずっとここにいるからかなぁ…よく分かんね」クンクン
バッツ「うーむ…この匂いの出所は…(クンクン)…むっ。ここだあ!!」つ【冷蔵庫:野菜室】ガチャ
つぃ〜ん <刺激臭
バッツ「ごへぇえッ!!!(;゚Д゚)・;`;゙:;`」
ギル「クサッ!…ああっ!この魚腐ってる!」
バッツ「匂いの正体はこいつか!…おぇぇ…至近距離でまともに嗅いじまった…気持ち悪…」
ギル「そう言えば1週間くらい前に買って、食うの忘れてた。…あーあ、もったいない…」
バッツ「うわあああ…強烈だなこりゃ。責任とってお前食えよ」
ギル「食えるかこんなもん!捨て捨て」つミ【腐った魚】ポイ
バッツ「家の中に捨てんな!外に捨てて来い!」
ギル「ちぇっ。面倒くさいなー…」λ............トボトボ…

726 :2/23:2006/07/03(月) 01:13:59 ID:rKooeiDz0
バッツ「…まだちょっと残り香があるなぁ…おいゴリ起きろっ!(ゲシッ)風通し良くするから窓開けるの手伝え」
ゴル「うぐ。うう…?私は一体…」
バッツ「臭さで倒れるなんて虚弱体質にもほどがあるな…だからもっと鍛えろって言ってんだ」
ゴル「ううう。無理だ…鼻を鍛えるなんて」
バッツ「鼻鍛えろなんて言ってねぇよ…いいから手伝え」
ゴル「いいですとも…」ヨロヨロ


ゴル「ふぅ…ようやく匂いが薄れてきたな。まったく、よくもこんな臭い空間で生活出来たものだ…」
ギル「適応能力ハンパ無いですから俺ら」
バッツ「社会不適応者(通称NEET)だけどな」
ギル「オマエモナー(´ー`)」
バッツ「ゴリモナー(´ー`)」
ゴル「ワタシモカー(´ー`)」

バ&ギ&ゴ「……………………はぁ('A`)=3」

バッツ「…ええい!ただでさえ湿っぽい季節に湿っぽい話すんな!
   人はなぁ、仕事なんかしなくても生きていけるんだよ!俺はそれを証明してやる!一生をかけて!!」
ギル「あーあ、生涯ニート宣言しちゃったよ」
ゴル「いや、よくぞ言ったバッツ。私は応援するぞ!」
バッツ「ありがとう!俺はお前なんか応援しないけどな」
ゴル「貴様ぁぁぁ!!!」
ギル「まーまーゴルさん…ほら、これ飲んで落ち着いて」つ旦
ゴル「…麦茶か。いただこう(ゴク)ブフォッ!甘ーーい!!」
ギル「お、おう…砂糖入ってるからな!美味しいだろ?」
ゴル「ふざけるな!!麦茶に砂糖を入れて良いのは65歳からだ!!」
ギル「そ…そんなぁ(´;ω;`)」
バッツ「やれやれ…ジジイはローリーエースでも飲んでお腹の調子を整えとけよ」
ギル「Σ(゚∀゚)ローリーエース美味しいよな!俺大好きだよ!!」
ゴル「…ローリーエースなら私も好きだ」
バッツ「ふぅ…┐(´ー`)┌ いや俺も好きなんだけどさローリーエース」

727 :3/23:2006/07/03(月) 01:15:34 ID:rKooeiDz0
ゴル「まあとにかく…今は食べ物の傷みやすい時季だからな。食中毒など起こさぬよう、管理を怠らない事だ」
ギル「…俺たち、よく物を腐らせるよな…卵とかイカとか…」
バッツ「あいつらが勝手に腐るんだもん。ちょっとくらい待てないのかよって、なあ?」
ゴル「いや…待てるわけなかろう…」
ギル「短気なんだな、きっと。短気は損気なのにな」
ゴル「いやいや…食べ物に性格などあるわけなかろう…」
バッツ「ま…俺ほどの料理人ともなれば、多少材料が腐ってても美味しく料理出来ちゃうけどな」
ギル「本当かよ?」
ゴル「…確かに肉などは腐りかけが美味いと言うが…」
バッツ「俺こう見えても調理師免許持ってんだぜ。
   フランスはパリの三ツ星レストランで10年くらいショコラティエの修行もやってたし」
ギル「うっそマジで!?スゲー!!!」
ゴル「…何故そんなすぐバレる嘘をつく?」
バッツ「うん…なんかね、ノリで」
ギル「!!嘘なのかよ!騙された!」
ゴル「…何故そんなすぐ騙される?」
バッツ「坊やだからさ」
ギル「うう…チクショウ。いつか俺も騙してやる…今に見てろ!」
バッツ「楽しみにしてるよ」
ゴル「予告してる時点でもうダメぽ」
ギル「し、しまったあ!!くそぅ…騙したな!」
バッツ「騙してねーよ」
ゴル「……もうワケがわからんな」

ギル「あ、ところで今ふと思ったんだけどさあ…【調理士】っていうジョブがあったら面白かったかもな」
バッツ「【調理士】ねぇ…アビリティは?」
ギル「そうだなぁ…【!ちょうり】【!あじみ】【!つまみぐい】【!めしあがれ】【エプロンそうび】…こんな感じだな!きっと」
バッツ「…モンスターを料理するって事か…?【!あじみ】と【!つまみぐい】がなんかヤダから却下」
ギル「えー?これ絶対面白いと思うぞ!スクエニに手紙書いて送ろうかな」
バッツ「あー送れ送れ…FF5Aの新ジョブとやらに採用されるかもね〜」
ギル「だよな!だよな!これ絶対ウケルって!!よーし手紙書こうっと。採用されたら何かもらえるかなぁ」ワクワク
ゴル「……まあ頑張れ」

728 :4/23:2006/07/03(月) 01:16:47 ID:rKooeiDz0
モヤモヤ…

ギル「あ!モヤたんだ」
バッツ「やっとか。…前置きが長いんだよ」
ギル「いつもの事さ……さて、行きますか」
バッツ「…行かれますか」
ゴル「…行きますとも!」

ヒュルヒュルヒュルル〜 スタッ ×3

バッツ「んん?(・∀・≡・∀・)キョロキョロ 島…か?……なんか変な感じだな…」
ギル「う〜ん…妙に淋しげな世界だな」
ゴル「む。あそこ…あの岬の所。誰かいる」
ギル「お!本当だ…第一島民ハケーン。おーいおーい」ノシノシ
バッツ「…なんか様子がおかしくないか?」

???「みんな死んでいく。ロックも、もういない…世界はおしまいなのね」

ギル「ん…?ちょ、おい…危ないぞ姉ちゃん。あんまりそっちに行くと」
ゴル「ま、まさか…」
バッツ「Σ(・∀・)!身投げか!?」
ギル「なっ!?バ、バカヤロウ!早まるなああーーーーー!!!!」ダッ!
???「Σ(・Д・;)!?」ドキッ
コケッ
ギル「はわっ!!」
ドーーーーン!!!
???「ぎゃあああああああぁぁぁぁぁ…………」
ヒュルルルル〜………
ゴル「あ(゚Д゚)」
ギル「い(゚∀゚)」
バッツ「う。…えー…。落ちちゃったね」
ギル「うわあああ(((( ゚Д゚ ;))))あああああ」

729 :5/23:2006/07/03(月) 01:18:07 ID:rKooeiDz0
ギル「だ、大丈夫かぁー!!おーい!」
ゴル「大丈夫なものか!こんな高い所から突き落とされて…」
バッツ「あ〜あ。これは死んだだろ…かわいそーに」(−人−)合掌
ギル「い、いやいや…断崖絶壁と思わせて実は高さ1メートルくらいなんじゃねーの…」
バッツ「…下、覗いてみ。俺は遠慮するけど」
ギル「……どれ……(。。 )」

ひゅおおおおおおお

ギル「(((((。。;)))))ガクガクブルブル」
バッツ「どうだった?」
ギル「ど…どこに出しても恥ずかしくない立派な断崖絶壁ですた。アータス!」
バッツ「お前って、突き落とすの好きだな。いつだったかマッシュもさあ…」
ギル「ううううううう…悪気は無いんだよぉ!!違うの!ちょっとつまづいちゃっただけなの!」
バッツ「人生もつまづいちゃったな」
ゴル「誰が上手い事言えと(ry …悪気が無ければ良いというものでも無い」
ギル「分かってるよ!どーしよー!俺どうすればいいの?ねぇ!どうするの!?俺!」
バッツ「はいライフカード」つ【後追い】【とんずら】【出家】【風俗デビュー】
ギル「どうするのぉぉ!?続く!!」
ゴル「続くな」


???「う…」
ギル「?」
ゴル「今、声が…気のせいか?」
???「…た…助けて〜…」プルプル
ギル「ああっ!!気のせいじゃねぇよ!おーい!」
バッツ「あ…落ちてなかったんだ」
ゴル「上手い具合に岩の凹凸に掴まったようだな」
ギル「よ、良かったぁ…」
バッツ「よし待ってろ!今俺が………とどめを刺してやるからなああ!!!」つ【ムチ】ピシーン!
ギル「エエエエエエエ」

730 :6/23:2006/07/03(月) 01:26:33 ID:rKooeiDz0
バッツ「そーれコチョコチョコチョ」
???「!?きゃああはははは!く、くすぐったい!やめて!脇は弱いの!」
バッツ「ほれほれ落ちろ落ちろ」
???「いやぁぁぁやめて!ホントに落ちる!落ちちゃう!死ぬー!!」
バッツ「だって死にたかったんじゃないの?」
???「そのつもりだったけど気が変わったわ!助けて、お願い…」
バッツ「そうか、良かったな。ところで自己紹介がまだだったよな…俺はバッツ!よろしく!」
???「自己紹介なんかしてる場合か!早く助けてぇ!」
バッツ「こらこら…人に助けてもらいたい時は自分も自己紹介するって習わなかったか?
   ダメだぞ、マナーは守らなきゃ…そんなんじゃ社会人とは言えないぞ」
???「あう…わ、分かったわ紹介するわ!セリスです!はじめまして!!ルーンナイトやらせてもらってます!」
バッツ「セリスか。じゃあ次は好きな教科を教えてください」
セリス「お…お…『音楽』と『給食』です」
バッツ「大変正直ですね。では続いて当社を志望した理由を教えてください」
セリス「ええ!?お…御社の…将来性に魅力を感じて…」
バッツ「マニュアル通りの回答ですね。ではちなみに、中学校の時のあだ名は?」
セリス「ひひ『避雷針』ん!うおお!もう手が限界…落ちるぅー!」
バッツ「頑張れ避雷針!…最後の質問です。
   土曜の夜は『オレたちひょうきん族』と『カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ』さあどっち?」
セリス「ひょ、『ひょうきん族』!」
バッツ「…残念ながらあなたとは笑いのセンスが合わないようです。
   今回は縁が無かったという事で……助かりたければ自力で上がって来いや!」
セリス「ちょーーーー!?」
バッツ「さ。じゃあ帰ろっか」
セリス「ひぃぃーー!!待ってぇえ」
ギル「…いー加減にしろよバッツ!こんなうら若いお嬢ちゃんをイジめて楽しむなんてサイテーだぜ!
   …ちょっと面白かったからつい黙って見てたけど…」
ゴル「その通りだ!『ひょうきん族』の面白さが分からんとは…見損なったぞバッツ!」
ギル「いや、ゴルさん…そーゆー事じゃなくて」
バッツ「ふん。『ごきげんテレビ』の探偵コントに勝るものナシ!」
ゴル「何を言う!『ひょうきん懺悔室』を見ずしてサタデーナイトは終われない!」
セリス「ど…どうでもいいわそんな事!早く助けてってばー!」

731 :7/23:2006/07/03(月) 01:28:12 ID:rKooeiDz0
ギル「よし、今助けるぞ!俺の手に掴まれ!早く!!⊂(・ω・´ )」
セリス「うう…!( ;´д`)つ」
( ;´д`)つ⊂(・ω・´ )ガシッ!!
ギル「ファイトォォーーーーー!!!⊂(・д・´#)」
セリス「いっぱぁああーーーーーーつ!!!( # ゚Д゚)つ」
バッツ「タウリン1グラム!」
ゴル「スパルタンX!!」
ギル「…タンしか合ってねぇぞゴルさん⊂( ´・ω・)」
セリス「イヤぁぁぁ!よそ見しないで!ちゃんと最後まで引っ張り上げて!!」
ギル「あ…スマンスマン。よいこらせっと」グイ
ドサッ

セリス「ハァハァ……うう。…あ…ありがとう…助けてくれて…」
ギル「い、いやあ…無事で何よりだぜ」
セリス「グスッ…本当に…死ぬかと思った…」
バッツ「元より死ぬつもりだったんだろ?あのまま素直に落ちてれば、死…」
セリス「うるさいボケェー!!!!」( #`Д´)≡○)3゚)∵ドグシャアッ 
バッツ「グハァッ!!!」
セリス「アンタのせいで寿命が30年くらい縮んじゃったわよ!返してよ!私の30年を返してよ!」
バッツ「む…無茶言わんといて」
セリス「そもそもよくも突き落としてくれたわね!酷いわ!私がメンドリだったら衝撃で卵産んでた所だわ!!!」
バッツ「…た、例えがよく分かりません…突き落としたの俺じゃないし」
セリス「じゃあ誰!突き落としたヤツ!挙手!」
ギル「……ごめんなさい」(・ω・`;)ノ
セリス「お前かあ!!!」( #`Д´)≡○)3゚)ノ∵ドゴシャアッ
ギル「グホォッ!!!」
セリス「アンタなんかにお礼言って損したわ!返してよ!さっきの私のお礼、返してよ!!」
ギル「は、はい…返します」つ【ありがとう】
セリス「素直でよろしい。……ついでにアンタも!!」( #`Д´)≡○)3゚)∵ドガシャアッ
ゴル「グォヘッ!!な、何故私まで…」
セリス「あそこでスパルタンXは無いと思うわ。ひょうきん族のDVDでも見て出直してきなさい!!」
ゴル「…す、すみませんでした…」

732 :8/23:2006/07/03(月) 01:29:33 ID:rKooeiDz0
バッツ「うーイテェ…こんな凶暴な女に構っておれん!とっとと帰るぞ!」
ギル「そ…そだな…じゃあそゆ事で〜」ノシ
セリス「Σ(゚Д゚;)ハッ!ちょ、ちょっと待って!私以外にもまだ生きてる人がいたのね!うぅ…嬉しい…」
バ&ギ&ゴ「?」
セリス「あなたたち、どこから来たの?世界はどうなってるの?ロックって知ってる?」
ギル「俺たち次元の狭間ってとこから来たんだけど…」
セリス「…次元の狭間?そんな所あったかしら…知らないわ。ねえロック知らない?」
バッツ「まあ普通の人生歩んでたら一生知る事も無いよな。次元の狭間なんて」
ギル「って事は俺たち普通じゃないんだ」
ゴル「フッ…そうだ。私は選ばれた人間なのだ!」
バッツ「30過ぎて中二病ですか」
セリス「質問に答えて!!ロック!ロック知らないかって聞いてるの!!」
ギル「馬鹿にすんなよ、それくらい知ってるぜ!!………6×9=45…だよな?」
ゴル「…72じゃなかったか?」
バッツ「アホかお前ら小2からやりなおしてこい。…63に決まってんだろ!」
セリス「54よバカチンども!!!違う!九九じゃない!名前よ名前!人名!!ネーム!!」
ギル「バカチン…(´・ω・`)」
バッツ「…昔脳みそ吸い取られた事あるからなー俺。きっとその影響だな。うん。
   ロックねぇ…俺の知り合いにそんな名前のヤツはいねーな。ロックガーターなら知ってるけど」
ギル「あーハイハイ、なめくじみたいなヤツだよな!!
   …俺も、ロックは知らないけどロックブレインなら知ってるぜ。エクスデス城の周りにいっぱいいたよ」
バッツ「あ〜。いたねぇそんなヤツ」
ギル「いたよね〜」
バ&ギ「ナツカシイ( ・∀・)(・ω・` )ネー」
ゴル「…(´・д・)」<話に加われなくてちょっと淋しい
セリス「あ、あの…盛り上がってるところ悪いけど、ロックって付いてれば何でも良いってわけじゃないのよ」
ゴル「そうだそうだ!2人で盛り上がるな!!…それで?そのロックとやらの外見的特徴は?」
セリス「外見?そうね…バンダナを巻いてて…ジーンズ(?)にTシャツ、更にその上にジージャン(?)を羽織り、かつ袖を肩まで捲くり上げ……」
バッツ「アキバ系なんだね」
セリス「違う!!!」
ギル「遅れてるなーバッツ。最近はAボーイって言うらしいぞ」
セリス「だから違う!!!」

733 :9/23:2006/07/03(月) 01:30:26 ID:rKooeiDz0
セリス「それで…知ってるの、知らないの?どうなの!」
バッツ「知らーん」
ギル「すまねぇなあ…俺たちこの世界のヤツじゃないからわかんねぇよ」
セリス「…え?」
ギル「さっきも言ったけど、次元の狭間ってとこから来たんだ。かくかくしかじかで元々は他の世界の住人なんだ」
セリス「そ…そんなぁ…。やっぱりもうこの世界には私しかいないんだわ…う、うぇぇん」
ギル「な、泣くなよ」
ゴル「何かワケがありそうだな」
ギル「…どうだい、一つ俺たちに話してみねぇか?楽になるかもしんねぇぞ!」
ゴル「うむ。何か力になれる事があれば協力しよう」
セリス「…本当?」
バッツ「俺は帰りたい」
セリス「話せば長い事なんだけど…」
バッツ「じゃあ話さなくて良いよ」
セリス「私は…幼い頃に人工的に魔法の力を植え込まれた、帝国の人造魔導戦士だったの」
バッツ「話さなくて良いっつってんだろ」
ギル「まあまあ。聞こうぜ」
ゴル「ぬぅ…人造魔導戦士…」
セリス「そう。でもある時、帝国を裏切ってリターナーに寝返る事になったの」
バッツ「へーほーふーん」
ギル「うんうん」
ゴル「何故寝返ったのだ?」
セリス「…それはぁ…うーん…ロックがいたからかしらね」ポッ
バッツ「…はー」イラッ
ギル「…へぇー…」
ゴル「ほうほう…」
セリス「その辺詳しく説明するわね!!サウスフィガロの屋敷の地下室に囚われた可哀想な私…。
   しかし!そこで運命の出会いが私を待ちうけていた!!!ここ!ここ重要!!よく聞いて!
   颯爽と現れた彼は私の鎖を外してペラペ〜ラ…」
バッツ「…」イライラ
ギル「…(やべ…トイレ行きたくなってきちゃった)」モジモジ
ゴル「…(・д−)ウトウト…」

734 :10/23:2006/07/03(月) 01:32:37 ID:rKooeiDz0
〜30分経過〜
セリス「ペラペ〜ラ…それでねーその時ロックったらねーうふふふ」
バッツ「…」イライライライライライラ
ギル「(ううう…漏れそう…まだ続くのかな)」モジモジ
ゴル「(−д−)zzzz」
セリス「私の目をまっすぐ見つめて…『守る!俺が守ってみせる!』ってキャッハァー!」
バッツ「……………………」ブチッ
ギル「(ヤバイ…なんか体が冷たくなってきた…)」ガクガクブルブル
セリス「今思い返してみれば…もうその時から私は囚われていたのね!恋という名の牢獄に!!
   ああ…ロック!!…あーあーラララー♪らー あ うん!! マァ リィ アーー」
バッツ「な…いきなり何?何の真似?」

…チャララ…チャララチャララン♪チャラララララララランラン♪

バッツ「な、何だこの曲…どこから聞こえてくるんだ!一体何が始まるんだオイ!!」

…チャララ…チャララチャララン♪チャララララララララン♪

セリス「ぅいーと〜しぃ〜のぉお…ぅあなとぅあ〜ぅわああ〜とーほーひぃい〜とこ〜ろ〜へぇええ〜〜♪(゚Д゚)」
バッツ「………………………………」
セリス「いろ〜あせぬぅ〜とわーのあいぃ〜〜ちかーっとぅあ〜ヴぁかりぃ〜…にひぃいいい〜♪(゚Д゚)」
バッツ「………………………………」
セリス「か〜な〜しーい〜〜…とぅおきにぃ〜もほぉおお〜とぅらい〜ときぃ〜に〜もぉぉお〜〜♪(゚Д゚)」
バッツ「………………………………」
セリス「そるぁ〜にふる〜〜あのぉ〜ほしうぉお〜…ぅあな〜とぅあ〜とおも〜〜ひぃい〜〜♪のぞま(゚Д゚)」

バッツ「 じ ゃ か ぁ し ゃ あ あ あ ! ! ! ! 」

セリス「ぬヒッΣ(´゚Д゚`)!!!」ビクッ
バッツ「何気持ちよく歌ってくれちゃってんだコラぁあ!!!いつになったら本題に入るんだコルァアア!!」
セリス「だ、だって…オペライベントよオペライベント!私の最大の見せ場!これを抜きに私は語れないのよ!!」
バッツ「知るかぁぁぁあああ!それに歌ってる時の顔が必死で怖ぇんだよ!!」

735 :11-a/23:2006/07/03(月) 01:38:01 ID:rKooeiDz0
セリス「そ、そんな…情感を込めて歌ったのにぃぃ!」
バッツ「何で俺がお前の怨念たっぷり込められた歌声を目と鼻の先で聴かされなきゃなんねーんだ!」
セリス「怨念じゃないわ!ロックへの愛を込めたのよ!!」
バッツ「だったらロックとやら相手に歌ったれ!俺に向けて歌うな!寒い!!」
セリス「何よー!あんたなんかに向けて歌ってなんかないわよ!
   ロックに比べたらあんたなんてカメムシよ!くっさいくっさいカメムシよ!!」
バッツ「カメムシだとおお!言うに事欠いてカメムシぃ!?…ムシが余計だカメにしろ!」
セリス「ええ良いわよ!このカメ!ドジでのろまなカメ!!」
バッツ「スチュワーデス物語かよ!!」
セリス「いちいち古いのよ!ネタが!」
バッツ「お前が言い出したんだろうが!」
セリス「悪かったわよ!いーから話を元に戻しなさいよ!論点ズレ過ぎててワケわかめなのよ!」
バッツ「ああ戻してやるよ!
   お前の甘酸っぱい初恋レモン味の思ひ出なんか聞きたくもねぇんだよ!!」
セリス「レモン味じゃないわ!ライムミント味よ!!」
バッツ「味はどうでも良い!!状況説明なら手短に済ませろ!まずは結論から言え!!」
セリス「わ、分かったわ…かいつまんで話すわよ…。
   えーとつまり…ケフカってのがなんか余計な事してくれてぇ…」
バッツ「………で?」

736 :11-b/23:2006/07/03(月) 01:41:51 ID:rKooeiDz0
セリス「…で。その後まぁ何やかんやあって…世界は崩壊しましたとさ」
バッツ「最初からそれだけ言え!10秒で事足りるじゃねぇか!!何で歌とか歌っちゃってんの!?」
セリス「うう…だって話したかったんだもんロックの事。歌いたかったんだもんオペラ。
   でも待って!これだけじゃないの!!あのね…」
バッツ「まだ何かあんのかよ…」ゲンナリ
セリス「目が覚めたらいきなり一年も経ってたのぉー!しかもジジイに介抱されてたのよぉお!!
   もうお嫁に行けない!」
バッツ「行かなきゃ良いだろ!婿でももらえ!!…もうやだ、この女何とかしてくれギルガメッシュ……
   …おいどうした。唇がムラサキになってるぞ」
ギル「((((((´゚ω゚`))))))」ガクガクブルブル
セリス「うわぁぁん貴重なティーンエイジが…18歳の思い出が…世界と一緒に私の青春の1ページも引き裂かれたわぁ!!」
ギル「お…俺の膀胱も引き裂かれそうです…もう我慢できーん!ちょっとお花を摘みに行ってきます!」ダーッ
セリス「うわあああん!!気がつけば19歳!!いやあああ!!!
   あと6年もしたらお肌の曲がり角だわぁ!!いやあ!!6年なんてあっという間だわああ!!」
バッツ「……おいゴリ、何とかし…」
ゴル「(−д−)zzzzz…」
セリス「えーんえーん…ロック〜〜」
バッツ「………どうしろってんだ…」
セリス「うわーん!うえーん!うおおおん!!」
バッツ「…FF5Aの新ジョブ、スケコマ士とかだったら良いな〜。
   アビリティ【!こます】【!くどく】【!なぐさめる】【!みつがれる】【ブランド品そうび】なんつってよー」アハハハハ…

737 :12/23:2006/07/03(月) 01:43:25 ID:rKooeiDz0
〜数分後〜
ギル「ん〜ふふふぅ。ふぃ〜スッキリしたぁ(´ω`)」
バッツ「…じゃ!話も聞いた事だし帰るぞ!!帰るからな!!」
セリス「ま…待って!協力してくれるんじゃないの!?」
バッツ「協力するとか言ったのはコイツだけだから。とりあえずコイツ置いてってやるよ」つ【ゴルベーザ】
ゴル「……む?(・д−)パチ」
セリス「そんなの置いていかれても困るわ!ねぇ待って…行かないでぇ〜」
バッツ「ええい放せ!放さんか!もーお前なんか知らん!」ゲシッ
セリス「ああっ!!い…痛い」
ギル「お、おいおい…女相手に容赦ねぇな」
セリス「うう…男なんて…男なんてシャボン玉よおおお!やっぱり死んでやるうううう!!!」ダッ
ギル「ちょ!おい!落ち着けって!死んで花実が咲くものか!!」
セリス「イヤ!放して!…つぅか触んないでよ!アンタさっき用足してから手ェ洗ってないでしょ!汚いのよ!」
ギル「……ごめんなさい…」
セリス「もう死なせて!!私なんか生きてたってしょうがないのよ〜!!」
ゴル「そんな事は無いぞ!生きていれば無限の可能性がお前を待ってるんだ!」
バッツ「夢も希望も無い無職童貞が言っても説得力無いよね」
ゴル「うわああああん死んでやるぅ!!」
セリス「そうよ…一緒に死にましょう!!先人の遺したこんな言葉があるわ…『赤信号 みんなで渡れば 怖くない』」
ギル「人生の赤信号は渡っちゃダメだぁー!!バッツ!見てないで何とかしてくれよ!」
バッツ「はいはい…レビテト」
セリス「!?」フワフワ
ギル「おっ。なーるほど」
バッツ「これで投身自殺は出来んぞ。さあどうする」
セリス「クッ…!それならこれよ!!」つ【一升ビン】
ギル「ど、どこにそんなもん隠してたんだ…中身何?」
セリス「しょうゆ」
バッツ「しょうゆって…どうすんだ、そんなもん」
セリス「ふふ…決まってるでしょ…(キュポン)こうするのよぉおー!!!」ゴクゴク
ギル「うわああああああああ!」
ゴル「塩分採りすぎーーーー!!!」
ギル「生活習慣病になっちゃうぞー!!やめるんだぁー!!」

738 :13/23:2006/07/03(月) 01:44:40 ID:rKooeiDz0
セリス「ゴクゴばぼふぉおおおおおおおおおお!!!!(;゚з゚)・;`;゙:;`」
ゴル「うわっ!!」
ギル「きたねぇ!!!」
バッツ「(´∩`)プッ 大噴出」
セリス「ごほ、しょ、しょっぺぇぇええ!!!」
バッツ「当たり前じゃんwwww甘いとでも思ったか?」
セリス「ゴーホッゴホッ!!ぅぐ…こんなの飲めない…飲めないわ!!うわああん!!」
ギル「大丈夫か?背中さすってやるよ…」
セリス「触んなっつーの!!ゲホゲホ」
ギル「はいすみません」
ゴル「もう死ぬのは諦めたらどうだ?」
セリス「ま、まだよ…諦めてたまるもんですか!絶対死んでやるわ!」
ゴル「その情熱を生きる事に向けた方が…」
セリス「…やっぱり自殺といえば首吊りよね」
ゴル「シカトか」
セリス「…よし。この木にロープを結んで…と。出来た!」
_

○゛ プラーン

バッツ「…ロープ長すぎやしねえか?」
セリス「ロック…今行くわ!………よいしょ」
バッツ「……………」
ギル「…お嬢さん。足ついてるよ」
ゴル「…意味無いな」
セリス「うぅ…忘れてたわ!私意外と身長高いのよ!!」
バッツ「うん、まあ意外も何も…見れば分かるけど」
セリス「大失敗だわ…クッ!私の発育が良いばっかりに!」
バッツ「ロープの長さを調節すれば良いだけの話だろ」
セリス「…しかもさっきのしょうゆのせいでノドがカラッカラだし…こんな状態じゃ死ぬに死ねないわ!
   誰か!エビアン持ってきて!フランス行ってエビアン汲んできて!!」
バッツ「ガキ使の罰ゲームですか」

739 :14/23:2006/07/03(月) 01:48:06 ID:rKooeiDz0
セリス「ヒドイわ!どうあっても私を死なせないつもりなのね!?」
バッツ「お前が死ぬかどうかなんてお前次第だろ」
セリス「…分かったわよ…じゃあもう最後の手段…息止めて死ぬわ!」
バッツ「はいヨーイ……スタート」つ【ストップウォッチ】
セリス「………(゚∧゚)」
バッツ「……はい10秒経過ー」
セリス「……(((*゚∧゚*)))プルプル……ばはぁああ!はぁはぁ…く、苦しい」
バッツ「まだたったの25秒だぞ!!根性ねえな」
セリス「だって…苦しいんだもの…」
ギル「…そろそろ諦めろって。な」
セリス「そうね、自殺は諦めるわ……誰か私を殺して!ほら!早く!来い!」 大
バッツ「…来いだってよ。ゴリ行ってやれば。一思いにグサッと」
ゴル「…呪われそうだからイヤだ」
セリス「何よ意気地なし!そっちの赤いのでも良いわ!ほれ!早く殺して!!」
ギル「………いい加減にしろー!!!」
パーン! <ビンタ
セリス「ああっ…!」*・゜゚・(´Д`∩)*・゜゚・*:.。 キラキラ…
ギル「バカな事考えるのはもうよせ!まだロックだって死んだと決まったわけじゃねぇんだぞ!!」
セリス「うぅ…でも…」
ギル「デモもストライキも無ぇ!」
セリス「だ、だって…」
ギル「だってもバッテラも無ぇ!!自殺なんかするヤツは馬に蹴られて死んじまえ!!」
ゴル「結局死ぬのか」
ギル「い…いや、今のは言葉のあやだ。えーと…とにかく自殺ダメ!ゼッタイ!!」
バッツ「お前だって自爆したくせにねー」
ギル「あΣ(・ω・`;) う…うるさいな!いいの!自爆と自殺は違うから!」
セリス「………うぅ。でももう…私には生きる希望なんて無い…」
ギル「バカだな。だから俺たちが力になるって言ってるだろ!
   アンタみてぇなキレイなお嬢さんが一人で淋しく死んでいっちゃあいけねーよ…ロックも悲しむだろうぜ」
セリス「う…ありがとう…。分かったわ…皆、コッチに来て。私の住んでる所…案内するから…」フラフラ…
バッツ「……俺は帰りたいんだけどなー…」
ギル「ここまで来たらトコトンつきあおうぜ。ほら行った行った」

740 :15/23:2006/07/03(月) 01:50:03 ID:rKooeiDz0
in 一軒家
ギル「ふうん、ここに住んでんだ」
バッツ「…何かクサイな」
ゴル「ふむ……ムッ!!これは…魚が腐ってるではないか!不衛生な!」
ギル「あ、本当だ…ダメだぞセリス、生ゴミはちゃんと捨てないと」
セリス「そうよね…プロテインよね…」
バッツ「おいおい…大丈夫かお前。なんかまだ目がイっちゃってるぞ」
ギル「あ、あれ?正気に戻ったんじゃないの?おーい」
セリス「わたしは しょうきに もどった!…大丈夫よ。ちょっと待ってて…今用意するから」
ゴル「用意?」
バッツ「お茶でも淹れてくれんのか?」
ギル「俺カルピスがいいなー……ん?ベッドの上に誰かいねぇ?」
セリス「シドおじいちゃんよ」
バッツ「シド?…まあそんなに珍しい名前でも無いか………って(Д)    ゚ ゚」
ゴル「どうしたバッツ!そんなに目玉を飛び出させて………って(Д)         ゚ ゚」
ギル「(Д)          ゚ ゚ どあーー!!!ジイさん死んでるううう!!!」
セリス「ついさっき死んだばかり…死にたてピチピチ鮮度抜群よ」
ギル「あわわわわ…そんな魚みたいに言わないで」
バッツ「バ、バカッ!ドライアイスや保冷剤でちゃんと保存しないとダメだろ!!今の季節、腐りやすいんだから!!」
ゴル「そ、そうだぞ、ちゃんとラップでくるんで冷蔵庫に入れて…ジップロックがあると便利だ。1つやろうか?」つ【ジップロック】
ギル「2人とも落ち着け!死体を保存してどうすんだよバカ!魚じゃないんだから!!」
セリス「……そのセリフ、誰かさんに聞かせてやりたい……」ブツブツ…


ギル「と、とにかく…このままじゃジイさん可哀想だ。ちゃんと埋葬して、弔ってやろうぜ。俺達も手伝うからさ」
セリス「…良いのよもう…その必要は無いわ…」つ【ガムテープ】
ペタペタ
ゴル「…?何をしている」
セリス「密閉……」
ギル「みっぺー?って?」
セリス「ドアや窓の隙間をこれで塞ぐの…」
ゴル「…何故だ?」

741 :16-a/23:2006/07/03(月) 01:56:18 ID:rKooeiDz0
セリス「決まってるじゃない…漏れたら困るもの…」
ギル「な…何が?オシッコが?」
セリス「一酸化炭素…」つ【練炭】
バッツ「(Д)                ゚ ゚」
ギル「こらーーーーー!!!まだ諦めてなかったのか!」
セリス「ふふふふふ…もう一人で死のうなんて思わないわ!一緒に死にましょう…」
ゴル「(((((゚д゚)))))ガクガクブルブル」
ギル「な…なんでこういう展開になるのか俺分かんない。さっき言ったこと通じてなかった?
   キャンニュースピークジャパニーズ?」
セリス「大丈夫、怖くない…。練炭ってね、眠るように死ねるらしいの。便利ねー」
バッツ「わあ本当?すっごーい便利ー………じゃねぇよ!死ぬなら一人で死ねっつの!!」
セリス「さっきそこの赤いのが『一人で淋しく死んじゃいけねぇよ』って言ったじゃない!
   だったら皆で楽しく死ねば良いじゃない!」
ギル「いやだからそれはね…死ぬのがダメってことでね…死に方の問題じゃないの」
バッツ「分かった、ギルガメッシュと一緒に死んで良いよ!俺は帰る!帰って寝る!」
ギル「おおい!見捨てないでぇ!」
バッツ「ええい放せ!放さんか!もーお前なんか知らん!」ゲシッ
ギル「ああっ!!い…痛い」

742 :16-b/23:2006/07/03(月) 02:00:09 ID:rKooeiDz0
セリス「キャンキャンキャンキャンうるさいわね!アンタら男でしょ!ジタバタしないの!
   男なら自分から進んで死ぬくらいの甲斐性見せたらどうなの!?」
バッツ「俺に甲斐性があったら今頃ニートなんかやってねえよ!!!」
セリス「ははーん怖いのね?このチキン!カラッと揚げられて美味しく食べられてしまうが良いわ!!」
バッツ「ああ怖いさ怖いとも!なんか文句あるか!どうぞ美味しくお召し上がり下さいませ!なんならケチャップもつけましょうか!」
ギル「お、お前ら落ち着けって…ほら!落ち着けるように俺がカモミールティーでも淹れるから!
   その辺で適当にくつろいでて!」アセアセ
ゴル「お前こそ落ち着け!カモミールティーなぞ飲んでる場合か!早くこの小屋から脱出しないと…」
セリス「逃がさないわよ…!」つミ【投げ縄】ブンッ
ギュッ
ゴル「うわー!!は、放せ!!」
バッツ「あーもう!やっぱりあの時ガケから落としておくべきだったんだ!」
ギル「冷静に!冷静に話し合おう!…そうだ、特別に良い事教えてやるよ!
   あのな、FF3のフィールド曲の『悠久の風』のメロディーの頭…『ネースカフェ〜カプチーノー♪』って歌えるって知ってた?」
セリス「知らなかったわ」
ギル「だろ!だろ!俺だけの秘密だったんだ!すげぇだろ!」
セリス「知りたくもなかったわ」
ギル「うわーんごめんなさい!!バカな事言いましたぁ!!」

743 :17/23:2006/07/03(月) 02:02:34 ID:rKooeiDz0
ゴル「…私はこんな所で死ぬのか…そうだ、遺書を書こう。『フースーヤへ。先立つ不幸をお許し下さい…』」
セリス「不幸じゃなくて不孝よこのバカチンが!」
ゴル「あΣ(´Д`*)カァァァ」
バッツ「よし!どうせ死ぬなら『バッツとギルガメッシュとゴルベーザとセリスとジジイの死体を同じ一軒家に密閉してみた』
   ってクソスレ立ててから死んでやる!アハハハハ」
ギル「バカ!!ヤケになるな!!ただでさえ閉じ込め系多いんだから」
ゴル「そうだ、それにいくらなんでもスレタイが長すぎる!!たとえ半角カナにしたとしても無理だ!!」
シド「そういう事じゃないじゃろ!!」
ギル「そうだよ、そういう事じゃないって!…どういう事なんだ?」
セリス「どうもこうも無いわよ…皆…皆死んじゃえば良いんだわー!アーハハハハハハ」
シド「しっかりするんじゃセリス!」
ギル「そうだよ!」
セリス「この上もなくしっかりしてるわよ!何なら今からヒンズースクワット1万回やってみせましょうか!」
バッツ「その前に死ぬわ!死………死?」
シド「ん?」
セリス「…………え?」
バッツ「…………」
ギル「?」
ゴル「??」
シド「………?」

………………。

バッツ「うぎゃああああああああ!!!」
セリス「きゃわあああああああああ!!!」
シド「うわあああああああああゴーホッゴホッ!!お、脅かすなセリス」
セリス「お…お…おじいちゃん…。シドおじいちゃん!」
ギル「じ…ジイさん!生きてたのか!!」
シド「うむ?わしは寝てただけじゃが…」
バッツ「バ、バカヤロービックリしちゃったじゃねーか!俺がエクスデスだったら今頃宇宙の法則が乱れてる所だよ!!」
ギル「良かったよ!バッツがエクスデス様じゃなくて!!」
シド「???」

744 :18/23:2006/07/03(月) 02:05:15 ID:rKooeiDz0
セリス「てっきり…死んだものだとばかり思ってたわ…おじいちゃん」
シド「…勝手に殺さんでくれ…」
セリス「うぅ…良かった。おじいちゃんが生きてて…良かった」
シド「ふむ…心配をかけてしまったようじゃの。…して、お前さん方は一体?」
バッツ「かくかくしかじか」
シド「ほほう、次元の狭間…。そうか…この世界の者では無いのか…残念じゃ…」
セリス「ええ、そうね…。でもこんなヤツらがこの世界にいても迷惑なだけだと思うの」
バッツ「涼しい顔ですげー失礼な事言ってくれてるよね」
セリス「…安心したら何だかお腹すいちゃった。私、魚獲って来るわ!おじいちゃんも食べるわよね?」
シド「Σ(´∀`;)ギク い、いや…わしは腹は減ってないから!自分の分だけ獲ってきなさい…」
セリス「遠慮しないで。ちょっとそこの人!ボヤボヤしてないでガムテープ剥がすの手伝って!」
ゴル「え、わ、私か?」
セリス「そう!手伝ってくれないならその兜についてる角、引っぺがすわよ」
ゴル「て、手伝いますとも!」
ビー……
セリス「うーん、やっぱり外の空気はおいしいわね。…じゃあ行って来るわ」ノシ
バタン
バッツ「ったくあのアマ…一時はどうなる事かと」
ギル「良かったなぁ。セリス、元気になったみたいだ」
シド「…魚…」
バッツ「?どうしたジジイ。元気ないな」
シド「うう…あの子の獲って来る魚はのぉ…ちょっと…」
ゴル「?」

バターン!
セリス「ただいま」
ギル「早っ」
セリス「こんなのが獲れたわ」つ【まずい魚】×2 デローン
ギル「な、なんか…見るからに不味そうな魚だな」
ゴル「…死んでないか?」
セリス「だって…生きてる魚はすばしっこくて捕まえづらいんだもの」
バッツ「こんなの食うのか…チャレンジャーだな〜」

745 :19/23:2006/07/03(月) 02:07:00 ID:rKooeiDz0
シド「………」ダラダラ
セリス「はい、おじいちゃん。食べて」つ【まずい魚】
ギル「エエエエエエエエ」
バッツ「おま…生で食わせる気か!?」
セリス「だって…料理なんて出来ないもの」
バッツ「いくらなんでも生はヤバい!貸してみ…」
つい〜ん <刺激臭
バッツ「ゴヘァェッ!!!クサッ!!!こ…この魚腐ってるぞ!!」
セリス「え。そうなの?」
バッツ「ぐおお…またもや至近距離でまともに嗅いじゃったじゃねーか…」
ギル「これヤバイぞ…食ったら死ぬよ」
セリス「だ、大丈夫よね?おじいちゃん!おじいちゃんは食べてくれたもんね」
シド「………」
セリス「ど…どうして返事してくれないの。どうして目を逸らすの」
ギル「こんなの食うぐらいなら俺ドックフード食うよ」
ゴル「キャットフードも捨てがたい」
シド「…わしは金魚のエサでも良いぞ…」
セリス「お、おじいちゃん!!」ガビーン
バッツ「ジジイ、よくこんなの食ったな。そしてよく生きてるな」
シド「身体は弱いが悪運は強いんじゃ」
セリス「う、うそ…私、おじいちゃんの身体に悪いものを食べさせてたの?」
バッツ「気づかなかったのかよ。お前の鼻は飾りもんか?匂いで分かるだろーが!」
セリス「分からなかったわ…!魚ってこういうものだと思ってた…」
ギル「知らなかったんじゃしょうがないな」
ゴル「知らなければ良いというものでもあるまい」
セリス「ごめんなさいおじいちゃん!!私…おじいちゃんを殺してしまうところだったのね…」
シド「…気にするなセリス…本当は死んでもこんなもん食べたくないと思ったのに無理して食べたわしも悪いんじゃ…
   NOと言えない日本人でスマン…」
セリス「お…おじいちゃん…!ありがとう…」
ゴル「何故そこでありがとう?」
ギル「…へへっ…感動的なシーンだぜ…!」
バッツ「そーかなぁ…」

746 :20/23:2006/07/03(月) 02:08:54 ID:rKooeiDz0
バッツ「…よし!とりあえず大団円って事で、俺がこの魚を使って美味し〜い料理を作ってやる!」
セリス「え!?でも…腐ってるんでしょう?」
バッツ「料理は心や!…この俺の腕をもってすれば、腐った魚の1つや2つ…」【ジョブチェンジ:調理士】
ギル「おお!?バッツお前!その格好…!?」
ゴル「おいおい…もう何でもアリか」
バッツ「ふっ。クリスタルに選ばれしこの俺に、不可能など無いのだよ!!うりゃああ!!」
トントントントントントン!!
セリス「す、すごい…!!なんて見事な包丁さばきなの!」
シド「あの手つき…タダモノではない!!」
バッツ「はいやああ!!」
ジュウウウウ!!
セリス「ああっ何て事!!腐った魚を丸ごと揚げたわー!!」
シド「なんと香ばしい香り!!これは食欲をそそられるぅー!!」
ギル「…テンション上がってきたな2人とも」
バッツ「…さあ出来たぞ。召し上がれ!!!」つ【腐り魚の素揚げ】タンッ
ゴル「美味いのか?そんな…腐った魚が」
ギル「そもそも…そんなもん食って大丈夫なのか…?」
バッツ「ふっ…一食即解(食えば分かる)」ビシッ
シド「ふむ…では腹も減っておる事だし…いただきます」
セリス「いただきます…」
ぱく もぐもぐ…(−_−)……(゚Д゚)カッ!!
シド「こ、これは……!!うーまーいーぞぉーーー!!陽一君!!!」チュドーン!!
セリス「まったりとしてコクがあり、それでいてしつこくなく…外はカリカリ、中はフワフワ!すごく美味しいわ!」
ギル「マジ!?」
ゴル「信じられん…!あんな腐った魚が…」
バッツ「まだまだぁ!料理は人と人をつなぐ心の架け橋…」つ【腐り魚の活造り】タンッ
シド「もうこれ以上嬉しがらせんといてほしいわ!」パアアア
セリス「魚がシャッキリポンと舌の上で踊るわ!」キラキラ
ゴル「2人とも…何という至福の表情ーー!!」
ギル「スゲー…もっと普通に落ち着いて食えば良いのに」
バッツ「料理漫画はリアクションが命!!なのだよ」
ギル「料理漫画じゃないのに…」

747 :21/23:2006/07/03(月) 02:09:54 ID:rKooeiDz0
シド「ふー…ごちそうさま。こんなに美味しいものを食べたのは久しぶりじゃ…」
セリス「あの時死んでしまっていたら、こんな感動は味わえなかったのね…。私、生きるわ!」
ギル「セリス!よ〜うやく分かってくれたんだな!!」
ゴル「…丸く収まったな」
バッツ「…俺の手に掛かればこんなもんよ」キラーン

ピーゴロゴロゴロゴロ

ギル「…何の音?」
シド「…ううっ!?は…腹がぁ…!!!」
セリス「どうしたの、おじい…う、ぅおえぇえ!!」ゲロゲロ
ゴル「!!?ど、どうした!!」
ギル「しっかりしろセリス!…おいバッツ!どういう事だよ!」
バッツ「うん。…食中毒だな」
ギル「ええー!?お、お前…大丈夫なんじゃなかったのか!?」
バッツ「食っても大丈夫なんて言ってないぞ。食えば分かるとは言ったけど」
シド「はうう…トイレトイレ」ゴロゴロ
セリス「おええええええ」ゲロゲロ
ギル「うわあああ…お、俺も気持ち悪くなってきた」
ゴル「…う…もらいゲロしそう」
バッツ「どんなに美味しく料理しても、所詮腐った魚は腐った魚ですから。
   良い子の皆は絶対食べちゃいけないよ!お兄さんとの約束だ!」
ギル「だったら食わすなよ!!!」ガビーン


in 北の岬

セリス「うう…ヒドイ目にあったわ…」ゲッソリ
ギル「ごめんなぁ…なんか色々」
セリス「貴方が謝る事じゃないわ。こちらこそ…色々と失礼な事を言ってごめんなさい」
バッツ「ま、良いって事よ…」
ゴル「お前は謝れ」

748 :22/23:2006/07/03(月) 02:11:28 ID:rKooeiDz0
モヤモヤ…

ギル「じゃあ、元気でな!」
セリス「ええ、貴方達もね。3人の事…一生忘れない。また会えるかしら」
ギル「ああ!きっと会えるさ!その時にはこの世界も平和になってると良いな」
ゴル「ロックとやらに再会できるよう願っているぞ」
バッツ「もうジジイ殺すなよ」
セリス「うん。ありがとう…………(クラッ)うっ…」
ギル「あ!危ねぇぞ…」ダッ!
コケッ
ギル「はわっ!!」
セリス「Σ(・Д・;)え!?ちょ…」

ドーーーーーン!!!

セリス「ぎゃああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ………!!!!」
ヒュルルルルル…………ドボーン
ギル「あああ( ゚Д゚;)あああ」
ゴル「あ…」
バッツ「あ〜あ。結局落とすんだもんなぁ。だったら最初から落としとけっつーの」
ギル「あわわわわ。ま、またやっちまったよぉ」
バッツ「はいはい、いつもの事いつもの事…さ、帰ろうぜ」
ギル「ええー!!助けようよ!!」
バッツ「いいのいいの…死んだら死んだで、そういう運命だったんだよ…」
ゴル「…大丈夫だ。下はどうせ海なのだし…きっと生きているさ」
ギル「そんな〜〜…………そうかな」
バッツ「そーそー。あれがそう簡単にくたばるようなタマかよ」
ゴル「殺しても死なないさ」
ギル「そ、そうか。…そうだな!!そういう事にしよう!」
バッツ「今日はもー疲れた!!よし!帰って寝るぞぉ!」
ギル「おー!」
ゴル「おー」

749 :23/23:2006/07/03(月) 02:15:26 ID:rKooeiDz0
ザザーン…
セリス「う…ううん……Σ(゚д゚)ハッ!!……生きてる。…あの野郎…よくも…」
鳥「………」
セリス「ふ…あなたが守ってくれたの?何の希望もない私を助けて一体…」
鳥「………」つ【バンダナ】
セリス「このバンダナは?もしや……ねえ、あなた。
  今どこから来たの?あなたの傷の手当てをしてくれた人は生きているの?ねえ答えて…」
鳥「…アホー」
セリス「……(#゚ー゚)ピキッ」
ガッ!ベキッ!!ボキボキバキブチッ…
セリス「…食料ゲット。これでしばらく持つわね…」つ【鳥の死骸】プラーン

セリス「あの人は…生きているのね。ロック…………
   …………ロックのバンダナ(´Д`*)ハァハァ (クンカクンカ…)うっ…濃厚な薫り…クセになりそう…」ハァハァ


in 次元の狭間
バッツ「…しっかし変な女だったな…あーゆーのはもうゴメンだ」
ギル「人妻予備軍なのに?…あ〜しっかし…股間がスースーするぅ。早くコテージ帰ろう」
ゴル「…何故だ。お前の股間に何が起きたのだ」
ギル「いや実はさー。ションベンした後、怪我してる鳥さんを見つけてさ。
   傷の手当てをしてあげようと思ったんだけどハンカチとか持ってなくて…
   しょうがねぇからフンドシで手当てしてあげたんだ!だから今ノーフンなの」
ゴル「それは良い事をしたな」
バッツ「…俺が鳥だったら、フンドシで手当てされるくらいなら死を選ぶ」
ギル「お気に入りの青いフンドシだったんだけど…仕方ねぇよな。鳥さん元気でいると良いなー(*´ω`)」ルンルン


セリス「(クンクン)……うふふ…うふふふ…ロックのかほり〜(´Д`*)ハァハァ」


FF6 セリス編 完

750 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 02:20:12 ID:QK10wcvVO
ちょwwwwwwフンドシwwwwww!!!!
とりあえず職人さん乙!!
長編GJ!!















ギルガメッシュ、ノーパンワロタw

751 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 02:21:36 ID:7aqle4HwO
超大作GJ!!!
味皇吹いたw

752 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 02:25:44 ID:l7tyqEsT0
GJGJ!
途中で中華一番が入っててワロタww

ギルはふんどしだったのか・・・・タイたんの仲間か・・・・w


753 :1/13:2006/07/03(月) 03:18:20 ID:7uEcukztO
ゴル「おーい!バッツ!ギルガメッシュ!遊びにきたぞ!」
ギル「おー!ゴルさん、よく来たな」
バッツ「よう!土産は?ないの?」

ゴル「あ!月で取れたタケノコ持ってくるの忘れたですとも!」
バッツ「何だ、またタケノコかよ。別にいらないよ、もう飽きた。たまには肉とか持ってきてくんない?」
ゴル「な!」
ギル「おい!バッツ!そんな言い方ないだろ!今度持ってきてよ、ゴルさん」

754 :2/13:2006/07/03(月) 03:19:50 ID:7uEcukztO
モヤモヤ〜

ギル「あ!モヤモヤだ!バッツもゴルさんもケンカしてないでモヤモヤの旅に行こうぜ」
ゴル「いいですとも!」
バッツ「まあいいか、行くぞ!」

ヒュー
スタッ

バッツ「ここは?なんか見覚えが・・・」
ギル「あれセシルの城じゃないか?」
ゴル「青き星・・・」
ギル「やっぱり!ゴルさん!弟さんに会いにいこうぜ!」
ゴル「でもローザがいるし・・」

755 :3/13:2006/07/03(月) 03:21:39 ID:7uEcukztO
バッツ「ふふふ、こんなこともあろうかとリョー子の写真を持っていて良かった。早速セシルに見せてくる!」
タッタカター

ゴル「な!待て!バッツ!」
タッタカター

ギル「おいてきぼりは無しだぜ〜!」
タッタカター

〜バロン城〜

バッツ「なあ、王様のセシルに会いたいんだけど!」
兵士「セシル?この国の王はバロン様だ。そんな男は知らんぞ?」
バッツ「バロン?」
ゴル「たしかセシルの前の王だ」
ギル「ってことは過去の世界か」

756 :4/13:2006/07/03(月) 03:23:08 ID:7uEcukztO
バッツ「んじゃセシル見つけても俺らのことわからないな」
ギル「しょうがない、帰るか」
ゴル「うむ、ここにいても仕方ないしな」

テクテク

ギル「た 大変だ!バッツ、あれを見ろ!」
バッツ「なんか不細工な子供が魔物みたいのに襲われてるな」
ギル「なんでそんなに冷静なんだよ!助けなきゃ!!」

ゴル「あ あれは・・・ゼムス」
バッツ「天むす?」
ゴル「ゼムスだ!!襲われてるのは・・・幼い頃の私ですとも!」

757 :5/13:2006/07/03(月) 03:25:13 ID:7uEcukztO
ギル「ってことは今あいつを倒せばゴルさんとセシルが憎しみ合う未来を変えられるんだな!」
バッツ「よし!やるぞ!ギルガメッシュ!」
ゴル「バッツ・・・ギルガメッシュ・・・」

バッツ「その子を放してもらおうか」
ゼムス「貴様等何者だ?」
ゴル「お前のような外道に名乗る名など無い!!」
ゴル「こいつは全ての魔法を吸収するぞ!気を付けろ!!」

ギル「じゃあゴルさんはあの子を!ゼムスは俺とバッツでなんとかする。」

758 :6/13:2006/07/03(月) 03:27:06 ID:7uEcukztO
バッツ「くらえ!!」二刀流みだれうち
ギル「俺も行くぜ!!」斬鉄剣

ブンッ!!

バッツ「手応えが無い・・・?」
ゴル「そうか・・・クリスタルだ!クリスタルが無ければ奴の実体は照らしだせん!!」
ゼムス「貴様、何故それを知っている・・・まあいい、いずれにせよこのまま生かしては帰さん!」

759 :7/13:2006/07/03(月) 03:28:53 ID:7uEcukztO
バッツ「これでどうだ!」クリスタルの欠片
ゼムス「く・・・・」
ゴル「やったか?」

ゼムス「ふはははは!どうやらその小さいクリスタルに本来の力は無いようだな」

ゼムス「そろそろ死んでもらうぞ!!」メテオ
バッツ「うわああああ!」
ゴル「ぐあああああ!」
ギル「あ〜れ〜」

ギル「く・痛ててて。ゴルさん、大丈夫・・・なわけないよな」
ゴル「ううう(戦闘不能)」

760 :8/13:2006/07/03(月) 03:30:22 ID:7uEcukztO
ギル「バッツ!何かいい策ないか?」
バッツ「く・・・くそ・・・(戦闘不能)」
ギル「なに!?バッツまで一撃で・・・とりあえずフェニックスの尾×2」

ゼムス「ほう?貴様はなかなかタフなようだな?だが私には勝てんぞ」
ギル「俺が悪かった・・・」プロテス
ギル「攻撃が効かないうえにメテオまで使われたら・・・」シェル
ギル「手も足も出ないぜ・・・」へイスト
ギル「ってのはウソだけどな」ジャンプ

スカッ

ギル「やっぱダメか」

761 :9/13:2006/07/03(月) 03:31:34 ID:7uEcukztO
バッツ「意味ねーことしてんじゃねーよ!!」
ギル「ごめん、でもどうする?」

モヤモヤ〜

ギル「あっ!モヤたん!しかも小さくなってる!ここはちびゴルさんと一緒に逃げよう!!」
バッツ「そうか、ちびゴリさえ連れてけばゼムスに操られることもないな」
ギル「よし!ゴルさん逃げるぞ!」
バッツ「ちゃんとその子も連れてこいよ、ゴリ!」
ゴル「・・・ああ」

バッツ「行くぞ!!」

ヒュー
スタッ

762 :10/13:2006/07/03(月) 03:32:51 ID:7uEcukztO
ギル「モヤたん消えちゃったな」
バッツ「あれ?ゴリ、あの子は?」
ゴル「・・・置いてきた・・・」
ギル「え?」

ゴル「あの子を連れてきたらおそらく次はセシルが狙われる、ゼムスはセシルの力があったからこそ倒せたのだ!」
ギル「でもよ・・・それじゃゴルさえが・・・」
バッツ「・・・」
ゴル「あの子は不幸な運命を背負ってしまったがそれで世界は救われるんだ。だったらあの子が・・・私が犠牲になるしかないだろう・・・」

763 :11/13:2006/07/03(月) 03:35:37 ID:7uEcukztO
ギル「ゴルさん・・・」
バッツ「ゴリ・・・」
ゴル「・・・」


一同「・・・・・・」


バッツ「な なーんか腹減ったな!ゴリさん何か食いたいものあるか?」
ゴル「・・・え?」
バッツ「飯だよ!メ シ !!何か食いたいもの無いかって聞いてんの!!」
ゴル「・・・え、えと・・・ハンバーグ・・・ハンバーグが食べたいですとも!!」

バッツ「おーし!まかせとけ!うまいの作ってやるよ!!あ、俺タケノコごはん食いたいな!ゴリ!タケノコ取ってきてくれよ!」

764 :12/13:2006/07/03(月) 03:39:21 ID:7uEcukztO
ギル「お 俺も食べたい!ゴルさん頼むよ!」
ゴル「いいですとも!じゃあ早速取ってきますとも!」タッタッタッタッ


ギル「バッツって何だかんだいってもいい奴だよな」
バッツ「俺はただ単に腹減っただけだっつーの!」
ギル「ふふっ そういうことにしといてやるよ!」
バッツ「下らないこと言ってないで飯の支度手伝えよ!!」
ギル「まかせとけ!」

765 :13/13:2006/07/03(月) 03:41:28 ID:7uEcukztO
タッタッタッタッ

ゴル「(幼き日の私よ、お前は不幸な運命を背負ってしまったが、それを乗り越えたときにはすばらしい仲間に巡り合える。すばらしい人生を過ごせる。だから・・・頑張るんだぞ・・・)」

タッタッタッタッ


ゴル「おーい!タケノコ取ってきたぞー!!」




FF4 ゴルベーザの過去編 完

766 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 03:53:26 ID:QK10wcvVO
ゴルさん…泣けたぜ!!
職人様GJ!!!!

まさにネ申だな…
FF4やろっと…

767 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 03:58:16 ID:dnAnpLVbO
>>753-765
乙ですとも(ノд`)
世界の平和と引き替えにゴルさんが不幸になり、テラとアンナとミシディアの皆さんがあぼーんするのだね…
許すまじゼムス、次はゼムス討伐編キボン!
バッツとギルとゴルさんとガリとヤンでFFレンジャーしてゼムスをボコボコに!…メチャクチャだw

768 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 08:18:33 ID:7MGwKx6F0
セリス編の職人さん、久々にすげーオモシロカタヨー
あ、い、う、とかファイト一発とかもう笑いまくりwwwwww
セリスがローラ姫とかぶってガクブルwwwwww
最後のオチもよかったー!

769 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 08:39:35 ID:HU2BSJA9O
これからAボーイを見る度ロックを思い出すよwww

770 :1/7:2006/07/03(月) 11:01:56 ID:K6g/VsJK0
バッツ「え〜今日も順調にモヤモヤを発見したわけですがみなさん」
ゴル「え〜では早速行くとしましょうかみなさん」
ギル「ちょっと待て!今日のモヤタンちょっと紫っぽくねーか?」
バッツ「気のせいじゃね?」
ゴル「いや、よく見ると確かにそんな気がする」
ギル「だろ?体調でも悪いのかな?お〜いモヤタ〜ン」
・・・反応なし
バッツ「モヤに体調とかあるかはげ!さっさと行くぞ!」
〜ヒュッ
ゴル「おい待てよ」
〜ヒュッ
ギル「・・・まあいつものことか」
〜ヒュッ
スタッ×3
バッツ「え〜ここは一見次元の狭間のようですが」
ギル「こんな代わり映えしないとこさっさと帰ろうぜ」
ゴル「ん?あそこに誰か人がいるな」
ギル「行ってみようぜ」

バッツ「アーロンか?」
アーロン「またお前らか・・・」
ギル「ってことはここは異界か?」
アーロン「違うな、ここは冥界だ」
ギル「冥界?異界とどう違うんだ?」
アーロン「さあな、俺も無理やり呼び出された身の上だ」
バッツ「誰にだよ?」
アーロン「ハデスだ」
ゴル「ハデス、ギリシャ神話の神か・・・まさか実在したとは・・・」
バッツ「なんかめんどくさそーだしさっさとモヤ見つけて帰ろうぜ」
ギル「おいおい、アーロンはほっといていいのかよ!?」
アーロン「気にするな・・・」

771 :2/7:2006/07/03(月) 11:03:56 ID:K6g/VsJK0
???「それは無理だな」
バッツ「誰だ!?」
アーロン「そいつがハデスだ」
ハデス「いかにも」
ゴル「いかにも冥界の王って感じの姿だな・・・」
バッツ「瞬の体は渡さないぞハーデス!!」
ハデス「アンドロメダの体は余のものだ・・・・・・って何言わすんじゃい!!!」
バッツ「こいつ結構乗りいいなw」
ギル「何の話かわからないのですが・・・」
ゴル「エイトセンシズに目覚めたのですとも」
ギル「???」
ハデス「・・・とにかくだお前たちはここから出られないわけだ」
バッツ「どういうことだ!?」
ハデス「お前たちを呼んだのは俺様ってことさ」
ギル「つまり冥界へのモヤモヤを作ったのはあんたってことか?」
ゴル「そして帰るためのモヤモヤを作れるのはあんただけってことか?」
ハデス「ずいぶんと物分りが早いじゃないかw」
バッツ「ふざけんな!!さっさと帰らせろ!!」
ハデス「まあまあ、お前たちが俺のために働いてくれたら帰してやろう」
アーロン「ふっ、くだらん」
ギル「そんなことだろうと思ったよ」
ゴル「いかにも悪党の考えそうなことだな(私にもそんな時代がありました…)」
バッツ「いえてるwwwこの単純バカwww」
ハデス「おい口には気をつけろよ!!!!!」
バッツ「し、しーましぇーん!!」
ハデス「まあいい、その腕を見込んでお前たちを呼んだわけだからな」
バッツ「お、あんたわかってるじゃないの!」
ゴル「単純バカ・・・」

772 :3/7:2006/07/03(月) 11:05:59 ID:K6g/VsJK0
ギル「で、何をしろと?」
ハデス「コロシアムでヘラクレスを倒してもらおうか」
ゴル「やはりいかにもな条件だな(私にもそんな時代が(ry・・・」
ハデス「倒せたら帰してやろう、神としてそれは約束しよう」
ギル「そんな汚い条件誰が飲むk バッツ「やれば帰していただけるんですね」
ギル「うぅっ・・・」
ゴル(そうですね、正義も悪もこの人にはないのでしたね・・・)
アーロン(変わらないなこいつら・・・)

控え室前
ハデス「時間になったら呼びに来るからしばらくここで待ってろ」
バッツ「しゃあねーし中に入っとくか」
ゴル「しかたないしな」
ギル「ん?アーロンあんたは中に入らないのか?」
アーロン「俺はここでいい、死人は疲れないからな」
バッツ「きっとあのおっさんは群れるのが嫌いな一匹狼さんなんだよw」
アーロン「・・・」
ギル「すまんな・・・」
ガチャ
ゴル「おや、先客か?」
バッツ「あれ!?クラウドとスコールか?」
ギル「あと美しいお嬢さんが二人」
レオン「なぜその名を知ってる!?」
バッツ「なぜってお前がスコールだからに決まってるからだろうが!」
レオン「だからなぜ知っているかと聞いてるんだ!?」
バッツ「だからおm ギル「はいはい、あんたスコールだろ?俺たちのこと覚えてないのか?」
レオン「知らんな」
クラウド「悪いが俺も知らんな」
バッツ「何ですってぇ〜?あの燃えるような熱い夜のことも忘れたなんて言わせないわよ!!!」
ユフィ「つまりウホモダチってことなのねw」
ティファ「クラウドはそんな人じゃありません」
クラウド「・・・興味ないね・・・」

773 :4/7:2006/07/03(月) 11:07:54 ID:K6g/VsJK0
ギル「スコールはともかく最近までずっと一緒だったクラウドまで知らないとはどういうことだ?」
レオン「その名は捨てた、レオンと呼んでくれ」
ゴル「もしかしてパラレルワールドってやつじゃないか?」
バッツ「何ヲタ臭いこと言ってんだゴリw」
ゴル「お前パラレルワールドも知らないのか?パラレルワールドと言うのはなつまr バッツ「それぐらい知ってるっつーのw」
ゴル「貴様ぁ!!!!」
ギル「まぁまぁ、そよく見ればクラウドもレオンもちょっと大人になってるもんな。
  とりあえず知らないってことで自己紹介を。俺たちはかくかくしかじかで(ry」
ユフィ「あたしはユフィちゃんでこっちがティファ、ティファはクラウドと一緒に暮らしてるんだよ」
ギル「何!!!」
ゴル「恋人いたのか・・・」
バッツ「ひひひ人妻さんですか!?ハァハァ・・・」
ティファ「ちちち違います!」
バッツ「じゃあおめーらさっさと結婚しちまえよ!!!」
ゴル「やっぱりあくまで人妻にこだわるのね・・・」
クラウド「いや・・・俺たちは別にそんな関係じゃ・・・・な?ティファ」
ティファ「・・・・・・クラウド」
ユフィ「あちゃ〜・・・」
ギル「駄目男だな・・・」
ユフィ「ほんとだよね〜こんな駄目男でも不思議と結構もてるんだよね〜、あたしもキスしちゃったし」
クラウド「ちょwwwそれはお前が勝手に!!!」
ティファ「ど・う・い・う・こ・と・か・な・クラウド君?」
バ&ギ&ゴ「修羅場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?」
ユフィ「おろろ〜大変だね〜w」


774 :5/8:2006/07/03(月) 11:09:09 ID:K6g/VsJK0
ガチャ
ギル「ん?獣臭」
バッツ「カメか!?」
レオン「ソラ、ドナルド、グーフィー」
バッツ「ちっ、カメじゃないのかよ」
グーフィー「僕は違う世界ではカメになるよぉー」
バッツ「カメェェェェェェェ!!!!!!!!」
グーフィー「うわぁ!!!」
ギル「バッツ落ち着け!それはカメじゃない」
ゴル「そうだ犬だ、ん?犬か???」
グーフィー「僕はグーフィーだよぉー」
ソラ「俺はソラ」
ドナルド「僕はドナルド」
ソラ「君達は?」
バッツ「俺たちはかくかくしかじかだ」
ソラ「かくかくしかじかじゃ分からないよw」
バッツ「おいギル!さっきはかくかくしかじかで通じたじゃねーか!!」
ギル「お前は・・・ただかくかくしかじかって言えばいいってもんじゃないの!」
バッツ「じゃあどうかくかくしかじかって言えばいいんだよ!?」
ギル「だからかくかくしかじかと言うのはだな内容を込めて(ry・・・)
ゴル「・・・すまんソラ、私が説明するよ」
ソラ「う、うん・・・」
ゴル「かくかくしかじか」
バッツ「よーーーし分かったーーーーー!!今からかくかくしかじか言っちゃうもんねーーーー!!!」
ソラ「バッツ、もうゴリさんから聞いたよ・・・」
バッツ「てめぇゴリ!!!!よくも俺様のかくかくしかじかを!!!!!」
ゴル「わかったから、次はちゃん言わせてやるから」
バッツ「うぅ・・・次はきっとだぞ・・・(´;ω;`)」
グフィー「ドナルドより騒がしい人たちだねw」
ドナルド「うるさい!!」

775 :6/8:2006/07/03(月) 11:10:03 ID:K6g/VsJK0
ソラ「話は分かったよ、でさキーブレードがあればそのモヤモヤって言うのを作れると思うんだ」
バッツ「まじでか!?」
ソラ「キーブレードは世界と世界に繋がる扉の鍵を開いたり閉じたりできるんだ」
ゴル「そんな便利なものがあるとはな」
ソラ「どこでも自由にってわけにはいかないんだけどね」
ギル「キーブレードってのはどんなんなんだ?」
シャキン
ソラ「これだよ」
ゴル「おもしろい剣だな」
ギル「ちょちょ、ちょっと持たせてくれないかwktk」
ソラ「悪いけど無理なんだよね」
ドナルド「キーブレードは選ばれた人間しか持つことができないんだ」
グーフィー「他の人が持ってもすぐ持ち主の元に返っちゃうんだよね」
ギル「そっか・・・俺も選ばれないかなー」
バッツ「お前みたいな化け物がそんな剣に選ばれるわけないだろうがwww」
ギル「じゃあそういうお前はどうなんだ!!」
バッツ「ハァ?ソラちょっと貸してみ。よーく見とけよ、俺は光の戦士だぜ!世界を救ったんだぜ!
   そんな俺様が選ばれないわけ・・・・・・・・・・・・・・・あるがなOTL・・・・」
一同「゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」
ゴル「私はやはり選ばれないだろうか?」
ソラ「多分無理」
ドナルド「絶対無理」
グーフィー「見るからに無理」
ギル「試すだけ無駄」
バッツ「少しでも可能性があると思うほうがどうかしてる」
ゴル「何もそこまで言わなくても・・・OTL・・・・・・」

776 :7/8:2006/07/03(月) 11:11:57 ID:K6g/VsJK0
バッツ「じゃあそろそろ帰るか」
ゴル「いいのか?私たちだけ先に帰ってしまって」
レオン「俺達はソラ達と帰るよ」
ユフィ「じゃあまったね〜」
ティファ「そっちの世界のクラウドにもよろしくね」
クラウド「・・・興味ないね」
ゴル「ああ、またな」
ギル「アーロンはどうするんだ?」
アーロン「俺はモヤモヤとやらからやって来たのではないからな、どうにかして帰るさ」
ギル「そうか、すまないな・・・」
アーロン「・・・じゃあな」
バッツ「じゃあソラ頼んだ」
ゴル「待て!帰ったはいいがまたハデスに騙されるなんてことはないのか?」
ソラ「それは大丈夫だよ、こっちから鍵をかけておけばハデスでも開けられないと思うから」
ギル「じゃあみんなとはもう会えないんじゃないのか?・・・」
バッツ「こっち世界もいろいろなとこがあるんだろ?じゃあ大丈夫じゃねーの?」
ギル「お前たまにいいこと言うな」
ソラ「そうだよな、きっとまた会えるよ」
グーフィー「今度会うときはカメの姿の時かもね」
ドナルド「短い間だけど楽しかったよ」
ソラ「じゃあ行くよ!」

モヤモヤ出現

777 :8/8:2006/07/03(月) 11:13:18 ID:K6g/VsJK0
ハデス「お前ら何をしている!!!!!逃がすか!!!!!!!」
レオン「早く行け!!」
クラウド「ここは俺たちが!」
アーロン「やれやれ・・・」
バッツ「おい、どうする!?」
ギル「俺たちだけ帰れるかよ!」
ハデス「死ね雑魚ども!!!!!」
一同「うわーーーーーーーーーーーーー!!!」

ゴル「くそ・・・・みんなやられたか・・・・」
ソラ「俺は・・・・まだやれる・・・」
ゴル「今こそ・・パワーをメテ!!!なんだこれは!?
  これはもしやキーブレード!!!」


数時間後コテージ
バッツ「ん、んん・・・・ここは・・・・!おい起きろギル!!」
ギル「なんだ・・・もう朝か?」
バッツ「俺たちは確か、ハデスにやられたんじゃ・・・・・」
ギル「ここにいるんだし夢だったんじゃねーの?」
バッツ「そうかも、夢かもな、だってゴリさんがキーブレード持ってソラと一緒に戦ってたしw」
ギル「その夢俺も見たwありえないしwww」
バッツ「しかし二人とも同じ夢を見るなんてめずらしいなw」
ギル「だよなーwその夢のゴルさんかっこいいと思ってしまったしw」
バッツ「俺も不覚にもかっこいいと思ったしwでも実際ありえねーしwww」
ゴル「zzzz・・・」

真実は本人のみぞ知る

778 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 12:14:01 ID:ul9CuquoO
ゴリさんカコイイ!!
そーだよな、よくよく考えてみたらゴリさんもクルーヤの息子なわけだから聖なる力を持つ能力を持っててもおかしくないんだよな〜。
あ、そういやバッツもゴリさんも別世界の人間とのハーフっていう点が何か共通しているな。
だから何ってわけでもないがw

779 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 13:10:35 ID:cNn2QWWF0
バッツとギルとゴリさんの"オマエモナー"のやりとりに吹いたw
他にも色々と投下されてるなw
GJですとも

780 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 14:22:47 ID:l1fkbWPM0
変態セリスワロスwwww

781 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 19:22:43 ID:jvOyHC6UO
おふwもうね・・・











ギルガメッシュナイトばりの感動ありがとぉ〜!

職人さんすごw

782 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 19:26:46 ID:Bz0iQ/uy0
個人的意見だが
KH2のあのシークレットムービーってゴリさんかもしれないなぁ〜
て思う

783 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 20:29:33 ID:1PFIakkD0
>>782
ゴリさんがチャッカーに!?

784 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 21:03:39 ID:rKooeiDz0
セリス編書いた者ですが…
すみません。間違えました。訂正させてください。


>>749 5行目

×鳥「………」つ【バンダナ】
○鳥「………」つ【青い布きれ】


どーでも良さげですが、自分的には痛恨のミス……ああ悔しい。


長ったらしいネタを読んでくださった皆さんどうもありがとう。
感想くれた方どうもありがとう。
失礼いたしました。では。ノシノシ

785 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 21:51:20 ID:Z9vSUcXI0
大作続きで楽しかったっす

786 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 22:30:34 ID:Z3MF0CkYO
ゴルさんがパラディンになる試練を受ける話キボン

787 :【1/3】:2006/07/03(月) 23:00:06 ID:By1dpp9l0
ゴルベーザ「これから夏野菜の美味しい季節になるのだなぁ・・」
バッツ「・・・」
ギルガメッシュ「・・・」
ゴル「もしも新鮮な野菜とかが手に入ったら持って来るから期待してろよ!!」
バッツ「・・・」
ギル「・・・」
ゴル「夏野菜はカレーにしても美味い・・・って聞いてる? ねえ?」
バッツ「・・なぁ」
ギル「なんだ?」
バッツ「やっぱさ・・コレは突っ込むべきなのかな」
ギル「ゴルさんのためだと思うのならば」
ゴル「どうしたんだお前ら?」
バッツ「・・いいか? 言うぞ? すぐ言うぞ? ほら言うぞ?」
ギル「早く言えっての」
ゴル「ん? 私に言いたい事が?」
バッツ「・・何でゴリさんの甲冑の色が"赤"なんだ!!!」
ゴル「赤色だと? 私の甲冑は黒・・・おわ!? ほんとうだ!!」
ギル「いや 甲冑を着るときに気が付かないか普通」
バッツ「そしてもう一つ 何で"一本角"が生えてるんだ!!!」
ゴル「おいおい 私の兜に付いてる角は左右の二本だけ・・・」
ギル「鏡をどうそ」
 ジ---
ゴル「・・ある! 確かにある!! 額の上のほうに付いてる!!」
ギル「その角さ・・・カッコイイよな!!」
ゴル「フッ・・今私もそう思ったとこだ!!」
バッツ「・・何の真似だ?」
ゴル「真似? 真似とは何だ?」
バッツ「赤くて角付き・・・もう何かしらの悪意があるとしか思えん!!」

788 :【2/3】:2006/07/03(月) 23:00:41 ID:By1dpp9l0
ギル「ちょっとまて! その場合俺もか?」
ゴル「いやいや これは私自身も知らない事で・・」
バッツ「アレか? 彗星か何かか? メテオか? 赤いメテオなのか?」
ギル「無視かよオイ」
ゴル「だから勘弁してくれって! "通常の3倍"だなんて私だって何も知らないんだから」
バッツ「やっぱり意図的かこの野朗!!」
ギル「3倍って・・当社比か!?」
ゴル「もしも意図的だと言ったらどうする?」
バッツ「斬る ただひたすらに斬る 特に意味は無いけど斬る」
ギル「また無視かっつうの・・」
ゴル「認めたくないものだな・・若さゆえの過ちというのを・・」
バッツ「もうオッサンじゃねぇか!!」
ゴル「一体何の根拠があってそんなことを言うのか!!」
バッツ「うるせぇ!! 宣告どおりに斬る!!」:ラグナロク
ゴル「当りさえしなければ!!」
 ブォンッ
 スカッ
バッツ「・・え? 外した?」
ゴル「だから若いのだよ!!」:通常の3倍
バッツ「クソったれ! もう一回!!」
 ブゥンッ
 スカァッ
ゴル「無駄無駄無駄無駄ァ!!」
バッツ「そんな・・ゴリさんにかすりもしないだと・・?」
 ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ・・・
バッツ「・・ん?」
ゴル「フハハハハハ( ゚∀≡( ゚∀゚≡( ゚∀゚ ≡( ゚∀゚ )≡ ゚∀゚ )≡゚∀゚ )≡∀゚ )ハハハハ」
バッツ「ゴリさんが増えた!! ギルガメッシュ! お前も手伝え!!」
ギル「なぁエンキドゥ・・バッツってたまに冷たくないか? ってかいっつも冷たいよな?」
エンキドゥ「ガッ?」
バッツ「話し込んでる場合か!!」

789 :【3/3】:2006/07/03(月) 23:01:45 ID:By1dpp9l0
ゴル「イマダッ( ゚≡( ゚∀≡( ゚ω゚≡( ゚∀゚ ≡( ゚∀゚ )≡ ゚∀゚ )≡゚∈゚ )≡∀゚ )≡゚ )パワーヲメテオニ!!」
バッツ「なっ!? ちょっまてお前! その数で放たれるとシャレにならないから!!」
 ―メテオがいっぱいシリーズ―
バッツ「うっ・・うわぁぁぁぁぁぁ!!!」


 ―――――ガバァッ!
バッツ「ぁぁぁぁぁぁ!? ・・・・・・・・・あれ?」
ギル「グゥー・・グゥー・・ンン・・・エクスデスサママジデリストラダケハカンベンシテ・・・グゴゴゴゴ・・」
バッツ「ゆっ・・夢か? 何なんだあの誰専用かもわからないゴリさんは・・・もういいや 寝よう」

 ――in 月の館
???「ふぇっくしょぃやぁ!!」
ゴル「おや? 風邪でも引いたのか?」
???「ズズズ・・さぁな 白い悪魔が私の噂をしているのかもしれないな」
ゴル「悪魔? キミは悪魔と戦ってるのか? そりゃ私も色々と戦ったけど・・」
???「いやいや 悪魔とはただの呼び名でな にしてもスマナかったな 急にあがらせてもらって」
ゴル「なぁに構わんさ 困ってる人は助けるものだと教わった気がしてな でも変わった乗り物に乗ってるのだな」
???「あぁアレか? いい機体だろう! 赤くて・・角が生えてて・・赤くて・・・赤いからな!!」
ゴル「確かに赤いな こんなのがいきなり煙を上げながら月の館付近に落ちてくるとは思わなかった」
???「ハハハハハ 足だけで操縦してたら案の定失敗してしまったのだよ 若さゆえの過ちだな」
ゴル「若いって大事だよな!!」
???「まったくだ!!・・・さて 私はこれで失礼するよ」
ゴル「もう行くのか?」
???「上からの命令でな・・あの一家は人使いが荒くて困る」
ゴル「そうか・・まぁ達者でな そうだ! まだ名前を教えてなかったな・・私の名前はゴルベーザ キミは?」
???「私の名前は・・まぁ仮の名だが教えておこうか 私の名前はシャ―――

 ―――――ムクッ
ゴル「・・夢・・か・・・・・・今の夢は何なんだ?
  変な男だったな・・マスクを被ってて・・全身赤くて・・赤くて・・・・赤かったな・・・・・・また寝るか」
フースーヤ「・・メガオトコマツリ・・・クカー・・」

790 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 01:39:54 ID:jbYqikeyO
メテオがいっぱいシリーズふいたwww

791 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 04:35:46 ID:KEoQrCUg0
ff世界のキャラが迂闊にギリシャ神話とか言うなw

792 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 08:00:02 ID:44s4BB410
ゴルさん強えwwwwww

793 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 08:24:26 ID:QDAcEqX+O
ここで中間発表

コテージにメインで住んだことのある数人の年齢は

バッツ『20歳』
ワロッシュ『不定(30代後半?』ゴリ『30歳』
クラ『18歳』
クロ『17歳』
エーコ『15歳』
DQ1サダコ『推定32歳』

ぐらいかな〜?


FF6のティナ登場するかエーコ帰ってこーいww

794 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 13:07:56 ID:+9ft0VUh0
貞子32歳吹いたwwwwwwwwwwwwww

つ『ぬるぽ』

795 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 15:01:47 ID:/ZAs0vEK0
>>793
エーコは6歳

つ『ファファファ』

796 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 15:44:15 ID:IE3DqS/9O
もう800になるのか…

つ『のばら』

797 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 16:52:00 ID:n55ZuQAOO
つ『赤い翼』

798 ::2006/07/04(火) 17:03:09 ID:5FygudoJO
バッツ「あぁぁぁ…」
ギル「??どうした?」
ゴル「カメ不足ですとも?」
「いや…カメは……(不足は確かに…)うん、ちょっと思ったんだけどさ」
ゴル「なんすとも?」
バッツ「いやさぁ…ボコとうしてるかなぁって」
ギル「………バッツ、ついにチョコボか?おまえの相棒なんだろ?その奥さんは……」
バッツ「バッカ!ちげぇっての!俺は純粋な気持ちでなぁ!」

ギャーギャーワーワー カメェェエ! アァーレェー
…………モヤァン…………
ギル「あ、モヤたん!」
ゴル「……パワーを次の異世界へ!」
バ・ギ「いいですとも!!」

799 ::2006/07/04(火) 17:12:48 ID:5FygudoJO
モヤ〜〜ン……

バッツ「よっ…と!」
ギル「っしょっと」
ゴル「あわわ!」 どて…

バ・ギ「………」

ギル「お?村が見える!」

バッツ「はっ…!カメェェェ!!」
ドドドドド………
ギル「ちょっ…行っちまいやがった…」
ゴル「ですとも……」

〜〜〜草むらの中〜〜〜
ガサガサ……
バッツ「な、なんだあの村!?」

そこにはモンスターの作る村が見えている…。

ギル「バッツ〜?ゴルさん、バッツいた??」
ゴル「あそこにいますとも!」
ギル「お、本当だ。お〜い!バッ…」
バッツ「おい!あの村…モンスターばっかだ!」
ゴル「!? パワーを逃げるに!」
ギル「いいですと……つられた……」
バッツ「いやいや、逃げんなゴリ!行くぜ!ここにはカメがいる気がする!」
ギル「ま、まぁ、普通のレベルだし……行ってみようか……」


800 ::2006/07/04(火) 17:21:05 ID:5FygudoJO
??「おやおや…最近は人間の出入りが増えたね…」バッツ「あんたは…?」
??「私はボムおばさんさね。あんたたちは…?」

バッツ「俺はバッツだ!」
ギル「ギルガメッシュだ!」
ゴル「ゴルベーザですとも!」
ボム「ふん、わかったよ。わたしらは最近は人間に優しいのさ。うちに来な。」
〜〜〜こうして、倉庫のランドタートルに会ったあとにボムおばさんから話しを聞くことに〜〜〜

バッツ「ふんふん、なるほどな」
ギル「この物語の主人公は今、雪山にいるんだな?」
ボム「そうさね。何度か助けに行ったけどモンスターが強くてねぇ……」
ギル「俺達で手伝おうぜ!」
ゴル「いいですとも!」
バッツ「それじゃ、行こうか!」



801 ::2006/07/04(火) 17:35:06 ID:5FygudoJO
スタスタスタ………
〜〜〜三人と一匹(?)はモンスターが出る雪山へ〜〜〜

バッツ「うぅ…ボムさんがいるから前よりはマシだけど……」
ギル「寒い……」
ゴル「……ですとも……」
ボム「はんっ、だらしがないねぇ…おっと、モンスターだよ」
バッツ「この世界じゃHPは俺達のが多いらしいから余裕じゃね?」
ゴル「デ……デストモォォォォ!」ギル「おわぁっ!ベヒーモス!??」
バ・ギ・ゴ「………………」
シンダフリシンダフリ……

ボム「なさけないねぇ…」
シュゥゥゥウ!!

バ・ギ・ゴ「自爆!??」
ボム「のフリさね。おどろかしただけさ」
バ・ギ・ゴ「コワァァァァ……」


〜〜〜そんなこんなで、チョコボたちが困っている氷の前へ〜〜〜
チョコボ「キュピィ…」シド「困ったのぉ…」

バッツ「ん?進めないみたいだな……」
ギル「そうだな…あれは……?」
ゴル「もしかして…??」

バ・ギ・ゴ「氷の中にモヤモヤが!??」


802 ::2006/07/04(火) 17:43:04 ID:5FygudoJO
「まったくなさけない………………おまえ!?!………………」


ボム「そこの三人!パワーを私の…(ほにゃ)自爆に!」
ゴル「いいですとも!」
バ・ギ「ェエェエェエ」

う ち ゅ う の ほ う そ く が み だ れ る !

ピカッ… ドーーーーン!!!!!

バッツ「ボムさん……」
ギル「いい人だった……」
ゴル「ですとも…………」

〜〜〜チョコボ達に気付かれないようにモヤモヤに入る三人〜〜〜

????「まったく、わたしが」「死んだと思ったのかい?」
「「分裂自爆さ!」」

バ・ギ・ゴ「マジですとも!!!??」


モヤモヤァン………

ギル「良かった……ボムおばさん……」
ゴル「てっきり死んだと思いましたとも………」


バッツ「おい……今回俺達……活躍がないぞ!!」

ギ・ゴ「…!!??」

803 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 20:29:16 ID:44s4BB410
GJおもろいです
だが、オチ無しか?

804 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 20:44:35 ID:KwkTCfWH0
ですともいい過ぎ

805 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 20:51:02 ID:5FygudoJO
お笑いみたいな感じが苦手だから頑張ってみたんですけど…

もっと精進します!

806 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 20:52:16 ID:+A0iTXT/0
>>798-802
う〜ん…いまいち意味が分からなかったです。
ひょっとしてまだ続いてる?
そもそも元ネタは何なんですかね。

807 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 20:59:10 ID:5FygudoJO
>>806チョコボの不思議なダンジョンです。

808 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 21:02:18 ID:+A0iTXT/0
>>807
トンクス
チョコボの不思議なダンジョンはやった事無いから分からなかったよ。
ゲームをプレイしたことが無い人にも分かるよう心がけてネタ書くといいかも。
偉そうでゴメンよ。

809 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 21:06:28 ID:QDAcEqX+O
あ〜なんだか昔の教育番組であった『スプーンおばさん』思い出したw

マリオあるなら日本昔話もできそうね〜。ありきたりかw

でもワロッシュよろこびそーだよ

エーコを見てェ〜!

810 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 21:40:13 ID:BU+VRZLX0
最近みんながんばってるね。
FF6セリス編読んで…セリスがクシャナ張りの女武者を発揮してくれるのを期待してたのに、いざプレイすると
すっかり乙女でチョトがっかりした10年前を思い出したよwww


811 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 22:47:34 ID:r1rQfZld0
>>802に蛇足してみる

バッツ「ギガワロス…せっかくの自爆チャンスを逃したな」
ギル「人を自爆専門みたいに言うなぁぁぁあ!」
ゴル「そうか?ピンチの時に自らを犠牲にして皆を救うのは青き星では常識だったぞ」
ギル「常識のわけあるかぁぁぁぁあ!!」
バッツ「見損なったぜワロス!!じばく士としてのプライドはどこ行った!?」
ギル「勝手なジョブ作るなぁぁぁぁぁあ!!!」
ボム「おやおや、あんたたち自爆を身に付けたいのかい?
   青魔法教えてやろうか、そこのアンタはちょうど甲冑も青いしきっと似合うさね」
ゴル「黒き甲冑なんですとも………」

812 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/05(水) 08:18:05 ID:JEi3vamUO
ギルガメッシュナイトのくせに偉そうw

装備『ヌコ耳』『ヌコ手』『ヌコ足』(#^.^#)ニャン
とかいってバッツの機嫌とってろw

ゴルはフラッシュ掛けてもうもくしてさらに青ざめるといいっす。

エーコは前レス並に激しいとヤバァイからやさしくね

813 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/05(水) 08:33:22 ID:JEi3vamUO
うおwもうもくじょねぇ
ちんもくだ!

814 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/05(水) 17:18:19 ID:WVrMabLo0
日本語でおk

815 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 12:38:22 ID:+m0DyoKLO
職人さん来ないかな〜(´・ω・`)
保守

816 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 13:08:21 ID:moV+oUE0O
保守

817 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 15:44:15 ID:ceQsNOS7O
ホッシュホッシュホッシュメッシュホッシュメッシュメッシュマッシュメッシュバッツユホッシュ・・・
ギル『ん?わたし呼ぶ声が聞こえる』
マッシュ『とおい所からサダコから・・・いや仲間からの声か?』
バッツ『ん??だれだ俺の名前をばっちゅと呼んだのはー?!』
ゴル・ギル(バンチュ)ブハッw
ゴル『いかん噴いたが私じゃないぞー』
バッツ『ギルガメッシユオマエカー!』
ギル『チョwマッw俺の名前も呼ぶ声もしたんだー。』
バッツ『なんだー?仕返しに俺か?こら!』(ラグナロク) チャリリン
ギル『ウホwバッツいつから好戦敵になったんだよー』
バッツ『三歳の時なにやら字を間違えて親父に怒られその日プリンの量が半分になった』

818 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 16:10:34 ID:ceQsNOS7O
バッツ『その時からだー!』ダッダッダダダー・・・
バッツ『ギルガメッシュ・・・』
バッツ『お前と』
バッツ『歌は似合ってるよ』ギル『バッツ・・・』
バッツ『うなことありえねくらい下手くそだから死んでもドゥエットしたくねぇ』ギル『バッツ・・・』
ゴル『せ・・・生理中のような機嫌のワルサだ』
バッツ『お前の名前に亀入ってるから気にいってたよ』ギル『バッツ・・・』
バッツ『早く亀に謝れ!ガメ取ってギルメッシュにしろw』
ギル『バッツ・・・』
ゴル『すごい飴と鞭のよいだwバッツコワイデスヨ・・・』
ギル『解った今日からギルメッシュに・・・んなわけあるか〜積年のニートストレスを俺にアタルナー。』

819 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 16:27:00 ID:ceQsNOS7O
バッツ『(!)エーコがいる』ギル『(゜▽゜)どこ?』
バッツ『わけねえだろw』
青魔法(レベル3コンフェ)
ギル『エーコえーこー(ジャイ○ン)おーれーはロ〜リコン〜5歳か〜ら〜15歳ま〜で〜♪』
バッツ・ゴル『はうw( ̄▽ ̄;)』
ギル『ウフフwままごといいな〜w』
ギル『今日はお・・・おれが悪かったよ〜』
ゴル『う・・・うむwコテージへ帰ろうw』スタタタ・・・
ギル『えへへ・・・エーコたんw』

820 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 16:29:36 ID:ceQsNOS7O
最後はやりすぎたw失礼w

821 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 17:53:12 ID:1bTRN85X0
ごめんネタの意味が分からない
今までの中で突出して支離滅裂だ

822 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 18:53:26 ID:/oR7qD5B0
マッシュキターと思ったら・・・どういうこと?

823 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 20:19:57 ID:LUJUFNRtO
ここ数日携帯からキモいレスつけてた厨房か
ネタもキモいんだね
読んでないけど

わざわざageてまで恥をさらすなよ

824 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 21:30:44 ID:DVB5CIVG0
>ID:ceQsNOS7O
「エーコがバッツにマディーン召喚」まで読んだ。

825 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 22:02:20 ID:In5Iltvm0
「名前が無い@た」まで読んだ。

826 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 22:20:36 ID:72GUEXB10
「『モルルのおまもり』を手に入れた」まで読んだ。

827 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/06(木) 23:40:33 ID:42ewDQH10
「ジャンプ」読んだ

828 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:13:54 ID:s1YYLC+lO
バッツ「おもむろに彼女の服をぬがし…までよんだ」
ギル「何?そのエロ本?俺にも見せてよ」
バッツ「俺の考えではな、ワロッシュ。一度でも、たった一度でも他人に夢を語ったら、その夢は叶わないと俺は思うんだ」
ギル「(この男…覚悟だけはスゴい!だがそれを貫けるかはべつだ!)あーあ折角俺のやつも見せようと思ったんだけどな?」
バッツ「実は人妻ものを少々…あとこれ」
つ【亀の産卵】
ギル「…なぁバッツ?お前それでいいのか?」
バッツ「なにがだよ?」
ギル「自分の覚悟はすぐ挫けるだろ?それにお前もう二十歳だろ?知らないぞ」
バッツ「うるせいやい!この幼女キラー!」
ゴル「(また喧嘩か…巻き込まれる前に逃げた方が良さそうですとも!)」
ギル「やんのかバッツ?」
バッツ「今日は許さないぞワロッシュ!」
ドカバキグシャデストモ…デストモー!バキグシャ…
ゴル「この臨死体験ももう快感かも(;´Д`)」
バッツ「…なぁ?ワロッシュ?さっきは喧嘩してて気づかなかったけど」
ギル「なんだよバッツ?」
バッツ「そろそろ俺たちの世界に帰れそうな感じがしたんだ」
ギル・ゴル「なっなんだってー」
バッツ「だからさ…残された俺たちの時間…有効に使おうぜ!」
こうして三人は思い出をつくるため冒険を続けるのだった
振り返れば色々あった2スレ目編 完

829 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:20:13 ID:XRTCH7s3O
すみません誰かいままでの奴を携帯でも見れるまとめサイトを作ってください。携帯厨ですみません

830 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:24:50 ID:lc516ZCr0
>>829
おk、土日使って作ってみます。

831 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:40:56 ID:XRTCH7s3O
830神様ありがとうございます!wktkしながら待ってます。

832 :【1/9】:2006/07/07(金) 01:37:00 ID:sPcz0adx0
 ガチャガチャ・・
バッツ「ん〜・・ゴリさん? ちょっといいか?」
ゴルベーザ「何だ?」
バッツ「この"卵"と"牛乳"なんだけどさ・・大丈夫だと思う?」
ゴル「私に聞かれてもなぁ・・ギルガメッシュはどうした? アイツにも聞けばいいじゃないか」
バッツ「いや アイツさっき出かけたから」
ゴル「そういえばエンキドゥと一緒に出かけてたな」
バッツ「ゴリさん毒見してくんない? 腐ってるかもしれないしさ」
ゴル「お前・・腐ってる怖れのある物を人に食わすつもりなのか?」
バッツ「いいからいいから」
ゴル「よくない!!」
バッツ「じゃあ黒竜呼んでよ」
ゴル「黒竜を? まぁ構わないが・・・・・・我が血の契約の前にその姿を示せ黒竜!!」召喚:黒竜
 ヒュィィィィン・・・ギッシャァァァァァ!!
黒竜「・・(ナニカヨウ? テイウカイマノセリフナニ?)」
ゴル「お前の望みどおりに呼んだが・・どうするのだ?」
バッツ「いや・・黒竜なら腐ってる物食っても腹壊さないかと思って」
ゴル「食わすのか!?」
黒竜「!?(マジデスカ!?)」
バッツ「さぁ黒竜・・四肢の力を抜いてその身を流れに委ねろ」
 ジリッ・・ジリッ
黒竜「!?(イ・・イヤ・・・コナイデェェェェェ!!!)」
ゴル「こっ・・黒竜ぅぅぅぅぅぅぅ!!!」


 ザッザッザッザ・・・
ギルガメッシュ「久しぶりの散歩だなぁエンキドゥ」
エンキドゥ「ガゥッ!」
ギル「にしても・・フフフフ」
エンキ「ガッ?」

833 :【2/9】:2006/07/07(金) 01:37:38 ID:sPcz0adx0
ギル「フフハハハハ! 喜べエンキドゥ! 今回はバッツとゴルさんの出番はほとんど無い気分が満点だ!!」
エンキ「・・・」
ギル「おいおい 何だその目は お前の出番も増えるって事だぞ?」
エンキ「!! ガゥッガゥッ!!」
ギル「現金な奴だなお前は! 一体誰に似たんだか・・・まぁいい そこで一つ提案があるんだが」
エンキ「ゥガッ?」
ギル「エンキドゥは俺を乗っけたまま走れるか?」
エンキ「・・・」
ギル「オヤツにバナナあげるからさ」
エンキ「ガゥッ!!」
ギル「よっしゃ! いい返事だ!!」
 ダダンッダダンッダダンッダダンッ・・
ギル「おっ・・おぉ・・結構早いな」
エンキ「ガゥガゥ!!」
ギル「まだ早くできるのか!? じゃあドンドン飛ばせぃ!!」
 ダダダンッダダダンッダダダンッ・・
 モヤモヤ・・
ギル「むっ!? 前方にモヤモヤ発見! 止まれエンキドゥ!!」
エンキ「ガッ!?」
ギル「いいから早く止まれってのぉぉ!!」
 ザザザザザ・・ッキキィィィィィィィィ・・
 ブワッ
ギル「ぁ」
 ヒュゥゥゥゥ・・
ギル「シートベルト締めときゃよかった・・コレが慣性と呼ばれる奴か・・」
 モヤモヤァ〜ン・・・
エンキ「・・ゥガッ?」
 ダンッ

834 :【3/9】:2006/07/07(金) 01:38:28 ID:sPcz0adx0
 モヤモヤァ〜ン・・・
 ヒュゥゥゥゥ・・・ドサッ
ギル「ゴフッ!!」
 モヤモヤァ〜ン・・・
 タタンッ スタッ
エンキ「ガゥ!!」
ギル「ぅ・・エンキドゥか 追って来たみたいだな・・にしてもアレだな」
エンキ「ガッ?」
ギル「急ブレーキって危ないよな!!」
エンキ「ガゥガゥ!!」
ギル「まさか放り出されるとは思わなかったからな・・ところでココは一体」
 ブゥゥゥゥゥゥン・・
ギル「レース会場か何かか? ゴールっぽいのも見えるしな」
 ゴォォォォォォォ・・
???「クッ・・クピィィ!!?」
ギル「え?」

 ズガシャァァァァァン!!

ギル「ぐぉ・・・いきなりか!!」
???「キュゥ・・・」
ギル「コイツは・・チョコボか?」
 ブゥゥゥゥン・・キキィ
???「おい 何やってるんだ?」
ギル「え? あぁ 今このチョコボが何故か知らんが高速で俺に突っ込んで来て・・・・・・お?」
???「そりゃココはレース会場だからな 高速で走行するのは当たり前・・・・・・ん?」
ギル「お前は・・スコールか!?」
スコール「そういうアンタは!! ・・えっと・・・何だったか・・ギル・・ギルガメ?」
ギル「ギルガメッシュだ!!」

835 :【4/9】:2006/07/07(金) 01:39:20 ID:sPcz0adx0
スコール「そうだったな 随分と久しぶり・・ん? 他に連れがいなかったか?」
ギル「コイツか?」
エンキ「ガゥッ!!」
スコール「いや犬じゃなくて・・アレだ バッツだ」
ギル「バッツは今日は来てないな」
スコール「そうなのか? しかし何でまたこんなレース会場に?」
ギル「そりゃモチロン・・エンキドゥに乗って爆走してたら来ちゃった訳だな うん」
スコール「ふぅん・・」
ギル「逆に聞くがスコールは何でココに居るんだ?」
スコール「まぁレースに向けてのテスト走行をチョコボと一緒にやってたんだが・・そうだ! 大丈夫かチョコボ!?」
チョコボ「キュ・・クェェ!!」
ギル「・・っと そうだった さっきぶつかっちまったんだよな」
チョコボ「クェェ! クェェ!!」
ギル「ちょっ怒んないでくれって! 謝るからさ!!」
スコール「・・ギルガメッシュ? そういえばさっき"エンキドゥで爆走"って言ってたよな?」
ギル「うん? まぁ言ったけど?」
スコール「なるほど・・どうだ? アンタもレースに出ないか?」
ギル「俺が!? マジでか!? 何で!?」
スコール「まぁ落ち着け 実はレースに出場するハズだった奴と急に連絡が取れなくなってな」
ギル「へぇ〜・・どうする? エンキドゥ?」
エンキ「ガゥ・・」
スコール「別にこの場で考えろとは言わないさ 俺たちは一旦控え室に戻るけど・・一緒に来るか?」
チョコボ「クェェ?」
ギル「じゃあそうさせて貰うかな なぁエンキドゥ?」
エンキ「ガゥガゥ!!」
 ザッザッザッザッザ・・・

ギル「なぁ・・ところでそのレースに出れない奴って誰なんだ?」
スコール「えっとだな・・写真でみる限りは"金髪のツンツン頭"だったかな 急に音信不通になってな・・」
ギル「金髪でツンツン・・・・・名前は?」
スコール「名前は・・えぇと・・特徴なら覚えてるんだけどな 確か"乗り物に弱い"ハズだ」
ギル「・・(もしかしてクラウド?)」

836 :【5/9】:2006/07/07(金) 01:40:11 ID:sPcz0adx0
スコール「で・・どうするんだ? レースに出れるのか?」
ギル「まぁ俺としては出たいけどなぁ・・」
エンキ「ガゥ!!」
ギル「お前も出たいってか? ・・じゃあ出るか!!」
スコール「そうか! 出てくれるのか! じゃあ俺は運営委員長にアンタが出ることを報告してくるから待ってろよ」
 タッタッタッタッタ・・・
ギル「レースかぁ・・ついに俺様もレースデビューか!!」
チョコボ「キュ・・」
 ジ---
ギル「なっ・・何だよ! まださっきの事怒ってるのか? 謝ったんだから許してくれよ・・」
チョコボ「クェェ! クェェェ!!」
ギル「え? 何だって? 全然ワカラン」
???「"初めてのレースは緊張するかもしれないが自らのベストを尽くすことが大事なのだ"だってよ」
ギル「うそぉ!? コイツそんなにカッコイイ事言ってたのか!?・・・ってかお前誰だ?」
モーグリ「まぁ口調に関してはボクのオリジナルだけどな お前こそ誰だ?」
ギル「俺の名前はギルガメッシュ! ちなみにコッチのは相棒のエンキドゥだ!!」
エンキ「ガゥ!!」
モーグリ「主人より賢そうな顔立ちだな」
ギル「くっ・・言ってはならん事を・・ってか生意気なモーグリだな・・お前本当にモーグリか?」
モーグリ「当たり前だろうが! このポンポンを見ろ!!」
 ドタドタドタドタ・・
シロマ「さっきっから騒いでるけど・・どうかしたの?」
ゴブリン「何だこの赤いオッサンは?」
クロマ「・・・」
ベヒーモス「喧嘩か!!」
ゴーレム「ケンカハ良クナイ」
デブチョコボ「そんな事よりお腹減ってんねん 何か持ってないんか?」
チョコボ「クェ?」
モーグリ「ボクに聞かないで本人に聞けばいいじゃないか」
ギル「増えた!? ってか・・囲まれてるよ俺!! どうすんのよ!?」
エンキ「ゥガ?」

837 :【6/9】:2006/07/07(金) 01:40:50 ID:sPcz0adx0
スコール「――という訳でして ギルガメッシュもレースに出場させたいのですが・・」
シド「そうじゃのぉ・・まぁワシは構わんぞ?」
スコール「本当ですか?」
シド「まぁそんな出場規定が厳しいワケでもあるまいし・・ところでその男・・ギルガメッシュだったかな?」
スコール「はい」
シド「変わった方法で別次元から来たと言うが・・・興味深い話じゃのぉ」
スコール「そうなんですか?」
シド「まぁな それに今回のレースは試験的なものも含まれてるからのぉ」
スコール「あの装置が完成したのですか?」
シド「つい先日にな みんなにも伝えといてくれよ」
スコール「わかりました・・では俺はギルガメッシュに出場について報告してきますので 失礼します」
シド「うむ ちゃんとレースを楽しむように伝えておくのじゃぞ」
スコール「はい!」
 タッタッタッタッタ・・・

シロマ「アナタのお名前は?」
ギル「ギルガメッシュだ! コッチは相棒のエンキドゥだ!!」
エンキ「ガゥ!!」
シロマ「あ かわいい〜」
ゴブリン「オッサンもレースに出るのか?」
ギル「オッサンじゃない! お兄さんと呼べ!! レースに関しては今スコールが何とかしてる!!」
クロマ「・・・」
ギル「何か言え!!」
ベヒモス「さっきのは喧嘩か!!」
ギル「違うわ! 誰がアイツと喧嘩するか!!」
モーグリ「アイツってボクの事か?」
ゴーレム「ケンカ良クナイ 仲良クスルノ大事」
ギル「バッツに聞かせてやりたいな!!」
デブチョ「腹減ってんのやけど何か持ってへん?」
ギル「バナナをどうぞ!!」
デブチョ「おおきにやで〜」

838 :【7/9】:2006/07/07(金) 01:41:35 ID:sPcz0adx0
 タッタッタッタッタ・・・
スコール「おいギルガメッシュ」
ギル「何だ!?」
スコール「っと・・凄い剣幕だな・・何かあったのか?」
チョコボ「クェェ・・キュピピ クピー!!」
モーグリ「"周りの者から様々な問いを受けて若干四面楚歌気味なのだ"だってよ」
スコール「・・まぁ何となくは理解した」
ギル「どうかしたのか?」
スコール「さっき運営委員長のシドにアンタの出場に関して聞いてきたんだが・・」
ギル「どうだった!?」
スコール「特に問題は無いそうだ ただ・・」
ギル「よっしゃぁぁ! コレで俺もレーサーデビューだぜぃ!!」
エンキ「ガゥガゥ!!」
ゴブリン「騒がしいオッサンだな」
シロマ「でも凄く嬉しそう」
ギル「もうアレだな! バッツやゴルさんに自慢できるな!!」
エンキドゥ「ガゥガゥ! バゥ!!」
スコール「・・人の話は最後まで聞けっての」
ゴーレム「人ノ話ヲ聞カナイノ良クナイ」
ベヒーモス「まったくだ!!」
ギル「おっと スマンスマン 何だ?」
スコール「お前の登場する乗り物なんだが・・エンキドゥでいいのか?」
ギル「乗り物必要なのか!?」
モーグリ「普通は必要だろ」
チョコボ「クェェ!!」
クロマ「・・・」
スコール「別に自力で走れそうならいいんだが・・実際にいるしな そういう奴ら」
ギル「じゃあエンキドゥでお願いします」
エンキ「ッガ!?」
デブチョ「バナナ美味しいわぁ〜」

839 :【8/9】:2006/07/07(金) 01:42:40 ID:sPcz0adx0
スコール「エンキドゥで登録・・っと これから少しレースについて説明するけど構わないな?」
ギル「別にいいぞ」
スコール「まずは・・今回のレースは"半耐久レース"なんだ」
シロマ「へぇ〜」
ギル「どゆこと?」
シロマ「とっても長い距離を走行するんです ペース配分とかが結構必要なんですよ」
ゴブリン「何だ? どっかの同じコースをグルグル回るだけか?」
スコール「いや 今回は違う」
ベヒーモス「じゃあ何だ!!」
スコール「シドが前から作ってた"空間転移装置"を利用して様々なコースを走るそうだ」
クロマ「・・・」
ゴーレム「シドサン凄イノ作ッテル」
チョコボ「クェェ!!」
ギル「空間転移装置・・それってまさか」
スコール「アンタの言う"モヤモヤ"みたいに別次元を繋げる効果は無いから安心しろ」
デブチョ「モヤモヤ? 綿菓子の事でっか?」
ギル「そうか・・ところでレースはいつ始まるんだ? 2時間後とか? 少し練習したいんだけど・・」
スコール「今から30分後には集合がかかるな」
ギル「・・ぇぇぇぇぇえええ!?」
モーグリ「よく分かんないけど残念だったな」
チョコボ「クェェェェ!!」
エンキ「ガゥガゥ!!」

840 :【9/9】:2006/07/07(金) 01:43:33 ID:sPcz0adx0
 ――今レースの出場選手:搭乗機――
 チョコボ:ジェット・ブレードCR(エンジンの付いた装備型の爪)
 モーグリ:モグスルーR2(エンジンの付いたキックボード)
 ゴーレム:ロックルーザーV8(重量級バギー)
 ゴブリン:ゴブトロッコH4(高速移動型トロッコ)
 クロマ(黒魔導士):魔雲(搭乗移動型の雲)
 シロマ(白魔導士):ホーリーカーペット(魔法の絨毯)
 デブチョコボ:DEV.トライシクル(重量級三輪車)
 ベヒーモス:ベヒーメタル 99式(簡易型重量タンク)
 スコール:テンペスト(レース用クラシックカー)
 ギルガメッシュ:エンキドゥ(犬)

841 :【0/0】:2006/07/07(金) 01:46:15 ID:sPcz0adx0
実に勝手だが都合により今回はココまで
続きは責任を持って後日に書きますので御了承ください


別に自分が後半を投下するまで他の職人さんの投下を拒否するなんて事は無いので
自分のは軽くスルーしてバンバン投下しちゃってください

842 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 16:03:06 ID:1LXFD7RgO
チキチキマシーン猛レース思い出しましたよ乙

843 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 18:23:29 ID:DOveZ4ynO
チキチキマシン♪チキチキマシン♪猛レェ〜ェス〜♪

844 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 19:33:03 ID:0FZq/TWb0
チョコボレーシングキターー!!!

845 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 20:34:29 ID:z3YxAMve0
バッツもいけると思う

バッツ:ボコ(チョコボ)


みたいな

846 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 20:58:25 ID:oE1DiD6V0
エンキドゥ大丈夫なのか?ギルって巨漢だし

847 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 22:53:39 ID:GwPNrIZk0
デフォルメされてるって設定でいいんじゃないかな

848 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 23:06:29 ID:7ofV+BxB0
http://battutogirugamessyu.web.fc2.com/
1スレまでまとめてみました
多少加工などしたので問題あれば非難板に書いてください・・・

849 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 23:12:52 ID:beEf7ULEO
>>848
乙!

850 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 23:25:19 ID:lc516ZCr0
>>848
乙です。


830で携帯版のまとめ作るって言った者ですが、848さんのサイトって携帯からも見えるっぽい?
作る必要ないですかね。
もしくは848さんが作って下さいますか?まとめサイトが分散するのも何ですし。

851 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 01:11:03 ID:1VfMtVkD0
そういやクラウドほったらかしなのか?
せめてZの世界に戻してやって欲しい

852 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 01:28:49 ID:xGaEgf7RO
>>850
>>848のサイトを見ましたが、
携帯だと長編は途中までしか表示されないので
できれば携帯版を作って頂けると有難いです。
で、相互にリンクするといいかも。

853 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 01:32:27 ID:uhl99ZTY0
>>852
何行目ぐらいで見えませんか?
週背しますので
できれば後
表示できないやつもお願いします
ずうずうしいお願いすいませんでした

854 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 01:46:14 ID:/jDTST+hO
829ですが、みなさんありがとうございます本当に。あと、あいまいですみませんが、大体ギルがチケットを黒魔道士に渡すところぐらいからです。

855 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 04:04:35 ID:xGaEgf7RO
>>853
うーん、機種によって見え方は違うと思いますよ。
携帯でも確実に見れるサイトにするなら、
20レス近い長編は、2〜3分割した方がいいかと。
あとイラストも1ページにつき1枚にするとか。

856 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 15:42:24 ID:qR92z6FK0
ウィーン、ガシャン!(口が開く)
オメガ「今日のびっくりドッキリメカ!」
(口からはしごが降りてくる)
小さいオメガ「コメガ♪コメガ♪コメガ♪」
ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、ザッ…
ギル「おい、どうならないのか!」
バッツ「そういわれてもこのゴルさん型メカ
     脱出装置ついてないんだよね〜」
ゴル「このスカポンタン!」
バッツ「そろそろ番組の終わりの時間が近づいてまいりました!
     全国の人妻のみなさんおはがき待ってるよ〜」
ドッカーン!(ドクロ雲モヤモヤ)

今の年代にはわからないかorz

857 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 15:44:08 ID:qR92z6FK0
>ギル「おい、どうならないのか!」
やっちまったよorz
脳内修正の方向で…

858 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 17:02:01 ID:O8ethQseO
>>851
言っとくけどあのクラウドはタクティクスのクラウドだから
帰る場所なんてないんだよ。ラムザに捨てられたも同然だったし。

859 :840続き 1/15:2006/07/08(土) 17:10:00 ID:n4cW2cLf0
 ラミア「"さぁやって参りました!! 第一回ワールドレーシング―クリスタルの光に導かれて―!!"」
 ワァァァァァァァ・・・
 ラミア「"実況は私ラミアが! 解説は本レースの運営委員長であるシドさんです!!"」
 シド「"どうも"」
ギルガメッシュ「くそぉ・・どうして俺ってのはいつも急展開に巻き込まれるんだ・・」
エンキドゥ「ガゥ!!」
 ラミア「"早速ですがシドさん 今回のレースの題名を考えたのは誰なんですか?"」
 シド「"ワシが先週に考えた物でな この名前にしたのには全部で7つの理由が"」
 ラミア「"わかりましたありがとうございます"」
 シド「"いや・・聞かんのか? 7つの理由を?"」
 ラミア「"興味ありません"」
 シド「"じ・・じゃあ感想とかは無いのかの?"」
 ラミア「"ヒネリの無い題名ですね まだ私の体のほうがヒネリがありますよ?"」
スコール「まぁそう言うなって アンタの場合こういう展開は慣れてるんじゃないのか?」
ギル「そりゃそうかもしんないけど・・バッツにしょっちゅう振り回されてるからな」
チョコボ「クェ?」
モーグリ「急展開に慣れる生活って何?」
ゴブリン「あんま苦労を重ねるとハゲるぜ? オッサン」
ギル「オッサンじゃないっての!! 俺にも色々とあるんだよ!!」
ゴーレム「ストレス溜メルノ良クナイ」
ベヒーモス「レースはまだ始まらんのか!!」
シロマ「入場はこれからですよ」
クロマ「・・・」
デブチョコボ「オヤツでも少し持っていこか〜」
 シド「"そりゃ確かにお前さんの体にはヒネリ・・というかウネリがあるが"」
 ラミア「"それでは選手の方々の入場です!!"」
ギル「ぅぅ・・緊張するなぁ・・」
 ゾロゾロゾロ・・・

860 :2/15:2006/07/08(土) 17:10:38 ID:n4cW2cLf0
 ワァァァァァァァ・・・
チョコボ「キュピィ!!」
モーグリ「今回はお客さんが多いな〜・・ボクもちょびっと緊張」
シロマ「記念すべき第一回目だからじゃないかな」
モーグリ「でも・・このレースで優勝すればボクは一気にスターに・・!!」
ギル「観客が多い・・何処を見ても魔物魔物魔物魔物・・魔物がたくさんいるよエンキドゥ・・」
エンキ「ゥガ?」
ゴブリン「オッサンも若干魔物っぽいから安心しな」
ギル「だからオッサンじゃないからさ それに俺のどこが魔物っぽいんだ?」
クロマ「・・・」
ベヒーモス「んなもん腕が多いところからすれば魔物だろうが!!」
ゴーレム「アシュラマンダ」
デブチョ「そういえば珍しい体しとりますなぁ〜 アスラはんを思い出しますわ」
 ラミア「"ところで選手の中に居るあまり馴染みの無い赤い人は誰なんでしょうか?"」
 シド「"ギルガメッシュと言うまぁ旅の人でのぉ 今回は特別ゲストとしての出場じゃ"」
ギル「特別ゲスト?・・・・・・なんかイイ!!」
エンキ「ガゥガゥガゥ!!」
チョコボ「クェェェ!!」
モーグリ「"緊張が抜けたようで何よりだ 本来の姿で走るがいい"だってよ」
ギル「だからチョコボがそんな口調なのはイメージに合わないっての」
モーグリ「何だよ! ボクの訳し方を否定するのか!!」
 ラミア「"それでは今更ですが運営委員長のシドさんの挨拶です"」
 シド「"本当に今更じゃな・・・では今回レースに出場する皆に少し説明をするからの まずは"」
 ラミア「"手短にお願いしますね"」
 シド「"わかったわかった じゃあ手短に・・今回のレースは今皆が立っている会場だけで行わないからの"」
ギル「さっきスコールが言ってたな」
スコール「説明はちゃんと聞いておけよ?」
 シド「"ようは複数のコースを移動しながら競ってもらうわけじゃ"」
ゴブリン「空間転移なんたらを使うんだっけか」
ゴーレム「難シイ漢字ワカラナイ・・」
ベヒーモス「ようはワープ装置じゃないのか!!」

861 :3/15:2006/07/08(土) 17:11:14 ID:n4cW2cLf0
 シド「"うむ 選手の方はコース移動の方法を少し知ってるようじゃの"」
クロマ「・・・?」
シロマ「何で聞こえてるんだろ?」
 シド「"さっき通信手段用として各搭乗機に小さなクリスタルを付けさせてもらったからの
    そっから音とかが伝わるんじゃよ"」
 キラキラ・・・
チョコボ「クェ?」
ギル「なるほど・・だからエンキドゥに見慣れないアクセサリーが付いてるのか」
エンキ「ガ?」
クロマ「・・・?」
モーグリ「マシンが雲じゃどうしようもないんじゃないのか?」
ゴブリン「いや 帽子のツバにくっ付いてるぜ」
クロマ「・・・!!」
デブチョ「このクリスタル食えるんか?」
 シド「"で 肝心の移動方法は前方を見てくれんか"」
 ラミア「"このコースに見慣れないゲートがありますね"」
 シド「"選手の皆にはああいった感じのゲートをくぐり抜けて走行して欲しいのじゃ"」
 ラミア「"他のコースにもあんなゲートが?"」
 シド「"いやいや あのゴッツいゲート部分はただの座標あわせでの
    他のコースでは空間部分に色がついているだけじゃよ"」
 ラミア「"座標とは何ですか?"」
 シド「"うむ 簡単に言ってしまえばスタート地点とゴール地点をこの会場にするための物じゃ"」
 ラミア「"つまりは最終的にはまたココに戻ってくると"」
 シド「"その通りじゃ ちなみに座標をあわせるのに使った方法は"」
 ラミア「"ご老体を駆使しての説明をありがとうございました"」
 シド「"まだ老体ではないわ!!"」
 ワァァァァァァァ・・・
 シド「"盛り上がるな!!"」
ギル「なぁ 少し質問してもいいか?」
 シド「"ん? 何じゃ?"」

862 :4/15:2006/07/08(土) 17:11:56 ID:n4cW2cLf0
ギル「俺はこういったレースが初めてなんだが・・違反行為とかってあるのか? 魔法とか・・」
 シド「"魔法に関しては自分の魔力を使用しても構わないがあまりお勧めはしないのぉ"」
ギル「何でさ?」
 シド「"走行中に魔法を詠唱するのは骨が折れるからの コース中に落ちてる魔石を使いなさい"」
ギル「魔石だって?」
スコール「魔石を使えば簡単に魔法が使えるんだ 詠唱も必要無いしな」
ギル「へぇ〜 魔法の強さは?」
スコール「少し特殊でな 同じ魔石を持っていればその分だけ魔力が高まるから覚えておくといい」
 シド「"ワシの説明を持っていってくれたのぉ・・"」
スコール「まぁ後は・・実践で覚えるしかないな」
ギル「そっかぁ・・・よっしゃ! 頑張るぜ!!」
 ラミア「"間も無くスタートですので選手の皆さんは覚悟してください"」
 ワァァァァァァァ・・・
モーグリ「いいかチョコボ 今回はボクが優勝をいただくからな! お前とは敵同士だからな!!」
チョコボ「キュピ・・」
モーグリ「・・なっ・・何だよ! そんな目で見るなよ!! 協力なんてしないからな!!」
チョコボ「キュゥ・・」
モーグリ「だぁぁぁ!! わかったから! わかったからそれ以上ボクを見るな!!」
チョコボ「キュピィ!!」
モーグリ「はぁ・・またワキ役かなぁ・・」
シロマ「ねぇ? クロマは今回のレース勝ちたいの?」
クロマ「・・・」
シロマ「やっぱ勝ちを狙ってるんだ〜 私は完走さえすれば良いんだけどね」
クロマ「・・・」
シロマ「でも・・もしも勝てそうなら私も頑張ってみるかなぁ〜」
ゴブリン「あの実況の姉ちゃんが言ってる"覚悟"って何だ?」
デブチョ「わかりまへん ゴブさんもお菓子食べます?」
ゴブリン「お前さ また前みたいにクリスタルを食ったりするなよ?」
デブチョ「お腹空いたらまた食べてしまうかもしれへんわ」

863 :5/15:2006/07/08(土) 17:12:49 ID:n4cW2cLf0
ベヒーモス「やっぱ勝利の一本狙いだな!!」
ゴーレム「ケンカハ良クナイ デモ勝負ナラ勝チタイ」
ベヒーモス「ゴーレムらしい意見だな! 喧嘩と勝負事をきちんと区別してるな!!」
ゴーレム「イザトナッタラコノ拳デ勝利ヲツカムマデダ」
ギル「んん〜・・勝てるかなぁ?」
エンキ「ッガゥ!!」
ギル「まぁ・・やってみなくちゃわからんな!!」
???「そうさ! 男ならガツンとやってみせなよ!!」
ギル「だよな!! ・・ん? 観客席の方から声が・・」
ボムオバサン「あっはっはっは! また会ったねぇ」
ギル「こないだの・・!!」
ボムオバ「応援してるから頑張るんだよ!!」
ギル「・・よっしゃぁぁぁぁ!!! エンキドゥ! 絶対に勝つぞ!!」
エンキ「ガゥゥゥゥ!!!」
スコール「何か知らんが急にどうした?」
ギル「やる気を貰ったのさ!!」
スコール「そうか・・ところで一ついいか?」
ギル「何だ?」
スコール「アンタの搭乗機・いや 搭乗犬か アンタを支えるなんて物凄い力を持ってるんだな 」
ギル「俺の相棒だからな!!」
エンキ「ガゥ!!」
スコール「そうか・・あともう一つだけなんだが 皆結構自分の得意技とか使ってくるから気をつけろよ」
ギル「そうなのか!! そんな情報をくれたスコールにはご褒美にオヤツのバナナをあげよう!!」
スコール「・・いや 別に・・まぁいいか」
ギル「そういやさ 俺達が別コース走ってる間は実況とかどうすんだ?」
 シド「"各コースにカメラが設置してあるからの 会場のモニターに映るから安心するのじゃ"」
ギル「それなら安心だな!」

864 :6/15:2006/07/08(土) 17:14:33 ID:n4cW2cLf0
 ラミア「"スタートまであと10秒です"」
 フヨフヨフヨ・・・
ギル「ん? 何だこのちっこいボムどもは?」
ボム1「スリー!」
ボム2「ツー!」
ギル「・・まさか」
ボム3「ワン!」
ボム1&2&3「・・ゼロ!!!」
 ―自 爆―
 ッドォォォォン!!
 ラミア「"それではスタートです!!"」
 ブゥゥゥゥン ブゥゥゥゥン ブォォォォ ブロロロロロ キュルルル・・・
ギル「・・ッハ!? いかん! 出遅れた!!」
エンキ「ッガゥ!!」
 ダダンッダダンッダダンッダダン・・・
 ラミア「"各選手一斉に飛び出し・いや 一人だけ出遅れましたね"」
 シド「"おそらくはボムの自爆に驚いたのじゃろ"」
 ラミア「"そうですか そんな事を言ってる間にも各選手第一のゲートをくぐり抜けようとしてます"」
 ブォン! ブォン! ブォン! ブォン! ・・・
ギル「みんな先に行っちまったよおい 俺たちも急ぐぞエンキドゥ!!」
エンキ「ガゥガゥ!!」
ギル「その前に・・適当に魔石でも拾っておくか!!」
 バシィッ!!
 ブォン!

 ――in モーグリ・フォレトス
ギル「おぉ・・森みたいな所だな ってか森だな」
 ダダンッダダンッダダンッダダン・・・
ギル「みんな結構前にいるな・・こんな時こそ魔石を使うのだ!!(何の効果か知らないけど)」魔石:ヘイスト
 ラミア「"コースは森の中に移りました 順位はスタート時と変わらず前からチョコボ スコール クロマ シロマ・・・"」
 シド「"みんな順調に走ってるようじゃの"」
 ラミア「"あっと!! 後ろの方から何かが物凄い勢いで飛び出してきました!! この選手は・・ギルガメッシュです!!"」

865 :7/15:2006/07/08(土) 17:16:42 ID:n4cW2cLf0
ギル「ぉぉおおお! 頑張れ俺! 頑張れエンキドゥ!!」魔石:ヘイスト
 ラミア「"ギルガメッシュ 最下位のままですが凄い速度で走ってます!!"」
 シド「"ヘイストの魔石を有効に使ったんじゃろな 今も使いつづけておる"」
 ラミア「"ヘイストを連続で取ってる・・つまり攻撃系は取り逃している事ですか?"」
 シド「"そうなるのぉ"」
ギル「追い抜かせぇぇぇ!!」
エンキ「ッガォォン!!」
 ドドドドドドドドド・・・ビュォン!
デブチョ「おわ!? しもた! 抜かされてもうたわ!!」
ゴーレム「エ?」
ベヒーモス「あの野朗か!!」
ギル「フハハハハハ!! エンキドゥ! どんどん行くぞ!!」
ベヒーモス「させてたまるかぁ!!」魔石:ファイア
 ドォンッ
ギル「うお!? 危ねっ!!」
 ラミア「"ベヒーモス 口から火球を吐き出しました!!"」
ベヒーモス「んーっ! んーっ! んーっ!!」:ファイア ファイア ファイア
 ドォンッ ドォンッ ドォンッ
 ラミア「"自分の胸を拳で叩きながら炎を繰り出しています!!"」
 シド「"パッションじゃな"」
 ラミア「"パッションですね"」
ベヒーモス「ハッハッハッハ!! どうした! ビビったか!!」
ギル「危ない奴だな・・コレでも食らえ!!」:バナナの皮
 ポイ
 ラミア「"ギルガメッシュ 反撃でバナナの皮を地面に置きました! 食べた後のゴミでしょうか?"」
 シド「"多分そうじゃろうが・・これじゃ別のゲームじゃな ちなみにスタッフが後で片付けるから安心を"」
 ラミア「"でもこんな原始的な罠に誰が・・"」
ベヒーモス「もう一回食らえぃ!!」
 ブォォォォォ・・・ツルンッ
ベヒーモス「ぬぉ!?」
 ツルルルルル・・・
 ラミア「"引っかかりました"」

866 :8/15:2006/07/08(土) 17:17:47 ID:n4cW2cLf0
ベヒーモス「くそっ! 操作が・・」
デブチョ「ちょっ! ベヒーモスはん!!」
ゴーレム「突ッ込ンデクルツモリカ」
ベヒーモス「え?」
 ズガシャァァァァン!!
 ラミア「"ベヒーモス 操作性を失って後続にいたデブチョコボとゴーレムと供にクラッシュしました!!"」
 シド「"多分リタイアじゃろうな"」
ギル「後ろが悲惨な事になってるよおい」
エンキ「ゥガ?」
ギル「振り向くなエンキドゥ!! 男は前を見て進むのみだぁ!!」
 ダダンッダダンッダダンッダダン・・・
 ラミア「"先頭陣の選手 次のゲートに入りました!!"」
 シド「"後ろを確認した本人が何を言って・・"」
 ラミア「"ギルガメッシュも遅れてゲートに入ります"」
 ブォン!

 ――in ミスリル鉱山
ギル「まだまだ前にはライバルが残ってるぜ・・しかし諦めてなるものか!!・・っとぉぁ!?」
エンキ「ゥガガ!?」
 ツルル〜
 ラミア「"ギルガメッシュ ブリザドを踏みました"」
ギル「踏ん張れエンキドゥ!!」
エンキ「ッガァァ!!」
 ザザザザ・・ッダダン! ダダンッダダン・・
ギル「ナイスだエンキドゥ!! にしても一体誰だ! 道に氷をばら撒きやがって!!」
 ズドドドドドド・・・
ギル「む? 前方に見えるトロッコは・・・」
ゴブリン「ん?・・・げっ!! あのオッサンもう追いついてきたのかよ!!」
 ラミア「"ギルガメッシュとゴブリンの距離が近づきました!!"」
ギル「貴様かぁ!! 危ないじゃないか! 氷をばら撒くなんてよ!!」
ゴブリン「そういうレースなんだからしょうがないだろうが!!」

867 :9/15:2006/07/08(土) 17:18:30 ID:n4cW2cLf0
ギル「氷を使ってイタズラする奴には・・炎を食らわせてやる! さっき拾った二つの魔石を!!」魔石:ファイラ
ゴブリン「それ貰うからな!!」:ぶんどる
 ヒュオン
ギル「ぁ」
 ラミア「"ゴブリン ギルガメッシュの魔石を奪い取りました"」
 シド「"ゴブリンの得意技じゃな"」
ギル「・・逃げるぞエンキドゥ!!」
エンキ「ガルル・・ガゥ!!」
ゴブリン「逃がすか!!」魔石:ファイラ
 ズッドォン ボボボボボボボ・・・
ギル「うおおおお!!!」
 ラミア「"ギルガメッシュ ゴブリンの放ったファイラから懸命に逃げてます"」
 シド「"ただのファイアとは違って追跡してくるからのぉ"」
ギル「ヘイストだけなら大量に拾ったんだよぉ!!」魔石:ヘイスト
 ズダダダダダダダ・・・
 ラミア「"ギルガメッシュ ファイラからぎりぎり逃げてます"」
 シド「"それと同時にゴブリンとの距離が開いてきたのぉ"」
 ラミア「"ギルガメッシュ ファイラに追われながらも次のゲートに突入します"」
 ブォン!

 ――in ミシディア空中庭園
ギル「逃げ切れるまで逃げるぞエンキドゥ!!」
エンキ「ガゥガゥ!!」
 ズダダダダダダダ・・・

 プロロロロロロロ・・・
モーグリ「はぁ・・結局ボクはこう言う役回りなのか・・チョコボも先に行っちゃうし・・」
ギル「どけぇぇぇ!!」

868 :10/15:2006/07/08(土) 17:19:13 ID:n4cW2cLf0
モーグリ「まぁチョコボが勝つのも嬉しいんだけど・・ん?」
 ズダダダダダダダ・・・ビュォン!
モーグリ「今のはギルガメッシュ!? いつの間にこんな所まで・・何かに追われてる感じだったけど・・」
 ボボボボボボボ・・・
モーグリ「後ろからまた何かが・・・・・・なっ!? 何でファイラ!? こっこれでも!!」魔石:リフレク
 カキィィン
 ラミア「"モーグリ ギルガメッシュにくっ付いてきたファイラを跳ね返しました"」
 シド「"これじゃあ跳ね返ったファイラはゴブリンに当るじゃろな"」
 ッドォォン!
 ラミア「"今当りました"」
ギル「ぅぉぉぉぉ!!・・・お? もうファイラが追ってきてない・・逃げ切ったのか!?」
エンキ「ガゥガゥ!!」
ギル「やったなエンキドゥ! この調子で残りの奴らも追い抜くぜ!!」
 ダダンッダダンッダダンッダダン・・・

 ヒュォォォォォン・・・
シロマ「やっぱチョコボとスコールは早いね〜」
クロマ「・・・」
シロマ「もう無理しないでゆったり走ろうかなぁ」
クロマ「・・・」
 ダダンッダダンッ・・
ギル「追いついたぞ!!」
シロマ「え・・他の皆も追い越したの?」
クロマ「・・・!!」
 ラミア「"三選手並びました!"」
ギル「さぁ! 俺様に道を譲れぃ!!」
シロマ「普通は譲らないよね」
クロマ「・・・」魔石:サンダラ
ギル「それがどうした! そんなのただ痺れるだけ・・」

869 :11/15:2006/07/08(土) 17:20:08 ID:n4cW2cLf0
クロマ「・・・(ニヤリ」:魔石アップ:サンダラ→サンダガ
 ラミア「"クロマの持っていたサンダラの魔石がレベルアップしました!"」
 シド「"魔石に自分の魔力を練り込んだんじゃろな"」
ギル「コレは・・ヤヴァイ! ヤバイじゃなくてヤヴァイ!!」
シロマ「私の事は気にしないで使っていいからね」:バリア
ギル「あ! ズルいぞ!!」
クロマ「・・・」魔石:サンダガ
 ゴロゴロ・・ゴロゴロ・・
???「ぅおおおお 待てぇぇぇ!!!」
 ラミア「"クロマがサンダガを使・・・ん? 後ろから何かがやって来ます! はばたいてます!!"」
 バサァッ バサァッ バサァッ
モーグリ「ギルガメッシュ! さっきはよくもボクにファイラなすりつけ・・」:はばたく
ギル「ぁ」
シロマ「今高いところに居ると・・」
クロマ「・・・!!」
 ゴロゴロ・・ゴロゴロ・・ッカ!
モーグリ「え?」
 ピッシャァァァァン!

 ギャァァァァァァ!
 ラミア「"高所に居たモーグリが避雷針となりました"」
 シド「"無駄なタイミングではばたいたりするからじゃ"」
モーグリ「ぅぅ・・何でボクはいっつもこんな役回り・・」
 キキッ
シロマ「待ってて! 今回復してあげるから!!」
ギル「たっ・・助かったのか・・? でも何かモーグリに悪い事したような・・・」
 ラミア「"モーグリ負傷 シロマはその救護の為にブレーキしました クロマは・・"」
クロマ「・・・」
 ススィ〜

870 :12/15:2006/07/08(土) 17:20:51 ID:n4cW2cLf0
 ラミア「"クロマはコースを外れてどっかに飛んでいってしまいました!!"」
 シド「"元々何を考えているのかわからない奴じゃからの・・これじゃあリタイアじゃな"」
 ラミア「"という事は残った選手はチョコボ スコール ギルガメッシュですね?"」
 シド「"そうじゃの"」
 ラミア「"ギルガメッシュ ゲートに入ります!!"」
 ブォン!

 ――in FF8サーキット
 ラミア「"さぁレースもいよいよ最後を迎えようとしています!! 会場もスタート地点に戻りました!!"」
 ワァァァァァァァ・・・
 ラミア「"観客の声援も凄いです! にしても今回のレースはリタイアする者が多かった気がしますが"」
 シド「"半耐久状態でも耐久は耐久じゃからな やはり長い距離を走るとどうしても"」
 ラミア「"ありがとうございます! さて ここで残った三選手のオッズなのですが"」
 シド「"オッズなんて初めから無いじゃろうが!!"」
ギル「このコースで終わりか・・エンキドゥ大丈夫か?」
エンキ「ッガゥ!!」
 ダダンッダダンッダダン・・・

 ブロロロロロロ・・・ブォォォォン・・・
スコール「・・ん?・・・来たな」
チョコボ「クェェ?」
 ダダンッダダン・・・
ギル「フハハハハハハ!! ここで俺様が華麗に登場だ!!」
エンキ「ガゥ!!」
スコール「面白い・・この四輪ドリフトに着いて来れるか?」
 キキキキキキ・・・
チョコボ「クェェ!!」
 キッキキキキ・・・
 ラミア「"スコールに続いてチョコボも二輪ドリフトです!!"」

871 :13/15:2006/07/08(土) 17:22:23 ID:n4cW2cLf0
ギル「行くぞエンキドゥ! 四脚ドリフトだ!!」
エンキ「・・ッガ!?」
 ズギャギャギャギャ・・・ダダンッ!
 ラミア「"す・・凄いです! あの犬凄いです!!"」
 シド「"犬ってお前さん・・"」
スコール「ゴールまであまり距離も無い・・・まだ着いてくるのか」
フィル「フハハハハハ! エンキドゥをなめてもらっちゃ困るぞ!!」
チョコボ「クェェェェ!!・・キュ?」
 ブォォォォ・・パチパチ・・バチンッ! シュゥゥゥゥ・・・
チョコボ「キュピィ!?」
 ラミア「"おっと! ここでチョコボにマシントラブルです! このままリタイアでしょうか?"」
 シド「"いや・・それは無いじゃろうな"」
 ラミア「"その無駄な自信は何処から来て何処に行くのですか?"」
 シド「"いいから見ておれ"」
ギル「チョコボが急に止まったけど・・どうしたんだ?」
スコール「自分の心配はしなくていいのか? 本気を出すぞ?」:ガンブレード
ギル「お前こそな!!」:エクスカリバー
 ドドドドドドドド・・・
ギル「ん?」
チョコボ「クェェェェェェェ!!」:ダッシュ
 ラミア「"なんと! チョコボがマシンに頼らずに自分の足で走ってます! しかも早いです!!"」
ギル「なっ・・まずい! スコールと剣を交じり合わせてる場合じゃない!!」
スコール「・・急ぐか!」
チョコボ「クェェェェェェェ!!!」

 ――ゴール付近
 ラミア「"間も無く三選手の姿が肉眼で視認できるハズなのですが・・"」
 ブォォォォォ ダダダダダダ ドドドドドド
スコール「くっ・・間に合うか?」
チョコボ「クッ・・クェェェェェェ!!」
ギル「うおおお! 燃えろ! エンキドゥの中の何かよ!!」
エンキ「ッガルァァァァ!!」

872 :14/15:2006/07/08(土) 17:23:24 ID:n4cW2cLf0
 ラミア「"来ました! ほとんど同じタイミングで・・いえ コレは!"」
 シド「"このまま行くとクチバシの差でチョコボじゃな"」
ギル「させ・・るかぁ!!」:マサムネ
 シャキィン
 ラミア「"ギルガメッシュが長い剣を前に突き出しました!! リーチを伸ばしたようです!"」
 シド「"武器も体の一部とはよく言ったものじゃな"」
ギル「よしっ! このまま行けば・・」
エンキ「ガゥガゥ!!」
 モヤモヤ・・
ギル「え? うそ!? 何でこのタイミングでモヤモヤが・・・」
モヤモヤ「モヤァ〜ン」
ギル「頼むモヤたん! 一瞬でいいからその場所を離れ・・ってわぁぁぁぁぁ!!」

 モヤヤァ〜ン・・・

 ラミア「"・・えっと・・・ギルガメッシュの姿が・・消えました"」
 シド「"・・ホントじゃな"」
 ラミア「"・・この場合リタイアでいいのでしょうか?"」
スコール「ギルガメッシュ・・行ったのか?」
チョコボ「キュゥ・・」
スコール「ん? ・・ギルガメッシュは大丈夫だからそんな目をするな」
チョコボ「・・キュピィ!」


 ――in 次元の狭間コテージ
バッツ「よっしゃ! 完成だ!!」
ゴルベーザ「できたのか?」
バッツ「まぁね ほら黒竜もいつまでショゲてんだよ! 部屋の隅でブラックメタルの隣に座んないでさ!!」
黒竜「・・(クスン・・)」
ゴル「やはりショックだったか・・無理やり口の中に腐ってるかもわからない物詰め込まれたんだからな」
バッツ「まぁいいじゃん! 結局腐ってなかったからこうやって調理できたんだしよ!!」

873 :15/15:2006/07/08(土) 17:24:15 ID:n4cW2cLf0
 モヤモヤ・・・
ゴル「ん? モヤモヤ?」
 モヤヤァ〜ン・・・
 ダダンッ・・ズザザザザザ・・ピタッ!
ギル「・・・」
エンキ「・・がゥ!」
ゴル「おぉギルガメッシュとエンキドゥか! お帰り!」
バッツ「お前モヤモヤで何処に行ってたんだ?」
ギル「優勝が・・」
バッツ「あ?」
ギル「俺様の優勝がぁぁぁぁ!!!」
ゴル「ゆ・・優勝? 一体何の事だ?」
ギル「ウワァァァァン!!!」
バッツ「何か知らんが落ち着けギルガメッシュ ホレ 今作ったプリンあげるから」
ギル「マジでか!?」
バッツ「うるさくてかなわんからな」
ギル「ぃよっしゃぁぁぁぁ!!!」
バッツ「結局うるせぇ!!」
ゴル「なぁバッツ 私の分は?」
バッツ「ん? もう無いよ」
ゴル「え!? だって今3個持ってて・・」
バッツ「一人で2個食べようかなぁ と」
ゴル「そんなヒドイですとも!!」

ギル「プリンが美味いぜこんちきしょう!!」
エンキ「ガゥ!」
ギル「待ってろ 今お前にもあげるからなぁ〜」
エンキ「・・ガゥッ!」
ギル「え?」
 バクンッ
エンキ「ガフガフ・・・・ゴクン」
ギル「ぜっ・・全部食べるなんてひどいぞエンキドゥ!! ウワァァァァン!!!」

874 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 18:17:33 ID:a32MskeF0
GJ!ギルのキャラが上手く出ているな!

875 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 18:26:41 ID:95Gw0+fq0
レースゲーム熱いな!
良かったよ!

876 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 19:46:39 ID:lPO09EHJ0
エンキドゥが異常に可愛く感じるのは気のせいかぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁっ!!
ブラックメタルの横でしょげる黒竜を想像したらそれもまたカワイス。
長編お疲れ、GJ!

バッツよ、毒見させた黒竜にもあげてください。

877 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 23:20:37 ID:ckaO0Z3e0
これを見たらチョコボレーシングをリメイクしてもらいたくなった。

878 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 23:29:51 ID:oZeQMKoJ0
チョコボレーシングは曲が神だったな…
いまだにモーグリフォレストのアレンジ元がわからんけど

879 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 00:02:53 ID:6dkmqbN90
ん〜!満足!面白かったぜ!

880 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 02:06:49 ID:MeOwDDLE0
http://battutogirugamessyu.web.fc2.com/
指摘されたとこを直しました
まだ変なとことは言ってください

881 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 02:20:11 ID:TkYtAJSnO
880超GJです!

882 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 02:56:34 ID:TBr0qws90
>880
なんでTOPページでコテ晒してんだ?
名無しの職人さんの方が圧倒的に多いはずだぞ

883 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 03:30:27 ID:FNMnrPeG0
>>880
ファンアートのところにnanasi氏の残りの作品(とくにリョー子)をいれてほしい。
本人の許可取ってないから転載難しいのかもしれないが。
あとは>>881-882と同意見。

884 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 18:33:58 ID:Ht3qYAbn0
そろそろモヤモヤの旅は終わりにしないか?

残り100レスだし…

885 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 21:37:05 ID:Rh4Mj2tA0
既に避難所とこことで評価が分かれてるからその方がいいかもしれんね

886 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 01:13:44 ID:KL6aAdZTO
個人的にはもう少し続けてほしい。

887 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 01:31:40 ID:VWl1B8JlO
970辺りで元の世界に帰るってのはどうだ?
個人的には、次スレへ逝って欲しいけど

888 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 02:53:04 ID:iQV0SGapO
>>880


これ以上は表示出来ません

ってなって最後まで読めません(´;ω;`)
なんとかならないでしょうか?

889 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 10:14:07 ID:76OTKdE+0
次スレでは2人を普通の部屋に閉じ込めてみたい

890 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 15:06:42 ID:xAo1bBrt0
モヤモヤの旅のまんま続けていいんじゃね?
普通の部屋なら確実に過疎るとオモ。


891 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 15:59:58 ID:84drQxy90
別の世界に行くからグダグダになるんじゃね?
最初はよかったがさすがにネタも切れてくるし、マイナーなとこ出されてもわかんない人も出てくるし
面白いネタはどこの世界だろうが関係なく面白いんだろうけど

892 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 16:07:17 ID:z0cIE5jC0
>>888具体的に言ってもらいますと助かります・・・・・
>>889-891そういうことは非難板でやったほうが良いと思いますが・・・

893 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 17:11:46 ID:QCXib37wO
>携帯で見られないって言ってる奴
http://fileseek.net/proxy.html
これにまとめサイトのURLを入力すれば見れる
使い方が分からなかったら諦めろ

894 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 17:22:10 ID:OxRD9sDuO
こちらも便利です。
http://lupo.jp

895 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 17:35:13 ID:KL6aAdZTO
もういいってこんなスレ。二番煎じどころじゃないだろ一体何番煎じだよ。

896 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 17:49:10 ID:bFEJJbyT0
>>895
あんたもいいって
閉じ込めスレの殆どに同じ事を書いてるみたいだけど全然つまんないよ

897 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 18:41:20 ID:84drQxy90
>892
このスレの存続の話をどうしてこのスレでやらないんだ

898 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 20:16:26 ID:30TW98ZzO
職人さんこの変な流れを召喚獣シルドラで止めてアゲテー♪ キャイ〜ン

899 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 20:35:07 ID:KL6aAdZTO
896最初に見たのはこのスレの第一段だったとおも。てかDQ4とかまだでてきていない世界もあるし、まだ十分掘り下げられる世界もあるからまだ続けていいんじゃないの。

900 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 21:14:43 ID:pLBgoUovO
>>898
お前はシルドラと職人さんを馬鹿にした

901 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 21:26:14 ID:KL6aAdZTO
俺を殺してみせろ!グハハハハ!

902 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 21:38:49 ID:bFEJJbyT0
>>899
避難所の方には
「話をまとめる力のない職人未満の人は大人しくROMるか
保守でもしてればいいのに。」
と言う人がいて、>>714みたいなことを言う人もいる
そのせいで>>710のような人が現れる

ネタはあってもスレの存続は難しいと思われるがいかがか

903 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 22:26:02 ID:N6M2LPePO
>>892
人に手間かけさせてないで、自分の携帯で確かめようよ…
3〜4レスで1Pにするときっとどの携帯でも読めると思う。
あと、非難板じゃなくて避難板な。

904 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 22:33:11 ID:xAo1bBrt0
職人がもっと気楽に投下出来るように
ROM専は面白くないと感じた作品には〔スルー〕という技術で対応するヨロシ
ほんで、職人さんも次の作品の為のヒント・アドバイスになる批評は参考のしても、
グズグズ言うだけの外野の戯言も〔スルー〕してもいいんじゃね。

てか>>714が腕のいい職人なら言ってる言葉に説得力もあるが
ただのROM専なら、もう黙ってまとめサイトだけ読んでろってだけの話じゃねーの?



905 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 23:15:16 ID:wa5sIohH0
ギルガメッシュ「コッチ来いエンキドゥ! 久しぶりにブラッシングしてやる!!」
エンキドゥ「ワホッ!」
 ガッシュガッシュガッシュ・・・
バッツ「外でやれっつうの コテージ内でやるなよ」
ゴルベーザ「まぁいいじゃないか どれ 黒竜も私がウロコを取ってやるから・・」
黒竜「!?(ウロコッテナニヨ)」
ギル「♪フンフフン〜 ステキな剣士さニヒルなアイーツ クールなアイーツ近所で評判・・・♪・・・うん?」
 ガッシュガッシュガッシュ・・・ゴソッ
ギル「・・・・・・ヌワァァァァァァァァァ!!?」
バッツ「うるさいぞギルガメッシュ!! いきなり大声出すなと何回言ったら・・」
ギル「たっ・・大変だバッツ! 毛・・毛が! 毛がぁぁぁぁ!!!」
ゴル「毛だと?」
バッツ「何だ? ついにお前にもハゲの兆しか?」
ギル「違う!! えっ・・エンキドゥの毛がゴッソリとぉぉ!!」
エンキ「・・ゥガ?」
ゴル「おぉ・・毛が短くなってる 抜けたのか?」
バッツ「あ〜あ エンキドゥがこんなんになったのはギルガメッシュのせいだな」
ギル「俺か!? 何でだ!!」
バッツ「こないだは重いお前を乗っけて走ったんだろ? そりゃストレスが溜まるわ 」
ギル「そんな・・ごめんよエンキドゥゥゥ!!!」
ゴル「・・(この毛の抜け具合・・そして今の季節・・コレは・・・)」
バッツ「謝れ! エンキドゥに"アシュラでごめんなさい"って謝れ!!」
ギル「ぅぅ・・エンキドゥ・・アシュラでごめんなさい・・」
エンキ「ガ?」
ゴル「はぁ・・ギルガメッシュ・・冷静に考えろ 今は毛の生え変わり時期だから」
ギル「・・え?」
ゴル「簡単に言うと冬毛から夏毛に変わるのだ エンキドゥが丁度その時期を迎えてるんだろうな」
バッツ「ちぇっ 簡単にバラすなよゴリさん」
ギル「知ってたの!?」
バッツ「当たり前だろうが てかお前が知らないで俺が知ってるって何だよ」
エンキ「ガゥッ!!」
黒竜「・・(ナンデヨビダシタ?)」

906 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 23:29:07 ID:d4Ger9GqO
アシュラでごめんなさいってwww
エンキドゥ「ワホッ!」が「ウホッ!」に見えたw

907 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 00:10:29 ID:a1RbstQ/0
GJ!
俺もアシュラでごめんなさいで笑ったw

908 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 20:18:06 ID:XykSnHPF0
GJ
このスレ続けてほしいなぁ〜


909 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 22:24:31 ID:PTyUP9mPO
保守ホッシュバッツワロッシュミンゴルッシュ

910 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 22:33:29 ID:CCLFhwyQ0
ホッシュホッシュヽ(・∀・)ノ

911 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 04:21:37 ID:vRbuPVYrO
ギルガホッシュ

912 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 12:42:07 ID:AIj+DGv+0
バッツ「保守保守うるせぇ!1日ぐらい書き込み無い時に1回だけやるもんなんだよぉーーー!!!(#`д´)―O 」
ゴル「ぶえーーー!!?―O)´Д`) 」2942
ギル「(((;゚Д゚))) ガクガクブルブル」

913 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 15:01:37 ID:pNvp2myL0
ゴルさん、とばっちりだwww

914 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 18:22:04 ID:XhOi8EW6O
そんなゴルさんを毒針(DQ仕様)で刺してみました。

915 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 22:55:56 ID:f09Evhdm0
バッツ「いやぁ〜・・・見事に刺さってるな ソレ」
ゴルベーザ「だろう?」
ギルガメッシュ「何ソレ? 何で刺さってるの?」
ゴル「朝目覚めたらいきなり刺さってた」
バッツ「ヘッドじゃん ヘッドに真上から刺さってるじゃん」
ギル「何でゴルさんは平気なのさ?」
ゴル「まぁ武器として見ても小さな針のような物だからな・・致命傷には至らなかったんだろうな」
バッツ「確かに針っぽい武器だな」
ギル「武器・・・・・・ゴルさん ちょっと触らせてくれないか?」
ゴル「いや でもこの針ギリギリで急所を外してるようなものだから変に動かしたら・・」
 ガシィッ
バッツ「今だギルガメッシュ!!」
ゴル「間髪入れずに羽交い絞め!?」
ギル「任せろバッツ!!」
ゴル「何で急にコンビプレー!?」
ギル「ゆっくり抜くからジッとしてろよ〜」
ゴル「う・・うぉぉぉぉ!! 離せぇぇぇぇ!!!」
 ジタバタジタバタ
バッツ「ちょっ・・暴れるなって!!」
ギル「暴れてると手元が狂うから!!・・・・・・ぁ」

 ツン

ゴル「ゲフゥ!!」

 ドサッ

916 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 23:01:29 ID:fzIV6hYg0
あ〜あw

917 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 23:10:43 ID:yg5A1c7OO
つまんね
さっさと1000迎えてこれ以上このスレの質をさげないでほしい

918 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 23:59:04 ID:Y+jrqt07O
まあ俺もつまらんものを書かないで欲しいのには同意だがそれを堂々と言う馬鹿にも書き込まないでほしい。

919 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 18:06:14 ID:oqUEmhNGO
エンキドゥネタが良いな!早く書け!

920 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 18:20:36 ID:Yp6df/PT0
変な空気が…

921 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 18:29:48 ID:v5u9KyuaO
>>919
何がいいのかさっぱりわからんし
早く書けってお前何様だよ。お前のわがまま誰が聞くか、クズ。
お前のせいでどの職人(最近のはつまらんけど)もこないだろうな。

922 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 18:52:50 ID:GVPRKiYIO
俺が勝手に作った決まり。
1 職人さんに「早く書け」等と言わない。
2 感想レスは3回ぐらいまで
3 喧嘩は荒らし扱いすること
4 保守は1日一回
5 次スレ立てるかどうか等は避難所で
6 1レスを大切にする



まぁ勝手に作っただけだから守らなくてもいいけど


923 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 21:35:58 ID:SOrpvSRB0
自治厨も大概にしとけ

924 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 22:14:17 ID:MCLgrBK0O
ネタ切れになると変な奴が出てくるけどほっとけよ。

925 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 22:22:41 ID:kACBDcf90
職人つらい時期だけどがんばってくれ!
保守

926 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 22:24:30 ID:qvKN1sBD0
ん・・・?おまえなのか・・・?バッシュ

927 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 00:13:08 ID:Ozk5nYKxO
最近のレスは全部スルーの方向で
俺個人職人さんの物語りは大好きなので応援してますのでただ見てる俺達は励ましてアゲテほしーよ
バッツの性格最高☆

928 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 00:54:14 ID:cr2lAiP5O
まあ職人には頑張って欲しいよほんと。

929 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 01:03:09 ID:w6TybyXgO
おいお前ら、全て>>917の思惑通りになっているんだぞ?気付けよ。
適当に因縁をつける

反論する馬鹿

職人応援

いつも通りの馴れ合い

1000に加速して終末が近づく

>>917ウマー

930 :1/25:2006/07/14(金) 01:22:17 ID:fCcNErKd0
ゴル「ふー!さっぱりした!風呂上りのプリン☆プリン☆」
ガチャリ
ゴル「な!!!!バッツ貴様!!」
ドドドドド
バッツ「な、なんだよゴリさん・・・息荒くして」
ゴル「アアア・・・私のプリンが・・・」
ギル「ゴルさんどうした?・・・バッツっまた人の分まで手を出したのか?」
バッツ「名前書いてなかったぞ、つーことは誰の物でもないんじゃね?」
ゴル「しかしだ!食後にみんなに一個と決められたプリンだぞ!名前がどーとかじゃないだろ!」
ギル「ゴルさん一応暗黙のルールとして名前を書かなきゃバッツに食われるの忘れてたのか?」
ゴル「うぅ・・・しかし、やっぱり納得いかん!横暴すぎるぞバッツ表へ出ろ!!」
バッツ「なんだよめんどいなぁ、分かったから熱くなるなよ」
ゴル「(フーーーーフーーーー!!!)今日と言う今日は絶対許さん(ハァーーー!!)」
ギル「(ゴルさんマジ切れ過ぎだよ・・・まぁー俺も前そうなったけどさ)」
----エクスデスの樹の根元跡---
ゴル「バァーーーツ!!お前が謝るまで絶対許さないぞ」
ギル「ちょ!ゴルさん!やめろよ!バッツもその気になるんじゃねぇーよ!」
バッツ「・・・ったく文句ばっかり言いやがって・・勝手に他人の家に住み込みやがって!文句だけ一端じゃねーか!てめーが弱すぎるせいでこっ

ちまで迷惑かかってんだぞ!」
ゴル「貴様!!友達と思って手加減してきただけなのによくも言ってくれたな!お前とはもう敵同士だ!遠慮はせん!灰にしてやる!」
ギル「いいかげんにしろよ!仲間だろ!何争ってんだよ!頭冷やせ!」
・・・・・・・・・
ギル「(マジカヨ・・)」
・・・・
ゴル「いでよ黒竜ぅ!」
バッツ「フレア剣!みだれうちぃぃ!!」

931 :2/25:2006/07/14(金) 01:22:59 ID:fCcNErKd0
・・・・・
バッツ「・・・・」
・・・
ギル「やりすぎだぞバッツ!!ゴルさん!ゴルさん!!」
ゴル「・・ぅぅ・・・手を・・離せ」
ギル「ゴル・・・さん・・・?」
ゴル「もはや・・お前たちは私の仲間でも友達でもない・・・」
ヨロ・・ヨロ・・・
ギル「ゴ!!ゴルさん!!」
ヨロ・・ヨロ・・

ギル「・・・・・」
バッツ「・・・やれやれ・・まぁーいいか!さてと、あの暑苦しい兜野郎がいなくなったし次のモヤモヤでも探して気晴ら」
バシン!!
ギル「・・・」
バッツ「いってーな!!てめーーー!!」
ギル「ふざけんなバッツ!!本心で言ったのか貴様!」

932 :3/25:2006/07/14(金) 01:23:34 ID:fCcNErKd0
バッツ「ああ!!なんだ赤ワロス?あんな雑魚次元の狭間じゃ生きていけねーよ!さっさとセシルの元に返すのが一番なんだよ!」
ギル「その前に仲間だぞ!!友達だぞ!!」
バッツ「しらねーよ!勝手に住み着いただけだろ!」
ギル「それが貴様の本心か!!」
バッツ「たくっ、いつまで掴んでんだよ!はなせよ!」
ガシン!!
ギル「・・・・」
バッツ「うるせーよ!暑苦しい奴だな!仲間じゃねーし、友達でもない!お前が勝手に思い込んでいただけだ!迷惑だ!」

・・・・
・・
ギル「・・・俺はお前もゴルさんも大好きだったよ・・・」
・・・
ギル「エンキドゥ、来い!」
エンキドゥ「・・ワウン・・・」
バッツ「・・・」
ギル「さよならバッツ・・・・」
・・・・

バッツ「・・な・・・なんだよ・・・しらねーよ!バカヤローーー!!」


933 :4/25:2006/07/14(金) 01:24:12 ID:fCcNErKd0
・・・・
ゴル「・・・・」兜の隙間より水滴が落ちる
ゴル「・・あれは夢だったのだ・・この私が誰かと仲良く・・楽しく暮らすなど・・」
・・・チ・・ガ・・
ゴル「幼き頃より埋められた悪夢が終わって、幸せな夢を見ただけなのだ・・・」
・・・チガ・・ウ・・・サ・・・・
ゴル「・・・・なんだ?・・空耳か?」
モヤモヤモヤモヤ・・・・・
ゴル「な!モヤモヤか?・・・・なんだ?違う・・・黒くて・・すべての色を吸い込むような・・・」
・・・・イコウ・・・ホンライノジブ・・ンニモド・・ンダ・・・
ゴル「な!!これは!!吸い込ま・・バッ・・・・・・」
モヤモヤモヤン・・・・

INコテージ
・・・
バッツ「広い!!コテージってこんなに広かったのか!!」
ウワーイ!!ヒロイヒロイ!!オ!!ゴミノヤマ!!イマノオレナラオソウジスルコトデキソウナキブン!!
「お!!なつかしーなぁーガラフの写真出ちゃったよ!」
「お!!レナ!ファリス!クルルにボコ!みんな元気かなぁ」
「あ!ファリスのドレス姿☆いいねぇー!セクスィー☆」
「あ・・・これはアーロンとこからガメた正宗・・・ココが始まりだったな」
「・・これはギルがエーコからもらったチョコか?意外と綺麗に作ってある・・あいつまだ残していたのか?」
「なんだこのガラクタ・・メタルブラック改?」


934 :5/25:2006/07/14(金) 01:24:48 ID:fCcNErKd0
「ああ、確かゴリ・・あの野郎がヘマしてこっちに来たロボットか?」
・・・ピピピピーーー!!キュインキュインキュイン!!
「がぁ!!びびったぁー!!心臓に悪い!!つーかご近所さんに迷惑だろ!止まれとまれ」
ガンガンガン!!!
メタブラ「ピピピッ・・・おはよう!随分寝てたようだな」
バッツ「なんだよ、こえーなー!!ガラクタかと思ったぞ」
メタブラ「そのお前が付けてる首飾りの光で目が覚めたようだ」
キラキラキラ
バッツ「クリスタルの・・かけら?」
メタブラ「何かを伝えようとしているようにも思えるが・・・私が解析しよう貸してくれ」

モヤモヤモヤ・・
ゴル「く・・どこだここは?いつものモヤモヤと雰囲気が違うが・・」
オハヨウ、ゴルベーザ。ヨウコソ、ハザマノヤミヘ・・・
ゴル「誰ですとも!!」
モヤモヤは形を成しゴルベーザの前に姿を現す
「私の名はエヌオー、次元の狭間を作りし王だ」

935 :6/25:2006/07/14(金) 01:30:04 ID:fCcNErKd0
ゴル「誰だ?私はここに用は無い、さっさと月へ帰してくれ」
エヌオ「哀れな男だゴルベーザ、大きく強い力を持ちながらそれを封じてまで正義に生きようとするか?」
ゴル「五月蝿いぞ!!貴様には関係ない!コレが今の私の生き方だ!」
エヌオ「もっと素直に生きてみたらどうだい?」
ゴル「う!五月蝿い!!私の野望はとうに尽きた!今は誰にも操られる程の欲も持たん!早くここから出せ!」
エヌオ「フフフ・・ほら見えてきたぞ!お前の終着点・・世界の力・・・マナの樹だ!」
そこは光り輝く森と空、大きな大樹がそびえる場所だった
エヌオ「お前があの人間に負けたのは、力の差ではない」
ゴル「!!何でそれを?」
エヌオ「私は次元の狭間の王。すべて知りえている、何が足りないか分かるか?」
ゴル「・・・悪意だな・・・俺には憎み切れなかった」
エヌオ「フフ・・・恥じることは無い、初めは些細な行き違いでも言葉は時に凶器になる、その中でお前はためらった。言葉に嘘を付いた」
ゴル「!!」
エヌオ「・・・覚悟が足りんのだよ。ただそれだけさ」
ゴル「覚悟・・・」
エヌオ「復讐をする必要は無い、私は協力者だ。今から言うことを行えばお前の中の本質を呼び出しすべてを元に戻してやろう」
ゴル「!!ほんとか!しかし、なぜそこまでしてくれる?」
エヌオ「気に入ったからさ。私の作り出す扉の先の世界を楽しんでくれた。理由はそれで十分だろ。」
トスン・・カランカラン・・
ゴル「・・この剣は?」
エヌオ「マナの樹と共鳴させることが出来る神剣だ、これを樹に差し込め、さすれば望みは叶う」

936 :7/25:2006/07/14(金) 01:30:35 ID:fCcNErKd0
メタブラ「よし!解析完了、今モニターに映す」
バッツ「なんだなんだ?」ザーーーーー・・・ラン・・ディ・・・
*「ランディ!マナの樹が!!」
*「ど・・どうしてこんなことに・・」
*「マナの樹が・・腐って瘴気を出してる・・やばいよあんちゃん!」
バッツ「!!!おい!!その木を良く見せてみろ!!」
メタブラ「こうか?」
*「あれ・・なに?不気味な顔が・・生きてる!!人が吸い込まれている!!」
バッツ「ゴルベーザ!!」
メタブラ「あの兜ツラ、似てるな」
バッツ「バカヤロー!!ほんもんだ!!ギル!!すぐ助けに・・・そうだった・・」
メタブラ「なんだ?どうしたんだ?」
バッツ「・・・ケンカしちまってな、ホント俺が悪いんだ・・・
助けなきゃ・・ゴリさんを助けなきゃ!その為にはギルの力が要る!謝らなきゃ、俺が悪かったって・・・
メタブラ!!ギル探せるか?」
メタブラ「・・・・お前夢中になりすぎ!外見てみろ!」
ギル「よぉ!」
バッツ「ギルっ・・・」
ギル「話は一部始終聞かせてもらったぜ!」
バッツ「・・ギル・・その・・さっきはスマ・・」
ギル「ストップ!今は言うな!ゴルさんが最優先だ!」
バッツ「ギル・・」
ギル「お前の事・・信じてたぜ!」
エンキドゥ「ワン!」
モヤモヤモヤーーーン
ギル「しけた顔すんなよ!お前らしくねぇな!モヤモヤは俺達の味方のようだぜ!」
バッツ「っ!うるせぇ!!さっさと来いギルガメッシュ!」
ギル「いいですとも!!(パクリ)」
エンキドゥ「ワォン」
メタブラ「逝くぜ!!」
ヒューーーーーーーーーーーーン・・・・・・・

937 :8/25:2006/07/14(金) 01:31:10 ID:fCcNErKd0
モヤモヤーーーン
ランディ「誰だ!!」
バッツ「ごめんよ!!ゴリーーーーーー!!」
ギル「ゴルさーーーーん!!」
(・・・誰か・・・呼んでいる・・・・)
バッツ「だめだ!!完全に飲み込まれやがった!」
ポポイ「おっちゃん達誰だよ!帝国の奴らか?」
ギル「すまんちびっこ!おっちゃん達は今大切な友達があの樹に飲み込まれてしまったんだ!」
プリム「マナの樹に飲み込まれたのはあなたの友達?」
バッツ「ああ!くそう!しょーがねぇー!ギル叩切るぞ!」
ギル「了解した!究極幻想!!」
ランディ「!!やめてくれ!!ボクの母さんなんだ!!」
バシッ!!!ビビビビビ・・・
バッツ「な・・なんだ?」
ギル「いてて・・・バリアか?」
マナの樹から溢れる瘴気が形を取る
エヌオ「我が名はエヌオー。次元の狭間の王なり」
バ・ギ「エヌオーだと!!」
ランディ「か、母さんを元の姿に戻せ!!」
エヌオ「ククク・・・お前の母親などここにはいない。いるとすれば新しい魔人を産む母体となるこの樹がそれになるか?」
バッツ「魔人・・だと?」
エヌオ「無の力を生み出す力は創造の中にある。世界を創造し力を生み出すマナの樹より破壊の力のみを取り込んだ魔人を送り込んだ。時期に世

界は無に還る・・・私以外すべてな・・」
ギル「エクスデス様の始祖・・・エヌオー・・なぜここに?」
エヌオ「お前たちが住んでいた次元の狭間は私の体内よ、扉の先の世界を与えたのも私だよ。そして与えた幸せを奪うのも私になるのだよギルガ

メッシュ君」

938 :9/25:2006/07/14(金) 01:31:55 ID:fCcNErKd0
ランディ「母さんを返せ!!」
バジン!!ビシビシ・・・
ランディ「ガハッ・・・」
プリム「ランディ!」
エヌオ「未完成の聖剣ではあの樹は元より私すら切れぬよ」
メタブラ「やばいぞやばいぞ!!なんか来る!」
エヌオ「未完成なエクスデスの無とは違うぞ、完全な無の力だ!色の無い、音の無い、温度の無い完全な無を楽しめ!」
バッツ「ギル逃げろ!!」
ギル「バァァァーーーツ!!」
ビシューーン!ゴウゴウゴウゴウゴウ・・・・・・
・・・・
ポポイ「・・あのおっちゃんが助けてくれた・・・」
ランディ「・・・ウグッ・・・ボ・・ボクは・・・無力だ・・・」
ギル「バァァァァーーーツ!!!」

939 :10/25:2006/07/14(金) 01:32:52 ID:fCcNErKd0
・・・・
色は無くただ白い・・・
音は無い・・・自分がここにいることも分からない
温度は感じれない・・・ただ無くなっていく自分をぼんやり考えているだけ
痛みは無い、消えるだけ・・・
そこには恐怖も無かった、エクスデスの無の力は寒さ、苦しさ
考えることがいっぱいだった・・・
ここには何も無い、完全な無・・
いつか考えることもなくなるだろう・・その時は自分が消えるときだろうと思った。
(バッツ・・バッツ!)
(誰だよ?)
(勝手に消えるなよ!俺はまだ一発もお前を殴ってないぞ!)
(知るかよ・・・そんなもんおまえの都合だろ?)
(弱虫め!いつものお前なら突っかかってくるのになぁ!弱くなったな)
(誰だよお前は!)
(もう時期俺も消えるもんさ!言いたいこといっぱいあるけど、一言私から言わせてもらうぞ。
”ありがとな”楽しかったぞ。もうすぐ私は世界の王となるだろう、だがそれも一瞬だ
世界を消し、エヌオーを消し私も消えるだろう・・・だから一言礼を言いたくて寄っただけだ
覚えておけ!世界の王となり・・・お前の親友だった男の名を)
(おい!お前!)

バジン!!ビギギギ・・・
ギル「ちきしょう!!ちきしょう!!」
エヌオ「フハハハハ、お前らが絶望に苦しむ姿、喘ぐ姿は実に滑稽で愉快だ。時期に魔人が生まれるそれまで足掻くがいい」
ギル「バッツ・・・ゴルさん・・・」
ランディ「くそう!ボクの力は・・・聖剣の力は・・・無意味なのか・・・ちくしょう・・・」
キラキラキラ・・・
メタブラ「ぬぁ?クリスタルが?また光り始めたぞ!」
エンキドゥ「ワンワン!」
キラキラキラ
エヌオ「なんだ!!この光は!!うぉぉぉぉ!!」

940 :11/25:2006/07/14(金) 01:38:12 ID:fCcNErKd0
*「ハァハァ!エーコたんもえーー!」
ズズズッ・・
アーロン「・・ブラスカ様も困ったものだ・・・」
モヤモヤモヤーン
アーロン「な!!おおお!!あーーーー!!」

エーコ「ねぇー!おとーさん!エーコ先に入っていい?」
シド「ハハハ!ヒルダガルデ6号の完成がそんなに嬉しいか?もちろんだとも、さ!早く入りなさい」
エーコ「わーーい☆」
モヤモヤモヤーーン
エーコ「あれれ?変な感じ」

クラウド「バイクサイコーーーフォーーーーー!!」
クロノ「滅亡問題なしフォォォォーーー!!」
モヤモヤモヤーン
クラウド「モヤモヤフォーーーー・・・」
クロノ「クラウド消えたフォーーーー!!」
バシン!!ゴロン!!コロコロコロ・・・
クロノ「余所見、激突、横転フォーーーー・・・・カク・・・」

モヤモヤァーーーン
モルル「ゾリュ(ゴル様がピンチですわ)」
ユカ「グチャリンコ(大変ですわ!助け出さなきゃ!)」

941 :12/25:2006/07/14(金) 01:38:54 ID:fCcNErKd0
フォン・・フォン・・フォン・・フォン
ギル「聖剣とクリスタルが共鳴してる・・・」
*「よいしょっと!」
プリム「ドリアード!」
ドリア「一瞬だけど封印が解けたわ!聖剣に本来の力が戻ったのよ!」
ランディ「ホントだ・・剣が輝いている・・」
ドリア「あなたのお母さんが”ガンバレ”って言ってるよ!」
ランディ「母さん・・ありがとう!!」
ドリア「この剣なら無を切り裂き、あの勇敢な男性を救えるかもしれない」
ランディ「・・・・そこのおじさん」
ギル「・・・・ギルガメッシュだ・・・」
ランディ「おじさんこの剣を使いなよ。あなたの友達を救えるのは僕じゃない、あなたしか出来ないはず」
アーロン「よってここは俺達が死守する」
エーコ「ギルったら情けない声出さないで!かっこ悪く見えちゃうよ」
クラウド「まったく世話がかかる、こんな事じゃあおれもゆっくりバイクレース出来ないだろ」
ギル「み・・みんな・・いつの間に?」
アーロン「呼ばれたから来たのみだ。他にもいっぱい来たようだな。」

セシル「兄さんはボクが守る!」
トルネコ「ネネ達にお土産を持って帰る為にね」
セリス「10分だけよ!忙しいんだから!」
フースーヤー「世話のかかる甥を持つと何かと大変じゃのう」
ジェクト「まっ・・その・・ケリぃつけっか?」
ティーダ「おやじぃー!!いつ出演したんだ?」

ギル「みんな・・・・頼んだぞ!!」
全員「まかせろ!!」

942 :13/25:2006/07/14(金) 01:39:48 ID:fCcNErKd0
ギル「今度は俺が助ける番だぜ!バッツ!ゴルさん!聖剣よ!!奇跡を起こせ!」
スゥゥゥ・・・・パリーーーン!!
ギル「行くぜ!!」

----何も無い世界ーーーー
(バッツ!!バッツ!!)
(ぁ・・あ・・・ぎ・・る・・)
(バッツ意識を保て!)
聖剣が奇跡を起こす、何も無い世界にバッツの過去が映し出される
生まれた日、ギルが嘘を教えた日、ビックブリッジで出会った日
そして・・・次元の狭間で再開した日・・・
ギル「バッツ!!バッツ!!」
バッツ「・・・なんだょ?赤いバカ!顔近過ぎだ・・・」
ギル「バァーーーツ!!」
バッツ「うるせぇなぁ・・まぁー・・その・・ありがとな・・」
ギル「へへ!!よかった!」
バッツ「さぁーて!クライマックスだな」
ギル「ゴルさんを助け出す」
バッツ「よし!戻るぞ!」
スゥゥ!!
ランディ「おじさん!生きてたんだね!」
バキ!!
バッツ「おじさんじゃねぇ!お兄さんだ!・・・つーかハデだねぇ、全員集合か?」
ギル「みんな力を貸してくれたんだ」
バッツ「ありがたいね!さてと!あのスネオをもう一発殴って起こしてきてやるか」

943 :14/25:2006/07/14(金) 01:40:32 ID:fCcNErKd0
ギル「ありがとなランディ!助かったよ。コレ返すな」
ランディ「え?聖剣なしでどうやって助けるの?」
バッツ「目的がみんな間違ってるみたいだから教えてやる、ちびっ子も良く聞いとけ!
”俺らは仲間を助けに来た”んであってあのエヌオーとか言う幽霊には興味は無い!
よって武器は要らない」
バ・ギ「”ただ殴って起こしてやるのみ!”」

バッツ「行くぜ!!」ギル「おう!!」
エヌオー「行かせるか!!無の力!!」
ランディ「聖剣でかき消す!!」
パリン!!
ランディ「僕らは食い止める!あなた達で救い出してくれ!」
アーロン「援護してやる、お前たちの物語の結末を見せてみろ!」
エヌオー「させるか!マナの樹よ!そいつらを止めろ!!」
ニュルニュルニュル!!
ジェクト「おらよ!」
ズシン!!
ブラスカ「究極召還だ!ジェクト!樹を動けないように抑えてて下さい。」
エーコ「あたしも援護するよ!マディーーーン!ギル達を助けてあげて!」

バッツ「サンキュー!よろしく頼むぜ!!」
マナの樹の空洞に2人は飛び込む

944 :15/25:2006/07/14(金) 01:41:13 ID:fCcNErKd0
・・・・
ゴル「・・・来たみたいだな」
バッツ「わっざわざお別れの挨拶にあんなへんぴなトコまで来てもらって申し訳ないが、まだサヨナラな気分じゃないんだ」
ギル「帰ろう!みんな待ってるぞ!」
ゴル「・・・・ありがとう・・・だけどダメなんだ・・・私の体はもう無い・・・全部樹に吸い込まれた」
バッツ「コレは・・死神の剣・・エクスデスの野郎が持ってたものでマナの樹を切ったらこうなったのか?」
ゴル「またやってしまったようデストモ・・・またみんなを裏切ったみたいだ・・すまない」
バッツ「王様になるんじゃなかったのか?」
ゴル「一瞬だけな・・・覚悟はしたつもりなんだが・・・」ビクビクン!!
パァァ・・
エヌオ「無を呼び出す魔人は渡さんぞ!!」
バッツ「ちぃ!!しつこい奴だ!!」
エヌオ「ダージャ!!」
クロノ「シャイニング!光で打ち消す!!」

ギル「クロノ!お前いつの間に?」
クロノ「たまたまだ!河が見えて向こう岸行こうとしたらモヤモヤに吸い込まれた!」
バッツ「何の話か分からんが、とりあえず任せた!!ギル!ゴリを何とかするぞ!」
ギル「だがどうすんだよ!体すべて樹に飲み込まれた状態なんだろ!」
バッツ「そこの剣を渡せ!」
ゴル「やめろ!!お前まで飲み込まれるぞ!」
バッツ「たまには言う事聞きやがれ引き篭もり!!俺が助け出す!!」

945 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 01:44:43 ID:KFeXC7KN0
        /⌒ヽ
        ( ^ω^) おおああぁぁぁあああ
       《 ヽ  ノ 
      .:( ヾ彡つ+ 。・゚・。・。* ゚+ 。・゚・。・。* ゚
       > ノ /   + 。・゚・。・。* ゚+ 。・゚・。・。* ゚
       レ レ


946 :16/25:2006/07/14(金) 01:46:50 ID:fCcNErKd0
ズリュズリュ・・・
ギル「・・・あれ?剣がない?」
ユカリョ「(グチャリンコ)ゴル様助けに来ましたわ」
モルル「グチュグチュ(代弁頼むわリョーコ)」
ゴル「おまえらはモルルにユカリョーコ!?なぜここへ?」
ギュチャグチャ
バッツ「後ろのマネキンがしゃべってんのか?」
ギル「(便利だ・・・)」
ユカリョ「(グチャリ)ゴル様、私たち2人であなたを助けます!モルルは元々植物、この樹を支配します。
私があなたを再構築して復活させます」
バッツ「出来んのか?」
モルル「(コクリ)」
ユカリョ「この剣で私たち二人が中に入れば・・・」
ザクッ!!
ユカリョ「(ジュルッズズズズ)アァァァァァ・・」
モルル「ズズズズ・・・(悪意の中に吸い込まれる・・・・)」

エヌオ「ちぃ!!後一歩のところで!!」
パシュン!!
クロノ「シャイニン(MPが足りません)・・・逃がしたか・・・」
ギル「どっちかっつーと逃げられたんだがな」
バッツ「ゴリーーー!!頼む戻って来い!!」

947 :17/25:2006/07/14(金) 01:47:25 ID:fCcNErKd0
ユカリョ(モルル・・出来そう?)
モルル(さすがに樹の神様・・難しいけど・・あった!!ゴル様の魂)
ゴル(うぅ・・モルル、ユカリョー子!こんな危険なトコまで何しに来た?)
ユカリョ(よかった!まだ意識までは取り込まれて無いようね!よかった)
モルル(ユカリョー子!だめ!!ゴル様の体は一切見つからない!全部樹の中に吸い込まれたみたい!)
ユカリョ(そんな・・・ココまで来たのに・・)
ゴル(・・・ありがとう・・・こんな私のためにココまでしてくれて・・・私はとても嬉しい)

・・・
ユカリョ(私達はこんなモンスターですがあなたを愛しています)
モルル(最後まで愛の為に命を投げ捨てる気で来ています。)
ゴル(な?何をするんだ?)
モルル(私のできる限りの力で、ゴル様を樹から分離させます)
ユカリョ(完全に分解、吸収されきれていない私たちの体でゴル様を作り出します)
ゴル(待て!それではお前たちは!!)
モルル・ユカリョ(さよなら・・私たちの事、忘れてもいいから絶対に長生きしてください)
ゴル「私の事はいい!!やめろ!!」

バ・ギ「ゴルさーーーん!!」
モル・ユカリョ(生きてください・・)
ジュ・・ニュジュ・・
樹の幹に穴が開く
ジュ・・クギュ・・
中から兜だけはしっかりかぶったゴルさんが出てきた

948 :18/25:2006/07/14(金) 01:48:02 ID:fCcNErKd0
バッツ「ご!!ゴリさん!!」
ギル「ゴルさん!おきろー!!生きてんのかー!!返事しろー!!」
・・・・
ギル「・・・兜はずしてみようかな・・・」
ゴル「デストモーーーーーー!!!」
バッツ「ゴリーーーー!!!!」
ゴル「誰であろうと私の兜をはずすのは許さん!!」
ギル「そのワンパターンさはゴルさん!!よかった、生きてたんだな」
ゴル「ありがとう!本当にありがとう・・・」
(モルル・・・リョーコ・・・私はお前たちの意志を受け継ぐ・・・ありがとう)

エヌオ「ちぃ!!すべてが台無しだ!!そのクリスタルの欠片と聖剣のせいで!!」
クラウド「あと一息だ!!逃がすな!」
セシル「第二波来るぞ!!聖剣でかき消してくれ!!」
ランディ「わかった!!いつでも来い!!」
エヌオ「舐めるな!!無の力は無敵だ!!」
ゴウゴウゴウゴウゴウ・・・
ランディ「母さんのマナの力だ!!かき消す!!」
パリン・・・
エヌオ「舐めるなと言ったはずだ」
エヌオーは無の力の背後に隠れ、力を使ったばかりの聖剣を弾き飛ばす
エヌオ「コレで当分はかき消せまい!後は後から来た邪魔な連中を送り込んだクリスタルを破壊してやる」
メタブラ「ちょww!やばい!俺今無防備!!」
エヌオ「滅びよ!クリスタル」
パァァァァン・・・・

949 :19/25:2006/07/14(金) 01:48:33 ID:fCcNErKd0
エヌオ「な!何!!」
クリスタラー「貴様が私たちの世界を壊していたものか?」
メタブラ「オイオイ・・聞いてないぞこんなの」
クリスタラー「迷惑だ、お前はココで滅ぼす」
クリスタラーの力でエヌオーを水晶の玉に閉じ込める
エヌオ「くっ・・しかしこの程度で私を封じれると思っているのか!無の力を使えば」
パリン!!
エヌオ「ハハハ!!この私には通じない!お前らがいくら足掻こうが私の力もまた無限大なのだ!!」

クリスタラー「・・・・こんなもんでいいか?」
バッツ「十分だ、サンキュー☆クリスタラー」
エヌオ「な!!ばかな!」
ギル「詠唱時間には十分すぎるほどだったぞ、さて最後は二度と悪さ出来ない様にしなきゃさ!やっぱ終わらないよなぁ」
エヌオ「きさまら!!」

バッツ「今こそ!!」
ギル「パワーを!!」
全員「メテオに!!」
クリスタルの形状をした隕石が槍の様に一直線にエヌオーに向かう
ゴル「デストモーーーーー!!!」

950 :20/25:2006/07/14(金) 01:49:09 ID:fCcNErKd0
ヒューーン・・・グゴゴゴゴゴゴ・・・
激突の表面積が少ない為、隕石はまるで槍の様にエヌオーを貫きそのまま大地の奥深くへ運ぶ
エヌオ「グギャゴゴゴ・・・か・・体が・・・バ・・ラバラになるのに!!抜・・け出・・セ・・ナ・・イ・・・・・・・・・・」

貫いたメテオはエヌオーがこびりついた先端部のみマグマの層で止まる
そのまま隕石は蓋となった


951 :21/25:2006/07/14(金) 01:55:05 ID:fCcNErKd0
セリス「いたたた・・・あれ?」
巨大な爆風で全員が吹き飛ばされたが、そこには無傷の巨大な樹が青々と立っていた。
ティーダ「って・・あれ?みんないるっすか?」
アーロン「なんとかな、そこまで激しい爆発ではなかったしな」

バッツ「いたた・・あ・・オイ!!ゴルさん!起きろ!兜脱がすぞ!」
ゴル「いたた、引っ張るな!・・・・マナの樹が」
ランディ「母さん・・・」
ギル「おお!!美しい!コレが真の姿か」
プリム「大地は裂けちゃったけど、すぐに元に戻るわ。」

ゴル「モルル・・・ユカリョー子・・・」

952 :22/25:2006/07/14(金) 01:55:41 ID:fCcNErKd0
バッツ「さてとだ、ゴル!一発俺を殴れ」
ゴル「デストモーーー!!」バシィーン☆
バッツ「ヌァ!!いてて・・つーか普通理由ぐらい聞くだろ!」
ゴル「聞く耳などない」
バッツ「てめぇーーー!」バシィーーン☆
ゴル「ヌマッ!!いたたたた!!兜がガシガシ揺れて当たるから余計痛い」
バッツ「手が・・・マジ痛い・・」
バ・ゴ「マジで殴りやがったなてめぇ!!」
バシバシバシ!!
ギル「一発は一発だ!頭冷やせバカモノ」
ゴル「・・・俺は4発だったが・・バッツ・・お前は?」
バッツ「・・俺も四発だ・・気があうなゴリさん」
ギル「へっ?いや!手の数は関係ないだろ!!」
バ・ゴ「一発は一発なんだろ!!」
バギグシャビギ・・・

ギル「・・・・ヌハァ・・・」パタン
ゴル「哀れな・・」
バッツ「・・・おい二人とも!一回しか言わんからよーく聞いとけ!!」
ギル「・・・・ナンダヨォ」
バッツ「すまん!あんときゃ俺が悪かった!申しませんゴメンナサイ!(ペコリ)」
・・・・・
ギ・ゴ「・・・何の話だ?」
・・・
バッツ「てぇーめぇーらはぁーー!!(装備:ラグナログ)」
ギ・ゴ「ちょいまて!!何の話だ!!つーかその強そうな武器は何!?」

ザクザク・・・・・・ウボァーーーー

953 :23/25:2006/07/14(金) 01:56:19 ID:fCcNErKd0
モヤモヤモヤァーン・・
アーロン「む・・モヤモヤか?薄いな・・まさか!!」

ティーダ「たいへんっす!!モヤモヤが消えかかってるっす!!ってか怖いっすよバッツ・・」
ギル「・・良くぞ止めてくれたティーダ・・戦闘では目立つ部分が無かっただけにイザ!今って時に役に立った」
ティーダ「・・・地味にがんばってたんすよ・・」
バッツ「で?何のようだ?」
ティーダ「そうっす!モヤモヤが消えかかってるっす!」
ギル「なに!?」
ゴル「そう言えばエヌオーが、自分がモヤモヤを作ったとか言ってたから奴が死んだ今、次元の狭間もモヤモヤも消えてなくなるんじゃ!!」
ーーーマナの樹の根元ーー
アーロン「焦るな!しっかり行きたい場所を創造しモヤモヤに伝えるんだ!そうすれば帰れる!」
バッツ「アーロン!みんなは?」
アーロン「大多数は自分たちの世界に帰らせた。お前達からモヤモヤに感情があることを聞いていて正解だったな」
ギル「急がないと消えちまうぞ!みんな急げ!」

954 :24/25:2006/07/14(金) 01:56:53 ID:fCcNErKd0
--別れの時ーー
クラウド「お前達との旅は興味深かかったぞ!人妻ばっか追いかけんなよ、またな!」モヤモヤーン
バッツ「うるせー!チョコボ!むっつり!!」

メタブラ「また戦いの日々か・・・秘密結社も楽じゃないよ・・」
ゴル「沢山の部下がいて、いいじゃないか!楽しんで世界を征服しろよ」
メタブラ「中間管理職は辛いのよ・・またおいで!あとクリスタル返すよじゃあな!」モヤモヤーン

エーコ「ギル・・お別れだね。エーコの事忘れないように宝物あげるね(モグのリボン)」
ギル「これ!エーコの宝物だろ?」
エーコ「一番大切な宝物だよ☆へへっ、じゃあ!バイバイ」モヤモヤーン

アーロン「俺が最後のようだな、まぁーなんだ。どうせまた異界で会うことになるだろう」
バッツ「ゴルさんが一番先だと思うぞ」
ゴル「バッツ!!どういう意味だ!」
アーロン「年的にもHP的にもという意味だろう。後、正宗返せ」
バッツ「え!?まだ覚えてたんだ・・・(死人の癖に記憶力だけ残ってやがる)」
アーロン「早く返せ」
バッツ「・・・・・ハイ(マサム礼)」
アーロン「どうみても偽者です。どうもありがとうございました(オーバードライブ)」
カキーーーーーーーーーン!!  ウボァーーーーーー
アーロン「では達者でな」モヤモヤモヤーン
バッツ「ったく!ケチなやろうだ!」
ギル「俺のコレクション生贄にするこたぁーねーだろ!!」
ランディ「あの・・」
プリム「最後ぐらいしゃきっとしなさいよ!」
ポポイ「おっちゃん達ありがとな!」
ランディ「ありがとう・・あなた達のおかげで母さんも元に戻ったよ」
プリム「あなた達の旅は終わるのかもしれないけど私たちももうすぐ終わらせるわ。あなた達の勇気をもらったから」
ポポイ「帝国なんか楽勝さ!ね!あんちゃん☆」
ランディ「うん!また会えたらその時は色んな話聞かせて下さい。本当にありがとう」

955 :25/25:2006/07/14(金) 01:57:26 ID:fCcNErKd0
ーーまた会おうーー
バッツ「モヤモヤももう小さくなったな」
ギル「みんなどうするんだ?」
ゴル「私は一旦、月に帰るよ。その後でもう一度セシルの元に行こうかと思う。モルルとユカリョー子の墓を作らねばな。」
ギル「バッツは?」
バッツ「まぁー、俺もタイクーンにでも帰ったらまた適当にぶらつくよ」
ゴル「根っからのニートだな」
バッツ「うるせぇ!!ギルはどうすんだ?」
ギル「・・・俺はもう一度次元の狭間に戻る」
ゴル「バカヤロー!!もう次元の狭間はないんだぞ!!なんでまた無謀な事を!」
ギル「もしかしたらあるかもしれないだろ?故郷なんて無い俺だ!多少の無茶は効くさ!俺はこの旅で、沢山の幸せを得れたがもしかしたら

もっとあるかもしれないだろ?俺は夢に賭けるよ」
ゴル「私は反対だ!分かっているのか!死ぬかも知れないんだぞ!俺は止め・・」
バッツ「行ってこいよ!ギル!」
ゴル「バッツ?」
ギル「ああ!また何かあって会うことがあったら、みんなまた仲間でいてくれるか?」
バッツ「最初はしらんぷりするかもな☆」
ゴル「ハハハハハ☆じゃあ私もしらんぷりするとしよう」
ギル「オイコラーーーーー!!!」

大きく手を振って君の背中に”サヨナラ”と叫んだよ
ココが出発点、僕らの地図に印を付けた
それぞれのコンパスは動き出し新しい道を歩き出す
もう一度世界を愛せたときはまた会いに行くよ
一度振り返り、また歩き出す
  ”再開を信じて”

−−−−−おわりーーーーーー


956 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:09:31 ID:LrtL+GbWO
超大作GJ!!聖剣またやりたくなった…感動したよ

957 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:17:06 ID:24gnG0780
最終幕GJ!!
書きかけの奴が無駄になっちまったが、そんなのよりもずっと良い物が見れたよ

958 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:17:13 ID:m/wxiHT9O
ネ申キタ━(゚∀゚≡゚∀゚)━!!
ネェネェスゴイネ☆
超GJ!!!!

このスレももぉ終わりかぁ…
毎日楽しみだったな…
職人さん達乙!!!

次スレは、個人的に期待(´・ω・`)

959 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:20:24 ID:GQBg5OAv0
FF4、FF6、FF9、FF10、FF12、FFT、サガフロ、マリオRPG、クロノ、トルネコ、
そして聖剣伝説か…本当にこの三人はいろんな世界を回ってきたんだな。
今までのことが走馬燈のように思い出されたよ。GJ!

960 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:28:29 ID:a/rZWkfK0
GJ!ブラスカいきなりでてくんなw
あとゴルさん、かっこいい!!

職人のみなさんお疲れ様でした。



961 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 02:57:26 ID:nlPtlZSnO
多くの職人さま方、笑いと涙と感動を有難う!

さぁ、行こうか。ロストマーン!

962 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 03:25:03 ID:iRseEFKb0
職人さん達、今まで本当にGJ!
感動を笑いをありがとうございました。

963 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 04:40:23 ID:ZcYzp0rpO
どんなに遠く離れていても

僕たちは繋がってる

夜空を見上げてみればほら

同じ星輝いてる

〜流星〜

byFLOW

964 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 10:14:26 ID:cr2lAiP5O
友の声が胸に響いた   涙で滲んじゃ道は見えないんだ 今GET UP 見上げんだ ほら同じ空決して孤独じゃねぇんだ 全て背負い込むことはないさ いいか皆いんだ今信じるんだ絆 崩れないさ消えないさけれだけは さあ行くんだ    感動をありがとう

965 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 14:48:38 ID:jzX43tgx0
バッツ…
ギル…
ゴル…

色々あったけど、俺はこのスレが一番好きだったよ…。・゚・(ノД`)・゚・。

966 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 15:34:32 ID:QfghlfqvO
自分も大好きで毎日ここ見てたよ・・・(´;ω;`)
たくさんの職人様方、笑いと感動を本当にありがとう!!
いつかまた出会えることを祈ってる.・゚・(∩Д`)・゚・.

967 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 16:15:49 ID:tbj3C5tA0
今まで投げ出されていた複線も上手く纏めたね!
モルルとユカさん… 良い女だったんだな…
最初の避けられっぷりにも挫けないで、ゴルさんの為に自己犠牲だなんて…
簡単に出来る事じゃないわ。

968 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 16:57:44 ID:QU241E3pO
>>945 死ね、氏ねじゃなくて死ね

969 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 20:22:38 ID:nznHtxFh0
これはいいエンディングですね。

970 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 20:28:25 ID:KFeXC7KN0
まだだ・・・まだ終わらんよ!

971 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 20:30:42 ID:pi2ooGb4O
裏エンディングチン☆⌒ 凵\(\・∀・)マダー

972 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 22:00:00 ID:64snrM5M0


さらば地球よ 旅立つ人は
  我らが ギルガメッシュ
 次元の狭間 無の世界へと
 まさむれ背負い 今旅立つ
 必ずここへ 帰ってくると
 手を振る人に 笑顔で答え
 地球を離れ 次元の狭間へ
   はるばる臨む
 親衛隊長 メッシュ

973 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 22:04:15 ID:8huJKtVLO
今書いてるから1000まで逝かないでね

974 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 22:17:59 ID:rCxLDTlf0
少しだけ寂しい気もするが




この気持ちも悪くない いや 良いくらいだ

975 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 23:45:49 ID:hx6Co8Wh0
俺はかなり寂しい…
が、いい物がみれたな…

976 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 00:06:06 ID:mASwFO4wO
残り50レスきった中に俺も入れてくれ!
ホントに感動した!
読んでるときに何故か頭の中でmeridian childが流れて…
キャラクター総勢の協力しあう姿が目に浮かんで…
気づけば目から鼻水が…
とにかくありがとう!そしてGJ!
そしてラストを飾ってくれる人!
今から言っておく!




ありがとう

977 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 00:25:05 ID:zDx7eivdO
あれからしばらくの時間が流れた。
今考え直すとあれは夢だったのかもしれない。
でも、デジョンが使えない。
多分あれは真実だろう。
ギルガメッシュはどうなったのだろう?
ゴルさんはローザに虐められてないだろうか?
色々な思いが現れ、そして消えていく。

バ「フー、さてどこに行こうか?」
もうボコには乗っていない。
アイツも家庭を持った。
家族の大切さは良く知っている。
アイツは嫌がっていたが無理矢理置いてきた。
これで本当に孤独になった。
元々一人だった。何も辛くない。
ただ、時々思う


『みんなに会いたい。』
孤独は辛くないはずなのに、自然と涙がでる。


978 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 00:26:16 ID:zDx7eivdO
???「うーん、久々の青い空だ〜」
???「ここがバッツの世界か、良いとこデストモ!」
声が聞こえた
よく喧嘩し、笑いあい、そして別れた男の声だ
そして常に兜をかぶり良く山菜等を持ってきた男の声だ
すぐに振り返った
そこには相変わらず偽物の剣を持ち、和風の鎧を着た赤い男と相変わらず兜をかぶり、表情は分からないが微笑んでいるであろう男がいた
バ「ギル、ゴルさん!」
気がつくと既に走っていた
ギ「お、バッツじゃねえか!」
三人に言葉はいらなかった
どんな時間を過ごしたかは互いに知らない
今は再会の喜びで一杯だった
長い沈黙の後、口を開いた
バ「お前どこにいたんだよ!」
ギ「ああ、次元の狭間にいたんだよ」
バ「は?もう次元の狭間は無いだろ?」ギ「いや、無は消えたがクリスタルを割った時に出来たのが次元の狭間だ。デジョンは無の道を使って次元の狭間に送るから無が無いと使えないんだよ」
ゴ「モヤモヤも何故か、私が出せるデストモ!トウッ!」
モヤモヤーン
バ「って事はまた三人で旅が出来るんだな!?」


979 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 00:27:09 ID:zDx7eivdO
ギ「お?なんだまた旅に出たいのかwwww」
ゴ「私達と一緒に行きたいのかwwww」
バ「………………………………………………ああ、もう、ひとりはイヤなんだ」
ギ・ゴ「え……………………」
ギ「ゴルさん、ちょっと」
ギ(おい!妙に素直だぞ!どうなってるんだ!?)
ゴ(こっちが聞きたいデストモ!何が起こったのだデストモ!)
バ「ん?どうした?」
ギ「と、とりあえず次元の狭間へゴーデストモ!」
ゴ「ギル!焦りすぎデストモ!」
バ「おい!何なんだよ!」
ヒュー


三人の旅は続く。
旅する理由はただ楽しいから三人は旅する



THE END

980 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2006/07/15(土) 00:27:24 ID:SQc0dYAE0
 

981 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 00:52:13 ID:ckM0xuxzO
泣いた…なんだよ…こんな気持ちになるなんて…



職人さん達ありがとう!!

982 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 01:06:31 ID:FsEjEvgLO
>>978
ちょwwwなんでゴリさんモヤモヤ出せるようになってんだwwwwww

983 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 01:08:24 ID:HLMud1UhO
職人様達お疲れ様です!GJデストモ!!!

984 :パンツワラウザーの職人:2006/07/15(土) 01:15:13 ID:yrgRq2Pf0
最後なんで言わせて下さい。

このスレでネタを書くのが大好きでした。
ネタを書く楽しさに目覚めさせてくれたのがこのスレでした。

スレが無くなってしまうのはとても寂しいですが、ここ数日の流れを見ていると、ここで終わらせるのが一番良いのかもしれません。
というわけで、とてもキレイに華麗に見事にまとめた930-955さん、977-979さん、超GJでした!!
祭りの後のような、切ない余韻の残る秀逸な結末でしたね。素晴らしいです。

他の職人の方々も、お疲れ様でした。
そして、私の長いネタを読んでくれた住人の皆様、どうもありがとうございました。皆さんから頂いたレスは一生の宝物です。

しかし、前スレはほとんど独占する状態になっちゃってて本当にすみませんでした。
私が長いネタをダラダラと数日に渡って投下してるせいで、ネタ書きたいのに書けなかった職人さん、
少なからずいたんだろうと思います。深く反省しております。

実は前スレの1は私でした。
試しにスレ立て挑戦してみたら本当に立っちゃってビックリしました。
他の人が書いたネタが読みたくて立てたはずなのに、気がついたら自分でネタ書いてて二度ビックリでした。
でも、スレを立てて良かったです。ネタ書くの凄く楽しかったし、他の方のネタも読めて嬉しかったです。



最後に…バッツ、ギルガメッシュ、ゴルベーザ。お前らが好きだ。大好きだ!
ホントにどうもありがとう。変な設定つけて正直スマンかった。
でも、またいつかどこかでお前らのネタが書きたいよ。


【´・ω( ・∀・ )д・ 】 バ ・ ギ ・ ゴ ! レディ…ミッション・スタート!! ……とかね。


嘘だけど。

985 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 01:30:06 ID:NuesWX/MO
>>984
あんた最高だよ。
他の職人さん達、住民のみんなも最高なスレだった。
ありがとう。

986 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 01:44:06 ID:dFeEZuEC0
ずっとROMってたけど最後なので・・・。

職人の皆さん。
素敵なお話をどうもありがとう。
楽しい時間を本当にありがとう。
涙で滲んで画面が見えないよ・・・。

2chで一番大好きなスレでした。

987 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 02:03:13 ID:Ef6Dex7p0
>984
ちょwその嘘だけどはどこにかかってるんだww

でももうほんとあんた神だったよ。このスレでネタ初書きであのレベルってすごすぎる
またどっかでネタ書いてください。頼む。オレ、待ってるよっ

すべての職人さんおつかれさまでした。

988 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 02:14:57 ID:dkkh3vG20
ED泣いた。切なすぎだよコラ!
もう三人組に会えないのは寂しいけど、職人の皆さん今までGJデストモォ!!

989 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 02:50:24 ID:XdwRESjB0
冗談半分で「いいですともキボン」って言ったのに
まさかレギュラーになるとは思わなかったw

990 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 03:11:59 ID:KlRRHMURO
あの三人はまだ旅を続けるんだなぁ…
元気でやれよな(*ノД`*)
職人さん達…
お疲れ様でした!!
また三人の旅を見れるのを祈ってます(´・ω・`)
もぉ本当に終わるのか…
次スレ……







いや、何でも無いデストモ…

991 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 03:52:34 ID:0u0xI0NK0
一応、最後の誘導を、
1000到達後の次スレ議論、感想など、
避難所:http://jbbs.livedoor.jp/game/29637/
のバッツとギルガメッシュスレへどうぞ。


992 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 04:35:26 ID:zRrxWJ8W0
もう1000直前なのか!?職人も住民も乙。

993 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 07:27:48 ID:+hNMWwyeO
職人の皆様、乙でした。

994 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 07:54:31 ID:4EbC6cBwO
記念カキコ

すばらしいスレでした
皆さん乙かれ様!

995 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 08:10:45 ID:8ioUv32xO
ずっとROMってたけど、最後に書かせてくれ。
読んでいて何度も本気で笑い、そしてラストは感動した。
いいスレだったよ!

996 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 09:44:05 ID:0nXQgLdUO
んま〜
職人さわ復活させてあげてよぉ〜

997 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 09:58:11 ID:j30O2uPT0
次スレカモーーン!

998 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 10:20:23 ID:90CLwshY0
>>997 だ が 断 る


999 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 10:25:05 ID:mWQJaOxH0
999

1000 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 10:26:16 ID:GVc+JSkjO
to be contined・・・?

1001 :1001:Over 1000 Thread

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃      スレッドのレス数が 1000に達した!      ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ,,ノィ クエックエッ
<・ 彡v .┌────┐
 (  フノ三 | ←次スレ |ε ε ε ε ε ε ε ε ε ε ε ε ε ε
  ソ ヽ,  └─┬┬─┘ 人  *「ぷるぷる。
  ´  ´      .|│   (゚∀゚)   このスレッドは もう 終わりだよ。
          ゙゙'゙'゙          新しい スレッドをたててね!

477 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)