5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 9

1 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 02:30:38 ID:TMlLXrMI
前スレ

スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1101045768/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 2
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1101904365/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 3
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1117295191/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 4
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1122103442/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 5
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1130599267/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 6
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1137294017/l50
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 7
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1146932454/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 8
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1155951898/
まとめサイト(第4スレ719氏)
ttp://koutetujeeg.hp.infoseek.co.jp/SUPAROBO.html

カツ・コバヤシvsユーゼス・ゴッツオ(α)とか、
ギム・ギンガナムvsドモン・カッシュ(α外伝)とか、
ゼンガー・ゾンボルトvsシャア・アズナブル(2次α)
など、ゲーム中では見られなかった、
キャラクター同士の会話イベントを妄想するネタスレです。
ロボット作品以外でも構いません。

2 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 02:44:38 ID:pWH9idzu
2

3 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 06:30:17 ID:wAHnMeAH
>>1乙って事よふははははは

4 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 08:25:19 ID:ylQraPjb
>>1乙 前スレが残ってる間はネタはそっちに書いたほうがいい?

5 :それも名無しだ :2006/11/25(土) 10:52:09 ID:NSUr2Re+
>>1乙 だが、踏み込みが足りん!

6 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 17:30:01 ID:4Zwoi+c4
このスレでは定番なかんじのVSカルラ 男塾とのコラボで

カルラ「ケーケッケッ!男塾一号生筆頭の剣桃太郎まで一緒か!だが二人の桃太郎が力を合わせたところで、
    今のオレ様にはもはや敵ではないわ!」
剣桃太郎「何て禍々しい闘気だ・・・これが月の血の力か!」
金太郎「今までのカルラじゃねえ・・・ちくしょう、身体が震えてきちまう!」
浦島「こんな奴が暴れまわったら、本当に世界が終わってしまいます!」
夜叉姫「天の国のダイダお兄様・・・私たちに力を貸して!」
カルラ「ケーケッケッ!オレ様は世界の王カルラだーーーーっ!」

???「待てぇぇぇぇぇぇいっっ!」

カルラ「!?」
金太郎「こ・・・このバカでけえ声はまさか・・・」
剣桃太郎「間違いねえ・・・あの人の声だ!」

零戦で塾長登場。その後ろに桃太郎城。

塾長「わしが男塾塾長江田島平八である!!!!!!!!」

カルラ「な・・・貴様、大地が崩壊した時に男塾と共に海に沈んだのではなかったのか!?」
塾長「くくく・・・この江田島平八を甘く見るでないわ!そんなもので死ぬほどやわな鍛え方はしとらん!」
浦島「せ、説明になってない・・・」
夜叉姫「でも、なんとなく分かるような・・・」
剣桃太郎「ふっ・・・あの人らしいぜ」
カルラ「ケッ!貴様一人が来たところでもはやどうにもならんわ!」
塾長「一人?ふふふ・・・貴様、この声が聞こえんか?」

フレー!フレー!!男塾!!!フレー!フレー!!男塾!!!

カルラ「な・・・なんだ、この声は!?」
剣桃太郎「城の中から聞こえてくる・・・間違いねえ・・・男塾のみんなの声だ!」

伊達「桃!そんな鳥を相手に何を手間取っている!」
富樫「男塾一号生筆頭の意地を見せたらんかいー!」
虎丸「わしら人間様の魂をぶつけるんじゃー!」

剣桃太郎「みんな・・・無事だったのか・・・」
カルラ「ぐっ・・・ちくしょう、人間共が目障りな!」
塾長「ふふふ・・・男塾生が人間だけと思うたか?あれを見よ!男塾の新入生ども!初陣じゃ!」
???「はい、塾長!」
浦島「え!?」
夜叉姫「そんな・・・この声って・・・!」

7 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 17:30:36 ID:4Zwoi+c4
桃太郎城から増援。ダイダ王子、酒呑童子、その他カルラに殺された鬼たち(全員男塾の制服)。

夜叉姫「おにい・・・さま・・・」
金太郎「う・・・嘘だろ?みんな、生きてたのか?」
浦島「そんなことが・・・」
カルラ「あ・・・あ・・・バカな・・・!?なぜだ!なぜ貴様らが生きている!?」
ダイダ王子「確かに俺は貴様に殺されたはずだった・・・だが、王大人という男の力によって蘇ったのだ!」
酒呑童子「中国四千年の秘術とはよく言ったものだ。まさかこれほどの効果とはな」
ダイダ王子「そして来るべき決戦に備えて塾長の下で男を磨きなおしていたのだ。ふっ・・・男塾か。どいつも
       こいつも凄まじい武人ばかりよ」
酒呑童子「その中で揉まれた我らの力、もはや以前とは比べ物にならぬぞ!カルラよ、今こそ貴様を
      滅ぼしてくれる!」
ダイダ王子「桃太郎!今こそ俺たちもお前と共に戦おうぞ!夜叉、お前も出遅れるなよ!」
夜叉姫「・・・はい!」
酒呑童子「金太郎!お前も武人ならば、最後まで退くでないぞ!」
金太郎「へへ・・・あんた、オラをやっと武人って呼んでくれたな!」
塾長「行くぞ皆の者!男塾魂をあの化物鳥に叩き込んでくれるわーーー!」
浦島「はい!」
剣桃太郎「はいじゃねえ、浦島!押忍だ!」
浦島「お・・・押忍っ!」
カルラ「グ・・・グギャギャギャギャ!どいつもこいつもふざけおって!もう一度あの世に送り返してくれるわ!」

8 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 17:31:25 ID:4Zwoi+c4
戦闘終了

剣桃太郎「行くぞ桃太郎!俺たち二人で奴を倒す!うおおおおおおお!」
合体攻撃=虎風寺超秘奥義・真氣虎魂と鹿角の術を同時に放つ。

雷電「おお、あれが噂に聞く鹿角の術か!どんな分厚い防御も無視して会心の一撃を与えるという奥義!」
富樫「そして桃の真氣虎魂!あれではカルラも一たまりもねえ!」
カルラ「グギャギャギャギャ!ばかな・・・オレの・・・野望が・・・!」

金太郎「やった・・・やったど!ついにカルラを倒したんだ!」
虎丸「やれやれ、もうちょっと歯ごたえのある奴ならばわしの力を見せてやることも出来たのに、のお」
桃「ふっ、調子のいい奴だ」
浦島「ははは・・・」

???「くくく、中々面白い見世物だったぞ」

剣桃太郎「!?なんだ、この声は!」
塾長「ぬう、何という邪気!カルラどころの話ではない!」
伊達「それも一つや二つじゃねえ・・・一体、何人くらいいやがるんだ!」

???「貴様らは知らぬようだが、この世には全部で百八の地獄があるのだ・・・そしてバサラ王が治める地獄など、
     その百八地獄の中では格下の部類に入る!」
???「お前たちが苦戦したカルラ如き、我らが地獄の王ならば指一本で倒せるわ!」
???「人間と手を組んだ愚かな鬼たちよ。百八地獄を統括する大地獄神様はお怒りだ。じきにこの世界への侵攻を
    命令されるだろう。精々束の間の平和を謳歌するがいい。はーはっはっはっは・・・」

剣桃太郎「・・・百八地獄に大地獄神か・・・面白い。黙ってやられる俺たちじゃないぜ!」
金太郎「おうよ、男塾の桃太郎さん!オラだってまだまだやってやるど!」
伊達「ふん、丁度いい。二人の桃太郎にいいとこを持ってかれて消化不良だったからな」
浦島「やっと漁師の暮らしに戻れると思ったのですが・・・まだまだわたしの戦いは終わりそうにありませんね」
ダイダ王子「せっかく拾った命だ。大いに燃やし尽くすとしよう!」
酒呑童子「軍神と呼ばれた我が力、百八地獄の鬼共に見せ付けてくれよう!」
夜叉姫「私だって戦うわ!桃太郎さんが教えてくれた愛と勇気・・・そして、剣桃太郎さんが教えてくれた男塾魂を胸に!」
富樫「全く。どいつもこいつも・・・あんなとんでもねえ敵が出てきたってのに・・・へっ!こりゃあびびってられねえな!」
虎丸「おうよ!わしとて男塾の一員!百八地獄のうち、十や二十は潰さんことには格好がつかんのう!」

剣桃太郎「俺たちの闘いは・・・まだまだこれからだぜ!」

新桃太郎伝説〜死闘!百八地獄篇に続く(嘘)

9 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 18:33:56 ID:ZpPgfAOS
スゲーぜ王大人w

10 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 18:42:37 ID:5VWPoTOZ
中国四千年吹いたwwwwwwwwwwwww

11 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 19:29:36 ID:S/T6kYiK
>>ダイダ王子「確かに俺は貴様に殺されたはずだった・・・だが、王大人という男の力によって蘇ったのだ!」

 そんな馬鹿なw

12 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 20:20:06 ID:psm8fYb8
幻惑のセルバンテス(戸田泰成版ジャイアントロボ)VS?

(完成前のGR-2、GR-3が破壊される)
セルバンテス「ぬおおおーーっ!なんということだ〜っ!」
大作「おじさん!」
セルバンテス「大作君、すぐにでもお父さんと会わせたい所だが
       ちょっとだけ時間をもらえるかな?
       何せこんな事ができるのは…
       奴らの中でもほんの一握りのはずだからな〜っ!」
(霧が晴れ人影が現れる)
?「ハハハ、さすがに切れるねえ十傑衆『幻惑のセルバンテス』」
セルバンテス「ほう…聞き覚えのある声だ…!」
草間博士「ぐっ!」
大作「あっ!」
?「あんたらの十年の結晶『GR計画も今はおじゃん、草間のおっさんもこの通りさ」
大作「父さん!父さん!」
セルバンテス「待つんだ大作君!奴に近づくな!
       奴はガンドックプリンセス…『イリア・ルゥ・レグニツァ』!」
イリア「ハハハ、このおっさんは戴いた、そして…
    次はあんたの番だよ大作ボウヤ!」
(イリアの後ろに8人の人影が現れる)

13 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 20:20:40 ID:psm8fYb8
大作「ううっ…!」
シグ「まず一番手は影となり!」
ジーン・フェルナス「姿はあれど音は無し!」
イリア「静かなれども振り向かば!」
フィン・ブースロイド「十重に二十重に舞い上がる!」
トラン・セプター「薔薇の花びら!」
上月司「浮世の湖面に移り散る!」
柊蓮司「望みとあらば目に物見せよう!」
スケアクロウ「我ら命の大あばれ!」
春日恭二「九人の悪魔が天を貫く!」
セルバンテス「お、お前達はっ!」
イリア「覚悟しな、セルバンテスのダンナ…
    十傑衆とはいえ、あんた一人であたしら全員を相手にできるか?
    勢ぞろいしたあたし達…『矢野俊作・九大天王』を!」



本当は全員改変するつもりだったがジーンとかができなかった。
マガミとかと入替えたほうがよかったかな


14 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 22:22:00 ID:Cix6tBbW
このスレTRPG者多すぎw

15 :それも名無しだ:2006/11/25(土) 23:40:18 ID:E6kSQzwF
>1
乙。(気力+10)
>6
桃伝の桃太郎いねぇ。
>12
春日恭二PCでないし、ユースと入れ替えた方が?



 "混世魔王(の残りカス)"アルゲル
 "激動[テンペスト]の"サントス
 "衝撃の"グィード
 "暮れなずむ"永斗
 "命の鐘の"但馬先生
 "白昼の"応理
 タジー・ザ・レッド
 "素晴らしき"いのり
 "(娘に目が)眩(んで)惑(いっぱなし)の"宮沢祥吾
 "直系の"シド

16 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 02:15:01 ID:FQBDXGDy
つーか先に前スレ使いきらないか?

17 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 02:32:17 ID:gTcyaRoQ
>>15
天さんwwwww

18 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 06:04:40 ID:vCfI/Qa2
天verだとサイモンとか少佐でもいいな

19 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 08:52:35 ID:opo5ifBX
>>8
百八もの地獄なんてどう攻略すればいいんだー!と思ったが、冷静に考えると

鬼ヒゲと三号生のダイナマイトを抱えての特攻=百八地獄王のうち20人くらい死亡
塾生&桃太郎パーティーのパワーアップイベントを兼ねて踏み台にされる=20人くらい死亡
塾長の見開きでのアッパーカット=30人くらい死亡
名無しの塾生たちが意地をかけて足止め=20人くらい実質死亡(ちなみに全員設定的には変身カルラより強い)
パワーアップした桃太郎たちが圧倒的な力を見せ付ける=10人くらい死亡
残ったガチで強い地獄王と一対一で相打ちを重ねつつ、最後は大地獄神とダブル桃太郎との決戦
死んだと思われていた奴らはみんな生きててハッピーエンド

なんだ、意外といけそうじゃないか

20 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 11:55:30 ID:79zWEjbX
男爵ディーノとかでか太郎とかが意地を見せて、三話ぐらい使って最初の地獄王と刺し違えるんだな

21 :それも名無しだ:2006/11/26(日) 15:24:11 ID:lZOzvuGK
格上だと言うが、実際には夜叉姫がその地獄王の一人をブチのめしてる件について。
いや、時間軸的には新桃の後のお話だが。

22 :それも名無しだ :2006/11/26(日) 21:39:20 ID:cC+sCsUb
司馬宙(鋼鉄ジーグ)VSハ二助左衛門(ハニ太郎です。)
宙「何だ!蛇口を捻ったらハニワが出てきたぞ!とにかく死ねぇ!」
ハ二助左衛門「この無礼者が!」
宙「な、何だ!体がコロッケに!うわあああ!」

23 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 00:59:41 ID:y+oNvXjH
>>21
でもあれって、閻魔さまがボコボコにされてバサラ王が無条件降伏寸前まで
追い詰められた強敵だけどな。部下もハヌマンとか大物

24 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 08:16:42 ID:7nBHj54v
>>23
2の後の話だからバサラ王じゃなくて地獄王。

25 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 09:14:03 ID:MhVW47FT
だがゲーム的な強さで言えばタヌキ大王(タヌキの王様)やぜに王(金の亡者の人間)
と同じ程度だ

26 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 09:26:10 ID:gBWztGcS
エロゲオタも懐古厨もみんなまとめて死ねぇ

27 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 12:35:42 ID:Z83q70rq
ロボオタも特撮オタもみんなまとめて死ねぇ

28 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 12:46:35 ID:dktBn1GV
ここは俺が死のう

29 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 15:20:22 ID:wUX+hWfG
いや俺が死のう

30 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 16:37:20 ID:gXj/9TwH
と言う訳で、TRPG者がこのスレを占拠しますね

31 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 19:17:10 ID:bzBL/jH/
       ____
     ,: 三ニ三ミミ;、-、     \/   ̄   | --十 i   、.__/__ \  ,   ____|__l l ー十
     xX''     `YY"゙ミ、    ∠=ー  ̄ヽ |  __|.  |   | /  ヽ  /   __|   ,二i ̄
    彡"     ..______.  ミ.    (___   ノ. | (__i゙'' し      ノ /^ヽ_ノ (__ (__
    :::::             ::;
   ,=ミ______=三ミ ji,=三ミi
   i 、'ーーー|,-・ー |=|,ー・- |                ,-v-、
   i; '::  ::: ーー" ゙i ,ーー'j             / _ノ_ノ:^)
    ーi:: ::i:  /`^ー゙`、_ ..i           / _ノ_ノ_ノ /)
     |:::. ゙"i _,,.-==-、;゙゙i             / ノ ノノ//
     〉::.:..  丶 " ゙̄ .'.ノ       ____  /  ______ ノ
   / i, `ー-、.,____,___ノ\____("  `ー" 、    ノ
 ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/   \       ``ー-、   ゙   ノ
  /   'i、 /\ /      >       ( `ー''"ー'"
  \   'i," (__) /   /         \ /ノ

32 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 19:17:15 ID:ILZDKBxw
ケイサル・エフェス VS オーフェン(魔術士オーフェン・無謀編)

ケイサル「我はまつろわ…」
オーフェン「いいか。予め言っとく。死にたくなければ反撃するな」
ケイサル「汝は一体何を言ってい…」
オーフェン「喧しい!」
ケイサル「肉をも…」
オーフェン「口答えすんなっつーとるんじゃあぁぁぁぁぁっ!!!」

(オーフェンに殴り飛ばされて通りの反対側の建物の壁に叩きつけられてピクリとも反応しなくなるケイサル)

コギー「…どうしたの?」
マジク「いえ、なんかヘンな人に絡まれて特売に乗り遅れたんで当人に当り散らしてるみたいです」

33 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 19:55:55 ID:dktBn1GV
(オーフェンに殴り飛ばされて通りの反対側の建物の壁に叩きつけられてピクリとも反応しなくなるケイサル)

34 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 20:27:06 ID:fNDqmIPX
>>33
言いたいことはよくわかる、引用だけで済ませる気持ちも

35 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 22:42:39 ID:L2HK45ge
ちゅるやさんvsケイサル・エフェス

GONG前

ケイサル「小さき者よ・・・もはや汝に抗う術は無い・・・
      我の一部となり銀河の終焉を見るのだ・・・」
ちゅるや「そこに・・・スモークチーズはあるかい?」
ケイサル「もうすぐ万物が我と一つになる故にそれも存在するだろう・・・
      だがそれを汝が食する事は無い・・・終わる事の無い絶望の中で
      それと共に存在し続けるのみ・・・」
ちゅるや「にょろーん・・・」

GONG後

ケイサル「な、何・・・!?我の怨念の闇をも貫き通さんばかりの
      この希望に満ちた目の輝きは一体・・・」
ちゅるや「きっとスモークチーズを食べるとめがっさ気合が入るにょろ」
キョン「さっき食べたばかりでしょ」
ちゅるや「にょろーん・・・」
ケイサル「結局食えぬのだな・・・」

36 :それも名無しだ:2006/11/27(月) 22:57:07 ID:qUH7RW9L
なんでケイサルまでしょんぼりしてるんだよw

37 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 12:05:35 ID:O4Dy9Gbq
ここ見てるとケイサルが可愛くてしょうがない。


38 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 13:41:18 ID:727syAkB
暗黒脳「さぁ、お前もこっちに来るんや…」
ケイサル「い、嫌だ!最初、大物だったのに段々とギャグキャラになったお前の二の舞は嫌だー!!」
暗黒脳「だが断る」

39 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 14:07:30 ID:gttL5gz7
浜田「じゃあかしいわいボケェ」
ケイサル「はい、すんません」
シャア「ホントすいません」
浜田「お前、何が人類の粛清や?ふざけとんのか?」
シャア「はい。いや、いいえいいえ違います」
浜田「お前も何がまつろわぬ霊や!!」
ケイサル「痛っ」
田中「浜田さん、手ぇ出しちゃダメです……」

40 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 15:26:00 ID:k34YH0V/
カルラVS透(かまいたちの夜)

「ケーケッケッ!矢島透!見ろ、オレ様の美しい身体を!賢い知力を!」
くっ・・・これが月の血の力か!なんて化物なんだ・・・。
てゆうか、何故ぼくがこんなのと戦わなきゃいけないんだ。理不尽すぎるだろ、おい!
しかし現実は非情だ。泣こうがわめこうがカルラネタ多すぎと叫ぼうがあまりにもロボット関係ないとか
主張しようがどうにもならなかった。
「どうだ、お前もオレ様と共に来い!そうすれば月の血を少しは分けてやるぞ!」

A 「ふざけるな!ぼくは魂まで売ったりしない!」
  ぼくは主人公らしくかっこよく啖呵を切った。
B 「はい!是非お願いします!」
  ぼくはとてもいい笑顔でプライドを捨てた。

>B

うん、しょうがないよね。だってぼくはただの大学生だし、その大学にしても大地と共に沈んでもはやぼくの
職業は無職だ。こうなったらカルラ・・・いや、これからお世話になるのに呼び捨ては失礼だな・・・カルラ様に
ついていくのも悪くないかもしれない。よし、そうと決まればおだてまくってぼくを気に入ってもらうしかない!
「実は以前からカルラ様は只者じゃあないと思ってたんですよ。あなたのような大物になるまでには、きっと
波乱万丈にして壮大な人生を送ってきたんでしょうね」
「ケーケッケッ!まあ、それほどでもあるな!」
お?食いついた!よし、一気に行こう!
「よければこの哀れな人間にお話をお聞かせ願えないでしょうか?カルラ様のような偉大なお方の過去に
触れることで、わたくしめも少しは成長できるかと思いますので・・・」
「口の上手いやつだ・・・いいだろう!話してやろう!まずはオレ様の生い立ちについて・・・」

―――10日後。ここはどこかの小島だ。
大地はカルラ様が話し始めてから数時間後に再び浮き上がり、海の色も青に戻った。
ずっとカルラ様の話を聞いてたぼくには推測するしかできないが、かぐや姫が実は生きてて、どうにかしてくれた
らしい。しかしカルラ様はもはやそんなことにも興味はないようで、一心不乱に己が如何に偉大かを語り続けている。
いつの間にか身体は元の貧相な姿に戻っていた。月の血がすっかり抜けてしまったようだ。
おまけに飲まず食わずのまま口角泡を飛ばす勢いで話し続けているせいで、かなり衰弱している。
ぼくはといえば、たまに飛んでくるカラスやらなんやらをとっ捕まえながら、カルラ様の話を正座して聞いていた。
「・・・ケー・・・ケッケッ・・・これで終わりだ・・・どうだ・・・有意義な・・・話・・・だったろ・・・」
「はい、すごく」
実際中々面白かった。カルラ様は満足げに頷き、目を閉じた。
「・・・初めてだ・・・オレ・・・様の・・・話を・・・こうして・・・聞いてくれた・・・奴は・・・お前・・・だけが・・・最後の最後で・・・
オレ様に・・・ついてきてくれた・・・」
ん?おい、なんだ?なんかしおらしいこと言い出したぞ?
「オレ様の・・・全てを・・・教えた・・・もはやお前は・・・オレ様の・・・友・・・オレ様の・・・唯一の・・・ゲフッ!
も・・・もう駄目だ・・・」
ちょ、ちょっと待て!おい、このまま死んだらプライドを捨ててついてきたぼくはどうなるんだ!?
「頼むぞ、我が友・・・矢島・・・透・・・オレ様に代わって・・・この世を・・・支配・・・」
カルラ様―――いや、もうこんなバカに様付けなんてやめよう―――カルラは死んだ。小島の上で大往生だ。
その顔は実に満足げだった。
いや、おい、待て・・・こんな訳の分からん小島にぼく一人残して、この世を支配もくそもないだろ!?
ぼくはカルラの死体を見つめた・・・嫌だ、こんな風に死んでたまるか!絶対に生きて帰ってやる!
カルラの死体を蹴飛ばして、ぼくはこれからのことを考えた。ぐうー、と、腹が鳴った。
とりあえず、カラスでも食うか。
   バリバリバリ、ムシャムシャ・・・

END 頼むぞ、我が友

41 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 15:52:02 ID:aymCFGvk
シン(なんだか……)
影山(他人の様な……)
ジュア=ム(気がしねぇ……)

シン(ガン種ディスティニー)
影山(仮面ライダーカブト)
ジュア=ム(スーパーロボット大戦Jオリジナル)

42 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 21:12:21 ID:73q7YYI6
>>12
九大天王ネタは他にも流用できそうだな。


43 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 21:45:07 ID:hObcueV+
タカヤ(タカヤ -閃武学園激闘伝-)VSミケロ(Gガンダム)

ミケロ「こ・・・・・・この野郎ッ!そんなに死にてえのかよ!
    食らいやがれ!ハイパー銀色の足スペシャル・・・な、何ぃ!?」
タカヤ「超おもしれぇッ!・・・でもムカつくぜ!」
ミケロ「効いてねぇだとぉ!?あわわわわ・・・アウアウ・・・」
タカヤ「ゴッドフィンガーイボルブ!」
ミケロ「ひぎゃあああああっ!!」

44 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 22:10:50 ID:8K5tvMT6
前スレ>>999

ガーラって誰だよ

45 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 22:22:18 ID:eqnAk1pK
宙・キラ・アスラン・カガリ・ムウ・クルーゼ

「 親父「父さん「父上「お父様の」

 「 バ ッ カ ヤ ロ オ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ ォ !! 」

46 :それも名無しだ:2006/11/28(火) 22:43:15 ID:loD8HNPg
>>45
富野作品の主人公も混ぜよう

47 :それも名無しだ:2006/11/29(水) 09:57:03 ID:PNM1Z942
っGロボ

48 :それも名無しだ:2006/11/29(水) 10:23:11 ID:KVAEBEkl
ドクオVSケイサル
ドクオ「あわわわわ・・・」
ケイサル「何の力も持たぬ矮小な者よ・・・、汝も我がまつろわぬ霊の一部になるがいい」
ドクオ「も、もう駄目ぽ。誰かボスケテ・・・」

GONG

???「・・・ドクオ・・・」
ドクオ「その声は・・・カーチャンに、トーチャン・・・?」
カーチャン「大丈夫、ドクオはやればできる子だってカーチャンわかってるから」
トーチャン「トーチャン達はいつも見守っているからな」
ドクオ「トーチャン・・・カーチャン・・・」

GONG後

ケイサル「我との力の差を知って尚まだ我に抗うか」
ドクオ「うるせぇ!トーチャンとカーチャンが見てるんだ!こんなとこで無様な真似を晒すわけにはいかねぇんだよ!来やがれケイサル・エフィス!漏れの一世一代の親孝行だ!」

49 :1/2:2006/11/29(水) 10:30:58 ID:IaYreEd+
デビルガンダムvsゴッドガンダム&ゲッコーステイト(交響詩篇エウレカセブン)
(GガンはMXみたいに一回ストーリーが終わった後的な設定で読んで頂けるとありがたい。)

ウォズ「ホランド!前方11時に巨大な熱源反応!!」
ホランド「来やがったか・・・!!」
チボデー「間違いねぇ、あの姿は・・・・!」
ジョルジュ「デビルガンダム・・・・!」
ウルベ「ひさしぶりだな諸君。」
ドモン「ウルベ!!貴様、レインをどこへやった!!」
ウルベ「無論、デビルガンダムのコアとして、私とともに同乗しているが?」
ドモン「貴様ぁぁぁっ!!」
ウルベ「まあ待て、過去の失敗から私も学習したのだよ。面白いものを見せてやる・・・」
タルホ「あ、あれは・・・」
ホランド「エウレカだと!?」
ウルベ「そのとおり。ミカムラ博士の御息女一人ではまだまだ不安定だったのでね。女にして、コーラリアン。さらにコーラリアンにして人類との架け橋たろうとする少女・・・。コアとしては最高の素材だとは思わないか?」
タルホ「酷い・・・」
ギジェット「ホランド!!レントンが・・・」

レントン「この野郎おおおおおおおっ!!!」
ホランド「あのバカ野郎!!一人で突っ込む奴が・・・」
ギジェット「ドモンさんも風雲再起に乗って出撃!?」
ホランド「くそったれ、仕方ねえ!全艦攻撃態勢!!モビルファイター組!!」
チボデー「俺たちも!」
ジョルジュ「出撃準備は!」
サイ・サイシー「整ってるぜ!!」
アルゴ「ハッチを開けろ。出撃する。」

レントン「うおおおおおお!!!」
ドモン「待て!」
レントン「ドモンさん!?」
ドモン「下手に攻撃しては中のレインとエウレカが危ない!」
レントン「そんなことわかってます!でも!」
(二機の周りに大量のガンダムヘッド)
レントン「うわああああ!!!」

チボデー「サイクロンパンチ!」
ジョルジュ「ローゼスビット!」
サイ・サイシー「ドラゴンファイヤー!!」
アルゴ「グラビトンハンマー!!」
ホランド「主砲!撃てっ!!」

ホランド「レントン!」
レントン「はいっ!!」
ホランド「何ボサッとしてやがる、さっさと行ってエウレカを連れ戻して来いっ!!」
レントン「・・・はいっ!」
ホランド「・・・キングオブハート。」
ドモン「何だ。」
ホランド「・・・頼む。」
ドモン「任せておけ。」

50 :2/2:2006/11/29(水) 10:32:05 ID:IaYreEd+
ウルベ「ふはははははは!!たった二機で何ができる!!」
レントン「ニルヴァーシュ・・・いけるな?エウレカを、取り戻さなきゃいけないんだ!」
ドモン「一気に行くぞ、ついて来い!超級!覇王!電影だぁぁぁぁんっ!!」
レントン「うおおおおおおおおおおっ!!!」
ドモン「レイイイイイイインッ!!」
レントン「エウレカァァァァァァァッ!!」
ドモン「俺は!」
レントン「僕は!」
ドモン「お前が!」
レントン「君が!」
ドモン・レントン「「大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」」


レイン「ドモオオオオオン!!」
エウレカ「レントーーーーーーンッ!!」
ウルベ「な、何だと!一度ならず二度までも!!なぜだ!なぜだ!!」
ドモン「貴様には、100年経ってもわかるまい・・・!」
レントン「女の子をパーツ扱いするような奴には・・・!!」
ドモン「行くぞ!われらのこの手が!」
レントン「真っ赤に燃える!!」
レイン「愛を掴めと!」
エウレカ「と・・・轟き叫ぶ!」
レントン「すごい、ニルヴァーシュも!」
エウレカ「ゴッドガンダムと共鳴・・・ううん、共感してる!」
ドモン「石破」
レントン「ラブラブ!!」
ドモン・レイン・レントン・エウレカ「ダブル!天驚けぇぇぇぇぇんっ!!!」



ホランド「まったく、あのバカ以外にあんなこっぱずかしいセリフを堂々と吐ける奴がいたとはな・・・。」
ドミニク「はっくしょん!」

51 :それも名無しだ:2006/11/29(水) 23:33:25 ID:zmu18A1Z
クスハ汁を飲む人達

人修羅(真・女神転生III-NOCTURNE)の場合

人修羅「すごい色だな、これを…飲むのか?まあ、マガタマ飲むのよりは…!?」
(胃の中でクスハドリンクが暴れ始めた……)
人修羅「これは……マガタマが暴れてるどころじゃない…くっ!」
(人修羅は食いしばった…)

透(かまいたちの夜)

「あの、これ、栄養ドリンクです。良かったらどうぞ」
そう言って花の綻ぶような笑顔を見せる彼女とは対照的に
手にしていたそれは悪魔のように黒く、樟脳のような臭気を漂わせていた…
やめてよね!僕にこんな物飲めるわけないだろう!
一瞬そう言ってやりたくなったが彼女の純粋無垢な瞳を見ると言い辛いし
それにそんな事をして真理の耳に入ったら神経を疑われるだろうし…
一体僕はどうしたら……

 A「こんなの毒みたいなの飲める訳がないだろう!とコップを床に叩きつける!」
→B「笑顔で大人の対応をする」

ここで感情的になったらそれこそ負けだ…しかたない。
僕は腹をくくり、息を止めてその悪魔の腐汁を一思いに飲み干した。
「う…うぐぁぁぁ……」
強烈な酸味と苦味が僕の舌を焼いた…
苦い、熱い、苦しい、それは僕の舌ばかりか喉をも焼き、胃を蹂躙する…
目の前の景色が回り、ぼやけ、薄れていく……そしてどこまでも落ちていくような感覚…
僕の意識が途切れる前に見た物、それは………

52 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 02:06:06 ID:QRHKnftr
>(人修羅は食いしばった…)
即死ダメージかよw



53 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 20:09:19 ID:AJmpeRWo

最近の流れを見るにラスボス的な戦闘会話ではカルラとケイサルが採用される確率が高い感じだな。
他にも漫画やらアニメやらゲームやらのキャラでラスボス的な立場に立てそうな奴はいるかね。
原作でもかなり派手に暴れた奴がいいんだろうが。そう考えて真っ先に「白面の者」が浮かんだ俺サンデー派。

54 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 21:07:44 ID:227NJJAR
大魔王バーンとかどうだ?
まさに正統派超大物悪役。

55 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 21:07:51 ID:/VJsSSRW
シン対グラーフをやりたかったけど、うろ覚えなんでこれを

カズマ&劉鳳VSズォーダー大帝

カズマ&劉鳳「ぐぁああ!!」

ズォーダー「どうだ!これでわかっただろう!!宇宙の支配者は全能なるこの私だ!!
この宇宙に生きる全ての者は血の一滴までオレのものだ!!
よって地球もオレのものだ!!
ワーハッハッハッハッ、ウワーハッハッハッハッ!!!」

劉鳳「手強い、な」

カズマ「宇宙の支配者だとよ」

劉鳳「なるほど、確かに手強い…手強いが」

カズマ&劉鳳「手強いが、倒す!!」

ズォーダー「よかろう!だが…ムッ!?」

カズマ&劉鳳「…!」

ズォーダー「あの眼、未だ敵対を止めぬ瞳…そうか、ならばヤマト最大の敵として
威厳を得るためにしていたこの姿もいらぬ!!」

劉鳳「なに!!」

ズォーダー「見るがいい!これが私の真の姿!!
肉体年齢74歳!山羊座のA型ぁぁぁぁあああああ!!!」

パァァァァアアアアア

カズマ&劉鳳「お…
黄 金 バ ッ ト だ ! ! ! 」



56 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 22:58:28 ID:ZZT94z5M
ルアフvs猫神様(二丁目の猫神さま)

猫神「邪神ルアフ!お主の悪行ももはやここまでじゃ!」
ルアフ「君は…そういえば元は神だったね。でも、祠も神力も失った君は
     ただの人間も同然じゃないか。そんな元神が現役で神の僕に勝てるとでも?」
猫神「確かに祠も神力も今の妾には無い…妾が神であった事を覚えていてくれる人は和人だけ…
   じゃが、妾にはそれで十分!だからこそお主のしている事を黙って見ている
   訳にはいかん。元は神であった矜持、そして人間としての尊厳をかけてな!」
ルアフ「フフフ…実に哀れだね、君は」

57 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 23:09:29 ID:4XUj8N9H
>>55
どこから出るのか肛門バットしか知らねえよw<黄金バット

58 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 23:23:13 ID:hv+VN26I
大物悪役といえば某悪役スレではカルラと並んで殿堂入りしていたこのお方だが


ルカ「うぅ…お、おのれ…こ、こんな…ところで……
   この俺が…まける…のか? くそっ!!
   これが…恐怖だというのか!! 俺は死をおそれているのか!!
   バカバカしい、くだらぬ感情だ」

  「ん?なんだ?
   木彫りのお守り…なぜ、このようなところに…
   それに、どうして光が…ん?これはフタか?
   これは………ホタル? なかにホタルがはいっているのか?
   フン、いたずらを……叩き潰して……」

  「くだらぬ…虫ケラに奪うほどの価値ある命など…ないな。
   くだらぬ………この世界も…」

(大量の超電磁スピン、烈風正拳突き、ビームライフルやサンアタックが飛来し、ルカが射抜かれる)

  「うおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

  「終わり…だと……ふ…ふふ…
   ふはははははははははははははは!!!!
   虫けらが何をほざく!!ブタどもが、何を鳴く!!
   この俺には、きさまらの命をかり取る権利があるのだ!!」

戦闘デモ:シールド防御(ルカをかばう兵士たちが大車輪ロケットパンチに倒れる)

  「わが…聖なる戦いの…ジャマをするな……クズどもが……
   いくぞ…キラ!!!!」

戦闘デモ:ハイマットフルバースト

  「ついに剣も折れ、それをふるう力もつきたか…
   キラ……きさまは、なにゆえに戦う!! この俺を殺し、なにを思う!!」

 →『この戦いを終わらせる』

  「戦いを終わらせる?夢物語だ…そんなものは、子供に言ってきかせるおとぎ話だ。」

  『…………』

  「戦いに何を想う!!何を感じる!!!
   憎しみがその身をかけるなら、同じことだ!!!」

  「おれを殺し、我が王国を破ったとしても、そこに残るのは平穏などではないぞ!!
   ただ、恨みの声がこだまする荒野だけだ!!!!」

  「ふ…ふははははははははははははははは!!!
   ふははははははははははははははははははは!!!!!
   すばらしい!!すばらしいぞ!
   この身をかけていた、うずきが!! 皮膚を焦がすかわきが癒えていく!!
   ふはははははははははははは!!聞けキラ!!!そしてαナンバーズ!!!
   きさまらは千人で俺を殺したが、俺は一人で、その何倍も、きさまらの同胞を殺した!!!!!

   俺は!!!! 俺が想うがまま、俺が望むまま!!!! 邪悪であったぞ!!!!!!」



見ての通りあまりに芸がなくそのまんまなのでお蔵入りにしてた。

59 :それも名無しだ:2006/11/30(木) 23:27:10 ID:A+I/THFa
つーか生身でスーパーロボットの必殺技連発されて生きてるのかよwww

60 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 00:55:17 ID:gDrE1cL+
キラに言ってるあたりなんとも皮肉を感じるな
さすがルカ様! そこにシビレル! あこがれるぅ!!

61 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 01:03:09 ID:fBxqmy8t
きさまらは千人で俺を殺したが、俺は一人で、その何倍も、きさまらの同胞を殺した!!!!!
と言ってはいるが実際に億単位のバルタン星人やクライシス殺しちゃったウルトラマンやBLACKRXはどうなるんだコレ。
ルカ様も真っ青だ。

62 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 01:06:51 ID:sMOu0HkA
だが正直、ネタとしての使い勝手はカルラやケイサルには遠く及ばんだろう

63 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 01:37:21 ID:sMOu0HkA
とりあえずセリフに合わせて作ってみた
ルカVSジェリド

ルカ「終わり…だと……ふ…ふふ…
   ふはははははははははははははは!!!!
   虫けらが何をほざく!!ブタどもが、何を鳴く!!
   この俺には、きさまらの命をかり取る権利があるのだ!!」

ジェリド「時代は変わったんだよ、オールドタイプは失せろ!」

ルカ「おれを殺し、我が王国を破ったとしても、そこに残るのは平穏などではないぞ!!
   ただ、恨みの声がこだまする荒野だけだ!!!!」

ジェリド「世界を戦いに駆り立てたのは貴様だ、そんなことが言えたギリか!
   俺は貴様ほど人を殺しちゃいない」

ルカ「きさまらは千人で俺を殺したが、俺は一人で、その何倍も、きさまらの同胞を殺した!!!!!」

ジェリド「俺がこの手で殺してやるよ!そしたらもう殺さずに済むだろ」


64 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 01:40:52 ID:1/MSW2Wt
何となく岩鬼組長@極道兵器と戦わせたい、と思ったが自分の腕じゃルカの残虐さと
それを食ってのけるほどの岩鬼組長の豪快さが描けられんorz

65 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 02:32:07 ID:bpx++omM
岩鬼「わしはイデの発動見たかったんじゃ!
   だのにあないな木星花火でごまかしおって!!」
コスモ「……」
宇宙怪獣「……」

…石川御大に捧ぐ。

66 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 05:33:44 ID:Cp9a4JdO
カルラが好まれる理由は<絶対悪>を体現したキャラだからだろうな。
例えばデス種のシンとかに対して
「お前は間違ってる!」「このバカ野郎!」
みたいな会話ネタを書くと「シンはここまで言われるほどアレじゃない」「お前個人の意見を勝手に代弁させるな」
みたいに言われるが、カルラくらい悪ければ全くそういうことは言われない。
叩き台にするにはもってこいなんだよ。

67 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 14:06:44 ID:npLJQaS3
お前がシンを絶対悪だと思ってるのは良く分かった

68 :それも名無しだ:2006/12/01(金) 23:52:29 ID:lbsSu4ck
ボン太くんVSバサラ王(新桃太郎伝説) 戦闘会話  

序盤
バサラ王「何故このような場所にぬいぐるみなど・・・ええい、目障りな!」
      「訳の分からぬ言葉で囀るでないわ!」
      「如何にぬいぐるみと言えど、我が怒りと悲しみを鎮めることなどできぬわ!」
ボン太くん「ふもっ!ふももっ!」
       「ふもっふ!ふもっ!」

中盤
バサラ王「なぜだ?お前の仕草に憎しみを抱くことができぬ!」
      「なぜだ?お前はただの道化ではないのか?」
      「なぜだ?わしの張り裂けそうな心が消えていく!」
ボン太くん「ふもももっ!ふもー!」
      「ふもふもふもっ!ふもっ!」

終盤
バサラ王「まさか!わしはお前の姿に癒されている!?」
      「まさか!我が悲しみが消えていく?」
      「まさか!わしに愛を教えるためにあえてそのような姿を・・・!?」
ボン太くん「ふもっ・・・ふももっ・・・!」
       「ふ・・・も・・・っふもっ・・・!」

最終盤
バサラ王「見事だ!お前にはわしも感服した!」
      「見事だ!これこそわしが夢見ていた本当の癒しだ!」
      「見事だ!その声、仕草、何もかも完璧な愛らしさだ!」
      「見事だ!お前こそは愛と癒しの体現者だ!」
ボン太くん「ふも・・・っふ・・・」
      「ふ・・・も・・・も・・・ふもっ・・・」

69 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 09:32:38 ID:mq2qsEMA
ランデル・オーランド&アリス・レイ・マルヴィンVSレオニール・テイラー(パンプキン・シザース)

レオニール「伍長、勝負する前に一つ言っておこう」
ランデル「?」
レオニール「この勝負、僕が勝ったら……姫君の お っ ぱ い を 揉 む 」
アリス「……は?」
レオニール「冗談ではない。僕はこれでも今まで誇り高く生きてきたつもりだ。
      その僕が恥や外聞を捨てて言う。勝ったら お っ ぱ い を 揉 む 」
ランデル「そ、そうですか……」
レオニール「……」
ランデル「じゃあ 俺 も お っ ぱ い で 」
アリス「なっ!?」
レオニール「承知した」
アリス「え、ちょ、二人とも……!?」

アリス(何がどうなってる? どちらが勝ってもわたしのおっぱいを揉むって……)
レオニール「……」
ランデル「……」

 こ の 勝 負 、 絶 対 負 け ら れ な い ! !



 正直元ネタうろ覚えだ。今は反省している。

70 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 14:12:37 ID:IZOnMOnK
将棋の漫画だっけか

71 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 14:43:20 ID:VqKE+sTr
エアマスターの人のだっけ?

72 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 16:07:29 ID:BwBJ7z8B
ハチワンktkr

73 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 20:09:32 ID:+F6huVl2
だが揉めない

74 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 20:22:58 ID:mocI45sQ
古田左介(へうげもの)VS幻魔要塞ヤマタノオロチ

左介「嗚呼…何と『ミグッ』っとした素朴で力強い形よ…
   これが…これが『わび』た佇まいというものか…
   欲しい…果てしなくアレが欲しい…!!」
鋼鉄ジーグ「ジーグブリーカー!死ねぇっ!!」
左介「があおあっ!なんて事をする、貴様ァ!!」

75 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 21:24:51 ID:G7CK5Ti7
>69
伍長が……伍長がむっつりスケベにッッ!(ノ∀`)
>74
古田左介自重しろw

76 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:06:41 ID:QKPrIbwZ
ちょwwwwwwwゲヒ殿wwwwwwwwwwwww

77 :69:2006/12/02(土) 22:13:32 ID:mq2qsEMA
単におっぱいつながりで思いついたんだが皆コメントありがとう。
そしてパンプキン・シザー「ズ」だな、「ス」じゃなくて。訂正訂正。

78 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:14:02 ID:mq2qsEMA
ってageちまったよ! スマン、おっぱい揉んでくる。

79 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:54:00 ID:7a+/UOy6
デュミナス一派VS桃太郎パーティー(新桃太郎伝説)

デュミナス「桃太郎・・・お前たちも私を間違いと・・・デュミナスと呼ぶのか!」
金太郎「何を言ってんだよ、変な目のおっちゃんよー。自分たちが何したか分かってんのか!?」
浦島「鬼と人間との間の憎しみと戦い・・・カルラの所業・・・それを影から操っていたのは、あなたたち
   ではないのですか!」
ティス「ああ、そうだね。そのせいでこの世界の連中には随分迷惑なことだったろうさ。そんなことは
    あたいたちだって分かってるんだ」
夜叉姫「分かっていて・・・それで自分たちは間違っていないというの!?」
デスピニス「そうは言いません・・・よくないことだと、わたしたちだって知った上です」
デュミナス「そうだ・・・その上で私は多くの間違いを起こさせた。鬼と人間は憎みあい、世界は混沌と化し、
       一度は滅んだ。そんな間違いだらけの世界を作り出すことで、創造主に間違いだと看做された
       私の存在、その答えに辿り着けるかもしれないと・・・そう思っていた」
ラリアー「だけど桃太郎さん。あなたがそれを阻んでしまった。間違いを正してしまったんだ。デュミナス様の
      目的とは、大きく外れてしまった・・・」
デュミナス「そしてついに私の元にまで辿り着いてしまった・・・こうなった以上、取るべき手段は一つしかない。
       お前たちを倒し、もう一度この世界を間違いで満たすまで!」
金太郎「そんなことさせっかよ!これからやっと平和な世界になるんだ!誰かを悲しませるような世界になんて、
     もう二度とさせちゃいけねーんだよ!」
浦島「わたしたちの世界、必ず守ってみせます!」
夜叉姫「間違いなんて、絶対におかさせない!必ずあなたたちを止めてみせるわ!」
デュミナス「よかろう・・・来い、愛と勇気の子らよ!お前たちが私を間違いと呼ぶならばそれでよい。<正義>である
       お前たちが<間違い>である私の前に屈すること・・・それこそ私の望む<間違い>そのものだ!」

80 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:54:35 ID:7a+/UOy6
戦闘会話

ティスVS金太郎

金太郎「うりゃりゃりゃりゃ!ちくしょう、こんな細っこい嬢ちゃんの癖になんて力だ!」
ティス「あんたもやるじゃないか、おデブちゃん!人間であたいと力勝負が出来る奴なんてあんたくらいだろうね!
    その力の源があんたのいう<希望>ってもんかい?」
金太郎「そうだ!お前だってあのおっちゃんや友達が大事なら、あいつらにもっと楽しいことに目を向けさせてやれよ!
     一緒にもっと笑いあえよ!それが希望ってやつだろ!?」
ティス「はっ・・・あたいたちにそんな甘っちょろいことを言うか!確かに普通に生まれてりゃそういうこともできたかもね。
    だけどデュミナス様は、望まれず生まれ・・・あたいたちはそんなデュミナス様の手足になるべく生まれた。
    ならあたいたちがやることはデュミナス様の手助けをすること!デュミナス様の力になること!それがあたいに
    とっての<希望>なんだよ!」
金太郎「そんなモン・・・希望なんかじゃねえーーーーっ!」


ラリアーVS浦島

ラリアー「浦島さん・・・あなたは僕がお相手しましょう」
浦島「どうしてこんな酷いことをするんです!?あなたを見ていれば分かります。あなたは本当は戦いなんて
   好きじゃないはずです!」
ラリアー「・・・そうですよ。出来ればあなたたちとだって戦いたくはない。だけど、戦わなくちゃ・・・ティスやデスピニス、
     デュミナス様を守れないから・・・だから、怖くても戦ってるんです」
浦島「・・・!あなたは・・・わたしに似ています。わたしだって戦いは向いてないし、好きでもありません。だけど、
    わたしが戦うことで誰かを守れるなら・・・正義のためになるなら・・・そう思って戦ってきました」
ラリアー「なら、分かるでしょう。僕の気持ちだって!」
浦島「しかし、あなたたちのやっていることは明らかに間違いです!それを分かっていて、何故その手助けが
    出来るんですか!」
ラリアー「あなたたちにとってはデュミナス様は<間違い>で<悪>でも・・・僕たちにとっては命を与えてくれた
      方なんです。デュミナス様のために生きて、働くこと・・・それが僕にとっての<正義>です」
浦島「人を傷つける正義なんて・・・正義じゃありません!何故分からないのですかーーー!」


デスピニスVS夜叉姫

夜叉姫「デスピニス!あなたも分かってるはずよ。こんなことはいけないことだって!」
デスピニス「夜叉姫さん・・・あなたもわたしたちも本質は変わりません。あなたは桃太郎さんを愛するが故に
       戦い、わたしたちはデュミナス様を愛するが故に戦う・・・愛とは傷つけあうものなのですね・・・」
夜叉姫「愛しているというなら、何故その間違いを正そうとしないの?愛する人が過ちを犯すのを何故止めようと
     しないの!?」
デスピニス「そう・・・あなたはそうして父や兄弟とも戦った。それがあなたにとっての<愛>なのでしょう・・・
       けれどわたしは、愛する人が間違っているというのなら、わたしもまた共に間違った道を歩みます。
       わたしも共に間違いに塗れ、汚れましょう・・・それがわたしが示すことができる・・・デュミナス様や
       ティス、ラリアーへの<愛>です。わたしは・・・わたしの<愛>のために戦います」
夜叉姫「それは愛のために、じゃない!愛を口実にして、辛いことから逃げてるだけだわ!」


デュミナスVS桃太郎

デュミナス「桃太郎・・・桃から生まれし子か・・・その出生は間違っていると思ったことはないか?人間ならば
      そんな間違った生まれ方をするはずがない。お前もまた私と同じではないのか?お前も結局、
      デュミナスではないのか?違うとは言わせない。その出生、その力・・・あまりにも人間としては
      間違いすぎている。ある意味でお前と私は兄弟ではないのか?
      ・・・いや、よそう。このような話など意味はない。桃太郎・・・お前の<勇気>を、私に示してみせろ!」

81 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:55:07 ID:7a+/UOy6
戦闘後

デュミナス「ぐっ・・・!」
ティス「デュ・・・デュミナス様!」
デスピニス「あ・・・あ・・・」
ラリアー「そんな・・・」
金太郎「もうやめろよ、変な目のおっちゃん!それ以上やったら死んじまうぞ!」
デュミナス「まだ・・・だ・・・まだ私は・・・!」
浦島「・・・何ていう執念なのですか!」
夜叉姫「!?見て!あの三人が、まだ何かやるつもりだわ!」

MAP上でデュミナスを囲むようにティス、デスピニス、ラリアー移動。

デュミナス「お・・・お前たち、何を・・・」
デスピニス「デュミナス様・・・やっとお役に立てる・・・」
ラリアー「僕たちの力を、使ってください・・・」
デュミナス「な・・・!バカな、何を言っているのか分かっているのか!それはお前たちが死ぬということだ!」
金太郎「な・・・!?」
浦島「自分たちの命で・・・デュミナスを助けようというのですか!?」
夜叉姫「何てことを・・・!」
ティス「・・・へへ・・・いいのさ、これで・・・大好きな友達と一緒に、大好きなデュミナス様を助けることができる。
    あたいは今、満足だよ」
ラリアー「僕も・・・怖いけれど、だけど、嬉しいんだ。デュミナス様のためになれて・・・」
デュミナス「よせ!お前たちが死ぬことはない!」
デスピニス「デュミナス様・・・どうかわたしたちの分まで生きて・・・」
金太郎「バカ野郎ーーーーーーっ!よせーーーーーっ!」
浦島「ダメです!もう止められません!」
夜叉姫「やめて!自分の命を捨ててまで助けて欲しいなんて、デュミナスだって思ってないわ!」
デスピニス「そうですね・・・だけど、もしも立場が逆なら・・・桃太郎さんを助けるために、あなたたちも同じことを
       するのではないのですか?」
金太郎・浦島・夜叉姫「!」
ラリアー「僕は生きていて欲しいんだ、デュミナス様に・・・ティスやラリアーもそうだって分かる。だからこうして力を
      会わせることができるんだ。あなたたちとは少し違うけれど、間違ってるかもしれないけれど・・・
      これが僕たちの<友情>と<愛>の形なんだよ・・・」
ティス「・・・デュミナス様・・・褒めてよ・・・あたいたちは戦いでは桃太郎たちに勝てなかったけど・・・愛する誰かへの
   想いと、友達との絆なら、あいつらにだって負けやしなかったんだ・・・」
デスピニス「さよなら・・・デュミナス様・・・みんな・・・」

82 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:56:25 ID:7a+/UOy6
三機、自爆。デュミナスHP全快で復活。

デュミナス「・・・おやすみ・・・ティス・・・疲れたろう・・・ラリアー・・・さよなら・・・デスピニス・・・」
金太郎「なんだ・・・様子がおかしいど!」
デュミナス「創造主は、人は、桃太郎たちは私を否定し、しかし我が子らはそんな私を助け、助け、助け、
       されど私は否定され、拒否され、破壊、破壊、破壊・・・・・・・・・・・・・!!!」
浦島「あの三人を失った悲しみで、狂ってしまったのですか・・・!?」
夜叉姫「デュミナスも・・・デスピニスたちも・・・そこまで深い愛を持っていて・・・何故こんなことになって
     しまったの・・・?」
デュミナス「―――システム、再構成完了。目標、桃太郎、金太郎、浦島太郎、夜叉姫。
       破壊する」
金太郎「ちくしょう・・・チクショウーーーーーー!」
浦島「デュミナス・・・もうわたしたちに出来るのは、あなたを倒すことだけです!」
夜叉姫「せめて、これだけは言わせて・・・あなたの存在は間違いかもしれなかったけど、あなたがデスピニスたちへ
     向ける愛は紛れもなく本物だった・・・間違いじゃなかった!」

戦闘終了

デュミナス「私は・・・負けたのか・・・結局・・・私は・・・私が何者なのか・・・知ることもなく・・・私は・・・
       何なのだ・・・」
金太郎「オラたちだって分かんねーよ・・・だけど・・・アンタを見てりゃ、なんとなく想像はつくよ。アンタを作った奴は、
     何を作ろうとしてたのか・・・!」
デュミナス「そ・・・れ・・・は・・・」
浦島「自分の目的のために世界を歪め、人々を苦しめたあなたは邪悪だったかもしれない・・・けれど、自分が生み出した
   我が子とも言える存在に対しては限りなく深い愛を持って接した・・・邪悪さと、清らかさと、全く正反対の、二つの
   心を持っていた・・・」
夜叉姫「そんな矛盾に満ちた存在の名前を、たった一つだけ知ってるわ・・・」
デュミナス「・・・・・・」
金太郎「人間の話だけどよ・・・人間は他人を仲間外れにしたり、傷つけたりも、結構やっちまう・・・まあ、あんまいいモンじゃ
     ねー。そんな部分だってあるよ」
浦島「けれど、限りない愛と友情を、そして勇気を秘めた・・・不思議な生き物です」
デュミナス「・・・・・・・・・」
夜叉姫「デュミナス・・・あなたは・・・<人間>だったのよ!」
デュミナス「にん・・・げん・・・そうか・・・私は・・・<人間>だったのか・・・!」

デュミナス消滅。

浦島「辛い・・・戦いでした・・・」
夜叉姫「もっと、他の道だってあったかもしれない・・・それなのに・・・」
金太郎「けど・・・もう言ってたってしゃーねーよ。オラたちにできるのは・・・もう、こんな<間違い>を・・・こんな可哀想な
     連中が生まれたりしねー世界を作るだけだど」
浦島「そうですね・・・さあ、帰りましょう!みんなが待っています!」
夜叉姫(・・・デュミナス・・・せめて、遠い天の国で、あなたを愛してくれた三人と共に、平和に・・・)

83 :それも名無しだ:2006/12/02(土) 22:58:02 ID:7a+/UOy6
むちゃくちゃ長くなったな・・・
あの三人と桃太郎パーティーでライバル関係になるならこの組み合わせかなー、と思ったので
>>80のようになった

84 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 00:04:08 ID:smdqKdVk
桃太郎セリフねえorz

85 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 00:15:34 ID:rPapKXPC
原作でも喋らないからなあ。ともあれGJだ>>83
デュミナスが自分の正体を「人間」だと悟るって展開は原作でもあったっけか?
どうもRの内容はうろ覚えになっちゃってるなあ。
唐突にブライトが死んだ辺りはインパクトが強かったんだが。

86 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 00:45:08 ID:V456yKV4
桃太郎でも全滅か……
コスモスかマシンマンでも連れてこないと駄目だな

87 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 00:52:32 ID:0+5DSSec
>>85
確か最後の最後にあったな……。

88 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 01:16:32 ID:mO2mqXiO
>>86
でも前半戦終了時に三人が改心、デュナミスは三人にさえ否定されたことで精神崩壊、
けど結局改心でハッピーエンドだと>>79-82よりもつまらなくなりそうだ

>>ティス「・・・デュミナス様・・・褒めてよ・・・あたいたちは戦いでは桃太郎たちに勝てなかったけど・・・愛する誰かへの
   想いと、友達との絆なら、あいつらにだって負けやしなかったんだ・・・」
ここで泣いた

89 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 02:49:53 ID:oeUk3nZC
ジロンVS邪魔大王国幹部

イキマ「ぬぅ・・・まさか眠っている間に日本が無くなってしまっているとは」
ジロン「ニホンだかサンボンだか知らないけど、バザーをメチャクチャにされたお返しはさせてもらうよ!」

ミマシ「小僧!命が惜しければ尻尾を巻いて逃げるんだな!」
ジロン「お生憎だけど、主人公はそう簡単に死なないのよね!」

アマソ「そんなヘナチョコなマシンでこの幻魔要塞に立ち向かうつもりか!」
ジロン「言ったな!空を飛んだり火を吹けるからって調子に乗るなよ!」

90 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 02:54:54 ID:rPapKXPC
スゲーらしいジロンだw っつーかこの状況普通にあり得たんだなあ……

91 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 11:17:47 ID:4MfH5ZHy
邪魔大王国ほど微妙な地下勢力も無かったな、はてしないほど弱かった。

>>84
一応FC版だかGB版だかの台詞だと、かなり丁寧形だった。
貧乏神に敬語+さん付け

92 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 11:30:23 ID:JvdS8bdf
>>85
ラウル編の最終面の後にあるぞ。


93 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 18:34:02 ID:WqHlarVI
桃太郎ネタも定番になったなー
ティス・金太郎=パワーキャラ対決
ラリアー・浦島=優男対決
デスピニス・夜叉姫=薄幸ヒロイン対決
ってかんじでよかった

94 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 20:35:44 ID:2arbj707
>>74に便乗して・・・

古田左介(へうげもの)VSニナ・パープルトン(0083)

ニナ「ところで古田様、ガンダムの中でも最高のとされるものを
   ご存知ですか?」
左介(・・・・・・まずいっ、俺はガンダムの善し悪しがいまいち分からぬ・・・・・・)
  「キラ殿が乗られるフリーダムガンダムであろう・・・・・・
   あの色つやといい形といい・・・・・・申し分ござらん!
   ハッハッハッ・・・・・・」
ニナ「・・・・・・」
左介(知ったかぶりはやめよう・・・・・・)
  「教えてくだされ、ニナ殿っ。最高のガンダムとは・・・・・・!?」
ニナ「フリーダムもガンダムの中ではハイレベルなものです・・・・・・
   しかし、それにもまして崇高なガンダムが三つあるのですよ。
   一つは『ゼフィランサス』・・・・・・二つ目は『サイサリス』・・・・・・
   そしてもう一つは『フルバーニアン』・・・・・・
   どれ一つ取っても一国以上もの価値に相当します。
   もし三つ揃えたならば、それはもう地球圏を取ったといっても
   過言ではありません」

左介(そ・・・・・・・・・・・・それほどのガンダムがこの世にあるのか!!?」


95 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 21:00:23 ID:/s1K8/OU
三肩衡吹いたwwwwwwwwwwwwww

96 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 21:02:05 ID:0+5DSSec
>>94
不覚にも吹いたw

GP-03が(゚д゚)になってるだろうな。

97 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 21:11:24 ID:4RcB0G+6
デンドロビウムカワイソスwwww

98 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 21:19:43 ID:z9/vjKNm
GP-04(゚д゚)

99 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 21:50:57 ID:vxDfOQNw
自分の担当機じゃないからってデンドロ無視する紫豚ひでぇwww

100 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 22:14:57 ID:xpmkwwaD
やっぱシリアスな会話よりもネタ・ギャグに走った会話の方が好まれるのかな・・・
もちろん完成度が高くて面白いことが前提だけど

101 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 22:30:03 ID:8XRiyMaZ
ネタやギャグに走った会話の場合、ある程度キャラが崩れてても許せるからね。書く方も読む方も。
シリアスな会話の場合キャラが崩れてるのは大抵致命的になるからなあ。

102 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 22:33:38 ID:zEAdYbH4
キラ      「あれ、バルドフェルドさん髪型変えました?」
バルドフェルド「虎はね 常に身を舐めて 己を美しく保つと申してね」

103 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 22:38:31 ID:W4Fb8Glu
(本人は)真面目に書いたらしい中二病シン・アスカシリーズの余波もあるんだろうな
>シリアス敬遠

104 :それも名無しだ:2006/12/03(日) 23:52:46 ID:jMioX/jQ
>>94
最近へうげものにはまったのでなおさら吹いたw

105 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 00:52:13 ID:k/SBVNU3
>>94でも十分吹いたが
>>96_97でこのネタの真意を理解して爆笑したwwwww
そりゃねーよニナさんw

106 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 00:59:00 ID:Xe3Ce4g/
大体

ごく普通会話→シチュ付き会話→ギャグ、オチ付き会話

という流れかな?
シチュ会話の良作は結構記憶に残ってるぜ。
時間かかったりするかもしれないがたまには頼む職人さんたち。

107 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 01:39:16 ID:cS1WtU9a
凱&宙VS妹紅(東方)

凱「攻撃が止んだ…?」
宙「気をつけろ、こういう時には大物が出てくるに違いないぜ!」
凱「…」
宙「…」
凱「…何も起きないな」
宙「不気味だな…」
?「本当の恐怖は、約束された恐怖の向こうにある。居るはずのお化け役が消えたお化け屋敷程、怖い物は無いのよ。
  鳴く夜雀も黙る丑三つ時の竹林、しかも満月の日。こんな時間にほっつき歩く金ピカ鎧と覆面が居るなんてのも十分恐怖だけど」
凱「誰だ!?」
宙「お出ましみたいだな!」

妹紅「私は昔からここに住む人間。別に取って喰ったりしないよ」
凱「人間…こんな所にか?」
宙「胡散臭いな」
妹紅「胡散臭くて結構。で、こんな時間にここに来た目的は何よ」
宙「肝試しだ!」
妹紅「なんと肝試し!こんなに狂おしい満月の丑三つ時に、 こんなに妖怪が沢山出る処まで来て、事もあろうか肝試し!
   人間は勇気があるというか、馬鹿というか。 そこな人間の肝は、さぞ硬くて歯ごたえがあるんでしょうね」
宙「俺の心臓は鉄より硬いぜ!」
凱「彼女が言ってるのは俺のだと思うんだが…」
妹紅「言うまでも無くそこの金ぴかよ。っていうか貴方妖怪じゃないの?」
宙「何年かサイボーグやってるが、妖怪呼ばわりされたのは始めてだ」
妹紅「さいぼーぐぅ?何それ。…っていうかそこの金ぴかも微妙に人間外みたいね」
凱「まぁな」
宙「お前こそ本当に人間か?こんな所に住んでいる事といい、さっきの肝の歯ごたえ云々といい、俺よりよっぽど妖怪じみてるぜ」
妹紅「あいにくだけど、人間よ。ただちょっと死なないだけ。
   いくら、目にも止まらぬ光の矢で打ち抜かれようと、 いくら、里を一瞬で消す神の火で焼かれたとしても、 私は死ぬ事は無い。
   もう肝試しも出来ないのよ」
凱「不死身…というわけか」
宙「まさか本当にそんなのがいるなんてな。そういう事にはもう慣れっこだけどよ」
妹紅「そうねぇ。今の外界なんて他の星からの侵略者やら、巨大な鉄の式神やらが跋扈してるらしいじゃない。
   蓬莱人なんてそんな珍しいものでもないわよ。…ああそうそう、私もここの妖怪も外には出て行かないから安心していいわよ。
   不老不死の人間が実在するなんて知れたら、色々と面倒臭い事になるし」
凱「ちょっと拍子抜けだな」
宙「そうだな…とりあえず夜が明ける前に帰ろうぜ。輝夜さんにも報告しなくちゃならないしな」
妹紅「ちょっと待った!今輝夜って言ったな?」
宙「え?もしかして輝夜さんの知り合いなのか?」
妹紅「むきー!肝試しなんておかしいと思ったら、 やっぱりあいつの仕業なのね。
   いつも私を始末しようとする。いつも刺客を遣わす。もう千年以上も続く馬鹿な争いよ。
   あいつは私が死なない事を知っているのに!腹立たしいにも程があるわ」
宙「うおぉっ!?」
凱「火の鳥…!?」
妹紅「刺客にしては話がわかるようだから帰してやろうかと思ったけど、気が変わったわ。
   お前達を色々目も当てられない惨状にしてから、輝夜に送り返してやる!」
凱「くっ、やるしかないのか!」
宙「毎度毎度、幻想郷の女の子と関わるとロクな事にならないぜ!」
妹紅「不尽の火から生まれるは、何度でも甦る不死の鳥。甦るたびに強くなる伝説の火の鳥」

妹紅「今宵の弾は、お前達のトラウマになるよ!」


以下おまけ
宙「こうなったら変形だ!」
妹紅「…って何それー!?」
宙「手も足も出ねえが、ビームくらいは出せるぜ!」

108 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 01:40:58 ID:cS1WtU9a
ちょい微妙な出来だがとりあえず投下。
ちなみにどんな弾かというとこんな弾。
ttp://youtube.com/watch?v=4Nb5Ohbt1Sg

いつの間にか脳内で凱と宙でコンビが出来上がってるなぁ。

109 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 09:03:34 ID:XQ5wUP3V
もこの台詞が本編まんまじゃん。

110 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 10:42:44 ID:jEt4DgGD
(あらすじ)
アーヴの王女ラフィールと地上人の少年ジントは
『人類統合体』のカイト大尉の追跡を振り切り
ミサイル型棺桶によって惑星脱出に成功した・・・

カイト「ぶつかれ!体当たりするんだっ!!対空部隊は何をしている!?
    とにかくあの空飛ぶ迷惑を撃墜するんだぁっ!!」

カイト「ちくしょう、ちくしょぉうっ」
兵士「無駄ですよ。空飛ぶ迷惑は天翔ける迷惑になっちまった……」

アークダーマA「ソラトブ、メイワク」
アークダーマB「アマカケル、メイワク」

カイト「な、何だ!? うわあぁっ」

「「メ・イ・ワ・ク〜」」

邪悪獣×2 誕生


出典
星界の紋章
絶対無敵ライジンオー

111 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 23:01:35 ID:kQMghnyx
古田左介(へうげもの)VSロウ・ギュール(アストレイ)

左介(こ、この刀は?!刃文の見事な三本杉と言い、地鉄の肌合いの美しさと言い…)
左介(無銘ながらこれほどの業物、とんと見かけなんだ!わしの大金時もいきり立つわ!)
左介(しかし、初対面の者に「売ってくれ」というのもがっついていると思われそうだ…なんとしたものか…)
ロウ「あ、その刀が気に入ったのかい?良ければ持って行って良いよ」
左介(!い、いかん、また物欲しそうな顔をしておったか!?)
左介「か、かたじけな…いや!それには及びませぬ」
左介(こうなったら恥も外聞もないわ!)
左介「改めて貴殿に一振お願いしたい。金子に糸目はつけませぬゆえ!」
ロウ「アンタ、変わった人だな…良いよ、出来上がったら連絡する」

ロウ「さあ、見てくれ。これが復活したタイガーピアースだ!」
左介「!!!」

左介「確かに良い太刀ではござったが…「もびる・すうつ」なる技巧人形用とは予想だにせなんだわ…」
(左介、馬車にタイガーピアースを積んで、ガラゴロと退場)

112 :それも名無しだ:2006/12/04(月) 23:27:35 ID:PI6JIH4p
へうげもの使い易いなw

113 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 08:20:25 ID:x/pYLypY
あっさりあげちゃうのがロウらしいよな。
撃つ斬る飛ぶのTA 高性能MS外枠
追加重装甲高機動二刀流MJドンだけふっとパラだ

114 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 09:03:23 ID:zZrLO1a1
古田左介って対象が陶器とかにいってるだけのオタクだからなあ。
そりゃからめやすいわWWWWW

115 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 10:16:42 ID:Rszimv5S
なあちょっと頼みがあるんだが、過去スレで
VSオーバーデビルのネタがあったときのスレのログを誰かうpってくれまいか

116 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 10:35:19 ID:Rszimv5S
と思ったら見つかったんでいいや。スレ汚しすまねぇorz

117 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 10:56:29 ID:CXGhj3Ml
>111
つか、コレ見て初めて気づいた。
ガーベラストレートって菊一文字か。

118 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 13:31:24 ID:pehr3BE9
>>116
なんとなく理由が気になった。

119 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 18:32:52 ID:/He0L7u7
カルラ「ケーケッケッ!見ろ、月の血の力を!」
竜馬「ま・・・まさか、ゲッター線の影響か!?」
ロラン「黒歴史の力・・・?」
洸「もしやムートロンを取り込んだのか!?」
ユーゼス「サイコドライバーが関係していると推測するのも私だ」
コスモ「これもイデの導きか・・・!」
ドモン「DG細胞の仕業か!?」
カルラ「・・・いや、月の血の力だって言ってんだろ」

120 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 23:22:04 ID:9IZD7ElL
ケイサルvs星団一のバカップル+α
※注:半角はK.O.G.の心情(の想像)です※

ケイサル「我はまつろわぬ霊の王にしてあまねく世界n(ry」
ラキシス「ソープさまぁ〜お菓子がなくなっちゃいましたぁ」
アマテラス「ラキシス、我慢しなさい」
ラキシス「えーソープ様のいじわるぅ」
アマテラス「仕方ないなぁ〜おい、K.O.G.、物質形成機でなんかつくれ」
コノキノウヲソンナコトノタメニ(´・ω・`)
アマテラス「なんか言った?」
ケイサル「こやつら・・・恐怖で狂いおったか?」
ラキシス「ソープ様〜なんだか組み立てに失敗したレ○ブロックみたいなのがいて気持ち悪いデス」
アマテラス「あっ、ケイサルだぁ。おい、K.O.G.、ラキシスが嫌がってるからあいつ適当にコマしちゃって。」
ヒトヅカイアライナァ・・・
アマテラス「早くやらないと今度はちゃあじゃなくてカツや柿崎乗させるぞ」
ガクブル(((゜д゜)))ヤリマスヨ。ヤリャイインデショ

ケイサル「理不尽だ」
命「不肖の息子ですまぬ・・・」
イデ「ケイサルちゃんカワイソス」
アカレコ「乙」

121 :それも名無しだ:2006/12/05(火) 23:27:46 ID:Rszimv5S
こんがりして帰ってきたケイサルに謝る母様を幻視したw

122 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 00:25:00 ID:iNXLxNI9
>>119
あるあるw

なんか異常な現象が起きると、何故か自分の作品の不思議パワーの仕業に
したがるのがスパロボのみなさんだ

123 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 01:39:54 ID:B2kK6pY2
範馬勇次郎VS碇シンジ
勇次郎「あの決戦兵器のパイロットと聞いて調べてみれば・・・なんのことはない親の七光りで選ばれた小僧っ子。しかも逃げようとしている・・・」
シンジ「僕は・・・乗りたくて乗ってるわけじゃないから・・・」
勇次郎「カッッ」
シンジ「!!」

勇次郎「本意じゃない戦いたくない殺したくない・・・下らん餓鬼の戯言をグダグダと・・・」
シンジ「あなたみたいな強い人には僕の気持は分かりませんよ!」
勇次郎「じゃあ強くなるか?」タンッッ
シンジ「え?う、うぐっ・・・」
勇次郎「もしもしネルフかい?3日程サードチルドレンを借りるぜ」

3日後

ゲンドウ「何をしに来た」
シンジ「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット、碇シンジ!お前ら全員の前歯を折りにきた!」

124 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 03:04:42 ID:vCG3Pr7J
>>123
ちょw

125 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 11:16:50 ID:EmM1f7I/
>>123
3日間奴と共に過ごして死ななかったシンジ君を賞賛したい
刃牙ならまだしもシンジ君じゃ過酷すぎて初日にくたばりそうだ

126 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 13:09:16 ID:B+kut/zM
>>123
すっかり逞しくなってwww

127 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 18:18:40 ID:e1kXMfj5
桃太郎パーティー・ラミア・OGキャラ(ATXチーム主体)で日常会話

金太郎「なあボインのねーちゃん。あんたが元いた世界には博打好きのあんちゃんたちもいたって話だけど、
     ひょっとしてオラたちもいたのか?」
ラミア「桃太郎さんたちですか?はい、いましたですことよ」
エクセレン「あ、それ聞きたいわねー。桃ちゃんたちはどんなんだったの?」
夜叉姫「別世界の私達ですか・・・確かに気になるわね」
アラド「やっぱ鬼退治のヒーローだったんすか?」
ラミア「いや、確かニュース番組のキャスター達だったですわよ。金太郎さんもちゃんとスーツを着ていらした
    ですわ」
浦島「金太郎さんがスーツですか・・・」
ブリット「なんか、想像付かないな・・・」
ラミア「けれどビルくらいもある怪獣の卵を投げ飛ばしたり、怪力は健在でありましたです」
キョウスケ「ふむ、流石は金太郎。どこの世界でも豪傑ということだな」
アラド「よっ、快男児!」
金太郎「なはは、よせって」
浦島「わたしはどうだったんですか?」
ラミア「浦島さんは、現地リポーターなどやってらしたけれど・・・妙に印象が薄うございます」
エクセレン「うわ、ひっどーい!」
浦島「・・・・・・」
クスハ「そんな気を落とさないで下さい。ほら、気分が高揚するドリンクでも・・・」
浦島「いりません(即答)」
夜叉姫「じゃあ桃太郎さんや私は?」
ラミア「桃太郎さんはニュースキャスターで夜叉姫さんはアシスタント。二人とも何かと一緒にいて、随分仲が
    およろしいようでしたのことよ」
エクセレン「お?ラブラブ?いやーん!お姉さん困っちゃうー!」
桃太郎「///」
夜叉姫「か、からかわないで下さい!」
ラミア「ちなみに桃太郎さんはあまりお変わりありませんですが、夜叉姫さんはすらりと背の高い、美しい
    大人の女性でありましたですわ。バストもエクセ姉さまほどではありませんがご立派でしたわ」
夜叉姫「・・・・・・」
金太郎「・・・・・・すらりと背の高い・・・・・・」
浦島「・・・・・・美しい大人の女性・・・・・・」
アラド「・・・・・・立派なバスト・・・・・・」
ブリット「・・・・・・」
男性陣「・・・・・・はぁ〜〜〜〜〜〜〜あ・・・・・・」
夜叉姫「何で私を見つめてそんな盛大に溜息をつくんですか!?」
エクセレン「うーん・・・夜叉ちゃんは可愛いけど、ちょっと、ねえ・・・どうかしら・・・」
夜叉姫「こ、これから成長するんです!」
キョウスケ「・・・そういう姿勢は、嫌いじゃない」
夜叉姫「分の悪い賭けってことですか!?」
クスハ「あの・・・発育にいいドリンク用意しましょうか?」
夜叉姫「結構です!」
アラド(あ・・・目が敵の時に戻ってる・・・)


この辺で敵襲だかなんだかで終了みたいな。
ラミアの口調こんなんだっけ・・・

128 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 21:38:56 ID:Vm/t0ATu
これはいい日常会話。夜叉姫好きにはたまりませんな。
最近のスパロボはクロスオーバーな日常会話が少ないのが不満だ。
Dでハロ使って盗撮してたりJでユリカが軍曹のトラップに引っかかって黒焦げになるのとか大好きなんだけどな。
ところでラミアが言ってる桃太郎たちは桃太郎電鉄というゲームの中の住人たちのことなんだろうか。
ロボットが戦ってる世界なら桃鉄が現実になってても違和感がないかもしれんけども。

129 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 21:59:54 ID:+rA0pmuH
俺この桃太郎のネタがわからない……にわのまことのやつ?

130 :書いた奴:2006/12/06(水) 22:01:45 ID:3C1li4D4
スマン、新桃太郎伝説(他にもあるが)だ。
このスレじゃ結構定番のネタなんで元ネタ表記してなかった。

131 :それも名無しだ:2006/12/06(水) 23:02:35 ID:83G9oybt
まあカルラ妙に定着してたからなあ

とりあえずスパロボ参戦作品以外は一応元ネタ表記は欲しい
元ネタがちゃんと書かれてればそれを機会にそういう作品があると知る事もできるし

132 :それも名無しだ:2006/12/07(木) 07:44:03 ID:1WiVdfpL
戦闘会話妄想が多い中でこういうのはいい。
普通にキョウスケたちと馴染んでる桃一行に萌えた。

133 :それも名無しだ:2006/12/07(木) 20:44:41 ID:BQPqySXa
>>132
だがあまりやりすぎるとスレを駄目にする諸刃の剣でもある。

>>130
d。あとは自分で調べるよ。

134 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 00:45:31 ID:gDFTYi3g
俺が知らんだからか桃ネタは内輪臭が凄くて引く

135 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 02:52:06 ID:iwMi4+kL
そんなこといったら、他のネタも同じじゃないか?
ひとつのネタとして受け入れればいいじゃん。

136 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 08:14:23 ID:RJ9rJLSB
ただちょっと多過ぎる
というとじゃあ自分でネタ振れという諸刃の刃

137 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 13:59:47 ID:gDFTYi3g
まぁ多いのはそれだけ愛されてるからだとも言えるが……

138 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 18:33:23 ID:hMhWQ0nL
ってか別に多くても問題なくね?
桃太郎ネタが多いからって他のネタが投稿できなくなる訳でもコメントしにくくなる訳でもないし。
むしろ「最近多いからこのネタ禁止」とかいう流れになる方が問題だ。いや今はなってないけど。

139 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 20:37:51 ID:rhGy9Td6
スパロボに出てる作品同士を絡ませるのが実は一番皆に受け入れられるような気もするがな。
ちょっと前にあったマクロスプラス×スパロボオリとかそんな感じの。

140 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 23:06:02 ID:mkbdzkpG
まあ個人的に引くって言ってるだけだし別にいいんじゃね
それはそれで感想だし

「あらあら禁止!」とか言い出したら要注意だが

141 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 23:08:10 ID:ZvkJNKb6
>140
うふふ

142 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 23:09:09 ID:mkbdzkpG
>>141
うふふも禁止!

143 :それも名無しだ:2006/12/08(金) 23:47:26 ID:+FZXlCpq
>>142
やれやれだぜ

144 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 00:12:50 ID:7gbnmkub
ここは白黒が居るスレですね

145 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 00:26:11 ID:T64wYFdZ
普通の桃伝だったらここまでたくさん作られなかっただろうなー。
やはり新桃は何気にFANが多いな

146 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 00:33:44 ID:6/IjZWlc




147 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 01:26:35 ID:dTolPAAo
縦書きの人。俺と一緒に巣に帰るぞ

148 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 13:49:19 ID:viRR96NT
イヴ、クルス(ニードレス)&ガイ(ナデシコ)

イヴ:お前、誰だ?
ガイ:俺はガイ! ダイゴウジ・ガイだ!
イヴ:ふーん。……んじゃあ、呼びにくいから「山田」ね!
ガイ:ちょっとまてぇ!?
クルス:あの、イヴさん?
イヴ:なに、山田? ……っと、そうか、被るか。
イヴ:んじゃ、お前が山田太郎で、
クルス:クルスですっ!
イヴ:お前は山田次郎!
ガイ:だから俺はダイゴウジ・ガイだっ!

149 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 13:54:37 ID:8+Wg0d2M
何気に本名当ててるなw

150 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 15:32:31 ID:5TC5MImO
VEGA(ストリートファイター)VSゲッターロボ

VEGA「フム・・・これが意思を持つゲッター線を利用した兵器か・・・・・面白い!
     この力をも取り込めばわが力は数倍にも増す!」
    「かの殺意の波動を操る者にも負けぬほどの力を・・・・!」

リョウ「させるか。ゲッターは貴様の思うようにはならないぜ!」

代表的な悪役といって思いつくのがこの方でした・・・反省はしてません

151 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 16:17:21 ID:fPxwAijo
ベガ「ベガが男の名前で何が悪いんだ!俺は男だよ!」

152 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 21:58:35 ID:M517b1mg
>>150
CAPCOMVSSNKとごっちゃになって
ゲッター1:ベガ
ゲッター2:ルガール
ゲッター3:ギース
のラスボスゲッター思いついてしまった……
嫌なオーラが漏れまくってるに違いない。

153 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 22:28:27 ID:oNjG1IN/
富士原昌幸が昔アンソロで描いてた
ゴールとブライとランドウが乗ったゲッターを思い出した

154 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 22:58:01 ID:SxdAaB/S
       -‐ヽ '´ ̄ ̄ヽ、
    / ⌒  l  '´ ヽ 丶
   丿 /⌒/´" `ヽ   \ ヽ
   ( (  )./     )    ) )
  ) ( ) \    /( ( (   ((
  )) .(( {_:;;;;._r‐r';;;;;.j )) )) ) )   友よ! 今が駆け抜ける時!!
  ( . ))⊃ 、_,、_, ⊂⊃((  ((
/⌒ヽ( ((ヘ、  ゝ._)   ) ) ))/⌒i
\ / `) ))ゞ、,、 __,  ィ.(  .( ./\/
  ヽ/( (( ゞミミ彡ゞ ) ) )  /
   ゝ) )) ゞ::::::l:::::ゞ ( (  /

             .,  ,.ィ
            /l// ――‐ァ_
           、/ ヘ、ヘ、へ、   ゝ
          ノル_ヽヽヽ、ヽ、゙ヽ、  ゝ
            'ヘ\ヘ〉ヘ〉,/ヽ、`ヽヽゝ
           | ●     ● |___ ヽ ゝ
            l⊃ 、_,、_, ⊂⊃6l ゝ   応!!
        /⌒ヽ__ ミ、  ゝ._)   ミ/⌒i
      \ /:ヾ入゙゙ヽ,┌‐.''''"~i/  /
.         ヽ::::::::::jlヽイi-―''''ヘ、__/


155 :それも名無しだ:2006/12/09(土) 23:12:00 ID:bvrkpWDp
カワイスw

156 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 02:55:40 ID:I3ceaWOu
大阪(あずまんが大王)VSデュナミス

デュナミス「私はデュナミス・・・間違いとはなんだ?」
大阪「授業中ねるやんー」
デュナミス「・・・」
大阪「そしたら必ずと言っていい程先生に当てられて問題間違うやん」
デュナミス「・・・」
大阪「でもうちそんな体験したことないねんーおかしいわなー」

デュナミス「・・・え?」

157 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 03:55:21 ID:goBcoVOh
ロラン・セアック(∀ガンダム) VS ゲイン・ビショウ(OVERMAN キングゲイナー)

ゲイン「初めまして、ローラ・ローラ
    あなたがおヒゲのパイロットですね。
    お噂はかねがね、グエン卿から話は聞いています。
    名前から花のような方だと思っていたが、想像以上です。
    なぜこんな野蛮なお仕事に?」
ロラン「僕はローラじゃありません!」
ゲイン「おっと…これは失礼…
    ローゼさんでしたか?
    私とした事がご婦人のお名前を間違えるとは」
ロラン「違いますっ!
    ご婦人でもなければ、ローゼでもありません!
    もう…一体なんなんですか!あなたは!
    僕の名前はロラン!ロラン・セアックです!
    間違えないでください!」
ゲイン「ロラン…ときめくお名前です
    お詫びといってはなんですが
    今度私と一緒に食事などいかがですか、お嬢さん」
ロラン「お断りしますっ!」
ゲイン「申し訳ない…
    もしかしてロラン嬢は男性と話すのは苦手ですか?
    それでこんな仕事を?」
ロラン「僕は男です!」
ゲイン「……
    俺も衰えたものだな…」
アナ 「仕方ありませんよ!
    ロランってば、こんなにすてきなだものね!
    お人形にしたいくらい!」
ゲイン「そういって頂けると助かります」
ロラン「それって良い事なのでしょうか…?」
アナ 「そう!良い事よ!自身を持って!ロラン!」
ロラン「はぁ…」

158 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 04:37:13 ID:8gcWL+9o
ルヴァイド(サモンナイト)「む…この珈琲…中々の上物だな」
バルドフェルド「嫌、まさか同じ声で珈琲の良さが分かる人間がいるとは思わなかったよ」
ルヴァイド「ふ、こちらもだ」
ディムロス(TOD)「…ふむ、奇妙な縁がある物だな」
バルドフェルド「では、その縁に乾杯しようじゃないか」
信玄(BASARA)「ムイムイ♪」

…そういえばゲーム発売日一緒だな、連ザUは一週間遅れだけど

159 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 10:50:47 ID:lnJJytqZ
霊夢(東方) VS ガンエデン
霊夢「わたしはこんなデカブツのために幻想郷守ってたって訳ね」
ガンエデン「私のために働くということは、幻想郷のバランスを保つことと同義です。だから、あなたの働きは無駄ではありません」
霊夢「そうかもしれないけどあんたのため、というのが一番腹立たしいわ」
ガンエデン「私は2代目からの博麗の巫女をずっと指名してきましたが、あなたほど特異な博麗も珍しいです」
霊夢「2代目から指名したって………あんたはひょっとして初代博麗の巫女?」
ガンエデン「最初にそういったはずです」
霊夢「言ったっけ?」
紫「知ってたわ」
魔理沙「言ってたっけ?」
慧音「言っていたな」
霊夢「2対1、満場一致で言ってない、よ」
ガンエデン「思えば………あなた以外の歴代の博麗の巫女は私が少し念波を送ればすぐに異変に駆けつけたというのに………」
ガンエデン「あなただけは私が大量に念波を送りつけてもなかなか異変に駆けつけようとしませんでしたね」
霊夢「………」
ガンエデン「解決しようと思えば何でも容易く解決できるのに、才能という点だけで言えば私すら上回るというのに………」
ガンエデン「あなたはなにを考えているんですか?」
霊夢「別になんにも考えちゃいないわよ。お茶が飲めればそれでいいし、たまの異変も楽しいし」
ガンエデン「あなたは博麗の巫女としては欠陥品ですね。不吉な十三代目、あなたは私が責任を持って排除しなければならない」
霊夢「驚いたわ、私って本当に十三代目だったのね。それはともかく」
         BGM.二色蓮華蝶
霊夢「さっきから黙って聞いていれば、言いたい放題言ってくれるわね。初代ってそれほど偉いのかしら?」
ガンエデン「そう、その態度。私の命令を聞かないイレギュラーなんですよ、あなたは」
霊夢「まるで今までの巫女が操り人形みたいな言い方ね。………久しぶりに癪にさわったから、本気でいくわよ」
ガンエデン「あなたの才能がいくらすごくても、所詮私の13分の1。私に勝てるとでも思うのですか?」
霊夢「そう………だったら………」
ガンエデン「そうです。だから………」

霊夢「幻想郷の土の中へと還るがいいわ、初代の残留思念!」
ガンエデン「原子の単位まで抹消して差し上げましょう、不吉な十三代目!」

160 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 11:56:24 ID:Xgi8Dc3/
原作破壊の設定改変も大概にしろ東方厨

と書き込まれるに20ペリカ

161 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 11:59:38 ID:yZ377tj7
マルチはお止めなさいな

162 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 12:36:48 ID:vENFBltH
>>157
なんかゲインが微妙に違う気もするが、
アナ姫さまが素晴らしいな、GJ。

163 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 12:42:35 ID:lnJJytqZ
確かに原作破壊しすぎてたな。普通に考えれば気づくことに気づかず申し訳ない。
できればスルーして普通の流れになってくれ

164 :それも名無しだ:2006/12/10(日) 13:24:01 ID:+UHfzI/9
フェストゥム@蒼穹のファフナーvsブリキ大王@ライブアライブ

アキラ「あいつの攻撃をまともにくらえば、ブリキ大王でもタダじゃあすまねーな。
    オマケにテレパシーやら何やらの超能力まで使ってくるってのか……
    ったく、メンドーな相手だぜ」
フェストゥム「……」
アキラ「だからって、ここで引き下がってられっかよ!
    オレも超能力者の端くれ、いや……昭和の男、田所アキラだ!!」
フェストゥム「あなたは、そこにいますか……?」
アキラ「ヘッ……そんくらい、自分の拳で確かめな!」

165 :それも名無しだ:2006/12/11(月) 18:50:17 ID:VznZF4Bl
>>156
テラ電波www

166 :それも名無しだ:2006/12/12(火) 17:32:10 ID:oIxRZOFu
ルカ・ブライト(幻想水滸伝U)vsポルコ・ロッソ(紅の豚)

ポルコ「…ちっ、フィオさえ捕まらなきゃあ上手いこと逃げおおせたんだがな」
ルカ「次は貴様か」
ポルコ「……ああ、フィオを返してもらいに来たぜ」
ルカ「フン、そんなに女を助けたければ、ブタの…」
ポルコ「…………」
ルカ「…………」
ルカ「死ね!!!!!」
ポルコ「!?」

167 :それも名無しだ:2006/12/12(火) 19:12:09 ID:bgbQfBzN
>>166
ポルコ逃げて〜…あ、死ぬわきゃねえかw

168 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 12:46:58 ID:FlMUBOuu
シン(種デス)vs四次元ボイルド(半熟英雄4)

ボイルド「脆弱な低次元の存在ごときが、この完熟神に勝てると思っているのか4。」
シン「やってやる!俺はもう迷わない!!俺は俺自身の望む明日を生きて行く!!」
ボイルド「フ、ディスティニープランとやらで進化を忘れようとした生命体の言葉とは思えん4。」
シン「!?」
ボイルド「生命は皆、生きる為に進化し続ける・・・。
     進化を望まぬ生命など半熟以下だ4!生きた痕跡すら残す価値もない4!!せめてこの完熟神の手に掛かって滅びる事を喜ぶがいい4。」
シン「ふざけるな!!お前みたいな訳の分からない奴に俺達の生きてきた全てを否定される筋合いは無い!完璧な生命ならどんな小さい命だって救って見せろ!」
ボイルド「この完熟神を愚弄するか4。ならば!ここでお前の物語を終わらせてやる4。完熟な世界の礎となるがいい4!!」
シン「うあああああああ!!」

169 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 12:54:44 ID:FlMUBOuu
      r ‐、
      | 4 |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l4│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒・    ¨,、,,ト.-イ/,、 l  早起きは三文の得というが、
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  今のお金にすると60円くらいだ4。
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  寝てたほうがマシだ4。
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入



170 :鋼鉄ジーグリメイク記念:2006/12/13(水) 20:22:42 ID:yWwanmMy
色々VSケイサル・エフィス
ゾフィー「ジョア・・・」(なんて巨大なマイナスエネルギーだ・・・)
ジョースター卿「ぎ、逆に考えられない。なんという禍々しさだ」
ヤムチャ「こ、こんな奴に勝てるのか?」
城茂「そんな事俺が知るか」
安西先生「諦めたらそこでゲーム終了、とはいえこれはあまりにも・・・」

ケイサル「肉ある者共よ・・・我と一つになるがいい」

トルネコ「ネネ・・・ポポロ・・・お父さんはもう帰れないかもしれない」
ウォーズマン「コワイ・・・」
ダハール・ムハマンド「ウオォ・・・」
トレパン「待ちたまえ君タチ!奴の様子がおかしいぞ!」

ケイサル「う・・・何者だ、我に干渉するのは、うっ!?」

ブロント「苦しんでいるみたいだ。これから何か起こるのは確定的に明らか」
ボラスキニフ「姿が変わっていく・・・こ、これは!?」

鋼鉄ジーグ「ヒミカ!」
MMR「な、なんだってー!」
DMCファン「幼術を使うヒミカさんの霊魂がケイサル・エフィスの持つ怨念を乗っ取ったんだ!」
ヒミカ「鋼鉄ジーグ・・・今こそ決着を付けようぞ」
鋼鉄ジーグ「望むところだ!ミッチー、ジーグバズーカを頼む!」

宙の勇気が世界を救うと信じて・・・ご愛読ありがとうございました!

171 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 21:55:42 ID:9UzHg39A
>>170
何その皆が大好きなものをとにかく詰め込んだって感じの夢の競演w

172 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 21:57:19 ID:BfefGFjI
幼術かよww

173 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 21:59:47 ID:RKqWUJKG
カオスwww

174 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 22:39:39 ID:8SPF5FNC
キングボンビーvsロード・ジブリール

ボンビー「キーーーング!ボンビー!!」
ジブリール「ひいいっ!?」
ボンビー「ゲッヘッヘ!ジブリール盟主・・・今回、デストロイの暴挙の犠牲になった
      ベルリンや周辺都市の被災者の方々に様々な援助物資を
      プレゼントしてきてやったぞ!ローンは全額お前が払うのだ!」

ロード・ジブリールの資産が全て差し押さえられた!
予備のMSが差し押さえられた!

ジブリール「な・・・何故だーっ!!」

175 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 22:53:37 ID:hb0U4FyE
>>174
ちょww種死オワタww

176 :それも名無しだ:2006/12/13(水) 23:36:50 ID:/hxQEQUY
ボンビーカッコヨスww

177 :それも名無しだ:2006/12/14(木) 06:06:14 ID:7Outu+eA
デュランダルとラクスのところにも行ってやれw

178 :それも名無しだ:2006/12/14(木) 12:54:35 ID:Rux5cz4e
ラクスは上手くかわしてミーアの方にむかわせるんだろ?

179 :それも名無しだ:2006/12/14(木) 17:28:04 ID:U8kt0ZmV
>>178
いいえ、その両方に行きますwwwwwwww

180 :それも名無しだ:2006/12/14(木) 19:05:22 ID:H3ryQMHd
アスラン(種デス)vsEM:TYPE-0(半熟英雄4)

EM:TYPE-0「ワタシ、ハ、EM:TYPE-0、ジンルイノ、シンカノタメニ、カイハツ、サレマシタ。」
アスラン「・・・俺達コーディネイターも、一歩間違えればこんな物を作ってしまう所だったのかもしれない。」
EM:TYPE-0「コジンノ、エゴハ、ニクシミシカ、ウミマセン。
          ソコカラ、ジンルイヲ、スクイダスタメニ、カンペキナ、セイメイタイガ、ヒツヨウ、ナノデス。」
アスラン「その結果が、ボイルドの様な生命を造りだすという事なら、お前は父と同じだ!だから、お前を破壊する事にためらいは無い!!」

181 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 14:57:15 ID:cH2ZyH7X
デュランダル「キラ・ヤマト君、君はすでに過去の英雄に過ぎないのだよ」

キラ「何?」

デュランダル「君は確かに優れた能力を持っている。
 だがそれは所詮、従来のコーディネーターの枠を大きく超えるものではなかった。
 そして繁殖力の弱さ、アンバランスな力がもたらす精神の脆弱さという欠点を克服できなかった。
 だから、わたしは新たなスーパーコーディネーターを創造したのだよ」

キラ「新たなスーパーコーディネーターだって?」

デュランダル「紹介しよう。完璧にコーディネートされた、この世界を導く力を持つ新たな人類だ」



ジロン「と、言うわけで俺が新しい主人公だ! 昔の主役が何時までも出張ってんなよ」

キラ「!!」

182 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 15:50:39 ID:U+rG2sKi
>>181
そうか!完璧な人類とはネジ目でメロン顔の人類のことだったんだ!
まあ、たしかに体のつくりはかなり頑丈だなw

183 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 16:07:35 ID:c3CewzaP
確かにタフではあるが。

184 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 16:10:56 ID:8VVKcgjU
α世界ではコーディネータの技術がシビリアン開発に直結してるのだろうが

185 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 18:35:48 ID:2Oz9CpTL
>>181
偉そうだが実に「らしい」ジロンに吹いたw
種とザブングルが競演するとなんかスゲエことになりそうな感じがする。

186 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 18:41:59 ID:wWp7910+
確かにキラの欠点全て克服されてるよ!
でも、それと引き換えに何か失われていないか?と突っ込みたい気もする。


187 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 18:50:44 ID:U+rG2sKi
>>186
腐女子人気か?
安心しろ、奴らはティンプ×ジロンやブルメ×ダイクなんていう恐ろしい考えをすぐに思いつく種族だ。

188 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 18:55:08 ID:BTgCWT0r
池田秀一×古谷徹という中の人のカラミも描けるある種の天才

189 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 23:27:47 ID:/p1wfIzM
ジロンならプラントに撃たれた核ミサイルも全部投げ返せるしな!

190 :それも名無しだ:2006/12/15(金) 23:33:05 ID:1QBQkJjy
ガソリンで動くんだからある意味すごい技術力だ

191 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 08:26:13 ID:LKNur71B
ジェネシスでさえもブン投げてしまいそうな気がするのは何故だ

192 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 09:24:58 ID:12OX5uVs
>>191それはザブングルやウォーカーギャリアが
男 の 子 だからだ

193 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 09:31:39 ID:0x/PiV05
男の子じゃあしょうがないな(´∀`)

194 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 12:23:04 ID:Rqi2NFPW
ていうか、ジロンなら大抵の事にはあっさり対応できるだろ。
宇宙怪獣だろうとイデだろうと何とも無いぜ!みたいな。

195 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 12:58:43 ID:1O2j5qrC
じゃあ定番のカルラ(新桃太郎伝説)と戦わせてみようか

ジロン「へえ、ラスボスっぽくいい格好になったじゃないか!」
カルラ「ケーッケッケ!ジロン、貴様もオレ様と共に来るか!?月の血を手に入れれば、お前の醜い顔も
    もう少し見られた顔になるかもしれんぞ!」
ジロン「お生憎だね!どんな顔でもほんとにかっこいい男の子には女の子の方から寄ってくんのさ。
    特に俺は主人公だし」
カルラ「ケーッケッケ!虚勢を張るのもいいが、オレ様を倒せたところでもはや大地は血の海!
     頼みの綱のかぐや姫が蘇る可能性など万に一つあるかなしかだ!」
ジロン「悪いけど、その万に一つがホイホイ起きちゃうのがアニメやゲームなのよね!あんたさえ倒せば
    かぐや姫もアジャセ王子も目を覚まして鬼も人も仲良く暮らす世界の始まりだぜ!」
カルラ「そのポンコツでオレ様に勝てる気でいるとはな!ケーッケッケ!愚かしいを通り越して泣けてくるわ!
     どうやって勝とうというんだ、ええ!?」
ジロン「戦闘力の差なんざ愛と勇気と友情と御都合主義でどうにでもなっちゃうものさ!行くぜラスボス!
    あんたを倒してハッピーエンドだ!」

196 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 14:09:46 ID:Y3xs6dv5
>195
>カルラ「ケーッケッケ!虚勢を張るのもいいが、オレ様を倒せたところでもはや大地は血の海!
>     頼みの綱のかぐや姫が蘇る可能性など万に一つあるかなしかだ!」

ジロンだったらここで名台詞
「死ぬわけ無いでしょ! アニメでさあ!」
とか言うのもアリか

197 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 20:39:55 ID:GH/SPPny
ジロンって原作でそこまで楽屋ネタの台詞あったか?w

198 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 21:10:26 ID:Y3xs6dv5
>>197
詳しくは覚えてないが、よりにもよってアーサー様が死んだ少し後の回でも台詞だった気がする

199 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 21:59:59 ID:mwA0WN/4
>>197
それをいうなら柿崎だってそこまで撃墜されてるわけじゃないし、ユーゼスだってそれも私だを
連呼してないしキラだってやめてよねは一回しか言ってない

200 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 14:46:07 ID:WOTCK2Fr
>>197

『そう簡単に死ぬかよ! アニメでさ!』

第49話「決戦! Xポイント」でのジロンの名(迷?)台詞。
落下して来た大型ミサイルをウォーカー・ギャリアにて受け止め、投げ返す時の台詞。
前話「永遠のアーサー様」のシリアスさを吹き飛ばす、快刀乱麻の大活劇。


201 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 15:41:55 ID:viRKfoiP
コスモ「カーシャ!ミサイルはどうした!
    このままじゃ押されるだけだぞ!」
カーシャ「やってるわよ!」
ギンガナム「黒歴史の雄は一つでいい!
      ミサイルとグレンキャノンしか能のない
      デクの棒は退場してもらおうか!」
デク「そんな自分勝手!」
コスモ「今のイデを破壊したら何が起こるかわからないんだぞ!
    何もかもが無くなってしまうかもしれない!」
ギンガナム「そいつは結構じゃないか!
      どうせ、ターンXですべてを破壊し、新しい時代が始まるのだ!
      遅いか早いか!それだけの事!」
コスモ「正気で言ってるのかよ!」
ギンガナム「革命を起こそうっていうんだ!
      そういう事をしなければいけない人間が
      規律や常識なんていう、しがらみに囚われていては
      何にもできやしねぇだろうが!」
コスモ「だが、何もないところから生まれない!
    それを知ってイデは!」
ギンガナム「眠っていたといいたいのだろう!坊や!
      だがなぁ!現に目の前にいるだろうが!」
コスモ「お前みたいなのがいるからだろ!」

202 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 18:57:35 ID:cQj90bjg
テラトミノw

203 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:58:10 ID:2GY87TS/
やっぱ富野節は最高だなぁw

204 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 22:39:10 ID:8dyFToca
ニダー(2ちゃん)&色んなキャラvsデボネア(レイアース2)

とてもなく巨大化したニダーがデボネアと対峙する

デボネア「馬鹿な!さっき跡形も無く吹き飛ばしたはず・・・」
獅堂光「ニ、ニダーさんが・・・」
龍咲海「巨、巨大化〜!さっきので生きてるだけでも非常識なのに!?」
ニダー「ウェーハッハー!ウリ民族は世界一ィィィィッ!!
     おい、クソババア!さっきの借りは半万倍にして返してやるニダ!」

パンチで容易くデボネアを吹っ飛ばす

デボネア「ガフッ・・・!!・・・何故だ・・・何故そこまでっ!!?」
ニダー「ホルホルホル・・・愚問ニダ!他の奴にできる事が
     ウリ民族にできないはずはないニダッ!」
モナー「そういえば・・・セフィーロは思いの強さが力になる世界モナ・・・ニダーの
     思い込みに勝てる奴なんて世界中探したって居やしないモナ!」
鳳凰寺風「単に冗談が好きな人だと思っていたんですけど・・・(汗」
ベジータ「ニダーの戦闘力が・・・際限無く上がっていやがる!」
ディアッカ「グゥレイト・・・妄想だけは凄いぜ!」
キノ「帰化するなんて言い出さなきゃ良いけどね・・・」
デボネア「己を信じる心だと・・・自惚れるな!虫ケラめぇぇぇぇぇ!!!」
ニダー「それはこっちのセリフハセヨ!最優秀民族のウリを侮った
     自分の浅はかさを後悔するがいいニダァーーーッ!」

205 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 08:15:45 ID:0wuoOO3l
何気にまざってるベジータwww

206 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 20:35:09 ID:nnoP3RvP
思い込みで強くなるというと星くず英雄伝のヒーロー連中を思い出してしまう。
しかしニダーすげぇw

207 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 01:39:04 ID:wiY4cMmi
部隊を分けるとき


ブライト「皆聞いてくれ、部隊を三つに分けたいと思う。
     具体的には、宇宙に上がって星のくず作戦を阻止する部隊、
     ギアナ高地を調査する部隊、第3新東京市に残って待機する部隊だ。
     それぞれメンバーの内訳は…(略)…以上だ。
     そうだ、どうでしょう班はどうする?」
藤村「えーではこのような事態のためにこんなものを用意してみました。」
  (ミスターにフリップを渡す)
ミスター「αナンバーズと行く地球防衛の旅、じゃかじゃん!
     まず1、2が出たら…ブライト艦長と行く星の屑阻止作戦!
     3,4はドモンたちと行くギアナ高地散策!
     5はシンジ君たちと第3新東京市で待機!」
大泉「5はちょっと嫌だな使徒が出そうな雰囲気があるからなぁ
   ところで6がまだ隠されてるんだけどここからすごい嫌な予感がするんですが…」
ミスター「えぇ6は…深夜バスで行く鹿児島県!」
大泉「うわ辞めろよ、本当痔が悪化するんだから、深夜バスなんか誰も得しねぇんだぞ。
   お前ら殺す気だろ、大体意味解かんねえよ、なんで鹿児島なんて行くんだよ。
   全然関係ねえだろ、しかも第3新東京市から鹿児島までどんだけあると思ってるんだよ。」
テロップ「大泉、激怒。」

藤村「では、注目の1投目ミスターお願いします。」
大泉「ミスターわかってるよね、6は出したら駄目だからね。6以外だから。
   6分の一で皆地獄行きなんだから、出したらあんたダメ人間だよ。わかったね!」
ミスター「はい、ではいきます。何が出るかな、何が出るかな、それはサイコロ任せよ、
     とう!」
    (サイコロ長く転がった挙句6の目で止まる)
大泉「このダメ人間!」


208 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 03:26:34 ID:yDPqqWFD
>>207
さすがミスターww

209 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 22:03:42 ID:yHY5s8UH
>>207
スマン、寝た元を…なんかのバラエティ? ぐらいしかわからん

210 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 23:21:10 ID:NizA9/hX
[水曜どうでしょう official website]
http://www.htb.co.jp/suidou/

211 :209:2006/12/21(木) 23:10:41 ID:7qYQeUcE
>>210
サンクス!

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)