5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ごひは兄チャマになったようです

1 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 10:28:38 ID:n6Z2kGEl
トウマ「やあ(′・ω・`)ようこそ『正義のから騒ぎ』へ。店長のトウマだ。
    この塩コーヒーはサービスだから、落ち着いて下記をよく読んでほしい」
ごひ(五飛)「このスレは俺と妹たちの日常と」
イルイ「そこから派生したネタ全般を扱うスレです」
鉄也「ネタの縛りは無い。どしどし投稿してくれ!」
ブリット「…と言いたいところだが度を越えたエロスは程ほどにな!」
シンジ「あんたが言うな!けれどルールを守らないとね」
依衣子「それとスパロボに参加していないキャラもなるべく控えてくれ」
クワトロ「過去ログ、まとめ見てキャラの大体の性格は把握しよう。変更はアリだ」
クスハ「まとめサイト、及び関連スレは↓を見てね」

前スレ
ごひはお兄たまにはまだなっていないようです(7人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1164176997/

過去スレ
ごひはお兄ちゃんになったようです(1人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1154698275/
ごひはお兄たんにはまだなっていないようです(2人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1155363242/
ごひはお兄様になったようです (3人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1156066595/
ごひは兄上様になったようです(4人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1157308314/
ごひはお兄ちゃまになったようです(5人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1158467890/
ごひは兄君様になったようです(6人目)
ttp://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1161075400/

まとめサイト
ttp://plaza.rakuten.co.jp/gohiani/

2 :登場人物:2006/12/16(土) 10:29:38 ID:n6Z2kGEl
登場人物
ごひ:このスレの主人公。本名は張五飛だが、最近は本人ですら突っ込まなくなるほど忘れられている。
    いろんな人から『お兄ちゃん』と呼ばれている、が本人は呼ぶなといっている。通称幼女ホイホイ

ごひシスターズ:ごひを『兄』と慕う幼女・妹キャラで構成されたスレメイン軍団

トウマ:『正義の空騒ぎ』のマスター。このスレの影の主役といっても過言じゃない。変態が多いせいで苦労が耐えない。
     常識人の中の常識人。悩める常識人の悩みや愚痴を聞くいいやつである

シンジ:正義の空騒ぎの常連。鉄也、クスハ全裸スレや当スレでも常識人を地で行く猛者。変態が多すぎて人格が壊れる時がある
     最近ではマサキを対象にした親バカに目覚めたり、アラエル-XXにときめいたりと、やたら「愛」という感情に縁がある。

鉄也:ある意味このスレの起源となった要因の一人。常に全裸で歩いてる。シンジを狙っている

クスハ:鉄也同様このスレの起源の一人。彼女も全裸。同じくシンジを狙っている

ブリット:常に全裸で歩いてるガチホモ。自慢のシシオウブレードでシンジを掘ろうとしている

クワトロ:クワトロ 言わずと知れた赤いロリコン。度々シスターズを追っかけまわしてはごひに成敗される。

依衣子:クワトロとの失恋(?)後、ショタ分とクインシィ分が抑えられた代わりに、女ごひと化した
     現在は戦艦の一室を借り弟たちの面倒を見ている

参戦勢力
ごひ+ごひシスターズ:言わずと知れた当スレのメイン軍団。シスターズの面々は出番の多さにムラがある
 現参加メンバー→ttp://plaza.rakuten.co.jp/gohiani/2000

正義の空騒ぎ:常識ある方々の集う憩いの場 店主はトウマ 変態入店お断り
 現参加メンバー→ttp://plaza.rakuten.co.jp/gohiani/3000

全裸部:全裸の人間が、全裸の地位向上、ひいてはαナンバーズ全員の全裸化のために結束した組織
 現参加メンバー→ttp://plaza.rakuten.co.jp/gohiani/9000

その他
NHK、GIH、超隠密部隊、使徒XXメイド隊
W組、アベルちゃん応援団、その他(常識人と変態)
依衣子+依衣子ブラザーズ イベント実行委員会、プリベンター、平行世界組、地獄の(欝)兄弟
☆愛の空騒ぎ
といった勢力あり 詳しいキャラクターの性格等は、前スレ 及び まとめ で熟知すべし
(☆は新規参加勢力)

3 :Xmasパーティー:しおり:2006/12/16(土) 10:30:39 ID:n6Z2kGEl
αナンバーズ・隊員合同X'mas会
会場:バルマー星 霊帝の宮殿(ルアフ氏提供)

・はじめの挨拶(シナプス)
・合唱(ごひシス&依衣子ブラ)
・マジックショー(GHI)
・巨大ケーキお披露目(正義の空騒ぎ)
・自由時間
・空中浮遊ヒゲダンス(アベル応援団)
・ビンゴ大会(イベ実)
・秘密の出し物(全裸部)
・プレゼント交換(イベ実)
・終わりの挨拶(シナプス)

総合司会進行:「ごひ兄スレッド・オールナイトラジオ」(サキエル-XX&ゼルエル-XX&ブライト)
料理案内:バイキング(レーツェル等、選抜シェフチーム)
      おでん(愛の空騒ぎ)
      ゲリラ出品(反全裸部)

企画:イベント実行委員会一同
提供:時田グループ各社
   キャリコのニコニコオレンジ農園
   メイド天国:愛倶☆子厨
   ウィナー財閥

4 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 10:45:36 ID:JtWoWwzM
>>1
でも少し早くないか?
まぁ携帯だから容量わからんけど

5 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 10:54:29 ID:t+acdhwX
>>1

>>4
480kb越えてる

6 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 12:31:19 ID:PyzoaXIV
マスター>>1に乙を…

7 :それも名無しだ:2006/12/16(土) 17:13:31 ID:hYKJ6cjN
まだあったのかこの糞スレ

8 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 03:41:20 ID:F1B+2G4b
>>7
それがあったんだよ。この良スレ

9 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 10:12:56 ID:xgpKquIo
>>1に向けて乙発射

10 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 12:30:18 ID:HBmNTmZK
ティンブの旦那>>1に乙でんを

11 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 21:14:14 ID:UOQSAm+4
>>1



12 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 22:18:15 ID:exRYpIXK
前スレもバカカツが締めたということで


バルマー星 霊帝の宮殿

シナプス「え〜、ではこれより、αナンバーズ・隊員合同X'mas会を行う。
     今回のパーティーで、日ごろの疲れを存分に癒して欲しい。
     …最後に、未成年の飲酒は控えるように。以上」
アムロ(今回は演説短かったな)
ミサト(終わりの挨拶で存分に喋る、って言ってたケド…)
アムロ(マジか…)
シナプス「では、司会の方、よろしく」

BGM:Fly me to the moon
サキエル-XX「…出張! ごひ兄スレッド・オールナイトれいでぃお〜!」
ワーワーヒューヒュー!
サキエル-XX「大声援ありがとーなのだっ!
    …はい、とゆーわけで始まりましたのだっ。
    いつかはOA風景を絵師さんにも描いてほしい不定期放送・オールナイトラジオ、司会は私サキエルと…」
ゼルエル-XX「…ゼルエルでお送りします」
サキエル-XX「そして! 今日は『出張』とついている通り!
    いつもコッソリ収録に使っている部屋を飛び出して、公開放送を実施しちゃうのだっ!」
イェーイ!!
サキエル-XX「ありがとーなのだーっ!
    …さてと、今日のサキエル達は、このX'masパーティーの司会という大役を務めることになったのだっ」
ゼルエル-XX「…無許可で放送しているのにここまでしてくれて、感謝します」
サキエル-XX「最後の最後まで気合入れて頑張るんで、パーティーが終わったら、本放送も聴いてほしいのだっ!」
ハーイ!!
サキエル-XX「よろしいのだっ。さて、今日ゲストとしてお招きするブライト艦長についてですが、
    お昼の自由時間におけるレギュラー放送の枠内で登場するので、もうちょっと待ってほしいのだっ」
ゼルエル-XX「…じゃあ早速最初の出し物を」
サキエル-XX「本スレの主役・ちょうごひ率いるごひシスターズと、
    伊佐美依衣子率いる依衣子ブラザーズによる、合唱なのだっ!」
ワーワーヒューヒュー!

13 :それも名無しだ:2006/12/17(日) 22:47:26 ID:xgpKquIo
カツ「ククク…やはり主役だよな俺、トリも飾ったし…ククク…」
ダッダッダッ
カツ「おや、さっそくファンの娘でも来たかな?」
ダッダッダッ
ごひ「待てぇぇぇぇぇ!」
ダッダッダッ
鉄也「なぜ俺を追いかけるんだごひくん!」
ダッダッダッ
ごひ「そりゃいきなり控室に入って『おちんちんって小便する以外にも使い方があるって本当か!?』とか聞いてくれば斬りたくなるわ!」
ダッダッダッ
鉄也「だってジュンがそんなことを言ってたから知りたかったんだ!」
ダッダッダッ
ごひ「あの場にラトゥーニたちが居なかったからよかったものの、いい加減貴様らを始末しなければいかんようだ!」
ダッダッダッ
鉄也「な…なぜそんなに怒るんだ!」
ダッダッダッ
ごひ「問答無用!(青龍刀を投げる)」
ヒュッ
鉄也「マジンガーブレード!(切り払い)」
キィン

ヒュー
カツ「あれ?こっちに何か飛んでき…」
さくっ

マリア「あら?こんなとこにカツの死体が…」
デューク「まぁいつものことだから心配するな」

14 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 00:15:53 ID:olvvHBom
かなめ「ようやく始まりましたね〜。X'mas会。」
トウマ「そうだな。全裸どもの動向が気になるが…
それよりも、早く俺達の作ったケーキを見せたいな。」
ティンプ「よぅ。久々だな、お前ら。」
ケーン「あれ!?ティンプさん。ホントに久々っすね〜。」
ティンプ「ああ。開店まで少し時間があるからな。
丁度出禁も解消されたことだし、お前達に店員の紹介でもしようと思ってな。ほれ、二人とも。」
統夜「あ、紫雲 統夜といいます。はじまして。」
テニア「フェステニア・ミューズだよ!よろしくね!!」
正義のから騒ぎ一同「よろしく!!」
統夜「あ、そうだ、トウマさん。重大な話があるので、ちょっといいですか?」
トウマ「ん?ああ、別にいいが…」
統夜「じゃあ、ちょっとあっちに…」テクテクテク…
かなめ「…何の話なんだろうね?」
ケーン「にしても、テニアちゃん可愛いね〜。恋人とかいるの?」
テニア「え!?えっと…そうなれたらいいな…って」
マサキ(魔)「もしかして、統夜ってやつのことか?
あんな奴の何処がいい(バキィ)ウボァ!?」
テニア「統夜はアタシの大切な人なんだ。
誰だろうと、統夜の悪口を言う人は許さないよ。」ゴゴゴゴ…
ティンプ「お〜、痛そ…」
宗介「見事な膝蹴りだったな。」
かなめ「そんなこと言ってないで!マサキさーん、大丈夫ですか〜?」
マサキ(魔)「う、う〜ん…俺は疾風…」ブクブク
テニア「ちょっとやりすぎたかな…?」
ティンプ「別にいいんじゃないか?その内元に戻るだろ。」

トウマ「…話と言うのは何だ?」
統夜「全裸部が、このパーティで、何かしらの行動を起こすそうです。」
トウマ「!!本当か?」
統夜「はい。今はあまりこの場を混乱させたくないので、トウマさんだけに告げますが、
知り合いの情報屋によると、全裸部の出しものの後に何かが起きる…とのことです。」
トウマ「そうか…あいつらめ、何をしようってんだ。」
統夜「それはまだ分かりません。ですが、何かあった時のために、
機体を、何処か近くに置いておいた方がいいかと思います。」
トウマ「…そうだな。」
テニア「統夜〜、店長がそろそろ屋台開くって〜。」
統夜「ああ、今行くよ。…それじゃあトウマさん。お気を付けて。」
トウマ「ああ…(全裸部め…、何を考えてるんだ?
一応、店員や、ごひたちにも知らせとくか。)」


15 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 01:14:34 ID:oZDjLEgD
サキエル-XX「さて、最初の出し物の合唱ですが…」
ゼルエル-XX「…まだ全員揃ってないみたい」
サキエル-XX「どーやらごひに何か一悶着あったらしいんで、もう少し待っててほしーのだっ」

シンジ「何があったんだろうね、アラエル」
アラエル-XX「そうですね…」
マサキ(冥)「はやく終わってごはんにしたいの〜」
シンジ「もう少し待っててくださいね、マサキさん」
チョンチョン
シンジ「ん?」
トウマ「ちょっといいか、シンジ?」
シンジ「あ、はい、いいですけど…
…みんな、ちょっと待っ…」
ラミア「いや、私も行こう」
トウマ「そうだな…ついて来てくれ」

シンジ「…全裸部が!?」
トウマ「ああ。まだ何をするか、ってのは不明だけどな」
ラミア「分かった。反全裸部のメンバーには私から伝えておく。
今日は全員出し物も無いからな」
トウマ「頼む。
…シンジ、全裸部の奴らには、お前を慕ってる奴が多い。
多分、真っ先に狙われるだろう。だから、気をつけてくれよ」
シンジ「はい。僕だけじゃなく、マサキさんにもアラエルにも、危害は加えさせません」
トウマ「言うようになったな。じゃ、頼んだぜ」

16 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 15:56:18 ID:lyYjfM8E
イルイ「お兄ちゃん遅いね…」
プレシア「何かあったのかな?」
北斗「こっちは準備整ってるんだけど…」
…タッタッタッ
ごひ「すまん、遅れた!」
依衣子「遅いぞ、ごひ!」
ハーリー「何かあったんですか?」
ごひ「途中、鉄也にちょっかいかけられてな…」
ミユキ「指揮棒準備できてるよ!」
フレイ「頑張りましょう、お兄様!」
ごひ「ああ…行くぞ!」

サキエル-XX「…さぁ皆さん、大変永らくお待たせいたしましたのだっ!
     いよいよ第一のプログラム、ごひシス&依衣子ブラの合唱、スタートなのだっ!」
ワーワーヒューヒュー!
サー…ッ(垂れ幕の開く音)
ごひ「…………」
ポロン ポロロン… キンコンカンコン…
高音チーム「「僕の星〜に舞い降りる〜 君をいつも夢に見る〜♪」」
低音チーム「「今も1人〜 空を見上げて〜 僕を〜探しているの〜♪」」
高音チーム「「会いた〜い気持ちなら〜 きっとそうさ負けてない〜♪」」
一同「「「「ぎ〜ん〜が〜に〜飛び〜立つ〜♪ 翼〜ぼ〜くら〜に〜と〜どけて〜♪
      お〜と〜な〜に〜なる〜頃〜♪」」」」
高音チーム「「いつか♪」」
低音チーム「「星の♪」」
一同「「「「う〜みで〜♪」」」」

ケーン「1曲目は『いつか星の海で…』か…」
メリーベル「いい歌だね」
凱「できりゃ俺達GGG組も一緒に歌いたかったけどな…」
かなめ「あ、そろそろ2曲目に入るみたいですよ」

17 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 20:23:46 ID:lyYjfM8E
一同「「「「慌てんぼうの♪ サンタクロース♪
      クリスマス前〜に♪ やって来た♪」」」」

ジュドー「今日のパーティーにはぴったりな曲じゃないの」
アルテア「クリスマス当日はまだ先だからな…」
アヤ「さぁ、この曲が終わったらすぐに私達の出番よ」
吉良国「でも、大丈夫かなぁ…僕らあまり練習してないような気が…」
マサキ(冥)「ぜったいだいじょうぶ! じぶんをしんじてなの〜」
シンジ「そうですよ、吉良国さん」
ボルフォッグ「時に会長、ステージ衣装の方ですが…」
シンジ(ジロリ!)
マサキ「?」
ボルフォッグ「ヒッ! な、何でもありません…」
シンジ「マサキさんの分は、僕がタキシードを一着借りてますから。ね?(ニッコリ)」
ボルフォッグ「は、はい…」

ごひ「…ありがとうございました!」
一同「「「「ありがとうございましたー!」」」」

サキエル-XX「ごひシス及び依衣子ブラの皆さん、素晴らしい合唱ありがとーなのだっ!」
ゼルエル-XX「…いい歌だったね」
サキエル-XX「ホントにもう、感動でおねーさん涙が止まらんよーなのだっ! ウォーイオイオイ!!」
ゼルエル-XX「…いや、それは言いすぎ」
サキエル-XX「ムッ…こういうのをナイスなトークと言うのだっ!」
ゼルエル-XX「…まぁ、ノリはいいけどね」
サキエル-XX「とゆーわけで、早速次の出し物の方、いっちゃいますのだっ。
    木原マサキ率いる、ワイワイだいどーげー軍団・GHIによるマジックショーなのだっ!」

ジュドー「おっ、終わったみたいだぜ!」
アヤ「紹介文は気に食わないけど…」
マサキ「それじゃ、れっつご〜!」

18 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 20:57:02 ID:to+151XY

ジュドー「ショーの司会は俺、ジュドー・アーシタが勤めます
まずは紅一点アヤ大尉の登場です」
アヤ「マイ見ててね、お姉ちゃんがんばるわよ
ここに有りますは種も仕掛けもない箱
この中にクワトロ大尉入っていただき、それを私がストライクシールドで貫きます」

ごひ「箱の中の人間は無傷という定番のマジックだな」
レビ「まっアヤがやることだ大して期待せずにみよう」
デュオ「なんでレビになってるんだ?」

クワトロ「コソコソなぁアヤ君このマジックの種はどうなってるのだ?私は何も聞いてないのだが」
アヤ「種って、そんなの無いってさっき言ったじゃないですか♪」
クワトロ「へ?ちょっま」
アヤ「T-Linkフルコンタクト、行きなさい」
グサ グサ グサッ!!
クワトロ「ぎゃー」
ごひ「演技とは思えない痛がりかただな」
デュオ「ホントに演技かあれ?」

アヤ「仕上げにこの布をかけて十数えますと、
10…5…1・0ハイ
白い箱が赤く変わました」
ごひ「おお白かった箱が真っ赤になってる」
マイ「思ったよりいいよかったな
ちょっと見直したかも」
アルフィミィ「なんだかとってもいい匂いがしますの♪」

デュオ「オレには箱と反対に青白くなって痙攣してるクワトロ大尉が気になるんだが…」

19 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 20:59:29 ID:to+151XY
ジュドー「続きましては我等が会長冥王マサキ&保護者碇シンジの登場です」
イルイ「マサキくん頑張ってー」
マサキ「あーい」
アスカ「バカシンジ失敗するんじゃないわよ!」
シンジ「こ、こんな所で大声でバカシンジっていうなよ!」
ジュドー「さあ二人とも彼女からの声援を力にやってもらいましょう
人体変化&人体消失マジック」
ごひ「人体消失か、中々大技で来たな」
デュオ「さっきのマジックから考えるとなんか嫌な予感が…」
ジュドー「いけに…ゴホゴホ、アシスタントはショタコンビボルフォッグ&アルテアが勤めます」
ボル「ジュドー会員、今いけにえといいませんでしたか?」
ジュドー「やだなあそんなこと言うわけないでしよ
さっこのガラスケースに入って」
アルテア「シンジ君何故我等を鎖で縛る?」
シンジ「逃げ出せないよう…じゃなくて雰囲気作りの為ですよ」
アルテア「うそだぁー今逃げ出さないようにって言ったぞ」
ボル「なにをそんなに怯えてるんですアルテア会員
シンジ会員が私たちに危害を加えるわけないでしょう」
アルテア「そうはいうが、なんだかシンジの目が物凄く恐いのだが」
ボル「ゴニョゴニョアルテア会員落ち着いて下さい、仮になにかあろうとも私達ならこんな鎖簡単にやぶれますよ」
アルテア「た、確かにそうだな」

20 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:02:49 ID:oZDjLEgD
その頃、会場外・愛の空騒ぎ

バルシェムA「ヒイック…畜生、やってられっかよぉ…」
ティンプ「あー…お客さん、まだ食事の時間になってねぇんだけど…」
バルシェムA「なんだよぉ…アンタまでいちゃもんつけんのかよぉ…ヒイック…」
バルシェムB「すいません…今回だけは許してやってください…」
バルシェムA「俺はオレンジのコマ使いじゃねーんだっつーのー! …はぁ…」
ティンプ「…やれやれ…」

21 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:06:06 ID:to+151XY
ジュドー「ではお二人がケースに入った所で始めましょう
まずはマサキによる人体消失でーす」
アルテア「ボルフォッグは大丈夫だと言ったが嫌な予感が」
シンジ「さっきからなに怯えてるんですかアルテアさん
僕らが仲間を傷つけるわけないでしょ
例えば僕とマサキさんの更衣室にカメラを仕掛けたりしてなければ」
アルテア「気付いてたの…?」
シンジ「さっまずボルさんには物理的に消滅してもらいますか」
アルテア「ボルフォッグ逃げろー」
ボル(さてホログラフイックカモフラージュで消えたふりを…
ん、マサキ会長何を?)
マサキ「次元連結システムしどー!烈・めいおー攻撃」カッ! チュドーン!!
ジュドー「光りと共に見事ボルフォッグが消えました皆さんマサキ君に拍手を」
パチパチパチ
シンジ「さっ次はアルテアさんの番ですよ」
アルテア「こっこんな鎖ぐらい…」
シンジ「切ろうとしても無駄ですよ、その鎖超合金Zでできてますから」
アルテア「イヤだー助けてスハル〜北斗きゅん〜」
シンジ「さっ人間としてかけてる物が多い人に相応しい姿になってもらいますか」ピチャーン
ジュドー「今度はアルテアさんが見事に液体になりました
これにてGHIのマジックを終わらせていただきます最後に二人の子供マジシャンに拍手をお願いします」

22 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:12:07 ID:Ac9hc0eD
>>20
A;櫻井声
B;福山声

かな。

23 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:33:39 ID:cB5Ktlwv
>>22
逆、Aが福山、Bが櫻井

24 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:45:59 ID:oZDjLEgD
流れを斬艦刀しちまってすまんかったorz

サキエル-XX「GHIのみんな、ありがとーなのだっ!
いや〜、思ったよりもまともな内容で安心したのだっ」
ゼルエル-XX「…その実まともじゃなかったりする」
サキエル-XX「うにゃっ?」
ゼルエル-XX「…知らないならその方が幸せだよ馬鹿姉」
サキエル-XX「むむ…何か引っかかる言い方なのだ…
…まぁ細かいことは気にせずに、次に行くのだっ!
これからお食事をとる自由時間になるわけですが、その前に、我らが常識人の砦・正義の空騒ぎからビッグプレゼントがあるのだっ!」
ゼルエル-XX「…この日のために丸2日不眠不休で作り上げた、巨大ケーキだそうです」
サキエル-XX「それじゃ、空騒ぎメンバーの諸君、どうぞーなのだっ!」

ダラララララララ…
ケーン「いよいよだな…」
トウマ「ドラムロールが終わったら、一斉に布を下ろすぞ。いいな?」
ディアッカ「グゥレイト」
アイビス「任せて」
宗介「肯定だ」
ダラララララララ…ジャーン!
トウマ「今だ!」
バサッ

一同「「「おお〜っ!」」」
竜馬「こりゃでけぇもんだぜ」
アスカ「あ〜ん美味しそう…」
フレイ「早く食べた〜い」
サキエル-XX「ご覧くださいなのだっ!
高さ6mにも達する巨大なケーキ、素材は最高級の物を使用…あ〜んサキエルも早くかじりつきたいのだっ!」
ゼルエル-XX「……(ジュル)」
サキエル-XX「さて、この巨大ケーキを美味しく頂くため、ケーキ入刀を行うのだっ!」

凱「本当にいいのか、トウマ? こんなでかい仕事…」
トウマ「大丈夫さ。それに凱はケーキ作りには加わってなかったんだし、
その分きっちり働いてもらわなくちゃな」
凱「はは…そりゃごもっとも。
…よし…それじゃ行くぜ! イィィークィィィーップ!!」
ガシーン!
凱「ウィル! ナイフッ!!」
ヒュッヒュッヒュッ…スパパパパパッ!
…ワーワーヒューヒュー!

サキエル-XX「空騒ぎのみんな、ありがとーなのだっ!
…さて、それじゃーみんなお待ちかね、自由時間なのだっ」
ゼルエル-XX「…食事を取ったり、会話をしたりして楽しんでください」
サキエル-XX「料理はトロンベの人率いる選抜シェフチームが、腕によりをかけて作ってくれたのだっ。
それと、しばらくしたら、オールナイトラジオの放送も行うので、そっちも聴いてほしーのだっ」

25 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 21:53:44 ID:qwRh0lHp
こう言ったことを聞くのは野暮だとは思うのだか
自由時間はいつまでですか?

26 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 22:29:44 ID:HB7zWuRM
ダコスタ「美味しいですねケーキ」むしゃむしゃ
ラクス「私たちも手伝った甲斐があったというものですわ」
虎「ですな、む!そこのキミたちも私のコーヒーを飲んでいくかい?」
???「え?あ…遠慮しとく!」

リヒテル「おい!ここのどこがボアザン星連合パーティーなんだ!」ヒソヒソ
ハイネル「いやスカールークが隣接していたからついここだと思ってしまった…」ヒソヒソ
リヒテル「よりによって敵軍のパーティーに来てしまうとは!さっさと脱出すr…」ヒソヒソ
トントン
リヒテル「む!?」
ハイネル「何奴!?」
クスハ(全裸)「あの〜、よかったらこのクスハ汁飲んでくださいね♪」ブルンブルン
リヒテル「むはっ!」
ハイネル「おぉっ!」
リヒテル「(クスハを見ながら)…も、もう少しここに居ようか!」
ハイネル「(クスハを見ながら)…ま、まぁそれもいいな!」

27 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 22:47:37 ID:oZDjLEgD
ルネ「美味いもんだね、この紅茶」
J「この前も似たようなことを言ってなかったか?」
ルネ「あたしゃボキャブラリーってのがないからねぇ…
…ま、そんなことより、Jも飲んでみなよ」
J「分かった」
ゴクゴクゴク…、バチバチッ!
J「ぐぅああああぁぁーっ!!?」
ルネ「ジェ、J!? 大丈夫か!?」
J「あ、ああ…言語システムに、障害が出た程度d…ぶはっ」
ルネ「…J…?」
J「…ッククク…ハハハハハハ…! 蝶サイッコーーー!!!」
ルネ「J!?」

ユウ「クックックッ…」

28 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 23:02:14 ID:Ac9hc0eD
-その頃-
ハルル「ロゴ・ダウの異星人の…巨神…じゃない、巨竜か」
ダミド「敢えて言おう、カスであると!」
ハルル「叩け!」
ギジェ(帰りたい…涙)


葉月「とりあえずアレだ、デューク君の事だが…」
キャスリン「巷の山ちゃんさんですか?」
葉月「山寺自体代役だと実話晒したら、山ちゃん呼ばわりネタ
の職人が崩壊せんだろうか?」
OVA「もとは故人の富山敬さんでしたよね…確かに人違い」
護「帰ってきてよ長官ー!」
戒道「クリスマス独特の雰囲気が遠くなった…子供の身空には
こたえるな」
ケン太「君も帰ってこよーよ! 今回の戦闘班はVRズです」

ハルル「ええい、真面目に戦わんか!」
アラン「子供の教育の一環として、クリスマスをどうするか、
という、将来に関わる重大な会議中だ。お前こそ黙れ冴子」
ハルル「槙村さん…貴方なの!?」
アラン「中の人ネタは、この辺でノシ」


ドッパ「ああ、なんかもう」
キヤヤ「滅茶苦茶ね…収拾つくのかしら?」

チーフ「事態収拾の鍵を叩いて砕いてGDGDにしているのは…」
ハッター「他ならぬ貴様らだろうッ、が!」


因みに飛影衆は、X'mas会場に潜入中。
萌え声な宇宙怪獣の襲撃や変態のテロ行為に備えています。
フェイも氷竜と居るようです。

29 :それも名無しだ:2006/12/18(月) 23:23:57 ID:RJBUAjpE
>>28
フォッカー「冴子はCHなら「槇村」、AHなら「秀幸」だぞ〜!!」
輝「いきなりなに叫んでるんですか先輩」

30 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 00:15:01 ID:ZQaUJQcu
アラエル-XX「これ…美味しいですね」
シンジ「こっちも美味しいよ、アラエル」
イチャイチャラブラブ

アスカ「キィィ〜! バカシンジもあんな使徒女のどこがいいってのよ!!」

レイ「…………」
ヒイロ「行かないのですか、同人神様?」
レイ「…今行っても、セカンドやアラエルと衝突して醜態をさらすだけよ」
トロワ「成る程…」
ゼクス「しかし、それでは同人神様がシンジに近づく機会は…」
レイ「クリスマスでなければいいのよ」
ヒイロ「…と、言いますと?」
レイ「碇君はクリスマスの予定は全て埋まっている。なら私が手を出すことはない。
…その代わり、新年の初詣は必ず2人きりで行ってみせるわ」
トロワ「おお…流石は同人神様!」
レイ「今は4人でこのクリスマスを楽しみましょう。
…それじゃあ、乾杯」
3人「「「乾杯」」」
チンッ…

31 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 01:04:03 ID:O7gdcDbu
???「同士ウリバタケ、計画の進行状況は?」
ウリバタケ「はい、順調です」
???「クリスマス、それは『聖なる夜』が『性なる夜』に変わる野望の日」
???「若い男女が二人、電気を消して・・・、ハアハア」
ウリバタケ「その瞬間踏み込むわけですね、『ようこそ全裸部へ!』と」
???「既に、宰相の力も借りこの宮殿内には5千を越える監視カメラが作動中ですわ」
???「それでは諸君、健闘を祈る」
(一同)「はい、キール議長!」

32 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 01:08:33 ID:FxkmkDIv
デュオ「普通マジックって最後に消されたりした人が出て来たりするんじゃないのか?」
ごひ「そういえば…まあ二人とも子供だからそこまではできなかったのだろう」
デュオ「なんか違う気がするんだが?」

スバル、北斗「…」
依衣子「どうしたんだ二人とも黙りこんで、
マジックつまらなかったのか?」
スバル「違うんですなんかあのアルテアって人が消えた時急に胸が…」
北斗「スバルも?僕も胸が」
ベガ(兄上喜んでください、
貴方が好きだった二人が貴方の死で胸を苦しめています
兄上も満足してくれますよね)

スバル・北斗「なんか物凄くスキッとしたんだ♪」
依衣子「二人ともよかったな
さあ早く食べないと料理が冷めてしまうぞ」
スバル・北斗「ハーイ」

ベガ(兄上…無駄死にでした
まあ自業自得なので潔く地獄に落ちてて下さいね)


吉良国「シクシク、前スレでスキルつけてまでマジックショーに賭けてたのに…」

33 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 03:01:08 ID:KAgIHgL1
会場裏
トロンベ「弁当1000人前出来たトロンベ」
トウジ「殺人的な量やったのぉ…おかげで姉やん達の演目見損ねた…」
トロンベ「トロンベ(´・ω・`)」 ポンポン
トウジ「普通に慰めれへんのかっ!!」バキィ!!
トロンベ「と…トロンベ…」
トウジ「まっこれぐらいで勘弁したる…この弁当はここに置いてていいの?」
トロンベ「トロン…(トウジ「あっ?」)ああ!あとは向こうで引き上げるそうだ」
トウジ「んじゃま会場の方へ行きましょか」
トロンベ「ああ…こっちの料理も実にトロンベだからな」
トウジ「訳わからんわ」
スタスタ

リョーコ「腹減ったぁ〜どこかに食い物は無いかな?」
メグミ「リョーコさんあれお弁当じゃないですか?スタッフ用かな?」
リョーコ「おお!しかも『竜巻亭』のじゃねぇか!気が利くぜイベ実!!」
メグミ「じゃあ早速…」
リョーコ「頂きま〜〜〜す」
ガツガツ!ムシャムシャ!ゴキュゴキュ…
(10分後)
メグミ「ハァ〜おなかいっぱい…満足満足」
リョーコ「ちょっと喰いすぎたかな?数えるほどしか残ってねぇ」
スタスタ
副長「はて?ファンクラブ用のお弁当が出来上がったと連絡を受けとりに来たのですが」
ガイ「どうすんだよ!もう時間無いぜ」

リョーコ「全裸部?あいつ等何しに…」
メグミ「どうやらあのお弁当取りに来たようですよ」
リョーコ「あーん?じゃあいい気味だ!全裸にあんな上手いもん喰わせるわけにいかねぇ」
メグミ「でも…全裸部のお弁当ってことはアキトさんも…」
リョーコ「Σ!?…メグミいいな?会場用の料理を弁当にするぞ!」
メグミ「ハイわかっています!疲れてますけどアキトさんの為…超特急で!」
シュバババババ!ズガガガガ!ドギューンオラオラオラオラオラオラオラ…WRYYYYYYYYYYY

バーーーン!!
ガイ「おっオッサンあれじゃねぇか?」
副長「おお…確かに1000人前ありますね。じゃあ持って行きましょう」
ガイ「なんか変な臭いしねぇ?」
副長「気の所為でしょう…」
スタスタ

34 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 07:25:12 ID:3NuXkxIn
>>33
ティンプ「自由時間ってことは、そろそろか客が来る頃だな…」
テニア「それにしてもてんちょー、何で屋台を外で出してんの?
中でやれば良かったのに。」
ティンプ「ふ…分かってねぇなあ嬢ちゃん。
ああいう騒がしい室内よりも、
こういう静かな外で一杯やるのが、屋台の醍醐味ってもんさ。」
統夜「ちょっと分かる気もします。俺も騒がしいとこよりも、
こういう静かなところの方が落ち着きますしね。」
テニア「ふう〜ん、そういうもんなのかなあ?」
ティンプ「そういうもんさ。その内嬢ちゃんも分かってくるって。
…もっとも、今回は、それ以外の理由もあるんだがな。」
統夜「どういうことですか?」
ティンプ「ここだから言えるんだが、実は会場にいくつか監視カメラがあった。」
テニア「え?…嘘でしょ?」
ティンプ「こう見えても俺は元凄腕ブレーカーだ。
あんなもんに気付けねぇほど鈍感じゃねぇ。」
統夜「しかし…監視カメラは普通に付いてるもんじゃ…」
ティンプ「五千もつけられてても普通と言えるか?」
統夜・テニア「「五せ……!?」」
ティンプ「誰が、何故、どうして付けたかは分からねぇが…
どうやら兄ちゃんの得た情報通りになりそうだな。」
統夜「…全裸部…」
ティンプ「恐らくな。今はまだ行動できねぇが、覚悟だけはしとけよ。」
統夜・テニア「………」
リョーコ「いや〜、一時はどうなるかと思ったな!
おい、オヤジさん、大根としらたき!」
メグミ「私はコンニャクと玉子を。」
ティンプ「あいよ。…ところで、何しでかしたんだい?」
リョーコ「それがよぉ、全裸部が頼んでた弁当くっちまってさ〜。んで、悪いなあって思ってそこら辺の料理使って俺らが弁当作ったわけよ。」
ティンプ「…え?アンタ達がかい?」
メグミ「そうですよぉ?いくら相手が全裸部といっても、
こういうのは良くないと思ったので。(本当はアキトさんのためですけど。)」
統夜「…店長」
ティンプ「…なんだ?」
統夜「何か…杞憂のまま終りそうですね。」
ティンプ「…そうだな。」
テニア「て言うか、初めて反全裸部が反全裸部らしいことをした気がする…。」

35 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 07:42:37 ID:QakLElNY
>>34
ごひ「ハァッ!」
パリィン
依衣子「てゃっ!」
パリィン
ごひ「ルリ、あといくつあるんだ!」
ルリ「あと4853台です」
依衣子「まったく、監視カメラがこんなに仕掛けてあったとは…てぃやぁ!」
パリィン
ごひ「最初はクワトロの仕業かと考えていたが…尋常ではない量だ!ハァァ!」
パリィン
依衣子「やはり全裸部…とぉっ!」
パリィン
ごひ「だな…ハィヤァッ!」
パリィン

鉄也「必死にカメラを壊しているようだがもう遅い…」
ブリット「すでに会場の様子、情報は把握した…」
ロム「我々は弁当でも食べながらスタンバイしているとしよう…」
三人「ククク…ハハハハハ!!」

36 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 10:08:52 ID:jYLhOMgn
スレイ(トナカイコス)「はい、メリークリスマス」つオレンジ
エリス「ありがとー」
フィオナ(トナカイコス)「メリークリスマス」つオレンジ
ハーリー「わー、ありがとうございます」
アイビス(へそだしサンタコス)「はいマサキくん(冥)、メリークリスマス」つオレンジ
マサキ「ありがとなの!」
シンジ「すみません、僕までオレンジいただいちゃって」
竜馬(サンタ)「気にすんな、おめーもまだ14だろ、十分子供だ」
隼人(トナカイ)「しかしクリスマス会にサンタとトナカイコスは、ベタ過ぎると思うが」
ツグミ「でも、間違ってない選択だと思いますよ、変な格好で滑るよりは」
隼人「ふっ…違いない」
アイビス「実のところ、家に来たオレンジの処理なんだけどね…」
シンジ「そのことはあまり人には言えないですね…」
竜馬「いいじゃねーかよ、俺たち何もすることなくて暇だったんだ、こうやることがあって楽しませてもらってるんだ!」
隼人「声がでかいぞ竜馬」
どんっ!
アイビス「きゃっ!」ゴロゴロ
???「あ、すいません」タッタッタッ…
スレイ(アイビスの悲鳴…録音したかった…)
フィオナ「あ〜、オレンジが転がって…」
ゴロゴロ…
竜馬「転がって…」
ゴロゴロ…
隼人「止まらんな…」
ゴロゴロ…
ツグミ「もしかしてこの会場…」
シンジ「傾いてるんじゃ…」

37 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 12:41:58 ID:el7bg827
ゲンドウ「おーらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらぁ!!」
トウマ「無ー駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!」


かなめ「さっきから店長たちの叫び声は聞こえるんだけど……、姿見えないのに……」
ユイ「んー、やっぱり一般人には亜光速戦闘は見えないか」
ケーン「亜光速戦闘!?生身で!?」
ユイ「ええ、ゲンドウちゃんが、メイド服を着せようとしてるんだけど、それをトウマくんが拒否して、戦いに発展しちゃったってわけ」
メリーベル「そんな激しい戦いをしてるわりには、会場はめちゃくちゃにならないね」
ユイ「彼らはメイドガイよ。戦いながら、会場を壊したりしないわ
逆に、会場の乱れを直しつつ隠しカメラを破壊してるくらいだしね」
ケーン「マジかよ……」

38 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 14:43:45 ID:KAgIHgL1
BGM:Break Out
サキエル-XX「お知らせなのだ〜」
ゼルエル-XX「…フリータイム中は舞台を解放する」
サキエル-XX「なんかやりたい事あったらやっていいのだ!」

???「Σ!?俺の出番!!」シュバッ
舞台
カツ「パーティの主役はこの俺!俺をあがめろぉぉぉぉぉ!!」
一同「「「ブーブー引っ込めバカカツ!!」」」
カツ「OKOK人気者は辛いね〜」

サキエル-XX「そうそう言い忘れてたけど」
ゼルエル-XX「…くだらない事に使ったら即ドボン」ポチっとな

バクン
カツ「え!?ウワァァァー−…」ひゅ〜〜〜ん
地下
ゲベル「ウホいい男!」
カツ「ちょwwwサイズ的に無理wwwアアアアッー」

サキエル-XX「男ガンエデンの生贄になっちゃうのだ!」
ゼルエル-XX「…おお怖…でも邪魔者もいなくなった」
サキエル-XX「皆は注意して使うのだ」

39 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 15:32:58 ID:UBM7vE7+
サキエル-XX「さて、本日のオールナイトラジオは、ここパーティー会場の特設スタジオにてお送りしておりますのだっ」
ゼルエル-XX「…今日は、ブライト・ノア艦長がゲストに来ています」
ブライト「どうも、ブライトで〜す。いや〜、なかなかいい雰囲気の収録だね」
サキエル-XX「そう言ってもらえるとうれしーのだっ!」
ブライト「はっはっはっ、そのうち部隊内公認放送化もしちゃおうかな〜?」
ゼルエル-XX(…なんか凄くウザイ…)
サキエル-XX「さて、今日はお便りの方を5〜6枚くらい用意しているので、
    この放送とリクエストの曲を聴きながら、パーティーを楽しんじゃってほしいのだっ」
ゼルエル-XX「…ちなみに今かかっているのは、JAM Projectの『Break Out』ね」
サキエル-XX「まずは一通目のお便りからいっちゃうのだっ!」
ゼルエル-XX「…R.N.苦悩の主天使さんから。
     『サキエルさん、ゼルエルさん、いつも楽しく聴いてます。
      今日は悩みがあってこの手紙を送りました。
      実は、私の所属する艦の面子が、揃いも揃っておっぱい星人なんです。
      私のことは「貧乳」「貧乳」と馬鹿にするし、かと思えば本物の貧乳には萌えだす始末ですし…
      私はどうしたらいいのでしょうか?』
     …目元を塗りつぶした写真も入ってたよ」
サキエル-XX「ふ〜む…この人はいわゆる『並乳』なのだっ。
    えてしてそういう人ほど、『大して大きくない』『逆に無駄に大きすぎる』など、色々と言われたりするのだっ。
    同じ並乳として、その気持ちはよ〜く分かるのだっ!」
ゼルエル-XX「…などということを言っておりますが、
     ブライト艦長、この件について、男性としての観点からご意見をどうぞ」
ブライト「ん〜そうだねぇ〜…まずは理解者を捜すことだね。
     胸しか愛せないような人間は異性として受け入れちゃ駄目、もっと総合的に相手を理解できる人でなきゃな。
     かく言う私も、今の妻に惚れたのはその人柄が所以で…」
サキエル-XX「とゆーわけで一件落着、苦悩の主天使さん、お便りありがとーなのだっ!」
ゼルエル-XX「…そろそろ次の曲行こうか?」
サキエル-XX「それがいいのだっ。では、皆さんの声の詰まった抽選箱からおーぼ用紙を…」
ガサゴソガサゴソ…
サキエル-XX「…うりゃっ!」
ゼルエル-XX「…鈴木佐江子の『獅子の女王(リオン・レーヌ)』だね」
サキエル-XX「それじゃ、早速その曲をスイッチオーン、なのだっ!」
BGM:獅子の女王

アイビス(分かる…その気持ち分かるよ、苦悩の主天使さん…)
スレイ「どうしたんだアイビス、その胸の中で何かをかみ締めるような微笑みは」

40 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 18:28:05 ID:ZQaUJQcu
>>34
リョーコ「…で、誰だよこの飲んだくれは…」
バルシェムA(福山)「ううう…畜生…ヒイック…」
ティンプ「まぁ、あれだ…自由時間前から飲んでた客だよ」
バルシェムB(櫻井)「本当にすいません…ご迷惑をおかけして…」
リョーコ「ふ〜ん…」
バルシェムB「…そろそろか…
…すいません、ここってオールナイトラジオ聴けますか?」
ティンプ「ん? ああ、一応な」
バルシェムB「すいませんが、ちょっと点けてください」
ティンプ「別に構やしないが…」
カチャ…ザー…ザッ
サキエル-XX『では、次のお便り、行ってみましょーなのだっ!』
ゼルエル-XX『…R.N.MEブーストさんから』
バルシェムA「…ME、ブースト…?」
ゼルエル-XX『「サキエルさん、ゼルエルさん、こんにちは。
僕には、大切な同僚がいます。とてもプライドの高い奴です。
そんな彼が、職場で思いがけない事実に直面し、見るに耐えないほどに傷ついています。
僕1人の力では、彼を癒やしてやることはできないかもしれません。
サキエルさん、僕と一緒に、彼―R.N.黒の騎士団長を励ましてもらえないでしょうか?」』
バルシェムA「……!」
サキエル-XX『うんうん、いい話なのだっ。サキエルも喜んで引き受けるのだっ。
…黒の騎士団長さん、何があったかはサキエルには分かんないけど、
きっと明日は、今日よりいい日になるのだっ!
だから頑張って、明日に向かって突っ走ってほしーのだっ!』
バルシェムA「…………」
ティンプ「…お客さん。あんたの上司も随分ひでぇ人みたいだがよ…
あんたには、立派な仲間がいるじゃねぇか。
…もう、立ち直れるはずだぜ、あんたは」
バルシェムA「…………」
バルシェムB「A…これからも、みんなで頑張ろう。ね?」
バルシェムA「…うわああぁぁぁぁ〜ん! Bぃぃぃぃぃ〜!!」
ティンプ「ま、何はともあれ、一件落着か…」
リョーコ「端から見ると、すっげーBL臭バリバリな光景だったけどな」

41 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 19:20:27 ID:hKe162xV
>>36>>40
バルシェムA「Bのおかげで元気がでたよ、本当にありがとう」
バルシェムB「これからも頑張っていこうな!」
バルシェムA「ああ!俺もやってやるよ!」
アイビス「すいませ〜ん!オレンジ拾うの手伝ってくださ〜い!」
バルシェムB「あっ、いいですよ」
バルシェムA「B、俺がやるよ」

アイビス「すいません、オレンジが転がってっちゃって…」
バルシェムA「バルシェム・A・フクヤマゴエが命ずる、ニコニコ農園の配達販売契約を結べ!」

バルシェムA「販売契約を結んできた」
バルシェムB「マジで!いきなり大活躍だな、お前」

42 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 20:42:37 ID:FxkmkDIv
アルテア(LCL)(ふっシンジ君にLCLにされてしまったが、
何とかここまで来る事ができた
取り敢えずこのコップで休憩しよう)
マサキ(冥)「あ〜ジュースだぁ」
アルテア(LCL)(マサキキュン!?まずいこのままでは…
イヤまてよ、マサキキュンに飲まれる=美少年の体内に入る。
良いかもしれない♪)
マサキ「飲んでもいいのかな〜?」
アルテア(LCL)(飲め、その小さなお口で私を飲み干してハアハア)
マサキ「ん〜いいや飲んじゃえ
いただきますなの」
アルテア(LCL)(ハアハアこれでマサキキュンと一つに)
シンジ「まってマサキさん
そんな何時注いだかわからないの飲んじゃいけません」
マサキ「あーい」
アルテア(LCL)(なに!?)
マサキ「けど捨てるのもったいないから、あそこのお花さんにあげるの」
トクトクトク
アルテア(LCL)(ちょ、やめ…)
シンジ「さっあっちでみんなでケーキ食べましょ」
マサキ「あい!」
アルテア(LCL)(くっシンジ君め余計な事を
しかしなんでこんなとこに植木鉢が?)
カキザキ(オッアツカッタカラアリガタイゼ)ゴキュゴキュ
アルテア(LCL)(な、なんだ?す、吸われてる!?
た、助け…)
カキザキ(フゥナンカカワッタアジダッタガウマカッタゼ)

43 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 20:57:41 ID:ZQaUJQcu
凱「どうしたんだ、J?」
J「ハハハ…今正に私は完全変態だ〜…」
ルネ「紅茶飲んだら、言語回路がイカレてね…見ての通りだよ」
凱「つまり、口が勝手に言葉を喋るってことか…」
J「ククク…なに、心配ない。人型ホムンクルスになれば…」
ルネ「ほら、つべこべ言ってないでアストナージの所に行くよ」
J「ハッハッハッハ…蝶サイコー!」
ズルズル…
凱「…Jも災難だな…」

44 :ウォーター:2006/12/19(火) 22:04:58 ID:wDkCIiC3
ちょっと早いが、Xmas会も始まったようなので

ttp://viploader.net/
ココの虹の167167
DLkeyはメ欄

45 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 22:32:58 ID:Zbi3uY/R
>>44
GJ!
ごひ…答えは自らの心に聞くんだ…

46 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 22:34:54 ID:QakLElNY
>>44
ごひぃぃぃぃぃ!
GJです

47 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 23:20:52 ID:ZQaUJQcu
>>44
俺携帯だから見れないorz

バサラ「ステージは自由に使っていいって言ったよな?」
ビッグファイア(コクコク)
バサラ「よし…そんじゃ、歌うか!」

サキエル-XX「おっと、どうやら舞台の方に動きがあったみたいなのだっ!」
ゼルエル-XX「…熱気バサラのライブだそうです」
オォー…パチパチパチ
バサラ「行くぜ! 俺の歌を聴けぇ!!」
BGM:真っ赤な誓い
氷竜「新曲だな…」
フェイ「カッコいー!」
バサラ「へへっ、HOLY LONELY LIGHTが歌えないのは残念だけどな」
ミレーヌ「じゃあその1曲は!」
マイク「俺達が歌うッゼ!」
バサラ「Σ!?」
BGM:HOLY LONELY LIGHT
ワアァァー! ヒューヒュー!!
デュオ「やっぱファイヤーボンバーは最高だぜ!」
リュウセイ「何かこう…ドカーンとくるのがあるよな!」
バサラ「orz」

48 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 23:34:55 ID:tNhE9AfA
〜数日前〜
ナタル「理事、ふつつかな事をお尋ねしますがクリスマスの御予定は?」
アズラエル「んー?私だって妻子ある身(という設定)、たまには家族サービスだよ」
ナタル「・・・」
アズラエル「・・・」
ナタル「・・・」
アズラエル「・・・、と言いたいところだがコーディネーターの連中を滅ぼさないといけないんで仕事だな」
ナタル「そ、そうですか!し、しかし当日は給仕の者共も非番ですので不肖私めが夕食の準備を担当させていただきます!」
アズラエル「そ、そう・・・」

オルガ「萌えたぜ」
ジャニ「キモーイ」
クロト「一生やってろって感じだな」

49 :それも名無しだ:2006/12/19(火) 23:36:10 ID:tNhE9AfA
〜でもって今日〜
ナタル「この後、激燃えの展開の予定だったのになんでこんなパーティー会場にいるんだよ私は?!」
オルガ「お、おい艦長、呑み過ぎだぜ」
ナタル「ああん?!いーんだよ、操舵するのは部下なんだから飲酒運転にはなりませーん!」
ジャニ「ちょっと、まずいんじゃね?」
ナタル「ああん?誰が貧しい乳だって?!」
クロト「言ってねーよ、この酔っ払い!」
ナタル「ああ?ヤるのかこの童貞!」

マリュー「大変ねぇ、理事も」
アズラエル「本当に、いや本当に頭痛がしてきた、ちょっと部屋で休ましてもらうよ」
ムウ「ほら、肩貸してやるぜ」
ナタル「ええぃ、それは私の役だ!」
マリュー「そ、そう・・・」
ムウ「ご、ごゆっくり」

オルガ「ヤるな」
ジャニ「ヤるね」
クロト「ヤるよ」

50 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 00:22:39 ID:XjZiAt8g
BGM:嵐の中で輝いて
サキエル-XX「ただ今かかっている曲は、米倉千尋の『嵐の中で輝いて』なのだっ」
ゼルエル-XX「…地味にリアル系の歌第1号だね」
サキエル-XX「やっぱりスーパー系の方が印象が強いのか…何となくそう思ったのだっ。
…では、本日3通目のこのお便り、せっかくなんでブライト艦長に読んでもらうのだっ!」
ブライト「はいは〜い♪
さてと…R.N.わおーん!さんから。
『サキエルさん、ゼルエルさん、こんにちは。
最近、ダーリンにどうやってスタミナをつけさせたらいいか悩んでます。
彼ったらベッドの上ではすぐへばっちゃうので、互いに釣り合いがとれないんです。
何かいい精力剤の作り方ってありませんか?』」
ゼルエル-XX「…あー会場のちびっ子、無闇に質問するんじゃない。大人達困ってるよ」
サキエル-XX「ほうほう、なかなかコアな話題なのだっ」
ブライト「まあ、クリスマスの時期にはある意味ぴったりな質問なんじゃない?」
サキエル-XX「オススメの精力剤…うーん…やっぱりサキエルはクスハ汁を推したいのだっ」
ブライト「ほう、そりゃまたどうして?」
サキエル-XX「アレはスタミナ回復にももちろん効くし、
何より催淫効果があるってどっかのエロ同人に書いてあったのだっ」
ゼルエル-XX「…アンタは一体何でそんなことを知ってるんだ」
サキエル-XX「まー、味に一抹の不安を抱えるけど、多分これが一番効くのだっ。
精もつくし、向こうもその気になるしで一石にちょーなのだっ!」

エクセレン「あはは…アタシ、その作戦で失敗してるんだケド」

51 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 00:24:11 ID:LO4tPrYx
アズラエル「………」

へんじがないただのしかばねのようだ

オルガ「…あれ」
ジャニ「…これって」
クロト「…まさか」


ナタル「見たな…キサマら…」


オルガ「殺(ヤ)られるな」
ジャニ「殺(ヤ)られるね」
クロト「殺(ヤ)られるよ」


3馬鹿「「「うわあああ」」」

52 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 02:48:29 ID:emYElK2C
>>38
カツ「うぅ…あんなでかいのに襲われるなど…不覚」フラフラ〜
シビル「料理ウマウマ」
カツ「げっ!?シビル!」
シビル「カスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━」
カツ「誰がカスだっ!今日と言う今日は…」
シビル「ヤンノカ?カスノクセニ…」
???「待てぇ!!」
カツ「Σ!?」シビル「誰?」
キラ「さあ来い!性獣の力」つバイ@グラ(前スレ>>262参照)
パク!ゴクリ…ゴゴゴゴゴ
キラ(性)「やった!!僕は再び性獣の力を手に入れたぞ」
カツ「キラ…凄い気迫だ!」
シビル「……………」
カツ「シビルが怯んでる(?)よし二人で同時攻撃だ!!」
キラ「止めてよね本気になった僕がカスごときと共闘出来るわけ無いじゃないか」バッ
カツ「カスっていうな!!っていうか一人で行ったて…」
シビル「( ゚Д゚)性獣ウマーーーーー」ズビィィィィィィ
キラ「アッーーーーーーーーーー!?」ドカーン!ぴゅ〜ん
カツ「やぱり…」
シビル「(゚Д゚)」ジィィィ…
カツ「ちょwwwこっち見んn…アッーーー!?」
ズビィィィィィィィ!


53 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 02:49:42 ID:emYElK2C
ゴミ捨て場
キラ「うぅ…また性獣の力が…」
ザッザッ
アスラン(欝)「…………」
キラ「…兄貴ぃ…俺の萌えカスも萌え尽きた…仇を取ってくれよぉ…」ガシィ
アスラン(欝)「お前…まだそんなこといってんのか?あっ?」バシッ
ザッザッザッ…
キラ「兄キィィ…」

パーティー会場裏手
カス「うぁ…」
シビル「カスツマンネ( ゚д゚)、ペッ 」
ザッザッザッ…
アスラン「俺の相棒を笑ったのはお前か?」
シビル「アッ?」
アスラン「俺も笑って貰おうか…カツ同時攻撃だ!…カツ?」
カス(へんじがないただのしかばねのようだ)
アスラン「ちょwwwカツさんwww起きてぇぇぇぇwww」
シビル「(☆Д☆)キュピーン」
アスラン「シビルさん落ち着いて話しあ(ズビィィィ)アッーーーーー!?」

所詮はアスラン…本物の様には逝かないのであった

54 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 06:48:21 ID:PYmn35j2
>>47
ウォーターさんの許可があれば携帯用にうpするけど…

55 :ウォーター:2006/12/20(水) 09:03:39 ID:9SwT/WH6
>>54
あんなのでよろしければどぞw
お手数おかけします

56 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 13:11:19 ID:PYmn35j2
ttp://2sen.dip.jp:81/cgi-bin/up/source/up3302.jpg
これをファイルシークで見ればおk

57 :>>47じゃないけど:2006/12/20(水) 15:26:28 ID:J1Uk3uV0
>>56
GJアンドThanks!!!

58 :47:2006/12/20(水) 15:49:21 ID:RSdduWlx
>>56
すまない、気づく前にPCで見てしまったよ…
ともあれお心遣い蝶dクス。そして>>44GJ!

サキエル-XX「さぁ、どうやら舞台上では何やら競技が行われるみたいなのだっ」
ゼルエル-XX「…今入った情報によると、流竜馬さん主催の大声大会だそうで」

竜馬「今年もクリスマスを迎えて、もう少し経てば新年だ。
   でもって、今年のヤなことは、やっぱ今年のうちに忘れちまいたいよなぁ?
   人間ってのはな、大声で叫ぶと1番スカッとするもんだ。
   …つぅわけで大声大会! 今年のウサを大絶叫でブッ飛ばしていくぜ!
   叫びたい奴はどんどんステージまで上がってきやがれえぇぇぇぇー!!!」
イェーイ! ヒューヒュー!

ノリコ「うおりゃああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」
凱「うおおぉぉあああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」
ドモン「ガンダアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァム!!!」
洸「ラあああああああああああああああああああぁぁぁぁぁゐ!!!」
キャリコ「オレンジだとおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!?」
竜馬「うぉるああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」
トウマ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!」
ゼンガー「チェストオオオオオオオオオオオオオォォォォォォ!!!」
ユウ「蝶サイコオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォ!!!」

ゼルエル-XX「…こりゃまた凄まじい光景だね」
サキエル-XX「もはやヤワなリアル系には踏み込めない領域、ほとんどスーパー系の独壇場なのだっ!
    ね、ブライトかんちょ…あれ? いないのだっ」
ゼルエル-XX「…まさか…」

竜馬「オラオラ、まだ出場者はいねぇのかぁ!?」
????「ハッハッハッハ! 私を忘れてもらっては困るな!」
凱「誰だ!?」
ゼンガー「む、この声は…!」

ブライト「…なああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁにやってんのぉ!!!!!」

ビリビリビリ…!(空気の振動音)

一同「「「…………」」」

ゼルエル-XX「…お見事」
サキエル-XX「こりゃもう優勝は多分ブライト艦長で決まりなのだっ」
ブライト「はっはっはっはー! いやぁ〜スカッとするもんだね、ん?
     やっぱり部隊を預かる者としてはね、ストレスもそりゃ〜ひとしおで…」
ゼルエル-XX「…(ボソッ)何となくウザイからドボン」ポチッ
バクン
ブライト「アアーッ!」ヒュ〜〜〜〜…
ゼルエル-XX「…おやどうしたのでしょうセットの故障でしょうか(棒読み)」
サキエル-XX(ゼルエル…なんか怖いのだ…)

59 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 18:55:33 ID:8ybR0m9n
>>58
ビリビリ…
ティンプ「おーおー、皆してあんなに叫んじまってよぉ、
近所迷惑ってもんを考えろってんだ。」
リョーコ「いいじゃねぇか。皆何だかんだでストレスたまってんだ。
こういう所で発散しないとやってけねーよ。」
バルシェムA「その気持はよく分かるぞ。俺もオレンジが…ブツブツ。」
統夜「でも、ここだからまだましですよ。
外でこんなんだから、会場内はすごいことになってますよ。」
『なああああにやってんのぉぉぉ!!!!』
ティンプ「あ〜……にしても何とかならねぇかなあ。煩くてしょうが…」
『絶望せよぉぉぉぉぉ!!!』
一同「!!?」Σビクゥ
リョーコ「な、何だ最後のおっさんみたいな声は…」
メグミ「しかも、会場内というよりも、地下から聞こえてきたみたい…」
統夜「何なんでしょうかね?」
テニア「さ、さあ……」
ティンプ「ホントに何が起ころうとしてるのかねぇ…
まあいいか。ほれ、お客さん、おかわり。」
リョーコ「あ、サンキュ。」

60 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 18:59:16 ID:+Vy9khYt
>>58
ドガガガガガ…
サキエル-XX「な、何なのだっ!」
ゼルエル-XX「…穴から音が聞こえる」
ズガーン!
サキエル-XX「ゴットガンダムが出て来たのだっ!」
ドモン「むっ、ガンダムと叫んだから反応してしまったのか」
ノリコ「あれ、ブライト艦長が引っかかってる」
ブライト「ふぅ〜助かったァ〜、ドモン君、礼を言うよ」
サキエル-XX「ブライト艦長、九死に一生を得たのだっ!」
ゼルエル-XX「………チッ…」

61 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 20:04:51 ID:XjZiAt8g
数日前

アスカ「もうすぐ世間はクリスマス…なのに何で骨肉の四角関係なんて演じちゃってるのよアタシはっ!」
カヲル「フフフ、今日は一段と荒れてるね」
アスカ「(そういやコイツもいたわ…)…って状況悪化してるじゃない!」
カヲル「今ので君が考えてることは大体見当がついたよ。
…それで、これからどうするんだい?」
アスカ「…こうなったら駄目もとでベテランに聞くっきゃないわね」

格納庫
アスカ「ねぇママ、アタシの話を聞いてほしいの。
今、好きな人がいるんだけど、ソイツを巡って同人描きや使徒女、挙げ句の果てにガチホモとまで争ってるのよ…
…アタシはどうしたらいいと思う?」
弐号機「…………」
アスカ「…………」
弐号機「…………」
アスカ「! そう…」
カヲル「どうだった?」
アスカ「…どういうわけか、『シラネ』って電波が飛んできたわ」
カヲル「それは災難だね」
アスカ「…使徒女の仲間の力を借りるってことになるから、使いたくなかったけど…
…こうなったら最終手段よ!」

62 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 20:24:01 ID:XjZiAt8g
当日

サキエル-XX「さぁ、大声大会も終わったところで、次の曲、いってみるのだっ!」
ゼルエル-XX「…Little Voiceの『Over The Rainbow』だね」
サキエル-XX「『GEAR戦士電童』の挿入歌なのだっ。とゆーわけでスイッチオーン!」
BGM:Over The Rainbow
サキエル-XX「では、曲も変わったところで、お便りの方をよろしくなのだっ」
ゼルエル-XX「…R.N.ジャイアントストロングエントリーさんから。
『サキエルさんゼルエルさんこんにちは。
私には好きな人がいるのですが、色々あって現在五角関係を築いちゃってます。
おまけに何をやっても空回りしてしまって…何か男(10代半ば)を落とすいい方法はありませんか?』」
サキエル-XX「おうおういいねー、この時期にぴったりのストロベリートークなのだっ」
ゼルエル-XX「…馬鹿姉、キャラ変わってる」
サキエル-XX「おっけーおっけー、このサキエル姉さんが解決しちゃうのだっ。(パクッ)
…ぶへっ! 不味っ! これは一体何なのだっ!?」
ゼルエル-XX「…? ちゃんとバイキングの料理を取ってきたんだけど…(パク)
…こっちも不味い…」
サキエル-XX「ハッ!? これがあの噂の反全裸部の料理!?」
ブライト「何!? くそぅ、あれほど厳重に取り締まったのに…!
…警備員ならびにシェフチーム集合! シェフの指示に従って反全裸の料理を探し、処分しろ!!」
サキエル-XX「あらら、何だか物騒なことになっちゃったのだ…」
ゼルエル-XX「…その、ごめん馬鹿姉」

アスカ「何でうやむやのうちに終わっちゃうのよっ!」
シンジ「どうしたのアスカ? そんな大声上げて…」
アスカ「るっさい!」バキッ
シンジ「ウボァッ!?」

63 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 22:41:57 ID:PYmn35j2
カヲル「五角関係、か…」
カズイ「さりげなく君も含まれているね」
カヲル「ハハッ、それにしても五角だなんて最近じゃ昼のドラマでも見ないような関係になっちゃったよ」
カズイ「まぁ上には上がいるんだけどね…」
カヲル「?」

ごひ「うむ、美味い料理だ」
アベル「お兄様…」
フレイ「(アベル!?)ささっお兄様!あちらの席に座って食べm…」
プル「だ〜め〜!お兄ちゃんは私と食べるの〜!」
華「私も〜!」
ミユキ「私だって!」
ガロード「こりゃ荒れるな…ティファ、向こう行こうか」
ティファ「………」こくり
メリーベル(私だってごひと…くぅ!)
ごひ「お前らお兄ちゃん言うな!」

カヲル「…なるほど」
カズイ「もう何角形にするか迷うぐらいの関係だよ」
カヲル「ごひも彼女たちの気持ちは全然わかってないみたいだしね」

64 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 23:25:07 ID:J1Uk3uV0
>>63
「フレイとアベル以外は意外にごひを兄としてしか見てないと言うのも私だ」

65 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 23:53:45 ID:PYmn35j2
>>64
「すっかりその事を忘れていたのも私だ」

66 :それも名無しだ:2006/12/20(水) 23:53:48 ID:XjZiAt8g
凱「ん? 柿崎お前、やけに元気よさそうだけど、何飲んだんだ?」
柿崎「DSS(ドーピング・セイメイノ・スープ)ダッタゼ」(テカテカ)
凱「そっか。…じゃあ俺料理取ってくるから」
柿崎「イッテラッシャイ」

アルテア(in柿崎)(飲み込まれた挙げ句、養分まで吸われてしまった…orz)

67 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 00:28:27 ID:o6RzUX0T
かなめ「……あの、店長。私、今まで言おうか言わないか迷ってたんですが…」
トウマ「ん?どうしたんだよ。」
かなめ「さっき、しおり(>>3)を見てたんですが、
自由時間が、私らのケーキ披露の後になってるんですが…」
トウマ「…………本当だ。あまりにも普通に流されてて、気付かなかった。」
宗介「これは、進行司会側のミスというわけだな。
まったく不手際な。」
かなめ「そういうこと言うもんじゃないの。
司会の人たちだって忙しいんだし、ミスることぐらいあるわよ。
ところで、どうしましょうか、店長?」
トウマ「まあいまさら言っても、もう遅いしな。
とりあえず、今後はこんなことがないように、注意を促しておくよ。」


68 :67:2006/12/21(木) 00:30:40 ID:o6RzUX0T
よくみたら、ちゃんと披露してましたな。
不手際は自分の方でした。申し訳ないorz

69 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 00:37:45 ID:O2mO3Gd8
サキエル-XX「たった今ブライト艦長は作業に行ってしまったので、ここからはまた2人でお送りしますのだっ」
ゼルエル-XX「…正直ホッとした」
サキエル-XX「いや〜それにしても、このケーキ美味しいのだっ!」
ゼルエル-XX「…さっきがさっきだっただけに、生き返った気分になるね」
サキエル-XX「とまあケーキを食べながら、いよいよ最後のお便りを読み上げるのだっ!」
ゼルエル-XX「…R.N.熱血イグニションさんから。
『サキエルさん、ゼルエルさん、いつも楽しく聴いてます。
僕には彼女…というか、パートナーがいるのですが、まともに名前を読んでくれないんです。
僕の存在感が薄すぎるせいか、名前を間違って覚えているみたいなのですが…
どうすれば正しく覚えてもらえるでしょうか?
というか、どうすれば存在感が得られるでしょうか?』」
サキエル-XX「う〜む、存在感…また難しい話なのだっ」
ゼルエル-XX「…多分、常識人だよね? この人」
サキエル-XX「ま〜確かに変態ならそれなりにインパクトはあるはずなのだ…
…おっ、いっそ変態になっちゃうのはどうなのだっ?」
ゼルエル-XX「…それを言うか? 普通」
サキエル-XX「今日のサキエルは何だか冴えてるのだっ。
この案なら必ず熱血イグニションさんを救えるのだっ! むふふ…」
ゼルエル-XX「…はぁ…」

兵庫「見ろよ店長、ラジオまでこの始末だぜ? うう…ヒイック…」
リョーコ「また増えたな、酔っぱらい…」
ティンプ「まぁ、彼は常連さんだからな」

70 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 00:40:36 ID:CdY4ZCgT
-その頃会場内-
ジョウ「〜〜〜!」ギョロギョロ
ロミナ「どうなさったの?」
ジョウ「いやね、一時期リョーコ達がくそまじー料理を(主に)
レーツェルの代わりに作っちまう、つーネタ投下が何度かあっ
たんスよ」ギョロギョロ
レニー「確かに私たちその辺も警戒してはいるけど…あんた程
神経質にやっちゃいないわよ」
ヒョイヒョイ
マイク(忍)「中の人的問題じゃないか、レニー」ヒョイヒョイ
イルボラ「人が多いって事もあるしな、誰が被害に遭うか…」
ヒョイヒョイ
ダミアン「全裸どもの問題も忘れんなよ、何しでかすかわかん
ねーんだから」ヒョイヒョイ
ロミナ「ところで、何をヒョイヒョイしてらっしゃるの?」
レニー「会場に来られない葉月さんやキャスリンの為に、ね」
ヒョイヒョイ
マイク(忍)「庶民のお約束技[タッパで持ち帰り]の術にごぜえ
ます」ヒョイヒョイ
ジョウ「今はなき日記スレで判明した事だけど、実は喰うんだ
よな、VRも」ヒョイヒョイ

とりあえず、何か起きたらMAPマキビシランチャーと忍者殺法
の予定。

ロミナ「リョーコ様やレオナ様には『自分で味見してから振る
舞う』という発想が欠落しているようですわね」ヒョイヒョイ
ダミアン「それがラヴコメ体質な調理師ってモンです」ヒョイヒョイ
イルボラ「む、タッパ(容器)が足りん…」

71 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 01:02:37 ID:O2mO3Gd8
サキエル-XX「…さて、ここまで楽しい時間を提供してきた『ごひ兄スレッド・オールナイトラジオ』、
今日の分のレギュラー放送はここまでなのだっ」
ゼルエル-XX「…もう少し自由時間は続くけどね」
サキエル-XX「とりあえず、サキエル達もこれからパーティー会場をうろつきに行くので、
午後の部が始まるまではお別れなのだっ。
…それじゃー、最後のリクエスト曲の方、いってみるのだっ!」
ガサゴソ…
サキエル-XX「…そりゃっ!」
ゼルエル-XX「…Misty Eyesの『MIND EDUCATION』だよ」
サキエル-XX「ラジオドラマ『新機動戦記ガンダムW BLIND TARGET』のOPなのだっ」
ゼルエル-XX「…それじゃ、スイッチオン」
BGM:MIND EDUCATION
サキエル-XX「…さて、これで自由時間の全任務かんりょーなのだっ!」
ゼルエル-XX「…あとはしばらく自由」
サキエル-XX「じゃ、午後の部でまたお会いしましょーなのだっ!」

ごひ「お…俺のリクエストした曲だ…」
イルイ「よかったね、お兄ちゃん!」
プルツー「トロンベ!」
ごひ「…イイ(´∀`)」

72 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 01:03:12 ID:N9OX2dbC
>>62
連邦兵A「現段階で回収した分です」つどっさり
連邦兵B「まだまだ出てきますね」
連邦兵C「取り締まったのに…」
ブライト「とにかく見つけた分から運び出せ!」
連邦兵一同「「「了解」」」」

リョーコ「ん?あれは…」
メグミ「私たちの料理…ですよね?」
テ二ア「うわ〜兵隊さん総動員で回収してる」
統夜(間違って口にでも入れたら大変だもんな)
ティンプ(艦長も必死だな…)
リョーコ「そうか!あまりに旨いからお持ち帰りしてんだな!」
メグミ「艦長から兵隊さんへのクリスマスプレゼントですね!」
統夜・テ二ア「「イヤイヤイヤイヤ」」
ティンプ「いい加減気づけよ…」


73 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 01:10:05 ID:ALzzKiq9
なんか、「無自覚の悪こそ真の邪悪だ」ってのがやけにしっくり来るな最近の反全裸部料理。
だんだんこいつらが全裸部よりGHIより誰よりもタチの悪い連中に思えてきたよw

74 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 01:17:54 ID:N9OX2dbC
シティ7病院
エルデ「変態がぁ近寄んなぁぁぁぁぁ!!」バキューン!
アルベロ(???)「アッー!?」
AI1「射殺サレルアルベロサン…ハァハァ」

パーティー会場屋外
アルベロ(サンタ)「プレゼント私に行っただけなのに…ヒック!」
兵庫「きっとクリスマス当日じゃ無いのが不満だったんですよ!」
アルベロ「兵庫…お前の頭の良さに惚れそうだ…ヒック」
ティンプ「いい加減さぁ嫌われてることに気づけよ」

75 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 11:46:42 ID:B7FuGCjQ
>>35
トイレ

ブリット「ぐぉぉぉぉぉ!!あの弁当を食べてから急に腹痛が!」
ロム「クロノス族の私まで、体調不良になるとはぁ!」
エイジ「今、流行のノロウイルスかもしれません!」
鉄也「おーい、誰でもいいから早く出できてくれ!俺もネーブルミサイルが発射しそうだ!」

一方その頃

久保「何をしているんだ、イングラム」
妖精ンc「電気が止められてしまったから、気持ちだけでもWiiをやろうと思ってな」
ヒュン、ヒュン、スポッ!
妖精ンc「あ、コントローラーがすっぽ抜けた」
久保「馬鹿!クリスマス会場に行ってしまったではないか!」

ピュー……ズボッ!
鉄也「アッー!」
ブリット「あぁ!鉄也さんのネーブルミサイル発射口に、どこからともなく飛んできたWiiリモコンがスクランブルダッシュした!」
鉄也「は、早く抜いてくれ!」
エイジ「うーん!うーん!……駄目です、ビクともしません!」
鉄也「な、なんだってー!」

妖精ンc「取りに…いこうか?」
久保「いや…いいや、気分的にもう使いたくないorz」

76 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 14:43:44 ID:JTiWFjrt
>>35
ごひ「うぉりゃあッ!」パリーン
依衣子「せいやあぁっ!」パリーン
ごひ「うかつだった、BGM(>>71)に気をとられるとは…
   …あといくつだ!?」
ルリ「あと3822台です」
依衣子「くそっ、壊しても壊しても…!」
ユウ「おやおや、こんな日だというのに汗水たらしてご苦労様」
依衣子「誰だおま…ってうおぁっ!?」
ごひ「いかん、ルリ! 見るんじゃない! 急いでここを離れろ!!」
ユウ「ん? どうした? 何か問題でも?」
ごひ「貴様のその格好だ!」
ユウ「これか? 素晴らしい衣装だr…」
ごひ「貴様の趣味はどうでもいい! 全く、こんな所にまで変態がいたとは…」
ユウ「ほう、私が変態…そしてそんな変態に妹達が感化されるのを恐れて、
   正義面してあの娘を逃がしたってわけか…クックック…」
ごひ「何がおかしい!」
ユウ「お前、偽善者だな?(ニタァ)」
ごひ「偽善か…貴様がそう思うならそれでも構わん。やらない善よりやる偽善だ!
   そして、それが俺の正義だっ!!」
ユウ「クックック…黙れよ、偽善者」
ごひ「もはや問答無用!」
バッ…スカッ
ごひ「!?」
依衣子「消えた…?」
ごひ「いや…高速で避けたんだ」
依衣子「アイツ、一体何がしたかったんだ?」
ごひ「今はそんなことはどうでもいい。…それよりもカメラだ!」

77 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 18:35:39 ID:O2mO3Gd8
トウマ「お、ウニ料理じゃないか」
アイビス「凱さんが獲ってきたウニだね」
サキエル-XX「あれは美味しかったのだっ」
ケーン「おっ、誰かと思えばスターのお出ましだ」
かなめ「面白かったよーラジオ放送!」
マサキ(魔)「これからも頑張れよっ!」
ディアッカ「グゥレイト!」
サキエル-XX「どーもどーもなのだっ」
ゼルエル-XX「…………」サキエル-XX「ほら、やっぱり何でもやってみるもんなのだっ」
カヲル「褒められて悪い気はしないでしょ?」
ゼルエル-XX「…まぁ、嫌いじゃない(///」
サキエル-XX「あははっ、ゼルエルが真っ赤になってるのだっ!」
ゼルエル-XX「…五月蝿い馬鹿姉」
トウマ「ストップストップ! 今日は争い事は無し!!」
カヲル「まだまだ当日じゃないけれど、一応聖夜を祝うパーティーだからね」
ゼルエル-XX「…チッ」
トウマ「…ともかく、今日のラジオ、楽しかったぜ」
サキエル-XX「ありがとーなのだっ!」
トウマ「それと、一つだけ頼みがあるんだが…」
サキエル-XX「うにゃっ?」
トウマ「その、最後の…『変態になっちゃえば』っていうのは、ちょっと今後は勘弁してくれないか?
これ以上人に迷惑かける輩が現れたら、なぁ…」
サキエル-XX「…ほほーう…
…それじゃ、今後ラジオのスポンサーに加わってくれるなら、考えてあげるのだっ(ニヤリ)」
トウマ「い!?」
凱「はは…こりゃ参ったな、トウマ」

78 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 18:49:51 ID:N9OX2dbC
>>72の続き
ブライト「ハァハァ…全部排除できたか?」
連邦兵A「た…多分…ハァハァ」
連邦兵B「かなり…回収したはずなんですけどね…ゼェゼェ」
連邦兵C「あんな広範囲にばらまかれてたら回収しようが…ハァ〜」
ブライト「完全に防ぐのは無理か?千葉先生に連絡は入れて置くか…」
ミナキ「あの〜」
ブライト「ミナキ君どうしたのかね?」
ミナキ「いえお疲れみたいなのでコーヒー持ってきたんですが」
ブライト「おお気が利くね!諸君一息入れようか」
連邦兵「「「イヤッホォォォウ!」」」
ブライト「では頂こう…ゴクリ」
ミナキ「……どうですか?」
ブライト「ウム…ウマ…ブフォッ!?」
          _        
    :.. :. ≡=-i'__l,     
    iコ==ラ`'i ti                     
.      /  /l/      
      /  /    
     ./  /        
    i' /l .l,          
    l l .ヽ,ヽ,          
   -'-'  -'-' 
連邦兵「「「ブライト艦長ぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」」」
ミナキ「え…えぇ何で??」

79 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 20:16:55 ID:XmwGnhDq
>>77
トウマ「すまないが断らせてもらう」
カヲル(ほう)
ゼルエル-XX「…」
サキエル-XX「どうしてなのだっ!」
トウマ「ウチだって金がないからな、スポンサーになれるほど裕福じゃないんだよ」
サキエル-XX「ならしょーがないのだっ…」

トウマ「…ふぅ」
かなめ「ウチの経営そんなにやばいんですか?」
トウマ「いや、ティンプの屋台とかの資金とかも出してるだろ?」
かなめ「なら、なんで?」
トウマ「ウチは営利目的で経営してるわけじゃない、あくまで安らぎの場としての営業なんだよ」
ケーン「店長…」
トウマ「ひっそりとしてるのが一番いいんだよ」
アイビス(かなり目立ってると思うんだけど…)
トウマ「それに、今日は争い事は無し…だろ?」

>>78
連邦兵「「「ブライト艦長ぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」」」
ミナキ「え…えぇ何で??」

トウマ「俺、こんな必死なのに…な…」
かなめ「あの…」
ケーン「その…」
アイビス「ドンマイ…」

80 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 21:04:42 ID:O2mO3Gd8
会場外・屋台
ゲルマン「ふぅ…店長、玉子と牛スジを」
ティンプ「はいよ」
統夜「あれ? 見かけないお客様ですね」
ティンプ「確かに初めて見る顔だな」
テニア「というか初めて見る覆面、だけど…」
ゲルマン「うむ。プリベンターの任務で、近辺の監視に当たっていてな。この屋台は初めてだ」
ティンプ「ほー、プリベンターの…」
統夜「休日返上でご苦労様です。あ、これ、玉子と牛スジです」
ゲルマン「すまんな」
テニア「あのー、お客さん、ずっと気になってたんだけど…」
ゲルマン「ん? 何だ?」
テニア「…その覆面顔で、どうやって食べるの?」
ティンプ「あ…」
ゲルマン「…参ったな…」

81 :それも名無しだ:2006/12/21(木) 23:31:06 ID:DhM+eS6V
カガリ「あれごひ、何をしているんだ?」
ごひ「カガリ、お前も会場に来てたのか、実はかくかくしかじかでな…」
カガリ「あの変態たちか…ってか会場は暖房が強いな、上着いらなかった…」バサッ
ごひ「まぁ外ならともかく、会場内では必要ないな」
カガリ「そういえばアスラン見なかったか?」
ごひ「アスランなら先ほど外のほうに行っていたようだが…」
カガリ「そうか、ありがとな」


アスラン「ドウセオレナンテ…」
カガリ「ようアスラン、どうしたんだ最近?」
アスラン「カガリ…!最近って?」
カガリ「いや元ネタもよくわからんキャラになってたらしいから気になったんだ」
アスラン「いや…まぁちょっとね…」
カガリ「もうすぐクリスマスだな…」
アスラン「クリスマスは…一緒に過ごさないか?」
カガリ「当たり前だ、お前以外に誰と過ごすって言うんだ?」
アスラン「ハハッ…そうだな…」
カガリ「アスラン…」
アスラン「カガリ…」
タッタッタッ
ごひ「おいカガリ、上着を忘れt…って今の状況だと邪魔になるから後で渡すか…」


キラ「………なぜラクスが僕の所にこないorz」


ラクス「ケーキうまうま」
虎「コーヒーうまうま」
ダコスタ「そういやキラさんに会わなくていいんですか?」
ラクス「キラ?あの人は鉄也さまゾッコンだから大丈夫でしょう」
ダコスタ「ああ、そうですね」

82 :それも名無しだ:2006/12/22(金) 00:29:29 ID:0brD24w4
>>81
アスラン「…とまあ、そんなこともあったんだ」
カガリ「随分酷い目にあってきたんだな、お前」
アスラン「まあ、な…(大半が君のせいなんだが…)」
カガリ「しかし、何でお前ばっかりそんな目にあうんだろ?」
アスラン「そういえば、そういうことは考えたこともなかったな…
何故俺がこんな目に…か…、!」
カガリ「どうした? 何か分かったのか?」
アスラン「…シィィ●! この、バカヤロォォォーッ!!!」
カガリ「あ、アスラン!? 誰だ、●ンって?」
アスラン「…はっ! 俺は今何を言ったんだ?
…誰なんだ? シ●って…」


現実世界(いわゆる「モニターの向こう側」)・某戦艦内某所

??「ニヤニヤ(・∀・)」

83 :それも名無しだ:2006/12/22(金) 11:47:20 ID:0knkUjr1
アキト(IN演算ユニット)「出番・・・来ないな・・・」ヒュゥゥーーン

ところで>>76のユウってなんの作品?

84 :それも名無しだ:2006/12/22(金) 11:55:46 ID:0brD24w4
>>83
バンプレストオリジナル。
確かαの主人公の1人だっけ?
OG2に出てるらしい

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)