5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2006/08/23(水) 04:14:03 ID:/PuyzNxn
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

○過去ログ
・前スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/


○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1151914863/
・タイマーとナカジとカジカを同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1144779210/
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/

415 :爆音で名前が聞こえません:2006/10/26(木) 22:58:35 ID:5e7fzzYq
〜ささきっさ〜1/3

タイピ「いらっしゃいませ…って、あれ?姫様?」
鬼姫「ああ、久しぶりじゃなタイピ殿」
アニュス「こんにちは、タイピちゃん」
タイピ「珍しい組み合わせですね。今日は何しに来たですか?」
姫「うむ、久しぶりにタイピ殿の顔が見たくなってな。林檎と蜂蜜のパイとポプリドランジュを頼む」
タイピ「かしこまりましたです。アニュスはどうして来たですか?」
アニュ「僕もタイピちゃんに会いたくなったから…後は僕の貞操を守るためかな」
タイピ「貞操!?」
百「何かあったの?」
アニュ「姉さん達が突然『私達のお店に客が全然来ないのはアニュスと蛍が冥土服を着てないからだ』とか言い始めて…あ、スウィートイリュージョンパフェとグリーンライムティー」
落「色々、大変だねえ(さすが蛹ちゃん達はわかってるなぁ)」
デパチャ「ほれ、できたぞ」
タイピ「はい、注文の品です。まぁほとぼりがさめるまでゆっくりしてくが良いですよ」
アニュ「それじゃあいただきます。うわ!美味しいこのパフェ!うちの真超パフェとは比べものにならないくらい…」
姫「ん?アニュス殿、口にクリームがついてるのじゃ」
アニュ「え、どこ?」
姫「ほれ、取れたのじゃ。まったく…私の兄なんじゃからもっとしっかりして欲しいのじゃ」
タイピ「……………」
アニュ「そういう姫こそ、口に蜂蜜ついてる」
姫「な!?こ、これは…」
アニュ「はいはい、取ってあげるから動かないで」
タイピ「…2人ともまるで恋人同士みたいですね…」
蒼「恋人っていうかバカップル?」
姫「な!?私とアニュスが恋人同士じゃと!?冗談はほどほどにするのじゃ」
アニュ「そうそう、僕にはちゃんとタイピちゃんっていう大切な曲が…」
タイピ「じゃあなんで姫様にそんなに優しくするですか…私とは一緒にパフェなんて食べたこと無いのに!」
アニュ「それは…だって姫は僕の妹だし…」
タイピ「じゃあアニュスはかつて契りを交わした私よりも和服で黒髪の妹を選ぶっていうんですか!?このエロゲーマー!」
アニュ「何でそうなるのさ…そりゃあ確かにコクピから借りてシ○プリとかやったことあるけど…」
タイピ「シス○リとかはどうでもいいんです!こうなったら…姫様!勝負です!」
一同「えぇ!?」



416 :爆音で名前が聞こえません:2006/10/26(木) 22:59:58 ID:5e7fzzYq
〜ささきっさ〜2/3

姫「ほう…勝負とな…元エクストラなら私に逆らうということがどういうことかわかっているんじゃろうな?」
タイピ「まったく…勝負と言われてすぐ譜面を用意するなんて…これだからレベル下がった曲は…」
ゆら「orz」
姫「それならどう勝負するのじゃ?」
タイピ「そうですねぇ…アニュスはどんな女の子が好きですか?」
アニュ「え?そうだなあ…やっぱり料理できる子とか良いよね」
タイピ「だったら料理対決です!」
姫「望むところじゃ」
デパチャ「それじゃあ食材は冷蔵庫にあるのを適当に使ってくれ」
百「作り終わったらアニュス君に食べてもらって…」
蒼「アニュス君が美味しいと思った方が勝ちだね」
落「それじゃあ…始め!」
壁「ねぇデパチャ」
デパチャ「どうしたんだ?」
壁「あれ、良いの?」
タイピ「えっと…まずは…」
デパチャ「だあぁ!何故みかんを電子レンジで温めようとするんだ!!」
壁「あとあっちの姫さんも」
ボビス「うわ…ミントキャンディと林檎と蜂蜜をミキサーで…吐き気がしてきた…」
イスト「あんな物食べさせられたら間違いなくアニュス君死んじゃいますよ」
落「大丈夫だよ愛があればきっと」
ゆら「じゃあ落書きさんは愛する妹の作ったホットみかんを食べられますか?」
落「ごめんなさい」
姫「出来たのじゃ」
タイピ「出来たです!」
蒼「アニュス君…ご愁傷様…弐寺のみんなには最後まで勇敢に戦い殉職って伝えとくね」


417 :爆音で名前が聞こえません:2006/10/26(木) 23:05:53 ID:5e7fzzYq
〜ささきっさ〜3/3

タイピ「題して『こたつとみかん』です!」
姫「『林檎と蜂蜜美味しさ倍増MIX』じゃ!」
百「さてと、それじゃあアニュス君…」
Funky Sonic World「YEAH!ささきっさに来てみたら何か面白そうなことやってるじゃねえか」
アンコン「バカボン!ウィルソン!」
百「あら、いらっしゃい。悪いんだけど今は…」
アンコン「食わしてっぽい!」
タイピ「あ!勝手に食べるなです!」
アンコン「バアァァァァァァァ!」
タイピ「うわ!何吐いてるですか!やめろです!」
アンコン「クワァ…シテッ…ポイ…」
ステージフェーイルド!
姫「ははははは!こいつは傑作じゃ!まさか食べた者がハザード落ちする料理を作るとは」
Funky「YEAH!それじゃあ姫さんが作った料理は俺がいただくとするぜ」
姫「あ、こら、勝手に…」
Funky「俺は今までこの速さと譜面のせいでみんなから避けられて自分の親や譜面を憎んでいた…だけど今は…BPM400の糞譜面で良かったと思える…ぜ…」
ヒュン!
百「ハイスピMAXでトイレに行っちゃったわね」
タイピ「全く…勝負の邪魔するからこういうことになるんです…それで、アニュス、判定は?」
姫「どっちの勝ちなんじゃ?」
アニュ「それじゃあ引き分k」
デパチャ「引き分けだぁ!?アマイこと言ってんじゃねえぞコラ!!」
一同「デパチャ!?」
デパチャ「あのみかんは今は無き伝説のみかん専門店『みかんのうた』で俺が農家の愛を噛みしめてやっとの思いで手に入れた最高級愛媛産みかん…
あの林檎と蜂蜜も俺が3日くらい寝ないでやっと手に入れた最高級品…それをお前らは…」
タイピ「ま、待つですデパチャ兄さん!ときに落ち着けです!」
姫「そ、そうじゃ!食材を自由に使って良いといったのはお主じゃぞ!」
デパチャ「うるさい!みかんに!やられて!死んじまえー!」
ー終盤タム連打発動ー
タイピ「あぁぁぁぁぁ!」
ピチュン
姫「ひ…た、助けて!」
デパチャ「その2本の足が折れていたって平気でしょう?」
ー終盤タム連打発動ー
姫「な、何じゃその力は!?うわあぁぁぁぁ!」
ピチュン
デパチャ「さてと、今日はαβχηが来るって言ってたしチョコフィロ準備しとかないとな…ん?どうしたんだみんな?」
一同「デパチャクンコワイヨ(((;Д;)))」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)