5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローザとヒナワを同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 21:00:59 ID:Q2LC+3YdO
会社の壁を越えた人妻達の秘密の時間…

2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 21:03:04 ID:B7DcxZym0
ヒナワて誰

3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 21:05:21 ID:6c9HdZcb0
ローザって小川ローザ?



4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 21:06:39 ID:XqbGIRnzO
>>2マザー3の主人公のお母さんかと思いますた

5 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 21:09:37 ID:MEo8Uhhk0
まさか…マザーの!?

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/24(土) 23:25:54 ID:UAA24fuKO
ローザ&ヒナワ「…(誰? この人?)」
ローザ&ヒナワ「…(とりあえず、名前を名乗るべきかしら?)」
ローザ&ヒナワ「あのっ私は…」           ローザ&ヒナワ「…(被っちゃたっわね…)」

数分後…

ローザ「あの… 私から自己紹介して良いかしら?」
ヒナワ「ええ、構いませんよ。」
ローザ「私はローザ・ファレル。
   バロン王国のセシル王の正室兼白魔導士よ。」
ヒナワ「私はヒナワ、タツマイリ村で専業主婦をさせて頂いてます。
   夕飯の買い物の帰りだったのに、気が付いたら何故かここに…」

ローザ&ヒナワ(タツマイリ(バロン)なんて言われても解らないんだけど…)

何故か、二人の真上から、二枚の紙が落ちてきた。
二人は紙を手に取って読むと、今の状況と相手の事を理解した。

ローザ(ええっ! カインの次は、
   他社のキャラと一緒に閉じ込められちゃったの…(T∇T))
ヒナワ (まあ、私がFFDQ板での任天堂キャラ初の閉じ込められキャラだなんて…
   これって凄い名誉なことじゃないかしら…!
   素敵なひとときと、楽しい時間を過ごせそう…
   私… すっごいワクワクしてきたわ!)

7 :簡単なキャラ説明。:2006/06/24(土) 23:50:41 ID:UAA24fuKO
ローザ
FF4に出ているヒロイン(?)。
バロン王国出身の白魔導士。
作中、セシルへの片思いを成就させ、バロン王国の妃に。
カインとの閉じ込めスレが終わった途端に、ここに閉じ込められ
しかも他社のキャラなので、かなり困惑中である。

ヒナワ
任天堂「MOTHER3」に出ている主人公リュカの母。
ノーウェア島のタツマイリ村に住む専業主婦。
得意料理は『ふわふわオムレツ』
家族構成は、主人のフリントと、クラウスとリュカの双子の男の子の兄弟。
ペットに犬(ボニー)がおり、アレックという実の父がいる。
ちなみに現時点でローザはヒナワに子供がいる事を知らない。

8 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 00:50:36 ID:zYcgtlFt0
MOTHER3でなんとなく両親の名前をセシルとローザにして、
双子をバッシュとガブラスにしてたんだけど泣けたな。

9 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 10:41:55 ID:NN2EUkYmO
ヒナワ「セシルさんも幸せ者ね。
   こんなに綺麗な貴方と結婚できたなんて。
   私、是非一度、お会いしてみたいものだわ。」
ローザ「やだっ‥ そんな事言われたら、私、恥ずかしいわ。
   (綺麗って言われるのも久しぶりね、嬉しい…)」


10 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/25(日) 10:49:04 ID:NN2EUkYmO
ローザ「ヒナワさんも、子持ちのなのに綺麗じゃない。
   私も、幸せ者なフリントさんにお会いしたいわ。」
ヒナワ「あらやだ、私なんて、お若い貴方には適わないわよ。」
ローザ「謙遜しなくて良いわよ、だって肌も若々しいし。
   触らせて頂いて構わないかしら、ヒナワさん?」
ヒナワ「良いですよ、大した肌ではないですけど。」
ローザ「じゃあ、失礼して…」

ローザはヒナワの顔を触った。

ローザ(私より肌が若い…orz)

11 :9-10より、前のやりとり。:2006/06/25(日) 11:06:22 ID:NN2EUkYmO
ローザ「そう言えば、ヒナワさんって専業主婦って言ってたわね。
   まだまだ若いから、私と同じ新婚さんでしょ?」
ヒナワ「いえいえ、もう二人の男の子の母親ですの。」
ローザ「ええっ!嘘でしょ!(私と同い年にしか見えないのに…)」
ヒナワ「あらあら、そんなに驚くなんて
   ローザさんって楽しい方ね、ウフフ…」
ローザ(きっと、まだまだパロム・ポロムみたいな幼子よね…
   そうじゃなきゃ、見た目、私と大差ない若さの訳が無いわ!)

12 :9-10より、前のやりとり。:2006/06/25(日) 11:27:17 ID:NN2EUkYmO
ローザ「ところで、旦那さんの名前は何ていうの?」
ヒナワ「フリントですわ。」
ローザ「じゃあ、お子さんの名前は?」
ヒナワ「クラウスとリュカですわ。」
ローザ「へえ… 他に思いついた名前って有ったりしたの?」
ヒナワ「ゴルベーザとセシル。」
ローザ「…!(私たち、今まで面識無い筈よね?)」
ヒナワ「って提案したら、兄弟が
   永遠に離れ離れになりそうだから
   止めてくれと主人に泣き付かれましたわ。」
ローザ「泣き付くほど嫌がらなくても良いのにね。(フリントさんGJ!)」

ヒナワ「あと、アベルとカインなんて候補も有りましたわ。」
ローザ「カ・イ・ン・?」

ローザは体が震えはじめる。

ヒナワ「ローザさん、どうかしたの?
   なんか顔色が急に悪くなってるみたいだけれど…」
ローザ「イヤアアアアアアツツツツツーーーー」
ヒナワ「ロッ… ローザさん! 落ち着いてっ!」

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/26(月) 20:22:58 ID:xiixCKClO
ヒナワの方が肌が綺麗だなんて…
これって、カインを虐げた所為?

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 13:30:30 ID:Lw1NlmnJO
ヒナワ「そういえば、ここは、色々用意されてますね。」
ローザ「今の内に、何があるか把握しておいたほうが良いかもね。」
ヒナワ「じゃあ、手分けして、何があるか調べましょう。」

数十分後…

ローザ「台所にガスコンロ、冷蔵庫、オーブンレンジ、トースター、
   食器洗い機、調理道具、食器、台所用洗剤が有ったわ。 」
ヒナワ「水洗トイレや、シャワー付きのお風呂
   洗濯乾燥機の有るお部屋が別々にありましたわ。」
ローザ「ここのリビングとは別に、寝室も別々に有ったわ。
   寝具も、着替えの服も季節別に用意してあるみたい。
   ここにも寝室にもテレビやエアコンが有るし… 中々贅沢な部屋ね。」
ヒナワ「一生、ここで生活することになっても困らないかも知れませんね。ウフフ…」

ローザ(生活道具がちゃんとあっても、
   一生いるのはちょっとねえ…
   ああ… セシル… 早く貴方との新婚生活に戻りたいわ…)

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 17:59:51 ID:TkQFT9HN0
ヒナワさんすぐ死ぬからキャラ解らない

16 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/27(火) 23:58:18 ID:/ffPpWbX0
ヒナワ「じゃあ いっしょう パジャマで
    このいえのなかに いなさい。」

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/28(水) 16:57:31 ID:p6RcQBZTO
ローザ「部屋の状態を把握したら、お腹が空いてきちゃったわ。」
ヒナワ「じゃあ、私が食事を作りますわ。」
ローザ「有難う、ヒナワさん。
  冷蔵庫に大体材料は入ってたみたいだから、
   何を作るかは困らないはずよ。」
ヒナワ「すぐ作りますから、ゆっくりしていてくださいね、ローザさん。」

…数十分後

ヒナワ「出来ましたわよ、ローザさん。
   さあ召し上がって。」
ローザ(材料は十分にあるのに、
   ただのオムレツとサラダとコーンスープか…)
ヒナワ「ローザさん? どうかしたの?
   やっぱり王族の方に、こんな料理はお口に合わないのかしら…」
ローザ「そっ‥そんな事は無いわよ、じゃあ頂きます…」

パクッ

ローザ「凄く美味しいわ! ヒナワさん!
   どうやったら、こんなに美味しく出来るの?」
ヒナワ「まあ嬉しい‥ ローザさんのお口に合ったみたいで、何よりですわ。」
ローザ「今度、私にコツを教えてもらえるかしら?」
ヒナワ「ええ、喜んで」

ローザ(ここから出て、私の上達した料理をセシルに振る舞って、
   それを誉めてもらえる日が楽しみだわ…)

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 00:07:14 ID:olxF09Vu0
ローザもそろそろ旦那のチンチンが恋しくなったりしないんだろうか?

19 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 13:12:35 ID:TP7b9dh3O
ローザ「ご馳走様、美味しかったわ。」
ヒナワ「ウフフ… 御粗末さまでした。 」
ローザ「じゃあ、一緒に片付けましょうか?」
ヒナワ「お気持ちだけ受け取っておきますわ。
   お風呂、もうわかしましたから、
   ローザさん、先に入ってゆっくりしていてくださいな。」
ローザ「じゃあ‥ お言葉に甘えさせてもらうわ。」

ローザ(それにしても、いつの間に、お風呂なんて沸かしてたのかしら…)

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/29(木) 22:40:11 ID:IQZrcXnV0
>>18
んなこといってたらヒナワさんなんか・・・

21 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/06/30(金) 12:21:35 ID:pYnAiegpO
ローザ「お風呂、あがったわよ、ヒナワさん。」

お風呂からあがって、リビングに入ったローザが、
台所にいると思われるヒナワに話し掛けた。
ローザの声に気付いたヒナワは、すぐさまリビングに入った。

ヒナワ「お湯加減はいかがでしたか?」
ローザ「ちょうど良かったわ。」
ヒナワ「何か、飲み物でも出しましょうか?」
ローザ「じゃあ、ミルクティーをお願いできるからしら?」
ヒナワ「ええ、解りました。
   少し待っててね、すぐに出来ますから…」

言い終わると、ヒナワはすぐさま台所に入った。

ローザ(…専属の家政婦、ほしくなっちゃったわね。
   バロンに帰ったら、セシルに、おねだりしよう…)


22 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 00:31:01 ID:XKUiZSwt0

MOTHER3は最悪だーーーー!


23 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/02(日) 08:08:39 ID:Xyzv6xRjO
ヒナワ「ローザさん、ミルクティー出来ましたよ。」
ローザ「有りがとう、頂くわ。」

ローザはヒナワからグラスを受取り、ミルクティを飲み干した。

ローザ「ごちそうさま、美味しかったわ。」
ヒナワ「お口に合って、何よりですわ。」

ヒナワは、ローザから空になったグラスを受け取った
ローザ「何だか眠くなって来たわ。
   前の部屋では、常に気を張り詰めなくてはならなかったから…」
ヒナワ「前の部屋での生活…
   余程辛かったみたいですね、ローザさん。」
ローザ「ええ、酷い男だったわ。
   私はあの男に、心を傷付けられる毎日だった…」
ヒナワ「そんな人から、逃げ出せて本当に良かったわね。
   今日はゆっくり休んで今までの疲れを取ってね、ローザさん。」
ローザ「ありがとう、歯をみがいたら、すぐに休むわ。」
ヒナワ「後の事は、ちゃんとやっておきますね。」
ローザ「ありがとう、じゃあお休みなさい。」
ヒナワ「お休みなさい。」



24 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 00:12:28 ID:1vzNnRcGO
ヒナワ「…………。」
ローザ「あれ、まだ起きてたの?ヒナワさん」
ヒナワ「ええ、主人に手紙を書いてるんです。
ちゃんとやっているかなぁ…と思って
今日ふわふわオムレツだったけどちゃんと作れたかしら…

ローザ「そうね…、私も少し心配だわ、セシルの事だから多分、大丈夫だとは思うけれども…
ところで手紙書くのはいいけど、どうやって送るの?」
ヒナワ「この伝書バトを使って届けるんです。
そうだ、ついでですから、ローザさんの分のハトも出しますよ」
ローザ(出しますよ、っていったいどこから…)

こうして、二人はそれぞれに手紙を書いたのだった

ヒナワ「お願いね、ハトちゃん。
…じゃあ寝ましょうか」
ローザ「ええ、そうですね。
(ヒナワさんっていい人っぽいわね。家事は全部やってくれたし…
でも彼女と閉じ込めたという事は何かしらの…)」


豚UFO「♪♪♪〜」

ヒナワ「?」
ローザ「……」

25 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/03(月) 18:25:03 ID:idl1r69NO
こうして、ローザとヒナワの生活が始まって
一週間が過ぎた頃、小さな変化が起こり始めた。

ローザ「御馳走さまでした。」
ヒナワ「はい、お粗末さまでした。」

2人は朝食を取り終わって終わりの挨拶をしていた。
挨拶を終えた2人が、次の行動に移る前に、
まだ声変わりもしてなさそうな少年の

「おかあさんっ!」

と言う叫び声が2人の耳に入った。
2人はすぐさま叫び声が聞こえた方に視線を移した。視線を移した先には、金色の髪の
シマシマの半袖シャツに、水色の短パンを着た少年か゛
今にも泣きそうな顔で立っていた。

ローザ(背丈を見るからに、12,3歳位ね…
   母親離れ出来てないどっかの大きな迷子かしら?)
ヒナワ「あっ… 貴方どうやってここに来たの?」

ヒナワは驚いた様子で、金色の髪の少年に問いかけた。

ローザ(ええっ…!
   ひょっとして、この子がヒナワさんの…!)
ヒナワの子を幼子だと勝手に決めつけていたローザは、
金色の髪の少年を見て驚いた
ヒナワの反応に驚き、それを顔に出さないように努力していたのだった…

26 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/04(火) 23:38:52 ID:Coi45H2EO
少年「お母さんに会いたくて泣きたい気持ちを我慢してたら、
   空飛ぶ船が、近付いてきて、ここに来ることが出来たんだ。」

ローザ(空飛ぶ船って、飛空艇の事かしら?)
ヒナワ「そうだったの… 心配させてごめんね、リュカ。
   お父さんやお兄ちゃんは元気にしてる?」
リュカ「うん、家の家事や食事作りを、僕に全部押し付けて
   テリの森とかに遊びに出かけてるよ。」
ヒナワ「羊やボニーの世話も?」
リュカ「うん。」
ヒナワ(そういえば、私が死んでたときに
   生きているリュカそっちのけで、
   私の墓参りとクラウス探しを3年もし続ける
   作業ロボットに成り下がってた男だったわね、あの人は…
   私やクラウスが家に戻っても、
   リュカを放っておく癖は直らないようね…!
   あんの脳味噌低容量スキン…(以下自粛))

リュカ「お母さん? どうしたの?」
ヒナワ「ああ、ごめんね。リュカ。
   折角、来てくれたんだし、一晩泊まると良いわ。」
リュカ「えっ… 良いの? お母さん?」
ヒナワ「良いの良いの、たまにはお父さんやお兄ちゃんに苦労させないと。
   んで帰ってきたときに、2人がリュカを怒ったらこういいなさい
   お母さんが帰ってきたら、2人をシメあげるらしいよって。」
リュカ「うん、解った。」

ローザ(ヒナワさん、結構恐いことを、さらっと笑顔で良い放ったわね…
   普通に聞き流してるリュカ君もリュカ君だわ…)

27 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/05(水) 22:54:39 ID:jDPyRJfQO
ヒナワ「ローザさん、改めて紹介するわ。
   私の息子のリュカです。
   ほら貴方も、ちゃんとローザお姉さんにご挨拶なさい。」
ヒナワは、リュカの背中を叩いて、挨拶を促した。

リュカ「はじめまして、ローザさん。
   いつもお母さんがお世話になってます。」
リュカは、言い終わると、お辞儀をした。

ローザ「こちらこそ初めまして。
   私も貴方のお母さんには、本当にお世話になってるわ。」
ローザも、言い終わると、お辞儀を返した。



28 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/05(水) 22:57:25 ID:jDPyRJfQO
ヒナワ「さて、挨拶も終わったし、朝食の後片付けを始めようかしら。」
リュカ「僕がやるよ、お母さん。」
ヒナワ「あら、嬉しい事を言ってくれるわね。
   …ん? リュカ? 貴方よく見てみると、服とか結構汚れてるわね。」
リュカ「あっ… 家の事が忙しくて、
   一昨日からお風呂に入ってなかったんだった。」
ヒナワ「もう… 毎日お風呂に入って、
   身だしなみを整えるように
   言ってるのに、この子ったら…」
リュカ「ごめんなさい…」
ヒナワ「まあ、仕方ないわ。
   一人で家の事を全部やらなくちゃいけなかったんだしね。
   リュカ、今からお風呂を洗って、一番風呂を頂きなさい。
   ローザさん、構わないわよね?」
ローザ「ええ、構わないわよ。
   それより、着替えは大丈夫?
   ここには確か、私たちの衣服しかなかったから…」
リュカ「大丈夫です、着替えとか、ちゃんと準備してから、ここに来ましたから。」
ローザ「そ…そう、リュカ君って、しっかりした性格なのね。
   (見た目や挙動の割りに、意外と計算高い子みたいね…)」


29 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:15:23 ID:sc+aJUt2O
リュカ「お母さーん! お風呂上がったよ!」
風呂場から、リュカの声が、リュカをリビングに居たローザとヒナワの耳に入った。

ヒナワ「髪はちゃんと乾かしたのー?」
ヒナワは、風呂場にいるリュカに、大声で返事を返した。

リュカ「乾かしたよー!」
リュカは返事と同時にリビングに入ってきた。

ヒナワ「うん、なかなかの男前になったわね!」
風呂上がりの着替えたばかりの、
リュカを見るなり、ヒナワは張り切った口調で言ったのだった。


30 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 00:26:18 ID:sc+aJUt2O
ローザ「リュカ君、これからヒナワさんと
   カラオケでも、楽しもうかと思ってるんだけど
   リュカ君も、一緒に歌わない?」
リュカ「カラオケですか?」
ローザ「ええ、この部屋、本格的なカラオケルームも有るのよ。」
リュカ「うわあ… そりゃ凄いや…!
   是非、僕にも歌わせてください!」
ローザ「決まりね。」
ヒナワ「じゃあ、カラオケルームに移動しましょう。」
三人はカラオケルームに移動した。

ローザ「じゃあ、リュカ君からどうぞ。」
リュカ「いいんですか?」
ヒナワ「今の貴方は、お客様だから、特別よ。」
リュカ「じゃあ、お言葉に甘えて…」

リュカは、曲のリスト本を見ながら、
カラオケのリモコンをいじり始めた。

(坂本真綾・ヘミソフィア)

リュカ「それでも いったいこの僕に 何が出来るって言うんだ
   窮屈な 箱庭の現実を変えるために 何が出来るの〜?」

ローザ(子供なのに、随分ヘビィな歌詞ばかりの歌を選曲したわね…)

31 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/07(金) 22:30:47 ID:npWjse+j0
ええーい!
もう、あんなマザー3は止めれ!

32 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/08(土) 10:32:09 ID:Ug3zX/EbO
歌い終わったリュカが、座っているヒナワとローザに近付いた。

リュカ「僕の歌、どうだった? お母さん?」
ヒナワ「とっても良かったわよ。
   じゃあ、次は私が歌っても良いかしら、ローザさん?」
ローザ「ええ、構わないわ。」
ヒナワ「じゃあ、失礼して…」

ヒナワは、曲のリスト本を見ながら、
カラオケのリモコンをいじり始めた。

(あなたに会えてよかった/小泉今日子 )

ヒナワ「サヨナラさえ上手に言えなかった。
   ああ、貴方の愛を信じられず、怯えていたの。
   時が過ぎて、今、心から言える。
   貴方に会えて、良かったね、きっと、私。」

ローザ(リュカ君の歌を聞いたあとだと、この歌もヘビーに感じるわ…)

33 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/09(日) 22:15:53 ID:t0UZ7xIQ0
小泉今日子を知っているヒナワはともかく、坂本真綾を知っているリュカはイヤだ。絶対イヤだ!w

34 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/10(月) 00:30:33 ID:WnozRxhkO

歌い終わったヒナワが、座っているリュカとローザに近付いた。

ヒナワ「はい、次はローザさんの番よ。」
ローザ「じゃあ、曲を入れるわね。
   (明るい歌… 明るい歌を歌わなきゃ…)」

ローザは、曲のリスト本を見ながら、
カラオケのリモコンをいじり始めた。

(行きてこそ/Kiroro )

ローザ「ママ 私が生まれた日の空はどんな色
   パパ 私が生まれた日の気持ちはどうだった?
   あれから言葉を覚えて私なりの
   愛も 甘え方も 体にしみこんだ〜」

ローザ(知らない間に、私、2人の空気に飲み込まれてるみたいね…
   よりにもよって、Kiroro選んでる私のバカバカバカ…orz)

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 23:43:21 ID:VR7MjfAUO
その後、お昼までカラオケは続いた。

リュカ「お母さん、お腹空いた。」
ヒナワ「あらあら、そう言えば、もうお昼の時間ね。」
ローザ「ヒナワさん、テイクアウトで済ましちゃわない?」
ヒナワ「ローザさんが、そう言うなら、
   テイクアウトにしちゃいましょうか。
   何のテイクアウトが良いかしらね…」
リュカ「僕、ピザが良い!」
ローザ「確かに、お昼御飯には、丁度良いかもしれないわね。」
ヒナワ「じゃあ、ピザ屋さんの電話番号を調べますね…」

ヒナワは立ち上がると、リビングに入り、ピザ屋の電話番号を調べ始めた。

数分後…

ヒナワ「マッハピザっていう、ピザ屋のチラシが見付かりましたわ。」

ローザ(聞いたこと無いピザ屋ね…)
ヒナワ「じゃあ、早く決めて注文しちゃいましょうか。」
リュカ「はーい!」

数分後…

ヒナワ「注文できましたよ。
   3分後に、お届けして下さるみたいです。」

ローザ「3分!? 30分の間違いじゃなくて?」
ヒナワ「私もそう思って聞き直しましたけれど、3分で間違い無いそうです。」
ローザ「じゃあ、3分待ってみましょうか…」


36 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/11(火) 23:45:28 ID:VR7MjfAUO

3分後…

ピザ屋「お待ちどうさま、マッハピザです!
   ご注文の、ピザLサイズ一枚と、大都会コーラ3つ。
   確かにお持ち致しましたあ!」
ヒナワ「あらあら、本当に3分で来るなんて凄いわ。」

ローザ(凄いを通り越してる気が…
   冷凍ピザでも、3分で焼きあげるのは無理だし。)


37 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/12(水) 22:20:16 ID:DelsXtnuO

さらに10秒後…

配達員「ちわーエスカルゴ運送でーす」
ローザ(今度はなんなの…)
ヒナワ「え?そんなの頼んだかしら…」
リュカ「僕、知らないよ」
ヒナワ「他の家と間違えたてるのかも…」
ローザ「…多分、間違いでは無いと思いますよ。
…で、何を届けに来たんですか?」
配達員「えー、

セシル

フリント

あなぬけネズミ
以上の三点になります」
ヒナワローザ「!」

リュカ「え!おとうさん?!やったー!
そういや、セシルさんってローザさんの夫だよね?
なんだか楽しくなってきたなー!でも、あなぬけネズミって…」

ヒナワ「リュカ」
ローザ「リュカ君」
ヒナワローザ「子供はそろそろ…


お 家 に 帰 り な さ い」

リュカ「なんでwww」

38 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/13(木) 11:22:08 ID:ZRG2qnvgO
ヒナワ「あらあら、慌てちゃって。」
ローザ「冗談よ、今日はお泊まりする約束だったでしょう?」
リュカ「なんだー、冗談だったんだー(^_^)」
ヒナワ「それにしても…」

ヒナワは、セシルの顔をじっと見据えた。

ヒナワ「セシルさんって、ローザさんに負けず劣らずの美形っぷりね!
   私があと、15年若かったら、放っておかなかったわ!」

ローザ(私があと少し若かったら云々は、オバサンの常套句だけれど
   私と同い年にしか見えないヒナワさんが言うと
   ちょっとした犯罪に思えてしまうのは何でかしら…)




39 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/14(金) 16:12:08 ID:tbj3C5tA0
ヒナワさん、
64版の画像と比べて、本当に若々しく見えるよなー…→GBA版

40 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/15(土) 12:04:52 ID:RlJfqoneO
セシル「ははは、ヒナワさん。
   それは誉めすぎって奴ですよ。」
ヒナワ「まあ、謙遜なさって。
   貴方達の事、放って置かない人が多かったと思うわよ?」
セシル「ははは… やっぱりわかっちゃいましたか〜
   確かに、ローザと結婚するまでは
   毎年、バレンタインのチョコレートとか、
   虫歯になっちゃうくらい貰って、
   ホワイトデーのお返しの為のお金に悩まされてましたね(^^)」

ローザ(セシル…
   そんな話、何で今まで私に話さないで、ヒナワさんに話すのよ!)

41 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/16(日) 12:37:03 ID:iJAtPbdHO
ローザ「フリントさんも、中々素敵な方ね。
   (見た目的にヒナワさんと釣り合ってないけれど。)」
ヒナワ「うふふ… ローザさんったらお上手ね。
   私の主人はセシルさんに比べたら、大した事無いですから…」
ローザ「ヒナワさんったら… 貴方も謙遜しちゃって
   人の事言えないじゃない。」
ヒナワ「いえ、謙遜なんてとんでもないわ!」

ヒナワが、否定した瞬間、フリントの帽子が何故か床に落ちた。

セシル&ローザ(ハゲてたのか、ヒナワさんが否定に走るのも理解できるな…)


42 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/17(月) 12:56:47 ID:eZ0q0/8BO
ヒナワ「そうそう、セシルさん、フリント。
   お昼は、まだ頂いてないのかしら?」
フリント「いや、まだ食べてないな。
   クラウスと遊んでいたら、急にあの男(エスカルゴ便)に拘束されて、
   ここに連れて来られたからな。」
セシル「随分手荒な真似されたんですね。
   僕は、いろいろ城の事を指示してから、ここに来ましたよ。
   でも、お昼はローザと食べたかったんで、まだです。」

ヒナワ「じゃあ、ピザを追加注文しますね。」
フリント「ああ、すまないな。 ヒナワ。」
セシル「ありがとうございます。
   嬉しいなあ‥ ローザと一緒の食事。
   本当に何日ぶりだろうな…」

ローザ(カインスレの時からカウントすると、本当に何日ぶりなのかしら…)

43 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/18(火) 22:42:21 ID:niquh0PFO

3分後…

ピザ屋「お待ちどうさま、マッハピザです!
   ご注文の、ピザLサイズ一枚と、大都会コーラ2つ。
   確かにお持ち致しましたあ!」
ヒナワ「ありがとうございます。
   一度だけの注文で済まさないで本当にごめんなさいね。」
マッハ「いえいえ、お客様の笑顔の為なら、我々は頑張りますよ。」

2人のやりとりをみながら、セシルは思わず
セシル「早っ! どんな移動手段を使ったんだ…?」
ローザ(セシルも普通に驚いたわね。
   まあ、そういう反応の方が普通だと思うけれど。)


44 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/20(木) 11:34:19 ID:yDnSC7K8O
数分後、リビングで全員がピザを食べながら、会話を交す。

ヒナワ「セシルさんって、バロンの王様でしたわよね。
   働いている方の統率とか大変でしょう?」
セシル「そうですね、大変じゃないと言えば嘘になりますが
   みんな、僕やローザやバロンの為に、
   一丸となって頑張っているのを見ると
   それに答えなきゃ‥ って思います。」
ヒナワ「素晴らしいです、セシルさん!
   どっかの妻の死に許容できずに発狂して
   自分の子供を死においやるような、何処かのマダオとは大違いだわ!」

ローザ(気のせいかしら?
   フリントさんのピザを食べる早さが目に見えて落ちてるような気が…?)

45 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/21(金) 07:38:01 ID:vgQdnYq70
書き込み無いな…ageてやるよ

46 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/22(土) 17:55:31 ID:vmHzy4yQO
>44
ヒナワさん、銀魂見てるなwww

47 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/23(日) 21:43:25 ID:N3M2EW090
>46
まあな。小泉今日子がカラオケの十八番なくらいだ、ジャンプくらい見てるだろ。

48 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/24(月) 11:22:53 ID:Su94l3CNO
その後、ピザも全部なくなり
フリント以外の全員によるお喋りで、時間が過ぎていった。

ヒナワ「あら、もう午後の4時?
   そろそろ、お夕食の支度を始めなくちゃ…
   今日は、セシルさんや、リュカや、主人もいるし色々作りましょうか。」ローザ「私も手伝うわ、ヒナワさん。」
ヒナワ「ありがとう、ローザさん。
   今日はお言葉に甘えさせてもらうわ。」
ローザ「じゃあ、早く取り掛かりましょう。」
ヒナワ「ええ、貴方、リュカ、セシルさん、引き続きゆっくりしててね。」

ヒナワとローザは、台所へ入っていった。

セシル「ローザの手料理楽しみだなあ…
   ところでリュカ君、フリントさんが、
   何故か真っ白になってるんだけど、どうしてだかわかるかい?」
リュカ「お母さんがセシルお兄さんとのおしゃべりで
   何回か発言したマダオが原因だと思いますけど…」
リュカはセシルにヒソヒソと囁く。
セシル「ああ、マダオってフリントさんの事だったんだね。
   マダオって単語が出る度に、
   動きが止まってきたから、薄々気付いてはいたけど…」
セシルもリュカにひそひそと囁き返したのだった。

49 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/24(月) 13:50:08 ID:vl2gOBof0
age

50 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/25(火) 22:27:38 ID:R2aqQ+EbO
>>47
一番好きこのんで読んでるのはクラウスだろうな。

51 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/26(水) 23:43:16 ID:FcibtnpeO
保守。

52 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/27(木) 12:19:24 ID:gAlM4HonO

その頃、一人ぼっちになったクラウスは…

クラウス「お父さんが、変な宅配便の格好をしたオッサンにさらわれてしまった…orz」

と、ショックを受けていた。

クラウス「まさかお母さんと同じで、誰かと閉じ込められることになったんじゃ…」
と、顔を青ざめるクラウス。

クラウス「でも、お父さんやお母さんが留守なら、リュカと…」
と、急に顔を赤くするクラウス。

クラウス「こうなったら、善は急げだ!早く帰ろうっと!」

と、嬉々として帰るが、リュカすらいない事に、
クラウスは更にショックを受けたのだった…。

53 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/28(金) 20:20:05 ID:LcdWQXuMO
過疎っぷりが気持ち良い…

54 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/30(日) 03:34:35 ID:MGylCtJzO
保守

55 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/07/30(日) 13:31:54 ID:YKGplXSn0
愛のテーマ繋がりか。

56 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/01(火) 16:13:15 ID:E6qE+RcLO
>>55
おお!
意外な共通点だな!

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/02(水) 12:34:46 ID:d2zWIC1GO
☆ゅ

58 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/03(木) 20:23:06 ID:ZR2A3AFjO
保守

59 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/04(金) 12:35:30 ID:5g1q0pXUO
>>48

数時間後、夕食が始まった。
様々な料理がリビングのテーブルに並び、
ちょっとしたパーティーと呼ぶにふさわしい夕食の時間を
ヒナワ・ローザ・セシル・リュカ・フリントは過ごした後、
セシルとローザは、ローザの寝室で2人きりでお喋り。
ヒナワとフリントは、リュカの行為に甘え
リビングで2人っきりになっていた。

フリント「久しぶりだな、ヒナワ。
   会いたくて仕方がなかった…」
ヒナワ「ええ、貴方。
   私も貴方と話がしたかった所よ。」
ヒナワは、弁当箱をフリントに手渡した。

フリント「何だ、この弁当箱は?」
ヒナワ「クラウスの今日のお夕飯よ。
   夕食のおかずを作りながら、このお弁当を作ったわ。」
ヒナワが言い終わると、フリントの足元が光り始める。


60 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/04(金) 12:36:37 ID:5g1q0pXUO

フリント「どっ… どういうつもりだ! ヒナワ!」
ヒナワ「貴方をこれから、タツマイリの自宅に送って差し上げますわ。」
フリント「何故だ… 何故こんな事をするんだ、ヒナワ!」
ヒナワ「やっぱり貴方ってマダオね。
   家で私たちの帰りを待ってるクラウスに
   そのお弁当を渡すために貴方を帰すのよ。」
フリント「じゃあ、リュカと君も一緒に…」
ヒナワ「私は1000行くまで、何しても出られないし、
   リュカは一晩泊まる約束をしてるから駄目。」
フリント「それで家に帰る役割は、必然的に俺になるわけか…orz」
ヒナワ「ようやく、理解して貰えたようね。
   それでは元気でお過ごし下さいね、貴方。」

ヒナワが言い終わると、
フリントは、すぐさまリビングから姿を消したのだった…



61 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/05(土) 07:29:59 ID:y9a5ZuAOO
上げ。

62 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/06(日) 20:52:54 ID:oj5enPnkO
保守

63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/08(火) 01:35:01 ID:UhYnGVfjO
保守

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/08(火) 13:15:40 ID:Z2AkXE7VO
保守

65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/09(水) 11:53:42 ID:bRNLt/jk0
◆ヒナワはマザーの母になれない・・真の母はネスママだ!◆
◆おとなもこどもも2ちゃんねらーも13日はマザー2に投票!◆

◆8/13(日) Eブロック決勝
 マザー2 × ヨッシーアイランド

◆あなたがやること
 13日にマザー2に投票

◆ポイント
 トーナメント優勝のために何が何でもヨッシーアイランドを粉砕しましょう
 PC&ケータイ二重投稿は前回やった人が多かったですが「自己責任」
 アウトローな多串投票はマザー2を絶対勝たせたいと思うなら「自己責任」
 投票すればよほどのことがない限り運営は大目に見てくれるかもしれないですが「自己責任」
 「何が起きても中止にする決断まではない」
 「あいかわらずルールに穴があり明確に違反と決められてない投票手法がある」
 つーかよほど目に余るものでない限り全て「1票」でカウントされると思われ
 前回大会の一部多重投稿も結果的に深く問われないまま流されました
 ・・確かに発覚したら運悪く裁きが下る人もいるかもしれないですがそこは「自己責任」で
 それともう1つ・・マザー3には 絶 対 に 投票しないでください
 単純に票がわかれてマザー2優勝の確立を低くしてしまいます
 そもそもストーリーもキャラも音楽もマザー2以下の
 ダメゲームマザー3を勝たせるメリットなんてマザー2にありません
 マザーシリーズの中心はマザー2なんですから投票はマザー2だけでいいです
 もちただ投票するだけでなくネスやポーラのAAと名曲のmidiもどんどん貼り感動票を誘いましょう
 これを全投票者が完遂すれば苦労せずともまず勝てる相手です

 コードは http://vote.mokuren.ne.jp/nin/ にアクセスして取得してください
 トーナメントHPで最新状況と投票スレが確認できます http://ggnaagn.fc2web.com/

66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/10(木) 00:48:44 ID:FeC8A1QZ0
ヒナワさん凄いよ、長男坊ラスボスだし




まあ終わり方カスだが…

67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/10(木) 08:26:43 ID:22DDOluh0
言うな

68 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/11(金) 18:06:25 ID:3WvsOLXhO
保守

69 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/12(土) 20:22:05 ID:teBar2DPO
>>59
ローザとセシルが寝室って事は…

70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/13(日) 19:38:17 ID:Ccv7P6iYO
>>69
つか、エッチしてしたらバレるだろ。

71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/14(月) 09:49:53 ID:5NNMCfl1O
>>60
ヒナワ達が夕食を楽しんでいた頃のクラウスは…

クラウス「お腹空いた…」
と空腹に悩まされていた。
クラウス「何か食べなきゃ…」と、台所に入り、何か食べ物が無いか探し始めた。

クラウス「わあい! 卵がある!
   目玉焼きでも作って食べようっ!」
と、クラウスはコンロに火を点け、フライパンを熱し
置いてあった卵5個を割って、全部フライパン入れて数分後…

クラウス「うわーん! 焦げちゃった!」
と軽く泣いたあと、失敗した目玉焼きを食べるクラウス。

クラウス「不味い… お母さん、お父さん、リュカ、早く帰ってきて…」
と、目玉焼きを食べながら、また涙を流すのであった。

72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/16(水) 02:10:37 ID:Qdb7HGtiO
保守

73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/17(木) 00:07:26 ID:+N3OLchjO
保守

74 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/18(金) 02:20:49 ID:b281YpwwO
保守

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/19(土) 00:09:33 ID:1LX4JuyxO
保守

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/20(日) 00:46:58 ID:lScwYXbsO
>>71
失敗した目玉焼きを食べ終わった後も、
孤独に耐えられないクラウスが泣き続けて数十分後…

「良い年した男が、いつまで泣きべそかいてるつもりだ?」
と、中年の男と思われる声がクラウスの耳に入った。
クラウス「あ、お父さん…
   無事だったんだね!」
フリント「ああ。」
クラウス「今まで何処にいたのさ?
   お母さんだけじゃなくて、
   お父さんやリュカまでいなくなっちゃったから、心配してたんだからな!
   でも良かった… お父さんと一緒に、リュカも帰ってきてるんでしょ?」


77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/20(日) 00:54:23 ID:lScwYXbsO
フリント「いや… リュカはここにはいない。
   お母さんの所にお泊まりする事になって、今夜は帰ってこない。」
クラウス「酷い! 何で2人だけでお母さんに会いに行くんだよ!」
フリント「いや、俺がお母さんに会ったときには、既にリュカがいてだな…」
クラウス「言い訳なんかするなよ!
   うわーん! こんな家出てってやる!」

泣きながら目の前のフリントをなぎならい、クラウスは家を出ていった。

フリント「いたたた… 
   リュカと違って精神的成長があんまり無いみたいだが
   身体的能力だけは、きっちりあがっていやがるな…
   まあ、朝になったら帰ってくるだろ。」
フリントは、言い終わると、体を起こした。
フリント「そういえば、クラウスにヒナワの弁当の事を言えなかったな…
   このままじゃ痛むだけだし仕方ない、ボニーにでもやるか…」
フリントは弁当箱を手に取り、ボニーに食べさせた後、そのまま眠りについたのだった…

78 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/21(月) 00:16:40 ID:CWcrf1ZVO
フリントひでえwww


79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/22(火) 02:25:24 ID:4iTJylSMO
保守

80 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/23(水) 00:43:00 ID:c+PxDaz9O
保守

81 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/23(水) 12:43:51 ID:J05irJsC0
ハゲ「‥‥いろんなことが
 いっぺんにおきすぎて
 なにがなんだか‥‥
 でも とにかく むしょうに
 はらがたってきたぞ くそーっ!
 このやろうー

82 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/24(木) 00:53:58 ID:HaaitBgvO
保守

83 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/24(木) 21:16:03 ID:6GfTF/x1O
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1145913359/

84 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/25(金) 22:22:32 ID:YAtAw65hO
>>60
フリントがリビングから消え、直ぐ様リュカが入ってきた。

リュカ「後片付け終わったよ、お母さん。」
ヒナワ「ありがとう、リュカ。」
リュカ「あれ? お父さんがいないよ…?」
ヒナワ「お父さんは、クラウスの事が心配だから
   お母さんに用意させたお弁当を持って、帰った所よ。」
リュカ「そうなんだ。
   クラウス兄ちゃんは料理した事ないから、お腹すかせてるだろうしね。」
ヒナワ「そうね、ちゃんと全部食べてくれるかしら?」
リュカ「食べてくれるよ!
   だって一週間ぶりのお母さんの手作り料理だもん!」
ヒナワ「ふふっ… そうね。
   リュカ、色々有りすぎて疲れちゃったでしょ。
   後はお母さんに任せて、お風呂に入ってから休みなさい。」
リュカ「はーい!」

85 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/27(日) 00:28:00 ID:3kAbn747O
保守

86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/28(月) 03:38:34 ID:b8eDn6CPO
保守

87 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/29(火) 02:55:41 ID:pXHeLHNVO
保守

88 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 02:44:07 ID:f60ANC6PO
>>84
そして、更に夜はふけ、リュカもヒナワも寝静まった。
しかし、セシルと久々の再会を果たしたローザは、まだまだお喋りをしていたのである。

ローザ「で、あの時のカインの打ちのめされた顔が何とも言えなかったわ!」
セシル「ははは、ローザはカインをもてあそぶのが上手いなあ。」
ローザ「でもあんな人でも、私も多少は良心が痛んだりするのよね…」
セシル「ローザは本当に優しいな……」
ローザ「どうしたの、セシル? 急に口篭ったりして?」
セシル「台所から変な物音が聞こえるんだ。」
ローザ「…ええ、私も今、物音が聞こえた気がする。
   明らかにネズミとかの小動物じゃない音が。」
セシル「ちょっと撃退してくるよ、2度と盗みに入る気が起きないようにね…」

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 03:01:12 ID:f60ANC6PO
ローザ「待って!私も行くわ。」
セシル「ははは、ローザは心配症だなあ、僕一人でも大丈夫だよ。」
ローザ「だって… 貴方と一秒でも長く一緒に居たいから…
   明日の朝になったら、貴方は帰らなくちゃいけないんだし…」
セシル「そうだったね… じゃあ2人で行こう。」

そして、ローザとセシルは台所の入り口にまで静かに足を進めたのだった。

ローザ「冷蔵庫の光がもれてるわ。」
セシル「何か、むしゃむしゃ食べる音が聞こえる。」
ローザ「泥棒の目的は食べ物って事ね。」
セシル「じゃあ、泥棒を取り押さえてくるよ。」
ローザ「十分注意してね。」セシル「ああ。」

と、ヒソヒソ声での会話を終え、セシルは台所に足を向けた。

セシル(相手に気付かれないように注意して近付かないとな…)

とセシルが台所に入った途端、
床の何かによっておもいっきりバランスを崩し、音を立ててしまった!

90 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 03:18:18 ID:f60ANC6PO
セシル(…しまった!)
床の何かで転倒し尻餅をついてしまったセシルは、ただただ焦るばかりだった。

泥棒「うわあっ! ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!」
焦っていたセシルに、許しを乞う男の子の声が耳に入った。

セシル(この声は…リュカ君か?
   とにかく、明かりを点けてから話すとするか)
セシルは、耳に入った声を聞いて安堵すると、
すぐに立ち上がり、台所の蛍光灯のスイッチに手をかけた。

セシル(よし、電気がついた。
   とりあえず、何でこんな事をしてたのかリュカ君にちゃんと聞かないと…)
そして、セシルは声の聞こえた方に顔を向けたのだった。

セシル(リュカ君じゃない…!
   一体この子は何処の誰なんだ…?)
セシルは、自分の視界に入った
オレンジっぽい茶色髪の茶色の短パンの少年を見て、ただただ驚いたのだった…

91 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 03:40:11 ID:f60ANC6PO
セシル「ローザ! ちょっと来てくれ!」
ローザ「もう入ってるわ。
   涙声が聞こえた時点で、私が入っても大丈夫だって判断できたから。」
セシル「この子の事、ローザは心当たりないか?」
ローザ「とりあえず話しかけてみるわね。」

と、ローザは泣きじゃくる少年に近付いた。

ローザ「泣かないでぼうや。」
と、ローザは優しい声で少年をなだめる。
なだめられた少年はすぐに泣くのを止め、ローザの顔を見た。

ローザ「ぼうや、名前は?」
少年「…クラウス。」
ローザ(クラウス…!
   ひょっとしてこの子、ヒナワさんの息子さんかしら?
   リュカ君と声や顔や体つきとかも似てるし。)
ローザは、セシルに手招きをする。



92 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 03:57:09 ID:f60ANC6PO
セシル「何か解ったのかい、ローザ?」
近付いたセシルが、ヒソヒソ声で話かける。
ローザ「ええ、ヒナワさんを呼んできて貰えるかしら?
   私、この子を見ているから。」
セシル「解った。」

数分後、セシルと起こされたヒナワが台所に入った。
クラウス「…お母さんっ!」
台所に入ったヒナワの顔を見るなり叫ぶクラウス。
ヒナワ「クッ…クラウス!?
   貴方、どうやってここに来たの!」
ヒナワは、こう言いながら、近くに詰め寄った。

クラウス「家を飛び出して走り続けてたら、
   急に体が宙に浮いてここに…
   んでお腹が空いてたの思い出して、バナナを食べてたら
   そこのお兄さんとお姉さんに見付かって、泣いたりなだめられたりしてた。」


93 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/30(水) 04:20:22 ID:f60ANC6PO
ヒナワ「お腹が空いてたって…
   お夕飯はちゃんと食べたんでしょ?」
クラウス「ううん、目玉焼きしか食べてない。」
ヒナワ(おかしいわね… ちゃんとフリントにお弁当を渡した筈なのに。
   フリントを帰す前に、この子が家を飛び出してしまったのかしら?)
と、ヒナワは少々困惑したのだった。

ヒナワ「まだお腹は空いてる?」
クラウス「ううん、もうお腹いっぱい。」
ヒナワ「じゃあ、お風呂に入りなさい。
   それから、またお話しましょう。」
クラウス「うん、解った。」
ヒナワは、クラウスを風呂場に案内する為、一緒に台所を出ていった。

ローザ「とりあえず、散らかってるバナナの皮を片付けましょう。
   セシル、貴方も手伝って。」
セシル「ああ、解った。」

2人は散らばったバナナの皮を全て片付け、ゴミ箱に捨てたのだった。

セシル「ローザ、バナナの皮を片付けてたら、こんなのを見付けたんだけど…」
セシルは、DVDディスクをローザに手渡した。
ローザ(全然記憶に無いけど…、中身を見なくちゃいけない気がするわね…)

94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/08/31(木) 01:53:48 ID:dTBiCPKSO
保守

95 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/01(金) 13:07:08 ID:hjHD4L1sO
保守

96 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/02(土) 13:15:18 ID:S9R9/0vTO
保守

97 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/02(土) 14:20:12 ID:ZcSE7HvJ0
tes

98 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/03(日) 16:35:49 ID:h7e2l6zsO
>>93
その後、リュカ同様、クラウスは一晩停まる事になった。

ヒナワ「すみません、ローザさん、セシルさん。
   こんな時間まで付き合わせてしまって…」
ローザ「良いのよ。
   いつもお世話になってるし、これ位の迷惑なんか何とも無いわ。」
セシル「そうですよ、ヒナワさん。
   久々に忘れかけていた緊張感も楽しめましたし。
   それよりローザ、例の物の事をヒナワさんに…」
ローザ「そうだったわね、セシル。
   ヒナワさん、これ心当たり有るかしら?」
ローザは、DVDをヒナワに手渡した。
ヒナワ「…ごめんなさい、心当たりは無いわ。」
手渡されたDVDを暫く眺めたヒナワは、この様な返事を返した。
ローザ「じゃあ、カラオケルームに行って再生してみましょう。
   リビングじゃ、2人を起こしてしまうかもしれないから。」


99 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/03(日) 16:52:16 ID:h7e2l6zsO

そして、3人はカラオケルームに移動し、
備え付けの液晶テレビに電源を入れ、DVDプレイヤーでDVDを再生した。
そして>>71の映像が映し出された。

セシル「目玉焼きを作ってるね。」
ローザ「でも、フライパンに蓋をしないで、
   卵を加熱してるから、焦げちゃってるわ。」
ヒナワ「料理は私やリュカばかり、やってましたから…」

そして>>75-76のクラウスが家を出ていく所までの映像が映し出された。

セシル「あっ、出ていっちゃった…」
ローザ(以外と人の話を聞かない子みたいね。
   まあ、こっちに居たときの事を
   はっきり伝えられなかったフリントさんも悪いけど。)
ヒナワ「いい子なんですけど、
   リュカと違って、突っ走りやすい、おっちょこちょいな所の有る子なんですよね…」



100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/03(日) 17:10:28 ID:h7e2l6zsO

そして>>76のクラウスが家を出た後のフリントの映像が映し出された。

セシル「クラウス君が泣きながら出ていったのに
   平気で寝ちゃいましたね、フリントさん…」
ローザ「信じられない…
   夜中に出ていった子供をほっとけるなんて…」ヒナワ「わっ…私の作ったクラウスへのお弁当をボニーに…orz」
3人はフリントの行為に失望し打ちのめされた。

セシル&ローザ
「ヒナワさん、2人を帰さない方が良い(わ)!
 こんな子供を車の中に放置して
 パチンコやりかねないようなタイプの人なんかと一緒にしたら
 2人の教育や安全とかに絶対に良くないですから!」
ヒナワ「ええ… 私も今、おふたりと同じ事を考えていた所でしたのよ…」
声を震わしながら、ヒナワはセシルとローザに返事を返した。

ローザ(ヒナワさんから物凄い殺気がする…
   フリントさんの態度に相当怒り心頭したみたいね。)


101 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/04(月) 08:06:11 ID:YUbMSbQM0
保守sage

102 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/05(火) 12:43:09 ID:f0jpbse0O
保守

103 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/06(水) 12:45:08 ID:S2rSPvZyO
その後、3人は嫌な気持ちを残しつつ就寝し、そして夜が明けた。

「えええーっ!」
リュカとクラウスに使わせた寝室から大声がわき
それに驚いて飛び起きた、ヒナワ、ローザ、セシルは
リュカとクラウスに使わせた寝室に入って行った。

ヒナワ「どっ… どうしたの? リュカ?」
リュカ「あっ…お母さん、何でクラウス兄ちゃんがここにいるの?」
リュカが指を差しているクラウスは
リュカの大声がしたにも関わらず、すやすやと眠っている。

ヒナワ「貴方が眠った後に来たのよ。」
ローザ「私とセシルが、台所でバナナを食べ散らかしてたクラウス君を見付けたのよ。」
セシル「家を飛び出して走ってたら、体が宙に浮いて、ここに来たって言ってたよ。」
リュカ「そうなんだ… でも、何で家なんか飛び出したんだろう…?」



104 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/06(水) 13:12:28 ID:S2rSPvZyO
ヒナワ「リュカ、貴方に見せたいものが有るの。
リュカ「見せたいもの?」
ヒナワ「ええ、見せたいのはDVDなの。」
リュカ「DVD?」
ヒナワ「そう、DVD。
   でも、クラウスをまだ寝かしてあげたいし
   中身がクラウスに見せたくない物だから、
   カラオケルームで見て貰う事になるけど…」
リュカ「うん、解った。」

そして4人はカラオケルームに移動し、DVDを再生し>>75-76のやりとりを見た。
リュカ「ふーん、何でクラウス兄ちゃんが、ここに居たのかよく解ったよ。僕。」ローザ「意外と冷静ね、リュカ君…」
リュカ「一時期、僕は父から育児放棄同然の仕打ちを受けていましたからね…
   これ位の事は、平気でやれるゾンビみたいに心の腐った人なんですよ、父はね。」

セシル&ローザ
(リュカ君、お父さんに虐待されてたのか(しら)?
 ヒナワさんもヒナワさんで、注意しようとする素振りも無いし…)

105 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/07(木) 13:05:39 ID:pCXLp9pEO
保守

106 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/08(金) 00:03:42 ID:GGPVDb5s0
ほす

107 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/08(金) 23:42:25 ID:AThGBBCPO
保守

108 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/09(土) 18:51:45 ID:O2pWaXbE0
現在、閉じ込めスレ乱立のせいでほぼ全ての閉じ込めスレに削除依頼が出されています。
このまま削除されてしまわないよう、これ以上は閉じ込めスレを立てないようにして下さい。
また、スレ乱立の対策を下記避難所で話し合っていますので、ご一読お願いします。

閉じ込めスレ@避難所
(PC用)
http://jbbs.livedoor.jp/game/29637/
(携帯用)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/game/29637/

以上、ご協力よろしくお願いします。

109 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/10(日) 17:44:25 ID:TVYhtKLdO
>>104
その後、クラウスも起床し、5人は朝御飯を済ませたのだった。

セシル「じゃあローザ。
   僕はもうバロンに帰らなければならないけど
   また、ここに来るから…」
ローザ「ええ、私も貴方の事を毎日想ってる…」
セシル「元気でね…」
ローザ「貴方も…」
セシルは、ローザを軽く抱き締めた後、
淋しそうな後ろ姿を見せながら帰っていったのだった。

クラウス「セシルさん、帰っちゃったな。」
リュカ「もうすぐ僕らも、帰らなくちゃいけないけどね。」
2人は、悲しげな顔でヒナワを見つめる。

ヒナワ「あらあら、2人とも悲しそうな顔をして。」
クラウス「だって…」
リュカ「もう約束の時間が来ちゃうから、帰らなくちゃいけないかと思うと…」
2人の悲しげな顔は、更に強まる。



110 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/10(日) 17:59:01 ID:TVYhtKLdO
ヒナワ「居たいなら、居ても構わないのよ?」
クラウス「えっ… 良いの?」
リュカ「でも、ローザお姉さんだって、セシルさんが帰るの我慢したのに…」
クラウスは喜び、リュカはローザに後ろめたい態度を見せた。

ローザ「私の事は気にしなくても良いのよ、リュカ君。」
リュカ「でも…」
ローザ「大人の私が良いって言ってるんだから、貴方は甘えとけば良いの!」
リュカ「…解りました。」
ヒナワ「決まったわね。」
クラウス「わーい! 今日からお母さんと一緒だー!」
クラウスは、嬉しそうに跳び跳ねた。

ローザ(さて…
   フリントさんが、どう出てくるか、個人的に楽しみだわ…)

111 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/11(月) 06:13:24 ID:pIeUv6id0
今日の明け方クラウスが暴れてた。

112 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/12(火) 04:58:33 ID:DYlgUlC/O
>>111
確にあの雷、凄かったね。

113 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/13(水) 13:35:16 ID:bAOUDVCaO
保守

114 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/14(木) 11:03:42 ID:rll3Gk1k0
>>110
ヒナワ「じゃあ、早速用事を頼まれてくれるかしら。」
リュカ「良いよ、何でも言って。」
ヒナワ「台所の食材が少なくなってきたから、買い出しに行って貰いたいの。
   今、お買い物のメモを渡すから、買ってきてくれるかしら?」
リュカ「解った。」
リュカは、ヒナワが差し出したメモを受け取り、すぐに眺める。

リュカ「結構、多いなあ… 持ちきれるかなあ…」
ヒナワ「クラウスと一緒なら、持ちきれると思うわ。」
クラウス「えー! リュカ一人でも大丈夫だよー!」
ヒナワ「そんな事言わないで一緒に行ってあげて、お・ね・が・い♪」
クラウス「うう… わかりましたよお… 行けば良いんでしょ…」
ヒナワ「ふふ、クラウスは良いお兄ちゃんね。」
リュカ「じゃあ、行って来ます。」
クラウス「行って来まーす!」
ローザ&ヒナワ「いってらっしゃい。」


115 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/14(木) 11:30:23 ID:rll3Gk1k0

リュカとクラウスが買い物に出てから、1時間が経過した。

ヒナワ「ああ… ちゃんと買い物してくれているかしら…」
ローザ「2人なら、ちゃんと買い物してきてくれると思うわ。ヒナワさん。」
ヒナワ「ええ、私もそう信じていますけど、
   やっぱり自分で行かないと落ち着かない物で…
   ああ… 自由に外出出来たら、こんな不安な気持ちに駆られないのに…」
ローザ(ヒナワさんって人を使ったり任せたりするのが苦手なタイプなのね…)

そして更に30分ほど時間が経過した…

クラウス「ただいまー」
クラウスが小さな買い物袋を片手に帰ってきた。
ヒナワ「有り難う、クラウス。」
ヒナワは、クラウスから買い物袋を受け取り、中身を確認した。
ヒナワ「お菓子ばっかりね… お母さんが頼んだ物は…?」
クラウス「えっ… そっ・それはね…」
クラウスが口ごもり始めたと同時に、リュカの声が聞こえてきた。

リュカ「ただいまぁ… 酷いよ、クラウス兄ちゃん!
   自分のお菓子だけ、買い物袋に詰め込んで先に帰っちゃうなんて!」
リュカは粗い呼吸を混ぜながら、クラウスを責めるように話しかけた。

ヒナワ「クラウス… ちょっとお母さんと2人きりでお話ししましょうか…」
ヒナワはクラウスの手を掴むと、すぐさま寝室に入り鍵を閉めたのだった。

ローザ(どんなお説教の仕方するか、興味あったんだけど、
   やっぱり見せて貰えないか、残念…)

116 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/15(金) 14:06:24 ID:sEuU7VRLO
保守

117 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/16(土) 08:04:24 ID:N56HvDbyO
保守

118 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/17(日) 15:04:30 ID:uQtcbiOSO
>>115
ランチの時間にさしかかった時、
クラウスとヒナワが寝室から出てきた。

ヒナワ「さて、今からお昼御飯を作りますね。」
ヒナワはローザとリュカにそういうと、台所に入っていった。
そして、クラウスは疲れた顔で、ソファーに腰をかけた。

ローザ「随分、長いお説教だったわね。」
リュカ「軽く2時間位は経ってたよ。」
クラウス「たったそれだけ?
   半日くらい叱られてた気がする…」
ローザ「半日もだなんて、少し大袈裟な言い方じゃないかしら、クラウス君?」
クラウス「大袈裟じゃないよ。
   お母さんったら、もう僕が覚えてない悪戯を持ち出して叱るんだもん!
   それで、お説教が終盤に差し掛かると、
   僕がこんな事する子になったのは、私の所為だって長々と泣くし…
   次のお説教の時には、今日の事も持ち出して叱るんだろうなあ…、あーあ、今から気が重いや…」

ローザ(怒られないようにしなきゃって、反省心はあまり芽生えて無いみたいね…)

119 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/18(月) 03:26:02 ID:y9ZjsEWjO
保守

120 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/18(月) 23:23:06 ID:y9ZjsEWjO
ホシュ

121 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/19(火) 15:39:57 ID:3437AN2mO
>>118
その後、お昼ご飯を終わらせた4人の元に来客がやってきた。

カイン「会いたかったぞ、ローザ!」
カインは、ヒナワ、リュカ、クラウスには目もくれず、ローザに近付き嬉しそうに話しかける。

ローザ「なっ… なんで貴方がここに…!」
カイン「理由など必要ない、運命が君と俺を引き合わせたのだから…」
ローザ「運命なんて言葉、軽々しく使わないで!」
と、露骨に嫌そうな態度をローザはとった。

ローザ(困ったわ… ヒナワさん達がいなければ
   こんな奴、さっさとホーリーでも喰らわせて気絶させるのに…)
と、カインの対処に困っているローザであった。

そのとき、
「WPKLOVEΩ!」
と、聞きなれつつある2つの声が聞こえた後、カインはうつ伏せに倒れたのだった。



122 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/19(火) 15:55:50 ID:3437AN2mO
ヒナワ「駄目でしょ、リュカ、クラウス。
   ローザさんのお友達のお兄さんを攻撃したりしちゃ。」
と、すぐさま2人を叱るヒナワ。
クラウス「えー、なんで怒るんだよ!」
リュカ「ローザお姉さんが困ってたから、助けただけなのに…」
と、反論する双子。

ローザ「ヒナワさん、叱らないであげて。」
ヒナワ「でも、貴方のお友達に、こんな酷い事を…」
ローザ「ああ、友達じゃなくて、ストーカーだから、この人。」
ヒナワ「まあ! ストーカーだったの、この方。
   じゃあ、警察に通報しないといけませんね。」
ローザ「無駄よ。
   警察につきだしても、すぐに脱獄しちゃうと思うわ。
   ああ…、ここにいるのがバレちゃったし、これからどうすれば…」
ヒナワ「フフッ… 簡単ですわ、そんな事。」
ヒナワは軽く笑うと、カインの体が光り、すぐさま消えてしまった。



123 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/19(火) 16:05:30 ID:3437AN2mO

ローザ「ひっ…ヒナワさん、今何を…?」
ヒナワ「ここより遥かに遠い宇宙の星に飛ばしましたわ。
   これで暫くは戻ってこられないでしょう。」
ローザ「そこって、どんな星なの?」
ヒナワ「体長20cmのピンクの丸みの有る体の
   かわいらしい子が守護している星… とでも言っておきましょうか。」
リュカ「それって、小さい頃の僕より可愛いの?」
ヒナワ「ふふっ… 小さい頃のリュカやクラウスには負けるかしらね…」

ローザ(とりあえず、私はカインから暫くは解放されたみたいね。
   でも、3人とも私の白魔法みたいな不思議な力を使えるなんて思わなかったわ…)

124 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/20(水) 05:23:26 ID:l+eLjuYLO
カイン…

125 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/21(木) 09:52:22 ID:zGPUfIWvO
保守

126 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/22(金) 14:52:57 ID:qCOMbgqOO
保守

127 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/22(金) 20:15:17 ID:TUtbRcg00
保守

128 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/23(土) 17:01:54 ID:pClt/kZZO
保守

129 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/24(日) 00:33:18 ID:RxpN6aMxO
アゲ

130 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/24(日) 11:03:13 ID:PJB+GT6M0
このスレ、ツマンネ。
こんな場所、保守している価値もないし、自作自演しているんじゃねえのww
書いているヤツ一人だろ、これ。

131 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/24(日) 16:24:37 ID:fxcFDXqs0
キャラごとに書き分けられてないセリフ回し
そのため性格に違いが見られないクローンのようなキャラたち
ボケとツッコミの無い、ただただ淡々と繰り返されるけだるい会話

どこが笑いどころなのかわからない…
というか、そもそも笑いどころは用意してるのか?
つーか書いてる本人は本当にコレが面白いと感じているのか?
もしかして萌えキャラが適当に動いてればそれだけで満足する人なのかな?
とにかくここでネタ落としてるヤツは才能ないな
公開オナニーは見苦しいから自分のサイトでやってください

駄スレだと思えばスルーするんだけどさ
今は閉じ込めスレが乱立状態にあって、
スレを10分の1にだけ残そう動き回ってる最中なんだよね
そんな時期に駄ネタ垂れ流して保守を繰り返すなよ

132 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/25(月) 01:52:32 ID:tc8WQhcJO
>>129で晒しageたのオレオレw
>>1>>128までは知らん。
オレが書き込んだから>>1は別のスレ保守しに行ったんだYO!!

133 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/26(火) 04:45:49 ID:ayhr0HUKO
保守総一郎

134 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/26(火) 18:19:26 ID:+T+2bGkhO
あげ

135 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/27(水) 03:39:44 ID:0AvNn1hNO
               /)  /)
    ( . .:.::;;;._,,'/ / :::::⌒::..ヽ
     ).:.:;;.;;;.:.)  |::●_:::●:::::|    ズシーン
    ノ. ..:;;.;..ノ   (〇 〜::::〇:.|
   ( ,..‐''~ ワー  / :::::::::::::::::::..|
(..::;ノ )ノ__      | ::::::::::::::|_/::.| キャー __
 )ノ__ '|ロロ|/ ̄\A.::.|ロロ|/ ̄\ __ |ロロ|..__ / ̄\
_|田|_|ロロ|_| ロロ| | | _|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|_.| ロロ|_


136 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/29(金) 03:32:21 ID:mZBN8gBQO
ローザ
「リュカ君、クラウス君。
 昨日の昼前に、おでかけしていたみたいだけれど、何処に行ってたの?」

リュカ
「ああ、付き添いを頼んでたお友達のおじさんと一緒に
 ヨーカドーへ、ポケモンの新作を買いに行ってたんですよ。
 それにしても平日に発売するなんて酷いですよね。
 子供だけで買いに行ったら、補導されちゃいますし。」

ローザ
(夕方まで待てなかったのかしら?
 と言うか、友達のおじさん以下なフリントさん、お気の毒…)

137 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/30(土) 02:31:05 ID:dQKH72N6O
保守

138 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/30(土) 15:48:15 ID:BSbaOqcz0
age

139 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/09/30(土) 17:30:50 ID:BSbaOqcz0
age

140 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/01(日) 01:29:15 ID:Do0yDjKw0
age

141 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/01(日) 12:42:28 ID:oII8j++a0
    r‐‐i、  .__,    ,r‐┐          i、 丶                              ,ri、
 :"'''''''″ ‘゙,,,,,,,,,.   ,i´ ,/      r‐┘ ー―ー                           / .i、
 .r‐---‐ .'「ー¬'i、  ,l゙ ,l゙,,,,._     .゙‐'''l .,!''''''''''              v―''''''""''''-i、  _,,,,,,,,,/  ゙l,,,,,,,,,,,,,
 ーー',,,,,,,,,, メi"^゜  .,l゙ .”,,,. ゚i、 ,,,,,、.[ ̄` ` ̄"゙″  l''''''''''''''''''''''''''''''''i、 .l゙r‐'''"~゙゙゙'┐ ゙> ヽ,,  ,,,,i゙l,,,、 ,,.r"
 .,r'"゙,,,,,,,,,_ ゙゚ァ  ..,i´ .,/゜` .l  l゙ .l゙ `"゙] 厂 ゙̄|"゙l  "''''''''''''''''''''''''''''''′       |  、  ゙゚┐゙゙l,,,,|゜.y'"
 l゙ .l″   ゙"・"  .,i´ ,l"  :  |_,/゜ j   冫 ゙l  .,ノ |                   _,,r" ,‐   .,i´ ゛,_″.゙l
 .ヽ,_ ^`゙゙゙゙" `,,} .,′,!   'i,、  .,,/   .ヽ_ ^ `゛_,,,i´                广゙.゙_,,r┘   .,",,r'" ゙''x,,.ヒ
   `~゙゙゙゙゙゙゙゙~゙″  `゚″   `゙"''゚″     `~゙゙゙゙~″              `゙ ̄゛       ."’    ‘'

142 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/01(日) 19:07:24 ID:XV53Nph70
age

143 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/02(月) 14:00:38 ID:2QhgE/jO0
age

144 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/03(火) 06:28:06 ID:nbtUs+bcO
保守もageもしないで下さい!
このスレは落としますので、絶対書き込まないで下さい!
書き込まれるとdat落ちさせる事ができなくなってしまいます!
お願いです、もう絶対書き込まないで下さい!

145 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/03(火) 17:32:01 ID:zgI+ZEbt0
あげ

146 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/03(火) 18:18:59 ID:SZduHCGP0
age

147 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/04(水) 10:33:59 ID:7Sfez5iu0
あげ

148 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/05(木) 11:56:48 ID:LFfN751jO
保守総一郎

149 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/05(木) 16:29:58 ID:rn8VqXli0

              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′

150 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/05(木) 16:34:39 ID:rn8VqXli0
age

151 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/07(土) 14:33:04 ID:w5foL8K7O
保守

152 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/07(土) 23:52:44 ID:NJk+7FRLO


153 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/09(月) 02:45:09 ID:ZLqVQ3rvO
上げ

154 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/10(火) 03:43:04 ID:k1Ero+VQO
あほ

155 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/11(水) 04:04:45 ID:9l0QtrCNO
んだら

156 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/11(水) 06:38:39 ID:o/xxOOyT0
水揚げ

157 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/12(木) 00:41:40 ID:c1HNcduHO
のしらす

158 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/13(金) 01:19:41 ID:flnYb/QjO
保守

159 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/14(土) 05:36:04 ID:W7rTCP59O
捕手

160 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/15(日) 09:59:55 ID:LGJcQ+en0
あげ

161 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/15(日) 10:44:11 ID:aH1+t+R20
島中をパニックに陥れている「豚王・ポーキー事件」の続報です
今入った報告ですが……
突然全ては元に戻りました
事件はあっけなさすぎる結末を迎えました
全ての人も建物も動物も植物も森も…山も
元に戻りました!
ヒナワさんもクラウスも帰って来ました
長老もマジプシーも帰って来ました…………

ハゲ「………………くっ」

なお なぜか「マイク」だけがキャストロールに出て来ないとの情報が……

ハゲ
リュカに軽蔑されたことを悟り再起不能――。


名前通称: フリント
 フリントは禿頭で、先祖はネスという超能力者(『マザー2』参照)。
 先祖と因縁を持つポーキーの生命力に引きつけられて、ニューポークに来たようだが、リュカは7章でドラゴ台地に行ってもクラウスを捜してるはずのフリントに会えなかったせいか…、もしくは放置プレイされていたせいか、父親不信におちいっていた。

162 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/15(日) 16:49:47 ID:LGJcQ+en0
age

163 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/16(月) 02:02:14 ID:P/FjR4c3O
馬鹿
下手


164 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2006/10/17(火) 02:32:45 ID:NULLXTQ80
糞スレあげ〜

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)