5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2006/08/23(水) 04:14:03 ID:/PuyzNxn
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

○過去ログ
・前スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/


○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1151914863/
・タイマーとナカジとカジカを同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1144779210/
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/

171 :爆音で名前が聞こえません:2006/09/25(月) 00:22:20 ID:PA85ipTM
>169おお!遂にデパチャにも春到来か?
V3全く関係ない話を投下

〜ささきっさ〜1/3

タイピ「ふわぁ…みなさんおはようですぅ…って、みなさんどうしたんですか!?みんなちっちゃくなっちゃってるですよ!?」
百「そういうタイピだって…」
タイピ「確かに少し服が大きいような…何でこんなことに…」
デパチャ「昨日使ったあさきのこが悪かったのか?ったく、こんな姿じゃ店を開けられないな」
蒼「いや、これはこれで需要があるかもしれないよ?ほら」
落「ハァハァ(;´Д`)タイピちゃんのぶかぶかパジャマ姿萌え」
タイピ「そういえば落書き姉さんはあまり…ていうか全然変わってないですぅ」
蒼「そういえば、落書きお姉ちゃんって私が生まれた時からずっとこの姿だったよ?」
たま「そうだよね、たまがこの家にやってきた時もこの姿だったし」
落「う…ま、まぁ細かい事はいいじゃない。あ、たまちゃん久しぶり」
タイピ「話をそらさないで欲しいですぅ。姉さん達の話を聞く限り落書き姉さんは昔から全く成長してないってことですよね?そんなこと有り得るですか?」
落「それは…ほら、私好き嫌いばっかしてたからしょうがないっていうか…」
タイピ「それにしたっておかしいですぅ」
落「う…」
百「みんな、この話はおしまい。どうすれば元に戻れるk」
落「お姉ちゃん、私やっぱり話すよ。こんな機会なかなか無いし…家族に隠し事は良くないよ」
百「本当に良いの?」
落「うん、私が全然成長しないのはね…」
……………………………
子「お姉ちゃんまた仕事なの?」
百「うん、ごめんね落書き帳」
子「ううん、全然大丈夫だよ。僕この前お父さんからスケッチブックを貰ったんだ。だから絵を描いて待ってるよ。帰ってきたらお姉ちゃんにも見せてあげる」
百「そう…それじゃあ行ってくるわね」
子「行ってらっしゃい」
百「お父様からのプレゼント…まさか…」
これは人から聞いた話だけれどお父様の作るプログレというジャンルの曲には不思議な力があってその力はある道具を介して発動されるらしい。私もその1曲らしく小さい頃お父様に時計を貰った。といってもそれは普通の時計ではなくいわゆるストップウォッチと言うものだった。
百「お父様これは?」


172 :爆音で名前が聞こえません:2006/09/25(月) 00:31:56 ID:PA85ipTM
〜ささきっさ〜2/3

博史「ストップウォッチという物だよ。好きな時に使って良いけど、絶対に百秒以上は測ってはいけないよ」
百「どうして?」
お父様は答えてくれず私は怖くてこのストップウォッチを使えなかった
子「ふう、何描こうかな?そうだ、この前見たバケツマンを」
スラスラスラ、ポン!
子「わぁ!何か出てきた!これ僕の描いた絵だよね…すごいやお父さん」
百「お父様、落書き帳に渡したスケッチブックって…」
博史「ああ、君にあげたストップウォッチと同じような物ですよ。ただし、絶対に最後まで使い切ってはいけない」
百「!?お父様失礼します!」
博史「あ、別に約束を守ってくれれば…っていないよもう。流石にBPM264は速すぎたかな?」
子「あ〜あ、もう、最後になっちゃった…何描こうかな?」
百「お願い落書き帳…無事でいて!」
子「そうだ!絵に描いた物が実体化するんだから…ずっと家に居てくれるお姉ちゃんを描こう!
あ、でもお父さんが何か言ってたような…まぁ良いか、あれ?なんか髪の毛短すぎたかな?
あ、そうだ、僕とお揃いの帽子を描いてあげよう…いつも僕と遊んでくれる元気なお姉ちゃん…できた!」
百「ただいま!落書き帳!?落書き帳は!?」
?「君…誰?」
百「あなたこそ誰よ!?落書き帳は!?」
?「ああ、あの男の子のこと?」
百「!?落書き帳!?」
?「無駄だと思うよ。この子約束破ってスケッチブック最後まで使っちゃったから」
百「何なのよあなたは!?」
落「私?スケッチブックから生まれてきた生きている落書きかな?」
百「ふざけないで!私の弟を返しなさいよ!」


173 :爆音で名前が聞こえません:2006/09/25(月) 00:42:26 ID:PA85ipTM
〜ささきっさ〜3/3

落「う〜ん、それは無理かな。ていうかね、このスケッチブックに描かれた落書きは実体化することはあっても私みたいに喋ったりすることは滅多に無いんだ。
よっぽど強い思いが込められていないと…そう…この子みたいに『僕と遊んでくれるお姉ちゃんが欲しい』と強く望まないとね(゚Д゚)彡」
百「そんな顔でこっち見ないでよ!…それじゃあこの子がこうなったのは…」
落「さてと、私これからどうしようかな?かなり強い思いが込められているからそう簡単には消えないし…」
百「あなた…その帽子…」
落「ああ、この子が『僕とお揃いの帽子をお姉ちゃんにも描いてあげよう』って言ってたからね」
百「あなたこれからどうするつもり?」
落「う〜ん、流石にこの家には居られないしなぁ…」
百「良かったらこの家に住まない」
落「良いの?」
百「ええ、この家、私とお父様だけで住むには広すぎて…ただし!」
落「ただし?」
百「私の事は『お姉ちゃん』と呼ぶこと。それと…私はあなたのこと『落書き帳』って呼ぶから」
落「良いの?弟さんと同じ名前で」
百「良いのよ。あの子の落書き帳から生まれてきたんだから」
落「うん、そうだねお姉ちゃん」
……………………………
落「ってことがあって…ってみんなどうしたの!?」
タイピ「うっ…うっ…落書き姉さんにそんな過去があったなんて…」
たま「たま感動しちゃった」
蒼「お姉ちゃん!血は繋がってなくても私はお姉ちゃんの妹だからね!」
落「みんな…」
百「さてと…感傷に浸るのはこのぐらいにして早く元に戻らないとね」
一同「う〜ん…」
コクピ「よぉタイピ、遊びに来たz」
一同「げ!」
コクピ「こ、この店は俺のアルカディアか!?それともエルドラドか!?(;´Д`)」
タイピ「え、エクストリーム化してるですぅ」
落「私達今みんなベーシックだし…」
蒼「勝ち目ないよね」
ボビス「ね、ねぇ何か僕達もターゲットになってない?」
イスト「え!?」
壁「マジ!?」
デパチャ「あいつ…小さい物なら見境無いのかよ…」
一同「いやあぁぁぁぁぁぁぁ!」


V3関係なく長い上に何か勝手に色々設定を追加してすまんかったorz

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)