5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゼオラとアラドの子供マダァー? 十二代目

1 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 01:37:41 ID:4BEMI494
ここは、スパロボオリジナルキャラの子供達の成長を暖かく見守るスレです。
子供の設定(年齢性別や立ち絵)及び他キャラの両親の設定、搭乗メカの設定等、
各職人さんにお任せします。

<<まとめサイト>>
ttp://banpresto-srw.com/
ttp://www.geocities.jp/soremowatashida/
<<人物辞典>>
ttp://www.geocities.jp/zeradlove2005/index.html
ttp://zeradlove2005.hp.infoseek.co.jp/index.html
<<お絵かき掲示板>>
ttp://bbs4.oebit.jp/zeradlove2005/bbsnote.cgi
ttp://banpresto-srw.com/bbsnote/bbsnote.cgi
<<前スレ>>
ゼオラとアラドの子供マダァー? 十一代目
http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-11.htm
<<過去ログ>>
十代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-10.htm
九代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-09.htm
八代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-08.htm
七代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-07.htm
六代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-06.htm
五代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-05.htm
四代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-04.htm
三代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-03.htm
二代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-02.htm
初代  http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-01.htm

2 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 01:38:45 ID:4BEMI494
現在までの登場人物
アラド&ゼオラ→ゼラド(姉)&アオラ(弟)
ゼンガー&ソフィア→ゼフィア(♂)
トロンベ&スレイ→スレイチェル(イグニッション)
イルイ&???→イルス(♀)
ブリット&クスハ→クリハ(♀)
セレーナ&ルアフ→レイナ(♀)
アイビス&???→アイミ(♀)
トウマ&ミナキ→トウキ(兄)&ミナト(弟)
ギリアム&ヴィレッタ→ヴィレアム(♂)
リュウセイ&マイ→マリ(♀)
リュウセイ&ラトゥーニ→リトゥ(♀)
キョウスケ&エクセレン→レモン(長女)&アルフィミィ(次女)&タカヤ(長男)
ハザル&ルリア→ハザリア(兄)&ルル(妹)
アルマナ&クォヴレー(?)→ルナ(♀)
キャリコ&スペクトラ→キャクトラ(♂)
シュウ&サフィーネ→シュウヤ(♂)
シュウ&モニカ→クリストファー(♀)
孫光龍&孫龍王(真・龍王機)→孫真龍(♀)
ジョッシュ&グラキエース→ラッシュ(弟)&ラキア(姉)
イングラム&ヴィレッタ→イングレッタ(♀)
アークライト&セレイン→レラ(♀)
ジーク&秋水(♀)→アークorジキミ(♂)
秋水(♂)&サリー→咲美(♀)
ケイサル・エフェスの孫→ルサイケ(♀)
バラン・ドバンの孫→ラン(♀)


その他
アラド、ゼオラ、クォヴレー、イングラム、ゼンガー、トロンベ 他保護者の方々
ディストラ姉さん、アストラ兄さん、龍王姐さん、ガンスレメイド隊(A〜F) 、龍鱗機 など人格持ち機動兵器
αビンボーズ、αユーレーズ などディス・レヴに住まう方々
ラミア、ヒューゴ、アクア、アクセル、ルアフ 他教師の方々
その他、因果地平の彼方へ消えていったキャラ達等は人物辞典参照

※禁止事項※
・新キャラの追加は全面禁止となりましたので、新キャラが登場してもスルーするようお願いします(新キャラと既存キャラの基準は人物辞典に登録されているか否かです)
・放置キャラのサルベージも同様に禁止です、過去に名前だけあるいは一発ネタだけでしか登場していないキャラクターの再利用はおやめください
・新キャラ規制についての意見は議論板にてお願いします
推奨事項他
・主役は子供達全員です。でも、バランガ一家が中心にいる方がいいかも。
・嫌なネタはスルーの方向でお願いします。
・過去のネタと矛盾は極力抑えましょう(過去ログに事前にしっかり目を通しましょう)
・版権キャラは…まあ、控えめにね、あくまで主役は子供達なんで。
・その他議論は本スレではなく議論板で
・ハザリアが好きな職人さんはなるべく半角を使って819ランをさせてあげましょう

議論討論板
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/5816/
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/otaku/5816/

3 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 01:47:25 ID:Ugr8Ov0t
>>1乙!

4 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 02:37:32 ID:f+Yw2jNy
ガドル・乙だ>>1!!

5 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 03:30:18 ID:4Qic67dD
>>1
おつかれさんでやんした。
些少ですが
ttp://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/7221.jpg


夏ですねぇ・・・。
ふう。

6 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 05:55:53 ID:GW2qg1N2
>>1
前スレでも言ったが乙!




>>5
GJ!!
やっぱり夏と言えば水辺の水着美少女に限るぜ!!



7 :それも名無しだ :2006/07/06(木) 20:39:25 ID:uv8IGEZO
>>1
アルス・マグナ・フル乙!!!

>>5
ハイパートロニウムバスターGJ!!!

8 :それも名無しだ:2006/07/06(木) 22:10:44 ID:F3+JRXQW
>>1
しょっぱなから絵師降臨とは幸先がいいぜ!!!

9 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 00:45:49 ID:QkeG0BEi
この板って即死あったっけ?

10 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 02:35:39 ID:RQso91d+
>>5
クォヴレー「ゼラド、水泳の訓練だ。これをつけて泳げ。最初は俺が補助する」つ40sのウェイト

11 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 05:24:44 ID:ZIQoc4CD
ちょwwwww
前スレ>>1000wwwwwwwwww
>>11なら↑を阻止

12 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 08:32:10 ID:pj4tpcrT
>>11
もちつけ、どうせ新キャラ規制に引っかかって無効なんだ

13 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 08:39:08 ID:htuF3hm9
何故新キャラ規制に引っ掛かるのかは良くわからんが、
とりあえず前スレ>>1000が手段を選ばない人間だというのは良くわかった。

14 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 10:26:05 ID:ST6TnOYX
>>10
久保「・・・・・・人工呼吸が必要のようだな」

15 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 12:11:22 ID:U/R/VMyU
ゼラド「(こうして溺れているふりをしていれば・・・)」

16 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 12:24:15 ID:QekX4b7t
ヴィレアムがコールゲシュペンストしつつ物凄いスピードで飛んで行きました。

17 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 12:35:48 ID:D2bi/PdL
クリハ「た、大変!?ゼラドが溺れちゃった!?」
アイミ「お、落ち着いて!?こここ、こういうときは慌てないでじ、人工呼吸を!」
レイナ「…いや、まずあんたが落ち着きなさいな」
クリハ「ででで、でもあたし人工呼吸とかやり方よくわかんない…前に習ったけど、忘れちゃったよぅ!」
アイミ「ま、任せて!やり方ならあたしがわかる!」
レイナ「だーから落ち着きなさいって。ホラ、まずこのビニール袋で練習してみなさい」
アイミ「わ、わかった…。せーの…プッ」
パァン!←楽勝で破裂するビニール袋
ゼラド「ふぅ、死ぬかと思ったぜ!?」がばぁ
レイナ「おはよ、ご無事で何より」

18 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 12:40:23 ID:jANmG4RV
>>17
パッパラ隊を思い出したw

19 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 12:43:00 ID:BYR9qL3v
いやむしろこれはDQ4コマだろw

20 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 13:26:57 ID:6MusDlad
ttp://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/7283.jpg

せっかくだからブラッシュアップして色をつけようと思った・・・けど

そろそろちゃんと仕事しないとクライアントに殺されるので
これはここまでにしとうございます。

21 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 15:10:50 ID:RQso91d+
>>20
む、胸が!へそが!!GJ!!

22 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 15:21:25 ID:U/R/VMyU
アイミ「ちょろいわね」
レイナ「甘いわね」
クリハ「つ、つまりちょろ甘なのよ!」
レイナ「何言ってんの、一番動揺してたくせに」
クリハ「う、うるさいっ!」

ゼラド「ど、どうしてわかったのよ!」
レイナ「君はわかりやすいからな」
アイミ「久保さんの童貞を盗もうとする君の心は丸見えだ」

23 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 16:51:51 ID:fpRF2bjb
>>20
旧スクにひらがなで「ぜらど」と書かれた名札が有れば即死だった

24 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 19:33:03 ID:QkeG0BEi
>>23
いよう、俺

25 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 21:07:47 ID:C6gnzf74
残念ながら「バランガ」だろうな

26 :それも名無しだ:2006/07/07(金) 21:45:36 ID:N9IX+/nd
いい夢を…見させてもらったぜ…

27 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 00:27:57 ID:LNZs75uB
ゼラド「そーいえばアストラナガンさんは人間形態どんな感じなんだろう?」
アオラ「あ、俺もそれ気になってた」
イング「あら、みせていなかったっけ?」
アストラ「まぁ形態変えてもどうという事もないしそれならば。」
−しばらくお待ちください−
ゼラド「うわー男版お姉ちゃんって感じ。」
アオラ「ガンファミリアもショタ版ガンスレズって感じだ。」
ガンファ「「「「どーいたしまして」」」」
イング「基本は一緒だからな」
(後から)
ディス「お兄様にイングレッタちゃん遊びに来てたんですね。」
アストラ(ディトラ姉さんの方に振り向いて)「やぁ妹よ」
ゼラド・アオラ「「!」」
ゼラド(ちょっと待ってよ、あの後姿についてるアレってやっぱアレよね)
アオラ(俺にはアレにしか見えないよ、なんで・・・なんで・・・・)
ゼラド・アオラ((チャック付いてるーーーー))


28 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 00:35:36 ID:33VU/4UB
>>17
昔そんなような状況でハザリアがイルスに殺されかけてたなwあの時はゼフィアが人工呼吸したんだっけ

29 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 01:45:51 ID:owzWs6g3
>>28
実際はしてなかったハズ。つーか溺れてない…ハズ。
イルス「あはは〜♪人工呼吸してもらうならあたしとアニキどっちがいい〜?」
ゼフィア「イルスはやめとけ。肺を破裂させられるぞ」
ハザリア「貴様、この俺を殺す気だったのか!」
ぐらいの流れだったかな。…あの頃はほんの〜りハザリア×イルスの予感が匂わされたりしててイイ感じだと思ってたんだが。

30 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 05:11:36 ID:SaIj+GL6
>>27
チャックって何だぁぁぁぁぁぁ!!
メ●か!?●ソなのか!?


個人的にはアストラの人型はデモベの執事(ウィンフィールド)みたいな外見を想像してた

31 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 06:16:44 ID:xZ3Atsjf
>30
やべw違和感ナサスwwww

32 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 08:05:27 ID:rmSds4UQ
まぁ、妹のディス姐がメイドなんだから執事系なのは自然な流れだよな。

33 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 09:21:29 ID:33VU/4UB
俺はHELLSINGのウォルター(青年時代)みたいなのを想像してた>アストラ兄さん

34 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 10:41:27 ID:b3mRNcfs
昔、アストラ兄さん登場初期に人型形態の出番があった気がするんだが…執事型だった気がする

35 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 11:07:50 ID:b3mRNcfs
初登場時、4スレ目172に
>真っ黒な執事風の衣装を着た青年
と書かれていました

さらに>>32さんの言うように
>イングラム『メイドときたら次は執事だろう。
と…

36 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 11:37:40 ID:owzWs6g3
最近は血+のハジ説も…

37 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 12:37:51 ID:NxKZZ0T+
俺は>>33と同じくウォルターのイメージ

38 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 13:01:55 ID:rhDUpZsx
どうでもいいけど若い執事は執事じゃない!と思うのは俺だけ?
アストラ兄やんもけっこうダンディなイメージ


39 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 13:53:32 ID:bygCDzgs
ギャリソンとかビッグオーのノーマンとかいい味出してるしなぁ…。
というか、最近の執事は無意味に戦闘力が高くて困る。

40 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 15:15:53 ID:ixYMFq2S
一流の執事たるもの必殺技の一つや二つ持ってなくてどうしますか。

41 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 16:30:01 ID:SaIj+GL6
>>40
ウィンフィールド:魔術師と互角に戦う(ロボットを一撃粉砕したという噂も)
ノーマン:確か強かった気が……

ギャリソン:スパロボ知識しかないが、ナデシコの白鳥を自転車で追い掛けてた気が……火星で

>>40のごとく:確かにあんたも何か持ってたな…女の服も必殺された気がするが

アストラ:虚無へ返す



古今東西、執事は強い人が多いよいだ

42 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 16:38:59 ID:XEFHnmUI
話題が執事に移っておるようで恐縮ですが
ttp://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/7315.jpg

胸に固執するあまり、自分の腰や脚が強力な武器になることを
クリハはまだ気がついていない。

が、気がつかない女の子でいてほしい気がするのも私だ。

・・・トウキは凝視してもおかしくないけど。



ところでアストラはパトレイバーのクロサキくんが
執事の格好をしている感じを妄想。

43 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 16:42:33 ID:bygCDzgs
>>41
作中でノーマンがやった行動

OPでバケツを腕にかけ、モップを背負った状態でマシンガンを乱射。

戦闘中のロジャーに仕立て屋に服を取りに行って欲しいと頼まれ、サイドカーで戦闘区域の中心を駆け抜ける。
あまつさえ仕立て屋の壁にそのまま突っ込み、反対側の壁から出てきたときは隣に仕立て屋を乗せていた。

ロジャー宅に小型の無人兵器が押し寄せた際、重火器を引っさげて応戦。
マシンガンや手榴弾、果ては二丁拳銃まで披露する。

前述のサイドカーにドロシーを乗せて巨大ロボットから逃走中に「逃げているばかりでは芸がありませんな」とおもむろに反転。
ドロシーの座席からせり出したミサイルで攻撃を加える。
股の間からミサイルが発射されてるのに何の反応も示さないドロシーが印象的。
また、巨大ロボからの攻撃も巧みなハンドル捌きで全て回避していた。

とまぁ、なんとも素敵な執事っぷり。
ぶっちゃけ、戦闘能力の無い執事ってガンダムWのパーガンくらいしか思い浮かばん。
スレ違いスマソ

44 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 16:48:41 ID:GscEnmI7
パーガンってサンクキングダム時代は、ミリアルドの剣の師匠だったらしいぞ。

45 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 17:05:52 ID:YQYQuRQC
自分の中ではアストラはケロロ軍曹のポールなんだが

46 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 17:30:01 ID:TGgHdQdY
アストラさんは若いよ派と
執事は壮年だよ派が居て難しい

とりあえずアストラさん(若い方も)
ttp://akm.cx/2d2/src/1152347238532.jpg
女の子じゃないから花が無くてすまんのぅ

47 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 17:44:01 ID:cjDWOWHE
>>42
隠れたクリハの脚線美GJ!
がんばれトウキ! きっとそれが健全な男の子の反応だw

>>46
これぞ男のダンディズムGJ!
カッコよすぎだぜアストラおじ様。
でも頭が兵器形態時のイメージバリバリでワロタwww

48 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 17:56:17 ID:AMy0EYSr
CV:大塚明夫か玄田哲章だな

49 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 17:59:06 ID:wWabtk5T
絵師降臨しまくってんな
まとめてで申し訳ないがどいつもこいつもGJじゃい

50 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 18:05:32 ID:urQpESjh
おえびの巡回先がスク水系の多い俺には破壊力十分なんですが…

51 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 18:25:45 ID:yIVr0o24
>>42>>46

GJ!!!!!!
萌えすぎ&渋すぎで鼻血が止まりませんよ!?

52 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 18:33:13 ID:urQpESjh
レイナ「おや、アイミさんはまた水着をご購入で?」
アイミ「うん、夏に向けてちょっとかわいいのを(照」
レイナ「へぇ〜」
アイミ「レイナはどうするの?」
レイナ「もちろん、買ってるわよ?ほら」
アイミ「レイナらしさ全開ね…」
レイナ「アイミはなんか…らしくないけど、似合いそうね」
アイミ「そ、そうかな?」
レイナ「どっちの趣味に合わせたんだか」
アイミ「どっちだっていいでしょ!!」
レイナ「ふふふっ」
アイミ「…一言いっていい?」
レイナ「な…何?」
アイミ「Vラインの処理も忘れずにね」
レイナ「へ?」
アイミ「こないだプールに行ったとき…はみ出てたから」
レイナ「…まいりました」

53 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 18:37:23 ID:e1OSMgjJ
すげえ、夏補正でGJの嵐がw

54 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 19:06:50 ID:BR+zGxau
一日遅れだが

クォヴレー「ただいま、取ってきたぞ」
ゼラド「あっ、おかえり〜!」
クリハ「おかえりなさい、お邪魔してます」
レイナ「同じく」
アイミ「同じく」
ヴィレアム「・・・・・・」
キャクトラ「・・・・・・」
ハザリア「・・・・・・」
クォヴレー「なんだ、ほぼ全員来ているのか」
ゼラド「あはは・・・」
クォヴレー「だが、笹など一体どうするのだ?」
わかめ「ふふふ、それはな久保。全国の少年少女が一途な夢を託すのに必要なのだよ」
クォヴレー「?」
ディストラ「このタンザクという長方形の紙に今実現して欲しいことを書くんです」
ゼラド「そうすれば、神様が叶えてくれるの」
レイナ「む・・・・・・」
ガンスレ「それは私たちのお願い事も叶えてくれるのでしょうか?」
アオラ「うん!もろちん!」
わかめ「お前も何か書いてみろ」
クォヴレー「願い事、か・・・そうだな」

Q、さて、誰の願い事でしょう?」
『目指せDカップ!(できればEカップでメロメロに)』
『ご主人様とずっといられますように』
『野菜が豊作!』

55 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 19:46:58 ID:YSOzVdP0
分かった、上から順に

・ディストラ
・ガンスレ
・クリハ
だな!



…あれ?

56 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 20:30:52 ID:irJe7JA1
難しいところだが、順に

・ガンスレ
・キャクトラ
・ゼラド

と考えるのが妥当だろう。

57 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 20:39:33 ID:urQpESjh
アイビス:いわずもがな
クスハ:旦那LOVE
トウマ:バイト先
な気がする


58 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 21:19:12 ID:7YmBac7L
>>54
ハザリア
わかめ
ヴィレアム

これしか考えられない。



59 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 21:24:04 ID:e1OSMgjJ
>>57
ちょwww奥さんいい年して何書いてんだwww

60 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 22:16:02 ID:5dOcQWia
>>46
こんなイカしたハリウッド俳優ばりの執事が
グレちゃんにいつも嬲られてるのかと思うと(;゚∀゚)=3ハァハァ

61 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 22:31:11 ID:2LAOXjNH
>>59
どう見ても娘に負けてるからなw

62 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 22:34:40 ID:yQl9ApVF
コナン:嫁&娘ラブ
ケイサル:悪霊ラブ
ハザリア:>>819ランラブ

63 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:27:16 ID:TLUEhW81
唐突に俺イメージの身長

不明 イルス
190p〜ゼフィア アストラ兄
180p〜トウキ ヴィレアム キャクトラ ディス姐(角含む) シュウヤ 
170p〜イングレッタ ハザリア ミナト レイナ アイミ アーク クリス
165p〜ルナ ラッシュ ルル カル
160p〜ゼラド アオラ 真竜 クリハ 咲美
150p〜マリ リトゥ
140p〜レラ ルサイケ
90p ガンスレ達

つまり何が言いたいかっつーと、
ちったいのに生徒会書記なレラが、黒板の上の方へ背伸びして字を書いたり消したりする姿は
何か心にくる物がある。

ビットで書いたり消したりしてるなんて夢の無い事言わないで下さい!(><)

64 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:28:49 ID:h6S4U4YH
勢いでthe second sorrowリクしてみる。

65 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:29:08 ID:Rtpb22oS
>>62
>コナン:嫁&娘ラブ
こう書くと愛妻家で娘思いのいい父親に見える。
……見えるだけだが。

66 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:29:23 ID:h6S4U4YH
誤爆&ageてしまった。スマソ。

67 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:45:44 ID:jnsaqvQw
>>63
俺のイメージだとアークは180に少し届かないくらいの身長
まあほとんど同意だな
小さいレラ萌え

68 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:54:31 ID:C77BF+P8
そういや七夕ネタなかったね

リトゥ「スゴく大きな竹だね」
マリ「父さんとアヤおばさん達が買ってきたんだ。すごいはしゃぎようだったぞ」
リトゥ「もう飾り付けまでしてある。なにを願ったのかなぁ〜」
ピラッ
リュウセイ『ロボットになりたい。ヴァルシオーネハァハァ』
アヤ『いい男!  いい男! 三十までに!』
ライ「義姉さんと○○○○するんだー!」
マリ、リトゥ「・・・・・・」


リトゥ『立派な大人になりたい』
マリ『一人で生きていける強さが欲しい』

69 :それも名無しだ:2006/07/08(土) 23:58:37 ID:QIsfUi+t
>>68
細かいのとかはあったんだけどな。

70 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 00:03:43 ID:cchRNNlI
>>69
あれ、54より前にあった?
読み直してみるゴメン

71 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 00:17:38 ID:51qz3myh
>>68
アヤは三十はとっくに越えていて、そろそろ○十代になっているような気が……

72 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 00:42:54 ID:zE2bxSy9
アヤってαの時に18だっけか?
そりゃ…18+17+nだから…

スマキでs…

73 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 01:17:51 ID:CAlEQfU7
まあエクセレンは40いってるs(オクスタンランチャー

74 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 02:13:25 ID:MyrH48ot
>>72
α時点で21
どちらにしt(ストライクシールド

75 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 02:46:42 ID:O338XXlQ
>>71
そう悲観的に考えるな
きっとこのネタはマリ&リトゥが5歳くらいのときの話なんだよ
そうすれば、ギリギリアヤが29歳のときの話になるかもしれない
どっちにしても儚い願いであることには違いないが

76 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 06:26:09 ID:zE2bxSy9
忘れてる人が多数みたいだから言うけど
アヤとライの間にも子供がいるんだよ

流しのバイオリニストという何処からそんな能力を引き継いだかわかんない息子さんが



77 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 06:36:17 ID:zE2bxSy9
クリハ「今年はキワドイ水着で勝負!!」
アイミ「白のビキニ…?」
クリハ「そう、真っ白な素肌に真っ白な水着、完璧よ!!」
アイミ「どれどれ…これは…」
クリハ「何か問題でも?」
アイミ「この素材…濡れると透けるよ?」
クリハ「心配無用です」
アイミ「透けても平気なの?」
クリハ「そうです、だって生えてませんもの」
アイミ「ね、アンタ今度X-FLAT着てみる?」

78 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 08:36:43 ID:iJkyWKaq
>>76
分かっちゃいると思うが残念ながら黒歴史だ

良いじゃないか、このスレでもネタ化して行けば

79 :それも名無しだ :2006/07/09(日) 09:15:27 ID:s6J93IYP
リュウセイはラトゥーニが本妻でマイが愛人?
リュウ「・・・なんなら、隊長も俺が面倒見ましょうか?」

80 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 09:18:56 ID:yLd0Kmxr
>>79
よせリュウセイ、ワカメに殺られるぞw

81 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 09:26:32 ID:iJkyWKaq
愛人というか側室だな

82 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 09:30:05 ID:z2c45AgD
リュウセイ「隊長、主婦になっても俺のとこに食べに来るんスね…」
ヴィレッタ「今晩はギリアムは帰りが遅いし、ヴィレアムはバルマー寮の友達とご飯食べに行ったのよね(モグモグ)」
背後霊「こうやってリュウセイのメシを食うのも久しぶりだなw」
久保「食べるのは俺だがな(モグモグ)」


マリ「というわけで昨日の夜、ヴィレアムのおじさんが家に来ておばさんと昆布とワカメの人を引っ張って連れて帰っていった」
ヴィレアム「Σ(゚∀゚)」




83 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 09:34:28 ID:n1g8Fegr
個人的なイメージでは、フラストレーションが溜まりに溜まったラトマイがリュウを襲ってできちゃtt(ry

84 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 11:20:17 ID:ElRfLSHp
トウキ「あちぃ〜、神よ!女子はプールなのに、何故男子は陸上なのですか!?」
アルベロ「そこっ!無駄口叩かずきりきり走…ぐふぁっ!」
ルアフ「皆、アルベロ先生は名誉の戦死を遂げられた、この授業は僕が引き継ごう!」
アーク「戦死ってあんたが…」
ルアフ「今日の授業はスパイ活動…女子のプールに忍び込むぞ!」
アーク「いよっしゃぁぁああ!!」
トウキ・ミナト「やぁあってやるぜぇ!!」
ヴィレアム「落ち着けお前達!」
キャクトラ「そんな不純な事させるわけに…」
ルアフ「キミタチ、ちょっとおいで」
ヴィレ・キャク「ハイ?」
ルアフ「ハイ、僕の秘蔵コレクション」
ブバッ!
トウキ「おうっ!?二人が鼻血吹いて倒れた!流石ルアフ先生の秘蔵コレクション!」
ルアフ「邪魔者はいなくなった!いくよ!」

ハザリア「下らん!女の水着を見に行くなんて実に下らん!」
カル「その割にはノリノリじゃないですか!」
ミナト「お前だってそうだろ、このムッツリスケベw」
カル「僕は貴様みたいなやらしい奴からアイミさんを護るためにだな…」
ルアフ「口喧嘩ヤメ!見たまえ!あの柵を!あれの向こう側には我が青春理想郷が!」

85 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 11:22:25 ID:ElRfLSHp
アーク「行こうぜ!∞大の彼方まで!!」
ルアフ「全軍突撃!オールハンデッドガンパレード!全軍突撃!!」
???「馬鹿…男達…」
???「Engage…」
ハザリア「ぬぅ!あれはレラ&ルサイケ!しかも水着きてねぇし!」
ルサイケ「今日…二人とも見学…」
レラ「スケベ男…誰一人…通すなとの…命令…」
シュウヤ「三つの下僕とビットとを同時に相手をするのは得策ではありません!」
ルアフ「皆!一回引くよ!」


アーク「せんせぇ!俺悔しいよぉ!」
トウキ「もうちょっとだったのにぃ!」
ルアフ「落ち着け!ほらあれを見たまえ」
カル「あの二人がエライぐったりしてザナヴに背負われてる!?保健室へ直行か!」
ルアフ「この炎天下の中病弱な二人の体力がもつ訳が無い…僕の読み通りだ!」
シュウヤ「流石ルアフ先生!具合の悪い生徒の事を全く考え無い見事な駄目教師振りです!」
ルアフ「照れるから誉めないでくれたまえ、今度こそ成功させるぞ!」

トウキ「最期の防壁を越え…俺達の目の前にはワンダーパラダイ…って誰もいねぇ!」
ルアフ「防衛線を抜くのに手間取り過ぎたか!?」
パシャパシャ
アーク「希望を捨てるな!まだ一人誰かがいる!」

86 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 11:24:12 ID:ElRfLSHp
カル「嫌ァ〜!アイミさんだったら破廉恥な僕を許して〜!」
ハザリア「お、俺は貴様の水着なんか興味無いんだぞ!このとっちゃんボーヤが…」
アクア「きゃー!何考えてんのよスケベ!」






アクア「………何この重い空気?」
カル「僕のトキメキを返せ…」
ハザリア「つまらん!実につまらん!!」
アクア「ほら、ハイレグビキニよハイレグビキニ」
ミナト「なんつーか」
トウキ「無理しないで」
アーク「…この世に神はいないのか…」
シュウヤ「この面子を一気に萎えさせるとは…恐ろしい人ですね」
ルアフ「ゴメンよ皆、気を取り直して先生の秘蔵コレクション鑑賞会をしようじゃないか!」
一同『おぉーっ!!』
ルアフ「じゃ、教室へダッシュだ!」
アクア「私 女としての魅力にはちょっと自信あったのにな…orz」

87 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 11:30:56 ID:WVj0J4hu
ア、アクア先生ーーーーーー

88 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 12:38:33 ID:yLd0Kmxr
ラミア「夏はもう間近だな」
アクア「ギクリ」
ラミア「時は来た」
アクア「・・・・・・・・」
ラミア「レッツ・ダイエットでございますですわ!友よ、今が駆け抜けるとき!」
アクア「ラミア先生の体力に付き合うのは一般人には無理
ラミア「勘違いするな、私は別にシェイプアップの必要はない。さあ走れ牛馬の如く!」
アクア「いやぁぁぁぁ・・・・」

89 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 14:20:19 ID:I/LjI7vb
この世界のMX教師陣って何才くらいの設定だったっけ……?

30くらいだったら……



アクア先生は頂いて(無限光

90 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 14:28:36 ID:OzafU6/O
>>89
アクア先生はまだ20代後半だって信じてる!
ついでにその肢体にダイエットの必要なんて無いって信じてる!

91 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 14:44:58 ID:SKxfC6Hw
>>89
残念40前です

92 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 15:20:02 ID:+4F5Rd9N
まぁ世の中には某お銀さんの中の人みたいに
50くらいでも20代のまま体型変わらない妖かiいやゲフンゲフン
何時までも若いまんまの人が居るわけで…

93 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 15:49:14 ID:IfYPtjz+
つまり荒木大先生のことですな!

そういえば親世代が老けてる姿を想像出来ませんの

94 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 15:52:40 ID:MfjSgIni
アクア先生の寿命は200年くらいで、成人してからは肉体はほとんど老いることがありません。
理由>だって髪の毛青いんだもん。


ゼラド「そういえばお母さんも昔から見た目が全然・・・」

ヴィレアム「ウチの母さんも・・・」

久保「・・・アラドの髪も青系と言えば青系だな・・・」

クリハ「じゃあウチのお母さんがいつまでもピッチピチなのも!?」

全員「いや、それは汁の影響だから」

95 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 16:08:36 ID:IfYPtjz+
>>94
アクア先生アーヴですかwww

アクア「アクアと呼ぶがよい!・・・なんちゃってなんちゃって!・・・はっ!」
ルアフ「|∀・)ジー」
ラミア「|∀・)ニヤニヤ」
ヒューゴ「アクア・・・」
アクア「い、いやああぁぁぁ・・・」

96 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 16:37:17 ID:zE2bxSy9
勝手にMX後5年とか思ってたりするw

97 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 16:48:42 ID:zE2bxSy9
ゼオラ「っ!!」
ゼラド(5才)「おかあさん何してるの?」
ゼオラ「夏が近いからちょっとお手入れ」
ゼラド「おていれ?」
ゼオラ「脇の下に毛が生えてるでしょ?」
ゼラド「うん…でも、ゼラドには生えてないよ?」
ゼオラ「そうね、大きくなったら生えてくるのよ」
ゼラド「ふーん…」
ゼオラ「で、半袖とか着た時に毛が生えてたら恥ずかしいから抜いてるの」
ゼラド「痛い?」
ゼオラ「ちょっとね」
アラド「ただいまー」
ゼオラ「あら?速かったのね」
アラド「まぁな…これやるよ」
ゼオラ「なんだろ?…ソ〇エ?」
アラド「壊れたって言ってたろ?昼飯我慢して買ったんだ」
ゼオラ「大変、すぐ夕飯の準備するから」
アラド「たのむわw」
ゼラド「きれいなおねえさんはすきですか…?」
アラド「そうそう、それそれ、じゃ、俺たちはあっちに行っとくか」
ゼラド「うん、ジュデキュアごっこしようね」
アラド「おうっ」

98 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 17:13:51 ID:YUtujiOX
誰か過去にあった絵師の絵をうpしてくださいorz
間違えてファイルけしてもたorz

99 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 18:26:42 ID:oKrvNABA
ヒューゴ「みんなわかってないな。アクアには皮下脂肪なんてこれっぽっちも付いてないぞ」
アクア「ヒューゴ・・・」
ヒューゴ「アクアに付いてるのは内臓脂肪だ!」
アクア「命に関わる脂肪!?」

100 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 18:33:12 ID:RAWPIdOs
イングラム「ブツブツブツブツ……」
ゼラド「ねえ、背後霊さんは今朝から何してるの?ただのR−GUNの前に座って」
クォブレー「さあ? まあ、パワードでもないトロニウムが積んであるのだけが取り柄の普通のR−GUNだし害はないだろう…」
R−GUNは進化してR−GUNリヴァーレになった。
イングラム「イヤッタァァァァァァァァァァァァァァァァァァッ!」
クォブレー「スマン。訂正しておく。なにやらもの凄い害があるようだ。で、背後霊、それはなんだ?」
イングラム「R−GUNリヴァーレだ! OGでの俺の愛機だったんだぞ」
ディストラ「私の兵器形態が可愛く見える悪趣味な機体ですね、元ご主人様。何かグリコみたいなポーズしてるし」
イングラム「グリコって言うな! いいか、俺は考えた。背後霊の姿じゃろくに活躍もできん。あまつさえ、1日の大半をディスレブで過ごす毎日だ」
クォブレー「だったら、態度を改めろ」
イングラム「ウルサイ。でだ、俺は考えた。俺の作った人型兵器は総じて擬人化する! ならばこれを擬人化させてそれに乗り移れば」
ゼラド「背後霊さん復活って事になるね」
イングラム「その通りだ! ハハハッ、これで俺も返り咲きだ」
ディストラ「でも、この機体には魂がありませんよ」
イングラム「ハイ?」
ディストラ「シンキャラキセイの力で魂が入らずに外見だけ出来たみたいです」
イングラム「スルトドウナルノデスカ?」
ディストラ「擬人化しません。ついでに言うと、魂がないと乗り移っても機体を動かせません」
イングラム「ナ、ナンダッテー!」
クォブレー「魂のある機体は、インターフェースが魂と繋がっているが、そうでない機体はアナログ入力で動くからな。手がないと動かない」
イングラム「ネオガンダムみたいにパイロットのサイコミュを繋げば!」
ディストラ「その作品はスパロボに出ていません」
クォブレー「ついでに、(お前には)体もない。どうやって脳と機体を繋ぐんだ?」
イングラム「ちっ……ちくょおおおおおおおおおおおおおおお! お前等鬼だよ悪魔だよ!」

ゼラド「背後霊さん!」
イングラム「……! ああゼラド、お前だけは優しい言葉を…」
ゼラド「あの派手なの邪魔だから片づけて下さい」
イングラム「ウワアアアアアアアアアアン(泣」

入院してて浦島状態で帰ってきたらOGSとか発表されてたから調子に乗って書しまった。
なんか、えらい長文になってしまいましたよ。あと、リヴァーレのことをみんな少しは思い出してあげてください。

101 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 18:50:58 ID:NhF53jOg
だってダサいし

102 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 19:00:25 ID:1phCaPFY
>>100
>入院してて浦島状態で帰ってきたらOGSとか発表されてたから
ちょっと待て、それは浦島すぎだw
なんにせよ退院オメ

103 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 19:05:58 ID:SKxfC6Hw
>>100
淫グラム「よしこうなったらAIを載せてやる」

淫グラム「これでよし!R-GUNリヴァーレいや、リヴァレー君!俺の友よ!」
リヴァレー「リヴァレー友ではありません、ロボットだから」
淫グラム「あのな・・・、まぁいいや。お前は俺の唯一の話相手だよ」
リヴァレー「リヴァレー話相手になれません、ロボットだから」
淫グラム「くっ!お前まで俺を愚弄するのか・・・」
リヴァレー「愚弄などしてません、ロボットだから」
淫グラム「っ!?何なんだお前は!!」
リヴァレー「R-GUNリヴァーレです」
淫グラム「いやそうじゃなくてだな!まったく・・・どういう奴なんだ」
リヴァレー「R-GUNリヴァーレです」
淫グラム「だからそうじゃないと言ってるだろ!」
リヴァレー「ではどういう事なのですか?」
淫グラム「・・・、わかったもう喋るな・・・」
リヴァレー「ラーサー」
淫グラム「・・・」
リヴァレー「・・・」
淫グラム「なぁ何か喋ってくれないか」
リヴァレー「ラーサー、アメンボ赤いなあいうえお」
淫グラム「俺は・・・外の世界では孤独だ」

その後クォヴレーの体を借りてR-GUNリヴァーレを解体処分したそうな

104 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:00:59 ID:yLd0Kmxr
>>98
手持ちの子供スレの絵、数えてみたら130個くらいあるな・・・
これほどまで絵師に恵まれたスレがあろうか?いやない

105 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:03:54 ID:lEUosvYd
>>103
むろんリヴァレー君は電子レンジ機能を完備してるんだろうな

106 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:04:51 ID:OY7xVnO/
携帯からでスマン
リヴァーレって初陣でキレたキョウスケに……(ry

107 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:06:16 ID:3XEfyJyn
>>106
気にしない。

ここ(つうかこういったスレ)はifスレですよ。

108 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:22:31 ID:yLd0Kmxr
>>104
手持ちの絵、勝手にうPしちゃって良いんだろうか?絵師様、見てたら返事して!

109 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:36:36 ID:zE2bxSy9
つ「まとめサイト」
っても無いのが多いけど

110 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:40:12 ID:SKxfC6Hw
>>105
もちろん!もちろんだとも!電子レンジ機能はデフォルトだ!

111 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 20:41:50 ID:zx3DwdJ3
レンジも股間にあるんだろうな

112 :5:2006/07/09(日) 20:47:13 ID:MfjSgIni
>>108
私は一向に構わん!!!

まあ、僕来たの最近だから消えてるモノはないと思いますが。
一回投下したらもうスレのモノだと思ってるんで
今後も好きにして貰って構いませんよ。


でも鼻に画鋲とか鼻毛描き足しだけは勘弁。

113 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 21:15:00 ID:z2c45AgD
>でも鼻に画鋲とか鼻毛描き足しだけは勘弁。

同意。しかし昔の絵は今見るとorzハズカシイヨ



114 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 22:32:14 ID:zE2bxSy9
スレができて半年の間にぐんぐん上達してるあの人かな?

115 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 22:49:41 ID:yLd0Kmxr
>>112
upさせてもらいますた
ttp://woolup.ddo.jp/uploader30/downloadkey.html?no=MTExMDQ=

116 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 22:55:09 ID:PUfFoXbz
AIといえば平行世界で少年との触れ合いで進化した例がありましてね

アオラとの触れ合いで蝶AIが進化するR-GUN、そしてグリコローダーと大合体してリヴァーレ化

バニハートゥーハージューデッカー♪

117 :98:2006/07/09(日) 23:09:39 ID:YUtujiOX
>>115
ありがとう!今落としてるよ、てか本当にありがとう

118 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 23:11:56 ID:ElRfLSHp
AIと言えばシヴイおじさんとのふれあいで戦士の心に目覚めた事がありましてね…


ヒューゴ「ないがしろにされてるからって、恥ずかしい過去暴露しないで下さいよ」
アルベロ「恥ずかしくない!栄光の歴史だ!…グスン」

119 :それも名無しだ:2006/07/09(日) 23:21:57 ID:PDv7vb8j
アオラ「GUN! 全力メタルジェノサイダーだ!!」

R-GUN「マ"ッ!!」

120 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 02:16:45 ID:gxozal+V
>>103
淫グラム「おーれはー、なーみーだを流さないー、ダダッダー♪ロボットだからー、マーシーンだーからー、ダダッダー♪」
リヴァレー「なんですか、それ」
淫グラム「リヴァレー君の歌」
リヴァレー「意味がわかりません、ロボットだから」
淫グラム「……ダダッダー♪」

121 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 02:26:45 ID:sCcgIv3u
>>99
内臓脂肪は皮下脂肪と違ってすぐ燃焼できるんだぞ!いざ有酸素運動!

ゼフィア「ランニングこそ最強のダイエット方法です。今が駆け抜けるとき!」
スレイチェル「筋トレもして基礎代謝を活発にすれば太りにくくなります!筋トレは有酸素運動の前にしましょう!」
シュウヤ「ククク・・・・一回30分のランニングを週3回は行いましょう。アイシングをして筋肉疲労回復も忘れてはいけませんよ」
アクア「み、みんな・・・人間が出来てる子達だわ」(涙)



122 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 15:06:40 ID:3uE08iOP
>>116
そう言えば元祖ショタコンパトカーと先代タイムダイバーって中の人同じなんだっけ?

123 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 15:14:02 ID:P/TsGFo9
咲美「そういやさ、レラのお父さんてどんな人?」
レラ「お父さ…スパロボ史上…最も…富野な…男と…呼ばれて…」
咲美(富野って事は禿?まさか欝と繰の差が凄く激しくて、しかも短期間に何度も繰り返すとか? いきなりモンキーダンスかましたりするんだろうなぁ)
咲美「お、お母さんは?」
レラ「スパロボ史上…最も…ボトムズな女…呼ばれ…」
咲美(ボトムズって事は最低野郎?
 ♪さ〜だ〜めとあ〜らば こ〜ころ〜をき〜める〜♪のアレ?
 子供を車に置き去りにしてパチンコしたり、浮気しまくりとか?いや待てよ…)
レラ「咲美…物凄く…失礼…考えてる…」
咲美「そ、そんな事無いわよ!両親が高橋良輔と富野由悠喜だったら、演出論で毎日血の雨が…」
レラ「本気…殴るよ…」

124 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 16:42:25 ID:rEtH7/WG
クリハ「おまたせー」
トウキ「おっ、なんか夏らしいな」
クリハ「でしょー?レイナとアイミに見立ててもらったんだ」
トウキ「へぇ〜おまえ…けっこういい足してるんだな」
クリハ「や、やだ、どこ見てるのよ」
トウキ「はははっ」
クリハ「ヘソ出しもレイナに言われたけど…さすがに…」
トウキ「そうか?かわいいと思うけど?」
クリハ「うーん…」
トウキ「ま、次に期待かな?」
クリハ「もうっ」
トウキ「じゃ、行くか、バイト代も入ってるから今日はちょっと派手に行けそうだ」
クリハ「期待してるよ」
トウキ「まかせとけって」

125 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 19:18:10 ID:UJhoeKz/
>>122
淫グラム「ホールドアップ! エアロゲイター・イングラムだ!」
アオラ(赤ん坊)「ぶれぇいあっう、わぁめ!!」

ディストラ「仲がいいわね」
クォブレー「楽しそうだな、背後霊」

126 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 19:34:43 ID:sCcgIv3u
>>125
楽しいお兄さん(おじさん)なイングラムとちびアオラ良いw

127 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 20:03:14 ID:gvWr/iv6
ユーゼス「ふふふ・・・」
クォヴレー「楽しそうだな」
ユーゼス「この赤いクリップをホンダのゼストにするのも私だ」
淫グラム「できるわけないだろうwww」
ユーゼス「やってみなければわからないのも私だ、現にマクドナルド氏はこのクリップを家にしたそうだ」
クォヴレー「そうか、アストラナガンしばらくの間ユーゼスをサポートしてやれ」
ディストラ「はぁ〜い」

アラド「本当か!?」
クォヴレー「あぁ、いつも世話になってるから中古だが、ユーゼスが車をプレゼントしたいそうだ」
ゼオラ「へぇ、なかなか気前がいいのね」
クォヴレー「ただ物々交換だから時間がかかるそうだが」
ゼラド「じゃあ車がきたらあたしお兄ちゃんとドライブ行きたい!!」
クォヴレー「あぁそうだな」
アオラ「俺は免許取ったらディストラ姉ちゃんとドライブに行く!」
ディストラ「いいですね、ガンスレちゃん達も一緒にお願いしますね」
アオラ「もちろん!」

ユーゼス「己、人形の分際でちょこざいな!!」
淫グラム「まぁ車を手に入れたら即ディスレヴ行きだ諦めろ」

128 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 20:21:39 ID:sCcgIv3u
ユーゼス「奥さん、エアコンとビデオデッキの修理が完了したのも私だ」
ゼオラ「ありがとうユーゼスさん、お茶でも飲んでゆっくりしてて下さい」
アラド「ユーゼスさん凄いよなぁ、家電くらいならあっという間に直しちゃうもんな」
ゼオラ「直すというか高性能に改造までしてくれるし」
ユーゼス「たいしたことはないのも私だ」

ディストラ「すっかり重宝されてますねえ」
クォヴレー「仮にも一応天才科学者らしいからな」

イングラム「キテレツかお前は」
ユーゼス「私がキテレツならお前はコロ助ではないかと思うのも私だ」
イングラム「じゃあ久保はミニドラか」
クォヴレー「訳の分からん会話をやめろ」

129 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 20:27:27 ID:0JyiQgH/
どうでもいいが、
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1133367653/361
のルアフはこのスレのルアフと同一人物だろうなw

130 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 20:55:09 ID:xFyOcP6y
>>128
アラド「おおっ、台所がシステムキッチンに!誰がやってくれたんだっ!」
ユーゼス「それは私だ」
ゼオラ「もしかして洗濯物を取り込んでくれたのも・・・」
ユーゼス「それも私だ」
ディス「庭の草むしりをしてくれたのも」
ユーゼス「それも(ry」
アオラ「エアコンを直してくれたのも」
ユーゼス「それ(ry」
ゼラド「忘れてたお弁当箱を届けてくれたのも」
ユーゼス「なにもかも私だ」
イングラム「ジャア、いまこの家で一番の役立たずは・・・」
ユーゼス「それはおまえだwww」

131 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 22:04:42 ID:Qffu7rDB
>>121
「今が駆け抜けるとき」はゼフィアじゃなくてスレイチェルの台詞だと思うのも私だ

132 :それも名無しだ:2006/07/10(月) 23:04:16 ID:oyTEoRxK
>>122
ユ「警視総監それも私だ」
調べたら他にライ、アーチボルト、キョウスケ、グレース、桜花が出演していたよ

133 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 12:17:59 ID:usja8kcO
ゼゼーナン「お、お前が噂のタイムダイバー!?」
青久保「そう!その通り!!」

134 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 18:12:51 ID:ffhL0QzL
ルナ「・・・」
ゼラド「ルナちゃん、アルをじっと見つめて何考えてるの?」
アル「にゃ?」
ルナ「アルはかつて父様に拒否される事無く一緒に風呂に入っていた。」
ゼラド「そういえば・・・」
ルナ「そこで考えた。我々が父様に拒否される事無く一緒に風呂に入るにはどうしたら良いのかを。」
ディストラ「その話私にも一枚噛ませていただこう!」
ゼラド「お姉ちゃん!!?・・・と、それは置いといてその方法って?」
ルナ「うむ。私はアルが猫だから父様に拒否されなかったとにらんでおる。
   つまり我々が猫になれば全ては解決する!!!」
ゼラド「でもどうやって?」
ルナ「問題無いマリからコレを借りて来た。」
ディストラ「コレは猫耳カチューシャ他猫コスセット」(第一世代がCDジャケ?で着てたアレ)
ルナ「そう。コレを着ければ父様も快く一緒に風呂に入ってくれるはず!!」
ゼラド&ディストラ「「ソレダ!!」」
〜こうして三人は意気揚々とバランガ家の風呂を目指した。当の久保はこれから起こる災厄を知る由も無かった〜


久保「何をブツブツ言っている?」
背後霊「いやなんとなくだが何でも無い。」




俺の妄想力じゃコレが限界だ・・・あとは頼んだぜ・・・・・・ぐふっ!?



135 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 18:43:36 ID:usja8kcO
>>134
目的の為には手段を選ぶな。君主論の基礎らしいがそんなことは(無限光

136 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 21:39:24 ID:DGUkECVp
ヴィレアム「ヴィレアムです。突然ですがこんな噂を聞きました、強くはないが母さんに念の力があると言う噂を・・・
という事はその血を受け継ぐ俺にも微弱ながら念の力があるという事なのです
しかも、俺には予知能力があり、念の力を使いこなせば因果律の操作が・・・と考えていた時です」
???「少年、君には念の力がある。その力と予知能力で、あるシステムの開発に協力してほしいのも私だ」
ヴィレアム「というお誘いを受けたんです、しかし」
???「いい加減にしろ、やれ」
???「はいは〜い」
???「何度邪魔されようとCPSを完成させたいのも私だぁぁぁぁぁ!!」
???「少年、君のその力正しい事のためだけに使え、でなければ・・・」

ヴィレアム「背筋が凍りました、あの一瞬見てはならないものを見てしまいました。
この世のモノではありませんでした、あの中にはツンデレで造作も無いそれも私だな人が俺を見つけるやいなや、こっちにこいととても言葉で言い表わせない恐ろしい形相で・・・手招きをしていたのです。
なので俺は悪用だけはするまいと心に誓いながら、あの光景を思い出し、今も鼻血を垂らしているのです」

137 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 22:29:05 ID:9n0UebbD
>今も鼻血を垂らしているのです

ちょwwww使ってるwwwww
よく考えたらヴィレアムはいろんな人に追いかけられてもおかしくないんだよな…

138 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 22:36:02 ID:riMy7fkG
>>138
いや、胸部解放した時のディストラの乳を思い出してるだけだr(無限光

139 :138:2006/07/11(火) 22:39:46 ID:riMy7fkG
アンカーミスった…>>137だよ…

140 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:12:49 ID:phOMRhcv
野菜「シャギャー・・・」
ガンスレ's「「「「「「今日も豊作〜♪」」」」」」
アオラ「みんなおつかれ〜。麦茶用意したから一休みしよ〜」

ゼオラ「あの野菜もすっかり馴染んじゃったわね〜」
アラド「あんなのでも食ってみれば美味いしな」
背後霊「しかし何事もそこで満足していたら成長は無い!」
久保「何だ背後霊、また新しい悪さを思いついたのか?」
ディス「(キュピーン)」(目を光らせて振り向く)
背後霊「ちょw 話くらい聞けw
素敵な怪野菜の栽培も軌道に乗ったことだし、新しい作物を育てることを提案するだけだ」
久保「ふむ、作物の種類が増えればそれだけ料理も多彩になるな」
ゼラド「う〜ん何がいいかな♪ 今度は野菜じゃなくて果物とかも良いかな♪」
背後霊「そこで、この前行った並行世界で見つけた珍しいものの出番だ」
ゼオラ「並行世界の作物? 食べられるの?」
背後霊「食べられることは(久保の体を借りて)実証済みだ」
久保「またお前は許可も取らずに人の体を・・・」
ゼラド「それでそれで、どんな食べ物なの?」
背後霊「うむ、穴の開いたホウレン草、透明なキャベツ、音が鳴るスイカなどがあるな。
色々な種を持ってきたから試してみると良い」

突然思い出した
懐かしくて書いてみたがオチとかなくてゴメン

141 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:20:45 ID:D5sRPRft
元ネタがわかんねぇー
なつかしい+野菜って聞いたらスプーンおばさんしか・・・・

142 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:28:11 ID:8guqYze1
>>141
懐かしいにもほどがあるwww
俺のお袋と同世代くらいの人かな?
…ここの年齢層広いなぁ。

143 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:32:21 ID:D5sRPRft
>>142
ごめ、スレと関係ないけど、ちょまっ、お母さんどんな若いんだ
俺22なんですけど

144 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:42:46 ID:XZE8E6eG
>>140>>142のママン

スパロボオリの第二世代だけで無く、住民も第二世代突入

145 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:46:54 ID:KTMZAIuZ
完全剛体とか破滅的風味とかだったら流石のバランガ家も食えないか?むしろバルマー向きかも

元ネタが分からない人は90年代家ゲー板へダッシュだ!



146 :それも名無しだ:2006/07/11(火) 23:53:17 ID:KTMZAIuZ
忘れてた
>>140に向けてのレスね

147 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 00:20:46 ID:PbVbacnT

             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリ*゚ヮ゚ノ ⌒⌒   <. そろそろ収穫かいしー…
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                              \_____


             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリゝ゚ー゚リ ⌒⌒   <. バランガファミリーの晩餐の為に!
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |   
                              \_____


             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリ ゚ -゚ノ ⌒⌒   <. 敵勢力…触手、攻撃性を確認……
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |   
                              \_____


             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリ! ^ヮ゚リ ⌒⌒   <. アオラ様ーっ、見ててくださいねーっ♪
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |   
                              \_____


             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリ;´(フノ ⌒⌒   <. キャーキャー!変な溶解液が飛んできたーっ
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |   
                              \_____


             ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.          (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.           ⌒⌒''ヾリ。゚Д゚リ ⌒⌒   <. ふぁっきゅー、とっとと喰われちまえ夏野菜共!
           〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                              \_____



148 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 00:29:46 ID:QGSOADux
アクア先生がー!アクア先生がー!
ヤヴェエ色っぺぇ〜 byお絵かき掲示板
絵師さんGJ!!!

149 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 01:36:10 ID:GtEdvzuk
「並行世界の野菜を交配させる機械を作るなど造作もありません」
「野菜コンクールで優勝したのも私だ」
「ふん、栽培したければ勝手にしろ
 だが、我が名を冠したマツタケをくれるのならアドバイスをしてやらんこともない」

150 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 03:29:48 ID:QQJQ/M89
野菜「シャァーーー」
キョウスケ「あれは・・・もしや・・・」
エクセレン「アインスト・・・・」

151 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 06:20:59 ID:L6bIdttQ
>>128
アラド「げっ」
ゼオラ「どうしたの、アラド?」
アラド「ゼオラ、これ見てくれ」
つ電気代
ゼオラ「今回そんなに使って無いけど……」
ユーゼス「私だ」
アラド「電気代が高くなったのも………?」
ユーゼス「私の直した電化製品だ」
ゼオラ「元に戻しなさい、(ネリチャギ)」
ユーゼス「グフォ」


勢いで書いた、反省はしていない

152 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 08:40:22 ID:n5SDoDiq
>>134
ttp://images-jp.amazon.com/images/P/B000CFWPZQ.09.LZZZZZZZ.jpg
三人の猫コスってコレ?

153 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 13:21:49 ID:kPgVhzqk
一着足りないな……

ああ、K−X6さんのあやしい魔装機神ワールド(OG2四コマ:一迅社)か。

154 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 19:49:09 ID:3Bs7Fync
もう過ぎてしまったが七夕ネタを投下してもいいだろうか…………?

155 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 20:18:59 ID:mR6tV7ls
ん?PCから繋がらないぞ?

156 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 20:49:33 ID:Qi0fkOwh
大規模(ほぼ全滅状態)な鯖落ちがあった模様。

157 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 21:20:14 ID:2+omuFYp
>>154
カモン

158 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 21:35:23 ID:pMYqds9Z
ユ「A4コピー用紙が4176枚欲しいのも私だ」
久保「テレビばっかり見るんじゃない」
背後霊「ていうか誰が貼るんだよ、ウルトラマンのコピーを」

159 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:16:22 ID:3Bs7Fync
学園にて。

アイミ「今日は七夕だね」
ゼラド「織姫と彦星かぁ………憧れるよね。私もお兄ちゃんと………」
ルナ(父様…………)
クリハ(トウキ君…………)
キャクトラ(ゼラド…………)
ゼフィア「ならば、短柵を飾るか?」
ゼラド「竹はどうするんですか?」
ゼフィア「丁度あそこでイルスが振り回している」
イルス「アハハハハ〜〜〜〜☆」
一同(一体どこから…………?)
スレイチェル「短柵はここにあるぞ。ちなみに先生方の許可も取ってある」
クリハ「………じゃ、じゃあ願い事書こうか?」
カキカキ………

ラッシュ「あれ?何してるんですか?」
ゼフィア「今日は七夕なのでな。願い事を書いていたのだ」
ラッシュ「あ………そういえば今日って七夕か………」
ゼフィア「お前も書くか?」
ラッシュ「いえ、遠慮しときます。(織姫と彦星ね………)」

ラッシュ帰宅

ラッシュ「ただいま〜……って親父?なんで織姫と彦星の童話なんか読んでるんだ?」
助手「あぁ、おかえり。これは………ちょっと母さんの事を思い出していてね。ラキはこの童話が好きだったんだよ。でも、一年に一度でも、会えるというのは幸せなものだね………」
ラッシュ「………」


ごめんなさい続きます

160 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:36:03 ID:cvKJZtO0
うむ、GJな上に続くのは嬉しいが……

貴方キャクトラとヴィレアムを間違えてますからー!!

161 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:48:33 ID:3Bs7Fync
バランガ家にて


ピンポーン
ゼオラ「あら?誰かしら?」
ゼラド「私が出るよ」
ガチャ
ゼラド「は〜い………って、ラッシュ君?どうしたの?」
ラッシュ「あの………折り入って頼み事があるんです………」
ゼラド「?」


ラッシュ「……………というわけなんです」
クォヴレー「なるほど………ディス・レヴの応用でそのグラキエースさんと親父さんを会わせてやれないか、ということか」
ラッシュ「はい………どうにかなりませんか?」
クォヴレー「ふむ………特定個人の魂のサルベージは不可能に近いし、それを宿らせる肉体も無く、因果律の歪みも考えると………すまないが………」
ラッシュ「そうですか………」
ディストラ「御主人様………」
ゼラド「お兄ちゃん………」
背後霊「………!!……久保よ」
クォヴレー「どうした背後霊?」
背後霊「その問題を全て解決する方法を思い付いた」
クォヴレー「なんだと?」
ラッシュ「本当ですか!?」
クォヴレー「冗談を言っていい空気ではないぞ?」
背後霊「冗談ではない。まかせろ」



クォヴレー「…………この状況の説明をしてもらおうか?背後霊?」
ユーゼス「何故呼ばれたのか既に理解しているのも私だ」
マサキ「突然呼び出しおって………だが理由が理由なので協力してやらんこともない」
シュウ「ククク………グランゾンの力を持ってすれば、状況の理解など造作もありません」
ケイサル爺「何故我が………」
シヴァー「私も既に理解している」
背後霊「つまり、だ。魂のサルベージはまつろわぬ霊を総動員して爺にやってもらう。因果律の歪み関係は俺を含めた科学者陣で簡易CPSを作製してどうにかする。肉体は………そろそろ来るはずだが………」



まだ続くんですorz

162 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:52:52 ID:GYDxOYRZ
クリス「グシュグシュ・・・・ル〜、ア゙タバガイタ〜イ・・・」
シュウヤ「全く・・・暑いからと言って、素っ裸でエアコンなど点けて寝るからですよ」
クリス「ダッデ、ア゙ヅカッタンディスヨゥ・・・」
シュウヤ「はぁ・・・寝る時は服を着なさいと、いつも言っているでしょう?」
クリス「ャディス、ヂャバグザァイカラ」
シュウヤ「ふぅ・・・ならば、せめてエアコンを消しなさい」
クリス「ダッデダッデ・・・」
シュウヤ「全く・・・今、何か食べる物を作ってきますから、待っていなさい」
クリス「バァ〜イ・・・」

ぴんぽ〜ん♪

シュウヤ「? はい、今出ます」
ガチャリ
アーク「おい〜っす!」
咲美「こんにちは」
シュウヤ「おや、二人ともどうしたんです?」
咲美「クリスから夏風邪ひいたってメール貰ったから、お見舞いに来たのよ」
アーク「ほれ、お土産」
シュウヤ「ああ、これは・・・ありがとうございます。
     どうぞ、上がって下さい」

シュウヤ「クリス、二人がお見舞いに来てくれましたよ」
アーク「お〜う、生きてるか〜?」
咲美「大丈夫、クリス?」
クリス「ア゙、ザァギヴィ〜、ア゙ディガドゥ〜。
    ヂギヴィンバゴナグデヨカッタディスゲド」
アーク「おいおい、凄い声だな・・・あとジキミン言うな」
シュウヤ「済みませんが、少しクリスの相手をしていて貰えますか?
     私は食事を作ってきますから」
アーク「おう、良いぜ」
クリス「ワ-イ、グダボドゼッドゥダ〜。
    ザァギヴィ、ディンゴヴイデグダザァイ」
咲美「り、リンゴ? え、ええ、良いわよ・・・」
シュウヤ「ああ、いま包丁を持ってきますから、ちょっと待って下さい」

163 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:54:06 ID:GYDxOYRZ
アーク「・・・・なぁ、大丈夫なのかよ?」
咲美「うるさいわね、リンゴくらい剥けるわよ」
シャリ・・・・・シャリ・・・・
アーク「・・・・・・・・・・・だぁ〜、もう、見てらんねぇ!!
    咲美、貸せ!」
咲美「え? あ、ちょっと!」
シャリシャリシャリ・・・・サクサクサク・・・
アーク「ほれ、出来たぞ! クリス、あ〜んww」
クリス「エ〜・・・ヂギヴィンガヴイタドタベヅド〜・・・オイジグナザァゾル」
アーク「ぐぬぅ、こいつわ・・・・」
クリス「ザァギヴィガタベザァゼデグダザァイヨ」
咲美「ごめんね・・・そういうの下手で・・・はい、あ〜ん」
クリス「ア゙〜ン・・モグモグ・・・ルン、ヂギヴィンガヴイタゴドゥオ゙ザァジビィイデボ、オイジイディスヨ」
咲美「そう? 良かった」
アーク「・・・ちょっと非道過ぎませんか、クリスさん?」
クリス「ダッデ、ヂギヴィンダジ」
アーク「あのな・・・泣いちゃうぞ?」

シュウヤ「まったく、折角お見舞いに来てくれた人にそういう事を言うものではありませんよ、クリス」
クリス「ヴゥ・・・」
シュウヤ「はい、卵粥ですよ、熱いですから気を付けなさい」
クリス「ワ〜イ、ア゙ディガドゥ〜」
シュウヤ「二人ともお昼ご飯まだでしょう?
     折角ですから、食べていって下さい」
咲美「あ、悪いわよ・・・」
アーク「お、いいのか? じゃ、遠慮なく」
咲美「ちょっと、兄さん! ちょっと遠慮しなさいよ・・!」
アーク「いいじゃんか、なぁ?」
シュウヤ「ええ、構いませんよ」
咲美「もぅ・・・」

夏風邪ひいたら、こんな電波を受信した。
そろそろやばいんで、もう寝る・・・。

164 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 22:57:43 ID:/UaiuUla
>>162-163
今年の夏風邪はボロウィルスなのか。気を付けないといかんな
養生して体を直すんだぞ

165 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 23:18:01 ID:3Bs7Fync
('A`)ウボァー素で間違えました。すみませんが脳内変換して下さいorz



ピンポーン
クォヴレー「今度は誰だ?」
背後霊「来たか」
完璧親父「邪魔するぞ」
ラッシュ「お祖父さん!?………何か違うような?」
完璧親父@ペル「体を借りているのだ。本体を出す訳にもいかんのでな」
ラッシュ「なんでここに?」
完璧親父@ペル「可愛い息子と孫の事なら何でもわかる………と言いたい所だが、お前の家のメリオルエッセ二世に報告を受けたのだ」
クォヴレー「背後霊、まさか……」
背後霊「そうだ、肉体は完璧親父に再度生み出してもらう」
ケイサル爺「待て、我は協力するとは………」
背後霊「いいのか?孫娘にこの事を言ったらどうなるか………」
ケイサル爺「ぬぐ………」
背後霊「更にだ。久保よ」
クォヴレー「アストラナガン……」
ディストラ「はいは〜い♪」
ケイサル爺「わかった!協力する!!」
背後霊「それでいい。さて………仕上げだ。出でよ!アストラナガン!!」
ズズズズ………
アストラ「………こちらも事情はわかっている」
背後霊「ディストラは肉体への魂の定着をしなければならないのでな。簡易CPSの稼動はこっちでやる」
アストラ「妹よ………こちらは任せるがいい………」
ユーゼス「早速作業を開始するのも私だ」
マサキ「まったく霊使いの荒い………だが嫌な気はしないので徹夜してやらんこともない」
シュウ「ククク………グランゾンの力を持ってすれば期待を裏切らない事など造作もありません」
シヴァー「任せるがいい。何も心配はいらん」
背後霊「さて、俺も取り掛かるか」
クォヴレー「……………」
背後霊「どうした?」
クォヴレー「いや………お前がまともな事を言っているのが信じられんだけだ………明日はネビーイームでも降るのか………?」
背後霊「…………」




もう少し続きます。

166 :それも名無しだ:2006/07/12(水) 23:44:41 ID:3Bs7Fync
翌日

ラッシュ「親父ー!こっちこっち!!」
助手「どうしたんだ?急に出かけたいなんて………!?こ、この設備は!?」
ラッシュ「まぁ、見てなって!クォヴレーさん?」
クォヴレー「準備は出来ている………やるぞ、イングラム」
イングラム「あぁ。爺!サルベージは?」
ケイサル爺「既に引き上げてディス・レヴ内にいるぞ」
イングラム「ご苦労!ペルフェクティオ?」
完璧親父@ペル「肉体は生成してある」
助手「親父!?いや、ペルフェクティオ!?何で!?」
完璧親父@ペル「詳しい事は貴様の息子から聞け。そして礼を言っておくのだ」
イングラム「よし。クォヴレー!」
クォヴレー「アストラナガン!ディス・レヴ………オーバードライブ!!」
ディストラ「定着開始!」
イングラム「こっちもだアストラナガン!簡易タイプなので連続使用は出来ん!しくじるなよ………!インフィニティ・シリンダー、始動!簡易CPS稼動開始!!」
アストラナガン「了解………!」
ユーゼス「出来るだけの事をしたと思うのも私だ!」
マサキ「失敗などさせん!」
シュウ「ククク………グランゾンの力を持ってすれば、ミスなど有り得ません!」
シヴァー「テトラグラマトン………!」





クォヴレー「…………どうだ?」
グラキエース(…………)
イングラム「失敗…………なのか?馬鹿な………」




次で終わりです。長々とすみませんorz
しかも設定色々無視してます………
(´・ω・`;)

167 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:04:10 ID:NNtvL1pj
ラッシュ「そんな………」
助手「…………ラッシュ、ありがとな。その気持ちだけでも俺は………」
グラキエース(むくり)
久保「Σ(゚д゚;)」
背後霊「Σ゚゚(д;)」
ラッシュ「それじゃ駄目なんだ!親父、あんな寂しそうにしてたじゃないか!?なのになんでそんな簡単に………」
グラキエース「何で私はここに………?それにラッシュ………?何でお父さんとケンカなんk」
助手「だから!俺はお前のその気持ちだけでも充分嬉しいんだよ!それに、お母さんは………」
グラキエース「ジョシュア?私がどうしたんd」
ラッシュ「そうじゃないだろ親父!?大体親父は………」
助手「そういう問題じゃないだろう?それに……」
グラキエース「(すぅっ……)ジョシュア!ラッシュ!!」
助手「Σ゚゚(д;)ラ、ラキ!?」
ラッシュ「Σ゚゚(д;)か、母さん!?」
グラキエース「無視するんじゃない!」
助手「………ラ……ラキ〜〜〜!(ドン!)」
ラッシュ「母さぁ〜〜〜ん〜〜〜!(ドン!)」
グラキエース「うわわわわっ!?」
ゼラド「良かったねラッシュ君…………」



かっこいいイングラムとディス・レヴ住人、D家族愛を書いてみたかったんです………
お気分を害した方がいましたらゴメンナサイorz


168 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:09:03 ID:VxLINBE9
>>167
こんな話でどこをどう気分を害したらいいんだ?
GJ!!!!!!

169 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:16:45 ID:WUtpxiGw
>>167
SS自体の出来はいいが、一投下ごとに作者が何か言葉を挟むのは見苦しいな
一度メモ帳なんかに全部書き上げて推敲、それから分割投下していくといい
次に投下する時はそこら辺を考えてみてくれ

170 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:20:55 ID:6qfIShHy
あやまるな、胸をはれ GJ!

あと、コメントは最後に一回で十分だ

171 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:29:02 ID:o85G2vvt
>>162-163
奇遇だな、俺もだ
GJですよ


>>167
GJだよ〜
ラキの命の期限って誕生日(D発売日)から数えると今年の8月なんだよな

172 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 00:46:59 ID:NNtvL1pj
>>169-170
了解しました。
次に投下する時は気を付けます。ありがとうございます。
夫婦ラブラブが多い中でのジョシュアがかわいそうで………


173 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 03:47:05 ID:E9WvqY3k
αビンボーズに何の違和感もなくシヴァー閣下が入ってることにワラタ

174 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 06:16:10 ID:AN6D5ICR
GJ!



GJなんだが………
お姉さんがグラキママンに会いたがってますよ?ラッシュ……(´・ω・`)

175 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 06:43:21 ID:NNtvL1pj
たまたま居なくて家で会う………という事でどうか………
これについてまた電波受信しましたが妄想力残ってナサスorz

176 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 09:19:14 ID:dMDlH6xY
>>167
馬鹿め貴様のネタで誰が気分を害するというのだ!
それにこう言うネタでGJだけを貰えると思ってたら大間違いだぜ!!
そんな勘違い野郎の貴様にはこれで十分だ!!
感動した!是非もう少しだけ続きを書いて頂きたい、そしてこの言葉を送ろう
GoodJob!

177 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 11:27:30 ID:NNtvL1pj
>>176
ありがとうございます。
チャージが完了次第投下します。

178 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 17:24:15 ID:WrrC09po
>>159
各キャラどんな願い事だろうね

179 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 17:54:56 ID:pZPUiinC
>>178
バランガ家の笹にはこんなのが下がってたぞ
[おなかいっぱいステーキが食べたい]
[世界平和]
[恋愛成就]
[家族健康]
[豊作祈願]
[早く人間になりたい]

180 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 18:07:06 ID:HsOxBw73
>>179
上から
アオラ
久保
ゼラド
ゼオラ
ガンスレ
野菜かな?

181 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 18:11:54 ID:ku7Rmo+Q
>>180
そう考えると肝心のアラドのやつがないな

182 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 18:30:56 ID:WUtpxiGw
>>181
ディス姉を忘れるなんて!!

183 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 18:42:13 ID:dMDlH6xY
>>179はつまり
上から
アオラ
久保
ゼラドディス姉
アラドゼオラ
ガンスレ
野菜
なんだよ

184 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 18:46:27 ID:SNIRl7VP
野菜が人間になりたいのは確定なのかよw

185 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 20:38:19 ID:7fnnHjR9
確定だろw

背後霊の分が無いのは文に出来ない程酷いもので久保に排除されたと妄想

186 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 20:57:35 ID:oWdlFu9h
むしろ野菜がどう短冊に文字を書いて笹に結ぶのか誰か教えてくれ

187 :159:2006/07/13(木) 21:16:30 ID:NNtvL1pj
投下します。



ラッシュ「ただいま〜」
ラキア「おかえり〜。」
ラッシュ「あれ?起きてたんだ?休日なのに珍しい」
ラキア「悪かったわね。それより朝から父さんと二人で一体何処に………あれ?一人多い?お客さ…………」
ラキ「ただいま。大きくなったな、ラキア」
ラキア「゚゚(д )」
ジョシュア「ああ。お前に似て美人に育ってるよ」
ラキア「。。(д;)」
ラキ「美人だなんて………帰って来たばかりなんだから、世辞を言っても何も出ないぞ?」
ラキア「。。(゚д゚;)」
ジョシュア「世辞じゃないさ。本当におかえり、ラキ」
ラキア「。。(;д; )ブワッ」
ラッシュ「Σ(´д`;)」
ラキ「ただい「お母さぁぁぁん!!!!!(ドスッ)」ごふっ!」
助手「Σ(´д`;)ラキ!?」
ラキ「きゅう…………」
ラキア「ゔえ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ん゙」
助手「Σ(´д`;;)ラキア!?」
ラッシュ「('A`;)oO(収拾ツカナス…………)」

188 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 21:53:11 ID:NNtvL1pj
助手「どうしよう………お礼を兼ねて家でパーティーする予定だったんだが……」
ラキア「グスグス………」
ラッシュ「姉ちゃんほら、鼻かんで、涙ふいて」
ラキア「うん………」
ラキ「(ムクリ)うぅ………ラキア、いいタックルだった」
ラキア「お母さぁぁ「姉ちゃんストップ!(ドフッ)」けふっ………ケホケホッ……ごめん、取り乱した」
ラキ「このタックルはジョシュア似だな」
ジョシュア「え?何で?」
ラキ「夜押し倒された時こんな「そうだ!家でパーティーする予定だった!!早速取り掛かるぞラキ!!!」あ、あぁ………」
ラキア&ラッシュ「オトーサン(・∀・*)エッチー」
助手「orz」



ピンポーン
バランガ一家「お邪魔しま〜す」
平行世界の番人御一行「ごめん下さ〜い」
αビンボーズ+「私だ「やらんでもない「グランゾン「テトラグラ(ry)」
ジョシュア「いらっしゃい。どうぞ上がって下さい」
ゼオラ「この面子だとグラキエースさんだけに任せてたら復活早々倒れかねないし…………」
ガンスレ's「「「「「「野菜狩って来ました〜♪」」」」」」
野菜's「キシャァァァァ!」
ラッシュ(あれが野菜!?)
クォヴレー「その他の材料も大量に買ってきた。俺も調理を手伝おう」
アストラ「妹よ……」
ディストラ「はい。私達も手伝いましょう」


189 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 22:49:09 ID:NNtvL1pj
ゼオラ「炒飯できたから持っていって頂戴」
ガンスレA・B「「了解〜♪」」
アラド「待ってました!」
ゼラド「頂きま〜す♪」
アオラ「ガツガツ………」
ラキ「こっちも頼む」
ガンスレC・D「「アイアイサ〜♪冷性パスタ一丁!」」
ジョシュア「ラキの手料理〜♪」
W完璧親父「うむ」
ラッシュ&ラキア「「頂きます!」」
クォヴレー「シーフードグラタン上がったぞ」
ガンスレE・F「「イェス!マスター!!」」
ゼラド「お兄ちゃんの手料理♪」
ディストラ「頂きま「妹よ………」………は〜い………」
ゼラド「お姉ちゃんのぶんも残しておくから大丈夫」
ディストラ「お願いしますね」
アストラ「牛肉とアスパラのソテー………」
ディストラ「完成で〜す♪」
背後霊「では、頂こうか」
ユーゼス「美味いと思うのも私だ」
マサキ「独り占めなどさせるか!」
シュウ「ククク………グランゾンの力を持ってすれば、独り占めなど造作も(プスッ)………ドサッ」
シヴァー「やめよ(手には鈍く光る注射機が…)。私も頂くとしよう」


数時間後


クォヴレー「子供達は皆、寝てしまったか」
ゼラド「すぅ………すぅ………」
ディストラ「あんなに騒ぎましたからね」
クォヴレー「亡霊共も全員………まぁ、無理も無いか。完徹だったようだからな………」
背後霊「ZZZ………」
ディストラ「霊化してから久しぶりの真剣さでしたね………」


190 :それも名無しだ:2006/07/13(木) 23:09:09 ID:NNtvL1pj
ジョシュア「今日は泊まっていって下さい。………本当に………ありがとうございました」
ラキ「私からも………礼を言わせてもらう」
クォヴレー「礼なら、亡霊共と御子息に言ってやってくれ。御子息の言葉が無ければそもそもこの計画さえ持ち上がらなかったのだからな」
ジョシュア「はい………何度も言うけど、ラキ、おかえり。」
ラキ「ジョシュア………」
クォヴレー(アラド、ゼオラ、アストラナガン、アストラ兄。皆を部屋に運ぶぞ)
ディストラ(はい♪)
アラド(おう……)
ゼオラ(ええ……)
アストラ(了解)




ラッシュ「………というわけで、母さんが戻って来たのはいいんですが………」
ゼラド「どうしたの?」
ラッシュ「二人の世界に入られるともうそこに居られなくて………」
ゼラド「アハハ………家もよくあるよ?でも、それだけ仲がいいって事だし、いいんじゃない?」
ラッシュ「…………そうですね」




また投下させて頂きました。
書いてて悶絶しましたが後悔はしません(ぉぃ)


191 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 00:54:47 ID:2fRTSMun
>>190
大丈夫だ、俺も読んでて悶絶した!!
GJです! Dやラキやジョッシュ好きなんで感激でした!!
本当によかったな、ラドクリフ一家…

これでラドクリフ夫妻もマクレディ夫妻やイェガー夫妻の仲間入りか…(二人の世界を作るという意味で)

192 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 01:35:00 ID:bnewlNdw
>>178
「親父殿を超える男になる」
「もっと強くなる☆」
「父様や母様が誇れる自分になる」
「・・・宇宙に秩序を」
「バルマーの文化を再建する!」
「夢はアストロノート!」
「今は日々精進や」

願い事なのか目標なのか微妙な短冊もありました

193 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 03:26:53 ID:Usfx+c/Y
「DカップDカップDカップDカップDカップDカップ
 DカップDカップDカップDカップDカップDカップ
 DカップDカップDカップDカップDカップDk・・」

194 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 04:41:17 ID:FBIUYKgp
>>192
こんなのもあったぞ

「トロンベ!」

「ウ゛ィルウ゛ェル!」




「旦那と子供が普通の言葉で話すようになりますように」

195 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 05:05:27 ID:+ZITNpYC
ラキア「ラッシュ・・・お母さん帰ってきたね!」
ラッシュ「あぁ、俺クォヴレーさんにお願いして良かったよ」
ラキア「やっと家族四人で・・・」
ラッシュ「姉さん?姉さん!?」
ラキア「・・・」
ラッシュ「姉さん!!父さん母さん!姉さんが!」
助手「ラキア!大丈夫か?」
ラキ「ラキア!」
助手「くっ!このままじゃ、ラッシュ救急車だ!」
ラッシュ「うん」
ラキ「ラキア、しっかりしろ、せっかく帰ってきたのに、元気になったと思っていたのに!」
助手「大丈夫だラキ、きっとお前が帰ってきて安心したんだ」
救急隊員「ジョシュアさんお待たせです、すぐにラキアさんを病院へ・・・
ってラキさん!!」
助手「あぁ先日帰ってきたんだ、それよりも今はラキアを」
隊員「はい!ラッシュ手伝ってくれ」
ラッシュ「あぁ!」

二日後水羽病院
クスハ「うん、もう大丈夫。健康ドリンクが効いたみたいね」
ラキア「は、はぁ。(もうあの汁はごめんだが、その効果は凄いな)」
ラキ「ありがとうクスハ」
クスハ「でも驚いた、ラキさんが生き返ったなんて今でも信じられない」
ラキ「本当言うとまだ半信半疑なんだ。しかし私はここにいる、そして家族と同じ時間を再び過ごせる、それだけで十分だ」
クスハ「そうだね、さぁ今日は帰る準備してください、明日は退院です」
ラキア「あぁ、ありがとうクスハ先生」
クスハ「うん、気を付けてねあまり心的負担をかけない事、これからはお母さんにいっぱい甘えちゃいなさい」
ラキア「あぁそうする」
ラキ「ふふ、タックルは程々にしてくれ」
ラキア「うん分かってる」

ラキ「と言うわけだ」
助手「そうか明日退院できるんだな」
ラキ「うむ、それじゃ明日迎えを頼んだぞ」
助手「任せとけ」

ラッシュ「いぃぃぃぃやったぁぁぁぁぁぁ!(明日から本当に家族四人で過ごせるんだ!)」

196 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 08:31:59 ID:nn35P5Yd
ゼラド「へー、レイナのとこでも七夕飾り買ったんだ」
レイナ「ウチの母さん、こういうの好きなのよね」
ゼラド「どれどれ…こんな短冊あったけど」
[( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい! ]
ゼラド「ねえねえレイナ、どうしたの、いきなり高笑い始めちゃって…え?「痛覚を持って生まれてきたことを後悔させてやる」って?ちょ、ちょっとどこへ行くのー!?」

197 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 09:03:52 ID:wInctXDd
ルアフ様逃げて超逃げて




ああ、遠くで鞭と電撃ビリビリカッターの音が…。

198 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 09:21:48 ID:Akivb2yU
それもプレイの一環

199 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 12:26:08 ID:I5PF4KK/
タイトル:スーパーロボット大戦OG外伝〜セカンドジェネレーションズ〜
ハード:Wii/PS3/PC
発売日:未定
価格:未定
ジャンル:シュミレーションRPG/オンラインSRPG
Tプロデューサーの戯言
「2ちゃんねるにインスパイアされて勢いで作った。だが私は謝らない!!
と半分冗談はさておき今回はオリジナルキャラクターの子供が主役です。
オリジナルキャラクターじゃないキャラも存在しますが気にしないでくだ
さい。気にしたら負けです(笑)。試験的に日常パート・訓練パート・ストー
リーパートの三つのパートでプレイするように作りました。その為自由度
はめちゃくちゃ高いです。キャラクターも旧キャラクターやいつものキャ
ラクターがほぼ全て登場します。それらを組み合わせて自分オリジナル部
隊を作ってオンラインで対戦させることもでき長く遊べるようにしていま
す。皆さん発売を楽しみにして下さい。」





こんな電波が止め処無く受信される。末期かもしれない。

200 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 12:45:09 ID:nKN8JhwC
>>199
公式ブログの米欄にこのスレを紹介して来ようかwww

201 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 12:50:41 ID:7Ph/1CUT
さすがにそれはやめれw
恥ずかしいっつーか、ホントの痛いファンそのものになっちまう

202 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 12:51:08 ID:I5PF4KK/
>>200
「※どっかの馬鹿の妄想です」とコメントを付け加えてくれるならご自由にどうぞ

203 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 12:55:17 ID:nKN8JhwC
>>201-202
ごめん。そんな妄想が頭をよぎったものだから・・・。クリハ汁飲んでくるノシ

204 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 13:15:05 ID:7ix43527
そういえば魔紗樹は版権キャラだったんだよな
初期からいる古株で、馴染み具合が半端じゃないから困る


205 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 13:21:55 ID:bnewlNdw
>>200
個人的には面白そうだと思うけど
やっぱり第二世代はこのスレだけに留めたほうが良いだろうね。他所に出すと絶対批判されるだろうし

206 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 13:57:16 ID:+ZITNpYC
トリップインターナショナルバルマーが夢見るブラを披露!
イメージタレントとしてルリア・カイツを起用
ルリア「グラマーになったみたいだ、ようやく私の念願がかなった
これでまた新たに夫を誘惑できる」
とコメント
???「なるほどこれは使えるわ!」

???「と言うわけなの、何とかルリアおば様にお願いして手に入らないかな?」
???「わかりましたわ、アオラ様のお姉様の親友からのお願いですから何とか母に頼んで手に入れてもらいますわ」
???「ごめんね、よろしくお願いします」

数日後

ざわざわ
ゼラド「あれ?クリハ胸おっきくなったんじゃない?」
レイナ「確かに、Dはあるかも・・・」
クリハ「ふふふ・・・、もう無い乳とは言わせないわ!」
シュウヤ「グランゾンの力を持ってすれば秘密を探る事など造作もありません・・・」
クリハ「ひゃあ!」
シュウヤ「ククク・・・なるほど、これは先日披露された下着ですね。
どうやって手に入れたか知りませんが、これなら無い乳をDにする事など造作もありません」
クリハ「・・・」
レイナ「なるほどね、納得」
ゼラド「そんな下着があるんだ」
シュウヤ「まだ発売されていませんがね、そして着け心地は抜群です」
クリハ「うわぁぁぁぁん!」ゼラド「あっクリハ!」

この一時間後学園生徒教師共に全員が何者かによって気絶させられたと言う

207 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 14:43:40 ID:YiAcWu8i
>この一時間後学園生徒教師共に全員が何者かによって気絶させられたと言う

てこたぁイルスやラミアまで…汁恐るべし。

208 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 19:41:24 ID:1fQ+l5tb
念の暴走かも試練

209 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 20:40:00 ID:50OEg08Y
>>206
放送室
ルアフ『まっすぐこちらに近づいてきます!
    クリハさんの手がわたしの胸ぐらにかかりました!いよいよ最期!!
    さようなら、みなさんさようなら』

ヴィレアム「ODE(おいおいやばいんでねーの)システムだ」
レイナ「壁にもたれてないでさっさと逃げるわよ」

210 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 20:55:24 ID:pMgM6pkX
ヒューゴ「駄目だ!水道がクリハ汁だらけで透明に見えない!
わかるか!汁が七分!透明が三分だ!」

211 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 21:24:41 ID:HBVUaweU
>>210飲んでみた。
ゼラド「・・・あ、以外とイケるかも。薄まってるし。」


212 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 21:36:07 ID:a33Rwh2e
これが後の大ヒット商品、カルクス誕生の瞬間である。

213 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 21:40:50 ID:Rjp5V35j
>>210
屋上のタンクにクリハ汁の素でも入れたのかw

214 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 22:00:21 ID:0Bb2u4L5
>>209
それなんて初代ゴジラのリポーターの人?

215 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 22:34:33 ID:FBIUYKgp
>>211
アイミ「ちょっと味見を……ウ゛ッ!?」
バタン!
ゼラド「ア、アイミ!?」


薄まったとは言え汁を飲んでもゼラドが平気なのは、バランガ家の鋼鉄の胃のおかげだろうな…

216 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 23:19:55 ID:+ZITNpYC
>>215
しかしこの時ゼラドは気付いていなかった
自慢の胸が無い乳になり始めている事に・・・

この時学園の皆が飲んだとされる汁のバージョンを、後日犯人の恋人に聞いてみると・・・
男子生徒T君「スーパークリハ汁遅行性無い乳DXスペシャルエディション〜今日は7割パワーよ!〜だってさ」

さらにこの騒動の引金を引いたシュウヤ氏は、緑色の顔をし白目を向きながら泡を吹き、体中痙攣を起こして倒れていて、中でも最も酷い状態だったそうだ

217 :それも名無しだ:2006/07/14(金) 23:44:26 ID:1l7iun9V
ヴィレアム「うわぁぁぁぁぁぁなぜだ!なぜ混ぜた!?なぜ味見をする!?なぜ(胸の事を)そっとしておかないんだ!?
      なぜ水道水に混ぜた!バルマーのブラ技術が、クリハを抑える鍵だったかもしれないんだ!
      クリハ汁の力が解放したらどうなるか、誰もわかっていないんだぞ!貴様達が!貴様達が責任を取ってくれるのか!!貴様達がぁ!!」


218 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 00:03:31 ID:Jv/w3gVQ
レイナ「クリハ君?何て事しでかしてくれるのかな?ん?」
ルナ「でかした、邪魔な胸が無くなって清々したわ!」
クリハ「こうして無くなった胸は全て私の胸に!見なさいこのダイナマイツバディ!」
ゼラド「全然真っ平らだよ、いつも通りの洗濯板」
クリハ「何故?どうして?why?」
レラ「…会長…おはよ…」
ルナ「うむ、おは…お主私より背高かったか?胸の肥大化も著しいし、男装だし」
レラ「…今朝起きたら…こうなって…合う服無いから…お父さん…服借りて…」
マリ「何だそっちもか、私も起きたらいきなり大きくなってて、お父さんの服借りてきた」
ゼラド「何か宝塚な感じだねぇ、二人並ぶと」
マリ「そっかぁ?色々デカくなって動き難い」
レラ「…肩が…こって…最悪…」
ルナ「どうやらクリハの所に行かずに、全部この二人に流れたようだの」
クリハ「その胸も!その身長も!全部アタシのだぁあああ!返せぇぇえ!!」
レイナ「違うでしょ、この阿保クリハ!」

三日後二人の身長が元に戻ると同時に、皆の胸も元に戻りましたとさ

219 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 00:16:00 ID:v7+DsY0R
>>216
シュウヤ「シュウヤ死すとも(下着の)自由は死せず・・・・・ガクリ」
流石の下着魔神も汁の威力にはかなわなかったという逸話

220 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 01:53:41 ID:d35BQ7vm
キャクトラ「なんということだ。このままでは、この学校は汁の中に沈没する!」
ラミア「遺憾ながら、本校生徒には全員転校してもらう!」
レイナ「汁が、汁がぁ・・・…っ!」
ヴィレアム「逃げろ! ここは俺がぁっ!」
ルナ「もう、終わりなのか?」

ゼラド「いいえ、奇跡は起きます。起こしてみせます!」

ハザリア「という舞台なのだがな」
マリ「最後の台詞、それはいいのか?」
レイナ「で、そのヴィレアムは誰に対して『逃げろ』っていってるの?」

221 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 02:02:15 ID:v7+DsY0R
第二世代たちで漂流教室…ううむ別の意味で怖いw

222 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 02:31:34 ID:x0osqqXl
>>221
多分イルスは何があっても生き残るな

223 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 06:01:59 ID:6nLcUJFr
少し亀になったが
>>216やめてマジやめてそれだとクリハが(放送禁止用語)になるからマジやめて

224 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 06:57:27 ID:krmRLM7n
>>220-222
てっきり日本沈没のパロかと思ったが漂流教室なのか……?
漂流教室は見た事ないからわからんのぜよ……(´・ω・`)

225 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 11:00:26 ID:NeIkEV/0
>>223
断る!しかしお前がクリハ好きだと言うのならスーパークリハ汁(ryと命名するのを止めてやらん事もない

226 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 12:26:56 ID:wYqbEIbs
悪いがまた流れ切る…ちょっと早いかもしれないけど
時事ネタ電波は鮮度が大事なんで。

―――キーンコーンカーンコーン…。

ラミア「…そこまでだ。最後尾の席の者は解答用紙をすみやかに回収しろ」

トウキ「ついに…」
レイナ「…ようやく」
キャクトラ「この日が来ることを…」
ヴィレアム「どれだけ待ち焦がれたことか……」
クリハ「これさえ終われば…あとは…」
ルナ「うむ」
ハザリア「ふは…ふははは!」
ゼラド「ん〜ふふ〜♪」

ラミア「よし。1学期の期末試験はこれで全て終了した。それでは解散」
一同「「「「「「い や っ ほ ー ぅ ! ! ! 」」」」」

レイナ「今学期のテストもようやく終わったわ!」
ゼラド「あとは夏休みを待つばかりだね!」
クリハ「うん!」
ハザリア「浮かれているようだがな貴様ら…通知表の存在を忘れt(メグシャ!)ひでぶっ!!?」
ルナ「せっかくの気分に水を差すな。ところでそなた達、夏休みの予定はもう立てたか?」
ヴィレアム「予定? 俺はまだだが…」
ゼラド「お兄ちゃんと遊びたいけど、なんだか忙しいみたいだし…」
クリハ「あたしも別に予定してないかなぁ」
レイナ「お盆に母さんが帰ってくる以外は特に無いわ」
キャクトラ「…俺達はレイナとは逆だな」
ルナ「うむ。我らはお盆に一度、本星に帰らねばならぬからな。だがその他に予定は無いぞ」
ヴィレアム「何だ。みんなサッパリじゃないか」
レイナ「無計画のまま休みを無為に過ごしたくはないわね…どうしようかしら?」

―――パンパンッ! (手拍子音)

一同「「「「「うん?」」」」」
トウキ「予定が立たなくて困っている皆さん、ここはこのトウキ・カノウにお任せあれ」
クリハ「トウキ君、何かいい案があるの?」
トウキ「もちろんだぜ」
レイナ「…こいつって昔っからこーいうことの根回しだけは速いのよね」
ルナ「そうなのか?」
ハザリア「痛てて…もったいぶらずに、さっさとその案とやらを言え!」
トウキ「OK。ハザリアも復活したみたいだし本題にいくか。…皆で避暑旅行に行かないか?」
ゼラド「旅行?」
トウキ「夏休み中のバイト先探してたらスッゲェいい場所が見つかってな」
キャクトラ「ほう…どんな場所なんだ?」
トウキ「ふふふ…聞いて驚け! なんと! 避暑と海水浴と森林浴と温泉がいっぺんに楽しめてしまう所だ!」
クリハ「何それ!?」
トウキ「冬場にはスキーも出来るって話だったぜ」
レイナ「それは…確かにスゴイわね、というかいくらなんでもムチャクチャだわ」
ハザリア「で、そこの名前は?」
ゼラド「あ、アタシも気になる」
トウキ「“夢旅籠・大地の揺り籠”」
クリハ「大地の揺り籠? ってことはもしかして…」
トウキ「ああ。総オーナーはゼフィア先輩のお袋さんのソフィアさんだ。今年の夏から期間限定ではじめる副業なんだって」
ヴィレアム「きっと土地造成はマシンセル仕込だな…。ゼフィア先輩のお母さん…実はとんでもない人なんじゃないか?」
ルナ「それでトウキ。そなたはそこでアルバイトをするのか?」
トウキ「ウチの親父、ゼンガーさんとは仲良いからな。それで仕事回してもらったんだ。
    で、オープン直前で人手が足りないから、仕事手伝ってくれるならその間は泊まってもいいって言ってくれてな」
レイナ「真新しいリゾート地で旅行気分の住み込みバイトか…正に夢のような環境ね」

227 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 12:28:08 ID:wYqbEIbs
トウキ「とまあ、そういう訳なんだ。皆も一緒に行かないか? 社会経験にもなるし…」
クリハ「もちろん行くわ!」
ハザリア「ふん! 願っても無いことだ! この星でこんなにも早く社会経験が出来るとはな!」
ルナ「うむ。なかなか面白そうだな…私も行きたい。よいかキャクトラ?」
キャクトラ「姫様が行かれるのでしたら、自分もお供致します」
ハザリア「おいこらキャクトラ! 俺はどーでもいいというのか!?」
トウキ「はいは〜い。まずは4名様ご予約と…。ゼラド達はどうする?」
ゼラド「う〜ん、どうせ家にいてもお兄ちゃん達と遊べなさそうだし…行くよ♪」
ヴィレアム「そうだな…なら俺も行くか」
レイナ「んじゃアタシが行かない訳にはいかないわね。ゼラドが危ないかもしれないし」
ヴィレアム「危ない? …何でだ?」
レイナ「何でかしらねぇ、変態マスクさん?」
ヴィレ&キャク「「………」」
ルナ「? どうしたのだキャクトラ、顔色が悪いぞ?」
キャクトラ「…いえ、問題ありません」
ハザリア「髪が青い上に顔まで青いと、まるで巨神ゴ●グのようだな!」
キャクトラ「さりでなく体まで青くなるような物言いはやめてください…。ともかく大丈夫です」
レイナ「アンタはどうなのよ?」
ヴィレアム「ODE(アレを続投し続けられるような度胸があれば、事態はとっくに好転してる)システムだ。
       …というかお前、わかっててからかってるだろ!?」
レイナ「何言ってんの、あったりまえじゃない♪」
ゼラド「二人とも何の話してるの?」
クリハ「う〜ん、たとえヴィレアム君に度胸があってもコレじゃあねぇ…」
ゼラド「???」
トウキ「結局のところ、3人とも参加するんだよな?」
ゼラド「うん!」
ヴィレアム「…ああ」
レイナ「当然でしょ?」
トウキ「よし! 3名様ご予約追加っと。俺を入れて8人…バイトはこんなもんでいいか。
     じゃあ皆、詳しいことは追って連絡するから。…今年の夏は思いっきり楽しもうぜ!!!」
一同「「「「「 お ー っ ! 」」」」


また半端になってしまった…orz
今後の展開も電波次第ゆえ期待しないでくださいな。

228 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 12:48:07 ID:NeIkEV/0
>>226-227
時事ネタを早速投下するとはな
これでまた職人が電波を受信しだすな
無論反省は不要だが、お前が時事ネタを投下するよう仕向けたのは私だ(Byユの字)

はっ!?またユーゼスに体を奪われたようだorz

229 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 14:08:51 ID:7/PmJ9OQ
夢旅籠・大地の揺り籠、避暑と海水浴と森林浴と温泉がいっぺんに楽しめてしまう
贅沢な新リゾート地。我々バンプ者スタッフ一同は開業前のこの施設の潜入に成功した。
・・・この施設に来てからもう三日、我々はどうやら森林スペースで遭難したようだ。
おかしい、ここの植物達はおかしい。「シャー」という奇声をあげるものや不気味な進化をとげた
かのような植物が。誰か・・・たすけ、ああ光が見える。うぉまぶし。

ソフィア 「ふぅ、勝手に入るからこんなことになるんですよ。にしてももっと警備を徹底しないとね。
ディストラ「ここの植物達、うちの畑の子達とはまた違った進化とげてますねー。」
久保   「しかし、いいのか?開業前にこんな事されたら客足が遠のくんじゃないか?」
ソフィア 「あら?いいのよさっきの光でここ三日の記憶をとばして別な記憶の刷り込みさせるから」




こんな電波が早速飛んできたのだが

230 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 16:17:53 ID:NeIkEV/0
>>229
ガンスレ「さぁ野菜、今日は仲間のいる所に連れてってやるぞ」
ガンスレ野菜「キシャー!」

大地の揺り籠

ソフィア野菜「シャー!」
ソフィア「よく育っているわ、きっとおいしいわよ!」
???「キシャー!」
ソフィア「っ!何奴!!」
ガンスレ野菜「キシャー」
ソフィア野菜「シャー!」
ソフィア「まぁ、これはバランガ家の野菜ね、戦うのね、私の野菜と戦うのね!
あぁどちらが世界一のおいしい野菜か競うと言うのね!
いいわ、我がアウルゲルミルでどちらがおいしいか調理してあげるわ!」
ガンスレ隊「そして味見するのは僕達だ!」
ソフィア「やはりいたのね、ガンスレちゃん達」
ガンスレ野菜「キシャー!」
ソフィア野菜「シャー!」

ここで電波が途切れた、誰かこの野菜達をおいしく料理してくれ
ガンスレ野菜「キシャー!」ソフィア野菜「シャー!」
こいつらもそれを望んでいるぞ・・・

231 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 16:33:26 ID:eHEnWJaH
ガンスレ野菜:葉物中心
ソフィア野菜:根物中心
と仮定すると
ガンスレ野菜→ホイコーローなどの中華料理
ソフィア野菜→天麩羅などの日本料理
という電波を受信した

232 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 17:26:48 ID:jOphbqM5
>231
>ガンスレ野菜:葉物中心
>ソフィア野菜:根物中心

 なぜか「ポマト」とか「冬虫夏草」とかそんな言葉が脳裏を過ぎった。

ガンスレ「あれはもう野菜じゃありません。野菜と人とG(Gunslave)細胞が混ざった
      超野菜怪獣……」
久保 「まて。いまさり気なく人とか言わなかったか?」


233 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 17:31:15 ID:krmRLM7n
>>232
そーいえば、野菜が現在の形に進化する前後に住人の何人かがクリハ汁と供に食われたんだったっけ?

まぁ記憶があやふやだから何とも言えないけど

234 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 17:43:40 ID:8cgwhs/8
クリハ汁って有機物を進化させることもできるのか・・・。まるでゾ〇ダー・・・。

235 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 18:15:08 ID:wQtqBIZm
プロジェクトΧ
「故郷の文化を再建する為母星を離れ地球の文化を学ぶ男が居た。」(BGM:地上の星)


なんかこんな電波が受信されたが送ったやつは手を挙げろ

236 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 18:44:11 ID:NeIkEV/0
>>235
さっきから俺の後ろでユーゼスがそれも私だを連呼しているが俺が発信したわけじゃない

237 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 19:36:22 ID:v7+DsY0R
夏といったら水gゴホンゴホン!・・・プールでしょう

トウキ「新しいプール施設がオープンしたらしいな」
ヴィレアム「ああ、あのウォータスライダーだの人工波だのがごてごて付いてる奴か」
ミナト「いつの間にか完成してたよな・・・あんな馬鹿でかい施設だってのに」
ハザリア「ふふん、バルマーには無いな。あのような代物は」
シュウヤ「ククク・・・・行ってみたいのは山々ですが、連日大変な混雑らしいですからね」
アーク「ん?俺貸切チケットもってるぞ?」
トウキ「な、なんでお前そんなもん持ってんだ!?」
アーク「いやだってあの施設のオーナー俺ん家だし」
「「「「!?」」」」

238 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 20:41:02 ID:wYqbEIbs
>>226-227続き
―――数日後のカノウ家にて

トウキ「寝巻きと着替え、水着にサンダル…っとシュノーケルはどうすっかな?」
クリハ「花火とかは向こうで買えるの?」
トウキ「親父の話だと、四ッ目商店って寂れた店があるらしいから、大丈夫だと思う」
ヴィレアム「持って行く物より先に、とりあえず日程を決めた方が…」
キャクトラ「賛成だ」
レイナ「まずは海!」
ハザリア「そして山!」
ルナ「山?」
ハザリア「冬にはスキーが出来るんだろ? ならゲレンデ用の山も近くにあるはずだ!」
ゼラド「わたしはどうしようかな〜♪」
トウキ「あ〜…皆分かってると思うけど、一応仕事で行くんだからな?」
レイナ「そこはホラ、アンタが頑張ってアタシたちの分まで働いてくれれば問題ないし」
ルナ「ああ、そうなのか」
キャクトラ「よかったですね姫様。彼のおかげで思う存分楽しめそうです」
トウキ「ちょ、待てよ!」
ハザリア「持つべき物は友だということだな」
ゼラド「へぇ、トウキ君って男らしい〜」
クリハ「だからトウキ君好きよ♪」
トウキ「えあ、いやあのだから………うぅ…」
ヴィレアム「………(こうなってはもうダメだな。俺はしっかり手伝ってやるか)」
レイナ「さぁ、楽しまなくっちゃね」
                       (子供プラン、以下次回に続く)

―――カノウ家別室にて
トウマ「トウキ達、随分盛り上がってるな」
ミナキ「夏休みかぁ…わたしの学生時代はお父様の手伝いでそれどころじゃなかったものね…」
トウマ「まあ、そのおかげで俺たちは巡り会った訳だからなぁ…」
ミナキ「そうなんだけど…ねぇ、やっぱりあの子達が羨ましいわ」
トウマ「……なら…。俺たちもどっかに旅行にでも行くか?」
ミナキ「え?」
トウマ「子供達も集まって計画してることだし、どうせなら俺たちの世代皆呼んでみないか? 大人の休日プランってことで」
ミナキ「…ふふ、ありがと。じゃあさっそく婦人会を通して連絡とってみるわ」

                       (大人のプラン内容急募m(_ _)m)

239 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 20:46:35 ID:w3TSqcdw
プールと言えば水着だとは思うが
水着といえばアイミ(なんとなく
アイミって水着集めが趣味と思ってもいいぐらい水着持ってるみたいだよね

やっぱり女の子は健康美だよなぁ…

240 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 21:18:36 ID:WR9xPjcX
設計ミスで時速20kmで流れる殺人プールをenjoyしている面々

241 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 21:40:39 ID:krmRLM7n
>>240
そんなプールがエンジョイ出来そうなのはイルスくらいだってwwwwwwww

242 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 21:48:16 ID:GoYOodPQ
>>240-241
ちょwwwwwwwイルスの戦闘能力はオーガ並かよwwwwwww

243 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 21:49:37 ID:GB49pi62
>>240
enjoyしてそうな奴ら
スレイチェル
イルス

死んでそうな奴ら
レラ
ハザリアetc

制作したのも私だと言う声が聞こえた………

244 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 21:59:34 ID:k80hrqiR
レラとかスク水着てきてアークにバカにされそうだな

245 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 22:30:58 ID:x6drBm6T
>>244
レラ本当に泣いちゃってあたふたするアークが容易に想像出来た

246 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 22:35:04 ID:Smsf0OUg
アーク「ん〜?なんだレラ嬢、スクール水着なんて着てきたのか?」
レラ「…えに……しかな……から」
アーク「ふーん。ま、お子様体型のお前にはピッタリだよw」
レラ「…ラーズグリーズ、オールレンジ攻撃…#」
アーク「ちょwww俺生身だってのwwwうはwwwww荷電粒子砲はヤメテwwwwww」
レラ(…アークのバカ、私だって気にしてるのに…)

こうですか?分かりません!><

247 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 22:36:12 ID:6i/piv3i
そ れ は そ れ で 萌 え る


248 :それも名無しだ:2006/07/15(土) 23:39:59 ID:NeIkEV/0
さて俺は幽霊達の休日と野菜対決電波でも受信するかな
昼間から特に幽霊どもの電波がとまらん

249 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 01:02:52 ID:52if0rhr
>>246
少し前の巨乳の背が高いレラ(>>218)なら反則的なエロさだけどな>スクール水着

250 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 08:21:18 ID:4e0sFfgK
>>246
何故か楽しそうなアークキュンに萌えた。

251 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 09:13:26 ID:MTA6lYvo
>>242
エフwエフwエフw

252 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 09:56:12 ID:Hz/rU0bt
歯(トゥース)、唇(リップ)、舌(タング)のコードネームで呼ばれるガンスレ達を妄想してしまったじゃないか

253 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 12:28:20 ID:qBcMcw55
アイミ「でまぁ、レラはなんとなく解るとして…」
クリハ「なんで咲美までスク水?」
咲美「え?いや、中学のなんだけどまだ着れたから」
ゼラド「…そんな心底不思議そうに言わないでよ。まだ着れるからって、何もスクール水着着てこなくても…」
咲美「だって勿体無いじゃない。まだ着れるのに別な水着買うなんてさ」
レイナ「前々から思ってたけどさぁ…なんでお金持ちなのにそんな庶民派なのよアンタ」
咲美「うるさいなぁ。あたし胸ちっちゃいからビキニとか似合わないんだもん」
レラ「胸…きい…人…解…な…悩み…」
クリハ「その通りだー!謝罪と賠償を要求するー!」
レイナ「なんでよ」
クリハ「く…!これ見よがしに胸を張ってみせて!無言の自己主張ですか!?うわぁぁぁん!」
咲美「ホントいーよねー、あんたらはおっきくてー。えい!」
む に 。
ゼラド「わひゃぁ!?ちょ、ちょっと咲美!?」
咲美「…うわ。自分で揉んどいてなんだけど何この弾力。あたしの知り得るおっぱい(自分の)とは余りにもかけ離れていますよ?」
む に む に む に 。
ゼラド「や…ちょ、タンマ!やめてってば咲美!」
咲美「ううう、なんだろう。触れれば触れるほど敗北感が…ええい、アイミのはどーなのよ!」
アイミ「うえぇ!?やば、逃げろ!」
クリハ「させるかぁああ!」(足払いですぱーん)
アイミ「わひゃぅ!?クリハぁぁあ!何すんのー!」
クリハ「君のその胸がいけないのだよ…」
アイミ「わけわかんなーい!って、ヤバ…」
む に 。
咲美「うー…こっちも凄い…いーなぁ…コレいーなぁ…」
アイミ「うぁ…ちょ、は、離して咲美!」
レイナ「はいはい、その辺にしときなさいって。こんなとこ見られたらヴィレアムが失血死するから」
咲美「む…なんかその余裕綽々の態度がムカっときた。レイナのも揉んでやるー!」
レイナ「うわ、やぶへびだったか!?こ、こっち来るなぁ!」
ルアフ「おっぱいと聞いて飛んできました!」
レイナ「帰れ!」
咲美「つーかまーえたー♪」
む に 。
レイナ「あああ!しまったぁ!?こんのクソ親父ぃー!!」
咲美「ぅぅぅー、やっぱこれも凄い…ちょっとでいいから分けてくんないかなぁ…ここまで育たなくていいからせめて標準くらいには…」
む に む に む に 。
レイナ「や、ちょ…マジ勘弁!そこのエセ霊帝ー!見てないで助けなさい!!」
ルアフ「+(0゚・∀・) + ワクテカ +」
レイナ「よぉぉぉし、いい度胸だ!家帰ったらスタンビュートでふんじばってやる!!…うぁ!?さ、咲美いい加減に…や、あ!」
咲美「うぅぅ…お風呂上りの牛乳一本増やそうかなぁ…」
レイナ「あたしに聞くなー!ゼラド!アイミ!助けてー!!」
レラ「…あれ…あ…まり…効果…無…たしも…やって…大…ならな…」
アイミ「は、離してレラ!ぇ、嘘!?そんなビットだなんて…!」
クリハ「そうそう、あたしだって毎日三本飲んでるのに全然効果ないもん」
ゼラド「いーやー!助けてお兄ちゃーん!」
レイナ「ふ、二人とも捕まってるー!?ていうかあんたらまで一緒になって何やってるのよー!!」
クリハ・咲美・レラ「「「いーなぁ…コレいーなぁ…」」」
ゼラド・アイミ・レイナ「「「ふえええぇぇん、はーなーしーてー!!」」」
む に む に む に む に む に 。
ルアフ「(*゚∀゚)=3ムッハー 」


トウキ「た、大変だ!あっちでヴィレアムがすげぇ量の鼻血噴いてぶっ倒れてる!!」
アーク「うおおぁ!?何だコレ!?血が多すぎてタイルが白く見えない!赤が七分に白が三分だ!」
ゼフィア「ともかく救急車を呼べー!」
ヴィレアム「…いい夢……見させてもらったぜ…」
キャクトラ「友よー!?しっかりしろぉぉぉお!」

残業で14時間とか働いた夜勤明けだと人間の脳って壊れるんだな、と実感した。

254 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 12:40:09 ID:LkS/FsCD
おっきした

255 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 12:53:01 ID:52if0rhr
>>253
アーク「って事は咲美は中学から全く成長してモルスァ!!」
トウキ「しっかりしろぉぉぉ!!アァァァクゥゥゥ!!」
ゼフィア「戦況が変わった!赤が八分で白が二分だ!いいか!赤が八分で白が二分だ!」

256 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 12:57:55 ID:my42kDpr
>>253
クリハは牛乳じゃなくてクリハ汁2杯とクスハ汁1杯だろ
「いーなぁこれいいなぁ」の後に「ねぇ〜んこれちょうだぁ〜い」があったらお前を変態ムッツリエロ博士田中と呼ぶところだった

257 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 13:03:04 ID:qtl4Ijhu
>>255
ルナ「おぬしら何を・・・」
咲美「また現れたか巨乳!!ならば・・・!!」(揉み
ルナ「ぬわっ!?や・・・めろ・・・あっ・・・・・」
キャクトラ「あ・・・ルナs・・・サノバビッチ!!?」
シュウヤ「さらに状況は進んでます!赤が九分で白が一分です!!!」

258 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 13:03:18 ID:RC+DPp9H
彼らがバイト先での遊びを計画しているその頃
バイトの必要がない人達は・・・・・

クリス「シュウヤァ〜、海行きましょうよ、海ぃ〜」
シュウヤ「はぁ・・・またその話ですか・・・私は夏休みの課題もまともに終わらせられない人と行くつもりはありませんよ」
クリス「う・・・そ、それは・・・大丈夫ですよ! パパッと終わらせてしまいますから!!」
シュウヤ「そうやって、最後の一週間で私に泣きついてくる人は何処の誰なのでしょうかねぇ?」
クリス「む、むぅぅ・・・シュウヤの意地悪! 行きたいって言ったら行きたいんですよぅ」

アーク「あじぃ〜・・・・海行きてぇな、海・・・プールでもいいけど」
咲美「兄さん、課題は?」
アーク「しかしなぁ・・・うちのクラスの奴等は殆ど帰省しちまうしなぁ・・・」
咲美「兄さん、課題」
アーク「一人で行くのもあれだしなぁ・・・」
咲美「に・い・さ・ん?」
アーク「風紀の連中も忙しそうだし・・・どうすっかなぁ・・・」
咲美「・・・・・・・・・」(ガシッ)
アーク「いだだだだだ!!! いきなり無言でサブミッションはやめて! 卍は勘弁して卍は!! ギブギブ!!」
咲美「課題、ちゃんとやるんでしょうね?」
アーク「やる、やるから! 流れる様にバックブリーカーに移行しないで!!
    しかもハイジャックバックブリーカーなんてマニアックなの何処で覚えた!!?」
咲美「本当でしょうね? 後で私に泣きついてきても知らないわよ?」
アーク「あだだだ・・・・解ってるって・・・あ、そうだ、シュウヤでも誘ってみるかな・・・」

クリス「ねぇ、シュウヤァ〜・・・」
シュウヤ「くどい、課題を全部終わらせてからにしなさい」
アーク「おい〜っす、シュウヤ、海行こうぜ、海!」
クリス「あ、ジキミンも一緒に説得し下さい、シュウヤが課題終わらせてからって言ってうるさいんですよ」
アーク「お前もか、俺も咲美にしつこく言われてなぁ・・・ま、どーでもいいから海行こうぜ、海!!」
咲美「どうでも良くないわよ」
シュウヤ「そうですよ、私としても海に行くのはやぶさかではありませんが、後々泣きつかれるのは御免ですからね」
咲美「そうね、どうしてもすぐに行きたいって言うなら・・・向こうでやりましょ」
ク&ア「「え〜、めんどくさ〜い」」
シ&咲「「な・に・か・?」」
ク&ア「「・・・何でもございません」」
咲美「ふぅ・・・お互い大変ね」
シュウヤ「全くですね・・・」

咲美「でも、行くんだったら泊り掛けで行きたいわよね」
アーク「お、なんだよ、お前も結構乗り気じゃねぇかw」
咲美「いいじゃない、別に・・・私だって遊びたいもの」
クリス「そうなると、どこかの別荘を貸しきるのが楽ですね」
シュウヤ「ふむ・・・家は海沿いのありませんでしたねぇ・・・」
アーク「ああ、そこら辺は任せろ。
    俺ん家はプライベートビーチがあるから、そこにしようぜ」
咲美「確かプールも付いてる所があったわよね?」
アーク「ああ、あそこがいいな」
クリス「じゃぁ、そこにしましょう・・・でも、四人だけだとちょっと寂しいですね」
シュウヤ「では、他に何人か声を掛けてみましょうか」
アーク「いや〜、楽しくなりそうだな!」
咲美「新しい水着買ってこなきゃ・・・」
クリス「むふふふ・・・ボクはもう買いましたよ」
シュウヤ「まさか、アレを持っていくつもりですか? やめておいた方が・・・」
アーク「お? 何々、そんなに凄いのかw」
クリス「ああ、別にジキミンに見せる為に買ったわけじゃないですから、気にしなくて良いですよ」
アーク「ちょwwひでぇwww」


と言う訳で、セレブプランの電波を受信した。
こっちはこっちで次回へ続く。

259 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 17:27:31 ID:KRrlsgxW
皆が夏を満喫している頃クォブレー達は

クォブレー「やれやれ夏だというのに仕事仕事か」
イングラム「盆でも正月でも戦うのがタイムダイバーなんだよ! お前が日頃怠けてるだけだ」
クォブレー「前に言われるとずいぶんと屈辱的だな」
ディストラ「霊帝に負けて引退したくせに」
イングラム「しょうがないだろうが、あの時はアストラも無かったし」
クォブレー「言い訳か」
イングラム「黙れ、そして働け。 それと久保! コクピットの中で裁縫をするな!」
クォブレー「だが、そろそろゼラドとルナに浴衣を作ってやらないと夏祭りに間に合わないぞ」
イングラム「だぁぁぁぁぁぁぁっ! 家族サービスかこんちくしょう! ディストラ、神聖なコクピットで裁縫するバカに何か言ってやれ!」
ディストラ「ご主人様、私のもおねがいしまーす」
クォブレー「わかった、やってみる」
イングラム「っの野郎共! タイムダイバー舐めてるだろ! そんなんで職務をまっとうできるわけが」
クォブレー「ちなみに、お前がそんな風に叫んでいる間に、あらかたの問題は解決したんだが」
イングラム「(キョロキョロ)……アレ?」
クォブレー「もう用もないし帰るぞ」
イングラム「なぜか釈然としないなぁ……」

クォブレーもたまには働かないとね。ご近所タイムダイバーもいいけどさ。
ちなみに夏祭りネタは書かないから、気が向いたら誰か書いてくれ。

260 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 17:37:24 ID:my42kDpr
>>257
シュウヤ「いけませんね・・・」
ゼフィア「仕方ないアレを投入する!!」
シュウヤ「アレ?まさか!!」
ゼフィア「そうアレだ!我々の切り札、これ以上無駄な血を流させはせん!」

???「あら?皆盛り上がってるわね」
レラ「また・・・増援・・・」
咲美「誰が来ようと撃退あるのみ!」
クリハ「そうよ、私達αヒンヌーズにかかれば・・・」
レラ・咲美・クリハ「なんだ・・・アクア先生か・・・」
レラ「帰る・・・」
咲美「あたしも」
クリハ「なんかどうでもよくなっちゃった」
アクア「え?え?何?あたし何かした?」

シュウヤ「ククク・・・作戦成功です」
ゼフィア「やはり諸刃の剣だ、我々まで・・・」
シュウヤ「ですが赤が消えましたよ」
ゼフィア「では帰るか」
シュウヤ「そうですね・・・」

アクア「ちょっと!どういう事か誰か説明してよ〜!」

261 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 19:46:48 ID:MTA6lYvo
>>259
久保、裁縫しながら敵倒せるのかwどんだけ余裕なんだw

262 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 20:03:03 ID:VMJCKTJ2
>>261
ここまでディストラナガンの自意識が発達してくると
操縦者無しでもある程度は戦えるのではなかろうか?w

263 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 20:20:12 ID:Ir08+Lf1
>>258
クリスと美咲の水着写真を誰か撮ってはいないのか!?


というか……
この二人のビジュアルを見た事がないかも……
過去に上がった事あったっけ?

264 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 20:27:48 ID:iy6+DyMc
何かデフォルトで脱力かけてね? アクア先生
むしろ全体効果だから戦慄だっけか

265 :それも名無しだ:2006/07/16(日) 21:26:42 ID:52if0rhr
>>263
咲美はエヴァの委員長だったっけ?

アークとシュウヤは結構語られてるんだけどな>外見

266 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 00:33:13 ID:GRGUZ52/
>>265
アークは最近外見について語られてたが、シュウヤってそんなに語られてたかな?
初期の頃から読んでるがそもそも語られていなかったような気もするな
まあ俺の記憶にないだけかも知れぬが

ちなみに俺のクリスと咲美のイメージ
クリス
・金髪で肩ぐらいまで。ソバージュっぽい感じ?
・結構スタイルいいけど乳はない
咲美
・茶髪でポニテ。前髪は左右に分けてる
・よくいえばスレンダー、悪くいえば貧n(ry


267 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 01:15:40 ID:ApQam8mD
シュウヤはアレだ、
キャラ的に親父さんから大きく逸脱してない感じだから、シュウの髪の色違いとかだろう。

その他勝手な俺のイメージ
ルル ナムカプでさくらとコンビ組んでたお嬢様(名前忘れた)
キャクトラ ヘルシングの青年執事
ルサイケ 地獄少女のあいたん
レラ この娘もあいたんだったが、ルサイケと被るし、あいたんキャラ度では勝てんので
最近流行りの長門有希に変更

個人的には真龍の顔が全然思い浮かびません。

268 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 01:32:23 ID:ucvk5djC
>267
真龍が某SNOWの姉龍神で出力されているオレのことは
軟派とでも外道とでも呼んでくれ。

269 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 03:11:54 ID:vROSGE5J
>>253 かってに番外編である
ハザリア「ふん、胸だ胸だと騒々しい連中だ。しかしこれがぷーるとやらか・・・なかなかに面白いではないか!」
ゼフィア「バルマーには無いのか?」
ハザリア「バルマーでは娯楽施設はほとんどない。ここまで大規模な物となると皆無といっても良い」
シュウヤ「ククク・・・文化的な偏りがあることは否定できないようですね。おや?あそこにいらっしゃる方は?」
ラン「あらら?坊にゼフィアちゃんにシュウヤちゃんやないのwこんなとこで会うなんて奇遇やなぁw」
ハザリア「ゲェー!!鉄腕自由業無職女!!何故貴様がここにガガガガガガ!!」(アイアンクロー)
ラン「相変わらず口の減らへん坊やなぁwウチはお仕事に来てて今は休憩中や」
シュウヤ「ククク・・・お仕事といいますと?」
ラン「レーツェルはんがここの食堂任されてはるんよ。ウチはそのお手伝い」
ハザリア「ぅぉぉ・・・あのおっさん一体どれだけ多角経営してるんだ・・・」

クリハ「くっそー・・・・巨乳どもめ、逃げたわね」
レラ「広い・・ら・・・捜す・・・・大変」
咲美「ゼラドがいるからそのうちお腹すかせてかえってくるわよ。あ、ゼフィア先輩たち」
ゼフィア「うむ」
シュウヤ「ククク・・・ゼラドさんたちとの追いかけっこは一時休戦のようですね」
咲美「あっちが逃げちゃったのよ。あれ?この人は」
ラン「ウチ?ウチはランいいますwあんじょうよろしゅうにw」
咲美「こ、こちらこそ!あたし咲美です!こっちはクリハにレラ!(うわっ・・・腰細っ!)」
クリハ「クリハです!よろしく!(巨乳じゃないのにエロ・・・もとい色っぽい・・・)」
レラ「レラ・・・す・・・(これが・・・も・・一つの・・・可能性・・・)」
「「「じーーーー・・・・」」」
ラン「??どないしたの?ウチなんかヘンなとこあるのん?」
ハザリア「フハハハハ!貴様のヘンなところは常識喋り方腕力思考財布の中身趣味主義職業ついでに胸も無いミギャアアア!」(ヘッドロック)
シュウヤ「ヘンなところなど微塵もありませんとも。実に素晴らしい水着姿ですよ。ククク・・・」
ラン「ありがとシュウヤちゃんwちょっと奮発して水着新調してなぁ。似合っとる?」
ゼフィア「う、うむ」
クリハ「(ねえねえゼフィア先輩ちょっと顔赤くない?)」
咲美「(ゼフィア先輩ゼラドたち見ても小揺るぎもしないのにね)」
レラ「(趣味・・・人・・それぞ・・・)」
ラン「ん?ゼフィアちゃん顔赤うない?熱中りかもしれへん・・・ちょっと診せて」
ゼフィア「だ、大丈夫だ」
ラン「そない遠慮せんでもええってw無理したらあかんよぉ?」
ゼフィア「む・・・」
スレイチェル「友よ!今が泳ぐ時!!」(ガバッ)
ゼフィア「うおおおっ・・・・」(ザバーン)
クリハ「わわっ!?今のスレイチェル先輩?」
シュウヤ「そのようですね。早すぎて姿も見えませんでしたが・・・縮地という奴ですかね、ククク・・・」
ラン「相変わらずはしっこいなぁwスレイチェルちゃん」
咲美「ところであなた、生きてる?」
ハザリア「・・・・・・・・・・」


ククク・・・いい加減寝よう

270 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 06:18:40 ID:lDSbZ+CI
>>269
ひとつききたい


今走っていったイグニッションは男verか?
それとも…

 女 ver か ?

そこんとこkwsk

271 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 07:24:37 ID:D3+98pC4
ユーゼス「ふふふ・・・」
冥王「何かおかしな事でもあったか自爆霊、話したいと言うのなら聞いてやらん事もない」
ユーゼス「まぁ待て、それよりまずはこの人物を紹介しよう」
淫グラム「ほう」
冥王「貴様は!」
愁「おやおや、こんな閉鎖空間にまで来るとはね」
ユーゼス「バルマーの創始者ゲベル・ガンエデン、まつろわぬ霊達の王、ケイサル=エフェスだ」
ケイサル「ぶろろろろろぉぉぉぉ!」
ユーゼス「少し地球の文化にやられてるが気にしないでもらいたい
本題だが子供たちがグループに分かれて旅行に行くいう情報を得たのも私だ」
冥王「だからどうした、しかし続きを聞いてやらん事もない」
ユーゼス「夏の旅行と言えば?ふふふ・・・これだけ言えば気付いて貰えると思うのも私だ」
冥王・愁・淫「ククク・・・」
冥王「アレをやるというのか、くだらん!だが簡易次元連結システムを使っても良いのなら加わってやらんこともない」
愁「グランゾンの力を持ってすればその計画を遂行する事など造作もありません」
淫グラム「なるほど、その為の霊帝とまつろわぬ霊達か」
ユーゼス「その通り、だが子供達には参加したら褒美をやるのも私だ」
ケイサル「その褒美とは、空がよく見える景色の良い場所だ」
ユーゼス「3つの場所とメンバーを後で発表する、その後それぞれ現地に行ってもらう
下調べをし仕掛けを作ってもらう、仕掛けにはまつろわぬ霊達を使って欲しいのも私だ
ただし条件が一つ、必ず景色の良い場所に自然と着くようにする事
注意事項は気絶しないようホドボドにだ」
冥・愁・淫「いいだろう」
ケイサル「ははははは、お前達が必要な悪霊は私が読んでおく
前日までに何体いるかこのネシャーマに伝えてくれ」
冥王「了解した」
愁「ではユーゼス後でまた」湯「わかっているのも私だ、ては一旦解散するのも」
ユーレーズ・ケイサル「私だ」

272 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 07:25:44 ID:XE0iPgr5
>>270
ダイバースーツなら体型次第でどっちとも取れる外見になると思うわけで。

というわけでダイバースーツに一票

273 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 10:20:39 ID:EyVfJh8B
今気付いたんだが


タカヤは?

274 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 10:24:16 ID:85F8czId
>273
二人の姉に先手を打たれて拘束されておりまする。

275 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 10:39:51 ID:nXbbzRZe
>>258
バイト組をのぞくとまだ予定がない奴は一年生組+ラキアと地獄少女と長門ぐらいしかいねーな

>>273
一瞬タカヤって誰?と思ってしまった

276 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 11:02:12 ID:oU6w0nNe
>>271
ちょwww白獅子仮面wwwww

277 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 14:51:07 ID:ApQam8mD
レイナ「図書館に夏休みの課題に使う資料探しにきてみたら」
クリハ「あなたたちも資料探し?」
レラ「ううん…ここ涼し…本いっぱいある…」
ルサイケ「毎日…来てる…」
レイナ「まぁ『真夏の太陽の下、元気イッパイ!』なキャラじゃないもんねぇ」
クリハ「二人には似合ってるけど…所で何読んでるの?」
レラ「ネクロノミコン…」
ルサイケ「セラエノ断章…この図書館…侮れない…」
レイナ「…市営のくせに驚異の蔵書ね、ここの図書館」

278 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 15:57:23 ID:nXbbzRZe
アークのAA
  __
'   へ
| |二二ヽ |
ノ d|・∀・ノ.|

ええ、アホ神子様をそのまま流用しました

279 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 16:12:44 ID:GRGUZ52/
>>278
GJ!でも流石にバンダナ?はないと思うので消してくだせえ
でもバンダナなくなったらデコ広っ


280 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 16:21:30 ID:nXbbzRZe
>>279
アークのAA
  __
' へへへ
| |ヽヽヽ |
ノ d|・∀・ノ.|

バンダナを髪の毛に変えてみた


281 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 16:23:57 ID:nXbbzRZe
>>280
アークのAA
  __
'へへ へ
| |ヽヽヽ |
ノ d|・∀・ノ.|

駄目だ携帯からだとよくわからない……
誰か修正たのむ

282 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 17:04:01 ID:GRGUZ52/
>>281
   __ 
  'へへヘ
 <| |ヽヽヽ |ゝ
 ノd|・∀・ノ.| 

俺のイメージに合わせてアレンジしてみた
どう見てもT○AのEDのアイツです本当に(ry

283 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 18:40:07 ID:D3+98pC4
>>277
おいその図書館、大学にある秘密図書館だろ
他にも金糸篇、エイボンの書、無銘祭司書、ナコト写本とかあるんだろ
皆までいわんでもいい、ちゃ〜んとわかっているからな

284 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 18:41:23 ID:WBrrd9P+
>>277
レラ、それはラテン語訳か、それとも原典か。

285 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 18:46:34 ID:mn2LJHc1
ttp://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/7751.jpg

286 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 19:02:56 ID:6Qk+aT0E
誰か>277と>>283の元ネタ解説頼む。

287 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 19:11:09 ID:wAn+u2xR
>>286
クトルゥフとデモンベイン。
しかしオレの中ではこの図書館は動かない大図書館。
司書はもちろんコ悪魔の人。

288 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 19:11:36 ID:2Af8HX3H
>>286
クトゥルフ神話大系で登場する魔道書の名前。
ちなみに『金糸篇』は正しくは『金枝篇』。

289 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 19:41:42 ID:A71W9sK+
>>285
絵師様お久しぶりGJ! だから夏って好きなのさ!
しっかしゼラドもさることながら、アオラ…。
海岸に居合わせたお姉さま方に拉致られそうだなwww

290 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 19:53:05 ID:2Y691OY4
>>285
後ろのはアオラですか? アオラ細っ! なんというか、女の子よりも女の子らしい男の子ですな。(意味不明)これは女性陣に人気が出るわけだ。GJです。

291 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 20:41:31 ID:Tsb+zmH1
>>287
自分的には蓬莱学園の旧図書館を思い出したっス。
魔導書だの奇書だの集めすぎて中の時空が歪んじゃったあげく
図書委員会の組織した整理整頓隊が全滅しちゃったアレ。

………

よ、4人ともそれ以上奥に進んじゃダメだー!!

292 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 20:57:52 ID:GRGUZ52/
>>285
夏を感じさせる絵でいいですなぁ
Good Job!

293 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 21:27:16 ID:Qd+6HI93
レイナ「はい、突然ですが、夏休みを目前に控えての腹筋チェックのお時間です。
    司会は私、レイナ・レシタールが勤めさせて戴きます。
    特別講師として、シュウヤ・シラカワさんをお迎えして・・・って、あんた何やってんのよ?」
シュウヤ「いえ、早速チェックを・・・う〜む、レイナ君のお腹は絶妙な脂肪加減dぶるぁぁぁぁぁ!?」
レイナ「・・・失礼しました、では早速チェックに行きましょう! ほら、行くわよ、シュウヤ!!」
シュウヤ「うぬっく・・・わ、解りました」

レイナ「トップはやはりこの人、ゼラドさんから行ってみましょう! GO!! シュウヤ!!」
シュウヤ「はいはい・・・ちょっと失礼・・・」
ゼラド「うひゃは!? な、何々!?」
シュウヤ「ふむ・・・鋼鉄の四次元ポケットを備えた胃袋を収めたゼラド君のお腹は、非常に触り心地が良いですね」(プニプニ)
ゼラド「ちょ、あひゃひゃひゃ!! シュウヤくん、くすぐったい!」
レイナ「どうですか、先生」
シュウヤ「実に触り心地が良いお腹でした、腹筋具合も絶妙です
     ゼラド君、この調子で精進して下さい」
ゼラド「う、うん・・・」

レイナ「では、次はクリハさんをチェックしてみましょう!」
シュウヤ「では、失礼」
クリハ「な、何するのよ!?」
シュウヤ「ほほう・・・クリハ君は非常に良いクビレをしていますね、適度な腹筋・・・いい仕事してますねぇ〜」
レイナ「おおっと、早速出ました、先生の「いい仕事してますね」!!」
クリハ「そ、そう?」(テレテレ)
シュウヤ「超健康ドリンク・クリハ汁のお陰ですね。 コレならば、意中のあの人もヘソ出しルックで悩殺です」
クリハ「本当!?」
シュウヤ「ええ、お腹を冷やし過ぎない程度に悩殺して下さい」
レイナ「流石先生、フォローも忘れません! では次は今にもこっちに殴りかかってきそうな、意中のあの人に行ってみましょう!」

トウキ「シュウヤ・・・てめぇ・・・・」(ビキビキ)
シュウヤ「はっはっは、余り気にしない様に・・・と言う訳で、失礼」
トウキ「ぬわ!? 何しやがる!?」
レイナ「どうですか、シュウヤ先生?」
シュウヤ「ぬぅ・・・これは・・・・トウキ君」
トウキ「な、何だよ」
シュウヤ「最近自主トレサボっているでしょう? 筋力が少々落ちていますね・・・・」
トウキ「ギク! い、いやぁ・・・最近暑くてさぁ、バイトも忙しいし・・・」
シュウヤ「その様な事ではいけませんね、トレーニングは再開した方がいいですよ」
トウキ「はい、そうします・・・」
レイナ「いい感じにヘコませた処で、双子の片割れに行ってみましょう」

ミナト「おいおい、俺もやんのかよ?」
シュウヤ「勿論です! では、失礼」
レイナ「トレーニング不足の兄に比べてどうですか、先生?」
シュウヤ「うむ! 非常に良い腹筋です! 脂肪と筋肉のバランスも良し」
ミナト「俺はちゃんとやってるからな、兄貴と違ってw」
トウキ「ぐ・・・」
レイナ「では、ちょっと羨ましそうに見ていたアイミさんに行ってみましょう」

アイミ「ちょっと、レイナ! 変な事言わないでよ!!」
レイナ「気にしない気にしない♪ 先生、やっちゃって!」
シュウヤ「はぁ・・・では・・・」
アイミ「や、ちょっと・・・くすぐったい!!」
シュウヤ「・・・これは素晴らしい! 胴回りの脂肪率が低いのは難点ですが、それを補う発達した腹筋!!
     いい仕事してますよ、アイミ君!!」
レイナ「おおっと、ここでも出ました、先生の「いい仕事してます」!!」
アイミ「まぁ、筋トレ頑張ってるし」
レイナ「では、次に・・・おっと、バルマーズが帰って来た様です、早速チェックしてみましょう!」

294 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 21:29:41 ID:Qd+6HI93
ルナ「こちらの梅雨とやらは、蒸すのぉ〜・・・にゃは!? な、何をする!!」
キャクトラ「シュウヤ、貴様ぁ!!」
シュウヤ「腹筋チェックです! ふむ、ついでに・・・」
キャクトラ「うひゃひゃひゃ!! や、やめろ!!」
レイナ「どんな感じですか、先生」
シュウヤ「ルナ君は筋肉についてはそれほどでもありませんが、脂肪の付き方が理想的ですね。
     いつもキャクトラ君をパシりに使っているとは思えません」
ルナ「う・・・そ、それはだな・・・」(ゴニョゴニョ)
シュウヤ「キャクトラ君は思ったよりも平均的な胴回りですね、親友と鼻血吹きまくっているのが原因でしょうか?」
キャクトラ「い、いや、それは違うぞ!!」
シュウヤ「しかし、それよりも重要な事が解りました・・・キャクトラ君は脇腹が弱い!!」
レイナ「おおっと、これは重大事実判明です!」
ルナ「ほぅ・・・そうなのか、キャクトラ? ほれほれ」(コチョコチョ)
キャクトラ「ル、ルナ様! やめてくdわひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
レイナ「じゃれあってる姫と従者はほっといて、次はヘタレ演劇バカに行ってみましょう」

ハザリア「演劇バカは良いとして、ヘタレとは何だ、ヘタレとは!!」
シュウヤ「事実ヘタレでしょう、では・・・」
レイナ「前回チェックした時はムニョンプニョンだったヘタレの腹筋はどうですか?」
シュウヤ「こ、これは!! 非常にビルドアップされています!! カットも素晴らしいですね!!」
ハザリア「ふふん、あの暴力鉄球女にしごかれているからな、これくらい同然だ!」
シュウヤ「むむぅ・・・非常にいい仕事してますねぇ・・・・ランさんが」
レイナ「また出ました!! ランさんにいい仕事発言! 本日三回目です!!」
シュウヤ「ランさん頑張りましたね、あのお腹をここまでにするとは・・・」
ハザリア「黙れ、黙れよ!! 俺だって頑張ってるんだぞ!!」
レイナ「さぁ、ヘタレは置いといて、次はあそこで壁にもたれかかっている純情少年に突撃です!」

ヴィレアム「ODE(俺の腹は出てもなければへこんでもいない・・・いいのか?)システムだ・・・」
シュウヤ「しっかりと調べさせて戴きます、では・・・」
ヴィレアム「む・・ぬ・・・」
レイナ「・・・どうですか、先生?」
シュウヤ「ふむ、やはりこちらも普通の腹筋ですね。
     前はもう少し筋量があったと思いましたが、やはり親友と鼻血吹いているのが原因でしょう
     もう少し、耐性を付けなさい」
ヴィレアム「ど、努力しよう・・・」
シュウヤ「ですが、ここでも重大な事実が判明しました・・・ヴィレアム君は背中をツーってされるのがイイみたいですね、ツーって」
ヴィレアム「な、何!?」
レイナ「ほっほ〜う、そんな秘密が・・・こんな感じ?」(ツー)
ヴィレアム「ぬぁ!? や、やめろレイnうひ!?」
レイナ「おほほほほほ! これは面白いわねw」
ヴィレアム「わひゃ! いい加減にしろ!!」
レイナ「私の前でこんな秘密を晒すのが悪いのよ! ホレホレ」(ツツー)
ヴィレアム「うひょ!? だ、だかrいひ!!」

シュウヤ「・・・ちょっと、レイナ君? おーい・・・
     はぁ、B組はどうするつもりなんでしょうかね?」
レイナ「ん? もうちょっとw」(ツツツー)
ヴィレアム「あひ!?」


B組その他の電波もあるが、今回はこれまで。
希望があれば書くぞ。

295 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 21:39:18 ID:nXbbzRZe
>>294
書いて下さい、お願いします

個人的イメージとしては
アーク→某レプリカ並のナイス腹筋
咲美→少し脂肪がついてる
レラ→くびれ美人
ルサイケ→細い
ゼフィア→鉄
スレイチェル→モデル並のナイスくびれ

296 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 21:41:02 ID:wJlbq0mx
>>294
お願いします。
ところで今活動してるB組って誰がいたっけ?
アーク、咲美、レラ、ルサイケ、カルぐらいしか分からん

297 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 21:46:37 ID:O8QIUoA8
>>277

レラ「あ……ヒュ…ゴ…先…生」
ルサイケ「あそこ…貸し出し禁止図書…危険な本…いっぱい…」
レイナ「むむ、なかなか怪しいわね」
クリハ「どうするの?」
レイナ「ふふ、任せなさい。諜報員たるもの、双眼鏡は標準装備よ。
     え〜と、なになに……エ…ミ…グ…レ?」
ルサイケ「エミグレ文書……ガクガクブルブル」
クリハ「え?何?そんなやばいの?」
レラ「死者…蘇…す方法…書かれてる…
   でも…成功例…ない…失敗すると…マリス…化け物…生まれる…」
クリハ「うわ、やばそ〜」
レイナ「そんなもの使っていったい誰を?まさか昔恋人を失って……」
ヒューゴ「んなわけあるか」
レイナ「ひゃっ!ヒ、ヒューゴ先生!」
レラ「先生…あれ…かなり…まずい…」
ヒューゴ「いや、知ってるんだがやけに気になってな。なんでかな〜」

298 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 22:00:47 ID:zJ+Uiqv2
それなんて吸血鬼の一条輝とかマッシヴなギギルとかワンワン鳴くシャアとかポン刀振り回すアヤトクンの出てくるゲーム?

299 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 22:26:01 ID:AN6BPTos
ああ、あのガチで掘られるやつw

300 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 23:26:17 ID:GRGUZ52/
>>296
志村ー!ラッシュ!ラキ!

301 :それも名無しだ:2006/07/17(月) 23:27:19 ID:GRGUZ52/
ヤバ、やつら1年だったな。>>300は忘れてくれ・・・

302 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:17:53 ID:mlWHgwe/
レイナ「さて、心ゆくまでヴィレアムを弄った事だし、腹筋チェック再開です!!」
シュウヤ(ヴィレアム君も可哀想に・・・十分近くも弄られていましたからね・・・)
レイナ「ん? シュウヤ、とっとと行くわよ! 時間押してるんだから」
シュウヤ「それはあなたの所為でしょう・・・」

レイナ「と言う訳で、B組にやってきました。
    手近な処から、あそこでネックハンギングツリーをしてる二人に行ってみましょう」
シュウヤ「いや、危ないと思いますg「いいから行く!」・・・解りましたよ・・・」
咲美「このバカ兄が・・・って、何、シュウヤ?」
シュウヤ「はい、腹筋チェックです」(サワサワ)
咲美「や! ちょ!! にゃはははは!!」
アーク「ぐぎぎぎギブgぬおぉぉ!!?(ゴギン)ぐわぁぁぁぁ!!!?」
シュウヤ「おお、頭から落ちましたね・・・・大丈夫ですか、アーク君?」(サワサワ)
アーク「あがががが・・・シュ、シュウヤ・・・腹じゃなくて、首! 首!!」
レイナ「で、どうでしたか、先生?」
シュウヤ「はあ・・・咲美君は、まぁ、標準的な体型ですが・・・少し体脂肪が多い様ですね」
咲美「う!? ひ、人が気にしている事を・・・」
シュウヤ「まぁ、ぽっちゃりとまでは行きませんし、私はそれくらいの方が好きですね。 触り心地も良いですし」
咲美「え・・あの、その・・・」(モジモジ)
シュウヤ「しかし・・・アーク君・・・」
アーク「な、何だよ・・ってて・・・」
シュウヤ「結構着痩するタイプだったのですね、筋肉は思いの他ありましたが・・・それにつけても、脂肪が多すぎます」
アーク「マジkででででで!!」
シュウヤ「ああ、大丈夫ですか? 首が曲がったままですよ?
     取り敢えず、あの打たれ強さは、その脂肪の多さによる物なのでしょうが・・・正直多すぎます。
     もっとシェイプしましょう」
アーク「あ、ああ・・・そうする・・・ぬぐぐ・・・」
シュウヤ「保健室に行った方がいいですよ、あそこなら・・・多分直してくれるでしょう」
アーク「やだよ! あんな拷問紛いのヨガ受けんの!!」
シュウヤ「いや、しかし・・・」
レイナ「はいはい、時間押してるんだから、構ってないで次行くわよ」
シュウヤ「・・・だから、それはレイナ君の所為でしょう」

レイナ「あら? うちのクラスで見ないと思ったら、ここでレラとつるんでたのね。
    では、あそこの地獄少女コンビをチェックしましょう!」
シュウヤ「はいはい・・・」
レラ(キュピン)「?」
ルサイケ(キュピピン)「・・・? どうかされました・・・シュウヤ先生?」
シュウヤ「腹筋チェックです、では失礼」
レラ「??」
ルサイケ「???」
レイナ「・・・何か反応薄いわね。 どうですか、先生」
シュウヤ「ふむ・・・うん・・・二人とも・・・」
ルサイケ「はい?」
レラ「・・・?」
シュウヤ「もっと・・・ご飯、食べましょう? ちょっと、細すぎですよ。
     特にレラ君は顕著ですね・・・どこの栄養失調児かと思いましたよ・・・」
レイナ「そんなに凄いの?」
シュウヤ「ルサイケ君は、まぁ、スレンダーで何とかなるのですが・・・レラ君は度が過ぎていますね。
     ルサイケ君、今度私の家で料理を教わりに来る時は、レラ君も連れてきなさい
     一緒にご飯食べましょう」
ルサイケ「はい、そうしますわ」
レラ「ん・・・ありがと・・・」
レイナ「で、では次に行ってみましょうか」

303 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:18:54 ID:mlWHgwe/
レイナ「はい! と言う訳で、一年生の階へやって来ました!
    と、早速目標発見! シュウヤ、GO!!」
シュウヤ「いい加減、疲れてきましたね・・・」
アオラ「あ、シュウヤ先輩、どうしたんスか?」
シュウヤ「いや何、腹筋チェックですよ」
アオラ「へ? のわ!?」
シュウヤ「ふ〜む・・・サークル活動でデスクワークが多いのか、少々細いですね。
     と言うか、あれだけ食べてなぜここまで細いのか・・・激しく疑問です」
アオラ「そうっスか? 普通だと思うんスけど・・・」
シュウヤ「もう少し、筋肉を付けた方が良いかもしれませんね」
アオラ「ウッス」
レイナ「では、お隣の勤労少年に行ってみましょう」
ラッシュ「お、俺もですか?」
シュウヤ「ばっちりチェックしますよ」
ラッシュ「は、はぁ・・・」
シュウヤ「ふむ、ラッシュ君は日々アルバイトで肉体労働をしているのが効いているのか、結構筋肉が付いていますね。
     これなら、今年の夏も大丈夫です! 元気にアルバイトして下さい!!」
ラッシュ「はい、頑張ります!」

ルル「アオラ様の腹筋をナデナデするシュウヤ先輩・・・い、いけませんわ、そんな・・・」(ハァハァ)
真龍「ああ・・・ラッシュの腹筋・・・」(ハァハァ)
レイナ「あそこでハァハァしてる、腐女子二人組もついでにチェックしちゃいましょう」
ル&真「「え!?」」
シュウヤ「はいはい、では失礼して・・・」
ルル「あは・・ちょ・・・」
真龍「ん・・・あ・・」
レイナ「どうでしょう?」
シュウヤ「ふむ・・・二人とも、なかなか良いお腹ですね、非常にグラマラスです。
     ご両親を鑑みれば、納得のナイスバディですよ!」
ルル「あ、ありごとうございますわ」
真龍「ど、どうも・・・」
シュウヤ「しかし、二人とも敏感ですねぇ・・・これは、あの二人も大変ですね、うんうん・・・」
ル&真「「・・・・・」」(真っ赤)
アオラ「なぁ、ラッシュ・・・今年の夏はこのネタで行くか」
ラッシュ「奇遇だな、俺もそう思っていた処だ」
レイナ「ちょっと、親父臭い発言が出た処で、ちょうど帰って来た彼女にも行ってみましょう!!」

ラキア「ん? なんだ?」
ラッシュ「え!? ちょ、先輩! 姉さんまでチェックするんですか!?」
シュウヤ「勿論、全員チェックです! と言う訳で、失礼」
ラキア「む、くすぐったいぞ!」(ゴスゴス)
シュウヤ「・・・・・・むぅ、これは!」
レイナ「どうでしたか、先生!?」
シュウヤ「非常にスレンダーな体型ながらも、出る所は出て引っ込む所は引っ込む・・・非常に良い仕事していますね!!」
レイナ「おおっと、ここでも良い仕事発言! 今回は豊作ですね!!」
ラッシュ「・・・あの、シュウヤ先輩?」
シュウヤ「何ですか?」
アオラ「す、凄い勢いで頭から血ぃ出てるんスけど・・・・」
シュウヤ「全くもって、気の所為です! では、次に行きましょう」
レイナ「・・・そ、そうね」
ラキア「何なんだ、一体?」
真龍「さ、さぁ・・・?」

304 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:21:31 ID:mlWHgwe/
レイナ「さぁ、お次は三年生です!」
シュウヤ「(ゴクゴク)・・・ぬっく・・・・これは・・キク・・・」(フラァ)
レイナ「何やってんのよ、あんた?」
シュウヤ「いえ、ちょっと、栄養補給に一万倍に薄めたクリハ汁を・・・これだけ薄めても凄い効き目です・・・」
レイナ「・・・・バカやってないで、さっさと行くわよ。 ここには、最大の障壁かつ今回の目玉のあの人がいるんだからね」
シュウヤ「ええ、解っていますよ!」

レイナ「お、丁度良く二人揃ってるわね」
ゼフィア「む? どうした二人とも、ここに来るとは珍しいな」
スレイチェル「うむ、組み合わせもヴィルベル」
レイナ「腹筋チェックに参上しました! さ、やっちゃって、シュウヤ!!」
シュウヤ「はい、ではゼフィア先輩から失礼します」
ゼフィア「な、何?」
シュウヤ「ぬぅ・・・これは!!」
レイナ「どうですか、先生!?」
シュウヤ「岩の様な腹筋! 激しいカッティング!! ボディビルダーも真っ青な腹筋ですね!!」
ゼフィア「う、うむ、鍛錬を欠かした事は無いからな」
レイナ「では・・・本命スレイチェル先輩n
スレイチェル「ヴィルベル!!」
レイナ「逃げた!?」
シュウヤ「フッ・・・逃がしません!!」
スレイチェル「ヴィルベル!?」
レイナ「でかした、シュウヤ!!」
シュウヤ「ククク・・・・・この程度ならば、私でもまだ反応出来る速度ですよ」
スレイチェル「ならば・・・ヴィルベル!!」
シュウヤ「ぬ!? 本気を出してきましたね!!」

305 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:23:20 ID:mlWHgwe/
-----五分後------

シュウヤ「はぁ・・・はぁはぁ・・・」
スレイチェル「ふぅ・・・ふぅ・・・なかなかヴィルベル・・・」
レイナ「そこまで嫌がりますか・・・・」
ゼフィア「いい加減にしないか、二人とも」
スレイチェル「しかし・・・・」
シュウヤ「はぁ・・はぁ・・・な、ならば・・・はぁ・・・ゼフィア先輩が・・・調べて下さい・・・」
ゼフィア「な! お、俺がか!?」
スレイチェル「ふぅ・・・ふぅ・・・・・・・・・・・・・・ゼフィアならヴィルベル」(ボソ)
レイナ「おっとぉ! 本人の承諾も出ました!!」
ゼフィア「な、何ぃ!?」
シュウヤ「はぁ・・はぁ・・・ふぅ・・・・・・仕方がありませんね、ここはゼフィア先輩に譲るとしましょう・・・残念ですが」
ゼフィア「お、お前達・・・・」
スレイチェル「・・・・・・・・・・・・」(ズイッ)
レイナ「おおおっと、スレイチェル先輩、無言のアピールかぁ!!?」
シュウヤ「もう、がばっと行って下さい!!」
ゼフィア「ぬ、ぬぅぅぅ・・・・」
スレイチェル「・・・・・・・・・・・・・・・・・」(ズズイッ)
ゼフィア「う、む・・・・さ、さわるぞ?」
スレイチェル「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヴィルベル」(ズズズイッ)
レイナ「じぃ〜〜〜〜・・・・」(ドキドキドキドキ)
シュウヤ「じぃ〜〜〜〜・・・・」(ワクワクワク)
ゼフィア「・・・・・」(サワサワ)
スレイチェル「・・・ん・・・!・・・」
ゼフィア「・・・・ぬぅ」
レイナ「どうでしたか、ゼフィア先輩!!?」
シュウヤ「是非感想を!!」
ゼフィア「ぬ・・む・・・・・や、やわらかかった・・・ぞ・・・・?」
レイナ「他には!?」
ゼフィア「う?・・・ま、まぁ・・・・触り心地は・・・よかっ・・・た・・・・」
スレイチェル「・・・・・・・・・・・実にヴィルベルだった」
ゼフィア「な!? スレイチェル、お前!?」
レイナ「ゼフィア先輩は意外とテクニシャン・・・っと」(メモメモ)
シュウヤ「ククククク・・・・周りに人が居ない所で良かったですね」(ニヤニヤ)
レイナ「じゃ、次に行きましょうか!!」
シュウヤ「そうですね!!」
ゼフィア「待て、お前達!!」

306 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:25:00 ID:mlWHgwe/
レイナ「ふぅ・・・ここまで来れば大丈夫ね・・・。
    ゼフィア先輩の追っ手を振り切って、最後に来たのはここ!!」
シュウヤ「しょ、職員室ですか!?」
レイナ「モチのロンよ!」

レイナ「失礼しまーす」
シュウヤ「はぁ、失礼します」
ルアフ「おや? レイナ、どうしたんだい? もしかしてパパに会いたくて、ここに来てくれたのかい?」
レイナ「違うわよ! じゃ、シュウヤ、手始めにそこのエセ霊帝から腹筋チェック開始!!」
シュウヤ「え? はぁ・・・では、失礼致します・・・」
ルアフ「腹筋チェック? ふふふ・・・ボクは伊達に半裸でいるわけじゃないからね、肉体には自信があるよ?」
シュウヤ「ん?・・・・う〜ん・・・・」
ルアフ「どうだい、ボクの肉体美!」
シュウヤ「・・・失礼ですが、ルアフ先生・・・最近、お腹の辺りが張ってきていらっしゃいますね・・・・・。
     他は特に問題は無い様ですが・・と言うか、貧弱な訳ですが・・・飲み歩くのは控えた方が良いと思います・・・・」
レイナ「ほ〜ら、見なさい! やっぱりじゃないのよ!!」
ルアフ「・・・・・・少し控えようかなorz」

レイナ「では、我らが担任のラミア先生に行ってみましょうか」
ラミア「腹筋チェック? わたくし、ウェストには自信があるのでございますですわよ」
シュウヤ「では・・・」
ラミア「・・・・・どうでございますかしら?」
シュウヤ「これは、かなりのプロポーションですね、無駄な贅肉もありませんし・・・・良い仕事されていらっしゃいます」
レイナ「おっと、出ました良い仕事発言!」
ラミア「ま、当然だな」

レイナ「では、ラミア先生のライバルと名高い、女子体育のエキドナ先生に行ってみましょう」
エキドナ「フ・・・ラミアには負けん!」
シュウヤ「は、はぁ・・・では・・・・」
レイナ「・・・どうですか、先生」
ラミア「シュウヤ、解っているだろうな・・・・?」
エキドナ「どうなんだ? シュウヤ」
シュウヤ「え〜・・・と・・・・・そ、その・・・非常に発達した腹筋をしていらっしゃいます。
     皮下脂肪は少なめですが、筋量に対してバランスの良い脂肪量だと思います・・・・。
     その・・・・良い仕事をしていらっしゃいます。
     ですから・・・です・・から・・・ほ、方向性が違うと言う事で、一つご容赦を!!」
ラミア「はぁ〜・・・駄目だな」(カキカキ)
エキドナ「ふぅ・・・・いかんなぁ」(カキカキ)
シュウヤ「を゙お゙!? つ、通知表の査定にマイナスの棒がぁぁぁぁぁ〜〜!!!?」

レイナ「ほら! へこんでないで、次に行くわよ!!」
シュウヤ「あぁぁぁ・・・・・orz」
レイナ「次は、あそこで昼ドラ見ながら煎餅食べてる、用務員のアクセルさんに行ってみましょう!!」
アクセル「あ? 腹筋チェック? 俺はあんまり腹筋に自信がないんだな、これが」
シュウヤ「はぁぁぁ・・・・失礼します・・・・」
アクセル「どうだ?」
シュウヤ「・・・ん、自信が無いと言われる割には、かなり良いものをもっていらっしゃる。
     もっと、こう、前面に押し出していいと思いますよ」
アクセル「ん、そうか?」

307 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:26:20 ID:mlWHgwe/
レイナ「では、数学のミッテ先生に突撃!」
ミッテ「・・・・あたしもやるの?」
シュウヤ「勿論です、チェックさせて戴きます! 失礼・・・」
ミッテ「・・・・・・・」
レイナ「・・・・どう?」
シュウヤ「これは・・・全くもって失礼な言動ですが、年齢と比較しても非常に若々しいプロポーションをしていらっしゃいます。
     凄く、こう・・・男性を惹きつけると言うか・・・何と言うか・・・・ぶっちゃけ、私は好きですね
レイナ「ぶっちゃけたー!?」
ミッテ「・・・・・」(小さくガッツポーズ)

レイナ「さぁ、今度は生活指導と学年主任を兼任する体育教師、アルベロ先生です!」
アルベロ「はっはっは、まだまだ若いもんには負けんぞ!」
シュウヤ「はい、失礼します」
レイナ「見るからにマッシヴなアルベロ先生は、どうですか?」
シュウヤ「ええ、激しくマッシヴです! 腹筋とかもボッコボコですよ!!
     ゼフィア先輩より激しいですね!!」
アルベロ「はっはっは、そうだろう!?」

レイナ「では、最近影が薄くて悩んでいると噂の社会科のヒョーgゲフゲフン・・・ヒューゴ先生に行ってみましょう!」
ヒューゴ「・・・ま、いいけどな」
シュウヤ「・・・・・・・・むぅ・・・これは・・・」
ヒューゴ「どんなもんだ?」
シュウヤ「すごく・・・メカメカしいです・・・・」
ヒューゴ「いや〜、半分メカだしなぁ!w」
シュウヤ「これ・・・内臓全交換ではありませんか? 先生」
ヒューゴ「ははは、サイボーグだし」

レイナ「じゃ、最後にこの人か・・・・・水着の伝道師、アクアせんせ〜・・・・」
アクア「あの、すっごく投遣りじゃない?」
シュウヤ「はっはっは・・・気の所為ですよ〜・・・」
レイナ「で、どうよ?」
シュウヤ「ええ・・まぁ・・・はい・・・そうですね・・・・そうですよね?」
レイナ「そうですね・・・」
アクア「え? え? 何、何が?」
シュウヤ「その・・・はぁ・・・・何と言うか、テンションも・・・・うん・・・下がり切った事ですし・・・
     そろそろ、ここらで切り上げましょうか、レイナ君」
アクア「へ? ちょ、何で?」
レイナ「そ〜ね、なんかテンション下がっちゃったし、終わっときますか・・・・」
アクア「いや、何で!?」

レイナ「テンションも下がった処で、これにて、腹筋チェックを終了します。
    それでは皆さん、ごきげんよほ〜・・・はぁ・・・・」
アクア「だから何で!?」

308 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:31:24 ID:mlWHgwe/
???「ちょっと、シュウヤ!! 何でこんな大事な事でボクをスルーするんですか!?」
シュウヤ「ああ、クリスですか・・・」
クリス「ああ、じゃないですよ!! ほら、マキネも何か行ってやって下さい!!」
マキネ「い、いや、あたしはいいって・・・!」
クリス「何を言っているんですか! 常日頃、アイミの腹筋には負けないって言ってるじゃないですか!?」
マキネ「そ、そりゃ、そうだけどさ・・・」
レイナ「・・・チェックしてあげたら?」
シュウヤ「えぇ〜・・・」
クリス「えぇ〜、じゃありませんよ!! ほら、チェックチェック!!」
マキネ「ちょ、クリス!」
シュウヤ「はぁ〜・・・・ま、こんなものでしょう・・・」
マキネ「って、触りもせずに終了かい!!」
クリス「手抜きにも程がありますよ!?」
シュウヤ「いや、ねぇ・・・二人とも、見なくても解ると言うか・・・・・。
     大体、クリスは家に居る時は、風呂上りとかでいつも素っ裸でしょう? ちゃんと服を着なさい」
クリス「う・・・・」
シュウヤ「マキネはマキネで、最近は家に涼みに来るとバッサバッサシャツで仰いでいるでしょう・・・・。
     この際ですから言わせて戴きますが、あなたの胸は小さくないんですからブラジャーくらい付けなさい・・・」
マキネ「う、うるさいなぁ! 暑いんだから仕方ないだろ!
    そ、それに・・・ブラ付けると、何か苦しくて邪魔臭いんだよね・・・」
シュウヤ「はいはい・・・今ちょっと、テンションが激落ちしていますから、また後で・・・・」
クリス「あ、コラ! 待ちなさい!!」

レイナ「で? 本当の処、どうなのよ?」
シュウヤ「ん? ああ、あの二人は、褒めると調子に乗りますから、あれくらいで良いのですよ。
     ま、クリスは私が気を付けてますから、プロポーションで言ったらかなり良い方ですね。
     マキネは・・・まぁ、ちょっと筋肉付け過ぎでボディビルダーなりかけですが、バランスの良い体つきですよ」
レイナ「言ってあげればいいのに」
シュウヤ「フッ・・・冗談を言わないで下さい。
     これ以上あの二人に調子に乗られて、疲れるのは御免ですよ」
レイナ「ふ〜・・・ん」(ニヤニヤ)
シュウヤ「何ですか?」
レイナ「ん〜ん、な〜んでもない」
シュウヤ「ふぅ・・・変な事言いふらさないで下さいよ?」


と言う訳で、腹筋チェックネタ終了。
激しく長い・・・・orz
すまないが、適度にスルー・・・できるほど短くないな・・・・ごめん。

309 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:32:45 ID:Jvf3ICRu
いい加減アクアの扱いがなんだかなぁ…
いじられキャラってのはわかるんだが、だからってないがしろにし過ぎというかなんというか…

310 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:33:43 ID:qaCEfuBU
>>302-308
GJ!お疲れ様。
しかしマキネを見るのは実に何ヶ月ぶりだろうw

311 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 01:36:27 ID:QWnmiAPG
なんでイルス先輩に挑まない!w

だけど好き勝手やっているように見えて
所々で酷い目にあっているシュウヤに萌えた、GJ!

312 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 03:04:37 ID:sw3uZgIX
ラミア「そういえばヒューゴ先生はサイボーグだったわけだな」
ヒューゴ「はっはっは。チョバムアーマー装備は欠かせませんよ〜」
アクア「着けてるの!?」
ルアフ「じゃぁさぁ、もう生身ユニットでOGS出ちゃえばいいよ」
ヒューゴ「そっかぁ。そうだなぁ・・・。うーん」
アクア「なに、前向きに検討してるのぉ!?」
ラミア「じゃあパイロットはアクア先生ということで、無論カットイン付きで」
ルアフ「おぉっ、生身ユニットのカタルシスと無駄な乳揺れで、
 プレイヤーに食傷を起こさせようって魂胆だね!?」
アクア「はしたない上にダメな提案しないでください!」

313 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 03:41:06 ID:yQQbQTUM
イングラム『腹筋だと?ならば見よ、生前鍛えたこの体っ!!』
レイナ「・・・・・・・??」
クォヴレー「お前は一般人には見えてないぞ背後霊」
イングラム『ナヌ!?』
ディストラ「結構引き締まった体してたんですね元主人」
イングラム『死んだら太らないしな』
レイナ「なんだかよく分かりませんが、特別に久保さんの腹筋もチェックしてみようと思います!」
シュウヤ「ククク・・・・そマブの異名は伊達ではないというところを見せてもらいましょう」
クォヴレー「俺は久保ではないし、そマブなどという異名を持った覚えは
イングラム『いいから脱げよ』
クォヴレー「・・・・まあいい」(脱ぎ)
レイナ「あらら?予想してたほどマッチョじゃないですね。むしろ細身」
クォヴレー「必要以上に肥大した筋肉は敏捷性の妨げになる。俺の任務は潜入工作だから基本的に軽装備で活動するという事もある」
シュウヤ「ククク・・・・実用一点張りというわけですね」
レイナ「でもよく見ると針金をより合せたような筋肉があります。しかも普通使わないような細かい筋肉までくまなく発達してますね」
クォヴレー「効率的に素早く動く為には必要だ」
レイナ「それにしてもエロ・・・もといセクシ・・・・・もといそマブの異名に相応しいボディーですね!」
シュウヤ「素晴らしいですね、流石はそマブ」
クォヴレー「・・・・・何度も言うが俺はそマブなどと言う
ディストラ「・・・・ハァハァ・・・」
イングラム『久保よ、ディストラが捕食者の目で見てるぞ?』
クォヴレー「!?」
ゼラド「あーーー!!なにやってるの皆して!!お兄ちゃん脱いでるし!!」
ルナ「(///)と、父様・・・・・・・あの・・・その・・・・・(他の殿方とは全然違う・・・)」
レイナ「ややこしいのが来たから今日はこの辺で終了とさせていただきまーす!サラバ!!」
シュウヤ「ククク・・・・ではまたいずれ」
クォヴレー「待て、事態を収拾して行け
ゼラド「うわー・・・・改めて見るとイチダンと」
ルナ「(///)あ、あの・・・・触ってみて良いですか?」
ディストラ「(にじりにじり)」
クォヴレー「う・・・退くぞ!背後霊!」
イングラム『ええーー?』

314 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 17:05:22 ID:zw9iM9o5
>>313
実にそマブ(*´Д`*)

315 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 17:44:46 ID:7G8qoi/8
>>313を見てなんか変なの受信した。
クォヴレーは着衣を脱いだ!(ドラクエのエンカウント音以降ドラクエの戦闘BGMでお送りします)
ディストラが現れた!ディストラはハァハァしている!
クォヴレーは驚き戸惑っている
ゼラドが現れた!ルナが現れた!
ゼラドはハァハァしている!ルナはハァハァしている!
クォヴレーは驚き戸惑っている
ディストラはクォヴレーににじり寄った!ゼラドはクォヴレーににじり寄った!
ルナはクォヴレーににじり寄った!
クォヴレーは逃げ出した!・・・しかし回り込まれてしまった!
町娘Aがあらわれた!町娘Bがあらわれた!町娘Cが現れた!
クォヴレーはディス・レヴからメイオウを召喚した!
しかしディストラはハァハァしている!
ディストラの攻撃!クォヴレーの上半身の動きがふ封じられた!
ゼラドとルナのコンビネーションアタック!クォヴレーの下半身の動きが封じられた!
町娘達は仲間を呼んだ!町娘達がどんどん押寄せてくる!!
クォヴレーに65535のダメージ!!クォヴレーは力尽きた・・・

このあとクォヴレーはディストラ達がおいしくいただきました。



さて・・・ダメージ覚えてなかった責任とってゴルディオンクラッシャーでも喰らってくるか

316 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 18:40:21 ID:PGNfigXX
>>315よ光になれええええええ!!!

ついでに
>>277
その図書館の持ち主はやっぱりマイかレビなんだろうな・・・

317 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 20:06:51 ID:yP3DGkKR
ゴソゴソ…
アイミ「これは小さいかなぁ…」
レイナ「うわっ、何?この水着の量…で、何やってんのよ?」
アイミ「こないだのレラ見てたらちょっとさみしいなと思って、何着かあげようかなって」
レイナ「こないだ貸してくれたのでいいんじゃないの?」
アイミ「サイズが大きいかなって思って」
レイナ「それもそっか…ん?これは…○ー○ー○ー○?」
アイミ「こんな着てたんだよねぇ」
レイナ「手伝ってあげる…この箱もそうだよね?」
アイミ「うん」
レイナ「よっと…きゃっ!!」ドシン!!
アイミ「大丈夫?」
レイナ「いたたた…ん?写真?」
アイミ「えっ?」
レイナ「海の写真ね…アイビスさん若ーい」
アイミ「セレーナさんだって」
レイナ「ん?この金髪の人誰かな?」
アイミ「誰かな…?ん?この男の子…」
レイナ「カル…君…?」
アイミ「うそ?でも…似てるよね」
レイナ「ちょっと待って…照合完了…」
アイミ「誰?」
レイナ「この金髪の女性、テュッティ・ノールバックさんみたいよ?」
アイミ「って事はこの男の子は…」
レイナ「カル君って事になりそうね」
アイミ「……」

レイナ「次号7月号につづく」
アイミ「Σ(゚д゚;)月刊!?」

318 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 21:51:52 ID:yQQbQTUM
夏だ水着だプールだでスレが加速してて実にトロンベ

319 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 21:52:42 ID:qaCEfuBU
しかしカル君の外見も気になるな

320 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 22:30:29 ID:yP3DGkKR
>>319
ザッシュ


しか考えられないのは何故なんだろう

321 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 22:31:03 ID:FmeLyg45
演劇部部室

ヴィレアム「そういえば、マリとリトゥの母さんは何してるんだ?専業主婦じゃないよな?」
マリ「当然だ、私の母さんは図書館の館長をしている、最近はルサイケとレラが怪しげな本を読みにきてるらしいがな」
ゼラド「へぇじゃあさ、リトゥのお母さんは?」
マリ「ラト母さんは、メイドカフェだ」
ヴィレアム「なんでまたメイドカフェを?」
マリ「さぁな、リトゥなら知ってるかもしれん」
ゼラド「なるほど」
ガラッ
ハザル「ここがバカ息子の部室か」
ヴィレアム「ハザリアの父さん?」
ゼラド「何しに来たんだろう?」
マリ「何をやっているハザリア、お前達も見え透いた演技に騙されるな」
ハザリア「だっ、黙れ黙れよマリ!」
マリ「ふん」
ハザリア「お前今鼻で・・・」
マリ「悔しかったら完璧な演技をしてみろ」
ハザリア「だが断る、しかし完璧な脚本と完璧な演出ならしてやらん事もない」

322 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 23:07:47 ID:i12QCJmj
>>305

ラン「ずるい・・・」
ゼフィア「? 何がだ」
ラン「ウチには腹筋チェックってやつしてくれへんの?」
ゼフィア「そもそもランはうちの学校の生徒では無いし、仕方ないだろう。しかし、そんなにシュウヤにチェックしてもらいたいのか?」
ラン「スレイチェルちゃんの腹筋チェックしたのは誰やったんかなぁ〜・・・(ボソ)」
ゼフィア「なッ!?そ、それはだな!」
ラン「スレイチェルちゃんにしたみたいにウチにもチェックしてやぁ〜」
ゼフィア「いや、あの時は、断れない状況があってだな」
ラン「なぁに?ウチみたいな鉄球女の頼みは断れるって言うんかぁ〜!」
ゼフィア「い、いや。そういうわけでは・・・」
ラン「なら・・・して。スレイチェルちゃんにしたみたいにしてや。スレイチェルちゃんだけってのはずるい〜」
ゼフィア「わかった、わかった。すれば気がすむのだな。」
ラン「よっしゃ、ど〜んと来い!ゼフィアちゃん!」
ゼフィア(思いっきりやるものでも無いと思うが・・・)「・・・わかった」
ラン「・・・ん・・・」
ゼフィア「ぬ・・・かたいな・・・」
ラン「そ、そりゃ鍛えとるからな・・・」
ゼフィア「筋肉だけでは無いようだな。そうとうこってるようだ。」
ラン「最近、みょ〜に腰が痛うてなぁ〜」
ゼフィア「ものはついでだ。マッサージでもしておくか」
ラン「ゼフィアちゃんそんなこともできるん?」
ゼフィア「父上や母上、イルス、たまにだがアークにもするな」
ラン「へ〜。じゃウチも頼むわ」
ゼフィア「任せろ。 最初は痛いかもしれんがじきに慣れるから我慢してくれ」
ラン「うちはこれでも打たれ強いからそういうのは平・・・「ふんっ」 ・・・い゙だだだだだだだだ!も、もうちょい優しく・・・」
ゼフィア「すぐ気持ちよくなる、これくらい我慢だ」
ラン「そんな、堪忍してy・・・ あ゙ッツ!  いだだだだだだ! ゼフィアちゃんほんまもう無理やって・・いだい!いたい!」



スレイチェル「手加減を知らないところも実にヴィルベル」
シュウヤ「アーク君、よく無事でしたねぇ・・・」
アーク「いや、死ぬほど痛かったぞ。だが、痛みが過ぎると快感になるってばっちゃが言ってけどありゃ嘘だな。」

323 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 23:17:18 ID:W9XYKPqT
ルサイケ|・д・) ジーッ
レラ |;д;)カワイソ
カル「えと何?僕に用?ていうか何で泣いてるの?カワイソってどういうこと?」
ルサイケ「お母さ…から…受け継…のね…」
レラ「………死……神………」
カル「な、な、な、死神!?詳しく…って逃げるなぁ!!」
ルサイケ「惚れらたら…死亡フラグ…確定…」
レラ「早く…アイミに…」
カル「変な噂たてるなぁあ!!」

324 :それも名無しだ:2006/07/18(火) 23:43:59 ID:yP3DGkKR
アイミ「死亡フラグ?」
レラ「水…着…お…いに…」
ルサイケ「こくん」
アイミ「わかったわかった、気を付けるね」
レラ「こくん」
ルサイケ「こくん」

アイミ「ダブルで迫られると恐いわ…」

325 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 00:45:38 ID:AEydryfG
>レラ「水…着…お…いに…」

水着の臭いと読んでしまいちょっぴりハァハァしてしまった私はハレンチな男かもしれない。

326 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 00:49:04 ID:ddNueDRj
>>325
アーク「なんだレラ、水着の臭い嗅いでほしいのか?随分とマニアックなプレイだな」

327 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 00:51:50 ID:JHBjc0AJ
>>326
レラ「わた・・・・ふつ・・・がいい・・・」
アーク「わかったよお姫様、俺はどんなプレイでも大ウェルカムだからな」

ややスレの趣旨に反するがこの凸凹コンビがたまらなく愛しい時もある。

328 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 01:29:13 ID:vsZzksKK
そういえば、ルサイケのガチ百合設定が忘れ去られてるな。

329 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 01:58:56 ID:4YldY7tO
星の数だけ人がいて…人の数だけ設定がある…

330 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 02:32:19 ID:7HLAy9Hm
逐一以前のキャラ設定引っ張り出してここが違うとかいう必要ないのでは?
キャラの根幹にかかわる問題が無視されてるとかいうならともかく・・・


>>322
最後のほうの二人の台詞だけ読むとゼフィアマジ鬼畜ヤロウwちょっと代わ(一刀両断

331 :それも名無しだ:2006/07/19(水) 13:21:31 ID:uAry4Npp
ルサイケ「そ・・・えば最近お姉さま・・・会って・・・気・・・る」
ユーゼス「お前がゼラドに会えない原因は因果律を操作した私だ」
ルサイケ「殺す!」
ユーゼス「まぁお茶でも飲んで落ち着いて欲しいのも私だ」
ルサイケ「・・・った・・・」
ユーゼス「今度ゼラド達が旅行に行くわけだが、私の計画に協力したら会わせてやるのも私だ」
ルサイケ「(`・ω・)b」
ユーゼス「了解したのも私だ、暇があったらディスレヴハウスに来て欲しいのも私だ」
ルサイケ「(`・ω・)b今・・・行く」
ユーゼス「では行こうか」
???「待てぃ!」
ユーゼス「だっ誰だ!」
ケイサル「孫を参加させるわけにはいかん!」
ルサイケ「黙れジジイ!」
ケイサル「ジ、ジジィ(´・ω・`)」
ルサイケ「おらユーゼスさっさと行くぞ」ゲシゲシバシバシ(足を踏んでから蹴る音)
ユーゼス「わっ分かったから足を踏み付けたあげく蹴らないで欲しいのも私だ(ちょっと恐いのも私だ)」

かくしてディスレヴハウスに赴いたルサイケは、当然計画を聞く迄もなくご褒美以外改変しまくったそうな・・・

332 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 00:12:26 ID:3JG59qY+
さて、暇そうな人から後輩まで面子をそろえたセレブ組一行は、皆で水着を買いにショッピングモールまでやって来ました。

咲美「この前のプールの鬱憤を晴らす為に、派手なのいくわよ〜」
クリス「ボクはもう二・三着くらい悩殺水着を揃えておきたいですね」
ルル「わたくし、こちらで水着を買うのは初めてですから、楽しみですわね」
真龍「私も水着買うのは初めてなのよね・・・」
ラキア「水着か・・・どんな物がいいんだ?」
クリス「任せなさい! ボクが選んだ水着なら、あの二人も悩殺間違いなしですよ?」

レラ「私・・・アイミに・・貰った・・・・別に・・・」
ルサイケ「どんな・・・?」
レラ「こん・・感じ・・」(キュピン)
ルサイケ「・・・・地味」
レラ「いい・・・別に・・・」
アーク「いかん! いかんなぁ〜!! 折角プライベートビーチに行くんだから、もっと派手なのいこうぜ!?」
レラ「ジキミ・・・うるさい・・・」

シュウヤ「はぁ・・・一体どんな水着になることやら・・・」
アオラ「こりゃ良い資料になりそうだw」
ラッシュ「って、お前・・・スケッチブックなんか持ってきてんのかよ・・・」
シュウヤ「別に構いませんが・・・程々にね。
     っと、ここです」
咲美「へぇ・・・こんな所があったんだ」
クリス「水着を専門に扱っているお店なんですよ。
    世界中の水着を取り扱っていて、一年中やっているんですよ」

333 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 00:13:04 ID:3JG59qY+
キャイキャイ

クリス「やっぱり、悩殺の基本はマイクロですよね〜」
ラキア「小さすぎないか、それは?」
ルル「これ等は如何ですか? アオラ様」
アオラ「パレオ付きか・・・うん、似合うと思うよ」
ルサイケ「これ・・・いい・・・」
レラ「柄・・・エグ・・・」
真龍「あ、これ可愛い・・・」
ラッシュ「う〜ん・・・俺はこっちの方が似合うと・・・」
咲美「これいいなぁ〜・・・あ、でもこっちも・・・」

レラ「これ・・いいか・・・」
アーク「おいおい、そんなフリルの付いたお子様っぽいのじゃなくて、こういうビキニにしようぜ!」
レラ「それ・・ほとん・・・紐・・・」
アーク「それがいいんじゃねぇか」
レラ「スケベ・・・!」(ドムッ)
アーク「ごふぅ!?」

ルル「うふふふ・・・・これなら、アオラ様も悩殺・・・・」
クリス「悩殺度ならこっちも良いですよ」
ルル「それも良いですわねぇ・・・」
真龍「これも良いかも・・・」
クリス「他にも、こんなのとか」
真龍「これを着て迫ったら・・・キャーキャー!!」
ルル「ああ・・・いけませんわアオラ様、なんて・・・キャーキャー!!」

ラキア「ラッシュ、こういうのはどうだ?」
ラッシュ「え!? ぶ、Vフロントなんてどこで見つけてきたんだよ、姉さん!」
真龍「ラッシュ・・・ど、どうかな?」
ラッシュ「うお!? し、真龍・・・マイクロビキニなんてどこで・・・」
ラキア「クリスが見つけてきた」
真龍「クリス先輩がお勧めって・・・」
クリス「フフフフ・・・」
ラッシュ「・・・せ、先輩」

アオラ「いや〜、筆が進むなぁ〜・・・次は水着特集もいいなぁ・・・」(ビシュシュシュシュ)
ルル「アオラ様、似合いますかしら?」
アオラ「ん? イイヨイイヨー」(シュバババ)

咲美「う〜ん・・・タンニキも良いけど・・・・チューブトップも・・・」
シュウヤ「咲美君には、トップがホルターになっているものもいいと思いますよ」
ルサイケ「シュウヤ先生、これなんて如何です?」
シュウヤ「ふむ・・・ワンピースならば、こういう柄も・・・」

クリス「ほらほら、シュウヤ! ブ・ラ・ジ・ル☆」
シュウヤ「ぶっ!? ク、クリス・・・それ、半分メッシュになっているではありませんか!?」
咲美「うわぁ・・・凄・・・」
ラキア「それは水着か・・・?」
アオラ「やべぇ・・クリス先輩すげぇ・・・・」(シュガガガ)
ラッシュ「スケッチするお前の手の動きもすげぇよ・・・・いてててて!」
真龍「ラッシュ・・・鼻血・・・」
シュウヤ「隠す所が隠せていません! 即刻脱ぎなさい!!」
クリス「え〜・・・ちゃんと処理してますから大丈夫ですよ」
シュウヤ「そういう問題ではありません!!」

アーク「いや〜、目の保養になるなぁ〜w」
咲美「兄さん、目が嫌らしい」
クリス「別にジキミンに見せる為に買うわけじゃないですから、あっち向いていなさい」
アーク「ちょ、非道っ!!」

334 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 00:13:54 ID:3JG59qY+
シュウヤ「さて、私もそろそろ水着を選ぶとしましょうか」
ラッシュ「あ、俺も」
アーク「なんだ、新しいの買うのか?」
シュウヤ「ええ、今持っている水着は、そろそろ古くなってきましたからね・・・ふむ、これなど・・・」
アオラ「ちょ、先輩!! Yバックはやめましょう!?」
シュウヤ「そうですか? ・・・・では、これなんか」
アーク「いや、豹柄は止めろってwwwww」
ラッシュ「エグいですよ・・・」

アオラ「俺は無難にトランクスで」
ラッシュ「俺はバミューダかなぁ」
アーク「やっぱり男はビキニだろ!」
シュウヤ「それなら、これが良いと・・・」
アーク「うはwww百式仕様wwwwちょwwおまwwww金ラメかwwwww」
ラッシュ「シュウヤ先輩・・・何気に趣味悪いですね・・・」

アオラ「うーん・・・」
ラッシュ「どうしたよ?」
アオラ「いや、やっぱりもう少し筋肉付けた方がいいのかなと思ってさ」
シュウヤ「まぁ、少々細身ですはありますが、余り気にしない方が良いですよ」
アオラ「そうっすか? ・・・今度、背後霊さんにでも聞いてみようかな?」
シュウヤ「や、止めておきなさい・・・そんな事をしたら、スーパービルドタイgゲフゲフン・・・似合わない程にビルドアップしてしまいますよ」

335 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 00:16:54 ID:3JG59qY+
クリス「大漁大漁♪ 当日が楽しみですね〜」
咲美「結局、五着も買っちゃった」
ルル「うふふふ・・・これさえあれば、アオラ様と・・・」
真龍「これで悩殺・・・」
ラキア「ふむ、水着とは面白いものだな」
レラ「ちょ・・・恥ずか・・った」
ルサイケ「それで・・・選ぶの・・地味・・・ね」
アオラ「や〜、結局一冊使っちゃったよ」
ラッシュ「あの時間でそれだけ描いたのかよ?」
アーク「当日が実に楽しみだな!!」
シュウヤ「私は頭痛の種が一つ増えましたよ・・・・はぁ・・・」


と言う訳で、夏旅行セレブプランの前置き終了。
本編はなかなか進まんが、待っている人はゆっくり待ってくれ。
しかし、長い・・・

336 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 00:56:09 ID:HB8J2GJo
>>335
GJ!シュウヤ絶好調wクラスに一人は居る苦労人だな

337 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 12:44:01 ID:hcn16SYf
まったくどうでもいい事だが、ガンスレの中の人は玉川紗己子がいいか横山智佐がいいか悩む今日この頃。

338 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 12:50:43 ID:lXJ3U84y
6人それぞれ個性があるんだから全員同じ声じゃなくてもいいじゃない
お○松君じゃあるましし

339 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 13:01:06 ID:HB8J2GJo
ガンスレって久保の意識と連動してるようなネタもあったけど
とするとガンスレたちがハイテンションになると久保がローテンションになったりするんだろうかw
ガンスレABDEF「「「「「イェイイェイイェイイェイ♪」」」」」
ガンスレC「・・・・・ィェィ」
クォヴレー「・・・・・・・・・」
イングラム『暗いぞ久保ー!』

340 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 17:04:26 ID:0/B2zzLI
むしろ、普段から久保のテンションが低いからまわり(ディス姉、ガンスレ、背後霊)のテンションが高いとか?

341 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 17:10:42 ID:cM36r8UM
では久保のテンションが最高だと逆に下がるのか

久保が『ケイサル・エフェス!虚空の彼方へ消え去れ!』って決めてる時に連中は
『ハイハイ消え去れ、消え去れ』って投げやりな態度なのね。

342 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 18:31:22 ID:drj67T7t
>>341
むしろ機動兵器モードになって無口になってるんじゃ? ……ゲーム時と同じか

343 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 19:46:44 ID:y+iOeFou
>341-342

ディストラ「それはもちろんご主人様に熱く迫られたら私なんてもうドキドキで
      ハラハラであぁんご主人様のお好きなようにって言うかされるがままで
      拾われた子猫みたいに大人しくて純情でもうどうにでもしてーーって
      感じですねえ」
ゼラド 「投げ遣りとは明かになにかが違うよお姉ちゃん!?」

クォヴレー「……こういうときはどう反応するものなんだ?」
アラド  「笑えばいいんじゃねえか?」

344 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 21:21:40 ID:mzu82gYc
本当にこやつはどうしようも無いエロ娘ですね

345 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 21:47:58 ID:/i65Vkfh
暑苦しいビーチをさらに暑苦しく。

漢達の背中コンテスト
1番 「狙った獲物はすでにはやにえ」
    アラド・バランガ
2番 「俺の背中はベルグバウ」    
    クォヴレー・ゴードン
3番 「背中に浮かび上がるスレード・ゲルミル」 
    ゼンガー・ゾンボルト
4番 「愛妻と愛娘の合作フレーバーはドーピングにあらず」 
    ブルックリン・ラックフィールド


というネタがシュウヤの腹筋チェックで浮かんできたんだ。


346 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 21:49:49 ID:/i65Vkfh
暑苦しいビーチをさらに暑苦しく。

漢達の背中コンテスト
1番 「狙った獲物はすでにはやにえ」
    アラド・バランガ
2番 「俺の背中はベルグバウ」    
    クォヴレー・ゴードン
3番 「背中に浮かび上がるスレード・ゲルミル」 
    ゼンガー・ゾンボルト
4番 「愛妻と愛娘の合作フレーバーはドーピングにあらず」 
    ブルックリン・ラックフィールド


というネタがシュウヤの腹筋チェックで浮かんできたんだ。


347 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 21:50:56 ID:/i65Vkfh
うは、ミスッた OTZ

348 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 23:03:55 ID:y+iOeFou
>347

……2番については誰も背中なんて見ないと思う。
  全員の(男含む)視線がもう少し下にいきそうなんだが。

349 :それも名無しだ:2006/07/20(木) 23:43:49 ID:AHC26/o7




350 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 06:24:12 ID:YmiloSoF
>344
きっと胸部開放するたびに淫乱度があがっているからじゃねww

351 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 09:46:30 ID:PiXh/G9J
>>350

つまりディス姉は久保の調教により露出プレイに目覚めてしま(無限光

352 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 10:47:02 ID:FzRKlR5P
ゼラド「…………私もお兄ちゃんに調教して欲しいな………」

353 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 11:09:32 ID:rQT0jDAo
久保はそんな発言を聞くと坂路調教とかしそうだな
「ダイエットか?」とか言って

354 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 11:21:31 ID:C5XFTiLk
久保は調教してくれとか言われたら熱心に資料集めたりしそうだ

「いぬのしつけ」とか「勝つ為の競走馬育成法」とか

355 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 13:45:56 ID:lISPkODF
>>353
馬扱いかよw
そんなようなネタどこかでみたような気がするな

356 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 16:25:28 ID:c+4iQwWZ
バランガ夫妻は、いくら相手が信頼できる戦友とはいえ「調教して欲しい」などと言う娘をどう思ってるんだろう

357 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 17:01:43 ID:L00l1Brz
実はゼラド自身も正しく理解していないに一票

358 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 17:03:02 ID:IiQx78FU
>>350
ちょっと待ってくれ。
前々から思ってたんだがアイン・ソフ・オウルがおっぱいポロリと言うのは少しおかしくないか?
戦闘アニメを見ていると、
『外部装甲板開放』→『第二次装甲開放』→『銃口(?)露出』
と手順を踏んでいるわけだから擬人化したディス姐の場合
『服を除去』→『胸がさらに開く』→『内部露出』
となり、おっぱいポロリと言うか子供には見せられない衝撃映像な気がするんだが。

359 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 17:04:38 ID:mtzGrjcx
ヒント:下着

360 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 17:05:49 ID:oOo/+aPq
>>358
ばかやろう、おっぱいは浪漫だ。
そしてそれがすべてだ。

361 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 17:39:46 ID:m4dmzz2g
セレブ旅行勝手に続き
アオラ「〜♪」
ゼオラ「あの子ったらあんなに浮かれて、よっぽど楽しみなのね、旅行」
アラド「旅行は何歳でもワクワクするもんだろ。そういえばそろそろ迎えが来る時間じゃないか」
ゼオラ「そろそろ来てもいい時間なんだけど」
ピンポーン!
ゼオラ「ちょうど来たみたいね、はーい!いまでますねー!」
ガチャ
執事「アオラ様のご両親でいらっしゃいますね?アーク様の御命令によりお迎えに上がりました」
ゼオラ「は、はぁ」
アオラ「えぇぇぇ!?迎えってこのリムジン!?」
執事「はい、アーク様が皆様がたへ、最高のお持て成しをするようにとの御命令で。さあどうぞこちらへお乗り下さいませ」
アオラ「は、はぁ……」
ラッシュ「よう…、アオラ…。……なんか俺たちが一緒に行って良かったのかな?なんかレベルどころか次元が違う感じがするんだが」
アオラ「言うな、考えるだけ寂しくなる」
ルル「私でもこのような超高級のリムジンに乗ったことありませんわ……」
真龍「はははっ……、凄いお金持ちなんだねアーク先輩って」
ラッシュ「そういえばアーク先輩達は?乗ってないみたいだけど」
執事「アーク様と咲美様は自家用ヘリで、他の御学友様は

362 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 19:55:42 ID:lISPkODF
>>357
バランガ家に住んでる連中ゼオラ以外は全員「変なクセが付いた競走馬を躾けなおす」と理解してるような希ガス。まあ本来そういう意味か>調教

クォヴレー「・・・アッちゃんいつものやったげて」
アラド「ほう聞きたいか俺の武勇伝♪」
クォヴレー「その凄い武勇伝言ったげて」
アラド「俺の武勇伝ベストテン♪」
クォヴレー「・・・レッツゴー」

ゼラド「これがお父さんの言ってた新しい芸風・・・」
ディストラ「アラドさんノリノリですけど・・・」
イングラム『久保!お前その無表情やめろ!場の空気云々以前に怖いわ!』

ううむ脳が蒸れてきたなァ

363 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 22:34:15 ID:SC6hu0JI
自家用高速ヘリ内

アーク「ああ、解った・・・・・ああ、そうしてくれ・・・・よろしく頼む」(ピッ)
咲美「何だって?」
アーク「全員回収出来たみたいだから、トキオカ(執事)にはそのまま送る様に伝えた」
咲美「そう」
アーク「いや〜、しっかし、楽しみだな! あっそぶぞぉぉ!!」
咲美「その前に、向こうでやる事があるんだから、ちゃんとやってよ?」
アーク「解ってるって、だからこうしてヘリで先行してんだろ?」
咲美「・・・だと良いんだけど」

一方、送迎リムジン内

シュウヤ「まぁ、向こうに着くまでに暫く時間も掛かりますし、ゆっくりしましょうか」
アオラ「そ、そうっスね・・・」
ラッシュ「は、はぁ・・・」
クリス「何ですか? 落ち着かないみたいですけど」
真龍「それは・・・落ち着きませんよ・・・・」
ルル「この様な送迎は初めてですし・・・」
アオラ「何て言うか・・・場違いっぽい・・・・」
レラ(コクコク)
ルサイケ(コクコク)
シュウヤ「フッ・・・まぁ、それは慣れて戴くしかありませんね。
     ふむ、何か飲みますか? 少しは落ち着けると思いますよ」
ラッシュ「何があるんですか?」
シュウヤ「ソフトドリンクは一通り揃っていますね・・・・流石にお酒はありませんが」
クリス「え〜・・・ボク、シャンパンが良かったんですけど」
シュウヤ「ふぅ・・・・クリス、自重しなさい。 皆さんは何が良いですか?」
アオラ「あ、コーラがいいっス」
ラッシュ「俺はアイスティーで」
ラキア「私も同じものをもらおう」
真龍「私はウーロン茶がいいです」
ルル「オレンジジュースを戴けますかしら」
レラ「私も・・・それ・・」
ルサイケ「サイダー下さいませ」
クリス「むぅ・・・じゃ、ボクもコーラでいいです」
シュウヤ「はいはい」


赤月邸 プライベートビーチ

アーク「よっしゃ、取り敢えず船の様子、見て来るわ」
咲美「ええ、お願い・・・私は海とプール見てくるわね」
アーク「おう」

咲美「う〜ん・・・快晴快晴! 風も緩いし、波もそんなにないみたいね。
   楽しいリゾートになりそう・・・」

アーク「クルーザー大丈夫だな・・・釣具もオッケィ! お、いつのまにやらジェットスキー増えてんじゃん。
    ちょっと沖に出るのも楽しそうだな」

咲美「兄さん、部屋割りどうしようか?」
アーク「適当でいいんじゃね? あいつら勝手に決めんだろ?」
咲美「もぅ・・・じゃ、女の子の部屋は奥にするからね」
アーク「へぇへ・・・好きにして下さい」
咲美「じゃ、私着替えてくるから」
アーク「おう・・・・さーて、あいつらが来るまで暇だねぇ〜、何すっかな・・・

364 :それも名無しだ:2006/07/21(金) 22:36:13 ID:SC6hu0JI
一時間後

トキオカ「皆様、到着致しました。 どうぞ・・・」
シュウヤ「ほぉ・・・これはなかなか・・・」
クリス「ジキミンの家とは思えない位にセンスがいいですね」
真龍「わぁ・・・・」
ルル「凄いですわね・・・・」
ラッシュ「すげぇ・・・」
アオラ「ああ・・・すげぇ・・・」
ラキア「でかい家だな」
レラ「おっき・・・」
ルサイケ「うん・・・」

アーク「よぉ! 来たな!! 早く着き過ぎて、暇で死にそうだったぜ!!」
咲美「みんな、いらっしゃい」
シュウヤ「ご招待与りました、宜しくお願いしますよ」
クリス「天気も良いですし、早速海に行きましょう!」

ワーワーキャイキャイ

アーク「お疲れ、トキオカ。 悪かったな、つき合わせちまって」
トキオカ「坊ちゃまのお願いですから、喜んでお受け致しますよ」
咲美「トキオカさん、お疲れ様」
トキオカ「お嬢様、お綺麗でございますよ」
咲美「もぉ、トキオカさんたら・・・」
トキオカ「ふふふ・・・それでは、わたくしはこれで失礼させて戴きます」
アーク「ああ、帰りもよろしく頼むぜ?」
トキオカ「お任せ下さい・・・それでは、楽しいリゾートを・・・」


取り敢えず、これだけ
以下次回

365 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 00:26:23 ID:tTveM946
>344のネタでこんなの受信した

ユーゼス「アインソフオウルはぶっちゃけエロイと思うのも私だ」
シュウ「でも実際はよく見えてませんよね。」
背後霊「ふ、それはだな・・・」

胸部開放(服を脱ぐ)→ポロリの直後ディス倫(ディスレブ発生、ポロリに関しては
光の速さにおいてディス倫でガードされ取り込まれます)

背後霊「という仕組みになっているからだ、となるとディスレブはモザイクの役割であり
    溢れでるエロスは脳内補完からくるエロスで・・・・」
ディストラ「消えろ、メスアッシャー!」
背後霊「うわ、ディスレブ逝きでなくて直だとwwwwおまwwww・・・・・」

366 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 01:07:40 ID:LVeRViwI
>>365
見えたと思った瞬間に無限光の中に相手は消えてるので生で見るのは至難の技です
恐らく多分

367 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 01:15:24 ID:z3+zFIMC
つまり攻撃の射線上に居ない人は、横から見放題ってことですね







ヒャッホゥ!!

368 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 01:49:59 ID:LVeRViwI
クォヴレー「やれ」
ディストラ「はいはーい!胸部開放!出でよ、ディスレヴ・・・アイン・ソフ・オウルっ」
ユーゼス「うおっ、まぶしっ・・・いのも私d(消滅)
イングラム『すげー、あのデビルメイド前はだけながら戦ってr(消滅)

369 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 22:05:29 ID:C044av2D
>>368
アオラ「お姉ちゃ…ブハッ!!(鼻血)」

アオラは無事(?)に見れたようです

370 :それも名無しだ:2006/07/22(土) 22:23:47 ID:2mrboALS
秘密の宴速報
>グルンガストのファイナルビームは、
>バストアップのリアルカットインで胸部展開してごんぶとビーム

371 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 02:53:19 ID:IgS70H6P
某深夜、バランガ宅
クォヴレー「・・・・・・・・・」(チクチク)
イングラム『久保よ、お前また徹夜で縫い物してるのか』
クォヴレー「ああ、ゼラドやルナたちに浴衣を作る約束をしたのでな」(チクチクチク)
イングラム『ディストラも欲しいとか言っていたな』
クォヴレー「あいつはゾル・オリハルコニウムを使えばどうとでもなると思うが・・・」(チクチクチクチク)
イングラム『(相変わらずの朴念仁だなコイツ・・・)」
クォヴレー「イングレッタにも作ってやらねばな。あの子も着たことが無いだろう」(チクチクチクチク)
イングラム『く、久保!お前なんて良い奴!流石は我が後継者!・・・・なんだその嫌そうな顔は?』
クォヴレー「無駄口を叩いているなら寝てろ、手元が狂う」(チクチクチクチクチク)
イングラム『愛想の無いやつめ・・・・・ところで、分かってるとは思うが浴衣にフリルは付けるものではないぞ?』
クォヴレー「・・・・・・・・なんだと?」
イングラム『当たり前だろうが。・・・愕然とするな』

バランガ家は服買う必要なさそうだな

372 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 06:50:23 ID:PVGjoSae
ちょwwwwwww久保wwwwww
浴衣にフリルはないだろwwwwwwww

373 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 07:48:06 ID:4JR/wC8p
カル「バランガさん」
ゼラド「なぁに?」
カル「クッキーの新作、できました!!」
ゼラド「わぁい、ありがとう」
カル「じゃ、僕はこれで」
ゼラド「またねぇ〜」
カル「ノシ」

ゼラド「ではさっそく〜」
がさごそ
ゼラド「ん…くりぃみぃ」
ルサイケ「おねーさま♪」抱きっ
ゼラド「きゃん、ちょっとルサイケちゃん…」
ルサイケ「お姉さまは相変わらずやわらかいですね」
レラ「同い…し、お…い年」
ゼラド「あ、レラちゃんも一緒だったんだ」
レラ「うん…」
ゼラド「ね、ルサイケちゃんとレラちゃん、クッキー食べる?」
ルサイケ「こくこく」
レラ「こくん」
ゼラド「どうぞ」
ルサイケ「…おいしい」
レラ「…は…めて…こ…なに…」
ゼラド「もっと食べる?」
ルサイケ「いいんですか?」
ゼラド「いいよ、レラちゃんは?」
レラ「……おなか…くるし…」ぱたん


374 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 11:26:21 ID:4JR/wC8p
ビアガーデン〜トロンベ〜

「かんぱーい」
アラド「うめぇ〜仕事の後はこれに限るなぁ〜」
ブリット「ああ…」
ギリアム「すっかり『おっさん』だな」
クォヴレー「昔からおっさんには言われたくないだろ…」
ルアフ「…外見がかわらないのは僕と君だけだしねぇ」
トウマ「で…なんの集まりなんだ?」
マサキ「父兄会だろ?先生もいるし」
リュウセイ「まぁ、理由なんてどーでもいいだろ飲めりゃ」
アラド「人数多すぎて収集つかないぞこりゃw」
ブリット「そうだなぁ…」

375 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 11:48:58 ID:dkHKgvLH
>>373
さすが鋼鉄ジ(ryもとい鋼鉄胃袋、ミズハ母娘汁以外なんともないぜ

376 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 12:32:59 ID:IgS70H6P
>>373
レラとルサイケ、どんだけ小食なんだwもっとご飯食べましょう!

377 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 12:36:05 ID:IJSvzaXq
>>376
カル君のクッキーは一つ食べただけでゼラドが満腹になる仙豆クラスのクッキーだぞw

378 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 12:42:57 ID:IgS70H6P
カル君特製クッキー:仙豆
クリハ汁:超神水
ギリちゃん:次回予告のおじさん
青久保:超ワカメ人
というわけか

379 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 13:14:24 ID:dkHKgvLH
>>374
クスハ「私に黙ってみんなで集まるなんてブリットひどい・・・。今日はお仕置きが必要ね、私のドリンクで絶対寝かさないわ!!」

ヴィレッタ「ふふふ・・・なるほど帰りが遅いと思ったらそう言うこと・・・、ふふふ・・・」

ミナキ「ふ〜ん、なるほど、ふ〜ん(帰ってきたら真LIOHのモルモット決定!)」

リューネ「マサキの奴内緒で皆に会ってるらしいけど、どうせまた迷ってるしいっかほっとこ」

ラト「マイそれは本当!?」
マイ「ああ、間違いないリュウの念を感知した」
ラト「帰ってきたら」
マイ「お仕置きが必要だな」

ゼオラ「なるほど、変な時間にクォヴレーが出ていくからおかしいと思ったら・・・。
二人とも晩ご飯抜きね、ゼラドアオラ二人のご飯食べていいわよ!「「やったー!」」
あとディストラさん、分かってるわね?「はっはい!!」」

セレーナ「エルマ、皆に情報流した?」
エルマ「モチロンです!一応レイナさんにも教えておきました。
セレーナさんが帰ってこれない場合を想定してお仕置きプランをレイナさんに立案しておきました!」
セレーナ「よくやった!帰ったらご褒美をあげるよ」
エルマ「嬉しいような嬉しくないような」
セレーナ「おやおや、一度AIのメンテナンスが必要じゃないかいエルマ」
エルマ「いやぁ楽しみだなぁ、どんなご褒美が待ってるんだろうなぁ」

その後家に帰った主達は・・・
ブリットは鼻血を出しながら汁を飲まされ
ギリアムは光太郎の軌跡と書かれたアルバムやディスクを目の前で燃やされ
マサキは1週間家に帰れず
トウマは真LIOHで口には出せない事をされ
リュウセイはスーパーロボットコレクションを全て没収一部目の前で焼却
アラド、クォヴレーは1週間ご飯抜きで財布と裁縫セット没収
ルアフはレイナに電撃ビリビリカッターにエレキビュート、晒し首1ヵ月
晒し首終了後セレーナに調教及び市中引き回しのうえ学園の時計短針1ヵ月

皆さん、旧友と会うのも構いません、しかしこれだけは覚えておいてください
あなたの奥さんや恋人をそのまま放っておくと大変な事になりますよ

380 :それも名無しだ :2006/07/23(日) 13:47:29 ID:Hz2TQPIu
>379
>リュウセイはスーパーロボットコレクションを全て没収一部目の前で焼却

これリアルでも結構有るらしいな
オタ趣味に理解の無い妻の場合は

381 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 14:46:46 ID:9G9R3d4c
>>380
かみさんの片割れがマイだぞ?

382 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 15:16:31 ID:9lRoFthZ
上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
スーパーロボットの超合金でしたけど

かなり古い超合金がまさに大量(基地も設置してて一部屋使っていた)という感じでした
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
残っていた超合金も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

でもその後夫は同人誌をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました

これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう

383 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 15:38:44 ID:FmhF0mln
夫…リュウセイ
私…ラトorマイ

というわけか

384 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 15:43:10 ID:/L3PrHU7
第一世代の現状を妄想したら止まらなくなったなで垂れ流してみる。

全て独断と偏見、細かい設定とか間違ってるかも、携帯からだから見にくかったらスマン、反省はしてる。


リュウセイ:専業主夫
ライ:小学校教員
アヤ:消息不明
マイ:特脳研
ヴィレッタ:諜報部
イングラム:背後霊

キョウスケ:軍人
エクセレン:専業主婦か保険室のお姉さま
鰤:軍人か駅前留学講師
クスハ:医者か薬剤師

アラド:軍人
ゼオラ:専業主婦
ラト:美人女性士官
久保:専業主婦およびご近所のヒーロー

トウマ:フリーター
ミナキ:機動兵器開発

セレーナ:フリーで諜報活動
アイビス:銀河を漂流中
ツグミ:アイビスと一緒
スレイ:トロンベの手伝い

ゼンガー:剣術道場
ソフィア:研究者
トロンベ:トロンベ
ギリアム:記憶喪失


とりあえずこのへんで。

385 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 16:03:36 ID:aaD14Vpt
なんか某スレ見てたら、実はトウマはACEの派遣社員じゃないかと思えてきた

386 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 16:07:00 ID:9pRt0zaP
>>379
みんなひでぇや…でも遅くなるなり男みんなで集まるなりの連絡を入れなかった夫ズにも落ち度はある

>>382
う〜む…やはりカウンセラーや心理学に詳しい人に聞いてみるのがいいのではないかと。
これってショックが強すぎて夫自身まだ戸惑っている状態なのではと思うので

>>384
待てトロンベw

387 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 16:35:10 ID:i5V9Idbd
>>384
>>386
それ以上のツッコミ所

久保:【専業主婦】

流石はそマブ

388 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 17:11:23 ID:qlA2265u
たしか>>382はコピペだったような
元は鉄道模型だったかな?


389 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 17:20:48 ID:IgS70H6P
まあトロンベはこのスレじゃむしろ異常に働き者だが
というか
ギリちゃん:記憶喪失
って職業じゃNEEEE−−−!!

トウマなんかはあらゆるバイトに精通し定職者より高給な超フリーアドバイターになってそうだw

390 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 17:31:02 ID:D3yOUjAG
>>385>>389
話を総合するとトウマはACEのマルチアルバイターということか。で、トウキとミナトはゼンガーだかトロンベだかに一万円でこき使われると……

391 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 17:38:20 ID:3tZNxyZI
月厨と言われても構わない、第二世代で聖杯戦争

ゼラド「このスレの主役は私、主役のサーヴァントは最優のセイバー
 そして最優のオリキャラと言えばお兄ちゃん!さぁ来なさい!」
自縛霊「召喚に応じて出てくるサーヴァント、それは私達だ!」
シュウ「最優のサーヴァント、セイバー推参」
めいおー☆「仕方あるまい、力を貸してやらんでもない」
ゼラド「…何故に?何故にこの面白トリオ?」
自縛霊「最優の頭脳の持ち主…それは私達だ」
シュウ「三人寄れば文殊の知恵です」
めいおー☆「皆まで言うな、貴様が心底嬉しいのは解らんでもない」
ゼラド「嬉しく無い!じゃ、お兄ちゃんは何処に?」
久保「すまんなゼラド、飛び道具メインの俺はセイバーでは無く、アーチャーなのだ」
ルナ「そしてそのマスターは!主人公の好敵主で第二の主役たるこの私!」
ゼラド「ずっこ〜い!てか何で腕組んでるのよ!!」
ルナ「マスターとサーヴァントが仲良くして何が悪いのかなゼラド殿?」
ゼラド「くきぃー!大体何でお姉ちゃんまでくっついてんのよ!」
ディス「宝具ですから」
ガンスレS『ほーぐですから〜』
めいおー☆「仕方あるまい、私が熱い抱擁を…」
ゼラド「いるかー!!」

392 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 18:16:18 ID:IgS70H6P
>>391
fateだっけ?前にアニメでやってた
弓男な久保・・・・なんか違和感ないなw

393 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 18:26:40 ID:56ISGCNt
>>390 
トロンベ亭にて
トウキ「お、おっちゃん…おれたちこんなゴージャスな料理頼んでないけど…」
トロンベ「ふふ、遠慮するな若人よ。先程まで頑張って働いていたのだろう?
     若いうちの苦労を手助けするのもこの私の仕事だ」
ミナト「あ、ありがとう…おっちゃん」
トロンベ「気にするな、それと……
     『お っ ち ゃ ん』 い う な
     せめて『お に い さ ん』って呼べコノヤロー!」
一同「「(いきなりブチキレたーーーーーーッッ!!)」」

後半違いすぎだけど気にしない

394 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 18:44:42 ID:PVGjoSae
>>391
なんだが、そのノリだとゼラドとルナの掛け合いがタイガーとイリアに見えてきたwwwwww

タイガー=大食い=ゼラドだし

395 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 19:18:39 ID:rVAhGPqu
>>391
宝具ディスアストラナガンと宝具グレートネオグランジュデライマーの激突か
これはもう宇宙が滅ぶかもしらんねw

それと、セイバーの「剣」はグランワームソードでいいのか?

396 :それも名無しだ :2006/07/23(日) 19:24:06 ID:Hz2TQPIu
>>391
ルサイケ「お爺さ…大…丈…?」
バラン「安心召されい!12回以上蘇って見せるわ」

ジキミ「ひ、ヒヒヒっ・・・(ちゃ、ちゃんと、この俺の役に立つんだろうな!?)」
セレーナ「(ええと・・・なんでこんな子と当たったのかしら)」

アイミ「なんだろ、私いきなり脱落しそうな予感が」
アクセル「騙し討ちには十分気を付けておく」

トウマ「凄い面々が来たな」
ヴィレッタ「布陣さえ間違わなければゼラドちゃんに勝てるわね」ゼンガー「応!」

シュウヤ「フフフ…頼みましたよ」
???「霊力さえ供給してくれれば俺も実体化できそうだな、んじゃ協力関係で(・∀・)」

397 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 20:18:22 ID:IgS70H6P
>>379
お仕置き中・・・
アラド「腹・・・・減ったぁ・・・・」
クォヴレー「・・・パンを取っておいた、食べてくれ」
アラド「クォ、クォヴレー・・・(泣)なんか前にもこんなような事あったよなぁ・・・でも俺だけ食べるわけにはいかねえよ」
クォヴレー「では半分こにしよう」つパン半欠け
アラド「おお!ありがとなクォヴレー!・・・ゼオラ、早く許してくれねえかなぁ」
クォヴレー「そうだな・・・(早く浴衣を仕上げねば・・・)」


398 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 20:23:29 ID:4JR/wC8p
>>373
ゼラド「たっだいま〜ご飯マダー?」
ゼオラ「うん、まだ」
ゼラド「じゃ、部屋で待ってる、このクッキーおいしいからおいてくね」
ゼオラ「はいはい」

アラド「ただいまー」
ゼオラ「おかえりなさい」
アラド「ビールビールっと…このクッキー食っていいのか?」
ゼオラ「少しならいいんじゃないの?」
アラド「じゃ、もーらい、あむ」
アラド「…うまいなこれ」
ゼオラ「へぇ…手作りっぽいけど、誰のかしらね?」
アラド「…ん?…お腹はってきたぞ…?」
ゼオラ「そんな訳ないでしょ」
アラド「まぁ、食ってみなって」
ゼオラ「あーん…もぐもぐ…おいしいわね…」
アラド「どうだ?」
ゼオラ「うん…お腹が苦しくなってきたかも…」
アラド「だろ?」
ゼオラ「じゃ、夕飯はなくてもいいかな?」
アラド「そんなぁ〜」

399 :それも名無しだ:2006/07/23(日) 21:51:29 ID:uxb51nRG
>>396
アクセルが槍なのは声ネタだと承知の上で、あえてギル様だと押してみる。

不敵に笑う悪セルの後ろの空間からブレード、ダガー、レイピア、ハルバート、ソードブレイカーがにょきにょきと……
俺様具合からも悪セルならぴったりだと主張する。

うん。ここのアクセルは記憶復活なのもわかってる。

400 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 00:36:06 ID:8vQidvrd
>>399
で、久保がガンスレイヴで相殺してくんだなw

401 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 03:34:01 ID:TS9RE9Zn
レイナ「ねえ、水着も新調した事だし、今度は皆で浴衣買いに行かない?」
アイミ「浴衣かぁ、そういえば着た事無いなぁ」
クリハ「(浴衣ならスレンダーなほうが有利!時代が私に追いついたわ!)」
ルナ「すまぬが、今回私は間に合っている」
レイナ「?バルマーに浴衣なんてあったの?」
ルナ「違う、父様が作ってくださるのだw」
ゼラド「えへへーw私もー。そろそろ完成してるころだし」
アイミ「相変わらず器用だよね、クォヴレーさん」
レイナ「久保さん浴衣にフリルくっつけたりして」
クリハ「ありそうありそう」
ゼラド「ぅ・・・・・(汗」
ルナ「た、たとえそれが常識から多少逸脱していても父様が作ってくれたものなら私は着る!」

バランガ宅
ルナ「父様!私です!」
ゼラド「お兄ちゃん、浴衣出来たw?」
クォヴレー「む・・・すまない二人とも・・・予想外の問題が起きて完成はもう少し後になりそうだ」
イングラム『(お前がフリルつけたせいで作り直しになったんだがな)』
ルナ「そ、そうですか・・・」
ゼラド「うー・・・残念・・・?誰か来た」
イングレッタ「クォヴレー?渡したいものがあると聞いたけど、どうかしたの?」
ゼラド「あ、グレちゃん」
ルナ「ツリ目女!何しに来た!」
イングレッタ「久しぶりね、ゼラドにファザコン娘。クォヴレーとイングラムに呼ばれて来たのよ」
イングラム『すまないグレちゃん!浴衣をプレゼントするつもりだったんだがまだ完成して無いんだ!』
ルナ「な!?父様、こんなのにも浴衣を作るつもりなのですか!?」
イングレッタ「人をこんなの呼ばわりとは相変わらず礼儀知らずなお姫様ね。その無駄に大きい胸にばかり行ってる栄養を少しは頭のほうに回したらどうかしら?」
ルナ「くっ・・・人の身体的欠陥を罵倒に使うとは卑劣な・・・」
イングレッタ「そう?そういえば人のことをツリ目だのなんだのいう卑劣な人が居なかったかしら?
よくは思い出せないけど確かルなんとかいうお姫様だったような気が・・・」
ルナ「お、おのれェ〜・・・」
クォヴレー「よせ、ルナ。イングレッタは背後霊と違ってよく出来た子だ。喧嘩はするな」
イングラム『そうだぞグレちゃん!確かに久保はボンクラだがルナは良い子なんだから仲良くするんだ』
ルナ&グレ「「・・・・・・・(プイ)」」
クォヴレー「・・・ところで誰がボンクラだと背後霊?いい加減この時空から消去されたいらしいな」
イングラム『ほほう、久保の分際で俺に喧嘩を売るとは良い度胸だ。今後一生俺に敬語を使うよう躾けてやるからそこ動くな』
ルナ「父様!落ち着いてください!」
イングレッタ「よしなさいイングラム」
ゼラド「(仲悪いのは遺伝なのかなぁ・・・?)」

402 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 05:34:12 ID:r6LTSsWa
>>400
久保「体はソマぶで出来ている…」


すまん……これ以上は無理だ……orz

誰か頼む……

403 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 06:23:19 ID:qlaIthqq
>>396
ジキミがそのポジションだと咲美が色々えらいことに…

404 :それも名無しだ :2006/07/24(月) 08:42:47 ID:j0iOWLmR
>396
○トウキ
×トウマ な。

マスターの格闘技能に翻弄されるガンスレ組・・・

405 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 10:12:40 ID:y+KJb2Ma
……関係ないが、ミクロマンのイプシロンを見てて、
「ああ、これを改造すればクォヴレーになるかな」
と思ってしまった。

406 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 12:12:36 ID:qlaIthqq
せっかくAAが出来たわけだから使ってみたぜ! 
 __     〃'´⌒ヽ⌒ヽ
'へへヘ   〈((リノ)))i i )
<| |ヽヽヽ |ゝ 从゜-゜ノ!リノノ  AA初挑戦の癖に無謀な事するね、兄さん。
ノd|・∀・ノ.|   /  ⌒i ゛
_(_フつ/ ̄ ̄ ̄ ̄/i |_
  \/最上重工/ ヽ⊃

407 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 18:01:54 ID:fXz40Ldz
>>406
おお、俺のver.が使われてる・・・
ありがとう、そしてGJ!

408 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 19:22:36 ID:TS9RE9Zn
>>399
ラミア「自刃せよ隊長」
アホセル「ふざけんなwww!」

409 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 19:45:14 ID:byntEsY2
ラミア先生が神父!?

410 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 21:44:19 ID:rpA0kBr+
OGカラオケ・トロンベ

ルアフ「僕が一番だ
僕の瞳のきらめ〜きは 君に初めて出会〜った〜と〜きから♪」

セレーナ「ふ〜んただのバカかと思ったらやるじゃない」
レイナ「パパって歌上手かったんだ〜初めて知った〜、ちょっと見直した(ドキドキ)」
ルアフ「当然さ、これでもガンエデンに選ばれるまでは歌手をやっていたんだから
まっ、もっとも敵が多すぎて文化を封印せざるをえなかったんだけどね」
セレーナ「レイナ、あたし達も負けてられないよ!」
レイナ「わかってる!」
ルアフ「ははは、僕に勝てるかな?」
わいわい

トロンベ「実にトロンベ!」ヴィルベル「ヴィルベル・・・」

411 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 21:51:25 ID:yf5V6E1R
>>409
神父と聞いて
素数を数えるラミアが…

412 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 23:29:25 ID:sr9lmAq8
神父と聞いて、無限に銃剣出す神罰の地上代行者なラミアが浮かんだ。

413 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 23:34:14 ID:C5kINyV4
ゼラド「うなぎのいい匂い〜今日は土曜ね〜」
レイナ「そうね…次の日は日曜日だね〜」
ゼラド「レイナちゃんは何するの?」
レイナ「天空宙心拳の練習」
ゼラド「声がタカヤ君のお母さんになりそう…」

414 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 23:37:04 ID:WE5MMdwg
>>412
じゃあその上司の死刑死刑言ってるオールバック課長はギリアムだな

415 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 23:41:38 ID:TS9RE9Zn
ギリアム「ODEシステムだ・・・ODE!ODEODEODEODEODEODE!!!」
イングラム「なんだ?あの紫ワカメ、やればできる子だったんじゃないか」

416 :それも名無しだ:2006/07/24(月) 23:48:25 ID:huoYbKIA
そこまでいくと主役が欲しいな……誰だろ?久保?
婦警はゼラドで、ヴィレアムには死ぬがキスできるというおいしいポジションを。

417 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 00:08:47 ID:TS9RE9Zn
ルナ「キャクトラ、仕事じゃ」
キャクトラ「ヤー、マイマスター」

418 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:43:25 ID:my1F2qcw
ごめん流れぶっちぎって電波投下

がらがらがらがらがらがら。
ティッシュティッシュティッシュティッシュティッシュティッシュ。
がらがらがら。
ティッシュティッシュ「お、やったじゃないか、久保君。五等、分度器ー」
「…もう四個目です。それと久保という呼び方は「次、回していただけますかー?」
「あ、はい」
つい返事をしてしまう。気づかれぬようため息を吐き、また荒井式回転抽籤機(←正式名称)をがらがらがらがら
あと40枚。道のりは長い。

商店街は福引所、ご近所タイムダイバー(※ウルトラ警備隊みたいなもん)・クォヴレーは、
福引のがらがらする奴を超回していた。
要するに福引キャンペーンと言う奴である。
(特等・リクセント公国二泊三日の旅。一等・最新型立体テレビとか。
 二等・テラダイエット食品。)
ダラダラ書くのもなんなので箇条書きで説明しよう。
1.バランガ家は食料を一度に大量に買い込む。
2.材料にこだわる男・海原クォヴレー。色んな店を回る。めがっさ買う。女将は呼ばない。
3.「あらあらバランガさんとこの久保君じゃない
   いまちょうど福引やっててね枚数サービスしとくわいつもありがとうねー!」←口を挟めない
4.轢かれそうになった犬を助ける→「ありがとうございますすみませんこんなものしか無いんですけどそれでは!」←口を挟めない
5.横断歩道で困っているおばあさ(ry→泣いている子供を(ry
とまぁ。溜まりに溜まったり八十枚。近所に分けるつもりだったクォヴレーだが、
「もったいないじゃないですか行きましょうよー全部引きましょうよー、
 そういえばわたしあれ回してみたかったんですよあっ最初わたしが回してもいいですか!?」
と、目を輝かせる機動兵器によって引きずられこうなった次第。
ちなみに一発目で強く回しすぎて荒井式回転抽籤機をコナゴナにした機動兵器は、
赤い夕日を見て青春の日々に思いを馳せている。

がらがらがらがら。一向に減らない福引券。
少しだけ表情を緩め、手伝え、と無愛想に機動兵器兼相棒たるディス・アストラナガンに声をかける。
もし彼女が犬だったなら、尻尾を千切れんばかり振っていたことだろう。ぱたぱたと駆けよってくる。
平和だった。
嬉しそうに笑うディストラナガンと二人して回す。
がらがらがら(久保)。がらがらがらがらがらがらがらがら(ディストラ)。
ティッシュティッシュ「お、やったじゃないか、久保君。」
分度器か、と思った。
「特等、リクセント公国四名様二泊三日の旅ー。」
「…………!(久保式驚愕)」
「ああっ本当だ!やったじゃないですかご主人!(がらがらがらがらがらがらがらがら!←加速)」
(四名様か…この日付は「次、回していただけますかー?」
「あ、はい」

残り16枚。物足りなそうなディストラナガンに任せることにした。


あと分度器どうしよう。



419 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:50:17 ID:5woKvlR3
>荒井式回転抽籤機
家計吹いたw

420 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:50:53 ID:my1F2qcw
ティッシュのみ。まぁ悪霊の塊なんだから当然と言えば当然なのだが。

「私もう二度とがらがらしません」
「拗ねるなよ、子供でもあるまいに」
「あなたみたいな悪霊のせいでっ…!」
まわれまわれインフィニティニシリンダー。背後霊はお星様になったの?野菜は難しいことわかんのね。
「そうよ、みんな、悪霊になってしまえぇぇっ!」
喰らいなれて無駄に小ネタを挟む余裕が出来てきたようだ。本気で撃ってはいないようだが。しかし。
「静かにしろ。料理中だ」
「ごめんなさい」「生きててすいません」←謝ってない
しばらく静かになる。台所に包丁の音と流しの水音、
外から聞こえてくる子供達のはしゃぐ声や近所の主婦たちの笑い声、学生達の足音が響く。
クォヴレーはこの時間が上から6番目ぐらいに好きである。

ばたばたと聞き慣れた足音が近づく。走ってきているのだろう。
どうやらにおいを嗅ぎつけてきたな、とイングラムが呟く。クォヴレーたちも苦笑するが否定はしない。
「ただいまー(ゼラド)」「ただいまっ(アオラ)」
もっとも帰りの早い学園生二人の帰還。
「あ、お兄ちゃん達帰ってたんだ、おかえ(肉を見る)りなさ(顔が綻ぶ)い(慌てて直す)」
恋に恋する乙女は常に忙しい。
「おかえりー。お、ホワイトシチューだ」
食を愛する少年は常に素直である。姉が必死でやれやれ、みたいな顔を取り繕うが羨ましそうな色も多分に混じっている。
二者二様。とても微笑ましい光景だ。
「ああ、おかえり。」「おかえりなさいませー。」「よく帰ったな」
三者三様。まぁまぁ微笑ましい。
「そうだ、二人とも。夕食後に話があるんだが、少し手が離せないからな。
アラドとゼオラにも帰ってきたらそう言っておいてくれないか」
「うん、いいけど、話って?」
「ふふ、それは後でのお楽しみですよ」
悪戯っぽくディストラナガンは笑った。

421 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:52:46 ID:my1F2qcw
で、夕食後。かくかくしかじかでな、という説明が終わったあと、まぁ当然そこはバランガ一家、
「じゃああと二人分の予約も取らないとな。」
っつー流れになるわけで。ついでにラトも誘ってみよう、リクセントだし…と、早々と話を進めようとする彼らをクォヴレーは制する。
言いにくいんだが、と前置きし、
「その時期、盆だろう?…仕事があってな」
ほぼ全ての平行世界に盆やハロウィンと言った降霊祭じみたものは存在する。
世界が干渉しあい、それゆえ何が起こるか全くわからない時期なのだ、という。
「ええええええええっ!!」

そして真っ先に文句たれる子供たち。
「日付ずらそう!」「指定されているし…盆以外では休みも取れないだろう」
こういう時のクォヴレーは容赦が無い。
もはやバランガジュニアに打つ手なし。じゃあ私行かない、俺も行かない、とならないところもバランガ家。
クォヴレーやディストラナガンに隠れてわかりにくいが、結構なファザコンマザコン姉弟であるからして。
「俺達は構わないから」
「それにその、予約、いっぱいだそうでして…」
ラトゥーニさん誘えませんね、とわざと話をそらすディストラナガン。
「すまん」
こういう時のクォヴレーは本当に容赦がない。
「でもなぁ……やっぱ俺たちだけで楽しんでくるってのは…そもそも当てたのクォヴレーだろ?」
付き合いの年季が違うのか、お父さん尚も食い下がる。
「こういう言い方は卑怯かもしれないが…どちらにしても俺たちは行くことができないからな。」
「俺たちか「三人」…三人からの日頃のお礼だと思ってくれればいいさ」
話し合いは遅くまで続いたが、最終的にはアラドが折れた。決め手は分度器。


追記。
くじ引きの最後の16枚の時、ディスレヴの中の三人は次元連結システム、グランゾンの力、CPSを使用。
一等を狙った(とか、が気になったから)が、悉く、散った。
「………(沖人形をずたずたにしている)」
「………(造作という字がゲシュタルト崩壊、ひたすら悩んでいる)」
「………(仮面を磨いている)」
三者三様。全く微笑ましくない。



422 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:54:42 ID:my1F2qcw
さて。
バランガ一家が大騒ぎしながら旅行に出かけ――――。

ディストラナガンは主人とともに平行世界を渡り歩いている。
とある平行世界、日本上空。
「思ったほどの混乱は起きていないようだな」
「ですね…にしても、ここ、空が綺麗ですねー」
「あまり気を抜くなよ、ほかの降霊祭と比べれば、地域が限定されているとはいえ」
「はいはい」
私の主人は堅物である。
まぁその辺りも含めて色々たまらないのだが。
旅行に行く事は出来なかったし、それはもちろん残念なのだが。
こうして主人と2人(+α)で様々な世界を見てまわるのは、私の至福の時である。
時として起こる戦いですら、そうだ。戦いは自分と主人との特別な絆であり、始まりの絆なのだから。
主人が戦っている理由とは相反するとしても。不謹慎だとしても。それでも幸せだと感じてしまう。
(元々が兵器だから、ですかねー?)
少しばかり落ち込んでしまう。魂を持った機動兵器だって悩んだりぐらいするのだ。
「どうした?」
「え?」
「いや、急に黙ったからな。」
普段は俺が止めるまで喋るのをやめないからな、と苦笑い。
ああ、全く、こういう全然気を使わないで気を使うところが、罪作りだと思う。
無意識に出している優しげな空気が、どれだけ自分を癒したか、きっと気づいていないのだろう。
「ずるいですね、ご主人」
「少しは俺を見習え」
「それはいやです」
「…?何だ?」
「いいえ、なんでもないですよー」
…まぁ、機動兵器状態の自分が悶えても悪魔が召還された直後のポーズとかにしか見えないので。
頭の中で人間サイズの自分に悶えさせておく。
と、ばかな事を考えていると、突如通信が入った。
空気が変わる。――――こういう空気も、嫌いではない。百戦錬磨の悪魔たる自分。歴戦の勇士たる主人。あとなんか老兵。
平行世界の番人たる我ら。あとなんか元番人。

423 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 01:58:52 ID:my1F2qcw
「兄さんからですね、モニタ出します」
「了解」
「聞こえますか?」
「…イングレ「おおいイングレッタちゃんは!?」…ッタは?」
「心配ありません。もうお帰りになられましたよ」
「……どういう事だ?」
「おや、何事か起こりましたか?」
あっれー、なんか兄さんフランクじゃありませんこと?
「いや、こちらは何もないが…?」
ご主人が戸惑いながら聞き返――って、あ。
「おや、まさか気づいておられませんでしたか?…今ごろ気づいたか、妹よ」
楽しそうに笑う。
嗚呼愛しい兄君、なぜ貴方は余計な事をおっしゃられるのか!
「…?どういう事だ」
「も、申しわけありません、ご主人…」
し、失敗…。
「…もう、お盆、終わってます」
こ、この世界日の出遅いから…。
「………あ」←背後霊
「………む」←久保
ああっ、せっかく珍しくシリアスになりかけたのに!

「食事とか取らなくても生けていけるからなぁ、我々。時間感覚狂うよな」
ご主人はパルシェムパワーでいざとなればあんまりご飯いらない人である。
まぁレーションちょくちょく食べてたし。
「それでは私はこれで失礼します。ご無事でなによりでした、お三方」
「ううっ、兄さん、それじゃあ」
「イングレッタにもよろしく伝えてくれ」
「達者でな。あとイングレ「こちらの留守番メッセージにどうぞ。録音致しますので」
さすがに心得ている。
同じ話が三週ほどしたのち、通信が切れる。

思う存分しゃべくったので疲れたのだろうか、どこかに消えてしまった背後霊をよそに、私と主人の会話は続く。
「申し訳ありません…」
「いや…今回は皆気が緩んでいたな。帰ったら反省会だ」

…私はおそるおそる、言う。
「あの…反省会が決まった直後にこういうことを言うのもなんですが…」
「どうした?」
実はさっきから思っていた。この世界の空は、とても綺麗だったから。
「いえ…その、もうちょっとふらふら浮いてたいなぁ、なんて」
「…もとの世界に帰るまで、俺たちの仕事は終わりではない」
「…はい」
「…………だから、もとの世界に帰るまでは、『今回』だ。だから気が緩んでいても、まぁ、今回限りは構わないだろう」
「……あ」
「…帰ったら、反省会だ」
「はいっ」
ああ。全く。なんて愛しい主人だろうか。
元の世界に帰って。反省会が終わったら、少しばかり調子にのって、甘えてみることにしようか。
魂を持った機動兵器は、恋だってするのだ。

電波投下。お盆まだだけど。あとクソ長くてごめん。

実は最初久保アルマナだったんだけど、これの三倍の長さになったんで急遽ディストラに。
うまく纏まったらそのうち投下するかも。
……キャラ崩れてる…orz 特に最後のディストラ一人称なんてどこの乙女だよ!というね?
まぁ許して。これが俺のディストラ観ってことで。…orz

424 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 02:27:44 ID:t2TNKXwF
GJ!面白かった〜。
ただ、視点かころころ変わるのが少し気になった。



・・・書いてる当人は一ヶ月以上投下してないんだかな・・・。三人称か登場人物視点で進めるべきか未だに迷うorz

425 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 02:27:59 ID:q6YHL+DS
>>423
GJ、特にディストラさん

426 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 09:53:56 ID:VJqIATG2
>>423
超GJ!新たな可能性をみた気がした
「私の主人は堅物である」吹いたw

427 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 12:44:37 ID:/gZXB6s+
クリハ「80%!? 冗談じゃないわ! 現状でダイゼラドの性能は100%出せるわよ!!」

ゼラド「でも胸がn」

クリハ「胸なんて飾りよぉ! エロい人にはそれが判らないの!!」

ゼラド「改良型のゲイムシステム・・・ 私にも使いこなせるかなぁ?」
クリハ「ゼラドの潜在能力は未知数よ、保証できるわけないじゃない。」
ゼラド「ぶー・・ 言ってくれちゃってぇ・・・」

クリハ「気休にしか聞こえないかもしれないけど・・・ ゼラドなら出来るって信じてるわ」

ゼラド「ありがとう」

クリハ「ゼラド!」

ゼラド「ん?」

クリハ「絶対帰って来てね! 約束よ!」

ゼラド「うん! ゼラド・バランガ! ダイゼラド、行きまぁーす!!」






ヴィレアム「ひ、貧乳のゼラドもたまらない・・・ ん? しまった!うわぁぁぁぁぁ!!」



勢いでやった反省はしてる。

428 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 16:17:27 ID:gSnOTDDG
>>427
ラーメンの汁吹いたwwwwwwwww

429 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 20:37:08 ID:awTzjPS9
ミナト「なぁ、鼻血1号」
ヴィレアム「誰が鼻血だ!!」
トウキ「事実だろうが…」
ヴィレアム「……」
ミナト「冗談はさておき…おまえ、ゼラドとデートとかしないのか?」
ヴィレアム「そりゃ、したいけどさ…」
トウキ「あ〜そういやそんな話聞かねーなぁ」
ミナト「だろ?」
ヴィレアム「だが…デートとなればその…ゴニョニ゙ニョ」
トウキ「なんだって?」
ヴィレアム「ゴニョゴニョゴニョ…」
ミナト「(爆笑)…おまえ、どこでそんな知識仕入れたんだよ」
トウキ「ぷぷぷっそれはない、それはない、それはない」
ヴィレアム「……」
ミナト「デートの占めがラブホって…なぁw」
トウキ「ありえねーよなw」
ヴィレアム「おまえらは違うのか?」
ミナト「ホテルのホも出ねーよ、レイナやアイミじゃ」
トウキ「最近はそんな場合が多いけどさ…少なくともしょっぱなからはナイ」
ヴィレアム「そうだったのか…」
ミナト「これでゼラドをデートに誘えるな」
ヴィレアム「ああ、かもな」

430 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 21:39:05 ID:ODqMymaJ
ハザリア「ビューンバシュバシュバシューン!喰らえ!グウワァシャーン! ぐぅっ!卑怯な!
フハハ!もう諦めるのだなハザル=ゴッツォ!終わりだぁ!
まだだ…ヴァイクランよ!俺に力を…」
ルナ「入るぞハザリア、夏休みの予定の…」
ハザリア「念動合体!ガシーン!ガシーン!完成!ガドル・ヴァイクラン!」
ルナ「…………お前今年で幾つだ?」
ハザリア「今年で17だが何か?ひぃっさつ!アルス・マグナ・フルヴァン!」
ルナ「いや…邪魔をしたな」


丁度ハザリア君より10こ上の書いた人は、コンプロサザビーで同じ事してますが何か?

431 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 22:35:10 ID:yNqEmB1L
三国志大戦で孫策ばっかり使っているハザリア

432 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 23:17:28 ID:egTj2eBI
>>430
幼稚とかそういうこと考える以前にハザリアは父親が好きでたまらないんだなあ
とか思っちまった
それにカイツ姓の息子がゴッツォって姓を何のわだかまりもなく使っているあたりとか
ここの世界のハザルは幸せになれたんだなあ、とかしみじみ思った

やってることすごくバカなんだけどねw


433 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 23:29:49 ID:1/m22ygy
>>430
リュウセイが仲間になりたそうに(ry

>>432
バカな親ほど子はかわいいもんさ

434 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 23:38:49 ID:nangwTFW
>>429
今トウキがサラッととんでもない事を言った件について

435 :それも名無しだ:2006/07/25(火) 23:56:38 ID:VJqIATG2
ハザルとハザリア物凄く仲の良い父子なんだろうなぁ
二人揃ってナッキーパンチくらってそうだけどw

436 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 00:07:34 ID:8iHR4ytn
ルリア「あなたっ!!ハザリアといつまで遊んでるの!!」
ハザル「だ、黙れ、黙れよっ!!」
ルリア「……」スチャ…バイ-ン
『ファイナルベント』
ハザリア「み、ミスティスラッシュ…」
ハザル「に、逃げるぞ…うわぁ〜」

437 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 00:13:45 ID:8iHR4ytn
>>434
クリハ「だって、おかーさんいつも家にいるし…」
トウキ「ミナトと同じ部屋だからな…」

二人っきりになりたきゃホテルが手っ取り早い
ゲームもカラオケもテレビもエアコンも有線もネットもある
平日昼間なら3000円でフリータイム
その名も『ステイルームトロンベ』
なお、男性同士のご利用もOKです

438 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 00:14:46 ID:FbLe6AcC
>>436
何気にルリアも影響受け始めてる…>ファイナル弁当
あとハザルのこと「あなた」と呼ぶ気にようやくなったのかw

439 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 00:29:37 ID:Emhp1vdX
むしろ>>435を見て、古き良き時代の親父みたいにゲンコ落とすルリアが頭をよぎった
なぜかいつも真っ先に殴られるのはハザル

440 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 00:52:40 ID:xpAH3w8R
お前らのせいで俺の中の第二次ハザルリア萌えが再燃しちゃう

441 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 02:55:27 ID:B08xpPNa
おいおい、俺の中ではハザルリアの炎は常に燃えているぜ?


ハザル「む…ハザリアからの荷物が到着したか…。ふむふむふむ…今回はフルメタル・ジュデッカの詰め合わせか(ニヤニヤ」
ルリア「…いい加減ハザリアから地球のロボットアニメグッズやらを定期的に送ってもらうのはやめてくれませんか?」
ハザル「黙れ!黙れよ!バルマーにはこういう文化が無い上に語り合う仲間(ハザリアとかリュウセイ)もいないのだからこの位!」
ルリア「…(ニコッ)」
ハザル「おぉ!分かってくれたかルリアよ!ではさっそく今宵はこのフルメタル・ジュデッカの本編を…」
ルリア「ナッキーパァンチ!」
どごっしゃあ!
ハザル「ひでぶ!?」
ルリア「最近ハザリアから送ってもらった映像ばかり見てあまり構ってくれないじゃないですか!?昔はルリアお姉ちゃんルリアお姉ちゃんとあんなに懐いていたのに…」
ハザル「!!!!だっ、黙れ!黙れよ!そんな子供の頃の話!」


ただのハザルリア話になったような気はするが反省はしない

442 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 04:14:24 ID:f5qs1u7Q
>>441
ルリアはきっと、他の夫妻(主に身近なマクレディ夫妻)がイチャイチャしてるのを見て羨ましいんだろうな

443 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 07:14:36 ID:wMzw9CD0
>>437
ところでトロンベは幾つ店を経営してるんだ?

444 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 10:29:56 ID:EFONpie2
>>443
乗った時にトロンベと呼ぶ機体の数だけ

445 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 10:34:15 ID:oXcdozjP
>>441
苦しい言い訳程度にルリアの膝枕でジュデッカ観てるハザルとか云々

やってる最中までアニメ観てる某爽やか大学生オタが浮かんだ

446 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 10:54:24 ID:Xe4vRDzO
オタップルぶりならダテ夫妻が最強だと思うんだ。

447 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 11:45:04 ID:3pkHtrBd
リュウセイ「やべぇ、早朝出撃だ!」
ラト「DVD録画予約モード、通常CMカット、セット!」
マイ「エンジン機動!リュウセイ!基地まですぐ出撃出来るぞ!」
リュウセイ「よっしゃ!」
「「「行ってきまーす!」」」

マリ「たわいない。鎧蹴一触とはこのことか」
リトゥ「『星屑の想い出』ね。……早朝練習?」

448 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 12:38:17 ID:J1av9XG/
>>429>>437を見てたら超甘々な電波が来たので形にしてみる。


ステイルームトロンベ・行為終了後

「私もいつかは胸が大きくなるかなぁ…」
「大丈夫だよ、俺はそれも好きだよ」
「でも、やっぱり…」
「…」
「どうしたの?そんなにじっと見て…私の身体、どこか変かな?」
「クリハ、お前、ほんとにかわいいなぁ…」
「な、何?いきなり…照れるじゃない」
「顔とか、髪の毛とかさ…」
「あっ…く、くすぐったいよ」
「胸とか、腰のまわりとか…」
「んんっ…」
「足の先まで、全部…」
「ひゃんっ…」

449 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 12:40:37 ID:J1av9XG/
「ほんとに、かわいいなぁ…」
「トウキ君…」
「お前とこうして一緒にいられてさ、俺は幸せ者だよなぁ…」
「ねぇ、どうしたの?急に…」
「狡いよな、俺」
「えっ?」
「ミナトや、ヴィレアムや、キャクトラだとかさ、恋に関しては苦労して、悩んでるじゃんか」
「うん…」
「お前とこうして、一緒にいれる。いいのかなぁ?俺だけ、こんなに幸せでさ…」
「トウキ君、泣いてるの…?」
「罰が当たったりしねぇかなぁ!?他人より早く、死んじまったりしねぇかなぁ!?怖ぇんだよ、なんかさ…」


450 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 12:42:28 ID:J1av9XG/
「…いいんだよ、幸せで」
「へ?」
「トウキ君は、今、幸せ。だから私も、今、幸せ。それでいいじゃない。」
「いいのかな、それで…」
「そうだよ、きっと」
「う、ううっ…」
「泣いていいよ、私は、いつも隣にいるよ…」
「うっ、うわああっ…」
「ふふっ、赤ちゃんみたい」
「…なぁ、しばらくこのままでいいか?」
「うん、いいよ」
「…お前の胸、やわらかいな…」
「もうっ、お世辞はやめてよ」
「やわらかくて、あったかい…」
「…ありがと」




451 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 12:45:27 ID:J1av9XG/
携帯からなので分けて投下。見づらいかもorz…
え?オチ?ないよ(´・ω・`)とりあえず全年齢板でもこのぐらいはおkだよな?
長駄文すまんかった。


452 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 12:58:51 ID:rGGF6EO5
あまぁぁぁぁい!!甘すぎるよ!小沢さぁん!!

453 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 14:16:53 ID:f5qs1u7Q
水の魔装機神操者の食物の好み以上に甘いよ小沢さ〜ん!
 人
(゚Д゚)

454 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 14:57:00 ID:gy9Ooo9B
後半は甘いを通り越してちょっとキモかった

455 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 15:59:11 ID:zuziT7Pr
トウキ「でも、やっぱDはなきゃな!」


さて、クリハに消されないうちに逃げるか……

456 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 17:13:27 ID:ozw8rv5I
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『イングレッタを描こうとしたら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか某少年漫画の雪女(大○門系)になっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…



描いて気付いたが俺スキャナやデジカメ持ってないからアップできねぇorz
マウス描きも下手だしどうすればいい・・・

457 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 17:53:10 ID:oFxfpJZy
漫喫行けばあるところはあると思われ。

458 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 19:28:15 ID:zcHV+AOp
>>456
キャラ的には被ってるからいいんじゃね?

459 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 19:32:02 ID:oXcdozjP
>>450
クリハの激しい胸コンプレックスも
唯一トウキに褒められた時だけ癒されると妄想

460 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 19:50:11 ID:PrW+PwLj
報われないルリアの為に



ハザル『……ぅお!危ない!』
ルリア『……まったく…毎日毎日アニメアニメ……少しは昔みたいに…』
ハザル『ん…何か言ったか?』
ルリア『なんでもありません!』
ハザル『……』


一時間後


ハザル『うーん……ハザリアから送られてきたアニメも一応見終わったな…』

時間、9:30


ハザル『む……中途半端な時間だな……』
ルリア『そうですね……………』
ハザル『……久しぶりにルリアの料理を……』
ルリア『ありません!だいたい、なんで私をほったらかしで毎日毎日アニメばかり…』
ハザル『………すまん……』
ルリア『ふん……!』
ハザル『………公園にでも行かないか?』
ルリア『…それくらいなら………………』



公園


ハザル『なぁ……覚えてるか?俺がプロポーズした日のこと』
ルリア『たしか……凄く派手な格好でみんなドン引きでしたね』
ハザル『黙れ!黙れよ!勝負服だったんだぞ!』
ルリア『あのマーブルファンタズムな服が?』
ハザル『………』
ルリア『………』
ハザル『なぁ……ルリア………』
ルリア『なんですか?』
ハザル『もっかい…プロポーズしていいか?』
ルリア『………はい…』
ハザル『それじゃ……』




ハザリア『と、こんなとこだな』
トウキ『なんでだろーな…これで仲直りとは』
ゼフィア『うむ……』
スレイチェル『じつにヴィルベル』








461 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 20:31:31 ID:TV8VniP/
>>460
ドン引きするほど派手なマーブルファンタズムな服について具体的にkwskwww

462 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 21:23:51 ID:xpAH3w8R
坊のセンスにマジ脱帽

463 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 21:36:31 ID:PrW+PwLj
>>461
それはアレだ、

ピエロの着るような服にディスレヴに取り込まれたら見れるような色だ。


464 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 21:49:52 ID:8c5GYCc4
ヴィレアム「ハザリア、お前のとこの親も仲良いんだな。クロウスルヨナ…」
キャクトラ「まぁ、我々の親程露骨ではなさそうだがな…」
ハザリア「む、そうなのか?世の中ではあの程度が普通だと思っていたが」
トウキ「って事は、もしハザリアに彼女が出来たら天然で濃い〜絡みをやっちまうんかね?」
ミナト「確かに、それが基準ってコトだからなぁ…」
ハザリア「フン、下らんな。それに、そこの2人にも言えることだろうが?」
ヴィレアム「む?俺達が?」
キャクトラ「濃い絡みをすると?」
ヴィレアム「………俺が…ゼラドと………?」
キャクトラ「………姫様………姫様………!」
ヴィレアム「(ラブラブな妄想中)」
キャクトラ「(イチャイチャな妄想中)」
ヴィレアム「(甘々な妄想中)」
キャクトラ「(ストロベリ〜な妄想中)」
トウキ「…ま、コイツらは置いといてだ。       どうせ叶わぬ夢だしな(ボソリ」
ミナト「ハザリアはどうなんかね〜?相手の方はさぁ?気になる娘とかいないんか?」
ハザリア「お前ら…俺にそういう話を振るなっ!」
トウキ「ちぇっ、ツマランなぁ?」
ミナト「結構女の子に囲まれた、羨ましい生活してるクセになぁ?」
ハザリア「…減らず口ばかりの生意気性悪根暗女に珠玉の脚本をなじられ、
    全てが格闘で解決できると思っている脳みそ筋肉女に無理矢理しごかれ鍛えられ、
    とにかく何を考えてるのか何をしたいのか何であんな風に育ってきたのか分からん、
    あらゆる意味で常識を超越した女に玩具にされる生活のどこが羨ましいのだーっ!」
ヴィレアム「(ラブラブ甘々な妄想中)」
キャクトラ「(イチャイチャストロベリ〜な妄想中)」

465 :それも名無しだ:2006/07/26(水) 23:12:48 ID:b2RbCHt3
新聞部企画 あまり出て来ないB組のお母さん達を取材してみよう。

レイナ「そんな訳で先ずはカル君とこ」
カル「僕のママンですか?ある意味理想の女性ですよ」
アイミ(ママンて…マザコンか?ちと幻滅)

テュッティ「まぁ、カルのお友達?どうぞあがって」
レイナ「はい」(すっげぇゴージャス美女!)
アイミ「お邪魔します」(何か…優しそうな笑顔)
レイナ「部屋の内装も綺麗ですね」
アイミ「シンプルなんだけどかわいい系でまとまってて…素敵ですね」
テュッティ「ありがとう、うれしいわ 今お茶いれてくるわね」
レイナ(美人で優しくてスタイルもセンスも良くて…完璧超人じゃん)
アイミ(カル君がマザコンぽくなるのもわかるわ…仮にこの人と張り合ったら勝てる気がしない…)
テュッティ「はいどうぞ、今日は暑いから麦茶ね」
レイナ「……あの、麦茶に溶けずに山になってるこれは」
テュッティ「あら?麦茶にお砂糖入れない?」
アイミ「いや、入れる入れないの問題で無くて…」
テュッティ「こうやって麦茶を飲むと、とっても美味しいのよ、ねっカル」
カル「この暴力的な甘さがたまらないよね!」

甘さの加減を知らない女―テュッティ―

466 :GCはやった事無し:2006/07/26(水) 23:41:59 ID:b2RbCHt3
レイナ「お次はレラちゃんとこ」
レラ「お母さ…凄く…ボトムズな…人よ…」
アイミ「エライ不安になる人物評ですな」

レラ「ただいま…」
セレイン「お帰りなさい お友達の方ね、この子から話は聞いているわ、どうぞ上がって」
レイナ(ヴィレアムのお母さんに雰囲気似てるけど…普通の人じゃん)
アイミ(心配して損した)「お邪魔しま…」
ヒュバッ!
アイミ「!?な、な、な、何すんですか!私の顔の横数ミリをナイフが突き抜けて!!」
セレイン「ごめんなさい、驚かせて ほら夏になると多いでしょ蚊」
レイナ「うわ…真っ二つ…怖っ!」
セレイン「心配しないで、貴女達を殺すつもりだったら既に三回は殺してるわ」
レラ「お母さん…いつも…こんな感じ…面白い…でしょ…?」
アイミ「う、うん」(何?さっきのジョーク?めっさ恐いんですが!!)
セレイン「じゃあ、居間に案内するからそこで待ってて、お茶いれてくるから」
レイナ「……あの、ここ本当に居間ですか?壁に自動小銃やら散弾銃やら物騒な物が沢山…」
アイミ「武器庫ですよね?」
セレイン「何処の家でもこれ位の装備はあるでしょ?」

平和に馴染めない女―セレイン―

467 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 09:55:01 ID:JWNUcmj1
アークの母親は女子高生だな、声的に
父親は三刀流のバンダナ剣士だし

468 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 11:51:47 ID:HqBahBSl
ヴィレアムの妄想


ゼラド『あ……もう、ヴィレアム君…お弁当ついてるよ♪』
ヴィレアム『あ…ああ…』
ゼラド『ん……(パクッ)』
ヴィレアム『ゼラド!』
ゼラド『ふふ……はい、あーん♪』
ヴィレアム『は、恥ずかしいだろ……』
ゼラド『私じゃ……いや?』
ヴィレアム『そんなことはない!……あーん……』
ゼラド『ねぇ……次は私に…』
ヴィレアム『ああ…ゼラド、あーん……』
ゼラド『あーん♪』



キャクトラの場合

ルル『おかえりなさい、キャクトラ♪』
キャクトラ『ひ、姫さま!一体なにを!』
ルル『キャクトラの為に今日は頑張ってお料理作ったのよ♪』
キャクトラ『で、ですが!そういう事は自分にお任せいただければ!』
ルル『たまには…キャクトラにも支えてみたいなって………』
キャクトラ『で、ですが……』
ルル『私じゃ……いや?』
キャクトラ『い、いえ!そんなことは……』
ルル『じゃあ…ご飯食べよ♪それともお風呂……一緒に入る?』
キャクトラ『お……お風呂で……』




『私じゃ……いや?』に弱くなったな…二人とも。
反省はしないぞ?

469 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 12:40:55 ID:sfHo5la9
ルナのところが、ルルになってる!

470 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:11:39 ID:oYgwGV95
そういえば、最近Jのキャラを見ないな

471 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:25:09 ID:0SRJKvZL
>>470
混乱期に生まれたキャラだからどうにも動かしにくい感がある。それに下地も主なキャラよりも全然できてないし。

472 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:41:13 ID:HqBahBSl
>>469
な、なんですとーっ!
素で間違えた……orz

473 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:42:10 ID:2BOy55Ep
Jキャラは増加しまくって問題になった頃に生まれた奴らだから、規制に引っかかると思って皆使わないんだろう
それとは関係ないけど、俺は一夫多妻ネタはちょっと生理的に受け付けないし…

474 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:49:08 ID:oYgwGV95
ならばマリとかリトゥは如何なるんだぁぁぁー!!!

475 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:52:48 ID:mJh8SNRE
>>474
リトゥ「落ち着いて!」
マリ「そしてなるべく下げろ」

476 :それも名無しだ :2006/07/27(木) 13:56:47 ID:j/v4jeJr
本妻の娘と妾の娘だけど
リトゥとマイはそう仲悪くないな

477 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 13:57:11 ID:6P+Xk9Ld
そういやリトゥも最近出てないような・・・

478 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 14:16:09 ID:vg3R0w/O
???「Jキャラがいないだと?この冥府の王たる俺を忘れたか!?」

479 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 14:22:06 ID:xskTJND5
>>478
ディストラ「はいはい無限光無限光」

>>476
さてどっちが本妻なのかじっくり聞かせてもらおう

480 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 14:22:46 ID:VGgNWrLc
>>478
久保「ディストラ、やれ」
ディストラ「はいは〜い。1名様ご案な〜い(無限光)」
???「MXでの活躍もしかと見(無限光)」

481 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 14:36:59 ID:0GlGyD9P
>>468
お弁当が付いてるのか?


482 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 14:48:29 ID:vdbscaq9
>>455
ジョシュア&ラキ「呼んだか?」

483 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 15:14:09 ID:hXkoN8qt
>>482
トウキ「いや、D違いですから!」

484 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 15:15:06 ID:slUqxe12
>>482
むしろ其処は完璧パパが出張って助手に引きずられてくパターンだと。

485 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 15:56:47 ID:xskTJND5
>>481
ほっぺにご飯が付いた状態を「お弁当」という方言があるらしい

486 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 16:24:04 ID:0GlGyD9P
>>485
方言か、なるほど

487 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 16:26:08 ID:2bIpM8yW
いや、方言と言うとなんか違う気が…

488 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 16:54:55 ID:mc+/FCbP
>>473
Jキャラはボーダーラインの中なのか外なのかわからないんだけど。はっきりしてほしい。
まあでもこれ以上は議論スレでやることかな。


489 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 18:07:53 ID:vg3R0w/O
J組は4人兄妹だっけ?


490 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 20:08:33 ID:jrzWh6B/
いや、3人。詳細は人物辞典で確認を
……実は克夜は初出では女のつもりだったのは秘密だ……

491 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 20:43:21 ID:KPBvm/lH
>>488
>>1-2

492 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 21:02:21 ID:xCgridHd
※禁止事項※
・新キャラの追加は全面禁止となりましたので、新キャラが登場してもスルーするようお願いします(新キャラと既存キャラの基準は人物辞典に登録されているか否かです)

どっち基準か知らないけど一応人物辞典にはあるんだよね。書き込み式じゃないほう
だからといってほぼ放置キャラのJ組を出すのはあんま良いとは思わないが
これ以上は議論板で

493 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 21:43:26 ID:vy0cHnbH
ゼラド「そーいえばディスレブの中心ってどうなってるのかしら?」
ディストラ「え、ゼラドちゃん。 中 身 を み た い ん で す か 」
ゼラド(あれ?周りの空気がじっとりと冷たくなっ・・・ひぃぃ)「ごめんなさいごめんなさい許してぇぇぇ」
ディストラ「ん、もう冗談ですよ冗談。」

494 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 22:14:05 ID:liQ4+0pm
テュッティって水泳のフィンランド代表だったってのは本当なんだろうか…?

495 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 22:20:20 ID:liQ4+0pm
ゼラド「帰りに食べる袋入りのかき氷…まるでコンビニのルビーだわ…」
クリハ「…イチゴ味もいいけどこの白みつ…私の心みたいに真っ白」
アイミ「このサファイアの様にきらめくメロン味」
レイナ「どこまでも深く心を魅了するブルーハワイ…」
ゼ・ク・ア・レ「かき氷サイコ〜」


ほんっと最近暑いよな、夏バテや熱中症には注意しろよ
えっ?
袋入りかき氷を知らない?

496 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 22:21:08 ID:gZ9+3nxa
水泳の代表だったのはゲンナジー
むしろテュッティは泳げない

497 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 23:14:09 ID:EBgQ/CvC
リトゥは控え目な性格で地味めな子だけどその母親譲りの美貌(というかかわいさ)で隠れたファンが多いと信じてる。

498 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 23:29:38 ID:gZ9+3nxa
それを言うと女性キャラ全員美少女なんだが

499 :それも名無しだ:2006/07/27(木) 23:53:42 ID:iN6N6P7R
>>493
アオラ「ディストラお姉さんの中身…という意味では、見てみたい気はするかも…」

500 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 00:03:02 ID:NuIQWFh1
とってもメカニカルか、なんともグロい悪霊の塊だろうな>>中身

501 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 00:11:00 ID:cS887Ea5
(そして砕け散れ中)

>>500ゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!!

ディス「失礼しちゃうわね。砂糖とスパイスと素敵なものがつまってるに決まってるじゃない!」
アオラ「それ何て鋼の救世主?」

502 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 00:20:29 ID:+oeMiEAW
>>501
姉さんにケミカルXが含まれているだとぅ!?

…日本製のZは受け付けられないのも私だ。

503 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 00:41:17 ID:d9z0faf/
お砂糖。スパイス。素敵なものをいっぱい。全部混ぜるとむっちゃ強カワイイ機動兵器
が出来る! ・・・はずだった。だけど青ワカメは間違って余計なものを入れちゃった!
それは・・・ディスレブX。そして我々が待ち望んだ超強力機動兵器が誕生した、その名も
バランガ家のメイド兼タイムダイバー用機動兵器 ディス・アストラナガン!!

最後だけ別なのと混じっちまったが後悔しないのも私だ

504 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 00:47:44 ID:z5f8wcxn
素粒子Zより危なそうだw

505 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 14:57:17 ID:7Hk7opYT
>>496
ゲンナジーがメダリストなのは知ってんたけど…
俺の脳内ソースだったみたいだな(汗

506 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 16:41:07 ID:AtiTPTpb
ディス・アストラナガン
お砂糖、スパイス、素敵なモノ、ディスレヴX、バルマーの侍女を悪魔合身することで誕生する
服(装甲)の素材にはゾル・オリハルコニウム(以下ZO)とズフィルードクリスタル(以下ZC)を使用
ZCによりメイドから機動兵器への形体変化が可能で6つの僕を自由に操る
武装はZOシリーズ、ホウキ、鍋、フライパン、包丁、鎌など多彩なバリエーション
必殺技はあいん・そふ・おうる☆これを見たものはある二人を除いて間違いなく、ディスレヴハウスに送られる
ディスレヴハウスに住まう者は約3名だが、約1名はよく抜け出し悪い事をしている、時々約4名になる事も

507 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 18:05:11 ID:pgBg99c3
ttp://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/8689.jpg

ノリで描いてみた。だが私は謝ら(ry

508 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 18:26:02 ID:vAnEIfCH
これはいいヘルシングですね

509 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 18:32:08 ID:NZT+3bzE
そのvipのロダは俺の環境だと常時403エラーで今まで一度も見れた事がないので
次からはよそにして欲しいと思うのも私だ

510 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 20:22:53 ID:7Hk7opYT
ヒラコーを語る上で
テクノ番長を外す訳にはいかないですな

511 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 22:24:46 ID:z5f8wcxn
>>507
ワロスww
タイムダイバー系列のキャラはまり過ぎだwww特にイングラムにギリちゃんwwww

512 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 22:54:13 ID:F46+2WH1
>>507
ゼラドが浮いてるw
まあ本編もセラスはその面子と比べると浮いてるがw

そして久保がガチでかっこよすぎる件。

513 :それも名無しだ:2006/07/28(金) 23:03:33 ID:1nGeB0MW
>>507
GJ!
でもこれヴィレアム死亡フラグなんじゃね!?

まあキスできるなら本望か

514 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 01:04:33 ID:DpyoE9z4
ヴィレアム「ゼラド俺、お前のことがずっと前から好きだったんだ」
ゼラド「あたしも、ヴィレアム君の事ずっとずっと好きだったよ!」
ヴィレアム「ゼラド!」
ゼラド「ヴィレアム君!!」

ドン!ガタガタガタ!ズズゥン!
ヴィレアム「いっててて・・・ん?ゼラドは?(キョロキョロ)・・・はぁ・・・また夢か・・・
しかしここはどこだろうな?やけにふわふわして気持ちがいい
まるで天国みたいなところだな」

天使さん「あははは、また一人来たんだ、やぁ!ようこそ天国へ、君は死んだんだしっかり自覚して転生に備えてね!」
ヴィレアム「てっ!天国ぅぅぅぅ!!待て待て、俺死んだのかよ!」
天使さん「そうだよ?じゃあ少しだけ現世を見せてあげるよ」

ギリアム「・・・・・・馬鹿な子だったが本当にいい子だった・・・」
ヴィレッタ「うぅ・・・」
ギリアム「ヴィレッタ・・・」
レイナ「こんの馬鹿!!なんで何で死んだのよ!起きなさい!今すぐ起きて!起きて・・・声を聞かせてよ・・・」
ゼラド「ヴィレアム君・・・私・・・ヴィレアム君の事・・・」

天使さん「はいおしま〜い」
ヴィレアム「待て!おい!もっと見せろ!今すぐ見せろ!ゼラド!ゼラドォォォォ!!」
天使さん「ダメダメ、じゃあ転生の順番が来るまでゆっくりしててねぇ〜」
ヴィレアム「あっ!お願いお願いだからもう少しだけみせてぇぇぇぇぇ!!」
天使さん「仕方ないな〜」

レイナ「ゼラド・・・あんたもやっぱりあいつの事・・・」
ゼラド「・・・」

天使さん「はいおしまい」
ヴィレアム「きっさまぁぁぁ!何でいいとこでおしまいなんだよ〜」
天使さん「はいはい、じゃあ僕は忙しいからかえるね〜、ばいば〜い」
ヴィレアム「待ってぇぇぇぇぇぇぇ」

ヴィレアム「えぇぇぇぇぇ!・・・ふぅ・・・よかった・・・今度こそ夢だ・・・、しかしなかなか面白い夢だったな」
天使さん「夢じゃなくて、君の未来だったんだけどね」
ヴィレアム「ぶぅぅぅぅ!何でいるんだよ!!」
天使さん「まぁ気にしない気にしない、わかったら少し部屋を整理しておくんだね」

ヴィレッタ「ギリアム・・・ヴィレアムどうしたのかしら?」
ギリアム「うむ、ずっと独りで何かをしゃべっているな」
ヴィレッタ「病院に連れてった方がいいかしら?」
ギリアム「いやそっとしておこう・・・」
ヴィレッタ「そうね・・・」

515 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 02:09:46 ID:AjCIPd/v
ヴィレアム「・・・・・・・・・・」
???「ヴィレアム・・・起きなさい・・・・ヴィレアム」
ヴィレアム「!」
イングレッタ「こんにちは」
ヴィレアム「あ・・・あんた・・・・若い母さん!?」
イングレッタ「いいえ。私はあなたの母親に関する並行世界の可能性の一つ、グレちゃんよ」
ヴィレアム「・・・・どういうことだ?」
グレちゃん「そんなことはどうでも良いわ。今日はガンバルあなたにこの私が応援をしに来たのよ。
さあこのタイムダイバーになんでも言ってみなさい」
ヴィレアム「そ、それじゃあ母さんに似た誰かさん!一コだけ聞きたい事がある!
俺は不幸続きでゼラドに振り向いてもらえなかったりレイナに玩具にされたりいじられキャラになっていたりと非道い有様なんだ。
この先もずっと不幸にまみれる人生なんだろうか・・・?」
グレちゃん「さあ?」
ヴィレアム「ちょっwww何でも言えって言っただろう!?」
グレちゃん「何でも答えるとは言っていないわ」
ヴィレアム「・・・(じゃあ何しに来たんだよ!?)」
グレちゃん「そろそろ帰らなきゃいけないわ。あなたもそろそろ目を覚まさなきゃいけない」
ヴィレアム「いや、俺は寝ていないし。そもそもおこしたのはあんたじゃ
グレちゃん「良い?ヴィレアム?この出来事は夢だったの。大丈夫よ、次に目を覚ます時には全て夢だったと納得できるわ」(チャキ)
ヴィレアム「・・・あの、なんで銃を取り出すんだ?なんで俺に銃口向けるんだ!?」
グレちゃん「実弾じゃないわ。ちょっとしたショックを与えるだけ。現実があやふやになるくらいの」
ヴィレアム「聞いてねーーー!!」
グレちゃん「ゼラドによろしく。あとファザコンお姫様に会ったらバカって言っておいて。じゃあおやすみなさいヴィレアム」(タンタン)
ヴィレアム「うわぁぁぁああああ!!」


???「ヴィレアム・・・起きなさい・・・ヴィレアム」
ヴィレアム「!」
ヴィレッタ「どうしたの?随分うなされていたけど」
ヴィレアム「母さん!?」
ヴィレッタ「?」
ヴィレアム「・・・よかった・・・若くない母さんだ・・・・・・・・・・あ」
ヴィレッタ「ふふ・・・ヴィレアム?今なんていったのかしら?母さん耳が遠くてよく聞こえなかったわw」
ヴィレアム「ちょwww母さん違うんだ今のはうわぁぁぁぁぁ・・・・・」

516 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 02:21:04 ID:BrCDag6v
ヴィレアムマジかわいそうな子www



でもそんなヴィレアムが大好きなんだぜ?

517 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 02:40:48 ID:FA0aIEvz
2-B
アーク「なあ……」
咲美「何?兄さん、今授業中よ」
アーク「あの一番後ろに座ってる奴だれ?」
何故か授業を受けてるイングレッタ
咲美「何であんたいるんだぁぁぁぁ!(ガビーン)」(注意:咲美はゼラド経由でイングレッタを知っている)
アクア「咲美ちゃん!授業中は静かに!」
咲美「す、すみません」
アーク「どっかで見たことあんだよな、あの美人。」(注意その2:アークは一度だけイングレッタに街で出会っている)
咲美「に、兄さんは知らなくて良いわよ」
アーク「……………よし!決めた!」
咲美「何を?」
アーク「今日告る!」
咲美「えぇぇぇぇ!?」
アクア「咲美ちゃん静かにって言ってるでしょ!」
咲美「ゴメンナサイ………」
アーク「だってあんだけの美人だぜ?なかなかお目にかかれねーよ」
イングレッタに手をふる、アーク
イングレッタ「……」
だが、無反応なイングレッタ
アーク「ありゃ、つれないな」
咲美「に、兄さんなんてすぐ断られるわよ」
アーク「でもやってみる価値はありだろ?それに……」
咲美「それに?」
アーク「なんか彼女明日には居なくなってそうな感じするしな……」
咲美「え!?」
アーク「何となく消えそうな、ミステリックな感じがするんだよな。そこがまたたまらないんだよ」
咲美「か、勝手にすれば」
アーク「おう、勝手にする!」
アクア「赤月兄弟!静かにしなさい!」


続く?

518 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 05:01:48 ID:J4VgcMFB
マリ「とうとう、ここまで来たのね」
ハザリア「ああ、それもこれもお前のおかげさ」
マリ「そんな、わたしは、ただあなたの手伝いをしただけよ」
ハザリア「いや、お前がいたからこそできたことさ」
マリ「ふふっ、あなたったら」

ヴィレアム「あいつら、なにしてるんだ?」
レイナ「なんでも、今度の舞台が開拓中の火星でソバ屋を切り盛りする若夫婦の話で、
 そのイメージトレーニング中だそうよ」

マリ「待て待て。どうもおかしい。
 そもそも、開拓中にソバ屋やってるような夫婦に、そんなにラブラブになってる暇なんかあるのか?」
ハザリア「フム。それもそうだ。どちらかというと戦友のような乾いた間柄のほうが説得力があるな。
 しかし、特にラブラブでない夫婦となると、この界隈ではサンプルが少なすぎるぞ」
マリ「レイナのとこなどどうだ」
ハザリア「いや、あそこは互いをないがしろにしているようでいて、その実妙に信頼しあっているようなところがある」

レイナ「勝手にひとの家庭を分析しないで!」
ヴィレアム「なぁ、ハザリアはいつになったらロボが出てくる脚本を書くんだ?」

519 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 06:36:23 ID:MQc7q9zi
>518
819取ってからジャマイカ、まあ永遠に無理だろうがw

520 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 07:06:37 ID:xCEYiXmx
この間なんて冥界からバイク乗りのオッサンが取って行ったからな。
今回は誰が取るんだろうな?

521 :ハザリア:2006/07/29(土) 07:11:27 ID:5PQHkdQH
>>519
299レス後を待っていろ!



522 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 07:45:59 ID:AjCIPd/v
タイムダイバーグレちゃん学園に顕る
イングレッタ「・・・・・」(スタスタ)
ゼフィア「待てい!その身のこなし、重火器を携帯している者のそれだ!・・・む?そもそもこの学園の生徒か?いや、どこかでみたような気もするが・・・」
イングレッタ「あら、また会ったわね」
ゼフィア「む?初対面のはずだが・・・?」
イングレッタ「分からないならそれで良いわ」(スタスタ)
ゼフィア「???・・・・む、はぐらかされてしまった!?」

523 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 09:42:33 ID:v9YHD03Z
>>521
>>519の299レス後は818
自分の299レス後は820
取らない気満々だろうお前

524 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 10:47:04 ID:EXsGTDxU
ディストラ「うぅ…けほけほ」
クォヴレー「なんだ、アストラナガン。機動兵器の癖に咳なんかしてどうした?」
ディストラ「けほ…ご主人様ぁ〜。なんだか煙たくないですかぁ?けほけほ…」
ゼラド「え?別にそんなことないよね?」
ディストラ「うー、おかしいなぁ…けほけほ…ゲホゲホゲホ!!」
アオラ「うわ、お姉ちゃん大丈夫!?」
ディストラ「けほけほ…げふん!?」(ぼふっ)
ゼラド「きゃぁぁぁぁ!?お、お姉ちゃんが煙吹いたー!?」
ディストラ「ゲホッ!(ぼふん)ゲホッ!(ぼふん)げふげふん!(ぼふふん)ふえぇぇぇん、何これぇぇぇ?ご主人様ぁぁぁ〜何とかしてください〜…げふん!(ぼふん)」
クォヴレー「何とかと言っても…こんな時に限って背後霊は何処かに行っているし…」
ディストラ「げふん!(ぼふん)げふん!(ぼふん)ふえぇぇぇん、止まんないよぉ〜」
アオラ「あれ?お姉ちゃん、なんか胸元からも煙でてない?」
ディストラ「へ、胸元…?あ、ホントだ。げふん!(ぼふっ)」
ゼラド「…ということは」
クォヴレー「…あいつらか」
ディストラ「うぅ、最近大人しいと思ったら…けほけほ」
クォヴレー「仕方ない…アストラナガン、服を脱げ」
ディストラ「けほけほ…はい?」
クォヴレー「服を脱げと言ったんだ。早くしろ」
ディストラ「そそそ、そんなご主人様!?いきなりそんなところでなんて…!?
      アオラちゃんもゼラドちゃんも見てるのにあいやでもそれはそれで凄くクるものがあるようなないような!?」
クォヴレー「…何を言ってるんだお前は。仕方ないから、俺がディスレブに行ってあいつらをとっちめてくる。早く脱げ」
ゼラド「お、お姉ちゃんばっかりズルい!あたしも混ざるー!!」(すぱーん)
クォヴレー「な、ゼラド!?いや、脱げと言ったのはお前じゃない!」
ディストラ「ご主人様ー!バッチ来い!!」(バンバン)
クォヴレー「なんで全部脱いだ挙句に布団をバシバシ叩いてるんだお前は!というか、何処から持ってきた!?」
アオラ「お、おねぇちゃんの裸…」(鼻血)
ディストラ「さぁ、ゼラドちゃんもいらっしゃい!貴方さえ良ければ二人一緒でも構わないわ!」
ゼラド「お姉ちゃん!」(ひしっ)

525 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 10:48:30 ID:EXsGTDxU
ディス・レヴ内

サァゴシュジンサマ!ワタシタチハジュンビバンタンオッケーデスッ!
オ、オニィチャン・・・ヤサシクシテネ?
ヒトノハナシヲキケオマエラ!?

イングラム「…なんか表が騒がしいな?何やってんだ、あいつら」
レビ「表なんかはどうだっていい!今はこっちが大事だろう!」
シュウ「ククク…そろそろいい頃合のようですね」
マサキ「ふん、では始めるとするか。用意はいいな、貴様ら?」
ユーゼス・自縛霊「「勿論と頷くのも私達だ」」
シュウ「ククク、それでは…」

  「「「「「「い た だ き ま す 」」」」」」

イングラム「いやー、焼肉なんか久しぶりだな。死んで以来初めてじゃないか?」
シュウ「私も久しぶりですよ。バイト始めてからというものこんな贅沢は殆ど出来ませんでしたからね」
自縛霊「むぅ!?そのハラミを狙っていたのも私だ!」
マサキ「フハハハハ!そんなことは知らんな!嘆くのならば愚鈍な己を嘆け!」
シュウ「マサキ、肉ばかりとらずに野菜も食べなさい」
マサキ「この俺に命令するなシュウ・シラカワ!だが、そこまで言うなら食ってやらんこともない!」
ユーゼス「おい、もうちょっとそこ詰めろこっちの世界の私」
自縛霊「お前こそもう少し詰めろあっちの世界の私」
レビ「ねぇ、コレもう大丈夫!?コレもう大丈夫かな!?」
イングラム「んー?あー、それはまだちょっと生焼けだなぁ。豚肉はちゃんと火を通さんと食えんからな」
レビ「えぇ〜!?じゃあコレは!?」
シュウ「それはまだ焼き始めたばかりですよ、もう少し落ち着きなさい」
レビ「むぅ〜…」
マサキ「ふん、たかだか食い物でウダウダと情けない←ツン 仕方あるまい、俺のハラミをくれてやろう←デレ」
自縛霊「そのハラミも元々は私の…」
ユーゼス「見るに忍びないから他の肉を取り分けてあげるのも私だ」
イングラム「しかし煙がすごいなぁ…やっぱ、煙吸い取るタイプの鉄板の方が良かったんじゃないか?」
シュウ「ククク、それは私も考えましたがね。高いのですよ、アレは」
マサキ「ふん、今度換気扇でも取り付けるとするか」

とりあえずバランガ家もディス・レヴも概ね平和なようです。

526 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 11:28:45 ID:tR51TdQ7
>>525
やっぱりこの後久保にとっちめられて焼き肉食えなかったんかな?

(´・ω・`)ビンボーズカイソス

527 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 11:29:05 ID:v9YHD03Z
>>524-525
いつの間にかレビまで呼んできたんだな、そのうちケイサル爺ちゃんも参加しそうだw
しかし内部電源はディストラさんから引っ張ってるだろうし、どんどん快適になっていくぞディスレヴ

528 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 11:47:57 ID:TBkkbHoE
肉の焼け具合を背後霊たちに聞く戦爵様テラカワユス(*´Д`)

529 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 12:25:26 ID:AmAvR/vC
>>526
大丈夫ユーレーズが凹にやられないよう既にディス姉とゼラドと言う抑止力が働いている
だからちゃんと焼肉を食えたはずだ!
だが焼肉終了後どうなったかまで保証しないのも私だ

530 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 12:39:40 ID:AmAvR/vC
ディスレヴハウス
設備
BARビンボーズ
焼肉セット
ユーレーズ居住セット

住人
ユーゼス=ゴッツォ
白河愁
木原正木
自縛霊ユーゼス
イングラム=プリスケン

お客さま
更迭ジキミ
ヴィレアム=イェーガー
キャクトラ=マクレディ
レビ=トーラー他

連投は謝ってもそれ以外は謝らん!

531 :ハザリア:2006/07/29(土) 17:32:37 ID:5PQHkdQH
>>523
黙れ!黙れよ!
俺は>>520に書き込んだつもりだったんだ!
だから299レス後って言ったんだ!
でも誰も>>520が埋められてるだなんて教えてくれなかったじゃないか!!
俺は悪くヌェーー!!




いやリロドらずに書いた自分が悪いんだが、>>521を見た瞬間今回のハザリアの末路を見てるような気がしたよ……

532 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 17:51:08 ID:AmAvR/vC
>>531
ハザリアで819ランなんかしたら820から次スレの途中までハザリア祭りになっちまうぜ

533 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 17:52:47 ID:FA0aIEvz
>>517の続き:放課後
アーク「少し時間ある?話あんだけどさ」
イングレッタ「無いわ」
アーク「えー……、じゃあ今言うよ。凄い好き、付き合ってもらえねえか?」
イングレッタ「無理」
アーク「即答かよ!、……じゃあ理由だけでも聞かせてくんねーか」
イングレッタ「私はあなたの事良く知らない、以上」
アーク「……じゃあお友達から初めよーぜ!」
イングレッタ「………あなたって呆れるほど前向きね」
アーク「まあ、それが俺の性格だし。それに俺とあんたが生きてる限り可能性は0じゃないしね。」
イングレッタ「ふふっ、面白い人ね。でもあなたと私が生きてても付き合う可能性は0だけどね」
アーク「この世に可能性0なんてものはねーよ」(真顔)
イングレッタ「……いいわ、まずはお友達から始めましょう」
アーク「マ・ジ・で!?ヨッシャァァ!!」
イングレッタ「…やっぱり止めるわ」
アーク「ああ、スマン、スマン。あまりにも嬉しくてな」
イングレッタ「ふぅ…、あなたって馬鹿ね」
アーク「ああ、よく言われる」(笑顔)

534 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 17:54:56 ID:FA0aIEvz
イングレッタ「……じゃあ、私はこのぐらいで帰らせてもらうわ。」
アーク「じゃあ、一緒に帰ろーぜ」
イングレッタ「……なんで?」
アーク「友達ならそれぐらい普通だろ?友達ならさ」
イングレッタ「だからって、すぐに一緒に帰るのは」
アーク「好きな人と一秒でも一緒にいたいのは当たり前だろ?まあ、『俺と友達になった不幸を呪え』ってことだなww」
イングレッタ「はあ……、やっぱり安易な事はするべきではなかったわね」
アーク「でっひゃひゃひゃひゃ、じゃあさっさと帰ろーぜ」
イングレッタ「はぁ…、人生最大の失敗だわ……。でも生きてる限り可能性は0じゃないって精神は案外好きだけどね」
アーク「何か言ったか?」
イングレッタ「別に何も言ってないわ」

続かない

535 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 17:57:18 ID:R6beGRJI
>>518
ロボが出てくる劇なら既にやってる

ハザリア「いけぃ!ガンスレイヴ!SRXチームを援護だ!バシューン!」
リュウセイ「すまねぇ!恩にきるぜ!」
ハザリア「礼を言われる筋合はない!ただ合体の邪魔をする奴を許せんだけだ!」
ルナ「ははは、愚かなやつらめー」(棒読み)
ハザリア「貴様ー!もっと感情込めてやれ!ああいう風に!」
リュウセイ「ヴァリアブル・フゥォームェーション!!ガシーン!ガシーン!完成!SRX!!」
ハザリア「よし!ここから逆転だぁ!!」
ルナ(…これは演劇ではあるまい…つーか何で私が付き合わなければならんのだ)

536 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 18:46:19 ID:AmAvR/vC
>>534
何をしている!奴のサイコミュ兵器がすぐそこまで・・・
間に合わない!あ〜あ、ジキミと一緒にやられてるわ

537 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 20:54:50 ID:5PQHkdQH
テンプレのアークorジキミってのは同一人物で名前とあだ名みたいな解釈でOKだったっけ?

538 :それも名無しだ:2006/07/29(土) 21:12:36 ID:berrFAUV
>>537
確かアークって名前の奴が他にもいるからって理由で
「じゃあ、ジキミでいいや」
「ちょ、おまw」
「遠慮するな、ジキミ」
「違w」
「よろしくな、ジキミ」
「ほら、名前表記もジキミに」
という風にしてジキミという渾名が誕生した記憶が

539 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 02:37:06 ID:tavN2ysU
アークとグレちゃんがデートっつーと・・・・

・・・・主なデート内容は略させていただきます。
一般常識を平然と踏み倒す唯我独尊少女を金持ち少年がいろいろと案内して回るシーンをご想像ください・・・・


OG市ワタシダ公園
アーク「ここ、市内有数のデートスポット!ただし夜になると仮面かぶった変人が現れるとか何とか!」
イングレッタ「・・・・・・・・」
アーク「ん?どしたんだ?急に立ち止まって」
イングレッタ「そろそろ刻限が来たみたいね」
アーク「は?時間って?門限?」
イングレッタ「時間切れよ、少し残念だけど」
アーク「!??」
イングレッタ「・・・敵が現れたの。だから私が今回、この世界で、お客さんで居られる時間はもう終わり」
アーク「・・・敵?お客?な、なにいってんの?」
イングレッタ「さあ?なんでしょうね。知りたい?」
アーク「なあ・・・あんたは一体・・・何者なんだ?」
イングレッタ「始めに言ったはずだけど、覚えてないかしら?私はイングレッタ。タイムダイバーに名を連ねる、並行世界の可能性の一つよ」
アーク「だからそのタイムダイバーってなんなんだよ!」
イングレッタ「時の迷宮を彷徨う者、並行時空を流離う者、輪廻の楔から外れた者、使命に囚われた者、黒い天使を駆る者、因果の敵を狩る者・・・
呼び方は色々あるけど、どれも全てを言い表してはいない」
アーク「・・・わけわかんねぇよ・・・」
イングレッタ「クス・・・でしょうね。貴方はバカだから」
アーク「ちょっ!いきなりバカ呼ばわりかよ!」
イングレッタ「あら、不満?貴方を言い表すのに一番適切な言葉だと思うけど」
アーク「うわ!非道い事さらっと言い切りましたよこの人!」
イングレッタ「この程度、非道いうちにも入らないわ」
アーク「・・・あのー。じゃあどの程度が本格的に非道いんでしょうか?」
イングレッタ「そうね・・・知りたかったらちょっと顔を私のほうに向けなさい」
アーク「へ?」
イングレッタ「・・・(アークの頬にキス)」

540 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 02:37:38 ID:tavN2ysU
アーク「・・・・・・うおわああああっ!?いいいいきなり何すんだっ!!??」
イングレッタ「別に騒ぐほどの事でもないでしょう?ただの感謝の印よ。あと、お詫びの徴でもあるわね」
アーク「いやだっていきなりほっぺにチューって普通・・・・・お詫び?」
イングレッタ「そう、お詫び。コレのね(アークにゼロ距離射撃)」
アーク「がっ!!・・・・は・・・・・なに・・・を・・・」
イングレッタ「大丈夫よ、この出来事は夢だったの。次に目が覚めるときにはそう思えるようになってるわ。・・・夢は覚めたら終わりなの」
アーク「・・・・・・・・・・・・・・・」
イングレッタ「それでも、楽しい夢だったわ。ありがとうアーク」

アストラ「・・・・お嬢」
イングレッタ「ええ、分かってる。行きましょう、クォヴレーたちがちょっと苦戦してるみたいだし」
アストラ「お嬢・・・・良いのか?これで」
イングレッタ「良いも悪いも関係ないわ。私がこう在るのは私がそう望むから。ただそれだけの事よ」
アストラ「了解した。我が君。・・・どうした?」
イングレッタ「・・・・・・・失敗したわ。偉そうな事を言ったから、それに見合う働きをしなくちゃいけなくなった」
アストラ「それは自業自得というものだ」



???「おいジキミ!なにやってんだよこんなとこで?」
???「フフン、このバカ丸出しの寝顔を見てると落書きをしたくなるな」
???「咲美が心配するぞ。さっさと目覚ませ」
アーク「・・・んぁ?あれ?ここは?」
トウキ「何寝ぼけてるんだ?お前の歳で公園のベンチで昼寝してるって流石にありえないだろ」
ハザリア「貴様の所在を捜せと咲美に言われたのだ。なんでこの俺がこんな真似をせねばならんのだ」
ミナト「?どうしたボーっとして?なんかあったのか?」
アーク「あー・・・・確か二人でここに来て・・・・ん?二人?」
ハザリア「ふん、どうせコイツの事だ。美人と公園でデートするなどといったあり得ない夢でも見てたのだろう」
トウキ「ジキミ・・・心配すんな。たとえお前が妄想の世界の住人になっても俺たちの友情は不滅だ」
ミナト「ああ、とりあえずミズハ医院に行くか?あそこ頭のほうは診てくれたっけ?」
アーク「て、テメーら言いたいこと言いやがって・・・・でも、なんか頬に残ってるような気がするんだよなぁ・・・」



カプを書くというかグレちゃんのキャラを掘り下げたかったのも私だ
長々と駄文スマソ

541 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 06:23:14 ID:0RskMLdj
>>540
いやぁ〜GJだ!

朝からエエもん拝ませてもらったぜ!

542 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 11:13:53 ID:cyXi+z1m
アーク、両手に花かよ('A`)ウボァー
まあ、散々ジキミジキミ弄られてきたから最近の高評価はありがたい限りなんだけどね…



カプとして成立するかどうかはともかく、ここの住人は
アーク&レラとアーク&グレちゃんとどっちが好みなんだろう?

543 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 11:24:35 ID:nDF2wuPP
>>542
どっちがいいか、はともかく、
グレちゃんには媚びない退かない省みない孤高のクールビューティでいてほしい俺ガイラルディア

544 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 14:18:49 ID:FI5rwyf1
前にトロンベを娘に教えたんだけど・・最近ヴィルヴェルまで覚えやがった。三才の子供がだぞ?まぁ原因は俺と嫁さんが返事代わりに使ってたからだが・・。性別イグニションにならないよな?

545 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 14:46:33 ID:OHJCMNz5
>>544
実にトロンベ

546 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 16:03:08 ID:l2cwhbZx
>>544
ちょww嫁さんまで使ってるのか!?

547 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 19:04:54 ID:SFWEhM+6
>>544
いろんな意味でうらやましすぎる。

548 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 20:17:50 ID:FI5rwyf1
俺より嫁さんの方が、このスレ詳しいからな。俺が仕事から帰ってきて、ただいまぁ〜って言ったら『トロンベ〜』って子供が言うんだよ・・真剣に吹いた

549 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 20:24:34 ID:FZp6DWMD
分かったからsageろアホ

550 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 20:59:51 ID:UtdLNXgS
それ、言い過ぎ。sageないほうも悪いけど。

そういや、このスレでお盆ネタってやったっけ?

551 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 21:08:07 ID:+GFTvbXF
霊が年中出張ってるから
あんまりお盆ネタのメリット無いなw

552 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 21:12:45 ID:dhznNKwA
夫婦でこのスレみてんのかw

子供に外で使わせないようにな

553 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 21:18:30 ID:UtdLNXgS
そーいや、霊が沢山居るんだったなw
お盆をやろうものなら大量に霊がきそうだ。

554 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 21:24:14 ID:jO6Gn5eR
>>551
それでもお盆ネタを投下しようと考えているのも私だが、議論板で投下する確率が高いのも私だ
しかしグランゾンの力を持ってすればここに投下できるようネタを改編する事など造作もありません
そしてどうしてもというのなら改編無しで投下してやらん事もない

555 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 21:27:22 ID:cyXi+z1m
>>544
ちょ、おまwwwww
レーツェルが昔の事を日記か何かに綴ってたんじゃなくて、「おまいの所のお嬢に関する話」を言ってたのかよ!
お嬢スゴスwwwww

556 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 23:11:55 ID:jM7+byF5
>>544
お嬢さんにこのスレの登場人物の真似させちゃいけませんぜ旦那w
というかはじめてそれを聞いた時はビックリしたろうねぇ




>>554
別に良いんじゃない?まあどういうネタかは分からないけど、作者の判断に任せましょう

557 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 23:13:56 ID:Fcu8CChr
ちんここすりすぎて痛いっすね

558 :それも名無しだ:2006/07/30(日) 23:18:15 ID:Fbbq+kqW
(´アーク`){そうだね筋肉だね!)

559 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 00:19:21 ID:DIiYujKR
「トロンベ」
「ヴィルベル」
駆け抜ける朝の挨拶が風が吹き荒れる青空にこだまする。
ファインシュメーカー邸に集う家族が、今日も竜巻のような不敵な笑顔で、嵐のように
門を駆け抜けていく。
遅れを知らない心身を包むのは、深い黒色の制服。
整えた髪が乱れないように、愛用のグラサンは逆に斯けないように、素早く駆け抜けるのが
一家のたしなみ。もちろん、精神コマンドを使って駆け抜けるといった、無法の輩など存在していようはずもない。

>>544のレスからこんな電波が飛んできたんだ

560 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 00:20:59 ID:DIiYujKR
うは、ミスった
(誤)斯けないように→(正)かけないように

561 :それも名無しだ :2006/07/31(月) 01:39:48 ID:JLJya77p
>>543
そこは同意

562 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 07:50:26 ID:wQUVbvK/
ギリアム「お前から誘って来るとは意外だったな。」
クォヴレー「何、たまにはこういうのも悪くないと思ってな。色々と世話にもなっているし・・・」
ギリアム「しかし家族旅行だったのだろう?」
クォヴレー「構わんさ。こういうのは大勢の方が楽しい・・・と、アラドに言われてな。」
ギリアム「ふっ・・・アラドらしいな。」
アラド「ヲィ!楽しんでるか?せっかく海に来たんだし泳ごうぜ!久々に暇なんだろ?
    こういう時に羽延ばさなきゃ損だぜ。」
ゼオラ「準備できたわよ〜」
ヴィレッタ「水着を新調してみたんだけどどうかしら?」
ギリアム「あァ・・・凄く似合ってるよ・・・そして波の音に包まれる君もステキだ・・・」
ゼオラ「どう?」
アラド「なにgゴフっ!!?」
ゼオラ「水着よ!!私も新調したんだから!」
アラド「あ・・・あァ・・・似合うよ」
ゼオラ「それ本心・・・?」
アラド「マジマジ!似合ってるって!」
ゼラド「お兄ちゃ〜ん!」
ディストラ「私達も見て下さ〜い!」
ルナ「・・・似合い・・・ま・・・か?」
クォヴレー「あぁ・・・良いと思うぞ。」
ヴィレアム「・・・イイナ・・・」(鼻血)
キャクトラ「あぁ・・・生きてて良かったな・・・」(鼻血)
ヴィレアム&キャクトラ「我らの人生に一片の悔い無し!!」(撃沈)
イングレッタ「私も来て良かったのかしら?」
イングラム「大丈夫!大丈夫!何も問題無いヨ〜!」
クォヴレー「珍しくT・Dの仕事が無いんだ。たまには良いだろう。それに・・・お前も俺達の家族だしな。」
イングレッタ「・・・感謝するわ・・・でも・・・」
クォヴレー「何だ?」
イングレッタ「アレまで誘って良かったのかしら?」

563 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 07:50:56 ID:wQUVbvK/
ハザリア(アレ1)「バランガコワイバランガコワイアタマカラクワレルバリバリクワレル」
ルル(アレ2)「イイですわイイですわ!新たなネタの宝庫ですわぁぁぁぁぁ!!」
ユーゼス(アレ3)「海など初めてなのも私だーーー!!」
マサキ(冥)(アレ4)「海など泳いでたまるか!!しかし浮き輪があるのなら泳いでやらん事もない。」
シュウ(アレ5)「ククク・・・海はいいですねぇ・・・」
クォヴレー「あいつらも何だかんだ言って付き合いが長いからな・・・
      本当はアルマナやキャリコ達も誘ったのだが忙しいらしくてな。」
イングレッタ「そう・・・」
アオラ「みんな〜!」
アストラ「スイカを持って来ましたぞ〜!」
イングレッタ「!!?」
アラド「オ〜スイカか〜!食おう食おう!」
ゼラド「え〜スイカ割りしないの〜?」
アラド「おっとそうだった。忘れる所だったぜ。」
アイイグレッタ「・・・」
クォヴレー「・・・どうした?」
イングレッタ「・・・あの子・・・」
クォヴレー「アオラがどうした?」
イングレッタ「マッドスクリプツ!!!?」(鼻血)
アストラ「ヌヲっ!!?どうしたお嬢!!?」
イングレッタ「あの子・・・少々細めの身体・・・その素肌に僅かに光る汗・・・凄まじい威力ね・・・ゴフゥッ!!?」(撃沈)
アストラ「お嬢ォォォォォォ!!!」


イングレッタに新たに目覚めた境地!!異常に人数の多い家族旅行は平和に終わるのか!!?・・・・・・続かない


まどろみの中こんな電波を受信した。お眼汚しスマソ



564 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 08:09:53 ID:OVYCwOI2
TDと聞いて


プロジェクト・タイムダイバー
と浮かんだ俺は夏厨かもしれないorz

565 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 09:48:34 ID:RH7cfyn5
俺がいる

566 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 09:48:47 ID:LQs80X5w
TD=テストドライバーと出てしまう俺は…

ディスレブのテストドライバーか?

567 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 10:06:05 ID:zM6vw4WD
TD=タイムダイバー
ってネタは既出だよね

568 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 12:30:23 ID:AwRmnkYY
>>564-567
お前らネタの内容には触れないんだなwwwww

569 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 12:56:38 ID:mHqCfhUe
>>562-563
 シュウヤ達と遭遇したらエライコトニなりそうだ。ビンボーズの愁。

570 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 14:00:56 ID:xKdfZ1sT
>>544
ひょっとして貴男の名前は光で嫁の名前は瞳子ですか?

571 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 16:37:54 ID:iHy1Ucwo
>>543,561
>>539書いた者なんだが、どうもキャラのイメージ壊してしまったようで申し訳ない
自分としては「グレ=他人に依存しないキャラ」として書いたつもりだったし、他キャラとくっつようという気もなかったんだが
意図がちゃんと伝わらないのは書き手の技量不足だわな
気に入らなかったらスルーしてくれ

572 :561:2006/07/31(月) 17:23:51 ID:JLJya77p
いや、>>540辺りの締めは最高
イングレッタなりの男性への付き合い方と艶が描かれてて

ただ>>542のような
ラブコメ参入は有り得ないだろうって話で。

573 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 21:38:31 ID:1uEbE29J
まあ多分グレちゃんにとって理想的な筋肉だったのだろう

574 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:05:30 ID:CvF+iURu
>>563
ゼラド「もうっ! ハザリア君はわたしのことをなんだと思ってるの!?」
ハザリア ブルブル
ゼラド「がおー。食べちゃうぞー」ぱく
ハザリア「ひいぃっ」

ヴィレアム「あの野郎っ・・・・・・!」

ハザリア「なんだなんだヴィレアム、引っ張るな。
 あん? なんだ、砂浜に穴など掘って。
 なんだ、俺を入れるのか? フハハハ。知ってるぞ。これはたしか、砂蒸し風呂とかいう健康法だな?
 俺の健康を気遣うとは、なかなか見上げた心意気だ!
 うん? なんだ? なぜスイカを隣に置く?
 おいっ! 待て! スイカ割りとは目隠しをしてやるものではないのか!?
 その、一点の揺らぎもない剣先はなんだぁっ!?」

575 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:08:03 ID:CvF+iURu
ハザリア「ヴィレアムのヤツめ。俺を埋めたまま放っておきおって!
 これでは首の上だけ妙な感じに日焼けしてしまうではないか!
 おい、キャクトラ! キャクトラ!
 一回聞こえないフリをしてからチラリとイヤな顔をしてノロノロやって来るな!」
キャクトラ「はぁ、なんですか?」
ハザリア「うむ。このままでは首から上だけ妙な感じに日焼けしてしまう。
 俺の上にビーチパラソルを立てよ!」
キャクトラ「まず、砂の中から出ようとは思わないのですか」
ハザリア「黙れ、黙れよ! 俺はこの状態が結構気に入ったのだ! 心配なのは日焼けだけだ!」
キャクトラ「はいはい。お待ちください・・・と」
ハザリア「うむ。よしよし。ときにキャクトラ、先ほどから見ておればなんだ貴様、砂浜の上を所在なさげにウロウロしおって!
 さては、好いた女がいるが生来の口下手が災いして、声もかけられず悶々としているところと見るが、どうだ!
 おいっ! なんだなんだ、突然ひっくり返りおって!
 ここのところフ抜けたフ抜けたとは思っていたが、貴様ビーチパラソルも満足に立てられなくなったか!?」
キャクトラ「どうしたんですかハザリア様! 太陽光線に含まれるゲッター線でも浴びたんですか!?」
ハザリア「黙れ、黙れよ! 貴様、これまでの繊細極まりない俺の脚本を見ていなかったのか!?
 うむ、ここはひとつ、俺が策を授けてやろうではないか! これぞ俺のノーブレス・オブリージュ!」
キャクトラ「結構です! 私は自分の力で正々堂々・・・」
ハザリア「フハハハハ! 貴様、まだ己がよくわかっておらぬようだな。
 よいか! 夏の女とは開放感と警戒心を併せ持つ複雑怪奇な生き物!
 直球で行けば警戒されるだけよ! まして貴様の性格を考えればいざというときに挙動不審に陥り、気味悪がられるのは火を見るより明らか!」
キャクトラ「ぬぅ・・・・・・」
ハザリア「よいか。貴様のような男は背中で語るべきだ!
 そら、そこにヴィレアムがいるから、ビーチレスリングでもするがよい!
 同性の友人と無邪気に戯れる男を見て、女は母性本能と独占欲をかきたてるものよ!」
キャクトラ「は・・・、ありがとうございます! ハザリア様!」

ハザリア「フハハハハ! 見よ! 砂まみれ汗まみれで組み合っているヴィレアムとキャクトラを見て、ルルのヤツが鼻血を出しておるわ!
 キャクトラのヤツ、以前はいわなんだが、やはりルルを好いていると見える!
 フハハハ! 頼んだぞキャクトラ、我が妹を変態の道から救い出すのだ!」
レイナ「あんたは、ほんと頭の使い方を間違えてるわね」
ハザリア「やめろ、やめろよ! クラゲを近づけるな!」

576 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:09:55 ID:CvF+iURu
ゼラド「ねぇハザリア君、わたしの相談にも乗ってよ」
ハザリア「ふん、俺の状態をよく見たらどうだ。鼻先にクラゲを置かれて、なにを考えられるというのだ」
ゼラド「ああ、これ?」ツルン
ハザリア(あれ・・・? こやつ、今クラゲをひと飲みに・・・・・・!?
 やはりバランガ、凶兆の血! 機嫌を損ねるわけにはいかん!)
 「まあ座ったらどうだ。話だけでも聞いてやらんでもない」
ゼラド「わたしね、ずっと好きなひとがいるんだ・・・・・・」
ハザリア「ふん、貴様に食欲以外の欲望があったとは驚きだ」
ゼラド「その人は、小さいころからそばにいるんだけど」
ハザリア(ふぅむ。小さいころからとな。誰だ? ゴードンさん? まさかな、どこぞのファザコン娘でもあるまいし。
 となると、クリハレイナアイミ・・・。いかんいかん。どうもルルの変態に影響されてきているな。
 おう! いつもゼラドと一緒にいるといえば、ヴィレアムか。なるほどなるほど)
ゼラド「でもその人は、いつまでたってもわたしを子供扱いで・・・」
ハザリア「ふん、なにかと思えば馬鹿馬鹿しい。その強大な乳を武器にすればいいだけのはなしではないか」
ゼラド「でもその人は、胸なんか見慣れてる感じで・・・・・・」
ハザリア(なんと! そういえばヴィレアムのやつ、巨乳もののDVDばかり持っておるからな。
 地球人は映像と現実の区別が付かないというが、なんと情けない!
 よし、ハザリア・カイツ。責任重大だぞ。地球の少子高齢化を食い止めるのが俺のノーブレス・オブリージュ!)
ゼラド「やっぱり、言葉ではっきりいうしかないのかな・・・?」
ハザリア「フハハハ! なにをいいだすかと思えば、それこそ愚策の骨頂!
 よいか、なんでもなかんでも言葉で表すなど、演劇においては下の下の演出法よ!
 地球人の感覚情報の70%が視覚で占められているという事実をふまえて考えろ!
 乳だけにこだわらず、尻を、ヘソを、フトモモを、ふくらはぎを!
 肉体全てを使って、一気呵成に攻めるのだ!」
ゼラド「・・・うん、ありがとう!
 レイナ! 替えの水着あったよね、ちょっと貸してね!」
レイナ「えっ!? あれは母さんが勝手に荷物に入れたやつで、アタシでも着るのをためらう・・・!
 行っちゃった。まあいいか。
 ねえちょっと、アタシの相談にも乗ってよ」
ハザリア「あぁ〜ん? そんなもん、得意の鞭でどうとでもしたらどうだ」
レイナ「・・・あんた、もう飽きたのね!?」
ハザリア「やめろ、やめろよ! ナマコを近づけるな!」

577 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:17:40 ID:LQs80X5w
ハザリア…おまえ、のぶれすおぶりーじゅを勘違いしてるんじゃないのか…?
高貴なる者の高貴なる義務だぞ?

おまえのどこが高貴だ?
なんて事は言わないが、埋まってる場所
満潮になったら海になるぞ?

578 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:18:41 ID:Vn3ENMA9
いや一応貴族だし

579 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:51:33 ID:PsWCSoae
ルナがいない・・・・


580 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 22:56:08 ID:zM6vw4WD
>>576
ハザリアバカかわいいよハザリア
しかしゼラドへのアドバイスはいい線ついてる気がするw

581 :それも名無しだ:2006/07/31(月) 23:30:12 ID:97SrS00u
久保は魑魅魍魎やら因果律歪める特異点やら相手だと基本的に無敵だが
自分に好意を寄せてくれる人間に迫られると手も足も出ないからな

582 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 00:05:02 ID:O8vVk4fM
キャクトラの態度にワラタw

583 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 00:18:03 ID:xoKyUYgc
ヴィレアム・・・なぜこうもお前は運が無いんだwww

気が向いたら救済ss書いてやろうと思う。

584 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 00:35:41 ID:vkex4MbK
ハザリア「しかし、眩しいな。キャクトラめ傘もささぬまま。」
ルル「あらお兄様、面白い事をなさっているのね。」
ハザリア「おお妹よ、いい所に傘をさしてくれないか」
ルル「仕方ありませんわね(にやり)」
ハザリア「うむ、ありがとう。妹よ」
(数分後)
ハザリア「ぬぅぅ、熱いぃぃぃ。ルルめ、ビニール傘を立ておって。
     日光が集中して・・・」
(数時間後)
ルナ「ふぅ、遊んだのう。潮も満ちてきたしそろそろ引き上げだな。」
ハザリア「がぼぼぼ、ぐは、波がっ、波がっ、誰か助けてくれえええええ」

585 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 00:57:36 ID:h+rOQEF9


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリ*゚ヮ゚ノ ⌒⌒   <. 全員着替え完了、海きれーい!!
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリゝ゚ー゚リ ⌒⌒   <. ガンスレ隊も今日はバカンス!
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリ ゚ -゚ノ ⌒⌒   <. アオラ様の…水着姿、強い色気を確認……
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリ! ^ヮ゚リ ⌒⌒   <. アオラ様ーっ、私のビキニ見てーっ♪
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリ;´(フノ ⌒⌒   <. やーんっ、野菜が海に飛び込んじゃったー!!
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


        ,  ,ィ^i^!1        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     (( /|\ィノリiノメリ!〉/|\.))  |
.      ⌒⌒''ヾリ。゚Д゚リ ⌒⌒   <. ふぁっきゅー、塩味つけて喰われちまえ夏野菜共!
      〜⊂⌒(,)-(ノ──∈    |
                         \_____


586 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 01:26:08 ID:Q+JttVy9
らみあ「高貴なる者の高貴なる義務…それを忘れたらどうなるか…」
レイナ「(…あのバカ親父みたいになりまーす)」ボソッ

らみあ「品が無いのと下品、どちらがより劣悪か」
ヴィレアム「(下でもある方がましなのか…?)」

らみあ「古代中国ではキリスト教やイスラム教に見られる唯一神にあたるものを天と呼んでいた」
ハザリア「天…」

らみあ「言霊というものを日本人は絶対視している」
マリ「言霊…有言実行…?」メモメモ

らみあ「さて…今日の授業はこれで終わりだ」

587 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 02:10:56 ID:NBaQQ2nk
>>584ハザリアバカカワユスw

ハザリア「(俺は・・死ぬのか・・・?まだやらねばならん事が・・・・はやく力をつけ、父上母上をお助けする・・・ルルも守ってやらねば・・・
ジュデプラもコンプリートしていないし見るべきDVDはまだまだある・・・・・マリの奴に脚本を書く・・・ルナやキャクトラのフォロー・・・OG学園のアホどもの世話もだ・・・
俺という偉大な才能が潰えては宇宙規模の損失ではないか・・・・まだ・・・・死ぬわけには・・・・・・・?誰かが近づいてくる・・・?)」

・・・・・

ハザリア「・・・!?」
ラン「ん?気ぃ付いた?w」
ハザリア「よりにもよって貴様かよ!!大体なんで貴様がここに居る!?」
ラン「なんやぁ?相変わらず可愛くないお口やなぁ坊は。トロンベはんが海の家やってはるからウチはそのお手伝いやw坊こそなんであんなけったいな溺れ方しとるのん?」
ハザリア「そ、それは・・・(これこれ云々)・・・というわけだ!!」
ラン「アホやなぁ」
ハザリア「ぬがっ!?・・・まあ俺の死亡という大損失を未然に防いだということは褒めてやろう」
ラン「ちょっと水飲んどっただけやけど、まあ無事で何よりやわぁ、ウチ人工呼吸とかした事あらへんしなぁ」
ハザリア「人工呼吸などされてたまるか!貴様なぞにされたら肺がはじけ飛ぶわ!そもそも貴様の口が俺のに近づくなど想像しただけで身の毛がよだつ・・・・殺気!?」
ラン「坊・・・・・・ウチなぁ・・・・ツンデレいうもんに対して懐疑的やねんwよってお仕置き決定wちょっとおいで」
ハザリア「ま、まて!今のは言いすぎたと言ってやらんこともなうわぁぁぁぁぁぁ・・・・・」


ハザリア「・・・はっ!?あ、あの女再び俺を埋めおったのか!!」
イングレッタ「(スタスタ)」
ハザリア「おお!そこのムギュ!」
イングレッタ「(スタスタスタ)」
ハザリア「まて!そこのタンクトップにホットパンツ姿のどっかでみたようなツリ目女!!極めて自然にさも当然のように俺の高貴なる頭部を踏みつけておいて何事もなく歩き去ろうとするな!!」
イングレッタ「?不気味なものが地面から生えているわね。この辺りの因果律が歪んでいるのかしら・・・?」
ハザリア「訳の分からん事を言ってないでこのハザリア・カイツを助けんか!!」
イングレッタ「?そういえばあのファザコンお姫様の周りで見かけた物体・・・」
ハザリア「ふ、俺の美貌を覚えているとはなかなか殊勝な心掛けだ。貴様にこのハザリア・カイツを助けという名誉を与えておい!立ち去ろうとするな!物凄く面倒くさそうな顔もやめろ!!」
イングレッタ「・・・(面倒くさい→この物体はルナの縁者→助ければ借りを作れる→借りを作っておけば戦略上優位→ファザコン娘をやり込められる率上昇→助けても良い)」
ハザリア「おお、助ける気になったか!ではさっそく掘り起こしてぐおおおおおっ!や、やめろ!やめろよ!!頭を引っ張るな!!」
イングレッタ「面倒ね・・・まあ情けは人のためならずとイングラムが言っていたわ」
ハザリア「ほう!見た目より良い奴ではな
アストラ「(お嬢、敵だ)」
イングレッタ「5分持たせなさい。すぐ行くわ」
ハザリア「は?ちょっと待て!どこへ行く!?」
イングレッタ「時間切れよ」
ハザリア「だから何を・・・・・ってもういないではないか!お、俺は一体いつまでこのままなんだーーーー!!」



>>548
家族でこのスレ見てるのかw住人としてなんか嬉しくなるなw

588 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 02:56:17 ID:bDhq5Le6
ヴィレアム「おい、夜も更けたし、そろそろ掘り出してやろうか?
 みんな、向こうで花火やってるぞ」
ハザリア「だっ、黙れ、黙れよ! 俺は、この状態が、ヒック 気に入っているのだぁ・・・・・・」
ヴィレアム「なんで引っ込み付かなくなってるんだお前。
 ま、いいや。少し俺の話も聞いてくれよ」
ハザリア「ふんっ、横に蚊取り線香を置いてくれるなら聞いてやらんでもない!」
ヴィレアム「実はな、俺、好きな子がいるんだ」
ハザリア「なんだなんだ、また色恋沙汰か!
 いったいなんなんだ貴様ら、恋愛しないと繁殖できんのか!?」
ヴィレアム「・・・お前、なにいってるんだ?」
ハザリア「ふん、どうせ相手は巨乳だろうが」
ヴィレアム「決めつけるな! ・・・ま、そうなんだが」
ハザリア(ふぅむ。やはり巨乳か。ゼラドか? いやいや、そうそう両想いが発生していれば誰も苦労はせん。
 となると、ルナレイナアイミ・・・、なんだ、この界隈は巨乳ばかりだな。なんだか腹が立ってきた!
 ま、いい。ゼラド以外で一番の巨乳といえばルナあたりだろう)
ヴィレアム「で、だな。相手の保護者が、結構手強くてだな」
ハザリア(アルマナ様か)「ああ、確かにあの方は手強い」
ヴィレアム「しかし、俺はあの人に勝つまでは想いを告げないと誓いを立ててしまったんだ」
ハザリア「ふぅむ。その、一文にもならんプライドを捨てればなんの問題もないと思うが。
 よかろう。蚊取り線香の褒美に、この俺が特別にあの方の弱点を教えてやろう」
ヴィレアム「お前、そんなこと知ってるのか!?」
ハザリア「胸をわしづかみにしてしまえ」
ヴィレアム「はぁっ!?」
ハザリア「俺がまだうるわしい幼児だったころ、イタズラで胸をつかんでやったところ、悲鳴をあげてうずくまっておったわ」
ヴィレアム「あの人が、そんなことで悲鳴をなぁ・・・。
 あれ、お前小さいころにあの人に会ったことあるのか?」
ハザリア「なにをいうか。ちょくちょくうちにいらしてらしたぞ」
ヴィレアム(あれ? しかしつい最近までルナと面識がなかったような? なにかおかしい)
ハザリア「それからだな、うちの母上を味方につけておけば心強い」
ヴィレアム「なんでルリアさんが出てくるんだ!?」
ハザリア「異なことをいうな。あの方に一番近しい人間といえばうちの母上に決まっているだろう」
ヴィレアム(そうだったのか! あの人は、ゼラドやディストラナガンさんのみならず、ハザリアの母親にまで・・・!
 しかもそれを息子に知られているとは・・・!)
 「済まんハザリア! 俺はお前のことをただの変なヤツとしか思っていなかった!
  お袋さんのことで悩み抜いた結果が、今の有様だったんだな!」
ハザリア「貴様、なにをいっているんだ?」
ヴィレアム「皆までいうな! お前の無念も含めて、俺が今度こそ・・・!」
ハザリア「おい待て。行く前に、潮が満ちても大丈夫なように柵を立てていけ」

589 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 03:41:59 ID:Mqnyw49I
ハザリアが冥王みたいにツンデレ化してる・・・。

590 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 11:04:39 ID:yzD3P6AE
ハザリアへ
つ【シュノーケル】

591 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 11:39:28 ID:Cq8nXb/a
ハザリア「もう深夜ではないか…明日までこのままか」
ザッザッ
ハザリア「むっ!あれに見えるはレラ&ルサイケ!何やら魔女のコスプレをしているが」
ルサイケ「…」
ハザリア「お〜い!貴様等!今俺を助けたらその恥ずかしいコスプレを黙っててやるぞ!」
レラ「…」
ハザリア「無視するな!…お二人さん、血の様な赤い液体で何してるんですか?」
ルサイケ「…儀式…」
ハザリア「儀式だと?俺にはお砂場遊びにしか見えんぞ、随分と奇妙な絵を書くな」
レラ「ベルゼブブ…召喚…魔法陣…」
ルサイケ「お姉様…仲…取り持…お願いする…丁度…生贄…いるし…」
ハザリア「悪魔召喚とは見物だな、しかし生贄など何処にいる?羊も山羊も見当たらん!」
レラ「生贄は…黙ろ…ね…」
ルサイケ「人間の魂…だから…きっと…大喜び…」
ハザリア「止めろー!俺を喰っても美味しくないぞ!!そ、そうだ代わりに秘蔵のジュデプラを…」
レラ&ルサイケ(からかってるだけなのに面白いなぁ)

592 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 12:15:19 ID:itOOMFK+
>>591
砂に魔方陣(紋章)描いてる時点でダミーだと解った俺は(ry
本当はスズのプレートに描くんだよ・・・・このスレには関係無いけどね

593 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 14:24:42 ID:shdhTwkU
他の男共はというと
注:女子にはばれないようアイコンタクトにて会話しています
アーク(いやー、学校のプール授業じゃ見れなかった女の子達の水着姿が見れていいねー)
ミナト(まったくまったく、やっぱアイミチームの三人とバルマーチーム優秀だよなぁ)
ラッシュ(真龍も負けてないけどな)
アオラ(いやー次回の新刊の資料が集まる集まる)
トウキ(ふ・・・・、素人め、巨乳にばかり踊らされおって)
ミナト(!?なにぃ)
トウキ(クリハを見るがいい、普段貧乳貧乳と騒いでいるがあのプロポーション
    しっとり胸に張り付く水着、スレンダーな腰付き、そのくせぴっちりしている尻
    極めつけはさらりと伸びる健康的な脚線美、どうだ?たまらんだろう)
アーク(んまぁ、確かにそういう目でみればレラ達貧乳チームも悪くないよな)
トウキ(だろっ)

ハザリア「ん、アークにトウキなにを目配せしている。他の奴ら何故揃って体育座りだ
     それより早く助けてくれ」
マリ「そら、プレゼントだ。受け取れ」
ハザリア「うわぁぁ蟹はやめろぉぉぉぉ」

594 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 15:01:06 ID:wOqSovpw
幽ゼス「ふふふ・・・おもしろいものを発見したのも私だ」
ハザリア「あぁユーゼス爺!助けてくれ!」
幽ゼス「今日はこれから肝試しをするのも私だ
協力すれば助けてやるのも私だ」
ハザリア「わかった」
幽ゼス「ではまずお前の首にこの板を付けて、それから上部に穴の開いた木箱を被せる
そしてお前はじっとしててくればいいのも私だ」
ハザリア「なるほど、これなら潮が満ちても安心だな」
幽ゼス「ふふふ・・・、では別の所に行くのも私だ」

ハザリアはこの時、箱にこんな貼り紙がされてるとは思っていなかった
「箱のなかにあるモノを殴り倒してから箱を取って欲しいのも私だ」

ネタだけ振って逃げるのも私だ

595 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 16:03:46 ID:V87P79MK
肝試し1組目
イルス「あはははは!どんなオバケがでるのかな〜っと♪」
ラン「いややわぁ。うち小心者やから、おどろかされたら咄嗟に鉄球で殴り倒してまうかも」
咲美「足の無い相手とかだと、関節技やりにくいなぁ…」

逃げてハザリア!超逃げて!!

596 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 16:26:26 ID:ZM3ovPF+
演劇ネタ以外での売りがイマイチ足りなかった男が、
こうして今世間様に注目して頂ける夏の漢に成長するとは……
感慨深いものがあるなあw



597 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 16:29:29 ID:ALOQzn0N
>>596
しみじみする前にハザリアを助けないとwww

ほぼ確実に氏ぬwww








・・・・・・でもまぁ、いいか。ハザリアだし。

598 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 16:43:16 ID:/B2ESyCI
>>597
助けろ、助けろよ!
早く、早く何とかせねば………下手をすれば>819までに出られんかも知れないんだぞ!

599 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 17:21:07 ID:zrZXTOkj
>>598
>>819で華麗に復活とか?

600 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 18:20:14 ID:NBaQQ2nk
ゼフィア「むう、ハザリアよ。それは精神修行の一環か・・・皆が遊びに興じていようとも己の鍛錬を忘れぬその心がけ、見事なり!
いざ切磋琢磨!!」
ハザリア「ちょwwwwなんで貴様まで埋まっとるんだーーー!!!」

601 :それも名無しだ :2006/08/01(火) 18:20:44 ID:M8kZWLj7
>>593
女性陣

ルサイケ(男の子・・・元気・・・)
アイミ(…ねぇねぇアークなかなかいい体してない?てっきり貧弱君かと思ってたwww)
レイナ(ゼフィアは付き過ぎとして…やっぱヴィ…いや細身に少し付いた程度がいいかしら)
クリハ(トウキいいなぁー格闘家ボディ♪)
ルル(細身の殿方はいいですわよ、アオラ様とキャクトラのビーチバレーあれご覧になって?)
ラン(それにしてもみんなトランクス型なんかなぁ・・・スポーツ水着で真ん中のおみ足自慢おらへんのかいなっとw)
ゼラド(ちょっとランちゃん!)

ラミア(お前達、日焼け対策やっとけよー)

602 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 22:04:21 ID:bDhq5Le6
イングラム『なーんだ。また挑戦されてるのか?』
クォヴレー「黙ってろ」

ヴィレアム(・・・くそっ、ハザリアのやつ! 考えてみれば、クォヴレーさんの胸のどこにわしづかみにするところがあるんだ?
 どうもなにかおかしいと思ってたんだ!
 いや待て。クォヴレーさんもほ乳類には違いない・・・!
 そうか。つかむべきは、あの二点!)
 
ちょん
クォヴレ「んはっ」

シ・・・ン・・・
ヴィレアム(・・・なんだ、この空気は。それよりもなんだ、俺のこの罪悪感は!
 初めてクォヴレーさんに苦痛の声をあげさせたはずなのに、まったく勝利感がない!
 それどころか、なにかとてもいけないことをしたような気がする・・・!)
ポン
ヴィレアム「ぽん?」
ディストラ「・・・私だって、まだそんなトコ責めたことないのにぃっ!!」
ヴィレアム「血涙!?」

イングラム『おいおい、カワイイ悲鳴だったなぁ〜、おい。
 そういえば、バルシエムってのはほ乳類なのかなぁ?』
クォヴレ「・・・知るか」
イングラム『たぶん違うよなぁ〜。乳で育ってないもんなぁ』

603 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 22:05:48 ID:bDhq5Le6
ゼラド「お兄ちゃん、どこ行っちゃったんだろ。
 せっかく勇気出してこんな水着着てきたのになぁ」
アンサズ「おー、いたいた! ゼラドちゃん!」
スリサズ「ああもう! そんな大人っぽい水着着てちゃダメじゃないか!」
ウルズ「このビキニパンツはどうだ?」
ゼラド「えっ、叔父さん!?」
アンサズ「ほらっ、このフリフリスカート付きワンピース着て!」
スリサズ「頭にでっかいおリボン付けて!」
ウルズ「そして上からビキニパンツをはいて」
ゼラド「えっ? えっ?」
アンサズ「よしできたっ! ねーっ、そこの女子大生のお姉さんたちぃー。この子僕たちの姪っ子ですよーっ」
スリサズ「僕たち無害な家族連れですよーっ。警戒してないで一緒に遊びましょうよぉーっ」
ウルズ「そして一緒にビキニパンツについて・・・」

アラド「お前ら、うちの子をダシにナンパなんかするな!」
アンサズ「あーっ、もう、うるせぇのが来たなぁーっ!」
スリサズ「自分だけ可愛い嫁さんもらってさぁーっ」
ウルズ「なんでビキニパンツじゃないんだ?」

ゼラド「叔父さんたち、来てたんだ」
フェフ「そうか、アラドにこんな大きい子供がなぁ。
 よし、おじいちゃんがお小遣いあげよう」
ゼオラ「博士! 困りますからウチの子に勝手にお金を与えないでください!」

604 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 22:14:54 ID:ZM3ovPF+
ゼラド「うぅ……おじいちゃんたち、ちょっと苦手なのよね。
    お兄ちゃんもお姉ちゃんもどこか行っちゃったし……。

ゼラド「あ、いたっ。ねー、お兄いちゃ…………
    >602
    ───ッ!?」


605 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 22:29:30 ID:yuHHaTK3
ルル「ち、近頃のヴィレアム様はやり手ですわね(;゚∀゚)=3ハァハァ」
ゼラド「お兄ちゃん!どうしたの!?」
久保「ぜ、ゼラド…」
ディストラ「聞いてくださいよ!ヴィレアム君が御主人様の大事なアレを
      指で激しく攻め立てて…そして頬を赤く染める御主人様……ポッ」
背後霊『お前も赤いぞ。しかし、久保よ、お前は本当にそマブだな』
久保「黙れ」
ゼラド「ひどい!ヴィレアム君!まだ私だってそんなことしたことないのに!ズルいわ!」
ヴィレアム「怒るポイント間違ってないか!!?」

606 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 22:56:21 ID:jMdCKI/3
アホ過ぎてバロスwww

607 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 23:04:17 ID:4SbriSIY
イルス「・・・・」
ラン「あれイルスちゃん海で遊ばへんの?」
イルス「あれ(と海に指差して)」
ラン「ああ、あれかぁ。うねうねしたもん嫌いやったもんなぁ」
リトゥ「ナマコー(ビュッ」
ビタン(イルスの顔面に直撃)
イルス「!!!!!!」
ランは後にこう語る、
「ええ、ひどい有様でしたわ。顔にナマコ張り付いてから半狂乱になりましてな。
 その直後ハザリア坊に足つまらして倒れる様にころんでからピクリともうごかんかってな
 坊が白目むいてる隣でゼフィアが「おい、イルス。大丈夫か」なんて埋まりながら心配してな
 タカヤが介抱しているところで目覚ましたわ。いやー、泣きながらタカヤに抱きついたもんやから
 姉二人が血に飢えた鬼と狼になりましてな、まぁ修羅場ですわ。」

608 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 23:31:19 ID:NhMYy9Vk
どうやら夏の妖精さん達が電波をふりまいているらしい。








GJ!!

609 :それも名無しだ:2006/08/01(火) 23:41:05 ID:uj7lFc5G
あぁ、タカヤってまだ(ry

610 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 00:17:01 ID:DqfAIFZL
スレ内の時間の流れからして丸一日以上埋められている(と思われる)のに誰も助けてくれないハザリア哀れw
ゴメン、俺も助けるつもり無いんだ、がんばって生き延びてくれ、差し入れしておくから
つ【かち割り氷クスハ汁味】

611 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 01:35:02 ID:mb6/jgju
>>610
バルマー人はクスハ汁好物じゃなかったけ?

612 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 02:16:58 ID:IXgawo5d
>>611
だからの差し入れっしょ


しかし夏だな……

ここはいい夏だ

613 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 03:01:55 ID:TS+e5mic
この夏に興じて調子に乗ってageてしまいたい
だがだがな!男にゃ〜我慢しなきゃならん時もあるのよ!

とネカフェ暮らしにちょっと疲れてきた今日この頃

614 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 03:04:53 ID:PC87AVb2
マリ「で、丸一日砂に埋まっているわけか。なにをやっているんだお前」
ハザリア「黙れ、黙れよ! そんなことより貴様、なにをのうのうと太陽光線を浴びているのだ!?
 日焼けなどしてしまっては、演じられる役がせばまってしまうではないか!」
マリ「そうかそうか。心配してくれて実にありがたい」ペタペタ
ハザリア「やめろ、やめないか! 俺にサンオイルを塗ってなんとする!
 首から上だけこんがり小麦色に焼けてしまうではないか!」
マリ「ほぅら。潮が満ちても平気なようにシュノーケルも付けてやろう。
 ジュデ種第08群生体に出てたメギロート頭みたいで格好いいぞぉ」
ハザリア「やめろ、やめろよ! おかしな形に日焼けしてしまうではないかぁっ!」

615 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 03:07:16 ID:PC87AVb2

ハザリア「よぉっし、せっかく夏の海に来たというのに屋内でガドルヴァイクランな漫画ばかり描いている不健全なガキども!」
ラッシュ「足元でなに威張ってるんですか」
アオラ「首から上だけ愉快な感じに日焼けしている人に健全さについて説教されたくありません」
ハザリア「黙れ、黙れよ!
 地球の学校では1年先に生まれただけで神のごとき権力を手にできると聞いたぞ。俺に逆らうな!」
アオラ「あんた、ゼフィア先輩とかにタメ口じゃないっすか」
ハザリア「減らず口ばかり叩くな! よいか! これから肝試しが行われる。
 貴様らには、夏だというのに不自然に生っちろい身体を生かしてお化け役をやってもらう!」

ハザリア(フハハハハ。組分けのクジを念動力で操り、ゼラドとヴィレアムをおなじ組にしてやったわ。
 ゼラドの機嫌を損ねるわけにはいかんからなぁ! フフ、己の気配り上手ぶりが怖い!)
アオラ「ハザリアせんぱぁい。誰も来ませんけどぉ」
ハザリア「はっ! しまったぁっ!!」
ラッシュ「なんですか!?」
ハザリア「お化け役の一番手が・・・、マリだった」
アオラ「はぁっ!?」
ハザリア「・・・しかも、スレイチェルのやつがメイクしておった」
アオラ「アホですかぁっ!? 下手したら死人が出るじゃないですかっ!!」

トウキ「おぅい! レラとルサイケの心臓が動いてないぞ!」
ヴィレアム「俺は・・・見た! どこか人間くささが漂っているものの、頭はタコにそっくり。
 何本かの触手が顔から伸び、鱗に覆われた胴体に爪の長い前足と後足、そして背中には細長い翼。
 細い身体に凶悪な害意をみなぎらせ、地面の上にうずくまっていたのだ。
 あれぞまさしく、測り知れざる永劫のもとに死を越えるもの・・・」

マリ「やりすぎたかな」
ゼラド「へぇ。このタコさん本物なんだ」むしゃむしゃ
レイナ「ゼラド、人が頭に被ったものを食べない!」

616 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 06:18:13 ID:cKqvKVQy
>615
実にクトゥルフww

617 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 06:19:47 ID:IXgawo5d
マリの演技もさることながら……


ちょwWイグニッションwww
どこでそんなメイク技術憶えたwwwww



そしつレイナ…
ツッコムとこはそこか…ww

618 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 08:32:28 ID:dHA8h0ym
>>615
ちょっwwww虚弱二人娘早く蘇生させなきゃwwwwww

619 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 10:02:55 ID:93h7VAHm
虚弱二人を蘇生させる方法・・・


・・・マウストゥマウス?

620 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 10:52:52 ID:NP1zc+sH
ラミア「安心しろ、先生はマウストゥマウスのプロだ。ねずみで何とかすればいいんだろう?」
トウキ「そのマウスじゃないですよ!!!」
ミナト「人工呼吸のことですよ!!」
ラミア「ああ…あれのことか、よし、わかった」
レイナ「本当に大丈夫かしら…?」

カチッ

ブォォォォォォォォォォォォ

ヴィレアム「なんか先生から掃除機のエンジン音のような音が!!」
トウキ「先生何する気ですかァァァァ!!!」
マリ「誰か違う人呼んで来てくれ」

621 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 11:30:43 ID:sRs3eQ4Y
>>620

アーク「すげぇ、人間って口から泡はけるんだな……」
咲美「兄さん!関心してないで早く助けないと!!」
イルス「じゃあ、私がやるね☆」
ゼフィア「やめろ!2人を殺す気か!肺が破裂する!」
イルス「あははっ☆兄貴の酷〜い☆」
ゼフィアを殴るイルス
ゼフィア「ぐぁぁぁぁ!」
一キロ先の海まで吹っ飛ばされるゼフィア
スレイチェル「友よぉぉぉ!!」
ラン「なら、ワイがやったるわ」
ハザリア「やめろ、怪力女!貴様がやったら肺どころか体が破裂する!」
ラン「坊のくせに生意気言うやんけ!」
ハザリア「痛い!痛い!頭を思い切り踏むなぁ!なんかだんだん埋まっていってるぞ!」

622 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 12:04:47 ID:EL/xPgpU
キャクトラ「人工呼吸より救急車です!一刻も速く…」
レラ「…」 ムクッ
ルサイケ「…」 ムクッ
ゼラド「心臓…止まってるのに…立ったぁ!?」
レラ「よくも…殺した…」
ルサイケ「皆…道連れ…」
マリ「ち、違うんだぞ!あれはじ、事故なんだ」
レラ「恨めしい…」
マリ「うひゃぁあ!」
ハザリア「こらお前等!俺を置いてにげるなぁ!」
ルサイケ「恨めしい…」
ハザリア「こっちくんなぁ!俺は関係無い!カクッ(気絶)」
レラ「…フフフ…どっきり…作戦…」
ルサイケ「大…成…功…」
ラミア「何だどっきりだったか、しかしお前達、まだ普通に心臓止まっているぞ」

623 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 12:14:38 ID:iV0UlELx
レラ「大……丈夫」
ルサイケ「私たち……の、心臓……」
レラ「一年に……一万回しか……動かない……から……」

ハザリア「なにィ一万回とは人の心臓が一日に脈動する数!
      こいつらにとって一年は常人の一日にしか過ぎないというのか!?」
ゼラド「さすが悠久に生きてるケイサル家だねー」
ルサイケ(……ほめ……られ…た……///)

クリハ「誰かー! (海の家の)お客様の中にツッコミ担当の方はいらっしゃいませんか!?」


624 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 12:48:54 ID:dHA8h0ym
ミソ ペ サメ ノスkayo!!

625 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 12:56:51 ID:KF74fSXR
>>623
ギリアム「それなんて天秤座の黄金聖闘士?
それより私のライトニングボ(ry」

626 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 13:48:47 ID:93h7VAHm
少し電波が来たんだが、ハザリアと久保(+イングラム)って絡んだことあったっけ?

627 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 19:18:08 ID:dHA8h0ym
そのころバルマーでは・・・

ハザル「おい、ルリア」
ルリア「駄目です」
ハザル「ま、まだ何も言ってないだろうが!」
ルリア「せっかく夏なんだから海とかに遊びに行きたい、とでも仰るのかと思ったので。少なくともハザル様が今まで溜めた仕事を全て片付けるまでは駄目です」
ハザリ「黙れ!黙れよ!だいたい俺のことは「あなた」と言えとなんど言わせるつもりだゴフッ(夏希拳)」
ルリア「(///)こ、公私混同はいけません!大体今は関係ないことです!!あのアルマナ様もちゃんとお仕事をなさってるではありませんか!」
アルマナ「よしなにw」
ルリア「?」

エペソ「(サルデスよ、我らはサボっているわけでもないのに何故仕事が片付くどころか減りもしないのだ?)」
サルデス「(言うなエペソ。私も必死で考えないようにしているのだ)」
ヒラデルヒア「(ルナ様は元気であられるのだろうか・・・?)」
サルデス「(3日前に連絡があったであろうが)」
エペソ「(実は昨日水着が似合うかどうか通信で相談されたのだ。ご立派になられた・・・)」
サルデス「(なっ!?お主抜け駆けしたのか!)」
ヒラデルヒア「(海に遊びに行かれるのだろうか?事故などに会われぬ事を願おう)」

ハザル「大体なんで俺がこのような雑事をせねばならんのだ・・・ブツブツ・・・」
スペクトラ「夏といえば海・・・行ってみたいわね、キャリコ」
キャリコ「そうだな、では仕事が終わったら水着を買いに行こう。お前ならどんな水着でも着こなせるだろう」
スペクトラ「キャリコ・・・ww」
キャリコ「スペクトラ・・・ww」
ルリア「お前たち勤務中に堂々といちゃつくのをやめろ!・・・アルマナ様に怒られるぞ?」
アルマナ「よしなにw」
ルリア「???アルマナ様・・・・・?・・・!?これはアルマナ様ではない!?」
アルマナ(?)「よしなにw」
ハザル「コレは1/1スケールパーフェクトグレードアルマナ人形だな。・・・忍者か何かかあの女」
ルリア「一体いつの間に入れ替わっていたのだ!?ええい逃がすな!なんとしても捕捉せよ!!」

親衛隊「抜け忍!いや抜け女王だ!」
親衛隊「アルマナ様が抜けたぞー!!追え追えーーー!!」
「「「「「ワーワー!!」」」」

628 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 19:21:39 ID:yAiB5PeC
アオラ「いやぁ〜、ネタが集まる集まる」

クリハ「ね、ねえ・・・早くしてよ・・・」
トウキ「は、恥かしいって・・・」

アオラ「お?この声は・・・?」

クリハ「い、いいじゃない!他に人いないんだから・・・」
トウキ「わ、わかった・・・」
クリハ「そ、そっとね・・・」
トウキ「あ、ああ・・・」
クリハ「優しく・・・してね・・・」
トウキ「い、いいから早くみせろ・・・」
クリハ「う、うん・・・」
トウキ「キレイな肌してるな・・・」
クリハ「バカ・・・」
トウキ「こ、こうか?」
クリハ「い、いたひっ」
トウキ「す、すまん!」
クリハ「謝らないでよ・・・」

アオラ「(う〜ん、これは・・・そうなのか?)」
クォヴレー「なにをしている?」
アオラ「く、久保さん!?いや、これは・・・」
クォヴレー「む?なにやら妙な声が聞こえるな」

クリハ「そ、そこ・・・ぅぅ」
トウキ「やらしい声だすなって・・・見られたらどうするんだ」
クォヴレー「そこのアベック!不純異性交遊は許さん!」
アオラ「あっちょっと!?」
クリハ「い、いやぁぁぁぁ!?」
アオラ「えーと、なにが・・・」
トウキ「いや、背中を刺されたって言うから軟膏塗ってたんだが・・・」
クォヴレー「ふむ・・・だがブラを外させたのは戴けないな」
トウキ「す、すいません・・・」
アオラ「(・・・女の子の胸見たのに平然としてる久保さんって一体・・・あう、立てない・・・)」

629 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 20:35:43 ID:8YD2DDze
流石は




630 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 22:17:20 ID:YpsPYVHn
ハザリア「俺は嫌だぞ!
     誰が犯人なのか分からん中で貴様等と一つの部屋で寝るなど!」
 ゼラド「でもそうしたほうが安全だし、それに・・」
ハザリア「黙れ!黙れよ!!
     とにかく俺は一人で寝るからな!自分の身は自分で守る!!じゃあな!!」





というある意味ドキドキな夜の電波を受信した。

631 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 22:29:31 ID:sRs3eQ4Y
>>630
死亡フラグ立てちゃったww

632 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 22:41:03 ID:h3qvgBtA
>>630
>とにかく俺は一人で寝るからな!自分の身は自分で守る!!
一瞬ハザリアが貞操の危機を感じていたのかと思ってしまったのもわ(ry

633 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 23:06:59 ID:CjR4GsxD
タカヤ「姉さん事件でs(ry

634 :それも名無しだ:2006/08/02(水) 23:43:50 ID:1y5JRTn7
ルアフ「ぼくの出番かな?」

635 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 01:22:57 ID:DhJ8FHFZ
>>634
ギリ「フッ・・・三文小説家を忘れていないかい?」

636 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 01:33:11 ID:Lw60Io5y
>634
http://www.broweb.jp/shopping/ViewItemDetail.do?janCode=4510417030928
第三新東京市からお誘いの声がかかっていますよ?

637 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 03:21:58 ID:dy/uZWyK
レイナ「ねぇ、アタシの話も聞いてってば。ホラ、焼きイカあげるから」
ハザリア「黙れ、黙れよ! なんだその雌豹のポーズは!?
 野生の雌豹とは、もっとこう頭を下げ、後足で地面をしっかり踏み締めて、強烈に飛び出せるように構えるものだ!」
レイナ「誰が雌豹のポーズについてアドバイスして欲しいっていったのよ!
 あんたが妙な形に埋まってるから、目線を合わせてるだけでしょう!」
ハザリア「あー、いっとくが、色恋沙汰はもう御免だからな。
 まったく貴様ら地球人ときたら粘膜でばかりものを考えおって!
 そんなに粘膜が好きなら、粘膜鉄道に乗って粘膜惑星に行き、粘膜の身体に作り替えてもらえ!」
レイナ「粘膜粘膜喚かないでよ!」
ハザリア「粘膜惑星の位置は宇宙緯度380・・・」
レイナ「いいから。粘膜惑星の位置教えてくれなくていいから。ていうか実在してるの。
 アタシの相談は違うから、えっと、そう! 友情についてよ!」
ハザリア「ほっほう。地球人の友情努力勝利については学ぶべきところがあると父上もいっていた!
 ひとつ、事細かに話すがよい」
レイナ「実はアタシ、素直になれない相手がいてね」
ハザリア(はっはぁん。そうか、あれだな。ルアフのヤツが父親だとはわかったものの、
 長年ほったらかしにされた手前、なかなか素直に娘としてふるまえないと! そういうことか)
レイナ「でもね、アタシが素直になっちゃうと、別の相手との間が気まずくなっちゃいそうでさ」
ハザリア(ふぅむ。セレーナ女史のことか。
 娘が急に態度を変えると、家族仲がなんとなく気まずくなることを心配しておるのだな!
 うん? 家族愛と友情とは、どう違うのだ?)
レイナ「今の関係も壊したくないっていうか」
ハザリア「フハハハハ! なにをいうかと思えば馬鹿げたことよ!
 よいか、あの二人が案外深い絆で繋がれていることは傍目で見ていても明らか!
 貴様が横からなにをしたところで、なにが変わるものか!」
レイナ「えっ、あっ、やっぱ、第三者から見てもそうなの?」
ハザリア「なにを落ち込んでいるのだ? あの二人の仲が円満で、貴様になにか困ることでもあるのか」
レイナ「いや、なんかもう、わかったから、繰り返さないで・・・」

638 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 03:26:30 ID:dy/uZWyK
トウキ「ハザリアよぉ。よく考えたらそのポジション、なかなかいいアングルなんじゃないか?」
ハザリア「あぁん? 脚ばかりにょきにょきと見えるばかりで、さして面白いものではないわ。
 ああ、そういえばゼラドのやつ、あんな乳のくせに、妙に脚が締まっておるのだな。実に摩訶不思議な体質だ」
ヴィレアム(こいつ・・・、やはり一度・・・!)
トウキ「なあ、たまに心配になるんだけど、お前には性欲がないのか?」
ハザリア「アホなことを抜かすな。俺も人並みの欲望くらい持ち合わせておるわ!」
トウキ「あ、そうなんだ。少し安心した」
ヴィレアム「そうだよな。お前よく俺から巨乳もののDVD借りてくもんな」
ハザリア「うむ。ほとんどは愚にも付かん単調なものばかりだがな、たまに面白い企画をやっておるわ。
 一万人の素人巨乳バルシエムが延々とライン作業している様はなかなか興味深かったぞ!
 にっカツロマンポルノには是非目を通しておけとエイス叔父もいっていたことだし、今後研究を深めていくつもりだ!」
トウキ「てか、ヴィレアムお前、マニアックなの持ってるんだな」
ヴィレアム「・・・その割りにお前は女に興味ないよな」
ハザリア「はん、前々から思っていたが、貴様ら地球人は欲望と愛情の区別が付いとらんな。
 愛情とは、互いに尊敬しあいともに人生を歩みたいと思った者とこそ結ぶものではないのか。ウチの父上と母上のようにな!」
ヴィレアム(くっ、ものすごい正論だが、それだけにムカつく!
 まるで教科書に書いてあることをそのままいわれているような!)
トウキ「そりゃまあそうなんだけどさぁ。なかなか理屈通りにはいかんのよ」
ハザリア「難儀なものだな、地球人というのは」

639 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 03:29:22 ID:+17SfLrV
な、なんだこのハザリア祭り的な流れは…?

まさかこれも…

640 :???:2006/08/03(木) 04:53:48 ID:FHEvYCmZ
全て私だ…

641 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 06:05:03 ID:XxCG+YRS
ヴィレアム「ところでお前、いつまで浜辺に埋まってるつもりなんだ?」
ハザリア「黙れ!黙れよ!!俺は掘り返せと再三言ってるのに放置してるのはお前らだろうが!!」
ヴィレアム「一日以上埋まってる割には元気だな・・・飲み食いしてないはずなのに」
ハザリア「ワカメ!いやバカメ!ゼラドだのレイナだのが悩み事があるとほざくので聞いてやったら礼としてイカ焼だの焼きそばだのを食わせていったのだ!!」
ヴィレアム「・・・案外重宝されてるんだな」
ハザリア「フハハハハ!これも人徳という奴よ!!ところでいい加減俺を掘り起こせーーーー!!」

642 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 06:57:37 ID:MtVbifEk
食ったら出さないとな

643 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 07:17:28 ID:XxCG+YRS
>>587
タンクトップにホットパンツって
ひょっとしてグレちゃん、某トゥーハンドの格好させられてるのかw

644 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 09:17:51 ID:4ZAijLvR
ハザリアの生態
ハザリアの種は頭の白い綿毛で風にのって、親の頭からふわふわと飛び立ちます。
親から離れて地面につくと、地面に深く根をはって養分と水分を吸い上げて
お日さまの光りを受けてぐんぐん育ちます。
大人になると頭に黄色いかわいい花を咲かせます。
花が枯れると新しいハザリアの種と白い綿毛が頭に生えます。
こうして、新しいハザリアの種は再び風にのり、数を増やしていくのです。


レラ「早く…大きく…なれ…」
ジョボジョボ
ハザリア「ジョウロで水をかけるな!俺はタンポポじゃない!」
ラン「種が出来たら、うちが首引っこ抜いてふーってしたるわw」
ハザリア「黙れ!黙れよ!!殺人予告するな!」

645 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 09:47:13 ID:Qt4IiJlT
2日目夜
ゼラド「それじゃ花火大会開始〜!」
一同「わ〜」
レイナ「えー、火の取り扱いには十分注意して、あとゴミの持ち帰りも忘れないこと」
アオラ「アパーム、弾丸もってこーい!」
ラッシュ「隊長!補給であります!」
アオラ「いよーし、ロケット花火発射!」
ヒュルルルルルルルルパーンパパパーンパーン
トウキ「くっ手数は向こうが上か…だが!」
ミナト「喰らえ!ドラゴン水平発射!」
シュババババババババババ
レイナ「言ってる端から人に花火を発射するんじゃない!!」
ビシビシッバリバリバリバリギャァァァァァァ
生首4人追加

646 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 10:16:56 ID:TqgFEQSW
一方その頃。

アクア「どうヒューゴ?釣れてる?」
ヒューゴ「ん、まぁボチボチな。人数分はどうにか釣れたぞ」
アクア「そう、じゃぁ食事にしましょ。今、アルベロ先生が火を起こしてるから」
ヒューゴ「あいよー」

ミッテ「あらお帰りなさい。どう、釣果は?」
アクア「人数分は釣れたそうですよ。そっちはどうですか?」
ミッテ「それがねぇ。見てこれ。向こうにいっぱい果物のなってる木があってね、そこからこんなに」
ヒューゴ「お、こりゃすごい。なんだ、意外と豪勢な食事になりそうだな」
アルベロ「こっちも火がついたぞ。ヒューゴ、魚持ってきてくれ」
ヒューゴ「りょーかい」
アクア「ふぅ、たまにはアウトドアも悪くないわねー」
ミッテ「そうねぇ。私たち、普段は部屋に篭りがちだし。たまには身体を動かすのもいいわ」
アルベロ「いや全くだ。自然の中でこうやって着の身着のままというのも存外悪くない」
ヒューゴ「白い砂浜に生い茂る木々。癒されるなぁ」
アクア「えぇ、それに見渡す限りの海、海、海…」
ヒューゴ「ははははは、自然ってのはいいなぁ。あはははは」
アルベロ「うむ。空気も美味いしな。ははははは!」
ミッテ「うふふふふふ…」
アクア「あははははははははは………」

四人「「「誰かァァァァァァ!!!!助けに来てくださァァァァァァァァいィィィィィ!!!」」」

MX組、ゴムボートで遊びに出たまま無人島にて遭難中。

647 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 11:09:17 ID:X5DtHQR2
ルル「ああ、アオラ様、大変ですわ!すぐにお助けします!ラッシュ様も!」
アオラ「あ、ありがとな、首から下を埋められるなんて一時間も耐えられないよw」
ラッシュ「まったくだ」

ハザリア「ルルよ!二日間埋まっているこの兄が目に見えんのか!!」
ラッシュ「アオラ、ルル、あっちでやきそば食べよう」
ルル「そうですわね」
ハザリア「待てよ!待てってば!」


648 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 14:51:24 ID:Raq/iXJp
>>647
ルル「あらお兄さまいらしたんですね」
ハザリア「早く助けろ!」
ルル「ほほほ、ではお兄さまにはこれをさしあげますわ」
ヂヂヂヂ・・・パンパンパン!!
ハザリア「ぎゃぁぁぁぁ!ルル、貴様!!爆竹とは卑怯な!」
ルル「ほほほ、私の邪魔をしようとした罰ですわ。悔しかったらそこから出てきてくださいませ」

ハザリア「くそぅ・・・」

幽ゼス「どうしたハザリア」
ハザリア「黙れ黙れよ!ユーゼス爺!」
幽ゼス「ふふふ・・・、お前も哀れな奴だな」
ハザリア「っておい!どこ行くんだよ!助けろよ!
くそぅ、どいつもこいつも・・・俺は孤独だ・・・」
幽ゼス(ふふふ・・・、そうだその調子だ、早く念を暴走させるがいい。
その時こそヴァイクラン戦士ザリアンの誕生だ
ククク・・・と企むの私だ)

649 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 16:17:53 ID:lTvOf9AG
ハザリア「笑えよ!首だけの俺を見て大いに笑えよ!」
一同「いやっほーぅ!ハザリア最低!」

という夢を見た

650 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 16:41:53 ID:r4sMz59M
>>643
アンタのせいでグレのボイスが豊口めぐみになっちゃったよ

いやまあこれはこれで

651 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 18:37:48 ID:XxCG+YRS
>>646

キュピーン!!(SE:ニュータイプ的な何か)
ラミア「!?」

人造人間ラミア・ラブレスの人知を超えた超感覚器官は遥か彼方から発せられたアクアはじめとするMX勢の叫びをとらえ、彼らが危機的状況に陥っている『ような気がした』!
ラミア「今のは・・・?」

クォヴレー「ラミア先生、そろそろ夕食の支度が整う」
アクセル「クォヴレーさんの料理はなかなかうまいんだな、これがw」
ゼラド「せんせー!こっちでーす!!」
ラミア「今行くでございますですわ〜w」

しかし、それ以上深く考える事はなかった!

652 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 18:52:48 ID:2c3jzucF
クリハ「トウキ君大丈夫?」
トウキ「あ、クリハ助けて〜」
クリハ「(あ、今なら色々いたずらできてチャンスかも)
    うふふ、ト・ウ・キくぅ〜ん助けて欲しいんだ〜(はぁと」
トウキ「ク、クリハ!?ちょ、ふとももではさむなんて。」
クリハ「助けてほしぃの〜(はぁと」
トウキ「い、いやもう少しこのままブベラァ」
アイミ「そこ!ピンクな空気禁止」
クリハ「ちぇ〜、じゃ今出すね。」
ミナト「俺も忘れんでくれ」
アイミ「はいはい」


ハザリア「ちょっと待てお前ら俺も、ぐわ!やめろ。ねずみ花火は、マジでやばい。
     うぉぉぉ、ヘビ花火が鼻に。」


   

653 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 20:00:25 ID:cb3CC/7g
NHK見てて気づいた。

ゼラド→さくら
ヴィレアム→小狼
久保→雪兎


いろいろ違う気もするが・・・

654 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 20:28:02 ID:A92GVuh2
>>653
残念だがそのネタは数スレ前に通過済みだっ………!

655 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 20:43:07 ID:EyAgrXUu
仰向けに寝てるのにシュノーケルつけたら地面に刺さらないか?

656 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 20:50:23 ID:ktCfYe6x
>>655
だからこそ差し入れたんですよ

657 :ハザリアハード:2006/08/03(木) 22:29:24 ID:uP2VQxmS
夏のバカンスを楽しむ為、海に遊びに来たハザリア。
だが、それはヴィレアムの巧妙な罠だった。

ヴィレアム「ハザリアがバランガ家が怖いのは俺の嫉妬を買う為にやっているんだよな。」
ハザリア「いつもの力が出せれば、こんなヴィレアムなんかに・・・!」
ヴィレアム「よかったじゃないか、健康法(砂蒸し風呂)が実践できて」
ハザリア「んんんんんんんっ!(熱ぃぃぃ)」
ヴィレアム「へへへ おい、相談事を用意しろ。みんなで相談しにいってやる」
ハザリア(アドバイスだ…!!今はアドバイスするしかない…!!)
ゼラド「お兄ちゃんの攻略法ゲ〜ット」
ハザリア(いけない…!ここで変に機嫌を損ねては…!)
ヴィレアム「生ハザリア様の生アドバイスを拝聴してもよろしいでしょうか?」
ハザリア「こんな奴らに…仕方ない奴らめ…!でも…俺様が面倒みなければ!」(ガボッ、ガボッ
レイナ「おっと、私の友情の相談事を聞いてもらおうか。甘い恋愛相談がいつまでも終わらないだろう?」


658 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 23:53:52 ID:Raq/iXJp
>>657
どこのクリムゾンだwww

659 :それも名無しだ:2006/08/03(木) 23:58:27 ID:V90nPfbq
空気が恐ろしく読めない奴とでも呼ぶがいい。
俺は9スレ目からこのスレを見ているのだが、その時から非常に気になっていた事がある。
久保の幼児化フラグは一体いつ消えたんだ!?
あれが気になって、俺は夜も眠れないんだ!!
頼む、教えてくれ!!
誰でも良いから、誰か!!
あれは一体どうなるんだ。教えてくれえええぇぇぇええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!

660 :某童貞:2006/08/04(金) 00:01:24 ID:m/MnThB6
>>659
寝ろ。

661 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 00:08:30 ID:ZZpsR1cn
>>659
空気の恐ろしく読めない奴め。

ここで起こったことは無数の平行世界の一部に過ぎない。
かつて様々なフラグが消えて行った。
幼児化フラグも忘却の彼方に押し流された。
しかしお前が望めば再び会い見えることもできるだろう。

要するに気になるなら自分でネタ作って投下すればいいじゃない

662 :それも名無しだ :2006/08/04(金) 00:19:53 ID:mu2gqJKa
ガンスレA「同じ薬で欲張り過ぎたセレーナさんが乳児化してしまいまして」
ガンスレB「学校まで連れられたセレーナ殿はヴィレアム&レイナの赤子疑惑
      ゼラドに学校まで誘拐されたショタ服御主人はルナ殿との間で引っ張りだこに」
ガンスレC「結局クリハさんに解除薬頼んで…」
ガンスレD「というか過去ログあるだろ?」

663 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 00:53:29 ID:okNL82D7
>>659
イングレッタ(以下グレ)「恐ろしく空気の読めない貴方に時空の旅人、タイムダイバーグレちゃんが解説するわ。・・・後ろが騒がしいけど気にする必要はないわ」

ギリアム「ODE(おいおい解説といったら俺の出番だろう)システムだ!!」
イングラム「貴様はお呼びじゃないのだ!引っ込んでろ紫ワカメ!!」

グレ「ここはあらゆる並行世界を覗く為の窓。でも全てのフラグがきっちりと拾われるとは限らない。放置された可能性は今もどこかの並行世界で続いている。
それらを続けるのも、終わらせるのも、静観するのも物語の紡ぎ手である貴方の自由よ。もし貴方が物語を続けるつもりがあるなら、それを楽しみにしている誰かは存在するとだけ言っておくわ」

イングラム「ナァーーイス!!決まりすぎだよマイキューティストクールドーター!!」
グレ「そう」
ギリアム「つまり気に入ったネタがあるなら続けさせるのも全然OKという事だ!!」
イングラム「貴様!最後の締めを横取りしたな!?もう勘弁ならん!!」
ギリアム「なにをする!?おれはおれのレゾンテールを
グレ「言ってる事が意味不明なときは、とりあえず寝る事よ。目が覚めれば全て納得できるわ。おやすみなさい」

664 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 02:13:17 ID:M8WuCeKo
おまいらのハザリアに対する愛がよくわかったwww

665 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 03:16:14 ID:0uv9361R
>>659
まぁ、どうしても答えが欲しいというならアレだ。
トウマお父さんのジャイアントスイングで伸びました。

666 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 09:05:29 ID:IaWObwl+
>>659及び2ch初心者の方達へ

>>2を見ておいてください。

667 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 09:32:34 ID:8KejBKaG
今何故かミニラキ=ラキアもしくは保証期限が切れたので送られてきたミニラキという謎電波を受信した

668 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 09:34:05 ID:u2qn7IzF
なんのかんの言って>>659を放置しないお前らに乾杯

669 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 09:52:08 ID:ah9rlJGB
ハザリア逝きてる?

670 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 10:05:59 ID:6Sy8lJwu
>>669
ハザリア「819ランを取るまで死ねるか!」
ルル「ということは取ったら死んでもかまわないのですね」
ハザリア「なぜそうなる!ちゅーかお前ら帰り支度する前に俺を掘り出せよ!」

671 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 10:38:21 ID:tX6GqYgP
背後霊「唐突だが、ゴスロリとは小柄&細身&ヒンヌーであるべきだと思うのだ。
 胸が豊か過ぎるのはゴスロリにあらず!」
久保「……うむ」
背後霊「でもメイドさんはキョヌーでもヒンヌーでも可だ。
じゃあ、ゴスロリメイドはどっちが理想的なんだ!?」
久保「!?」
背後霊「教えてくれクォヴレー
 俺は後何人お前の作ったゴスロリメイド服を来たキョヌーとヒンヌーを見なければならない!
グレちゃんは何も答えてくれない!
教えてくれクォヴレー!」
久保「また、あの悲劇が繰り返されるというのか…!?」


三時間しか寝てないので脳が良い感じに腐ってきてる

672 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 10:55:13 ID:IaWObwl+
>>671を見て、ディストラ姉さんにメイド服以外の服を着せてみたいと思ってしまった

673 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 11:35:22 ID:pLhb/nQZ
どうしてだろう?ゼフィアの顔をイメージしたら
ゴ ル ゴ 1 3
が浮かんだ

674 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 11:37:53 ID:JMSbliNz
シスターの服を着せてみる → 中の人昇天
巫女さんの服を着せてみる → 中の人浄滅
婦警さんの服を着せてみる → アオラ昇天
アルマナの服を着せてみる → 久保、怒られる

ディストラ姉さんかその中の人か、いずれにせよ被害は
避けられないと思います。姉さんは冥土だから平和が保たれているんです。



675 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 11:55:03 ID:h0eXLShd
親愛なる父母へ

お久しぶりです。
待ちきれなかったので、少しだけ報告を。次のときもちゃんとしますから、許してくだされば嬉しいのですが。
二つ、嬉しいことがありました。

一つは、前々から楽しみにしていた同窓会。
あっという間に過ぎてしまいましたが、本当に夢のような時間でした。
学園を卒業してから、何度か同窓会はあったものの、今回ほど間が空いたものは初めてでしたから。
久々に会う皆は、外見はともかく(実際に言ったら怒るでしょうが)、中身は若々しさに満ち溢れていて、
学生時代の自分達が昼休みに昼食をつつきながら話しているかのような錯覚に襲われるほどでした。
いろいろな話をしました。
たとえば離れていた間のこと。

たとえば前に集まった時のこと。
色々なことがあったけれど、一番驚かされたのは、結婚した、と照れくさそうに報告したあのふたりの話だね、などと。
そういえば彼女がこんなことを言っていました。
私達にとっては、あの時見た、彼女の左手に嵌った安物のリングが、人生で二番目に綺麗に見えたアクセサリーだ、と。
まったく、いくつになっても気障なセリフが似合います。二番目と堂々と言い切るあたりが実に彼女らしかった。
…そういえばあの時は、あなたたちもとても驚かれていましたね。
結婚式でウェディングドレスを羨ましそうに見ていたことも覚えています。

たとえばだれかの生活のこと。
嬉しい事があったり、悲しい事があったり。
年甲斐もなく惚気るものが居たり、うちはすっかり倦怠期よ、なんて言ってるくせにとても幸せそうに家族のことを話したり。
まるであなたたちのようだ、と思ったのはきっと私だけではないでしょう。
みんな、それぞれの人生を歩んでいました。
嬉しいことなのに、ほんの少しだけ寂しかったのは、年だなんだと言われようと仕方の無いことです。
そういえば、向こうの星も随分変わったようです。きっと驚かれると思います。

676 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 11:56:51 ID:h0eXLShd
たとえば学生時代の出来事。
人生の中で、一番楽しかった時期。きっと、他の皆もそうだったでしょうし、ひょっとしたらあなたたちにとっても。
何度も何度もしている話。何度でも笑ってしまうのはなぜなのでしょうか?
今日はじめて思い出したこと。何度も何度も話し合ったのに思い出が尽きないのはなぜなのでしょうか?
子供のころは不思議に思ったものですが、やはり思い出話というのは楽しいものでした。

そして。
今はもう居ない人たちのこと。
もう昔のことで、皆がとっくに乗り越えたことです。
…やはり少しだけ胸が痛かったけれども。
笑いながら思い出話が初めて出来て、これも年を取るってことなのかな、と、やはりみんなで笑いながら話ました。
楽しかった、と言うと彼らやあなたたちに失礼でしょうか?
許してください、やはり思い出話というのは、どうしたって楽しいものなのですから。

そうやって、同窓会は終わりました。
話したいことが、たくさんあります。
もうすぐお盆ですから、その時にまたすぐ来ることになります。
学園のみんなの話も、私の話も。きっといくらでも。
楽しみに待っていてください。

草々


追伸
…それともう一つの嬉しいこと。お盆まで我慢できそうにないので書いてしまいますが―――――
孫が、出来ました。子供と一緒に連れていきます。元気な―――ああ、これはまだ秘密にしておきます。
お互いに楽しみがあったほうが、きっと時間が過ぎるのも早いでしょうから。

あと一つだけ。
盆の時のお供えの花は、グロボーサという花にしようと思っています。我が家の庭に咲いているものをお分けするつもりです。
ニホンではこういう時の花は決まったものだそうで、少しおかしいかもしれませんが。
花言葉の本も一緒に供えておきますから、機会があったら調べてみてください。たぶん気に入ると思います。
…ただ、少し、お墓参りには似合わないかもしれませんね。


お盆ネタ。……これはアウトだったかしら。嫌いな人スマソ。あと何人か殺しちゃってごめん。……orz
だいたい六十年後ぐらいってことでひとつ。これだと曾孫マダァースレだけど。
誰か(性別も)ぼかそうとしたら、キャラが安定しなかった…。 あと花言葉は目欄に。
にしても花言葉、不謹慎極まりないなぁ。そういうの気にする人は申し訳ない。

677 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 12:15:26 ID:GthniJbP
>>665
淫「あのジャイアントスイガーの間で伝説になっている1日耐久ジャイアントスイングか」
トウキ「あの時実感したよ俺はまだまだ親父を越えられてないってな」
ミナト「ああ、1日耐久ジャイアントスイングが終わった後、夕日をバックに咆吼した時の格好良さに痺れたぜ」
ディス「流石のご主人様も三日間目が回って動けませんでしたからね」
淫「久保がノックダウンしている間は、代わりに彼にタイムダイバーの仕事をバイトとしてやってもらっていたな」
イングレッタ「バイト感覚で出来るものなの!?この仕事って!?」
淫「グレちゃん、彼はバイトのプロだよ、彼に出来ないバイトはないんだ」
トウキ「以前は宇宙刑事のバイトもしてたって言ってたな、親父」
ミナト「そういえば怪傑な人のバイトもしてたこともあったな」
イングレッタ「何者なの!?彼は!?」

678 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 13:29:04 ID:okNL82D7
>>674
ディス姉、教会とか神社とかの聖域に入ると焼け始めるんだなw

679 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 13:44:19 ID:u2qn7IzF
>>674
そうなのか…よし!ディス姉、オレルスにある「思い出の教会」に行ってきてくれ!
その身を焦がす炎で教会を焼き払ってくれ!

680 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 13:50:13 ID:6Sy8lJwu
>>674>>678
久保「ふむ(ごそごそ)これはどうだ?」つ十字架
ディス「別になんともありませんが…あれ?心なし縮んだような?」
久保「次は聖水を」
ディス「うわ、つべた、あら?また縮んでる!?」
久保「まるで吸血鬼だな。次は心臓に白木の杭でも…冗談だ冗談」
ディス「ひ、酷いですぅ」
アラド「かんじーざいぼーさつぎょーじんはんにゃーはーらみったー」
ディス「はぅ!」
アラド「こりゃお神酒や清めの塩も利きそうだ」
ゼオラ&ゼラド「「か弱い乙女をいじめるんじゃない!!」」


なお、今回縮んだ分はお盆を利用してこちらに来ていたケイサル爺ちゃんから吸い取って元に戻った模様
ケイサル「く、くやしい、こんな奴らに(ブルブル)」

681 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 13:50:17 ID:GthniJbP
「クォヴレーより、はやーい」

682 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 14:24:59 ID:K+YN/BYX
>677
クォヴレー「若さって何なのだ?」
トウマ「ひとーつ!カノウ家家訓!若さとは振り向かないことであります!」

こうですかわかりまs

683 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 16:22:02 ID:okNL82D7
>>679
それどこの寝取られ主人公ゲーですか?

684 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 16:25:40 ID:nr35CeTD
>>674
中の人、っていうのはディスレ部の方達なのか
それとも姉さんなのかどっちなんだ

685 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 16:28:44 ID:oPc2Y0VO
>>677からこんな電波が

今週を持って、『ご近所タイムダイバー・久保冷』は終了します。




次週からはご近所シリーズ第二弾『ご近所パートタイマー・夫利板向色』がはじまります。お楽しみに♪




ゼラド「あ〜あ…久保冷面白かったのにな〜」
アオラ「まぁ次回のご近所シリーズも面白そうだからいいじゃん」
ガンスレ達「「「「「「楽しみだね〜!」」」」」」


背後霊『なぁ……久保』
久保「何だ……背後霊」
背後霊『何で最近のアニメはこうも…』
久保「みなまで言うな……」

686 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 16:45:53 ID:tX6GqYgP
ディス「>>680というわけで、私の胸の大きさは自由自在なので安心して下さい」
久保「それがどうした!最大の問題はゴスロリメイドには巨乳と貧乳どちらがより似合うかだ!」
ディス(´・ω・`)
久保「俺は思うのだがな、ゴスロリメイド服を着たルナは宇宙一可愛い」
背後霊「グレちゃんはクールカコイイ系だからな、賛同しておいてやろう」
久保「ルナは巨乳だ、という事はやはりゴスロリメイドには巨乳が…」
背後霊「甘い!甘いぞ!!ルナがもしBしか無かったらどうだ!!もっと似合うかも知れん!」
久保「!?…そうか、ルナは元々宇宙一可愛い…それは恐らくどんな服を着ても変わらん…」
背後霊「やはり答えは出んのか…」
久保「…だが俺はもっと重要な事を見つけた」
背後霊「何!?」
久保「ルナが宇宙一可愛いのなら!その可愛さをもっと引き立たせる服をつくり!
 遍く平行宇宙全てにおいて最も可愛い存在として五億年先までも語りつがせる!」
背後霊「!!ならば俺はグレちゃんを遍く平行宇宙全てにおいて
 十億年先までも最もクールカコイイ存在として語りつがせよう!」
久保「やるぞ!!」
背後霊「応!!」
ディス「私のも作ってくれま…」
二人『自分でやれ!』
ディス orz

687 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 16:51:28 ID:w4crU1yi
>>686
清々しいまでのバカ親、もとい親バカっぷりだな

688 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 18:39:19 ID:GcjAbezj
とりあえずルナが聞いたら卒倒しそうだ

689 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 19:31:58 ID:s7YW+GGs
>688
それは久保の馬鹿親っぷりにか嬉しさでか

690 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 19:53:35 ID:ir/fjtmQ
敬愛している父親に「世界一可愛い」などと言われたら嬉しさだと思う。


691 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 20:38:05 ID:tX6GqYgP
久保「>>690め!許せん…!ルナが世界一可愛いと愚弄して!」
ディス「いや、褒めてるんですよ」
久保「何処がだ!全平行宇宙で一番可愛いルナを世界一で片付ける事の何処が褒めている!!
 絶対に許せん!!草の根分けてでも捜し出し、地獄にも等しい責め苦を…」
ディス(その愛情の一兆分の一でいいから、私にも注いでくれませんか?)

692 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 20:39:14 ID:/Mde/3F2
敬愛っていうか、フツーに恋愛感情だろw

693 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 22:03:19 ID:Alxi/wzU
クォブレーにしてもルナにしても敬愛と恋愛の違いがよく分かってなさそうではあるな。
ファザコンと親バカだから、そうあれかしと言えばするりと片付く
あと久保がかなりはっちゃけてるような
???「それも私だw」


694 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 22:07:35 ID:sgJRICSQ
>>691
       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了   なにディストラ姉さん?ご主人様の自分に対する扱いがひどい?
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  姉さん それは無理矢理気を引こうとするからだよ
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ    逆に考えるんだ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:} 
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   「そういう扱いをされることにこそ悦びを見出せるようになればいい」と
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-〜、 ) |       考えるんだ
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ  
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ

695 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 22:23:53 ID:z2jLsy5U
卿は相変わらず天才やでぇ

696 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 22:37:32 ID:5iC2rQib
>ディストラ姉さんの扱いがひどい
我々の業界ではそれはご褒美です

697 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 23:09:11 ID:NYpXNFYk
背後霊「しかしディストラよ、前よりかはましになっているだろう。」
ディストラ「どこがですか」
背後霊「ほら、お前がまだ新米だった頃を思い出せ。
    危険な機体だとかで量産型ニューガンダムに奪われαナンバーズから不信がられていただろう」
ディストラ「そういえば・・・あの頃よりはましですけど・・・。」

698 :それも名無しだ:2006/08/04(金) 23:19:31 ID:z2jLsy5U
ふと思ったんだが
もし量産型νが意思を持ったら
今の女と昔の女で修羅場になったりするんだろうか?

699 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 01:13:39 ID:qvnvG0jo
だが……量産型νが女だとは限らんな?
そまブかもしれんし、ファンネルかインコムかで性別が
変わってしまう恐れもあるぞよ?

700 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 02:18:36 ID:IpeLwZaS
>>698
今更一人増えたところで……

ゼラド「呼んだ?」
ルナ「呼んだか?」
ディストラ「呼びましたか?」
アルマナ「呼ばれましたか?」


な?


だが、人格つけると新キャラ規制にかかっちまうから、ネタ発展させたかったらまとめサイトに行ったほうがいいかな

701 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 06:38:40 ID:xi9nVDDq
量産νからベルグバウって改造引継ぎがあるから
バウがνを食べちゃったんじゃないの?

702 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 08:18:36 ID:DsmVYCWt
ゼラド「ハザリア君何時まで埋まってるの?」
ハザリア「黙れ!黙れよ!!好きで埋まってる訳じゃ・・・てか助けろよ!」
ルナ「しかし無様だなww」
キャクトラ「・・・友よ・・・」
ヴィレアム「ああ・・・足に押しつぶされた胸・・・」
キャクトラ「素晴らしいな・・・」
ヴィレアム「まさに人類の至宝・・・」
クリハ「やはりあの二人の胸は・・・」
レイナ「しかも最近やけにプロポーションが良くなって・・・」
クリハ&レイナ「「そんな奴は死んでーしーmうわっ!!!?」」
ゼラド「二人とも何遊んdあ;lkないあ:pヴぁいえjらp!!!?」
ルナ「うわ二人ともなにをすrかんヴぁいrじゃ:!!?」
ヴィレアム「こ・・・コレはぁ!?」
キャクトラ「ルナ様とゼラドさんの水着が取rぶるrrrrrアァ!!?」
ルナ「うわぁぁぁぁ!!?」
ゼラド「見ないでぇぇぇぇ!!」
ハザリア「ムギュ!!!?」
クリハ「ちょwww胸隠してるそれってwww」
レイナ「それハザリアwww」
ハザリア「・・・・」
クリハ「返事が無いただの(ry」
レイナ「まさか乳圧で人一人を窒息させるとは・・・恐ろしい子!!」
キャクトラ「・・・友よ・・・」
ヴィレアム「ああ・・・奴は殺らねばなるまい・・・」
キャクトラ「しかし血が足りないな・・・」
ヴィレアム「そうだな・・・」

703 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 12:57:07 ID:ype23yoG
南極屋バカンス支店
完璧爺「血でもなんでも売ってますぜー」

704 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 20:22:21 ID:5a8kEa+q
アイミとイルスの秘密を知った時、
驚愕を通り越して愕然とした。
あんな出生の・・・。

705 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 21:36:23 ID:I09tNWNu
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20040422301.html

こういう方法が現実にありまして

要するにレ(ry

706 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 22:44:48 ID:pZrJI4t5
クリハ「もう一度フェイスオープンで!」
ギリアム「いかんクリハ! 魔超機神の念動力はナイキングの八倍は下らないだろう、また弾かれるだけだ。」
ク「じゃあ諦めろって言うの!」
ギ「いや、手はある。奴の念動力を越え10倍の念動力を引き出す方法が・・・! ナイキング・ザ・グレートになるんだ!」
ク「ナイキング・ザ・グレート・・・!?」
ギ「ナイキングの胸、マリキングの演技力、サキキングのサブミッション、三体の最も強固で優れた部分を集結合体することで誕生する究極の超機神だ。
だが理論上は最強でも乗り手がいない、その存在はずっとキャプテンと俺の心の中にしまわれていた・・・
三体がそろい、クリハの念動力が成長した今ならあるいは・・・」
ク「10倍・・・ フェイスオープンの倍以上!? 出来るの私に・・・そんな念動力が!?」

リトゥ「本当なのね!? 平行世界の紫ワカメ! 本当にクリハが10倍の念動力を出せればあのクズ野郎を倒せるのね!? ・・・だったら決まりよ・・・ 燃えなさいクリハ・・・! そして必ずあいつをぶちのめせ!! この私の屍を踏み台にして行くんだから!」
ク「え!?」


ギュ!


リ「うわぁぁぁぁぁぁ!!!
行ってクリハ・ミズハ!マリキ

707 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 22:49:57 ID:pZrJI4t5
ごめん、へんなとこで切れた・・・


「マリキングパートワン!ゴー!」
レラ「サキキング・・・パートツー・・・ゴー・・・・
行って・・・クリハ・・・リトゥ・・・気持ち・・・・無駄に・・・しちゃ・・・だめ・・・」
ク「レラ・・・」

トウキ「クリハ! 自分を信じろ! みんなクリハが最後に奇跡を起こしてくれると信じてる!
俺の母さんだってきっと・・・ だからクリハが自分を信じられれば全員の・・・
47の心が1つになる!!」

イングレッタ「そうよクリハ! また私をあっと言わせてみろ!!」
ラミア「迷うなミズハ!!」
レイナ「あんたに出来ない事なんてないわ!」
ラッシュ、ルル、真龍「「「そうだ(ですわ)(よ)ミズハ先輩!!」」」
ゼフィア「飛べ! そして燃え上がって見せろ!」
スレイチェル「ヴィルベル!!」
その他「「「「「「クリハ!!!」」」」


708 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 22:53:51 ID:pZrJI4t5
トウキ「クリハーーーー!!」


ピキュリ!!


ク「そうだ・・・ そうだったわ・・・! この戦いはみんなの魂で戦うんだった・・・!!
これだけみんなに火ぃつけられて・・・私が燃えない訳にはいきません!!」


クリハ「ナイキング・ザ・グレートォォ!!!」


先週のガイキングの三回目の視聴中にビビッと来た。
携帯からのため物凄く見ずらい上に誤字脱字も多いと思う。
反省はしています。

709 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 23:07:04 ID:ngHUdyCS
>>706-708
ワロスw
ちなみにそっちにクリハ向かっているから注意汁

710 :それも名無しだ:2006/08/05(土) 23:22:18 ID:g/cePnhE
ナイ!ナイ・ナイ 胸が無い娘(こ)だ ナイキング!!
豊胸だ!
ナイ!ナイ・ナイ 胸が無い娘(こ)だ ナイキング!!
(ナイキーング!)
Aカップの胸にー!寄せ上げブラつけても!
オオォー!真っ平らの洗濯板ー!
オォー ナイキーング!!

711 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 01:32:07 ID:Zcw5VrFS
>>707
レラ、リーさんかよww
ヴェス子さんはアークあたり?
まあプロ子さんは性別イグニッションなスレイチェルだろうがなww

712 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 01:37:25 ID:ym+kzhDV
ナイムネから無限にネタを練成するお前らサイコーw

713 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 15:21:47 ID:EXJ+YK47
>>712
すまんな……クリハ嬢から貴様にこれを飲ませるように頼まれてな。
つ濃縮還元クリハ汁

714 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 15:46:30 ID:T6qkjCTH
そういえば海にはイングレッタとヴィレッタいるんだよな

とうとう会ってしまった二人、どうなるのか?
ヴィレ&キャク「・・・ゴクリ」
イングレッタ「・・・・・」
ヴィレッタ「・・・・クォヴレー、例のものはできていて?」
久保「あ、ああ。一応持ってきてはいるが」
ヴィレッタ「そうならいいの、持ってきてちょうだい。
      そこのあなた、これから持ってくるものを何も言わずに着てみてくれないかしら」

そして・・・・
ヴィレッタ「二人は!!」
イングレッタ「○リキュア!!」
ヴィレッタ「ああ、本来ならば白いほうはスペクトラとなっていたが・・・
      まぁまぁきまっているわね。彼女が来たら、あなたはデュミナスやってもらうわ。」

その様子を見て少年二人は「え?いい年してうちの母親達こんなの考えてたのかよ、つーか久保さんも
作るなよ、ああ向こうで親父(おじさん)〔注:ギリアムです〕と背後霊がハァハァしちゃってるよ。
ああ、アオラ君写真撮るな撮るな。ますますやる気になるから」と思いつつ、自分達がしっと仮面と化し
ていた時を思い出し「血か・・・・」と精神的なダメージをうけていたそうな。

715 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 17:43:45 ID:Wua/t5Ms
>>714
ちょwwwwwヴィレッタwwwww
何故プ●キュアwwwwwww

716 :それも名無しだ :2006/08/06(日) 17:52:59 ID:nVsVQZkw
>>714
リュウセイ「い・・・・・イイ(・∀・) !」
マイ「鼻の下伸びてるわよ」

717 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 18:00:04 ID:HWxoFnsh
この世界にクールビューティという概念は存在しないのですね(;^^

718 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 21:45:59 ID:yuMtDLwt
ヴィレッタ「そういえばあなた、なんだか私に似てるわね。・・・・ちょっと前の」
イングレッタ「そう?よくある顔よ」
ヴィレアム「ちょwww母さん似てるで済む問題なのか!?」
ヴィレッタ「?」
イングレッタ「何も問題は無いわ」
ヴィレアム「いやだから
イングレッタ「何も 問題は 無いわ」
ヴィレアム「何も、問題、無いな」
イングレッタ「そう」
ヴィレッタ「便利な技術ね。どこで習ったのかしら?」
イングレッタ「企業秘密よ」

ううむクールというか天然b(デッドエンドシュート

719 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 22:29:04 ID:pyPOdLTz
>>718
フォース?

720 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 22:34:33 ID:xNUHfCIA
ギリアム「いやしかし、意外とすんなり収まったな」
イングラム「ああ、いつの日か二人を感動的に出会わせるつもりだったのにさあ…
      お前のせいで台無しだよ久保!!!!」
久保「嘘をつくな。お前はあの二人を一生会わせる気がなかっただろう。
   あと、二人とも鼻血拭け」
ギリアム「ああ、すまん、私としたことが」
イングラム「俺のヴィレちゃんとグレちゃんで欲情するんじゃない!紫ワカメ!」
ギリアム「馬鹿なことを言うな。ヴィレッタは俺のだ」
イングラム「貴様ああああああ!!!因果の彼方に吹っ飛ばす!!」
ギリアム「お前にやれるものならな!背後霊!」
久保「平行世界を巻き込んで暴れるのなら俺が許さんぞ」
ディストラ「もう!そんな事してるとみんなまとめて吸い込みますよ!?」

キャリコ「お〜い!クヴォレー(←なぜか発音できない)」
スペクトラ「クヴォレー(←なぜか発音できない)久しぶりね。元気?」
久保「お前達、何故ここに?」
キャリコ「たまたま地球に寄ったから、バルマー寮へキャクトラに会いに行こうと思ったんだがな」
スペクトラ「海に出かけてるって聞いてきたのよ」

ディストラ「あの、ご主人様、ちょっとちょっと」
久保「どうした?」
ディストラ「間違ってもさっきのジュデキュアの衣装は出さないでくださいね。
      背後霊とギリアムさんとキャリコさんが失血死してしまうかもしれませんから」
久保「わかってる。キャリコは特に暑苦しいからな。」

721 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 23:45:53 ID:ptfydPQE
鏡コントを期待していたらジュデキュアをやられた、謝罪と賠償を要求するニダ

722 :それも名無しだ:2006/08/06(日) 23:58:58 ID:VisMfJXM
>>718
実際に似てる人多いから
ほんとに問題ないかもしれん

723 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 00:11:59 ID:mxhvSUNQ
ヴィレアム「結局、イングレッタ?だったっけ?母さんや背後霊さんとはどういう関係なんだ?」
ギリアム「若い母さんだろう?」
ヴィレッタ「若い私よね?」
イングレッタ「若いあなたのママよ?」
ヴィレアム「いや、だから何で若いんだ!何だ若い母さんってー!!」
イングレッタ「コドモにはわからない方がいいこともあるわ」
ヴィレアム「君、どう見ても俺より若いだろ」
イングレッタ「男ってね、いつまでたっても子供なのよ」
ヴィレアム「何か妙に悟った子だな…」

マリ「分かりやすく言えば『オリ世紀ジュデゲリオン』の主人公と白いヒロインのような関係だな」
ヴィレアム「いや、余計わからん」

724 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 01:19:15 ID:pnKN1Dwl
ゼラド「じーっ」
レイナ「どうしたの?」
ゼラド「おにちいゃんがよりどりみどり…」
レイナ「…!」

10代:キャクトラ
20代:クォヴレー
30代:イングラム
40代:キャリコ
50代:ユーゼス

レイナ「見た目、こんな感じ?」

725 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 01:47:08 ID:e5hH3VLh
ゼラド「グレちゃん、ヴィレアム君達に識られちゃったけど良いの?」
イングレッタ「問題ないわ。通常の因果律に組み込まれてる人達は放っておいてもすぐに私のことは忘れるから」
ゼラド「・・・よく分かんないけど、じゃあなんで私はグレチャンの事忘れて無いの?」
イングレッタ「あなたはクォブレーに深くかかわってきたから、因果律から半歩外れた存在になりかかってるのよ。あのファザコン娘は発生段階からそうなっているけど」ゼラド「????」
イングレッタ「まああまり細かい事は気にしない事ね」

726 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 08:40:17 ID:aCvR3cg6
αビンボーズ企画会議
ユーゼス「是よりαビンボーズ企画会議の開始を宣言するのも私だ。
     以前ダイゼラドとルナシオーネを造りソコソコの評判を得た様だが
     新たな機体の企画を提案するのも私だ。」
シュウ「そうですね・・・しかし資金はどうやって調達するので?」
ユーゼス「その点は抜かりは無い。ビアン博士に話を付けているのも私だ。」
マサキ(冥)「パイロットはどうするんだ?」
ユーゼス「今回は立候補者が居る・・・紹介しよう。ルサイケ嬢だ。」
ルサイケ「ど・・・も・・・よろ・・・く・・・がいしま・・・」(こいつ等を利用すればお姉さまに股一歩近づける)
マサキ(冥)「霊帝の孫娘か・・・コイツに合わせた機体を作るにはオカルトな力が必要ではないのか?」
シュウ「ククク・・・その点は任せて下さい。ネオグランゾンを作った錬金術のノウハウを持ってすれば
    その程度の力を得るのは造作も無いことです。」
ユーゼス「では今回の企画のリーダーをシュウに任命するのも私だ。」
マサキ(冥)「リーダーの座は渡さん!!・・・と言いたい所だがオカルトは全く専門外なので譲ってやらんでもない。」
シュウ「では決まりですね。早速始めましょうか。」



(中の人)「ルサイケ専用機を提案したが細かい設定が一つしか無いです。
     誰か設定の提案をして下さい。お願いします。」


提案:ルサイケ専用機は魔装機(神)に近いタイプかゴーレムに近いタイプ

727 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 09:51:10 ID:QaAlb5DG
子安つながりでゴレームに見えてしまった

エクソダスしてくる

728 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 11:36:42 ID:pnKN1Dwl
カル「…ジャオーム、フェンター…」
アイミ「いっぱいあるんだね魔装機って」
カル「ええ、魔装機神ばかりに目がいきますけど、こういった機体がいないと敵は倒せません」
アイミ「チームワークか…」
カル「あ、ノルスとノルス・レイを忘れてました」
アイミ「乗るスレイ?」
カル「ええ」
アイミ「(…いえないなぁ…トロンベさんが馬なんて…)」

729 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 12:22:27 ID:H5MmYWOq
流れを見ずに

アオラ「なぁラッシュ、またバイト増やしたって本当か?」
ラッシュ「あぁ、母さんも蘇ったし食費とか必要だし」
アオラ「……なぁいっつも思ってたんだけどさ、お前のお父さんお金振り込んでくれてるのか?」
ラッシュ「父さんは言ってたよ、今時傭兵だとあまり儲からず儲かるには外宇宙に行くしかないよなって」
アオラ「……だったらやめろよ傭兵」
ラッシュ「もうその生き方が身に染みてるらしくて…」

ラドクリフ家がなんで貧乏なのかを俺なりに書いてみた

730 :それも名無しだ :2006/08/07(月) 13:53:01 ID:SwfFPyrl
ルル「本業で殆ど収入が無いので、
   日本本国でバイトしてから戦場に向かう傭兵さんが
   昔居たらしいですわね」
アオラ「フリー辞めてPMC(民間軍事会社)入れば?」
ラッシュ「それは信条に反する!とか怒るんだよ親父」

731 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 14:52:14 ID:7YKYguQQ
>>726
ラオデキヤ「スーパーカーから変身するロボはどうだろう?あとトレーラーと合体とか」
背後霊「トレーラーとの大合体はイカスよね。」
エペソ「なら車種はランボルギーニのディアボロが良いと思うのだ、あと私はトレーラーよりも戦闘機と新幹線の方が良いと思うのだが」
背後霊「パトカーって男の子の憧れだよね。」

(中略)

背後霊「よし、折衷安でパトカーにトレーラー背負わせちゃおうZE!!」

732 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 16:11:16 ID:kxTTk/Kf
タカヤ「なんかこう、マヴイエグリとか出来そうな方がいいなあ」

トウキ「気付け、それはお前の姉だ」

733 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 21:30:33 ID:A5nfK0Pl
ラキア「私は……盾付きの剣持ってて、牽制出来る遠距離兵器もあって、あと氷を自在に操れれば文句なし!」
ラッシュ「姉ちゃん欲張り」
助手「まんまラキのファービュラリスだな」
ラキア「ホントに!?」
助手「ああ。しかしあの機体、見た目は美しいがあの氷の嵐をまともに受けると機体が目もあてられない状況になる。」
ラキ「穴が空いたり凸凹になるな。あ……ジョシュア大丈夫だったか?あの時はすまなかった………」
助手「ラキ………」
ラキア「とりあえずストップ!」


ラッシュ「俺は口から高エネルギー放てたり、ビームフレイル持ってたり、二刀流だったりするやつがいいな」
ラキ「ジョシュアのフォルテギガスそのままだな」
ラキア(父さんの戦った戦場に盛大に凹んでたりバラバラになった残骸があるのはそのせいなのね………)
助手「しかし機体の好みまで似るとはな」
ラキ「やはり親子なんだな」
助手「ああ。俺とお前の………」
ラキ「ジョシュア…………」



ラキア(ステルスシステム展開状態にて最大戦速で撤退!)
ラッシュ(姉御艦長!エンジンが焼き切れそうです!)
ラキア(構わない!この空気に巻き込まれれば因果地平の彼方から帰って来られなくなるぞ!)

734 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 21:34:31 ID:GRlKKgcT
>>731
背後霊が意見纏めるフリして自分の意見を推してるw


735 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 22:34:35 ID:Yv6lh75Q
>>733
あま〜〜〜〜〜い!
テュッティの淹れた紅茶並みに甘い!

736 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 22:39:16 ID:0Y7CFVub
>>731
おまわりさん!ショタパトカーがいます!!1111

737 :それも名無しだ:2006/08/07(月) 23:04:54 ID:lvfBAX0t
>>726

ルサイケ専用機(仮)

αビンボーズシリーズの第2弾。
パトカーから変形し大型トレーラーとの合体により完成する。
ディス・レヴを標準で搭載し、3体の僕をハイ・ファミリア(仮)として使用可能。


武装
ハイ・ファミリア(仮)
インフィニティーシリンダー
太陽剣オーロラプラズマ返し




しかしこれほんとに纏まるのかww



738 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 00:07:39 ID:cpIWtKNr
>>737
そのディスレヴ三体は合体してムキムキポーズをとるのですね!


739 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 00:10:50 ID:XIfrcuJh
あとからドリル…もといサッカーなのが加わったり
嫌味な派遣野郎がやってきたりするのかw

740 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 01:18:35 ID:AUxTamqA
ユーゼスが必要以上に張り切る様が目に浮かぶw


741 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 01:41:55 ID:G/jDe7lH
ユの字が張り切り過ぎて超AI搭載→パイロットいらずでルサイケ(´・ω・`)

こうですかわかりまs

742 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 01:46:44 ID:Zbxt59oY
ルサイケには、勇太きゅんやってもらうしかないかww

743 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 03:36:04 ID:8k0CiB4I
ハザリア「ん? なんだイングレッタではないか。貴様もなにか話しごとがあるのか?
 なんなりと話してみるがよい! なに、寄付金はいらん。それが俺のノーブレス・オブリージュ!」
イングレッタ「ハザルの息子か。あいにくだが、私に相談事などない。あるはずがない。
 私は時空の狭間を行き来する曖昧な存在だ。感傷など、無縁だ」
ハザリア「フハハハハ! なにを言い出すかと思えばくだらんことだ!
 エイス叔父はいっていた! 自分には感情などないものだと思い込んでいても、
 どうしようもなく胸が熱くなるのが人間の愚かさと愛すべき点だとな!
 貴様も二本脚で歩く知的生命体なら、思考停止していないで動き出すがよい!」
イングレッタ「そうなのか? しかし、急にいわれても思いつかない」
ハザリア「ふん、急くことなどなにもない! 俺は当分ここに埋まっているからな!
 ああ、しかしあまり遅くなってはいかんぞ!
 819ランゲットまでには脱出している予定だからな! 819ランゲットまでは!」
イングレッタ「わかった。また改めて埋めにくればいいんだな」
ハザリア「誰がそんなことをいったか!? おい、コラ、どこに行く!?
 きちんと理解していけぇっ!!」

744 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 04:13:01 ID:TtnAd2yO
まだ埋まってんのかww

745 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 06:28:01 ID:kHuULUAq
以前に比べて本当に>819ランに近づいてきましたね

746 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 06:41:16 ID:rwCjN/eh
>>726
亀になったが
つ某魔を断つ剣に出てくるクラー○ン

747 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 08:13:39 ID:m++Ne+75
ハザリア専用
ttp://members.at.infoseek.co.jp/uteba/cg/zog.jpg

こんなん見つけました

748 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 08:25:11 ID:AUxTamqA
>>742
グゥレイト!

749 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 08:45:17 ID:MNOhD/dx
>>747
ちょwwwwwwwゾゴジュアッジュwwwwwwww

750 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:00:14 ID:1CUICiYT
ラキ「………………暇だラッシュ」
ラッシュ「母さん、だからって転がってないで…そうだ、暇なら料理手伝ってくれる?(お袋の味、食べてみたかったんだよな)」
ラキ「料理?………判った少し待っていろ」テクテクテクピポパプルルルル
ラッシュ「へ?母さんなんで電話なんか」
ラキ「私だ、ファービュラリスを射出してくれ」
10分後
ラキ「どうだラッシュ、私が作ったかき氷は」
ラッシュ「とてもファービュラリスの味がするよ母さん」


751 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:12:32 ID:jeMSke7e
真龍も一緒に暮らしてた筈だがどこ行ったんだ

752 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:25:10 ID:hr1+5nHX
イルイが略奪愛に目覚めてアラドと愛の逃避行ですよ

753 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:28:28 ID:Q/viPfJp
あかほり作品やエロゲじゃないんだから同棲はねーよwww
っつー事でスルーされたのだろう

754 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:39:56 ID:n9Qdy3EA
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
       ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。



755 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 10:53:21 ID:eaYKFmv6
>>753
ラキアが出る以前からあった根深いネタだぞ。〈真龍同棲
その頃のラッシュは、親父は傭兵暮らしで家におらず母親は復活前、ラキア未登場なので本当に一人暮らしだったからな。
里帰りでもしてるのだろうと脳内保完だ。
……戻ってきたら修羅場やな

756 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 11:43:55 ID:1CUICiYT
とりあえず>>750の時は真龍とラキアで買い物に行っているという感じだったんだが
しかし修羅場も面白いので好きなように考えてくれて構わないZE!

757 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 12:09:55 ID:R77ewAwR
>>747
機能を重視した流線型のボディに索敵を第一に考えた稼動範囲の広い巨大モノアイと三本のアンテナ。
さらには先端にメガ粒子砲を隠し持った力強い触手が六本。さらに無骨な機体でありながら
女性的繊細さを醸し出し其々に四基づつ装填されたミサイルが光る脚部。それだけでは飽き足らず
さらに七基のミサイルを装備した口部。贅沢にも赤い彗星を連想させる角とカラーリングで他を圧倒する
その機体は・・・・・・・ゾゴジュアッジュ(カイ=シ○ンデザイン)!!ゾゴジュアッジュ(カ○=シデンデザイン)じゃないか!!!

758 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 12:16:08 ID:GSjLYJfU
>>757
最後の一行以外古谷徹のナレーションで脳内再生された

759 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 12:45:15 ID:zSntcWJU
>>757
ハザリア「嫌だ!!そんな気色悪い機体なんかに乗りたくない!!」
ルル「あら?似合うと思いますわよ?特にすぐやられそうな雰囲気が」
ハザリア「黙れ!黙れよ!!俺は変形合体する実にヴァイクランな機体に乗りたいんだ!!」
キャクトラ「しかし謎のライトニングジャイアンツゼストとやらに是をハザリア様に
      渡すように言われてるのですから・・・」
ハザリア「犯人バレバレだろ!!返しt」
ルナ「ええい!女々しいぞハザリア!!貴様の機体だろう!ちゃんと責任持って世話をせんか!!!」
ハザリア「うわぁぁぁぁぁぁぁん!!(泣)」




>>757の説明で「恐怖!機動ゾゴジュアッジュ!!」というサブタイが浮かんだが
まあどうでもいいか

760 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 14:44:36 ID:Mi1hkIsq
ハザリアヒヨコはいるのかい?

761 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 17:24:19 ID:w2j5qJC3
>ゾゴジュアッジュ
なにそのキャンベル星人と協力して作り上げたマグマジオン獣(by某スレ)?

762 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 23:06:45 ID:HwiGWrpJ
>>753
くんくん・・・・別な女の匂い誰だ?誰なんだ教えてくれラッシュ(涙目

こうか!?

763 :それも名無しだ:2006/08/08(火) 23:47:37 ID:1CUICiYT
>>762
言ってるのがラキかラキアかどうかで話は変わってくるな

どっちにしたって近し(ry

764 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 02:18:35 ID:ZcsLVIZu
ラキの場合は問掛けの対象がジョシュアになります

765 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 03:44:39 ID:onBFx0nJ
ルル「兄上! 地球には、ひょんなことから居候を決め込んでも、
 特に疑問もなく三度三度の食事を貰える風習があるそうですわ!」
ハザリア「なにをぅ・・・、ひょんだと? ひょんなこととは、いったい・・・!?
 そして貴様、荷物をまとめてどこに行くつもりだ」
ルル「はい、ルルはこれよりバランガ家に向かい、ひょんなことから居候を決め込み
 ひょんなことからひょんなことを起こし、あわよくばひょんな結果を出したいと思っていますわ!」
ハザリア「フフ、虎穴に入らずんば虎児を得ずということか。
 どんな虎児を得るつもりなのかわからんが、その心意気、あっぱれである!」

バランガ家
アオラ「ルル、ここにトーンね」
真龍「ここは、ベタのほうが」
ラッシュ「あ、ここ消しゴムかけが甘いよ」
ルル「違いますわ・・・、これじゃ、ただのサークル活動ですわ・・・」

ハザリア「なんだなんだ、貴様らのマンガはまったくなっとらんな。
 初めから終わりまでガドルヴァイクランしっぱなしではないか。
 よいか、登場人物の心情の持って行き方とはだなぁ・・・」
アオラ「ルル、お兄さんに帰ってもらって」

766 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 12:28:07 ID:JB4ZR3MM
>>765
ラッシュ「いや、ハザリアさんの意見は的を射ている、帰すのは少し惜しい」
真龍「私もそう思います」
アオラ「そ、そうですか……?」
ハザリア「ハハハッ!エロに捕らわれ、ものの本質が見えなくなっているぞ!アオラ・バランガよ!」

767 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 12:33:06 ID:ZK2PKQt5
ハザリアようやく穴から出れたんだな

768 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 14:27:33 ID:/CMYCyMF
海編からバランガ家居候編か

769 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 14:55:37 ID:fw2Q++Lo
そういや、今日を含めてあと三日か、コミケ。

「はみんぐばーど」関係者は右往左往してるんだろうな。

770 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 17:03:32 ID:wpqP+IR5
なぁ、今コミケカタログを見てるんだが……


 は み ん ぐ ば 〜 ど が ど こ か 知 ら な い か ?

どこ見ても無いんだよ……(´・ω・`)

771 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 20:18:42 ID:gnQr8kpO
>>770
アオラ「………」
真龍「………」
ラッシュ「………」


三人(言えないっ…!落ちたなんて言えないっ…!)

772 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 20:59:56 ID:4UDk0bdy
>>771
ルルは仲間はずれですね!

773 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 21:02:16 ID:chI01nIo
>>770
ラージとラウルのブラジャー2や、カティアのザナフ・オア・ケレンに
委託されてるので安心汁

774 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 21:18:36 ID:yzU8We9v
>>766

ルル「では、こういたしましょう」
ハザリア「ははっ、なんだ?ルルよ、その馬鹿でかい壺は?」
ルル「えい」
ハザリア「うおっ」スポッ
アオラ「おお…首から上だけが壺から出ている…」
ハザリア「肩が引っかかって出れん。ってまた生首かよ!
     ルル!なんだこれは?!」
ルル「それはとある冥王の所から拝借してきたものですわ」
ハザリア「ビンボーズか!なんだってそんなもの作るんだあ奴らは!」
ルル「まあ、その方たちでもよろしいですけど(ボソッ)……」
ハザリア「ん?なんて言ったんだ?ルルよ」
ルル「いえ、なんでも」
アオラ「あれ?ハザリアさん、髪の毛の根元が赤くなってますよ?」
ハザリア「ははっ、馬鹿をゆうな我輩は髪を染めることなどせん!」
ルル「あ、いい忘れましたが壺の力によって兄様の血が髪の毛に吸い取
   られるようになってますので」
ハザリア「なに?」
ルル「髪の毛の先にまで血がいくと命を落とすようになってますので」
ハザリア「なな、なんだと〜〜!」
ルル「さ、アオラ様…作業を続けましょう」
ハザリア「こらっ!ルル!一刻も早くここから出せ!こら!おい!」


775 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 21:30:10 ID:mvZDayN4
>>772
ルルさま は 2日目 に いますよ

776 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 21:31:15 ID:9G59SLj6
とある冥王ってハーデ○様かよワロタ
ハザリア…(ノдT)

777 :訂正:2006/08/09(水) 21:41:08 ID:yzU8We9v
>>774
× なんだってそんなもの作るんだあ奴らは!
○ なんだってこんなもの作るんだあ奴らは!



778 :それも名無しだ:2006/08/09(水) 22:45:32 ID:chI01nIo
>>776
コウに乗り移ったラスボスだっけ?

779 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 11:09:00 ID:GIMfONCu
スレを読み返して思った。ミナトは実はフラグクラッシュ能力を保持してる。
アイミとフラグが立ちそうになるといつもクラッシュしていた。

あと住人に一つ質問が。子供達は部活は何をやっているのかな?
自分的に、帰宅部 ゼラド・クリハ・ヴィレアム・ルナ・ルル・客虎
     水泳部 アイミ・ノールバック
     空手部 カノウ兄弟 剣道部 ゼフィア 
     新聞部(諜報部?)レイナ 演劇部 ハザリア・マリ
だいたいこんな感じかな




780 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 11:28:15 ID:eMDFenIR
きっと咲美はプロレス同好会。

781 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 12:11:27 ID:88oDE/dH
むしろ超人オリンピック常連選手

782 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 12:12:34 ID:yf6Mjvg1
帰宅部になってるやつらはネタによってある程度捏造可能だな。
ほかはイメージ固まってる感があるが

あと演劇ネタは誰出してもいいと思うが

783 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 12:17:49 ID:ZvZ0RTVQ
クリハ「♪よっちょれよ〜よっちょれよ〜」
レイナ「なにやってんの?」
クリハ「よさこい祭り」
レイナ「一人で?」
クリハ「だって、トウキとミナトは阿波踊りしてるもん…」

784 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 12:25:27 ID:YcFHW0Ow
えぇい!SORAKOIが出来る猛者はおらぬのか?!

785 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 13:40:45 ID:RpwlDFC+
ガンスレズ「菜の花体操ならなんとか」
久保「どこで覚えたんだー!」

786 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 13:53:29 ID:h6KZ0SVR
ゼフィア・ゾンボルトの一日
朝、日の出と共に起床
登校時間までゼンガー、イルスと朝稽古(なかなか勝てない)

朝〜夕方 学園で勉学に励む

夕方〜夜 スレイチェルと走り込み(なかなか勝てない)

夜 ランと稽古(なかなか勝てない)

物凄く真面目で強いはずなのになかなか結果が出せない男、それがゼフィア・ゾンボルト!

787 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 16:30:42 ID:RpwlDFC+
ブライト艦長がディスレヴハウスの住人になってしまいましたよ...orz

788 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 17:02:33 ID:gjuv+gSL
故人をネタにするのは不謹慎だぞ
それに、わざわざ専用スレまで立ってるのにここで語るのはスレ違いだ

789 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 19:22:23 ID:IoOr3TEp
>>777
少々亀だが
元ネタは聖闘士星矢

790 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 20:05:37 ID:j+SyDyvR
>>789
アテナが壺に入れられた時だな

ところでハザリアにプレゼントだ
つ【TOMAK】

791 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 21:23:58 ID:hICjo6y3
>>785
このネタ見たら皆が幕張の住人に見えてきた・・・
とりあえず思いついたのは
桜子=レイナ
キミタク=アーク
誉田=トウキ
チル=キャクトラ
千葉=カル
津田沼=シュウヤ
てな感じ
あと明日香をクリスにするか悩むな・・・
やはりミッチーはハザリアかな・・・?

まあネタ理解できる人はそういないだろうな

792 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 21:52:46 ID:itJeR4gc
もうそろそろ819だな。

793 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 23:51:18 ID:jpY8Yov0
>>791
サボテン枯らす女なんてありえないから・・と別の4コマ漫画から台詞を拝借

戦えアナウンサーとか佐々木さまに願いをとかの作者で、はみ痛でも連載してるみずしな先生のアレだろ


794 :それも名無しだ:2006/08/10(木) 23:56:34 ID:cKvFCFN1
>>788
マジかよ・・・倒れたのは知っていたが・・・

795 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 00:40:36 ID:UzrEYCMf
夏期講習受けながら第2世代の成績を妄想してみた。何やってんのお前?という突っ込みは無しだぜ!こっちだって手一杯なのよ!

ゼラド:勉強苦手!気を抜くと赤点取ってしまうのでテスト前焦るタイプ
レイナ:遊んでるように見えて結構要領よく勉強してる

クリハ:文系科目苦手だけど理系科目はかなり得意。得意不得意の差が激しい

ルナ:天才な連中には及ばないもかなり優等生。ただし地球語苦手!

ハザリア:クラスに一人はいる勉強しなくても平均点取れる奴

ゼフィア:全方位死角無しな文武両道男。理数系は天才なみ

シュウヤ:ウマレツキテンサイみたいな奴。彼が苦労する問題は別にある
アーク:おバカ。ただの馬鹿ではなく「おバカ」

796 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 00:54:54 ID:9Y9TibhR
片親が博士なヤツ多いから困るw


797 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 00:58:01 ID:EeweU1nJ
>>795
便乗してみるのも私だ。講習頑張れ!

アイミ:将来の夢に向けて努力しているので成績良好
トウキ:バイトが忙しくあまり勉強できないので成績やや悪し
ミナト:同上
ラッシュ:同上
ラキ:病弱で休みがちだがなんとか授業についていってる
レラ:同上
ヴィレアム:予知が働き大体のヤマが分かるので重宝がられている
キャクトラ:可もなく不可もなく。全体的にバランスよい
ルル:様々な妄想するためか歴史関連が強い。やはり地球語がネック
咲美:平均よりやや上。が、家庭科致命的に悪し
スレイチェル:ヴィルベル!

798 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 01:03:17 ID:6ibCxNmc
今の傾向からして夏休みの宿題ネタを考えねばならんようだな!

799 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 01:03:48 ID:UTgP1FV+
>>787
なんか俺の中ではラッシュは絶対勉強す暇無いだろうにしっかりとやってて中ぐらいの点数を取っているという電波がある

800 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 01:31:48 ID:cYn0Jl73
>>799
それはひいき

801 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 04:32:18 ID:YsmloTQi
>>795
アーク「でっひゃひゃひゃひゃ!まーた赤点ぎりぎりだぜぇ」
レラ「ば…か…」
アーク「レラだって平均以下ぐらいだろー、人のこと言えねーじゃん」
咲美「うるさい!」
アーク「ぐおっ!いてててて!!ギブギブ!!
ったく、点数悪かったからって俺にあたるなってーの!」
咲美「ふん!」
アーク「ぐぁぁぁぁ!!」
レラ「わ、とぅ、すり……勝者…さ…み」
アーク「ちょwwwカウント速すぎwww」




俺のイメージではアークは赤点ぎりぎりだけど、何故か一回も赤点をとったことがないって感じだな

802 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 06:13:06 ID:cnJGFpAw
819ならハザリアが完璧超人に

803 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 06:52:27 ID:TawW/z3O
ちょwww
早杉

804 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 08:35:51 ID:6hy4ufL8
ハザリア「今回こそ、今回こそおおおおおおお!!!」

ルル「(心の声;ったく、うっせーなこのバカ兄貴が。もう一回埋めるぞ。)」





何書いてるんだろう、俺。

805 :ハザリア:2006/08/11(金) 09:18:39 ID:7uhsJUR/
>>819
さすがハザリアだ!
俺達に出来ない>>819ゲットを平然とやってのける!!
そこに痺れる!憧れるぅ!!

806 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 09:29:02 ID:HjtlJ9PS
なら私は全てをかけて>>819を妨害しよう

807 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 10:16:44 ID:JTJ9TeQH
さあ819ラン争奪戦へ!

808 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 10:18:36 ID:6hy4ufL8
ハザリア誘導↓

809 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 10:25:03 ID:aTFOr6gX
実は俺、>>819を取らなきゃ死んじゃう病なんだ

810 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 10:25:25 ID:2XFFcAXR
名前だけで散っていったキャラ達「「「「「「>>819を取って目指せレギュラー!!」」」」」」


※ネタです。実際起きてもありえません。

811 :エイス:2006/08/11(金) 11:11:38 ID:+xgi48An
うぉぉぉっ!
いくぞ、>>819ラン!


812 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 11:15:38 ID:5FzdAGuY
819ランへ加速!

813 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 11:47:23 ID:6hy4ufL8
ハザリアはこっち→                    ↓





                                ↓








                        外れ
                    

814 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 11:56:58 ID:VgBzfxIJ




815 :ハザル:2006/08/11(金) 11:59:24 ID:5FzdAGuY
ばい
しまった!ガドルじゃなくてカドルだ

816 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 12:00:56 ID:6hy4ufL8
>>815
ハザル何で出てきたw

817 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 12:17:19 ID:5FzdAGuY
睨み合いは続く

818 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 12:23:30 ID:WU5vy/uc
アオラ「オレ、この争奪戦が終わったら告白するんだ。花束も買ってあったりして…」

↓さあどうぞ

819 :ハザリア:2006/08/11(金) 12:26:29 ID:ojASeuRV
sageでなんだが
ゆくぞ!!ガ ド ル ヴ ァ イ ク ラ ン

820 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 12:30:22 ID:JpqeZJm+
ハザリアおめ!今回は余裕だったな。


…つうかみんな夏の祭典の方に行っちまってるのか?w

821 :ハザリア:2006/08/11(金) 12:32:38 ID:WU5vy/uc
ついに ねんがんの 819らんを てにいれたぞ!

822 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 12:55:56 ID:UTgP1FV+
*ハザリアは いしのなかに いる*

823 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 13:00:41 ID:2XFFcAXR
>>820
とりあえず、はみんぐば〜どの4人はかくじつに行ってるだろうな

824 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 13:11:26 ID:YXj46hC+
今日って何かイベントでもやってるのか?

825 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 13:43:40 ID:EeweU1nJ
>>824
今日から3日間コのつくお祭が始まっているんですよ

826 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 14:04:45 ID:7uhsJUR/
ギリアム「コール・ゲシュペンスト祭だな」
ヴィレアム「コール・ゲシュペンスト祭だね」

827 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 14:19:16 ID:UTgP1FV+
アオラ「ヨッシャー!今日から3日間楽しんでやるー!」
ラッシュ「……あぁ、そうだな」
アオラ「なんだよ、テンション低いなぁ」
ラッシュ「いや、母さん達…電子レンジ使えるかなと思って」


ラキ&ラキア「………」
ラキア「冷たいね、このご飯」
ラキ「あぁ、冷たいな」
二人「……………」

何故かこんな風景が浮かぶ俺D厨

828 :ハザリア:2006/08/11(金) 15:11:11 ID:ojASeuRV
さっき念願のガドル819ランを決めたは良いがさっきから酷い雨風だ。落雷もフィーバーしておる

何故だ!?俺なんか悪い事したか!?
なんだこの空気嫁的な雰囲気は!?

829 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 15:43:22 ID:aTFOr6gX
そりゃ死亡フラグだろう

830 :それも名無しだ :2006/08/11(金) 16:05:37 ID:P+Pjjj8R
いやいや、構わんぞハザリアよくやった

工場スレなんか
天のゼオライマー完成させたい側と邪魔したい側で
何スレも荒れ続けたし。




831 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 16:21:45 ID:UzrEYCMf
ハザリア「フハハハ!スレを繰り返す事幾星霜!熱望と絶望と諦観を繰り返す事幾星霜!ついに!ついについについに手に入れたぞ!俺の〉〉819を!!」
イングレッタ「・・・・・・」
ハザリア「うお!?貴様はルナの天敵ツリ目女!?」
イングレッタ「・・・貴方は望みを手に入れた。でもそれは因果の理を外れた、宇宙に崩壊をもたらす行い」
ハザリア「な、なにを言っとるんだ貴様?ってなんだその魂が凍り付くような絶対零度の瞳は!?」
イングレッタ「残念だけど、今や貴方は世界の敵よ」
ハザリア「ちょなんだこれ殺気!?おい冗談は
イングレッタ「私が与えるものは静寂のみ・・・インフィニティ・シリンダー発動」
ハザリア「うわああああぁぁぁ!!」



ハザリア「はっ!?ゆ、夢か!?」
ラミア「よく寝れたか?ちなみにどういうわけか今は授業中なんだがな?」
ハザリア「いやあまりよくは眠れん・・・ま、待て落ち着け教師!これには訳がギニャーーー!」
マリ「バカ・・・」

832 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 18:04:57 ID:TawW/z3O
>>819ゲトの理由の一つ
ブライト艦長亡くなったのも響いているな

833 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 18:16:32 ID:v3awl7Ej
ttp://yaplog.jp/suparobo/img/411/img20060726.png

背後霊何してんだwwww

834 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 18:56:51 ID:ojASeuRV
>>832
それは流石に不謹慎じゃねーかと思う俺ガドル

835 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 19:05:22 ID:KRbMlMF6
>>831
不気味な泡なグレちゃんと糸で殺されるハザリアが頭に浮かんだ

タイムダイバー・カウントダウン
ガドルヴァイクラン浸食

836 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 19:16:55 ID:rr7Ho74U
ゼフィア「お前等!夏休みといえばなんだ!?」
イルス「遊ぶ〜♪」ハザリア「下らん!」
トウキ「一夏の経験が少年を大人に(ry」
ゼフィア「喝!喝!!かぁぁぁぁぁつ!!!!」
トウキ「うおっ暑苦しっ!」
ゼフィア「お前等は忘れているな…。宿題の存在を!」
イルス「何それ?美味しいの〜?」ハザリア「やめろよ!思い出させるなよ!」
トウキ「忘れたんじゃない!見て見ぬ振りを(ry」
ゼフィア「学生の本分は学業…それを忘れるとは、全くもって…」
イルス「奇妙奇天烈♪摩訶不思議〜♪」ハザリア「奇想天外…?いや、四捨五入か!」
トウキ「出前迅速!?分かった、落書無用だっ!?」
ゼフィア「言語道断だっ!!言語道断!!!…ではこれより、お前等合同で宿題を片付けろ!」
イルス「断るっ♪」ハザリア「というかイルスは学年違うぞ」トウキ「バイトを潰した分の金が出るなら…」

ゼラド「っていうか、なんで私の家に集まってるの?」

ゼラド「…そうなんですか、お兄ちゃんに留守を頼まれて…」
ゼフィア「うむ、仕事でしばらく帰れぬという事でな」
ゼラド「ならいいですケド。…でもお兄ちゃん、また私を子供扱いしてるのね!も〜」
ゼフィア「………」
ゼラド「あれ、どうかしました?」
スレイチェル「なに、気にするな。我が友がクォヴレー氏に頼まれた時、
   『1人は大人が居た方がいいからな』と言われたのを思い出しただけだろう」
ゼラド「あ、スレイチェル先輩も居たんですか。全然まったく気付かなかったですよ」
スレイチェル「………」

837 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 19:40:41 ID:YsmloTQi
ゼラド「大人な人か……」


咲美「で、私を呼んだってわけね」
ゼラド「ゴメンね、お母さん」
咲美「お母さん言わないで!
まあ、別にいいんだけど、変なオマケついてきてるわよ」
アーク「そんな事言わないでよ、咲美ちゃ〜ん。つれないな〜」(咲美に頬ずり)
咲美「とぅ!」
アーク「ぬふぅ!!」
ゼフィア「うむ、完璧なチョークスリーパーだな」
トウキ「ああ首に完璧に決まってる」
イルス「はははっ♪さすが、咲美ちゃん♪」
スレイチェル「うむ、実にヴィルベル」
アーク「ちょww見てないで助けろよwww」

838 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 19:51:04 ID:A+wvkDRo
ちょいと確認したいんだが、学年は


3年――ゼフィア、イルス、スレイチェル、レモン、アルフィミィ

1年――アオラ、ラッシュ、真龍、ルル、ルサイケ

2年――その他


でいいのか?

839 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 20:05:30 ID:5FzdAGuY
本当は↓これ張るつもりで待ってたんだが・・・携帯じゃキビシイな

保護者一同「永遠の艦長、戦士ブライト・ノア中将にガドル>>819ラン!」

840 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 21:02:04 ID:ait7C98Z
>>838
レモンとアルフィミィはよくわからんが、
他はそれであってると思う

841 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 21:07:52 ID:YsmloTQi
>>838
ルサイケ一年だっけ?ずっと二年だと思ってた

842 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 21:34:03 ID:RwboQIwP
>>837

レラ「…」
ゼラド「…で、なんでレラちゃんまで来てるの?」
アーク「そりゃ勿論、愛する俺と片時も離れたくなかったから俺の後を追ってきたんだよな!
くぅ〜、泣かせてくれr(コキャ」
咲美「アホな事言わないの!レラの両親も仕事だから私達と一緒にいるだけよ」
ゼラド「仕事って?」
レラ「父……も母さ…も…兵…って…」
その場全員「…マジですか?」


843 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 21:41:01 ID:mdavyugx
ふと思ったんだけど
マリもリトゥもゼラドと同い年
たしかゼオラは戦後すぐくらいにゼラドを妊娠、出産
マイ、ラトはどちらもゼオラより年下…

…リュウセイは外道だったんだね

844 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 21:59:50 ID:YsmloTQi
>>843
なーにリュウセイの親父さんも、同じぐらいの年に、マイ達と同じ年ぐらいのユキコさんを、はらましたんだから
血筋だよ血筋

845 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 22:08:38 ID:JpqeZJm+
>>833
デ…デッカードォォォォ!w

846 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 22:09:26 ID:ojASeuRV
すなわちダテ家クオリティ

847 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 22:13:26 ID:VgBzfxIJ
>>838
ルサイケは2年だったよ。

848 :それも名無しだ:2006/08/11(金) 23:11:30 ID:GEOLE2WH
妙なのを受信した。

アイミ「〜♪」
レイナ「機嫌よさそうじゃない。
    はは〜ん、さてはカル君と……」
アイミ「そ、そんなんじゃないよ!」
レイナ「ん?じゃあミナト君と?」
アイミ「だから違うって!
    実はお盆休みに、久しぶりに母さんが帰って来るかもしれないんだ」
クリハ「え!?アイミのお母さんって、
    『谷間の中の1つの真実』や『百合に至る病』のアイビス・ダグラス?」
アイミ「う、うん。まあ一応。そんなマイナーなの良く知ってるね……」
クリハ「未だに忘れないわ。『VS乳揺れ娘』の一説。
    『確かにいる。我々には不可能な視覚効果を使い、
     貧乳を際立たせる何かが。
     “VS乳揺れ娘”これこそがまず、我々の立つべき位置だろう』
    今の私があるのは、あの言葉のおかげだわ」
レイナ「……こんなところに原因があったとはね」
アイミ「母さん……」

849 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 00:26:38 ID:vznlYaef
>>833
リュウセイなら、それでもリュウセイならなんとか萌えてくれる。

850 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 00:47:46 ID:vNldpgmt
>>848
アイビスは霧間誠一か

851 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 00:55:19 ID:sJKz36Uz
>>833
携帯だから見れないorz

しかし反応から推測するにデッカードと勇太キュンの女装画像か?
勇太よ女であれと思った俺は勝ち組

852 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 01:04:03 ID:KI6hv/+A
>>849
しかしこのスレでのリュウセイはロリ2人に手を出したナイスガイw
さすがにロボにハァハァは卒業して、普通のロボオタくらいになっていると信じたい
そうじゃないと奥さんたちの立場がなさすぎるw

853 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 01:04:45 ID:kQgEVSv8
トウキ「今回のはみんぐば〜どの新刊「真夏のチュ〜ペット」凄くないか?」
ミナキ「ああ、ストレートなエロスはないが、こう・・・本能に語りかけてくるような」
トウキ「アオラ&ルル作のは男女の夢に溢れ青臭さが感じられる爽やかな話だったけど
    ラッシュ&真龍作のはキスシーンだけとはいえねっとりと絡みつくような話だったな」

一足早いけど思いついたので投下

854 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 01:57:56 ID:sJKz36Uz
トウキ『こんなんも見付けたが……』
つ【遊んでおにーさん♪】

ミナト『なんだよ、男同士かよ』
トウキ『作者作者』
ミナト『ん…………?』

【遊んでおにーさん♪………ルリア=カイツ】






オチはないし反省もしない

855 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 02:02:24 ID:gCKoekUT
〉〉850
某不気味な泡はニュンベルグのマイスタージンガー吹くんだっけ?
グレ「♪〜♪〜♪〜」(口笛
ゼラド「うわぁ、グレちゃん口笛吹けるんだ!」
グレ「やってみたらできたの。世界の敵を倒す者は口笛を吹くらしいわ」
クォヴレー「(初耳だな・・・だが何か違和感のある曲だな)」
グレ「♪〜♪〜」
ディストラ「・・・」
イングラム「ちょグレちゃんそれ違う!それハカイダーが吹いてる口笛の曲だから!!」
クォヴレー「・・・というか誰に教わったんだ?」
グレ「ギリアムから」
イングラム「やっぱりあいつか!!今度こそ潰す!!」
ディストラ「・・・ウガー!!」
ゼラド「ど、どうしたの!?」
イングラム「ちょお前良心回路付いてるのかキャー!!」

856 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 02:25:06 ID:dtzFiBV2
何教えてるの特撮マニアw


グレ「この間貸してくれたDVD返しに来たわ」
ギリアム「君は窓から入ってくるのが好きだな」
グレ「表から入ると息子が騒ぐでしょう。それはそうと、キカイダー面白かったわよ」
ギリアム「そうか、気に入ってもらえてよかった。他にも見たいのがあったら持って行ってくれ」
グレ「じゃあこれ借りていくわ」



グレ「チッチッチッ、地球では一番かもしれないわ…でも平行世界では二番目よ…」

イングラム「何かな、ここ最近グレちゃんが俺の教えてないこと知ってるんだよな…特に特撮ネタ」
久保「イングレッタだって自分で学習くらいするだろう」
イングラム「う〜ん、どうかな〜」

ディストラ「たぶん、ギリアムさんが教えてるって言ったら怒り狂うんでしょうねえ(ヒソヒソ)」
久保「怒り狂うんだろうな(ヒソヒソ)」

857 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 02:36:20 ID:kQgEVSv8
イングレッタ「アストラナガン?胸の部分をバイクの車輪にできないかしら。」
アストラ「お嬢なぜにバイクルなんですか」

858 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 07:28:25 ID:DaD9XCbe
亀になったが、ハザリア819ランゲットオメデd
貴様に手渡すのもなんか気恥ずかしかったからお前の家にプレゼントを届けておいたぞ
































「100/1ディバリウム」だが

859 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 07:42:11 ID:cf3fmQbE
100倍サイズのディバリウムって、全長350mもあるわけだが…

860 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 09:16:38 ID:afPhzTXX
元は3.5m?
偉いこんまいな、ディバリウム
アームスレイヴやエステバリス以下じゃね?

861 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 09:45:19 ID:0XOqZp6x
3.55`だな
もとは35.5m

862 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 12:36:25 ID:KKGaUhXD
バルマーの食材
著 快傑 味膳我

ディバリウムはティバリウムの幼生態で生後一年、体長20p未満の物をさす。
その後、ディハリウム→ティハリウム→ティバリームを経て成体のティバリウムとなる、
一種の出世魚である(もっとも、魚よりは甲殻類に近い)

その味は大変美味で、伊勢海老とワタリガニの中間の味と例えられる。
フライ、刺身、鍋等との相性は抜群で王宮御用達の高級食材である。

同種は小さい時期が一番美味とされる為、幼いディバリウムが乱獲され絶滅が危惧されている。
そのため、近年政府による保護が行われ、庶民には更に手の届き難い食材となってしまった。

ゼラド「美味しそ…」ジュルリ
ルナ「こんな出鱈目な本を信じるな!」

863 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 13:05:20 ID:wgT/P3/7
いや、メギロートを食べる奴らだ、ディバリウムも食えるかもしれん

864 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 16:56:55 ID:BDutG/dR
ルル「今回も素敵な新刊をゲットできましたわ〜♪」(両手に中身大量の紙袋)

865 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 19:32:14 ID:esLNXiSH
幼生なのか成体なのか気になるが
ディバリウムのオスはヴァイクランと呼ばれるわけだな

866 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 21:53:43 ID:kQgEVSv8
マリ「おいハザリア、この企画はなんだ。まんまお笑い芸人みたいじゃないか。」
ハザ「甘い、甘いぞマリ。エイス叔父は言っていた笑いを引き出すのは一番難しい事だと。
   まぁ難しい事なのだから今の貴様にはできんだろうな。」
マリ「何、えい。今に見ていろお前の認識180度変えてやる。」


体育館にて
ゼラド「マリが新しい芝居やるみたいだけどなんだろう。」
リトゥ「部屋でいつものように閉じこもってやってたみたいだけど」
アイミ「なんに今回はヴィレアム君達もでていないところ見ると一人芝居なのかな?」
クリハ「うーん、でもなんでレイナはハザリア君の隣の審査員席にいるんだろう。」

ブー(ブザーと共にサーと幕があがる)
そこには男子用制服を着たマリが
マリ「・・・クラス内観察シリーズ男子編
   まずはゼラドを見つめていたがしだいに揺れる胸に視線が行き、
   胸のゆれに動きを合わせるヴィレアム」
じーっ、コクッコクッ(胸の揺れに合わせて頷いている)
ゼラド「ヴィレアム君・・・・」
ヴィレ「ちょ、違うんだゼラドこれは」
ゼラド「馬鹿、えっちぃ!!」



867 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 22:01:38 ID:kQgEVSv8
マリ「続きましてー、ルナを見つめていたがしだいに揺れる胸に視線が行き、
   胸のゆれに動きを合わせるキャクトラ」
じーっ、コクッコクッ(胸の揺れに合わせ(以下略
ルナ「キャクトラ・・・お主」
客虎「いや、ルナ様これは違うくて・・・」
ルナ「後でティクヴァー式躾術で性根を叩き直してやろう。」

マリ「最後はクリハを見つめていたがしだいに揺れる胸に視線が行き、
   胸のゆれに動きを合わせるトウ・・・」
ガシャッ、ドサ(言い終わらないうちにマリがいた所の床が開いて落下した音)

ハザリア「レイナ、何故そんな中途半端なとこでボタンを押す。」
レイナ「結果が見えるからよ!またクリハを暴れさせたいの!」
クリハ「レイナ、ちょっと表に出ろ」

868 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 22:04:24 ID:kQgEVSv8
昨日寝る前に思いついた、好評ならもう一つ投下しようと思うのも私だ。

869 :それも名無しだ :2006/08/12(土) 22:12:08 ID:4NCzTJRy
>「後でティクヴァー式躾術で・・・

これは良かった・・・のかキャクトラ?

870 :それも名無しだ:2006/08/12(土) 22:16:56 ID:J/GbWla0
久々に来て、>>826で盛大に吹いたwどんな祭りやねんwww
あ、でも、ヴィレアムの解説もパパンによる解説もいらんからね。

871 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:13:59 ID:zP3GDO3V
久保「・・・アタックチャ・・・」ガシャッ、ドサ

・・・この企画、いつも高画質で録画してます、はい。

872 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:29:39 ID:X3pHJiHm
>>865
バルマーの食材
著 快傑 味膳我

密接な共生関係にある為、勘違いされがちだがヴァイクランとティバリウムは別種の生物である。
ヴァイクランは非常に狂暴な肉食動物であり、甲殻類に近いティバリウムと違い
鮫の様な魚類に近い。
その肉はアンモニア臭がキツく食用には向かないが、
頭のヒレには良質なコラーゲンが多量に含まれ、ヴァイのヒレと呼ばれる。
一度天日に干し、スープで戻した物はゼラチン質の舌触りで非常に美味であるが、
狂暴なヴァイクラン一匹から一枚しか取れないため非常に高価である。
また、雌の卵巣をティバリウムの肝とともに塩漬けした物をガドル・ヴァイク卵と呼ぶ。
その濃厚な味わいは帝国三大美味の一つとされ、特に白米との相性が良い。
ガドル・ヴァイク卵とヴァイのヒレ、ディバリウムの刺身
この三つを上に乗せた丼をアルス・マグナ・フル飯と呼ぶ。
これは、かの霊帝ルアフですら年に数回しか食することが出来なかった超高級料理である。
筆者も過去に一度食したが、その美味たるや筆舌に尽くし難い。

ゼラド「…食べていい?」カジカジ
ハザリア「許可取る前にかじるなぁ!」

873 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:35:56 ID:IJooFRoC
キャクトラ「友よ・・・」
ヴィレアム「わかっている、今日こそは奴を殺る!」
キャクトラ「そうか、ならば!このマスクを・・・」
ヴィレアム「こっ、こいつは!」
キャクトラ「そうだ友よ、これは我らの汚点、嫉妬のマスクだ!」
ヴィレアム「バカッ!」
バキィ!
キャクトラ「ぐふぅ!なっなにをする!」
ヴィレアム「そんなざけたマスクよりこれをつけるぞ!」
キャクトラ「こいつは!まさか!!」
ヴィレアム「そうだ、これを被ればそれも私だ!」
キャクトラ「なるほど・・・俺も被ろう、全部私だ!」
ヴィレアム「呪いのゴッツォマスクを私だ仮面からもらったのも私だ」
キャクトラ「それをもらって被るのも私だ」

レイナ「やれやれ、またバカやってる・・・。なんであんなバカ好きになったんだろ
あたしも物好きよね〜、まぁ見ててやるか、暴走しだしたらまた止めたらいいし」

もちろん続くわけない

874 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:40:02 ID:8gmgW2IC
ハザリア「ええいなんだってこの様な課題なぞで俺の有意義な時間を浪費せねばならんのだ!こんな物は夏休み最後の三日で片付ければ良いのだ!」
ルナ「どうせろくでもない事しかしないであろうが!明日できる事は今日やれ」
ハザリア「チッ、優等生ぶりおって。貴様は世話焼きの幼馴染みか」
キャクトラ「まあ間違ってはないですね・・・」
ルナ「ただの腐れ縁だ」
ハザリア「くだらん問題ばかり解かせおって・・・どうせならもっと骨のあるのを出せと言うのだブツブツ」
ルナ「不真面目なくせにやるときはスラスラできるというのもそれはそれで腹立たしいの・・・」
ルル「お兄様は使い方が致命的に間違ってはいますが頭脳自体は明晰なのですわ」
ハザリア「フハハ、そう褒めるな妹よ」
キャクトラ「(ヴィレアムはバランガさんによく勉強を教えていたが、少し羨しい・・・)」
ラン「こんにちわぁwあらら、皆でお勉強しとるん?学生さんやなぁw」
ルナ「はい、なるべく早めに片付けようと」
ハザリア「ふふん、まあ自由業無職に縁の無い事だがな!」
ラン「が、学歴が全てやないもん・・・」
ルナ「ね、姉様、部屋の隅で縮こまらないでください!」
キャクトラ「(実は気にしてるのですか?)」
ハザリア「ほ、本気で凹むなよ!」
ルル「珍しく相手をやり込めたと思ったら逆に自分が慌て始めるのもお兄様ですわ」
ラン「ルナちゃん坊が苛める〜・・・」
ルナ「ええと・・・ほ、ほら姉様はずっと軍に居ましたから、仕方ないというか何というか・・・」
ラン「グスン」
ルル「お兄様、悪ですわ」
キャクトラ「ええ、悪ですね」
ハカイダ「だ、黙れ!黙れよ!!」(汗

875 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:46:06 ID:gVtnAj/U
>ハカイダ「だ、黙れ!黙れよ!!」(汗
ちょwwww

グレ「………」
ハザリア「見るな!見るなよツリ目娘!何で複雑そうな表情で俺の方を見てるんだよ!!」

876 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:47:07 ID:8gmgW2IC
>>874
ちょwwwハザリアがハカイダーに誤字ってる!
何かの陰謀か!?!(注:ただの誤字です

877 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:52:53 ID:IJooFRoC
>>876
間違いないユーゼスの仕業だ!!

878 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 00:58:50 ID:pCGmVt2r
いかん、赤青2色の冥土服に身を包んだディストラさんがそっちへ行ったぞ!

879 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 01:13:37 ID:17UuKqrL
まぁなんだで「それも私だ遺伝子」うけついでいるからなぁ。
ただ装着する機会がないだけで。

880 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 01:31:44 ID:njJXU1KN
ゴッツォの遺伝子ってどうしてもヘタレの血としか(ry

881 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 11:41:53 ID:kU8RsTNl
時に、次からテンプレに各キャラの苗字も入れることを提案してみる。
名前はともかく、たまに苗字を間違えている人がいるのでテンプレ入りしてるキャラだけでもフルネーム表記したほうがいいんじゃないだろうか?

気にしすぎかな?

882 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 12:21:55 ID:yX+2n3ep
苗字に関しては別に問題ないだろう
ちょっと極端かもしれんが、ここらでもう出していいキャラを明確に決めてテンプレに入れたらどうか
人物辞典は中の人が書き込み式を参考にしてくれといっていたが、既に規制対象いるし、増やそうとすれば出来るから

883 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 17:18:32 ID:5qpnXAM7
別にテンプレ増やす必要ないんじゃないかな
今だってテンプレに載ってるけど出番あんまりないキャラもいるし
使いたい人が使うってことじゃないかな
まあこれ以上は議論板だな

884 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 19:22:15 ID:lLR0TFCL
>>874
>世話焼きの幼馴染み
某並行世界では充分にフラグが建ってr(無限光

885 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 21:10:23 ID:6f/6q0Wl
ハザリアが吉野声でエロくなって、ルルが微妙にブラコンになって、ルナに姉がいればフラグがたつよ

886 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 21:35:21 ID:lgEYNWXI
ラミアせんせー!元ネタがわかりませーん!

887 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 23:48:00 ID:264oCYy/
>>885
それなんてとなグラ?

ルナが神田朱美声になるんですね?
ではアルマナを母ではなく中原麻衣声の姉にしましょう。


しかしルナではB通り越してHGじゃないか(無限光

888 :それも名無しだ:2006/08/13(日) 23:56:14 ID:6f/6q0Wl
>>887
大丈夫さ、Bのくせに作中ではBとは思えないほどデカくなったりするからな!

889 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 00:57:02 ID:Ln0XZ6rM
>>887
となりのグラマラスと変換した俺は
クリハに殺されても構わない。

890 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 06:37:54 ID:0PPwfpob
ゼフィアといえば大抵ゼンガーのコピーみたいな感じに書かれているが、
見た目はともかく中身や才能は母親似、という設定の方が好きな俺異端児。


ゼフィア「く…父さんの斬鑑刀を使いこなせれば、俺がイルスに勝つ確率もあるはずなのに…!」
イルス「あはは〜♪太刀筋からして斬鑑刀を全く使いこなせてないのに所持してる様な見たまんまヒョロいただのバカなド素人とはね♪」

891 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 07:24:40 ID:LM3SFvlg
>>890
小説版ガンダムWの五飛みたく、実際戦うと強いんだけど本人は静かにインテリとして生きたい
理系人間のゼフィア(メガネ装備)とか。

892 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 08:27:52 ID:M+FJV2+I
あれ?ゼフィアって母ゆずりの頭脳&技能なかったっけ?
そんなネタが昔あった気が……

893 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 09:52:43 ID:Jl+QI3/Q
ゼフィアも何気に完璧超人に近いからな
イルスという絶対的な天敵が存在しているが

894 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 11:02:56 ID:0PPwfpob
剣の腕に関しては、才能はまったくないけどひたすら努力努力努力で
そこそこには強くなったって設定もあったと思うんだ。
だから、完璧超人って表現はなんか似合わない気がするんだよな〜。
葛藤やコンプレックス、母親への後ろめたさを気合で押し隠して
「ゼンガー=ゾンボルトの息子」であり続けようとしてるって俺の勝手なイメージ。

895 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 11:42:05 ID:5+fr6KjN
才能の中には努力する才能ってのもあるしね

896 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 11:48:16 ID:PwsA3umx
>>890
ちょwwwww斬wwwwwwwwww

897 :それも名無しだ:2006/08/14(月) 12:11:34 ID:eFYUNDXf
>>896
もしやと思ったがやっぱりかw

898 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 01:59:08 ID:rceKfqu3
>>836から今バランガ家にはゼフィアがいるんだよな。

ゼラド「今お父さん達お兄ちゃんも連れて旅行に出てるのよね。」
スレイチェル「で、我らが呼ばれたわけだが・・・」
野菜「きしゃーぐるるるるるる」
ゼフィア「くっ、貴様野菜ならばおとなしく料理されろ。うおおおおおお。」
咲美「料理一つでここまで苦労するのはさすがバランガ家ね。」
ルル「はみんぐば〜どチームもいるから量もハンパじゃないですわ」
真龍「というかあのゼフィア先輩ですらてこずるほどの野菜って」
アオラ「人見知りする野菜だからな。面識ない人に調理されようとしてるから気が立ってるんだよ。」
ラッシュ「人見知りする野菜って、おい。」

899 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 09:16:45 ID:A5uZJ6P0
ラッシュ「というかあんなの誰が世話してるんだ」
アオラ「あぁ、ガンスレさん達にやってもらってる」
ラッシュ「へぇ……(無肥料無農薬だから安心!虫も裸足で逃げ出す極寒で鍛えられた野菜達!南極ミーレス牧場で発売中!)…!?」
真龍「どうかしたのラッシュ?」
ラッシュ「いや、なんでもない。多分、いやきっと」

900 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 12:36:35 ID:QcH1ciCo
そこで野菜を題材にした同人誌ですよ。

901 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 13:45:20 ID:O1emdXvv
某匿名掲示板に「暇だから野菜にレイプされてみた」スレg(無限光

902 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 14:11:31 ID:zFnYSD0N
>>899
あれか、D萌えスレでミーレス達が作ってる野菜はこんなところまで流通してたのか
トレーサビリティ抜群だなオイ

903 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 18:40:51 ID:4oTl0azz
今年もはみんぐばーどの新刊逃しちゃったよ〜
11時の時点で完売だぜ?

今回は野菜本ってすげぇ気になる内容だったのに……

904 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 20:52:17 ID:oc9KHdyE
>>903
何の変哲も無いキャベツの生態というどうでも良い事について異常なまでに詳しくなれる
とても電波に満ち満ちた同人誌だったよ>>野菜本

905 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 21:36:09 ID:QcH1ciCo
高2で受験生なはずなのにこのスレに入り浸ってる俺はもうダメなんだろうなw

トウキ「で・・・これなんだが」
ミナト「新刊・・・だよな」
ヴィレアム「18禁って書いてあるな」
トウキ「野菜・・・だな」
ミナト「キャベツ・・・なのか?」
ヴィレアム「ラ○ム獣じゃないのか?触手あるし」
トウキ「・・・ということは噂の触手プレイ!?」
ミナト「相手はもろちん触手嫌いなバランガ家の巨乳メイドかっ!?」
ヴィレアム「開けっ!早く開くのだっ!」
トウキ「了解!」

トウキ「・・・・・・」
ミナト「・・・・・・」
ヴィレアム「・・・・・・」
キャクトラ「・・・・・・」
トウキ「うおっ!?」
ミナト「いつのまに!?」
キャクトラ「いえ、戦友がなにやら興奮しているようなのでつい」
ヴィレアム「戦友よ・・・」
キャクトラ「CDを持ってきたぞ。できればライブで聴きたかったが、しかし良い曲だ」
ヴィレアム「そうか・・・」
トウキ「どこに18禁の要素があるんだ?」
ミナト「だが、このちびっこメイドは・・・」
トウ・ミナ・ヴィ「「「かわいいなぁ」」」
ヴィレアム「ガンスレB・・・いつも会ってるんだが」
トウキ「このはよ〜ん♪ってなんだ?」
ミナト「いいじゃないか、そんな古いネタ引きずり出さなくても」

どうでもいいが、マイ☆ボス マイ☆ヒーローで「アニキンダー」なる曲が出たとき
歌手は水木の兄貴だと信じてやまなかったのは私だ

906 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 21:52:56 ID:nn5pm8w0
えっ?違うのか?

907 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 22:45:16 ID:QcH1ciCo
ゼラド「おにいちゃ〜ん、おにいちゃ、あ」
久保「くぅ・・・くぅ・・・」
ゼラド「寝てるんだ・・・」
久保「くぅ・・・くぅ・・・」
ゼラド「だ、誰も見てないよね・・・添い寝しちゃおうかな・・・では、失礼して・・・」
野菜「・・・・・・・・」
ゼラド「むっ」
野菜「きゅるるる・・・」
ゼラド「や、野菜は人数にはカウントしないもんね・・・しゃべらないし」
野菜「ダレガシャベラナイツテ」
ゼラド「えっ!?」
野菜「・・・・・・」
ゼラド「き、気のせいだよね・・・」
久保「すぅ・・・すぅ・・・」
ゼラド「ああ、でもお兄たんの背中、大きいなあ」
久保「むぅ〜ん」
ゼラド「(びくっ!?)」
久保「むぅ・・・こくーのかなたへ・・・きえされぇ・・・」
ゼラド「ねごと?」
???『お、俺がなにをしたぁ〜!?』
???『知りませんよ勝手に起動したんです』
ゼラド「気のせい・・・だよね?」
久保「くぅ・・・」
ゼラド「あぁ!?お兄たんのシャツが捲れて乳首が見えてる!」
久保「くぅ・・・」
ゼラド「(あれ・・・でも妙に安心するのはなんでだろう?)」
イングラム『ふむ、それはだな』
ゼラド「きゃっ!?いつの間に」
イングラム『俺は背後霊だぞ?いつでもこいつの傍にいるのだ』
ゼラド「はぁ・・・」
イングラム『お前がまだ乳飲み子だった頃だ、泣き出してどうしようもなくな、
こいつに人肌で温めてやれといったんだ。そうしたら、お前はコイツの乳を吸いだしてな、爆笑ものだった』
ゼラド「なっ・・・!?そんなことしたんですか!?」
イングラム『憶えているのも私だ』
ゼラド「なんで憶えてないの私!」
イングラム『今からでもやればいいではないか』
ゼラド「えっ!?」
イングラム『俺は消えてやるから、既成事実さえ作ってしまえばこいつの所有権はおまえに移るぞ」
ゼラド「で、では遠慮なく・・・ん・・・」
久保「・・・なにをしている?」
ゼラド「きゃっ!起きてたの!?」
久保「嫌な予感がな・・・」
イングラム『こいつはどうしていつもこう・・・』

908 :それも名無しだ:2006/08/15(火) 23:52:05 ID:J7D6F4yz
>>905を見て南部家のぺガスがアインストの力を借りて擬人k(無限光
あれ、ペガスって雄?雌?


909 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 00:25:44 ID:IoizrPBg
>>905
気にしない。
俺なんか受験の直前まで普通に見てたぜ!

910 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 04:39:10 ID:8bzHet8W
>>906
ヤサイが喋るからそのまま怪奇ネタになるかと思ったらフラグクラッシュかよw

911 :910:2006/08/16(水) 04:41:21 ID:8bzHet8W
>>906×
>>907
アンカーミスった

912 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 06:47:15 ID:u8fbeh0m
確かバランガ家の野菜ってARMS持ちじゃなかったっけ?
ってことはその野菜を毎日食べてるバランガ家の人々は全員ARMSを
持ってるって事に・・・・ならないか・・・・

913 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 08:09:31 ID:ejzwC1Hu
>>912
ARMSは付かなくともあり得ない回復力くらいは持つんじゃね?

914 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 08:43:16 ID:zpiDsIk2
たとえナノマシンが体内にあるからといって回復力スゲーにはならないだろ
あれは中枢となるARMSコアがないとどうしようもない
むしろ摂取しても余分な物として体外に排出されると思う


ここまで書いていつか野菜達が電波を送ってバランガ家を操ると言う話を受信したのは秘密

915 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 09:04:30 ID:wwQ9M7AL
やさいやさいやさい〜 やさい〜を〜たべ〜ると〜
あたまあたまあたま〜 あたま〜が〜よく〜なる〜

916 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 10:03:57 ID:I38Bs9VL
力が欲しいか?
力が欲しいなら、





いっぱい喰え!

917 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 10:32:33 ID:J40j0Td1
>>913
被害者もとい被移植者はアクセル(魔獣)、リュウセイ(騎士)、ルアフ(女王)だっけ

918 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 11:34:01 ID:5Z3VgCoG
白兎は?

919 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 11:40:53 ID:55x0+XYf
>>918
版権キャラもありならテンカワ・アキト。

920 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 12:50:35 ID:IdNBDQri
>>916
不覚にも吹いた

921 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 18:44:40 ID:WXOjiQAu
全員声優つながりじゃないですか。

922 :それも名無しだ:2006/08/16(水) 21:35:56 ID:UHwv3WyD
野菜「ツチトカ、クッテミヨカナ」
ガンスレB「い、いきなりどうしたの?」
野菜「ディストラオネータンハソノスガタデヨウチエンジダイノゼラドチャソタチヲムカエニイッテ
タイソウオドロカレタソーナ。ワタシニハソーイウいんぱくとがナイナートオモッテ」
ガンスレA「い、インパクトありありです!てかそれなんてハリス総領事?」
野菜「コマカイコトハキニシナーイ。トニカク、ツギノ>>1乙ノ絵ニハワタシヲツカッテホシーノダ」
ガンスレB「なんて言ってるけど・・・どうしよう?」
アオラ「ど、どうしようっていわれても・・・」
野菜「カイテクレナイト、ユメノナカデオーアバーレシチャウゾー」
イングラム『ついでに俺も参加しよう』
久保「俺は・・・いかないぞ」
ディストラ「じゃあ私は行きますね、おもしろそうだし」

923 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 00:37:18 ID:PNASGbzw
そういや第2世代は眼鏡っ娘がいないな。


スレイチェル「起きろ友よ!今が登校するとき!」
ゼフィア(眼鏡)「すまないな、眼鏡を探すのに時間を取られた」
スレイチェル「・・・キミが眼鏡をしているのを見るのは久しぶりだな。近視が進んだのか?」
ゼフィア「席が後ろの方になってしまい、板書が見辛くてな。・・・やはり変か?」
スレイチェル「そんなことはない。似合っているぞ、友よ」
ゼフィア「むぅ・・・」

皆の反応
ゼラド「ゼフィア先輩おはようございます♪あ!先輩眼鏡だ!インテリっぽいですよw」
クリハ「おお〜・・・確かにインテリっぽい」
アイミ「(縁無し眼鏡なのは先輩なりのお洒落なのかなぁ)」
レイナ「インテリっぽくて素敵ですよ〜?セ・ン・パ・イw」
ゼフィア「む・・・」

トウキ「ゼフィア先輩眼鏡してると印象変わるなぁ」
ヴィレアム「なんだか学者のようだ・・・白衣でも着せたくなる」
ミナト「いつも厳しい目付きしてるけど、アレって目が悪い事も手伝ってたのか?」
スレイチェル「わが友は昔から軽い近視なのだが、目を細める癖が付いてしまったのだ」
トウキ「先輩詳しいな・・・」


ルナ「ゼフィア先輩、今日はなんとなく知的な雰囲気じゃのう・・・」
ルル「素敵ですわw」
ハザリア「はっ!眼鏡をかけてれば誰でもインテリゲンチャか!ド単純な奴等はこれだから・・・(ゼフィアを見る)・・・うおおっ!?インテリっぽい!!」
キャクトラ「風紀委員の模範例として写真に納めたい程ですね」


ゼフィア「(ううむ・・・皆の俺を見る目がどうもいつもと違う・・・スレイチェルはああ言ってくれたが、やはりおかしいのだろうか?)」

924 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 00:41:56 ID:bCIixByt
眼鏡っ「娘」じゃNEEEEEEEEE!?

925 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 01:12:31 ID:fxQ05t2n
うむ、眼鏡っ「漢」だな

926 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 01:16:30 ID:PRRwBXxA
「おっとこーなら」「裸眼!」
「おっとこーなら」「裸眼!」

927 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 01:20:17 ID:AJWN6KxT
眼鏡属性ならいるじゃないか

スレイチェル「ヴィルベル」

イグニッションだがな。
あと俺のイメージじゃ咲美はかけてると思う。

928 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 08:57:54 ID:Y+jgeqZZ
自分の中ではレラとイングレッタが眼鏡っ娘なんだが・・・

929 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 09:05:33 ID:4sXg10az
クリハはメガネを妖しく光らせながら汁を作っている……そんな風に考えていた時期が俺にもありました……

930 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 10:40:18 ID:5fDdvdWK
もういっそのこと全員眼鏡でいいんじゃないか

931 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 12:07:57 ID:fwNJsItp
マリ「いけぇ!ガウンジェノサイダァー!!」
リトゥ「人の眼鏡で遊ばないで!!」


リトゥは母親も眼鏡だし父親(のロボット)も眼鏡だし、素質はあるかと

932 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 14:09:41 ID:lOgMRRPw
お前らがメガネ好きなのはよくわかった。


そういえばなんか近頃老眼気味なクォヴレーという電波を受信したをだが…。



今日は早く寝ます。

933 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 23:32:09 ID:eu3nR7Vd
阪大のOC行ったついでに日本橋行ってゼオラ本を買ったわけだが、
脳内でゼラドになるのはなぜだろう

934 :それも名無しだ:2006/08/17(木) 23:45:50 ID:x3BzuzQN
またそんなエッチな本を買って…

935 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 00:08:28 ID:Z8DXsYer
ディストラさんがエッチなのはいけないって言ってたぞ




エロ担当のくせに

936 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 00:13:35 ID:FfhmN5aO
>>935
ディストラ姉さんがエロ担当だと!?
貴様、今すぐその発言を撤回しろ!




ディストラ姉さんは全卑猥ネタ担当だww

937 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 00:19:58 ID:YFxSOiuC
あまりにもヒデェ言われように吹いた




でも当たってるから反論出来ない

938 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 00:32:55 ID:PkT6n4LM
>>933
ゼオラ本がゼラド本に見えたOTL

939 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 02:05:32 ID:+FGoBXzh
ゼオラがゼラドにみえてくるのは初期症状
そのうち第2世代がオフィシャルな存在だと錯覚し始める・・・
子供スレ恐怖の中毒性!完全に犯されてる俺が言うんだから間違いなし

940 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 02:08:17 ID:PkT6n4LM
>>939
気にスンナ
俺も既に中毒に犯されてるから
議論板行ったんだが、おいおい第2世代のロボを考えるってロボゲ板でかよ
と思ってしまったくらいだ

941 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 02:12:48 ID:+FGoBXzh
>>939
犯→侵
卑しい誤字してるな自分あれグレちゃんなんで俺に銃口を(HEAD SHOT

942 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 07:43:56 ID:3qemg8kk
うん、高校生で同人買ったことにつっこんでほしかったなw

そういえばバレンタイン記念ディス姉チョコってどうなったんだ?

943 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 09:24:33 ID:IIbvSDOA
>>942
・・・まぁ、18ならおkじゃない?

それよりも同人ってディス姉の?

944 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 15:27:06 ID:HX3IsTZ5
この流れなら言える。

ねんがんの はみんぐばーどのしんかんと
ぷにぱんせんせいのしんかんを
てにいれたぞ!!

945 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 16:18:52 ID:PmkQ3gkM
>>944
ぜんだんはっしゃしてうばいとる

946 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 17:00:05 ID:BOivx5mp
クリハ「夏は怪談やでぇ〜」
レイナ「な、何よいきなり」
クリハ「とっておきの話しを仕入れましてなぁ…そういやレイナさんは怖い話し苦手でしたなぁ」
レイナ「はは…何をおっしゃるうさぎさん、私に苦手な話しなんぞ…」
クリハ「では参りますぞ…市内の遊園地にお化け屋敷あったよね」
レイナ「確か今年の夏に閉鎖されたんだよね」
クリハ「おかしいと思わない?稼ぎ時に閉鎖なんて…実はね、出たのよ…本物」
レイナ「ば、ばかんこつ…」

それは蒸し暑い夏の夕方、その日は折からの雷雨で客も入らず
閉園時間を迎えようとしていた時、二人の小柄な女の子がお化け屋敷に入っていったの
アルバイトのお化け役も暇だった分、いつもより怖がらせてやろうと思って待ってたんだけど
入口から全然進んで来ないんだって。
『怖くて来れないのかなぁ』と思ってたら、女の子の話し声が聞こえて来てね、耳を澄ませると
『次の角に血だらけの男、右に髪の長い女』ってお化けの位置を正確に言い当てるんだって
これを聞いたアルバイトは最初ギョッとしたんだけど、
すぐに『前に来た事あるのか』って思って、皆の隠れる場所変えたんだって

947 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 17:01:36 ID:BOivx5mp
新しい場所に隠れて暫く女の子達を待ってたら、頭を何かがコツン、コツンて叩いたの
同僚の悪戯と思って上を見たらね…青白い炎を放つ人魂が浮いてて…
驚いて立ち上がると、いつの間にか女の子が隣に立っててね
『隠れても無駄よ…全部見えてるから』
恐怖で腰の抜けた所にもう一人の女の子がね
『本当の恐怖を教えてあげる』
そう言うとその子の体から無数の亡者達が出て来てアルバイトを襲ったの
余りの恐怖で意識を失って、気がついたら元いた場所に座ってたんだって。
その後で監視カメラの絵を見ても何も写って無のよ。

レイナ「そ、それ単なる夢なんじゃない」
クリハ「それがね…その時いた従業員全員が同じ夢を見たんだって
 それで、怖くなって全員辞めて閉鎖されたの」
レイナ「は、はは…中々面白い話しだったじょ…」
クリハ「強がってますなぁ、レイナ君?…ほら、キミノウシロニタッテルヨ」
レイナ「あは、あはは…」
ポンッ
レイナ「ギャヒーッ!悪霊退散!!」
レラ「本…返す…」
ルサイケ「ありがと…」
クリハ「ギャヒーッ!だってw」
レイナ「ウッサイ!貧乳!!」

レラ「噂…なってる…終焉…銀河…やり過ぎ…」
ルサイケ「演技指導…演技指導…」

948 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 17:27:43 ID:cUJEfD7m
>>947
最初に女の子が出てきた時から怪しいと思ってたらやっぱりかw

949 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 18:37:27 ID:3qemg8kk
>>943
まだ16歳なんだ、すまない

てかディス姉の同人があったら欲しいよw誰かこのスレを同人にして出してくれよw

950 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 18:39:01 ID:zWzMwaFD
ゼラド「じゃあ次、私ね」
レイナ「ちょ、ちょっとなんで続いてんのよ」

10年くらい前の話なんだけどね、ある家で姉弟が二人きりで留守番していたの。
その日はとても蒸し暑い日で台風が近づいていて、二人の両親はそれのせいでこの日帰れなかったんだって。
そしてその日の夜、雷を伴う暴風雨がやってきて、ガッシャーンっていう大きな雷の音と一緒に家の電気が
一気に落ちて停電になったの。姉は怖がって一緒に寝ていた弟をなんとかなだめてブレーカーをあげに下に
降りていったら、ヒヤリと肌を撫でるような気持ちの悪い冷気が感じられたんだって。
もちろん停電してるからクーラーからの冷気じゃないわ。姉は気味が悪いと思いながらもブレーカーのところまで
としたんだけど、その時にポン・・・と優しく肩を叩かれたの。姉は一瞬ビクッとしたけどもしかして
弟が怖がらせようとからかっているんじゃないかと思って、スゥッと顔を後に向けるとそこにはね・・・・・

懐 中 電 灯 で 照 ら さ れ た 真 顔 の お 兄 ち ゃ ん が い た の

レイナ「ギャー」
クリハ「で、あなたはどうしたの?」
ゼラド「あはは、さすがに私もびっくりして悲鳴あげちゃった。てへ。
    ちなみに、妙な冷気ってのはあまりに暑かったからお兄ちゃんがお姉ちゃんに
    ディスレブクーラーだすようにしたものだったんだって。」

※この時の久保のイメージはサルファでの真正面から見た妙にシリアスな立ち絵をイメージしてみてください。
 




951 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 18:53:38 ID:W6NlsFf0
実に百物語。

952 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 19:16:45 ID:PkT6n4LM
ゼフィア「では次は俺が一つ話をしてやろう」
レイナ「ゼフィア先輩まで・・・(;´д`)」

これは10年ほど前の話だ
とある家に仲の良い家族が5人暮らしていた
一人は頭脳明晰で努力家な少年、一人は元気のあふれる少女
そして少年の両親と少女の母親だ
ある夏休みの晩深夜丑三つ時に少年はトイレに行きたくなりふと目を覚ました、するとどこからともなく呻き声が聞こえてきた・・・
気になって音の正体を暴こうと部屋を出て、音の方へ歩いていくと、そこは少年の両親の寝室だった
両親の寝室に前にきた時その呻き声がはっきり言葉として聞こえるようになっていた・・・
その言葉は「助けて・・・私を繋ぐこの鎖を断ち切って・・・誰か・・・助けて・・・」と・・・
少年は恐ろしくなりトイレに駆け込み用を足した後すぐに部屋に戻り布団をかぶり震えながら朝を迎えたそうだ・・・
もちろんその翌朝両親に呻き声の事を話すと父親からは「渇!!そんな声など己の心で断ち切れ!」
母親からはその日の昼食時に「今度その話をしたら・・・ふふふ・・・」と言われ、母の表情から言いようのない恐怖を感じたそうだ
そしてその日の晩もあの呻き声が気になり眠れずにいた少年は、今度は獣の声を聞いた・・・
その獣の声はまるでいやとても言葉では言い表せない辞めておこう・・・
まぁそんなこんなで、この状態が1週間続いたある日、少年は決意したかのように二つの怪奇現象を突き止めることに成功した

まず一つ目・・・
両親の寝室から聞こえる呻き声・・・恐怖を感じつつそぉっと扉を開け中を覗いたすると・・・
母の腹から何か黒い恐ろしい物が頭と腕を出して「出してくれぇ出してくれぇ」と訴えていた
しかし少年はあろうことかその黒い何かの目と合ってしまった
黒い何かは「だせぇ!私をここから出せぇ!!!」とわめき始めたのだ・・・両親は何事も無く眠っていたのだが
その時母の腕が動き出した!!
母の腕は自分の腹を割きその黒い何かを取り出し黒い何かを食べていたいのだ・・・
少年はそのまま白目を向いて気絶していたところを翌朝両親に発見された・・・
少年は両親に昨夜の事を話しても信じてもらえないだろうと思い、何も話さずに自分の内にしまいこんだ・・・

二つ目
その日の夜今度は3匹の獣の声が聞こえる現場へと少年は歩き出した
その部屋はなんと少女とその母親の寝室だった・・・
恐ろしいことにその獣は寝室に入っていたのではなくあまりに巨大なため外から覗き込んでいたのだ
やはりまた少年は目を合わせてしまった・・・
今度は気絶こそしなかったものの、絶叫をあげ失禁しその場に座りこんでしまったのだ
その絶叫を聞いた少年の両親が目を覚まし少年のもとへ行った時・・・少年は3匹の獣に遊ばれていたと言う・・・

???A「その呻き声とはこれの事か?」
???B「助けて・・・誰か・・・助けてぇ・・・」
???C「3匹の獣の声ってこれかな☆」
???D「シギャァァァ!!グオォォォン!!ギュリョリョ!!」
ゼフィア・レイナ「ギャアァァァ!!」
???A「なんだ?この程度のことで気絶したのか?情けない」
???B「お嬢、あまり人を驚かせるものではない」
???A「諸悪の根源が何を言う」
???B「・・・」
???C「あらら、兄貴ってば気絶してるよ・・・。仕方ないね、あの時あの子達に散々遊ばれたもんね☆」

あの三匹の声のうまい表現が思い浮かばなかった、それについては反省している

953 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 19:24:59 ID:zWzMwaFD
ゼラドの話を書いた者だがあの話を書いている最中削除した文字の一部が残る
という事が起きたのだがこれってディスレブってる?


954 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 20:37:27 ID:gchI6FZv
祟りじゃ!百物語の祟りじゃ!(AAry

955 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 21:06:21 ID:PkT6n4LM
>>954
本当に寄ってくるよ

一番連中が活発になる2時〜5時の間に怪談の類を投下したりするのは止めておいた方がいい


956 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 21:31:42 ID:IIbvSDOA
ディストラ「みなさ〜ん!どんどん怖い話しちゃってくださ〜い!
寄ってきた方々は私が全b(スパーン!)って何するんですかご主人様!」
クォヴレー「やかましい。お前が良くても他の人達が迷惑するってことを考えろ。」


957 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 21:47:18 ID:BOivx5mp
ルサイケ「寄ってく…言われても…」
レラ「もう…手遅れ…」
レイナ「へ、部屋の隅凝視してお、お、おかしな冗談言わないでよ」
???『そんな風に俺を除け者にしないでくれよぉ』
レイナ「キィーヤァー!!わかめみたいなんが浮き出て!お助けェ!!」
背後霊『夏は良い、夏は良いぞ…やはり化けて出るなら夏だ…』

958 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 22:22:02 ID:dypIfaT5
>>955
お前はオカ板の住人かw

959 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 22:37:11 ID:+FGoBXzh
背後霊「夏こそわが季節!ご機嫌だぜ」
ディストラ「はいはーい、悪い霊はどんどんディス・レヴっちゃいますよー」(胸部開放
背後霊「別に悪事を働いてる訳でもないグワァーーー・・・」
クォヴレー「アストラナガン、散らかし放題な霊どもを片付けろ。さっきからポルターガイストを起きてアラドたちが迷惑している」
ガンスレA「首360°回転とかしないかーい?」
ガンスレB「ゴーストバスターズッ」
ガンスレC「・・・AMEN」
ガンスレD「さあ夜はこれからだお楽しみはこれからだ♪」
ガンスレE「ざざーすざざーすなーさたなだざざーす!」
ガンスレF「ボクはガンスレFだバカヤロウw」
ゼラド「お化けが溢れてるせいかみんなハイになっちゃってる・・・」


960 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 22:49:22 ID:WJ688Koo
何故だ、何故

               l^丶
               |  '゙''"'''゙ y-?, あ ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう    
               ミ ´ ∀ `  ,:'     
             (丶    (丶 ミ   いあ    いあ
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';  ';´∀`';, ,
              `:;       ,:'  c  c.ミ' c  c.ミ  
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J   u''゙"J


            /^l
     ,?-y'"'~"゙´  |   それ  るるいえ うがふなぐる ふたぐん
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)    いあ    いあ
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ    ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u   ι''"゙''u

のAAがオカルトな流れにも関わらず貼られない!

961 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 23:03:12 ID:bxuHJhq1
トトロw?

962 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 23:03:37 ID:zWzMwaFD
イングレッタ「まったく、お化けごときで騒ぐなんてね」
アオラ「とかいってイングレッタさん、気を紛らすかのようにほっぺた
    ぷにらないでください。」

963 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 23:13:21 ID:BOivx5mp
>>960
モサモサして和むから。

964 :それも名無しだ:2006/08/18(金) 23:17:38 ID:IIbvSDOA
>>962
ルナ「・・・怖いのか?」
イングレッタ「・・・何がよ。」
ルナ「お化け。」
イングレッタ「どうしてそんなものを怖がらなくちゃならないの。仕事してるとそれよりも・・・」
ルナ「そうか。>>959からあぶれたお化けどもがお前の後ろに・・・。」
イングレッタ「イ、イヤアァァァァァァァァァ!!!」

こうですかわ(ry

965 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 00:09:28 ID:4vaDU6wa
ゼラド「・・・そしたらね、真っ暗な廊下の隅になんだか白い物が落ちてたの・・・何だろうって思って、近付いて覗き込んだらね・・・それは真っ白な女の人の腕だったの・・・そう、肘の辺りから何かに引きちぎられたような・・・」
ルナ「・・・・」
イングレッタ「・・・・」
ゼラド「私が悲鳴をあげそうになったら・・・いきなりその腕が蛇みたいにのたうって、私の首に飛び掛かって来たの・・・凄い力で首を絞められて・・・」
ルナ「それは・・そう、非科学的じゃな・・・釣り目女、そうくっつくでない・・・」
イングレッタ「・・・そっちこそ近寄らないで。ま、まさか怖いのかしら?」
ルナ「そちらこそ顔が青ざめておるではないか・・・」
イングレッタ「論理的じゃない話を聞くのが辛いだけよ・・・」
ゼラド「二人とも、喧嘩するのは良いけど振り返っちゃ駄目だよ・・?」
ルナ「な、なに?」
ゼラド「・・・『居る』から」
グレ&ルナ「「!!!!(ヒシッ)」」



イングラム『おや?グレちゃんとルナが抱き合ってるぞ?』
クォヴレー「やっと仲良くなる気になったのか。良い事だ」


966 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 00:11:42 ID:tiYY46hg
アラド「でもオウカ姉さんが出てきてくれるならウェルカムだけどな。」
ゼオラ「おナスに足付けなきゃね。」
野菜「シャァァァァ」
アラド「・・・・もし、もし本当に来てくれたらラトも呼ぼうな。」
ゼオラ「・・・・うん。」

967 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 00:20:09 ID:d1MPa1vY
(´;ω;)

ただディスレヴの中から密かに見守っていて、
ついでにビンボーズを束ねているのではないかと思うのもわt(U.U.N)

968 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 01:18:22 ID:JOYw2Hxb
>>966-967
このスレでは生きてる時代もあったのさ
というわけでオウカ姉さん生存分岐をとっさに投下してみるぜ

オウカ「勝手に殺すんじゃありません!」
ゼオラ「ね、姉さん!?」
アラド「どこから出てきたんだ…」
オウカ「まったく、外宇宙にちょっと出かけてたら地球時間で15年ばかり経過してしまっただけなのに愛する弟妹に勝手に殺されてしまうなんて、私ったらなんて不幸なのかしら」
アラド「いやぁ、元気そうでなによりで」
ゼオラ「でも、15年間も音信不通なんて、いったい何があったの?」
オウカ「ちょっとブラックホールの近くで色々とあったのよ。それで、気が付いたらウラシマ効果で結構な時間が経過しちゃったのよね」
ゼラド「えーっと、オウカ伯母さんだっけ?」
オウカ「ああん、ゼラドちゃん覚えててくれたのねお姉さん嬉しいわ(むぎゅー)」
ゼラド「く、苦しい」
オウカ「んー、このほっぺ(ぷにぷに)はアラドゆずりで、銀髪と目元はゼオラゆずりね。それにしてもまあ、ずいぶんと大きくなっちゃって…こっち(目線↓)も大きくなったのね、確かにゼオラの子供だわ」
アオラ「あのー父さん母さん、この人誰?」
アラド「お前には話してなかったか。俺と母さんの姉代わりになって面倒を見てくれた人だよ」
オウカ「ゼオラ、これは?」
ゼオラ「えーっと、その、二人目のアオラです」
オウカ「あらあらまあまあ初めまして、やだもう、小さい頃のアラドそっくりじゃない(むぎゅー)」
アオラ「く、苦しい(けどちょっと気持ちいいかも)」
オウカ「(すりすり)前言撤回。このほっぺはアラド以上だわ。んー(すりすり)」
アラド「姉さん、その、もう少し年齢を考えt」(マグナムビーク
オウカ「お黙り!ウラシマ効果とマシンセルの作用で肉体年齢はまだ2○才よ!」
ゼオラ・ゼラド「ええ〜!?」
オウカ「さて、と。ラトの所にも行かなきゃね。そうだ、アオラくん、案内してくれるかな」
アオラ「え、あ、はい」
オウカ「んふふふ〜、それじゃちょっとこの子借りるわよ〜」
ゼオラ「疾風のように現れて嵐のように去っていったわね。姉さん、元気そうで良かったわ」
ゼラド「お父さんを軽々とKOするなんてすごーい」
アラド「うぐぐぐ、む、むしろあの頃以上のキレだったぜ(がくり)」

抱きつき魔になってしまったのはご愛敬

969 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 01:29:36 ID:L1BBLPe/
ああ……。
登場人物の中で唯一、久保のフリフリレース趣味を共有できる人だったが、
あれからスレ内時間で十数年の時が経ってるのか。

970 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 02:07:07 ID:BYVu8fCE
>>968の影で………





久保「今回はディス・レヴ内にオウカさんの霊がいたからラドグリフ夫人の時より楽だったな」
ディストラ「はい♪」
ユーゼス「また徹夜でぶっ倒れそうなのも私だ」
マサキ(冥)「霊使いの荒い奴め………」
背後霊「まぁ、いいじゃないか。久保の目的もあったし、何より俺達にも利益がある」
シュウ「どういう事です?」
久保「…………あいつらには世話になっているからな………日頃の恩返しだ」
シヴァー(………お前もかなり世話してると思うが………)
背後霊「そして我等の利益はディス・レヴ内の改装の規制緩和だ」
マサキ(冥)「ほう………」
久保「ただし………あまり無茶な事したら即刻インフィニティ・シリンダーのフルドライブを許可してある」
シヴァー「何だと!?」
ディストラ「当然です!」
背後霊「それでも快適になるのは変わり無い。気付かれ無ければいいのだからな………」
久保「アストラナガン」
ディストラ「了解です♪」
背後霊「ちょ早っ…………って既にシリンダー回ってr(ry」




ユの字(………私は何故未だにCPSのノウハウを掴めていないのだ?二回目なのに………orz)

971 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 02:11:18 ID:x0g4gyIT
そう言えば、久保の作った服の話はあまり聞かないな。
確か最後はゼラド達に浴衣縫ってたっけ?
つ〜か。一体オウカ姉さんは何しに外宇宙なんぞにいったんだ?
あの人確かディスレブに放り込まれてたんじゃ・・・

972 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 02:39:34 ID:i35+FlLB
嘘も方便ってことじゃないか?

973 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 02:52:59 ID:KSv6sfx4
BASARAやってたらこんな電波来た


ゼフィア「ヂヂ!ヴエ!!ザバァァァァァ!!!」
ゼンガー「ゼフィアァァァァァァ!!!」
ゼフィア「ヂヂ!!ヴエ!!!ザバァァァァァ!!!!」
ゼンガー「ゼフィアァァァァァァァァ!!!!」
アーク「おいおい、熱すぎだぜ、旦那達。ここだけ温暖化進みまくってるぞ、環境に悪いってーの」
ゼフィア「ヂヂ!!!ヴエ!!!!ザバァァァァァ!!!!!」
ゼンガー「ゼフィアァァァァァァァァァァァァ!!!!!」
アーク「いや、聞こうよ、人の話」

974 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 03:12:13 ID:y9GuCGnT
ヒント:全てのレスは平行世界

975 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 09:48:14 ID:oIr4ZPdb
ハザリア「大変だぁっ!」ガラッ
ヴィレアム「二階の窓から入ってくるな。どこの幼馴染みだ、お前は」
ハザリア「黙れ、黙れよ! キャクトラがぁっ・・・!」

バルマー寮
キャクトラ「〜〜〜〜」
ルナ「今朝からずっとこの調子で、熱も下がらず・・・」
ルル「それもこれも、兄上がやれ脚本書くから取材に行けだの、
 舞台の小道具を調達して来いだの、無茶なことばかりいうから・・・!」
ハザリア「黙れ、黙れよ! 貴様とて修羅場がどうとかいって
 キャクトラめに消しゴムかけだのべた塗りだの妙なことをやらせおって・・・!」
ヴィレアム「過労だな。間違いなく過労だな」
ルナ「ああ、やはり私たちが迷惑ばかりかけるから・・・」
ハザリア「よし、待っておれキャクトラ、この俺が今すぐウナギとニンニクと砂糖醤油を
 甘辛い感じに味噌であえたなにかしらをこしらえてやるからな!」
ルナ「妙なものを作らないでください! そんなことよりキャクトラ、
 すぐにヴィレアム様をひん剥いて同じ布団に入れて差し上げますから、気をしっかり持って・・・!」
ヴィレアム「落ち着けお前たち。ルル、俺の服をひん剥こうとするのはやめてくれ。
 ・・・そうだな、疲労回復によく効くメギロートを獲りに行くから、お前たちちょっと手伝いに来てくれ」
ハザリア「離せ、離せよ! キャクトラのやつは俺が介護してやらねば・・・!」
ルル「そうですわ! ヴィレアム様はこの隙にキャクトラにあらぬことをしなくては・・・!」
ルナ「待て、薬を採りに行くなら、わたしも一緒に・・・」
ヴィレアム「いや、いいんだ。ルナはキャクトラを看病してやってくれ」

976 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 10:33:41 ID:oIr4ZPdb
ルナ「看病か。しかし、看病とはどうやったらいいのだ?
 たしか、わたしが小さいころに熱を出したときにはサルデスが・・・」
イングレッタ「さ、食欲が無くても喉に流し込みなさい」
キャクトラ「〜〜〜〜〜」
ルナ「なぜいる」
イングレッタ「あら、ご挨拶ね。平行世界でソーメンを貰いすぎたから、お裾分けに来てあげたっていうのに」ズルズル
ルナ「そして結局ソーメンは自分で食べるのか!」
イングレッタ「食べるわよ。薄口でね」
ルナ「まぁよい! お前がいるからにはアストラナガンも来ているのだろう?
 アストラナガン! アストラナガン! おらぬか!」
イングレッタ「勝手にひとの三角頭を頼りにしないで欲しいわね。
 貴女は、日ごろ手間をかけさせている青髪に、満足な看病もしてあげられないの?」
ルナ「ぬぅっ!?」
イングレッタ「わかったらソーメンをゆでなさい。なおかつ冷やしなさい。
 付け合わせはタマゴとキュウリの細切りでね」
ルナ「バカにしおって! 見ておれ、ソーメンくらい・・・!」

キャクトラ「姫・・・様、違・・・、その・・・ソーメ・・・イング・・・殿の・・・好み・・・」
イングレッタ「フフ、別の平行世界でいただいたハムをあるから、切って頂戴」

977 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 11:12:28 ID:+VaE9pmW
>>970

 |ディスレヴ内でのより良い環境構築に成功したのも私だ
 │
 └────────────y────┬────────────
                   ∧_∧     .| 環境ゆえに夏場でも寒気がするからな
                  (  ´Д`)    .| しかしコタツがあれば何時でも快適だ
                 /     \     \
              _  | |  ユ  | |_      ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       ∧∧
            ./\.\            \   /⌒(゚Д゚ )
      ∧_∧/.   \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | |     (~冫
     ,(・∀・ )⌒    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.- | |  冥 /.| |
   ⊂二丶シ   ノ ノ  /.              .\\\  /.| | .|
      ⊂二二二 ノ\/                 \(_)⌒Y⌒〜
   ____∧______________________
 /
 | フフフフ、この快適さはグランゾンの力をもってしても容易には得られませんね
 \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

978 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 11:45:30 ID:KA9oBt6o
ハザリア「ガトル・ヴァイク(8/19)ラン!!!」



979 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 11:55:53 ID:42cgYUtO
なんだなんだ今回のスレは
ハザリア819ラン祭りじゃないか

980 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 12:52:13 ID:Dw5XGh9J
ミナト「(・∀・)ニヤニヤ」
レイナ「どうしたの?」
ミナト「ナンバーズ3が当たった」
レイナ「今回の数字は…819!?」
ミナト「10万円ゲットだぜw」
レイナ「うかれてるのもいまのうちよねぇ」

981 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 14:57:34 ID:V63iPCPT
ドルンドルンッボボボボ、ブルルンッ!(SEby若本規夫)

ハザリア「ふははは! いい音であろう!? これこそエイス叔父からもらったバイク! その名も819ラン!
なぜかこの日しか動かんが、俺は免許を持っておらんので音を響かせるだけで十分だ!
     何、うるさいだと!? お前が黙ればよかろう! 黙れ!黙れよ!!」


ルナ「放っておけ。今日、奴には可哀相な目を向けてやるしかないのだよ」

982 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 16:07:18 ID:JOYw2Hxb
ところで>>980よ、お主には次スレを立てる任務があるのではないかな?

983 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 18:23:12 ID:Dw5XGh9J
ハザリア誕生日おめでとう

えっ?違うの?


>>982
おっとそうだった
久しぶりにスレ立てするから待っててね
21時ぐらいには立てるから

984 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 19:07:21 ID:Dw5XGh9J
立てられなかった
DoCoMoもPikaraも使えねぇ…orz

985 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 19:08:12 ID:h7vOwKA8
改変後テンプレ

ここは、スパロボオリジナルキャラの子供達の成長を暖かく見守るスレです。
子供の設定(年齢性別や立ち絵)及び他キャラの両親の設定、搭乗メカの設定等、
各職人さんにお任せします。

<<まとめサイト>>
ttp://banpresto-srw.com/
ttp://www.geocities.jp/soremowatashida/
<<人物辞典>>
ttp://www.geocities.jp/zeradlove2005/index.html
ttp://zeradlove2005.hp.infoseek.co.jp/index.html
<<お絵かき掲示板>>
ttp://bbs4.oebit.jp/zeradlove2005/bbsnote.cgi
ttp://banpresto-srw.com/bbsnote/bbsnote.cgi
<<前スレ>>
ゼオラとアラドの子供マダァー? 十二代目
http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-12.htm
<<過去ログ>>
十一代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-11.htm
十代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-10.htm
九代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-09.htm
八代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-08.htm
七代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-07.htm
六代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-06.htm
五代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-05.htm
四代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-04.htm
三代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-03.htm
二代目 http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-02.htm
初代  http://banpresto-srw.com/kako/kodomo-01.htm

986 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 20:56:54 ID:dvof+862
ハザリア誕生日おめでとう


ゼラドが初代スレが立った日を誕生日として、
他はどーなの?


個人的にラッシュはスパロボD発売日かなとか想うたり

987 :それも名無しだ:2006/08/19(土) 23:26:12 ID:OccIwa5C
>>968
……ダテ家の現状を知れば、血の雨が降るんじゃ?

988 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 01:18:21 ID:tUVt4SXA
>>987
どうだろう、形式はどうあれ幸せなんだから大目に見てくれそうな気もするんだ
子供もちゃんと作ってるし


ところで誰かスレ立ててくれないか
俺はホスト規制でダメだった

989 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 03:42:39 ID:wagaFHIw
オイラもホスト規制であかんかったorz
誰か頼みます

990 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 07:51:00 ID:UvJW3q0n
この十二代目に引き続き、十三代目を立てるのも私だ。
というわけでミッションコンプリート。
 
次スレ ゼオラとアラドの子供マダァー? 十三代目
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1156027588/l50

991 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:35:33 ID:4RRlZwde
うめ

992 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:36:13 ID:4RRlZwde
産め

993 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:37:32 ID:4RRlZwde
埋め

994 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:38:46 ID:4RRlZwde
うめ

995 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:39:32 ID:qlflv6rQ
ハザリアさんがいただく

996 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:39:55 ID:4RRlZwde
宇目

997 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:40:25 ID:qlflv6rQ
ハザリア「真のバイクRUN!!」

998 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:41:08 ID:4RRlZwde
生め

999 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:42:01 ID:4RRlZwde
1000ならレラは俺の義理の妹

1000 :それも名無しだ:2006/08/20(日) 10:44:41 ID:4RRlZwde
1000ならレラは俺の義理の妹

1001 :1001:Over 1000 Thread
┏──────────────────────┓
│            [インターミッション]             │
│──────────────────────│
│  ユニット能力   ユニットの改造   武器改造  │
│ パイロット能力  パイロットのりかえ  妖精のりかえ │
│  強化パーツ   ユニット換装      オプション   │
│   セーブ       ロード       ポケットステーション │
│〔次のスレッドへ〕                           │
│                                │
│次のスレへ進みます。                        │
│──────────────────────│
│  総ターン数_1000       資金___1000    │
│第1話『このスレッド』までクリア.                │
┗──────────────────────┛


444 KB
'、t,,々ヽ==、、~'' 、ヽ| iOj//リ:::::,、 '""  :::| :::       t R| iOj//リ:::::,、 '""  :::| :::       t


 !!  744/796" target="_blank">>>796
>>796>>796>>796>>796 /test/read.cgi/gamerobo/1152117461/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)