5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に閉じ込めてみたら

1 :爆音で名前が聞こえません:2006/05/03(水) 00:40:14 ID:27mm09Ds
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

430 :422:2006/07/24(月) 13:22:18 ID:BBnOU74F
>>426 >>429
レスありがとう!
反応が気になってて、ずーっとドキドキしっぱなしだった。
ちょっと一安心w

>>424
色付きもテラカワユス
三つ編みフェチの自分にはたまんねえ…

>>429
イエパ兄さん素敵!凄い好み!
眼鏡+エプロンって反則じゃあ…!ハァハァ

ネタ師、絵師、そしてまとめの人。
いつも楽しませてくれてありがとう!乙!

431 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 18:37:33 ID:nfn61dZX
泉VS佐々木(3)

Funky「YEAH!まだまだ勝負の行方はわからないぜ!3回戦だ!」
アンコン「バカボン!ウイルソン!」
Funky「それじゃあ曲紹介行くぜ!佐々木コーナー!その譜面正に落書きのごとし!子供の落書き帳!」
落「絶対負けないよ!」
Funky「続いて泉コーナー!おい!本当にこいつでいいのか!?MODEL DD3!」
DD3「ちょっと待て!なんだその紹介!?」
Funky「YEAH!細かいことは気にすんな!だったら勝てばイイじゃねぇか!それじゃあ行くぜ!」
アンコン「バァチャン!バァ! バァ! ウワァ!」
カーン!
DD3「クソッ!レベル違いすぎじゃねえか…」
ーサビ発狂発動ー
落「そんなの効かないよ〜」
ーサビ前発狂発動ー
DD3「ぐわぁ!ったく…CSじゃ最強クラスだったんたが」
落「CS?…あぁそっか、君もCSに入ってるんだっけ…」
DD3「ああそうだぜ。それがどうした?」
落「お姉ちゃんはCSV…ゆらさんとタイピちゃんはCSマスターピース…コンちゃんもいずれか弐寺CS13thに収録される…何で姉妹の中で私だけCS収録の声がかかんないのよ!」
ーサビ後発狂発動ー
DD3「ひぃっ!」
落「もう我慢できない…CS収録曲なんてみんな消えちゃえ!」
ーラス前発狂発動ー
Funky「YEAH!こいつはヤバい事態だぜ!命が惜しい奴は逃げた方がいいぜ!?そして俺も逃げるぜ!」百「これは…まずいわね」
蒼「お姉ちゃんどこ行くの!?」
ゆら「そっちは危ないですよ!?」
タイピ「百秒姉さん早く逃げるです!」
百「バカな妹を止めるのは姉の仕事でしょ?」
DD7「もしかして…」
妖精「私達の出番って…」
DD4「ここだけですか?」
DD6「ていうかやられ役じゃない!」
4.6.7.妖精「うわあぁぁぁ!」
落「これで終わりだよ!」
ー最終発狂発動ー
DD3「くっ!もう駄目か!?」
ヒュン!
百「ふう…間に合った…みたいね…」
DD3「な!?100sec!?なんで俺をかばって…」
百「まったく…バカ…」
パシッ(頬を叩く音)ドサッ!
落「お姉ちゃん!お姉ちゃん大丈夫!?」


432 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 19:19:09 ID:nfn61dZX
泉VS佐々木(4)

落「お姉ちゃん…ごめんなさい…」
百「気にしなくていいわ…身内から曲殺しを出すわけにはいかないでしょ」
ゆら「百秒さん、やはり次の試合は私が…」
百「あら?あなたデイドリに勝てるの?」
ゆら「それは…」
百「だったら私が出るしかないでしょ」
ゆら「わかりました…でも無理だけはしないでください」
百「大丈夫よ。それじゃあ行ってくるわね」
Funky「YEAH!さっきの試合は無効ってことになったぜ!つーわけでこの勝負で最強が決まるぜ!」
アンコン「ウォーー!」
Funky「それじゃあ行くぜ!佐々木コーナー!輝く虹色の滝!The Least 100sec!」
百「…」
Funky「続いて泉コーナー!悪夢のごときシンバルの雨!DAY DREAM!」
DD「ふん、手負いの状態で俺に挑むとは…なめられたものだな」
百「…」
Funky「それじゃあ行くぜ!」
アンコン「バァチャン!バァ! バァ! ウワァ!」
カーン!
DD「行くぞ!」
ーシンバル連打発動ー
百「あなた…あまり自分の譜面を過信しないことね」
(・ω・)つオートシンバル
一同「(;゜Д゜)せこっ!!」
DD「ぐ、何をする、やめろ、うわあぁぁ!」
Funky「YEAH!さすが長女は目のつけ所が違うぜ!確かにオートを禁止した覚えはねぇしな!」
DD「ふえぇ、お姉ちゃんいきなり何するの?」
一同(か、かぁいい (*´∀`))
百「Lv99たるものバランスの良い譜面じゃないとね」
ー虹色の滝発動ー
一同「そして容赦ねえぇぇ!(;゜Д゜)」
ステージフェーイルド!
Funky「勝者100sec!よって佐々木チームの勝ち!」
アンコン「ソウ!ロース!(゜д゜)彡」
一同(なんだかなぁ…)


本当になんだかなぁな終わり方でスマソorz試合形式は4対4+補欠ってことで

433 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 20:04:42 ID:PZbCymUD
>>432
やばい佐々木チームみんな好きだGJ

434 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 20:20:42 ID:pAQLomXB
>>142といい>>432といい、デイドリはオートシンバル付けられた瞬間ヘタレになるなw

435 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 20:26:19 ID:wXMoR2Bv
>>432
デイドリモエスwww

436 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 20:27:30 ID:6S2DX6we
最後のアンコンに吹いたw
こっち見んなwww

437 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 21:02:08 ID:M8cfOkIy
Shining ray「海賊王に俺はなる!」
ヒカリヘ「海賊王に俺もなる!」
Sailing Day「お前もなるよな?」

WE ARE「人 違 い で す !!」

438 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 21:48:46 ID:M8cfOkIy
第4話「ライバル登場!? デジタル魔法少女Pretty G」


パッション「きゃぁぁーっ! ってまた私ーっ!?」
アネモネ「おーほほほ! あたくしの指テクをとくと味わいなさぁい!」
カウ「こらー! やめなさーい!」
アネ「あーら待っていたわよカウガールちゃん」
カウ「!? なんでわたしの名前を?」
アネ「あたくしは唯一神Jimmyにより生み出されたエロ一族の一人、Sea Anemones!
   この全宇宙をエロで染めつくすのがあたくしたちの使命なのよぉ!」
カウ「そんな……許せない! この私が倒して……」

??「ちょーっと待ったぁ!」

カウ「!?」
アネ「な、何者!?」

☆CM
君とな「やる気がなくて食欲出なくて悩み事がちっとも片付かないそこのキミ!
    一日たった6分で理想のボディを手に入れろ!
    ハンサムジェット教授監修・体を鍛える男の脳味噌筋肉トレーニング!
    好評発売中だ!」

??「ちょーっと待ったぁ!」

カウ「!?」
アネ「な、何者!?」
プリ「醜き者はこのあたしが浄化してあげるわ! デジタル魔法少女Pretty G! 華麗に参上ーっ!」
カウ「……誰だっけ?」
アネ「あたくしも知らないわ」
プリ「くっ……削除曲だからってみんな忘れてるなんて……くやしいっ……!」
アネ「小娘が二人に増えたところで変わりはないわ! まとめてイカせてあげる」
プリ「ふん! デジタリアンお兄様からもらったこのギター型マジカルステッキの威力、思い知ることね!」
カウ「わー、すごーい! どんな魔法が出るのかな?」
プリ「とりゃー!」
 ばきっ!
カウ「えーっ!? 直接殴るの!? 鈍器のようなもの!?」
プリ「あれ? ギターって叩き壊して遊ぶものじゃないの?」
アネ「よ、よくもこのあたくしの美貌に傷をつけてくれたわね……。
  初めてですよ……ここまでコケにしたおバカさんたちは……。
  いいでしょう。あたくしの真の姿を見せてあげる!」
カウ「きゃーっ! 巨大イソギンチャクに変身しちゃったよ!」
プリ「いやっ! キモイ! 死ね!」
アネ「絶対にゆるさんぞ虫ケラども!!!! じわじわとエロ漬けにしてくれる!!!!」 


真の姿を現したアネモネ! さぁどうする、カウガールたん&プリGたん!
次回、銀河天使コズミックカウガール第5話、「フルコン楽勝! ウネウネ触手運指プレイ」!

カウ「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

439 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 21:49:50 ID:PZbCymUD
>>437
上手いwwwww

440 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 21:56:32 ID:wytliI/a
>>437
俺の食前酒返せwwwwwwwww

441 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 22:28:40 ID:sZRKaR5r
リライト「全身オートメール?」
DD5「(゜皿゜;=;゜皿゜)。O(チガウチガウ)」

微妙・・

442 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 23:19:04 ID:j9+og9JT
>>438

カウガールたん好きです。細かいところまで芸が行き届いててGJです。

443 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/24(月) 23:38:22 ID:wXMoR2Bv
>>441
ハガレン懐かしいwww

444 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 00:09:38 ID:D/MIYH41
>>438
CMで夜食のカロリーメイト吹いたwwwGJです!

445 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 00:26:25 ID:8wnNDO7W
>>438
フリーザワロスwww

446 ::2006/07/25(火) 02:19:33 ID:yGLxgiLi
ストーリー物?投下します。
私が勝手に作った設定なので、他の職人の方々はこの話に関係なく自由に設定を作ってください。

創立者、TOMOSUKEによって建てられた「マーブル女学院」
そこは限られた特別な乙女達のみが通うと言われている。
そして、今朝も乙女達は学び舎へ向かう―――。

「ごきげんよう、生徒会長。」
下駄箱で、副会長のFURIFURI '60が、生徒会長であるMONDO STREETに声をかける。
「ごきげんよう。FURIFURI '60。」
「今日は転校生が来るらしいわよ。」
その言葉にMONDO STREETは、そうだったわねと返し、
「それも・・・・・本当に「特別な」転校生。」
と、付け加えるかのように言った。
「あら、興味あるのかしら?生徒会長さま?」
茶化すようにFURIFURI '60が言う。
「・・・いいえ、別に。」

マーブル女学院へ続く道を、その転校生Tizona d'El Cidは歩いていた。
学校の生徒はほとんどが車で登校しているのだが、
彼女は初めて通う学校の道を歩きたいという理由で、今日は歩いて登校してる。
ただ歩くだけでなく、街路樹や家並を眺め、風を感じ、空を見上げ歩いている。

校門を抜け、Tizona d'El Cidは校舎を見つめた。
(今日から私が通う学校・・・・。)
彼女は心の中の色々な感情を感じながら、じっと校舎を見上げた。
すると、

――――にゃあ

「?」
Tizona d'El Cidの足元に白い猫が一匹いた。
人馴れしているようで、逃げる気配はない。
「わぁ・・・かわいー。どこから来たのかな?」
しかし、Tizona d'El Cidが撫でようとすると猫は走り去った。
「あっ・・・・待ってよ!」
思わずTizona d'El Cidは追いかけていた。

447 ::2006/07/25(火) 02:21:04 ID:yGLxgiLi
「どうしたの・・・?にゃんだふる55。」
中庭まで走り、猫は名を呼ぶ者に近づいた。
その人間は近寄ってくる猫を抱き上げる。
「・・・・あなたはだあれ?」
彼女は猫を追って来たらしいTizona d'El Cidに声をかけた。
Tizona d'El Cidはずっと走っていたらしく、息切れを起こしている。
「はぁ・・・はぁ・・・ご、ごめんねー・・・・全然、怪しい者じゃないから・・・」
猫を追いかけてきた上、他人にそのように言われると逆に怪しく感じるが、
「彼女」は気にせずTizona d'El Cidにハンカチを差し出した。
「・・・え?」
「・・・・汗、すごいから・・・・。」
「あ、そっか。ごめんね、ありがと!」
と、Tizona d'El Cidはハンカチを受け取り、折り畳まれたまま汗を拭った。
「・・・にゃんだふる55、知ってる子なの・・・?」
「その猫ちゃんにゃんだふる55っていうの?あ、あたしTizona d'El Cidっていうんだ!ティゾナでいいよ!」
猫――にゃんだふる55に話しかける「彼女」にTizona d'El Cidは話しかけ、
ついでに自分の名を名乗った。その気さくな雰囲気に心を許したのか、「彼女」も微笑み、
「・・・・私は、カゴノトリ。にゃんだふる55・・・・抱いてみる?」
と名乗った。

それからしばらく、彼女達は中庭で会話をした。
主にTizona d'El Cidが喋り、カゴノトリは相槌を打つのみだったが。
すると、予鈴を知らせる鐘が鳴り出した。
「あ!やばっ・・・あたし予鈴までに生徒会室行ってなきゃだめだった!」
「・・・・そうなの?ごめんね・・・・私が足止めしたみたいで・・・・。」
カゴノトリは申し訳なさそうに言った。
「ううん!楽しかったよ!・・・カゴノトリちゃんは教室行かなくていいの?」
「・・・・うん、良いの・・・・どうせ朝学活なんだし・・・本鈴までに行けば良いから。」
「ふーん・・・・あ、じゃあ、あたしそろそろ行く・・・・・って生徒会室どこー!?」
「・・・・案内しようか?」

生徒会室では、MONDO STREETがTizona d'El Cidを待っていた。
「・・・・遅いわ。」
時間にうるさい気のある彼女は時間通りに来ないTizona d'El Cidに苛立ちを感じていた。
その時、
どかっっ!!
「すいませんっ!遅れました!Tizona d'El Cidです!」
息切れして入ってきた彼女に、生徒会長は言った。
「・・・ドアをサンバキックして入って来ないこと。」

以上です。

448 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 04:09:00 ID:PpIMCv9q
オチでそうくるかw
なかなかよかったと思うよ

449 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 18:05:01 ID:gLxf9vi/
登場キャラが今までなかやか使われない曲だから
新鮮に感じた

450 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 20:38:42 ID:uurkD56r
〜ささきっさ〜1/2
ホワトル「次回!インスト戦隊肥塚レンジャー『その声を聞かせて!あこがれ王子!』来週もよろしく!」
ピチュン
落「あー、今週の肥塚レンジャーも面白かったなぁ♪」
タイピ「落書き姉さんまたそんな子供っぽい番組見てたですか?あんな恥ずかしい格好で恥ずかしい台詞を言える曲の気が知れないです」
落「もう、いいでしょ別に。何歳になっても子供の心を無くさないのは大切だよ!」
タイピ「落書き帳姉さんは子供の頃のまんますぎな気がするですが…」
落「そうだ!私たちもやろうよ!佐々木戦隊プログレンジャー!」
タイピ「嫌ですよそんな恥ずかしいの。1人でやってくださいです」
落「1人じゃ戦隊にならないじゃない。ね、コンちゃん一緒にやろうよ」
蒼「え!?わ、私は…」
タイピ「止めといた方がイイですよ蒼姉さん、あんな恥ずかしいの」
蒼「や、やっても良いよ…ほら、私…その…ブルーだし」
落「じゃあ私レッドね♪ほら、タイピちゃんもやろうよ」
百「あら、面白そうな話してるわね」
落「あ、お姉ちゃんもやる?佐々木戦隊プログレンジャー」
百「そうね、面白そうだしお店の企画としてやってみても良いかもね。私はホワイトって所かしら」
タイピ「なんか凄い嫌な予感がするです…」
ゆら「ただいま戻りました」
タイピ「あ、ゆらさん聞いてくださいです。姉さん達が佐々木戦隊プログレンジャーなんてバカな真似を」
ゆら「まぁ、それは感心できませんね」
タイピ(今回は勝った!)
ゆら「プログレンジャーなんて名前だったら私が入れないじゃないですか」
落「そっかぁ、ごめんねゆらさん。それじゃあギタド戦隊佐々木レンジャーだね」
百「それじゃあタイピも入った方が良いか多数決で決めましょうか」
タイピ「民主主義反対ですうぅぅぅ!」


451 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 20:47:06 ID:uurkD56r
〜ささきっさ〜2/2

プレイヤー「よっしゃ、今日こそプログレコース制覇してやるぜ」
百「来たわね悪しきプレイヤー!百秒限りの白亜の幻想!The Least 100sec!」
落「永久(とわ)に色褪せること無き夕焼け色の無垢なる思い出!子供の落書き帳!」
蒼「舞い散る雪と蒼雷が奏でる蒼き協奏曲(コンチェルト)!Concertino in Blue!」
タイピ「そ、空色に輝く時の欠片、今ここに集い第2の時が動き出す!Time Piece PhaseU!(は、恥ずかしいです…)」
赤ゆら「胸元に〜薄紅の〜」
紫ゆら「徒に〜時〜は流れ〜」
水ゆら「水色の〜たまゆらぞ〜」
緑ゆら「文無きや〜文無きや〜」
黄ゆら「色濃〜いチラリズム〜たまゆら!」
一同「多っ!そして長っ!(;゜Д゜) (しかも最後空耳だし…)」
プレイヤー「(゜Д゜)ポカーン」
百「我ら!ギタド戦隊佐々…って放置プレイはやめなさいよ!私そんな趣味ないわよ!もっと私のこと叩いてえぇぇ!」ステージフェーイルド!
一同「…………」
百「何がいけなかったのかしら?」
落「やっぱり多すぎたんじゃないゆらさん?」
ゆら「それを言ったらタイピさんだって台詞かみましたし」
蒼「本当に何がいけなかったんだろう?」
タイピ(もうこの曲たちの妹やめたいですorz)




















デパチャ「我ら佐々木戦隊…」
イスト「兄さん厨房で1人で何やってるの?もう店しまってるんだけど」
デパチャ「どうせ俺なんて…(´;ω;`)」



452 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 21:11:41 ID:wQTjmrq4
>>450
TV切る音が不吉でワロタ
相変わらずクオリティ高いね。

453 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 21:27:00 ID:RvX5Ah+7
デパチャ(・ω・`)カワイソス

454 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 21:37:46 ID:9/rj5nUs
>>451
たまゆら多すぎワロタwwwww
いつも乙です!

455 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 22:02:02 ID:gSz1VZmt
第5話「フルコン楽勝! ウネウネ触手運指プレイ」


アネ「絶対にゆるさんぞ虫ケラども!!!! じわじわとエロ漬けにしてくれる!!!!」
カウ「えーっ!? どうしようプリちゃん?」
プリ「あ、あんたが戦いなさいよ!」
カウ「そんな〜! 気持ち悪いよ〜!」
アネ「まずはあたくしに傷をつけてくれたアンタからよおーほほほほ!」
カウ「わー! 触手が伸びてきたよ!?」
プリ「きゃーっ! キモイ! 離せヘーンーターイー!」
アネ「捕まえたわよおーほほほほ!」
プリ「いやっ! ピザが脂ぎった手でプレイした後のギタコン並にキモイ! やめてよーっ!」
アネ「あーら心配いらないわよ。このコンチェ赤Oすらフルコンするあたくしの指テクで、すぐにANOTHER WORLDへGETAWAYさせてあげるからおーほほほ!」
プリ「あーんだから魔法少女なんて嫌だったのよーっ! お兄様のばかーっ!
   っていうかカウガール! あんた助けなさいよ!」
カウ「で、でもっ……」
プリ「あぁっ……こんなところで傷モノにされてしまうなんて……あたし一生復活できないわ……」
カウ「ど、どうしたら……」
??「……これを、彼女に」
カウ「? あ、あなたは?」
??「僕のことはいい。すぐにこれを彼女に渡してくれ」
カウ「これは……CSギタドラV購入特典のピック型キーホルダー!」
??「そして君にはこれを」
カウ「あーっ! ギタドラMPSの特製ドラムスティック! まだ発売してないのに! やったぁ!」
??「この武器があればアイツに勝てるはずだ」
カウ「ありがとう! でも、あなたは一体……?」
??「わがままな妹だが、仲良くしてやってくれ」
 ピチュン
カウ「あ……行っちゃった。もしかして……。
   ううん、今はそんな場合じゃなかった! プリちゃん! これを受け取ってー!」
プリ「……! ピック型キーホルダー! これがあればギター型マジカルステッキをパワーアップできるわ!」
アネ「な、何!?」
プリ「マジカル爆音ディストーション!」
 ギュイーーーーーーーン!!
アネ「ぎゃぁぁぁーっ!!」
カウ「やったぁ! 触手を吹き飛ばしたわ!」
プリ「カウガール! 行くよ!」
カウ「おっけぃ!」
二人「セッションパワー、MAX!」
アネ「お、おのれぇぇぇ……!!」
二人「ヘビーメタルフラーッシュ!」
アネ「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
 ステージクリアー!
プリ「た、倒したぁ……」
カウ「友情パワーだね!」
プリ「ふ、ふん! 勘違いしないでよね! 仕方なく協力してあげただけなんだから!」


見事アネモネを撃破した二人。友情パワーの前には敵なしだ!
次回、銀河天使コズミックカウガール第6話、「危ない関係!? WAZA&ケンタ兄弟」!

カウ「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

456 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 22:22:06 ID:WZnUj1c7
プログレンジャーやろうよ!っつってる落書きが可愛い
自分の落書き男の子だけど今度描いてみようかしら

457 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 22:46:48 ID:wQTjmrq4
>>455
>このコンチェ赤Oすらフルコンする
そうそう勝てねぇwww

458 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 23:06:19 ID:4iUsjr6m
age

459 :まとめの人 ◆45FSk6vB0U :2006/07/25(火) 23:19:33 ID:YeZwcq4C
>>455までまとめ完了しました。
長編の続き物が増えてきていいですね!
ネタ師・絵師の皆さん本当に乙です。

先程「2ちゃんねるの方舟」にまとめサイト情報を投稿してきました。
事後承諾になりますが、宜しくお願いします。

http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

460 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 23:38:21 ID:8wnNDO7W
>>455
乙GJ! 毎回楽しみにしております(*´∀`)

461 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/25(火) 23:59:48 ID:uurkD56r
〜ささきっさ〜(裏)

デパチャ「なぁイスト」
イスト「どうしたの兄さん?」
デパチャ「なんで俺達佐々木名義じゃないんだろうな…」
ーここからのイストは副音声でお楽しみくださいー
イスト(また始まった…)「そんなのわからないよ…ボーカル曲だからじゃない?」
デパチャ「じゃあなんでたまゆらは佐々木名義なんだよ…はぁ俺もプログレに生まれ変われたらなぁ…」
イスト(だから知らねえつってんじゃねえか、つーかてめえじゃV573になってもV1048になってもプログレになるなんて無理だっつーの)「まぁまぁ兄さん、僕たちだってささきっさの一員なんだからボーカルの有無やプログレかどうかなんて関係ないよ」
デパチャ「イスト…でもプログレ達はいつも俺達のこと無視するし…(´;ω;`)」
イスト(泣いてんじゃねえよ気色悪いな、ロング曲なんざ無視されて当然だっつーの)「はは…でも無視されてようが僕達がいなかったら料理作れないんだから気にすることないよ兄さん」
デパチャ「ありがとうイスト!俺頑張るよ!チョコフィロでも食おうぜ!」
イスト(てめえそればっかだな本当、糖尿病にでもなって死ね)「ありがとう兄さん。いただきます」
ボビス「あれ?2人で何話してるの?」
イスト(ガキが…とっとこ帰れよ)「ああ、僕達はよく無視されてるけど実は必要不可欠な存在ってことだよ」
ボビス「そっかぁ、まるで“空気”みたいだね('∇')」
デパチャ「…あれ…このチョコフィロなんかしょっぱいなぁ…塩入れすぎたかなぁ(´;ω;`)」
イスト(ボビス…なかなかやるな…)


462 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 00:36:51 ID:nu/JTSYJ
>>451
チラリズムに吹いたwww
>>459まとめの人
いつも乙です^^

ゆらさんにきゅんときたので絵初投下してみる。
http://u.pic.to/3ed4n
線薄くてスマソ

463 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 00:46:42 ID:yxdd63Km
>>462
繊細なタッチがたまゆらっぽさを際立たせてて良いとオモタ。God job!

464 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 00:58:37 ID:GikkKnxc
>>462
惚れた

465 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 01:45:43 ID:uvdEXkXW
>>461
腹黒イストwwwww
人間(曲だけど)腹の中じゃあ何考えてるかわからんものです。
いつも投下乙!今後も期待。

>>462
キリンさんが好きです。でも綺麗なお姉さんはもっと好きです(*´д`)
初投下乙GJです!

466 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 04:46:51 ID:WuGyBi/k
>>461
ボビスをガキ呼ばわりしてるけど、イストの方が下じゃないのか?

467 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 05:34:33 ID:wkIcA2by
>>466
あれはあくまでもイストの「心の声」ですから

468 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 11:09:34 ID:uvdEXkXW
イエパニ「ライムの着うたフル配信を祝して乾杯!」
一同「乾杯!」

ライム「みんなありがとう!わざわざお祝いなんてしなくてもいいのに…」
イエパニ「僕たち兄弟の中で一番最初に着うたフルになったんだもの、これぐらいしなきゃ」
ブラホラ「本当すげぇよ、ライム。まさかお前が一番最初に配信になるとは思わなかったぜ」
イエパニ「ブラホラはまだいいよ。一応着メロ配信はされてるんだから」
ブラホラ「40和音までしかねぇけどな…」
イエパニ「僕なんて待ち受けだけだもんなぁ」
ライム「でもイエパニお兄ちゃんの待ち受け、可愛いからって使ってる人は結構いるみたいよ?」
イエパニ「可愛い?そうかな…そうかなぁ?(デレデレ)」
ブラホラ「あぁ、兄貴がのぼせちまった…」
ライム「でも、こうしてプレイヤーの携帯電話であたしたちが活躍出来るなんて…便利な世の中よね」
ブラホラ「本当だよな」
イエパニ「僕たち、これからも一層頑張っていかないとな」
ブラホラ「まず俺は着うた配信されることだな」
ライム「あたし、次は待ち受けがいいなぁ!」
イエパニ「お前たちならすぐに叶うよ」
ライム「そうだといいね…」



ホワトル「なんだろ、この仲間外れ感…」

469 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 12:01:13 ID:GikkKnxc
>>468
(´;ω;`)

470 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 18:04:54 ID:zFktUWTm
>>468
いつものホワトルのポジションじゃない…(´;ω;`)ブワッ

471 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 18:11:23 ID:uvdEXkXW
ひどいことをして正直済まなかった。反省はしている。

472 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 20:26:09 ID:48KpBeUv
前の方に出てたV3の出る頃に、
書こうと思うんだけどいいかな?ネタ出した人と別の奴だけど。

473 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 22:21:33 ID:Qk3g0KwO
どうぞどうぞ。別に書いた人でも無いが('A`)

474 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 22:22:11 ID:xR8/2AC/
※オトバ連コ回し厨のプレイ延長のため、放送時間を30分繰り下げてお送りしております。


第6話「危ない関係!? WAZA&ケンタ兄弟」


へリング「アネモネもやられたのか……」
ミミズ「申し訳ないでヤンス、おやびん」
へリング「小娘ながらなかなか侮れないようだな。よし、あの二人を呼べ!」


カウ「!! またしても悪のエロパワーを感じるわ! あっちね!」

ケンタ「兄者……やらないか」
WAZA「弟者……ウホッ」
カウ「やめなさーいっ! ……って、お、男どうしーっ?」
ケンタ「な、なんだお前は!」
WAZA「俺たちの邪魔をするな」
カウ「し、失礼しましたー……どうぞごゆっくり……」
WAZA「待て。確か貴様……カウガールだな?」
カウ「な、なんでわたしを? まさかあなたたちもエロ一族!?」
ケンタ「ふふふ……その通りだ!」
WAZA「残念だが貴様を生かしておくわけにはいかん」
カウ「戦うしかないようね……よーし、前回もらったこのMPS特製スティックで!」
 パキーン!
カウ「きゃぁっ! ジェットスティックしちゃったぁ!」
WAZA「スティックさばきで俺たち兄弟にかなうものなど存在しない」
ケンタ「もちろん下のスティックもな!」
カウ「どどど、どーしよう……」
WAZA「ベロシティとアネモネがやられたと聞いていたが……とんだ雑魚じゃないか」
カウ「ドラム多人数プレイなんてずるいわ! 反則よ!」
ケンタ「アネモネのときもあんたら二人じゃなかったか?」
カウ「あれはセッションだもん!」
WAZA「セッション? 俺たち兄弟には関係のない言葉だな」
カウ「そ、そんな〜」
ケンタ「さーて兄者、こいつどうするよ?」
WAZA「ただ始末してしまうのはもったいないか」
カウ「や、やめてよぉ〜」
WAZA「そうだな……とりあえず俺たちの自慢のサックスを吹いてもらおうか」
カウ(プリちゃん……助けて!)


カウガールたん、またしてもピンチ! 願いはプリGたんに届くのか!?
次回、銀河天使コズミックカウガール第6話、「愛と友情のツインギター」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

475 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 22:37:20 ID:uvdEXkXW
>>474
放送時間繰り下げに噴いたwwwww
いつも乙です!



見苦しいがDD3描いてみた。
http://p.pita.st/?m=pxg8aky9

476 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 23:12:46 ID:fCMcOUGm
>>474
本編だけでも十分面白いのに
CMとかの小技が利きまくりなのがもうwwww

477 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/26(水) 23:20:37 ID:GikkKnxc
>>474
随所に凝ったネタが散りばめられてて大好きだGJwww

478 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 08:50:28 ID:qTb8HbKL
>>474
予約録画してた人可哀相wwww

479 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 20:51:51 ID:4C2oHfNf
俺はカウガールたんを全力でおうえんするぞ!!!

480 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 22:37:58 ID:aSuGWFnJ
星座別今日のラッキーカラー

牡羊座の人
ラッキーカラーはr.p.m.RED

牡牛座の人
ラッキカラーはORANGE JET STREAM

双子z・・

中略

水瓶座の人
ラッキーカラーはConcertino in Blue

魚座の人
ラッキーMODELはDD7


コレをやればその日一日HAPPY MAN 間違いなし!!

481 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 22:46:30 ID:hsvbqtCb
第7話「愛と友情のツインギター」


カウ(プリちゃん……助けて!)
ケンタ「祈ったって無駄だぜ。どうせ助けなんか……」
 ピキーン!
WAZA「!?」
カウ「!! このピックは……」
プリ「醜き者はこのあたしが浄化してあげるわ! デジタル魔法少女Pretty G! 華麗に参上ーっ!」
カウ「プリちゃん!」
ケンタ「ほ、ほんとに来やがった……!」
プリ「き、決まったわ……! あたし今、超絶にカッコいい!」
WAZA「誰かと思えば……あのzonluとかいう電波親父の娘か」
プリ「お、お父様の悪口を言うなーっ!」
ケンタ「おまえのとうちゃんでーんーぱー!」
WAZA「おまえのとうちゃんでーんーぱー!」
プリ「きぃぃぃっ! もう怒ったぁーっ!
   あたしのギターをくらえーっ!」
 ばきっ!
WAZA「……クッ……!」
カウ「やった! 効いてるよ!」
プリ「あいつらの弱点はギターよ! さ、カウガールも!」
カウ「よーし! ツインギターモードだね!」
WAZA「ちっ……分が悪くなったな」
ケンタ「どうする、兄者!?」
二人「マジカル爆音ディスチョーション・ツイン!」
 テーーーーテレテレテレジャガジャガ゙デケデケギュイーーーーーンドゥーン!!
WAZA「ぬわーーーーーーーーっ!」
ケンタ「あ、兄者ーっ!」
WAZA「ケンタ……たとえ逆詐欺稼ぎ曲と言われようが……お前もLv90台なのだ……。
    必ず奴らを倒し……エロ一族に栄光を……」
 ピチュン
ケンタ「兄者……嘘だろ……」
カウ「そ、そんな……一人であれを受け止めるなんて!」
ケンタ「バカな……兄者が……」
プリ「と、ともかく、残りはあいつだけよ!」 
ケンタ「貴様ら……よくも兄者を!」
カウ「え? え? 主人公わたしだよね?
  なんだか悪役になってない?」
ケンタ「死ねぇぇぇぇっ!」

??「お待ちなさい!」

プリ「だ、誰っ?」
ケンタ「あ、あんたは……!」
??「CENTAUR……その怒り、私が覚醒させてあげましょう」


突如現れた謎の女性! 彼女は一体何者だ!?
次回、銀河天使コズミックカウガール第8話、「怒りのケンタ、幻の黄譜面」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

482 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 22:56:16 ID:hsvbqtCb
>>478

落書き「今日のカウガールたんちゃんと録れてるかな〜?」
TPP2「落書きねえさま、またそんなよく分からないアニメ見てるですか?」
落書き「あら? タイピちゃんも見てみる?」
TPP2「……ちょっとだけなら、見てやらないでもないです」
落書き「それじゃあ一緒に見ましょうか。ビデオをセットして……と」

 ミエナイモノヲミヨウトシテー
厨1「やっべ俺超umeeeeeeeeeee!!」
厨2「バッカ俺のほうがうめぇよ貸してみ」
 コーノーソラノシター
厨3「おっしゃ次俺の番な」
 アータシサクランボー

TPP2「何ですか? コレ」
落書き「……そんな……カウガールたんが……」

コンチェ「あらお姉様。こんな時間にお出かけかしら?」
落書き「ええ。ちょっと急用を思い出して……ね」



プレイヤー1「ちょww何選曲しても落書き赤になるんだけど」
プレイヤー2「しかも強制HAZARDとかテラムリスwwww」
落書き「連コ厨sineeeeeeeee!!!!!!」
天体・大切なもの・さくらんぼ「こ、怖っ……!!」

483 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 23:15:42 ID:aSuGWFnJ
ヤヴァwwコラボがツボったw

484 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/27(木) 23:47:11 ID:2oGiU3L1
>>481
どうでもいいがzonlu女だぞwwww

>>482
コラボ吹いたwww

485 :481:2006/07/28(金) 00:00:19 ID:jNPRfVh1
>>484
マジかorz

486 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/28(金) 00:01:13 ID:jFI67bKU
>>481
毎度乙!ただzonluは(ry

>>482
いいなこういうのwwwwGJww

487 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/28(金) 00:03:11 ID:kCVPgfKj
>>482
巻き添え食らったプレイヤー1、2が可哀想だww

488 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/28(金) 07:16:51 ID:FJNYm+tp
>>481
乙です。毎回クオリティ高すぎです。

>>482
吹いた。最高です。

489 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/28(金) 11:04:31 ID:6E41x368
ブラホラ「……なぁ」
ホワトル「…なに?」
ブラホラ「俺は男だよな?」
ホワトル「…なにをいまさら」
ブラホラ「……なのに、なんで『ふたりはトリトラ』ってネタされんのかな?」
ホワトル「……色じゃない?」
ブラホラ「いや、けど男だぜ?ますらおだぜ?ジミー親分によろしくだぜ?」
ホワトル「…いいじゃない、黒くてヘタレだし」
ブラホラ「(´・ω・`)」



490 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/28(金) 21:45:02 ID:acIlLiGV
>>489
白のくせに黒いホワトルくん萌え。

491 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 00:00:41 ID:SwoMip8a
エレサン「HAHAHA! よい子の諸君! テレビを見るときは部屋を明るくして、画面から離れて見ようね!」

第8話「怒りのケンタ、幻の黄譜面」


??「CENTAUR……その怒り、私が覚醒させてあげましょう」
プリ「あんた……何者?」
万華「私はエロ一族の一人、万華鏡。
  さぁCENTAUR、過去に封印されしあなたを覚醒させましょう」
カウ「過去って……もしかして」
ケンタ「うぅっ……がぁぁぁぁぁっ!!」
プリ「えーっ!? 一体どういうことなの?」
万華「彼には……封印されたReal譜面が存在するのです」
プリ「Real譜面って……今のAdvancedのことよね? 弱くなるんじゃないの?」
カウ「それがね、彼の場合は……」
ケンタ「おぉぉぉぉぉぉ!!」
プリ「きゃぁっ! どーしてさっきより強くなってるのーっ?」
万華「それが彼の秘密……。さぁお二方、いい泣き声を聞かせてくださいね。うふふ……」
ケンタ「ぐぁぁぁぁぁっ!!」
カウ「はにゃぁっ!? あ、危ないなぁ……」
プリ「ど、どーすんのよ!?」
カウ「どーするって言われてもぉ……」
万華「DANGERランプが点等してるわよ? どうするのかしら? 子猫ちゃん」
プリ「こーなったら、いちかばちか……」
ケンタ「がぁぁぁぁぁっ!!」
カウ「プリちゃん逃げてーっ!」
プリ「逃げないわよっ! とりゃーっ!」
 ばきっ!
ケンタ「ぎぃぁぁぁぁっ!!」
プリ「きゃぁーっ!!」
 ピチュン
カウ「プリちゃーん!!」
万華「……やはり、彼の体にあの力は耐え切れなかったようね。
  まぁいいわ。この子は頂いていくわね」
カウ「だ、だめっ! プリちゃんを返して!」
万華「逃げ惑うだけで何もできなかったあなたが、今更どうしようと言うのかしら?」
カウ「……!!」
万華「さようなら。悔しかったら取り返しに来るのね」
 ピチュン

カウ「そうだ……わたし、今まで大して活躍してないよ……。
   あぅぅ……これじゃ銀河天使失格だよぉ……」


さらわれたプリGたん、そして失意のカウガールたん! しかし、それでも刺客はやって来る!
次回、銀河天使コズミックカウガール第9話、「因縁の再会」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

492 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 00:03:42 ID:SwoMip8a
ここからエンディングまで微妙にシリアスな展開が続くかもしれません。
ギャグを期待されてる方はごめんなさい。
ていうか小技ネタもうねーよorz

>>まとめの人
第7話、まとめサイト転載時に修正をお願いします。
「電波親父」→「電波女」
「お父様」→「お母様」
「とうちゃん」→「かーちゃん」

493 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 00:36:46 ID:wClEy/1w
>>492
超乙。エンディングまで楽しみでならない。
おまいの挟んでくる小ネタが大好きだ。

494 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 01:51:46 ID:EFmRiw9Y
エレサン吹いたww

495 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 21:31:08 ID:Bc74t+7A
before
「あははははは!死ねぇ!死んでしまえぇ!」

after
「だめぇ・・・僕男の子だよぉ・・・」


問1.この曲は何
問2.beforeからafterになるまでに何があったか

496 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 22:36:17 ID:SwoMip8a
第9話「因縁の再会」


カウ「あぅぅ……どうしよう……わたし……」
??「キヒヒ……いただきでヤンス!」
カウ「きゃうっ! だ、誰? お尻触ったのーっ!?」
ミミズ「ノゾキとチカンはこのTHREE WORMS様の専売特許でヤンス」
カウ「あーっ! あなたは確か!」
ミミズ「? あっしと会ったことがあったでヤンスか?」
カウ「結構前のキーマニ国マルチセッションツアーのときに、わたしのお風呂覗いた人でしょ!」
ミミズ「あ〜あ〜、そういえばそんなこともあったでヤンスねぇ」
カウ「……!! もしかしてあなたもエロ一族!?」
ミミズ「その通りでヤンス! あんたの全身舐めまわしてやるでヤンス!」
カウ「そうはいかないんだから! えーいっ!」
 パキーン
カウ「きゃぅーっ……またジェットスティックしちゃったぁ……」
ミミズ「キヒヒ……口ほどにもないでヤンス。こんな奴にみんなやられたなんてなさけないでヤンス」
カウ「うぅう……やっぱりわたしはダメな子なんだ……うわーん!!」
ミミズ「ななな……いきなり泣き出すなんて聞いてないでヤンスよ!? わけがわからないでヤンス……」
カウ「だってぇ……」

※只今解説中です。しばらくお待ちください
ワーカー「ご迷惑をおかけします」
TV頭「チャンネル変えんなよ!」


ミミズ「まったく、正義のヒロインが聞いて呆れるでヤンス」
カウ「はぅぅ……ごめんなさぁい……」
ミミズ「あっしも昔は正義のヒーローというやつに憧れていたでヤンス。どういうわけか悪役になってしまったでヤンスが……」
カウ「はぁ」
ミミズ「正義とは! たとえHAZARDつきで両手のスティックを失ってもあきらめてはいけないでヤンス! ピッキングレバーの隙間に爪が引っかかってはがれたとしてもあきらめてはいけないでヤンス!」
カウ「……!! そ、そうだよね……! わたし、間違ってたよ……」
ミミズ「どうしようもない甘ったれクソガキでヤンス。仕方ないからあっしらの本拠地まで案内してやるでヤンス」
カウ「ありがとう、ミミズさん!」
ミミズ「ふん! 協力してやれるのはここまででヤンス。次に会うときは敵同士でヤンス!」
 ピチュン

カウ「わたし、頑張らなきゃ! プリちゃん、待っててね!」


元気を取り戻したカウガールたん。さぁ、プリGたん救出だ!
次回、銀河天使コズミックカウガール第10話、「万華鏡の罠!?」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

497 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 22:44:10 ID:EFmRiw9Y
乙!ミミズいいやつだなwww

498 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 23:00:00 ID:s9Reve13
ミミズ普通にいい奴でワロスww

499 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/29(土) 23:46:03 ID:2kPKaAYi
>>495
普通に考えたらデイドリ赤dmのオトシンor多人数

>>496
いつも乙です。
「ご迷惑をおかけします」のワーカーに噴いたwwwww

500 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 00:39:32 ID:v8IRiDWs
>>495
ライトン赤か黄dmオトハイでも同じ状況が浮かぶ

501 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 01:12:42 ID:SGONmQgW
>>495
パナソニ赤オトバ

502 :V3のでる頃に(1):2006/07/30(日) 04:42:15 ID:65COvcHy
だいたい書けたから「V3のでる頃に」投下します。

V3のでる頃に〜曲隠し編〜

俺はトッカータ。ギタドラに参加してしばらく経つ。
版権曲なのに、皆は気にせず俺に親しくしてくれた。

その中でも特に仲が良いのが

可愛いものが好きな奴、「jet coaster☆girl」
仲間のリーダー役、「pot-pourri d'orange」
癒し系の良い子、「Sweet Illusion」
容姿とは裏腹に悪ガキの「子供の落書き帳」

こいつらとは騒がしく、馬鹿で楽しい日常を送っていた。

そんなある日、
ジェッ娘「ねぇトッカータくん、これから、何か予定あるかな?・・・かな?」
トッカータ「え?(ジェッ娘にしては積極的なアプローチだな・・・)」
しばし言葉を失う俺を見て、その誤解に気づいたのかジェッ娘は赤くなり、
ジェッ娘「・・・あ、ち、違うの。そーゆうのじゃなくて・・・・その・・・・」
トッカータ「なんだ・・・違うのかよ」
俺はわざと肩を落としてみせた。
ジェッ娘「な、何でがっかりしてるんだろ?だろ!?・・・・ねぇ!?」
トッカータ「あはは、悪ぃな。冗談だよ。」
ジェッ娘「なぁんだ・・・・・それで、これからヒマなのかな?・・・かな?」
トッカータ「ああ、ヒマだよ。」
ジェッ娘「よかった・・・・トッカータくん、まだギタドラに慣れてないでしょ?
     だから、案内しようかなって思って・・・・。」
トッカータ「じゃ、二人っきりか・・・・これってデートだよなぁ。」
ジェッ娘「こ、これってデートなのかな・・・かな?」
またジェッ娘は赤面した。面白かったのでしばらくからかっていたが、
やりすぎたと思い、やめた。

それからジェッ娘に街の案内をしてもらった。
ジェッ娘「あ、こんにちは。」
ビリーブ「こんにちは。あら・・・そちらは、確か・・・・・・トッカータくんだったかしら?」
トッカータ「え?あ、はい。よろしくお願いします。」
ビリーブ「こちらこそよろしくね。」

トッカータ「・・・なんで俺、こんな有名人なんだ?」
3人すれ違ったが、3人も俺を知っていると、流石におかしいと思い尋ねた。
ジェッ娘「ギタドラはまだ曲が少ないから、みんな顔見知りなんだよ。
     知らない曲がいると、新規曲のトッカータくんってことになるの。
     ちなみに、最初に会ったのがOne Phrase Bluesさん。趣味はジャズ鑑賞とジャズ演奏。
     次が君のハートにドキュンくん。趣味は狙撃で将来の夢は超A級スナイパー。
     で、今の人がBELIEVE IN LOVEさん。」
トッカータ(すれ違った全員の名前とプロフィールまでわかるのかよ!?・・・・侮れねぇ。)


503 :V3のでる頃に(2):2006/07/30(日) 04:43:28 ID:65COvcHy
楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
気づいた時にはもう夕方だった。
ジェッ娘「あ、トッカータくん。ちょっとだけ寄り道しても・・・いいかな?・・・かな?」
トッカータ「寄り道?遠いのか?」
ジェッ娘「ちょっと歩くけど、すぐ済むから!」
トッカータ「別に・・・かまわないけど。」

ジェッ娘に連れてこられた場所は、どうみても粗大ゴミの山です。本当にありがとう・・・じゃない。
トッカータ「ゴミの山かよ!」
ジェッ娘「違うよっ!ジェットにとっては宝の山なんだよ!・・・だよ!?あ、新しい山だ!わくわく・・・」
トッカータ「あ、そ・・・・て、俺も行く・・・・・うわっ!!」
ジェッ娘「いいよトッカータくんはそこにいて!すぐ済むからっ!」
ジェッ娘は跳ねるかのような足取りで廃材の山の向こうに消えた・・・。
1人残された俺は、とりあえず待つことにした。

その時、人の気配がして俺は振り返った。
??「おっと!・・・びっくりした!」
それはこっちのセリフだ。
トッカータ「・・・驚いたのはこっちですよ。」
??「ごめんごめん。驚かすつもりはなかったんだ。
   俺はSACCHARINE SMILE。フリーのカメラマンさ。」
トッカータ「・・・・写真てのは被写体に断ってから撮るのが礼儀なんじゃないんすかね。」
サッカリン「ごめんごめん。メインは野鳥の撮影でね。断った試しがないんだよ。あはははは!」
トッカータ(ってことは何だ。俺の扱いは鳥並か・・・・。)
ジェッ娘「トッカータく〜ん!待たせてごめんね〜!もう終わりにするから〜!!」
サッカリン「連れがいたのか。・・・彼女はあんなところで何をしているんだい?」
トッカータ「さぁね。昔、殺して埋めたバラバラ死体でも確認してるんじゃないすか?・・・・あ、いや冗談すよ。」
サッカリンさんの顔が強張ったように見え、俺は冗談だと言った。だが、
サッカリン「・・・・・嫌な事件だったね。・・腕が一本、まだ見つかってないんだろ?」
トッカータ「えっ・・・・それって一体・・・・。」
ジェッ娘「トッカータくんお待たせ〜。待ったかな?・・・・・かな?」
サッカリン「おっと、邪魔者は退散するかな。驚かせてすまなかったね。「トッカータくん」」
サッカリンさんは意味深な笑みを浮かべて去った。
ジェッ娘「トッカータくん・・・・怒ってる?」

今日はここまで。

504 :V3作者:2006/07/30(日) 04:53:15 ID:65COvcHy
読み返してみたら一箇所間違えてる場所があったorz
原文ほぼ写してたから・・・・。
>腕が一本、まだ見つかってないんだろ?」

曲が一曲、まだ見つかってないんだろ?」

でお願いします。

505 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 08:02:10 ID:2CCefRsi
age

506 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 08:21:23 ID:HxZBC04a
>>502
ひぐらしktkr!!

507 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 09:34:03 ID:I8IACZ0+
原作があるの?よくわからんけど今後の展開に期待sage

508 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 11:39:33 ID:OurUWQS9
「ひぐらしのなく頃に」でググってみそ。
体験版無料だし。

509 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 13:30:29 ID:BhqiLcOL
ひぐらし原作を知っている自分としては読んでいて非常に嬉しいwww


トッカータ、COOLになww

510 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 16:11:47 ID:58JIHKQa
蛹「ハネハハエマシタ? 蛹!!」
蝶「蝶のように舞い、お月様のように消える 月光蝶!!」
Dei「回ったり揺れたり Agn 以下略!!」
螺「アゥアゥアゥ アッハハァァァ〜〜  ネズノヒトッ!!」
姫「生りこぼすわよ? 鬼姫・・・」

『5人合わせて アグレッシブ戦隊湿っぽいn

チュピン

落書き「コレは頂けないわ・・・・」
タイピ・コン・他諸「(´・ω・`;)」


511 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 17:34:45 ID:dDr4DyM5
ネズノヒト(´・ω・`;)

512 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 22:31:21 ID:pfd8ubxk
流れぶった切って絵投下

http://p.pita.st/?m=bziakrww


どう見ても鉛筆描きです
本当にありがとうございました

513 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 22:43:05 ID:f3gqN9K1
512が閲覧不可な件について

514 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 22:47:26 ID:29h7L1hW
>>513
見れたよ?

515 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 22:52:30 ID:hwN59No7
第10話「万華鏡の罠!?」


プリ「……ん……ここは……?」
万華「お目覚めかしら?」
プリ「あんたは……! くっ……縄をほどきなさいよ!」
万華「じっとしていることね。でないと、目の前のアレがどうなるかわからないわよ」
プリ「目の前って……きゃぁっ!」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
プリ「な、なんなのあれーっ!?」
万華「我々エロ一族が開発したエロエロマシーンcockpit。女の子を見ると見境なしに襲い掛かってしまうわ。もっとも今は私の制御下にあるけれど」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
プリ「あ、あたしをどうしようって言うの?」
万華「うふふ……お楽しみはこれから。……来たわよ」
カウ「プリちゃーん!! 今助けるからねーっ!」
プリ「カウガール!? 来ちゃダメ! あいつが……」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
万華「カウガール。あなたの相手は私たちではないわ」
カウ「え……? きゃんっ!!」
??「……」
プリ「な、何? 今の……。速すぎて見えなかった……」
万華「あなたにその子が倒せるかしら?」
カウ「……! ……まさか!?」

☆CM
ROOPA「今話題のカレーハウス「ROOPA」の人気メニューがスナック菓子になったよ!
   『本格インドカレー風おじやスナック』!」
ハードデイ「この辛さ、このウマさ……ファイヤ――(゚∀゚)―――!!」
ROOPA「好評発売中だよ!」

カウ「……まさか!? キューティお姉ちゃん?
  うそ……お姉ちゃんがあんなに速いはずが……」
キュ「…………」
万華「過去に失われしHI-SPEED EDITIONの秘法……今の彼女にあなたの言葉は届かないわ」
カウ「そ、そんな……! お姉ちゃん、目をさましてっ!」
キュ「…………」
万華「あなたがCUTIE PIEを倒すことができたらPretty Gは解放してあげるわ。いっしょにcockpitも動き出すけれど」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
プリ「カウガールが負けたら……?」
万華「全員まとめて私たち一族のおもちゃになってもらおうかしら。さぁてどっちに転ぶかしらね? うふふ……」
カウ「ど、どうしよう……わたし、どうしたらいいの……!?」


卑劣なる万華鏡の策略! カウガールたんはHSE化した姉を倒すことができるのか!?
次回、銀河天使コズミックカウガール第11話、「哀しき姉妹対決」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

516 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/30(日) 23:17:36 ID:dDr4DyM5
>>512
渋カワイイ。GJ!

>>515
万華鏡の名前をそこで略すなwwww
小ネタ健在だね。いつも乙!

517 :V3のでる頃に(3):2006/07/31(月) 01:40:36 ID:pnsBvihP
>>515
いつも乙です。
なんかエロい展開wwwでもHSEがわからんorz


トッカータ「・・・どうだった?掘り出し物は見つかったか?」
ジェッ娘「うん聞いて聞いて!あ、あのね!あったの!山崎くん人形ッ♪」
トッカータ「山崎くん人形!?・・・ってあれか、ギタドチャンコ屋の前に必ず置いてある
    等身大の人形?」
ジェッ娘「・・・そう!山崎くん☆・・・・はぅ・・・・かぁいい・・・・お持ち帰りしたいぃ〜・・・」
トッカータ「ゴミなんだから別に持って帰っていいんだぜ?」
ジェッ娘「それがね、山のずっと下の方に埋まってて掘り出せないの。」
トッカータ「俺も手伝ってやるよ。日頃からジェッ娘には世話になってるし。」
ジェッ娘「はぅ・・・・ありがとう・・・・・・・トッカータくんが手伝ってくれる・・・☆
     山崎くんをお持ち帰りできる・・・・・はぅ・・・。」
ジェッ娘は夢見心地で千鳥足のような足取りで歩いていた。
そんなジェッ娘の機嫌を悪くしないように、さりげなく聞いてみることにする。
トッカータ「なぁジェッ娘。あそこで昔、なんかあったのか?」
ジェッ娘「譜面のやレベルの改変やってたんだってね。詳しく知らないけど・・・・。」
トッカータ「例えばさ、改変中になんかあったとか。事故とか。」

ジェッ娘「知らない。」

いやにはっきりした声だった。
それは返答と言うよりも、拒否に近い響きを含んでいた。

ジェッ娘「実はね、つい最近ギタドラに参加したんだ。」
トッカータ「え?ジェッ娘も最近の曲だったのか?俺はてっきり・・・」
ジェッ娘「だからね、それ以前のことはよく知らないの・・・ごめんね☆」
よく知らないし、話題にもしたくない。そういう含みが感じられた。

『・・・・嫌な事件だったね。・・・曲が一曲、まだ見つかってないんだろ?』
サッカリンさんの言った事がそのままなら。
ギタドラには一体何があったのだろう。

518 :V3のでる頃に(4):2006/07/31(月) 01:42:31 ID:pnsBvihP
ポプリ「さてと。今日は会則に則り、部員の諸君に是非を問いたい!
    彼、トッカータくんを新たな部員として我らの部活動に加えたいのだが
    ・・・・いかがだろうか!!」
ジェッ娘「ジェッ娘は異議な〜し!」
落書き「をっほっほっほ!貧民風情が私の相手を務められるかしら!」
スイート「ボクも落書き帳も賛成しますですよ。」
ポプリ「全員一致!おめでとうトッカータくん。君に栄えある我が部のへの入部試験を許可する!」
トッカータ「順を追って説明しろ!俺はまだ入るとは言ってないぞ!何の部活だ?」
ポプリ「我が部はだな、複雑化する社会に対応するため、活動毎に提案されるさまざまな条件下、
   ・・・時には順境。あるいは逆境からいかに・・・して!!」
スイート「・・・つまり、みんなでゲームをして遊ぶ部活なのです。」
俺の疑問に、スイートちゃんが的確な説明をしてくれた。

要するにこの「部活」は、ポプリの趣味であるゲーム収集をフル活用したものなわけだ。
日毎にポプリの所有するさまざまなゲームをして遊ぶ、
その日その日によって、一番勝った者に賞があったり、一番負けた者に罰ゲームがあったり、
といろいろあるらしい。

ポプリ「先に断っとくけど。ままごと遊びみたいなレベルじゃないからね!
   一勝一敗に命がかかってるくらい本気でかかった方がいいよ?」
トッカータ「よし、俺も本気でやってやるぜ!」
こうして俺はいよいよ入部の試験・・・・洗礼を受けることになった。

ゲームはジジ抜き。ビリへの罰ゲームは顔に落書きの刑だ。
皆気合が入っている・・・俺も負けてられない!


今日はここまで。
もうちょっと待って2時に投下すればよかった・・・。

519 :まとめの人 ◆45FSk6vB0U :2006/07/31(月) 19:53:03 ID:aPg8Fc5T
>>518までまとめ完了しました。
長編連載のネタ師の皆さん乙です。

http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

520 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 19:59:01 ID:TWeLOESS
>>519
毎回毎回お疲れです〜


もうすぐ長編完成。ただ問題は主キャラが曲じゃないってことだ。別にいいかな?

521 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 20:23:31 ID:6z4iY4W2
>>519
いつも乙です。

>>520
曲じゃない…。気になります。ネタ投下心待ちにしてます。

522 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 21:56:52 ID:zxk7MCKl
>>519
乙です〜
>>520
大歓迎ですよ


今日ネプリーグの漢字のやつで蛹ってでたよなw

523 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 22:33:51 ID:n3tFpv6J
〜ささきっさ〜1/?

ゆら「コンチェさん、本社からお手紙が来てますよ」
蒼「本社から?なんだろう?」
落「V3で赤OPのレベル下げますとかだったりして」
一同「それはない」
ーConcertino in Blue様へ、本社での会議の結果あなたの弐寺への移住が決定しました。近いうちに迎えが来ますので準備をしておいてくださいー
蒼「うそ…」
百「やったじゃないコンチェ!」
落「いろんな人に自分の音を知ってもらうのがコンちゃんの夢だったもんね。おめでとう!」
ゆら「おめでとうございますコンチェさん」
タイピ「…」
百「あら、タイピはコンチェの夢が叶って嬉しくないの?」
タイピ「みなさんこそ…何でそんなに喜べるですか?」
落「え、だってコンちゃんの夢が叶ったんだし」
タイピ「皆さんはこれがどういうことなのか分からないですか!?しばらく蒼姉さんと会えないってことなんですよ!?」
百「それは辛いけど…でもコンチェの夢が叶うなら…」
タイピ「私は嫌ですよ蒼姉さんと離れ離れになるなんて!蒼姉さん行っちゃ嫌です!」
蒼「タイピちゃん…心配してくれるのは嬉しいけど…これは私の夢だったから…」
タイピ「じゃあ蒼姉さんはこのお店とみんなよりも自分の夢を優先するって言うんですか!?私達と離れ離れになっても良いって言うんですか!?」
蒼「…」
百「こら、タイピ!そんな言い方ないでしょ!」
蒼「私…もう寝るね…おやすみ」
バタン!
百「まったく…どうしたのよタイピ?あんなこと言って」
タイピ「姉さん達こそなんでそんなに平気なんですか…大切な妹なんじゃないんですか蒼姉さんは?」
落「大切な妹だからこそ夢の邪魔はしたくないんだけど…」
タイピ「もう良いです!蒼姉さんと離れ離れになっても平気な薄情な姉さん達なんて大嫌いです!」
バタン
百「本当にどうしたのかしら…いつもはあんなことを言う曲じゃないのに…」
落「反抗期ってやつ?」
ゆら「タイピさんは前にもアニュスさんの移住のことがありましたから…」
百・落「あ…」
ゆら「あ、今の話は聞かなかったことにしてください。そうじゃないと意地っ張りな妹に『何よけいなこと言ってるですか!』と怒られてしまいますから…それでは失礼します」
バタン!
一同(私は…どうしたら良いんだろう…)

524 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 23:17:48 ID:n3tFpv6J
〜ささきっさ〜2/?

ー次の日ー
百「タイピ、早く起きて朝ご飯食べちゃいなさい」
タイピ「薄情な姉さんの顔なんてみたくないです。どいてくださいです」
百「あ、昨日のことなんだけど…ごめんなさいね、私達タイピの大切な曲のこと忘れてて…だから早く出てきて」
ガチャ
タイピ「別に姉さん達を許したわけじゃないですよ。ただ朝ご飯を食べないと健康に悪いと思っただけですから」
落「あ…タイピちゃん昨日のことなんだけど…ごめんね」
タイピ「良いですよ別に気にしてないですから」
落「それで、コンちゃんのことなんだけど…」
タイピ「蒼姉さんのことに関しては考えを変える気はないですよ。それじゃあ朝ご飯を食べないといけないですので」
百「無理に説得するのはやめた方が良いんじゃないかしら?」
落「うん…でも…これじゃあコンちゃんも悲しむと思うし」
百「それじゃあもう一曲の問題曲の方はどうしたかしらね…」
コンコン
落「コンちゃん起きてる?」
蒼「あ…お姉ちゃん…頭が痛いの…今日はお休みさせてくれない?」
百「わかったわ、良くなったら降りてきなさい」
……………………………
タイピ「ゆらさんは蒼姉さんのことどう思ってるですか?」
ゆら「私ですか?そうですねぇ…別に弐寺にいても連絡はできますし、やっぱり夢を叶えてほしいですね」
タイピ「でも会えなくなるのはやっぱり寂しいですよ」
ゆら「これはもしもの話ですが…もしアニュスさんが自分から望んで弐寺へ行くことになったらどうしますか」
タイピ「それは…」ゆら「ただそばにいて欲しいと願うだけが愛の形とは限りませんよ、それは確かに強い愛の形ではありますが一方ではただのわがままですから」
タイピ「…失礼するです」
バタン
ゆら「これで少しは考えが変わってくれるといいんですが…」
タイピ(蒼姉さんは弐寺行きを望んでいる…でも私は蒼姉さんにずっとそばにいて欲しい…それなら私は…)
蒼(よし…決めた)ガチャ
百「決まったみたいね」
蒼「うん…私は…」

525 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 23:21:35 ID:1oAuwfKO
※この番組は、楽しいバグを作る企業KONMAIの提供でお送りします。

第11話「哀しき姉妹対決」


万華「さぁ、CUTIE PIE! あいつを始末しなさい!」
キュ「…………」
カウ「きゃぅっ!」
プリ「カウガールっ!」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
カウ(……お姉ちゃんはもともと戦える人じゃない。今のお姉ちゃんも、速いだけで力はないし……)
キュ「…………」
カウ「うわぁっ……ととと……」
カウ(……攻撃のリズムも覚えてる。倒せないわけじゃないんだけど……だけど)
プリ「カウガール! 何やってんのよ!」
カウ(倒しちゃったら、今度はプリちゃんが……。それにわたし、お姉ちゃんと戦うなんて……)
プリ「あたしのことなんか気にしないで! どうせあたしなんか2回の復活祭りでさえ忘れられた削除曲よ! 別にどうなったって構いやしないわ!」
カウ「プリちゃん……!」
プリ「あんたしかいないじゃない! 戦って! あいつらを倒して!」
カウ「…………わかった……!」
万華「うふふ……いいわよ、その表情。覚悟は決まったようね」
キュ「…………」
カウ「ひゃんっ……!」
カウ「おっととと……」
カウ「きゃんっ……! あ、危なかったぁ……」
万華「あらあら、逃げ回ってるだけ? つまらないわね……」
プリ「な、何やってんのよカウガール……!」
万華「CUTIE PIE! 一思いにやってしまいなさい!」
キュ「…………!」
カウ「……ここだっ! お姉ちゃん、ごめんなさいっ!」
 パキーン
万華「……ジェットスティック? 情けないわねぇ……」
プリ「……違う! これは……」
 スパーン!
万華「……! スティックを飛ばしてPretty Gの縄を切っただと!?」
カウ「お姉ちゃんのスピードを逆に利用したのよっ! プリちゃん、行くよっ!」
プリ「OK! 任せなさい!」
二人「セッションパワー、MAX!」
万華「な、何てこと……! cockpit! 奴らを……」
コクピ「プリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァプリタンハァハァ」
プリ「遅いわっ!」
二人「ハイパーロックンオーバードライブ!」
 シュワーーーーーーッギュウィィィィィィンドゥゥゥゥゥゥーン!!
プリ「やった……!?」
カウ「……! お姉ちゃんは!?」
キュ「…………うぅ……」
カウ「よかった……意識はちゃんとあるみたい」

??「はっはっはっ! 実によいものを見せてもらったよ」
プリ「……! あんたが……親玉?」


ついに姿を現したボス! さぁ最終決戦だ!
次回、銀河天使コズミックカウガール第12話、「エロを極めしもの」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」

※この番組は、楽しいバグを作る企業KONMAIの提供でお送りしました。

526 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 23:32:26 ID:R6vWZtbL
>>512
(有)でしんだ俺は・・・
余り見ない絵柄で新鮮に思った GJ!

>>525
ちょwwwスポンサー欄wwww
夜食のラーメン吹いたwwwwwwww

527 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 23:36:04 ID:U20b/nE+
>>523
乙。しかしタイピがかわいすぎる件。

>>525
コンマイクオリティwwwwww

528 :爆音で名前が聞こえません:2006/07/31(月) 23:50:36 ID:n3tFpv6J
〜ささきっさ〜3/?

蒼「私は…やっぱり弐寺に行きたい!行っていろんな人に私の音を聞いて欲しい!」
百「そう…頑張るのよ」
落「弐寺に行っても私たちのこと忘れちゃやだよ?ちゃんと連絡とってね?」
ゆら「お体に気をつけてくださいね」
蒼「うん…大丈夫だよ、お姉ちゃん、ゆらさん。それじゃあ行ってくるね」
タイピ「待つです!」
蒼「タイピちゃん?どうしたの」
タイピ「本気で弐寺に行きたいなら私を倒していくです!」
蒼「タイピちゃん…何言ってるの?」
タイピ「蒼姉さんの夢はその程度なんですか?だったらやめた方が良いですよ弐寺に行くなんて」
蒼「…わかった。行くよタイピちゃん…」
タイピ「私も手を抜く気はないですよ」
蒼「ケガしたって知らないからね!」
ー赤OP化ー
タイピ「くっ…赤OPじゃ勝ち目が…」
ギュッ
タイピ「え…?蒼姉さん?」
蒼「できるわけないじゃないタイピちゃんにケガさせるなんて…私…やっぱりささきっさに残るよ」
タイピ「いいんですか?」
蒼「うん、最初から誰かが止めてくれるならここに残る気だったの」
百「夢は良いの?」
蒼「うん、ここに居ても夢は叶えられるから」
パチパチパチパチ
一同「!?(゜Д゜)彡」
wac「こっち見ないでください。いやぁ良いものを見せてもらいました。姉妹愛ってやつですね」
タイピ「誰ですかあなたは!?」
wac「初めまして、wacと言います弐寺でのコンチェさんの譜面製作を担当させてもらってます。コンチェさん行きましょうか」
蒼「あ…その話なんですけどやっぱり無かったことに…」
wac「残念ながらそれは出来ません。もう譜面を作ってきちゃいましたから」
蒼「きゃあ!」
タイピ「蒼姉さん!」
百「あなた…コンチェに何したの?答えによっては…」
wac「弐寺用の譜面を追加しているだけです。痛みはありませんから安心してください」
蒼「あっ…はぁ…ん!」
落「コンちゃん!」
wac「ああ途中で止めると記憶とか譜面とか色々飛びますからやめたほうが良いですよ」
蒼「はぁ…はぁ…」
wac「終わったようですね。それじゃあ失礼します」
タイピ「待つです!」

529 :爆音で名前が聞こえません:2006/08/01(火) 00:16:00 ID:6nsKq7bJ
〜ささきっさ〜4/4

wac「どうしたんですか、タイピさん?」
タイピ「蒼姉さんは…こんな形での弐寺行きを望んでないです…例えコンポーザーであってもあなたを許すわけにはいかないです!」
落「タイピちゃん待って…」
wac「ふう、気の強い妹さんだ…ギタドでも曲を作っといて良かった…頼みますよLittle Prayer」
LP「お任せくださいお父様」
ーサビ発狂発動ー
タイピ「きゃあ!」
百「タイピ!」
wac「それじゃあ失礼します。」
落「コンちゃん!目を覚まして!」
ゆら「コンチェさん…行かないでください!」
タイピ「アニュスの次は蒼姉さん…どこまで私の大切の曲を奪えば気が済むですかコンマイのバカ!」
蒼「みんな…ごめんね…」
ピチュン
落「行っちゃった…」
タイピ「うわあぁぁぁぁぁぁん!」
落「うっ、えぐっコンちゃん…ひぐっ」
百「みんな…泣かないでよ…私まで…うっ」
ゆら「皆さん見てください!雪ですよ!」
落「本当だ…」
百「もう暖かい季節なのに…」
タイピ「きっと蒼姉さんが私達を慰めてくれてるんですよ」
ゆら「そうですね…これから忙しくなりますから…泣いてる暇なんてありませんよね…」
落「でも忙しいのはコンちゃんも一緒だから」
一同(頑張ってねConcertino in Blue…)



















デパチャ(良いなぁコンチェの奴みんなに心配されて…よし俺も)「じゃあなお前ら」
イスト「あ、兄さん出かけるならついでにカウガールたんのDVD限定セッションver買ってきてくれない?」
ボビス「夕飯までには帰ってきてね」
デパチャ「ブワッ(´;ω;`)」



実は最初にV3が出る頃にを投下したのは自分だったり。>>518本当に感謝です

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)