5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カティア萌えスレ 新婚3日目

1 :それも名無しだ:2006/02/23(木) 00:14:34 ID:5A0P+iVY
GBAソフト「スーパーロボット大戦J」に出演している
「カティア・グリニャール」について語るスレです。
キャラ検証・妄想・絵うp等、皆様がリアルではできない様な事を、存分にお楽しみ下さい。

前スレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1131350889/
前々スレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1126736281/

関連スレ
膝蹴小姫フェステニア・ミューズ其之参
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1138543839/

【チョコより】メルアその3【貴方が好き】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1132970402/

紫雲 統夜はヘタレカワイイ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1127810281/

スパロボJのカルヴィナたんは怒りカワイイ 2キレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1129177696/

952 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 18:41:37 ID:pG4iITG6
次スレは>>970辺りでいいと思うんだが、どうだろうか?

953 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:00:14 ID:IIciDAXn
>>952
それでいいと思う。

954 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:03:17 ID:+Ck/G8hx
>>352それぐらいじゃね?次スレのスレタイは
【にゃんにゃん】カティア萌えスレ 新婚4日目【ぐりにゃん】

ってどうよ?

955 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:10:59 ID:1lrTfdsI
スレタイ前後の【 】は厨房臭いから
俺はこれまで通り
カティア萌えスレ 新婚4日目
でいいと思うんだけど

956 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:18:26 ID:zJqW+Z/3
>>950
携帯用ブラウザ使え
Jane mobileとかお勧め

>>955
厨房臭いって別にいいと思うがな
このぐらいの遊び心

957 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:32:43 ID:EVZO6vof
カティア萌えスレ
↑の言葉だけ外さないでわかりにくいスレタイでなければ
後は970取った奴のセンスにまかせるでいいんじゃね?

958 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:55:24 ID:cXEKaSsY
投下しますよ


「……どうして文化祭でメイド喫茶なんかやるんですか」
昼食時、クリームパンを片手にカティアは呟いた。
「まぁいいじゃないの、あたしやテニアにメルアもやるんだから」
と、カスタードパンのかなめ。
「そうですよ、メイド服なんて滅多に着れないですよ?」
と、チョコロールのメルア。
「っていうかさ、他にいくらでもやるのはあると思うんだけど」
と、焼きそばパンとメロンパンと(略)石破天驚コロッケパンのテニア。
「それはアレよ、平行世界の私たちの無念を晴らすためよ」
「何言ってるかわかんないよ、かなめ」

事の発端はついさっきのHR。


「あ゙ーーもうっ!!いい加減にしなさいよあんたら!」
教卓をバンと叩き、かなめが叫ぶ。
この時間、統夜のクラスは文化祭の企画を決めている最中だ。
「迷路、郷土研究、こんなもんで客がくると思ってんの?!
それと『冥王様の怪しい実験教室』って何なのよ、説明しなさい!」
「ククク……ここ最近真面目なSSばかりで出番がなかったのでな、ゴミ以下の貴様等の脳を使った実験で」
「宗介、そいつ黙らせて」 「了解」
「…とまぁなんとも素晴らおぶえぁ」
一万ボルトの電流を受け、冥府の王は沈黙した。


959 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:56:04 ID:UcIxEjtD
まずは最初に状況の確認から始めようか。
俺はいつも通りバイトを終えて帰宅した。で、とりあえず蒸し暑かったので夕飯の前に風呂を所望した。
相変わらずカティアは気が利いていて、帰った時には風呂が沸いていたからさっそく風呂に入ったわけなんだが・・・
「で、なんでこんな状態になってるんだ・・・?」
「ん?どうしたんですか、統夜」
俺の呟きに背後からカティアが答えた。言うまでも無いがここはすでに浴室だ。
「いや・・・なんでカティアも風呂に入ってるのかな〜と・・・」
「いけなかったですか?喜んでくれると思ったんですけど・・・それに、日ごろ頑張ってくれてる統夜に少しでもお礼がしたいですし」
そう答えながら、今カティアは俺の背中を流してくれている。無論、タオルを巻いているわけだが・・・どうにも落ち着かない。
「嬉しいには嬉しいけど・・・その、なんだ・・・テニアとメルアにバレたら何言われるか・・・」
「大丈夫ですよ、背中流したらすぐに私はあがりますから。統夜、こっち向いてもらえますか?」
「なんでそっちを向かなきゃいけないんだ?」
背中を流しながらカティアがさらりととんでもないことを言ってくれる。
とりあえず、この状況でカティアを正面から見ることなんてできない。主に下半身を中心にして正気が保て無さそうだからだ。
「なんでって・・・前の方が洗えないじゃないですか」
愛する彼女の爆弾発言。いや、意味の取り方に問題があるんだろうけどそれは非常にまずい。とにかくまずい。
「いや、前の方はいいから背中だけ頼むよ」
「遠慮しないでください。ほらほら」
カティアが俺の腕を取って自分の方に振り向かせようとする。
「いや、だから前はいいって!」
思わず抗議の意味を込めて上半身を捻り、手を制そうとした時・・・手のひらが何かやわらか〜い物に触れた。触れたというよりも鷲づかみ。
感触を例えるなら肉まんと言ったところだろうか。
「・・・」
「・・・」
思わず静止したまま見つめあう二人。あぁ、やっぱりカティアは可愛いなぁ・・・って違う!
「あ、あのカティア、これはだな・・・」
思わず弁明しようとするが口がうまく回ってくれない。オマケに言うと動揺して手を離すこともできない。
「・・・」
カティアは相変わらず固まっている・・・と思いきやジワリと目に涙を滲ませて・・・
「統夜の・・・バカ〜っ!」
大声を上げて俺を押しのけ、猛ダッシュで浴槽から飛び出してしまった。その直後。
「何々、どうしたの?」
「何か大声が聞こえましたけど・・・」
浴槽の方に今一番来て欲しくない二人が顔を出す。あぁ・・・俺は人生のバットエンドへ向かうのだろうか・・・

この後、カティアをなだめ、テニアに膝蹴りを喰らい、まったく関係ないメルアにお菓子をなだられと散々な目にあった。
・・・それでもまぁ、カティアの柔らかい感触が脳裏に焼きついているが、それは俺の心の引き出しの奥にしっかり仕舞っておく事にしよう。

風呂入ってる時に電波を受信したんだが・・・パンチが弱かったかも。精進します(´・ω・`)

960 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:56:50 ID:cXEKaSsY
「ったく…他に意見は?遊びでやってるんじゃないのよ!?」
「いや、遊びだろ」「たかが文化祭でなぁ…」
教室のあちこちから不平の声が上がる。
「いい?三年生になったら、一日10時間勉強という信じられない夏休みを送るハメになるのよ?
文化祭の準備になんか誰も来てくれなくて、クラスが険悪な雰囲気になるのよ!」
どこはかとなく鬼気迫る表情で訴えるかなめ。実際、そうなのだ。
調子に乗って責任者にもなろうものなら、夏休み明けにクラス全員からバッシングが待っているのである(力説)

「だ・か・ら!!比較的余裕のある今が文化祭に打ち込める最後のチャンスなの!」

「そう、だよな」
静まり返った教室の中で、一人の男子生徒が声を発する。
「だってそうだろ?今はまだ平和だけど、またいつ戦争が起こるか…
俺は、このクラス全員で何かを成し遂げたいんだ!」
「…そうだな、お前の言うとうりだ」 「俺たちの力、見せてやろうぜ!」
次々と生徒が立上がり、がっしと握手を交わす。
教室の隅では宗介が「クラスが一つの生物として機能する、素晴らしいことだ」
などとどこか的はずれな方向で感心していた。
「みんな…ありがとう…グスッ」
「泣かないで千鳥さん、私たちも手伝うわ」

かなめの説得により、クラスが一つとなって文化祭のために動き出した。
「それじゃあ、張り切って出し物を決めるわよ!」

『おぉーーっ!!!』


……で、やる気になった数で勝る男子生徒がメイド喫茶を提案。
一部の女子の反対もあったが、多数決の原則で押し切り、可決。
メイド役を決めるにあたっては、男子生徒側の
『大食い元気っ子・天然巨乳・知的なお姉さん、これらを押さえれば客は鰻登り』
の発言を受け、三人娘が推薦される。
カティアが辞退しようとしたが、テニアとメルアに説得されてしぶしぶ了承した。
ちなみに統夜は調理場の主任、宗介は会場の警備役となった。


961 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 19:58:47 ID:cXEKaSsY
んで、文化祭当日


「いやー色々準備段階とかすっ飛ばしたけど、ようやく当日ね」
「かなめ、すっ飛ばすって何の事さ」
「まぁ気にしなさんな。それより早く着替えよ、男子待たせちゃ悪いし」

―同時刻、廊下

ベルリンの壁か、はたまた北緯38度線か。ここを抜ければ楽園が待っている。
「何故……人類は曇りガラスなどを生み出してしまったんだ…」
理不尽な怒りを壁にぶつける生徒A。
「ククク……次元連結システムの力を使えば、覗きなどどうということはない」
「何?本当か秋津?!その次元なんたらを使えば……」
「覗きなどどうということはない、と言ったんうわらば」
「千鳥から伝言だ、『覗いたら電気銃』以上。ちなみに電圧は3倍にしてある」
廊下でビクビクと痙攣する冥王を見て、クラスメイトは半歩後退った。
「まぁ、そういう事だ。どうせ着替えた後で会うんだからいいだろ」
さもあらん、と軽く言ってのける統夜。
「何だと紫雲!相良はいいとして貴様には男としての感情がないのか?!」
「クラスメイトのセミヌードだぞ!?」
「無駄だな、ソイツは空から突然美少女が三人降ってくるような生活をしている奴だ」
「ナルホド、毎晩お盛んだからいまさら……って訳か」
「とりあえず歯ぁ食いしばれ、貴様ら全員修正してやる」
怒りのスーパーモードを発動させた統夜が拳を振り上げたその時。

「おまたせ〜入っていいよ〜」

教室内からかなめの声が聞こえた。瞬間

「同志よ!楽園の扉は開いた!」 「おおさ!行くよやぁあー!!」
「消えた?!なんというスピードだ!」
「紫雲、とりあえず落ち着け」
思いがけない人物のツッコミに、統夜は正気に戻った。
「まずは中に入るべきではないだろうか」
「あぁ…そうだな」

教室に足を踏み入れると、すでに限界を突破した一部の男子が鼻血を吹いて倒れていた。
メイド喫茶特有のキラキラゴテゴテした空間に倒れている屍。実にミスマッチである。
「あ、統夜〜見て見て〜!」
視界の隅の惨劇を哀れな目で見ていた統夜に、テニアが駆け寄ってくる。
「どう?似合ってる?」
その場でクルリと一回転。フリフリのついたスカートがフワッと浮き上がり、際どい所でリターン。
「テニア、そんな格好であまり動くと…その、見えるぞ」
「大丈夫、スパッツ履いてるから」
そう言うと「ピラッ」とスカートを捲る。

962 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 20:03:48 ID:cXEKaSsY
そう言うと「ピラッ」とスカートを捲る。


ぶわっしゃあぁぁぁ

「大変だ!生徒Eが倒れた!」 「Lもだ!」 「スパッツ萌え〜」
「紫雲貴様ーッ!」 「こんなのが…毎晩?」 「つうか俺たちの名前ってアルファベットだったのか?」
「とりあえず一発殴らせろ!俺たちの気がすまん!」 「そうだ!この裏切り者!」
もう、何がなんだか。
理性を失いかけた生徒が一斉に統夜へと襲いかかる。
『歯ぁ食いしばれー!』

「待ってください!統夜さんをいじめないで!」
その時、統夜と男子生徒の間にメルアが割って入った。両手を広げ、目をうるうるさせている。
こうなってしまっては男に勝ち目はない、女の涙は強いのだ。
幾分か落ち着きを取り戻した男子生徒も拳を下ろし、肩を落とす。
「…そうだな、悪かったよ。考えてみれば、俺たちに紫雲の命を左右する権利なんてないんだ」
「お前ら俺を殺すつもりだったのか」
「やめろよ、クラスメイトじゃないか。そんなこと思うはず…が…」
そこまで言いかけて、生徒Fの口が止まる。周囲の生徒も同様に、ある方向を凝視する。
「……?」
頭の上に?マークを浮かべるメルア。そのメイド服が、一回り小さいのである。
擬音で表すなら「むちっ」といったとこだろうか。
豊かな胸を一層強調してしまい、なんともまぁ……エロい。
かえって火に油を注ぐ結果になってしまった。

ぶわっしゃあぁぁ


またしてもそこら中から鼻血が吹き出る。
「Fぅー!!」 「「紫雲貴様ァーッ!」 「こんなのが…毎晩?(二回目)」 「メルアたん萌え〜」
「世の中のモテない男に謝れよ!」 「そうだ!『それなんてギャルゲ?』みたいな生活しやがって!」
「なぁ、さっきから萌え萌え言ってる奴誰だ?」 「俺を不愉快にするのは貴様か!紫雲統夜ァ!!」


963 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 20:05:50 ID:cXEKaSsY
リミットオーバー、限界点突破。もはや止める術はない。
しかし統夜は極めて冷静に判断し
「相良、スタングレネード」 「了解、女子生徒は目と耳をふさげ」
凄まじい閃光と爆音が暴徒と化した男子生徒を襲う。
視覚と聴覚を奪われ、その場に倒れ込み沈黙した。
「ったく…それより」
キョロキョロと辺りを見回してから、かなめに尋ねる
「カティアは?」
「あー、なんか取りに行く物があるって家帰ったけど?」
すると、教室の扉が開き、誰かが入ってきた。
「すいません、遅くなってしまって」
「お、来た来……た?」
かなめの口が止まる。原因はカティアの格好だ。
メイド服を来ているのは納得できる、なんたってメイド喫茶だし。
だが、頭部と下半身に何やらオプションが付いている。いわゆる猫耳&シッポってやつだ。
「あ、あのー…それは?」
おそるおそるかなめが尋ねる。
「ああ、これですか。その…統夜がこういうの好きだから」
ポッと顔を赤くして恥ずかしがるカティアをよそに、統夜に女子生徒の視線が突き刺さる。
「あたし…紫雲くんだけはマトモだと思ってたのに…」
「千鳥さん、君は何かを誤解している」
「ううん、いいの。紫雲くんとカティアがそこまで進んだ関係って知らなかったから。
だから、びっくりしただけ。あたしは何も見ていない事にするから」
「ごめん、俺泣いていいかな?」
「泣かないでご主人様、私が慰めてあげるにゃん」
「よりによって事態を悪化させる言動をしないでいただきたい」
「家で二人きりの時はいつもこの格好じゃにゃいですか」
「あれか、やっぱり俺を泣かせたいんだろ」
「そんな、むしろ泣かされる…というか鳴かされるのはいつも私ですにゃ」
「俺何か恨まれるような事したか?」

がーがーごーごー

お前ら惚気てんのか、とツッコミをいれたくなるような口論を繰り返す二人。
そうこうしている内に、気絶していた男子生徒が目を覚まし始める。


964 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 20:07:22 ID:cXEKaSsY
彼らの目に入ったのは、猫耳メイドカティアと怨敵紫雲統夜がイチャついている姿だった。

「そうか…お前は毎日カティアちゃんメイドコスを…」 「もう許さんぞ、外道ッ!」
異常な殺気に気付き、統夜は振り返る。
格闘漫画でいったら『ゴゴゴゴゴゴ…』といった擬音がふさわしい。
目の近くで爆発しても安全設計な機器が「なんだ、故障か」と言われる程の戦闘力だ。

「ど…どうしたんだお前ら。え?貴様はもう生かしておけない?
またまたご冗談を……マジ?落ち着くんだお前たち、拳を下ろせ。だから下ろせってば。
テニア、メルア、説明してやって……あれ、なんでそんなに怒ってますか?
え?私たちがいない時いつもカティアとイチャついてたのかって?
いやだなぁ…そんなわけなばぁっ!?いきなり膝ですか?
ああ!膝蹴りを皮切りに次々と拳がうわぁっ!やばいやばい死ぬから!
元々殺す気でやってる?……誰でもいいから助けてくれ!アル=ヴァン!フー=ルーさん?!
こうなったらジュア=ムでも父さんでもいい!場合によっちゃ総代でもいいから!
い、いやだ…死にたくない…うわああぁぁぁ!!!」



その後、この戦いは『メイド喫茶の悪夢』として長く語り継がれる事となる。
事件当日、校内で『拠点制圧型ボン太くん』が暴れていたとかいないとか。
後にクラスメイトのS.Sはこう語っている
「彼のおかげで新兵器の有効性が証明された。しかし彼は……いや、やめておこう」
ちなみに、当事者兼被害者はこう語っている
「ボン太くんが無ければ即死だったぜ」


お目汚しスマソ。そしてカティア分少なくてさらにスマソ。
さらに『家ではいつもメイド服』設定を勝手に流用してしまってすみません。
久々に書くとどうもしっくりこない……うーむ。
気を取り直して浴衣カティアと統夜の花火デートのネタ出しでもしてきますノシ

965 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 20:16:27 ID:IIciDAXn
>>964
テンポよくてすっげ面白かったぜ!GJ!
きちんと「ギャルゲ」にしてるあたり、お前さんの暖かい気遣いの気持ちが感じられたよw

966 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 21:07:10 ID:zJqW+Z/3
>>964
超GJ!
ほんと、うまく書けてて羨ましい


さて、確認というか質問だがクラスメートに風間とかオノDとかJに出て来てないクラスメートを出すのはダメだろうか?
>>964みたいにアルファベットでもいいけどやっぱりしっくり来ないから

967 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 21:13:59 ID:oK4Vd6ai
>>964
読んでいて思わずニヤリとしてしまったよ・・・狂おしいほどにGJだッ!

968 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:12:47 ID:IIciDAXn
>>966
俺はふもっふ観てたから、それらのキャラが出てくれると嬉しいが…。


969 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:13:49 ID:tCy/x06K
フルメタ知らない奴にはアルファベットと大して変わらないと思うぞ

970 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:16:22 ID:BBIE/Omv
使うとしたら前置きが必要だろうな。

椿とか会長とか出すのは面白そうだけど。

971 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:16:56 ID:+Ck/G8hx
投下する時に『脳内補完ヨロ』的な一言添えれば良いんじゃない?

972 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:17:25 ID:oK4Vd6ai
>>966
俺はフルメタわからんけど、少々出すくらいならいいとは思うぞ。
さすがにしつこくだされるとわけわかめになるが。


973 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:20:33 ID:zJqW+Z/3
>>969
ん〜まぁそうだとは思うけど「Jに出て来てねぇだろ。うぜぇ」ならアルファベットにするし
どーでもいいなら風間とか使うんだがどうよ?

974 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:21:30 ID:tCy/x06K
個人的にはカティアに萌えられるならそれ以外のことは瑣末なことだと思うよ

975 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:23:39 ID:BBIE/Omv
>>974がいいこと言った。

976 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:33:11 ID:EVZO6vof
オノDや風間の名前を出すならOK
キャラ設定や性格付けを使うならNGってとこじゃね?

977 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:34:23 ID:C3VgHOxZ
私的な意見だけど、あんまり堅いこという必要ないんじゃないかな?Jにフルメタ出てる訳だし。
メインにされると困るけど、ちょっと出す位なら問題ないし、それで作品の完成度が上がるなその方がいいかと

978 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:47:56 ID:udp/Ltvj
このタイミングに投下 まぁ、駄文



今日は父の日らしい。
この同世代の女三人、男一人の家族には父親はいない。
私は、この家をバイトで支えてる彼に感謝の意を示すべきだ、と思っている。
「・・・と言う訳で、今からその準備をしようと思うんだけど」
夕陽が沈む赤の空、私達3人は帰路の途中そのまま買い物に向かっている。
「カティアちゃん、具体的には何をするんですか?」
とメルアが聞く
「今からだと凝ったことは出来ないから・・・とりあえずちょっと食事を豪勢に」
「やったー!」
テニアの喜びの声が聞こえる
「それと花束を皆でお金出して買おうかな?」
父の日商品は、お酒、ネクタイ等
色々あるがあまりお金をかけるわけにもいかないし。
「うぇ〜アタシ今月小遣い少ないよ〜・・・。」
とさっきの喜びと反転したテニアの声がする
「わかったわ、来月の分から引いておく」
「あー・・・まぁ、仕方ないか、統夜の為だし・・・」
テニアはとりあえず納得したらしい。
・・・花は確か・・・白いバラだったような?
つい先日TVで父の日特集を見たのを思い出しているとこにメルアの声が割り込む
「カティアちゃん!デザートにケーキも買いましょう!!チョコケーキを!!!」
「・・・・・・わかったわ、でも今日だけよ?」
今日の私は寛容だったかもしれない・・・。

帰宅からもう何時間経っただろうか・・・
時計の針ももう明日を指す時間に近くなっている
食卓台には一人分の夕飯と花束を置いている
こう、何かを準備した時に帰りが遅いと不安になる
遠くのサイレン、どこかで事故があったのだろうか?
まさか、統夜が・・・?
そんな考えが何度か頭をよぎる、携帯も繋がらなかった
不安要素はいっぱいだ・・・。
時計の針が上を向くと同時にドアが開く

979 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:49:05 ID:5KrrAhjN
会長閣下は微妙だな…ハーレムエンドで制服を送ってきてたが…

980 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 22:49:11 ID:udp/Ltvj
統夜だ。
そう思い玄関へ行った
そこには彼の姿があった・・・

「ただいま」
「ど、どうしたんですかっ・・・!!?」
服が汚れ、服から出た腕の所々に怪我
「いやさバイトが長引いたのと、あと・・・かっこ悪い話なんだけど、
 帰りに自転車で派手に転んじゃってな」
「し・・・配・・・してた・・・ですよ」
統夜が帰ってきたことで緊張が解けて涙が出た
統夜は靴を脱ぎ私の前まで来た
「ご、ごめん、携帯で連絡しようにもこの有様で・・・買い直さなきゃなぁ」
「・・・・・・高い・・・機種はダメですよ?」
まだ涙声だったが、怪我の治療もあるので、玄関から居間へ移動
擦り傷は多いが骨を折ったりはしていない、良かった。
「これは・・・?今日なんかの祝い事だったっけ?」
食卓台を見て統夜が疑問を放つ。
「ああ、これは今夜の夕飯と統夜へのプレゼントです・・・父の日の」
「ハハハ、俺そんなに老けてるかな?」
と笑う、治療の終わった腕で夕飯のステーキ(あまり高いものではないが普段は買わない)
を食し、美味い、と告げる
「でも家計を支えてるのは統夜ですし、それの感謝の気持ちですよ」
「そっか・・・だったら母の日はカティアに何かしてやらなきゃな」
「え?」
だってそれじゃ、統夜が父で私が母の家族みたい…
でも、それはそれで良い気がする。
「だって、家の中のこと割とカティアにやってもらってるしさ」
そういわれて私は
「でも、そんなに私、老けてないですよ?」
と告げる
「それはお互い様」
「そうですね。」
話ながらも食卓の夕飯ももうわずか、
そうだケーキも買ってたわ
思い出し冷蔵庫へ向かおうとするとこに統夜の声に止められる、
「カティア」
「は、はい」
少し驚いて振り向く、
普段見るよりいい笑顔で彼は言った
「ありがとな」
「ええ」
先に寝た二人には悪いが、この笑顔は私だけもらっておこう



後半なんかちょいと力尽きた感があるが私は謝らない

981 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 23:08:58 ID:zjkk6kX0
両方GJだが958が文化祭ネタを投下したのはもしや今日が文化祭だったんじゃないかと思う
俺も今日あって投下しようと思ったのに

〉〉978
父ちゃんならぬ統ちゃん
こんな事を考えていたのも私だ

982 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 23:19:33 ID:cXEKaSsY
>>981
いや、文化祭は十一月だ。
それより投下してみてはどうだろうか、俺が言える事じゃないが。

そして>>959>>978GJ!


983 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 23:22:49 ID:IIciDAXn
>>970
次スレ たのむ

984 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 23:49:50 ID:zJqW+Z/3
>>970
次スレよろ
スレタイは「カティア萌えスレ新婚〜日目」以外はセンスに任せる

よし、じゃあ、試験的に風間やオノD使ってみるか
メインにすることは有り得ないけど風間のヲタ具合いとかオノDの性格とかは少し使うかも試練

985 :それも名無しだ:2006/06/18(日) 23:52:55 ID:tCy/x06K
新婚○日目でなくてもいいと思うが

986 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 00:33:55 ID:fErQoZez
>>970
いるならレスしてくれ。いないなら俺スレ立てに行ってみるから。

987 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 00:46:06 ID:7Z0Tsnfe
スマソ。今北。けど忙しいから頼む。

988 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 00:55:52 ID:fErQoZez
おk、行ってくる。スレタイは俺なりに考えてみたが・・・
【それ】カティア萌えスレ 新婚4日目【脱いでください】
にした。異議あるものは早めに言ってくれ。

989 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 01:01:45 ID:6Bep9R4E
>>988
行け!勇者よ

990 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 01:02:18 ID:REj/XuOv
>>966
フルメタ舞台にスパロボJキャラに萌えるスレになるのは勘弁だ。
アルファベットじゃ味気ないって、甲児やボスやさやかじゃできないわけ?
元キャラ無視したら原作ファンもなんかいいそうだし、あたりさわりない記号がベターと思う。

991 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 01:09:08 ID:fErQoZez
立てた。擦れたいが長すぎると言われたので削ってしまった。

カティア萌えスレ 新婚4日目
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1150646890/l50


992 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 01:44:23 ID:VIzlFh1j
よく嫌われるほかの作品ネタと一緒だもんな

993 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 11:28:46 ID:6Bep9R4E
>>1000ならカティアは俺

994 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 12:03:56 ID:6HC2zAio
>>1000ならカティアは俺の姉

995 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:05:27 ID:mjmld6cX
>>1乙。

やっと復旧したよ・・・。

996 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:10:05 ID:mjmld6cX
埋め。

997 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:10:56 ID:mjmld6cX
だれもいない・・・?

998 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:14:24 ID:mjmld6cX
999まで持っていってみる。

1000は誰かどうぞ。

999 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:15:15 ID:mjmld6cX
999なら住人皆でss作り。

1000 :それも名無しだ:2006/06/19(月) 16:16:34 ID:WLSw8M5v
1000なら次スレは良質のSSや絵で超賑わう

1001 :1001:Over 1000 Thread
┏──────────────────────┓
│            [インターミッション]             │
│──────────────────────│
│  ユニット能力   ユニットの改造   武器改造  │
│ パイロット能力  パイロットのりかえ  妖精のりかえ │
│  強化パーツ   ユニット換装      オプション   │
│   セーブ       ロード       ポケットステーション │
│〔次のスレッドへ〕                           │
│                                │
│次のスレへ進みます。                        │
│──────────────────────│
│  総ターン数_1000       資金___1000    │
│第1話『このスレッド』までクリア.                │
┗──────────────────────┛


423 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)