5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2006/08/23(水) 04:14:03 ID:/PuyzNxn
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

○過去ログ
・前スレ(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/


○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1151914863/
・タイマーとナカジとカジカを同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1144779210/
・SEIYAと1048を同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1145014441/

471 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/03(金) 23:02:16 ID:oS4ZTajR
〜ささきっさ〜1/3>>464の続き

デパチャ「はぁ…」
百「元気だしなさいよ。ため息ついてても何も変わらないでしょ」
デパチャ「そうだけど…ていうか姉貴は内心嬉しかったんじゃ…」
落「まだ完璧にフラれたわけじゃないでしょ?」
蒼「早く誤解をときに行きなよ」
デパチャ「でも何て謝ったら良いかわからないんだ…アルケーのあんな表情見たこと無いし…」
タイピ「当り前ですよ」
デパチャ「え…」
タイピ「デパチャ兄さんはこの短期間でアルケーの何がわかったって言うんですか?」
デパチャ「あ…」
タイピ「真超…もとい身長、体重、スリーサイズに誕生日…その他諸々アルケーの全てを知り尽くしたつもりなんですか!?」
デパチャ「確かに…今言われた中でスリーサイズ以外知らないな…」
一同「え!?」
デパチャ「確か上から78・59・77だったかな?」
タイピ「な…なんで誕生日とか知らないのにスリーサイズだけ知ってるですかー!」
デパチャ「え!?ち、違う!俺が実際に聞いたり測ったりしたわけじゃなくてミラージュに挨拶に行った時にJimmyさんが勝手に…」
落「自分で測ったー!?」
蒼「デパチャ君がそんな変な趣味の持ち主だったなんて知らなかったよ…」
ゆら「なかなかやりませんよそんなプレイ」
百「さて、デパチャ、覚悟は良いわね?」
デパチャ「あ、そうか…どうしたら良いかわかったぞ!」
タイピ「死」
ゆら「に」
蒼「さ」
落「ら」
百「せ!」
ー虹色発狂とかその他諸々発動ー
デパチャ「ぎゃあぁぁぁぁ!」
百「全く…一気に応援する気が失せたわ…」
デパチャ「ありがとうみんな!それじゃあ行ってくるぜ!」
バタン!
タイピ「私達全員の発狂を食らっといてすぐに立ち上がるなんて…」
落「愛の力だね」
ゆら「そうですね」
タイピ「は!?姉さん達何言って…」
百「好きな相手の為なら何だってできるものよ。タイピ、いつかあなたもその力を知ることになるわ」
タイピ「わけわかんないですよ姉さん…」
(・ω・)つそして

カゴノトリ「いらっしゃいませ…あら、あなたはささきっさの…」
デパチャ「はぁ…はぁ…」


472 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/03(金) 23:05:02 ID:oS4ZTajR
〜ささきっさ〜2/3

カゴ「あの…大丈夫ですか?少し落ち着いてください」
デパチャ「はぁ…はぁ…アルケー…ハァ…ハァ」
カゴ「は!まさかあなたストーカーですか!?可愛い妹は私が守ります!」
ー赤DM化ー
デパチャ「ち、ちが…」
カゴ「寵!鳥!眈!々!」
ーサビ連打発動ー
デパチャ「糞っ…ここまで来たのに…」
アルケー「待ってお姉ちゃん!」
デパ・カゴ「アルケー!?」
アルケー「何しに来たんですかデパチャさん…そんなにボロボロになって…」
デパチャ「ああ…良い食材が手に入ったからアルケーにチョコフィロを作ってあげようと思って…」
アルケー「そんな…そんなボロボロの体じゃ無理ですよ!死んじゃいます!」
デパチャ「死なないよ。この料理を完成させるまでは…あ、厨房借りるぞ」
アルケー「どうして…私なんかの為にそこまで…」
カゴ「へぇ…なかなかカッコいいじゃないアルケーの彼氏」
アルケー「や!ちが!違います!彼氏だと思っていたのは私のただの勘違いで…私はただのささきっさの常連でしかなかったんです…」
カゴ「ふぅん、私だったらただの常連さんの為に死にそうになってまで料理作ったりはしないけどね」
アルケー「あ…」
デパチャ(俺は恋愛に関しては不器用だから…こんな形でしかお前に思いを伝えられないけど…)
カゴ「ん〜、それにしても良い腕してるわねデパチャ君。顔もなかなかだし、アルケーの彼氏じゃないなら私が貰っちゃおうかしら?CSでも一緒だったし…」
アルケー「ダメ!お姉ちゃん!あ…」
カゴ「ふふっ、冗談よ」
デパチャ「出来たぞアルケー『CHOCOLATE PHILOSOPHY』だ」
アルケー「あ、それじゃあいただきます」



473 :爆音で名前が聞こえません:2006/11/03(金) 23:08:01 ID:oS4ZTajR
〜ささきっさ〜3/3

デパチャ「どうだ?…」
アルケー「あれ…何で…涙が…デパチャさん…すごく…美味しいです…」
デパチャ「良かった…気にいってくれたみたいで…」
アルケー「デパチャさん…このチョコフィロからデパチャさんの気持ちが溢れてきて…ごめんなさいデパチャさん!」
デパチャ「え!?」
アルケー「ごめんなさいデパチャさん…デパチャさんはこんなにも私のことを思ってくれているのに…私勝手に勘違いしてデパチャさんを傷つけて…」
デパチャ「謝らないでくれよアルケー…こっちこそ、冗談とはいえあんなこと言ってすまなかったな…」
アルケー「デパチャさん…」
デパチャ「アルケー…」
カゴ「さてと…それじゃあ邪魔者は消えますかね…」
アルケー「あ、そうだデパチャさんもどうですかこのチョコフィロ?本当に今まで食べたこと無いくらい美味しかったんですよ」
デパチャ「ああ、そんなこと言われるとこっちも苦労して最高の隠し味『赤い愛のしるし』を取ってきた甲斐があるってもんだ。お、我ながら本当に美味いな」
アルケー「あ、デパチャさん、ほっぺたにチョコついてますよ」
デパチャ「え?どこに…」
アルケー「私が取ってあげますね」
デパチャ「え…」

チュッ



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)