5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チルドレ・イナラビッタのおちんちんしゃぶりたい

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 03:34:06 ID:5d1UMg30
   ♂♂
  (゜v゜*)、ノロマー
   とuuと )

ビッタきゅんのおちんちんをマジでしゃぶりたい

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 09:09:03 ID:qxzkkU5x
6時間遅れの2とか、マジノロマー!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 13:15:34 ID:REHFRDDb
    |┃三
    |┃ ≡   /○ヽ>
____.|ミ\__ (・∀・ )ゝ <とくにいうことはないよ
    |┃=___    \
    |┃ ≡  )  ○ 人 \ ガラッ
    |┃  .≡


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:06:17 ID:/cYXrAbw
          /   _,,.-''゙/       おまえに足りないものは―、それは!!
         //,.-‐''"´,.-'゙:/     _,,..,     情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さーーー
        <.r'゙___,,..'r":::/  ,..,__,.r'"ノ:::/ `ヽ.
         l、_,.-''゙、.r‐゙''┬'"::::j::::`´,-''、  l,
         '-、''j  〉!  |:::-‐'''"´:<  ゙l  l       ,.、--――--、
          `j゙/‐'-、 '‐-、:::::::::::::`ヽ、_l._l  _,.、‐''",.:-‐‐'''‐=‐-、ヽ,
            ´   ヾ、''゙´`'‐---、  r'-、/`''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`
                ヽ‐''‐-、゚ ゚ `'‐゙uulj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ――
                     ``''‐、.__  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      ,.-''":::::`ヽ、   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::,゙ ――――
                 __/  __/ `ヽ、    ``ヽ、:::::::::::::::::/
                  / ̄ ̄ ,.:-'" ―― `ヾ、-、  `'‐-、:;;/   ―――――――
           ―――‐‐/――,.-'"___,,,,,..lヽ__  \::`''''‐-、/
             三三' _,.-'"´` ̄、,.、,.、_ //゙:::l ― \_:::::::::`ヽ、=――
              ヽ、‐''゙_,,.、-‐‐‐‐‐‐‐-、.i,i,r'"´`''‐-、 `ヽ、:::::::::\≡≡=―
                  ̄  ―――――   `ヽ‐-、‐-ヽ、  `ヽ、::::::\
                       ―――――    `'''''''゙―― \::::: ===―――――
                                           \



            ,.   __,,,...   ,.-'"!`ヽ、
         ,.r''"´''''''"´,.=/,. -'"   人   \   そして何よりもーーーーーー!!!!!
        l__,,,...、-''"´‐''゙" __,,..、-'゙   \  ヽ.
        /,-‐','" l゙ l ゙̄,/   ``ヽ、.,_\.,_,'、          ______
        `j‐'゙/‐、l_,、 i__        r'-、l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         `゙゙      'ヽ、r ゚`。‐----、_ ゙uulj
                `ヾ―‐‐‐----、`'''======‐‐‐--、..,,,,_______
                          `'――――――----------------―‐
                       ―二      三=
                     ―=≡   r--   二=―      _―――
                    ――二   二―\   ≡=    ―三=― ̄
                   ――三   ≡―  ̄\    三=―= ̄     二=―
   ♂♂ =―        ――‐二   三=―‐ ―=二    ̄   _==― ̄ ̄
  (゜v゜*)、二=―       ―=/   ≡=―‐     ―二_    二=―
   とuuと ) =―    ――‐二/   /=―        ―=―― ̄




  ヽ ‐┼‐  ‐‐\‐‐     __/  、ヽヽ ┌─┐   l   l   _/            | ̄| | ̄|. | ̄|
  '''7 lココ      〉    ̄ /``ヽ\  └┬┘   レ  l   / ̄ \  l    l   | |  | |  | |
   ) /|\   、       /    |    ./├       l     __l.     l    l   |__|  |__|  |__|
  ∠-‐‐‐‐--   ゙''‐--   /   、/    /''‐┴‐--    /     し'ヽ     レ    l  □  □  □  (゜v゜*)ノロマー!!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 06:11:06 ID:GwyxdhUT
シリアス系ビッタストーリー



オレに弟ができた。
3年前に離婚していた父親が再婚して、新しい母親が我が家にやってきた。
その母親の子どもがオレの弟にあたる。名前はビッタ。オレより4歳年下だ。
あれは初めて「新しい家族」みんなで夕食を食べた日のことだ。
夜の6時。父親に嫌々連れられて近所のそこそこいい料理を出すレストランへ行った。
父「えーと、おお、あの席だ。」
オレ「じゃあ…あの二人が。」
父「そうだ。お前の新しい母さんと弟だ。」
オレ「……。」
父「ちゃんと挨拶するんだぞ。ほら、行こう。」

あそこで座っている他人が家族になる…オレには受け入れ難かった。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:09:26 ID:GwyxdhUT


オレ「はじめまして…。」
母「はじめまして。あなたが息子さんね。大きいわねぇ。」
オレ「そうですか…。」
ビッタ「……。」
母「ほら、ビッタも挨拶しなさい。この人が…あなたのお兄さんになるのよ。」
ビッタ「………。」
母「ビッタ!」
ビッタ「そんなのいらねえよノロマァァァァァ!」
その小さい男の子は椅子から跳ねるように立ち上がると振り向きもせず急ぎ足でレストランを出て行った。
オレ「………。」
母「ごめんなさい…わがままな子で…。私、連れ戻しに…」
父「行かなくていいさ、難しい年頃だ。あまり頭ごなしに叱るのもよくない…。」
母「わがままなのは…私が甘やかし過ぎたのが原因かもしれないわ。
今日だって嫌がるのを無理矢理引っ張って連れてきたの。」
父「うちの息子も同じだよ。」
オレ「………。」
母「…本当にごめんなさいね。」
会って10分も経たないけどその母親が悪い人ではない、というのは何となく感じた。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:24:52 ID:GwyxdhUT


母「それにしても本当に背が高くて大きいわね。お父さんに似たのかしら?」
オレ「…そうかな。学校じゃ真ん中くらいだけど。」
母「あら、そう?嫌いな食べ物はある?」
オレ「特に…ないかな。」
母「偉いわねぇ、あの子小さいでしょ?」
オレ「あの子って…。」
母「ビッタのことよ。あの子、好き嫌いが多くてね…。たがら小さいんだと思うの。」
オレ「ふーん、そうなんだ。」
母「いろいろ…あの子のお手本になってくれないかしら?」
オレ「うん。」
母「まぁ、ありがとう。よかったわ、こんなに偉い子で。
大人の私が言ってもなかなか聞いてくれないときがあって困るのよ。」
父「あんまりほめてるとウチのは天狗になるからな…ははは」
母「ふふ、そんなことないわよ。よろしくね。」
オレ「うん…。」
「お手本」…その言葉が何とも言えないプレッシャーをオレに与えた。
オレ「ちょっと…ビッタのこと連れてくるよ。」
オレはそう言って席を立ち、なんとなく空気の重くなったテーブルをあとにした。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 19:42:23 ID:8F5PWHnX
「お手本」から、すべてがエロになるオーラが出ているのはなんでだぜ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:17:35 ID:18aPDpr8


ビッタはすぐに見つかった。レストランの駐車場にある縁石に座り込んでいた。
オレ「ビッタ…こんなとこにいたのかよ。」
ビッタ「……」
オレ「早く戻ろうぜ。」
ビッタ「さわるなノロマー!」
オレ「!!…どうしたんだよ。」
ビッタ「……。」
オレ「オレだってこういうの恥ずかしくてイヤだけどさ…」
ビッタ「……」
オレ「ビッタの母さん優しそうじゃん。ちょっとほっとしたよ。」
ビッタ「……」
オレ「オレの父さんも負けないくらい優しいぞ。」
ビッタ「…本当か?」
オレ「ああ。そうだよ。」
ビッタ「お前のトーチャンは優しいのか。」

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:18:36 ID:18aPDpr8


オレ「うん、何も心配いらないって。」
ビッタ「……」
オレ「ほら、行こうぜ?」
ビッタ「オイラ恐いんだ。」
オレ「え?」
ビッタ「オイラの前のトーチャンは…」
オレ「前のトーチャンは…?」
ビッタ「前のトーチャンは…よく酔っ払ってオイラのこと殴ったり蹴ったりしたんだ…。」
オレ「え…」
ビッタ「オイラそういうのが恐くてダメなんだ。」
オレ「そうだったのか…。大丈夫だよ。うちの父さんは絶対そんなことはしない!」
ビッタ「……」
オレ「酒も弱っちくて飲まないから酔っ払うなんてこともほとんどないんだぜ!」
ビッタ「……」

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:19:26 ID:18aPDpr8


俺はなぜか必死だった。
ビッタを守ってやらなきゃならない、そんな使命感まで知らぬ間に宿っていたようだ。
ビッタ「お前はオイラのこと好きか?」
オレ「え?あ、ああ…もちろん!」
ビッタ「オイラもお前のこと好きだ。」
オレ「おう…ありがとう。」
俺はホモでもゲイでもないがこのとき目の前にいる小さな男の子が
たまらなくかわいく感じられたんだ。
そして人気のない駐車場で二人きりという状況。オレの股間はなぜだか熱くなり始めていた…。
オレ「ビッタ、あっち…行かない?」
ビッタ「どこだ?」
オレが指差したのは公衆トイレだった。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:20:27 ID:18aPDpr8


オレ「ビッタ、こっちだ。」
ビッタ「なんでオイラまで入るんだ?」
オレ「いいから!」
ビッタとオレはトイレの個室で二人キリになった。
もう絶対、誰の邪魔も入らない。
自然とオレの胸は高鳴っていた。
オレ「オレとビッタは好き同士だよな?」
ビッタ「何…するんだよ?」
オレ「エッチなこと…しようぜ?」
ビッタ「オイラが…お前と?」
オレ「そう。」
ビッタ「え…オイラ…」
ビッタがもじもじしてる間にオレはビッタのズボンとパンツを下ろした。
ビッタ「わぁ!やめろぉ!」
オレ「ビッタの…おちんちん…。」
ビッタがジタバタするたびにそのちっちゃいおちんちんはぷるぷると揺れた。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:21:20 ID:18aPDpr8


毛も生えてなければ皮もむけてないまるで未成熟な果実だった。
そしてオレはそのかわいいかわいい果実にしゃぶりついた。
ビッタ「うわぁあ!や…やめろぉ!」
くちゅくちゅくちゅくちゅ
ビッタ「あ…頭…ぼーっとして…………ぅうううっ!!」
ビッタのミルクがオレの口の中で広がった。
ちっちゃいおちんちんから出たミルクは少なかったけど一滴残さず大事に飲んでやった。
ビッタ「なんで…なんでオイラの…」
オレ「今度はお尻出して。」
ビッタ「や…やだ!」
オレ「さっき気持ちよかったろ?今度はもっと気持ちいいぞ。」

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:22:16 ID:18aPDpr8


いくら説得しようとしてもビッタは首を横に振るばかりなので
無理矢理犯すことにした。
ビッタ「やっやめろぉ!ノロマァ!!」
オレ「ビッタ!もっと…もっとお尻の穴…見せてくれ!」
小さなお尻をわしづかみにして押し広げ、アナルをむき出しにすると
すぐさまオレは自分のおちんちんを押し当て一気に挿入した。
ビッタ「わぁぁぁぁぁん!!ノロマァァァァ!!」
オレ「ビッタ!気持ち…いいか!?」
ビッタ「あっ…あっ…あっ…あっ…ぅぁああん!」
変声期前のビッタの喘ぎ声は女の子のそれよりずっとかわいくてHなのでは?と思えた。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 03:23:06 ID:18aPDpr8
10

オレ「ビッタ!ハァ…ハァ…気持ちいい…ぜ!オレはすごく…気持ちいいぜ!」
ビッタ「ハァハァハァ…あっ…ん…ノロマァ…」
オレ「毎日いっしょに住むようになったら…ハァハァ…毎日…毎日…しような…!」
ビッタ「うん…オイラも…オイラももっと…したい…」
オレ「出るっ!」
ビッタ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


THE END

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 17:30:26 ID:qNihRkuv
シリアスストーリーじゃなかったのかよw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:00:00 ID:18aPDpr8
性的虐待じゃん
でも抜いた

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:40:53 ID:WvF7xlT2
6ぐらいまではシリアスだwww

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 11:05:10 ID:0Y/vNwrk
ビッタきゅん(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ(*´Д`)ハァハァ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 19:52:41 ID:cAtjhPGD
ズボンとパンツを装着したビッタは多少想像しにくかったが、とりあえず2回抜いた

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 22:41:18 ID:rfLJGrR1
個人的にはフォクスター辺りにペニスバンドで攻められるビッタが見たい。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 00:22:51 ID:yxv5Td4L
>>20
やっぱりビッタきゅんはタイツだったね。
3日くらいはきっぱなしだったビッタきゅんのタイツを思い切りくんくんしたい。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 21:39:35 ID:Hu25OV3A
きっと、タイツは風通し悪いから、中は汗でムンムンしてるぜ。臭いフェチには、超お宝の品だね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 00:23:43 ID:1T0/mqE5
そのへんのおっさんのは絶対嫌なのに
ビッタきゅんのおちんちんならしゃぶってもいい
むしろしゃぶりたいと思えるのは何でだろうな。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 15:27:09 ID:b47PZBMB
坊やだからさ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:58:45 ID:NRDtQqJN
俺はホモでもショタでもないがビッタキュンにならエロイことできるぜ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 01:55:01 ID:8vJcBsCN
ビッタきゅんの両手両足を縛っておちんちんしごきまくりたい

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 20:13:56 ID:z3q4m5yj
ビッタの性格が未だに受け付けられん
あの外見に違わない大人しい性格なら萌えるのにもったいない

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 21:20:49 ID:YEfaxhXo
>>5-15の続きキボム

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 21:42:44 ID:UFrjYOwG
>>28
なら改造前に萌えればいい

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 00:12:54 ID:W0sfCmRb
>>28
テロスの改造前ビッタキュンは180度性格が違うぞ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 22:20:37 ID:SNJWyIMR
テロスVerのビッタきゅんならきっと
いきなり抱き上げてぎゅーってしたりしても抵抗されないんだろな
受け身なビッタきゅん(;´Д`)ハァハァ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:18:00 ID:4yaMempL
改造前のビッタにはエロいことはしたくないと思うのは俺だけでいい

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:51:12 ID:M8YyqxTi
じゃあ改造後のビッタにはエロいことしまくりたいんだな?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:17:16 ID:txX6xaIa
おとなしい男の子が好きならティフォンきゅんをぎゅーってすればいいじゃないか

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:19:09 ID:XdLWnVRj
テロスは聴いてないけど
個人的にはビッタはトゲトゲしてるほうがエロカワイイ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:27:13 ID:8yiOEewi
テロス買ってない奴はイレギュラー

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:53:07 ID:o0Si0SUi
なにこの変態スレ きもい

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:40:41 ID:sY9jAsZb
変態スレだと!?ごもっともだ!!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:59:18 ID:TViRHg+D
>>38
かわいい男の子のおちんちんはかわいいに決まってるし
しゃぶりたくなるのは自然な欲望だよ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 08:38:55 ID:+JDDDuYH
まあ…














エロいからって削除依頼出された前科があるがなwwwwww

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 08:47:02 ID:MNZZVKCo
まあね

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 20:39:03 ID:NmuZtsx6
ビッタのエロ画像やエロ同人誌って全くみかけない

ふざけてるのか

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 21:23:40 ID:W2LzzgAV
ビッタきゅん(*´Д`)ハァハァ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:25:21 ID:N9WNeu5r
ヒフヒフビッタ裁判

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:33:11 ID:a93KPQWR
誘導
【SNK】どきどき魔女裁判!(仮)3審【RPG】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/handygame/1159017149/

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 08:16:15 ID:PRVNJf6P
>>43
前スレで2枚エロ画像が貼られたけどな
あとオレはロックマンの絵板にビッタのエロ描いたら
次の日にアク禁食らったよ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 08:28:41 ID:ITmPQQd+
>>47
下痢シエル描いてアク禁になったのもあんたか?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 08:32:12 ID:fU97aoq0
アク禁になったのは二代目でのことか?
一代目の時はかなり寛容だったのにな

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 09:38:14 ID:2AfXgoNm
 【勃起】少年愛者にはたまらない携帯ゲー【勃起】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/handygame/1152516112/

俺らのためのスレがありますよ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 10:53:45 ID:N5ejty+d
173 :枯れた名無しの水平思考 :2006/08/16(水) 08:39:57 ID:rU+zpguHO
俺はようじょハァハァのロリコンでもなければ 自分の性癖を異状と思ったこともない。
俺はただ 自分の感じるおちんちんのために勃ってきた。
俺は悩まない。目の前におとこのこが現れたなら 勃起するまでだ…!

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:05:07 ID:+w1X7af6
>>47

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 うp!うp!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:32:03 ID:VUYC8g3H
とりあえずゼロ系のサイトを手当たり次第廻ってみたけど
ビッタのエロって案外無いもんだねえ。
在っても微エロ止まりだしよぉ…

54 :名無し:2006/09/24(日) 22:21:21 ID:JC8wG4yF
http://mbga.jp/AFmba.gUyA157c6c/ここ意外にエロ(ry

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:02:54 ID:urxjcKSe
>>53
案外無いって事は少しはあるのか…
どうせ無いと思って探してなかった

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:37:55 ID:PMloFWdb
ビッタキュンが可愛くて可愛くて仕方がないです
誰かショタ同人誌出して下さい

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:12:39 ID:4uaoV5Px
>>53
ビッタは存在自体がエロイからあまり需要がないんだよ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:46:18 ID:Un+uTNpc
タイツのかすかなふくらみからしてエロい。
あの中に小さなビッタおちんちんが付いてるかと思うと無条件におっきする。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:16:33 ID:9p41Pv+Y
あのタイツにはいつも
ビッタキュンのお尻やタマタマが直に接してるんだな。
彼は未成熟なおちんちんでタイツの感触をどう感じているのだろうね。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:36:03 ID:NqpV5xSD
ビッタキュンはノーパンなの?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:29:57 ID:8hq7oK+S


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 21:27:03 ID:IHm5+plQ
>>60
レプリロイドは下着なんてつけないよ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 22:23:42 ID:50LWWOOt
ビッタは包茎?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 19:06:11 ID:cKgKcp72
>>63
自分で皮剥いたほうがしゃぶりごたえはある

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 22:14:59 ID:IhxPdekv
ビッタきゅんのおちんちんは仮性包茎を希望。
しゃぶってるうちにだんだんおっきして剥けてきたら超萌え。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 04:45:38 ID:oDdKwhLu
なにこの変態スレ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 23:38:22 ID:nJE2wCmP
>>66
さぁあなたも一緒にビッタキュン(;´Д`)ハァハァ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 09:26:33 ID:t8on9517
>>66
変態なのはおまえ
ビッタのおちんちんはしゃぶりたいと思うほうが常識的

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 13:10:54 ID:vI1X7vN/
人類みなおちんちん

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 21:18:22 ID:+qh8jmW+
お前らビッタきゅんのおちんちん以外の部分には興味ないのか!?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 13:21:08 ID:pZ/IsYlE
>>1-70
あんたらヤバイ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 15:57:39 ID:ZIl39Tk2
>>71
ビッタきゅんの魅力に気付かないおまいがヤバイ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 16:25:55 ID:pZ/IsYlE
いや ここどう見てもホモの集まりじゃん

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 20:04:33 ID:H40Ju9Qb
ホモじゃないよ、ショタだよ!ノロマー

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 20:32:37 ID:DPQZkpZG
女にしか興味ないノンケの俺でも流石にビッタのかわいさには勃起を禁じえない

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:19:35 ID:lGY/REdg
かわいいビッタのおちんちんならしゃぶってもかまわない。
いやむしろしゃぶりたい。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 19:22:17 ID:Bcunx1bp
俺ビッタきゅんのおちんちんなら一日中しゃぶってても飽きないと思うな。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 19:33:43 ID:NePkcXx8
ビッタきゅんがもたないよ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 10:27:49 ID:sI9KFxPY
ビッタきゅんが嫌だと泣きじゃくってもしゃぶり続ければOK

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 23:40:10 ID:gK/hZeAR
俺ならビッタきゅんが何回絶頂を迎えようが構わず何時間でもしゃぶり続けるぞ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 11:42:14 ID:y5tFwH/O
朝勃ちしてるビッタきゅんのおちんちんしゃぶりたい

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 20:07:28 ID:pmdjk7hN
>>79
勃っちゃったじゃないか

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 20:29:09 ID:JGlNAf2l
ビッタきゅんってオナニーするのかな?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:46:18 ID:PUyaB8hp
しない。というかさせない。勃起したオTINTINを縛り上げて亀頭にキンカン塗ったくって放置

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:32:07 ID:2gfzvohq
じいちゃんに貞操帯付けられてるから多分できないよ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:34:28 ID:FbD+/Ztq
・チャージリコイルで突き破る
・ゼロナックルで剥ぎ取る

好きな方を選べ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 13:01:34 ID:5e72kkbA
ゼロナックルでおちんちんも剥ぎ取る

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 16:00:15 ID:1Fm8Jzga
漏れのセイバーをしゃぶらせる

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 21:31:06 ID:+Si0ug6e
>>83
ビッタきゅんで、オナニーする人ならイパーイいるよ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:25:28 ID:5e72kkbA
シリアス系その2



ビッタと一つ屋根の下で暮らすようになった。
最初はなかなか慣れなくて
同じ家族というよりも親戚のおばさんとその子どもが
ちょっと遊びに来ているという感覚だった。
父親と二人で住んでいた家は一気に賑やかになった。
そしてあれは一緒に住むようになって3日目のことだった。

オレ「おいビッタ、学校行くぞ」
ビッタ「イヤだ」
オレ「昨日もおとといも休んだじゃないか。サボり過ぎだぞ」
ビッタ「うるせーノロマー!」
オレ「…朝からゲームばっかりやりやがって…」
ビッタ「学校よりは楽しいぞノロマー!」
オレ「……」
両親は二人とも早々と仕事へ出掛けていた。
残ったのはオレとビッタだけ。
ビッタの持ってる携帯ゲームの音だけが家の中に響いていた。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:28:01 ID:5e72kkbA
ビッタ「おまえは何で学校にいくんだ?」
オレ「勉強しに行くんだよ」
ビッタ「勉強なんて嫌いだ」
オレ「友達もいるじゃないか」
ビッタ「オイラに友達なんかいねえよノロマー」
オレ「一人くらいいるだろ、知り合いとか…」
ビッタ「オイラは入学して一度も登校してないから知ってる人もいねーよ」
オレ「休み過ぎだろ…ていうか、おまえ不登校児じゃないか」
ビッタ「オイラはこの方が楽しいからいいんだよ!ノロマー!」
オレ「……」
ビッタ「勉強とかめんどくさいことやるよりも
     ゲームやってた方がラクだし楽しいし…いいんだよ!ノロマー!」
オレ「……」
ビッタ「学校行ってるからって偉そうな口叩くんじゃねえよノロマー!」
オレ「……なんだと?」ビッタ「…え?」
オレ「楽しいしラクだから…それでいいだって?」
ビッタ「な…何だよノロマー!」
オレ「そうやってな、嫌なことから逃げてばっかで済むと思うなよ!」
ビッタ「…う…」
オレ「人生はな…嫌なことの連続なんだよ!!」
ビッタ「な…何言ってんだノロマァ…」
オレ「…未来にはどうしても越えなくちゃならないハードルがいくつもあるんだ!」
ビッタ「……」
オレ「最初の、一番低いハードルから逃げておいて…あとに待ってるもっと高い
    ハードルが跳べるのか?」
ビッタ「う…うるせぇよ…ノロマァ…」
オレ「無理だな。そんなんじゃ一生何にもできないままさ!」
ビッタ「うるせえんだよ!ノロマー!出ていけよ!」
ビッタは目に涙を浮かべながらオレを部屋から押し出そうとした。
これ以上もめても仕方なさそうだし何よりオレが遅刻しそうだった。
そういうわけで渋々一人で学校へ行くことにした。
オレ「…言い過ぎたかな…」

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:31:20 ID:5e72kkbA


「ビッタは…今頃家で何してんだろう」
なんてことを学校にいる間考えたりした。
そして5時頃、学校から帰る。
「両親」の帰宅はいつも8時ごろ。
それまでビッタと二人きりだ。
よく見ると家の前に小さい人影があった。それはビッタだった。
オレ「ビッタ…」
ビッタ「……」
オレ「……」
ビッタ「…今日は…ごめん」
オレ「ああ…オレも言い過ぎたな」
ビッタ「オイラ…今日ずっと考えてたんだ」
オレ「……」
ビッタ「オイラも…明日から学校行く」
オレ「お…そっか」
ビッタ「オイラ…がんばるから!」
そう言ってビッタは抱き付いてきた。
そして小さい頭をオレの腹にぐりぐり押し付けてきた。
オレ「うん、そうだな。がんばろうな。ビッタ」
ビッタ「…うん…」
オレ「ほら、家に入ろうぜ」
ビッタ「うん!…あ」
オレ「どうした?」
ビッタ「お風呂…お湯入れたから…いっしょに入ろう…」
オレ「うん、いいぜ」

 ・ 
 ・ 
 ・

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:33:03 ID:5e72kkbA


オレはビッタの小さい背中を洗ってやる。
一緒に風呂に入るのは初めてだった。
ビッタはずっと恥ずかしそうにおちんちんを手で隠していた。
オレ「次はここを洗わないとな!」
オレは素早くビッタの背後から手を回しおちんちんをわしづかみにした。
ビッタ「あっやめろぉ!ノロマー!」
オレ「なんだよ、おちんちん気持ちよくして欲しいんじゃないのか?」
そういうとビッタは顔を赤くしてうつむいた。
ビッタのちっちゃいおちんちんはピンピンにおっきしていた。
オレ「しゃぶって…いいか?」
ビッタは何も言わないで小さな頭を一度だけこくんと動かした。
ビッタのおちんちんはおっきしていても余裕で口の中に入ってしまう
オレはそのあったかいビッタの大事な部分に激しく激しくしゃぶりついた。
アイスクリームを溶かすようにピンピンに興奮したビッタの体の一部を口の中に閉じ込めた。
ビッタ「…あ…ああ…」
ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ
ビッタ「ん…んん…あ…あっ…あっ…ん…」
ちゅぱちゅぱちゅぱ…
ビッタ「あ…オイラ…もうっ…もう出ちゃう!出ちゃうよぉ!!」
オレ「…ん」
とくんとくんと小さなおちんちんから精液が放出された。
そしてオレはそれを一滴残さず飲み込んだ。
そのあと風呂で3時間くらい抱き合ってビッタは7回も射精したのだった。


THE END

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 00:56:14 ID:sgEA/u3R
抜いた

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 01:10:23 ID:4tOhOXKV
まじで何なのあんたら? エロパロ板でしたら

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:31:34 ID:hSm3kUeY
>>90-93
やたーシリアスきたー
4が無ければキチンとしてるのにな
>95

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:32:40 ID:hSm3kUeY
>>90-93
やたーシリアスきたー
4が無ければキチンとしてるのにな
>>95
文句言いつつこのスレをチェックしてるお前にモエス

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 11:45:10 ID:aZE/8ISY
ビッタはヒキーコでも可愛いな。
あと最後の一行の投げ遣りさに吹いた

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 23:53:47 ID:eA2dPIJc
俺がビッタの義兄なら毎日強制的に下半身ピチピチのタイツ姿で登校させる

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 01:25:44 ID:u86cBoVR
浮き彫りになっちゃうだろうな、ビッタきゅんのおちんちん

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:17:54 ID:d14TX1UP
?*
ノロマアッー

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 20:57:16 ID:cAKgCGNw
おちんちんもいいけどお尻もいいな
なでまわしたり臭い嗅いだりしたい

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 22:15:18 ID:Fx+Bsgwy
愛しのビッタのケツなら多少汚れていようが襞まで舐め尽くす自信がある。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 06:43:47 ID:QWe2bj0M
シリアスストーリーの続編はまだかーっ

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 15:01:58 ID:j+xmHWTY
、 l ‖_ >:=‐  ̄ ̄「 l| l    } 、  ヽ   んっ んんっ…
ヽ 、i`─ '´ ___   | ll ⌒; j  、   ヽ
 \ヽ r,ニ、‐‐'‐' u .l ll   '_ノ   、    ヽ 
   ` \"\):、    | l|  `、 ヽ  、   ヽ
      ヽ  ゞ'^     ! ll   `、 ヽ  、    ヽ
     丿   .:::.  | l|     \ ヽ、 、   ヽ
     丶、_        | l|/lヽ   `>=‐- ミヽ   `、
          `⌒ヽ_  | l| | ハ  /´     `ヽ   、
  チュパ  /  /. `´| l| | l / 〃        `、  、
 チュパ  /   /     | l| | l' 〃            
かわいいおにゃのこのふぇら...(;´Д`*)
http://rermen.dnsalias.com/imgbbs/src/1160446021936.jpg

ロリっ娘のセックル動画ageます・・(*´Д`*;
http://rermen.dnsalias.com/imgbbs/src/1160445866862.jpg

画像掲示板にうpしただお!( ^ω^)ノ
http://rermen.dnsalias.com/imgbbs/

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 23:35:38 ID:g3Q05Rg3
>>99
なんでタイツはかせるの?生足にしろよ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 23:55:49 ID:haNPnRo8
>>106
バーロー タイツを強制して羞恥に歪むビッタきゅんの表情を楽しみつつ、一日中はいてムレムレになったタイツとビッタの下半身を楽しもうじゃないかぁ!

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 01:47:30 ID:p1nEbUJR
ビッタきゅん(*´Д`)ハァハァ

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 16:26:18 ID:zcuD39Pd

エロ携帯

始まる。

(PCからしか見えないぞ→)http://cream.ath.cx/ichigo/cream/IchigoCream0121.jpg

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 00:13:07 ID:9lrcev0W
でいご氏のCGきぼん

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 12:44:32 ID:nd2bVukT
ビッタきゅんの可愛いAAをくれ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 14:57:01 ID:iBUlsPYk
>>111
          /   _,,.-''゙/       のろまー!              
         //,.-‐''"´,.-'゙:/     _,,..,              のろまー!     
        <.r'゙___,,..'r":::/  ,..,__,.r'"ノ:::/ `ヽ.
         l、_,.-''゙、.r‐゙''┬'"::::j::::`´,-''、  l,
         '-、''j  〉!  |:::-‐'''"´:<  ゙l  l       ,.、--――--、
          `j゙/‐'-、 '‐-、:::::::::::::`ヽ、_l._l  _,.、‐''",.:-‐‐'''‐=‐-、ヽ,
            ´   ヾ、''゙´`'‐---、  r'-、/`''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`
                ヽ‐''‐-、゚ ゚ `'‐゙uulj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ――
                     ``''‐、.__  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        のろまー!         ,.-''":::::`ヽ、   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::,゙ ――――
                 __/  __/ `ヽ、    ``ヽ、:::::::::::::::::/
                  / ̄ ̄ ,.:-'" ―― `ヾ、-、  `'‐-、:;;/   ―――――――
           ―――‐‐/――,.-'"___,,,,,..lヽ__  \::`''''‐-、/
             三三' _,.-'"´` ̄、,.、,.、_ //゙:::l ― \_:::::::::`ヽ、=――
              ヽ、‐''゙_,,.、-‐‐‐‐‐‐‐-、.i,i,r'"´`''‐-、 `ヽ、:::::::::\≡≡=―
                  ̄  ―――――   `ヽ‐-、‐-ヽ、  `ヽ、::::::\
                       ―――――    `'''''''゙―― \::::: ===―――――
                                           \


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:16:19 ID:Ug8ul4Zf
シリアス系の続きマダー?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 21:45:58 ID:6zrwN+Vo
3の公式ってビッタきゅんステージの曲なんだな

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:09:16 ID:MZMsTzHu
ビッタってあのバッタ型レプリロイド? あんなのに性欲抱くとか変態かあんたらwww せめてアルエットとかシエルにしとけwww

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:09:42 ID:e3xkcNhR
いつバッタ型が出てきたんだage厨さんよ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 15:07:20 ID:AZn9fVb7
ビッタきゅんのエロ画像ほしい

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:43:48 ID:nWOsBmO0
ブレイジン・フリザードとは仲が悪いらしいね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:13:43 ID:xLZ4dCzm
シリアス系その3



ビッタは学校へ通うようになり仲のいい友達もそれなりにできたようだった。
時間が合えばビッタとオレはいっしょに家に帰った。
ビッタ「このノロマー!」
オレ「ごめんごめん」
いつもの見通しのいい交差点でオレ達は合流したが
この日はオレがかなり遅刻してビッタを怒らせてしまった。
オレ「悪かったよ。今日はクラブが長引いちゃってさ…」
ビッタ「知らねえよノロマーさっさと帰るぞノロマー」
ビッタはオレのカバンのヒモを引っ張って歩き出した。
オレ「なぁ、今日はあっちから帰ってみねー?」
ビッタ「ん…あっちは遠回りだぞノロマー」
オレ「ゲーセンあるだろ?寄っていこうぜ」
ビッタ「オイラは今日お小遣い持って来てないぞ」
オレ「オレのおごりだよ。今日遅れちゃったしな」
ビッタ「いいのか?」
オレ「遠慮するなって」
周りと比べたら小遣いはたくさんもらっていた方だと思う。
たまに欲しいものを買ったり普通に遊んだりする分には全然困らなかった。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:14:52 ID:xLZ4dCzm


自動ドアを抜けてゲーセンの中に入った。
ビッタ「うわっ…」
オレ「どうした?」
ビッタ「オイラこんなに広いとこでゲームなんかやったことない」
オレ「あれ、来たことなかったのか。こーいうとこ」
ビッタ「オイラゲームするときはいっつも家で一人だった」
オレ「ああ、そうかぁ」
ビッタは今まで一人で部屋にこもってゲームをやっていた。
ゲームが進まないときのイライラやゲームをクリアしたときの達成感を
誰とも共有することなく黙々と一人で遊んでいたのかと思うと少し寂しくなった。
なんだか今日はビッタをたっぷり楽しませてやりたくなった。
ビッタ「こういうとこよく来るのか?」
オレ「よく…じゃないけど来るよ。たまに」
ビッタ「ふぅん、オイラはパチンコならトーチャンによく連れてかれたぞ」
オレ「ひでえ親父だな。」
ビッタ「ここはパチンコより面白そうだな」
オレ「ああ、面白いに決まってるよ。ほら行こうぜ」
ビッタ「うん!」

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:16:48 ID:xLZ4dCzm


オレ「おし!とれたぁ!」
ビッタ「おお!」
得意のクレーンゲームでぬいぐるみをゲットした。使ったのは見事にワンコイン。
オレ「ほら、ビッタにやるよ」
ビッタ「いいのか?」
オレ「もちろん」
ビッタ「あ…ありがとな」
ビッタは顔をちょっと赤くしてうつむいた。そして手に持ったぬいぐるみをじっと見る。
それからビッタとオレはレースゲームしたりメダルゲームをやったりして楽しんだ。
家にいるときとか、ビッタはたまに寂しそうな顔をする。
そしてその表情にはどこか達観したような雰囲気があった。
一緒に住むようになってからビッタがその顔を見せるたびオレは戸惑うのだった。
でもこうやってはしゃいでいる姿を見ると
どこにでもいる普通の男の子なんだな、と思えてくる。
オレ「楽しかった?」
ビッタ「うん」
気がつけばもう6時半。オレ達はゲームセンターを出た。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:19:04 ID:xLZ4dCzm


出入口のそばにあった自販機でジュースを買い近くの公園のベンチに二人で腰掛けた。
いつもより楽しそうなビッタの顔があった。
オレ「もう寂しい顔すんなよな」
ビッタ「…?何のことだ?」
オレ「オレさ、いつでもビッタと遊ぶから」
ビッタ「うん」
オレ「一人に…しないからな」
ビッタ「…うん」
ビッタの膝の上にはオレがプレゼントしたぬいぐるみ。
全身青のそのキャラクターが何だかビッタに似合っている。
ビッタ「お前は寂しくなかったのか?」
オレ「オレ?」
ビッタ「トーチャン帰ってくるまでは家に誰もいなかったんだろ?」
オレ「ああ…家に帰っても一人っていうのは毎日だったな…」
ビッタ「オイラも家にいても一人だった。でも今はお前がいるから楽しいぞ」
オレ「うん、オレも楽しい。またこうやって遊ぼうぜ」
ビッタ「うん」
オレはビッタの頭をそっとなでた。
その少しちっちゃくて丸い頭は手の平に程よくおさまり少し気持ちよかった。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:20:54 ID:xLZ4dCzm


突然ビッタの体が震え出した。
オレ「どうした?」
ビッタの目線は遠くに向けられていた。
そこにあったのはパチンコ店。
店を出た一人のおっさんがこっちに向かって歩いてくる。
オレ「おい、あのおっさんがどうかしたのか?」
ビッタ「あれ…オイラのトーチャンだ…」
オレ「えっ、そうなのか」
ビッタ「あ…」
トーチャン「ビッタ…」
その男はベンチの前までやってきた。
ビッタはおびえ切っている。今にも泣き出しそうな顔だった。
虐待への恐怖がビッタの脳に深く刻まれているのだろう。
男の背は高い。180センチくらいあるかもしれない。
体つきもガッシリしている。
中学生の力では、つかみ合いになったところでどうこうできるもんじゃない…
というのは見てすぐにわかった。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:22:45 ID:xLZ4dCzm


トーチャン「なんだ、こんなところにいたのか。やっと見つけたぞ」
ビッタ「……」
トーチャン「帰って来なさい」
ビッタ「……」
トーチャン「父ちゃん反省したんだ。もうお前のイヤなことはしないよ」
ビッタ「……」
トーチャン「さあ、来るんだ。今日は好きなとこに連れてってやろう」
ビッタ「……」
トーチャン「どこがいい?ご飯は食べたか?お寿司でも食べに行こうか?」
ビッタ「は…は…腹は減ってない…」
トーチャン「ん?そうか…そういえば母ちゃん再婚したらしいな?」
ビッタ「……」
トーチャン「どこの男か知らないが…あの女も…」
ビッタ「…カーチャンの悪口は言うな!」
トーチャン「わ…悪かった。そうだな、ビッタは母ちゃん大好きだもんなぁ」
ビッタ「……」
トーチャン「ん…そこの君はビッタのお友達かな?」
オレ「……」
トーチャン「いかんいかん…いかんなぁ…友達の親に挨拶の一つもないなんて」
ビッタ「お前なんか…親じゃねえよ!」
トーチャン「…ああ?」

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:23:52 ID:xLZ4dCzm


オレ「ビッタ!」
オレはビッタの手をつかんだ。
そして打ち合わせていたかのごとく公園内にあるトイレまで二人で駆けて行った。
トーチャン「待てや!コラッ」
オレ「速く!」
ビッタ「……!」
滑り込むようにトイレの個室に入るとすぐさまオレは扉を閉めロックした。
オレもビッタも息切れが止まらない。
目に涙を浮かべたビッタをオレはしっかり抱きしめた。
腕の中でガタガタ震えているこの小さな男の子をオレは何としても守りたいと思った。
そしてトイレに入ってくる足音が聞こえた。
重く響くその足音は間違いなくあの男のものだった。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:25:29 ID:xLZ4dCzm


オレ「……」
ビッタ「……」
トーチャン「ご、ごめんな…父ちゃんも…あんなこと言われたらそりゃあ怒るよ

ビッタ「……」
トーチャン「ほら、出ておいで」
ビッタ「……」
トーチャン「父ちゃん、絶対ぶったりしないからさ…」
ビッタ「……」
トーチャン「…おい」
ビッタ「……」
トーチャン「返事くらいしろ」
ビッタ「……」
トーチャン「おい!!」
ダンダンダン!と扉を強く叩く音。
その叩き方から相当腹を立てているのがわかった。
トーチャン「いい加減にしろや!おい!コラ!聞いてんのか、ガキ!!」
ビッタ「…ううっ…」
ビッタの体の震えが激しくなる。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:27:01 ID:xLZ4dCzm


ここはオレが何とかしなきゃ…。
オレ「……」
トーチャン「おい!ガキ!開けろや!!どうなるかわかってんだろな!?」
オレ「…か…帰れよ」
トーチャン「…あ?」
オレ「帰れよ!!」
オレはドア越しに精一杯叫んだ。
オレ「ビッタが嫌がってるだろ?帰れよ!!」
トーチャン「……」
オレ「……」
トーチャン「…お前、連れ子だろ?」
オレ「……」
トーチャン「わかってんだよ、こっちはよォ」
オレ「……」
トーチャン「血も繋がってないてめえが家族を気取るなや!!あ!?」
オレ「…う…」
トーチャン「コッチは正真正銘の親子だっつーんだよ!!ちょっと出てこいや!てめぇ!!」
ズガッ!ズガッ!ズガッ!ズガッ!
ドアが蹴り破られてもおかしくないと思った。
ガタガタ震えるビッタを抱きしめながら自分も震えが止まらなかった。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:27:58 ID:xLZ4dCzm
10

そしてしばらく沈黙。さっきまでが嘘のように何も聞こえなくなった。
深呼吸一つでオレの体の震えは少し治まった。
個室のドアを少し開けて外をのぞいてみるが男の姿はなかった。
オレ「ビッタ、もう大丈夫みたいだ」
ビッタ「……」
オレ「ほら外見ろよ、いないから」
ビッタ「……」
ビッタのまぶたははれて目は真っ赤だった。
ビッタ「…オイラ、まだここにいたい」
オレ「あ…そっか、わかった」
ビッタ「ドア…閉めて…」
オレ「うん」
震えの残る手でオレはドアを再び閉めロックした。
ビッタ「オイラ…おしっこ漏らしちゃった…」
オレ「え…」

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:29:54 ID:xLZ4dCzm
11

見るとおちんちんのあたりから足元にかけてタイツにおしっこの染みができていた。
濡れて冷たくなったそのタイツからはビッタのおしっこの臭いがした。
オレ「帰って母さんに洗ってもらわないとなぁ」
ビッタ「ヤ、ヤダ!やめろぉ!ノロマー」
オレ「冗談だよ、オレが洗うから安心しろって。」
トイレを出たころには外は真っ暗だった。
オレとビッタはピッタリくっつくようにして帰り道を歩いた。
ビッタ「オイラは…家族だと思ってるから」
オレ「え?」
ビッタ「オイラは…家族ごっこしてるんじゃなくて…お前のことニーチャンだと思ってるから」
オレ「あ、ああ…」
ビッタ「本当に思ってるからな」
オレ「オレもだよ。オレもビッタのこと本当に弟だと思ってる」
ビッタ「う、うん…。明日も…いっしょに帰ろう」
オレ「おう、あ…でも明日は小遣い持ってこいよな」
ビッタ「あ、当たり前だ!ノロマー」

THE END

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 17:40:17 ID:WDoBcrx9
普通にシリアスだw

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 22:39:45 ID:zHD4L4q3
面白いぜ!乙!

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 16:56:25 ID:9Xze/19U
なんかスレの趣旨と違ってきてる気がするが、シリアス職人乙。愛してるぜ。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 19:46:37 ID:qeRs1GYU
保守

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 12:04:14 ID:eIWZl3iy
保守だと!?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 16:44:02 ID:xOeEGQ9n
戯言だ!!

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 22:41:37 ID:nMzZqoQZ
ビッタきゅんのお腹をなめたい
ビッタきゅんのすべすべの肌を飽きるまでなめたい

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:50:12 ID:EUBlseD+
ビッタきゅんのプクーリした下腹部を俺の股間のドリルで刺し貫きたい

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 19:29:50 ID:ToK2LePh
ドリルマン乙

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:30:37 ID:cG3aYcms
ビッタきゅんをゼットセイバーで真っ二つにしてその姿で抜く!
ビッタきゅんの体の中・・・・

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:37:49 ID:bEng15MT
ビッタきゅんの断末魔はマジでかわいいよな
おちんちんからミルク出すときもあんな声で喘ぐのかと思うと興奮する

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 01:48:31 ID:xfsTrdxn
>>106
タイツ脚はときに生足以上のエロさを発揮するというのに・・・
そんなことも分からんお子様は去れ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 01:50:40 ID:0oMbtdmr
ZXのビッタきゅんってなんか変わってるとこある?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:54:57 ID:CYVZdVVd
>>142
ノーダメージで勝つとおちんちん見せてくれる

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:57:14 ID:B0T0feGo
なら買うしかないじゃないか

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 09:31:03 ID:/pqTltGf
ビッタきゅんのおちんちんの包皮食べたい

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:39:28 ID:gaOWo2QX
ビッタきゅんのアヌスからオナラ直嗅ぎしたい

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 03:56:05 ID:t+c1iPhU
なんかもうだめだこのスレ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 16:10:17 ID:gojqsGc/
>>142
ボイス追加
あとはゼロ3からデータを読み込んでるんで変わり無し

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 08:48:26 ID:ZLNEiq+W
ビッタのかわいいちんちんおっきあげ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 22:34:38 ID:2okaY4lc
ビッタのかわいいちんちんしごきあげ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 21:24:19 ID:a6a95paN
ビッタのかわいいちんちん射精さげ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 13:49:09 ID:uabsbI7R
ビッタの甘いミルクごっくんさげ

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 15:51:14 ID:0PLYXmmA
ユウナの下痢便スレ通ずるものがあるな

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 17:14:48 ID:NAEtFE7p
それはない

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 14:49:37 ID:R6JtGo4Y
ビッタきゅんのエロ画像UPしてくれ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:57:32 ID:+kytSRmH
久しぶりに2chきたけどまだあったのかこの変態すれwww

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:14:24 ID:VGA79UVo
>>156
おまいもゼロ3をプレイすればビッタのかわいさが分かると思う
そしておちんちんが大好きになるだろう

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:30:00 ID:9vzzhLLQ
ビッタに「サンタさんなんて本当は居ないんだよ」
と冷酷な現実を突きつけて泣かせたい
それがボクの愛の気持ち

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 15:49:54 ID:rTHQYvIA
じゃあオレは泣きじゃくるビッタをぎゅーっとして慰めてやりたい

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 00:51:00 ID:Y7O+KzHS
じゃあオレはおちんちんを優しくなでてやりたい

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:35:36 ID:9OjTvBd7
じゃあオレは後ろから抱きついて乳首をコネコネして気持ちよくしてやりたい

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 11:58:31 ID:7LMLficw
>>1-161 ビッタにちんちんなどない!

TOAの同属性であるシンクよりかわいいから許すが。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:43:14 ID:Qt4QIqV1
ちんちんはないよな。おちんちんはついてるけどな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:35:02 ID:7LMLficw
GUTSしちゃうノォォォォォォ!!!!!!!!!!!

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:56:05 ID:Q0pRQVYz
シリアス系その4



今日は家族みんなで旅行に出かけた。
一泊二日の温泉旅行だ。
両親ともに仕事が忙しい我が家にとってこれが初めての
家族そろっての遠出だった。
父「到着だよ。この旅館だ」
母「立派な旅館ね」
オレ「スゲー」
ビッタ「……」
父「いや〜〜疲れたな。早速お風呂に入ろうか」
母「そうね。運転ご苦労様」
オレ「オレも入るよ!」
父「おう、ビッタも来なさい。家族みんなで入ろうじゃないか」
ビッタ「う、うん」
オレ「ビッター、な〜に不安そうな顔してるんだよ。言ってるだろ、うちの父ちゃんは安全だって」
ビッタ「……」
父「はっはっは、お風呂だとどうなるかわからんぞ!」
ビッタ「な、何だとノロマー!!」
母「ふふふ、もうすっかり家族なんだから」
オレ「はは…」
母「あら、そういえばここの露天風呂は混浴なのね」
オレ(なんだって〜!)

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:00:40 ID:RH0PpL2L
シリアス職人ktkr

…あぁん!焦らしプレイかよ!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:50:28 ID:ulydfD/v
ここでシエル様の登場ですね

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:54:52 ID:gRvBFtaC
続きマダー?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 03:28:05 ID:P8qaMHbe


かなり広くてきれいな部屋だった。
畳の和室なんて家にはないのでオレ達は少しドキドキした。
父さん母さん、そしてオレとビッタはタオルや着替えを持ってさっそく温泉浴場
に向かった。
ビッタ「オイラトイレ行ってくる」
オレ「早く来いよな」
ビッタ「うん」
オレ「先行ってるぜー」
父「ビッタは…父さんに怯えてるのかな?」
母「そんなことないわよ」
父「そう?」
オレ「そうだよ。大丈夫だよ父さん」
父「お前はだいぶ仲良くしてるみたいだな、ビッタと」
オレ「…うん」
父「これからもビッタのこと、頼むぞ。」
母「私からもお願いね」
オレ「わかってる。父さんもあんまり下手な冗談は言わない方がいいぜ?」
父「さっきはさすがに悪かったかなぁ」
母「あの子大袈裟に受け取っちゃうとこあるから…気にしなくていいの」
父「…そうか」
オレ「……」


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:11:50 ID:XYmxAPn0
なごやかだぜ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:22:10 ID:P8qaMHbe


オレと父さんは露天風呂でビッタの母さんと合流した。
父「立派なお風呂じゃないか!」
母「そうねー。こんなに広いと思わなかった」
父「いやーいい旅館だよ、グレードの高いとこ選んでよかった」
母「そうね。素敵な家族旅行になりそうね」
オレ「ビッタ来ないな…」
母「大丈夫よ、心配要らないわ。あの子方向音痴じゃないし」
オレ「そう?」
母「それよりも、本当にありがとうね」
オレ「何が?」
母「ビッタのことよ。あの子学校に行けるようになるなんて思わなかったわ」
オレ「そのことか」
母「あの子も口に出さないけどすごく感謝してると思うの」
オレ「うん…」
母「これからも面倒お願いね、お兄さん」
オレ「うん」
父「頼れる兄貴になるんだぞ」
オレ「うん」

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:25:09 ID:P8qaMHbe


オレ「ビッタ、やっと来たか」
ビッタ「うん」
父「これで家族がそろったわけだ」
ビッタは恥ずかしそうにおちんちんをタオルで隠していた
いつもオレとお風呂に入るときは平気なくせに。
母「そろそろ母さん、上がるから」
父「父さんもそうしようかな」
オレ「オレとビッタはまだ入ってるよ」
父「ほどほどにしとくんだぞ」
オレ「うん」
家族の団欒はあっというまに終わってしまった
オレ「せっかくビッタも来たのになぁ」
ビッタ「…カーチャンはオイラのことあんまり好きじゃないみたいだ」
オレ「え?」
ビッタ「カーチャンはオイラのこと面倒見てくれてるけど
    あんまり優しくしてくれねえんだ」
オレ「なんで?」
ビッタ「オイラ…カーチャンの本当の子供じゃねえから」
オレ「…」
ビッタ「オイラ本当の家族って何なのかわからなかったんだ。
    悪いことしたら怒ったり本気で心配してくれたり…そういうのが家族なんだよな」
オレ「そうだよ」
ビッタ「おまえに会って初めてわかったぞ」
オレ「そっか」

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:25:49 ID:P8qaMHbe


ビッタは今まで親の愛情も知らずに育った。
確かにビッタの母さんはビッタを女手一つでここまで面倒を見た。
でもそれは事務的な愛情だったわけで
ビッタが学校に行かなくても怒らなかったし
父親に虐待されても見てみぬ振りだったのかもしれない。
オレは長いことお湯に浸かったせいで大分体が熱くなってきた。
オレ「ビッタ、なんで遅くなった?」
ビッタ「迷ってたんだよノロマー。オイラこんなに大きい建物めったに入らないぞ」
オレ「そうだよな、ごめん」
ビッタ「別に謝らなくてもいいぞノロマー」
オレ「いや、今度は迎えに行くよ。探しに行く。助けに行く。
   オレ、もっとビッタのために何かしたいんだ!」
ビッタ「そうなのか?」
オレ「うん、だからもっと甘えていいんだぜ」
ビッタが親に甘えられなかった分オレがこいつを抱きしめてやるんだ…
そんな決意があった。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:26:59 ID:P8qaMHbe


ザッパァン!
オレはすごい勢いでビッタに飛びかかった。
ビッタ「わぁ!なんだノロマー」
オレ「ビッタ、オレたち以外に客いないし…ここで抱いてやるよ」
ビッタ「あ、や、やめろぉ!」
オレはビッタのおちんちんを触った。
思ったとおりビッタのちっちゃいそのおちんちんは精一杯硬くなっていた
オレ「ははっお風呂に入るといっつもおっきくなっちゃうんだよな、このおちんちんは」
ビッタ「あっ…あっ…ノロマー…」
すごくいやらしいビッタの喘ぎ声が大浴場に響いた
男の子の感じてる声って何でこんなにエロいんだろう?と
ビッタのことをよがらせるたびに思う。
オレ「ビッタ!立って!オレ、しゃぶりたい…」
ビッタ「うん…き…気持ちよくしろノロマー」
そういってビッタが立ち上がると
見慣れたかわいいかわいいおちんちんが目の前に現れた。
そしてオレはすかさずそれを口に含んだ。
たまたまもちっちゃなペニスも…
ビッタの全てを口にほおばってしまった。
ビッタ「あっ……あっ……」
一層かわいい喘ぎ声にオレのチンコもギンギンになってしまっていた。
ビッタ「でる…で…出るよぉ!」
おちんちんの先端から放出されるあったかい精液をオレは一滴残さず全て飲み込んだ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:31:01 ID:P8qaMHbe


オレたちは温泉を出て体を洗っていた。
ビッタがオレの背中を流している。
オレ「ビッタ…」
ビッタ「何だ?」
オレ「これからも甘えていいからな」
ビッタ「…うん。オイラおまえのこと好きだ」
オレ「ああ、オレもビッタのこと好きだし
   ビッタのおちんちんも大好きだ」
ビッタ「恥ずかしいぞノロマー」


こんな感じでオレたちの家族旅行は何事もなく終わった

THE END

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 20:32:48 ID:ZniWvrh5
シリアスの人GJ!
(;´Д`)ハアハア

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:00:15 ID:MrjIC5hU
涙・勃・笑の感情に満たされた。GJ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 13:39:50 ID:PIlIBVRw
機械見ると勃起してくるの俺だけ?

179 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/12/10(日) 21:17:28 ID:kyOISWcM
しゃぶりたいならしゃぶれ!

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:31:53 ID:KZlQjb+t
http://multi.punimoe.jp/tvote/tvote.cgi?event=kyaraden
チルドレ・イナラビッタに一票を

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 21:41:21 ID:t2fCnJwr
ガッツじゃあい

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 06:28:55 ID:oRlnMyZu
しゃぶしゃぶりたい

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)